「最高裁」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 最高裁とは

2020-06-05

スピード裁判で青葉を処刑して口封じされそうで怖い

青葉容疑者特別抗告棄却 京アニ事件最高裁判断

https://this.kiji.is/641522313213150305?c=39546741839462401

こんな重傷者を裁判所に引っ張り出すことは法律に反するだろう

都合が悪いことは全部を精神病妄想ということにして死刑にしてしゃべれなくするのだろうなあ

2020-06-04

   戦争が終わってアメリカ戦後憲法押し付けられたとき東京帝大法学部卒で、東京地裁判事検事総長を務めた佐藤藤佐みたいな善人が

司法をやっていたとき希望があったし、昭和39年までの最高裁には正義があったが、昭和40年代以降は社会女性性がなく夜だったので、

   それ以前に判事をしていた田舎地裁判事無能になる反面、高裁判事最高裁判事無駄に偉い人になってとにかく仕事で結果は出すし偉いけど

偉そうだし、しかも、この時期から警察の男が正体をあらわしやりたい放題で、裁判官警察仕事を追認するようになったのが概ねこの時期。

   かろうじて地方裁判所ではしぶしぶ正しい判決を出していたが、高裁以上になって警察官の違法行為を追認する棄却判決最高裁において警察官が

悪事をすることはし放題という判例が陸続し、現在のようにその辺の交番の男のフリーハンドを許すことになったのも、昭和40年代最高裁判決

そのような趣旨判決を乱発し、低成長以後、平成時代もあまり変わらなかったせいである。

    昭和50年に入ってから社会にはもう何もなかったから、最高裁民事部や刑事部の力は弱まり高裁地裁レベルポエムみたいな仕事をしていて

誤魔化していただけだし、有名な刑事裁判官の団藤重光が、あまりよくない時期に最高裁で働いていたことを忘れてはならぬ。

徴用訴訟現金手続き夏以降 韓国地裁公示送達

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59944510T00C20A6EAF000/

ソウル=恩地洋介】韓国最高裁新日鉄住金(現日本製鉄)に賠償を命じた元徴用訴訟で、韓国大邱地裁浦項支部は3日までに、同社に資産差し押さえの通知書類が届いたとみなす公示送達手続きを取った。8月4日に効力が発生するとしており、夏以降に資産現金化する手続きが進む可能性が出てきた。

公示送達とは、裁判所での掲示をもって訴状などの書類相手に届いたとみなす手続き原告側は、日本製鉄が鉄鋼大手ポスコと合弁で設立したリサイクル会社「PNR」の株式約19万4千株を差し押さえている。

8月4日以降に裁判所命令を出せば、原告資産評価など株式売却に向けた手続きを前に進めることができる。日本政府韓国側に現金化を回避するよう求めているが、司法判断尊重を主張する韓国政府との間で解決策は見いだせていない。

韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)前議長2019年末に提出した解決法案は、5月下旬に廃案となった。

今年の夏も日韓関係は熱くなりそうだな

2020-06-03

幹部裁判官出身大学

1位:東京大学:97人

<1位:東京大学:97人の内訳>

最高裁:15人(最高裁長官最高裁刑事局長、最高裁民事局長総研所長、司研刑裁上席教官最高裁経理局長最高裁首席調査官、最高裁行政上調査官、最高裁民事上席調査官、最高裁判事:6)

高裁 :51人(東京高裁長官東京高裁刑部総括、東京高裁刑部総括、東京高裁刑部総括、東京高裁11刑部総括、東京高裁4民部総括、東京高裁10刑部総括、東京高裁2民部総括、東京高裁7民部総括、東京高裁11民部総括、東京高裁12民部総括、東京高裁14民部総括、東京高裁15民部総括、東京高裁16民部総括、東京高裁17民部総括、東京高裁19民部総括、東京高裁20民部総括、東京高裁21民部総括、東京高裁特別部部総括、さいたま地裁所長、名古屋高裁刑部総括、大阪高裁刑部総括、大阪高裁刑部総括、大阪高裁1民部総括、大阪高裁3民部総括、大阪高裁5民部総括、大阪高裁11民部総括(民事抗告中部)、名古屋高裁長官名古屋高裁刑部総括、広島高裁長官広島高裁事務局長広島高裁第1部部総括(刑事)、広島高裁第2部部総括(民事)、広島高裁第3部部総括(民事)、広島高裁第4部部総括(民事)、広島高裁岡山支部長広島高裁岡山支部第1部部総括、高松高裁第1部部総括(刑事)、福岡高裁刑部総括、福岡高裁2民部総括、福岡高裁宮崎支部長福岡高裁宮崎支部民事部部総括、札幌高裁刑事部部総括、札幌高裁事務局長仙台高裁長官知財高裁所長、知財高裁第2部部総括、知財高裁第3部部総括、知財高裁第4部部総括)

家裁:31人(東京家裁家事部所長代行者(家事第1部部総括)、東京家裁立川支部長横浜地裁所長、横浜家裁川崎支部長、横浜家裁小田原支部長千葉家裁松戸支部長さいたま家裁川越支部長前橋地裁所長、和歌山家裁所長、宇都宮地裁所長、水戸家裁所長、静岡家裁所長、名古屋地裁所長、岐阜家裁所長、大阪地裁所長、奈良家裁所長、福井家裁所長、岡山地裁所長、松山家裁所長、長崎家裁所長、佐賀家裁所長、福岡家裁久留米支部長大分家裁所長、宮崎家裁所長、那覇地裁所長新潟家裁所長、富山家裁所長、仙台家裁所長、福島地裁所長、山形家裁所長、青森家裁所長、釧路家裁所長)

2位:京都大学:33人

<2位:京都大学:33人の内訳>

最高裁:8人(最高裁事務総長最高裁総務局長、最高裁人事局長、司研所長、最高裁審議官最高裁情報政策課長最高裁判事:2)

高裁 :22人(東京高裁1民部総括、東京高裁5民部総括、東京高裁8民部総括、東京高裁23民部総括、名古屋高裁3民部総括、名古屋高裁2民部総括、名古屋高裁4民部総括、高松高裁第2部部総括(民事)、大阪地裁所長代行者、大阪高裁2民部総括、大阪高裁4民部総括、大阪高裁8民部総括(知財中部大阪高裁12民部総括、福岡高裁4民部総括、神戸地裁所長、高松地裁所長、高松家裁所長、函館家裁所長、東京地裁民事部第二所長代行(9民部総括)(保全部)、大阪家裁支部長東京家裁少年部所長代行者(少年第3部部総括)、大阪高裁事務局長

家裁:3人(横浜家裁所長、神戸家裁尼崎支部長金沢家裁所長)

3位:早稲田大学:25人

<3位:早稲田大学:25人の内訳>

最高裁:3人(最高裁刑事上席調査官、最高裁家庭局長、司研民裁上席教官(推測))

高裁 :9人(東京高裁刑部総括、東京高裁10民部総括、東京高裁22民部総括、東京高裁24民部総括、大阪高裁6民部総括、福岡高裁3民部総括、大阪高裁刑部総括、大阪高裁13民部総括、札幌高裁2民部総括)

家裁:13人(東京地裁刑事部第二所長代行(14刑部総括)(令状部)、京都家裁所長、熊本家裁所長、仙台地裁所長、高知家裁所長、札幌家裁所長、大津家裁所長、甲府家裁所長、静岡地裁所長、福岡家裁所長、札幌地裁所長、福島家裁所長、静岡家裁沼津支部長

4位:中央大学:20人

<4位:中央大学:20人の内訳>

最高裁:2人(最高裁判事・二小、司研第一部上席教官

高裁 :6人(東京高裁12刑部総括、大阪高裁10民部総括(家事抗告中部)、札幌高裁長官仙台高裁刑事部部総括、仙台高裁秋田支部長福岡高裁1民部総括)

家裁:12人(東京地裁所長、東京地裁刑事第一所長代行(9刑部総括)、東京地裁民事第一所長代行、千葉地裁所長、前橋家裁所長、宇都宮家裁所長、徳島家裁所長、秋田家裁所長、静岡家裁浜松支部長岡山家裁所長、広島地裁所長、鹿児島家裁所長)

5位:一橋大学:9人

<5位:一橋大学:9人の内訳>

最高裁:2人(最高裁判事、司研事務局長

高裁 :6人(東京高裁刑部総括、名古屋高裁金沢支部長仙台高裁事務局長仙台高裁1民部総括、仙台高裁3民部総括、熊本地裁所長)

家裁:1人(神戸家裁所長)

6位:東北大学:6人

<6位:東北大学:6人の内訳>

最高裁:2人(最高裁判事:2)

高裁 :3人(東京高裁刑部総括、大阪高裁7民部総括、福岡高裁長官

家裁:1人(東京家裁所長)

7位タイ:慶應義塾大学:5人

<7位タイ:慶應義塾大学:5人の内訳>

最高裁:1人(最高裁判事)

高裁 :1人(大阪高裁刑部総括)

家裁:3人(長野家裁所長、新潟地裁所長、東京簡裁司掌裁判官

7位タイ:大阪大学:5人

<7位タイ:大阪大学:5人の内訳>

最高裁:0人

高裁 :3人(東京高裁刑部総括、大阪高裁9民部総括(家事抗告中部)、大阪高裁刑部総括)

家裁:2人(京都地裁所長、水戸地裁所長)

9位:九州大学:4人

<9位:九州大学:4人の内訳>

最高裁:0人

高裁 :2人(大阪高裁長官福岡高裁5民部総括)

家裁:2人(福岡地裁所長、広島家裁所長)

10位タイ:名古屋大学:3人

<10位タイ:名古屋大学:3人の内訳>

最高裁:0人

高裁 :2人(名古屋高裁1民部総括、高松高裁第4部部総括(民事))

家裁:1人(名古屋家裁岡崎支部長

anond:20200603165016

どーだろ自分が男に付きまとわれたらまずそいつゲイ自分欲情してるからやってるとは思わないだろうな

嫌がらせとか強請りタカリみたいな反社っぽい動機最初に考えるわ

あらかじめゲイだとわかってて自分好意があるそぶりを見せてたあとでストーカーしてくるなら

これ以上続けるなら警察相談するぞって警告した上で警察にいくと思うけど

それで自分が悪いことになるなら最高裁まで争うしかいね

2020-06-02

   日本人はもともとママで、超絶激臭膣であって、ブサイクがいなくなって悪くて臭い子供の女だけの社会に戻した方が面白くなるというような

意見も分からないではないが、わたくしが、平成時代東京大学法学部卒業しており、わたくしの30代世代は、東京大学文Ⅰに入るために

書いて書いて書きまくって素晴らしい時代があったことも知っているから、ブサイクが悪いものと一概に葬り去ることができない

      

平成18年に東京大法学部法律講義担当した先生に関しては、憲法高橋は昔はすごかったが講義はクソだったので嫌いだったし

かろうじて善良だったのは刑法佐伯西田だけ。刑訴法の川出は、採択の判例も最悪、講義も最悪で、学生から嫌悪されていた

    川出は、昭和時代の暗黒を凝縮したような最悪な男の刑訴法教授であり、昭和40年代の最悪なところを体現したような奴だったか女子供学生に嫌われた

   民法物権法を教えている森田宏樹は、星野英一我妻栄などのいいところは何も残っていないただの経済オタクだし、不法行為法などを得意とする能見喜久

大正時代が大好きなカス明治が枯れててつまらんやつだった。債権法を教えていた内田貴最近法務省に行った奴も当然、明治時代に一番初めに債権法を研究した

我妻栄のいいところなど残ってない、昭和45年の相殺制度に関する最高裁法廷判決が大好きなゴキブリ

     親族相続法を教えている道垣内も、講義能力がない。

  商法に関しては、江頭憲二郎が教えていたが、何を言っているのか聞き取れない、最近では企業における相乗効果シナジー効果)などがありますなどといっていたが

講義古典的で非常につまらなかった

  民訴法は、ネクタイ教授で有名な伊東眞で、レックでも参考書が人気があった奴から受けたが、民訴法の神髄は第一条の目的規定にあると思いますとか

相殺の対当額の「対当」という字には気をつけねばいけませんなど、既に小学生の授業になっていたので誰も受けてなかった

   

我が国最高裁法廷が持つ法令違憲判決権が実際に実行されたことはほとんどない

 昭和ほとんど終盤に差し掛かる昭和48年に刑法200条(尊属殺重罰規定)が憲法14条1項に違反するとされたものがかろうじて最高裁法廷もの

考えたといえるにとどまるものが、その内容も積極的刑法200条を違憲とするものではなく、回りくどい内容であってあまりすばらしいものではない。他に有名なもの

最高裁法廷昭和50年 4月30日判決

・ 薬事法6条2項(薬局距離制限規定)が憲法22条1項に違反する。

 があるが、このときには最高裁はもう終わっていたし、薬事法行政法であって、昭和50年にはまだ行政法が生きていたと解する余地があるにしても、文章を読んだ限りではもう終わっていたし大した判決ではない。

 最高裁法廷昭和62年 4月22日判決

・ 森林法186条(共有林の分割制限)が憲法29条2項に違反する。

  この時代にはもう法は終わっていたのでどうしようもなかった。

 最高裁法廷平成14年 9月11日判決

・ 郵便法68条及び73条(郵便業務従事者の過失により発生した損害賠償責任免除)が憲法17条に違反する。

 

  この時代は誰も裁判所を知らなかったのでどうでもいい判決だし、出たときも誰も認識していなかった。

 最高裁法廷平成25年 9月 4日決定

・ 非嫡出子法定相続分嫡出子の2分の1であるとする民法900条4号ただし書前段は,遅くとも平成13年7月の時点では憲法14条1項に違反するに至っていた。

・ 民法900条4号ただし書前段は憲法14条1項に違反しないとした最高裁法廷平成7年7月5日決定を変更。

 これも同じ。

   他に、終戦後にでたいくつかの適用違憲判決があり、そちらの方には内容がある可能性もあるが、戦後憲法におけるわが最高裁が、法令違憲判決に関して、素晴らしい仕事したことは一回もない。

2020-06-01

我が国最高裁公共の福祉についていかなる見解をとっているか

  終戦直後昭和20年代には、公共の福祉の外在的制約論(人権とは別の公益という概念によって人権制限できる)とみえるような

    判例もあったが(賭博罪合憲判決)、昭和30年代に入り、明確に、内在的制約説とはいわないまでも、チャタレー事件判決などにおいて

  人権公共の福祉により制限されるとの具体的な文章が出てくるようになった。

   昭和40年代以降の憲法判断は既に悪化していたから必ずしも評価しないが、次のような二重の基準論などというものも出てきた。

46 】 個人経済活動自由に関する限り、個人精神的自由等に関する場合と異なって、社会経済政策実施の一手段として、これに一定合理的規制措置を講ずることは、憲法が予定し、かつ、許容するところである。 (最大判昭47・11・22刑集二六・九・五八六 〈小売市場事件〉 憲百選Ⅰ[四版]九九)

47 】 職業自由は、それ以外の憲法保障する自由殊にいわゆる精神的自由比較して、公権力による規制要請が強く、憲法二条一項が「公共の福祉に反しない限り」としたのも、特にこの点を強調する趣旨に出たものと考えられる。 (最大判昭50・4・30民集二九・四・五七二 〈薬事法距離制限違憲判決〉 憲百選Ⅰ[四版]一〇〇)

   

   しかしわたくしが以上の判例を読んでみても、あまりよろしくないものであって、我が国最高裁が、公共の福祉概念論についてどのような立場をとっているかは明確ではないが

  わが最高裁が、公共の福祉に関してもっと本領を発揮したのはチャタレー事件最高裁判決における次のものであって、昭和2、30年代には色々と正義判決も陸続したが

その後の容体があまりよくない。

 憲法保障する各種の基本的人権は、それぞれに関する各条文に制限可能性が明示されていると否とにかかわりなく、憲法一二条、本条の規定からしてその濫用が禁ぜられ、公共の福祉制限の下に立ち、絶対無制限のものではない。 (最大判昭32・3・13刑集一一・三・九九七 〈チャタレー事件〉 憲百選Ⅰ[四版]五八)

団藤重光の化けの皮がはがれた瞬間

 昭和57(し)101  電汽車往来危険威力業務妨害被疑事件についてした逮捕状及びそれに基づく処分に対する準抗告棄却決定に対する特別抗告

昭和57年8月27日  最高裁判所第一法廷  決定  棄却  広島地方裁判所

    において、最高裁第一法廷裁判長担当していたときに出した、次のそっけない決定のときであろう。

https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/279/050279_hanrei.pdf

   学者の間では、刑訴法の他の条文の類推適用などにより、逮捕に対する準抗告を認めるべきだとの議論平成に入ってから陸続しているが、団藤は裁判長として

最高裁において、準抗告はできないとの判断を示した。

   最高裁刑事部の癌化は昭和40年代以降、着々と進んでいるが、耄碌して最高裁暇つぶしをしていた団藤が、決定において、明確に、逮捕に対する準抗告

認めなかったことにより、昭和の法の何かが決定的に終わったと言える。

   

警察官逮捕に対し準抗告ができるかどうかの問題

  戦後刑事訴訟法作成したとされるのは東大法学部教授だった団藤重光だが、団藤は、刑訴法199条周辺の条文において

    警察官による逮捕行為に対して裁判所準抗告ができるかに関し明文を設けなかった。そして、団藤が最高裁判事をしていた

昭和57年、裁判所刑事部社会から必要とされなくなり、病態が進んでいたときに、おそらく団藤の判断で、逮捕に関する準抗告許可されない

という最高裁としての判断を示した。

 逮捕については、準抗告は許されない。 (最決昭57・8・27刑集三六・六・七二六、 刑訴百選[五版]一一五)

    この点については平成時代にも判決が陸続しており、刑訴法学者の間でも色々と論じられているが、いずれにしても悪質であることに変わりはない。

我が国行政公法私法一元論に堕した理由

   戦後行政法学の権威であり、終戦後の古き良き行政法実務を知っている塩野宏の本によれば、戦後行政法においては

公法私法峻別する二元論支配的であったが、低成長時代以降に経済社会支配的になる中で、以下の最高裁判決(といっても

昭和59年には最高裁は既にカスだったのでほとんど価値はないが)がでたことにより公法には公法世界があるという戦後のれっきとした

風情はなくなってしまい、経済的都合に合致するならなんでもござれという矛盾的で腐敗した風潮が昭和40年以降、最高裁において加速し

  民法511条の相殺制度に関する非論理的ご都合主義判例変更が出たのも、最高裁が何もかもご都合主義になっていた昭和40年以降

特に顕著である

  公営住宅使用関係には、公の営造物の利用関係として公法的な一面があることは否定し得ないが、入居者が使用許可を受けて事業主体と入居者との間に公営住宅の利用関係が設定された後は、両者の法律関係基本的には私人間の家屋賃貸借関係と異なるところはない。 (最判昭59・12・13民集三八・一二・一四一一 〈都営住宅明渡し事件自治百選[三版]五〇)

民法相殺制度に関する昭和45年最高裁判例が嫌いだった

 法学部の界隈では、最高裁法廷裁判官が8対7の僅差で決定したとして、有名と言われているが、昭和39年判決内容を

変更したこ時代にはもう我妻栄星野英一などの民事法の傑物がいなくなっていた悪化した時期にあたるものであり、むしろ

戦後民法の星であった昭和39年の最後判例を変更したものとしては極めて悪質である

 判例変更後の昭和45年大法廷判決文章2)の具体的内容は検索すれば出てくるがやたらに煩雑であり条文の指摘も難解で

とにかく初見で見たときに嫌な感じがした。

 もちろん判例変更前の昭和39年判決がやたらに論理的に過ぎるという批判もあるが、明治民法の中身が終わる最後判決でもあった。

我が国民法はもう相当前に利益主義に走って終わっており、わたくしは昭和45年大法廷判決における判例変更が決していいものとは思わない。

(1) 甲が乙の丙に対する債権差し押さえ場合、丙が差押え前に取得した乙に対する債権の弁済期が差押え時より後であるが、被差押債権の弁済期より前に到来する関係にあるときは、丙は右両債権差押え後の相殺をもって甲に対抗することができるが、右両債権の弁済期の前後が逆であるときは、丙は右相殺をもって甲に対抗することができない。

2 】 (1) 債権差し押さえられた場合、第三債務者債務者に対して反対債権を有していたときは、その債権差押え後に取得されたものでない限り、右債権及び被差押債権の弁済期の前後を問わず、両債権相殺適状に達しさえすれば、第三債務者差押え後においても、右反対債権を自働債権として被差押債権相殺することができる。

https://anond.hatelabo.jp/20200601022933

 わたくしに東京大学法学部法学士の学位があるから無理。

    法学部オワコンなのは、主に、大正戦前昭和40年以降の田舎底辺ガラクタ、および平成時代であって

   明治時代と、昭和東京終戦後の田舎昭和50年代司法上層部は華々しいものがあったし、法が、いつの時代古色蒼然としていてつまらなかったわけではない

      明治時代の法は革命的なものがあったし、その後に腐ったが、戦後最高裁は何か正義で何か悪か、15人の最高裁判事が最高裁会議室激論をしていた

     終戦後の田舎裁判所新聞社と共同し、活気があった

    主に昭和40年代から田舎底辺判事補レベルのところで癌化ガラクタが始まったわけで、概ね昭和60年までは法は社会支配していた

     平成の法がカスだっただけで、明治昭和の法は素晴らしかったし面白かったりしたのだ、今の国が、法のガラクタなところだけみせてて、超絶色々考えていたやばいやつ

偉い奴は非公開にしているだけ。

2020-05-31

東大法学部教授が終わっているだけだろ

  法学を口授していたが、人格者が残っていない。15年前のスタッフで言うと

   憲法1部   腐れ健治

   憲法2部   昭和スターだったが耄碌高橋和之

   民法1部   星野英一や来栖三郎の人格を引き継がず、民法オタクに走った森田宏樹

   民法2部   能見善久  大正時代くもえもん大審院判決解説しただけのカス 明治時代判例を教材にしなかったせいで尊敬されなかった

   民法3部   内田貴    自分が書いたクソ専門書を読ませただけ、昭和時代の利益主義に走った悪い最高裁判例を紹介しただけ

   民法4部   道垣内    農学部で飯を食べていただけ

   刑法1部   佐伯仁志   まったりしていただけ

   刑法2部   西田典之    佐伯らとガラクタゴミ判例集を編纂して学生に買わせていた

         他はいうまでもないが、とてもじゃないが法学を教えるような人格者は残っていない。

  本物の法学者は既に亡くなっているか東大法学部ではなくて、他の大学に多少いるかもしれないが、たいていはクズと思って間違いない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%AD%A6%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7

2020-05-30

我が国行政法における公定力の理論について

   明治時代形成された帝国憲法行政法では、いちいち公定力などということは議論せず、役所裁量自由闊達にやっていたが

   昭和8年に帝国行政法悪化したときにおそらく大審院により公定力の概念が導入された。これをひきずって、戦後復興期に、最高裁

   最三小判昭和30年12月26日民集9巻14号2070頁(Ⅰ―67)において、公定力の概念一見明白に瑕疵がある場合以外は上級庁により

   適法に取り消されない限り違法行政処分有効)を判例で認めてしまい、令和の今日においても、市役所ではこの公定力の判例いかんなく

   利用し悪事をしている。

   もちろん、昭和30年代最高裁が公定力の概念確立したとはいっても、判例理論として確立しただけで個別事件に関しては極力具体的妥当性を

   図っていたが、昭和40年以降腐ってきてから公定力の悪用が始まり昭和8年に端を発するこの悪法理論により苦しめられている一般市民は多く存在する。

   東大法学部の団藤重光悪人ももちろんあるが、少なくともわたし子供のころに感想としてもった団藤に関しては

この人は偽物ではないという感じで、バカ子供でも尊敬できた。団藤が1974年に最高裁判事になり1983年まで

最高裁判事をやっていて、昭和40年代以降の最悪な刑事裁判所を主導したという瑕疵はあるような気もするし、

  この人物支配欲が強すぎたせいで、昭和40年以降に悪化した警察司法裁判官として追認したような形跡もあるが

 少なくとも昭和50年代以降、ガラクタしかいなかった最高裁刑事部から抜け出した人物としては団藤以外にろくな裁判官がいなかった

   明治時代戦後復興期にはもっと善良で優秀な裁判官行政官がたくさんいたが、そういうのは封印されている

  団藤に関しては、戦後復興期の刑訴法先駆者になったが、昭和40年代以降にやや調子に乗りすぎた側面もあるが子供から尊敬されたり

したことからそこまで非難されるべき人物ではない。それよりも最悪な刑事裁判官や、司法警察員は昭和40年以降ゴロゴロおり、

   あの界隈には善人は残っていない。

昭和天皇の何から何までが好きだったわけではない

  自分日本人という自覚があり、その日本人日本人たるところを素直に認めて本当に偉いことをしたのは明治天皇だし

昭和東京の奴は楽しかったには違いないが、女子学生からみれば、東大法学部でみた戦後30年の最高裁判例および現在でもインターネットで公開されている

  最高裁判例象形文字しかみえないし、昭和は楽しかったに違いないが上の方は一般的に悪であり、しか日本人にとって正義があったのは昭和39年

までで、その後が必ずしもよかったわけではない。

    本当に偉かった人や善良な人は既にこの世にいないわけで、今の日本に残っている者が悪人であるという自覚必要である

2020-05-29

安倍政権への不満

議会の大多数を獲得し検察最高裁の人事を掌握しつつあるのにそんな権力でやることがお友達への利益供与かよ

トランプを見ろ あれが本物の男というもの

2020-05-27

東京警察官って本当に気持ち悪いな

  まず姿かたちが日本人じゃないし、男だし、膣らしいところがなく、当たり前の話も通用しなさそうなツラをしているのが腹が立つ上

   必死だしうざいししつこいし存在自体気持ち悪い。バカだし人間性は感じられない。

    人の話も聞かないし、話をしても黙っているし、最悪この上ない。

    ああい存在税金担保しているこの法治国家が終わっている上に、ああい警察行政法最高裁形成する社会通念にも従わず

勝手仕事をしているゴミクズは許し難い。

    当然、警察署では行政書類が書かれており、警部補らはそれに基づいて行動しなければならないが、現在都内の警邏の者は行政法に従っていないし

警視総監も知っていて知らんふり。

   ゴミクズ以下だな。

2020-05-24

 警視庁志村警察署巡査長に対して令和2年5月22日付けで警視総監がした懲戒免職処分に対する取消請求棄却判決に対する控訴棄却判決に対する上告事件

                                  主       文

                                  本件上告を棄却する。

                                  理       由

  (省略)

          令和2年7月12日

                 最高裁第1小法廷

                                                       

2020-05-22

明治法は偉かった奴で3000万人に流行った奴で

   戦後20年法もほぼ同じ。   戦後30年東京法においては、警察官だろうと悪事絶対にできなかったから人気があって流行った

   昭和50年代法は、芸術があったか流行った。東京帝大の武藤春光は、昭和57年に東京高裁判事としてその時代音頭を取ったことも忘れたか

  配下にはたくさんの司法修習生弁護士がいて、素晴らしい時代があったことは知っているはずだ

    昭和悪化したのは、昭和40年以降の一般的な法で、男が悪いことばかりしていた。あの時代の法がとにかく嫌い。今の最高裁判事大谷

 前の最高裁判事の逸郎も嫌い。あいつは偽物だ。

    今のクソ以下の最高裁でも昭和時代は超絶だったが、今はいいところは何も残っていない。ただの罪人。

2020-05-19

 本当に偉かった裁判官は次の人だよ

  https://www.cesa.or.jp/efforts/interview/researcher/muto01.html

   昭和57年に東京高裁判事をしていたときは、世間ヒーローみたいな人で、多くの司法修習生から人気があり、本物だった

     安倍晋三政権の下で裁判官をやっている奴は、平成時代に任官した人間のクズゴミカス最高裁長官大谷

  上の武藤春光が凄かった昭和50年代に、ずっと判事補だったただのクソガキ裁判官 人間のクズ

     お前は戦後最高裁のことが何もわかっていないし、昔がどれだけよかったか何もわかっていない

   安倍になってから最高裁は最低最悪で何もいいところは残っていない。裁判所にしても、裁判官にしても、昔がチョウゼツだっただけで、今は腐れゴミ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん