「超音波」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 超音波とは

2020-09-14

そっと触れると、やつはすでに冷たかった ヤスの名は・・・

納豆

惣菜売り場の端っこで、ひき割りと一緒に、88円3個入りが冷たかった。

コロナだなぁとおもった

そこ以外に、場所が空いてないのはわかるけど

なんというか

次亜塩素酸水を、超音波加湿器にかけて、空気中に散布することで、空気中のウイルスを除去だ!

とか言い出しそう

(お医者様の指示がなく薬品空気中に散布したらダメ夫 しかも加熱すると危ないか超音波式だ!とかいいだしそう たぶんお水はペットボトルとかのきれいなお水 水道水には塩素が入っているからあぶない!という理屈を考えてみた )

 

納豆やすコンビニ

もちろん、今日ネタありがとうねーさん。いつもわらかしてくれる。

2020-09-04

ため息しか出ない

健診の結果について直接会って説明したい、と電話が来た。日程上の問題があり、郵送するように頼んだ上で軽く結果を聞いてみた。腹部超音波で肝腫瘤が見つかったとのこと。数ヶ月前に受けた血液検査で肝機能の値がとても悪くて気になっていたところにこの結果。ダメかもしれない。

精密検査を受けることになる。妻と小さな子供お腹にもう一人。自分なりにチャレンジしてる夢もある。どうなってしまうんだろう。

妻が好きだ。子供が好きだ。家族で生きていく未来を失いたくないなー

2020-08-14

MRI検査腫瘍が見つかって、

正体がよくわかんないか超音波検査しましょうねって言われたんだけどMRIでわかんないもの超音波でわかるってことある???

超音波ってあの白黒でザラッザラの映像が見れるやつでしょ?

anond:20200814130327

3蜜1m20.00cm つまり 0.1mmだと誤差在りすぎるかな?超音波もつかって・・・いやレーザーだけのほうがいいか、はっ気温をはからないと大気がゆがんでいるかもしれない。大変だ3蜜を計測しないと(しない)

2020-07-31

子供を殺したい

25歳で結婚して、26歳で子供を産んだ。

の子供が3歳になったとき発達障害の診断を受けた。

まれときから何かが変だなと思っていた。

昼も夜も寝ないし授乳の時以外は大体泣いていた。乳児期は1時間ごとに起きてわたしは気が狂いそうだった。

まわりの、同じくらいの月齢赤ちゃんを見ては、その穏やかさに驚かされた。床に転がっていても、お母さんが友達とお喋りしていても泣いていない。

うちの子供は毎日毎日物凄い奇声を上げて泣く。

はじめての子育てでとにかく必死で、子育てサークルサロン支援センターなどに毎日通った。けれどどこに行っても泣いて暴れて、どうしようもなくなって5分で帰るなんていうこともザラだった。その度に、なんでうちの子だけ、と暗いリビングで泣いた。

周りの人達にたくさん相談した。配偶者、実親、ママ友リア友、親戚。帰ってくるのはいつも同じ言葉

大丈夫だよ」

子供なんてそんなもんだよ」

「うちもそうだったよ」

「1歳過ぎれば楽になるらしいよ」

「今だけだから。大きくなったら離れていって寂しいもんだよ」

そうなのか、これが普通なのか。わたしは、普通の子育てにすらこんなに疲弊している、ダメ母親なんだ。そう思った。

もっと頑張らなくては、みんな頑張っているんだから、そう自分に言い聞かせた。

3ヶ月、半年、1歳、2歳、楽になる日は一向に来なかった。

毎日癇癪、こだわり、通じない言葉

子供かわいいと思えたことはない。

紆余曲折を経て3歳をすぎた頃やっと診断がおりた。

やっぱりなと思った。だって普通の子育てがここまで大変なわけがない、とわたしはどこかホッとした気分だった。子育てはこんなもんだとか、みんな同じだとか、無責任言葉わたしにかけたやつみんなふざけんなと思った。いっぺんうちの子を育ててみろ、お前のところにも障害児が生まれろ、そんな風に思った。今も思っている。

子供が生まれれば多かれ少なかれ親の人生は変わる。親が真っ当であればあるほど。子供中心の生活になり、自分時間自我犠牲になる。子供というフィルターを通して自分価値が決まる。日本社会は尚更だと思う。

発達障害児が生まれわたしは変わった。子供に手を焼き、不眠と疲れで毎日キレ散らかし、夫や親、特に物に当たり、食器を割る回数が増え、メガネや窓ガラスパソコンなど色んな物を壊した。体重妊娠前と比べて8キロ落ちた。自分怪我も増えた。失神して倒れて怪我をして、顔を縫ったこともある。慢性的吐き気下痢はもう2年以上続いている。胃カメラ大腸内視鏡も、ホルター心電図も脳のMRI超音波エコーも、受けられる検査は全部受けたけれど異常は無い。全部ストレスのせいだね、と医者は言う。

現在保育園と並行して月に8回ほど療育に通っている。

無償化恩恵で、児童発達支援無料で受けられる。

息子は本当に少しずつだけど成長していっているように思う。

でもわたしの心はいつでも落ち込んでいる。

療育を受けたって「普通」になれるわけじゃない。

税金を使って療育して、税金を使って教育して、定型の子たちより何倍も何十倍努力して、それでも定型以上にはなれない。

二次障害を起こして、犯罪を起こしたり、家庭内問題を起こす可能性が定型より圧倒的に高い我が子。

普通の進学」「普通友達」「普通就職」「普通結婚」、そんな「普通の」未来さえ思い描けない我が子。

そんな子供を育てて何のためになるんだろう。

一体何のために子育てしてるんだろう。

自分人生犠牲にしてまで。

誰か教えてほしい。どうしてわたしのところに生まれてきたのか。

何のために生まれてきたのか。

こんな子どもを育てなければいけない理由

殺すなら今のうちだと思う。

わたしは誰の為にもならない息子を殺したい。

2020-07-18

スマホ、防水のやつなら超音波洗浄機で洗える?

それとも超音波の力で内部まで水が入り込んで駄目になったりする?自慢のスマホで調べて教えてくれ。

2020-06-30

あれは誰だ 誰だ 誰だ

あれはレムデシビル レムデシビルマン レムデシビルマン

25万円の値をつけて

コロナに向けて戦うクスリ

デビルアロー超音波 デビルイヤーは超音波

デビルウィングは超音波 デビルカッター超音波

悪魔の力 身につけた

正義ヒーロー レムデシビルマン レムデシビルマン

2020-06-29

とても大きなごん狐

 これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんからきいたお話です。

 むかしは、私たちの村のちかくの、中山というところに人類を守るためのお城があって、中山さまという将軍さまが、おられたそうです。

 その中山から、少しはなれた山の中に、「ごん狐」という狐がいました。ごんは、一人ぼっちゴジラよりも大きな狐で、しだの一ぱいしげったアマゾンのような原生林の中に穴をほって住んでいました。そして、夜でも昼でも、あたりの村へ出てきて、いたずらばかりしました。はたけへ入って東京ドーム十個分の芋をほりちらしたり、菜種油の貯めてあるタンクへ火をつけて村を焼き払ったり、百姓家の裏手に建っている発電用風車の羽をむしりとっていったり、いろんなことをしました。

 或秋のことでした。二、三年雨がふりつづいたその間、ごんは、外へも出られなくて穴の中にしゃがんでいました。

 雨があがると、ごんは、ほっとして穴からはい出ました。空はからっと晴れていて、ごんが穴からたことを知らせる警戒警報が地の果てまできんきん、ひびいていました。

 ごんは、村を流れる黄河十倍ぐらいある川の堤まで出て来ました。あたりの、すすきの穂には、まだ雨のしずくが光っていました。川は、いつもは水が少いのですが、三年もの雨で、水が、どっとまし、辺りの村々は全て水没していました。ただのときは水につかることのない、川べりの大きな鉄塔や、世界一長い橋が、黄いろくにごった水に横だおしになって、もまれています。ごんは川下の方へと、すっかり水没した高速道路を歩いていきました。

 ふと見ると、川の中にシュワルツネッガーを百倍屈強にしたような人がいて、何かやっています。ごんは、見つからないように、そうっと原生林の深いところへ歩きよって、そこからじっとのぞいてみました。

「兵十だな」と、ごんは思いました。兵十はその名の通りグリーンベレーの選りすぐりの兵隊十人を瞬殺したという人類最強の男で、盛り上がった筋肉によってぼろぼろにはち切れた黒いきものをまくし上げて、腰のところまで水にひたりながら、魚をとる、総延長五十キロに及ぶ定置網をゆすぶっていました。はちまきをした顔の横っちょうに、お盆が一まい、大きな黒子みたいにへばりついていました。

 しばらくすると、兵十は、定置網の一ばんうしろの、袋のようになったところを、水の中からもちあげました。その中には、車や家や橋の残骸などが、ごちゃごちゃはいっていましたが、でもところどころ、白いものきらきら光っています。それは、鯨ぐらい太いうなぎの腹や、ジンベエザメぐらい大きなきすの腹でした。兵十は、体育館ぐらいの大きさのびくの中へ、そのうなぎやきすを、ごみと一しょにぶちこみました。そして、また、袋の口をしばって、水の中へ入れました。

 兵十はそれから、びくをもって川から上りびくを山の峰においといて、何をさがしにか、川上の方へかけていきました。

 兵十がいなくなると、ごんは、ぴょいと原生林の中からとび出して、びくのそばへかけつけました。ちょいと、いたずらがしたくなったのです。ごんはびくの中の魚をつかみ出しては、定置網のかかっているところより下手の川の中を目がけて、大谷翔平投手のような豪速球でびゅんびゅんなげこみました。どの魚も、「ドゴォォォン!」と音を立てながら、にごった水の中へもぐりこみ、大きな水柱を立てました。

 一ばんしまいに、太いうなぎをつかみにかかりましたが、何しろぬるぬるとすべりぬけるので、手ではつかめません。ごんはじれったくなって、頭をびくの中につッこんで、うなぎの頭を口にくわえました。うなぎは、キュオオオオオオンと超音波のような叫び声を上げてごんの首へまきつきました。そのとたんに兵十が、向うから

「うわア石川五右衛門アルセーヌ・ルパン怪盗セイント・テールを足して三で割らない大泥棒狐め」と、地球の裏側でも聞こえるような大声でどなりたてました。ごんは、びっくりしてとびあがりました。うなぎをふりすててにげようとしましたが、うなぎは、ごんの首にまきついたままごんを縊り殺さんと巨大重機のような力で締めあげてはなれません。ごんはそのまま横っとびにとび出して一しょうけんめいに、超音速旅客機コンコルド並みの速度でにげていきました。

 ほら穴の近くの、ごんの挙動監視するためのセンサーの下でふりかえって見ましたが、兵十は追っかけては来ませんでした。

 ごんは、ほっとして、象ぐらいの大きさのうなぎの頭をかみくだき、なおも圧搾機のような力で締めあげてくる胴体を渾身の力でやっとはずして穴のそとの、草の葉の上にのせておきました。

 十日ほどたって、ごんが、大日本プロレス代表する悪役レスターである地獄カントリーエレベーター”弥助の家の裏を通りかかりますと、そこの、いちじくの木で懸垂をしながら、弥助が、おはぐろをつけていました。総合格闘技界の若きカリスマ、”溶接王”新兵衛の家のうらを通ると、新兵衛がダンベルを上げながら髪をセットしていました。ごんは、

「ふふん、格闘技村に何かあるんだな」と、思いました。

「何だろう、異種格闘技戦かな。異種格闘技戦なら、プレスリリースがありそうなものだ。それに第一、告知ののぼりが立つはずだが」

 こんなことを考えながらやって来ますと、いつの間にか、表に手掘りで地下30キロまで掘り抜いた赤い井戸のある、兵十の家の前へ来ました。その大きな、兵十が歩くたびに立てる地響きによってこわれかけた家の中には、大勢の人があつまっていました。よそいきのコック服を着て、腰に手拭をさげたりした三ツ星シェフたちが、厨房で下ごしらえをしています。大きな鍋の中では、本日メインディッシュである比内地鶏胸肉の香草和え~キャビアを添えて~”がぐずぐず煮えていました。

「ああ、葬式だ」と、ごんは思いました。

「兵十の家のだれが死んだんだろう」

 お午がすぎると、ごんは、村の墓地へ行って、坐像としては日本一の高さの大仏さんのかげにかくれていました。いいお天気で、遠く向うには、ごんから人類を守るためのお城の大砲が光っています墓地には、ラフレシアより大きなひがん花が、赤い布のようにさきつづいていました。と、延暦寺東大寺金剛峯寺増上寺永平寺など日本中の名だたる寺から一斉に、ゴーン、ゴーン、と、鐘が鳴って来ました。葬式の出る合図です。

 やがて、世界各国から集った黒い喪服を着た葬列のものたち七十万人がやって来るのがちらちら見えはじめました。話声も近くなりました。葬列は墓地はいって来ました。人々が通ったあとには、ひがん花が、跡形もないほど木っ端微塵にふみおられていました。

 ごんはのびあがって見ました。兵十が、白いかみしもをつけて、3m程の位牌をささげています。いつもは、赤い閻魔大王みたいな元気のいい顔が、きょうは何だかしおれていました。

「ははん、死んだのは兵十のおっ母だ」

 ごんはそう思いながら、頭をひっこめました。

 その晩、ごんは、穴の中で考えました。

レスリング女子世界チャンピオンだった兵十のおっ母は、床についていて、巨大うなぎが食べたいと言ったにちがいない。それで兵十が定置網をもち出したんだ。ところが、わしがいたずらをして、うなぎをとって来てしまった。だから兵十は、おっ母に世界三大珍味を始め、ありとあらゆる有名店の美味しいものは食べさせても、巨大うなぎだけは食べさせることができなかった。そのままおっ母は、死んじゃったにちがいない。ああ、巨大うなぎが食べたい、ゴテゴテに脂が乗って胃もたれがする巨大うなぎが食べたいとおもいながら、死んだんだろう。ちょッ、あんないたずらをしなけりゃよかった。」

 兵十が、世界一深い井戸のところで、指懸垂をしていました。

 兵十は今まで、おっ母と二人きりで、ストイックなくらしをしていたもので、おっ母が死んでしまっては、もう一人ぼっちでした。

「おれと同じ一人ぼっちの兵十か」

 こちらの道場の後から見ていたごんは、そう思いました。

 ごんは道場そばをはなれて、向うへいきかけますと、どこかで、いわしを売る声がします。

いわしやすうりだアい。いきのいいいわしだアい」

 ごんは、その、いせいのいい声のする方へ走っていきました。と、弥助のおかみさんが、裏戸口から

いわしを五千匹おくれ。」と言いました。いわしの仲買人は、いわしつんトラック三百台を、道ばたにおいて、ぴかぴか光るいわしを満載にした発泡スチロール容器を三百人がかりで、弥助の家の中へもってはいりました。ごんはそのすきまに、車列の中から、五、六台のトラックをつかみ出して、もと来た方へかけだしました。そして、兵十の屋敷の裏口から屋敷の中へトラックを投げこんで、穴へ向ってかけもどりました。途中の坂の上でふりかえって見ますと、兵十がまだ、落ちたら骨まで砕け散る井戸のところで小指一本で懸垂をしているのが小さく見えました。

 ごんは、うなぎつぐないに、まず一つ、いいことをしたと思いました。

 つぎの日には、ごんは栗がなった木々を山ごと削りとって、それをかかえて、兵十の家へいきました。裏口からのぞいて見ますと、兵十は、鶏のささみ肉十キロの午飯をたべかけて、茶椀をもったまま、ぼんやりと考えこんでいました。へんなことには兵十の頬ぺたに、かすり傷がついていますボクシング世界ヘビー級王者と戦った時も傷一つつかなかった兵十の顔にです。どうしたんだろうと、ごんが思っていますと、兵十がひとりごとをいいました。

「一たいだれが、いわしトラックなんかをおれの家へほうりこんでいったんだろう。おかげでおれは、盗人と思われて、いわし仲買人のやつに、ひどい目にあわされかけた。まさかトラック三百台が一斉に突っ込んでくるとはな。受け止めるのはなかなか骨だったぞ」と、ぶつぶつ言っています

 ごんは、これはしまったと思いました。かわいそうに兵十は、いわし仲買人にトラック三百台で突っ込まれて、あんな傷までつけられたのか。

 ごんはこうおもいながら、そっと兵十の三十年連続総合格闘技世界王者防衛を記念して建てられた東洋一の大きさを持つ道場の方へまわってその入口に、山をおいてかえりました。

 つぎの日も、そのつぎの日もごんは、山を丸ごと削り取っては、兵十の家へもって来てやりました。そのつぎの日には、栗の山ばかりでなく、まつたけの生えた松の山も二、三個もっていきました。

 月のいい晩でした。ごんは、ぶらぶらあそびに出かけました。中山さまのお城の下を間断なく降り注ぐ砲弾を手で払いのけながら通ってすこしいくと、非常時には戦闘機が離着陸するために滑走路並みに広くなっている道の向うから、だれか来るようです。話声が聞えますチンチロリンチンチロリンと緊急警報が鳴っています

 ごんは、道の片がわにかくれて、じっとしていました。話声はだんだん近くなりました。それは、兵十と加助というムエタイ世界王者でした。

「そうそう、なあ加助」と、兵十がいいました。

「ああん?」

「おれあ、このごろ、とてもふしぎなことがあるんだ」

「何が?」

「おっ母が死んでからは、だれだか知らんが、おれに大量の土砂を、まいにちまいにちくれるんだよ」

「ふうん、だれが?」

「それがはっきりとはわからんのだよ。おれの知らんうちに、おいていくんだ」

 ごんは、ふたりのあとをつけていきました。

「ほんとかい?」

「ほんとだとも。うそと思うなら、あした見に来いよ。俺の屋敷を埋め尽くす土砂の山を見せてやるよ」

「へえ、へんなこともあるもんだなア」

 それなり、二人はだまって歩いていきました。

 加助がひょいと、後を見ました。ごんはびくっとして、小さくなってたちどまりました。加助は、ごんには気づいていましたが、そのままさっさとあるきました。吉兵衛という館長の家まで来ると、二人はそこへはいっていきました。ポンポンポンポンサンドバッグを叩く音がしています。窓の障子にあかりがさしていて、兵十よりさらに大きな坊主頭うつって動いていました。ごんは、

連合稽古があるんだな」と思いながら井戸そばにしゃがんでいました。しばらくすると、また三万人ほど、人がつれだって吉兵衛の家へはいっていきました。千人組手の声がきこえて来ました。

 ごんは、吉兵衛館長主催の一週間で参加者の九割が病院送りになるという連合稽古がすむまで、井戸そばにしゃがんでいました。兵十と加助は、また一しょにかえっていきます。ごんは、二人の話をきこうと思って、ついていきました。中山将軍が最終防衛ライン死守のために投入した戦車部隊ふみふみいきました。

 お城の前まで来たとき、振りかかる火の粉を払いながら加助が言い出しました。

「さっきの話は、きっと、そりゃあ、怪獣のしわざだぞ」

「まあそうだろうな」と、兵十は飛んできた流れ弾をかわしながら、うんざりした顔で、加助の顔を見ました。

「おれは、あれからずっと考えていたが、どうも、そりゃ、人間じゃない、怪獣だ、怪獣が、お前がたった一人になったのをあわれに思わっしゃって、いろんなものをめぐんで下さるんだよ」

「そうかなあ」

「そうだとも。だから、まいにち怪獣お礼参りをするがいいよ」

「無茶を言うな」

 ごんは、へえ、こいつはつまらないなと思いました。おれが、栗や松たけを持っていってやるのに、そのおれにはお礼をいわないで、怪獣にお礼をいうんじゃア、おれは、引き合わないなあ。

 そのあくる日もごんは、栗山をもって、兵十の家へ出かけました。兵十は道場で縄登りのトレーニングを行っていました。それでごんは屋敷の裏口から、こっそり中へはいりました。

 そのとき兵十は、ふと顔をあげました。と狐が屋敷の中へはいったではありませんか。こないだうなぎをぬすみやがったあのごん狐めが、またいたずらをしに来たな。

「ようし。」

 兵十は立ちあがって、中山の城に設置してある、対ごん戦に特化して開発された砲身長30mの520mm榴弾砲をとってきて、火薬をつめました。

 そして足音をしのばせてちかよって、今門を出ようとするごんを、ドンと、うちました。ごんは、びくともしませんでした。兵十は五百発ほど打ち込みました。ごんはかすり傷一つ負っていません。兵十は榴弾砲を剣のように構えると、ごんの足に五千連撃を叩き込みました。ようやくごんは足をくじいてばたりとたおれました。兵十はかけよって来ました。家の中を見ると、家の大部分が栗山で押しつぶされているのが目につきました。

「おやおや」と兵十は、うんざりした顔でごんに目を落しました。

「ごん、やはりお前だったのか。いつも栗山をくれたのは」

 ごんは、お礼を言われることを期待したきらきらした目で、うなずきました。

 兵十は榴弾砲を地面に叩きつけました。青い煙が、まだ筒口から細く出ていました。

2020-06-23

超音波などを使って 音で ないし 毒ガス ないし 何らかの方法で 人を殺すことはできる。

レオ考えれば、道でとおりすがった 男性を とおりすがりに とりあえず なぐっちゃだめか?というと だめではない。

ストリートファイターというゲームが 流行したが 同意があるならなおさら

2020-05-27

anond:20200526205516

ここら辺読ませればあきらめてくれると思うよ

  

https://www.seiko-giken.jp/solution/livestock.html

”次亜塩素水の噴霧前後では肺炎をはじめとする呼吸器疾患の発症率、治療期間、再発率が改善されていることが確認されました。”

https://www.nakashima-foundation.org/kieikai/pdf/23/9.pdf

畜舎全体への通常噴霧効果あるいは超音波ドライ噴霧効果などの調査と設置方法最適化検討などを行い、浮遊菌・落下菌などの試験分析によってその効果有効性を確認した。”

http://jlia.lin.gr.jp/eiseis/pdf/disinfect_handbook.pdf

”微酸性次亜塩素酸水は瞬時に病原体を不活化する能力があり、塩素濃度 100ppm の噴霧では、空中の NDV を不活化できた ”

anond:20200526205516

社長が決めたのなら計画自体ゼロにするのは難しいんだろうな。

まるっきりインチキですというより、安全効果の高い別の方式誘導する方がよさそう。

①オペミス労働災害が発生しやすいことを主張する

・次亜塩素酸水とまちがえて人体に危険次亜塩素酸ナトリウムを入れてしま事故が発生しやす

・次亜塩素酸水だとしても濃度を間違えて噴霧すると危険

超音波加湿器はカビやす国内死亡事故も起きている、噴霧器がこれと同じ方式なら同様のリスクがある

事故の起きにくい次亜塩素酸水の使用法を提案する

・噴霧器で薄まったものを飛ばすよりも、濃度100ppm程度のスプレー容器入りの次亜塩素酸水でドアノブテーブルなど直接手で触れる箇所に吹きかける方が効果的かつ経済的

Panasonicジアイーノは内部で次亜塩素酸水を生成するので濃度の間違いもなく、噴霧ではなく次亜塩素酸水フィルター空気を通す方式なので安全

(ジアイーノも若干怪しいけど消毒液が肺に入る気持ち悪さは軽減される)

自分的には、次亜塩素酸水スプレー消臭効果はすぐにわかるほど効果があるので、除菌効果もたぶんありそう、ウイルス対策にも効くかもしれないくらいに考えています

※他の人が提示している事故例は次亜塩素酸ナトリウムばかりで、次亜塩素酸水の事例はほとんどないように見える。次亜塩素酸ナトリウムアルカリ性危険なのでは?

2020-05-03

anond:20200503200248

ロボットカー作ってたでござる。

超音波センサー距離認識して自走するでござるよ。にんにん。

2020-04-23

[]

猫よけの超音波機器無料で借りてきた

自治体すげーなシランカップリング剤そんなことできたのか

コロナでおじーちゃんふたりしかいなかったけど

さーて効果はどうかなあ

2020-04-21

anond:20200421005647

尿管結石

自分は石落ちたら残尿消失

泌尿器科で診てもらいな、超音波で外から破砕とか楽な治療法あるでよ。人生がすっきりする。

2020-03-03

石が~出た出た~ 石が~出た~

尿道結石の~石が~出た~ポロコロン

いや、マジで辛かった。

1週間ほど前から血尿が出たり出なかったり。

その時は痛みはなかった。

結石持ちなので「腎臓結石が尿管に落ちてきたかな」と。

1日の夜中あたりから急激に痛みが。

痛みに耐え切れず、これは尿管結石の痛みだろと確信ストックしてあったボルタレン座薬を挿入。

しばらくして痛みが落ち着いて寝る。

痛みがすっかり消えた昨日2日の夜23時、排尿中に一瞬つまってすぐ解消された感覚

便器を見るとなんか落ちてる。

拾い上げると結石スイカの種を半分に割ったくらいのサイズと形状。

割れた形なのは以前に入院して超音波で破砕しておいたからか。

そして今日13時頃。何も感触はなかったが排尿後の便器に何か落ちてる。

拾い上げると結石。前日より小さい。3mmくらい。

今回の排出はこれで終わりかな?

以前に病院で見せてもらったレントゲンによると、まだまだ腎臓結石残ってそうだけど。

2020-01-26

あ ほ く さ

火力→二酸化炭素排出する!やめろ!再生可能エネルギーしろ

原子力事故が起こって危険だ!やめろ!再生可能エネルギーしろ

太陽光太陽光発電パネル自然破壊する!やめろ!

風力→超音波騒音生活できない!鳥がぶつかる!やめろ!

バイオマス遺伝子組み換え海外農作物はやめろ!農作物が高騰する!やめろ!

海流・潮力・波力→魚が取れない!海が汚れる!やめろ!

地熱温泉に入れない!やめろ!

水力→ダム無駄!やめろ!

電気不足・電気高騰→生きていけない!やめろ!

2019-11-01

anond:20191101143808

ふつう超音波では火傷しないんですかニャ?

賢い増田さんのお蔭でひとつ勉強しましたニャ。ありがとニャ。

anond:20191101142001

やけどしないための超音波なんですが・・・

 

温度音頭をかきまちがえてるとこもあって

知識小学校レベルみえるんだが

そういうやつには

「わからないことに手を出すな、怪我するぞ」といっておく

2019-10-08

フライング妊婦日記

昨日の深夜、破水したのかな?と思い病院に行った。

陣痛室に入って、ベッドに横になり内診を受けた。足パカ台以外のところで内診を受けるのは初めてで、産婦人科医じゃない助産師に内診されるのも初めて。

助産師におまたに指を突っ込まれて、そんなことは初めてだったので「こ、これが内診グリグリってやつなのかな?」とビックリしつつ、ひいいいいい!!と怯えていた。内診苦手!!

いつもの内診はクスコとか超音波とかの医療器具を使われているから人の指が入っている感覚はなかった。

私の苦しそうな呼吸で母親心配していた。

きっと、出産とき助産師におまたに指を突っ込まれまくるんだろうな。本当に陣痛が起きたら痛すぎて内診グリグリされたところであまり気にならないのかもしれない。

結局、尿漏れ破水ではなかったので家に帰ることになってしまった。最近下半身違和感があり日常生活がつらいので早く産んでしまたかったのだが……

他人赤ちゃんの産声が聞こえてきて、いいなあ。私も産みたかったなーと羨んだ。

妊婦って本当に大変だなぁと思った出来事

2019-09-23

僕らは仮想世界の中で仮想現実を見ているのではないか

PCの処理速度が上がっていくと、地球太陽系を丸々シミュレートできるようになるだろう。

すると、今僕らがいる世界PC上でシミュレートされていて、メタ世界があると考えるほうが自然だ。

イーロン・マスクも三年前にこう言っている。「私達の世界仮想現実VR)では無いという可能性は100万分の1に過ぎない」

そして僕ら人類世界を正しく認識しているわけではない。進化過程の中で適応に有利になるように世界を歪めてみている。

例えば「高いところは怖い」「りんごは赤いくて甘い」

高所が怖くない個体は淘汰されていったし、栄養価カロリーが高い果実を目立つ色で甘いと思う個体生存に有利だった。

かに存在するが、人類認識できないものもある。例えばコウモリ超音波認識するが、人類適応上のメリットが少ないせいかその能力はない。

きっと僕らはメタ世界認識することはできないだろうし、この世界すら正しくは認識できないんだ。

僕が二年間ニートやってるのも仮想世界の中で仮想現実が見せているだけのことではないのか。

2019-07-03

妊婦検診のたび、あそこにモノを入れられるんだ

現在、私は妊婦個人病院婦人科から総合病院産婦人科に転院した。

今日初めて総合病院産婦人科で診察受けた。妊娠初期の超音波診断は膣に超音波の道具を突っ込まれてて腹がある程度膨らむと超音波診断はお腹ゼリーを塗って、お腹超音波の道具を当てる方式に変わった。超音波検査お腹でするようになったら内診はなくなるかと思ったが、毎回内診があった。

内診が嫌い過ぎる。

今日は三回もあそこにモノを突っ込まれた。

しかも、今後妊婦検診を受ける度に内診あるらしい。内診は避けられない。

イヤーーーーーーーーーー!!!!!!

ほんと嫌!!!!!!

でも赤ちゃんのためだかしょうがない。

私の旦那の尻にプツプツが出来てて「皮膚科に行ったら?」というと「尻を医者に見せるのは恥ずかしいから行かない」と言われたよ。私なんてM字開脚してあそこにモノを突っ込まれてるんだよヤバくない?

M字開脚するのは別にいいし、股を見られるのも別にいいんだけど、医療器具を突っ込まるのが本当に嫌。

これまでの検診で何回もやられたけど毎回怖くて嫌な気持ち

総合病院の足パカ椅子遊園地アトラクションみたいに稼働領域が広かったのがちょっと面白かった。個人病院の足パカ椅子は備え付けでその場から動かないから(同じ経験をした妊婦、経産婦なら意味がわかるはず)

内診ほんと嫌だ。でも、元気な赤ちゃん産みたいかしょうがない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん