「キャッシュ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キャッシュとは

2017-12-14

http://h.yea.tokyo ってなんなの?

はてなキャッシュ(?)みたいなもの

2017-12-10

日本も随分キャッシュレスが進んでいると思う

コンビニ交通機関iPhoneSuica利用。

居酒屋レストランスーパー、衣料購入もクレカ利用。

友人への支払いはLine Pay (現金支払のみの店舗では誰かが一人現金で払い、皆がそいつLine Payで払っている)

結構十分なくらいに進んでいると思う。

でもこう言うとはてなーLine payとか怖すぎ。個人情報ガーとかそんなことを言うに違いない。

そうやってLine payユーザが増えないことがキャッシュレス化が進まないことの一番の原因だ。

中国すげーとか言ってる暇あれば、まず日本でできるかぎりのキャッシュレス化を取り入れることが重要

個人レベルで浸透したら店舗もどんどんと対応していくだろう。

2017-12-05

SUICAの残高

PASMOもそうだが、恐らく使い切れるであろう金額チャージして、

できるだけ残高を残さないようにする。

使用するのは主に電車を利用する時として、半端に残ったらコンビニ等で使いきる。

以前Edy付きのクレジットカード盗難に遭ったからだ。

被害額はEdyの1万円弱と、カードでのキャッシングで、

被害額はEdyのそれだけだった。

SUICAPASMOで残高が少なくなったら直ぐにチャージする人もいるようだが、

個人的にはしない事が、犯罪に対する予防というか対策だと思ってる。

なので、デビットカードは所持する気になれないな。

今持っているクイックペイカード盗難に遭ったら被害届申請で、保険適用になるとは思うけど、

デビットカードはどうにもならないのでは?と思ってしまう。

話がそれてしまった。

小銭を用意する必要が無い便利さは有るが、キャッシュレスは時として危険だと認識している。

世界ではキャッシュレス化が進んでいる。

2017-12-04

屋台キャッシュレスQRコード物乞い? 中国電子決済が爆発的に普及

https://thepage.jp/detail/20170727-00000007-wordleaf

利用者アプリを立ち上げ、店が提示するQRコードを読み込めば決済が完了します(アプリの種類などによりやり方は異なる)。クレジットカード既存電子マネーと異なり、店側の負担も最小限で済むわけです。

日本遅れてる…

2017-12-03

深センに行ってきたがディストピアにしか見えなかったけどな

イラ昨日深センに行ってきたんですわ。広州から電車深センに入って、深センから香港経由で日本に帰ってきた。

そしたらタイムリーなことに深セン行ったら日本ヤバイと思ったっていう↓の記事がバズってて、だけどオイラの見て感じたことと相当違うなと思ったんで忘れないうちに感想を書く。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53545

あなたは今から書くことを読んでも深セン希望を見ることができるだろうか?


1. そもそも中国には通信自由がない

これはよく知られている話だけど、深センではGoogle, Facebook, Twitter, Line等の資本主義国のWebサービスが大半使用不能。

旅行blog深セン情報を読もうと思っても、閲覧制限があるようでLivedoor blogfc2 blogは参照できなかった。

かといって百度日本語現地情報検索しても、フィルタリングがかかっているようでスカスカ情報しか返ってこない。

記事の筆者も当然この状況を見ているはずだが、これでも深セン希望を感じたのだろうか?


2. そもそも中国には移動の自由があまりない

深センへは日本から直行便が少ないので、広州経由で深センに向かったわけだけどもやたら難儀した。

直線距離だと100km程度で、日本で例えるなら東京宇都宮間ほどの距離

最近中国では全土に高速鉄道が走っているので、そいつを使えばわずか30分で着く…のだけれども。

外国人鉄道チケットを事前予約するのはできないので現地の駅で切符を買う必要があるので広州南駅に向かったのだが、

自動券売機は、中国身分証を読み込む必要があるので一切使えない。窓口に並んで切符を買う必要がある。この窓口の待ち時間が異様に長い。

さらに、中国鉄道全席指定になっているので、当日券を買おうとしても4時間後の便しか買えなかった。

しかも、鉄道に乗る前に待ち受ける身分証確認手荷物検査行列続きで非常に疲れた

深センについた後も地下鉄の移動前にはX線スキャン荷物検査があり、非常に面倒だった。

どうやら中国では鉄道日本でいう飛行機のような存在で、気軽に利用できる乗り物ではないようだ。


3. 華強北の電気街は規模こそ大きいけど多様性はない

記事でも言及されていた深セン電気街、「華強北」。オイラも行ってきました。というかこれ目当てで深セン旅行を決めたんだけどね。

で、実際に行ってみて、結論から言うと「失望」の一言に尽きるかと。

かに規模は大きいよ。ヨドバシ秋葉レベルビルが何棟もあって、秋葉原の高架下にあるような個人店がぎっしり中に詰まってるんだから

だけど売られている商品多様性がないんだな。店が100店舗あっても大半がスマートフォン販売 or そのアクセサリー

USBケーブルに充電器、交換用のバッテリーSDカード、こんな商品を扱う店が9割くらいを占める。

もちろん、Foxxconの横流し品であろうスマートフォン機構部品を扱う店や、顕微鏡片手にスマートフォンの基盤修理をしている店のようなマニアックなのもあったんだけど少数派。

さらに、オイラの期待していた「深セン」でしか買えないエッジのきいたもの、例えばbitcoin採掘マシーンとか評判の高い中国メーカー短波ラジオのようなものは皆無だった。

まあ、この辺はオイラの探し方が足りなかったのかもしれないが、表通りに立ち並ぶ店の品ぞろえは日本とそう変わるものではなかった。


4. 最新の決済インフラ外国人には利用不能

QRコードの読み込みで決済ができきる「微信支付」は銀行口座と紐づけが必要から外国人簡単に利用できないよ。

イラもいろいろ試したかったんだが泣く泣くあきらめた。

仕方ないから町の人の使う様子を見ていたんだけど確かに普及はしている。レンタルサイクルや駅の売店で使っている人はすごく多い。

ただし、屋台の支払いでも普通に使われているかというとそうでもないよなという感じ。

日本ヤバイ遅れている」を強調するために話を盛っているような気はする。体感的には日本駅ビルテナントでのSuica決済と同程度の印象。


5. 深センにないもの香港にはあった

日本に帰るために、深センから国境(香港返還20年たってもまだ残っているのだ!)を徒歩で超えて香港に入った。

香港の街並みは深セン広州と比べるとどこか古臭く見える。駅も狭いし、鉄道車両も年季が入っている。

だけどここには自由があった。Googletwitterfacebookもすべて使える。DMM18禁サイトすら自由に見れる。

地下鉄を乗るとき手荷物検査存在しないし、外国人オクトパスカード(香港Suica)を買えるし、クレジットカードの普及率が高いので、商店で気軽にキャッシュレス決済ができる。

中国本土に居たのはわずか数日のことだったが、香港では深センにない自由を感じたのだった。

大げさな表現かもしれないが、独裁国家から自由の国にやってきた気分だった。


昨日まで現地に居たオイラ感想は以上になるが、あなたはこれでも深セン希望を感じるだろうか?

最近中国マンセーと、管理社会待望論

10年くらい前は監視カメラの設置で大騒ぎしていたのに、今じゃ

中国のようなキャッシュレス社会じゃない日本は駄目って論調違和感

2017-11-27

スタバクレジットカード決済

スターバックスで、たかだか400円の支払いにクレジットカードを使ってみた。

クレジットカード使えますか?」

「使えますよー」

サインいります?」(←もしサイン必要だったら面倒くさいか現金で払う覚悟

大丈夫ですよー(いりませんよ)」

結果、クレジットカード渡して5秒ぐらいでレシートもらって決済完了

小銭ジャラジャラやるよりよっぽど早くてラク。よし、これからスタバでもキャッシュレスだ。

一つ文句を言うとすれば、スタバのどこにも「クレジットカード使えます」って書いてないこと。

自社の電子マネー?と競合するからだろうか。

それとも、VisaとかMasterのロゴがあるだけでスタバ雰囲気を壊すとか、そういうことだろうか。

知っている人にしか使わせないという、軽い嫌がらせだわ。

https://anond.hatelabo.jp/20171127173434

全部キャッシュレスになったとして、金の流れってどれくらい捕捉できんのかね?

完璧に把握できるようになったら経済学とかの研究が一変しそうだけど。

現金派がキャッシュレス社会について災害時はどうするんだとかいってるけど

通信インフラがズタズタになる事態じゃ現金取引だってまともに成り立たないよな

2017-11-26

死にたい

死にたい

バイト帰り鞄をひったくられた。いつもなら家からすぐ、数時間から財布を持ち歩くこともないし、化粧品を持っていくこともない。たまたま、鞄に財布と化粧品を入れていた今日、ひったくられた。

全部とられた。取り立ての免許学生証も保険証クレカキャッシュも定期も。財布に全部入れてる自分が悪いことも分かっている。 取られるかもしれないという意識が無い自分の不注意なのが悪い。 分かっている。 分かっているけどそれでもショックは大きい。

もうひとつバイトトラブル、ごちゃごちゃした人間関係にただでさえ悩まされていたここ数日。人生どん底に落ちたかのようにひとりで泣いて、なにも考えまいと寝て過ごし、それでも数時間頑張ればいいんだと重たい腰を上げてバイトに向かった今日。やっと終わった、と寒さに指を震わせながら自転車を漕いで、家までのあと少しの距離で、トドメを刺された。

カードは止めた。鞄も財布も化粧品も、全部また買えばいいだけの話だ。身分証だって、また再発行すればいい。

二度と手に入ることのない、思い入れのあったリップも、もう何年も前に姉から譲ってもらったペンケースも、戻ってこない。いいんだ。言ったってしょうがない。もう取られたんだから。きっと今頃、捨てられてる。

でも、もうメンタル限界だ。どうしてこんな自分ばかり悪いことばっかが積み重なるのだろうか。普段の行いが悪いからだよな。 もう限界。いっそのこと包丁で刺されて死んだ方が良かったんじゃないかとさえ思う。 ああ、死にたい。もうなにもかものやる気をなくした。 なにもしたくない。でもなにかしないと気が狂いそうだ。

※追記※

追記

コメントありがとうスルーされると思っていたので嬉しかった。

取られたあと警察にすぐ連絡した。

友人たちにもLINE愚痴ってはいた。月曜も親友と出かける予定で話聞いてもらいたかったけど身分証とかの手続きとかで無理になりそうで、モヤモヤをとにかくどこかにこぼしたくてここに書いたんだ。

そしていま警察から連絡があって、現金は抜き取られていたけど財布は見つかり、犯人も捕まったらしい。 気が楽になった。

ありがとう

いいこと考えた

キャッシュでも残ってるといいな〜

2017-11-24

スマホ決済が盛り上がってる中国でも、やっぱり現金が最強だった

中国上海を2泊3日で旅行してきた。

いままで台湾香港には何回も行ったことがあったけど、どうしても中国本土に対する悪いイメージが拭えずに(人の多さとか、サービス精神の欠如とか、大気汚染とか)、今までどうしても行く気になれなかった。

ところが最近、気が変わった。

思っているほど酷い場所ではないのかもしれない、と。

しろスマホやIT技術活用など、日本より進んでいる面もあるのではないか、と。


ほら、最近ニュースメディアでも中国独自スマホサービスを取り上げてるじゃないですか。

スマホアプリのQRコードコンビニでも屋台でも支払いができるので、中国人現金を持ち歩かなくなっている」とか

「街中にはシェアサイクルがあふれていて、スマホでQRコードスキャンするだけで簡単に使えて、移動がすごく便利になった」とか。

現金嫌い&便利でラクなの大好きな私としては、もう気になると実際に試してみたくてしょうがない。

というわけで、嫌がる友達を説き伏せて、野郎二人で上海へ旅立った。


が、しかし、やはり中国という国は独自路線を歩む国だ。

だってクレジットカードVISAやMasterが基本的に使えない(外国人向けホテルとか空港OK)んだよ、あの国

その代わり、中国で使えるクレジットカード中国独自の「ユニオンペイ銀聯カード)」。その隙間をスマホ決済が埋めている感じ。

そのQRコードを使ったスマホ決済にしても、基本的には中国国内銀行口座を持っていることが必要、、、って旅行客には無理じゃね?

しかし、この現代社会でいまさら現金だなんて面倒くせえ!デジタル決済最強!

なんとか抜け道はないのか、といろいろ調べて頑張った結果、以下の「ツール」を手に入れた。

スマホ決済サービス】→「微信支付WeChat Pay)」

中国国内銀行口座がなくても口座を開設OKチャージ香港の代行業者経由でやった。(気にる人はググって)

※もう一つのスマホ決済サービスである支付宝(Alipey)」は、中国銀行口座がないとダメでした。

クレジットカード】→「完全プリペイドタイプ銀聯カード

日本クレジットカード会社クレディセゾン)が発行する旅行者向けのプリペイドクレジットカード


こうした有力な武器を携え、勇者(?)2人は上海へと旅立った。



===1日目===

空港に到着。

友は、空港内の両替所で1万円を人民元両替人民元をゲット。

俺は、空港内のATMでクレジットカード人民元を引き出そうとするが、何度やっても、また別のカードを試しても、エラーダメ一人旅だったら焦るとこだけど、とりあえず人民元を友だちから借りる。現金最強。

空港からリニアモーターカー地下鉄上海中心部へと向かうべく、リニアの窓口で交通ICカードを買う。

銀聯カード」のステッカーが貼ってあるので使おうとしたら「ごめんね、現金だけ!」だってさ、、、またしても友達から人民元を借りる。

銀聯カードが使えるのはリニア乗車券だけで、ICカードの購入はキャッシュオンリーっぽい。

ホテル最寄りの地下鉄駅で降りると、駅構内ATMを発見

早速クレジットカードキャッシングを試すと、今度は無事に引き出せた。人民元ゲット!

ホテルチェックイン

外資系ホテルだけあって、Visa / Master カードOKでした。JCBダメだったけど。

観光地屋台で焼き小龍包を食べる。

QRコードをかざしてる人がいたので「お、WeChat Pay使える!?」と思ったが、Alipayだけだった。

おとなしく現金で払う。

ガイドブックに乗っている上海料理店で夕食を食べる。

Alipayステッカーしか貼ってなかったので念のため確認したけど、やはりWeChat Payは対応していないとのこと。

その代わり、銀聯カードはOKだというので、カードで払ってみる。ようやくキャッシュレスで支払!

カード暗証番号入力した上に、伝票にサインまでするという、安心だけど面倒くさい手順だった。不正利用防止?


===2日目===

観光地・豫園(よえん)の庭園見学する。

お支払は現金で!

まぁこういう殿様商売キャッシュオンリーだわな。

クチコミサイトで見つけた中華料理屋で昼食を取る。

こちらもAlipayのみ対応Wechat Payは不可。お支払は現金で!

業界番手Wechat Payは対応してない店が多いみたい。(特に老舗は)

喉が渇いたので、商業ビル内のフードコートフルーツジュースを飲む。

店員に指差しで「Wechat Payで!」と伝えてからレジ横のQRコードアプリで読み込み、自分金額入力して支払い完了

やっとQRコードで支払えた、、、

上海市内の地下鉄フェリーに乗る。交通ICカードでピピッとお支払。

自動改札だけど、自動扉じゃなくて回転棒(?)を一人ずつ回して通過するタイプ

あと、地下鉄改札口には必ずセキュリティーチェックがあって、大きな荷物スーツケース)はすべてX線チェックされる。

日本安全すぎるのか、中国が疑い深すぎるのか、よくわからなくなる。

喉が渇いたので、コンビニミネラルウォーターを買う。

スマホ画面に表示させたWechat Payのバーコードコンビニ店員がレジバーコードリーダーで読み込むだけで支払い完了

これはラク。日本コンビニで「Suicaで!」と言って支払うのと同じ感覚

大手チェーン店対応が進んでいるのは、日本中国も同じなのね。

観光客向けのバイキングレストランで夕食。

なんと、スマホ決済はもよとり、銀聯カードダメ現金のみ!

さすが観光客向けの殿様商売レジお姉ちゃんもやる気なさそうだったし。


===3日目===

中心部散歩

歩いてみた範囲だと、地元民向けの屋台WeChat PayのQRコードを貼っている店が多かった気がする。

みんながみんなQRコードキャッシュレス、というわけでもなさそう。

空港で昼食。

さすがに国際空港なのでVisa / Master もOK。

だけど悔しい(?)のでWeChat Payで払ってみる。POSレジスマホ画面のバーコードを読み込んで支払い完了

アプリ内に店名や金額など支払いの記録がいちいち残るので、証拠や記録を残すには便利かも。

===結論===

もう面倒くさいか現金でいいじゃん!

いろいろ準備したのに「ツール」の出番が少なくて残念でした。

地元民向けのお店ならもっとWeChat Payの出番があったかもしれないけど、こっちは観光客で、地元民じゃないからねぇ〜

俺もちょっと期待しすぎた部分があるし、実際に現地に行ってみて「こんなもんか」とわかったのも良い経験だったかなと。

(あと、現地人と外国人観光客じゃ越えられない壁もあるし)

今度中国に行く機会があったら、現金をメインにしつつ、それでもやっぱりWeChat Payを試してみます

が、果たしてWeChat Payのチャージ残高約1万円を使い切るのはいつになるやら、、、

anond:20171124022701

そもそもはてなで書いて消して繰り返してニヤニヤしても、

googleキャッシュばっちり残るから意味ないんだよな

それなりの年齢だと思うんだけど、それすら知らんのか

2017-11-20

中国は財布を持たずスマホで決済!日本は遅れている!

とか、最近盛んに報じてるけどさ

このまま手数料改定しないまま、国際化とか言って普及させようとしている業界の力なんじゃないのかと思えてきた

有識者とかも現金への不信感とかは語るけど、普及させた環境とかここまでの歴史とか総合的な意見を語らないよね。なんか急に湧いて出てきたみたいにしか言わない

個人的にはアリペイとは言え、外国人客にも口座を作る手間をさせる時点で嫌い。とか言ってカード差し出したくもない。日本キャッシュレスに勧めるなら電子マネーなんかより、安全カード使用する方向にしてほしい

なんかedy交通系が殴りあう荒んだ未来しか思い描けない

2017-11-16

【その後】大卒大企業就職したけどパチンコのせいでもうダメかも

他人人生とはとかく気になるものである

2015年3月、私はパチンカスであった。

誰も記憶にとどめてないだろうし、私も記憶の彼方にあったが、ブックマークの片隅から見つけたので、

以下エントリーその後の2年と8ヶ月をここに綴ろうと思う。

 

大卒大企業就職したけどパチンコのせいでもうダメかもしれない

https://anond.hatelabo.jp/20150328233653

 

記事を書いた後、最後貯金を握りしめてパチンコ屋に向かい、8万円の勝ちを得て

お金を借りること無く、事なきを得る。何の台かは覚えてない。

 

 

その後、このままでは人生どうにかなってしまうと感じ、以下の書籍を購入。即座に読了

  

ISBN:4121504410  「私、パチンコ中毒から復帰しました 」(中公新書ラクレ)

 

本には「パチンコ依存症と呼ぶと病気と思えて甘えてしまう。だからあえて中毒と呼ぶ。」

「少しずつ辞めようなんて考えは甘く、辞めるには突然量をゼロにすべきだ」との

至言が並んでいた。パチンコをやめたい人は是非読んで欲しい本だ。

 

読了の翌日からパチンコを断った。パチンコ屋の敷地に入らない、当然トイレも借りに行かない。

パチンコ屋を視界に入れないのがコツだ。人間やる気があればなんでもできる。パチンカスなんて甘えだ。

 

 

3ヶ月後、そろそろ運が溜まってきたと思いパチンコ屋に赴く。

4万くらい負ける。

 

しかし、そこは大企業の力強さ。夏のボーナスで100万円のキャッシュ

得た私の前に怖いものはない。

 

3ヶ月我慢たことに加え、100万の貯金ができると、そんなにパチンコ欲はなくなった。

たかだか数万円の勝負には興奮を覚えなくなった。

しかし、より掛け金の大きなギャンブルに進もうという気持ちは起きなかった。

やはりいつでもどこでもコンビニ感覚でいけるパチンコというものの魔力が

いかに大きな物だったかということだろう。

 

その後はたまにパチンコに行くも、損得が釣り合う程度の成果をあげていた。

痛い目にあっているので、負ける勝負をする気にもならないし、負けても

貯金があるので、1日に10万円突っ込むような深追いをすることもなくなった。

冬のボーナスも入り(60万円)、貯金が貯まるに従い、パチンコから足は遠ざかった。

 

そして、パチンコを辞めるとモテ始めた。

パチンコをしている負い目のようなものがきえたのだろうか?

自信も財布も社会人3年目の余裕が出てきたからか?

 

部署異動を控え、なるべくいい部署に異動したいと考え、社内のTOEIC試験前日に有給を取得。

一夜漬けで900点のスコアを叩き出す(前回スコア+150点)。

パチンコを辞めて運が溜まっていたのだと思う。

 

翌年には海外取引をする部署に移動。

給料も上がり、ミニクーパーを購入(ただし中古)。

 

高学歴大企業グローバルっぽい仕事内容とミニクーパーという組み合わせで

モテは加速する。

 

海外出張も多く、ビジネスクラスも乗るのですぐにJALサファイア会員にランクアップ、JGCに入会。

グローバルエリートの仲間入りである

 

現在パチンカスから卒業して圧倒的に自信を蓄えた私は、自己の実力を過信し、己が力を世の中に顕示すべく

さらなる高みを目指して外資系企業への転職活動に励んでいる。

 

 

まとめると、ここ日本では高学歴大企業勤務であれば多少パチンカスになったところで

まったく人生に支障にないということである。もうダメになんてなることはない。

学歴バンザイ大企業バンザイ

 

少年よ受験勉強に励め!大企業に入れ!

 

ちなみにパチンコを辞めたって書いてるのは誇張で、今月も3回行ってます。ごめんなさい。

2017-11-15

絶対に」PVを残さずにクソサイトを踏む方法

どうもこんにちは! もっくんです。

みなさんは検索結果で「どうしても読みたいんだけれど、このサイトPVを残したくない…」

そう思ったことはありませんか?

からさまなテンプレート記事、?マークだらけのタイトル、とにかく上位表示だけを狙った空っぽ記事

それでも「正直どうでもいい」情報を得るために、中を見てみたい! でもPVは残したくない! と思うこと、あると思います

そこで! 今回はPVを残さずに、それらを見る方法を紹介したいと思います

やり方はカンタンです! 

Google Search - Visible Cached + Similar links をインストール

https://userstyles.org/styles/64844/google-search-visible-cached-similar-links

Stylishインストールしたあと、こちらのuserstyleをインストールしましょう。

その状態検索結果を見てみると、全てのページに「キャッシュ」と表示されていると思います

②「キャッシュ」をクリック!

これは「Googleキャッシュ」といって、Googleが一時保存したローカルデータです。

ここにアクセスして表示されるデータは全てGoogle上の一時データなので、ページビューとしては一切カウントされません。

キャッシュページの上部枠を「uBlock」で削除!

キャッシュページを開くと、「このページは何時何分にgoogleが取得~」というジャマな表示が出てきます

これが役に立った試しはないので、ublockやAdblockなどの拡張機能の「要素をブロック機能で消してしまいましょう。

いかがでしたか

これでこのようなクソ記事アクセスしつつ、PVを残さずに立ち去ることができます

では、もっくんでした!

2017-11-13

anond:20171113210717

え?そこ?

そこは、純利益キャッシュという普通一致しないものを揃えて始めてる時点で、P/LとC/Fの違いの話だって察するべきだろ、という意味なんだが。

anond:20171113210629

純利益が1000万のときキャッシュが1000万ある前提になってるところが一番気にしなきゃいけないとこだがな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん