「富士山」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 富士山とは

2019-05-24

anond:20190524195128

フェーン現象かね? 左右に風が吹いてるから標高ボイシャルは関連してるけど

全体的に平地が暑けりゃ山頂も(いつもよりは)暑い

富士山冠雪が夏はだいぶ小さく冬は麓近くまでなるのと同じことだ

2019-05-23

anond:20190523114354

すし詰めの汚い山小屋と汚い便所が嫌だと言え

実際俺はこれが嫌で富士山には登らない

富士山には登りません!

って言ってるのにしつこく誘われてる。どうしたらいい?

体力ない。服ない。装備ない。興味ない。

チノパンでいいよー、とか不安しかないわ。無理無理。

2019-05-15

anond:20190515111615

あれだろ、ちょっと前に増田ホッテントリになってた富士山北岳の話。

日本で一番の山は富士山ですが、二番目は?っていうと答えられない奴。

2019-05-11

anond:20190511140155

アスペ認定どうも。

タイトルの2番目に思考が引っ張られるんだよな






おじさん 富士山

ちゃん 一番なら誰でも知ってる

机 バシーン



こうだな

anond:20190510233838

二位だけに新高山


いつから富士山日本国で2番目になったんだ?

戦争領土でも増えてたか

anond:20190510135746

この間富士山見に行って同じようなこと考えてたなぁ。

独立峰信仰対象として昔から有名な山が、国内で最も高い山であるという偶然は中々に凄いことではないだろうか。

2019-05-10

anond:20190510135746

姪「日本で二番目に高い山は?」

ぼく「おじさんはねぇ、一番にしか興味ないんだよ」

姪「富士山くらいみんな知ってr」

ぼく「うるさい!」(バチーン)

姪「(泣)」

社会科で習ったばかりってだけのくせにイキがるなよ、ガキが。

問「日本で二番目に高い山は?」

北岳

この問は「一番じゃないと知られない。二番手じゃダメ。」という文脈でよく使われるけど、あまりに使われすぎたせいで「二番目は北岳」というのもまあまあ知られてしまった感がある。

そもそも富士山が有名なのは、一番高いからだけでなく独立峰からという点を無視している気がする。

北岳独立峰ではなく山脈の一部だから他の山に埋もれてしまうが、富士山独立峰なのでいろんな場所から見える。

富士信仰独立峰からこそ広範囲かつ大規模に普及したと考えられる。

もし仮に富士山がこの世に存在しなくて、北岳日本で一番高い山だったとしても「北岳信仰」はここまで大きくなかっただろうし、知名度富士山程は高くなかっただろうことは予想が付く。

話変わるけど「日本で一番長い川は?」の問いは山と比べて正答率が低かったりする。

これは「一番ですら知られていない例」だな。

2019-05-05

日本自然で最高のものって

富士山なの?

自然っていっても人工的に加工されてはいると思うけど

2019-05-01

anond:20190501042113

江戸時代も戦乱自体は起こらない平和時代だったと言われているけど。

しか江戸時代約260年間の中で飢饉大地震などの自然災害は何度も起きている。

明暦の大火もあった。

富士山噴火したり、東海・東南海南海の3連動地震もあった。

2019-04-06

何のかんの言っても、電気グルーヴの復活はないだろうな

薬物中毒患者富士山着ぐるみ被ってても、どんな顔して見てりゃいいのかわかんねーもん。

これが演奏してるなら演奏に集中してればライブ時間は過ぎていけるけど、ふざけているだけのパートの人だとどうにもならん。

2019-04-05

anond:20190405164445

こんな時間に長文投稿仕事の一環?

さてはおまえ、電通関係者だな?

こんなところで火消ししてる暇があったら、本人に謝罪会見させろよボケ

使えねーなオイ

 

勝海麻衣さんと湯島ちょこさんの件、銭湯クラスタからみた事実を書く https://anond.hatelabo.jp/20190405164445

銭湯ファンです。

勝海麻衣さんの盗作騒動に関しては疑いようのない事実ですが

その後湯島ちょこさんによって暴露された件に関しては疑問が多い。

ネット民鵜呑み憶測であることないこと言ってるわ~とびっくりしたので

いちファンとして知っていることを増田で書いてみる。

個人的には勝海さんと湯島さん、どっちも銭湯文化の普及がんばってくれ!って感じです。

自分銭湯関連のイベントによく行ってるので

勝海さん湯島さん丸山さん町田さんの全員と面識がある。

その上で、ここ数日の湯島ちょこさんの発言や周りの反応に違和感があるのでそこについて書く。

 

1 丸山さんの弟子は誰か問題

丸山さんは今まで弟子を取らなかった。

理由は、銭湯絵師では食べていけないから。

でも銭湯絵を後世に伝えたい気持ちはあるので、今まで一般向けに銭湯教室を開くなどのイベントは快諾していた。

丸山さんは人がいいのでいつも人気者。

銭湯絵に興味のある若者からしょっちゅう「弟子になりたい」と言われたり周りが盛り立てたりするので

湯島さんだけではなくいろんな人に「じゃあ弟子になるかw」くらいのリップサービスはしてる。

自称丸山清人弟子」も結構いっぱいいるw

でも誰もが認める丸山さんの弟子は確実に勝海さん。

町田さんの紹介で周りを固められたからってのもあるけど

たくさんいる弟子希望者の中で丸山さんの現場に何度も足しげく通って富士山を模写する真面目な姿勢を見せていたのは勝海さんだけだった。

から丸山さん本人も弟子と認めた。

家が金持ちから彼女なら銭湯絵師になっても食いっぱぐれないだろうって理由もあったんじゃないかなw

「あの子真面目すぎるんだよ。手伝うことないから来なくていいって言ってる時も来るしw」と丸山さんがぼやいてた。

この1年、丸山さんの出るイベントに何度か行ったけど、大体いたね勝海さん。

ちなみに湯島さんが手伝ってる現場はみたことがない。

FBマメ更新してるから活動知ってるけど、丸山さんの弟子らしい活動投稿ほとんど見たことない。

半年に一回やってる銭湯教室もたぶん1回か2回しか行ったことないんじゃないかな。

から姉弟子を追い出した」みたいなツイートがあるとすごい違和感がある。

弟子ついでに田中みずきさんのこともちょっとだけ。

田中さんは中島さんの弟子だった。

でも意見の食い違い?があって、ケンカ別れしたと聞いた。どっちが悪いとかは知らない。

銭湯絵師という職業資格なんて要らないから、言ったもん勝ち。

から田中さんが中島さんの弟子をやめた時、銭湯界隈は困った。

日本に○人しかいない銭湯絵師」というキャッチフレーズを何人と言うべきか問題w

昭和から描き続けてきた本流の絵師丸山さんと中島さんの2人だけ。

ここに、修行半ばで中島さんとケンカ別れして一人で活動し始めた田中さんを数に入れるかどうかで

当時結構記述がばらついたのを覚えてる。

町田さんの「銭湯絵師は2人」発言は、その時代のことだと思われる。

自分特に田中さんに恨みはなく「2人」と言っちゃってた。

今となっては立派に活動されているので「3人」が公式見解っぽい

 

2 勝海さんは銭湯絵を描いているのか問題

まず勝海さんは弟子から基本的に描かない。そこは礼儀

丸山さんのサポートに回ってる。

最近は空をローラーで塗るのを任してもらえるようになったらしい。

から銭湯絵師の修業は空3年松5年富士山一生、とか言われてるらしい(うろ覚え

あと丸山さんは動物を描くのが嫌いだから

動物モチーフの依頼があった時は勝海さんに任せてる。

最近も鷹とか猿とか描いてる投稿、あったよね。

実際描いてる所を見たことあるから、これは間違いない。

 

3 湯島ちょこさんは本当に勝海さんに「被ってて迷惑してると 弟子として選ばれたことを事実ではなかったと謝罪するように」言われたのか

これはさすがに事実関係知らないか想像が入る。

まず銭湯クラスタから見て、湯島さんと勝海さんがかぶってるなんて思ってる人、正直ほとんどいない気がする。

これが田中さんだったら別だけどね。

二人とも銭湯絵一本だけの活動銭湯界にいるから、田中さんが「勝海さんのせいで仕事が減った」とか言うならまあそういうこともあるだろうね~と納得できる。

でも湯島さんはいろんな活動をしてる。

銭湯アイドル銭湯グラビアイベント企画銭湯グッズ制作

銭湯絵もその中のひとつって感じ。

もともと絵画というよりも銭湯まんがやイラストを描くアイドル~みたいなふれこみだったか

勝海さんよりも塩谷さんとか銭湯まんが家さんの方がキャラ被るイメージだった。

あとはステファニーさんとか銭湯OLやすこさんとか、どちらかというとそっちのマルチ方面

なんとなくだけど、勝海さんの方からそんなメール送るとかあんまり想像できない。

勝海さん、ルックス学歴も全部持ってるし、わざわざそんなことする必要性あるかな、と。

湯島さんが嘘ついてるわけでもないだろうから、二人の間でなんかやりとりはあったんだろうね。

それで湯島さん側は「迷惑から謝罪しろと言われた」と受け取った。

勝海さん側としてはそんなニュアンスで言ってないと言いたいだろうが、盗作問題があるから何も言えない。

そんな感じだろうな。

 

もやもやするところは他にもいっぱいあるけど、とりあえず一旦おわり。

勝海さんが盗作の件で下手打ったのは間違いないし、湯島さんが傷付いたのも間違いないけど

そこから炎上して、ネット丸山さんまで悪く言うのはどうかと思う。

1万枚も描いてきた巨匠なのに偉ぶったところが全然なくて人格者

銭湯界にありがちなセクハラ言動も一切みたことがない。

もう80歳過ぎてるのに、今でも足場のぐらついた危険現場で汗かきながら銭湯絵を描き続けてる。

そんな人を憶測で叩いて、もしこの騒動のせいで丸山さんの寿命が縮んだらネット民のせいですね。

2019-03-29

富士山イスラム礼拝所設置とハラル対応するって?

地元に古くから暮らす民族信仰の形があるのに、それと真っ向から反してるじゃん

同じく多神教民族連携するならまだしも、一神教なんて明らかに矛盾してるよ?

しかイスラム側なんて一神教徒以外との結婚を認めず、日本人との国際結婚改宗強制するんでしょ?

そういうのを止めて、相互契約メッカにも鳥居を置かせてくれるの?

同じ宗教聖地世界遺産であるウルルエアーズロック)がアボリジニ以外の登頂を禁止するようになった中、日本富士山登山資格を見直す時期に来ていると思う。

2019-03-25

ガンダムスパロボ化したのは誰のせいか

これについてはハッキリ言わせてもらうが、富野自らがガンダムスパロボ化した。

間違いがない。

反論がある人は富野ガンダム最初から全部見てくれ。

Gレコで富士山に登る頃にはこの意見意味が分かっていることだろう。

anond:20190324090455

2019-03-24

飛行機乗っても全然窓の外見ないやつなんなの?

怖いんですけど

てか席変われよ

お前だよお前

窓際予約しといて窓の外見ないとか

さすがに席変われよ

だって1万メートルだぞ??

エベレストでも8000

飛行機が無いと絶対行けない高度なんだが

毎日飛行機乗ってるとしても外見るだろ

俺は年間10回乗るかどうかだけど

窓際の席になると超テンション上がるんですけど?

通路側になってもチラチラ窓見るんですけど?

夕日とか夜景が見えたらトイレいくふりしてトイレの近くの窓から見るんですけど?

考えてみ?

人生80年だぞ?

まれ変わって違う時代とか違う文明とか違う惑星に転生したらもう見られないかもしれない景色だぞ?

なんで見とかないの?

雲海だぞ?

山だぞ?

海だぞ?

街だぞ?

夜景だぞ?

夕日だぞ?

俺は登山するからわかる。

山の風景はすごいけどあの風景もすごい。

どれだけ自分で歩いても絶対見れない景色だ。

今の文明がなかったら絶対見れない。

見ないでスマホいじってるとか信じられないんだが

あれ東海道新幹線じゃね?とか

あれ海ほたるじゃね?とか

あれ花火じゃね?とか

あれ富士山じゃね?とか

やらないの?

めっちゃ面白いのになんで見ないの?

新幹線戦争で爆破されたらもう見れないし

富士山噴火したらもう同じ形じゃ見れないんだぞ?

スカしてるの?

スカしてるのか?もしかして

飛行機で窓の外眺めるとかダセーって思ってんの?

その考えが一番ダサいよ?

いやわかる

飽きるよな。ほとんど雲だし。

飽きるんだわ飛行機から風景って。わかる。

あんまり高度高いと地上はよくわからないもんな。

でも飛んでる間1回も外を見ないやつ何?怖いんだけど

離陸してから1回も外見ないってありえなくね?

外を見るのが怖いのか?

じゃなかったらスカしてんだろ

違うのか?

答えろよ

スカしてんだろ?

隣の席のお前だよ、お前。

2019-03-18

ピエール瀧感謝する。

1995年青山正明雑誌『危ない1号』を創刊、特集は「ドラッグ」。96年に鶴見済が『人格改造マニュアル』を出版人格なんて簡単に変えられる、たとえばクスリを使えばといった内容。

で、鶴見済覚醒剤でパクられて『檻の中のダンス』を出版する。レイヴカルチャーに感化された鶴見社会に閉じ込められた身体ダンスで開放せよと説く。レイヴにはドラッグは欠かせない。特にアシッドエクスタシーはこの頃、日本でもアンダーグラウンドではたくさん流通していた。

96年には『RAINBOW2000』という大型レイヴ富士山の三合目で開催されて18,000人が集まった。フジロック前夜だ。石野卓球アンダーワールド、CJボーランドケン・イシイ細野晴臣アンダーグラウンドから一気にオーバーグラウンドへとテクノが浮上した。NHKでも特番放送されたこフェス日本におけるテクノムーブメントピークだったような気がする。

当時、電気グルーヴ武道館コンサートをするぐらいには成功していた。その一方でクラブカルチャーにもどっぷり浸かっていて、新宿リキッドルームイエローマニアックラブなんかで卓球や瀧がぶっとんでる姿を見かけた。瀧は20代からコークをやってたらしいが、六本木アマンドあたりを歩いているイラン人に声をかければ簡単に手に入るブツひとつだった。スピードよりもクールドラッグジャンキーの間ではそんな共通認識だった。

1995年前後東京クラブシーンはよく言えば熱のある、まあ、テクノに狂ったやつらが大勢いた。この空気感言葉で伝えるのは難しい。ひとつ言えるのは決して退廃した雰囲気ではなく、広義のテクノ音楽未来を感じ、皆、高揚感に溢れていた。当時のことを体験している、そして今もクラブに通うおじさん、おばさんたちは、この界隈の人たちがドラッグが大好きなことを知っている。テクノドラッグは相性がいい、というか、クラブミュージックドラッグありきのカルチャーだという側面がある。本人たちも当事者だったりするので黙して語らずだが。

瀧がパクられて、あの頃の郷愁を糧に生きていたやつらは、まあ俺のことだが、色々と終わったんだなと現実直視することになった。ドラッグ被害者のいない犯罪だというが、いま自分がパクられたとしたら妻や子供がどれだけ肩身の狭い思いをして、世間の冷たい目に晒されるかと想像すると辛すぎる。

90年代サブカルは終わったんだ。Shangri-La幻想だった。ロマン優光新刊を買おうと思っていたが今回の件で読む気も失せた。その金で息子に何か買ってあげようと思う。

2019-03-15

ピエール瀧さんのこと

とにかく悲しくてショックで仕方がない。

最初ニュースを見たときは、ああ、被害者のいない犯罪から、と自分を慰めてたんだけど、

じわじわとショックが大きくなっていって、今ではかなりの精神ダメージを受けている。

私は洋楽聴くのだけど、

海外には麻薬中毒ミュージシャンなんて山のようにいて、

彼らの曲は平気で聴いているし彼らが薬で捕まったところでさほどショックは受けないだろうに、

どうしてこんなに悲しいのか自分でもうまく整理できない。

失礼なことを言うけどこれが卓球だったら、

でも卓球音楽は最高だから、って思えたのかもしれないけど、

電気でのピエール瀧立ち位置って彼のキャラクターと不可分なところがあるからまり割り切って考えられないのかもしれない。

色々な意見立場があるから出演作品の放映中止や音源の回収の是非そのものについてはおいといて、

今の日本ではそうなってしまうのは仕方がないことだと思う。

それだけのことをしたのは彼本人だ。ファンからって擁護もしないし「いい奴だから」だなんて思えない。

なんてことをしてくれたのだろうと思う。CDも買えない、ライブもやれない、電気自体もどうなるかわからない。ただひたすら悲しい。

20代の頃からずっとやってたって報道が出てる。そうなると、もう彼のキャラクターパフォーマンスフラットな目で見られなくなってしまう。

私はもう結婚して子どもがいるので何年もライブなんて行ってないんだけど、

いつだっけ、ピエールが頭に富士山被って歌って、富士山被った小さい子がたくさん出てくるのでめっちゃ笑ったな、とか

いつかのライジングサン夜明けに聴いた虹は最高だったな、とかそういう思い出もきれいな思い出に出来なくなってしまう。

いつもiPodランダム再生しながら家事してるんだけど、今日たまたま「虹」が流れて泣いてしまった。

瀧がしたこと音楽価値毀損されないよ、それはわかってる、でもやっぱり悲しいよ。何だよ、何でだよ、って思うよ。

電気、なくなっちゃうかな。

それとも何年も経ってほとぼりがさめた頃に細々とライブやったり音源出せたりする日が来るのかな。

でも、今までのようなパフォーマンスが出来るのかな。私はそれを温かい気持ちで受け入れられるのかな。

更生の道を断っちゃ行けないっていう意味で彼の戻ってくる場所を残しておきたいけど彼自身は戻ってきたいのかな。

色々考えて、いまだに心の整理が出来ない。

とにかく、彼が薬物中毒から抜け出して更生してくれることを、心の底から望みます

あと、卓球は何も悪くないか卓球自由活動させてあげて。

2019-03-14

電気グルーヴの曲が配信停止になったとはてブ話題になってたけど、Google Play Music では普通に聞けるっぽい。

せっかくなので聴いてみよう。

これを逃したら聴く機会なさそうだし。

追記

聞いてみた。

バンド名有名だしヒット曲くらい聞いたことあるだろう、と思ったが 見事に全く聞き覚え無かった。

けど曲調は聞いたことある感じ。Capsuleかに似てる。こっちが元祖なんだろうけど。

追記

富士山は聞いたことがあった ニコニコパロディで フ、ジ、サーン を。これだったのか

2019-03-08

「過ぎたるものが二つあり」集

家康に過ぎたるものが二つあり 唐の頭に本多平八

「唐の頭」とは唐物中国製)の珍しい兜のこと。

追記:指摘があったので訂正します。「唐の頭」とは正確にはヤクの毛の兜飾りのことです。武田信玄石田三成が描かれるときに、よく兜に付いているカツラみたいなやつのことですね。実は三河武士あいだでやたらと流行っていて十人いたら七・八人は唐の頭をつけていたと言われており、というのも唐の頭を大量に積んだ貿易船が難破して三河に漂着したから棚ぼたで手に入れたんだとか。そら「過ぎたるもの」と言われますわ。

本多平八」とは徳川四天王のひとり、本多忠勝(1548生)のこと。

三方ヶ原の戦いに先立つ一言坂の戦いで、退却する徳川軍の殿を本多忠勝がつとめた。

家康に過ぎたるものが」はその活躍を称賛した落首である

治部少に過ぎたるものが二つあり 島の左近佐和山の城

治部少は石田三成(1560生)のこと。

島左近」(1540生)はもともと筒井氏に仕えていた武将で、一説には当時の三成の禄高の半分である二万石で召し抱えられた。

関ヶ原の戦いで討ち死にしたが、敵の足軽が後々まで悪夢に見たというほどの戦いぶりだったという。

佐和山城」は三成が改修した城で、五層の天守閣を備えた立派なものだったが、中に入ってみると極めて質素な造りだった。

駿河には過ぎたるものが二つあり 富士のお山に原の白隠

富士のお山」とはもちろん富士山のこと。

白隠」とは「臨済宗中興の祖」と言われる高僧・白隠慧鶴(1686生)のこと。

大量の書画を残しており、その作風は荒々しくバランスの崩れたものだが、それが逆に迫力を生んでいるとして現代でも人気が高い。

本所に過ぎたるものが二つあり 津軽屋敷に炭屋塩原

本所とは東京都墨田区地名

津軽屋敷」とは、本所にあった津軽藩の広大な江戸屋敷のこと。

火災ときに版木ではなく太鼓を叩くのが「本所不思議」として知られている。

「炭屋塩原」とは、炭団を改良して一代で豪商となった炭屋の塩原太助(1743生)のこと。

明治期には「塩原多助一代記」として立身出世物語が語られ大人気となった。

亀山に過ぎたるものが二つあり 伊勢屋蘇鉄に京口御門

亀山とは、現在三重県亀山市にあった、東海道亀山宿のこと。

伊勢屋蘇鉄」とは、亀山宿の旅籠伊勢屋の庭にあった蘇鉄の名木のこと。

現在亀山市の文化会館移植されている。

京口御門」とは、亀山宿の西端、つまり京へ向かう道に作られた門のこと。

坂の頂上に建てられ、下から見上げると壮観だという。

岩槻に過ぎたるものが二つあり 児玉南珂と時の鐘

岩槻藩は埼玉県さいたま市にあった小藩。

児玉南珂」(1746生)は高名な儒学者

祖父江島生島事件江島の弟だったため甲斐流罪となり、南柯は甲斐で生まれ岩槻藩士養子となった。

儒学を学んだ南柯は、藩の要職歴任し、隠居後は私塾・遷喬館を立ち上げて子弟教育に努めた。

「時の鐘」とは、城下に時を告げるために1671年に設置された鐘のこと。

改鋳されたもの現在まで残っていて市指定有形文化財となっている。

青山に過ぎたるものが二つあり 鳶の薬缶に原宿山車

青山東京都港区の地名

「鳶の薬缶」とは「薬缶平」と呼ばれた幕末の火消し・平五郎のこと。

本職は鳶職人で、頭がハゲていたので「薬缶」と綽名されたらしい。

原宿山車」とは、青山熊野神社の祭りで使われる山車のこと。

都座に過ぎたるものが二つあり 延寿太夫鶴屋南北

都座とは江戸にあった歌舞伎劇場の一つ。

「延寿太夫」とは、歌舞伎伴奏音楽として発展した浄瑠璃清元節」を創始した、初代・清元延寿太夫(1777生)のこと。

鶴屋南北」とは、「大南北」とも呼ばれる歌舞伎狂言作者、四代目・鶴屋南北(1755生)のこと。

一ノ関に過ぎたるものが二つあり 時の太鼓建部清庵

一関藩は、仙台藩から分知されて成立した小藩で、現在岩手県一関市にあたる。

「時の太鼓」とは、城下に時を告げるための太鼓のことだが、これは幕府から特別許可されたもので、鐘ではなく太鼓が設置されるのは非常に珍しかったらしい。

建部清庵」(1712生)は蘭学を学んだ名医で、『解体新書』で有名な杉田玄白の盟友であった。

八代に過ぎたるものが二つあり 天守屋根乞食の松

これは加藤家が改易されたあとに熊本藩に入った細川忠興の評らしい。

八代城は、熊本県八代市にあった城で、1622年に完成したもの地名から松江城」とも言う。

熊本藩本城はかの熊本城であり、一国に二城あるのは特例である

その気兼ねもあったのか、城は未完成放置されており、天守閣だけは壮麗だったというが、それも1672年落雷消失した。

乞食の松」とは、「浜のお茶屋」とも呼ばれる松浜軒庭園にあった松のことらしいが、詳細は不明

保土ヶ谷に過ぎたるものが二つあり 苅部清兵衛に花見寿司

保土ヶ谷とは、現在神奈川県横浜市にあった、東海道程ヶ谷宿のこと。

「苅部清兵衛」とは、その程ヶ谷宿本陣・名主・問屋を務めた苅部家の当主が名乗る名跡のことで、地元の名士として代々慕われたという。

花見寿司」は程ヶ谷宿名物で、現在でもその伝統を引き継ぐ店があるとか。

挙母には過ぎたる物が二つあり 大手御門に海老名三平

挙母とは、現在愛知県豊田市にあった小藩のこと。

挙母城は、三河尾張美濃信濃遠江伊勢近江が見えるということで七州城とも呼ばれ、「大手御門」とはその立派な正門を指している。

海老名三平」とは、挙母藩の剣術師範役に代々指名された海老名当主名跡で、落語家のことではない。

岸和田に過ぎたるものが二つあり だんじり祭りに千亀利のお城

岸和田とは、現在大阪府岸和田市にあたる岸和田藩のこと。

だんじり祭り」は全国でも有名なお祭りで、1703年から始まったという。

「千亀利のお城」とは岸和田城の別名で、五重の天守に総構えの立派なものだったが、天守閣1827年に焼失している。

鴨方に過ぎたるものが三つあり 拙斎 索我 宮の石橋

鴨方藩は備中の小藩で、現在岡山県浅口市にあたる。

「拙斎」とは、儒学者西山拙斎(1735生)のこと。

松平定信に「昌平坂学問所朱子学を教えるべき」と訴え、これが「寛政異学の禁」の原因となったという。

「索我」とは、絵師田中索我(1742生)のこと。

京都に出て絵を学び、仙洞御所の屏風を描いている。西山拙斎とは親友同士だった。

「宮の石橋」とは、鴨神社参道にある石橋のこと。

川ではなく道に掛かっていて、立体交差となっているのが特徴。

京極に過ぎたるものが三つあり にっかり茶壺に多賀越中

京極とは、讃岐丸亀藩主の京極家のこと。

「にっかり」とは、刀剣乱舞でも有名となった名刀「にっかり青江」のこと。

「茶壺」とは、二代目藩主京極高豊が好んで収集した、陶工野々村仁清の茶壺のこと。

多賀越中」とは、京極家の筆頭家老を代々務めた多賀当主名跡

三原には過ぎたるものが三つあり

三原とは、広島藩の支城である三原城があったところで、現在広島県三原市のこと。

その「過ぎたるもの」とは、まず石高のわりに壮麗な「三原城」。

三原城主であり広島藩筆頭家老であった浅野忠真(1618生)に、徳川家光の娘・月渓院が一目惚れし、駄々をこねて彼の側室に入ったために使用許可された「葵の御紋」。

日光東照宮工事にあたって、難所をわずか十日で仕上げて称賛を集めた家臣「鈴木方衛」の三つだそうな。

安中に過ぎたるものが三つあり

安中とは、現在群馬県安中市にあたる安中藩のこと。

「過ぎたるもの」とは、藩政を改革して名君と謳われた藩主の「板倉勝明(1809生)」。

現在も名所とされる「安中杉並木」。

第六代安中藩主板倉重形のときに作られたという、城下に時を知らせるための「安中様のお太鼓」(一ノ関だけの特別扱いだったはずでは…!?)。

桜田に過ぎたるものが二つあり 火ノ見半鐘に箕輪の重兵衛

桜田東京麻布のあたり。

「火ノ見半鐘」は江戸で最も高いと言われる火の見櫓があったから。

箕輪の重兵衛」は桜田町の名主を代々務めたという家の名跡

永坂に過ぎたるものが二つあり 岡の桜と更科蕎麦

永坂は現在東京麻布永坂町のこと。

「岡の桜」は、御番医師・岡仁庵の屋敷に植えられていた大きな枝垂れ桜のこと。

更科蕎麦」はそのまま更科そばのことで、蕎麦御三家の一つである蕎麦処・更科が永坂にあったことにちなむ。

保科には過ぎたるものが二つあり 表御門に森要蔵

保科とは上総国飯野藩主の保科家のこと。

「表御門」は、三大陣屋と呼ばれる飯野陣屋の門のこと(か?)。

「森要蔵」(1810生)は幕末の著名な剣豪で、保科家に剣術指南役として仕えていた。

この飯野藩保科家の江戸屋敷麻布網代にあった。

森要蔵は藩に召し抱えられたあと、近所の麻布永坂・岡仁庵の屋敷の一部を間借りして道場を構え、

更科そばの初代も、この屋敷に反物商として出入りしていたところ、

蕎麦を打つのが上手いということで藩主から蕎麦屋になることを勧められ、

同じく麻布永坂に店を出した、という縁がある。

高取に過ぎたるものが二つあり 山のお城に谷の昌平

奈良まれ儒学者森田節斎の言葉であり、高取とは現在奈良高取町にあたる高取藩のこと。

「山のお城」は高取城のこと。

日本国内では最大規模の山城で、その白漆喰が輝く様を「巽高取 雪かと見れば 雪ではござらぬ土佐の城」と評した言葉が残る。

「谷の昌平」とは、幕末儒学者・谷三山(1802生)のこと。

若年の頃に聴力を失うが、勉学に励んで大成し、高取藩に召し抱えられて尊王攘夷を説いた。

新城に過ぎたるものが二つあり 前の小川太田白雪

新城は、現在愛知県新城市にあたるが、「新城藩」は藩主安中藩に移封されたため1645年に消滅、代わって旗本の菅沼氏が入った。

「前の小川」とは、新城陣屋の堀へ水を引き入れるために作られた運河のことらしいが、現在存在しない。

太田白雪」(1661生)は、地元名家の生まれで、松尾芭蕉門下の俳人となった。

土浦に過ぎたるものが二つあり 刻の太鼓と関の鉄砲

土浦藩は、現在茨城県土浦市にあたる小藩。

「刻の太鼓」は、例によって城下に時を知らせるための太鼓のこと。

「関の鉄砲」とは、関之信が開いた「関流砲術」のことで、その宗家土浦藩の鉄砲指南を代々務めていた。

下総に過ぎたるものが二つあり 成田不動に久保木蟠龍

下総下総国のことで、現在千葉県北部茨城県西部のあたりを指す。

成田不動」とは、言わずと知れた成田山新勝寺のこと。

久保木蟠龍」とは、儒学者久保木清淵(1762生)のこと。

伊能忠敬と親交が深く、忠敬亡き後は大日本沿海輿地全図の完成を手伝った。

金沢に過ぎたるものが二つあり 刀正次 兜興里

金沢はもちろん現在石川県金沢市、加賀藩金沢城下のこと。

「正次」と「興里」はどちらも鍛冶師で、刀を打たせれば正次が、兜を拵えれば興里が優れていると言われていた。

そこで正次の刀で興里の兜を斬ったところ、兜は両断できなかったが欠け、刀には刃こぼれがなかったため、引き分けということになった。

しかし実のところ、興里は兜が割られないよう小細工をしており、それがなければ正次に負けていただろうと分かっていた。

悔しがった興里は刀を打つようになり、後に「長曽祢虎徹」として知られる名工となった、という伝承があり、歌舞伎演目になっている。

「正次」は志摩兵衛正次という名らしいが、こちらはよく分からない。

番町に過ぎたるものが二つあり 佐野の桜と塙検校

番町とは、東京都千代田区地名

佐野の桜」とは、旗本佐野政言の屋敷にあった見事な枝垂れ桜のこと。

「塙検校」は塙保己一(1746生)のことで、盲人として検校にまでなりながら、著名な国学者でもあった。

秋元に過ぎたるものが二つあり 無の字の槍と岩田彦助

秋元とは、現在埼玉県川越市にあたる川越藩主の秋元喬知のこと。

「無の字の槍」とは、藩祖・泰朝が家康から賜った十文字槍のことで、鞘に「無」の金文字があった。

岩田彦助」(1658生)は、川越藩家老を務めた儒学者のこと。

松山に過ぎたるものが二つあり 河原布衣徒に千秋の寺

松山は、現在愛媛県松山市にあたる伊予松山藩のこと。

河原布衣徒」は河原にいる乞食のことと思われるが、芸が上手かったことを言っているのか、よくわからない。

千秋の寺」はそのまま千秋寺のことで、昔は二十余棟からなる大伽藍があったが、戦火で失われたらしい。

谷田部に過ぎたるものが三つあり 不動並木広瀬周度 飯塚伊賀

谷田部は現在茨城県つくば市にあった谷田部藩のこと。

「不動並木」とは、谷田部藩主細川興昌(1604生)が植えたもので、沿道に二百本ほどの松が並んでいたというが、現在はない。

広瀬周度」(1782生)は、杉田玄白門下の蘭学医でありつつ、画家としても活躍したという人物

飯塚伊賀七」(1762生)は発明家で、自宅の向かいにある酒屋まで往復するからくり人形や、人力飛行機などを作っていたという。広瀬周度から蘭学知識を得ていたとも。

徳山に過ぎたるものが三つあり 藩主墓所と桜の馬場奈古里人

徳山は、長州藩支藩で、現在山口県周南市のあたりにあった徳山藩のこと。

藩主墓所」は、徳山毛利家の菩提寺である福山大成寺にある歴代当主墓所のこと。

「桜の馬場」とは、初代藩主毛利就隆によって作られた藩士の調馬場のことだが、数百本の桜が植えられて名所となった。

奈古里人」(1671生)は、万役山事件に伴う徳山藩改易の際に活躍し、徳山藩再興運動の中心となった人物

2019-02-27

anond:20190226125200

朝、富士山に向かって、日が昇る方が右だ。山梨県民には左右など必要なかろう。埼玉県民にはそこらへんの草でも喰わせておけ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん