「喫茶店」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 喫茶店とは

2018-05-27

anond:20180527134621

ブルスケッタは最近まで日本であまりメジャーじゃなかったけど

スフレなんて、喫茶店にでもあるよ

2018-05-26

いつもの喫茶店に行こうと出かけたが

たまには違うところにもいってみようと

いつもと違う方向へと歩いてみたけど

以前なんどかきたスーパーはいって買い物してイートインで過ごしただけで

やはりいつもの喫茶店にいってゆっくりした方が満足感高いよい過ごし方だった

後悔した

anond:20180524231941

自分が振り返るために書きます。)

すごく、わかります

親に相談した時に「よかったじゃん」とか言われると、すごく凹みます


別に何か対応してほしいわけではないし

対応できないこともわかってるけど

もしかして自分が間違ってるのかなって思ってしまう。


他人の言うことならいざ知らず親が言うことは、

理屈の上ではおかしいとわかっていても.. すごく辛い

(男のくせにとんでもない弱虫です)


助けてあげたのに裏切られて

研究成果を奪われ、推薦の就職先を奪われた時に

相手を助けてあげなさいよ」と言われた時とか

(当時は、自分の甘さに失望しました。)


就職してからブラック企業で、3 年間 100 時間残業が続いて

もうどうしようもない時に

「大変なのは、みんな一緒」って言われた時とか


本当に運よく公務員転職が決まりました。


ささやかながらも築いた職歴を捨てて公務員になるか、

それとも危険承知で前職に戻るか

休職して将来のことを少し考えようと思った時に

「何もしないでお金をもらっているなんて..」と言われたり

残業代は、みなし残業などで、ほとんど、もらっていませんでした..)

「早く家から出て行った欲しい」と言われたり

(ずっと家にいられたら重くて嫌な気持ちはわかりますが..)



一人暮らしをはじめて

両親とも距離を置いて数年して2つのことを感じるようになりました。


1つ目は、そんな重いことを言われても

とりあえず右に左に流すしかないってことなのかなと思いました。

子供のことをいちいち全部受け止めてられない。


おじいちゃん、おばあちゃんになると判断力が鈍って

まともなことが言えなくなることもある。


2つ目は、親の言葉威力が大きい。

間違っているとわかっていても、無意識のうちに受け入れてしまっている。


特に休職間中

「お前はうつ病なんかじゃない(診断書抑うつ)」

「疲れてなんかいない、みんな一緒だ」

と言われたことでした。


かに何もできないわけではない。

普通にご飯も食べれて、歩き回ったりもできる。

でも、昔のように朝から晩まで仕事ができない。


中途半端勉強などをして全然気力が回復できていませんでした。

それこそ月曜から日曜まで、喫茶店やら図書館で 6, 7 時間勉強してました。

いまにして思えば、もう少ししっかり休息を取って置けばと思いました。


「6, 7 時間でヘトヘトになっていたら前の職場はおろか民間には復帰できない」

「確かに何もできないわけではないから.. 頑張らないと」

こんな2つの思いが無意識のうちに拮抗していました。


あの時何をするべきだったかを考えると

遊ぶべきだったなと思います


ボロボロになっていた人間関係回復して

旅行などして外の世界を見るべきでした。


また辛いですが何もせず

休息をとることを知るべきでした。



結局、自分場合は、距離が近すぎたんだなと思います

こうやって一人暮らしを始められてよかったなと思います


また、なるべく連絡を取らないようにしていましたが

両親との関係も近づきすぎない程度に

適度に元に戻していけたらなと思っています

それに、もしできたら民間に戻りたいなとも思っています


元増田さん、どうか良い1日を。

30過ぎで実家暮らしの子デートしたらつまらんかった

私は都内で独り暮らしをしています最近、30歳で実家ぐらしの女の子デートしました。

土曜日の昼に新宿駅に集合。デパートレストラン街で食事をした後、映画を観て、喫茶店で休憩していたら「親が心配する」とのことで解散となりました。

かに模範的デートと言えますが、土曜日の昼は平日の疲労感が抜けきっておらず、新宿はとにかく混んでいて疲れるばかりですし、30過ぎのデートとしては物足りなさを感じました。

彼女は俗に言う「つまらない女」なのでしょうか。

2018-05-23

anond:20180523133609

イケメンばかりの店に所属することそれ自体人生の目的

イケてる団体に属することとその組織が存続することが人生の目的

喫茶店主がJDばかり雇うのは金儲けよりそれが目的なんだろ 

美男美女で揃えたら客が来て儲かるというけどそれは口実で目くらま

2018-05-22

anond:20180522003148

田舎移住して喫茶店しつつ楽しく老後とか、脱サラして農家で大変だけども充実してますとか結構やってね?

TVでそういうの見ながら、番組的に言えないんだろうけど具体的に金が・・・とか情報欲しいなーと思いながら、

幸せそうな映像を見てる事のが多い気がするんだけど。

2018-05-15

嘘松ができるまで

例えば君は今一人で喫茶店にいるとする

友達と待ち合わせをしていたが、一時間遅れると連絡があった。行く当ても無く、とりあえず涼みにきたのだ

小さい店内なので客は他に一組、店員マスターしかいない

君はレモンスカッシュを注文した。本当はレモンが嫌いなのだが、たまには挑戦も悪くない

と、暇さゆえにスマートフォンを弄んでいると、隣のテーブルの会話が嫌でも耳に入ってきた

「そういやさー、昨日仕事帰りに痴漢にあっちゃって」

「は?ヨシキが痴漢?w」

「いやちげーよw俺じゃなくて女の子が、昨日仕事帰りにさ、虎ノ門で座れたんだけど

 かわいい女の子が目の前に立っててさ、息が荒いしなんか脚もぞもぞしてんの。

 スマホ見てたけど足が震えてるからなんやろってチラチラ見てたらさ、こう、後ろのおっさん

 ケツ触ってるっぽくって。うわおっさん勇気あんなーってちょっと感心した」

「ふーん、俺もたまに銀座線乗るけど見たことねぇなあ。で、どうしたの?」

「ん、昨日はイラついてたからさー、ガッと立ち上がっておっさんの手首掴もうとしたわけよ。

 そしたらさ、その瞬間女の子が先に俺の手首掴んできて、俺の目を見て、こそっと『そういうプレイなんです』」

「wwwwwそりゃねーわwwww」

「もー俺もさ、すげーはずかしーじゃんw正義感と下心の行き場がないわけよww」

「wwんでその後は?」

「それがさー、もーその後またプレイ再開しやがってw俺の方が恥ずかしくなってきて次の駅で降りたわww」

「wwwwまーなーwwそうなるよなw災難じゃんww」

「もーホントだよ、また会うかもしれねーって思うと仕事行くのがこえーよ」

君もよく銀座線を利用しているが、同じ体験したことはない。ヨシキの語った話は果たして本当だろうか?

それを考える時間たっぷりある。君はレスカを処理しながら、今の話を140字に落としこむ作業に没頭していった

2018-05-13

パチスロ依存症自動車購入への資金繰り開始

結局あれから抜け出すのににっちもさっちも行かない中、年上の医師の友人と話していた。

その折、近所のショッピングモール喫茶店が相次いで禁煙になり、吸える場所が無くなったという話から発展した。

「そうや、お前、車どうや?」

都市部に住んでいる自分にとっては損するだけだと思っていたが、スロで金を溶かすよりかはよっぽど経済的だった。

何より、今やっているフリー仕事しかり、バンドしかり、機材車を自前で持てるのは大きい。

新車を買うわけじゃないし、それも軽と狙いは定めてる。

走行距離差し置いて、まずは一台、そこに向けて照準を定めると考え方が変わった。

まずはやっていこう。

2018-05-10

anond:20180510224309

メイド喫茶って完全に健全喫茶店ではなくライト水商売とみなされてるから

例え生徒側が案を出しても学校側が許可を出さないんじゃなかろうか。

男の女装だったらネタとして許されるとしても、本当に女だったら。

2018-05-09

安室透ってものすごい金持ちなのでは?

私立探偵としてコナンたちの前に現れ、黒ずくめの組織で探り屋として働くバーボンとしての顔を持ちながら、その正体は公安警察所属する降谷零という“トリプルフェイス”を持つ男


私立探偵として喫茶店バイトしてバイト代を貰うし、黒の組織からも当然報酬を貰ってるだろうし、公安としては潜入が仕事なのでもちろん給料を貰ってる

ずるくない?ていうか副業はいいの?

2018-05-08

僕らはSimcityの住人か

最近自分Simcityの住人のように思えて仕方ない。

トロピコ、Citiesなんでもいいが、街づくりゲーに出てくる住人に思えるのだ。

僕は大学院を出て新入社員として工場現場で働いている。

午前は工場作業を行い、昼には皆で食堂で飯を食い、午後も工場作業を行う。

もちろん毎日、家と会社の往復だ。

休み観光地に出かければ、観光地を楽しんだり文句を行ったりして帰る。

友人と映画を見れば、楽しかったなといってその後喫茶店に行く。


普通出来事なんじゃないかと思うが、なにか自分Simcityの住人になっているような気がするのだ。

色々考えてみたんだが、なんというか大きな思惑、流れ、システムに沿って自分が動いている、動かされているような気がする。

これは自分社会人になったということなんだろうか。

ただイキった新入社員なんだろうか。

アイデンティティ確立できてないだけだろうか。

すごい違和感だ。

2018-05-07

緑茶はないの?」

喫茶店緑茶を出さないのは外国人には奇異に映るらしい 喫茶店という形態自体洋食屋の亜種だからないのは自然だと思うけど

2018-05-06

どんなジャンルでも良いよ

「これ知らなきゃモグリ」っていうの教えてください。人気ランキング5位から20位くらいまでのヤツ。

例)ダム温井ダム(広島)

喫茶店星乃珈琲店の窯焼きスフレ

2018-05-04

ソープ童貞を捨てた話

ソープに行け」と言われたわけではないけど、25歳でソープランドに初めて行った。

そこで「童貞」を捨ててきた。つまり相手の膣に自分ペニスをいれた。

僕の今までの性体験の総決算だったと思う。おおげさに聞こえるかもしれないけど。

というわけで、まずその日のできごとについて書きたい。

はじめてのソープについて

近くのソープを調べてサイトまでいったものの、迷いに迷い、でも今やらなかったらいつやるんだ、と勢いでようやく送信ボタンを押した。10分くらいして電話がかかってきた。女衒っぽい?声音だった。電話が切れるとなにかふっきれてしまい、今まで何を悩んでいたんだという気持ちになった。

値段は思っていたよりかなり高かった(3万くらい)。というか料金表の見方がよくわからない。70分のコースにして、午前中だと安くなるというのでGWの早朝にぶっこんだ。もっと安いヘルスとかあったはずだが、事務的に「射精処理」されるのも困るのでやむをえないということにした。

起床して、風呂に入り、ひげを剃り、むだ毛を剃り、爪を切り、歯を磨き、髪を整えて香水を軽くかける。そこまで準備するかよと思うかもしれないが、人前に出る以上引け目を感じたくなかった。服は迷ったが、「男っぽく」しようと黒と白でまとめて、フェイピアスをつけた。耳飾りをつけるとちょっと自信がつくので。

はじめてソープ街を歩いた。店の前に立っている呼び込みの人がこわい。どすの利いた声で「どうぞ」と言ってくる。世間の人はこれで入ろうと思うのだろうか。道に迷って、店に電話をかけて、やっと中に入ることができた。店内はなんというか…照明のうす暗いけどキラキラした雰囲気カラオケボックスに似ている?かも。

待合室は席が仕切られており、雑誌や大きなテレビがおいてある。金正恩うつっていた。水着姿の女性写真が出され、指名料2000円で選べるといわれた。もちろん店にまかせた。反応に困ってしまって、「みんなきれいですよ」とか言った。お茶おしぼりが出てきた。これだけお金を払うとサービスがよくなるのだ。

それなりにリラックスできたはずだったが、奥に通されて嬢と会ったときは緊張した。というかひたすら緊張しっぱなしだった。階段を上るとき腕に手をまわしてくれるけど、雰囲気にうまくついていけない。「こういうお店は初めてなので」と言い訳する。

部屋に入ると、お風呂があって、ベッドがあって、冷蔵庫があった。ラブホみたいだ。嬢が服を脱がせてくれる。僕は小柄で痩せているので裸になるとますます子どもっぽくなり、ますます自信がなくなり、ということで、そうそうに売り専で働いていたことを切り出してしまった。

ここまで読んで、なにが童貞じゃと思った人が多いと思うが、そのとおりです。男とならそれなりにセックスしてきました。しかし僕は男とセックスができるだけで、どちらかというと異性愛男性に分類されると思う。膣と肛門はなにか違うような気がする。

もちろんマンコに入れて童貞を捨てたなら、アナルに入れたときは何を捨てたのか、オナホに入れたときは何を捨てたのかという突っ込みがあるだろう。そういう難しいことは僕にはわかりません。

突然のカミングアウトにも嬢は冷静で、というかちょっと興味を持ってくれた。よかった。嬢もこの店で働き始めたのは最近で、その前は前立腺開発とかいろいろやっていたという。そうと知っていればシャワ浣もやってくるんだった。

ソープでどんなことをするか興味があるので、お任せするからひととおりやってくださいとお願いした。ということでまずお風呂に入り、マットでローションプレイというかマッサージっぽいことをして、ベッドでキスして、フェラして、セックスしてもらった。完璧サービスでした。パイズリもキスフェラセックスも上手で、コンドームを口に含んでフェラをするように伸ばしてつけるのには感動した。コンドームで中断してしまう間をどうもたせるか困ることが多かったのだが、こういう方法があるのか。

特にフェラは上手だったのでその話をする。僕もフェラはずいぶんやってきたけど、いか射精させるかを考えて、つばを多めに、カリへの刺激を強めに、亀頭を強く吸って、ずっと口だと疲れるから根元を手でしごいて、相手を上目づかいに見る。あと、動きが単調だと飽きる気がするのでときどきたまたまの裏や蟻の門渡りをなでる。まあ、こんな感じである

嬢のフェラは手をあまり使わず、舌使いも優しく、しめつけて射精させようとする感じがまったくなかった。あたたかもので包まれているという感じだった。くわえるまえに睾丸や根元を舐めるのが丁寧だった。

あと、僕はくちゅくちゅ音を出すようにするんですが、嬢は蕎麦を吸うみたいなずっずっという音を出すようにしていた。こういう音の方が受けるんだろうか?

ということで嬢のフェラをほめちぎる。「男の方が自分もついてる分上手なのでは?」と当然の質問を受ける。オナニーとかけっこう強く握るし、激しくこするので、それと同じようにやってしまうのではないかと思った。

はいえ全体的に緊張しっぱなしで、ちゃんと勃つようにと2日オナ禁してきたのだが、いろいろ話し込んだこともありフェラときくらいしか勃たなかった。とうぜん射精もできなかった。まあでもいちおう膣の中に入れたので、童貞は捨てたのではないか。もうよくわからん

途中で、初めて売り専仕事をしたときに途中で萎えしまたことを思い出した。あれはきつかった。動揺した。今回はお金を払う側でよかった…。

はいえ、相手が勃たないとうまくサービスできているかからなくて嬢はしんどかっただろう。僕もお客さんが勃たなかったら焦る。ちんこを思い通りに勃たせたり萎えさせたりすることが、なぜこんなに難しいのか。まだ経験が足りないのかもしれない。それにもう一度行ったらふつうに勃つ気がする。行かないけど。

名刺はもらわなかったが、楽しかたことは伝えたし、アンケートもいろいろほめておいた。アンケートもそうだが全体的に、男が女を買って性的奉仕させる空間だということは伝わってきた。お風呂があってマットがあってベッドがあるのだから本質的には異性愛男性リラックスして射精する場なのだろうが、エンターテインメントとしても楽しめるほどの「男らしさ」が僕にはなかった。

…たぶん、今までの話は読者の予想をいろいろ裏切ったと思う。そこでこれから、男体持ちの僕のめくるめくセックス遍歴について、けっこう書きます。おつきあいください。

はじめての恋愛について

僕がはじめて女性と性関係をもったのは22歳の大学四年生ときだった。

同い年の女性告白された。

その女性とは学園祭で知り合った。あるサークルたまたま哲学の話になった。僕は哲学は多少身に覚えがある。なにしろ論理哲学論考中学生から読んでいた。その話をした。その人は小学生から論理哲学論考を読んでいた。なんじゃそりゃ。僕たちはウィトゲンシュタイン推しで気が合い、あとでgoogle:哲学宗教日記を貸してもらったりした。

そのあとデートに誘われた。街角喫茶店お茶をした。そのころの僕はいろいろ精神的にきつくて、大学の授業にずっとでていなかった。留年も確定して、そのことを両親にこっぴどくなじられていた。そんな話を少ししたと思う。その人も家庭のなかの問題がいろいろたいへんだと話していた。僕の両親もおせっかいだが、それと比較しても過度に束縛的だと思った。親の期待する「大人の女性」になれないことをその人は気に病んでいた。

しばらくして、その人からメールが来た。大事要件だという。その人に会うと、他の人にあまり聞かれたくないから僕の下宿に行きたいというので、そうした。たいして片づけもしていない薄汚い部屋に入って、そこでその人は僕に告白した。とても劇的で、すごく大胆で勇気のある告白だったと思う。

その頃の僕は全ての牛が黒くなるほどのブラック夜勤バイトを週4で入れ、頭がまともに働くときSTAP細胞真相究明に熱中していた。自分は忙しいんだ、こんなに大変なんだ、ふつう大学生とは違うんだ、と思い込むために必死だった。

典型的非モテだったと思うけど、僕はその苦しみを異性に向けず、そういう興味をひた隠しにしていた(周りからオナニーなんかしなさそうと言われるタイプ)。もちろん女性自分の部屋に招くというのが「どういうこと」なのかわかっていなかった。その人が告白しなければ、ウィトゲンシュタインの話でもして指一本ふれずに帰したと思う。この心境は、恋人で一発逆転を狙うタイプの人には理解してもらえないかもしれない。

そのあとふたり散歩して、人気のない公園で夜が更けるまで話し込んだ。僕が提案して、別れ際にキスをした。「唇を奪ってほしい」というので、僕から口づけした。そのとき相手の唇がぬれていたのと、いきなり勃起しかけことに驚いて、あわてて(軽く突き飛ばすような感じで)唇を離した。キスに動揺して勃起までしたことを気づかれたくなかった。

後日、その人がふたたび下宿に来た。とはいえ、僕はコンドームの用意もなく、セックスについての具体的なイメージもできていなかった。

僕もそれなりに性教育を受けて、コンドームの付け方や性感染症のことを知識としては知っていた(男子校だったこともあり、保健体育の教師ディルドにコンドームをつける実演までさせた)。それでもどうしていいかからなかった。主体的に取り組まなければどんな知識もうわすべりになる。それはセックスも同じだ。

上半身だけ服を脱いでベッドに入った。そのとき、その人はパニックになり、ふとんをかぶって部屋の隅でうずくまってしまった。僕は落ち着いてほしいと真剣にお願いした。その人は小学生の時ひどい性暴力を受けたことを話してくれた。あまりの衝撃に僕は声を上げて泣いた。お前が泣くのかよ、と思うかもしれないが…。

その一方で、僕もネット女性エロ画像動画を何時間検索することがあるし、セックスへの興味を押さえられない衝動というのがわかる。僕は自分にそんな(女性を辱める)汚い欲望があることをオナニーを始めたときから気に病んでいたが、なくそうともがいてもなくすことができずにこの歳になっていた。その欲望をどこかで肯定できたら…と思っていた。でもやはり許されないのかと思った。

その日から上半身だけ裸で抱き合うのが暗黙の了解になった。キスしてお互いの身体をなめたり噛んだりし合う「だけ」だったけど、文字通りいつまでも続いてほしい素敵な経験だった。その人はときおり、まんこちんこをいれるセックスができないこと、「傷物」の体であることを気にして申し訳なさそうにしていた。ペッティングだけで僕はオナニーする必要がないほど性的に満足していたので、それを気に病む必要はまったくなかったのだが。そのことを伝えればよかったのに、僕は好奇心から一度下まで脱いでいいかどうか聞いてしまった(もちろん拒否された)。

結局、その人とは別れることになった。僕なりに整理すると、一番の要因は僕が結婚に対して本気にならなかったからだと思う。その人は僕が立ち直り、大学卒業することを期待していた。僕はやっぱり大学に行けずバイトを止められず、その人の頼みで試験には出たものの2単位しか取得できなかった。

しかも、僕は「彼女」の存在を公にすることができず、両親はおろか友達にさえも、というかだれにも切り出せず、彼女のいない人が招待される「ぼっちクリスマス会」すら断れなかった。ひどい話だ。

結婚に対して前向きに努力してほしいという彼女要求に僕はどんどん防衛的になっていき、敵意さえ感じさせることがあったかもしれない。そのひとは僕に見切りをつけ、別れ話を切り出した。僕は強がって「わかった」と応じたものの、一週間食事がのどを通らないほどショックを受けた。遠ざかって行く彼女の夢を何度も見た。

…そして、別れてから半年以上たったのに、その人の誕生日メールをして、電話をかけてしまった(もちろん出なかった)。

バンクロフトgoogle:別れる? それともやり直す? カップル関係に悩む女性のためのガイドを読むと、その人の決断が正しかたことがわかる。僕は二人の将来について責任のある態度をとらなかった。それにしても、その人は自分から告白し性関係に負い目さえ感じながら、別れることをよく自分の力で決めることができたと思う。

つづきます

anond:20180504112343

別に浪費したいわけではないのだが、喫茶店おやつファミレス以外でごはん、ってしていると、入場料がいるような場所にいくと、あっという間に二人で1万円コースだよ。

2018-05-02

anond:20180502215018

えーと、僕も詳しくはないのですが、

先ほど歌舞伎町喫茶店で、悪い人たちがこの件の内情についてコソコソ話をしていました。

僕の感想としては、そりゃ平身低頭謝罪会見にもなりますよねー、という感じでした。

今さっき喫茶店から車椅子と付き添いの人が出ていったんだけど

車を駐車場車椅子マークのとこに停めてた!

普通車椅子マークのとこってガイジのDQNしか停めてなくない?

ちゃんと使われてるの初めて見た気がするよ(笑)

anond:20180502011100

ホテルかに併設の1杯1000円の喫茶店ならば、いいのかな。

喫茶店舞台小説

コーヒーが好きだ。

珈琲店タレーランの事件簿を読んだ。

喫茶店、というかコーヒーが出てくる小説オススメない?

ミステリーでなくてもいいです。

ファミレスとか喫茶店とかで、客が退店した後の食器店員さんが下げるタイプのお店が苦手でならない。

特に都内ではホールワンオペで無理に回す状態のお店が多く、どうしても下げる際に食器の扱いが雑になる。時間に追われる様に不機嫌な顔をして、お盆食器を叩き付ける様にガッチャガッチャン乱雑に重ね上げ、汚れをすすいでいない雑巾でベチャベチャとテーブルを拭いて行くのだが、自分コーヒーを飲んで一休み等している真横でソレをされるとどうしても嫌な気分になってしまうのだ。

誤解しないでほしい。

少し前にバズった様な「店員もっとちゃんしろ」みたいな事を言いたいのではない。むしろその逆だ。店員がまともに食器を下げられないくらいに忙しいのであれば、もういっその事、客に食器を下げさせたらどうだろうかと思うのだ。店の経営層はウェイターに配膳と下膳をやらせる事を「サービス」だと思っているのだろうが、はっきり言って現場のそれは「サービス」と呼べるレベルの代物では無くなってしまっている。客も落着かないし、店員も忙しさでブチ切れそうな状態が繰り広げられるばかりで、何一つ価値を生み出せていない。そんな中で怒鳴りつける様に「ごゆっくり!お過ごしくださいませー!!」等とマニュアル通りの文言を絶叫されても皮肉しか聞こえないのだ。

テーブルを拭く作業は仕方ないとしても、せめて食器を下げるオペレーションくらいは客にやらせても良いのではなかろうか?オペレーションが一個減らせるのならば、店員さんにも多少の余裕が生まれる気がするし、なによりもホール全体が今より静かになる様に思う。こういうの、どうにかならない物だろうか?


※追記:何割かの人に上手く伝わっていないっぽい気がしたので追記しますね。

具体的に書きたかったのは、23区内のルノアールとか、その辺のゾーンの「微妙な客単価」でありかつ「圧倒的に忙しい店」の話しです。コーヒー1杯の単価が500円を下回る店であれば自分も多くは望みません(ていうかそういう事ならドトール的な店に行けば話しは済みます自分もやもやするのは、それより高単価で、一見すると「ゆったりした時間提供するラウンジ的な業態」っぽく店を構えているのに、実際は適切な数の従業員を雇えておらず、従業員に負荷を与える事で無理に現場を回している飲食店なのです。で、繰り返しますが、自分は「従業員努力が足りない」と言うつもりは全くありません。加えて客単価が600円〜700円でもゆとりをもった雇用が出来ない様な経営状態であるのならば、思い切ってオペレーションを一個減らせばいいのでは?という事を言いたかったのです。体験した事の無い人にはピンと来ない話しかもしれませんが、混雑時のこういった喫茶店店員さんはかなり殺気立っています自分は一時間読書をしてコーヒーをもう一杯頼もうとしたら店員に「アァン?」って言われた経験複数回あります現場がそんな感じになるんならいっその事、実態に即した業態シフトした方が良いんじゃないの?その方が客も従業員気持ち良く過ごせるんじゃないの?って思ったりした感じなのでした。


まあ。都内23区で本当にゆっくり過ごしたいのであれば「コーヒー1杯1,000円を超える店に行かないとダメ」って話しなのかも知れないですね。一人でゆっくりかに過ごせる場所が欲しいという希望を叶える為には「都内は高く付く」と言わざるを得ない状況なのかも。

2018-04-30

どうすれば良かったんだろう

映画を観た帰り、とあるカフェに寄った。

ネット付近喫茶店を調べ、他が混んでいたり予算オーバーだったりしたので仕方なく入ったが、30歳童貞の冴えないオタクが一人で立ち入るにはオシャレ過ぎるカフェだったので、少し後悔した。

客層は20代〜30代が多く、カップルだったり女子数人で来ている客がほとんどだった。たまたまスムーズに入れたが、中はほぼ満席のよう。

自分が通された席の隣は、小学生低学年くらいの男の子とその母親らしき人だった。男の子は、何やら問題集を解いているようだった。


ケーキセットを頼み、つい今しがた観た映画を反芻しながらコーヒーを啜っていると、隣からカフェには似合わない怒り声が聴こえてきた。

見ると、その男の子問題を解けないことに、母親が怒っているようだった。

「なんでわからないの!」「○○すればいいだけでしょ!考えなくてもわかるじゃん!」「さっきも同じこと言ったよね!」「○○に決まってるでしょ!」「さっさとやりなさい!やれ!」

とてもキツい口調だった。

男の子の方は、「いやだ!」「わかんない!」と口ごたえをしていた。何回か「教えてよ…」とも言っていたが、「さっき言ったじゃん!」で全て怒られてしまっていた。何度も泣きそうになっていた。

よく聞き取れなかったが、小学生低学年には酷な思考や態度のレベル要求しているようだった。

それがずっと続いていた。

とても、見ていられる状況ではなかった。

けれど、自分に何ができるかわからなかった。

30歳童貞コミュ障オタク女性とまともに会話もできないし、子供コミュニケーションを取る方法も知らない。

これが創作作品であれば、正論らしきものを言うギャルが出てきて母親がハッとなるか、渋めの初老男性が出てきて母親を諭す展開なのだろうが、あいにくここは現実だ。

店員さんは特に触れようとしない。メンバーを見てもアルバイトらしき人しか見当たらない。まわりの客も、そそくさと帰る人が多いようだった。

真横にいる自分が何とかする?どうやって?なんて声をかける?

もし声をかけて母親さらヒステリックになったらどうする?変な言いがかりを付けられたらどうする?もし仮にその場をおさめられたとして、その子が家に帰ったあと、「恥をかかされた!」とさらに怒られはしないか児童虐待通報地元でもないし、その親子の情報もわからない。どうする?どうすればいい?

結局、自分も早めにケーキを平らげ、そそくさと店を出るしかできなかった。

その後もしばらく、あの男の子は怒られ続けているのだろう。

母親の方も、好きで怒っているわけではないことくらいわかる。おそらく、母親の方も相当追い詰められているのだろう。

結局、何も解決することができないまま、儀礼的無関心を貫いてその場を去った。

自分には何ができたのだろうか。どうすべきだったのだろうか。

今晩の寝覚めは悪そうだ。

anond:20180430175200

欧米日本人黄色人種だ石を投げろと差別してるんだろ知ってるぞ

喫茶店に入ったら不細工イエローに売るコーヒーは無いと席が空いてるのに追い出されるんだろ知ってるぞ

そう言えば今日増田平日爺へ出す魔うょきは栄ウソ回文

あら今日うっかり平日だったわね。

昨日間違えて燃えるゴミの日だと思ってゴミ出しに行ったら

どこもゴミが出てなくて

あれ?曜日間違えたわって。

うっかりよ!

おもわずテヘペロの名をほしいままにしてしまったわ。

しかも今週は怒濤の春の大型連休よ!

NHKは相変わらずゴールデンウィークなんて言わないし

そう言えばNHKと言えば朝ドラ

みうらじゅんさんが出ててざわついてるわ。

言うこと一つ一つがギャグみたいで

み、水が冷たい!って笑っちゃったわ。

今回は誰がテーマモチーフだと思ったら

みうらじゅんさんだったのね。

まあ話戻すけど

休みからって曜日感覚はなくしたくないわね。

ではでは。


今日朝ご飯

優雅モーニング喫茶店でよ。

ピッザトースト

とろけるスライスチーズがなんとも美味しいわ。

デトックスウォーター

ジャスミンティー水出しジャスミンティーよ。

休日もしっかり水分補給


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

anond:20180429193604

カラリと溶けるアイスコーヒーの氷

>溶けた氷が鳴らす音だということは理解に易いですが擬音で想像力を狭めるより状況で読者の音を想像させたほうがよいでしょう

アイスコーヒーが氷のとけたことを、薄いガラスを鳴らして知らせる など

私と彼の関係も打ち解けると良いんだけど、、

>前述に絡めて表現する場合、音がなることに沿うのがよいのではないでしょうか

・私は、時間が彼との関係が打ち解けたと呼び鈴を鳴らすのを待ってる など

苦味ばかりが目立って愛情の実をすり潰すばかり

コーヒー記述から表現だと思いますが苦味の登場が唐突ではないでしょうか まず最初アイスコーヒー他人のものではなく自分のものだと言及するとよいか

・私のまだ口を付けていないアイスコーヒーは、苦味の記憶ストローまでの距離愛情で満たさない など

熱く炒るようだった昔の感情は今冷えたコーヒー

>熱かったというのは通常のコーヒーの淹れ方で今回アイスコーヒーしかでていない文脈から唐突ではないでしょうか

・冷えたコーヒーも、はじめはいつも熱湯からはじまる など

あの夢も目の醒めるようなカフェイン

カフェインは血行を促進するもので目が覚めるのは副作用的で個人差があるため、自分が目覚めるのにカフェイン必要だとするのはどうでしょうか 冷たいコーヒーにもカフェインは含まれています

・氷なんかじゃ冷やせない熱いカフェイン

初めてのデートで使った喫茶店は今は潰れてる

>これは過去不可侵性の表現ですね

お人好しのマスターが採算を考えなかったか

不可侵域の良好で望ましかった状態表現ですね

私と彼の関係も採算を考えれば違ってたのかな。。

>彼をもてなすエンターテイメント自分も加わるという視点の転換はそれまでの自分視点からでは唐突かもしれません 思い出の状態と今の彼の違いをだしてみてはどうでしょう

あの日から溶け出していったのは二人の間にコーヒーみたいな色の影なのかな など

きっと子供の私にはコーヒーは早かったのかな。。。

子供ドリップコーヒーはまだはやいですね サードガールという漫画大人ぶってブレンドを頼んで苦味に苦しむという描写が思い出されます

2018-04-29

彼氏コーヒーと私

カラリと溶けるアイスコーヒーの氷


私と彼の関係も打ち解けると良いんだけど、、


苦味ばかりが目立って愛情の実をすり潰すばかり


熱く炒るようだった昔の感情は今冷えたコーヒー


あの夢も目の醒めるようなカフェイン


初めてのデートで使った喫茶店は今は潰れてる

お人好しのマスターが採算を考えなかったか


私と彼の関係も採算を考えれば違ってたのかな。。


きっと子供の私にはコーヒーは早かったのかな。。。


現実をミロ

挫折で夢もオレ

こんな私をわラッテ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん