「出版」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 出版とは

2018-06-17

anond:20180617200828

私も書店員なのであの人のツイートにモヤッとしていました。それを文章にしていただきありがとうございます自称・本好きの狭量さに辟易してしまうことってありますよね…。本屋を潰す原因の一つって、シブヤって人みたいな書店員も一人の人間だと認識できないタイプの客だと思います出版されている本を全て把握するなんて無理だしそんな専門性を求められて応えられるような給与ももらってないわ。

増田文学

新潮文庫かなんかでしれーっと、まったく宣伝せずに出版してくれないかな。

ある日、駅ビル本屋に行き、新潮文庫の棚を眺めていたら、「増田文学」の文字が目に入る。

帯には「静かに読め、誰にも告げる」の文字がある。

そっと手にとり鞄の中に。

万引き家族か。

六本木TSUTAYA暴言吐いてる人に書店員暴言を吐いてみる

現役の書店員だけど先日バズった六本木TSUTAYA暴言吐いてる人やその取り巻きがあまりにもアレなので暴言を吐きます

https://twitter.com/megg637/status/1006884781458481153?s=19

あのさ、本って一年で何冊出版されるか知ってる?「読書好き」を自称するんなら当然知ってるよなあ。

七万冊だよ。七万冊。

それを365日で割ると1日200冊弱の本が出版されるんだよ。なあ、これ、タイトル出版社著者内容その全てを把握できると思うか?それに加え既刊本もあるんだぜ?社割でいくら本を買おうが一人の人間に把握できる量じゃないんだよ。口頭でタイトルだけ伝えられても、表記もなにもわかんないの。今までお前が口頭でタイトルを伝えただけで書店員対応してくれてたんだとしたらそれは単に運が良かっただけだ。広い広い出版業界の観察範囲がその担当した書店員と偶然合致しただけ。

頼むから口頭でブワーッとタイトルだけ伝えてこっちが即座に対応できなかったらキレる前に、もう少しタイトルISBNを紙に書くとか考えてくれないかなあ。

あと残念だけど六本木TSUTAYAのように純粋書店としての機能以外を持つ書店って今後増えてくと思うぜ。

Amazonの登場で書店は半ば息の根を止められたような物なんだわ。「単に新刊買うだけだったらわざわざ書店に足を運ぶ必要ないなー」って書店員やってる俺も思うもん。「ほしい商品をすぐさま見つけて購入する」という利便性はどう足掻こうがリアル書店Amazonに勝てそうにない。

利便性では勝てそうにないならどうするか。その他の価値を自ら創出して生き残るしかないじゃないか

お前やお前の取り巻きが散々「オサレ()」と馬鹿しまくってるTSUTAYAの店作りも、その生き残り戦略の一つなんだよ。

ひとつ聞くけど、TSUTAYAに足を運んだ客がお洒落空間を味わいその雰囲気と気分の高揚の中で本を選んでお前らに何か迷惑かけたか?なぜ「意識高い系()」と自分とは異なる消費スタイルの客をそこまで嘲笑しまくる?なぜ自分とは解釈の異なる棚作りをしただけでそこまで発狂する?

お前らが嘲笑している六本木TSUTAYAに足を運んでいるその人達は、競合他社である俺達もほしくてほしくて堪らない、出版業界お金を落としてくれるご新規様なんだよ。なにをきっかけにしても良い。とにかく「書店に足を運んでくれる人」をどんどん増やしていかないと書店全体の未来はないの。

そんな貴重な新規客を嘲笑するオメーらみたいなスノビズム拗らせた排他的人間市場の縮小に拍車かけてんだよ。「書店とはかくあるべし」「読書とはかくあるべし」と勝手定義して業界私物化してんじゃねーよ。書店はお前らのための空間でもあるけどお前らのためだけの空間ではないんだわ。「全てのジャンルマニアが潰す」だとかなんだとか言ってた人いるよな。お前らまさに「業界を潰すマニア」そのものだぞ。

不毛な「暴言」なんて吐いてる暇があるんだったら他の書店に行ってどうかその店を買い支えてやってくれ。お前やその取り巻きTSUTAYAターゲット層ではないんだ。なにか本を買うんだったらダーウィンの「進化論」とかお勧めだよ。

2018-06-15

誰かマンガ家出版社離れになったらどうなるのかと話してたけど

全員がDTP出版するようになって

知名度タイミングで売れ行きが変わるようになり

売れないマンガ家は「俺は実力があるのに売れないのは有名じゃないからだ」と妬み

同じマンガ家同士で戦い始めるんだろう

[][][][] 日本人 VS ユダヤ人

アインシュタインは、人種差別主義者だった。

アインシュタインが、アメリカ大統領原爆の開発を提言した。

アメリカは、イエローモンキージャップ原爆人体実験に使った。

日本人使い捨て家畜と同じだから、罪悪感はない。

罪悪感がないからこそ、原爆の投下に躊躇しなかったのだ。

 

白人から見れば黄色人、黒人は、人外しかない。

白人けが人間だと思っている。

それどころか、神から選ばれた民=白人こそが選民だと思っている。

 

そんなこと、日本人明治維新開国する以前から気付いていた。

からこそ、日本人地球未来のために命を賭けて戦った。

そして負けた。

日本は終わったが、いつの日にか、また日は昇るだろう。

 

カリフォルニア工科大のジブローゼンクラン教授研究チームは最近アインシュタイン旅行日記」を出版した。

アインシュタイン1922年10月から233月まで中国日本などを旅行し、ドイツ語で記したものだ。

 

アインシュタインスリランカを「悪臭がする汚い場所」、日本を「気質に比べ知的欲求が弱い場所」と表現した。

ガーディアン紙は12日、反戦平和人道主義象徴だったアインシュタイン日記人種差別的な発言を吐いていたことは「衝撃的だ」と伝えた。

いい加減エロ本エロゲーポルノアニメ規制してください

軽減税率受け入れるんだから公のためにさっさと表現規制も受け入れてください

出版業界は恥を知ってほしい

税金は払いたくない表現規制もいやだ

そんなの通りませんよ

男は甘えるな

女性が耐えてきたこの何千年という辛酸時代に比べて男の何とあまっちょろいこと

2018-06-13

広告による世界支配SFといえばアドバードだけど

それ以前だと何かある?

昨今のウェブ広告情勢がディストピアじみて感じられて、読みたくなったんだけど。

アドバード椎名誠

1. 元々はオールディスとか冒険劇物に影響うけてて

2. サイバーパンク隆興辺りでSF読まなくなって

3. ストアズレポート編集長しながら自分で書いたのが短編版アドバード

という経緯だと記憶してる。広告要素は他のSFじゃなく出版の実務から着想を得たのかもね。

軍歌disってんじゃねーよ

フランスなら国歌だぞ?

多分、消えた曲もいっぱいあるけどさ、残った曲はテンション上がったり、口ずさみやすかったりするんだろ。人の心にしっかり刺さってるんだよ。

軍歌好きってのも一定割合でいるんだぜ。

ポップミュージック表現が使われたくらいで言葉狩り文化狩りしてんじゃねーよ。

軍歌表現使えばテンション上がるって思ったんだろ。それが嫌いだって批判は受けるべきだよ。でも、出版停止まで求めるってのはちげー気がするぜ?

あ、でも、椎名林檎で一回炎上してんだっけ?

2018-06-12

anond:20180612094302

表現の自由」は国が表現の是非を決めるものではない、という意味なので出版社には適用されないんですよね

「この漫画面白くないか掲載しないね」と同レベルの、出版する自由・しない自由がある

それなのに表現の自由ガーと言ってるんだからもうね

誘拐事件被害者さらに生きづらくさせる人たち

「幸色のワンルーム」は許されるのか~誰が彼女監禁しているのか? - レインボーフラッグは誰のもの

http://rainbowflag.hatenablog.com/entry/2018/06/03/204703

この批判記事書いた人も認める通り、あの漫画事件は似てないんだよね。

まぁこれなら被害者本人や家族が訴えたとしても柳美里石に泳ぐ魚』のように名誉毀損出版差し止め損害賠償とはならないだろうと踏んで出版社やテレビ局は世に出したんだろうし。

仮に、あの漫画ファンに多いらしい被害者と同年代ティーン女の子たちが漫画事件をどちらも知っていたとしても、実際に人物出来事全然似ていないわけだから常識的な理路を辿るなら、

漫画ドラマ → 共感できるキャラクターと刺激的な設定の面白いフィクション

現実誘拐監禁事件 → キモ男の犯罪、許せない。被害者の子かわいそう、頑張って立ち直って欲しい。

という認識のまま、現実フィクションが混線することはなかったはずなんだよね。

わざわざ

「作者はあの事件を巡る『実は誘拐犯と被害者相思相愛だった』などというセカンドレイプ言説から漫画の着想を得たに違いない、そしてセカンドレイプ言説を好む人々があの技術的には稚拙漫画ドラマ化するまでの人気作に押し上げたのだ」

なんて火付けしなければ。

もうこれ完全に裏設定になっちゃったよね。いかにもティーンの子が好みそうな。

作り手はあくまフィクションです野暮言うなよってライン守ってたのに。

被害者の子中学同級生から何年か遅れで大学専門学校に入ってとして、年下のクラスメートから「ねぇねぇ、中学の時にちょっと流行った漫画あったよね、ドラマにもなった。ネットで叩かれてるの見たんだけど、作者が自分で考えたって言ってるのは嘘で実はモデルにした事件があってね……」なんて話題を振られる可能性を作っちゃったわけだ。

あーあ、って感じ。

なんのために「この作品フィクションです。実在人物団体事件とは一切関係がありません」って建前があると思ってるんだろうか。

2018-06-11

[] 国会図書館写経

日本国内原典を読みたいなら、とりあえず国立国会図書館に行ったら良いだろう。

 

西洋

 

東洋

 

これらを押さえれば、メジャー宗教理論が分かる。

宗教起源中東なので、余裕があればペルシャエジプト古代宗教も押さえておくと尚可。

 

マルクスは、大英博物館図書室にこもって資本論を書いた。

増田も何か面白いことを思いついたら、本でも書いちゃいなよ?

今なら電子出版で、誰でも本を出せるからね。

 

anond:20180611134920

聖書を読みたいんだけどどれを読んだらいいの?

ネットでタダで手に入る聖書大丈夫

買ったほうがいい?

出版しているところによって聖書の内容って違う?

間違った聖書は読みたくないんだよね。

余計な手が入っていない正しい聖書が読みたい。

2018-06-10

anond:20180610110738

安房さとる氏の騒動についてはよく見ていないので、評価する立場ではないが(どこかでが言論かという線引きもあるし)。

セクハラについては、もう行わないように解任する(辞任を求める)とか責任者立場を失うことが責任という考えであって、アニメ化をしないとか本を出版しないとは違うのではないでしょうか。

作家立場が良く分からないけど、出版社との専属契約などがあればその専属契約を打ち切るというのが、もしかしたら近いかも。

勿論、上記区別には納得できないという意見もあるでしょうが

日大の悪質タックルの件もそうですけど、解任・辞任が責任の取り方という風潮はあるでしょうね。

anond:20180610095408

けど昔第七の空母って奴があってだな

日本の女はみんな売春婦で床上手でメロメロにされるから気をつけろとか

平気で書いてるのが翻訳出版されてたんだぜ

ルメーの不謹慎ラノベも割と受け入れられる土壌あるんじゃねえ?

出版停止に不満を言う人にいまいち共感できない理由

一つは、著者の投稿には問題があったよね、でも出版停止はよくないよね、だったら分かる。前段をすっ飛ばしていきなり「出版停止は許せない!」と騒ぎ立てるから共感できない。

二つは、何だかんだいって、出版停止に不満を言う人はアニメアイコンネトウヨが多い。結局はポジショントークに見える。

2018-06-09

愛国心の是非について、大事なのは愛国心リテラシーなのではないか

結論を先にいうと、過去歴史愛国心悪用されるケースがいくつもあって、中には悲劇的な結果をもたらしたものもあった。たぶんこれからもある。

ヤバイのは愛国心悪用なので、それに対するリテラシーだけ持ってればあとは個人自由いいんじゃないかな。

脊髄反射愛国心危険と見做して押さえつけようとするのは乱暴なので反対。

まず、愛国心議論を眺めてて心配になるのは、この人たちは愛国心定義が一人一人違うんじゃないかってこと。

議論の前提がずれてると展開される議論もずれ続けるので不毛議論が前に進まないケースでよくある。

愛国心定義について表明してから議論したほうがいいと思うが、同時に愛国の形は人それぞれ自由いいとも思う。それこそ表現の自由である

(ちなみにおいらの定義日本の伝統的な文化はできるだけ残すことと、犯罪率の低さをキープすることかなぁ。)

そして、他人愛国スタイルを見て「いいね」と思ったら賛同すればいいし、「それおかしくね?」って思ったら反論すればいいし、

抗議されてヤバイと思ったら取り下げてもいいし(どこかの出版社のように)、

抗議されても絶対正しいと思ったら突っぱねればいいし(サカキバラ本を出版した出版社のように)、自由にすればいいと思う。

おそらく「いい愛国心」と「悪い愛国心」って言うのが見えてくると思うから、それについて議論すればいいと思う。

「いい愛国心」と「悪い愛国心」は「賛同・許容できる愛国心」と「賛同・許容できない愛国心」に置き換えてもいい。

んで、愛国心が広まってほしくない人達右傾化反対の人たちが心配してることって、要するに「政府による愛国心悪用」や「愛国心理由犯罪正当化する行為」でしょう。確かにそういうことは過去歴史であったし今もある。世界中で。

でもさっき言ったように愛国心には「いい愛国心」と「悪い愛国心」があると思うわけ。

愛国心全てをまとめて押さえつけようとすると「いい愛国心」まで押さえつけることになるけどそれって乱暴じゃね?って思うわけ。

「悪い愛国心」の拡散愛国心悪用だけ予防できれば、つまり愛国心リテラシーを持てるようになれば、あとは愛国心を持とうがが持つまいが個人自由でいいと思ったわけ。

作者のヘイト発言話題の二度目の人生異世界でのコミカライズ読んだんだけど、別になんとことなかったな。

ふつーのよくある異世界もの

主人公キャラの細かい前世設定なんてほとんどの読者は読まないだろうし、ヘイト発言さえなければ普通にアニメ化してたかもなあ。

女を物扱いしてる描写は多いけど、なろう系では普通にあるレベルだし…

出版社出版前に垢消しさせればよかったのに…

まあ身から出た錆だけども。

鉄の夢

もし「鉄の夢」の作者がユダヤ人に対するヘイトスピーチやっていたとしたら

出版停止になっても仕方ないかもね

という話はよくわかる

児童虐待と「魂の殺人

性犯罪形容する言葉として「魂の殺人」というものが用いられているのをよく見る。

数年前に私が初めてその言葉を見たときもその用法で使われていた。

#Metoo運動もまだなく、ジェンダーについての議論もそれほど活発ではなかった頃。その時私は、この言葉虐待形容するのにもドンピシャだなと思った。

自分の中のごちゃごちゃとした気持ちが正しく簡潔に表されるというのは気持ちがいいもので、こんなに的確な言葉を使うことができて羨ましいと思った。

その「魂の殺人」が元々児童虐待を表す言葉だったと知ったのは最近のこと。

そもそも「魂の殺人」というのはある本のタイトルらしい。

アリスミラーというスイス心理学者の著書だ。彼女児童虐待について研究していたらしく、この本もそのことについて書かれているらしい。

らしい、という言葉いからお察しの通り、私はこの本を読んでいない。読んだらものすごくスッキリするか、ものすごくしんどくなるかのどっちかだろうなと予想できるからだ。こういう予想ができるだけに、それが大外れして何も変化がなかった時の落胆も酷そうだから今は読みたくない。

閑話休題

「魂の殺人」というのは邦題で、原題は"For Your Own Good" 英語は得意ではないから自信はないけれど、さしずめ「あなた幸福のために」といったところだろうか。

原題とかなり違うので気になって文中検索をかけたところ、確かにアリスミラーは"murder the child's soul","psychic murder","Soul Murder"という言葉を使っていた。さらに、彼女よりも先にモートン・シャッツマンという人が"Soul Murder"というタイトル教育熱心な親による子供への迫害について綴った本を出版していたことも分かった。こちらの本も「魂の殺害者」という邦題で「魂の殺人」よりも後に日本出版されている。

「魂の殺人」の訳者は「あなた幸福のために」よりも「魂の殺人」(≒"Soul Murder")のほうがよりインパクトがあり、より虐待について書いたことが分かりやすいと判断し、そちらを邦題に選んだのだろう。

「魂の殺人」という言葉は、この本が出版された1983年虐待意味する言葉として使われたのだ。

元は幼児虐待形容するための言葉だったと知って、深く納得するとともに、自分の道具を取り上げられたみたいな気持ちになった。

私は性犯罪被害で苦しんだことはないから分からないが、私が最初にその言葉を見た時みたいに、性犯罪被害者の人もドンピシャだと感じて使うようになったのかもしれない。自分の魂はソレによって殺された、と。

もちろん、偶然という可能性もある。1983年よりも先に別の人が性犯罪形容するために使っていた可能性もある。

私が今後虐待形容する言葉として「魂の虐待」を使用しても何ら問題ないし、使うなとまだ誰かに言われたわけでもないから「取り上げられたみたいだ」という気持ちは完全な被害妄想だ。けれどもう既に私の中では「魂の殺人性犯罪」というイメージがついていたから、私と同じくそういうイメージを持った人に何か言われるんじゃないかと思ってしまうし、とても使いにくい。

被虐待児のための言葉だ」とか「(だから)使うな」言う気は毛頭ない。言う権利もない。けど、やっぱり使われている場を見ると少しモヤモヤする。

かねてより、ジェンダーについての議論が活発になされている場を見るたび、虐待についてももっと世間の目が行けばいいのになと思っていた。その羨ましさと、この「魂の殺人」という言葉をめぐっての私の色んな気持ちが混ざってゴチャゴチャしている。

自分でも何が書きたいのかよくわからなくなってきた。

とりあえず、

『ある心理学者は、幼児虐待を"Soul Murder"と形容することにし、それの日本語訳を担当した学者は「魂の殺人」とそれを訳すことに決めた。』

と誰かに知ってほしくてこうして文章を書いた。

2018-06-08

絶歌と二度目の人生

https://twitter.com/shino_nk/status/1004356062923767808

こういうこと言う奴絶対出てくると思ったけど

絶歌」は表現の自由によって出版停止にならなかったのに、と嘆いてる馬鹿

もし「絶歌」が同じことになったらそれはそれで表現の自由に逆らうことになるとお気づきなのだろうか?

結局自分の嫌いなもの弾圧OKって言ってるブーメランっぷりに苦笑いした

そしてこれがバズるくらいこの手の界隈の奴らの脳内レベルがお察しなのも笑える

本質でないところで難しい文章

こんな文章永遠に続くのはつらい

私は有名な歴史学者であるが、その文章のダラダラと長いせいで内容の難しさではなく、何が何に掛かっているのか文章を解析するのに大変苦労し、せっかくの内容も台無しとなっているその書籍は本当に残念に思うとともに、戦前学者が書くものでおそらく一般人対象にしているものだと思えるような本でも、所謂編集というものがなく著者が書いたままを出版してしまっていたということ感じ、この本の評価において高くそれをしている人は大変優秀なるものか、文章を読んでいるのではなく見ているだけなのではないのかと思ってしまい、前者の数は普通に考えれば、後者の数よりも少ないはずであり、何も読めていなという人が格好だけをつけて評価しているのがほとんどだとしか思えないのである

anond:20180608090322

あっなるほど

バレたか出版停止されたんだな

ヘイトスピーチ出版停止をやり過ぎと言う人たち

それなりにいるようでかなり驚いてる。

一緒に仕事する相手ヘイトスピーチするやつでも仕事仕事でそのへん関係ないって言うの?俺は嫌だなー

セクハラ野郎が何の制裁も受けずのさばってるのもこういう考えが関係してるのか?

アニメ化中止のラノベに関連して

DHCアパホテル高須クリニック幸福の科学辺りで、嫌韓嫌中な主張盛りだくさんなラノベ出版しまくったりしないのかしら?

(既にあるのかもしれんけど)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん