「成熟」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 成熟とは

2017-07-27

https://anond.hatelabo.jp/20170727132224

その「正しさ」の所為で、街で表立ってメリークリスマスって言えなくなって、その爆発がトランプだよ。

アメリカは「現代社会レベルについていけてない」ということだろ?


「揺り戻し」「成熟」だとか言って、他人を間違ってると考えるうちは、絶対成熟なんてしねぇよ。


賭けても良い。

https://anond.hatelabo.jp/20170727121216

燃えアニメ美少女ゲームで喜ぶのは勝手だよ。君は自由だよ。

ただ、表向きには、ポリコレ的に/倫理的に正しくないこと・モノにNOをいえることが必要だし正しいということ。

現代社会とはそういうものです。

これは議論は終わっていて正しい答えなので、どうあがいても変わらないよ。

理解できないのはつらいかも知れないけど、1+1=2と同じことだよ。

ポリコレ的・倫理的に間違ったものを支持したい表明したい発表したいという考えがあるなら、

それでは現代社会レベルについていけてないということになるよ。

1+1=2がわからない状態とおなじってことだね。

ついていきたいなら勉強するとか努力必要だよね。

そんなもんごめんだということになっちゃうと普通クラスで一緒に勉強進めていくのは難しいよね。

まぁそういう人がいたらまわりがサポートしてあげるのは必要かもねって書いてて思ったよ、ありがとう

いろいろモヤモヤしてるということは理解した。生きるのむずかしいよね。

ごめん追記:

トランプの件はたしかビビった。けっきょくその正解が浸透してないってことだよね。

まだまだ過渡期で、揺り戻しもあって、少しずつ社会成熟していくんだろうね。

2017-07-24

2016年のGOTYまとめ

既に半年過ぎちゃってますけど・・・

ゲームオブザイヤー(略称:GotYまたはGOTY)は

いろいろな雑誌ウェブサイトによって優れたPCコンシューマーゲームに与えられる賞。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC

昨年に引き続いて一覧ののち、ざっくり感想を。

・Uncharted 4: A Thief's End - 165

The Critics' Picks - 89

The Readers' Picks - 76


Overwatch - 102

The Critics' Picks - 90

The Readers' Picks - 12


DOOM - 29

The Critics' Picks - 26

The Readers' Picks - 3


Battlefield 1 - 16

The Critics' Picks - 6

The Readers' Picks - 10


・The Last Guardian - 15

The Critics' Picks - 15

The Readers' Picks -


・INSIDE - 12

The Critics' Picks - 12

The Readers' Picks -


Dark Souls III - 12

The Critics' Picks - 9

The Readers' Picks - 3


Final Fantasy XV - 9

The Witcher 3: Wild Hunt - Blood and Wine - 9

Dishonored 2 - 8


The Witness - 7

Titanfall 2 - 5

Hitman - 3

Pokemon GO - 3

XCOM 2 - 3

SUPERHOT - 2

Call of Duty: Infinite Warfare - 1

FIFA 17 - 1

Firewatch - 1

Forza Horizon 3 - 1

Monster Hunter Generations - 1

Owlboy - 1

Sid Meier's Civilization VI - 1

Thumper - 1

Tokyo Mirage Sessions ♯FE - 1

Tom Clancy's Rainbow Six Siege - 1


The Critics' Picksは批評家

The Readers' Picksは読者投票になります


さて、今年も賞を獲得したのは例によって例の如くアンチャーテッドシリーズ最新作アンチャーテッド4になります

これでアンチャーテッドは3と続けてその年のGOTYを総なめということになりました。


これを保守的ととるかは個人判断にゆだねられます

ゲームとしての完成度についてはどのナンバリングも図抜けた出来であるのは認めるので

個人的には何か不満があるわけではありません。

グラフィックプレイング、ストーリー演出キャラクター描写など

圧倒的に完成されたシリーズなのは誰もが認めるところでしょう。

はいえあまりにも完成されすぎていて面白みが無いので今回はそれ以外のゲームについて言及しま(笑)


個人的に注目を引いた点を上げると変化球的なFPSゲームが多数受賞した点にあります

オーバーウォッチ

バトルフィールド1

DOOM

上記3つのゲームはGOTYの数的には2,3,4位のゲームですが、そのどれもが一人称視点シューティングというジャンルです。


オーバーウォッチMOBAの要素をふんだんに取り入れたゲーム性POPキャラクターデザイン

バトルフィールド1はFPSで日の目の当たることがなかった第一次世界大戦テーマ

ドゥームに関しては強烈なゴア描写と異常なまでのハイスピードさが売りになっている


こういった、「現状に対して変化球的なゲーム」が多数受賞したのは欧米コアゲーマー界隈でも

COD的なゲームけが注目されるのにいい加減飽きてきたのかもしれません。

オーバーウォッチ的なゲーム自体は昔からあって

ゲームシステム的に革新的というよりコアゲーマー市場自体がそういう停滞打破的なゲームを求めてる感じがあります


欧米ゲーム市場全体が成熟化してきており

「今までどおりのゲームを高い完成度で」

という今までどおりの要望以外に

「少し違ったゲームがやりたい」

という点が目立ちつつあるような気もします(まぁこの辺は歴史の繰り返しのようなものですが

あれだけ問題の多かったFFXVが多数受賞している点からも、完成度以外に革新性を重視する人が増えているのがわかります

2017年初頭から日本製ゲームの異様な高評価もその延長線上にあると見てよいと思います

そういった市場要望PS3/360時代にできていなかった和ゲー界隈のHDゲームへの対応不足にようやく目処が立ち始めた時期が合致したということでしょう。

PCベース製作コンソール機にアジャストするという製作手法や大規模開発ゲームへどうのように挑戦するか?

という点をようやっとクリアできるようになりはじめたように見えます

(Yakuza 0, バイオハザード7, Gravity Daze2, 仁王, Nier:Automata, Persona 5, ゼルダの伝説BoTW etc...)

Steamへの和ゲー販売タイトルも急速に増加しており、PCへの対応和ゲーでも当たり前になる日が来るかもしれません。

おま国がなおるかは知りません(笑)


また、オープンワールドタイトルも停滞の時期に差しかかり始めています

Mafia3やマスエフェクトアンドロメダの散々な評価を見るにSkyrimGTAから伸びてきたオープンワールドゲームの線が若干止まってしまっているようにも見えます

ゼルダBoTWが大絶賛と共に迎えられた理由はそういった背景も存在するでしょう。

セスダがエルダースクロールズの続編を一向に露出させない点も、次世代型のRPGをどのように作るべきなのか悩んでいるのかもしれません。これ以上に欧米RPG進化するにはAIプロシージャルな作り方など技術的な観点を一気にレベルアップさせる必要を感じています。(その点ではXboxAnthemが気になっています

一方で現在は目新しさから比較好調日本産ゲームも(ゲーム全体の出来ではなくメカニズム的に)完成されすぎていて発展性に欠けているようにも見えます

次作辺りまでは比較好意的に受け止められるような気もしていますが、次々作も同じようであれば現在欧米ゲームと同じパターンに陥る可能性もあります

e-Sports関連やwitcherやゼルダなど和洋問わず発展の芽を感じさせるゲームから如何にヒントを得られるかが次世代ゲームにおいては重要かもしれませんね。


個人的にはオーバーウォッチで遊びまくっています

ゲンジが難しすぎて足ひっっぱってる・・・

皆さんはどんなゲームで遊びましたか

ではまた来年


引用サイト http://gotypicks.blogspot.jp/

※昨年度まとめ https://anond.hatelabo.jp/20160426001324

2017-07-20

件のブログを一通り読んでみて感じたこと

どうして他人に過大な期待をかける女性と、そういう女性によって引き起こされる面倒を好まない様子の男性交際に至ってしまったのかというところが問題だが、実は交際するべくして交際してしまった感がある。

男性にとっては性的な関心だけだったかもしれない。ここは実は体目当てだけという意味ではない。伊藤氏が自身結婚生活において若干の不満を持っている様子は件のブログからも伺えるが、そういう男性は別の女性との交際によって癒やされようとする場合がある。単に性欲が解消されるだけでは満たされず恋愛を介して承認され癒やされたいのである。だからこそこういう厄介事に首をつっこんだと言ってもいい。

一方女性の側だが、他人に過大な期待をかける人間というのはざっくり言って愛情に飢えている。そして愛情に飢えている人は「人気者」に弱い。「こんなに他人から認められている人から愛されて大切にされれば、これまで愛情を得られなかった私も一発逆転!」という気持ちが働くからだろう。

件のブログの初めの方では、最初は秒速であることを気にしていた伊藤氏がやがて慣れと共に尊大な態度に戻っていったと書かれている。「人気者」に弱い人間に、仮に「俺こんなに仕事ですごいんだぜ」という自慢話をしまくっていたら果たしてどうなるだろうか。「仕事評価されていてCTOなんてやってて素敵!抱いて!」となるに決まっているのである。過大な期待に実際応えられるような誠実な人柄であるかどうかというのは実は本人にとってもどうでもよくて、過大な期待をかけるに足る「人気者」であるかどうかが最も大事なのだ猿山ボスであるかどうかなのだ

そしてそういう相手不倫交際など申し込もうものなら、「こんなに素敵な人が奥さんよりも私を取ってくれそう!取って!」という結果を望まれ執着されることは想像に難くない。

伊藤氏や伊藤氏の妻が食事写真などをインスタにあげることについて彼女は「承認欲求モンスター」と呼んでいたが、それらが鼻につくのは彼女自身にも強い承認欲求があるからなのだ。だからそれを与えてくれるはずだった「すてきななおやさん」に執着し続ける。障害を乗り越えて自分を誰よりも何よりも大切にしてくれるという結果に執着し、それが与えられないこと自体を何かの間違いのように感じてしまう。

彼女自身が、自分のような人間への対処の仕方をブログに綴っていたが、案外有効だと思うのが「素敵じゃなくなること」だと思う。要は人気がなくなればいいのである。この件でCTOとしての信頼を失い、下手すると離婚もするなどして誰からも見放されたといった雰囲気伊藤から出ていたらどうなるだろうか。一瞬は「私が支えなければ!」と思うかもしれない。だが同時に少しがっかりもしているのだ。そのタイミングうまいこと別の件で多忙になれば案外あっさり執着を取り除くことができるだろうと考える。依存対象を変えることで伊藤氏が解放された可能性については彼女自身も気づいているようだが、依存対象を選ぶにも本人なりの理由があるはずなのだ


いろいろ書いたが女性側はまだ若いのだしどうか自死等はしないでいてほしいと思う。辛いとは思うが彼女幸せにできるのはもはや伊藤氏ではないし、しかしその恋愛で負った傷についてであれば理解を示せる人間は少数ながら存在していると思う。もちろん恋愛過程彼女の方も多くの人を傷つけたと思うのだが、その事実と向かい合えるほどには当人成熟できていないと感じるので、その話はここではしない。

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719205442

ある程度成熟したら、親への愛情は形が変わるし順位も変わるのが当然だと感じる。

なかなか友達ができなくてすぐに母親のところに戻ってきちゃう、みたいな子は、

うちの子大丈夫かなと心配こそすれ、お母さんじゃなきゃダメなのねーうれしい、とは思わない。

後者を人は「マザコン関係母子」と呼ぶのではないかと思う。

2017-07-14

成熟とは喪失だ、って偉い文芸評論家が言ってた

確かにそういう面はあるのかもしれんが、俺は端的に狂うことだと思うわ。

同じ話を何回もしてしまう、

相手事情ディテールを忘れてしまう、

すごい勢いで相手がよく分かってないんじゃないかってことを喋ってしまう、

などなど。

徐々にかつての指導者に近くなっていく自分に気づくと、恐ろしいような愛おしいような気分になる。

2017-07-09

結局童貞に対しては「何を言ってもハラスメントにはならない」のか

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170708030900

結局ここらへんのブコメ見てると童貞に対して気軽にレッテル貼ったりしてる人らがワラワラ溢れてるが

この人らが差別問題とかハラスメント問題とかに目くじらを立てるんだったら、失笑モノでしかないよな。

それともアレか、「童貞非モテに対しては何言ってもハラスメントには成り得るわけがない」ってかあ。しょーもな。

やはり童貞非モテは「政治的正しさ」によって守られることはないんだよなあ。

童貞バカにして程度で差別に当たるわけないだろアホか」

人間としてアタリマエの成熟を問うているだけだ。差別には当たらない」

童貞必死になって反論してるwww顔真っ赤www」

「これは”いじり”であって差別ではない」

「良薬口に苦し。経験者のアドバイスは黙って聞けないんだからお前はモテない」

…結局「童貞非モテに対する罵倒」を「差別」と分離させる便利な論理が、多数用意されている。

反差別」というポジションを維持しつつ安心して「童貞非モテ罵倒」が可能なのである


はあ~あ、これだから、やっぱポリコレとか信用できないんだよな。

「俺は○○と差別が嫌いだ!」「俺が○○を否定するのは差別じゃなく区別だ!」なんてクソ理論跋扈するだけ

しょーもな。

童貞はこの世で最も生きづらい弱者なんだよなあ。

2017-07-08

稲田防衛大臣とか韓国前大統領とか

災害事故の時に、官邸にいなかったっとか所在不明だったとかで炎上するけどさ、あんなの現場マニュアル通りに動いて政治的判断かいらないじゃん。

騒ぎすぎだよな。

あと偉い人の被災地視察とかただのセレモニー現場では邪魔なだけってマスコミはわかってるのに、色々言うしさ。

もうすこし社会マスコミ成熟してほしいわ。

2017-07-06

https://anond.hatelabo.jp/20170706182914

妙な性的嗜好がつかないように、成熟した女性普通の女体に普通に興奮できる癖をつけさせた方がいいよな

2017-07-03

https://anond.hatelabo.jp/20170626132146

まず第一として、相手を好きになったらたまたま若い人だったっていうのと、相手若いから好きっていうのは大きな差があると思うんですが、

自分が見た限りでは、若い女が好きだって言ってる高齢男性ほとんどが後者なんですよね。

そういう人たちって、自分より精神的に未熟で、若い身体を持った女を性的に消費したいという欲求が見て取れるので、気持ちが悪いです。

相手人格はどうでもよくて、若い身体自分優越感を得られる程度に未熟な精神があればそれでいいんですよ。

もし若い女の人と関係を持ったとしても、若くなくなって容色が衰えたらポイ、精神成熟して自分の手に負えないと思ったらポイで、

相手が婚期を逃そうが出産できなくなろうが別にどうだっていいんです。相手のことが好きなわけじゃないので。

自分気持ちよくなることしか考えてない。それを気持ち悪いと言わずしてなんと言おうか。

2017-06-30

https://anond.hatelabo.jp/20170630102132

車椅子の人が健常者と同じように振る舞えないことそのもの差別

これ自体は、そうあるべき正しい理想ではあるんだよ。

ただ、今すぐにと言われても簡単ではないしね。簡単じゃないか時間を下さい、って話が通用しないときがあるのがちょっとしんどいよね。

たとえ話として適切じゃないかもだけど、自分は女なので。社会的な機会は男女平等に与えられるべきだと思うけど、産む性としてのリスク企業が見たときキャリアブランクが生まれ女性要職につけにくい…、みたいなジレンマと悔しみはあるわけ。

障害を持っていることで、こういう気持ちジレンマと悔しみを毎日生活で感じるのだろうから、これはかなりしんどいと、わが身の境遇に引き当てるとすごく理解できたりするんだよね。

これをずっと「当たり前だろ女なんだからしょうがないだろ」と言われ続けるのは勘弁願いたいけど、一方で、現在はまだ社会の全てが納得して受け入れる状況に現在はなってないなら、しょうがないその範囲内でみんなでちょっとずつ譲歩したり許容したりしてるうちに、気付いたらみんなの努力のたまもので壁が無くなってたねぇ、ってなるのが、良いなーと思う。

でも残念なことに、「社会が当たり前のように納得して受け入れる」状態になるのはかなり難しいんだよね…

よく差別解消界隈だと「こころバリアフリーを」みたいに言うんだけど、木島氏の方法は、物理的なバリアフリーを進める効果一定レベルではあっただろうけど、その代わり心の壁が高くなった人をそれ以上に生み出した可能性はあるかなーと思ってるんだよね。男女平等に近づくことで女尊男卑を叫ぶ人が増えたように。

言葉は悪いが、車椅子利用のような「目に見えて分かりやすい」不具合とともに暮らす人を、妬ましいと感じてしまうような気の毒な状況を抱えている人だって少なくない。

労働条件が悪いとか家族関係に恵まれなかったとかお金がなくてとか、分かりにくくて救いにくい不遇にも、光を当てるような成熟さが、世の中の側になかったりするのもある種の原因だろうと思っているんだけど。

その辺については、まだ日本注視して発言する人がほとんどいないんだよなぁという不満もある。新自由主義系はもちろん、なぜかこういう話をちょっと持ち出すとリベラル界隈の人たちまで自己責任風味のことを言い出しかねないし。

2017-06-28

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.実話に基づく作品って、事実の要素が何割含まれていれば良いのでしょうか。

いい質問だ。

結論から言えば何割でもよい。

これは9割でも1割でも良いという意味だ。

あのテの作品は“きっかけ”以上のものを求めてはいけない。

きっかけ」を楽しむためのものだ。

事実”というものは酷く退屈であるか、酷く残酷もののどちらかだからな。

そんなありのままの“事実”を、時間や金を浪費してわざわざ享受したいというのならば止めはしないが。

Q.アイドル恋人がいると荒れるのはなぜですか。

前提として知っておくべきは、アイドルというもの虚構フィクション)の存在であるということだ。

その虚構存在に心酔することを、偶像崇拝という。

有り体に言えば騙すことで成り立つ商売だ。

だが、これは必ずしも悪いことではない。

たとえば受け手が“騙されたい”と思っている場合だ。

自意識に多少の差はあれど、受け手積極的に騙されにいっているのである

ならば作り手もそれに応えるように存分に騙してあげるべきだろう。

それが需要供給だ。

まり「騙すからには上手くやれ」ということだ。

ファンを愛しています恋愛をしている相手は君たちとは別にいるけどね」は矛盾しない。

だがそれで納得する、成熟したファンがどれだけいるかということは、作り手も把握しておくべきことだ。

それを把握しておかなければ、その虚構の作り方が稚拙である評価することは妥当だろう。

彼らの「裏切られた」という言葉も、要は「フィクションの作り方が下手くそ」だと変換してみれば分かりやすい。

極端な話、こっそり恋愛をしていたとしても、それがスキャンダルにならなければ問題ないのだ。

なぜなら可能性としては存在していても認識しなければ、それは存在しないことと同義からである

アイドルウンコなんてしない」みたいな文言も似たようなものだ。

冷静に考えればありえないことなのは分かりきっているが、「ファンは見たいものだけ見たい、見たくないものは見たくない」ということを象徴する名文句だ。

まあ、私の友人はスカトロ趣味らしいから「むしろイケる」とか言っていたが、まあそんな文字通りのクソリプするイレギュラーは置いておこう。

2017-06-26

開かれた学校という理念存在する。

数年前のことです。

学校の授業が外部の人たちに公開されていたらどうか、地域の人(生徒では無く)向けの授業があったらどうかというような内容の話を質問サイトかどこかで見かけました。

それに対して、学校学校なので無理だ、学校や塾で役割分担をしている、というような返答が書き込まれていました。


しかし、質問にあった様な仕組みは実在していますね。

例えば、大学による地域の人向けへの講習会存在します。私は行ったことがありませんが、チラシなどで見かけました。開催場所は覚えていません。

また、次のような資料も見つかりました。平成11年6月の、文部科学省による資料です。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/004/gaiyou/990701c.htm

第1章 高齢者との連携必要性

第1節 「開かれた学校から地域コミュニティー拠点

(生涯学習社会への対応)

近年における自由時間の増大や高齢化の進行等,社会成熟化に伴い,生涯を通して人々の多様で高度な学習需要が増大し,地域社会における各種の学習機会の提供総合的な学習基盤の整備等が求められている。 このような社会的要請の高まりの中で,学校は,児童生徒の学習生活の場のみならず,地域住民にとって身近な施設として,地域の人々の学習需要に応え,その教育機能施設設備提供することにより,地域生涯学習拠点として,積極的地域に開かれていくことが必要となってきている。

平成19年度の資料です。

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpab200701/002/002/005.htm

 地域に開かれ信頼される学校を実現するため,学校には,保護者地域住民意見要望を的確に反映させ,家庭や地域社会連携協力していくことが求められています。それと同時に,保護者地域住民が,学校と共に地域教育責任を負うとの認識の下,学校運営積極的に協力していくことも重要です。


開かれた学校という理念は昔から存在するのですね。

ただ、ウィキペディアを見ると大阪府で起きた事件により開かれた学校から閉ざされた学校への転換が多いという記述もありますウィキペディアなので、本当かどうかは分かりませんが。

それでも、平成19年度の資料でも「地域に開かれ」たという文言がありますし、そもそも大学による地域の人への講習会があります

なので、最初質問に対しては、可能であるという答えが正しそうですね。

2017-06-22

カーネギーの「人を動かす」っておかしいでしょ

原題は、

「How to Win Friends & Influence People」

だよね?

直訳すると、

「友を勝ち取り人々に影響を与える方法

だよね?

あれ?日本語タイトル全然違わない?

原題の方は良いよ。

仲間を作って共に目標に進んでゆこうって感じで。

成熟した大人らしさがあるよね。

それにひきかえ「人を動かす」って何なのよ。

それじゃ無知蒙昧な愚民を上手くコントロールしてやろうって感じじゃん。

帝王学でも書かれてるの?

中二病がすごく好みそう。

まだ読んでないんだけど、本当にちゃんとした訳で書かれてるの?

不安なんだけど。

2017-06-20

個の時代

まだテレビが家庭の娯楽を独占していたころ、

誰もが認めるプロレスラーといえば力道山

誰もが認める歌手といえば山口百恵

といった感じで、「誰もが認める何か」は必ず存在していた。

しかし、現代においては、趣味嗜好が多様化し、ネットの普及とともに、

個々人が好きなものを楽しめる社会成熟した結果、

「誰もが認める何か」は存在し得なくなった。

2017-06-14

人間の未成熟個体を模した絵」に性的興奮を覚えるということ

人間の未成熟個体のもの性的に興味がないとありえない

2017-06-13

最近女性はいろいろデフォルトで痛すぎる

例えばこんなところ。

電車内とか、公共の場で平然と化粧。周りはとても不快だが御構いなし。マナーという言葉すら知らん。

なんかこれに対してダサいよねって広告があった気がするんだけど、それに対して一部なのかしらんけど女性から批判あったでしょ。

もうキチガイ。恥ずかしいって感情すらないんだね。痴漢とかの犯罪の話を持ち出す非論理的バカも多数いたけど、犯罪はまったく別物。ダメに決まってるだろ。

マナーについて説いているのだよ。マナーに。それが欠落している常識のないやつが反論とか、ふざけてる。

30過ぎて女子とか言っているやつは本当に痛い。

自分大学入学した時は、2,3上の先輩すらおばさんに見えたぞ。同世代同士だと気づかないかもしれないが、本当の若者から見たら、もう完全に「おばさん」だ。

そのおばさんが自分のことを女子だと思っているのは滑稽でもあり、気持ち悪い。

デートでも食事でも男が出すのが当たり前だと思ってるやつ。これも時代遅れ先進的な社会を持つ国では男女平等思想が行き渡ってるから、もうこんな古臭い考えは時代遅れとされている。まあ日本は超因襲的で、その辺の社会が未成熟から女性だけのせいではないので、これは我慢できる。

でもさあ、一人の人間として敬意を払えるかというと、そういった依存体質で自立心のない人間には払えないよね。

男は年収1000万以上で〜なんていっている、かつ30過ぎのおばさん。

もうお前に何の価値もない。生物学的に若い女性を求めるのは自然なことだし、見向きもされなくなることもまた自然なのだ

にもかかわらず、年収1000万だと?日本にどれだけの人間がその条件を満たせると思ってるんだ?さら独身という条件付きで。

現実も見れないというか、論理的思考が欠落しすぎ。

もはや奇行だと思うのだが、悲しくも日本ではそっちがマジョリティーであって、マイノリティーではないのでつらい。

他にもいろいろあるけど、全部当てはまる人っているんだろうなあ。

2017-06-11

ナジュケチ

ナジュケチというのは、北米大陸に生息する虫の名前で、語源アメリカ先住民言葉である

地域分布する、アケビに似た実のなる植物寄生して増える。

植物の実は育つとともに表面が固くなり、鳥などにも食べられないよい寄生場所となる。

親は複数の実に少しずつ卵を産み、一つの実で成虫にまでなるのはだいたい1~5匹程度で、その代わりに結構大きくなる。

人間寄生された実を割ると、トノサマバッタくらいの大きさの虫が数匹入っていて、ビックリする。

実が成熟して割れると、それらが一斉に飛び立って結婚飛行を行い、交尾後はメスだけが冬を越して翌年産卵する。

数日間のうちに大量発生するところから虫害も大きく、現地語での「ナジュケチ」には災厄というような意味がある。

 

 

 

 

 

という虫の夢を見たので、起きてググってみたがそんな虫はいなかった。

これからはきっと、ナジュケチググるとこの記事がヒットすることであろう。

いやあ、実の中にあれがいたときは本当ビックリした。

結局「成熟」と「政治的正しさ」は水と油だと思うわけだ

残念ながら「成熟」と「差別」は親和性が高い概念である、と言わざるを得ないと思うわけだ。

から世が「政治的正しさ」を志向するリベラル社会となるほど「成熟」というもの価値は下がってしまう。

よって「政治的正しさ」が浸透した社会では「○○~は未熟」「大人になれ」的な言説で他者を説得する行為は、全く無効となってしまうのだ。

ここら辺のことを、「政治的正しさ」をモットーとしてる方々や、リベラリストな方々がどの程度認識しているのか、イマイチ疑問であるが…

2017-06-06

http://anond.hatelabo.jp/20170606050124

広島出身だけど、最近カープファン球団応援以上に応援する周りとの一体感重視だからそこまで考えてないと思う。まさに楽しければいいじゃんの塊。グッズ買ったり話題に出したりすることが社会性に直結するし、地元への帰属意識表現にもなる。他県在住のカープファンがどんな感じかわからいかど、本拠地周辺はそんな感じ。球場が新しくなった頃から雰囲気が変わった。

カープは街の経済を回してるし人との繋がりを強めているようにも感じるけど、あくま一時的ものに過ぎない気がする。まだまだ未成熟文化だし、その中心の人々がどう行動していくは一度痛い目見ないと変わらないんじゃないかな。そうなってほしくない。私はカープファンだけど山田哲人選手応援してるから増田懸念が共有できるよ。

2017-06-05

男が全て支払うのが当たり前って風潮は日本途上国から

先日、フランス人カップル出会って、いろいろな話をしていたところ、

若い世代間において、支払いは基本フランスでは割り勘だという話を聞いた。

男女は常に平等であるという概念と、自立心を持つ女性が増えていることが要因のようだが、

話を聞いていて、非常に納得できた。

そりゃそうだ。収入だって、男だけが努力して勉強し、収入のいい会社に入るわけではないし、そういった概念は、女性が働いていなかった時代の名残でしかない。

日本因習的だし、あらゆる非合理性に対して何の疑問も持たず、当たり前だからという理由でそれを行う。

から社会通年的な概念いつまでも臭いし、ビジネス面では新興国にどんどん抜かれていく。

メディアバカから若者のなんとか離れとか言って、時代の変化に価値観がついてこれていない。

日本ももう少し論理性を持って、思考し、もっと社会的成熟してほしい。

遅れているって自覚がないから、クールJAPANだのおもてなしがすごいだの自画自賛に走る。その姿は本当に醜いし、成長の意思すら感じられない。暗に落ち目であることを自覚している表れだと思う。

自分も自立している女性が好きだし、敬意を持てます

2017-06-04

何でも「当たり前」と思ってる人間世界が狭い

もしくは、それぞれの人間が過ごす人生時間が「有限」であることをまだ理解できてない、もしくは理解するつもりがない、かつては理解していたけど忘れてしまったのどれか。

時間無限に湧いてくる訳じゃない以上、出来ないことや知らないことなんていくらでも出てくる。

人間個性もっとも強く決めるのは時間の使い方だ。

どういう時間を過ごしてきたがそのまま経験値の振られ方になる。

自分が「当たり前」と思っていることを何でもかんでも他人強要するのは、「自分生き方だけだが正しい」と言い張っているのと何も変わらない。

他人自分と同じように生きてくれないことに癇癪を起こしてるような人間は、端的に言って社会成熟度が低い。

そういう人間ルールを決める側に回ってしまうと世界は息苦しくなる。

人生が有限であることすらも辛くなる。

人生が有限であること自体本来は悪いことじゃない。

人によって出来ることが変わる、知ってることが変わる、だから他の人を尊敬することが出来るし尊重することが出来るようになる。

何でも「当たり前」になるとそうではなくなる。

人生時間が次々と押し付けられた「当たり前」を組み上げるために奪われていく。

そして誰もが似たような能力になる。

その中でわずかに付いた差も大部分が「まだ出来るようになっていない当たり前」によって色づけられる。

「コレ」が出来るではなくて、「この当たり前」が出来ないによって人間が色分けされていく。

そして、そのまだ出来るようになっていない「当たり前」をどうにかして埋めるために残りの人生を使うことになる。

そしてそんな人生の中で生まれた苛立ちを、他人が「当たり前」を出来ていないことをなじるために使うようになっていく。

「当たり前」が増えるほど世界地獄に変わる。

その事を理解できない、理解しようとしていない、昔は理解できていたのに忘れてしまった人間が上に立つとその世界地獄になる。

http://anond.hatelabo.jp/20170603025019

2017-06-03

Q.LGBTは認められているのに小児性愛が認められないのはなぜですか?

ガチロリ君「博士博士LGBTに詳しいらしいので聞いてもいいですか?」

LGBT博士「フォッフォッフォ、なんだねガチロリ君。また自分性癖他人カミングアウトして承認欲求を満たそうとするやつかな?」

ガチロリ君「カミングアウトじゃありません。オープンにしてるだけです。それはともかく、LGBTは認められるのに小児性愛は認められないのはなぜですか?」

LGBT博士簡単質問じゃな。小児は性的に発達していないゆえ、一方が性的に求めたとしてもそれは性行為として成立しないからじゃよ」

ガチロリ君「ちょっと博士、待ってください。性行為基準にするなら、LGBTの人たちの性行為生物学的には成立しない性行為なんじゃないですか」

LGBT博士LGBTには愛があるからその辺乗り越えられるんじゃ。小児性愛には一方的な愛しか無いじゃろ」

ガチロリ君「そうとも限らないのでは? 法的にも世界的にも、児童定義は概ね18歳未満とされていますが、例えば17歳の少女大人の男を愛してしまったとして、それが幻想やまやかしや恋の病によるものである博士は断言できるのですか?」

LGBT博士「誰だって若い時は過ちを犯すのじゃ。恋と思っていたものが実は恋ではなくて自己愛の延長線上でしかなかったことなんて山の如しであるよ。特に17歳くらいの女の子にとって恋愛ファッションの一部であるし、自分が人を愛するというよりは『彼氏のいる自分は女として優れている』くらいの意味合いしか無いのじゃよ」

ガチロリ君「…博士、一応男ですよね?」

LGBT博士研究過程で知り得たことじゃ」

ガチロリ君「しかし仮にそのような女の子ファッション恋愛をするにしても、その対象に成人男子を選んではいけないというのはある意味その女の子に対しての自由制限することにはなりませんか」

LGBT博士そもそも未成年にそのような権利など必要ないのじゃよ。自由権利大人けが楽しめる嗜好品じゃよ」

ガチロリ君「大人になった僕はその自由を手に入れて未成年女子懇ろになりたいのですが、法はそれを邪魔する」

LGBT博士「とかく、小児性愛というものはそれそのものが年齢の非対称性意味するわけじゃ。年齢の差は経済的能力の差や肉体的成熟度の違い、及び知的能力にも差が生まれることが多々あるわけじゃよ。こういった公平性を欠くような関係性は基本認められないということなんじゃな」

ガチロリ君「んんんんん? それじゃ博士は『同じような体格で同じような経済状態で同じようなアタマの人でだけくっつけ』と、そうおっしゃってますか?」

LGBT博士「同じ性別でくっつくことは良いことじゃ」

ガチロリ君「答えになってない」

LGBT博士「どちらかのパートナーが一方のパートナー支配的にしてはいけないのじゃ。小児性愛はこの要素が強いか規制されるのじゃよ」

ガチロリ君「LGBTとは離れてませんかそれ。女性男性の同権とかの話ですよねそれ…」

LGBT博士「うっせー! ガチロリキモいからダメなんだよ! わかれ!」

ガチロリ君「はい理解できました。LGBT博士はとってもお詳しいんですね」

二次オタ君「次は僕が質問してもいいかな?」

2017-05-31

http://anond.hatelabo.jp/20170531151336

自分だけエエカッコ、というよりも、神の目線的に俯瞰的にみりゃ、生物としての人間が増えすぎて調整局面、みたいな面もあるのかなと思うけど。

「神の見えざる手」が、市場調整のために人間を間引いているというか。

拡大再生産優先の(言葉としてはジェンダー的に正しくない使い方ではあるが)男性的な方法自体が、200年ぐらいやってきて制度疲労してることに絶望しているという言い方もできるか。

議論としては少し違う軸におかれがちだが、今の貧困極右vs富めるリベラル、みたいな構図も「制度疲労」前提で考えると上手く配置できるんだ。言葉遊びみたいなもんではあるが。

拡大再生産は効率性を求めるが、制度成熟していけばいくほど、多様性がないものには価値がなくなる。プロダクトの価値差異で儲けにくくなる。

そういう過剰成熟した資本主義社会は、労働賃金差異のみでしか価値を生み出せない貧困層にとっては、全体主義的なマスプロダクツが無くなり生産効率が落ちて自分たちの懐にまで金が回らないから都合が悪い。

一方で、資本主義が求める価値=今まで最も大きいウェイトを占めていた賃金差異を生み出せる場所は、もう地球上にほとんど残っていない。マスプロダクツ生産拠点は、中国東南アジア中央アジアとどんどん「秘境の奥地」へ開拓されていく、それもも限界で一昔前の秘境もいまや一大消費地となり、また価値差異は小さくなっていく。要するに世界中ほとんどの場所で、燃費が悪くなった状態

で、異なる社会間での賃金差はもう期待できないからプアホワイト的な貧困労働者が更に苦境に立たされる、そして同一社会において相対的により低い労働力としてカウントされがちな移民や女などの社会的弱者への排斥圧力が高まってくるんだろう。トカゲ自分のしっぽ食う感覚

この1年ちょっとでもう誰も言及すらしなくなってるが、ピケティ21世紀型の富の再分配方法を考えなければ、という命題提示したのも、象徴的に考えられるような。

2017-05-29

いつになっても精神年齢が上がらない気がする

最近大学4年になってよく思うことがある。

大学4年生とはなんて精神年齢が低いんだろう。

これは自分に限った話で、もしかしたら「自分精神的自立をしている」と自覚する、うんと成熟した同年代いるかもしれないけれど。

大学1年のときに仰ぎ見ていたサークル大学4年生は、それはそれはそこはかとなく大人に見えた。実際、4年生の先輩は優しかったし、面白かったし、「さすがもうすぐ社会人になる人たちだな」とか「あと3年したら自分もこういう風になれるのかな」とか思ったりもした。

でも4年生になってみたらこの有り様だ。

話す内容も、考えてることも、日々の行動も、親に甘えっぱなしなのも、何も大学1年の頃から変わっていない。

振り返ってみれば、幼稚園児の頃から同じ事を考え続けている気がする。

幼稚園の時は小学1年生がひどく大きく見えた。小学1年生の時は小学6年生に憧れていた。小学6年生の時、中学生なんて遠い存在。でもいざ中学生になったら高校生が雲の上にいるみたいだった。

いつになったら、常に仰ぎ見ている先輩たちのように、社会で働く大人たちのようになれるのだろう。

来年就職して社会に出ても、同じ事を考え続けるのだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん