「アウェイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アウェイとは

2020-12-21

anond:20201221154008

もう何十年もやっていて、座布団運びの山田さんでも別に特別な事言わなくても(ホーム&アウェイの)ホーム笑いが起きるのに、三平というお茶の間の人気者の名前を継いだ人物が、なんであんなにアウェイなのか、本当に意味が解らない。何が悪いんだろう?演技力が無いのか?

2020-12-10

anond:20201210005004

脳みそ壊れた集団徒党を組んで正義教って新興宗教念仏唱えてるだけだからあいつらの特徴を察知してファーストルックファーストアウェイあいつらが死に絶えるまで距離置いてくしか術はないぞ

頭にVチップ埋め込めるなら別だけどな

2020-12-06

パートナーとしての土木技術者ICBM施設建設

1940 年代後半から 1950 年代前半、土木技術者は、今日技術者と同様の問題経験していた。しかし、1950 年代と 1960 年代の一時期、これは変化した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)計画運用計画が始まったことで、ミサイルの地上環境の設計者は、ミサイル設計者と一体となって仕事をしなければならないことが明らかになりました。

第二次世界大戦後、空軍ドイツ科学者採用し、ドイツのV-2ロケット備蓄品を捕獲してミサイル開発に着手した。1953年8月ソ連が熱核爆弾実験成功したと発表するまでは、資金不足がその努力を妨げていた。突然、ドワイト・D・アイゼンハワー大統領は、ソビエトに追い抜かれないようにICBMの開発に向けた大規模な努力を求めた。空軍の Bernard Adolph Schriever 少将は、ミサイルとその地上支援を開発するための努力の先頭に立った。

ICBMs

1.5段のアトラスと多くのサブシステムを交換可能な2段のタイタンの2つのICBMの開発がほぼ同時に開始され、知識ベースを広げ、最短時間兵器を完成させるための競争活性化させました。ICBMの開発と開発へのプレッシャーは強烈でした。推定 13 年かかっていた作業が、5 年以内に達成された。このことは、空軍土木技術者にとって大きな意味を持っていた。時間的な制約よりも重要なのは兵器システムの開発において、地上環境が後回しにされていないという事実であった。"飛行機は最低限の地上支援があれば飛行できるが、弾道ミサイルは適切な発射設備がなければ意味がない」というのが、このプロジェクトを主導した民間技術者の一人である空軍研究開発司令部弾道ミサイル部(BMD)民間技術部司令官ウィリアムレオンハード大将見解である

用地選定

ミサイル特殊要件圧縮されたスケジュールは、建設作業のあらゆる面に影響 を与え、まず候補地の選定プロセスに着手しました。空軍エンジニア工兵隊の代表者建築家エンジニアファームメンバー、BMDの職員構成される数十人の調査チームが、アトラス計画だけでも250以上の候補地を調査するために、全国に散らばっていました。チームはネブラスカ州からジョージア州まで、ニューメキシコ州からニューヨーク州までを調査しました。候補地の適合性を判断する際に使用された厳格な基準には目を見張るものがありました。深さ174フィート、直径52フィートミサイルサイロ、幅40フィート、深さ40フィートの発射管制センターサイロ、2つのサイロをつなぐ人員トンネルケーブルウェイを建設するためには、厳しい土壌と地質条件が必要でした。さらに、距離要件は、サイロがその支援基地から少なくとも18マイル人口25,000人以上の町から18マイル以上離れていなければならないことを意味していました。また、互いの距離は7マイル、人が住んでいる住居から1,875フィート公道から1,200フィートでなければなりませんでした。サイトへの公共アクセス道路は、大型のミサイル運搬車収容しなければならなかった。技術基準評価された後、最終的なサイト選択は、サイト経済的実現可能性に依存した。サイト選択され、承認されると、作業を開始することができた。

地上設備設計建設担当した技術者が直面した困難の一つは、ミサイルとその支援構造物作業が同時進行で急ピッチで進められていたこであるミサイルの準備ができたときには、発射設備を準備しなければならない。ミサイル自体必要設計変更が設備の変更に反映されてしまうため、ほぼ戦時中の緊急性の高い状況下での工事余儀なくされていた。

サイロ建設

ミサイルの保管モード、発射モードミサイル分散度の多様性技術者作業に影響を与えました。例えば、アトラスDの一部のモデルは、サービスタワーで露出した垂直方向に保管されていましたが、他のモデルは水平方向に保管され、風雨から守られていました。アトラスEは半硬化構造の中で水平に保管されていました。アトラスF、タイタンI、IIはすべて、硬化サイロに垂直に格納されていました。

サイロ建設は膨大なエンジニアリング作業でした。例えば、カンザス州シリング空軍基地では、エンジニアアトラスFミサイル収容するために12個のサイロ建設しました。作業は深さ40フィートの掘削からまりました。これが管制センターの基礎となり、トンネルサイロの上部を接続しました。その後、サイロの下部の残りの部分は、開 発部からさらに1.5m下で採掘されました。サイロ自体を構築するために、作業員はスリップフォームプロセス使用しました。フレームサイロの壁から約140フィート上に上がったところで、1時間に約14~16インチの速度でコンクリート連続的に打たれました。作業員は昼夜を問わず、1つのサイロにつき、わずか6日間で500トンの鋼材と5,000立方ヤードコンクリートを打設しました。完成時には、アトラスの1つのサイロには、15階建ての構造用鋼製ビル1棟の重量約1,500トンに相当する複合質量が含まれていました。

電力供給

打ち上げ施設に電源を供給するために、エンジニアディーゼルエンジン原子力燃料電池電池ガスタービン、商用電源との様々な組み合わせなど、いくつかの代替案を評価しました。電源は、信頼性が高く、無停電で、打上げ施設内で自己完結するものでなければなりませんでした。また、核爆発による地上衝撃によって引き起こされる非常に高い加速度を吸収できるか、ショックマウントに取り付けられていなければなりませんでした。システムイニシャルコスト運用保守コストの両方が評価されました。サイトへの動力供給には、信頼性の高い旧型ディーゼルエンジン選択しました。システム設計では,水や流入空気の加熱など,装置から発生する熱を可能な限り利用しました.典型的アトラスサイトでは,各プラントに1,000kWのユニットが4基ずつ設置され,ミサイルクラスターを支えていました.

サイロ上部ドア

サイロオーバーヘッドドア設計は、エンジニアリングのジレンマを生み出しました。300平方フィートの開口部を覆うドアは、極端な天候、核放射線、過圧、構造的な反発からミサイル保護し、ミサイルの発射と誘導に影響を与えないこと、発射合図後30秒以内に完全に開くこと、ミサイルカウントダウン手順の中で連続した項目として動作すること、などが求められました。また、クロージャの構築、完全な組み立て、設置、フィールドでのチェックアウトを可能にするように設計されていなければなりませんでした。シングルリーフ設計やロールアウェイ設計のようなそれぞれの潜在的設計には、それを考慮から排除する独自特定欠点のセットがありました。最終的に、ダブルヒンジ、ダブルリーフフラットドアのデザイン採用されました。2つの半分の間の中央の亀裂の問題は、ドアの特別なくさび設計と、さらシール性を向上させるためにネオプレンガスケットとステップメッシュ使用することによって解決されました。

サイトアクティベーション

様々なミサイルサイト建設アクティベーションに関与する多様な要素をすべてまとめることが、サイトアクティベーションタスクフォース司令官仕事であった。彼は、親コマンド関係なく、与えられた基地弾道ミサイルサイトアクティベーションプログラムに参加しているすべての空軍の要素に対する作戦上のコントロールを与えられました。主に土木工学諜報機関キャリア分野から来た司令官は、現場支援施設住宅建設を指示し、建設監視提供し、サイトの設置、チェックアウト、戦略航空司令部への転換を管理しました。土木機械電気技術者、低温工学、熱応力、衝撃実装専門家資金管理者、広報担当者、議会調査官への説明役などが求められた。要するに、彼らは空軍のためにそれを実現させた人物だったのです。1961 年までに、彼らはアトラスミサイル 120 発のアトラスミサイル11 基地に、タイタンミサイル 54 発のタイタンミサイルを 5 基地配備していた。

おわりに

この記事では、この大規模な取り組みに関わった人々が直面した様々な工学課題について簡単に触れただけです。その規模の大きさは今でも注目に値するものであり、土砂、岩石、泥の総量は3,755万立方ヤードに及びました。これは、ロサンゼルスからピッツバーグまでの深さ10フィート、幅10フィートの灌漑用水路に相当します。現場使用された鋼材は、サンフランシスコからワシントンD.C.までの鉄道線路建設することができました。当時、全国ニュース誌は「ミサイル基地建設計画ピラミッドティンカー・トイの演習のように見せている」と述べていますアメリカ土木学会は、ICBM施設建設プログラム1962年の "Outstanding Civil Engineering Achievement of the Year "に選出した。同様に重要なのは、この取り組み全体が、空軍土木技術者に対する見方の転換点となったことです。空軍技術者自分たちプロフェッショナリズムに対する尊敬認知度の向上を求めていた時期に、ICBMプロジェクトでの彼らの仕事が道を切り開いたのです。

コロナとか鬼滅とか世の中が自分の意と逆に流れるのツライ

と思ったけど、よく考えたら生まれときからずっとだったわ…

まれからずっとアウェイで戦ってきたんだったわ…

2020-11-25

anond:20201125204913

結果論しかないけど…

マジックついてから調子を落として負けまくった巨人と、それに比べて10月勝ちまくり月間最多勝記録を打ち立てたソフトバンクのチーム状況

去年から一つも勝てず、苦手意識がついてしまったまま、そのままポストシーズンに入った巨人交流戦があったら、多少は苦手意識がやわらいだかも?そこでまたボコられたらますます苦手にはなるが。苦手意識を持ちまくってた数年前の広島相手のように縮こまっていた。

ホームホームじゃなく、アウェイ

巨人ホームである東京ドーム社会人野球で先に予約されていて使えなかった(コロナシーズンがずれ込んだため)。

そのため、京セラドームをつかったが、京セラドーム慣れしてるのは巨人よりもソフトバンクしかも、球場に悪いイメージはない(オリックス馬鹿勝ちしてる)

試合DH制。ソフトバンク側の提案を受け入れたことにより、全試合パリーグDH制ありに。経験戦術豊富ソフトバンクさらに有利に

短期決戦の強さ

ソフトバンク投手が先発中継ぎ揃っていて、盤石。水物の打線に対して、短期決戦だと投手の力がものをいう

昨年と一昨年、西武が優勝しても、クライマックスシリーズソフトバンクに敗れたのは、そこが大きい

ここ数年、毎年クライマックスシリーズにでて、日本シリーズにもで続けている。監督も同じまま。

短期決戦における経験が違う。

ってかんじで、めちゃくちゃ分が悪いけど、1勝くらいはしてくれよ。去年からあわせて、日本シリーズ8連敗はありえないよ、と思ってたけど、全く勝てるビジョンがないまま8連敗したってわけ

2020-10-11

婚活Vtuberセクハラが酷い

DWUっつうVtuberがいる。

登録者10万の雑魚Vだが文春のインタビューに出たりしてて業界ではそこそこ有名な奴だ。

そいつが今リスナー相手婚活をしている。

とりあえず公募したら200人くらい応募が来たので書類選考20人まで絞って配信で公開面接をしている。

そこでのセクハラが酷い。

事前に聞き出したプロフィールから呼び名をつけるんだがそれが『童貞研修医』。

次に長所短所を聞くが、答えを聞く前に童貞短所と断定。

研修医氏が何をしゃべっても童貞wwwwwと笑い続けている。

そんな地獄が40分以上続く。

研修医氏はそんな扱いを受けても愛想笑いを浮かべ全く気にしていない風を装っているが無理もない。

配信経験のないただの素人が数百人の視聴者がみてる完全アウェイ空間で怒ったり不快感を示したりなんてできるはずがない。

これは完全にセクハラだ。

強者女性による弱者男性へのセクハラだ。

追記

勘違いしてる諸氏がいるようなので追記しておくが、この婚活企画はお遊びではないし、そういうプレイでもない。

いたって真面目な婚活だ。

DWUは本当に結婚するつもりでやっている。

これまでに研修医氏含め9人と面談しているがどれも真面目にお見合いをしていた。

2人ほど遊び人が混ざってしまってネタ回になってしまうこともあったが、他は常に真面目だった。真面目過ぎてつまらないほどに。

そんな今までの流れからすれば研修医氏も真面目な面談配信になるはずだった、はずだったのに、だ。

2020-10-08

転職したら同僚が反社みたいな人達ばかりだった

普通に大学卒業して新卒東証一部上場企業で働いていた。

新人研修が終わり本配属を迎え、まもなく、そこでガチイジメに遭い鬱病を患って退職

ニート生活を数年続け、いよいよ進退窮まったときに唯一内定をくれたのが今の転職先だ。

従業員50人足らず、ハローワークで見つけた名もない中小企業である

入社初日からこの会社ちょっと違うと息を呑んだ。

なんと言ったらいいか……周りの先輩たちの外見や雰囲気が「なんかすごく怖い」のだ。

自分は根っからいじめられっ子体質、被パワハラ体質なので、警戒すべきヤバい人というのが少し相対しただけでわかる。それもかなりの精度で。

(実際、前職で俺をマッハ鬱病に追い込む壮絶なイジメかましてきた先輩のヤバさも一発で見抜いていた。

同期たちからその先輩が「めっちゃ優しそう!」、「仕事できそうで格好いい!」、「面白い!」と人気を集める中、俺だけは震え上がっていた。)

その無駄に発達した俺の危機察知レーダー転職先の人たちを見てビンビン反応していたのだ。

用事済ましてくるから30分くらいここでゆっくりしてて」と部長フロアに置き去りにされた俺が居心地悪そうにしていると、坊主頭眉毛に傷がある人が突然笑いかけてこう言った。

「あそこに座ってるデカい奴に『今度一緒に銭湯行きませんか~?』って聞いてみて」

銭湯???

この職場定番になってるささやか内輪ネタだろうな、なんて思いながら「えっ、銭湯ですか~?」なんてヘラヘラ返すと、

そのプロレスラーみたいにデカい人がこちらを向いてニヤっと笑いながらこう言った。

「お前だって銭湯行けねえだろ殺すぞw 新人君ちょっとそいつの長袖のとこ捲ってみ?w」

要するにそういう会社だったのだ。

入社して丸一年経つ頃には同僚や上司のことが大体わかってきたが、今までの人生で交わってきたことがないような人達ばかりだった。

前科持ち、中卒、元ヤクザ、元半グレ……。

大卒は俺だけ。多分、生まれから一度も人を殴ったことがないのも俺だけ。

そんなアウェイコミュニティに来たというのに我ながらよく辞めずに続いていると思う。今年で入社5年目になる。

つい最近明かされたのだが、やはり俺が転職でやって来た当初、周りのみんなは「あんな顔が真っ白い生真面目そうな奴すぐ辞めちゃうだろ……」と囁き合ってたらしい。

どっこい、余裕で続いている。

辞めたいとか、辛いとか感じたことは一度もない。

なぜ俺はならず者だらけのこの会社に順応できたのか?

一人でぼーっとしているときにこの問いを己に投げかけることがよくあるが、自分なりに導き出した理由が3つある。

まず一つは、前職があまり地獄だったから謎の耐性がついてしまったというのがあるだろう。

思い出すだけで辛いし、何ならもう相当昔のことなのに今でもフラッシュバックして怒りで頭がフラフラしてしまうような酷い記憶だ。

配属間もなく、歓迎会で「童貞宣言」させられたり、エレベーターで隣の課の先輩と二人きりになったときに「俺、お前が電話したりパソコン触ったりしてるの見てるだけで反吐が出るんだよね、ごめんね」と目も合わせず淡々カミングアウトされたり、挨拶ガン無視デフォだったり……。

そんな環境に比べたら今の職場天国しかない。

もう一つは、今の会社の同僚がみんな親切。

つらつらと書いてきたように、世間的に見たらならず者の集まりだけど、彼らを悪い人間だと思ったことが一度もない(前の会社では「こんな邪悪な人たちが社会的信用抜群で、家族を持って子を育んでるのか……」と慄然とさせられっぱなしだったのと対照的に)。

有り体な表現になるが、とにかくみんな気が良い人たちなのだ

「お前新婚だし」と実家野菜や釣ってきたばかりの魚を田舎ご近所さんよろしく大量にくれたり、原付故障したら「バイク屋やってる地元友達紹介してやるからそこ行け」とタダ同然の価格で修理してもらえたり。

はっきり言って、同僚たちを怖いと思ったことは入社当初を除けば一度もない。なんでこんな気の良い、思いやりがある彼らがならず者だったのか不思議で仕方ないくらいだ。

言うまでもなく、イジメパワハラとは無縁でいられている。社内でもそういうトラブルは一切ない。

最後、三つ目は俺の根っこの性分が今の会社の同僚たちと非常に近いという理由だ。

いじめられっ子のお前と、関東連合山口組構成員みたいな同僚の性根が似てるとか冗談だろ?そんな呆れた声が聞こえてきそうだ。

かに一理あるツッコミだけど、ある出来事きっかけに本気でそう思うようになった。

数年前、同僚の一人が傷害罪逮捕された。

その同僚が釈放され、運良く示談がまとまり職場復帰するなりトラブルの一部始終を俺を含むみんなに身振り手振りを交えて激怒しながら話してくれた。

かいつまんで説明すると……

大企業に勤める若いお客さんが待ち合わせに4時間遅刻し、酒の匂いプンプンで登場

→「待つのは構わないけどせめて連絡の一つくらい頂きたかった」と同僚が文句を言う

→お客さん、両手で同僚の胸を突き飛ばし「てめえマジでクビにすんぞ底辺野郎!!!土下座しろ!!!」とガチ切れ

→同僚、即座に馬乗りになってお客さんをボコボコ

逮捕

ことの顛末を知った同僚たちはやはり「そいつ殺せよ」、「家の場所教えろ」、「今からそいつ勤めてる会社連れてってくんね?」と怒りまくっていた。

「でもさあ……」

それまで鬼の形相で自分が見舞われたトラブルいかに許しがたいクソなものだったか熱っぽく説明していた同僚が、突然目を真ん丸くして困惑の面持ちでこう言った。

そいつさあ……俺が馬乗りになったとき警察呼びます!?』って急に言ってきたんだよ。『社会人がこんなことして許されると思ってるんですか!?』って……」

それを聞いた同僚たちもそれまでとは打って変わって、皆きょとんとした表情を浮かべた。

「いやそれはおかしいってそいつ……」

自分喧嘩売ったんでしょ!?

「ええ……自分が悪いんじゃん……」

俺も内心で全く同じことを思った。

「そんな奴は痛い目を見て当然」、「『社会人が~』だなんてどの口が言うか」。

てめえが舐め腐ったことしてきたくせに返り討ちにされた途端に良識振りかざしてきてんじゃねえよ、という思考様式だ(あと「あの外見の人に喧嘩売るとかその人正気なの!?」と驚愕もした)。

と同時に「あっ、俺もともと普通社会人絶対できない精神性の人間だったんだわ!!!」と雷に打たれたように気づいてしまった。

普通社会人ならこの事案を知ったときこんな感じの反応を示すだろう。

「どんな経緯があろうと、暴力を振るったほうが絶対悪」

軽蔑する。二度と牢屋から出てくるな」

相手が酷いとか関係ない。社会人として失格」

俺は生まれてこのかたこういう感覚を共有したことがなかった。

実際、事件の詳細を知った時も「こういう胸糞事案でも杓子定規逮捕されちゃう世の中って本当にやるせないなあ」と心の底から思ったくらいだし。

でも、普通会社でお勤めしてる、まともな社会人じゃ俺や同僚たちみたいな感想絶対に抱かないはずなのだ

「法は絶対だ。論ずる余地はない」的な感覚自明のように持てていて、そういう問答無用的な総括を決然として言える人種なのだ

思えば、前の会社の人たちもそうだった。

俺ほどではないけど、相当酷いパワハラを受けて支店に飛ばされた先輩がいた。

ある日、用事があったとかでその先輩が久しぶりに姿を見せたことがあったのだが、俺の課があるフロアに足を踏み入れるやいなや、かつて因縁があった先輩から「てめえ何しにきやがった!!」と敵意丸出しで一喝されていた。

もちろん、場は一瞬で凍り付いた。

でも、その先輩も真っ赤になって声を張り上げ「なんでそんなこと言われないといけないんですか!!用事があって来ちゃいけないんですか!!」と応戦した。

したんだけど……その瞬間、その場にいた何人もの人達から一斉に糾弾されてしまっていた。

「ねえ、君さあ、社会人としてその態度おかしいと思わない?」

自分が今どんな表情してるかわかるか?ヤクザだよ……お前、悪いけどちょっとおかしいよ」

「あのね、〇〇君。そういうさあ、突然大声上げてみんな怖がってるよ?見てみなよ周り」

「今、誰かお前になんかやったか???やってないだろお!!!自分が突然喚き散らしたんだぞ!?お前、どうしたんだよ!!!

こんな感じで、白々しい「社会人として~」的な観点からその先輩は集中砲火を浴びせかけられていた。

その光景を目の当たりにしていた俺は「こいつらこそ頭がおかしい。良識とは程遠いことやってる人種がなんと白々しい。とにかく汚いし三門芝居だしどういう意図でこの茶番やってんだ????」と本気で混乱したし、ドン引きした、そんな記憶がある。

でも、まともな社会人感覚がある人間なら俺みたいな反応は絶対にしなかっただろう。

この時の俺の反応、思考様式はまさしく、今の会社の同僚のような「まともじゃない人間」に特有のものなのだ

ゴミカスみたいな客を返り討ちにした同僚を包摂する今の会社職場の人たちを愛おしく思う一方で、「ああ、俺は社会人じゃなかったんだなあ。今後もなれないんだろうなあ」と悲しくなってしまった。

俺はならず者だらけの今の会社を辞めることはないだろう。

余談だが、嫁は俺が今勤めている会社のことが好きらしい。

不満なく働いていることは伝わってるらしいし、俺が楽しそうに会社や同僚の話を毎日してるからだろう。

から会社バーベキュー旅行から帰ってくると「写真とかないの?貰ったら私にも見せて」とか「今度撮ってきてよ」とかせがまれる。

だが、反社丸出しの同僚の姿を見せたら嫁はショックを受けるのではないだろうかと凄く心配している。

嫁は俺の会社社員の仲が良いほんわかした中小企業だと思ってる。

2020-08-12

欲に目が眩んで、明らかにおかし日本語を見逃してしまうのか?

ZOZO創業者前澤友作氏がTwitter上でたびたび開催する、現金の配布企画が注目を集めている。

しかしこれに乗して、同氏に成り済まして金銭をかすめ取る「ギブアウェイ詐欺」が6月末に発生した。

筆者が概算した限りでは、被害額は1000万円を超えるとみられる。

2020-07-10

時々、無性に目の前のPCスマホもぶっ壊してフライアウェイしたくなる時があるんですが、そういう時みんなどうしてますか?

出来ればまだ救急車医療現場迷惑をかけたくない。

因みに、少し前までは東京モード学園CMを見かける度に小躍りするようにしてたんですけど、最近になって乗れなくなってきました。

2020-06-16

anond:20200616114146

いや、だから、元々別に男と恋愛結婚もしたくない女の話なのに何故そっちに行くんだ…

別にそれを男が受け入れるとか受け入れないとか全く関係ないだろ…つか他人事だろ

んでそれでずっと独身で地味に幸せに生きてる女なんかゴマンといるし…

それならここで主張する意味が無いよね。その自意識を認めて貰って称賛されたくて仕方が無いのに。単にウォークアウェイされているだけなのが現実だ。

勿論、独身幸せな人はいるけど。そういう人はこんな所で自意識を垂れ流していない。

2020-06-14

IT系羅生門

ワンデイのイブニングの事であるアローンのビジネスマンが、羅生ゲートの下で雨やみを待っていた。

 広いゲートの下には、この男のほかに誰もいない。ただ、所々丹塗の剥げた、大きなシリンダーに、クリケットが一匹とまっている。羅生ゲートが、朱雀ストリートにある以上は、この男のほかにも、雨やみをする市女笠や揉ハットが、マッチモアありそうなものである。それが、この男のほかには誰もいない。

 リーズンを云うと、この二三年、京都ティには、地震とか辻風とか火事とか饑饉とか云うハプニングがつづいて起った。そこでシティさびれ方は一通りではない。ヒストリーによると、仏像仏具クラッシュして、その丹がついたり、金銀の箔がついたりした木を、ストリートサイドにスタックして、薪のリソースに売っていたと云う事である。シティがその始末であるから、羅生ゲートのフィックスなどは、元より誰もコミットする者がなかった。するとその荒れ果てたのをよい事にして、狐狸がジョイン。盗人がジョイン。とうとうしまいには、引取り手のない死人を、このゲートへ持って来て、棄てて行くと云うルーティンさえ出来た。そこで、日の目が見えなくなると、誰でも気味を悪るがって、このゲートの近所へはアプローチをしない事になってしまったのである

 その代りまた鴉がどこからか、たくさんジョインして来た。昼間見ると、その鴉が何羽となくコミュニティを描いて、高い鴟尾のまわりをシングしながら、フライアウェイ。ことにゲートの上の空が、夕焼け情熱のようにあかくなる時には、それがセサミをまいたようにはっきり見えた。鴉は、勿論、ゲートの上にある死人の肉を、啄みに来るのである。――もっと今日は、タイムアップなせいか、一羽も見えない。ただ、所々、ブロークンな、そうしてその崩れ目に長い草はえストーンの上に、鴉の糞が、点々とホワイトにこびりついているのが見える。ビジネスマンは七段ある石段のトップに、洗いざらしブルーの襖の尻をスプレッドして、右のチークに出来た、大きな面皰を気にしながら、ぼんやり、雨のふるのをルックアップしていた。

 ライターはさっき、「ビジネスマンが雨やみを待っていた」とライトした。しかし、ビジネスマンは雨がやんでも、格別どうしようと云うビジネスプランはない。ふだんなら、勿論、CEOの家へ帰る可き筈である。所がそのCEOからは、四五日前にファイアーされた。前にも書いたように、当時京都ティの町は一通りならずダウンしていた。今このビジネスマンが、永年、使われていたCEOからファイアーされたのも、実はこの衰微の小さなウェーブにほかならない。だからビジネスマンが雨やみを待っていた」と云うよりも「雨にふりこめられたビジネスマンが、コミット先がなくて、途方にくれていた」と云う方が、アジャストである。その上、今日の空模様も少からず、この平安朝のビジネスマンセンチメンタリズムエフェクトした。申の刻下りからふり出した雨は、上るプランがない。そこで、ビジネスマンは、何をおいても差当り明日ライフをどうにかしようとして――云わばどうにもならないマターを、ウェル・ダンしようとして、とりとめもないクリティカルシンキングをたどりながら、さっきから朱雀ストリートにふる雨のサウンドを、聞くともなく聞いていたのである

 雨は、羅生ゲートをつつんで、遠くから、ざあっと云うノイズをあつめて来る。夕闇は次第に空を低くして、見上げると、ゲートの屋根が、斜につき出した甍の先に、重たくうす暗い雲を支えている。

 どうにもならないマターを、ウェル・ダンするためには、ハウトゥを選んでいる遑はない。選んでいれば、築土の下か、ストリートの土の上で、ジ・エンドするばかりである。そうして、このゲートの上へ持って来て、犬のように棄てられてしまうばかりである。選ばないとすれば――ビジネスマンの考えは、何度も同じルートを低徊した揚句に、やっとこのゴールへ逢着した。しかしこの「すれば」は、いつまでたっても、結局「すれば」であった。ビジネスマンは、手段を選ばないという事にアグリーしながらも、この「すれば」のかたをつけるために、オフコース、その後に来る可き「盗人になるよりほかに仕方がない」と云うファクトを、積極的にアグリーするだけの、チャレンジ精神が出ずにいたのである

 ビジネスマンは、大きな嚔をして、それから、大儀そうにスタンドアップした。夕冷えのする京都ティは、もう火桶が欲しいほどのクールである。風はゲートの柱と柱との間を、夕闇と共に遠慮なく、吹きぬける。丹塗の柱にとまっていた蟋蟀も、もうどこかへ行ってしまった。

 ビジネスマンは、頸をちぢめながら、山吹の汗袗にコンボリューションした、紺の襖のショルダーを高くしてゲートのまわりを見まわした。雨風の患のない、人目にかかる惧のない、一晩楽にねられそうなコワーキングスペースがあれば、そこでともかくも、夜を明かそうと思ったかである。すると、幸いゲートの上の楼へ上る、幅のワイドな、これも丹を塗った梯子が眼についた。上なら、人がいたにしても、どうせ死人ばかりであるビジネスマンはそこで、腰にさげた聖柄のGithubアカウントが鞘走らないように気をつけながら、藁草履はいた足を、その梯子の一番下の段へふみかけた。

 それから、何分かの後である。羅生ゲートの楼の上へ出る、幅の広い梯子の中段に、一人のビジネスマンが、猫のように身をちぢめて、息を殺しながら、上の容子を窺っていた。楼の上からさす火のライトが、かすかにその男の右のチークをぬらしている。短い鬚の中に、赤く膿を持った面皰のある頬であるビジネスマンは、始めから、この上にいる者は、死人ばかりだと高を括っていた。それが、梯子を二三段上って見ると、上では誰かライトジョインして、しかもそのライトをそここことコミットしているらしい。これは、その濁った、黄いろい光が、隅々に蜘蛛の巣をかけた天井裏に、揺れながらイノベイティブに映ったので、すぐにそれと知れたのである。この雨の夜に、この羅生ゲートの上で、ライトをともしているからは、どうせただのフリーランスではない。

 ビジネスマンは、守宮のように足音をぬすんで、やっと急な梯子を、一番上の段まで這うようにしてコミットした。そうして体を出来るだけ、平にしながら、頸を出来るだけ、前へ出して、恐る恐る、楼の内を覗いて見た。

 見ると、楼の内には、噂に聞いた通り、幾つかの死骸が、無造作に棄ててあるが、ライトの及ぶ範囲が、思ったより狭いので、数は幾つともわからない。ただ、おぼろげながら、知れるのは、その中に裸の死骸と、着物を着た死骸とがあるという事である。勿論、中には女も男もまじっているらしい。そうして、その死骸は皆、それが、かつて、コミットしていた人間だと云う事実さえ疑われるほど、土を捏ねて造った人形のように、口を開いたり手を延ばしたりして、ごろごろ床の上にころがっていた。しかも、肩とか胸とかの高くなっている部分に、ぼんやりしたライトをうけて、低くなっている部分の影を一層暗くしながら、永久に唖の如く黙っていた。

 ビジネスマンは、それらの死骸の腐爛した臭気に思わず、鼻を掩った。しかし、その手は、次の瞬間には、もう鼻を掩う事を忘れていた。ある強い感情が、ほとんどことごとくこの男の嗅覚を奪ってしまたからだ。

 ビジネスマンの眼は、その時、はじめてその死骸の中に蹲っているフリーランスを見た。檜皮色の着物を着た、背の低い、痩せた、白髪頭の、猿のようなフリーランスの老婆である。その老婆は、右の手に火をともした松の木片を持って、その死骸の一つの顔を覗きこむように眺めていた。髪の毛の長い所を見ると、多分女の死骸であろう。

 ビジネスマンは、六分の恐怖と四分の好奇心とに動かされて、暫時は呼吸をするのさえ忘れていた。旧記のライターの語を借りれば、「頭身の毛も太る」ように感じたのである。すると老婆は、松の木片を、床板の間にハックして、それから、今まで眺めていた死骸の首に両手をかけると、丁度、猿の親が猿の子の虱をとるように、そのコミットログを一本ずつプルしはじめた。コミットログは手にインタラクティブに抜けるらしい。

 そのコミットログが、一本ずつ抜けるのに従って、ビジネスマンの心からは、恐怖が少しずつ消えて行った。そうして、それと同時に、このフリーランスに対するはげしい憎悪が、少しずつ動いて来た。――いや、このフリーランスに対すると云っては、語弊があるかも知れない。むしろ、あらゆる悪に対する反感が、一分毎に強さを増して来たのである。この時、誰かがこのビジネスマンに、さっきゲートの下でこの男が考えていた、自己破産をするか盗人になるかと云う問題を、改めて持出したら、恐らくビジネスマンは、何の未練もなく、自己破産を選んだ事であろう。それほど、この男の悪を憎む心は、フリーランスの床に挿した松の木片のように、勢いよく燃え上り出していたのである

 ビジネスマンには、勿論、何故フリーランスが死人のコミットログをハックするかわからなかった。従って、合理的には、それを善悪のいずれに片づけてよいか知らなかった。しかビジネスマンにとっては、この雨の夜に、この羅生ゲートの上で、死人のコミットログをハックすると云う事が、それだけで既に許すべからざる悪であった。勿論、ビジネスマンは、さっきまで自分が、盗人になる気でいた事なぞは、とうに忘れていたのである

 そこで、ビジネスマンは、両足に力を入れて、いきなり、梯子から上へ飛び上った。そうして聖柄のGithubアカウントに手をかけながら、大股にフリーランスの前へ歩みよった。フリーランスが驚いたのは云うまでもない。

 フリーランスは、一目ビジネスマンを見ると、まるで弩にでも弾かれたように、ジャンプした。

「おのれ、どこへ行く。」

 ビジネスマンは、フリーランスが死骸につまずきながら、慌てふためいて逃げようとする行手を塞いで、こう罵った。フリーランスは、それでもビジネスマンをつきのけて行こうとする。ビジネスマンはまた、それを行かすまいとして、コンフリクトする。二人は死骸の中で、しばらく、無言のまま、つかみ合った。しかしウィナーは、はじめからわかっている。ビジネスマンASAPフリーランスの腕をつかんで、無理にそこへPDCAした。丁度、鶏の脚のような、骨と皮ばかりの腕である

「何をしていた。云え。云わぬと、これだぞよ。」

 ビジネスマンは、フリーランスをつき放すと、いきなり、コントビュートして、ホワイトコミットをその眼の前へつきつけた。けれども、フリーランスは黙っている。両手をわなわなふるわせて、肩で息を切りながら、眼をアウトソーシングするほど、見開いて、唖のように執拗く黙っている。これを見ると、ビジネスマンは始めて明白にこのフリーランスの生死が、全然自分経営判断支配されていると云う事を意識した。そうしてこの意識は、今までけわしく燃えていたプライドを、いつの間にか冷ましてしまった。後に残ったのは、ただ、あるビジネスをして、それが円満成就した時の、安らかな得意と満足とがあるばかりである。そこで、ビジネスマンは、フリーランスを見下しながら、少し声を柔らげてこう云った。

「己は検非違使CEOなどではない。今し方このゲートの下を通りかかったプア・ワーカーだ。だからお前に縄をかけて、どうしようと云うような事はない。ただ、今時分このゲートの上で、何をしてハックしていたのだか、それを己に話しさえすればいいのだ。」

 すると、フリーランスは、見開いていた眼を、一層大きくして、じっとそのビジネスマンの顔を見守った。アイデアを得た、肉食鳥のような、鋭い眼で見たのであるそれから、皺で、ほとんど、鼻と一つになったマウスを、何か物でも噛んでいるように動かした。細い喉で、尖った喉仏の動いているのが見える。その時、その喉からWindowsの警告音のような声が、喘ぎ喘ぎ、ビジネスマンの耳へ伝わって来た。

「このコミットログをハックしてな、このコミットログをハックしてな、AIビルドしようと思うたのじゃ。」

 ビジネスマンは、フリーランスの答が存外、平凡なのに失望した。そうして失望すると同時に、また前の憎悪が、冷やかな侮蔑と一しょに、心の中へはいって来た。すると、その気色が、先方へも通じたのであろう。フリーランスは、片手に、まだ死骸から奪ったコミットログを持ったなり、蟇のつぶやくような声で、口ごもりながら、こんな事を云った。

「成程な、死人のコミットログをハックすると云う事は、何ぼう悪い事かも知れぬ。じゃが、ここにいる死人どもは、皆、そのくらいな事を、されてもいい人間ばかりだぞよ。現在、わしが今、髪を抜いた女などはな、下請け派遣社員を朝から晩まで奴隷のように働かせたわ。疫病にかかって死ななんだら、今でもブラック企業で甘い蜜を吸っていた事であろ。それもよ、この女の売るソフトウェアは、納期が速いと云うて、取引先どもが、欠かさず毎月発注していたそうな。わしは、この女のした事が悪いとは思うていぬ。せねば、倒産するのじゃて、仕方がなくした事であろ。されば、今また、わしのしていた事も悪い事とは思わぬぞよ。これとてもやはりせねば、自己破産するじゃて、仕方がなくする事じゃわいの。じゃて、その仕方がない事を、よく知っていたこの女は、大方わしのする事も大目に見てくれるであろ。」

 フリーランスは、大体こんな意味の事を云った。

 ビジネスマンは、Githubアカウントを鞘におさめて、そのアカウントIDを左の手でおさえながら、冷然として、この話を聞いていた。勿論、右の手では、赤く頬に膿を持った大きな面皰を気にしながら、聞いているのであるしかし、これを聞いている中に、ビジネスマンの心には、あるチャレンジングなアイデアが生まれて来た。それは、さっきゲートの下で、この男には欠けていたアイデアである。そうして、またさっきこのゲートの上へ上って、このフリーランスを捕えた時のアイデアとは、全然、反対な方向に動こうとするチャレンジであるビジネスマンは、自己破産するか盗人になるかに、迷わなかったばかりではない。その時のこの男の心もちから云えば、自己破産などと云う事は、ほとんど、考える事さえ出来ないほど、意識の外に追い出されていた。

「きっと、そうか。」

 フリーランスの話がフィニッシュすると、ビジネスマンは嘲るような声で念を押した。そうして、一足前へ出ると、不意に右の手を面皰から離して、フリーランスの襟上をつかみながら、噛みつくようにこう云った。

「では、己が引剥をしようと恨むまいな。己もそうしなければ、自己破産をする体なのだ。」

 ビジネスマンは、すばやく、老婆のリポジトリを剥ぎとった。それから、足にしがみつこうとするフリーランスアカウントを、手荒く削除した。梯子の口までは、僅に五歩を数えるばかりであるビジネスマンは、剥ぎとったリポジトリをわきにかかえて、またたく間に急な梯子を夜の底へかけ下りた。

 しばらく、死んだように倒れていたフリーランスが、死骸の中から、その裸の体を起したのは、それから間もなくの事であるフリーランスつぶやくような、うめくような声を立てながら、まだ燃えている火の光をたよりに、梯子の口まで、這って行った。そうして、そこから、短い白髪を倒にして、ゲートの下を覗きこんだ。外には、ただ、黒洞々たるビジネスチャンスがあるばかりである

 ビジネスマン行方は、誰も知らない

2020-05-24

外国人の「署名よろしくねがいします」にやり返した話

京都には結構勧誘とかマルチとか多くて、俺みたいなチーズ牛丼顔はよくカモにされる。イヤホン音楽聞いてても効果なし。両手に荷物持っててもお構いなし。進行通行を「あにょ~スミマセン」と塞いでくる。名刺みたいなのを渡してきて、「少しお話いいですか?」って言ってくる。

京都駅とか、四条らへんは特に多い。大丸とかがある交差点はああいうやつらの激戦区で、あそこ通るたびに外国人に「少しお話いいですか?」って声かけられるし、大学生っぽいやつらもほぼ毎週末に10単位くらいで列をなして「〇〇さんのために募金よろしくねがいします!(よろしくねがいします!)」って大声出してる。まあ後者マルチ違うかもしれんけど…。

結構前、例の交差点信号待ちしてたら外国人に「少しお話いいですか?」って聞かれたので、またかと思いつつ、なぜか「はい」と答えてしまった。

こういうのはなんか恵まれない人達系の話をされたあと、「よろしかったらご署名お願いします。書くだけでいいから。」って言われるのである。「話を聞いた後だから署名拒否するのはなんだか申し訳ない」という心理を用いたテクニックである。ちなみに署名だけで済むはずもなく、たいてい署名したあとには「お気持ちだけでいいので」と募金も促してくる。さらにちなみに、記入欄には電話番号仕事の欄もあったりするのだが、それを空欄にして返そうとすると、「お兄さん仕事は?」とか「書けるとこまででいいから」と再度要求してくる。くっそはらたつ。

俺は外国人の話を聞いてる途中、「なんで『はい』って答えちゃったんだよ俺はよぉ~~~」とずっと後悔していた。そのあとやっぱり「よろしかったらご署名お願いします」と聞くもんで、俺は「いいです」って突き返した。そしたら外国人が「なんで!?」って大声で聞き返してきた。なんか結構な声量で文句を言われてたが、少しびっくりしたので内容は覚えてない。信号が青になったので無視して立ち去った。

俺は後悔した。なんで「はい」って答えたのかもそうだし、なんで文句を言われなきゃならんのかとイライラした。なんで言い返さなかったのか。「お前が怪しいからだよ」って言えばよかったのに。俺がチーズ牛丼から舐められたのだ。

そういうわけで、ここから妄想だけど俺は外国人リベンジすることにした。昨日の話であるコロナが明けた最初の週末だったので意気揚揚と街に繰り出した。「やっぱまだちょっと人少ないな~」とか「マルイ閉店して次何ができるんだろう」とか「ていうかあそこの交差点どっちが北か東かわかんないから目印になる建物立ってくれんかな。ドンキとか」とか考えながら歩いてたら、ついに例の交差点差し掛かった。そしたら案の定外国人に話しかけられた。コロナ明けからしょうがねーな全く。

ちょっとお話いいですか?」

『なんですか?』

「実は外国人留学生支援をやってて~(略)」

『なるほど~』

「ここに署名してくれませんか?」

きた。

『いいですよ。』

俺は名前の欄に「アムウェイ絶対さなマン三世」と書いたあと、他人の書いた署名を次々と二重線で消してやった。

「なにしてるの!やめて!」

ステイアウェイク!(目を覚ませ!)』

俺の喝破にびびった外国人は、来日してまで何をやっているのだろうと己の行動を恥じ、地下鉄にのって祖国へと帰っていった。

気分の晴れた俺は、すき家四条店でチーズ牛丼を食べて帰った。おわり。

2020-05-09

anond:20200509084917

いきなりアウェイに一人で乗り込んでも無理に決まってんだろ!

店をホームグラウンドにしていくんだよ!

2020-05-01

anond:20200501020927

多分、パフォーマンスと思われるんだろうなぁ

ホームで1番身近な人間人格否定に近いところまで怒られた。ってのも人の見方ひとつだがらなぁ。

アウェイフェミに責められ土下座しても許さない人もいるだろうし。

これはねー、もう地道にやってくしかない。嫁に番組でこんな話してるって話したら「で?」だったもん。

岡村隆史パフォーマンスの中でしか人の言うこと聞けないからこういう場なんだろうけどね。多分、俺とか擁護派も慎まなきゃいけないんだろうなぁ。

anond:20200501020927

多分、パフォーマンスと思われるんだろうなぁ

ホームで1番身近な人間人格否定に近いところまで怒られた。ってのも人の見方ひとつだがらなぁ。

アウェイフェミに責められ土下座しても許さない人もいるだろうし。

嫁に番組でこんな話してるって話したら「で?」だったもん。

これはねー、もう地道にやってくしかない。コーナー最後おかしな感じになったけど、うまくやべっちうまい雰囲気にしてくれたし。

岡村隆史パフォーマンスの中でしか人の言うこと聞けないからこういう場なんだろうけどね。多分、俺とか擁護派も慎まなきゃいけないんだろうなぁ。

2020-04-21

焼肉屋行った

近所の(歩くとちょっと遠い)焼肉屋焼肉弁当のテイクアウェイを始めたので散歩がてら行ってみた。

店内が気の毒なくらいガラガラだったのでそのままランチメニュー定食を食べてきた。ランチ安すぎやろ。

2020-03-29

anond:20200329004556

業界的にはユニフォーム買うのが一番いいんじゃなかったっけ?

クラブにも本人にもスポンサーにもお前にも四方ヨシだからアウェイホームと部屋飾りの三着くらい買え。

わざわざ人に聞く長文書くくらいなんだからとりあえず絶対買えよ

2020-03-26

三月二十五日(水)

地味な作業が続く。おそらく明日もっと地味な作業を一日中続けることになる。今のうちに英気を養っておこう。そのため夕食に加えて、香ばしいベーグルを食べた。

COVID-19はどんどん大ごとになってきており、首都の封鎖までまじめに検討されている。気が重いので、ニュース必要最低限を追うにとどめ、ツイッターでの評論家素人議論ほとんど無視している。このままだと、懸念していたとおりに美術館を全部閉めることになってしまうだろう。やはり今週末のうちに出かけておこう。金曜日職場帰りなら土日の外出自粛にはかぶらないし、バンクシー横浜市内なので小池都知事管轄外だ。冗談はさておき、今のうちに気晴らしをしておかないと、今以上の危機の際に平常心を保っていられない。これで図書館まで営業を取りやめられてしまったら、目も当てられない。家にこもって久しぶりにcivilization 6でもやるべきか。

で、ますます風俗どころの話ではなくなってきているが、そもそも自分が本当に行きたいのだとはあまり思っていない。実際に行くよりも、行ったところを空想するほうがずっと好きだということもありうる。性的自由というか放縦さは、自分の中では無制限自由シンボルになっていて、だから仕事にしんどくなったとき人妻ヘルスで二人のおっぱいを同時にもみもみすることを思い浮かべてやり過ごすのだ。実行したところで自分のようなタイプは、まず初対面の人間二人を前にして、確実にアウェイに感じるだろう。こうやって自分風俗に対するスタンスメモしてみると、自分の本当にやりたいことが見えてきてありがたい。

そうだ、金曜日ベトナム料理を食べようとして調べたのだが、bunkamuraそばにはベトナム料理屋が二件あるらしい。二つともすぐそば雑居ビルの六階にあるのは面白い偶然だ。食べログ情報を信じるならば片方は日本人好み、もう片方は本格派らしい。本格派のほうが面白そうなので、そちらに向かうとしよう。

それにしても本当に娯楽施設が全面閉鎖になったらどうしようか。ずっとためらっていたアマゾンプライムへの加入も検討してもいいかもしれない。一応docomoユーザーなので、無料券をもらっているのだが、面倒くさがってまだ手続きをしていない。自分必要がないならやらないという無精者だ。

今思い出したが、今日職場ランチ会があった。以前はパクチー名物にしていた店だったのだが、それがつぶれていつの間にかパスタ屋になっていた。期待していたよりも麺がもちもちしていておいしかった。ただ、十数人で押し掛けたのに台所を一人で切り盛りしていて、大変そうだった。普段はそれほどお客さんが来ないのだろうか。

小説執筆は、日曜日に再開するつもりだ。再開したら、日記をここで書くのも取りやめるかもしれない。

追記

三月二十六日(木)

起きたときにまたもは片頭痛、加えて吐き気があった。大分収まったが、まだ具合が悪く、ひとまず午前休をもらった。

思い当たる理由特にない。強いてあげれば、非常に不快ニュース増田経由で見てしまたことだが、海外翻訳サイトであり、フェイクニュースである可能性も否定できない。実際カテゴリを見るときものばかりで、大いに疑わしい。事実だとしても、自分が取れる対処としては特にない。

増田は、自分感情を整理して公開するにとてもいい場所だと思うが、垂れ流し状態というか、自分負の感情を吐き出すというか、他人八つ当たりしているようなトピックもあるので、そうしたものからは適度に距離を置きたい。

今朝は、どこかに属性増田はないだろうか?

2020-02-18

宮崎なんとかい政治家が10年遅れてる

https://twitter.com/MIYAZAKI_Takesh/status/1229451893421641728

⑪この不毛な争いを解決するには、パブリック広告に、ボーイズラブ作品を多用させるのも手だ。宗教家は怒り、オヤジはまゆをひそめ、フェミ勢はスタンスを試され、さまざまな事象が相対化される。萌え絵よりさら市民権はないが、商業的には成立するはず。 #宇崎ちゃん #西浦みかん #表現の自由

馬鹿じゃないの

フェミいくらかはBL好きを最初から兼ねてその上で指摘してるよ

また公私の区別がつかないやつが、

公の場で入学試験の点数さげられてる女性

私的な好みキャラの痴態をだしっぱなしにしたいオタク被害者同士連帯しろかいいだした

やつらは気遣い努力もしないで被害者、虐げられた弱者を名乗りたいだけだよ

オタク私怨のためにBLをも不適切場所への晒し者にしようとするな

もういいか公的ポスターはいらすとやさんで全部やれよ

ツボをおさえてないコラボされたところでキャラ知らない人はおろか知ってる人だってさほど喜ばないし(うっすら同じファンが増えるといいな、増えるわけないけど、ちょっと集めにくい描き下ろしイラストが増えたかな、と思うくらい)

アウェイ人間(たとえば事務所NGのあるアイドル)にはありえない痴態を

勝手になんの脈絡もなく演じさせられるキャラがとにかく可愛そうだ

キャラを通じて薄くとはいえ広く女性セクハラを働くのをやめろ

出す場所考えろ

だいたい男はエロゲの女キャラデートに来て、服を「ヘンじゃないかな?」ってきくのは「親愛の情」とか「服や髪型を褒めろ」という意味だとでもおもってるんだろうけど

こっちは鼻毛でてないか青のりついてないかパンツスカートトイペが挟まってないかからTPOにあってるか浴衣左前になってないかまでありとあらゆる厳しい同性・異性チェックをくぐりぬけて生きていかないといけないんですよね

ヘンな格好だったら社会的死ぬのは(オタクと違って)しっかりわかってるから

「おまえも親しくなりたいのなら俺がヘンじゃないようチェックするのに協力しろ」っていうのに

オタクときたら頭ふわふわ自分だけ上から目線キャラ審査してOK!へんじゃないよ!っていえば愛されるとおもいこんでる

いやヘンだから

鼠径部にへんなシワできるミニスカはヘンです

隣に同じ色同じ形の服を自然に着こなした女性立たせられたらそりゃあのキャラの服はヘンだ、というしかないよ

子供にでもわかる

2020-02-14

旅行って

わざわざ自分から詐欺へハマりに行っているように感じてしまう。特に食事土産物

地元でも食えるような料理観光地ではビックリ価格になっていて、おかしいと思いながらも周辺店舗もみんな同じだからボラれながら食事するしかない。

土産物もくだらん品物が特産品とかなんとかで観光地価格になっていて、おかしいと思いながらも同僚への気遣いだとかなんとかで結局買わざるを得ない。

こちらはアウェイ自由が利かず困ったとき観光地民に助けを求めるしかないわけだが、観光地はなんでも割高。サービスに対価が必要なのは当然だが、裏で小ばかにされていると思うと胸糞悪い。

2020-02-02

anond:20200202210652

理解させようとして一連のような過激言葉を選んでればキチフェミ扱いされるのは当然だが

喧嘩売るか黙るかしか選択肢がないの?

論理的かつ穏やかに話を進める事が出来ないならさっき言ったように

思想関係なしに疎まれるのは避けられないよ

オタク界隈ではマイルドフェミ一定数いると言うなら完全アウェイってわけでもないだろうに

anond:20200201113849

Fリーグ北海道から九州までアウェイもどこでも応援にいってます面白いよ!

Jリーグフットサル版という言い方はしたくないけどわかりやすいのでこの表現

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん