「今治」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 今治とは

2019-05-28

anond:20190528053251

神戸の増益はイニエスタなどによるもので、一番大きいのは観戦チケットを大幅値上げしたことだろう。主収益チケット収入である上にノエビアスタジアムキャパが限られてるのでチケット収入には上限がある。

一方で、ちょっとけが込むと監督をクビにして低空飛行、なんてサイクルを繰り返してたら、ロートルスター選手が居なくなった後にはぺんぺん草しか生えないだろうな。チケット値下げしなおさなきゃいけなくなるかもしれない。

そもそもバルセロナサッカースタイルは「バルセロナスタイルサッカーが身に染みてる選手」が11人揃わないと上手くいかない。イニエスタを、ビジャを生で見りゃ一目瞭然だが、そもそもボールの持ち方が違うしボールを受ける体の向き、顔の向きも他の選手よりタイミング2つくらい早い。神戸が上手くいってないのはこのタイミングのずれが大きなところで、前後が分断したサッカーをしているように見える。ちょうど欲しいタイミングボールが来ずにイライラするポドルスキを(そして鳥栖では諦め顔のトーレスを)、1試合のうち何度も見ることができるわけだ。

神戸安井に変えたら上手くボールが動くようになったり、鳥栖豊田前線で使ったら得点できるようになったりという現象の原因は同じで、日本サッカーを習った選手スペインサッカーを習った選手には決定的な差があるんだろうと思う。指導者経験が無いか分からんが、俯瞰で見てる限りだと選手間の小さなタイミング問題が起きてることが分かる。あとボールの受け方が本当に、天と地ほどの差がある。

ハイラインサッカーをやるには増田が指摘する初手の奪取力、球際の強さもさることがら、奪取の仕方の差が大きい。タイミングひとつ相手より抜きんでるために、どうやって「より速いタイミング」を蓄えるかということだ。

この「より速いタイミング」を作り出すために、川崎横浜は「向き」から入ってるのに対し、鹿島東京は「強さ」で優越を取ろうとしてるのが少し違う。

向き、というのは、どういう体(顔)の向きでどちら側に向かってボールを奪うか、その方向の決定が周辺にいて前につなぐ役割選手と共有できているか、ということだ。これには体の扱い方(ザックジャパンの頃はしきりに体幹体幹言われていた)や球扱いはもちろん、個々の選手ピッチで起きてる状況を把握でき、複数改善方法(どこを埋めればいいか←どこで受ければいいか←どこに向かって蹴ればいいか←どこで奪取すればいいか←どこを埋めれば(以下ループ))の中からその瞬間に最善の策を選手間で共有して対応できるか、ということで、これには体幹技術に加えて、フォーメーションの引き出しがいかにたくさんあるか、ということが大切になる。(これを具体戦術図に落とすと最近流行りの5レーン理論とか言われるようなものになったりする)

実は過去歴代「お雇い代表監督」は全員、この3点について日本サッカーに苦言を呈し続けてる。つまり日本サッカー指導はどこか根本的なところで圧倒的に足りないというか全く手を付けられてない教育分野があるのではということだと思う。(これについては今治社長をやってる岡田さんが話し出すと止まらなくなるほどの問題意識を持ってて、とても興味深い)


川崎が強くなったのは風間八宏の力が大きかったが、川崎で、風間代打教祖となり革命を始めたシーズンは散々な結果だった。横浜については今のポステコグルーが方向転換したようでいて実はその以前のシティフットボールが入ってきてから徐々に選手教育スタイルを変えてる。それでも去年はあわや降格のラインに足を踏み入れてたが。

川崎横浜、あとは大分札幌もそうだが、こちらのスタイルは、選手ボールの取り扱い(というかボールに向かう向きやピッチのどこを見るかなど含めた取扱い)から矯正しているので時間がかかる。時間はかかるが一度そういうサッカーが身に染みてしまえば強い。多くの局面で先手が取れれば、簡単ワンサイドゲームになる。去年の横浜お笑いサッカーは、まだスタイルが身に付いてない選手たちを連れてやらざるを得なかった分、GKが通常より数メートル前、更にCBがサイド領域までカバーするという色んな意味オモシロサッカーだったが、降格圏に居るのになぜかたまに酷いワンサイドゲームで勝ったりしてた。

風間は今名古屋でも2シーズンちょっとやってるが明らかに名古屋サッカーが変化したから、解説時代は陰気くさいけど的確な好事家向けのニクイタイプだったが、指導者としては相当実力が高い。さすが教祖だと感服する。仙台渡邊監督は意欲やヨシなのだが、イマイチ指導力というか指導ノウハウに追いついていない部分があるのではと思う、仙台はあと、まぁやりたいだろうなと思われるサッカー選手構成がちぐはぐなのもあるのだが、まぁこれはまた別の話か。

一方で鹿島東京ハリルホジッチイメージしてたような方向というか、日本サッカー現在の実力を踏襲して強度による奪取力を高めたもので、川崎横浜大分広島)型と、似ているようでかなり違う。どちらも面白いサッカーだ。みんな違ってみんないい。プレミアのペップ・シティvsクロップリバプールみたいなバチバチのやつをJリーグでもぜひ見たい。

一方で、日本代表を見る目戦で言うのなら現状のリソース踏襲型の強度でギャップを作る方向性を進めていっても、W杯ベスト8を勝ち抜くのは無理だろうなという予感がある。ACLアジアNo.1は上手くすれば取れる、ただ対ヨーロッパとあるレベル以上の国には全く歯が立たない。それは上記で述べた、選手体現できる戦術の数や種類が圧倒的に違うからだ。

なので、神戸に関しては、スター選手を連れてくる以前に、三木谷を羽交い絞めし監督の首を切るのを止めさせるのが一番手っ取り早いと思う。ベンゲル連れてきても面白いとは思うが、ベンゲルおいさんもチーム作るのに時間がかかるし何より年だ。ポドルスキをはめるならリージョよりベンゲルのが上手いかもしれないが…、でもアーセナルですでにアウトオブデイト感が出まくってたわけで、金の使い方が分かってねえな…という感じである

anond:20190527231028

http://www.hmaj.com/kateiyaku/konjisui/#cont02より引用

今治水は、明治20年代にはすでに“今、治る歯くすり”として、歯痛薬の有力商品に育っていました。

名前が同じだけでタオル今治とは何ら関係ないぞ

2019-05-27

今治水

瀬戸内海のほぼ中央部に突出した高縄半島、「二十一世紀に残したい四国自然百選」のひとつ、鈍川渓谷を源流にもつ蒼社川は、京都鴨川金沢犀川と並ぶ名水である蒼社川伏流水霊峰石鎚山より流れ出た地下水は、極めて重金属が少なく硬度成分も低いため、晒しや染めに適しており、今治国内最大規模のタオル産地を形成している。

年配の方には人気。

軟水だから歯に染みない(虫歯自体に効くわけではない)。

なにげに東京でも売っていたりする。

ドンキで680円。

重くてかさばる手土産現地調達しましょう。

2019-01-20

四国、寝台

寝台では浅く眠っただけだった。起きるとそこは横浜駅を発車したばかりで、車内は人々がまばらに朝の眠気を横たえていた。

金曜、仕事が定時を少し回って終わった。

エンジニアとして現場研修をしている私は、帰路につくためバスから電車へと乗り換える赤羽駅にいた。

――どこか遠くへ行きたい

そう思いたち、改札を抜ける前にみどりの窓口へと向かった。

「22時東京発、寝台券はまだありますか」

用意されたのは、琴平行きの座席特急券。それを手にしたあと、大宮にある自宅へ一旦戻って、身支度を始めた。

最低限の替えの着替えと、歯ブラシタオル文庫本リュックサック突っ込み、口座から少しだけ金を引き出し、気付くと東京駅9番線ホームサンライズ瀬戸を待っていた。

人生初の寝台列車だ。

入線してきた赤色薄茶色の車体に乗り込み、間もなく発車したサンライズ瀬戸号の車窓へ目を向ける。

通過する品川駅にはまだ多くの通勤客が帰路を急ぐ。彼らを裏切るかのようにして、私は東京を離れた。

小学生遠足ときのように、興奮で眠りは浅く、然し心地の良い揺れはまるで子守唄のようだ。

沼津を過ぎるまではそんな調子で、しかし体がいよいよ慣れたのか、それから岡山出雲市行きと分割するまでぐっすり眠った。

瀬戸大橋線に入り、車窓には瀬戸の島々が並ぶ。それまで横になっていた私は、その時を待っていたかのようにすぐさま体を起こし、洗面台で丁寧に顔を洗い、歯を磨いた。高松では多くの乗客が下車し、それから延長運転を行う琴平行きの車内は伽藍であった。

定刻で琴平に到着したサンライズ瀬戸は、しばらくホームに身を横たえ、旅を始める我々を見送っていたように思えた。

観光案内所も閉まっている。まだ9時前だった。

急ぐ必要もない私は、とりあえずその足で気の向くままに、初めて足を踏み入れた四国の道を歩き出した。

金比羅山の長大で急な階段参道はやはり足に堪えたが、御本宮からの眺めを見てそれも消えてしまった。

初詣からまだ数週間足らずで再びお参りをするのは変な気分だったが、この旅の無事を願い、参道列に加わり手を合わせる。

いきあたりばったりでこのあとの予定も何一つ決まってはいない。不思議とそれが心地よかった。

来た道をそのまま下り琴平駅に戻る間に土産の品をいくつか買った。飴、手ぬぐい(今治のものだ)、饅頭

すれ違う人々は意外にもスーツ姿の団体が多く、1人の私は割に目立った。それもまた不思議と気分を高揚させた。

琴平から土讃線上り特急に乗り、松山を目指す。

予讃線に乗り継ぐ多度津駅で近くの食堂に入り、日替わりの昼食を注文した。

予想はしていたが、メニューにはナチュラルうどんが設定されていた。かき揚げおにぎりと一緒にいただく。もちろんとても美味しかった。

予讃線下り松山行きの特急いしづちしおかぜ自由席は半分ほど埋まっていた。

空いている窓側席に腰を下ろし、金比羅山で蓄えた疲労をしばしの間、癒やす

文庫本を開いてすぐ眠ってしまい、松山駅の到着案内で目を覚ますことになった。

松山駅を降りると、失礼ながら想定していた風景とはだいぶ違った街並みが広がった。

すぐそば伊予鉄道路面電車が走り、人々が休日らしい顔持ちで道を往きかっていた。

バスターミナルにて1Dayパスを購入し、中心市である大街道電停に向かう。

大街道電停松山城の目と鼻の先にあり、電停を降りる瞬間、目に入った。

琴平駅では松山方面に向かうか、高知方面に向かうか一寸悩んだのだが、松山に来て正解だったようだ。非常に立派な天守閣だった。

城を横目にマンホールカード収集のため坂の上の雲ミュージアムに赴き、1時間ほど観賞したのち、喫茶店に入りたばこを吸った。

道後温泉行きの時刻に合わせて喫茶店を出て、再び路面電車に乗り込む。

きっとこのまま温泉宿に泊まるのだろう。車内は温泉客でほぼ席が埋まっていた。

道後温泉街は本当に賑わっていて、改めて今日土曜日だということを私に再認識させた。

――少し急がなければ。

人混みを縫うようにアーケードを抜け、道後温泉本館で湯に浸かった。

復路の寝台が高松駅を21時半前に発車する。

琴平駅のみどりの窓口ですでに確保していた、その列車のことを念頭に置きながら、再び路面電車に乗り、JR松山駅前電停で降りる。

駅前キオスクで少しのビールつまみを購入し、もうすぐ発車する高松行きの特急に乗り込んだ。

もうこの旅も終わりだ。

余韻と若干の寂しさを感じながら、日が暮れかかっている四国風景を見て、ビールを飲んだ。

2時間以上瀬戸内海のふちを走りきり、降り立った高松駅は、高層ビルがいくつかそびえ立つ、立派な港町だった。

連絡船時代面影をほんの少しだけ残したホームでまたうどんを食べ、キオスクビールつまみを買い足す。最後の晩餐ともいえるような光景だった。

もう少し、ここにいたかったな。

そんな気持ちを奪い去るようにして、寝台特急サンライズ瀬戸高松を出発。途中の岡山出雲市から来た列車と連結し、東京に私を運んだ。




追記

座席特急券

往路はノビノビ座席を、復路はソロ寝台券を取りました。

座席特急券」と書いたのは、ノビノビ座席について、寝台券必要がなく座席として発券される特急券というニュアンスを込める為です。

高知について

今回でサンライズが大好きになったので、また近いうちに乗って、高知城も見てみたいです。

あと、四万十川も。

2018-08-25

自由

母が入院した。

顔面麻痺だそうだ。

今治療しなければ今後治ることはないらしい。

家は一人になった。正確に言えば一人と一匹と、いくつかの植物だけ。

父親はいない。中学生を過ぎた辺りから姿が見えなくなった。

犬は毎日寂しそうにしている。窓の外から足音がするたびに嬉しそうにする姿に、母がいないという事実を改めて認識し悲しくなる。

親の死とはこういう事が永遠に続くのだろうか、と考えたら親孝行をしようと思った。

ただただ孤独感ばかりが心臓を包み込むように苦しめてくる。

スマホを開けばいつもと変わらないSNSアイコンが目に入り、一層惨めになる。

最近、人と疎遠になる境界線というのを何となく感じるようになってきた。

大抵の場合相手から、それもある日を境に、突然死んだように返信がなくなる。

そんなことがもう3回、それが普通なのか、俺が悪いのか、孤独に変わりはない。

いずれにしても、やる事はやらなくてはならない、その為に与えられた、きっと今は自由時間なんだろう。

2018-08-07

なんで原爆ばっか特別扱いされてんだ

原爆で死のうが焼夷弾で死のうが機銃掃射で死のうが同じだろ。

原爆ばっか追悼だの未来記憶を伝えるだの、釈然とせんわ。

同じ日に空襲食らった今治はどうでもいいのかよ。死者が少なかったから。

なんだってんだ。

2018-05-10

元Jクラブスタッフからえとみほさんへ

先日えとみほさん(@etomiho)が栃木SC入社したツイートnoteを拝見して、元Jクラブスタッフからメッセージです。

個人的には、えとみほさんのような発信力を持った人がJクラブ内に入ってくれたことが嬉しいし、

Jクラブの内部から会社を発展・成長させていくことは、非常に大変で難しさも伴うことですが、頑張ってほしいなと思う。

物事ゴリゴリ進めていく推進力のある人が、そのクラブの成長とともにナレッジノウハウ成功事例としてどんどん発信していくことがこれから日本サッカー界には必要だと思うから

本当は自分がそのような役割を果たしたかったのですが…。

実は私自身は、とある2つのJクラブで働いた(約4年と約2年)経験があるのですが、このまま5年〜10年Jクラブで働いたとしても私及びクラブの双方が幸せになる未来が見えず、1年前ほどにサッカーから離れる決断しました。

現在は、サッカーとは全く違う業界で働いていますが、

日本サッカー界をビジネスサイドの内側から変えていきたい、発展に貢献したいと志を持っていたとき(いまもその気持ちは捨ててないですが)に感じたことをシェアし、今後の栃木SCの発展に少しでも活かしていただければと思い、匿名ではありますがこの度ブログ記事を書かせていただきました。

(どうか、えとみほさんに届け!)

このブログで伝えたいことは、2つ。

1. 残念ながら現在のJクラブ労働環境スーパービジネスパーソンでない限りJクラブスタッフとしてビジネスサイドの発展に貢献することはまだ難しい状況であると私は考えているということ

2. そのような状況を打破するためにも、えとみほさん含む現在Jクラブで働いている人たちには頑張ってほしいということ

私は(これは私がサッカー界を離れた理由でもありますが、自身ビジネススキル不足もさることながら)現在のJクラブ労働環境スーパービジネスパーソンでない限りJクラブスタッフとして、ビジネスサイドの発展に貢献することは、チャレンジングな仕事であるがまだまだ難しい状況にあると考えています

私は、新卒入社から約6年間Jクラブで働きました。日本サッカー界をビジネスサイドの内側から変えていきたい、発展に貢献したいと志を持っていました。しかし、このまま5年〜10年Jクラブで働いたとしても、私及びクラブの双方が幸せになる未来が見えず、サッカーから離れる決断しました。

それが1年前。

サッカークラブで働き、内側から改革していくにはまだ難しい状況にある。そう思った理由としては、以下の2点からです。

(ⅰ)Jクラブは熱を持った優秀なビジネスパーソンが圧倒的に足りないため

(ⅱ)優秀なビジネスパーソンを受け入れる環境が整っていないため

※それぞれ(ⅰ)、(ⅱ)について中島涼輔さん(@nakaryo716)というSHC4?期生がブログに書かれていたことと重なるので、こちらもご参照ください。実際私は新卒としてJクラブ入社しましたが、中島さんが言う「新卒でJクラブに入るのはおすすめしない」に同意見です。

https://sosal.me/blogs/358/

3ヶ月間SHCの研修コースに通って分かった、『Jリーグ』の今 - ソーサル|個人参加型フットサル(個サル)の新しいカタチ

https://sosal.me/blogs/359/

新卒が『Jクラブ』に入社してはいけない理由。 - ソーサル|個人参加型フットサル(個サル)の新しいカタチ

(ⅰ)について(Jクラブは熱を持った優秀なビジネスパーソンが圧倒的に足りないため)

Jリーグができて25年が経ち、全国各地にJクラブJリーグ百年構想クラブ誕生し、普及の意味では世界的に見ても大成功歴史を作ってきたと思います

ただし、普及ではなくJリーグ及びJクラブ事業と強化としては、これからが本番だと私は思っています

J1のクラブであれば、これから本気で事業規模100億円を目指すクラブも出てくるでしょうし、プレーオフ圏内を目指すJ2クラブであれば事業規模18億円から22億円かつ平均観客動員数1万人〜1万2千人、J3クラブであれば、J2ライセンス取得と事業規模10億円前後かつ平均観客動員数6千人がむこう5年の目標レンジでしょうか。

クラブによって現在立ち位置地域経済圏のことなどもあり、目標はそれぞれだと思いますが、Jクラブ事業サイドは基本的に「どうやって協賛金(スポンサー料)引っ張ってくるか」と「どうやって観客動員数増やしてチケット収入やすか」の2つが最重要ポイントです。

(もちろんチームの成績やスター選手がいる等でもこれらの数字は変わってきますし、もっともっとJリーグ全体の事業規模が大きくなり魅力的なリーグになれば欧州リーグのように放映権もより大きな収益の柱となります

その最重要ポイント収入2つを伸ばすためにより人材必要になってくると思いますが、私の経験からするとJクラブに熱を持った優秀なビジネスパーソンが圧倒的に足りないと感じています

まず私が実際に入社してから在職中に社内の状況でびっくりしたことを以下箇条書きしてみます

  • 意味のない会議発言しない出席者が無駄に多く、何を決めるかがハッキリしていない会議)が多い。会議も開始時間が予定より5分以上遅れることは当たり前。アイデアを考えてくる会議でなにも考えてこない人がいることが多々あるし、考えてきたとしても「それ会議10分前にちょろっと考えたやつだろ」というぐらいのペラペラアイデアを平然と出してくるし、次回からちゃんと事前準備をして考えてきてくださいと注意しても改善されない。
  • 日々の業務で忙しいせいもあり、なにか新しいことをやろうとしても「私の仕事を増やすな」とみな他人事で非協力的。言い出しっぺが指示だけして現場や部下に丸投げパターンが半数以上を占めることも・・・

フォローしておくと、社員一人ひとりは本当にいい人ばかりですし、やっぱりクラブのことが好きなんだなと感じることも多々あります。ただ、それならクラブファンでいればいいことですし、クラブの発展のために働く社員としてはどうなの!?ということでびっくりしたことを箇条書きさせていただきました。

もちろん、全てのクラブがこのような状況ではないと思いますし、有名な大企業でも上記のような状況は多々あると思います

しかし、Jクラブはどこも中小企業であり、社員数も50人以下のクラブほとんどです。

そのような中小企業生産性のない人ばかりでがっかりした思いがいまでも蘇りますし、いつの間にか自分の中にあった「このクラブをよりよくしたい」という想いもしおれて、知らないうちに自身ビジネスパーソンとしての成長も阻害されてる状況になってる気がして泣けてきます

なお、Jリーグ人材不足問題認識しており、SHCというスポーツエグゼクティブ成プログラムを2014?年からスタートさせ(それ以前にはJFA主催のSMC講座もあった)、Jクラブに優秀なビジネスパーソンを送り込むような動きも見せていますが、依然としてJクラブ現場に優秀なビジネスパーソンは極端に少ない印象です。

逆に優秀なビジネスパーソンがトップ層にいる(いた)クラブは着実にチーム成績も含めて事業規模を拡大しているイメージです。

具体的にクラブ名を出すと、札幌(野々村さん)、いわき大倉さん)、鹿島(W鈴木さん)、川崎天野さん)、湘南(眞壁さん)、岡山木村さん、小川さん)、今治岡田さん、矢野さん、中島さん)、長崎(髙田さん)などなど。

いま名前が出たある人と少しお話をさせていただいたこともありましたが、その人は「上に立つ人間仕事組織が自走するような雰囲気作りが全てだ」と話しており、やっぱり上に立つ人間クラブも変わってくるのかなとそのとき思いました。

(ⅱ)について(優秀なビジネスパーソンを受け入れる環境が整っていないため)

ズバリ言うとおカネのことです。Jクラブスタッフ給与水準やりがい搾取レベルで低いです。

新卒のJクラブスタッフ給与について中島涼輔さんのブログにも記載されていますが、まず間違っていないと思います。大きな責任企業を持つクラブは、少し違うかもしれませんが、責任企業を持たない地方クラブ場合は、新卒年収は200万〜250万くらい。5年から10年働いている35歳前後の人の年収が300万円に満たないことも多々あると思います

※このことはFC今治経営企画室長 中島啓太さん(@keitanakajiman)もTwitter言及し、危惧していました。

選手に当てはめてもいえますが、いい人材には、高い給料がついてくるものです。

しかし、ことクラブスタッフに関しては、欠員が出たら募集は掛けるが、いい人材を自ら探して引っ張ってくるということはほぼないのではないでしょうか。

役員以下の役職あるJクラブスタッフに800万〜1000万円級の給与を払っているクラブはまずないはずです。逆に800万〜1000万級の人材ガンガン入れたからこそ横浜DeNAベイスターズは急成長したのかなと。池田純さんは経歴見ただけでこの人すごい感あるし、東北楽天ゴールデンイーグルス立ち上げには小澤隆生さんがいた)

中途で入社してくる人も前職より給与アップして入社したというのはほぼないと思います

例え給与が下がったとしてもクラブで働いてみたい人は多いので、会社スタンス人材におカネをかける意識が低いですし、人が辞めても安月給で働きたい人はたくさんいるから育てる意識そもそもない。

このような意識になった要因としては、クラブスタッフは忙しく(担当部署にもよりますが)業務内容も生産性が求められるものより週次の試合に向けた日々のオペレーション業務ほとんどだったからではないかなと思います

しかし、ここ数年はSNSも普及しましたし、スタジアムを中心としたまちづくりを目指すクラブも出てくるなど、仕事内容的にもより優秀な人材が求められてきていると思いますが、クラブスタッフが本気でそのことに気づいていない。もしくは業務に追われて人材組織)強化まで手が回らないんだと思います

事実クラブ事業側のトップである社長の半数以上が在任3年未満となっており、現場チームのトップである監督が変わることが多々あるにも関わらず、その現場を支える事業側のトップもすぐ変わって、事業戦略がコロコロ変わることも残念ながら現状としてありますクラブスタッフスムーズ仕事が回るよう努力しても事業現場トップが変わることが何度も続いて、その度に事業方針や強化方針が変わるとせっかくやってきた業務効率化が役に立たなくなり、忙しさのループから抜け出せないクラブが少なくないと思います

※なお、事業規模が成長したとしてもすぐにクラブスタッフ給与への反映はあまりされません。その分、チームの強化費や強化運営におカネがまわります。チームの強化費と成績はある程度の相関関係にあるからです。魅力的なチームを作り→成績が上がり→観客動員数が増え→売上を伸ばしまたいい選手を獲得して→魅力的なチームを作る好循環を狙いますが、強化費を上げた結果チームの成績が上がるとは限らないのがサッカークラブ経営していくうえでの難点(かつおしろいところ)です。

また、クラブスタッフは日々忙しいあまり、他のことに手を出す余裕がありません。(私が在職中にきつかったことは、まさにこのことです)

J2J3クラブ場合は、担当部署複数兼務することはごくごく普通にあります

忙しいあまりに本を読む時間も取れませんし、(給与が低いため)本を買うこともほとんどなくなりました。代わりに月に1度図書館に行ったり一番大きい本屋立ち読みできれば上出来なぐらいです。都市圏クラブであれば違うかもしれませんが、地方クラブだとほとんど金銭的・時間的・地理的理由で他のことに手を出す余裕がありません。他スポーツ勉強として観戦することはもちろんできず、地方都市では開催されるイベントの質と量ともに比べものにならないですし(これも担当部署にもよりますが)基本まとまった休みも取れないので家族旅行も難しいでしょう。

このようにおカネもない、休みもない環境だと、いくらやりがいを感じていても辞める人(もしくはより事業規模の大きく給与も高い他クラブステップアップ移籍)が続くのも納得できると思います

以上、ざーっと書かせていただきましたが、

Jクラブは熱を持った優秀なビジネスパーソンが圧倒的に足りないことと優秀なビジネスパーソンを受け入れる環境が整っていないため組織として弱い会社クラブ)が多く、内部から改革はめちゃめちゃ難しい状況にあると私は思います

ただ、(無茶言うなと言われるかもしれませんが)難しい状況だからこそ、えほみほさんはじめ現在Jクラブスタッフとして一生懸命働いている人たちにはどうか頑張ってほしい。そしてこの状況を変えていってほしいです。

最後・・・

つらつらと在職中に感じていたことを書かせていただきましたが、仕事としては非常にチャレンジングでやりがいは間違いなくあります

私も自身金銭的余裕ができてビジネスパーソンとして「いまならお役に立てるかも」と思えたら再度挑戦したい気持ちはあります

私自身は、引き続きサッカー界にアンテナを立て続ける予定ですので、「イニエスタJリーグにくるかも!?」を超すような事業側のニュースが出てくることを楽しみにしています。今後のJリーグの成長を考えると村井さんや木村さんなら「外資オーナーOK!」ぐらいのことはやると思ってますし、アジアで一番のサッカーリーグになっておらが町のクラブとしてたくさんのクラブが町の誇りであり続けることを祈っています

2018-04-14

新設の獣医学部を作るのが今治じゃなくて東京大学だったら

マスコミが大して騒がなかった可能性ってどれくらいあるんだろう

これが話題になったのって「地方」に「新設」だからって要素も結構あると思うんだよな

その意味では地方大学絡みの話で良かったってことになるのかな

いや良くはないか

[]2018年4月13日金曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
008411686139.153
0175673389.848
0254396373.454.5
03215674270.2127
04205727286.4103
05152469164.6115
06154936329.173
07385670149.247
087313485184.748
096911359164.666
1012515944127.655
1110312545121.860
12128987077.151
139918034182.253
14139960369.139
15147968565.942
1610714782138.157
171451435599.055
1810713617127.362
1910111037109.359
208612604146.671.5
2112714978117.953
221191146596.348
239412520133.251
1日2091252741120.953

頻出名詞

人(231), 自分(168), 話(123), 日本(119), 今(107), 増田(98), 同じ(85), 前(75), 好き(70), ゲーム(70), 漫画(69), ー(63), https(61), com(61), 安倍(61), 必要(60), 感じ(59), 相手(59), 仕事(58), 問題(58), 人間(57), 大変(55), 女(54), 意味(53), http(53), 男(53), 韓国(51), 気(50), ネット(50), 関係(49), 時間(48), あと(44), 社会(44), アニメ(42), 存在(41), 女性(41), 金(40), 子供(40), 普通(40), 世界(38), 他(38), 今日(38), 時代(37), 理解(36), 総理(36), 理由(36), 国(35), 無理(35), 消費(35), 気持ち(34), 頭(34), 顔(34), ダメ(33), html(33), 絶対(33), 最近(33), 生活(33), サイト(32), 場合(32), 興味(31), 個人(31), 目(31), スポーツ(31), こんな(31), 国民(30), ゴミ(30), 中国(30), 言葉(29), 逆(29), プロ(29), レベル(29), 記事(28), 最初(28), 友達(28), 海外(28), 一番(28), お金(27), 意見(27), 自殺(27), 嫌(27), 声(27), 企業(26), 人生(26), 結果(26), 家(26), 結局(26), ~(26), いいん(26), www(26), キャラ(26), 法律(25), 男性(25), 勝手(25), 別(24), 手(24), 可能(24), 水(24), 違法(24), 会社(23), たくさん(23)

頻出固有名詞

日本(119), 増田(98), 安倍(61), 韓国(51), 中国(30), 自民党(19), 日(15), JeSU(14), 加計(12), アメリカ(11), japan(10), mybookingpal(10), php(10), 東京(10), kr(9), politics(9), vk(9), login(9), query(9), arti(9), al(9), wor(8), world(8), 江原(8), 高橋(8), sports(8), 今治(8), 道(8), 浜村(7), 木曽(7), 農水省(7), appvs(7), 愛媛(7), article(7), バレ(7), trashcan(6), 佐川(5), bot(5), 米津(5), 自民(5), 晋(5), ISP(5), 麻生(5), 財務省(5), ぁ(5), LINE(5), 北朝鮮(5), 森友(4), 枝野(4), 草間(4)

2018-04-13

[]2018年4月12日木曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
00666879104.261
01648308129.851
0215127284.875
031281367.827
041087687.610
05133025232.788
0615127484.974
0736322489.657.5
0881727189.857
091551227579.251
10103784276.151
111261118188.745
121731605192.853
1314216015112.839
1413213533102.552.5
1510412125116.646
16107906284.745
171551289383.242
18708638123.465.5
19749754131.841
2067473170.650
211131010889.539
227514053187.444
237210141140.852
1日1980201344101.749

頻出名詞

人(192), 自分(165), 増田(105), ー(78), 女(73), 話(72), 前(68), 今(62), 男(62), 問題(58), 好き(58), 仕事(57), 相手(52), 感じ(51), 関係(50), 普通(49), 時間(48), 安倍(46), https(45), 人間(42), 日本(41), 結婚(41), 同じ(40), 気持ち(39), 子供(38), 基本(37), あと(36), 意味(36), 気(35), ~(34), 会社(32), 風邪(32), 理由(31), 家(31), 最初(31), 社会(31), 頭(31), 女性(29), イキ(29), 病院(29), 必要(29), 金(28), 存在(28), 漫画(28), ネット(28), ダメ(27), 他(27), こんな(27), www(26), 子(26), 可能(26), 情報(26), 学校(26), 結局(25), 無理(25), 今日(25), 逆(25), 時代(25), 症状(24), 理解(24), 一緒(24), セックス(24), 一番(24), 嫌(24), 生活(23), 最近(23), 手(23), 医者(23), 顔(23), com(23), いいん(22), 病気(22), 心(22), 夫(22), 絶対(21), 言葉(21), 精神(21), 周り(21), 本人(21), 否定(21), 目(21), 総理(21), 当たり前(21), http(21), 色々(21), 一般(21), 経験(21), レベル(20), 首相(20), 日(20), 別(20), 勝手(20), 昔(19), 本(19), 個人(19), 説明(19), 国(19), 結果(19), 親(19), 企業(18)

頻出固有名詞

増田(105), 安倍(46), 日本(41), 日(20), 東京(14), 加計(13), 平成(10), 森友(10), 自民党(10), 柳瀬(9), 愛媛(9), 財務省(9), 今治(8), 関西(8), キモ(8), 大阪(7), 宝塚(7), 唯夫(7), 創価学会(7), カノ(7), 石破(6), 中国(6), ワイ(6), 公明党(6), 金(6), 法務省(5), 日本テレビ(5), マック(5), 晋(5), 福田(5), 大蔵省(5), 韓国(4), 村尾(4), カス(4), article(4), リーマン(4), search(4), 佳子(4), Unity(4), アメリカ(4), 正裕(4), 篤(4), twitter(4), UTF(4), ゴマ(4), 昭和(4), 金沢(3), PS(3), 小泉(3), TBS(3)

2018-04-12

[]2018年4月11日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
006910679154.854
0148357674.550.5
02252564102.673
032081040.542
041554036.010
058964120.575
06154758317.2110
07274264157.962
0869620589.931
09113796570.531
1015215895104.650
11103772675.060
12122902274.043
1391820590.254
1489757885.149
1579738793.547
16677667114.444
179317362186.765
181361071978.848
1999947395.747
201061057599.848.5
219914589147.455
228411038131.477.5
238514198167.062
1日1814193759106.848

頻出名詞

人(209), 自分(156), 増田(85), 今(83), 話(77), 低能(74), 女(70), ー(63), 男(62), 問題(55), 前(53), 相手(52), 日本(48), 仕事(48), 感じ(47), 意味(47), 人間(46), 気(46), 時間(45), 気持ち(43), 関係(43), あと(43), 好き(42), 普通(37), ゴミ(37), 同じ(37), 安倍(37), こんな(36), 会社(35), 子供(34), ネット(34), 可能(34), ジム(33), 場合(32), 親(32), 最近(31), 必要(30), 理由(30), 先生(29), 他(28), 言葉(27), 昔(27), 社会(26), いいん(26), 頭(26), レベル(26), 世界(26), 目(25), 今日(25), https(25), 他人(25), 嫌(25), 金(25), 時代(25), 理解(24), 責任(24), 全部(24), 女性(24), 手(23), 生活(23), 結果(23), 本人(23), 漫画(23), 存在(22), 馬鹿(22), 説明(21), ~(21), 友達(21), 確か(21), ダメ(21), 結局(21), 記事(20), 内容(20), 間違い(20), 結婚(20), 一緒(20), 一番(20), 日(19), 情報(19), 場所(19), 個人(19), 色々(18), 家(18), 酒(18), 基本(18), ゲーム(18), 定義(18), 状況(18), 最初(18), 絶対(18), 男性(18), com(18), 罵倒(18), こいつ(17), 運動(17), マジ(17), 勝手(17), ほとんど(17), 文章(17), 大丈夫(17)

頻出固有名詞

増田(85), 日本(48), 安倍(37), 日(19), 民主党(11), 東京(10), 太郎(9), キモ(9), 麻生(8), 枝野(7), 加計(6), コス(5), アメリカ(5), 自民党(5), パ(5), 高知(4), 晋(4), 金沢(4), 愛媛(4), バレ(4), 自民(4), 毎日(4), 関西(4), 長瀞(3), 韓国(3), 今治(3), all(3), 高木(3), アフリカ(3), マリア(3), イラ(3), 花子(3), 中国(3), 公明党(3), web(3), 玉木(3), you(3), ロシア(3), twitter(3), 米倉(3), 石破(3), LGBT(3), the(3), 充(2), 雄一郎(2), サリ(2), ヤフー(2), 英(2), チン(2), コナン(2)

2018-04-11

[]2018年4月10日火曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
006213095211.270
0143310472.235
02101350135.063
0319165186.931
04928731.921
056989164.834.5
06192834149.269
07385098134.275.5
08576337111.268
09517742151.870
10718990126.664
11678457126.268
1214821615146.060.5
1314915301102.763
141281250097.760.5
1515717819113.556
161731329576.846
1799765877.446
1812113144108.648
19102917990.052
207313349182.944
218610144118.050
228210836132.164
23668859134.252
1日1836213633116.455

頻出名詞

人(206), 自分(175), 今(100), 話(90), 好き(81), 増田(81), 仕事(75), 女(65), 感じ(64), ー(62), 問題(59), 前(58), 関係(58), 気(55), 人間(54), 相手(54), 同じ(52), 男(52), 普通(52), 時間(50), 日本(48), 金(48), 他(47), 結婚(45), 親(42), 今日(42), 意味(41), https(41), 最近(40), 女性(39), 気持ち(39), あと(37), 必要(37), こんな(37), 現金(36), 場合(35), 可能(35), 指輪(34), 存在(33), 無理(33), ネット(33), 会社(33), ダメ(32), 一番(32), 男性(31), 顔(31), 目(30), 全部(29), 声(29), 状況(28), 頭(28), 理解(28), いいん(27), 内容(27), 昔(27), 情報(27), 手(27), com(27), 言葉(27), 興味(26), 一緒(26), 漫画(26), お金(25), ~(25), 社会(25), 状態(24), 友達(24), 彼氏(24), アニメ(24), 質問(24), 電子(24), オタク(24), 時代(23), 意見(23), 幸せ(23), 大学(23), 婚約(23), ゲーム(23), 価値(23), 子(23), 毎日(23), 理由(22), 嫌(22), 生活(22), 安倍(22), 他人(22), 大丈夫(22), 逆(22), 勝手(22), 個人(22), 基本(22), 結局(21), 家(21), 嫌い(21), 意識(20), 確か(20), 説明(20), データ(20), http(20), 政治(20)

頻出固有名詞

増田(81), 日本(48), 安倍(22), 東京(14), 森友(11), 加計(11), キモ(10), 朝日新聞(9), アメリカ(8), 愛媛(7), 財務省(6), 中国(6), 関西(6), LINE(5), Twitter(5), どん(5), Google(5), 今治(5), 米(4), 九州(4), detail(4), 韓国(4), デビット(4), article(4), 柳瀬(4), 安室(4), 京都(4), リ(4), 自民党(4), 民主党(4), 坂本(3), 太郎(3), クラ(3), 佐川(3), jp(3), 昭恵(3), 平成(3), イラ(3), スマート(3), PC(3), 金(3), 松屋(3), 民進党(3), 自民(3), youtu(3), 赤井(3), 朝日新聞社(3), 藤原(3), rd(3), キツ(3)

2018-04-04

[]2018年4月3日火曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
007714699190.952
017513132175.166
0265345953.238
03143482248.760
0482902362.8279
051562141.431
0621129861.830
0723197786.047
08474904104.353
09108827076.648
10116973984.052
1111713265113.460
1279722691.552
139014457160.659.5
1492887096.449
151391058376.141
1615324458159.946
1710213956136.851
181151068692.943
19104770474.140
2012412660102.139.5
211871669589.339
221791444180.740
231291272398.646
1日2179232207106.647

頻出名詞

人(246), 自分(180), 増田(133), 今(99), 話(97), 女(72), 男(67), 同じ(66), 仕事(66), ー(63), 好き(63), 普通(61), 時間(61), 日本(60), 問題(60), 前(59), 気(57), あと(57), 子供(53), 相手(53), 会社(53), 社会(52), 人間(51), 感じ(51), 金(51), 気持ち(49), 女性(48), こんな(47), ネット(44), 必要(44), 顔(42), 結婚(40), 今日(39), 手(39), 無理(38), 関係(38), 意味(38), 安倍(37), https(37), 頭(36), 大学(34), 言葉(34), 親(33), 程度(32), お金(32), 最近(32), 生活(32), 理解(31), 友達(30), 昔(30), いいん(30), ゲーム(30), 毎日(29), 保育園(29), com(29), 全部(28), 時代(28), 人生(28), 勝手(27), ダメ(27), 責任(27), 結局(27), 結果(27), 他(27), 目(27), ゴミ(27), 一番(27), 記事(26), 可能(26), 夫(26), 一緒(26), 子(25), 世界(25), 嘘(25), http(24), 場合(24), 嫌(24), 時点(24), 理由(24), 夜(24), レベル(24), 他人(24), 彼氏(23), 環境(23), 企業(23), クズ(23), 確か(23), 情報(23), 最初(23), 一般(23), 職場(23), 部屋(22), 低能(22), マジ(22), 家(22), 教育(22), ~(22), 当たり前(22), anond(22), 個人(22)

頻出固有名詞

増田(133), 日本(60), 安倍(37), 東京(18), 晋(15), 自民党(14), 金(11), 加計(11), カノ(10), 大阪(9), 財務省(9), appointuit(8), 中国(8), ドロ(8), アメリカ(7), 麻生(7), 今治(7), 愛媛(7), キモ(7), 民主党(6), bot(6), togetter(6), 森友(6), LINE(5), 上野(5), 昭和(5), 関西(5), DS(4), 時事通信(4), マルクス(4), シンドラー(4), 史郎(4), 毎日(4), NL(4), 昭恵(4), 枝野(4), 田崎(4), Google(4), wedstrijd(4), どん(4), Brugge(4), Club(4), KIJKEN(4), 米(4), ナチス(4), Web(4), 相模原(4), 正(4), genk(4), PS(4)

2018-03-01

花粉症運転

1.運転前に服をはたいて花粉を落とす

2.エアコンは内気循環にする

3.エアコンフィルタはこまめに交換

4.ダッシュボードもこまめに拭き掃除

クシャミ1回で60km/hなら約8m走行する

(JAF提供)

花粉症のくしゃみで事故、裁判官「速やかに運転中止すべきだった」と有罪 3人死傷で松山地裁 - 産経WEST

乗用車運転中、花粉症による連続したくしゃみなどの症状で事故を起こし、3人を死傷させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた県立高の教頭(54)=休職中=に、松山地裁今治支部は2日、禁錮3年、執行猶予4年(求刑禁錮3年)の判決を言い渡した。

人を殺して執行猶予軽すぎワロタ

認知症と同じく運転禁止にしてくれよ

2017-12-11

デパコス

給料たから買っちゃった。勇気を出して順番待ちの紙もらった。研修中のBAさんが担当してくれた。すごく丁寧に説明してくれた。あまり化粧に詳しくないから一式揃えたいと言ったら心よく説明してくれた。今まで使ってたプチプラより凄くいい。なんだか気分がすごく良くなった。なぜか今治タオルもくれた。うれしい。

次の日の朝は化粧のために少し早起きした。ちょっと気分が上がった。

2017-11-03

http://b.hatena.ne.jp/entry/www3.nhk.or.jp/news/html/20171102/k10011208861000.html

birisuken8574 ここまでされてもネット愚痴ることしかしない日本国民デモすらしない日本国民海外なら余裕で暴動になってるな。

はてサの皆さんで今治の用地で沖縄みたいに延々と座り込みデモとかやればいいじゃん

どれくらい「日本国民」とやらが集まるのか知らないけど

あの辺の連中とか韓国労組とかも集めてギャーギャーやってみて欲しい

2017-10-20

列伝ネトウヨまとめ宰相プリーン安倍晋三

こんなんが日本総理でほんとええんか?

記者クラブ党首討論 10月8日

http://fast-uploader.com/file/7063002021344/

記者クラブ党首討論 森友加計関連抜粋 10月8日

http://fast-uploader.com/file/7063002120902/


記者「じゃあ質問の仕方を少しを変えます安倍さんは”丁寧に説明してきた”と仰っているんです

が、例えば朝日新聞で、安倍さん説明が十分でないというのが79%、9月の段階でですね。

で先ほど安倍さんは”国会をずっと見てきた方は大体わかってもらえたんじゃないか”と仰ったんで

すが、実は私は7月国会の閉会中審査安倍さんが”加計学園今治特区になったと知ったのは

1月20日だった”と。

あの証言で逆にびっくりしてですね。それまで知らなかったなんてことはないだろうと皆の疑念

膨らんでいるんですね。イエス・ノーでここだけは教えて頂きたいんですけれど、本当に1月20日

だったということをこれからも仰り続けるわけですね?」


安倍「あのー、まずですね。朝日新聞は先ほど申し上げた八田さんのですね報道もしておられない。」

記者「してます。」


安倍「いやほとんどしておられない。してるというのはちょっとですよ。ちょっとですよ。ほんの

ちょっとアリバイ作りにしかですね。しておられない。加戸さんについてはですね。証言された

次の日には全くしておられない。」

記者「しています。」


安倍批判があったから。批判があったか投書欄等で載せておられますが…いやこれはしかし、

大切なことですから是非皆さん調べて頂きたいと思います。本当に胸を張って、しているというふ

うに言うことできますか?」

記者はい。できます。」


安倍「あーこれはあの。これは是非、国民の皆さんですね、新聞をよくファクトチェックをして頂

きたいと思います

で、今の答えについてはイエス。」

2017-10-15

中古マンション買おうと思ってるんだけど、埼玉県ならどのあたりがねらい目なのか

ひとり暮らしだがそろそろマンションを買おうかと思っている

埼玉県あたりを狙っているんだが

考えていた川口あたりは今治安が悪いらしい

どのあたりがコスパいいんだろうか

 

 

追記

思ったよりトラバ?多くてTHX

治安が知りたかった

2017-10-13

プリーンプリーン!こと安倍晋三さん。保守速報大スキ!

記者クラブ党首討論 10月8日

http://fast-uploader.com/file/7063002021344/

記者クラブ党首討論 森友加計関連抜粋 10月8日

http://fast-uploader.com/file/7063002120902/

記者「じゃあ質問の仕方を少しを変えます安倍さんは”丁寧に説明してきた”と仰っているんですが、例えば朝日新聞で、安倍さん説明が十分でないというのが79%、9月の段階でですね。

で先ほど安倍さんは”国会をずっと見てきた方は大体わかってもらえたんじゃないか”と仰ったんですが、実は私は7月国会の閉会中審査安倍さんが”加計学園今治特区になったと知ったのは1月20日だった”と。

あの証言で逆にびっくりしてですね。それまで知らなかったなんてことはないだろうと皆の疑念が膨らんでいるんですね。イエス・ノーでここだけは教えて頂きたいんですけれど、本当に1月20日だったということをこれからも仰り続けるわけですね?」

安倍「あのー、まずですね。朝日新聞は先ほど申し上げた八田さんのですね報道もしておられない。」

記者「してます。」

安倍「いやほとんどしておられない。してるというのはちょっとですよ。ちょっとですよ。ほんのちょっとアリバイ作りにしかですね。しておられない。加戸さんについてはですね。証言された次の日には全くしておられない。」

記者「しています。」

安倍批判があったから。批判があったか投書欄等で載せておられますが…いやこれはしかし、大切なことですから是非皆さん調べて頂きたいと思います。本当に胸を張って、しているというふうに言うことできますか?」

記者はい。できます。」

安倍「あーこれはあの。これは是非、国民の皆さんですね、新聞をよくファクトチェックをして頂きたいと思います

で、今の答えについてはイエス。」

もう、病気だろ。コレ

2017-10-07

anond:20171007035716

個人的には今治立候補しろよって思ったけどな

今治市民の前で主張できるのかって

2017-09-24

これら二つの大学建設加計グループが手に入れるであろう土地評価額補助金は、淡路島不動産30億円+補助金13億3300万円、今治土地37億円+補助金96億円で、計176億円。財源は、もちろん血税だ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51382?page=2

17600000000円÷127000000人=138.582677165円/1人

加計学園は138円を1億2700万人に返して!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん