「八十八夜」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 八十八夜とは

2019-05-03

バスへ向かって増田ダッシュシッダ鵜も出す間鉄火無へ須場(回文

夏も近づく八十八夜

ヘイヘイヘイ!

おはようございます

若いOLさんが発車寸前のバスに向かって猛ダッシュ

なんとか間に合って降車口のブザーを押して「乗りまーす」って運転手さんに知らせてたんだけど、

その様子がまるで

バラエティー番組とかでよく見る、

クイズ対決中の芸能人が遠くから走ってきてカメラの前のピンポン押す様に似ていてちょっと笑っちゃったわ。

あるいは、

ビーチフラグで猛ダッシュで走ってフラグ取りに行く感じの様にも似ていたわ。

もうすぐ夏ね!

しかしあれよね、

もうゴールデンウィークも半分終わっちゃったわよ。

私まだ何もナシゴレンわ!

違うナシゴレンじゃなくてなし遂げてないの間違いだったわ。

のこり3日あるし、

もう今日は終わったも同然なんだけど、

でもおかげ様でしっかり睡眠は取れてるような気がするわ。

しっかり7時間8時間ぐらいは寝ちゃえてるわよ。

久しぶりにお料理もしたし、

やっぱりある程度の時間が無いとお料理やる気が出ないわね。

私の作るレバニラ炒めいやニラレバ炒め!

どちらでもいいんだけど美味しいんだからね!

手前味噌なんだけど、

って味噌味じゃないんだけどってもうややこしいわっ!

あんまり家に調味料がないので塩コショウかお醤油でキメちゃうわ。

それでも美味しいわよ。

今日も何かスーパー寄って美味しそうなものがあったらまた料理したいわね。

しか今日ゴミの日缶の日で超ラッキー

缶をジャンジャン捨ててきたわ!

ついてるわー。

そう!

朝ドラいきなりもう録画がたまりだしてるのでヤバいわ!

でも大丈夫だもんね!

そんなこともあろうかと結局オンデマンドで観れるようにしちゃいました!

それはそれでいいんだけど、

これを一気にまた消化するパワーが必要ね!

それもゴールデンウィーク中なし遂げたい事の一つね!

もうさやりたいこと思い付いても忘れちゃうので、

すぐメモすることにするわ!

うふふ。


今日朝ご飯

駅そばのざる蕎麦いただきました。

最寄りの駅なんだけど、

もうどうしてもどうしてもお蕎麦食べたくて、

駅員さんにお蕎麦だけ食べに改札入っていいですか?

って尋ねたら案外OKですんなりお蕎麦にありつけたわよ!

それ以来たまにそうやって改札入れて貰ってお蕎麦を食べるのが美味しいのよねこ背徳感!

夜は早くに締まってしまうので、

なかなか朝寄ることもできないから、

ゴールデンウィークならではよね!

うふふ。

デトックスウォーター

アスパラが美味しそうだったので、

半分サラダにした残りをホワイトアスパラウォーラーしました!

アスパラとかはスライサーでさーっとスライスして使ってね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-07-03

夏も近づく半夏生増田酢魔うょ資源博塚値もツナ回文

夏も近づく八十八夜

ヘイヘイヘイ!

ところで、

半夏生って知ってた?

はんげしょう、って読むんだって

この日は1月1日から12月31日までの間のちょうど真ん中の日なんだって

まぁそれはいいとして

なんでも蛸を食べましょうって

またあの、

平賀源内の鰻を食べましょうキャンペーン的な商法らしく、

スーパーはどこも蛸祭りやってたわよ!

もついつい蛸の磯揚げ買っちゃったわ。

おいしかった。

美味しいミズダコのお刺身もあったけど、

うーん、お刺身引くの面倒くさかったので

今回はスルーしました、タコだけに!

でもさ、

半夏生って今年から初めて聞くような気がするわ。

昨年はなかったもん。

たぶん。

ジャスコでもサティでもダイエーでも

一切見掛けなかったわよ。

何が何でもタコ売ってやろう!っていう商魂たくましいわね!

何かと言って

みんなよく考えるわね。

私もみな笑わなくっちゃ!

うふふ。


今日朝ご飯

街では玉子好きにが喜ぶタマサンドの噂で持ちきりよ。

でも、売ってるお店決まってるんだなぁ。

私の行くいつものお店と違うの。

そう思いを馳せ参じながら、

買ったハムタマゴとポテサラサンド

デトックスウォーター

ミズダコの足ウォーラーにしようかしらと思ったけど、

流石になんかその絵図らじゃ

ホルマリン漬けの蛸の足みたいになっちゃうから

ビジュアル的にはアウトね。

味は良いかもしれないけど。

と言うわけでタコじゃなく

カットスイカウォーラーしました。

冷やして飲むと美味しいわよ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2013-05-23

店の予約の話

別におつたかさんだったかおっとっとさんだったかの話ではない。店の予約の話である

昔、電話が苦手だったので、店の予約は極力しなかった。インターネット検索、店直行である。人数が多い場合はさすがに電話して確保するが、コースの話とかされてもテンパるので、基本は直行である。四人以下なら予約なしである

が、いろいろあって最近はちゃんとするようになった。というか予約なしで行くことがかなり減った。特に友達と、とかデートで、とかそういう場合は確実に予約をしていく。

なぜか。

ダメな大人とダメでない大人にたくさん出会い経験値がたまったかである

あと、年食っていろいろとめんどくさくなった。辛抱たまらんこともふえた。要するにわがままになった。歩くのめんどくさいし、期待してたものが手に入らないと疲れる。新しく店を探す気力もない。歳である。歳は取りたくないものである。だが歳を取れば知恵がつく。経験値が上がる。どうにでも、切り抜けられるようになる。それが年をとるということである

だめな大人は予約をしない。年末新宿で、宴会に使われそうな店でも予約をしない。木曜日から大丈夫だよね? などと同意を求めさえする。だめだろと思うが、そこはグッと我慢の子である。入れなかったら、まぁしょうがないですよね、また次回リベンジしましょう!(はーと)とフォローするのが女子力である若いころはそれだけでよい。しかし、三十路も近づく八十八夜ともなれば、そういえば知り合いがいいって言ってた隠れ家的な店が近くに…などと検索能力アッピールせねばならない。これは大人力である。面倒である。大人は面倒なのである。そのうえ自分怠惰人間であるがために、女子力上げさえも放棄している。むしろ女子だったかどうかも怪しい始末である。どちらかといえば男子である。肉と酒がありゃいいんだろ、ガツンとだ、ガツンと! という気持ちである。ただし、胃袋だけは女子である。むしろ年寄りである三十路ともなれば胃は弱るのだ。肉は食えない。

閑話休題

だめでない大人は予約をする。だめそうでだめでないやばい大人は予約をせず、バックアップ本命である。めんどくさくねーのかなと喪女は引く。だが、泣く腹と地酒には勝てないのである。さっくり店に入れるとそれだけで満足してしまう。良い店であれば少し気分がいい。しかし相手と気が合うか否かはまた別問題である楽しい食事になるかどうかは資質である滑舌である。頭の回転の速さである……三十路は全て藪の中である

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん