「ソリューション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ソリューションとは

2018-05-26

人々が邪悪すぎるように感じる

「わざとぶつかってくるヤツ」問題で思ったけど、最近、人混みで人に対して異常に警戒するようになった。

治安のいい場所から治安悪い場所引っ越したからかもしれないけど、周りにいる人が野蛮だなと感じることがものすごく多い。当然だけど、会社の人や取引先の人とは別に前と変わらないので野蛮とは思わない。なので会社や家ではほとんど警戒しない。

電車では立っていると、混んでもないのに後ろからガンガン押される。押す方は何考えてんだと思っていた。

ある日こっちも諸事情抱えていて、イライラが爆発寸前まで溜まっていたから、異常なほど押してくるおっさんに「何押しとんじゃテメェ」とついキレてしまった。それが問題だった。

相手喧嘩上等ジジイだったようで「待ってました」という顔をしていた。その後、電車を降りて歩いてたら家近くまでストーキングをされた。

色々あって、それはしっかり暗闇で撃退して、警察を呼ばれて、その後上申書を書いて特に咎め無しで終わったんだけど、もしかして逆恨みされているかもしれないと思って、それ以来「やべぇことしてくるヤツとは絶対に関わるべきではない」という心理が働いている。Twitterでもはてブコメントでもなんでも。「殺されたらどうすんだ」とか「人生そいつのために捧げるのか?」って感じ。

多くの人は「まあまあいい人」なんだけど、人の中に少なくない「ヤバいヤツ」が含まれているというのが怖すぎる。

電車っていうのは一車両に大体150人ぐらいが乗れるようになってるらしいんだけど、混雑時には300人ぐらいが乗る。300人っていうのはすごい。40人クラスが7個あってもまだ余るわけ。偏差値バラバラヤクザ小学生もおんなじ車両。なんじゃそれは。クラスに1人2人はヤバいやつっていたわけじゃん。もしあなたがいい中学高校に通っていたとしたら、それよりもっとヤバいやつが世の中にはたくさんいると考えてほしい。じゃあその上で考えると、一車両に15人くらいはヤバいやつが乗っててもおかしくない。こんなの怖すぎる。まぁ俺も「ヤバくないやつ」ではないから、微妙な線なんだけど、少なくとも俺は自分から攻撃しかけない点ではまだマシだと思っている。

ともかく、先の喧嘩以来、俺は押されてもぶつかられても「こいつは、少なくとも俺に殺されることはないと確信してぶつかったりしてきているのだろうな」と思って、感情をやり過ごしている。また、見ず知らずの他人に対して優しくできるようになった。人混みは嫌いだけど、人に敬意を払うようになったと思う。

それでもやはり、邪悪な感じの人間毎日見かけて嫌な気持ちになる。単に通勤しているだけだったり、外に出かけるだけでも1日に4、5人の嫌なヤツを見かけるので、どうしても悲しくなる。いい人も1日に1人くらいは見かけるので、そういうときは心がほっこりするのだが。たぶん僕がかなり邪悪なので、邪悪への嗅覚が鋭いというのもあると思うけど。

それで「やっぱり人間は強そうに見せるために筋肉大事なんじゃないか?」と思って、最近ライザップに通っている。やっぱり筋肉は最高のソリューションだ。

批判はご自由にどうぞ。

2018-05-25

内定もらったか転職活動の経過をしたためる

転職活動開始:2018.3.18

転職活動終了:2018.5.25

約2.5ヶ月の転職活動だった。

尚、私のプロフィールは以下。

アラサー女(独身)

都内1人ぐらし

社会人7年目

IT企業勤務

転職経験なし

3年前に一度転職活動をして内定をもらったが、

内定をもらった会社が内資系コンサル企業でちょうど電通のまつりさんの件があり長時間労働にびびって内定辞退した。

※現職は元国営企業グループ会社、安定したホワイト企業

その時の経験から転職エージェントなんて伝書鳩しかない

(ばかりか、利用したリクルートエージェントメール送信多くて困った)と知っていたので

まずは企業採用ページから4者応募。

一流大手企業4社、書類通過率50%、一次面接で全敗。

昨今の売り手市場で余裕で転職できると思ってたし、

書類で落ちるのは想定済みだが前回の経験から面接には自身があったので

若干精神的にショックを受け、転職エージェントに頼ることにした。

@Type

DODA

パソナキャリア

全てIndeed検索した結果、興味のある企業求人掲載していた会社企業採用ページに該当の応募がなかったことも利用した理由の1つ。

でも実質利用したのは@Typeのみ。

DODAサイトが見にくい(スクロール後画面遷移→戻る→ページ上部に戻される。回避のために別ウィンドウで開こうとするもうまくいかない。)

    エージェントに前もって伝えた避けて欲しい求人条件を無視して大量の紹介を送りつけてくる

    築きたいキャリア(半未経験)より、良い年収を獲得できそうな企業ばかり紹介してくる

パソナキャリア:遅い、催促するまで応募を企業側へ伝えていなかったと推測している(3社しか応募していなかったため?)

総じてメールがウザい、紹介求人が100社以上届いて見るのが大変(うまくフィルターになって欲しかったのに)、

最初エージェントは嬉々としてアポを取りたがるが、半分未経験職種希望としてると少し対応が変わる。

転職エージェントにはあまりいい印象がない。正直嫌い。

4月後半頃から書類審査結果が届くようになった。

概算ではあるが書類通過率は5割程度だったように思う。売り手市場伊達じゃない。

はいえ、同時並行で企業採用ページから応募した場合書類通過率は3割程度。

転職エージェントを介すとほぼほぼ書類通過する。

(これなんでだろう。確かに転職難易度が高い企業ばかりだったとはいえ、エージェントを使うと同程度の難易度企業も通る。

企業サイドにとっては直接応募のほうが安く済むはずなのに、会ってもくれないなんて…。劣等感で死にそうだった。)

エージェントを使うと志望理由は一次面接で考えればいいのは楽だった。数撃ちゃ当たる戦略が出来るのは精神衛生の観点からもよい。

個人的大事だと思ったのは(経験資格はどうしようもないので言及しない)「企業マッチしていると思わせること(志望理由逆質問)」

HPを隅々まで読み、利用できるなら提供サービスを使い、ニュースリリースIRは一読、キーワードSNSやGoogleNews検索する。

企業大事にしていることを理解共感し(志望理由)、改善点や課題可能ならソリューションまで考えて述べてみる(逆質問)。

一次面接が終わる頃には、にこやかに和やかに談笑できる。

人間は往々にして理性より感情を優先しがちな生き物だから理論的に共感を示せれば落とす理由を粗探しされることはない…と思う。

自分面接官をした経験もあるが、結局最後は一緒に仕事ができそうか互いに不幸にならないかというポイントが大きく作用していた。

最初に直接採用ページから応募した企業本命だったが

それを除くと第一希望だった会社4月後半一次面接5月半ばに最終面接、そして無事内定

四季報ポジティブランキングランクインしているような成長と安定を兼ね備えた企業だと思う。

志望度が高く、提示している年収がもらえるなら必ず入社すると伝えているので

途中の状態の数社(一次通過2社、書類通過5社)にチャレンジできないのは今となっては残念に思う。

(内定もらってない期間は、常に転職が頭から離れなくて、それはもう凄まじいストレスだった。

自己嫌悪劣等感不安感で、食欲は失せ遊びに行く機会が減った。)

面接は、自分評価されていると同時に自分企業評価できるいい機会で

(実際、約束面接時間からまらなかったり、廊下ですれ違う人の会話、トイレを借りた際に聞こえてくる会話等々で企業が見える)

色々なオフィスを見ることができるのは、楽しい価値があるように思う。

(先進的でデザインが優れたオフィスはわくわくするし、企業が何を大事にしているかオフィスから見えることもある。)

他社の偉い人と直接話せる機会は少ないし、いい経験だ。

なにより自分市場価値が分かる。

以下、蛇足蛇足愚痴

働きながら転職活動するのは辛い。暫くやりたくない。

好きで応募した企業も、正直落とされると逆恨み不可避。

何社か絶対に金を落としたくないと思ってしま企業がある。

今の悩みは上司退職をどう伝えるか。金かけて成長させる人員として予算が付いてるのを知ってしまった直後で辛い。

PMなのに契約終了前に逃げられるのか。不安

いつか暇つぶし退職エントリ、にみせかけた現職の愚痴投稿してスッキリしたい。

2018-05-16

anond:20180516151848

増田上記引用文によって暗黙に本当にいいもの無料シェアされて然るべきだから無料シェアされていないヨガヒーリングインチキという主張を強化しようとしている

俺はヨガヒーリング以外の本当にいいもの実効性あるソリューション)は別に無料シェアされていないという反例を提示してそれを無効化したんだけどわからいかな?

anond:20180516143726

ちょっと待って!

全ての実効性があるソリューション無料でとは言っていない。

外科手術は完璧とまでは言わないにしても、実効性のあるソリューションだと認められるから対価は払うし、払うべきだと思うよ。

昨今のIoT利便性をもたらすという意味で、とても興味深いソリューション部門だと思うよ。

だけど例えば、チベット僧侶がパワーがあるならどうしてチベット解放されないの?どうしてポタラ宮中国に奪われたままなの?

ヒーリングで良くなるなら、どうして国境なき医師団の中にヒーラーがいないの?

この界隈の出来事実効性のあるソリューションとは認め難いものですよね?

それがどうして同好会ではダメ職業と成らなければならないのか、全く分からない。

2018-03-22

anond:20180322165902

増田は「神殿更新」を知らないのかな?

俗に宗教と呼ばれるものには神殿やらの聖域とされる場所が建立されることが多いんだけど、そのほとんどが一定期間ごとに全く新しい場所に新しい神殿を建てるというパターンを組んでいたりするんだ。

例えば北海道アイヌという宗教では、冬になると自らが住む家を壊して南下し、新たな家を造る。そしてまた夏になるとまた北上して家を作る。

こうすることによって何が起こるのかというと、食性の変化だね。

冬になると植物性の食物が取れ辛くなり、主に秋の間に蓄積した肉や魚を食べることになる。

しかし、肉や魚を食べ続けることによって人間の体に必要栄養素が偏ってしまう。

特に食物繊維の不足はアイヌの人々を便秘で悩ませることになる。

それを解決するソリューション神殿更新というわけだ。南の土地では大根かぼちゃなど食物繊維たっぷり野菜が取得できる。

一定期間で食性を変化させるサイクルを無理やりにでも作ることにより、大きなスパンではあるが栄養バランスを保つことができるって民族の知恵だね。

そう、増田の言うところの新宿クラブに老人しかいない問題も同じだ。

老人が新宿に留まりつづけるから起こる問題なんだよ。

老人を新宿から追い出そう! そうすれば変わるはず。角度とかが。

2018-03-20

anond:20180320110855

わかるよ!

俺が編み出したソリューションは、帰宅したらとにかくすぐにお風呂はいってしまうこと。お風呂やだなーめんどくさいなーの時間を最小にできる。

在宅してた場合は、何かのスキマ時間に入ってしまうこと。ご飯を炊いてる間とか洗濯機回してる間とか、誰かがご飯作ってくれるなら作ってくれている間とか、これやってる間に入っちゃおって考えると、やだなーめんどくさいなーの時間スキップできる。

一人暮らしだったり、家族最後に入るんだったら、身体わずに湯船にダイレクトインしてしまうと決めちゃうのも入るハードル下がるよ。

2018-03-07

"豚汁ソリューション"との一致はありません

みんな豚汁作りに困ってないんか!?

2018-03-02

anond:20180302105439

増田はなんか名前のないモヤモヤした気持ちへのソリューションを求めているんだと思うが、

それ以外は増田の言わんとしていることがほとんど伝わらないので、

増田は多分、自分が本当は何を必要としているのかをじっくり考えてみる必要があるかもしれない。

さすればキーワードは自ずと見えてこよう。

2018-02-28

拉致問題解決策をXプライズ財団がコンペで募集したらいいんじゃね?

イノベーションだのソリューションだの言ってるような世界中のあらゆる課題解決プロが集まって、

誰も思いつかなかったようなスーパーアイデアを出してくれる気がする。

現状完全に手詰まりだし、横田夫妻いつまでも元気じゃないし、理外の理、従来の常識の枠外の作戦が欲しいよね。

2018-02-26

ポリコレよりも課題で考えるべき

ポリコレ害悪

 

JR痴漢という問題に対して、女性専用車両というソリューション提供して一定の評価を得た

それでいいのに、ポリコレ棒持った人が暴れた結果面倒くさい話になっている

この話はまだ小さい規模だが、世界中で起きていることと似ていると思う

 

こういった問題がなぜ面倒くさいのかと言えば、ポリコレ厨にとって「差別差別じゃないか中立か、公平か」が価値判断の大きなウェイトを占めるから

いや、まだこれだけなら面倒じゃない

さらに面倒なのはその「差別」「中立」というものがきちんと定義されていないことだ

 

例えば

金持ち集団貧乏人の集団が居たとする」

まずこの状態が「公平かどうか」で意見が分かれる

パンを分け与える時、金持ち集団に全て分配された」

これは皆差別的だ、不公平だと言うだろう

パンを分け与える時、貧乏人の集団に全て分配された」

ここでもこれが「差別かどうか」で意見が分かれる

パン金持ち集団貧乏人の集団に、平等に分配された」

じゃあこれは公平か?

さらに、この「集団」と言うものの中にも差があったとしたらどうだろう?

統計で見れば男のほうが収入が高いが、収入が低い男もいる

その時に「男」で集団を括るとおかしくなる

 

この再分配論における認識の差は複雑だし答えが出ない

そのくせ皆で「差別はよくない」「公平にするべき」と声高に叫び

議論収集つかず、ターゲットになった組織が困って安易な手を打ってしま

ここ最近よくみる光景

トランプが勝ったのだって、これの反動が大きかったと言われている

 

個人的には

何が問題かと、解決するにはどうすればいいかだけで考えるべきだと思っている

その時に「理想は何か」を語りすぎないことだ

理想を語り始めるとぶっ壊れる

昭和時代にもそういうのがあっただろう、皆忘れてしまったのだろうか

 

1.事実として起きた問題は何か

2.困ってる人は誰か

3.解決策は何か

4.実現できるか

5.解決することで悪影響はないかトレードオフにならないか

 

これだけ考えるべきだ

棒は捨てろ

どうせその議論収集がつかない

2018-02-25

チカイケ秀夫さんの文章添削する

チカイケ秀夫さんの文章話題になっていたので、添削してみる。

改善案も良い文章ではないが、少なくとも意味が通る文章にはなっていると思う。

というか、自分も作文が得意ではないので、トレーニング代わりに添削した。

今も「UI/UX」の議論が増えていますが、日本人が好きな表面的な手法からそもそもの深い部分の議論になっているのは、すごい良いと思っています。  


今も…冒頭に副助詞「も」があらわれ、混乱させられる。「今も」ということは、「UI/UX議論」が以前から続いており、今も議論が盛んであるという主張が読み取れるが、「UI/UX議論が以前から続いている」という文脈自明ではない。少なくとも、同じ文章中で文脈を共有していなければ、「も」は使うべきではない。

増えていますが…接続詞「が」を順接の意味で使っているため、やはり混乱させられる。「が」には逆説の意味もある。そのため、「が」を逆説と捉え、「増えている」ことに対する否定的な内容を想定した読者は、ずっこける。

すごい良い…「すごい」も「良い」も形容詞であるため、書き言葉としては好ましくない。「すごい」を副詞に置き換え、「すごく良い」ならば許容できる。なお、好みの範囲ではあるが、くだけた文体でなければ「すごい」の使用は避けて「とても」や「非常に」などを使う方がベター

と思っています…「すごい良い」は筆者の主観なので「思っています」は自明。使わなくてよい。

改善案

今、「UI/UX」の議論が盛んに行われています

日本人が好きな表面的な手法からそもそも本質的な部分へと議論が深まっているのは、とても良いことです。

特にIT業界が「UI/UX」が盛んに見えますが、そもそも議論が「アプリ」「WEB」に限定されており、狭義の議論になっているので、本質的な話をしないとこの問題解決できないと思っています



IT業界が「UI/UX」が…格助詞「が」が連続して使われ、読みにくい。

見えますが…この「が」は逆説として機能しているが、前の文章に対して問題を提起する文章であるから、文頭に逆接の表現を置かないと、不意打ちの印象を受ける。

この問題…「この問題」が何を指すのか不明瞭。「アプリ」「WEB」における「UI/UX」の問題なのか、狭義の議論が行われていることの問題なのか。

改善案

一方で、特に議論が盛んなIT業界においては、「UI/UX」は「アプリ」「WEB」についての話に限定され、議論の幅が狭くなっています

本質的な話に立ち返らなければ、個別問題解決できないでしょう。

私自身も以前はカスタマージャーニーなどもやっておりましたが、マツモトキヨシロゴデザインをしたデザイナー小谷中さんと、地元千葉で縁があり一緒に仕事をさせていただいた時に、施設パンフレットデザインを見せた際に言われた、『現場に行ったみた?』 が今でも忘れられない一言です。


カスタマージャーニーなどもやっておりましたが…カスタマージャーニーなどをやることが「狭義の議論」に拘泥することだと読み取れるが、筆者にとって自明のことも、はっきりと文章中で言及する方がよい。そうしないと、本文の趣旨から外れる部分でつまずく、あるいは噛みつく読者(例:「カスタマージャーニーって?」「いや、カスタマージャーニー本質に関わるだろ」など) があらわれる。

やっておりましたが…順接。

地元千葉書き言葉としては「地元である千葉」とした方がよい。また、「地元千葉という同郷のよしみで仕事をすることになったのか」「単に筆者の地元である千葉で一緒に仕事をした」のか不明瞭。

現場に行ったみた?』…タイトルにもなっている、本文のキモであるしかし、「カスタマージャーニーなどやっていた」「マツモトキヨシロゴデザインを手がけた小谷中さん」「縁があって一緒に仕事をした」など新しい情報が詰め込まれた一文に埋もれてしまっている。太字の決め台詞タイプミスしているのも勿体ない。

今でも忘れられない一言…忘れられないのみならず、この一言UX本質を突くものだと明記しないと、のちの文章で面喰う。

改善案

はいえ、私自身もカスタマージャーニーなど細かい手法論に囚われた時期がありました。

そんな私に、UX本質を気づかせてくれたのは、デザイナーである小谷中さん(マツモトキヨシロゴデザインを手がけた)でした。

以前、縁があって地元千葉で一緒に仕事をさせていただいたとき施設パンフレットデザインを見た小谷中さんは私に向かって、次のように言いました。

現場に行ってみた?』

まさに、UX本質を突く一言でした。

デザイナー小谷中さんは、マツモトキヨシハウスデザイナーとして、1951年ロゴ制作(VI)などをしておりましたが、当時はUX言葉はあるわけではないです。



デザイナー小谷中さん…「デザイナー」は既出

マツモトキヨシハウスデザイナーとして…ほぼ既出

1951年ロゴ制作(VI)など…やはり、ほぼ既出。なので、小谷中さん初登場時に付加情報としてまとめるか、当時から色々と活躍していたということを強調できる形に変えた方がよい。

UX言葉…ここに至って、読者は前述の『現場に行ってみた?』がUXにまつわる言葉であると把握できる。なので予め、前の文章UX本質を突く一言だと明示する方がよい。また、「UX言葉」が「UXにまつわる議論」なのか「UXという用語」なのか不明瞭。

UX言葉はあるわけではない…「わけではない」は特殊事情、状況、理由がないということを表す。「当時」は「UX言葉」がない状況が一般的だったと想像できるので、「わけではない」よりも「ない」と言い切ってしまった方が読みやすい。

改善案

小谷中さんは、当時、マツモトキヨシデザイナーとして活躍しており、UXという言葉流行る以前からUX本質を見抜いていたのです。

施設パンフレットが並んでいる場所に行って、どのようにパンフレットが並んで、もちろん1つだけではないので、複数並んだ時に、どう見えるのか、目に止まり、手にとって見てもらうために、こういう表紙のデザインが良いなど、現場に行って考えている事です。


場所に行って―中略―目に止まり、手にとって見てもらう…場所に行くのはデザイナーである。目に留まるのはユーザーである。手に取って見てもらうのはパンフレット、またはそう仕向けるデザイナーである主語を明示しない、ひとつながりの長い文章となっているため読みにくい。

考えている事です…非常に厄介。「考えている」とあわさって、「事」が指すものをどう捉えるか。「現場に行ってみるとはどういうことか」ということ、あるいは「小谷中さんが実際に施設に行って考えていた」ことのどちらかを表現したいと思われる。

改善案

小谷中さんがいう「現場に行ってみた?」とは、つまりデザインを、現場視点で考えたかということ。

施設パンフレットであれば、実際にどう並ぶのかを直接、目で確かめる。

複数並ぶパンフレットを見て、ユーザー目線意識しながら、目をひき、手に取ってもらえるような表紙のデザインを考えるということなのです。


米国の有名なデザインコンサルタント会社IDEO」が、地下鉄の駅にある自動販売機の売り上げをアップして欲しいと依頼されたときに最終的には、『自販機の上に時計を置く』と提案で、実際に売上、顧客問題解決しました。



IDEO」が…「小谷中さんの話」から、「IDEOの話」へと切り替わる文章である。ここで重要なのはIDEO」ではなく、あくまで「IDEOソリューション」なので、「が」ではなく「は」の方が自然な響きとなる。

例:「IDEO」は倒産した。→倒産したこと重要情報 「IDEO」が倒産した。→「IDEO」が重要情報

提案で…「という提案で」または「と提案して」

売上、顧客問題…売上の問題顧客問題に含まれる。「顧客問題」とのみ書けばいい。あるいは別の形のソリューション区別するために「売上を増やし、顧客問題解決」と書く。

改善案

米国の有名なデザインコンサルタント会社IDEO」は、地下鉄の駅にある自動販売機の売り上げをアップして欲しいと顧客に依頼された際、『自販機の上に時計を置く』と提案して、実際に売上を増やしました。

このソリューションも、IDEOスタッフ地下鉄の駅で、自販機で買う人 (あるいは買わない人) の行動をとにかく、ただひたすら、観察し続けた結果からまれものです。


まれた…一般的に「産」は出産など、生命の発生に使われる。「利益を産む」とは書かないように、ソリューションも「生む」と書く方が自然。ただ、「ソリューションは産むものだ!」とこだわりがあるなら別。

改善案

特になし

今の狭義のUIUXなら、クライアントの売上を上げたい課題に対して、ディスプレイをどうしよう、ボタンの配置をどうしようなどの話になると思いますが、IDEOソリューションは、現場ユーザーの観察(行動)からまれものです。



改善案

今の、狭義のUI/UX議論では、売上を上げたいというクライアント課題に対して、ディスプレイをどうするか、ボタンの配置をどうするかなどの話になるでしょう。

一方、IDEOソリューションは、現場ユーザーの観察(行動)からまれものです。

ブランディング立場で言うと『ユーザーの顔』が見えない事です。本質的には『ユーザー笑顔になっているか』です。


本文中、最もAIっぽいというか、言葉が足りなくて何を言いたいのか分からない部分。

この2つの文はどういう繋がりになっているのか、言葉に間違いはないか、不足はないか、誰か教えてください。

改善案勝手な推測に基づく)

ブランディング立場からすると『ユーザーの顔』が見えなければまずい。

UX/UI議論とは、本質的には『ユーザー笑顔になっているか』を考えるということです。

企業都合で話が進んでいて、アプリ/WEB制作が前提ではなく、『ユーザー笑顔になる』体験を一番に考えるなら、時にはアプリ制作をやめて、他に予算をかけるなどができることです。



は?

改善案

企業都合で話が進んでいるとしても、アプリ/WEB制作を前提とせず、『ユーザー笑顔になる』体験を一番に考えるなら、ときにはアプリ制作から離れ、他の施策予算をかけることもできるでしょう。

今のCDO(最高デザイン責任者)の議論も、IDEOのような提案ができるかです。もっと言うと、これからCDO(最高デジタル責任者)が本流となります



ふーん

今のIT業界UI/UXは、アプリ/WEBサイト議論で「IT革命」に並ぶ、これからデジタル革命』の流れでは、WEB/リアル関係なく『UX=すべての顧客体験』を、制作会社UXデザイナーは、考えないといけなくなります



今のIT業界UI/UXは、―中略―制作会社UXデザイナーは…主述が迷子

改善案

今のIT業界においてUI/UXを考える場合、「IT革命」に並ぶこれからの「デジタル革命」の流れでは、WEBリアルの垣根を越えて、「UX=すべての顧客体験」ということを、制作会社UXデザイナーは突き詰めるべきです。


おわりに

チカイケさんは単に文章を書くのが苦手なだけかもしれない。

より問題の根が深いのは「チカイケさんの文章全然OKと思う人」だろう。

読める文章と読めない文章区別がつかないということは、全て雰囲気で読解しているということだろう。

「まあ、なんとなく言いたいことわかった」みたいな。

論理を重視し厳密に書かれた文章、あるいは誰にでも分かるように平易に書かれた文章も、おなじように我流の読みで解釈するのだろう。

そういう人々と仕事で一緒になると、地獄を見る。

自分同類にならないよう、読み書きの努力を重ねたい。

2018-02-21

anond:20180221102854

アラフォーでそれなのか…

仕事情熱とか何にもなくて日常に潤いを求めてるんじゃね?

増田が何か彼女にワクワクするようなソリューション提供できたらめっちゃ彼女モテるんじゃね?

2018-02-18

anond:20180218131833

じゃあチビ元増田の言うソリューションでは救えないパーフェクトキモカネおっさんってことでいい?

キモくて金のないおっさん」はなぜ整形という合理的ソリューションを取らないのか、考察しつっこむ

恐くてちびっちゃうから ← 女でもやってるのに・・・いい年こいた男がw

 

ブッサイクな親から貰った体を傷つけたくない ← 家族思いなオークやね(薄ら笑い)

 

整形しても無理なほどヤバイ顔面or体形だから? ← これが一番あり得る

 

金が無いから ← 酒たばこパチンコアニメ我慢すれば溜まるだろ

 

職場で弄られたくない ← その顔&童貞の方がよほど弄られてるぞ

 

プライドが許さない ← 豚にプライドがあるとは・・・

 

デブから ← 運動しろよ 動けないの? 乙武なの?

 

負け犬から ← 自分のことを棚に置くのか

なんとなく ← う~ん バカ

 

俺は不細工じゃない ← 発想の転換

 

フェミと争いたいか自称 ← もはや理解

2018-02-14

anond:20180213184139

私も同様に感じている。

結果としてできたのが、SalesForceカスタム95%って、それはスクラッチと何が違うのかよくわからない。

明らかにソリューション選定を間違えている可能性が高い。

 

2018-02-09

anond:20180209082419

まあレガシーな頭の人にいきなりそんなIT技術を駆使した(ってほどでもないけど)ソリューション提案してもつらかろうね…

その「昭和かよ!」っていう増田の声はビンビンに伝わってて、旦那さん、今までの自分仕事全部否定されたような気持ちなっちゃってるんだと思うよ。

まずはこれを使ったらこういう便利なことがありますよ!ジャーンアイフォンならね!みたいなプレゼンからしないといけなかったんじゃない?

あと確かにカレンダーとか今まで使ってたツールをいきなりこれに変えろ!もつらいと思う。

おじいちゃん、新しいツール覚えるのって若い人よりずっとコストがかかるから変えたくないよねー。

なるべく旧来のツールとの連携を図ってみたらどうだろうか。

「こんな機能本当はいらないんだけど、会社のおじいちゃんたちがないと困るって言うから…」みたいなことはどこにでもあると思う。

最新の技術だけでスマートにやりたい気持ち、めちゃくちゃわかるけど、ここはひとつ少し堪えて、昭和に少し歩み寄ってみてはいかがだろうか。

2018-02-04

anond:20180204201307

部外者風に振る舞いながら、ソリューション部の人が答えてそう。

違うのかなぁ。

2018-01-25

居眠りの指摘に対する最適なソリューション

「おいお前!今寝てただろ!」

「違います、これは寝たフリでして」

2018-01-21

おじさん化する若者と若ぶるおじさんの為の最適なソリューション

a)自分の年齢(肉体的及び精神的)について一切言及しない。

b)他人との年齢(同上)についての会話を廃絶する。

anond:20180121152257

子供を連れて逃げるというソリューションが全てだとは思えないが

考えられるソリューションMECEに列挙したうえで各々のプロコンをサマリーして冷静にブラッシュアップべき

プロフェッショナルのローヤーなんかにアウトソーシングする場合エビデンスになるデータをきっちり取っておくのがベター

2018-01-18

コンサル男性結婚生活もなかなかいいよ!

とあるコンサル女性が3年で離婚することになったのはご自身戦闘民族からっていう、例のあの件なんですけど。

私はそれほどできた妻でもないのですけれども、コンサルファームマネージャ職にある夫には、家事教育や私の仕事ことなどでの私の至らなさを、結婚生活10年足らずの現在まで一度も詰められたこともなく、いつも相談に乗ってくれて、時には私ひとりでは思いつかなかったわー!というような画期的ソリューションすら提供してくれるんすよ。自慢みたいになっちゃってごめん。

彼女がどんなことでご主人を詰めてしまって「次に付き合うなら、米系外資っぽい詰めをしない女がいい」と言われたのかどうかはわかりませんが、それはコンサルからとか戦闘民族から仕方ないということでもないと思います。多分ショックでとっ散らかってる方にはきつい言葉だろうなあとも思うんですが、世の中でよく言われるような「コンサルはすぐホワイトボードを持ち出す」とか「人の気持ち理解しない」「ご家庭内でも外資っぽい詰めをする」とか、そういうのかなり誤解だよなあって。

あと、こちらがちゃんとした数字提示したりとか根拠説明できれば、そういうことを一番大事にする民族なのであっさり認めてくれます情緒でアレコレこねくり回さないから、こちらに非がない限り話し合いはスムーズです。非があってもちゃんとヒアリングしてくれます。そういうところも本当にコンサルのいい所だと思いますホワイトボード割合いいことだと思います

もし悟空ベジータくらいの腕力があったら地球人女性なんか軽く殴られただけで死んじゃうと思うんですが、それは絶対しなかったわけで。戦闘民族だってそこだけ気をつけたら暖かいご家庭を持てるかと!大丈夫ー!

なんか上から目線みたいになっちゃったかなあ…ごめん。なんだろ、外資系コンサルパートナー世間でよく問題あるみたいな扱われ方されるけど、みんながみんなそんなじゃないよって言いたかった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん