「資本」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 資本とは

2018-10-21

[][]2018年10月20日土曜日の増減

サイト\日付2018-10-142018-10-152018-10-162018-10-172018-10-182018-10-192018-10-20合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article092233226782イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0020001316アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000150フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000084ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/039234-420112アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/111010125812アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/104137207065367アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/4039104418478アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/10000214012アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00010015101アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00021015515アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0010000439アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/01100105252アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00100002947アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/10001147362アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/00001003361アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/-41611112175アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/001000-17808アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/201221212792アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/00010003446アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/12121109017アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0000000704アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000100599カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/001110110216アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/13211-1023784アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/10101101918アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/01011011706アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000200272アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00000101246アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00211002123アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000576カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000100103カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/81086691029469イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/02-2100014846イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/11102026607イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/42-102-1020243イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/00000002744イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/021314321826イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000190イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/771298101642066イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/-17-22-1-1042602イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0000010729イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00010003186アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000442フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/31101001348フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000001211フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/1000001293ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00100102781ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/002010072イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0010000250イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0003000162イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/00211116248カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/00000131632イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000233インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000004354オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000540ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/1020000812タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00121101845シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0010000356インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0000001719ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000010276ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000003074イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/1000010242台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/0001010847香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000000108中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-10-20

千田氏の問題提起説明してみる

はじめに

 キズナアイNHKウェブサイトにおいてノーベル賞解説記事に登場しておりましたが、そのことをきっかけに、千田有紀氏などが指摘をし、さまざまな方面から千田議論に対する批判が寄せられ、さらには社会学のものに対する批判もされているところです(これらをキズナアイ論争と呼びます)。

 ですが、そのざまざまな批判を読んでいると、「これって実はコミュニケーション不足で、伝わっていないんじゃない?」と思うことが多くなりました。いろいろあって社会学を学んだ人間として、それはちょっと悲しいなという思いがあったので、千田氏の問題提起ちょっと分かりやすくお伝えできればと思います

筆者の立場

 筆者は、社会学修士号を得ています。今は大学から離れているのですが、離れてそう長くはありません。専門は千田とも重なる領域家族ジェンダー)もありますが、教育メディアでした。

本稿のスタンス

 あくまで、千田問題提起がどのようなものに基づいて行われているのかを解説するもので、その意見妥当性とかは議論しません。私個人としては、千田立場に立てば理解でき一理ある議論ではあるが、だからといって、それは多くの人の理解を得る話法ではないし、その背景事情を一切踏まえていないのは、学術的に一定ポジションにある人のする作法としては疑問を感じているというところです。また、千田学術的貢献はいろいろな批判があるようですが、私は一定程度は評価しています

 なお、アカデミック作法は基本呼び捨てですので、ここでも、基本千田として書かせていただきます

千田氏の問題提起について

 キズナアイ論争のはじまりは、千田投稿記事です。https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20181003-00099158/]

 ちなみに、現在10月13日)、追記もなされており、社会学者にはそれなりに分かる文章にはなっているのですが、一般の人はなおのこと分かりづらいことになっています。後に公表された、『「表現の自由」はどのように守られるべきなのか? 再びキズナアイ騒動に寄せて』記事による補足を踏まえて、まず、千田議論の要点をまとめてみましょう。

 (1) キズナアイNHK解説記事において「相づち」をする役割となっている

 (2) 「相づち」をする役割は、従来から女性が担ってきた役割である

 (3) 従ってキズナアイ解説記事における役割は、従来の女性が担ってきた役割を担っていることになる

 (4) そのことは、理系と呼ばれる分野で活躍する女性などに対して、好ましい状況を生むようなものになっていないのではないか

というところに整理できるかと思います

 社会学特にジェンダーフェミニズムを学んだ人だと、この4つの間を頭の中でこうかな?と繋ぐわけですが、普通の人はフェミニズムを体系立って勉強するわけでもないと思うので、「はて?」となるわけです。更にいえば、一つ一つの要点が「え?!」という感じになるかと思います

 千田議論理解するためには、とりあえず(1)は正しいものとして引き受けておいてください。そこが正しくないとなると、そもそも議論の前提が崩れてしまい、議論そもそも成立しなくなってしまうので、ご理解ください。

千田議論理解するための知識

千田議論理解するためには、いくつかの知識必要となります。一つは、千田の専門でもあるフェミニズム、もう一つは会話分析というものです。順に簡単に紹介しておきましょう。

社会学とは

 社会学は、社会対象とした学問です。といえば、早いのですがそれではよく分かりませんよね。社会学は、社会がどのように成り立っているのか、つまり社会の秩序はどのような形で形成されているのかを探求する学問です。例えば、古典的社会学特に日本戦後社会学では「農村」が特に注目されました。農村における人々のネットワークや、家族の在り方、そういうものに関心を持っているのが社会学です。

フェミニズムってそもそも

 フェミニズムを正確に定義することは困難ですが、フェミニズムを雑にまとめると、「女性地位を向上させようとする取り組みであったりそれを支える理論」というような言い方ができると思います歴史的には大きく2つのターニングポイントがあったとされています。それが「第1波フェミニズム」と「第2波フェミニズム」です。

 第1波フェミニズムは、1900年代ごろ、19世紀から20世紀へ移りゆくタイミングに起こりました。西欧諸国で主に婦人参政権を獲得する運動が中心に展開され、1920年代にはイギリスアメリカで実現をすることとなります。(ちなみに、日本はというと戦後婦人参政権が認められるようになるのですが、新婦協会青鞜社運動は同時代運動です。)

 第2波フェミニズムは、1960年代頃、社会運動が盛んになった時期に、女性らしさへの問い直しが運動として行われます代表例ではキリスト教社会では長らくタブーとされていた中絶合法化が挙げられます。また、この時代には女性が自らの自由に性を語るということが積極的になされるようになります

 いずれにせよ、その理論根底には、女性男性と同等の状況にないという認識に立っているということがあります

 第1波フェミニズムで焦点化されたのは、法律社会制度というものでした。第2波フェミニズムはというと、法的制度平等であっても、職場ではお茶くみに甘んじてしまっているし、男性と同じように性を語ることはできないというような、日常性差別特に焦点を当てていくようになるわけです。

 現代は第2波フェミニズムの延長線上にあります。#Metoo運動を始めとして、第3波フェミニズムがやってきているというような主張も時折みるのですが、第2波フェミニズムより後のフェミニズム運動について、多くの社会学者が納得しているような分類はまだ確立していないのが現状です。

マルクス主義フェミニズム

 上野千鶴子理論などを理解する上で重要キーワードが、マルクス主義フェミニズムです。そういう立場だと、だから上野千鶴子はそういう立場なのね、と理解できます千田議論もとりあえず、マルクス主義フェミニズム解釈すると、理解がしやすくなると思いますので、こちらを説明します。

 (フェミニズムにはさまざまな立場があります。ラディカル・フェミニズムリベラルフェミニズム等です。フェミニズム一枚岩ではないと、理解しておくと良いでしょう。)

 マルクス主義フェミニズムとは、先ほど、フェミニズム女性男性と同等の状況にないという認識に立っていると説明しましたが、そのような社会状況を生み出しているのは、今日資本主義社会システムなのであるといいます。で、これを理解するためには家父長制というキーワード理解しないといけないのですが、本題より長い解説になるので、そこら辺は上野千鶴子の『家父長制と資本制』をとりあえず参照してください。

上野理論を厳密に言うと、上野は、従前のマルクス主義フェミニズム教条的であるということで、それを乗り越える必要があると、主張をしています。)

 シンプルにいってしまますと、そのシステム資本制)の成立と密接に性差別を生む家父長制制度が続くため、性差別再生産(半分マルクス主義用語ではありますが)されていくということになります

会話分析

 会話分析というのは読んで字のごとく、会話を分析するというものです。まずは、社会学会話分析がなぜ重要になってくるのかをエスノメソドロジーというワードを使って説明したいと思いますそもそも社会学社会秩序はいかにして可能かを明らかにする学問です。そこで出てくる問いの一つにこの社会生活を営む人びとがやっていることを、研究者はどのように理解できるのかという問題です。

 この問題に答えたのが、ガーフィンゲルという人です。ガーフィンゲルエスノメソドロジーという手法提唱しました。エスノメソドロジーというのは、日常生活している人々が言動をどのように理解し、成立させているのかを、日常生活している人々の視点に立って記述するという手法です。

 エスノメソドロジーは、私たちの当たり前が、いかに「うまいこと」成立しているのかを見せてくれます。例えば次のような実験は非常に有名です。

A(被験者)「おはよう! 調子はどう?」

B(実験者)「調子ってなんだい?」

A     「いや、元気かどうかってことだよ。」

B     「元気かどうかって? どういうこと?」

こんな調子で話されると、本当に調子おかしくなりそうですが、こういう実験します。ここで浮かび上がってくるのは「調子」という言葉が、体調や近況を意味しており、それをお互い分かっているという「期待」をもって、Aは会話をしているということです。このような形で、秩序が形成されており、それらは記述可能な形で示すことができるとするというのがエスノメソドロジーです。

 会話分析の多くはこのエスノメソドロジーの考え方を踏まえて行われます。つまり、先ほどの会話のスクリプトのようなものを読んで、そのなかで、AとBはどのような「期待」をそれぞれ持っており、そこにどのような秩序があるのか? ということを考えているわけです。

千田議論を振り返ろう

 冒頭で、千田議論を強引に4点にまとめました。ここまでの道具を用意すればある程度説明ができます。それぞれの項目ごとにみていきましょう。

(1) キズナアイが「相づち」をする役割となっている件について

 そもそも実在人物は「先生役」とNHKサイトでも記載がありますように、ここで想定されているのは「先生」と「生徒」というコミュニケーションです。したがって「生徒役」となるキズナアイ基本的に「相づち」をする役割に当然のことながらなるでしょう。そもそも「生徒」の方が詳しいというのなら、「先生」が「生徒」の役割を担うことになるはずですし、「先生」と「生徒」という形で双方「期待」をもっていることは分かります別にこれが、男子生徒であろうと、まあこういう会話になるだろうなという感じではありますよね。

(2) 「相づち」をする役割は、従来から女性が担ってきた役割である

 これは、先ほどのフェミニズム議論が役に立ちますお茶くみとかの補助業務に当たっていたということは、先の説明でもしましたが、今日でも、「相づち」をする役割は、女性となっていることが多いです。例えば、新春の、一体誰がみるのかよく分からない県知事が語る!みたいな番組がありますが、あのとき大抵女性アナウンサーが話を聞いたりしていないでしょうか。このとき女性アナウンサーは、多くは男性である知事に対して、その発言がしやすいようさまざまな配慮をしながら、質問を重ねていきます

 そこでは、主役はあくま知事です。アナウンサーが主役となって、知事いじめていくというような内容になっていないでしょう。これが、でも、田原総一朗との対談だったらどうでしょう。一気に様相が変わってきますよね。また、地元財界知事の対談だったらどうでしょう。そこに「相づち」はあっても、「相づち」をする役割知事の対談者は決して担っていないと思います。会話の主体になっているわけですね。地元財界の人が女性でも、この場合だと「相づち」の役割はまあしないかと。

 ここでポイントになるのは、知事一方的に語るというような形式を取る時には、女性アナウンサーがその役割を担うことになり、他方、双方共にしゃべる場合には、女性活躍機会が途端に減ってしまうというということです。これは、私たちイメージレベルでも大体共通しているのではないでしょうか。(もちろん、個別具体で違う話も多く、徹子の部屋黒柳徹子をどう評価するかは難しいところですが。)

 もちろん、これは、女性知事と同等の立場役割を担っている機会が開かれていないから、そのようにならざるを得ないという側面も当然ありますが、男性アナウンサーがそうそうなっていないということは、一つこのことを証明するものであるとも言えます

(「相づち」をする役割も高度な役割であるということは決して忘れないでください。)

(3) 従来の女性が担ってきた役割キズナアイ

 ここで、議論はもどってきて、キズナアイは「生徒」役ではありますが、「先生」の発言を引き出すという意味で「相づち」をするということで、記事トップにも出てくる主役のはずが、補助的な業務を担わされていることになります。このときキズナアイ女性と見なすと、これまで女性が置かれていた立場女性積極的に前に出られる環境制度上はなっているにもかかわらず、結局はそうはなっていないという状況と重なる部分はあるでしょう。

 再び、徹子の部屋黒柳徹子イメージすると良いかも知れません。徹子の部屋における黒柳徹子は独特の立ち位置で、徹子の部屋を見て黒柳徹子は単に「相づち」をうつ役割だけではない、ということが理解できるでしょう。なんなら、黒柳徹子の方が目立っていたりします。対談の形式が、黒柳徹子お客様を招いて話をしてもらうというホストであるためであり、従属的関係になっていないというところに、このキズナアイ対談と徹子の部屋の決定的違いがあるのだろうと思います

 そうして比べてみると、キズナアイ女性役割再生産するということになったというわけです。これは、性別役割分業を進めていくものであり、女性にとって活躍の機会が減ってしまうというのがフェミニストたちの主張と結びつけて考えることが可能なのです。

(4) 活躍する女性への影響

 この時、女性は従たる役割を担わされるわけで、その期待が持たれます。そうなると、女性は、主たる役割を担える存在なのにもかかわらず、その期待から、従たる役割を担い続けなければならない、そういった状況にはまってしまうのです。そして、そうした悪循環から脱却しなければならない、というのがフェミニズム基本的な主張です。

 このような女性観で考えられると、女性にとって好ましい立場ではないという千田の主張はそう的外れものではないということは理解できるでしょう。

千田氏の議論の失敗

 千田議論をするという状況を作り出したことでは成功していると評価できますが、その議論の中で、自らの論理妥当性を提示し納得してもらえたかというとそうではないと思います。後の対応によるところも多いのですが、それは、実は最初きっかけともなった記事の一番最後文章であると私は考えます

なお10月3日、9時の時点で、スマートフォンから見ると、キズナアイバストショットしか見えない(パソコンでは、へそなどの下半身が見える)。

 この一文が最後にあることで、キズナアイの見た目(容姿)を問題にしたいのか、と思ってしまう人も多いと思います千田氏は、後の議論でも、キズナアイ役割に焦点を当てており、容姿問題にしていないといっているのですが、冒頭の太田氏の議論あいまって、多くの人が混乱したと推察します。そもそもキズナアイってあくまAIであって性別を超越した存在なはずなのに、性別二元論に回収されちゃうのって、なんだかなと。

 さらにいえば、表現問題に回収してしまったのがかなり難しい問題にしています表現問題にすると、結局妥当表現は何かということに行き着き、その線引きは複雑になってしまい、誰も理解できなくなるため、神々の審判でも仰がなければ、なんとも言えないと思います

 まあ、この発言が全てのオチかと思います

本人が個人的に自説を語るのは「自由」の範疇だが、それを公共空間に置いたらどんな意味もつのか、少しは配慮すべきだったのでは?

https://twitter.com/chitaponta/status/1051615591004438529]

プロ野球も実際出来レース

あんまり誰も言わないと思うんだけど

プロ野球って実は簡単八百長できるんですよね。

だって審判ボール入れ替えりゃ試合操作できるんですよ。

ボールの重さが少しでも変わると

プロスピードであればボール一個から

二個分コントロールが狂う。

これは実際野球経験から聞いた話。

もし、例えば阪神打者に対して

ボールの重心が少し狂った球が仕込まれていたら?

もし藤浪が投げたボールが通常よりわずかに軽かったら?

なぜ阪神以外の投手選手生命が短いの?

簡単な話ですよ。

阪神を勝たせないように試合コントロールしてるんですよ。

阪神に常勝されると困る人がいるの。

そう。巨人を抱える読売グループが。

読売CIAエージェント正力松太郎

立ち上げた新聞屋

まりユダヤ金融資本の手先。

ユダヤキリスト勢力が困るわけですよ。

からプロ野球真剣勝負と見せかけるために高校野球やらが甲子園で大々的に行われるわけ。

そもそも野球球技として致命的な欠陥抱えた競技だよ。

そもそも攻撃守備で基本動作根本的に違う対戦球技なんて野球ソフトボールだけやん。

野球審判の胸先三寸でいくらでも八百長バレずに出来る。

統一球なんて信じるバカ何処にいるの?

そろそろ終わりにしたほうがいいと思うんだけどな。

球場に今まで来れなかった人間が来てるだけ。

2018-10-19

釧路市の発展の要因をさぐる

本稿では、下記ブログで軽妙に紹介される釧路市の停滞について歴史的経緯から振り返ってみようと思う。

https://www.kansou-blog.jp/entry/2018/10/18/173838

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.kansou-blog.jp/entry/2018/10/18/173838

漁業築港

近世期には、釧路は「クスリ場所」という漁場が設定され、松前藩から委託された業者がそこから利益を独占していた。

そこでは鮭や昆布、鰊などの海産物のほか、内陸やその他獣の毛皮が収集されていた。

釧路には港がある。というか、大きな港を構築できた。これが大きかった。

函館から太平洋側に航路をとると、日高の小さな諸港を数えるばかりで、大きな築港ができない地形が続く。

例えば十勝国広尾港の小港を除けばずっと遠浅の地形が続く。内陸に続く十勝川河口も例外ではなく、ついに十勝では大規模な漁港を構築しえないまま現在に至っている。

苫小牧港は、実は昭和の初めから計画されたもので、陸地を魔改造した港。自然にできたものではない。

立地

釧路道東地域に程良く近い。厚岸にもいけるし、白糠にも近いし、内陸を通って今の北見国にも通ずる。

港を基点に色々なところに行ける。

採炭地と鉄道敷設

近世末~近代初期にかけて、釧路では石炭が取れることがわかってきた。

こうなると船舶だけでなく、鉄道敷設が期待されるようになる。

そもそも北海道鉄道濫觴は、採炭メインで三笠市小樽市とを接続したものファンが多い分野だからあえてここでは雑に触れる)。

っつーことで、明治34年釧路駅ができる。そこから十勝方面鉄路が伸びて、日高山脈と言うでかい山脈越えるのが明治40年

これで札幌小樽函館本州方面鉄路でモノを送れるようになる。

明治40年にここまで行けたのは結構重要結果的に、大正3年~の第一次世界大戦好景気に間に合う形になり、色々な階層を潤わせた。

林産と製紙工場

鉄道ができると、海産物石炭以外にも物資を運べるわけだ。

となりの十勝の連中は昔から今まで農畜産物本州輸送し続けてやがる。

釧路は何を集散したかというと、木材だ。

北海道森林資源豊富だが、でっかいどう過ぎて、山奥から運べないし、そもそも北海道から運べない。

鉄道ができたことで、山奥から何とか駅まで運べば何とかなることになった。

で、木材を運んだ先の釧路製紙工場ができる。

製紙業が発展するのが大正時代第一次世界大戦好景気後に「なんだ? 釧路工場作って船や鉄道で運べば産業になるじゃん」と本州資本が本腰入れ始めるわけだ。

王子製紙富士製紙なんかの巨大企業木材の切り出しか工場生産まで取り仕切るようになる。つまり、カネを投下してゴリゴリ生産し始める。まぁ切出しは下請けに任せるんだが。

また、水産加工業もまた、この時期にこうした大規模化がはかられる。ビートでんぷん工場も本格化する。

観光

昭和の初めになると、全国的観光ブームになる。すごいねJTB(の前身)。

そうなると、阿寒ですよ。成熟した鉄道路線の観光利用が始まる。

こうした中で、食品釧路ブランド化の萌芽が見られる。最近B級グルメブームまで尾を引いている。

まとめ 全て去ってゆく

さて、読んでいてわかる通り、釧路を支えてきた要因が全て転換期を迎えている。あるいは既に転換してしまっている。

魚は食が多様化してしまったし、石炭は使わねえし、紙はIT化で打撃を受けた。阿寒に行きたい? ちょっと一回くらい行きたいかなぁーーーくらいでしょう?

唯一の望みは工場敷設。釧路には、近隣の農水産物を加工する工場があるわけだが、そこも絶対的に振るっているかというとそうでもない。

輸送技術輸送ルート多様化して、釧路固有性が薄れてしまった。この辺りは正直詳しくない。

最近日本製紙釧路工場が規模縮小するというニュースがあった。また人口が減るねえ。

https://www.fukeiki.com/2018/05/nippon-paper-stop-production.html

ただし、釧路が栄えるにも衰えるにも、こうした地勢と歴史的要因にヒントがある。すべては地理とそこでの人の営みだ。

誰かがこうした地勢と歴史的経緯を持つ「クシロ」に、新たなビジネスの種を見出すことがあるかもしれない。

2018-10-14

[][]2018年10月13日土曜日の増減

サイト\日付2018-10-072018-10-082018-10-092018-10-102018-10-112018-10-122018-10-13合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article1242134226761イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/1201100313アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000150フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000084ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/230904120095アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/01630345796アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/7312348765306アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/424041118444アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/02020004008アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/02100105099アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00010105511アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0000000438アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/10011105249アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00000022946アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/01003117355アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/002002-13360アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/20144302168アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/00001107808アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/11224-1012782アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/00001003445アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/00101009009アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0000000704アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000598カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/000000010212アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/312231023777アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/11017221914アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/00000001702アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000270アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/01000101245アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00000002119アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0001000576カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0100000102カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/41238106329412イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/100000014845イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/20122006600イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/161104020237イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/10100002744イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/01133-80421812イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000100190イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/16215164061541997イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/111022242598イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0010000728イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0010000442フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00002101342フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000001211フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/1000000291ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/01021022779ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000069イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000249イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/10021016242カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/00100101628イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000001233インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000004354オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000540ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/1010112809タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com11001101840シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000355インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/2000000718ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/1000000275ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00010003074イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1000100845香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000000108中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-10-12

あるところで

「一時期 名が知られた人の名前検索すると『家族構成顔写真・生い立ちは?』ってタイトル記事がうざい」

みたいのを見かけた。

あいうのね、アウトソーシング系のサイトであるんよ。募集が。

いわゆる1文字0.1円とか0.2円とかが集まる募集サイトでさ。

俺はそこでチョイチョイは稼いでんだけど、まあ日銭程度だね、

あいサイト生活できるのは上位1%にも満たないんじゃないかな。

あいうとこはこっちが応募したり、

それなりに実績かせいだら向こうから声かかったりすんだけど、

キュレーションサイト系は0.5円前後とかかな、

そんで月に書けた記事数で報酬がアップしてく形式

だるくて俺は途中で書かなくなったけどね。

資本は多少はあんじゃないかな、

俺程度のライターを数十人は雇ってる感じだった。

案件が溜まってるから、そこから書けそうなのを選んで書けや、っていう。

いいのはすぐに取られていくから、遅いヤツはクズ案件受けるしかないのさ。

で、そのクズ案件一種が「〇〇の家族構成顔写真・生い立ちは?」系ね。

キュレーションサイトってのは、みんなが思うクズまとめサイト想像すればいい。

別のサイトをのぞいては情報をまとめて、それっぽく書くだけっていうね。

基本的ネット検索かければわかる情報記事だけやらせる、

という上の判断らしく、専門的な情報記事はそういうサイトでは書かない。

とりあえず俺はそういう過去犯罪者やらタレントやらの

あの人は今」的な記事はめんどうそうだし、

もし事務所所属してたりして訴訟になると厄介そうだったので、

まったく手は出さなかった。

とはいえキュレーションに手出してる時点でクズだけどな。

あいアウトソーシングSOHOサイトには手を出すな。

稼 げ な い からな。

1文字1円でも毎日休みなしで数時間書き続けないと

いっぱしに稼ぐことはできん。

Twitterでは1文字5円がどうとかいってるの見たけど、

夢の夢のまた夢のそのまた夢の遥か彼方に一筋の夢、

と考えて夢見るのも笑えるほどの夢だからやめとけ。

君は第三次世界大戦を防ぐことができるか〜大恐慌防止のためいます

この記事は少し前置きが長いが読んでくれ。NY市場歴史的株価下落により、世界的なリセッション入りは近い、多くのアナリストはそう考えている。しかし、長期金利上昇以上に問題なのが(2つは関連しているものの)失業率だ。アメリカではもう失業率は下がりそうにない。ギグエコノミーなどの構造的要因によってNAIRUが上昇している可能性がある。U-6失業率を見ると、アメリカ経済完全雇用に近いが、以前の水準から言うに、ケインジアン完全雇用ではないと言うだろう。原油価格は上昇しており、ギリシャ危機当時のインフレ対策としての緊縮(当時ほど過激ではないにしても、ギリシャはやりすぎたが、ベルギーなどは適切だった適度な緊縮)が必要になるかもしれない。スタグフレーション対策としてだ。中国経済統計悪化しており、グローバルな貯蓄バランスの不均衡によって国際通貨市場不安定化、新興国途上国からドルの逃避(アジア比較的貯蓄率が高いためリスクは低いだろう)、構造改革余地の減少、石油穀物価格株価下落に伴うコモディティへの投機により、中央銀行スタグフレーション回避のためにさらなる引き締めが必要になるかもしれない。全世界レジームチェンジ必要になりそうだ。具体的にはシムズ理論による財政出動拡張的緊縮論にはシムズ理論で対抗)、投資減税(資本の利潤率低下の法則と金融緩和の代わりにリスクプレミアムに働きかける政策)、穀物投機を減らすための利上げと新興国(途上国)への一時的融資バイオマス燃料の規制トービン税中小企業金融円滑化のための財政支出としての支援必要だろう。また、国有化された金融機関の役員報酬規制法も必要だ。政府は、学資ローンを買い入れるべきだ。新卒者の消費が増えないバランスシート不況を阻止するためだ。投資減税、雇用補助金によるリストラ阻止、長期的には過剰資本解消と合理化計画、(アメリカ民主党の主張するしかインド実験された)雇用保障制度福祉分野での雇用創出、ワークシェアリングの柔軟な対応所得税などの控除なども盛り込まれるかもしれない)を行い、長期的成長に配慮するコーポレート・ガバナンスの推進(ドイツ型に改革)、401kやヒラリークリントンの主張していたプロフィットシェアリング支援する必要がある。また、国際的穀物およびエネルギー支援の枠組み協定必要だろう。IMFSDRのような制度かつ現物裏付けられたIMF保証する国際仮想通貨ベース現物短期融資するのだ。インフラ投資を推進し、石油を(あまり)使わない分野での雇用創出(製造業の国際分業による世界レベルでの石油生産性の向上)、おもに途上国への石油生産性向上のための技術支援投資ファンドの設立一帯一路の推進によるグローバルサプライチェーンの再編、輸送効率化、現地雇用推進と輸送コストを抑える手段としての薄く広い国際合意に基づいた関税によってコモディティ価格上昇によるコスト・プッシュ・インフレおよびスタグフレーションを阻止できるだろう。(特にアメリカではトランプ減税の延長ともに)株式の所有構造の再分配、株式保有への課税もおそらく必要だ、金融イノベーションと金市場ダイナミズムを維持し、債務を持続可能性を高めるには、資産や貯蓄の不均衡の是正必要からだ。とくにアメリカでは、貯蓄率が低すぎる。家計バランスシート改善不況のクッションとしての貯蓄が必要なため、定額給付金という画期的政策必要である底辺層への支給は、再分配にもなる。合理的期待形成論によれば、消費は生活必需品のみで消費を減らし貯蓄を増やす(逆に言うと、必要以上の消費が抑制されるので資源や食料価格が低下し、貧困層には良い)(有効需要の下限を管理し、スタグフレーションを防ぐにはちょうどよい)。また、貯蓄率上昇による金利低下や穀物価格上昇のリスクトービン税金融引締めで対応すべきであり、自営業者向けなどの金融円滑化、地方自治体債務負担軽減のための補助金必要だ。政府の進める生産性向上促進税制障害者労働参加率上昇のための支援スウェーデンサムハルのような)、職業訓練プログラム拡充により、生産性向上(潜在成長率上昇)で、世界人口増とオイルピークと戦う必要がある。また、サブサハラアフリカでの農業生産性向上への国際的支援土地なし農民などへの国際的支援策、先進主要国はアフリカなどの農民失業させないように、棲み分けなどで農業生産性を向上させるための各国の強み、地形や気候にあった政策国際的協調のもと、行なうべきだ。過度の農業グローバル化はサプライチェーン冗長性を損なうため長期的には東日本大震災のようなサプライチェーンの分断、気候変動による凶作などによる飢饉の発生など、長期的には政治的安定性の低下(それによる経済政策整合性低下)、グローバルな秩序の不安定化、長期的な潜在成長率の低下や、構造改革の遅れなどの問題が生じるため行うべきではない。また、牛肉などの需要抑制のための消費税見直し石油税についても国際協調をもって行うべきだ。ニート対策として、欧州諸国などは徴兵拒否の対価としての労働をふやし、労働供給の安定化、人手不足の解消を行うべきだ。韓国のように、中小企業就職した場合補助金支給することもよい。役に立たない職業訓練をへらし、見習い雇用支援し、正社員化による精神的安定や安定的な消費拡大を目的とした正社員化促進税制ESOPの推進、また、雇用拡大として内部留保を減らすため法人税を大幅に増税、そして、社会保険料をかなり軽減(廃止)により中小企業負担を減らすといったことも重要だ。また、投資減税や401k年金の推進などにより資本市場活性化と(過度な内部留保によるゾンビ企業)淘汰も行うべきだ。間接金融と直接金融ゼロサムゲームではなく、補完し合うように政策的に金融機関再編をすすめるべきである投資のための内部留保課税し、資本市場により調達することを税制上促進し、投資効率化や過剰投資抑制不良債権抑制)、時限的な消費税投資税の減税により、消費と投資リバランスをすすめ、マクロ経済環境の安定化をすすめるべきである。R&D予算には競争メカニズムを導入し、政府研究所ではなく民間のR&D控除を推進すべきだ。特許などが会社帰属するような改革働き方改革ポストフォーディズム労働需給の柔軟化としてのフリーランス化)に逆行し、インセンティブマクロ的な労働生産性向上に悪影響を及ぼすため、行うべきではない。教育のきめ細かな支援と、ゾンビ大学の淘汰や整理、合理化が求められる。航空宇宙産業民営化すべきである。(予算を減らせとは言ってない)安定的な消費がなければ(消費期待)、企業経営の消極化により潜在成長率が低下するため、好ましくない。産学連携起業家育成を推進すべきである。(社会的流動性保全消費税増税と保育無償化一見矛盾するように思えるが、インフレ労働需給、国債金利金融抑圧)、消費の安定化にともなう企業投資の安定化(そして民間委託による消費の国有化)としては一定合理性がある。小泉進次郎の言うように、ゼロサムゲームではない(幼児教育無償化)。高齢者就労控除制度を創設し、高齢者障害就労不能最低保証年金制度を創設し、いまある年金制度マクロ経済スライドのアルゴリズム見直しにより、年金給付の実質抑制を図るべきである失業手当(給付期間を延長し、給付額が段階的に減少)に職業訓練就労インセンティブを課し、失業用貯蓄口座を創設するべきである。手厚く細かい職業訓練プログラム生産学校など)とそれよりも強い雇用インセンティブ見習い雇用)拡大、再就職新卒者の就業祝い金支給給付付き税額控除(EITC)を推進し、大学専門学校無償化(もしくはかなりの低料金)(予算の少なすぎるリカレント教育、いわゆる生涯学習の拡充)、社会的包摂のための協同組合などへの税優遇強化なども必要である職業訓練ブッシュ政権で試みられたバウチャー方式インセンティブ強化のために一般的に良いと考えられるだろう。わたしはローレンス・サマーズとおなじバブル必要論者なので、ドットフランク廃止を支持する。わたし完全雇用履歴効果を阻止し、労働力を維持し、長期的な労働生産性向上と潜在成長率向上を引き起こすと信じる。また、マイナス金利量的緩和などの金融緩和策が失業率を低下させ(賃金は下がるだろうが)、心理面の改善や消費拡大による雇用拡大、最終的には家計所得押上げに繋がると信じる。最後

日銀株価ターゲット政策採用し、ETF国債買い入れ額を増やすべきだ。貸し渋り貸し剥がし防止のため金融機関に法人税などを特例として減税(免除)し(ただし免除の条件として役員報酬の上限を法律で定める)GPIF民間投資家と日銀産業革新機構預金保険機構などを株主とした機械自動化AI開発投資ファンド(仮称)に投資し、技術革新の果実年金の原資とする富の再分配(現役世代には保険料消費税負担の軽減)をおこない、リスクマネー供給策とあわせて行うべきである。また、ベンチャーキャピタル投信などに所得制限付きの税額控除を行い、持ち株政策富の再分配市場形成を推進すべきである。なにが言いたいかって、政府はこの内容を盛り込んだ経済緊急安定化法を成立させるべきだ。ありがとう、広めてくれ。

やっとはてなーAIに疑問を持ってくれたよ

AmazonAI人材採用システム女性差別的だったというニュースを見て、ようやく。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/jp.reuters.com/article/idJPKCN1ML0DN

私のイメージでははてな村民AIに対する認識というのは、

AIすげえ。超すげえ。

AIこそが社会を救う。

AI活用こそが最もイケてる

AI理解しない奴は老害。滅べ。

AI仕事を奪うかもしれんがその分BIが捗る

・俺もAI勉強して勝ち組に勝つる!AI王に俺はなる!!ドン

・でもAI勉強難しくてよくわからいかいつかきっとやる(やるとは言ってない)

というような感じで、当然はてなーにもいろいろいるが、基本AIは称賛メインだったと言っても主語はさほどデカくはなかろう。

とにかくAIに対して楽観的で無邪気で、AIさえ発展すれば将来バラ色くらいの単純な発想の人が多くて見ててハラハラしてた。

ところが、AIが思ったような結果を出さないどころか、自分たちにとって不愉快挙動を示すこともあるという現実にぶち当たったようだ。

しかもその気づきを得るきっかけがポリティカル・コレクトネスだったというところでいかにもはてなーっぽいなと苦笑した。

データ差別的」って言葉、なかなかはてな的でいいわー。

これを機に、もっとAIに対する疑問をはてなーは持った方がいいよ。

AIの仕組み自体人間能力を遥かに超えたものかもしれないし、それによって社会利便性を更に向上させるものであるかもしれないけれど、そのAIを設定するのは人間だということ。

その人間男性優位社会で育ってくれば当然男性優位AI爆誕するんだし、

AIを扱う人間競争を勝ち抜いた一握りのエリートばかりだったら、

当然AIは一握りのエリートに偏ったエリート優位AIになるのだから

AI資本家権力者資本権力集中・独占を更に加速させる悪魔装置になる可能性の方が遥かに高いでしょ。

ラッダイト運動しろとまでは言わないけれど、AIはむしろ弱者にとって超危険存在になる、という危惧はしっかりと持った上でAI希望を託さなきゃ。

2018-10-10

anond:20181010135536

資本は、資本家が采配するので、資本ではなく資本家の奴隷だというのがやはり正しい気がする。(もちろん、資本奴隷になっている本末転倒資本家もいるけどね)

上場企業とかだと投資家がかなりバーチャルになるので資本家を気にしづらいが、世の中の多くは株主限定されていて、資本家の顔が見えるので。

富は資本を出した人が独占するという「資本主義」というルールの元に日本は動いているのに、これを肌感覚レベルで正しく理解している人は非常に少ないように感じる。

逆に、労働者も設けた金をもらえるべき、という勘違いもたくさんいる。(労働者権利労働法理解は薄く、主張しないのに!)

マルクス理論資本主義理論理解大事だよなぁ。

anond:20181010041115

どこで経済を学んだのか知らないが、まるで違う。

なぜなら企業の富は従業員全員で生産したもので、経営者一人で生産したものではない

あのな。職人機械を使って生産した製品は「職人が一人で生産した」のと同じだ。

給与労働者である従業員は、会社経営上は「機械」と同じ。ある程度自分で考えて動くかもしれないが、経営責任をとる主体ではない。

対価(エネルギーor賃金)をもらって命令電気的にor書類で)に従い、規定時間だけ仕事従事する。

会社従業員取引は「賃金」対「労働力提供」で終了しているのだから、その先のことは従業員には関わりない。

たまに「君達のおかげで…」などと従業員に向かって涙を流す経営者もいるが、あれは道具を愛する職人が道具に話しかけたり、機械に油を指すのと同じメンテナンスに過ぎない。

まり企業の富は「経営者が」「従業員を使って」「一人で」生産したものだ。

から企業の富は経営者のものだ。

従って、資本主義において経営者資本家)に富が偏在するのは当たり前だ。もっとも、極論、経営者資本家)もまた、拡大しつづける金(資本)の奴隷として果てしなく事業を拡大していくだけの存在に過ぎない。そこでは、真の主人は金、つまり資本である

すなわち、資本主義とは金(資本)を主人として全人類奴隷にするという思想にほかならない。

anond:20181010083819 資本国有化ではなく、子孫の国有化

https://anond.hatelabo.jp/20181009174050

マルクスは間違っていた。資本国有化ではなく、子孫の国有化をすべきであった。

国家がすべての子供に個々の才能に応じた教育を施すことにより、格差再生産は限りなく減少し、完全なメリトクラシーな世の中が実現する。

親子関係は完全に断絶され、誰が自分の子孫なのかを知ることはできない。人間遺伝子を残すことよりも社会の中で模倣子を残すことに専念し、遺産模倣子を受け継いだ弟子たちに任意に分配される。

親たちから子供を育てる喜びを奪う傍ら、子供を育てる苦労からも完全に開放される。もはや結婚という制度必要なくなり、人間はより自由恋愛を楽しむことができる。

将来的には優秀な国民精子卵子からデザインされた子供計画生産することで、社会ニーズに合わせた質と量を確保することができるだろう。

我々はただ子供を手放すだけでよく、その他の自由共産党独裁国のように制限されることはない。

これにより、人類ユートピアが実現する。






ご唱和ください。





びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!

anond:20181009174050

十分に再配分されてるでしょーよ。

累進課税は、高すぎても資本流出するだけで逆効果から、今のようなバランスがいい。

理論的には、日本資本を戻すなら、トランプがやってるような減税が効果的。

現実的には、高額納税者にとっての国の住みやすさと、税率のバランスがよい感じのバランスに落ち着くように調整すべき

anond:20181010060954

自民党による移民受け入れ拡大する前に、70歳まで食っていけるまともなポジションに就こう。

しかし、自民党ってどこの傀儡なんだろ?災害に紛れて、水道法改正して海外企業に参入させたり、種子廃止してこれも事実上海外資本タネを牛耳らせたり、ネット民やら自称知識人を使って宣伝されているような日本人第一に考える的政党とは真逆だね。

2018-10-09

anond:20181009174050

知ってるか?富のほとんどは人的資本教育を施せば再配分になる

2018-10-07

[][]2018年10月6日土曜日の増減

サイト\日付2018-09-302018-10-012018-10-022018-10-032018-10-042018-10-052018-10-06合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article026303126733イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0000021308アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0700000150フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000100084ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/04333491020076アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/031123915779アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/5121322114365262アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/232200118428アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00210004004アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00300015095アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00100005509アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0020100438アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/00112135245アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00200002944アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/21232107349アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/10021003357アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/01131202154アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/01120007806アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/000110112773アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/02202003444アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/50321119007アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0010031704アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000598カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/100011110212アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0010000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/100001023765アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/01252121900アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/00000001702アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000270アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00100001243アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00000102119アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000575カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000101カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/6319202418429366イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/104400114844イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/00201006593イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/200031-220224イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/01000012742イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/013112221880イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000189イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/9401531924541878イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/0313-21142589イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0000000727イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000441フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/01000001339フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000001211フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/0030000290ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00001202773ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/001100069イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000249イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/00001106237カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/20000001626イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000232インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000004354オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/1000000540ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0020000803タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00101001836シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000010355インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/000-1000716ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000274ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00110003073イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1000011843香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0101000108中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-10-04

anond:20181004004618

IT分散型の理想から出発したが、結局一極集中型のスタイルを持つ企業覇権を握りつつある。

そして、資本頭脳アメリカ西海岸に集まっていた。

結果、今の状況。

 

中国検閲しまくった結果、でかいIT企業が成長しているのだけは面白いところ。

あとの国は、似たり寄ったりじゃないかな。

2018-09-30

anond:20180930180835

真の資本主義者なら資本の成長のためにはそんな泣き言は言わないはず

なんだかんだ日本には社会主義ワナビーが多いんだな

[][]2018年9月29日土曜日の増減

サイト\日付2018-09-232018-09-242018-09-252018-09-262018-09-272018-09-282018-09-29合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article112223126718イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/20-11101305アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000143フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0010000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000083ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/311356020004アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/112210115741アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/876446665192アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/-124111018418アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00111004001アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00001005091アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00100015508アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0001100435アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/101-1-2015237アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/01000002942アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/01322007338アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/00001003353アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/101303-12146アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/10000007802アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/211512212770アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/01001113438アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/11420128994アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/1000000699アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0100000598カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/120000010208アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000527アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/226210123763アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/00110011887アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/10000001702アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0001000270アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00010001242アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00010002118アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000575カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000101カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/2762220516329272イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/122100614834イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/12201106590イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/11012-1020220イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/05000002740イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/3250141021870イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000189イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/9151146231241745イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/020223242582イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0001100727イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000441フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00000001338フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00004011211フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/2010010287ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00000002770ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000067イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/1000000249イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000001955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/-12100116235カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/51001001624イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000232インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0100000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/24011-104354オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000539ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/2000111801タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00001031834シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000001354インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0100000717ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000274ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000003071イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/4414111840香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000100106中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-09-23

anond:20180921234310

多分こういう考え方をもう少し歴史的表現をすると啓蒙思想って事なんだろう。目の前の事象自分自身機械的解釈で分解して理解することが、自分自然コントローラブルにすると考える思想だ。

ただ啓蒙思想についてはWW2以降に政治的宗教的批判の的にさらされた事も知っておいたほうがいい。それに現代政治学社会学などの多くの人文的学術分野は啓蒙思想から脱却して次の段階に進んでる。多くの場合対話によって物事理解されるという点に集約される。これは資本経済理解することからまれものだし、啓蒙主義からまれ社会主義批判することからも見出された。

小難しい書き方になったが、要は整理整頓されていない言論を打ち捨てるより、寄り添って対話して理解しようとすることの方が、より良い結果を導きやすいだろうし、お互いの理解も進むんじゃないかということ。

[][]2018年9月22日土曜日の増減

サイト\日付2018-09-162018-09-172018-09-182018-09-192018-09-202018-09-212018-09-22合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article001130026706イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/1120000301アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000001143フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000589アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000083ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/110-133019985アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/01-132175723アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/4671510665151アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/122120218410アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00100203998アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00010005090アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00000105506アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0100000433アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/00031105237アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/20102102941アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/02400017330アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/10100313352アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/02201202139アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/01020027801アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/174221312756アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/013-11003434アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/16002418983アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/1110010698アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0130000597カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/001001110205アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/-1000000527アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/130421023749アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/02001101884アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/10110001701アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000269アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00010001241アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00010002117アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000575カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000101カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/147254229011イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/004210014822イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/01010416583イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/-123141220216イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/01010002735イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/400016321845イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000189イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/15510111112841665イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/01321-1142571イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0011000725イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/01100003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000100441フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00020001338フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00011001206フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/2110001283ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00001002770ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000067イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0010000248イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000954スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/00000116231カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/11000001617イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000232インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000100957インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/01100014347オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000001539ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/1111000796タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00000101830シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0010010353インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0010000716ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0001000274ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000003071イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0100000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/0122100824香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/1111001105中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-09-19

デイリーポータルZ

だいたいいつもハテブのホッテントリひとつかふたつ、

デイリーポータルZ記事が上がってる。

かつてはワクワクしながら必ず読んでたのだけど、

最近飛ばすようになってしまった。

たまにクリックしても、ほぼ最後まで読まない。

なんというか、こう、

ひょうひょうとしていないのだ、最近デイリーポータルは。

まんねりなのか老化なのか、資本が変わったせいなのかは知らない。

2018-09-16

anond:20180916092545

労働によって生み出された物・サービスを購入することは他人から搾取することと等しい」は間違いです。

正しくは「等価交換」です。

搾取」っていうのは「資本家労働商品購入者としての権利行使し、その必要労働分を超えて働かせる。この必要労働を超えて働かせた分が剰余労働であり、ここで生み出される価値剰余価値という。資本制下における搾取は、この剰余価値資本家階級による取得」のことですよ。

こんな間違いができるのはネトウヨくらいでしょう。

まり、そういうこと。

anond:20180916000235

労働によって生み出された物・サービスを購入することは他人から搾取することと等しい」は間違いです。

正しくは「等価交換」です。

搾取」っていうのは「資本家労働商品購入者としての権利行使し、その必要労働分を超えて働かせる。この必要労働を超えて働かせた分が剰余労働であり、ここで生み出される価値剰余価値という。資本制下における搾取は、この剰余価値資本家階級による取得」のことですよ。

こんな間違いができるのはネトウヨくらいでしょう。

まり、そういうこと。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん