「人材」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人材とは

2018-07-23

教員バッシング教員の妻について

妻が教員なのだが、本当に「命を燃やしている」という働き方としか言えなくて、それでも世間の風当たりは強く、つらい気持ちになる。

毎日平気で9時まで残って、時には22時、23時になることもざらだ。しかし、残業代は1円たりともでない。

最近、出退勤管理システムが導入されたらしいが、7時にはタイムカードを切らされるらしい。そもそも初めから残業代は出ないのだが、それでも調査があった際などに詰められないように、だそうだ。休日出勤部活対応などももちろん同じ。

授業計画を綿密に練っているが、それも休日に家でずっと作業している。ただ働きだ。ちなみに、その授業計画を見せてもらうと、すごく頭を使っているのだ。教師って「熱血」みたいなイメージだったけれど、それだけじゃなくて研究者みたいな側面もあるんだと思った。前例研究、狙いの明確化、導入でどう惹きつけ、どう生徒主体で進めるか。教材研究、教材作り。これを一コマごとにやっている。教材作りのための費用はもちろん自原。

よくぞここまでやると思う。自分だったら速攻で辞める。

妻が終業式を終えると、子どもや親からのたくさんの手紙を抱えて帰ってくる。

書いてあることを読ませてもらうと、僕まで泣けてしまう。

登校拒否ぎみだった子どもの親から担任が妻になってはじめて、学校楽しいと言い始めたという感謝言葉ADHDの子から、授業中の落書きを見つかったときの妻の第一声が「わあ上手!」だったことに、救われたこと。初めて勉強楽しいと思えたこと。親子面談で妻の前で何度も号泣して悩みを相談し、励まされたこと。

もちろんそうじゃない教員もいるんだろう。教師のせいで嫌な目にあった人もいっぱいいるんだろう。僕もそうだ。良い教師もいたけれど、いやだった教師もいた。

でも教員が一律に「馬鹿」で「リテラシーがない」と思われているのを見るととてもつらい。

また、こんな過酷労働条件社会的バッシングで、誰が教員になりたいと思うのだろうと思うと、暗澹とした気持ちになる。優秀な人材が、教員になりたいと思うだろうか?ますます無能人材が集まって、教師に憎しみを覚える人だけが増えるんじゃないか

(ちなみに妻の学校クーラー完備だし、クーラー付けてるし、水筒だってもちろん持ってきていいし、授業中も飲んでいい。)

長々かいたけど、①教師からと過剰な色眼鏡バッシング過激化させるのをやめてほしい②教育費の予算をつけて正当な賃金教員に払え

以上。

2018-07-22

anond:20180722124442

まず、受け入れてもらえそうな人材にならないと、

どこの国に行ってもダメ

熱中症

元気な若者でさえも、たやすく命を奪うレベルなのだから

いい加減に、企業学校は事の重大さに気づいてほしい。

自分たちの育ってきた時代と違い、今は格段に温度が上昇しているのだから無責任な「頑張れ」という言葉や「昔は水を飲めずに頑張ったもんだ」などと言うのは禁句である認識してほしい。

頑張れという言葉企業財産である人材が減り、頑張れという言葉未来がある若者を苦しめる今の世の中はおかしいよ。

オッサンはもう40代だけど、この企業学校の有様は明らかにおかしいと感じるよ。

それと爺婆様方は自分の感じた温度我慢できるという無謀な考えを改めて、冷房は嫌でも使ってほしい。

あなたがたが無茶すると、介護しなければいけない側が辛いんです。

マジで辛いんですよ…。

2018-07-21

薄々気づいてきた いくら子供をダシにしても日本教育現場が変わらない理由ってさ

そもそも日本人価値観だと

子供価値が低い」からだよね?

 

そんなアジア人(日本人)の子供は可愛くもないし

尊重すべき存在でもない

死んだら次産めばいいし

どうせDQNポコポコ産むでしょ?

長期的視野民族レベルで無いか

来年金を払ってくれるということも分からない

国を存続させる人材としても捉えない

でも大人性的搾取ロリコン趣味には使います

って具合にさ

 

例え子供であろうと

個々の権利尊重されるべきと考える欧米と違って

子供家族を存続させる、たかが一要素でしかない訳だよ 日本人にとっては

 

からいくらエアコン甲子園で喚いても無駄

根本的に子供価値はない

じいさんのじいさんによるじいさんのための国だから

2018-07-20

人事部の見る目のなさ

プロジェクトリーダーなんだけど、自分の他にヒラ社員ほとんどいなかったんだ」

久しぶりに会った俺にとってのヒーローは、笑って言った。

俺は彼ほど優秀な人間を見たことがない。

しかし、彼は昇進試験に受からない。

組織のために自分はかくありたい」

というような作文が全くかけない。

ビジョンなんかない。

しかし、だからなんだっていうんだ。

目的地がない自動運転場合左折すべきか?右折すべきか?」

というような問いの答えを導き出せるような人材をヒラ社員にしてる人事部の見る目のなさよ。

好きなアニメ演出家TVアニメ監督になって歓喜したけど、甘かった

その演出家をA氏とする。

各話演出でかなりエッジの効いた演出をする方だったので、「やったー!TVシリーズ丸ごとA氏節で染め上げられたアニメが見れる!」と喜んだのだけど、いざ始まってみると、認識が間違っていたことに気付いた。

1話はコンテ・演出がA氏だったので、それはもうA氏節としか言いようがない、自分が求めていたモノだったのでかなり喜んだ。

しかし、第2話以降、A氏がコンテを描くことはなかった。

TVシリーズでは、監督が全体のクオリティコントロール時間を割かないといけないため、絵コンテを手掛ける余裕がないのだ。

たまに全話コンテ描くような人もいるが、アニメ業界スケジュール的にそれをやれるのはレアケースである

A氏が監督として全体を指揮しているものの、第2話以降の演出は、A氏節を薄めたようなものだったり、各話演出の人の個性が出たものだったりした。

エースキャプテンを任せてみたら活躍の機会が減った、みたいな感じ。いや、キャプテン監督になったので試合に出なくなった、かも。

考えてみればエヴァだって話数によってかなり演出にばらつきがある。庵野節なんて部分部分にしかないな、と。

ウテナだって演出が全編イクニ節ってわけでもなく(設定のアクの強さでだいぶイクニ節になってる気がするが)、橋本カツヨだったり金子伸吾だったり松本淳だったり錦織博だったり風山十五だったりのスタッフがいたから成り立ったわけだし。

そもそも自分がA氏に注目したのが各話演出だったのだし、初めからそういうものだったわけだ。

監督演出の実力に長けていても、それを全体に浸透させることができるとは限らないし、そもそもその演出理解して実現できる人材がいないといけないわけで。

やっぱアニメって一人で作ってるんじゃないんだなあって思った。

2018-07-19

anond:20180719174518

今の日本必要なのは、少数の高度人材じゃなくて、多数の奴隷労働者兼消費者だよ。

人口人口なの。わかる?

anond:20180719145757

ぜーんぶ、「女はこれを求めてる!」しか書いてませんやん。

女が社会進出して出生率回復した国の話なんてあったか

ケンタッキー大学福井氏はUSA トゥデイ紙に対し、

中小企業は有望な若い男性人材が見つからないため、女性を探すしか選択肢がなくなってきている」と語った。

これを「男が無能になってる」と読むのはアホの極み。

「女が産まないから、男性人材の人数が足りない。しゃーなし女使うしかない」と読むのが正解。

というか、「ケンタッキー大学福井氏」が言ってることが何の証明になるというのだろうか...

anond:20180719145027

お前こそ根拠ねぇだろうが。

女が起業して男女ともに雇用しているパターンだって多々ある。

それを「女が社会に出たから~」とか、ほんと馬鹿だと思うわ。

比べてみよう! 日本ドイツ - 女性社会進出 -

http://www.newsdigest.de/newsde/news/featured/4636-942.html

女性社会進出ができない日本海外と同じくもっと女性平等

https://info-graphic.me/love/1652

待機児童ゼロ」に「世界最長の育休」!?北欧で働く女性活躍できる理由

https://fledge.jp/article/northerneurope-childcare

“男女の雇用格差なくなれば、GDP15%アップ”? それでも具体策なき安倍政権に、海外紙は懐疑的

https://newsphere.jp/economy/20140117-6/

ケンタッキー大学福井氏はUSA トゥデイ紙に対し、

中小企業は有望な若い男性人材が見つからないため、女性を探すしか選択肢がなくなってきている」と語った。

男が無能になってる

30歳すぎても部下を持てない会社

が増えてる気がする…

もちろん中小零細の話なんだけど…

うちの会社なんかは、30代40代がごそっと辞めてしまった時期があって、50代以上と新卒数年目っていう人材以外がすごく手薄。

んで、新卒を鍛えるのはベテラン勢なので、手薄な中堅層は雑用まで自分でこなさないといけなくて、目が回るほどの忙しさ。

それがたたって30から40代が嫌気を指して辞めていった。

50代以上は今更会社やめてもどうしようもないので、会社にしぶとく残っている。

新卒の子らは新卒の子らで、いつまでいるかからない。

というか転職が当たり前の時代からいつまでもいる、ってことを当たり前に考えてはいけない。

んで、今やうちの会社では希少価値となっている30代中堅層なのだけど、

会社に入って10年目にしてようやく部下が出来た人が居て、というか僕の上司なんだけど。

3つぐらい年下なんだけど、なんというか、ああ、今まで人に仕事教えてこなかったんだな、とか

自分の期待通りにうまくいくことなんてないのにな、などと思わせてくれる素振りが多くて。

普通だったら、そんなやつ大嫌い、ってことで人間関係不和ってことで片付くんだけど、

でもそういう経験を早いうちから積めなかったり、部下との関係性を相談できる先輩もいないんだろうなあと思うと、

ものすごく可愛そうで。

そういえば、前の会社も似たような感じだったな。Web系だったから、50代の人ってのはいなかったんだけど。

知人にも、人生の中で部下を持つ経験がなかった、という人がチラホラいる。部下を持つことなく、独立してしまったりとか。

独立したら人雇わない限りはそういう悩みはなさそうだけど、会社から預けられる部下と、自分給料預かる部下じゃ、思いも責任も全く違うだろう。

まあ、何にせよ、中小零細で部下を持つってのは、中々難しいんだろうな。

皆さんの会社はどうだろう?

anond:20180719124848

人材市場価値ゼロなわけだから、死んでも世界経済は変わらない

これは間違ってるぜ

人材市場から巻き添えで奪っていくわけだから価値マイナス

ヤンキー高校卒でFラン大卒新卒を逃してバイトで入ってきたが、

ぶっちゃけ早稲田卒の社員より要領も頭も良くてかなり助かっている

まじでどうしてこんなヤツがヤンキー高校卒でFラン大学だったのか聞いてみたら、

どちらも「第一志望と絶対受かる低ランク校」しか受験しておらず、

どっちも第一志望に落ちたということらしい

受験といえば第一志望と中間レベル学校底辺校ランクを分けて受験する印象だったが、

そうじゃない人もいるってことは、底辺校の上位層っていい人材が揃ってる可能性があるんだなあと思った

先進国少子化って突き詰めれば「赤ん坊がいっぱしの社会の一員たる大人に成長するまでの養育コスト(金・時間精神的なケアetc..)を自腹で払いたくない」ってことだから、例えミャンマーあたりから子供合法的誘拐&輸入できたとしても解決しないっぽいのがなあ。

裏を返せばそれだけ先進国住民の命の値段が高いってことで、北朝鮮みたいに建設事故で500人死にました~みたいなことにはならないのはいいけど、そういう安全で快適な社会を維持するための人間養成するコスト普通の人が背負うにはちょっとしんどいよね、って話だと思う。

途上国で金がなくても子供が育つ、っていうのはそりゃ大卒レベル人材ほとんど必要とされない低レベル社会からでしょ。

2018-07-17

現代日本熱中症関係子供だけでなく大人も大いに注意する必要がある。

子供たちでなく、大人たちも十二分に注意しなくてはならない時代なのだから

現状の日本企業も考え方を変化させるべきだ。

外回り営業は、対策必要だ。日差しがきつい時間帯は極力外出を抑える。

または外出先で日陰で適度に休む時間を設ける。

仕事効率が下がるなど考えるのは愚か。人が倒れればそれだけ効率が下がる。ソッチのほうが重要である認識する必要がある。

外での作業員も当然そうだ。警備関係仕事をしている人は帽子を被って適度に水分は摂っているものの十分ではない。

それだけでは足りない時である認識しなければいけない。

日陰で座っているだけでサボっているなどといちゃもん付ける偽善者の言うことなど聞く必要はない。

企業仕事効率を先に考える傾向だが、人材が減る分だけ自社の首を絞めていることを考えなければいけない。

また、学校関係もそうだが、子どもたちが倒れるだけで大事になる。もっと繊細な判断をしても良い。

そして教師も無理をしてはいけない。

保護者ヒステリーを起こせば、余計なストレスも溜まり暑さとダブルパンチ身体に異常を起こす。

これらに関しては、学校の長が積極的に動き早期対応するのが望ましい。

日本はこういった自然被害全てにおいて動きが遅い。

人が倒れた後、亡くなった後に危機感を感じる事が多い。

この時代、去年と同じ、一昨年と同じ、10年前と同じなどと軽い考えは甘いのだ。

結局の所、人が何よりも財産なのだからもっと積極的対応する必要がある。

が、当然自分たちも注意していく必要があるわけだから自己防衛も忘れないようにしたいものだ。

努力できなくなってしまった。

今もやるべきことをほったらかしてこんな文章書いてる。

発端はいつだったろう。

私はかつて高校時代狂ったように勉強”できていた”。

一日15時間勉強とかできた。

大学に入ってもある程度は勤勉さは保てていた。はずだった。

だんだん努力できなくなった。

何が原因だ。

幼少期から自分は認められたいという強迫観念があった。

理由はわかってる。周囲になじめず、普通になれない自分社会存在するためには社会的に有用人材であることが大事からだ。

だが大学に入ってようやっと現実が見えてきた。

自分特別になれない。特別になるほどの才能もないし努力もできない。

認められない普通人間だ。いや周囲になじめない私が凡才ならば社会存在すべきでない人間だ。

死ぬべき人間だ。

頭ではそんなことは無いと理解している。

屑だ屑だといっていても私はある程度の社会生活を営み、人と一般的に関わることができている時点でこの社会で生きていくことは可能だと。

いやそもそも別に能力がなくたって周囲となじめなくたって社会存在できなくったって死ぬ必要はないのだと。

でも才能がないと生きられないという強迫観念自分は何物にもなれないという現実矛盾が私を幾度も突き落とし無気力にさせている。

ああ死にたい

ベランダから外を眺めるたびに飛び降りる時の風を想像する。

道路わきを歩くたびに車に轢かれる自分が見える。

駅のホーム電車を待つときにあと一歩を踏み出すとどうなるかなと考えてしまう。

ああ死にたい、でも死ぬ勇気がない。

痛みを感じて死ぬのは嫌だ。わがままだ。辛い。死にたい。でも認められて生きたい。死にたいんじゃなくて人生をやり直したい。欲深くて無様な社会不適合者だ。

死ぬならせめて英雄になって死にたいなあ。誰かを助けて絶命したい。

もういっそ一年間休養してみる?いやだせっかくここまでうまくレールの上に乗っかることができたのにわざわざ自分から降りるの?今踏ん張れば自分はまだ少しは何者かに近づけるんじゃないの?でも、もう気が狂いそうだよ。でも周りが頑張ってるのに、ここまで親のすねかじって生きてきたのに、そんなわがまま言うの?

辛い。

anond:20180717015329

人材多様性最近でいうところのダイバーシティ重要さがわかってたんだよ。あなたわかってないみたい。

2018-07-16

anond:20180716223404

あなたが知らないだけでそれが標準の企業ばかりですよ?

というか、そういう人材しか来ない時点で潰したほうが貴社のためでは?

anond:20180716222457

地元経営者いわく「東京IT人材はバブッてるわ」つってた

そのとおりだと思うわ

乗れない奴はアンラッキー

anond:20180716211711

法人格場合は「利益になるかどうか」だけで十分でしょう。

採用における多様性人種性別多様性であり学歴フィルターを掛けないという意味ではないし、

働き方の多様性女性社会進出上避けては通れない喫緊課題でそこを疎かにしてる企業福利厚生上の競争にも遅れ、質のいい人材が集まっているとはいい難い。

anond:20180716135914

そういう奴らが、

人事部採用担当者になったら

画期的採用方法を考えられるのかね

長期的に定着して活躍する

人材見極めるなんて、

基本的不可能だよなー

出来るとしたら、

猿でもできるような仕事しかない

会社ってことだから、それも問題だが...

anond:20180716114555

実際には作業A,B,C,D(拡張可能)が可能な優秀な労働力作業A,Bしか実行できない劣後な労働力があるわけ。

企業作業Aの需要があって従業員募集するとき、実際には前者でも後者でも問題はない(作業Aは両方できるから)。でも後々のことを考えて、同じ人件費だったら前者を雇用するよね。そのほうが別作業にも対応できるわけで。こうして優秀な労働者はそうでない労働者の席を奪う。

好景気需要が強い今、前者は現在作業Aしか求めない(故に給与水準も低い)企業退職してよりよい条件の職場に移るべきで、そうなればこそ後者労働者の席があくわけだけど、日本ではそういう人材流動性が低い。待遇が悪くても辞めないっていうのがコレ。

年配vs老人ではなくて、実際にはこういう対立構造の中で、賃金が低く硬直している。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん