「枕詞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 枕詞とは

2020-08-06

https://anond.hatelabo.jp/20200805124425

ブクマカの基本思想として、思想管理されるべきものである、というのがあるから

この件に限らず、どの話題でもその立場コメントされてるから見てみ

正しさとは即ちこれこれこうである、そのようにあるべきことが望まれる、故にその思想排除されるべきである

これしかいか

枕詞として、思想自由表現の自由なんてのが付くけどね

その後には必ず、「でも」「しかし」「だけど」ってのが続く

内面自由よりも優先される「でも」が、どんなときでもあるのがブクマカ

どれだけ否定しようと、彼らが嫌う安倍だの中国だのナチだのと根本的に同じ存在しかない

2020-07-28

ブコメの「前にも言ったけど」「毎回いうけど」ブクマカー、その枕詞いるか???

おまえのことなぞ知らん。

2020-07-19

控えめに言って

っていう枕詞ほんとキモい

2020-07-17

最近サルでもわかる」という枕詞のついた本を

まり見かけなくなった気がする。サルの知能が上がったのだろうか?

自分のせいじゃない=他の人のせいと言うことになるジレンマ

チームのミスが発覚した。

直接原因はAさんがつくった資料の誤りだが、その部分の参照元を用意したのはわたしだったので、即座に「すみませんわたしが間違えたからです」と表明した。

ただよくよく考えると、わたしが間違えたのはわたしさらに参照した参照元(Bさんが担当)が間違えてたからだ。

疑えなかったという点でわたしの落ち度でもあるが、なんというか要素が重なってその時点では疑うのが難しい状態だったのだ。

で、Bさんの部分が間違ってたことは、いろいろ複雑で、他の人には一見わかりづらい。

結局、そのフォローにいろいろな人が立ち回り、わたしの間違いが原因という認識のまま着地した。

再発防止策もたてられた。

その対策結果的にBさんのミス対策できるので、わざわざ異議を唱える必要がなかった。

わたしが1ミリも悪くないわけではないし。

別に怒られたわけでもない。

でもすごいモヤる。

わたしはそんなに悪くない」とみんなにしっかりわかってほしい!という気持ちが、時間が経つほどに胸の奥から渦巻きながら湧いてくる。

しっかり説明すれば、明らかにわかるのだ。複雑なゆえ一言では説明できないだけで。

でも「わたしのせいではない」を主張するということは、つまり「Bさんのせい」ということをわざわざ説明するということだ。

Bさんは自分が原因だとわかっているようだが、みんなの前では何も言わない。

わたしがわざわざ説明すれば、わたしの気は晴れるかもしれないけど、

説明したところで起こった事象が取り消しになるわけでもない。

再発防止策が変わるわけでもない。

あっそ、で終わるどころか、こいつ自分が悪くないことをそんなに必死説明したいのか?って思われそうだし、

何よりBさんを追い詰めてしまうかもしれない。

わたしより立場が弱いBさんは、実は自分のせいということをすでに思い悩んで反省しているだろう。それで十分なはず。

わたしミスなんて明日には誰も覚えてないかもしれない。

気にしすぎである

でもモヤモヤする。

大体わたし普段からすぐに謝ってしまう。

すみません」が口癖だ。

その場の非をかぶる役目になりがちだ。

相手に指摘したいときも「指摘してすみません」ってマインドになり、自分別にやらないのに「わたしもよくやってしまうんですけど、」とか、ちゃんと伝えたのに「わたしの言い方が悪かったと思うんですけど、」とか余計な枕詞をつけてしまう。

とにかくこれについて、わたしは悪くないを今更説明するメリットはないのはわかるのに、こんなことを引きずってモヤモヤと悔しがる自分が嫌だ。

小心者なのにプライドは高いの直したい。

2020-07-14

anond:20200714032032

同業他社さんチーッス。自分とかはだいぶマシで解雇の前に早期退職募集が始まりそうだからそれ待つわ。

こっちからしたらやっと降りてきた蜘蛛の糸を切ろうとするだけの「ぼくのかんがえたさいきょうのせいさく」はもう見飽きたからこれを唱えるはてなーはせめて「旅行業界は死ね」って正直に枕詞に付けてから発言しろよな。

2020-06-20

コロナオフィス家賃社員交通費が浮いて会社ミニマリズム

正確には、リモートワークが実現した(完全に問題がなくなったとは言っていない)ことで、コスト削減になった。

そして、今まで当たり前にあるものと思っていた仕事をやめてみて、なくても別に全然困らないんだ!と腹落ちした話。

あんまり具体的な数字とかは書いちゃいけないと思うので、創作小説として読んでください。

小規模な会社コロナでしぶしぶリモートワークを始めました。

震災の時に社員の出社困難があったこから、いざという時には家でも業務ができるようにしておこうという動きは以前から社内にありました。

ただし、社内運動テーマや、役員クラス会議の議題には上がれど、いざ実行まで至ったのは今回が初めてです。

これまでは、やれシステムは、パソコンデータ管理は、帳票はプリントしないのか、書類回覧は、勤怠管理は、さぼる社員への対応OJT場合は、

等と、課題を見つけるのをお仕事にする人たちに阻まれ予算すらまともに組ませてもらえませんでした。

が、今回ここまでの事態になったことで、状況が一変しました。どこの会社も多かれ少なかれそのような状況になっているのではないでしょうか。


弊社は、営業外回りをする以外はオフィス内で完結する業務が多かったこから、意外なほどあっさりリモートワークへの移行が完了しました。

バックオフィスの者として、社員役員オンラインで様子を聞きます

戸惑いや、寂しいとか、管理からは部下の業務把握が難しいなどのマイナス意見も出るものの、若手~中堅社員からはのびのび仕事ができているようです。

して自分営業数字を挙げることありきの会社のバックオフィスの者として、初めてこんなに現場の人たちと話したなぁと思いました。

自分は総務の経験を買われて、会社本業ではない部分を回す仕事、というざっくりとした立場で今のポジションに中途入社していますが、

前職(まぁまぁ大手時代も、この会社のこれまでも、現場との連携という名目会議はあれど、末端の事務職員や、逆に役員クラスとここまで密に個別面談をする時間はありませんでした。

オンラインで1対1のやり取りをする場合オフィス会議スペースのように周りに人の気配がしないせいか社員の皆さんは意外とのびのび色々な話をしてくれて。

この人こんな人だったんだー、こんな仕事してるんだ(部署として、どんな仕事をしているか知っているつもりだった)という発見がいくつもありました。

逆に、自分仕事もあまり知られていなかったんだな。と思うことも、多々。

これまで、自分のし仕事に対してXXの件ありがとうございました!と、個別に言われることってあんまりなかったなぁと。メール枕詞ぐらいなもので。

みなさんの為に仕事してたつもりなんですけどね。でも、個別に連絡をしてきて、話をした人、がする仕事の方が、ちゃんと見えるんだろうなぁ、と。

自分も、社員本業で力を発揮するためのバックオフィスなのに、今までは誰を、どこを見て仕事をしていたんだろう。という感じ。

結構忙しくて残業なんかもしてたんですが。あれはなんだったんだろう、とふと考えてしまうことがあります


そして先週、タイトルの通りの決定がありました。

オフィスの大幅縮小。スペースのリフォーム社員毎日出社必須ではなくなったため、交通費支給廃止

これまでは、各部署ごとに社員の机が固まる島があって、その前に部長を座らせて、それぞれのセクションに会議スペースがあって、という作りでしたが、

社員個別の机廃止

会議スペースも統一社員が集まる必要があるときは、オンラインでスペースの空き確認をして会議スペースを予約。

・社外との打ち合わせは、可能ならオンラインで、顔を合わせる必要のある時はこちから出向くことにするか、レンタル会議スペースの使用検討

原則、どうしても印刷ファイリング必要な帳票類があるときに出社、ハンコ捺印は社内のものはすべて撤廃

・これまでオフィス賃貸で1フロアを借り切っていたのを、1ブロック

交通費は、定期代支給をやめ、回数券代を支給(2か月に10回出社のイメージ)、超えた分は小口現金個別精算。

部署ごとの定例会議は、一応残しておく。ただし頻度は月に1回、ラッシュ時の通勤を避けられ、時短社員対応やすい朝の11時ごろに

正直、オフィス家賃都内)と、定期代の支給は大きく、今まで削減するという発想もなかったが、やってみたらインパクトは大きかった。

あと、今までは社員間の不公平をなくすために席替えなんかも結構やっていて半日かけてやる一大イベントだったんですが、当然廃止に。

会社に1日中いることもなくなったので、コーヒーサーバーとか、もういらないし、オフィスグリコは弊社にはなかったけど、自販機も片付けてもらった。

昨日久々に会社リフォーム前)に行ってみて、あれもいらない、これも片付けよう、と見ていたら、タイトルを思いつきました。

これって、ミニマリストミニマリストになる過程でやるやつなんじゃないか


常識を疑う~、とか、一度リセットして考えるとか、まぁそんなことを書いてある本にはよく当たる。業務効率化の本も何冊か読んでいたし、

でも、そこで具体的なコストダウンの方法として交通費支給を辞めるって書いてある本には今まで1冊も当たったことがない。

自分でも経費削減のために社員の出社をなくして交通費支給を辞め、家賃を半額までコストダウン!ということは思いつきもしませんでした。まぁ思いついたところで会議通らなかったでしょうし。

この先の弊社は、備品を減らし、管理職の数を減らし、管理部門により無駄管理項目も減らし、会議も、書類も、新入社員に配っていた日付判子もなくし、コピー用紙代や、文具代も削減されるでしょう、

今まではまとめて買って置いていたけど、誰かが次から次へと新しいものを開けたり、それを防ぐために管理ノートを作って目を光らせたり、全て無駄な事でした。

無駄なことをやめ、本業だけに一生懸命になれる会社はきっとすごく居心地が良いものになると思う。




オフィスに行った帰りに久々の本屋ミニマリスト本と断捨離本を何冊か買い、今日の午前中はそれを弊社のオフィス業務に落とし込む作業をしていた。

ミニマリストはよく、捨てること自体が楽しくなって気分もよくなると書いていたけれど、まさにその通りだと思う。

凝り固まった「これまで」から日常に放り込まれて、1つずつ本当に必要ものを見極めようとしている。

部屋の中と違って会社のものをなんでも独断で捨てられるわけではないんですが。すぐできないからこそ、それをやろう、という目標が出来て、今は正直ワクワクしています



今のこのワクワクする気持ちミニマリズム腹落ち、この気持ちがなくならないうちに増田に投下します。

会社で使えるミニマリズム本、あったら教えてください。

2020-06-12

少年犯罪凶悪化したか厳罰化するべき」にどう思う?

少年犯罪凶悪化してないよね。特に殺人率を見れば。

検挙率がそんなに変わらなくて、殺人率が激減している。

暗数を出したら昔のほうが多いから、

実数比較なら、もっと差があるだろうね。


そうなると、当然に、性犯罪も激減してるよね。


http://www.moj.go.jp/content/001178520.pdf


強姦認知件数昭和39年戦後最多の6857件で、平成26年は1250件だと。

1/5.5くらいにまで件数が少なくなってる。


それに、強姦暗数は昔のほうが多いんだから

実数を出したら、もっと差が出る。


殺人率が激減した統計を見ろと言った時には、

被害者軽視するなとか言われないのに、

何で、性犯罪が激減したと統計事実を言えば、

被害者軽視とか言うのか?


それに、殺人の時には「もちろん、殺人は許せない犯罪だけど」

とか枕詞を付けて言わないのに、

性犯罪だと何で言わないといけないのか?

殺人被害者は死んでるから死人に口なしでいいのか?


あれだけ、少年犯罪凶悪化しているのはデマと言ってきたんだから

強姦が増えたとか、強姦が悪質化したとか、件数が増えたとかはデマで、

激減したとしっかり言うべきだけど。


性犯罪ではデマでも、統計無視するなら、

少年犯罪凶悪化したと言われ続けるね。

性犯罪凶悪デマが、少年犯罪凶悪デマにつながってるんだから

2020-06-05

ミッションインポッシブル

私はトム・クルーズが好きだ。

ミッションシリーズ特にお気に入り映画で全作観ている。

今回は先日海外旅行へ行った際に、飛行機の中でようやっと観れた最新作についてのレビューをば。。

……ではなく。笑

これは、一人暮らしのための物件を決めるべく不動産屋に訪れたときの目に見えぬ敵との仁義なき闘いの記録である

時は2月も終わりを迎えるころ。

ありがたいことに就職先も決まって半年が経った。

そしていよいよ新生活スタートさせる拠点を決める時が来た。

というわけで、浮足だった田舎者の私は新居を契約するため意気揚々不動産屋の扉を叩いた。実際には自動ドアだったので叩く間もなく開いたわけであるが。

恥ずかしながら、私は生まれてこのかた一人暮らし経験してこなかった“一人暮らしビギナーである

大学も割と遠かったが、

電車1本でいけるし、お金もったいないから通っちゃえ☆」

というノリで実家から通っていた。

入学して間もなく、1限に出るには5時半起きしなければならないし、終電は22時ジャストから飲み会も1次会で帰宅という苦行に過去自分を呪うことになるのだが。

なぁにが、「通っちゃえ☆」だ。このド阿呆

と、まあそんな訳で

田舎者、家を借りるってよ。』

である

時刻は11:00。

部屋探しに憧れを抱いた純粋無垢田舎者

内見ボンビーガールで予習済みだぜかかってこい!」

と期待を胸に抱いていた。

ふふふ。どれどれ私のお眼鏡にかかるお部屋はどの子かな??

「あ、ここ、いいですね。駅近いし。」

「じゃあ管理会社に空室確認してみますね。」

「もう申し込み入っちゃってるみたいでした。」

「ここは安いし良さそう」

「入居できるのは4月入ってからですね」

「じゃあここ!ちょっと遠いけど綺麗」

「まだ入居中なので内見できないみたいです…」

なんということでしょう

せっかくボンビーガールで予習してきたし、部屋探しの醍醐味と言っても過言ではないのに、そもそも内見できる物件が見つからないという事態

「僕らどんだけ日頃の行い悪いんすかね~ワハハ」

なんて担当さんも若干投げやりになってきました。

この時点で時刻は13:00を回ったところ。

2時間担当さんと二人でパソコンにらめっこしている。

もうことごとく空振りで終わっているので、ついに管理会社への確認電話枕詞

「もう終わっちゃってると思いますが~」

になった担当さん

つらい。

諦めたらここで試合終了ですよ?

もうパソコン画面の何たらコーポとか建物名前ゲシュタルト崩壊し始めたころ。

「え、ここ良くないですか?」

「ほんとですね。確認してみましょう」

内見、できるみたいです!!」

ついに!内見できる部屋見つかりました!!

もう部屋決まったレベルの喜びだったんですが、冷静に考えてください。まだ、内見です。

とまあ、2軒ほど内見できるところを見つけていざ出発。

1軒目。

もう外観が好き。

この時点でさっき店舗で死んだ魚の目パソコン画面を見ていた田舎者と同一人物とは思えないほどテンションが上がっている。

部屋に入った瞬間、

「え~すごい!」

めっちゃすごい。収納もすごい!」

「すごい!凄い!スゴイ!SUGOI!!すg…」

合コンギャル並みの語彙力になってしまった。

この時点で「もうここにする!」と心は決まっていたけれど、とりあえず2軒目へ。

ほとんど覚えていないが、

「入った瞬間なんか味噌汁匂いしましたよね~」

「「ワハハ」」

なんて担当さんと話しながら店舗へ戻っていく。

さて、あとは書類を書いて送ってしまえば申し込み完了

内見前の殺伐とした空気とは一変した担当さん

(やっと決まったよ、長かったなこいつ…早く終わらせてお昼たーべよ☆)

とでも言いたそうな安堵の表情を浮かべて

「念のためもう一度確認ときますね~」

と再度電話を。

もうあの部屋で始まる一人暮らしライフに思いを馳せつつ書類ペンを走らせる私。

担当さんが戻ってきた。

「あの…」

いたずらが見つかった子供のような心許ない顔の担当さん

内見してる間に、申し込み入っちゃったみたいです…」

「…へ?」

内見しないでそこの物件に決めちゃったらしくて…」

Oh...

あの高揚感は?

社会の酸いも甘いもともに乗り越えると誓ったはずの私の部屋は??

上司に怒られて一人で泣いたり、友達なんか呼んでお泊り会♪

なーんて考えてた私の夢の新社会人ライフ???

まぼろし~~~?!(cv. IKKO)

桶狭間織田信長の奇襲を受けた今川義元の気分だ。。

憧れは、憧れのままの方が成就するより幸せなこともあるということですね…

イーサン・ハントも驚愕不可能ミッション。目に見えぬ敵の存在を知ったところで、部屋探し1日目、終了です。

仁義なき戦いは続く…

2020-05-31

anond:20200531233645

あんたの文章から他人を傷つけるような人間は傷つかないだろうと言う趣旨に読めたけど。単純に怖がるって意味なら加害者云々の枕詞わけわからんもの

2020-05-26

anond:20200526103645

床柱とか床の間の掛け軸とか縁側から庭とか映ってたらマンションじゃないのはわかる。

立派なってのは枕詞

この文脈でしょぼいって言ったら文意が変わってきちゃう

anond:20200526114914

謝罪枕詞、ぐらいに考えときゃいんじゃねーの?ハナホジ

2020-05-22

フリーランスですフリーランスですっていうけど

リーマンショック前のIT業界ならいざ知らず、今フリーランスなんていないし門前払いから、大体みんな形だけ所属してる派遣かに吸収されてるだろ

水戸黄門の印籠の様にフリーランスだって枕詞につけてる増田って普段どんな仕事してんだ?

え?レバテック派遣じゃねーか

2020-05-12

anond:20200512162952

今後永久にこのテーマを語るとき岡村が出てくる

有名人になれるよ

岡村を知らない若い世代にも勇名がとどろく

岡村だけの問題じゃない、岡村が悪いといいたいわけではない、と枕詞になって貧困性的搾取の話が常に始まる

落語劣化

野球で王長嶋時代現代の、どちらの競技レベルが高いかといえば多くの人が現代と答えるだろうが

落語圓生志ん生時代から志ん朝談志を経て現代にかけて右肩下がりに芸のレベルが落ち続けてるというのは誰もが納得するところだと思う

映像音源で直接比較出来るから

漫才とかだと現代になるにつれネタが洗練していってレベルが上がっていくのがわかるが、落語真逆

テンポ雰囲気演技力、声質、なにもかも劣化していって聴くに堪えない

それなのに「チケットが取れない落語家」だの枕詞がついて祭り上げられ、

本人もその気になって眉間にシワ寄せて難しい顔で古典を得意げに演じる

これは個人攻撃じゃなくてそういうのが何人も居る

どうにかなるものならどうにかしてほしいけどどうにもならないようにしか思えない

2020-05-07

anond:20200507093202

いまどき本当に「最近の若者は」という枕詞で語る奴いるんだ

2020-05-05

anond:20200505050757

そんなん開戦したらお国のためにが枕詞になった経験いくらでもあるだろ

ウイルス相手なら戦争じゃないやとおもってたやつらがおかし

2020-04-21

高齢者枕詞に「ネット使えない」は、さすがに社会が見えてない

パソコン操作的な意味で「ネット使えない」のはむしろ若者

アップデートできてないはてなーこそロートル

2020-04-07

anond:20200407125619

迷信だよそれ

よく「FBIプロフイラーのロバート・K・レスラー氏が『ほとんどの凶悪犯罪動物虐待に端を発してる』と主張してる」みたいな

引用枕詞になってるが、レスラー氏の著書を読んでもそんなことは一言も書かれてない。

まりフェイクニュース

2020-03-12

サークルob

枕詞に「老害意見だけど」って言えば許されると思ってない?お前の代でなんでやんなかったんだよ

2020-03-09

欧米メディアから見た今回のコロナウイルスで再び明らかになった日本の特異な文化的特性

普段から自分BBCPBSCBSCNNなどを毎日視聴したり読んだりしていて、今回のウイルス騒動でやはり日本人文化的特性というのは面白いなぁと思ったので、メモがてら共有したい。

まず結論から言うと、日本について報道されるとき日本人は基本「日本ダメだ」と根拠もなくまず否定非難論調を前提として訴える。全体的に普遍するでもなく、諸外国一般の個々の状を勘案して相対的に見るでもなく、何らかの完璧理想の上に、まず全否定から入る日本人英語圏で切々と日本の酷さを訴える。典型的な例では数日前のBBCドキュメンタリーに出演した日本LGBTの「専門家」「活動家」なる日本人が「日本には人権存在しないので〜」と普通に話していて、ホストもそれをスルーして聞いていて、世界に誤った事実が垂れ流される。日本評価すると日本右翼保守が〜、という枕詞をつけられるのが一般的。

他方、他国は「自国政府を信頼している」「団結のとき」等々、ポジティブメッセージを伝える。例えば、同じBBCでも韓国映画パラサイトの受賞を伝えた際には「韓国が誇らしい」という韓国人の声を伝え、それを喜ばしいとハッピー論調で伝える。誰もナショナリスティックだとか右翼的だとか言わない。同様にコロナウイルスでも、数日前、BBC韓国での急速な伝播が起きた際、韓国メディアに属するジャーナリストの声として「我々は政府を信じている」という声を伝えた。ジャーナリスト政府の言うことを鵜呑みにして良いのかとツッコミなど誰も入れない。誰も日本の様に自国について、一部を取り上げて全否定するような発言はしない。むしろ韓国特派員は例によって韓国医療体制を礼賛するのみである

他にも、日本人ニューヨーク・タイムズなどに寄稿したり、BBCやらなんやらに出演したり相変わらず極端に偏った情報を発信し続けている。ゴーンの報道にも見られた現象である。単に批判するのがかっこいいとでも思っている連中もいれば、政治的アジェンダを持って反政府的な動機を持つものもいるだろう。しかし、極端なことを偏ったこしか訴えないのは日本人の特徴と言っても良いように思えてきた。

元々メディア反政府的というか権力ウォッチするという立場から反政府勢力と懇意にしている。つまり日本で言うと共産党やら社会党やらそういった連中。メディアの連中はこういった歪んだ層にばかりインタビューして世界日本はこうだ、と語ればまぁ偏る。同様に、はてなに巣食う連中が、日本ダメ連呼するのは、元々反政府的な連中がこれ幸いと煽っているだけなのはもう多くの人が見抜いているとは思う。それに乗っかる世界の状況を知らない連中も騙されて、「日本はひどい」「言論弾圧隠蔽だ」いうが、世界を知らなすぎ。もっと言えば社会を知らなすぎ、というのはある。単に自分無能さを社会のせいにして憂さ晴らししているだけというのもあるのだろう。

しかし、理由はそれだけではない。

日本黒船来航で「開国」したときに顕著だったように、明治維新の頃「日本は遅れた野蛮な国」「いっそ日本語もやめて、アルファベットを使うべきだろうか」といった議論が盛んに行われていた。事実としては、日本は当時としても世界でも有数の文化教育の進んだ国ではあったのだけども。いずれにしても、日本は遅れてる、「海外」は進んでる、との崇拝に近い固定観念で、結果的には、良いものは取り入れ改善し、高品質ものを生み出すという日本的な良い面として表面化もした。

こういった歴史的なことも関係して、かなり特異な文化的言論的状況が定着していると思う。この状況は、良い面もあれば当然、悪い面もある。特に第三者的視点客観的に見た状況を海外に伝えることは極度に下手。大体、欧米メディア日本特別に、何を考えているかからない不気味な国として特別扱いするのが近年の特徴かと思われる。昔は日本経済金融企業の話、ヘンタイ系の「おかし日本人」を蔑視的に報じるか、日本右翼がどうの、ばかりだったので、マシになったのかどうかわからない。

いずれにしても興味深い現象ではある。

2020-02-26

未だに情報の源流にいると信じて疑わない人たち

ついさっき、これは一部の人しか知らないんだけど、という枕詞の話を聞かされた。

残念だが、それはすでに3日前には聞いていた情報だ。

デテールが改変されていたので、汲み上げてから再度別の情報ソースから降りてきたのだろう。

もっともらしい権威者名前が並べられていたが、情報のものは信じるに値しないお粗末なものだった。

そういう事自体はよくあることだ。

しかし、危険なのは、その人がこの情報化社会の中において、まだ、自分情報の源流に近いと信じてしまっていることだ。

これはマルチビジネスなんかでもよく使われる手段だ。

周りが知らないことと、その情報が最新であることはイコールにならない。

自分よりも情報の源流で散々に議論され尽くした結果拡散しなかった情報だって自分の周りには降りてこないのだから

その人も自分はそんなものには騙されないと豪語するような人だが、うっかり信用できる情報から流れてきただけで単純に信じてしまうほど危うい人だということがわかった。

ソーシャルハッキングの実に初歩的な手段の一つ。ネームドロップ。覚えておこう。

2020-02-20

anond:20200220023903

「今回死んだ人たちはその教訓としても役に立つ」

「今回死んだ人たちはその教訓としても役に立つ」

「今回死んだ人たちはその教訓としても役に立つ」

「今回死んだ人たちはその教訓としても役に立つ」

「今回死んだ人たちはその教訓としても役に立つ」

 

一発で自民党支持者だとわかるコメントだな

枕詞も何もなくいきなりこれ

2020-01-30

声かけパターンについて話す

一人で回転寿司を食べてたら隣のおじさんが「僕と同じようなの食べてますね」って声をかけてきた。性的に消費されたと感じる。 - Togetter

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1461533

これを読んでいた

私としてはこのブコメ

“「ずっと見てたよ」ってメッセージを知らない人から突然投げかけられたらそりゃ警戒するし

 防衛のために相手意図を何とかして読み取ろうとする気持ちもわかる。そこまで叩かんでもいいのではと思う。”

くらいの感じで読んでいた 事実こう言って声をかけてくる人はすごく多いので あとこれ

“これはおじさんが回転寿司下流側に座ってたら分かる話。おんなじもん取るのかよっていう”

 の可能性もまああるよね回転ずしなら、と思ってなるほどとなった それから

“その人が誰にでもフレンドリータイプ可能性を排除できない。私は同じタイプではない&正直同様の嫌悪感はあるので慇懃無礼距離を保つと思うが、

 上記の通り他の可能性を排除できないので性的消費は決めつけ過ぎ”

というのもまあわかって、ただそのフレンドリータイプ可能性を排除できないからこそ痛い目にあってる人間もいるのでちょっと書こうと思う

私もこのブコメの人のように日常の色んなシーンで声をかけてくる人がただフレンドリータイプなのかも、

もしくは本当に困っている状況の人なのかも(道や駅を訊くパターンなど)と思ってその場合

その人をさらに困らせたり助けないのはよくないなと思ってなるべくにこやかに対応するようにしているんだけど

残念ながらその最初の段階ではその人が性的意図をもって近づいてきているのか本当に困っているのかはよくわからないのだ…

大抵はしばらく話しているうちにこれはいけると思うのかだんだん本当に言いたいことがでてきて強引になってくるので

そのときになってああこの人は困ってる人ではなかった、またひっかかってしまったと思って逃げるのに本当にものすごく苦労することになる

今まで飲食店バーレストラン等)、駅や路上書店美術館図書館等で声をかけてきた男性はチャラい若いから立派なスーツのおじいさんまで様々な人がいたけど

結果としては6割くらいがナンパや女相手セクハラトークしたい人、強引な性的関係を結ぼうとしてくる人という感じだった

飲食店では隣に座っている人、もしくは別の席にいた人が突然隣に座ってきて声をかけてくる感じが多くて

「ずっと見てたけど」を枕詞に何飲んでるの?お酒好きなの?俺も好きなんだけど詳しいから教えてあげるよとかその肴にはその酒合わないよとか

マジで失礼な人だと一人で飲みに来るくらいさみしいの?とかずっとしゃべり続けてさすがにムリで黙ってると

そういう女の方がベッドで熱いんだよねーとかクソみたいなことを言う人もいる

逆にニコニコしてるとこういう女はさあでもベッドで冷たいんだよwとか他の客に向かって言われるパターンもあってさすがにそのときはキレた

寿司屋ではさすがに経験ないけどやっぱり突然に本来安心していいと思えるような空間で「ずっと見ていたけど」みたいな意図を含む発言をされるとびっくりするし

黙って楽しく飲み食いしてるだけだったのにその間ずっと物色されていたのか、ということがわかってしまう上に

それはその人にとってはおかしいことではない、ということも同時にわかってしまうので警戒はしてしまうと思う

書店図書館でも同じことがあってやっぱり「ずっとハヤカワのところにいましたね、ぼくハヤカワ好きなんです、あなた小説好きなんですか」と声をかけてくる男性がいたし

図書館ではわざわざ読んでた本を手にとって見てこういうの好きなんですか、ぼくのおすすめの持ってきてあげますねって言ってぐいぐい来る人もいた

美術館でも突然隣に現れては画家の話に詳しいんだという風に講釈が始まってずーっとついてきて黙っていればキレる年配の男性かい

やっぱり枕詞みたいに「ずっと見てたけど」みたいなことを言うんだけど私一人でこんなに何人も遭遇してるのだから

他の女性も多分同じパターンで声をかけられてるのかなと思うしそれを断ることや断ろうとすることで発生するかもしれないトラブル予兆にびくびくしてるだろうな…というのは思う

私はごく普通に一人でごはん食べたり一人で本を見たり絵を見たり道を歩いたりしたいだけなんだけどなんでそれを邪魔されなきゃならないんだ…というのは思うし

それを警戒してすげなくしたり嫌な思いをしてこんなことがあったんだよ…と人に相談したり書いたりすれば世知辛い、不親切、不寛容意識過剰などと言われるし

フレンドリーな人なのかもと思って実際には違ってひどい目に遭った結果にしたってそれを誰かに言ったりどこかに書いたりすれば

お前の警戒が足りなかった、よく考えないからだ、あなたの方に隙があった、モテ自慢かwとかあれこれ言われいやじゃあどうすればいいんだよ…という気分に陥いってしま

警戒しても親切にしてつけ入られてもどちらに転んでもただ一人で行動してただけの女の側が文句言われるのか…と思ってうんざりしてしま

とか思ってもやっぱりほんとに困ってた場合助けないのはよくないから何か尋ねてきたその人が「普通の人」の可能性を信じてやっぱり応対するし

それで未だに不快な目にあっては今回は負けだ!おれはおれの賭けに負けた!とか頭の中で落ち込んでもう誰にも言わない 家族にもそうやって言われてきたしまた言われるのわかってるから

道や駅でも普通に駅のホーム場所や行き方を聞いてきたおじいさんがいて、とてもニコニコフレンドリーな老紳士という感じで

他の地方から来て勝手がわからないと本当に困った様子で言うのでそうなんだろうと思って相手をして駅のコンコース内まで案内したところで

あなたのような方にはお礼をしなければどうしても気が済まない、といって無理矢理カフェに引っ張られてまあそこまでは強引な親切な人かもしれない…と思って困りながらも

奢られるのは固持して自分コーヒーを買って話につきあっていたらだんだん自分自慢の話になっていって表彰式等の自分栄光の数々を写真で見せられた挙句

貴方のような親切なお嬢さんは私のような地位のある人間関係を持つ方がいいですよ、このあとお時間あったらホテルに行きましょうそしましょうって

腕とられてめっちゃ困ってるのに周りの人が助けてくれないパターンとかあってあの時は本当に困ったし逃げるのも苦労して

いかけられていたらどうしようと思って(これは他のパターンでも同様だけど)しばらく怖かったみたいなパターンもあって

まあこういうことが日常の人にとってはあの一言は十分ピリついてしまセリフだということはちょっと知ってもらいたいな…と思った

ここまで書いてきてあからさまに私が女だとわかる文章を書いているので

トラバにいろいろ関係ある事ない事あれこれつくと思うけど(過去もたくさんついたので/性別をぼかしたときにはつかない)

これが現実世界での路上や店や公的空間でも起こっていると思ってもらうとわかりやすいかなあ

しか特別なにかの主張とか発言とかしてるわけではない場面で ただ食事してたり買い物してたり絵を見てたりする場面で

そういう理不尽現実があるので元ツイートの人がその男性の発言トリガーにしてあれこれ考えや経験フラッシュバックして

性的消費」という言葉につながってしまったのかなというのは何となく理解できる気がするというか、全然不思議ではない話だと思った

もちろん声をかけてくる人の中には単純に料理の話がしたいとか好きなこの店の話がしたいとか絵の話がしたいとか道を訊きたいという人もいて、

でもそういう人は初めから料理や絵やどういうところが面白いと思うか、という「対象のよさ」についてしか話すことはなくて

私がどういう人間かとか見た目がどうとか詮索してこない人ばっかりだったし話の主体最初から「僕」になることがない人が多かったと思う

(その中には今でもつあいのある趣味友達のような人たちが何人かいてそれはい出会いだったと思う)

強いて前者のような人たちと見分ける方法があるとすればこういう部分なんだろうけれど、

相手に別の意図がある場合相手最初はその意図を隠してることが多いし、

それでも漏れ出るものを見つけようとすれば件のツイートの人の様に反応してしまうことは仕方ないのかもしれないと思う

なんにせよ人が何か一人でしてるときにその邪魔をしないでほしい、という至極当然のことは男も女も変わりないように思うのだけど、

それが破られたとき特定属性人間がとる態度についてどうであれ批判されていい、という空気はやっぱり変ではないのかなあと思うのだった

2020-01-23

anond:20200123025202

障害者作業所の」という枕詞つけずに売ることはできないのですか?

障害者作業所の」という言葉品質が悪いけど我慢してくださいという言い訳のようも受け取れます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん