「軍事力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 軍事力とは

2024-07-17

覚悟はできたか? 増税 & 軍拡 & 大増税 & 大軍拡だ! 消費税20%だ!

6か月前私はNATOにはロシアNATO第5条に異議を唱えることに備えるのに2~3年あると主張する話題スレッドを書きました。

しばらくこの話題をもう一度取り上げたいと思っていました。

@JDVance1 が副大統領に選ばれたことを考えると、今日こそがその日になりそうです。

TLDR: パニックが起きるべきです

第5条(集団防衛

欧州又は北米における一又は二以上の締約国に対する武力攻撃を全締約国に対する攻撃とみなす

締約国は、武力攻撃が行われたときは、国連憲章の認める個別的又は集団的自衛権を行使して、

北大西洋地域安全回復し及び維持するために必要と認める行動(兵力使用を含む。)を個別的に及び共同して直ちにとることにより、

攻撃を受けた締約国を援助する。

しかしま最初になぜ2~3年なのでしょうか?

ロシアNATO領を攻撃する際の主な目的は、少なくとも当初は、土地を奪取し保持することではないだろう。

ロシアは第5条に異議を唱えてNATO軍事的政治的組織として破壊し、利益を得ることを望んでいるだろう。

ロシアはこれをどのように達成できるでしょうか?

東ヨーロッパへの小規模な侵攻を開始し、続いて西ヨーロッパ諸国に対する急速なエスカレーションにより抵抗コストを増大させ、和平を求めるよう強制する。

もし西欧諸国弱気になれば、NATOは終わりだ。

このシナリオでは、大規模な陸軍の再編は必要ない。最悪のシナリオでも、ロシアウクライナ地上戦を行っている間にも、比較的迅速に必要軍隊を集結できる可能性がある。

では、このシナリオを防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

私はロシアを抑止するには能力と決意の表明の両方が必要だと主張した。

我々はロシアに対し、対応する手段を持っているだけでなく、たとえ大きな個人的犠牲リスクを負っても絶対対応する用意があることを明確にしなければなりません。

私はNATOはどちらの面でもうまく機能していないと結論付けました。

我々の軍備増強には時間がかかりすぎている。

さらに悪いことに私たちロシアに対して、リスク回避傾向が高く、苦痛への耐性が非常に低いことを継続的に示し続けています

1月に私はNATOが状況を好転させるのに2~3年かかると見積もった。

今はどうなっているのでしょうか?

ヴァンス氏が副大統領候補に指名され、ウクライナ欧州に関する同氏の過去発言(およびトランプ大統領発言)を考慮すると、

米国NATOからの脱退が正式ものであれ政治的声明を通じてであれ完全に選択肢に入っていることは明らかだ。

かに未来予測することはできませんし、最悪のシナリオよりも良い結果になる可能性もありますが、これを計画基準として想定するのは愚かなことです。

我々は米国からの完全な軍事的政治的分離に備えなければならない。それ以外の予測狂気の沙汰だ。

欧州諸国は、ロシア潜在的攻撃に備えるために計画を立てる際に、もはや米国軍事資産の利用可能性に頼ることはできない。

これは壊滅的な事態です。なぜなら、米国総合的な能力が最も優れているだけでなく、このシナリオ特有重要能力提供しているからです。

決意はしばしば政治的な要素として概念化されるが、軍事力と直接結びついている。

事態悪化しても効果的な戦争遂行できると自信があれば、決意を示す可能性が高くなります

我々はそれを知っている。ロシアもそれを知っている。

米国軍事力へのアクセスを失うことは、自国防衛する能力を損なうだけでなく、決意のバランスロシアに有利になるようにさらに進むことになるだろう。

言うまでもなくこれは非常に危険です。なぜなら、これが最終的にプーチン攻撃の可否を決定することになるからです。

一方、いざというときに我々が断固たる態度を取ることをロシアに納得させるために、我々はヨーロッパほとんど何もしてこなかった。

主要な西欧諸国ウクライナに関してはリスク回避と痛みを許容しない姿勢を示し、自国安全保障を何よりも優先し続けている。

全体的に1月以降、事態悪化の一途をたどっています

トランプ政権はこれまで示していた2~3年の期限を変更しないかもしれないが、プーチン大統領が今後数年間で第5条に異議を唱える可能性は大幅に高まる

私たちが行動することが最も重要であり、私は欧州意思決定者たちにパニックになってほしいと思っています

あなた麻痺させるようなパニックではなく、闘争・逃走本能を刺激し戦うことを選択するようなパニックです。

アメリカ大統領選が行われる2024年11月まで待たないでください。今すぐ行動を開始してください。

軍隊を増強してください。2030年戦争能力のあるヨーロッパ軍隊必要ありません、昨日必要だったのです。

最も重要なのは、今後数か月、数年間の私たちの行動が、ウクライナでの戦争が激化するかどうかだけでなく、次は私たち犠牲になるかどうかも決定するということです。

それに応じて行動してください。



ファビアンホフマンオスロプロジェクト (ONP) の博士研究員です。

彼の研究ミサイル技術核戦略防衛政策に焦点を当てています

彼の博士課程のプロジェクトは、従来の長距離攻撃兵器核戦略に与える影響に焦点を当てています

ファビアンホフマン国際戦略研究所 (IISS) で研究助手として働いていました。

彼は、英国キングスカレッジロンドン戦争研究修士号オランダフローニンゲン大学国際関係学学士号を取得しています

2024-07-16

2024年共和党綱領

https://www.presidency.ucsb.edu/documents/2024-republican-party-platform

アメリカを再び偉大に!

献辞:アメリカの忘れられた人々へ

前文

アメリカ第一主義:常識への回帰

我が国歴史は、アメリカ世界史上最も偉大な国にするために全力を尽くした勇敢な男女の物語で満ちています

世代にもわたるアメリカ愛国者たちは、一見乗り越えられない困難を乗り越えるために、強さ、決意、そして愛国心というアメリカ精神を呼び起こしてきました。

アメリカ国民は、いかなる障害いかなる勢力も克服できることを何度も証明してきました。

我が国建国初期には、建国世代が当時世界がかつて見たこともない最強の帝国を打ち破りました。

20世紀には、アメリカナチズムファシズムを打倒し、44年間の冷戦の末、ソビエト共産主義勝利しました。

しかし今、我が国は深刻な衰退の真っ只中にあります我が国の将来、我が国アイデンティティ、そして我が国生き方のものが、かつてないほどの脅威にさらされています

我が国をより明るい未来へと導くためには、過去のあらゆる困難を乗り越えさせてくれたのと同じアメリカ精神を今一度呼び起こさなければなりません。

数十年にわたり私たち政治家たちは、不公平貿易協定グローバリズムの誘惑を盲目的に信じ、私たち雇用生活海外高値で入札する人々に売り渡してきました。

彼らは批判や自らの悪行の結果から身を守り、国境侵略され、都市犯罪に乗っ取られ、司法制度武器化され、若者絶望感を抱くのを許してきました。

彼らは私たち歴史価値観否定しました。簡単に言えば、彼らは私たちの国を破壊するために全力を尽くしたのです。

2016 年、ドナルド J. トランプ大統領は、アメリカ国民の率直な擁護者として選出されました。彼はアメリカ精神に再び火をつけ、国民の誇りを新たにするよう私たちに呼びかけました。

彼の政策は、歴史的な経済成長雇用創出、そしてアメリカ製造業の復活を促しました。トランプ大統領共和党は、何十年にもわたる失敗したリーダーシップによって引き起こされた悲観主義からアメリカを導き出し、アメリカ国民が再び国の偉大さを望んでいることを示しました。

しかし、バイデン政権が始まってほぼ4年が経った今、アメリカは猛烈なインフレ国境開放、犯罪蔓延子どもたちへの攻撃、そして世界的な紛争、混乱、不安定さに揺さぶられている。

我々より先にこの国を築き、守ってきた英雄たちのように、我々は決して諦めません。我々は国民の、国民による、国民のための国を再建します。我々はアメリカを再び偉大な国にします。

私たち真実正義、そして常識に基づいた国家になります

常識は、トランプ大統領言葉で「国境がなければ、国はない」と明確に教えてくれます

賢明国境警備と移民政策回復するには多くのステップ必要ですが、それらはすべて、明らかに必要で良いものとして、以前の世代では当然のことと考えられていたはずです。

トランプ大統領が始めた国境の壁を完成させることで、南部国境を守らなければなりません。すでに数百マイル建設され、見事に機能しています。残りの壁の建設は、迅速かつ効果的かつ安価完了できます

また、他のルート入国する人々を注意深くチェックし、法的権利を持たない人が入国できないようにする必要があります。また、ジョー・バイデン意図的に国への侵入奨励した何百万人もの不法移民国外追放する必要があります

最も危険犯罪者を優先し、地元警察と協力することから始めますバイデン移民侵入で国を変えてはなりません。それは容認されるべきではありません。トランプ政権共和党議会の下では、この法案直ちに否決されるだろう。

常識的に考えれば、インフレ率の低い国内製造業がなければ、我が国経済さらには軍事装備や物資外国の言いなりになるだけでなく、我が国の町、地域社会国民繁栄できないことは明らかです。

共和党産業製造業インフラ労働者の党としての原点に戻らなければなりません。インフレを終わらせ、製造業雇用を復活させるというトランプ大統領経済政策は、米国経済米国労働者が今必要としているものであるだけでなく、彼らが今望んでいるものでもあります

常識的に考えれば、インフレを打破して価格を急速に引き下げ、史上最高の経済を築き、防衛産業基盤を復活させ、新興産業活性化し、米国世界製造超大国として確立したいのであれば、米国エネルギー解放する必要があることは明らかです。

私たちは掘削、掘削、掘削を続け、エネルギー自給自足さらには再び優位に立つでしょう。米国は他のどの国よりも多くの流動性のある金を足元に抱えており、それには遠く及びません。共和党はその潜在力を活用して、私たち未来に力を与えます

常識的に考えれば、強い軍隊がなければ、自国利益を守ることはできず、敵国の言いなりになるのは明らかです。

共和党政策は、アメリカ軍隊世界で最も強く、最も装備が整っていること、そして政府がその強大な力を控えめに、そして国益が脅かされる明らかな場合にの使用することを保証するものでなければなりません。

常識的に考えれば、共和党はすべての人に対する平等な扱いを支持しなければならないことは明らかです。

同様に、共和党政治的所属個人的な信念に関係なく、すべての人に法が平等適用されることを保証しなければなりません。最近民主党主導の政治的迫害は、250 年にわたるアメリカ原則実践破壊する恐れがあり、阻止されなければなりません。

アメリカは、我々の生存のものに対する根本的な脅威、すなわち、破滅的に開かれた国境、弱体化した経済アメリカエネルギー生産に対する壊滅的な制限、弱体化した軍事力、アメリカ司法制度に対する攻撃などに対処するために、政府のあらゆるレベルで断固とした共和党リーダーシップ必要としている。

私たちの決意を明確にするために、私たちアメリカ国民に「アメリカを再び偉大にする 2024 年共和党綱領」を提示します。これは、ホワイトハウス下院および上院共和党多数派を占めれば、すぐに達成できる次の 20約束から始まる、将来を見据えたアジェンダです。


アメリカが団結し、自信を持ち、我々の原則に専心すれば、決して失敗することはありません。

今日私たちは国への愛、国民への信頼、そして神の慈悲への信頼をもって、アメリカを再び偉大な国にしていきます

第1章インフレを克服し、すべての価格を迅速に引き下げる

共和党は、中流階級破綻させ、家計破綻させ、何百万人もの人々の夢である住宅所有を不可能にしてきた、過去 40 年間で最悪のインフレ危機を逆転させます私たちインフレを克服し、生活費の危機に取り組み、財政健全性を改善し、物価の安定を回復し、迅速に物価を引き下げます

インフレアメリカの家庭にとって大きな負担です。歴史が示すように、政策が変わらなければインフレ魔法のように消えることはありません。

私たちは、アメリカエネルギーを解き放ち、無駄支出抑制し、過剰な規制を削減し、国境を守り、強さを通じて平和を取り戻すことに尽力します。

私たちは共に繁栄を取り戻し、経済安全を確保し、アメリカ労働者とその家族のためにより明るい未来を築きます。これらの政策への私たち献身は、アメリカをかつてないほど強く、より回復力があり、より繁栄したものします。

1. アメリカエネルギーを解き放つ

2. 無駄連邦政府支出抑制する

3. コストがかかり面倒な規制を削減する

4. 不法移民を阻止する

5. 強さを通じて平和を取り戻す

第2章国境を封鎖し、移民侵入を阻止する

我々のコミットメント

共和党は、不法移民、致死性の薬物、移民犯罪洪水を招いた国境開放政策を阻止するための積極的計画提案しています私たち南部国境侵略を終わらせ、法と秩序を回復し、アメリカ主権を守り、すべてのアメリカ人に安全で豊かな未来をもたらします。

1. 国境安全確保

2. 移民法を施行する

3. アメリカ史上最大の国外追放プログラムを開始する

4. 厳格な審査

5. サンクチュアリティを阻止する

6. 合法的移民制度アメリカ労働者第一に考えるようにする

第3章史上最大の経済を築く

我々のコミットメント

アメリカ労働者地球上で最も生産的で、才能があり、革新的です。彼らを妨げているのは、民主党の息苦しい政策だけです。

私たちアメリカ第一経済政策は、規制の削減、減税、公正な貿易協定の確保、信頼性が高く豊富な低コストエネルギーの確保、そして革新の推進という 5 つの柱に基づいています私たちは力を合わせて、すべてのアメリカ人のために経済繁栄と機会を取り戻します。

1. 規制を削減する

2. トランプ減税を恒久化し、チップ課税しない

3. 公正かつ互恵的な貿易取引

4. 信頼性が高く、豊富な低コストエネルギー

5. イノベーションを推進する

 共和党は新興産業世界リードすることで、将来の経済的偉大さへの道を切り開くだろう。

 暗号通貨

 人工知能AI

 宇宙における自由繁栄安全の拡大

第4章アメリカンドリームを取り戻し、家族若者、そしてすべての人にとって手頃なものにする

我々のコミットメント

共和党は、アメリカンドリームを再び手頃な価格にするための計画提案しています私たちは、住宅教育医療費を削減するとともに、日常的な出費を抑え、機会を増やすことに尽力します。

1. 住宅の購入可能

2. アクセスやす高等教育

3. 手頃な医療

4. 日常的なコストを削減

第5章アメリカ労働者農民を不公正な貿易から守る

我々のコミットメント

共和党愛国的な「アメリカ第一」の経済政策を掲げています共和党は、アメリカ労働者農民産業不公平外国競争から守るための強力な計画提案しています

私たち貿易バランスを取り直し、戦略的独立を確保し、製造業活性化することに尽力しています国内生産を優先し、必須商品サービスにおける国家独立を確保します。私たちは力を合わせて、強く、自立し、繁栄するアメリカを築きます

1. トレードバランスの調整

2. 中国から戦略的独立を確保する

3. アメリカ自動車産業を救う

4. 重要サプライチェーン国内に持ち帰る

5. アメリカ製品を購入し、アメリカ人を雇う

6. 製造業超大国になる

第6章高齢者保護

我々のコミットメント

トランプ大統領は、メディケア社会保障から1ペニーも削減しないことをはっきりと明言していますアメリカ国民一生懸命に働き、社会保障やメディケアに貢献しています

これらのプログラム高齢者への約束であり、彼らが尊厳を持って老後を送れるようにするものです。

共和党はこれらの重要プログラムを守り、経済の安定を確保します。私たちは偉大な高齢者活動的健康でいられるように協力します。私たち Permalink | 記事への反応(2) | 12:48

2024-07-15

中国アメリカを超えるのか?超えたら日本はどうなるのか?

科学論文のシェア中国がぶっちぎりの25%、トップ1%論文に限ると30%で、すでにアメリカを抜いてるのな。

これは、そのうち経済アメリカ抜くでしょ。

なんか、まだ中国バカにする風潮が残ってると思う。

パチモノを作る職人がスゲーとか、下水から食用油を作ったとか、そういうイメージはもう捨てたほうがいいと思う。

中国科学技術軍事力経済米国を上回ったら、隣国としてどうしたらいいんだろうか。

2024-07-13

アメリカ理解するためのたった一つの言葉貿易

アメリカ世界での行動を一言で要約するなら「貿易は水のように滞ることな流れるべき」ということだ。

アメリカ世界貿易に重点を置いた国だ。彼らは金儲けをしたい。

貿易で儲けられる金が多ければ多いほど良い。貿易障害が少なければ少ないほど良い。

アメリカ軍事力は全てが貿易障害を取り除くための手段であり、主に海賊軍閥など、貿易の主要航路を独占して通過に高い税金をかける(貿易邪魔する)存在からルートを守るためにそれを使う。

世界中のどこにアメリカ軍の基地があるのか​​地図で見ればよくわかるが、すべて重要航路上にある。

アフリカの内側に基地がないのはそれが理由だ。

アメリカには「大文字のLのリベラル」という言葉がある。

これは社会問題に関して左翼的見解を持つという意味一般的に使われる「リベラル」ではなく、簡単に言うなら自由貿易至上主義であり、アメリカの中枢にいるのは実はこいつらである

彼らはロシア中国インド、その他の大国教条的対立するよりも、貿易する方がアメリカにとってはるか利益になると主張している。

対立とそれに伴う締め出しは市場喪失につながるからだ。これらの国の平均的な国民が高価なアメリカ製品(ハードソフトは問わない)を買えるほど裕福になり

アメリカがそこからより多くの金を儲けられることの方が、彼らが市場を失うことよりもアメリカにとって利益になる。

からこそ、彼らは常に和解選択肢を残しておいている。

先日、イスラム過激派ISロシアテロを起こす前、アメリカが事前に警告していたことを覚えている人はいるだろうか?それもこの文脈の中にある。

彼らが本当に問題視しているのは、ロシア自体ではなく、ロシア反米であることだ。

アメリカ意図を「貿易は水のように滞ることな流れるべき」という考え方に置くと、彼らの行動のすべてが理解できるようになる。

2024-07-11

強かっのは戦前日本

戦前日本は強かった。科学技術力もあった。飛び級もあった。軍事力もあった。志が高かった。

戦争に負けたにも関わらず日本バブル景気まで持ち上げたのは戦前の魂の継承者達である

戦後米国に抑圧された愚民教育によって日本ダメになってしまった。腑抜けばかりが生まれしまった。

2024-07-03

anond:20240703230712

から晩までパソコンぽちぽちしてるだけの虚業の連中が第二次大戦軍事力の敗北であった以上に文化力の敗退であったと受け止め祖国文化危機から救うために微力をも顧みず本を作ってる連中より稼いでたら会社成り立たないでしょ

2024-07-02

オタク君ってこういうの好きなんでしょ😘

https://x.com/hokubukyuushuu/status/1807708393521717606

フィリピンの件どこから話すべきか……とりあえず思ったことをつらつらと。

これは何とか呟いたけど、今の習近平体制は『香港を潰した』功績で三期目に入っているので、次を継続するためには何か別の戦功が必要になる。

で、本来なら狙うのは台湾だったのだが、ここはあまりに日米台で戦争におけるレートを引き上げた結果、仕掛けると厳しいという判断パス

じゃあ朝鮮半島はというと、そもそも北朝鮮中国関係がぎくしゃくしている上に落ち目ロシアが手を出してきたからこれもパス

かくして、戦功稼ぎに南シナ海が選ばれ、特にフィリピンに目をつけたという感じだろう。

もちろん、フィリピンも黙ってはいない。

日米台のバックアップで受けて立つ構えで、少なくとも小競り合いは起きつつもその軍事的エスカレーション我慢している面が強かった。

……という背景でこのスパイ疑惑である

政治的アクションとしてはほぼ満点の返しであり、日米台あたりは洗い直しに着手するし、フィリピン内部の対中感情悪化ナショナリズムの換気は間違いなく起こる。つまり軍事的強硬対応をとれるようになったという事だ。

で、経済的だが、オンラインカジノマネーロンダリングで、シンガポールが絡むときたもんだ。

欧州がやったことだが、金がなくなった欧州アングラマネーすら取り入れて経済を回すことにしたのだ。バブル崩壊で苦しむ中国華僑ネットワークで回るこのマネロン資金に目を向けない訳がなく、その洗濯機の一つがこうして表に出たので使えなくなったと。

多分中国内部のどこかの派閥がひどい目に合うのだろう。問題は、その派閥がどれぐらい軍事力を握っているかだ。

昨今中国軍内部の粛清が表に出ているが、習近平体制軍部を掌握しようとしているのと同時に、現実主義者が多いはずの中国軍内部(まぁ、日米台と戦って勝てる訳もない)の横流し排除を決意しているのだろう。

これ、多分武器マフィアに流して不良債権処理をしていた軍閥派閥が壊滅的打撃を受けるんだが、その結果実務実戦系の中国軍人粛清という諸刃の剣になっている。

多分中国軍内部でこれからドローン戦に傾くのだろうが、これは現地戦力の忠誠を北京が全く信用していないことの表れとなる。

で、それがある程度掌握できた時、対フィリピン戦に踏み切ると踏んでいる。

習近平体制四期目の2027年を目指すなら根回しを入れて一年戦後の最低限の後始末で一年と考えれば、2025年。つまり来年までにフィリピン戦のカードを用意できるかが勝負となり、フィリピンおよび日米台は経済的に締め付けながらカードをそろえつつある。

実をいうとこの話、日米台フィリピン側はとても簡単で中距離弾道ミサイル(核なし)の配備中国はとても簡単に詰む。

そのミサイル三峡ダムに撃つだけで相互確証破壊のできあがりである

もちろん、こちら側にそれをする意図はないが、向こうからすればそれをする手段があるだけで躊躇ってしまう。

そういうものなのだが、この話もう一つ裏がある。

こちら側が手を出さなくても三峡ダム勝手に自壊した場合、「向こうが手を出した」という名目で全面報復戦争に出るパターンだ。

これをやられると中国無敵の人になるから戦火がどこまで広がるかわからない。

私は正直これを本当に恐れている。

2024-06-24

anond:20240624074231

やはり核武装しないと舐められる

人と対等に話をするには核が必要

軍事力は全てを解決する

2024-06-05

anond:20240604194335

中共は今の軍事力を維持しきれるかどうか問題

ロシアもいろいろ言われながら維持してるからなんとも言えないが

しかブクマカらの言い訳が見苦しくて本当に面白い。ニワカが予想はずれただけなのに顔真っ赤にして否定してるのが

2024-06-01

anond:20240601191704

例が雑ゥ!

社員全員がインド人インド会社日本人就労させても、インド主体インドのやり方に日本人あくまで従うだけになる

あらゆる制度インド人向けだし宗教観インド人を想定してるし評価インド向け

偉い人はほとんどがインド人か、インド同化しまくった少数の日本人しかなりえない

仮にインド会社日本人就職したなら、インド流儀日本人が合わせて当たり前では???

でもここはインド日本連合国で同権にしたい

となると、会社日本インドの両方を主体にしなければならないが、そのためには無理やり日本人を多く起用するしかないし、過去評価体制破壊して日本向けに変化させる必要がある

これがアファーマティブアクション

何で??? インド会社就職したんだからインド流儀に合わせるのは当たり前でしょ???

中国人大勢日本就職してるから、従来の日本会社組織破壊する! ってなったらおかしいでしょ??? 中国人日本流儀に合わせるべきでしょ???

アファーマティヴ・アクションがある程度正当化されるのは、

場合に限られるべきだろう。

アメリカ黒人アファーマティヴ・アクション対象になるのはわかる。彼らは、望んでアメリカに来たのではなく、無理やりアメリカに連れてこられた(かつ、奴隷化された)人々の子であるからだ(逆に言えば、オバマのような、望んでアメリカに来たケニヤ移民の子供は、一切、そのような優遇措置対象になるべきではない。彼らには「差別されない権利」があれば十分だ)。

仮に日本でやるとして、アイヌ民族へのアファーマティヴ・アクションは賛成できる。彼らは軍事力によって無理やり日本の一部にされた側なのだから特別配慮享受する資格がある。

あるいは女性アファーマティヴ・アクションもいいだろう。女性は元からこの社会にいるのだから、、特別配慮要求してもよいかもしれない。

しかし、例として挙げられた「インド企業での日本人アファーマティヴ・アクション」なんてありえない。インドにおいて日本人先住民でも何でもないんだから日本人インドに合わせて当然だ。それは、日本に来たインド人日本のやり方に合わせるべきなのと同じだ。

2024-05-22

中国とか北朝鮮とか軍事力で平然と脅しをかけてくる国って頭おかしいように見えるけど

どういう理屈で動いてるんだろうな?

2024-05-08

イスラエルハマスの情勢がマジで分からんイスラエル批判する流れも全く理解できない

イスラエル国内の音楽イベントをいきなり奇襲して民間人虐殺をするじゃん?

イスラエルは当然ブチギレる

この後の国際情勢が意味分からん

イスラエル国防が甘かったのが悪い」,「イスラエルの方が軍事力が高いのだから虐殺は辞めるべき」,「即時停戦を」

なんで?国民を殺されても使っちゃいけないなら何のための軍事力だよ

停戦してハマスに休息を与えたら次のテロの準備するに決まってるじゃん。

イスラエル国民が何人殺されたらガザ地区住民何人まで殺して良いとかの協定を決めればいいの?

anond:20240508122608

こいつ、インド核保有国だってことすら知らないんだろうか? ましてや印パ戦争ことなんか読んだことも聞いたことも無かったりして  

2023年世界軍事力ランキング

https://newsphere.jp/culture/militarypower-ranking/

2024-05-04

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240503/k10014439651000.html

この記事読んで、経済的な面から9条の是非(軍事力保有の是非)を考えたくなった。

気になるのは、国連軍事に参加できるようになることってどれだけ我が国への利益をもたらすのだろう?

まず。軍事産業は金のなる木というイメージがある。日本戦後再建できたのは朝鮮戦争のおかげだろう。ただ、戦争主体側と供給側でそのリスクが大きく異なるように見える。

また単純な軍拡競争は、他の経済を吸い上げて体力を弱める印象。

兵器を売るだけなら経済的に有利という理解

他国に攻められて敗北したら、我々の生活悲惨ものになるイメージ。これは大きなリスク。よって、安全保障環境の変化に対応という意見には理解

自衛隊存在を明記。これも実情を是として違憲を無くす法治を目指すものとして理解

海外武力行使をできるようにしたい。これはウクライナ支援とかのイメージだろうか。はっきり、理解に苦しむ。自分戦争に駆り出されるイメージを持てていないのでは?まぁ、同盟関係として対等でないなら日本も守ってもらえないから対等なことできるようにしたい、という意味として理解

結局、攻められることのリスクを避けたい軍拡に参加したいという意思が前面に感じられる。

このリスクとしては、やはり周辺の緊張をより生むこと必死なので、いわば身を削ること、税金跳ね上がって経済力弱まることは織り込むべきだろうか。また、日本の特徴的な少子化で、産業でもなんでも人手不足の中、軍事に割ける体力が果たしてどれほどあるのか疑問。日本経済に終止符を打ってしまうのでは。

9条保持というのは、軍事活動にお金を割けないんですよーすみませんねぇという言い訳に使える類を見ない制約に思える。同盟国にフリーライドする良い口実。

ただやっぱそんな甘くなく、治外法権や金払わなければ守らないなんてアメリカ属国ムーブにあるし、どんだけ酷いことしても攻めてこないし〜っていう外交で悉く舐められるリスクは高い。

万一攻められた時、こんな平和憲法ある国を攻めるなんて悪い奴らだって世界の同情を買ってみんなが守ってくれやすいという印象。この価値にかけていたいが、ウクライナパレスチナを見るに、幻想に近いかなぁ。

でも、9条って世界に類を見ない状況だから、これを上手く活用して、なるだけ自国利益誘導に使えたらなとは思っているんだ。

どの国も友好的であって欲しいよ……国連機能してくれる新しい枠組み欲しいなぁ……それまで日本が襲われないこと祈りつつ、なんとか経済的ハイリターンな方を選びたい。1番のハイリターンって、兵器売って自分では軍を持たないことかなと思うけど。でもまぁあんま世の中に兵器が増えては欲しくない……


とりあえず、国連軍事活動に参画するメリットって、なに……?

2024-05-03

東京の人が文化とかやってるうちに武士の世の中になるんだろうな

紫式部がオタ活で遊んでるうちに、地方豪族軍事力を蓄えているわけだ。

憲法改正

日本人国民性的を考慮すれば、憲法改正必要性より誰が進めようとしているか判断するし、だからこそ今自民党やらせればいいのに。

岸田のおかげで自民党内がグダグダだし、有権者自民離れが進んでいる今、改憲発議がされてもまず国会国民投票で否決される。

そうすれば今後は、既に改憲の是非は示されたとして議論すること自体否定できるし、台湾有事にも間に合わない。台湾有事が終われば改憲を進める動機すらなくなる。中国軍事力を見れば厭戦気分も高まってますます改憲への意欲もなくなるだろうに。

バイデン日本移民受け入れに関して内政干渉的な事をグチグチ言ってたみたいだけど

アメリカ白人奴隷を連れてやって来てネイティブアメリカンから奪って乗っ取った侵略者移民国家なんだから移民というもの危険性は自分たちが一番分かっているだろうに。

金と軍事力があれば正義ヅラして好き勝手言いたい放題だな。

2024-04-19

anond:20240419133101

ウクライナのは「軍事力で殴り返せたか侵略を免れた」例なんだよなぁ……

anond:20240419131957

共産党赤嶺政賢氏は「国民から要求がないのに政権側が改憲を押しつけるのは本末転倒だ。裏金事件で、長年国民を欺いてきた自民党改憲を語る資格はない」と述べました。

答えはとっくに示されてるんだよなぁ。

自民党改憲を語る権利はないし、憲法解釈する権利もない。

そもそも軍事力を持つから戦争対象になるってのはウクライナ証明しているので、

国防の為の軍事力って考えが破綻しているんだよ。

馬鹿にはわからないだろうけど。

2024-04-16

中東情勢まとめ

イスラエルイランは昔から仲が悪いの。すごく悪い。

イスラエルにはイギリス人が作り出したパレスチナ問題というのがあってね。特にガザ地区なんてのは本当に可哀想でね。イスラエル国家ぐるみ兵糧攻めしてるんですよ。西側諸国中国ウイグルをよく問題しますけどね。そんなもん比じゃないくらいの非人道的な扱いをしてるんですね。でも世界ジャイアンであるところのアメリカトップユダヤ人で占められているから見て見ぬふりなんだね。

ブチ切れたパレスチナ人達の中には反抗する者もいて武装組織ハマスを結成するんだね。まあテロ組織ですよ。そんなある日ハマスイスラエルに奇襲をしかけたのね。コンサートで人が死んだ。テロだね。

それでイスラエルがブチ切れてハマス潰すぞと意気込んでね。もっともっと非人道的になっていくわけ。最初テロされたってんで特に日本を含む西側諸国ではイスラエルに同情的な人達が多かったんだね。近隣のアラブ諸国最初からイスラエル批判していて反アラブイスラム空気が出てたわけ。でもイスラエル偽善がどんどんと暴かれて知られるようになっていくにつれ西側諸国の住人たちもハマス支持者が増えたわ。単にイスラエルの肩を持てば正義の側にいられるという単純な構図じゃなくなったわけ。

イスラエルからしたらアラブ人なんて殲滅させてしまえという意気込みだからね。近隣のアラブ諸国ハマス支援をしてることが気に食わないのよ。そんで最近シリア首都ダマスカスにあるイラン大使館を爆撃しちゃった。てへ。イラン将軍も死んだわ。

こんなことされてイランメンツがあるからね。何もしないわけにはいかないじゃない。でも相手イスラエル。裏にはジャイアンアメリカスネ夫イギリスがいるわ。二日前から報復しますと宣言してめちゃくちゃ遅いドローン飛ばしたの。

最初から来ると分かってる遅いドローンなんて世界屈指の軍事力を誇る国の前ではなんてことな迎撃されてしまったわ。迎撃させたといった方が正確かもね。ここまでの茶番報復はなかなか無いわ。でも茶番とはいえイランが直接イスラエル攻撃しかけるなんて前代未聞の大事件よ。飛行機キャンセルされ近隣諸国領空を閉鎖したり大変なことになったわ。すぐ終わったけどね。

問題なのは今のイスラエルの態度よ。お前が始めた物語だろなのはお構いなしに、イラン攻撃したことを良いことにさらなる報復宣言したわ。これはさすがにヤバいだろとユダヤ人支配されているアメリカですら叱ったくらいよ。

アメリカに叱られて小出しで報復するようになったわ。今後しばらくは両国から茶番報復合戦が楽しみね。

平和外交

中国みたいなめちゃくちゃ国土が広くて人口が多くて莫大な軍事費を毎年投入している覇権主義を隠さない国が近くにある以上、

経済をしっかりと成長させて備蓄し、適切な財政投入をして防衛戦力を強化し、中国と同程度の国土軍事力を持つ国との関係を強化して、

相手戦意をくじくのが一番平和に近づける外交だと思うんだけど、平和外交平和外交とうわ言のように繰り返す野党野党指示勢力が、

成長より分配を主張し企業内部留保にすら手を突っ込もうとし、防衛力の強化に反対し、

同盟国との関係強化に頑迷に反対するの、既にギャグ領域に達してると思う。

自民公明カルト連合がいいとは思わないけど、反戦カルトよりはマシかとなってしまう。

2024-04-04

anond:20240404230517

独立宣言して内戦しようにも軍事力がないじゃん…

古式ゆかしい日本人らしく、竹槍バンザイ突撃でもするのか?

2024-03-29

anond:20240329150500

いや、お前にはどうやら話がうまく伝わってないみたいだな。

 

絶対に100勝てる! と、戦争で攻める側と守る側の両方がなったら、戦闘行為必要はないのよ。 

外交段階で「これから戦争したら私が100勝つわけですが、市民死ぬ前に全面降伏せんか?」これで済む。

戦闘したらそのコスト分、負けが120とか200になるんだから合理的判断するならそうなる。

別に同盟しても同じ。どっちがどのくらいの量、勝つか負けるかが、合理的判断できてさえいればそうできる。

 

でも守る側が「あいつは100勝てるって言ってるけど、実際には抵抗すれば20ぐらいは残るだろ! 降伏して100払うよりも、戦闘して負けて20残したほうがマシ!」と思ったら、そこで降伏は起こらない

外交段階での降伏が起こらないんだから戦闘が起こる。

 

で、完璧に信頼できる軍事力ランキングがあったら、まあそういう価値判断齟齬は起こらないんじゃないか

 

戦争外交の失敗、と言われるゆえんだね。外交の時に相互価値判断がすり合わせ完全にできたなら、戦争ぞ起こらないのだ。

クラウゼヴィッツ範疇だと思うから、興味あったら学びなおせよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん