「コミック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コミックとは

2018-10-22

なろう小説初めて読んだ

コミカライズされた悪役令嬢の1巻を読んで、どうしても続きが気になって読んでみた。

文章簡素で、ほとんどプロットのような感じ。そういえば昔個人サイトで見かけたSSってこんな雰囲気だったかも。

あっさり淡々ストーリーが進んで、あまり盛り上がりの無いままあっという間に最終回

えっ?!もう終わり?!

うーん。コミックを描いた方、すごく見せ方の上手な人だったんだな…。

キャラの設定は同じだけど、より魅力的に描かれていたし、話の大まかな構成そのままでより効果的な順番に再編されてるようだった。

何より続きの気になる引きの作り方が上手い。

というか、原作の方はほとんど主人公の1人語りとキャラの掛け合いだけで、キャラクターの仕草や表情についての描写が少なく想像しづらい。

漫画になって絵がついてしっくりくるというか、これがもしアドベンチャーゲームだったら過不足のない文章だったろなと思った。

とりあえずコミックは出たら全巻買おう。

小説の方はもしかしてウェブ掲載のものに加筆修正加えてるのかなー。だとしたらこっちもチェックしよかな。

anond:20181021192616

洋ゲー規制企業側の自主規制からじゃないのか?

ついでにいうとその自主規制のおかげで店舗でのゾーニングも緩くて一般ゲーム雑誌にも紹介記事を平気で載せられる現状があるんじゃないのか?

成人コミックAVと同じ表現で同じ扱いになるとそれはそれで不都合が出る気がするが、

例えば店舗でのゾーニングを厳密に行う、もしくは面倒なので店頭での取り扱いをやめる、

一般ゲーム雑誌記事が載らなくなる、ゲームサイトでは記事アクセスするたびに年齢確認を求められるなど、

洋ゲー増田はそっちの方がいいのか?

2018-10-20

ドラゴンボールが今読んで面白いか最高かって言ったら、面白くもないし最高でもない。

ストーリーこじつけ無駄アクションを繰り返すばかり。

それは北斗の拳だってジョジョだって同じだ。面白くもなんともない。

しかしそれは、今コミックで読み返すからだ。

当時は週刊連載で、毎週満足感を得てそれをまわりと共有することにこそ意義があった。また次週に期待する中毒性こそが週刊連載に求められた性質だった。そのバランスが好循環していたのが連載時の90年代前後だ。

その後はマンガ文化のものクオリティが上がり、雑誌としても読者としてもそれを達成していることを求めるようになった。しかトータルクオリティの達成は難しく、達成するためにどんどん多様化分化していった。

ドラゴンボールハラスメントは、思い出補正による神格化と旧作の陳腐化との争いなのだ真正面に争うこと自体無意味なのだ

2018-10-18

オタクさん「アメコミPTAに屈したからつまらなくなった!」→コミック市場は順調に推移

ドラマ映画多様性に媚びてる!」→ネットフリックスが全世界制覇

ゲーマーズゲートでゲーム業界は終わった!」→やっぱり欧米の独擅場

表現の自由が無い国は娯楽がつまらん!」→韓国インド映画が破竹の勢い

 

はいよいよ総本山アニメか(というか子供向けに限ってはディズニーがとっくに制覇してるが)

個人的には今度公開されるスパイダーマン推したい

2018-10-16

anond:20181016121830

なんでおまえの脳内では俺がコミックDAYS開発者になってんのん病気か?

ネットに繋がってないスマホ握って「表示されへん!」って怒ってそうで怖いわ。

anond:20181016121628

ワイの環境問題があるなら、それはコミックDaysユーザ50%以上に問題があるって事なんだよ。

いい加減にiOSシミュレータ通信速度制限掛けてテストしろよ。なんかバグが見つかるのが怖いのか?

anond:20181016120700

俺はごく普通フレッツ光 or ソフバンの4G環境だが、コミックDAYS特に支障なく読めているので、やはりおまえの環境には何かあるんだと思うね。知らんけど。

anond:20181016120050

ワイの回線ボト1%とかならともかく、

都内docomo LTE+iPhone Xっていうアンテナ不安定になるわけがないって回線(MVNOではあるが)なので、一般コンシューマ平均で言うと寧ろ上位50%以内には確実に入ってる。

こういう環境ロードテストすらしてないのが丸わかりなんだよ。(iOSシミュレータでも十分分かると思うけど)

流石に回線は糞ではないね。この回線を糞だとするなら、完全に「コミックDays普通回線でもまともに漫画が読めない糞アプリである」ことを認める結果になるぞ?

anond:20181016114104

同じ回線で他社アプリだとストレスなく読めるのにコミックDaysがそうじゃねえからDisってんだろうがクソが。

三大・漫画雑誌定額読み放題サービスまとめ

サービス運営月額漫画雑誌バックナンバー備考
マガジン☆WALKERKADOKAWA500円40誌最新号とその前の号のみKADOKAWA漫画雑誌ほとんど取り揃えており、KADOKAWA以外の出版社漫画雑誌も一部取り扱っている。漫画以外の一般誌も読むことができる。
少年ジャンプ+集英社900円/500円2誌/2誌定期購読開始以降の全ての号週刊少年ジャンプ定期購読は月額500円、ジャンプSQ.定期購読は3ヶ月1500円(月割500円)、それぞれ増刊号も読める。
コミックDAYS講談社720円/960円6誌/13誌週刊誌は最新4号分・月刊誌は最新2号分月720円の「プレミアム」では青年誌が中心だが、月960円の「もっとプレミアム」なら週刊少年マガジンなかよしなども配信される。また漫画の購入に使える「ポイント」が毎月200ポイント貰える。
Komifloワニマガジン980円6誌最新号から1年前までエロ漫画専門サービスコアマガジン雑誌も一部取り扱っている。内容が内容なのでアプリがない。

Komiflo推し増田がいたので追記ときました。

79番組の途中ですがアフィサイトへの転載禁止です (ワッチョイ 676e-mWrV)2017/11/23(木) 20:06:55.67ID:1VLaYSyE0

国民漫画とされる尾田栄一郎ワンピース

これと同じ海洋冒険ファンタジーコミック「フルアヘッド!ココ」(開始次期もほぼ同じ)の作者を例にするとこうなる

米原秀幸

SPRINGS』(1989年、全1巻) - デビュー

Vision NOA』(2011年 - 2012年、全4巻)

『GARAKUTA』(1990年、全1巻)

箕輪伝説』(1990年 - 1992年、全8巻)

『ウダウダやってるヒマはねェ!』(1992年 - 1996年、全21巻)

『フルアヘッド!ココ』(1997年 - 2002年、全29巻)

『フルアヘッド!ココ 番外編-ZERO-』(全1巻)

Switch』(2002年 - 2005年、全13巻)

南風!BunBun』(2005年 - 2006年、全4巻)

『Damons』(原作手塚治虫2006年 - 2008年、全13巻)

『風が如く』(2008年 - 2010年、全8巻)

COLD RUSH』(漫画原作担当作画:くまだゆか、2011年 - 2012年) - 初の漫画原作少女漫画誌も初

報道ギャング ABSURD!』(2010年 - 2013年、全5巻)

ROCK&GEM』(2013年 - 2014年、全2巻)

DRAGON SEEKERS』(2015年 - 2017年、全6巻)

サンセットローズ』(2012年 - 2017年、全21巻)

『フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス』(2017年 - 連載中)

有能な漫画家が描きたいジャンルサクサク描いたらこうなった


尾田栄一郎

ONE PIECE1997年 - 続刊中

WANTED! 尾田栄一郎短編集』

本当に他に描きたいモノはないのか心配になるよね



大友克洋正論日本漫画家はどうでもいいことをダラダラと描き過ぎ」 [399576827]

https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1511433154/79

2018-10-13

バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんの最近

バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんは、最近バーチャルのじゃロリ狐娘”元”YouTuberおじさん」と名乗っている。

以下この文では彼のことを「ねこます氏」と書く。あと「最近」は主観。ちょくちょく私見はさみます

チャンネル名変更

7月26日投稿動画(https://youtu.be/6IPh2ggvdZ4)でチャンネル名変更を発表した。理由はこの動画と、同日投稿ブロマガ記事(http://ch.nicovideo.jp/nekomimi/blomaga/ar1605158)で述べられている。また、これに先立って5月4日にもブロマガ記事を書いている(https://ch.nicovideo.jp/nekomimi/blomaga/ar1514125)。

簡単に書くとやりたいこと(技術習得)と求められていること(バーチャルYouTuberとしてのパフォーマンス)が違うのでやりたいことを優先するためにこれまでのような活動(個人動画作成)を縮小して、チャンネルVR技術(番組作成ツールとしてのVRバーチャルタレント)の可能性を模索していく場の提供に転換した。

このことは一部視聴者からファンに対する裏切りという意見も出た。ねこます氏も自覚はあるようで、これに対する謝罪を予めブロマガ記事に織り込んでいた。

私見だが、5月4日ブロマガよりも以前から案件等で多忙であるとよくこぼしており、案件も受け付けなくなっていたにもかかわらず、案件動画しかさないと文句を言われたり、案件以外の動画を出すことを要望されたりしており、さらチャンネル登録者数に関連した煽り(いわゆるバーチャルYouTuber四天王問題)も度々あり、対応に苦慮していた様子が伺えたこから、この決断は単純にもう注目を浴びたくない、表舞台から降りたいという気持ちも大きかったのではないかと思う。

ともあれ、かくして彼は「チャンネル登録者ゼロ人」を自称するようになった。

バーチャル番組チャンネル(当初「V番連」)

ねこます氏の新チャンネル名。

自己紹介他己紹介も一切ない謎の「Vaんぐみ」(後述)司会者ラリーバーチャル番組チャンネル公式Twitter運営している。チャンネルアイコンラリー

自前の動画以外に番組コンテンツ募集しているが、今のところ9月19日に行われた「VTuberチャリティーライブ」の放送アーカイブ公開が行われたのみ。

○Vaんぐみ

バーチャル番組チャンネル作成している、男性バーチャルYouTuberトークバラエティ番組。1クール番組で、10月13日最終回を迎えた。

2017年12月2018年1月の早期にデビューした個人バーチャルYouTuberモスコミュール天野太郎あっくん大魔王、さはな、霊電チアキバラエティ番組スタジオセットでテーマトークを行う。また万楽えねが1コーナー持っている。ねこます氏は出演していない。

Wright Flyer Live Entertainment(グリー子会社)、CyberV(サイバーエージェント子会社のCyberZの子会社)、upd8(キズナアイ運営のActiv8が運営するバーチャルYouTuber支援プロジェクト)がスポンサーとして紹介されている。そのためか、ゲスト(VTR出演)はキズナアイミライアカリ電脳少女シロを初めとしたバーチャルYouTuber界での大物が多い。このゲストによるVTRは「女神チャレンジ」というコーナーで使用されるのだが、最終回ねこます氏が登場した。

VR体験のためのVR技術ではなく、番組コンテンツ作成の道具(リアル世界でいうスタジオやセットなど)として使うことを意識した番組と思われる。VRChatが使用されている。後述のV-TVとともにTVの真似事との批判もある。個人的には、真似をする事自体問題とも、真似をしているからつまらないとも思わない。

この番組制作ねこます氏はほとんど関わっていないと思われる。PR第一投稿告知ツイートリツイートして以降行っていない。

VRoadCaster(V-TV)(https://www.youtube.com/channel/UC4NiGZqQQvpvNvwcJsm_EAg/)

最近始まったわけではないが、個人チャンネルがなくなった今、ねこます氏の(不)定期出演が見込まれる場として重要なので書く。

VRoadCasterは放送局名。雨下カイト主体となって設立。「現実バーチャル世界を結ぶ」「クリエイター主体となって作り上げる」放送局を目指している。V-TV番組名。V-TV情報番組で、今後VRoadCasterはそれ以外の番組制作していく構えだが、今の所V-TVしかないので、以下V-TVについて書く。

V-TV5月5日に第0回が放送され、以後毎週日曜午後9時から生放送提供されている。VR番組制作を行うというあり方と可能性を示すものとして作られている。第17回を持って1stシーズンを終了し、現在2ndシーズン準備中公式サイトが用意されている。

KiLA(ライブカートゥーン)、MyDearest、PANORA、MoguraVRVRChatが支援している。

VRChat内のバーチャルスタジオからVR技術VR機器の紹介、VRChat等のVRプラットフォーム内の出来事の紹介等々を行っている。スタジオはいわゆる「近未来的」装いで、エレベーターVTR用等のパネル展開等ギミックも多い。BGMも自前。エンディングテーマタイアップ(八月二雪の「夢幻」)と、作りはなかなか本格的。毎回ゲストコメンテーターを迎えている。ゲストVR技術者の近藤義仁(GOROman)氏、ユニティテクノロジーズ・ジャパン大前広樹氏、株式会社クラスター(輝夜月のライブ会場を提供した)の加藤直人氏等、非バーチャルYouTuberが多い。

ねこます氏はゲストとして出演するが、これは本来レギュラーメンバーのところ他のイベント等との兼ね合いで出演できないことがあり、不定期出演とならざるを得ないため。番組公式グッズにはねこます氏も入っている。他のメンバー新川良、ミディ、Sig、phi16、ユニ、あかにん。バーチャルYouTuberと非バーチャルYouTuber混成。

ねこます氏は技術的には番組にそれほど寄与しておらず、本人が自虐的に語るように「客寄せ狐」(ただし視聴者を呼ぶだけでなく渉外担当として顔を使っていると思われる)の立場

余談だが、第15回の放送8月26日に行われた「バーチャルマーケット」(VRChat内で行われた3Dモデル展示即売会)の取材特集で、ねこます氏が現地でコメントする映像が流れた。同日の夜には「バーチャルカラオケ」というイベントも行われ、ねこます氏はそちらにも出演したのだが、この日バーチャルマーケットバーチャルカラオケはどちらもTwitterトレンド国内1位を獲得した。バーチャルマーケットに関してはスタッフ参加でもサークル参加でもないとはいえ、これら両方に関わるというのが彼の立ち位置特殊性を表している。もっとも、彼にとっては、バーチャルカラオケではなく、バーチャルマーケットサークル参加もしくはスタッフ参加する(くらいの技術力を身につける)方が理想的であっただろう。このねじれが「シンデレラおじさん」の苦悩を端的に表している。

REALITY(ねこます雑談)

REALITYは前述のWright Flyer Live Entertainment提供しているVTuber専用ライブ配信プラットフォーム

チャンネル名変更後、(不)定期放送REALITYで行っている。配信タイトルは「ねこます雑談」。傾向から、おおよそ毎週火曜日が彼の担当と思われるが、例によって不定期。

スタジオ配信、自宅配信のテスト役を兼ねていた節がある。スタジオ配信ときにはREALITYスタッフの手による改修が施されたモデルで登場し、トラッキングも自宅放送よりレベルアップしている。

現在ねこます氏に投げ銭できる唯一の場。ただし彼は投げ銭するならその金でVR機器を買ってVRChatやバーチャルキャスト等のVRプラットフォーム上で会いに来ることを推奨している。

REALITYスマホアプリだけでなくPCブラウザでも放送を見ることができる。ただしギフトは贈れない上、コメントもできずまたコメントを見ることすらできない。

ねこますクロニクル(https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF00000080010000_68/)

ねこます原案、羊箱氏作の漫画7月27日からコミックウォーカーニコニコ静画で連載中。現在#12

毎週金曜日更新。現時点で全話無料閲覧可能フルカラー

ねこます氏がクリエイター活動を始めてからバーチャルYouTuberになるまでをフィクションを交えて描く。

ねこます氏はみここアバター(バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんとして活動するとき使用している狐娘アバター)の姿で描かれている。絵がめっちゃかわいい

ねこます氏のダメっぷりと行動力の両方が分かる。

イベント出演(参加)

4月ニコニコ超会議(それに先立って公式生放送2月3月にあった)以降、5月頭の「VTuber人狼」と8月末の「バーチャルカラオケ」というニコニコ主催バーチャルYouTuberイベントに出演したほか、RAGE 2018 Summerに出演した。

8月11日の「電脳少女シロ 生誕祭」には祝辞VTRを贈った。

9月16日には「狼と香辛料」のVRアニメ化記念番組でホロと共演した。このときホロにハリセンで尻をしばかれた。

その他、バーチャルキャスト広報番組イベントにかなりの頻度で参加している。

8月5日の「ねこます×みゅみゅ×MIRO - 実験放送」ではバーチャルキャスト立ち上げのきっかけの一つがねこます氏の第一ニコニコ公式生放送であったことが明かされた。

9月8日に行われたINTEL GAMERS WORLD 2018内でのバーチャルキャスト体験会では女性ファンとのやり取りがごく一部で話題になった。

10月7日の「Vカツkawaiiコンテスト 決勝」では審査員を務めた。

今後については合同会社AKIBA観光協議会主催の「秋フェス2018秋」で10月18日11月18日に行われるバーチャルYouTuberコラボキャンペーン11月3日ニコニコパーティへの参加が決まっている。

○その他メディア出演・コラボ

ねこます氏は株式会社カバー配信するアプリ「ホロライブ」にみここアバター提供している。その関係ニコニコ公式生放送経験者としてか、8月4日に行われたカバー所属バーチャルYouTuberときのそらのニコニコチャンネル開設記念生放送ゲストとして呼ばれた。また同じくカバー所属のロボ子が8月25日に行った12時間耐久VRC配信にも最初企画ゲストお手伝いさんとして参加した。

8月3日と10日に東京MX「VIRTUAL BUZZ TALK!」(https://s.mxtv.jp/variety/v_buzz_talk/)にゲストとして出演した。

8月16日・23日に杉田智和マフィア梶田パーソナリティを務めるネットラジオ「アニゲラ!ディドゥーン!!!」に出演。

9月19日から音ゲーグルーヴコースター 4 スターライトロード」で持ち歌の「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんのうた」配信開始。

9月22日東京ゲームショウ2018で今年中に配信予定のスマホゲー「禍つヴァールハイト」とのコラボが発表された。

その他バーチャルキャスト使用した放送に度々凸を行っている。VRChatにもこれまでどおり出没している。

○グッズ展開

多数。アニメイトで買える。

個人おすすめアンソロジーコミック。他のグッズと比べれば安価な上、この手のものとしては内容も面白いと思う(とはいえこの手のものの常で題材(ねこます氏)のファンであることは前提)。

○その他・今後の予想

動画案件も含めニコニコ動画に上げるようになった。チャンネル名変更後4本の動画投稿している。生放送も時々行っている。

未だイベント等の出演はあるが、動画作成を伴う仕事はおそらくほぼなくなり、Unity勉強等に時間を割いている様子が伺える。露出は今後減っていくと思われる。REALITYでの配信は、契約次第だがいつなくなってもおかしくないくらいの覚悟ファンは持っておいたほうが良さそう。V-TVへの出演は番組が続く限り続くだろう。動画技術成果発表の投稿に関しては今後も行われるだろう。

2018-10-12

ドラゴン桜」以外で、女子向けの「僕は勉強ができない」みたいなコミック

ないすかね。

ドラゴン桜大人の事情が生々しくて、引かれちゃうので。

肩の力を抜いた内容で、ノウハウ的なことが入ってくるそういうので。

「僕は勉強ができない」は男子向けハーレムなので、女子向けのを、ご紹介いただけるとありがたいです。

2018-10-10

ブックオフと新品の中間が欲しい

長編シリーズコミックを一気に読みたいんだが、

新品だと1冊500円以上するから、20冊買ったら1万円以上かかるんだよね。

電子なら安いやろ?」と期待するも、数十円安いだけで割安感なし。

仕方なくブックオフに行って立ち読みするけど、2~3冊読むと足が疲れて帰りたくなる。

1冊100円とかだから買ってもいいけど、数々の汚らしい客たちが捲りまくった本なんて家に入れたくない。

そもそもブックオフって作者に全く還元されないってのがね…こちとら収入は人並み程度にはあるから対価払って作者に還元したいのよね。

発刊から数年経った作品だけでも、1冊200~250円くらいで新品(売れ残りで良いんで)売ってくれれば、作者も読者もみんなハッピーになれると思うの。

これ放置してるから大きな機会損失が発生してるって出版社とか作家さんは気づかないのかな?

2018-10-09

anond:20181009090713

べつにどれがゾーニングされても構わんよ。やれるだけやったらいいんじゃねえの?嫌がらせを受けた人が主張して支持を得ればそうなっていくだろうよ。

構図を考えれば「セクハラするほうの気持ちも考えて!」って言ってるように見えるがどうだ?

てか一応確認するけど、例えばライトノベルゾーニングされることでお前は気分を害するのか?それ本当謎。

俺もアニメラノベ好きなほうなんだけど、それとこれとは話が別で、対象によってはゾーニングもやむなしと考える。

最後に読んだラノベ俺ガイルなんで結構前。とらドラでは大河派で異端扱いだった)

話ずれるけど、ゾーニング対象となるべきものってなんだろうな。お前は性器が見えていなければセーフ派か?乳首が見ているかどうかか?

自身は正直マヒしてるからどうでもいい。ただ将来娘ができたらどうしよっかなって考えながら話している。

ちなみに本当に害があるんじゃねえのと感じているのはネット電子コミック広告でな、男性向けも女性向けも、あれほんとどうにかならんかね。

社会学者擁護する気はおよそない。ただ発言権剥奪しようとする物言い一般が嫌いなだけだ。お前も言われたらイヤじゃないか?「お前は劣等だから発言権は無い黙れ」とかってさ

俺はただ単にカルチャー抹殺されることに抗っているようには見えないんだわ。炎上しているものを好んで叩いているようで、その加虐嗜好が見るに堪えない

つーかゾーニングカルチャーの死なのか?やたらと過激な言い方をせんでもいいだろ

べつに誰を敵にしたいわけでもないんだけど、この感じ伝わらねえか。

2018-10-05

追記お気に入り風俗嬢が退店しました

 追記というよりは蛇足

https://anond.hatelabo.jp/20181002214303

 吐き出すことで多少楽になったような気がするが、一方で予想外の反響困惑している。

 本来意図したところは、自分気持ちを供養するというかお焚き上げするというかそんな程度で、きわめて個人的な思いをひっそりと綴ったつもりだった。なのでこれだけ反応があるというのは本当に意外だったのであるが、「気持ち悪い」と前置しているにもかかわらず、わざわざ時間を割いて読んでいただいたことに敬意と感謝を表します。

 正直なところ、我ながら切なくも哀しい話だとは思うのだが、ピュアとか純粋とか言われるとどうにも居心地がよろしくない。むしろ気持ち悪い」という反応のほうが安心感がある。

 何しろ舞台世間一般には後ろ暗い活動を行っているとされるところの風俗店であり、生き物の根源たる欲求を解消するために訪れているのだ。だから「どうせやることはやってるんでしょ」と言われても、はい仰る通りですという以外に返しようがない。

 「他の客と同じ」みたいな指摘についても、「その他大勢お客様のひとり」と書いてあるとおり、そこは理解している。「その他大勢のひとり」の要望可能な限り応えてくれた彼女仕事ぶりは高いレベル職業意識に基づいていることが明らかで、敬服すべきだと思っているし、客としての立場を弁えて一定距離を取っていたつもりだ。だからこそ自分気持ちが思うようにならないことがなんとも歯痒い。Ω子さんによるコミックリアル風俗嬢日記」に「ガチ恋さん」のエピソードがあって「あーこういうのは後でつらいぞ」と思っていたが、笑えなくなってしまった。

 彼女との接触は短時間、箱型風俗店の狭い個室だけで、彼女がどんなことを考えていたのか、客たる自分のことをどう思っていたのかは知るべくもなく、「お前の主観だろ」みたいな指摘もまったくそのとおりである。ただ、どこかで聞いた「恋とは自分理想像相手投影する一種ナルシシズムの発露」みたいな話を踏まえると、あれは確かに恋といえるのかも知れない、と思ったりはする。「嬢と客」以上の特別関係を結ぼうと考えたら破綻は必至だろう。幸せな夢は夢だからこそ幸せなのだ

 一方で、この増田がここまで人口膾炙する(というのもおこがましいが)とはまるで考えていなかったので、もし彼女の目に入ったときに何らかの精神負担がかかるのではないかと、それだけが心配である

 

 ところで、リプライをいただいた「現役風俗嬢」の方へ。

https://anond.hatelabo.jp/20181003080356

 風俗を利用することが気持ち悪いということは認識しております貴方がそう思われることも仕方のないことでしょう。客の好悪については貴方の内心の問題であり、それについて他人がどうこう指図することはできないと思っています

 ただ、「気持ち悪いと疎外されてきたからこそ、やむなく風俗店に救いを求めざるを得ない」という人も存在します。明日にでもそういった男性あなたのもとを訪れるかも知れない。せめて、彼らが哀しい思いをしなくて済むような仕事をしていただきたいと願っています差し出がましいようで恐縮ではありますが。

コミックのX.5巻とかのファンブック

あれとりあえずコレクションと思って買ったはいもののまともに読んだことが一度もない

本編のコマとかイラスト切り貼りに取って付けたような解説

それも本編既読者なら誰でも知ってるようなことを改めて書かれててもまったく読む気しない

あれ買って読んでるやついるの?

というかあれってどういう層向けなのか疑問

これまでの連載分たまったからそれ使って一儲けしとくか的な?

2018-10-04

コミック新刊

コミック派なんだけど追ってるコミック新刊を知らせてくれるサービスってないもんだろか

アマゾン楽天もさあ、客が持ってるコミック把握してんだから知らせてくれよな!肝心とこで気が利かねえよな!

2018-10-03

手塚治虫漫画は雑

誰かがリボンの騎士アニメを見ていると書いていたので、あるサイトでそのアニメを見たらものすごく雑な作りになっていた。登場人物に状況説明説明セリフ)をさせ物語を展開していたのだ。心理描写は皆無である。思い返してみると漫画も似たような展開だった気がする。ブラックジャックコミックで見たことがあるがリボンの騎士と同じように説明的な内容だった。現代作家手塚治虫と同じスタイル漫画を書いても売れないだろう。手塚治虫が人気作家になれた時代とは事情が違うのだ。

2018-09-28

なんとなく割りばしペン作ったんだけどなんか思ったのと違って秒で掠れるし薄い

墨汁じゃなきゃだめなんかな

デリータのコミックインク水性 BLACK④って書いてあるやつを使いました

わりばしスーパーかにある普通やすいやつ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん