「競歩」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 競歩とは

2020-10-03

動画見てたらいちゃもんつけられた

とある商業施設で働いてんだけどさ、深夜に暇つぶしに見始めた世界各国の色んなメイク動画がなかなか面白かったんだけど、休憩ルームイヤホンつけて視聴してたら、同じ施設で働いているだろう別フロアのまったく素性も知らん男に「えー!そんなの見るんすか?www 」と煽られたので適当にあしらおうとしたら「そんな派手な化粧して男に媚びるとかありえないっしょwww」という言葉を浴びせられた。

いやーこういうのってどこに報告すればいいかなと思ったら、


『化粧が男のためなんて誰が提唱したんだろうね』

自分人生のために他人がいるとでも思ってるのかな』

『聞いてるこっちが恥ずかしい』


という声が聞こえた。美容フロアお姉様である

直後男はすぐさま私から離れてそそくさと休憩ルームから出ていった。競歩レベルの速さだった。

お姉様方と周囲にご迷惑をおかけましたと謝罪したら、『化粧は自分のためにしてるんであって他人のためじゃないって言わなきゃいけない世の中も面倒だよね』とフォローしてもらった。

ちなみに男はこれまでも反論しなさそうな大人しいタイプ従業員に絡んで3度ほど問題を起こしていたらしいので、今回で消えるだろうと施設の偉い人から報告を貰った。


フェミだのミソジニーだのなんだかいろんな言葉があるけれど、『一人の人間』として見た時に礼節を弁えない人は性別関係なく嫌悪対象になると思う。

男だからとか女だからとか、生まれてきた以上どうにもならない事もあるけれど、自分尊重されたいならまず他人尊重するべきだなと、今回の件でぼんやり思った。

あと経験上、性別による差別を受ける時はその前に自分が同じような差別をしていたんだろうと肝に銘じてる。やったことは善し悪し関わらず返ってくるものである

余談だが、絡まれた次の日が休みだったので美容フロアへ足を運びお姉様オススメファンデを買ったので大切にフル活用していこう。

2020-09-07

追記anond:20200907075225

shields-pikes 近年、陸上距離女子選手露出度が高過ぎるのは謎。空気抵抗を減らすためと言う理由はわからなくもないが、それなら大会本番だけで良くない? そもそも、なんで男子は腹出してないのに女子だけ腹出してるの?

中高が陸上部だった30代半ばのおっさんです。

元の文章はよく読んでいないけど、ブコメの疑問に回答します。

俺が学生だった頃は女子のセパレートは一般的ではなかったし(少なくとも周囲では)し、種目が中長距離競歩だった俺は(セパレートの恩恵が大きいと思われる)短距離のことはあまりからないので想像も多分に混じってますが。


そもそも、なんで男子は腹出してないのに女子だけ腹出してるの?

女子は胸があるので、その分だけ胸~腰にかけてシャツの中に隙間ができます

風を受けるとその隙間のせいでシャツの布がバタついて余計な空気抵抗が生じてしまうのでセパレートになっていると思われます

(そういう意味では、短距離はセパレートが合理的な一方で中長距離はセパレートである必要性はないのでは?と個人的には思います。後述の涼しいというのはあると思いますが。)

[追記]

女子用のウェアを調べてみたところ、セパレートの上にはパッドが入っていて1枚で着用できるみたいです。

普通ユニフォーム(男子みたいなやつ)だと下着 + ユニフォームの2枚になって暑い & 洗濯物が増えるので、女子だと種目に限らずセパレートの需要が高そうです。

[追記ここまで]


それなら大会本番だけで良くない?

ユニフォーム = 本番の勝負服」というイメージがあるのかもしれませんが、ユニフォーム勝負服ではなく陸上競技に取り組む際の専用服です。

基本的に本番だから着る(or 練習から着ない)、とかそういう理由で着る(or 着ない)ものではなく、可能なら練習時もユニフォーム着用が望ましいです。

練習の時点で本番と同じ格好をしていないと体の感覚が狂います

例えば、ハーフパンツとランパンでは脚の可動域が変わるので、フォーム微妙に変わります(特に距離だと影響が大きいと思います)。

本番は間違いなくユニフォームなのだから、本番に合わせてユニフォーム練習するのはおかしい話ではありません。

(もちろん気温等の状況に応じて適切な格好はあると思いますが、Tシャツハーフパンツよりはユニフォームが極力望ましいという話です。)

[追記]

競泳選手練習から競泳水着を着ているのと同じです。

海パンビキニ練習する人は多分いないはずです。

[追記ここまで]

また、陸上競技(というかスポーツ全般)は現在の実力から目標までの距離を埋めるために練習します。

可能な限り本番と同条件で練習をしないと現在の実力と目標までの距離を正確に測れないので、最適な目標練習メニューを立てられません。

ユニフォームからは話が逸れますが、トラック種目に出場予定なら土のトラックではなく全天候型のタータントラックで練習した方が良いのも同じ理由です(土とタータンだとタイムがかなり変わるので正確な実力が測れません)。

あと、ユニフォーム涼しいです。

Tシャツ & ハーフパンツでも大差なくない?」と思うかもしれませんが全然違います

肌の露出が少しでも多い方が(布と体の間に)熱がこもらない & 肌に風が直接当たって体を冷やしやすいので、特に夏は練習時でもユニフォームが良いです(日焼けによる体力の消耗との兼ね合い等は当然あります)。

[追記]

冒頭の追記の通り、女子用は1枚で着られる(下着不要)なのでセパレートの上は圧倒的に涼しいと思われます

[追記ここまで]


その他

下半身男子女子で大差ない(少なくとも胸のような大きな突起はない)はずなのに女子だけランパンの形状がブルマになっている理由はよく分かりません。

・「涼しい」という観点では男子もセパレートの方が良いと思いますが、女子と違って「胸による空気抵抗」があまり問題にならないのでセパレートに移行する動機が薄い(& 需要が低い)のだと思います

2020-08-11

[] #87-4「保育園ドラキュラ

≪ 前

ミミセンの作戦は、こうだ。

まず俺が保育園の内部を調べつつ、侵入経路を確保。

それぞれ配置についたらトイレで合流。

そこでドッペルが俺と入れ替わり、同伴の先生を陽動する。

そう、さっきトイレから出てきたのは俺じゃなくて、俺に変装したドッペルだったんだ。

「私、不安なんだけど、あの子変装バレたりしないかしら?」

「久々に会った相手の顔なんて、正確に覚えているはずがない。それにドッペルの変装だ」

ドッペルは変装の達人で、特に俺に化けた場合は仲間でも見分けることができない。

あの先生兄貴並に勘が良かったとしても、しばらくの間は大丈夫だろう。

「二人が向かった広場は、物置部屋の反対方向にある。しばらくは戻ってこないはずだ」

そうは言っても悠長にはしていられない。

昼寝の時間が終われば、保育士園児が大量に解き放たれる。

そうなったら隠れようがない。

俺たちは足早に物置部屋を目指す。


廊下に並んだ各部屋の扉は窓突きであり、その面積は上半分にも及ぶ。

なので俺たちは屈みながら移動していたんだが、長身のシロクロは四つんばいで歩いていた。

その姿は、傍から見るとドラキュラより不気味かもしれない。

「みんな走るんじゃないぞ。常に足のどちらかは地面に接地して、素早く歩くんだ」

くねくね競歩スタイル! NA・KA・TA! NA・KA・TA!」

ミミセンの忠告に、シロクロは所在なさげである

こいつは普段からこんな調子だ。

「やめろシロクロ」

俺は咄嗟にシロクロの前身頃を引っ張って嗜めた。

「私、シロクロは仲間だと思っているけど、今回の作戦に連れて行くのは失敗だったんじゃないの?」

「そう言うなよタオナケ」

もしドラキュラと相対した場合、正面からマトモにやり合えるのはシロクロだけだ。

多少のリスク覚悟で連れて行く必要があった。

それに何だかんだいって物置部屋までもうすぐだ。

「よし、後はこの突き当りを曲がれば……」

ちょっと待って、マスダ」

その時、ミミセンの静止が入って俺はギクリとした。

「誰か来るのか!?

このタイミングで誰か出てくるのはマズいぞ。

俺たちが今いる場所は一本道な上、周りに遮蔽物が少なく隠れるのが難しい。

「そうじゃなくて、事務室に行かなくていいの?」

「……あっ」

わず声を漏らす。

そうだ、気が急いて大事なことを忘れていた。

物置部屋には鍵がかかっているはず。

俺たちは鍵を手に入れるため、少し進路を変えて事務室に向かった。

次 ≫

2020-07-02

純度の高いスポーツランキング

上に行くほど純度が高い

短距離走

文句なしの一位

中距離走中途半端から駄目

走り幅跳び

走り高跳びより上なのはなんとなく

三段跳びは3回も跳ぶのは駄目

走り高跳び

棒高跳びは棒使ってるから駄目

重量挙げ

バーベルという不自然な道具を使う点がマイナス

砲丸投げ

やり、円盤ハンマーは投げる物が不自然から駄目

競泳(短距離自由形

人間は陸なので短距離走よりは格落ち

自由形以外は遅いから駄目

マラソン

競技の軸が持久力と速さの2つある点がマイナス

競歩歩いてるから駄目

ボクシングヘビー級

グローブという不自然な道具を使う点、

ラウンド制や禁止攻撃といったルールが多い点がマイナス

球技

何を競っているのか説明しにくいから全部駄目

他は?

2020-06-24

時速60m なんかわすれてないか

映画はさすがだなって思う。

最近は、競歩とか なんかそっち系競技が人気とは聞いている。

ただ、そろそろ どう?

トランプさんより前からから ボスにはしたがっているんだが、ちょっと1回確認するために英語成る異国の言語勉強

m 日本語だろ 若い子が使っている ガングロ とかのなかま。 エコエコザメラクのひともつかってたから おじさんわかるよ。わかものことば。

 

おじさんのときもそうだったから 同じことの繰り返しだとは思う。

後半のフレーズよんでもいい?

2020-03-17

東京オリンピックコロナと暑さの問題を同時に解決する方法

3ヶ月遅らせて10月開催にするのはどうだろう?

コロナ世界終息宣言7月までに出るか疑わしいし(世界のどこかで流行っていたら開催は不可能)、季節性インフルエンザになったとしても10月はまだ流行していないはず。

さら10月なら暑さの問題解決できるし東京マラソン競歩が開催可能

どうせなら前回と同じく10月10日(土)(曜日も同じ)開会式にしては?

スポンサーが納得すればいけると思う(これが難しいのだろうけど)。

2020-02-23

anond:20200221143506

街中の行動は戦闘ダンジョン探索(もしくはストーリーの続きなど)の楽しい時間を中断し遅らせ足を引っ張る「作業」でしかいからみんなローリングしまくり、バニーホップしまくり、ダッシュダッシュしまくって街の中を移動していくし、ネットコメント欄で「町は入り口出口とクエスト受けと武器屋動線を簡潔にしろよな。建物3つでいい、いやウィザドリィのリルガミンみたいな選択肢でいい」みたいな極端な文句を言う

なぜ現実では家から駅までや駅から会社まで原付で移動したり、自転車気合入れて漕いだり、競歩で移動しないんだろう。コストパフォーマンスや楽さだろうか。つまり現実ではスタミナ値が低い事と、時間カットよりも快適さや楽を優先するのが原因だろう

じゃあ街中で加速する度に300円かかるようにすればいい。等価交換

2020-01-06

[] #82-7「銀河帝国酒飲み音頭

≪ 前

こうして買出し組は1位の俺と弟、そして2位のウサクとなった。

初詣の出店で色々食べたいから、軽いものだけでいいよ」

「ああ、分かった」

「あ、そうだ。オイラカードポイント貯めてもらってもいいっスか?」

「お前が全額出すならいいぞ」

俺がそう返すと、カジマは黙ってポイントカードを財布に戻した。

…………

道中、近年では珍しいものを見た。

酔っ払いだ。

しか複数いて、地べたにそのまま座っている。

「共有の記憶乾杯~」

「潰えた夢に乾杯~」

よほど美味い酒だったのか、互いに肩を組みながら、陽気に歌っている。

うろ覚えだが、これは確か鎮魂歌だ。

「飲めば思い出が蘇るが~飲みすぎたら忘れそう~」

しかし歌い方がいい加減で、さしずめ酒飲み音頭のノリである

ウサクはその様子を見ながら眉をひそめた。

路上酩酊とは、久方ぶりに随分なものを見たな」

酔っ払いは外出自体を取り締まられ、すぐに補導されることもあり、路上で見かけることはまずない。

ここ十数年で、酒に対する世間の目は大分厳しくなった。

販売店では、各人の飲酒量や許容量を調べる計測機器の設置義務がある。

飲酒についても免許制であり、定期的な健康診断知識テスト必要だ。

このため酔っ払う人自体が滅多にいない。

それに義務教育の課程で耳たこレベル啓蒙があるので、俺達の世代では飲酒のものを避けたり、忌み嫌う人間も多いんだ。

「そういえば、また酒税が上がるんだっけ。いっそのこと禁止にすればいいのに」

政府としては、酒は飲んでも飲まれない程度でいてほしいってことなのだろう」

「酒のせいで保険料かに金はかけたくない、けれど酒で儲けたい。都合のいい話だな」

俺達はそんなことを話しながら、酔っ払いたちを横目に通り過ぎようとした。

だけど、思わず二度見してしまう。

その中に見知った、遠くからでも分かるほどノッポの人間が紛れ込んでいたからだ。

「え、シロクロ!?

シロクロは弟の仲間で、色々と謎の多い人物だ。

「オレこそがオールシーズン! 雨にも風にも酒にも負けない最強の男!」

酔っ払いたちの歌に、全く関係のない合いの手を入れている。

「シロクロって、酒飲める歳だったっけ」

弟たちも生まれや育ちすら知らず、訊ねても意味不明なことしか言わないらしい。

あの体格だから成人だとは思うが、仮にそうだとしても飲酒免許が取れないだろ、あいつの知能じゃ。

「……まあ、ほっとこう。七面倒くさい」

それにシロクロの場合、酒があってもなくても似たようなもんだ。

あいつの奇行は今に始まったことじゃないし、シロクロ基準でいえば正常とすら言ってもよく、一々かかずらっていては時間いくらあっても足りない。

飲兵衛たちを一瞥し、俺達は競歩スタイルコンビニに向かった。

次 ≫

2019-12-25

ぼく「ミルクボーイ面白かったなあ!他にはどんな漫才あるんだろう?」

デカビタはオロナミンCパクリ

競歩マラソンどころか陸上全体からイジられてる」

滋賀は骨をうずめるようなところじゃない」



…やっぱりぺこぱって神だわ

2019-12-06

[] #81-2「AIムール」

≪ 前

しかし、ひょんなことから、俺はあの建物に関心を持つ必要に迫られる。

数日後、職場体験カリキュラムがあったんだ。

体験できる職場複数存在し、生徒はそこから自由に選べる。

パトカーに真っ当な理由で乗りたくないかい? 警察なら、本物の銃を間近で見れるぞ」

初日体育館に様々な仕事代表者が集まって、各ブースで魅力をアピールしてくれる。

その中から俺たちは好きなものを選び、後日そこでの仕事体験するって具合だ。

ネット炎上して困ったことはないかい? 消防署で火の消し方を訓練しよう!」

特徴的なのは、各ブース担当者たちが放つ、圧倒的な熱量だ。

俺たち生徒との温度差によって、熱電発電可能な勢いである。

「我が社のスポンサードリンク飲んでみない? 病み付きになるよ!」

「いや、遠慮しときます……」

たくさんの希望者を集めようと、学生相手にどこも必死だ。

特に大手貪欲で、企業の非売品グッズで釣ろうとするところまである

「毎度のことながらよくやるよ、あの人たち」

「彼らにとってはこれも仕事からな」

昨今、人手不足を嘆く声は、いつもどこかしら聞こえてくる。

そんな中、有能かつ長く働いてくれる人材を確保することは大きな課題だ。

この職場体験は俺たちにとっては勿論、企業側にとっても意義のあるものなんだろう。

未来正社員候補学生の段階で吟味できるし、あわよくば唾をつけておける。

そうじゃなくても会社PRにはなるだろう。

まり、この学校の生徒たちは潜在的人材、或いは顧客なんだ。

授業の一環だとしか思っていない俺たちより前のめりなのは当然なのである

広告広告を、広告してみる仕事に興味はないかい? “え、これも広告だったの?”みたいな発見もたくさんあるよ!」

「どうやってエンジンが作られるか興味ないかい? エンジニア現代社会象徴だよ!」

それにつけても、そんな紹介の仕方でいいのかと思うようなところもチラホラ見受けられる。

しか教師たちは誰も止めようとしないあたり、あらかじめ“熱心な説得”でもしたのだろうか。

健気な話だが、そういう担当者たちの涙ぐましい努力とは裏腹に、俺たち生徒は残酷だ。

「やはり食品開発は人気があるなあ。その他の部署との格差がすごいことになってるぞ。一応、同じ会社なのに」

「関心のないものや、退屈なものは身になりにくい。あれも合理的判断だろう」

意識が高めの学校だが、それでも生徒は所詮ティーンエイジャーだ。

普段では体験できない、面白そうなところを選びたがる人間が大半である

「で、マスダはどれにするか決めた?」

「いいや。だがバイトでできそうな仕事は嫌だな。給料が出ないから損した気分になる」

「まあ、一通り見て回ってから考えよう」

そんな中、クラスメートタイナイと俺は未だ決めかねている状態だった。

「ほらほら! お前たちも早めに決めた方がいいぞ。選り好みをして結局は何も選べない、ってのは優柔不断の極みだ。そんな人間のもとに仕事や金は振ってこない」

クラスメートタイナイたちが決めかねていると、見かねた担任教師が囃し立ててきた。

この人は声量がでかいというか、体育会系のノリを若干引きずってるので苦手だ。

自分たちの将来に関わるかもしれないんですから、もう少し悩ませてくださいよ」

「それは結構だが、お前たちの悩みを世の中は待ってくれない! あまり時間をかけすぎると、“余り”しかなくなるぞ」

かにそれは困る。

この職場体験には、それぞれ参加人数に上限があるんだ。

希望者が多すぎると対応しきれないというのもあるが、何より不人気ブースに誰もいないという状況を避けるためでもある。

せっかく準備していたのに、それを活かせないのはコスト無駄だし、わざわざ学校に呼んでおいて希望ゼロでは角が立つ。

まあ、とどのつまり、有り体に言えば“忖度”ってやつだ。

「そのツケがこっちに回ってくるんだからホントいい迷惑だよ」

「でも先生の言うことも一理ある。前回みたいな石ころ売りは御免だ」

俺たちは体育館内を、走らない程度のスピードで見て回る。

どちらかの足は常に地面に設置している、いわゆる競歩スタイルだ。

「ん? なんだこれ……エーアイムール?」

「いや、“アイムール”って読むっぽい」

そうして目に留まったのが『AIムール』……“あの建物”に関するブースだった。

次 ≫

2019-11-05

札幌開催に陸連強い怒り「死ぬまで心から消えない」 - 五輪・一般ニュース : 日刊スポーツ

これ

東京都小池知事は4者協議の中で「あえて申し上げるならば、合意なき決定だ」と述べました。

マラソンと競歩 札幌実施へ IOC最終決定 都「合意なき」 | NHKニュース

この流れを受けて会見前に『「怒り」を表明しなければだめだよなやっぱ・・・でどうやって?』みたいなやりとりあったのかな。


会見の機会とかありえないんだけど自分なら

怒りに「恨み」をまぶすのは近しい人が死んだとき、殺されたに等しいときくらいにしとこうと思った。

2019-11-03

マラソン競歩オリンピック競技から外すべきでは

マラソン競歩は、どう考えても夏にやる競技ではないと思う。

野球サッカーとかは夏もやってるからマラソン競歩以外のスポーツはなんとかなると思うけど、マラソン競歩は駄目だ。

かといって、冬季オリンピックの種目にすると寒すぎる。

まりマラソン競歩オリンピック向けの競技ではないってことだ。

東京五輪マラソン競歩札幌になったことに対する情報番組コメ

はてブではミヤネ屋記事が上がってきていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000014-jct-ent

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000014-jct-ent

自分が先に知ったのは、「とくダネ!」での小倉智昭に関して、フジテレビ系列北海道ローカル局で、主にスポーツ番組担当しているアナウンサーツイート

https://twitter.com/Tossy526/status/1190060850876256256

個人的には宮根誠司小倉智昭も大嫌いで、画面から消えて欲しいと願っているが、気になるのは、共に風景に関して言及している部分。

そもそも言いがかり以外の何物でも無く、知性のかけらも無く、こういった発言をする人間が、物知り顔でテレビに映っていること自体に憤りを抑えられないが、札幌案が浮上してからこれまで表だって指摘されていなかったことを、別々の局の情報番組で同じようにコメントしているということは、どうも裏があるように思える。

製作サイドに共通情報源があるのか。だとしたら、それがどこなのか。

どっちにしても、さも自分知識人であるかのような顔をして、浅はかな発言をする人間がメインパーソナリティをつとめるような番組は無くなって欲しい。昔なら井戸端会議ネタで治まり、箸にも棒にもかからず無害だったかもしれないが、その井戸端会議インターネットを通じて増幅される時代。こういった番組が反知性的言論を強めていることを、メディア自覚してほしい。

2019-11-02

ミヤネとか小倉とかさぁ…

東京オリンピックマラソン競歩札幌開催になったからって、札幌ディスんのやめろよな

「決して映像的には美しいコースではないと思いますよ」

とか

「まっすぐで何もないとこ」

とか

あんたらが普段から不勉強からそんなことしか言えないわけでしょ?

てか、何もないとこじゃねーし

東京オリンピック決まった時は、俺らみたいな地方民は日本代表として東京に頑張ってもらいたい気持ちでいっぱいだったし

小池百合子パフォーマンスに利用されたり、一生懸命考えた愚策世界中晒したりだとかもギリギリ我慢してた

オリンピックをやるってことは相当大変だから政治が絡んで、紆余曲折したりも仕方ないことだと思ってた

日本代表して最後まで頑張ってほしいからな

東京オリンピックだけど、日本オリンピックだと思ってたよ

マスコミもそういう気持ちじゃねーのかよ?

選手のために一部競技地方でやることになったからって地方disですか

キャスターがそんなこと言ってるようじゃ、東京オリンピック、もう、勝手にやってくれればいいわ

わい、札幌民、東京オリンピックに協力する気をなくしたわ

それでもオリンピック成功する唯一絶対理由

いうまでもないが五輪地獄Googleマップみたいにゴチャゴチャしている。

IOC都知事喧嘩をし、マラソン競歩札幌にヤケクソ気味に押し付けられ、国会議員は早速この事から目を逸らそうとし、アサガオは咲き乱れ海はうんちだ。

そんななか誰も責任を取ろうとしていないから失敗するという人がいた。誰も責任を取ろうとしていないのは完璧にその通りである

だけど、それでも、五輪成功する。

なぜなら最初から多分意識的成功要件失敗要件定義していないから。

ゆえに何か多少の事があってもその場その時盛り上がった感じになり、成功です!と大声で喧伝すれば本当に成功したことになるのである

そして我々有権者も喉元過ぎれば屋外競技の暑さ忘れて本当に成功ということに現実ハックが完了するだろう。

2019-10-30

anond:20191030103234

例えばだけど、ロサンゼルスでまた開催されるとして、

ロサンゼルス暑いからマラソン競歩ボストンでやれ」と一方的IOCから言い渡されたら、

開催都市ロサンゼルス)側が「はいそうですか」と言う訳は無いよね。あと1年も無い状況でだよ。

小池応援するわけじゃないけど、

日本から舐められてるのかなんなのか、そんな感じすらするよ。

anond:20191030084236

個人的には北海道札幌市被害者だと思っている。なんで「光栄に思います。」とか言って受けちゃうんだかまったく分からん

都知事無視してIOC勝手に決めたら、東京都金も人も出さないでしょう。小池百合子は嫌いだけど、財源と人材を握っている権力者ケンカを売ってへそを曲げさせるのはバカだと思う。

北海道札幌市はたとえポーズでも何でもいいから怒ってみせるべきでしょう。「こんな短期間に準備しろなんて無茶な注文をするからにはそれなりの金と人を出せ」と抗議しないと、自分たちで色々負担する羽目になると思うよ。

まぁとりあえず2種目だけやってみて、「2種目だけでこんなに大変なら冬のオリンピックなんか招致するのはやめよう」となればいい勉強料でしょう。札幌北海道経済の中心なんだから招致に失敗したりオリンピックに金がかかりすぎたりしたときダメージ東京の比ではないと思う。

マラソンをどっちでやるかは知ったこっちゃないが、北海道経済が壊滅したり、競歩マラソンで死者が出たりしないことを祈る。

2019-10-26

小池知事 マラソン競歩 東京実施意向OC側に伝える

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191025/k10012149771000.html

無能のくせに体面だけは守りたいか反論したフリ。これにまた時間コストがかかる。

最初から無駄と分かってるサマータイムを“検討したフリ”するのにどれだけかかったのか忘れたのかと。

2019-10-17

東京オリンピックマラソン競歩札幌に決まったらしいが

札幌北京に先駆けて夏冬両方開催できてよかったんじゃないでしょうか?

2019-10-06

世界陸上 10月5日 男子4 x 100mリレー レビュー

ラグビーワールドカップの影に隠れてあまり注目されてないが、陸上日本も躍進している。競歩ダブル金メダルとかは、これでもかというほどのジャイアントキリングだが、今回は比較世間の注目度が高かった男子4x100mリレー(四継)のレビューを贈りたい。

サインボルト引退して初めての世界陸上ということもあり、記録低調になるのじゃないかと噂されていたが、蓋を空けると四継予選はかつてないレベルハイレベルカナダが37秒台で予選落ち世界記録を保持してる、ジャマイカ予選落ち。そんな中残ったのは下記8国。

※予選タイム

37秒56 英国🇬🇧

37秒65 南アフリカ🇿🇦

37秒78 日本🇯🇵

37秒79 中国🇨🇳

37秒88 フランス🇫🇷

37秒90 ブラジル🇧🇷

37秒91 オランダ🇳🇱

38秒03 米国🇺🇸

ちなみに決勝開始前の日本記録は37秒60

アメリカアンカーで完全に止まるレベルの失敗バトンパスでこのタイム

振り返りだが、今回日本100mも200mも個人では決勝に行けてない。イギリスアメリカ南アフリカ中国は誰かは決勝に残っている。アメリカに関しては100mの金(コールマン)、銀(ガトリン)200mの金(ライアス)を使ってるチートチームだ。

日本は決勝に際し、メンバー変更をしてきた。1走を9秒台の小池から今季10秒0台も出せてない多田に変更。だがこの採用が大当たりした。アメリカコールマンイギリスのジェミリと強豪に引かず好スタート多田リアクションタイムトップ(0.132)だった。アメリカ(0.149)イギリス(0.156)。余談だが失敗したと言われたサニブラウン100m準決勝リアクションタイムは0.206

1走→2走は多田練習パートナー白石へ。白石も初の世界陸上と思えないスムーズな渡し。持ちタイムは圧倒的に離れている、南アフリカを激走。

そして、3走桐生へ。桐生の走りは本当に圧巻!アメリカはさておき、イギリスにはなんとここで追い抜いている。間違い無く世界最速の3走。あのスピードカーブを走る技術が優れているのだろう。

ちなみにリオのメンバーから残ってるのは桐生だけ。

アンカーサニブラウンへ。正直桐生の走りを見たときは、銀メダルいけるのじゃないかと思った。バトンワークで一瞬イギリスの前へ行ってたからだ。しかイギリスアンカーマイケル今季そこまでタイムも出てない。

しかし、イギリス最後自力日本を突き放す。アメリカ一着37秒10イギリス二着37秒36、日本三位位置キープしてゴール。そして、日本タイムは37秒43アジア新!前回のロンドン世界陸上の優勝タイムを上回っていた。

総括してアメリカは今までバトンミスが多くなかなか金メダルとれてなかったが、バトンが渡れば無敵のチームだ。そのアメリカに0.3秒に迫れてるのは実力の底上げが感じられる。イギリスは個々の力が強いことに加えバトンワークも日本同等。個人の力を上げるのもやはり必要

しかし、決勝の各チームのタイムが至上最速のレース銅メダルに入れたのは改めてすごい。

また、山縣、飯塚小池ケンブリッジでもう一チーム作れるんじゃないかという、層の厚さも改めてすごいなと思った。

来年東京にも期待したい。

2019-08-03

[] #76-7「車道シャドー

≪ 前

「……君ら、本当にツクヒの見舞いで来たのかい?」

さっきまで穏やかだった二人も、さすがに表情を強張らせている。

まあ無理もない。

指摘自体は間違ってなくても、友達心配している人間が投げかける言葉としては健全じゃあない。

「確かに客観的に見て不注意ではあったと思うし、こちらに落ち度がないといったら嘘になるけど、そういうことって誰にでも起こりうることだ」

「そう、それを踏まえて対策しない、この国の交通管理にも問題がある!」

とはいえ、この人たちも言ってることが少し変な感じだ。

一理なくはないけれど、何かズレているような気がする。

「生身の人間と車なら、車の方が危険なんだ! そのことを君たちも“自覚”すべきだ!」

「そう、車はとても危険。“自覚”しなさい!」

タオナケの言葉で冷静さを失ったのか、分かりきったことをやたらと強調してくる。

車が危ないってことくらい分かった上で、みんな今回の件はバカげてると思っているんだけど。

わずツッコミそうになるが、こんな状況でそんなこと言っても仕方がない。

俺はこの場を静めようと、それっぽいことを言うことにした。

「すいません、タオナケはどうも“PTSD”ってやつらしくて、心にもないことを言っちゃう日なんですよ」

私、女だけど、“PTSD”じゃないわ! 仮にそうだとしても、そういうデリカシーのない発言はやめて!」

「はあ? お前にデリカシーとか言われたくねえよ!」

だけど慣れない言葉を使って慣れないフォローをするもんだから、余計に収拾がつかなくなった。

タオナケはこちらに怒り出し、俺も売り言葉に買い言葉の商戦に乗っかってしまう。

「ふ、二人とも落ち着いて……あと“PTSD”じゃなくて、“PMS”だと思う」

そんな俺たちをドッペルは何とか仲裁しようとする。

「あー、もう、なんでこんなにノイズばかりになるんだ……」

ミミセンは弱点の聴覚が刺激され、再起不能になっている。

「なんだ、さっきからPTSD”とか“PMSって。新しいプレイステーションが出るのか?」

「や、ややこしくなるから、シロクロは茶菓子食べてて」

「マジ? オレ一人で食っちまうからな?」

そしてシロクロは茶菓子に夢中。

「うちの子が現に怪我したんだ! 今後そうならないよう、何らかの対策を望むのは親として当然だろう!」

「いや、そもそもツクヒ本人はどう思ってるの? 自分の不注意が原因だって思ってないの?」

「……子供には責任能力がない! だから大人気持ちを汲み取り、代わりに導いてあげなくては」

それでもツクヒの両親は主張を押し通し続けているし、カオスまりない状況だ。

「あと、その『私、○○だけど~』って言うのやめろ! 自意識つよ子さんかよ!」

「私の口癖にケチつけないで! 仲間でも許さないわよ!」

だけど、タオナケが今日一番の大声を響き渡らせた時だ。

俺の近くにあったコーヒーカップが、ひとりでにパリンと割れた。

「え?……なんだ?」

タオナケの超能力が暴発したらしい。

いきなり割れ食器と、その音でツクヒの両親は困惑している。

さっきまでのが嘘のように、室内は静まり返る。

逆に俺たちはそれで我を取り戻した。

「みんな! 今日はおいとまするぞ!」

ミミセンがすぐさま退散を号令し、俺たちは阿吽の呼吸で頷く。

「おじゃましました~!」

「ほら、シロクロも帰ろう!」

「まだ菓子残ってるのに……」

競歩スタイルで、駆け抜けるように部屋を出て行く。

ツクヒの両親たちは、その様子をただ呆然と眺めていた。

「な、なんなんだ、あの子達は……」

次 ≫
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん