「出版」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 出版とは

2018-04-21

エロマンガ表現史」の有害指定について

エロマンガ表現史』 北海道有害図書指定。なぜ書いたのか? 著者に聞いた。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/18/eromanga-history_a_23413932/

エロマンガ(18歳未満閲覧禁止成年コミックから画像引用した書物は、

やはり18歳未満閲覧禁止にすべきだと思うんだが、それはおかしいんだろうか。

学問研究自由とか言っても、実際にエロマンガを読めるのは18歳以上だし、

それを研究するとなれば自然と18歳未満は排除されるのだから

出版自体も成年向けになってしかるべきではないのか。

著者には、その選択はなかったのか。あったならなぜそうしなかったのか。はっきりしてほしい。

anond:20180421143404

なんだよ、出版関係

出版系はマジで無能高齢者いか覚悟した方がいいぞ

迷惑がかかる全体ってなんだ

迷惑がかかる相手担当者)をあぶり出して

そこに直接今の状況を報告、相談した方がいいぞ

敵を複数の味方で取り囲むイメージ

漫画村山本一郎、その他、出版社を叩くすべてのネット民への恨み

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180420-00084246/

怪文書

まず初めに

ロビイング活動金盾要請したのは明らかに愚行であり、間違っていると考えている。この一点において、完全に出版社に非があり、それを弁解する気はない。

これは個人的な恨みつらみを書いた駄文であり、すべては想像上の話である

コミック日本出版における電子化切り札である

数年前まで日本では、雑誌こそが電子化切り札であると考えていた。この理由として、①海外における電子雑誌の隆盛、②情報更新速度とネット親和性、③読者情報解析と広告マーケティング親和性、④動画・音声メディアとの親和性があり、どれも理に適うものであるしかし、日本電子雑誌は普及しなかった。この原因は、ネット情報価値と、雑誌情報価値の差が、課金心理障壁を超えるほどでは無かったためと考えている。

しかコミックは、読者が電子データに対して課金してでも読みたい、と思えるだけの価値があったらしい。

日本出版業界内で書籍電子化を推進したい人間にとって、コミックこそがその突破口であった。電子化への投資にあたり、上層部を説得するのに十分な売上げが全てを雄弁に語ってくれる。しかし、その電子化における救世主であるコミックケチがついた。

漫画村破壊したもの

電子化することで紙以上に売れてしまコミックの弱点は、違法無料配布に対する脆弱性である雑誌場合、半分以上が広告収入であり、情報新陳代謝が早いため、違法な配布に対する耐久性がある。しかし、コミックは一度でも無料データが出回ってしまうとその売上の回収は事実上不可能となる。コミック違法無料配布は一般人が手を出せるレベルまで規模が拡大し、単純な売り上げ被害だけでなく、消費者漫画はタダという価値観を植え付け、進みかけた日本書籍電子化を停滞させるに至った。

出版社違法無料配布との闘いは10年以上前から続いている。漫画村ほど大規模にならないうちは、件の集英社が例に挙げたような草の根作戦一定の成果を上げていた。

警察への相談

違法無料配布の被害総額を見積もることは非常に難しい。そもそもネットからどれだけダウンロードされているか計測することは不可能である漫画村だけでも3週間で2億PVをこえたらしいが、これをハッキングを使わず合法的証明する方法存在せず、警察に対して具体的な被害総額を提示することは(少なくとも素人である出版社には)不可能であるやまもといちろう氏ほどの凄腕ネットウォッチャー()であれば、たやすいのかもしれないが。

そんな状況で、漠然被害を訴えても、刑事事件として立件させることは難しい。

インターネット業界的には、この内容では仕事をしているうちに入りません。」

と、やまもといちろう氏はおっしゃられている。

どうやら、インターネット業界的には、刑事事件として立件させるだけの合法的証拠提示できるらしい。星野ロミが漫画村黒幕である事を証明し、引っ張り出す事ができるらしい。

自分明日の飯がかかっている本職として、必死情報を探し、ある程度闇の部分まで足を踏み入れても、残念ながらこれ以上の情報は得られなかった。人脈に限界があるからだ。我々出版社ネット素人集団では、残念ながら、警察を動かせるだけの状況証拠をそろえることはできない。

だが、やまもといちろう氏にそれが可能であるのならば、本来被害である出版社に対して牙をむく前に、やる事があるのではないか

ネット民全体に対して、出版社を目の敵にする意味を問う

冒頭に述べたように、ロビイング活動金盾要請した愚行については、追及されるべきであると考えている。

ただ、引用文章から察するに、やまもといちろう氏には、当然、警察を動かせるだけの状況証拠をそろえられる能力があると判断して問題はないだろう(その能力が無いにもかかわらず「仕事をしているうちに入りません。」と言うのであれば、これは自分仕事をしていません、と言っているのと同義だ。)

もう一度問う

やまもといちろう氏は、漫画村犯人を引きずり出せるだけの能力がありながら、なぜ、漫画村ではなく、出版社をたたくのか?

これは現在出版社ネットから向けられている理不尽さ全てに対する恨み節である

やまもといちろう氏は、上記質問に対して納得のいく説明をお願いしたい。

ネットの皆様におかれては、誰が本当の敵なのか、もう一度、考えていただきたい。

(ここまで書いても、出版社悪人なんだろうな...)

2018-04-20

anond:20180420150852

toB会社日本にどれだけ多いか、知ったほうがよいよ。

弁護士会計士はもうオワコンとかサークル仲間の子たちは言っている

なろうとする努力をしたくないだけだろう。

銀行も死にそう、テレビも死にそう、出版業界はもう死んでるし

文系職業がことごとく死んでる

菓子メーカーの安定さはいいよねとかそういう話はしている

そういう普段目にするBtoC企業ばかり受けるから就活爆死するんだよなぁ・・・

倍率10万倍の世界

文系大学生人生プランが見えてこない

東京大学偏差値60くらい)の文学部なんだけど将来が見えてこない

自分だけじゃなく文系のみんなはだいたいそうみたい

弁護士会計士はもうオワコンとかサークル仲間の子たちは言っている

銀行も死にそう、テレビも死にそう、出版業界はもう死んでるし

文系職業がことごとく死んでる

菓子メーカーの安定さはいいよねとかそういう話はしている

メーカーめくらしか選択肢がない

ただなんていうんだろう人生プランのようなものが見えてこない


40とか50くらいの自分がその業界で働いている姿が見えてこない

じつはひっそり夜間のプログラミングスクールに通ってたりするんだけど

WEBしかないんじゃないかなんて思ってたり(はてなブックマークの影響です)

WEBって40とか50でも働けるんだろうか

検索してると35歳定年説とかあったりするし

フロントエンド地獄なんだなとか

そういう耳年増になってばかりだ

  • 追記

お返事ありがとう

なんで文系いってんだみたいな意見があります

いける学部行ったみたいな、そんな感じですし、私はそうです

東大とかは知りませんが、うちの大学の連中なんてこんなもんですよ、ほんとよくないですよね

とりあえず大学はいけみたいな事いわれて、やりたいこともないけどとりあえずそこそこ勉強してきたみたいな感じです

そんな吹き溜まりですようちの大学


文理の区切りにこだわるなとかはもっともな話ですが

それは我々が気にしてるというか、世間が気にしてるというか人事のおじ様が気にしてるわけで、そこにビビってる部分はあります

人生ゲームの当たり判定を一大学生がきにせず特攻しても砕けるだけじゃないでしょうか

もちろん気にしてない判定人も世間には多くいることは認識できますけど、おでこに書いてるわけでもないし

WEB上で意見されてるのを見るだけで心細いですよ実際は

例えにならないかもですけど、セクハラとかLGBT問題とかと似てる気がします、だれが自分と同じ価値観もってるか可視化されない恐怖です

私というか、学生という存在は、評価する側ではなくされる側なのに、ある時点から急に評価しろ自分価値を見直せなんて言われて戸惑います

高校までは恋愛禁止だったのに、急に自由恋愛とか言われて子供作れとか言われること似ています


圧倒的に数と地位名誉お金で優位にあるオトナたちが評価をする人生ゲームのなかで

唯一まともそうだったのが上で上げてた職業だったんだと思います

いまは全部がガチャ化してるというかガチャ回してなんとかマシなの引けたらOKな感じですよね

AKBとたいして違わないんじゃないかって気がしま

選択肢が渡されないなかで、個性せとか言われるわけです


そういったなかでWEB比較的文理にこだわらない業界だと感じたことが、気になってる理由だったりしま

そもそもオトナがいないですよね

子供のころホリエモンが旧来の産業からつぶされそうになってるのは見てましたが

小説書いたら書籍になったので調子に乗りたいが

それしかまともに完結させたことないのに、ある大手出版社レーベルがやっていた賞を取ってしまってそのまま書籍になり、全国発売され印税数十万入った。

別にそんな「賞取って小説家になったるぞ!」みたいな必死な思いなんかなしに暇つぶしで書いただけのこと。

だってさ、初心者がそんなのあり得ないと思ったし、出版までが如何に厳しい道のりかというような話もネットなどで見聞きしてきたからだ。

それが一発で本になってしまった。

自分で読んでも非常に出来が悪く、どうしてこんなのが???と今でも思う。

 

ただ、そこから売れるかとなるとレベルが上がり、重版などというものは滅多にあることではないから、ただの瞬間風速なのであろう。

自分的にもあれは瞬間風速でしかなくて、次回作を書きたいのに全然書けなかったりするから不思議

一発屋ってこんなもんなんだろうな、と思ったり。

2018-04-19

漫画村に一番適した広告

 出版社だよね。

 今までどんな業者広告を出していたのか知らないけど、有効から出していたんだろう。

 よく「出版社が売上減を漫画村所為にしてるけど、無料で読むような奴は漫画村があってもなくても本買わない」って言があるけど、その「無料で読むような奴ら」相手に物を売る業者がいるわけで。奴らは本当に、殊更に漫画だけを買わないのか。

 無料で読めるウェブ漫画を、紙でわざわざ出版して買う人もいるわけだし。

 また最近は「出版社宣伝を怠ってる!」「もう編集者にそんな余力はない」と批判されたりするわけだし、全部読めてしまう雑過ぎる宣伝媒体だけど。

 出版社はむしろ漫画村広告出したら、と。

 「漫画村がのさばるのは出版社電子書籍を怠ったから」って話もあるけど、最早出版社が統一プラットフォーム作るほどの力もないし。

anond:20180419022433

質問なんだが

「そこで得た利益」ってどうやって利益を得るのさ

よくyoutube比較して議論してる人がいるけど、大きな違いがある

youtubeでは製作者は無償コンテンツyoutube提供し、youtube側は広告料の一部を製作者払う。

漫画出版は多くの場合出版社が作者に原稿料を支払って作者が出版社コンテンツ提供雑誌連載、その後コミックスとして出版した本の売り上げから印税を作者に払う。

このスキーム無料プラットフォーム追加するとなると

広告料のみで雑誌売り上げと単行本売り上げ両方を賄わなきゃならないことになる

出版社利益を確保しつつそれをview数で割るということになると作者の元には今よりもずっと少ないお金しか入ってこなくなる。

しかネット広告料はどんどん減ってきている。

自費出版ならともかく、商業ベース作品無料流通させるのは現状は不可能

2018-04-16

anond:20180416114256

そういうこと言うのはアナリストとかコメンテーターであって出版社出版不況若者のせいにはしていないぞ。

anond:20180416001951

自動車も良いけど単車も良いぞ(チラッ

でも自動車はかなり前からワゴンタイプみたいなのが主流なのが悲しい所。

それと件のブロッキング騒動話題を知ったので、久々にあの関係を覗いたら、

出版普段表現の自由を盾にしているのにブロッキングには賛同していたりと余りにアレな事、

一部の同人関係人達は相も変わらず、ブロッキング危険性も判ってない癖に法学者かにかみついているのを見て、

こいつら本当かわんねーなと言う冷めた目でしか見れない点で同意

しか趣味ってその元締めがアレだった場合一気に冷めたりするよね。

こっちは音楽に続いて漫画アニメまで普通に冷めた口だわ…。

2018-04-15

著作権ブロッキングで一部の方々が行う懸念する方に対する罵倒の話

ここで文章不法投棄をする。

どうせこんな妄言しかない日記が注目される事もまずないだろう。

初めに今回の著作権改正改悪)については

リーチサイト規制情報受け手側が犯罪になってしまDL規制静止画も含め更に拡大する等についても危惧する点は非常に多くあるが、

これ等を取り上げると範囲が更に広がってしまうためここでは取り上げないこととする。

また私個人の考えとしてブロッキングについては今回一番悪いのはまともな法的処理すら通さず、議事録すら非公開にした政府であると言う考えである事も理解して頂ければありがたい。

何せ与党議員から批判意見が出た位なのだ

恐らくこれに関しては反対している人なども共通した考えであろう。

そしてブロッキングの何が問題なのかもここでは詳しくは取り上げない。

この手の問題点はもう多くのニュースサイトや私よりも詳しい人が多く取り上げており、それらのサイトを見て貰った方が早いからだ。

ようはブロッキングと言うもの自体簡単に言えば中国金盾の親戚みたいなものだと言う認識で良い。

付け加えるとすれば、今回児童ポルノから著作権まで範囲が広げられてしまうと政府業界に都合の悪い情報は全て遮断してしまって良いと言う前例が出来てしまい、

今後拡大解釈され続ける危険性が非常に高くなってしまう点、更に今回法律を通さず、あくま政府ISPにお願いするだけと言う形をとるため、

何か問題が起こった時には政府は一切問題を取らず、責任は全てISP側に来るなどの問題点も今回の事例には新たに追加されてしまっている。

ブロッキング問題点については以上の記述位としておく事にする。

それと敢えてここで一部の創作物コンテンツに関連している方々を指す単語として意図してオタクと言う言葉を使わない様に意識する事にする。

オタクと言う単語自体のものが余りにも広域な範囲対象を指す言葉であり、ここで使うのは余りにも不適切単語であるからだ。

(※オタクと言うのはあくまでそう言う趣味嗜好を持つ人々を指すだけの言葉であり、オタク一言で言っても色々なジャンルはあるし、

そう呼ばれる人達創作物コンテンツに関連しない仕事の人々や例えばそれこそ医師弁護士公務員等の様々な方々もいる。

そういう意味においても今回はオタクと言う単語自体使用する事は今事象においては余りにも的外れであると考えたからだ。)

また何よりもオタクと言う言葉自体非難罵倒としての逃げの口実、或いは免罪符として機能しているからだ。

実際、自身責任から逃れたい一心責任転嫁するためだけにオタクと言う言葉を使っている例も多く見受けられる。

それに今回感情的に反対している人たちを罵倒等をしているのはツイッター等を見る限り、その人間本質オタクと言う広域の言葉で指す人々よりも

もっと狭い範囲である同人プロわず、その関連、または業界無理解な一部の創作物コンテンツに関連した方々が多い様に見受けられたからだ。

からこそあえて一部の創作物コンテンツに関連している方々と言う言葉を使わせて頂くのだ。

(※あくまでも一部の創作物コンテンツに関連している方々である

何度でも言うが一部の創作物コンテンツに関連している方々である

ここは重要である

この言葉には何もここで指すのはアニメ漫画出版業界だけではない、別の何かも含まれると言う意味合いもある。

別の何かについてはブロッキングの件を少し調べたら判ると思うので、色々察してほしい。

それに元々作家さんでも表現の自由言論の自由に詳しく、危惧して動いていた方も少なからずおられる。

なので、同人プロわず表現の自由観点から懸念を持つ作家さんや関係者の方々が、決して少なくない数がいる事も付け加えておく。

例えば今回もちばてつやさん等はブロッキングに対して懸念した発言をされておられ、元々個人的にも尊敬している点も多かったりする。)

そしてこれから書く事はあくま愚痴恨み節の類であり、俗に言う俺は詳しいんだ、知っているんだ的なノリの頭の悪い稚拙文章しかないので、

運悪くこんな記事を見てしまった人は軽く聞き流して頂いて構わない。

何より私自身間違いが多い人間であるのは自覚しているからだ。

私がこれから書くこの様な内容の文章過去多数出ており、実際私自身も何度か見かけているが、それでも敢えて匿名の卑怯者としてこのような文章を書かせて頂く事を許して欲しい。

この様な文章は書く事はないと思っていたがどうやら私の番が回ってきてしまったようだ(苦笑)

ついでに私自体、もはや規制に対し、反対する気力もなく、その反対する人々を罵倒する一部の創作物コンテンツに関連した方々に対し、

何の期待もしておらず、説得する気も皆無である点も読む際に考慮して頂けると助かる。

まず件の著作権ブロッキング拡大報道について、一部の創作物コンテンツに関連している方々が今回の報道ブロッキングに対し危惧し、

その問題点を指摘している一般人には勿論の事、実際弁護士法学者、また長年創作物関係での規制危惧し動いている

本来一部の創作物コンテンツに関連している方々にとっても味方であるであろう青少年健全育成条例児童ポルノ禁止法で反対していた方々や

反対活動で精力的に動いていた団体にすら石を投げているのを見かけ、ああこいつら進歩ないな、この先創作物コンテンツが、

滅亡してもこいつらは懲りないし、学習もしないだろうなと言う感想を抱いた。

何故このような感想を抱いたかと言うと過去青少年育成健全条例児童ポルノ禁止法等でも同じような構図を見かけたかである

今回に関しては個人的にはもはや怒りではなく、彼ら一部の創作物コンテンツに関連している方々に対して、失望絶望と言う様な感情しか湧いてこない。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間安易感情から匿名掲示板のノリで揚げ足取り罵倒するのは構わない。

どうせ実際この記事をもし君等一部の創作物コンテンツに関連している人間が見つけた場合には必死罵倒揚げ足取りを行う事もあるのだろう。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間の行動は容易に予測できる。

きっとブーメランとかも言い出す事だろう。

だが、その都度味方は減り、敵は増え続けるのだ。

その一部の創作物コンテンツに関連している人間創作分野以外の事柄には興味がなく視野が狭い癖に妙にプライドだけは高く、

人の話を全く聞かないくせに自身に対する非難スルーする事が出来ない人間も非常に多いのだ。

尚且つ議論とやらが好きだから猶更性質が悪い。

更に図星をつかれると非常に怒り出す。

からこそこの手の一部の創作物コンテンツに関連している方々は、ブロッキングの件に関連して指摘された件でまだ反論が容易であろう、

ブロッキング懐疑的他者から出版ブロッキングでなく、まず検索サイトに対しての行動や法務の方を動かせよとか

出版業界のそのもの不備の指摘や逆に何故今まで逆に現在違法サイトが行っているようなサービス公式でしなかったのか?

そもそも著作権規制を進めた所で過去の事例から見て売り上げが回復していないだろうとか

出版新古書店図書館の件も反論されて言い返せなかった件についてはどうなの?

と等言うような指摘に対しても何故か真向な論理でなく、何故か作家が食えなくなってもいいの?等と言う感情論で怒り狂い出していたのだ。

私が見た限りは主にこんなコメントしかなかったのだ。

所詮こんな事に対しても主に感情論でしか返せない連中なのだ

なので、ブロッキングに対してもまともな返答等出来るわけがない。

反対や慎重的意見としてブロッキング効果や薄い事や通信の秘密だけでなく、表現の自由言論の自由でひいては自身の首を絞める事にもなりかねないと

私が見た限り、ブロッキング懐疑的で反対意思を持つ方々は見た限り、非常に論理的に指摘されているにもかかわらず、

それに対し、一部の創作物コンテンツに関連している方々はブロッキング必要悪だとか論理すり替え的外れ発言ばかり行っていたのを見かけた。

これだけならまだ良い。

やはり挙句の果てにその反対している人間に対して人格的な罵倒等の俗に言われる叩き等の行為を行っていたのだ。

これを未だ一般人に対してだけならまだしも学者等のお偉いさんや実際表現規制に反対され動いている人に対しても行っていたのだから唯々呆れる他なかった。

だが、ただまず一部の創作物関係に関連する人間はこれだけは判っておいた方が良い。

青少年健全育成条例青少年健全育成基本法案の時でも児童ポルノ禁止法の時でもTPPの時でもそうだが、

別段漫画アニメ音楽映画等の創作物に対する表現の自由言論の自由が損なわれるから反対している人たちばかりではないと言う事だ。

規制関係では創作物方面ではなく、通信インターネット情報関連の視点から強く問題視して反対している方や

その改正によって逆に児童権利が奪われる点を強く問題視している方や他の法律の兼ね合い等から問題視されている方や

改正により一般人が逆に不当に逮捕される等の不具合が生れるから反対している方等本当に様々な視点から反対している人々がいる事を実際にみてきた。

それに著作権ブロッキング話題に関しては何も今始まった話ではなく、過去音楽業界映画業界等が様々な圧力をかけて行おうとしてきた。

また私自身今回に関してもあくまで矢面に立っているのが出版と言うだけで、この件でも音楽業界映画業界もかなり圧力をかけていたのではないのか?と言う懸念を持っている。

それに対して一般人だけではなく、通信方面法学者から懸念する声も当時から多く、反対され続けてきた事実認識すべきだ。

実際児童ポルノ関連でのブロッキングに対しても様々な懸念する声があがっていたほどだ。

からこそ漫画アニメ利益が損なわれたから、過去反対してきた人達が今回はブロッキングに賛成に回ると言うバカな話はあり得ない事位は理解すべきだ。

ブロッキング何が悪いのか判ってないのに君ら一部の創作物コンテンツに関連している人間は短絡的に感情論でそれら反対している方々に対し、

人格批判等で攻撃したりすべきではないと言っているのだ。

こんな事だから当時匿名掲示板等で肉屋を支持する豚だとか罵倒されたのだ。

しかし一部の創作物コンテンツに関連している方々の行動をみていると何故オタク(と世間では一括りにされてみられてしまう)が嫌われるのか良く判る。

から連帯責任大好きな国家からね、日本

なお、それでも思い込み感情からその方々に対して嫌味を言い罵倒するのならばそれも結構だ。

だが、そう言う行動を行う度に他分野の側面から反対していた方々は一部創作物コンテンツに関連している人間に対して、

そんな連中しかいないと思われその人達は呆れ、そしてこの先何か問題があった場合でもあいつらだから別にいかと扱いが軽んじられる可能性があるのも十分に考慮すべきだ。

たこの手の規制に対し危惧し反対する活動は実入りは全くなく、寧ろマイナスであり、時間的にも資金的にも負担が大きい。

更に言えば初めはどう活動すれば良いかすら皆判らず、手探りで行っていた位である

また反対している人同士でも考えの相違で、精神的肉体的にもかなり摩耗するし、それで最後には潰れてしま活動を停止せざる得ない位、追い詰められる人も実際に見かけている。

過去に聞いた話では実生活すらまともに送れなくなってしま人間もいる程だ。

なので、実際今でも長年活動している人々の精神負担はかなりのものだろう。

更にここに合わさりいつも通り俗に言う味方から石を投げられる構図が加わるのだ。

正直たまったものではないし、これが実は一番心的ダメージが大きい。

(※また青健法の件で話はずれてしまうし、この記事自体事実かどうか判らないが、

少し前に

マンガの人たち」の信用は地に堕ちている──青少年健全育成基本法案の本当の問題

と言う見出し記事で、

出版業界自体が一部のオタクが騒いでいるだけ、その時が過ぎればフェードアウトする等と言う

まるで過去どこかの政治家がしたと言う発言と全く同じ様な考えをもっていると言う記事をみて個人的には呆れ返った。

記者があの記者だし、誇張も非常に多いだろうが、これが事実だとしたら、余りに一般人やそれこそ少しでも活動した事があった読者に対しても喧嘩を売っているとしか思えない。

もし読者が出版社がこんな独善的な考えを持っていると知る事になれば、失望し、場合によっては以降漫画を買わなくなる様な事も十分に起こりえるだろう。

また私の記憶では当時出版はほぼ目立った活動をしておらず、実際に活動していたのはその手探りで行動を行っていたオタクとある団体であった事を記憶している。

そしてそれで精神的肉体的に限界をきたし、潰れてしまった人も多かったのだ。

個人的には出版にそこまで嫌悪感は今まで抱いていなかったのだが、流石にこの記事と昨今のブロッキングの件で一気に出版に対する嫌悪感を持つに至った。

多分一部の創作物コンテンツに関連している方々もこう言った類の考えなのだろうと個人的には思ったくらいだ。

たこの件が事実ならばこんな事を言われては実際長年継続して今も行動をし続けているとある団体の彼らに対しても非常に失礼であると私は考える。)

そしてあくま最後に警告として書かせて頂く。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間はせいぜい好きな様にブロッキングに反対している法学者弁護士

規制問題で実際に危惧、反対をし、ロビー活動をしてくれている方々に石を投げ続ければ良いだろう。

だがその度に彼らは君ら(全ての)創作物コンテンツ関係した人間に対して、法学者弁護士等の有識者は呆れ果ててしまう事になるだろう。

またロビー活動してくれている好意的人間精神は摩耗し続け疲弊し、モチベーションを保てなくなり、

そして最後にはこんな奴らのためにと言う思いを抱き、挙句の果てには活動を停止せざるえない位にまで精神的肉体的に追い詰められ、

君等創作物コンテンツ関係した人間を見捨てる格好になるのだ。

その結果もし君等一部の創作物コンテンツに関連している方々が本当の意味で困った事態に陥った所で、その時は誰も救いの手を差し伸べてくれる事はなくなるだろう。

でもその時が来ても一部の創作物コンテンツに関連した君達の事だ。

今回の著作権ブロッキングでの件でもそうだったが、当時も青健法や児童ポルノ禁止法等の時にも反対し味方してくれたであろう人々に対して石を投げ続けた君達はいつもみたくこう言うのだろう?

「あの時は彼らが勝手に反対していただけ、誰もその時に助けてくれなんて言っていない。」

オタクはその時だけしか騒がない。その時が過ぎれば何もしない薄情な連中」

と。

イケハヤ氏、noteで月400万円稼ぐ

anond:20180404081352

リモート結婚

今の時代、昔はなかったテクノロジー活用できる。

FaceTimeなどを活用して、遠距離結婚生活を実践

ノウハウがたまったら出版して共有ください。

月1でお互いが往来したらいいんじゃないですか?(子どもも作れる!?

困難に負けず頑張ってください。(増田応援w)

anond:20180415021901

違法じゃなかったら作者や出版業界に金が入らない方法で読んでもいいんだな?

いいよ

図書館行ってこい

anond:20180415020947

違法じゃなかったら作者や出版業界に金が入らない方法で読んでもいいんだな?

漫画村の建前が金が入らないというなら、ブックオフで読み買いするのと漫画村の違いが俺にはわからない

漫画村漫画家出版業界に金が落ちない!って騒ぐのにブックオフ古本屋肯定かよ

ふざけんな

2018-04-14

anond:20180414215401

定額制については、

ひとつ観るのに時間がかかる映画や、

短いスパンで何度も繰り返し聴く音楽と違って、

読むのに時間がかからずいちど読めば十分という漫画はかなり向いてないんだと思うが、

出版全体でいえば雑誌定額はわりとボーダレスにいろんな出版のものを扱っているよな。

なかでも漫画雑誌の定額読み放題はまだ少ないが、

ブックウォーカーと同じくカドカワマガジンウォーカーは、

カドカワほとんどの漫画雑誌に加えて、

カドカワ以外の漫画雑誌もいくつか取り扱ってるぞ。

さすがに集英社講談社あたりの大手のはないけどな。

もっと取り扱い雑誌が増えることを祈って課金検討してくれや。

anond:20180414213655

旧態依然が悪い理由か…。欲望を知ってしまたからかな…。

ドーピング手段としてダメというルール化には成功したけれど、速くなりたい。という欲望は、技術を高める修練を積むシューズなどの用具の性能を高める。という別の手段昇華できたか欲望が満たされたと考えると、漫画村で知ってしまった欲望に対し正規昇華する手段が乏しいというのはある。

まぁでもたしかに、ここまで書くと、既存出版業界の出している漫画閲覧コンテンツ昇華しろ、とはなるね。

anond:20180414213724

いや、出版各社ともweb漫画電子書籍サービスを作りまくり力入れまくってるんだが(作りすぎて分散して使いづらいというのはあるが)。

電子書籍サービスならどこも基本的出版社の垣根なんかないし。

で、音楽業界映画業界ももちろん違法コンテツを取り締まって訴えてきてるんだよ。

あと今は逆にAmazon Netflix Huluで囲い込みまくってて横断できないとかな。

結局、音楽映画分散がないというのは、そのぶんAppleAmazonが総取りしてるだけで、その業界が一致団結したわけでもないんだよな。

2018-04-13

anond:20180413232848

いやマジでそう思うし、日本出版に限らず何もかもそうしないと未来が無いわ

俺なら喜んで犬になる

anond:20180413135930

そら、出版するにあたって資本提供する側よ。

庶民のために漫画を描くのではなく、金持ち資本家のために漫画を描くしかなくなるわけ。

娯楽にパトロン必要中世に逆戻りだな。

anond:20180413003857

詳しそうだから教えて

なんでおちんちんイラストカリ部分に刻み海苔乗っけてればセーフみたいな風潮になってるの?

いかなる根拠基準で「おちんちんプライバシー配慮」みたいな表現がまかり通ってるの?

直接的には、わいせつ図画頒布罪の関係

わいせつ図画頒布罪は『最低限の性道徳』を守るものという判例があり(チャタレー事件四畳半の襖事件。この判例について時代錯誤その他の理由批判する意見は多数あるし、俺も疑問に思っているがとりあえず今現在もそういうことになっている)、最低限の性道徳マンガや絵であっても含まれる(松文館事件)。ちなみに刑法のこの条文に触れると、R-18などではなく根本的に出版したり売ったりすることそのもの犯罪になる。

じゃあその『最低限の性道徳侵害する、わいせつな図画』とは何かというと、現在は実写でも絵でも、『例外医学書とか)を除き、性器を直接的に描いているもの』が事実上基準になっている。

AVを見れば分かりやすい。男性器&女性器はモザイクがかけられているが、肛門おっぱい等はセーフになっている。

(余談だが、女性器の中を内視鏡で見るシチュエーションでは、一定より奥になるとモザイクが外されている。どうやら外性器問題らしい)

そういうわけで、エロマンガでも男性器&女性器でも修正必要になっている。

どの程度修正するか、については警察がどこまで取り締まる&取り締まらいか裁量との兼ね合いでやっているとは思うがどのように決めているのか詳しくは知らない。

それとは別に、今でもカリ部分だけの修正大丈夫なのか。この辺はコアマガジン家宅捜索(2013年)で多少厳しくなったとされていて、俺の手元にある2014年以降に出たエロマンガでは竿部分まで修正が入っているのばかりだが。(※サンプルは一桁)

なお、ダビデ像春画などの古典芸術基本的に最低限の性道徳には触れないようだ。もっとも、ダビデ像モザイクかけたらそちらの方がよほど猥褻だとは思うがw

anond:20180412185935

政府ISP違法行為強要する形になっているのが最大の問題

サイトブロッキングについては10年くらい前から議論が重ねられていて、

児童ポルノサイト以外に適用するのは無理筋っていう結論が既に出ている。

立法してから来いという話もあるが、実際問題として憲法改正でもしなければ立法不可能だろう。

議員立法で押し通す手もあるが、違憲の誹りは逃れられない)

なんでダメなのかというのを噛み砕いて説明する。

法律を作るためには、ここからNGでここまではOKという基準を作る必要がある。

海賊版サイトブロック基準に含めようとすれば、それ以外の膨大な違法行為もこれに含まれることになる。

Youtubeニコニコ動画も5chもTwitterAmazonGoogleも少なから違法性は孕んでいる。

政府保護したいと考える産業敵対サイトについて

好き放題に規制できる法律が出来てしまえばそれを止める方法は何もない。

今回の「要請」は、どう転んでも正当化出来ない手段を、

政府出版業界が一切の責任を取る必要のない形でISPに丸投げするものだ。

ISPは、明らかな違法行為に手を染めるか、政府圧力をはねつけるか、という非常に重い決断を迫られている。

こういう無理筋な「お願い」がまかり通ってしまえば、いつ何時自分の関わる職種にも同種の圧力がかからないとも限らない。

法治民主主義標榜する日本という国の一員として到底看過しかねる事態と言わざるを得ない。

個人的には、犯罪捜査過程における違法行為は許されると考えるぐらいにはラディカルな立場だし、

不法サイトについてDDoS攻撃を認めろという過激意見も、サイトブロッキング要請に比べればまだ穏当だろうとも思っている。

本件は他にやれることがないなどということは全くなく、

政府及び出版業界自分たちの責任回避しようとする思惑の産物しかないと理解していただきたい。

2018-04-12

エロ書きたくない作者が自作エロライズ原作として売り出すモデル

https://anond.hatelabo.jp/20180411184241

個人的に前々から思ってたのが一般作品エロライズってなんで殆どないんだろう

成人向け二次創作同人文化見てると需要自明だと思うけど全然ないよね

リトルバスターズ エクスタシーとかはセルフエロライズの例だよね

商業界隈内での二次創作独自リメイクみたいなのもっと積極的になって欲しい

といっても角川とかがよくやってるメディアミックス展開みたいなのは大抵残念なものなんだよね

色々クリアしないといけないこともあるだろうが出版業界いろいろ頑張ってくれって感じ

[追記]

書き方悪かったけど公式エロ二次創作というより別作品・別ブランドとして別の客層に向けたエロライズリメイクの方を主に期待してる感じね

エロライズ原作というよりエロライズ原案

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん