「オラオラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オラオラとは

2019-08-20

anond:20190819185622

暴力的オラオラ男が不思議と女にモテるのに

特に暴力振るわない陰キャの男は不思議と女にモテない

治安のよくない地域で見られるこの現象を切り取って言っているだけ

2019-08-19

今日も女はカッコーの巣の上で

生理周期上1ヶ月の内に好みが変わる。実感として妊娠やすい時期は筋肉オラオラ系、そうでない時期は家事育児に協力的な優しい男に惹かれる。モテ=セックスと捉えれば前者だけど、個人的には後者のが需要ある気が

2019/08/19

こんなん托卵のためのシステムしか考えようがないやん

筋肉オラオラ系とセックスしたあと

優しい男捕まえて「あんの子よ」って騙して扶養させようってことでしょ

2019-08-18

車の目つきが悪くなったのは、いつ頃からだろうか

30年くらい前の乗用車は、その目が真っ直ぐ前を向いていたと思う。「車の目」というと、やはりヘッドライトなんだと思う。映画カーズ」では、登場“車”物の目が、フロントウィンドウに描かれていたけど、私達が生活する空間を走っている車は、やはり前照灯が目として意識されるかな。

昔の車のライトは丸とか四角とかあったけど、たぶん電球の性能が今ほど良くなかったから、その所為で、目が素直に見開かれて、前を見つめているような雰囲気だったのだろうと愚考する。真っ直ぐだったと思う。

ところが、20年くらい前からだろうか、「目つきの悪い」車が走り始めた。言ってみれば「半眼」とでもいうような、眉をひそめているような、何か世界を疑っているような、不信・不審を漂わせた「表情」に見えた。ハロゲンランプのおかげで、ライトの面積を狭くしても光量を確保できるようになったからかもしれない。エンジンが小さくなってボンネットを低くできるようになったとかもある? 

最近ではLEDを使ってさらヘッドライトを小さくできるから、「デザイン可能性」がより高まったと言えるのかも。でも、「デザイン可能性」て、何だろ。マーケティングへの工学的応答性が高まった、簡単に言ってしまえば、人気ある売れるデザインが作れるようになった、てことかもしれない。

自動車会社デザイン部門としては、売れ線を追究したらこーなりました、てなところで、つまりお客様のご要望、ひいては社会ニーズに応えております、てなことなんだろうけど、それ、つまりは、昨今の「お客様」とか「社会」とかが、恫喝とか威圧とか煽りを求めている、てことなのかな、どうかな、そうなのかな。

最近ミニバンとか言われる車種の面構えが、怖いんだよね。周りに恐怖を撒き散らしてどうするよ。

車を買う方=消費者お客様としては、自らの心のうちに抱いている共感とか憧憬とか趣向とか、そういう感情感覚的なものと、目の前にある車のデザインが醸し出している何かがガキッ! と反応するから、目の前の車を買うわけで、そのときお客様心持ちが、車の、そして車メーカー無意識的何かによって後押しされているんじゃないか、と心配になってくるわけです。

当社のモットー安心安全です、と表明している裏側には、ほら、オラオラってカッコいいだろ? はん? とかいう下顎横滑り右斜め上30度のせせら笑い的ニュアンス漏れ出してないのかな、と。

お客様ニーズに応えることが、お客様の中にある何かを後押しして、そうやって後押しされたお客様がそこに力を得てアクセル踏み込む自分肯定する、てな感じで、何か「黒いサイクル」のようなものが力強く拍動しながら加速したらやばいんじゃないか、と危惧するわけです。言ってみれば産業デザイン社会的責任性というのか、その辺に懐疑を抱いてしまう。

まあ、そういう一連の欲望のようなものが束になって人類社会が発展してきたということも確からしいので、一概に否定することはできないと思うけど、子供に言われるままに甘いものばかりやってると、そのうち虫歯ボロボロなっちゃうよ、という不安なわけです。子供の国があって、そこで幸せ暮らし続けることができるならいいけど、そこから子供がこぼれ出してきちゃうと厄介なわけで。

2019-07-22

anond:20190722065639

はぁ、またこういう増田か。

おいしょっと。ズプズプっと

よーしオラオラ、出し入れ出し入れ!

これを200回繰り返してー

ずぴゅっとな。

はー。これに懲りたらくだらんこというのはよせよ

2019-07-14

人権ATフィールドだとするなら、イケメンアンチATフィールドを出して無効化してる

コミュニケーションハイリスク化するお気持ち社会は、

オタクにとっては自尊心の低さと相乗効果を起こして、

なおさらコミュニケーション消極的、臆病、気を遣う、気疲れするようになってると思う。

その価値軸とは逆の象限位置する、オラオラテストステロンバド高収入年金逃げ切り人権意識アップデートしてないおじさんなんかにとっては無縁の世界というか。

性的魅力 AND/OR 経済力 があれば、人権配慮無効化不要化)される。

逆に言えば、性的魅力 AND/OR 経済力がないと、人権配慮圧力が増す。

という二極化してるのだなぁと

anond:20190713234043

少なくとも日本カルチャーを幼稚にさせた一端を担ってきたのはこいつら。

どんなチープな音楽ドラマ映画にもねじまれ大根役者たち。

こいつらいなくてもEXILEオラオラ系が仕切るだけの話なんだうけど

2019-07-10

anond:20190710205118

男もオフェンシブなコミュ障オラオラ系とか、いくらでもいると思う。

回避系は詰んでるね、今の時代コミュ力さえあればいくらでも生きていけるからコミュニケーション弱者とかコミュニケーション機会弱者とかが、一番の問題かもね。

2019-06-19

anond:20190619122729

長身オラオラ男と、普通ハイヒールおばさんでケンカしてるの見たことある

おばさんは「痛い!痛い!」と叫びながら肘鉄をし、

オラオラ男は無言で肘鉄をやり返していた。

何もしてないのに肘鉄されたことは私もあるけれど、

肘鉄し返したことはないなぁ。

2019-06-16

オラオラ遅れずについてこいよノータリンくんwwww

あっ常にトラバつけなきゃだから絶対おれのあとにしかでてこれないんだね!

ダッサwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2019-06-15

俺の名は馬鹿増田

俺は馬鹿増田だーー!げははははあはh!

ラー!何が箸の持ち方だーーくそうぜーーー!

顔面ぱーーーんち!

箸糞増田「うぎゃあああああああああ」

オラオラー!何が女性専用車両だー!うるせーーー!

電車イオナズンだあああああ!げはははははははあ!!!

2019-06-04

独りで逝け

オラオラデヒトリイグモ

孤独にひっそりと消えるのが美徳だとされてきた日本

突然狂った人物から白羽の矢を立てられ、心中させられる。

さな社会犯による凶行。

恐らく赤の他人と死を共にするにあたり細やかなECSTACYがあっただろう

誰かと共に生まれ、自ら愛した羨望の存在と消えるのだ

被害者に手向けられた花束は今や加害者の物と区別を付けることも難しい。

親族と同じ墓に入るよりも暗雲立ち込める日本孤立した核家族主義に一石を投じる。

不和不和を呼び、不信感は明確な事件となって

崩壊しつつあるこの理不尽世界残酷ニュースと印象を撒き散らして行く。

拭い切れない閉塞感。揺らぎ行く悪の概念

今まで虚構に押し込めていた物がドロドロと溶け出して染めていく。

雲のように小さな幸福を覆い隠す、君は紛れも無く巨大なダメージを与えたのだ。

2019-05-21

anond:20190521121146

言論」って別にイキってオラオラ!みたいなものじゃないでしょ

それ以外に何があるというのか。少なくとも言論人のゲンロンに。

なんで言論人ってどいつもこいつもイキってるの?

個人名出すとすーぐ名誉毀損とか馬鹿面で吠えるから各々の想像に任せるけど

なんであいつらあんなにイキってるの?

言論」って別にイキってオラオラ!みたいなものじゃないでしょ

それやるならきちんと殴り合いして欲しい

2019-05-15

anond:20190514225348

そういえば霞ヶ関のど真ん中の本省にむりに保育所つけた厚生労働省フレックスタイム前後30分)

 

サリン事件にもあった一番込み合う路線ベビーカーのせてこいよオラオラって挑発してるからぜひこれパブコメに投げたら

2019-05-09

レイプ風俗行った時に女性にも楽しい気分になってもらおうと思って笑点音楽流しながらオラオラやってたら受付の男が入ってきてスピーカー切られた

事務所に連れて行かれるんかと思って金玉縮んだわ

男が憎い男の自分をやめたい

男が憎い。俗に言うミサンドリーというやつだろう。

最近はましになったが、酷かったときツイッターに男はみんな死ねばいいと本気で呟いていた。

携帯の変換予想に、男といれれば死ねとか殺したいとかが出てくるような、そんな感じ。よくいる酷いツイフェミ言動だと思えばいい。

しかしよくいるその人たちと違うところがある。私は男だ。

多分、自己嫌悪がそのまま世の中の男に向いているのだと思う。

性犯罪ニュースを知ったり、セクハラ現場を目撃したりすると、「自分もこの加害者になるかもしれない、男だから」と感じてしまう。

自分を慰めるためにジェンダー論もあれこれ勉強した。それこそ学生の独学としてはかなり本格的に。

もちろん、そうやって勉強している以上、「男が加害者となる性別である」と論じることがいか馬鹿げてることなのかは理解している。理屈として。

まあ、酷いツイフェミと呼ばれる人たちはそれを理解してないのだろう。普通に怖い。そもそもその態度はフェミニストの立場から大きく外れる。

少し話がそれた。とにかく、自分理屈おかしいことは当の昔に理解している。それでも、自分性別を憎むことをやめられない。

性器を切り落としたいとよく考える。ひげが生えてくると気持ち悪いと感じる。

幸い、そこまで男性ホルモンが分泌されない体質なのか、一般的男性に比べて体毛は明らかに薄いし声も高い。

これで体毛が濃かったら毎日それを剃りながら狂ってしまうだろうと本気で思う。

救いを求めて仲間を探すこともした。ミサンドリーという言葉を初めて知ったときは感動したのをよく覚えている。これ以上私のことを適切に表現してくれる言葉ない、と。でも、そこに仲間はいなかった。希望絶望へと成り変わる。

ミサンドリー検索して出てくるものはいつも、男VS女の構図ばかり。男を嫌う女はいても、男を嫌う男の話はほとんどしていない。

そんな私にも、最近救いがあった。パートナーができたのだ。女性の。

彼女はすごい。僕の昔の言動を知った上で一緒にいてくれる。

じゃあなぜこんなものを書いているのか、というとそのパートナーともミサンドリーが原因で大喧嘩してしまった。別れる寸前だ。

もちろん、他の原因もたくさんあるのだけれど、ここでは都合よく脇に置きたい。これはネットの海にほおりこむ都合のいい懺悔から

交際をするにあたって、とにかく私はオラオラ彼氏になることを恐れた。DVするようなあんなやつになりたくない、マンスプするようなあんなやつになりたくない。

なりたくない像はたくさんあったけど、こうなりたいというものが思い付かなかった。

その結果、何かあるごとに相手にどうしたいか聞くようになった。恐らく、かなり過剰なほどに。

「男である自分意思は罪であり、「女である相手意思尊重することが良いことだとどこかで思っていたのだろう。

こんなことで上手くいくわけがない。

いつも私に聞くばかり、お前はどうなんだと泣かれるまで、そんなことにすら気づけなかった。

一番差別っぽいものに敏感で、憎んでいるであろう自分が、酷い差別をしていた。

私は、このあまりにも稚拙で極端な二元論的な思考をどこに置いていけばいいのだろう。どうすれば満たされるのだろう。

パートナーに対して申し訳なく思いながら、それをよく考えている。

2019-05-02

anond:20190502172035

🐈💨💨💨ジャージで外出していいのは10代とオラオラ系だけじゃないん?

2019-04-23

anond:20190423141814

どうだろうね。社会制度がもう違う風になったのは確かだと思うが、ヒトの感覚はついてきてないだろうな。

オラオラ系のほうがモテるとか、女が待ってばっかりとか、結局そういうことよ。

2019-03-21

男性の皆様、いつも優しくしていただいてありがとうございます皮肉ではありません)

はてなでは日本社会ゴミくずだと思われてますが、日本結構素晴らしい社会で、9割ぐらいの男性(も女性も)みんな優しいんですよ。

オラオラ系のひとだって彼らには彼らなりの優しさがそこにはあるのです。

なので、「優しい」ということはあまり差別化の要素にもならないんです。

ですので、恋愛において「優しい」を武器に戦うのはとても大変です。

経験の浅い方は避けたほうが無難かもしれません。

皆様の優しさは恋愛にはつながらないかもしれませんが、この軋みをあげる社会を少しやわらげてくれています

これからもお互いに優しくありましょう。

2019-03-19

なんで無限アラート罪について法デバックするの個人だけなの?

ウイルス罪」構成要件、全都道府県に開示請求 エンジニアが進ちょく公開、議員陳情も……いたずらURL事件受け - ITmedia NEWS

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/19/news066.html

こういうのってテンション爆上がりしたよく知らん個人が行動に移す↑のような例をちょくちょく見かけるけどさぁ

クソ雑魚一般人じゃなくて普通に日本WEB企業がやればいいんじゃないの?

個人だと出来る範囲しれてるし警察にも舐められて黒塗りクソ対応されるだけじゃん

ゴミンゴ等には期待してないけどはてなとかさくらとかがやったりしないのかな

自分たち商売にも関わることなのに静観してんのはよく分からないし、オラオラ無名個人押し付けて満足してんのかね

企業としてパブリック活動するのが至極コスト高いのは理解できるが黙ってりゃいいもんちゃうだろうに

それとも結構パブリック活動してるけど話題にならないだけなのかもしれないが

2019-02-23

anond:20190221171918

自分美人だけど、寄って来るのはやっぱり、性的弱者恋愛弱者KKO精神問題をかかえた人達ばかりだよ。いつもは世渡りのため「自分美人である可能性なんて、考えたことすら無かった」ふりをしているが、今日だけは言う。そして5段落目は思い切り同意

まともなコミュ力を持った人達は、このご時勢の中、女に声をかけるリスクが色んな意味で高いことを知ってるので、あっちからなんて決して来ないよ。同窓会で数年経ってから学生の頃好きだったけど、クラスで一番の美人アプローチするなんて、とんでもなく思い上がってる気がして出来なかった」的なことを言われたことは数知れず。そこを乗り越えて来るのは、よっぽどの身の程知らずで、バランス感覚が欠如した人間か、そうでなければ、やんちゃ系オラオラ男。この二種しか来ないのは、現代社会必然。あとは、女の方からおっけーサインを出しまくって相手アプローチさせるという、誘い受け手法があるけど、同じ集団内の女に目撃されると受けが悪いし、元増田不器用そうなので、オススメしない。

お見合い市場に出ろ。ここなら、女の方も相手を探してると公言してるので、日常アプローチではセクハラリスクが怖い男も、積極的になる。しかし、まともな人から先に退場するシステムなので、大量のクズも同時にいる。増田は大量のクズアプローチされて、自分価値がそれくらいだと言われた気がしてダメージを受けるかもしれないが、最初からそういうものだと思って出ろ。健闘を祈る。

2019-02-09

恋愛において「勇気」や「挑戦」を賞賛する風潮をやめるべき

恋愛における同意うんぬんの話を見てると、

やはりこういう話を解決するためには、

恋愛において「勇気」や「挑戦」を賞賛する風潮を止めないといけないと思うんだよね。

現状、恋愛文化において「よく勇気を出した!」「よくぞ挑戦した!」と賞賛される風潮がめっちゃ強い。

これがダメなわけよ。

何故って?

だって、「勇気」や「挑戦」が必要と言うことは、そこに「失敗の可能性」があるわけだ

(失敗の無い「勇気」や「挑戦」なんて有り得ない)

そして「失敗」とは、そこに相手に肉体的にも精神的にも傷つけてしま可能性があるわけだ。

そんなこと絶対あってはならない。

「これは行けるだろうか?行けないだろうか?微妙な所だ…」という判断に迷ってしまう場面に当たって

「ええい!やったれ!なすがままよ!」と恐れずに行動するために必要メンタリティこそが「勇気」や「挑戦」なわけだ。

結局の所、「勇気」や「挑戦」とは「失敗しても問題ない」を肯定しているわけだ。

これがダメなわけ。

絶対に、100%、失敗の可能性があってはならないのだ。

恋愛ゼロリスクでなくてはならない。絶ッッッ対にだ。

恋愛において「よく勇気を出した!」「よくぞ挑戦した!」なんて賞賛は、してはならない。

しろ「よく勇気を出さなかった!」「よくぞ挑戦しなかった!」と賞賛されるべきだ。

勇気を持つことや挑戦することに罪悪感を覚える」くらいになるべきだ。

…いや、なるべきというか既になってる感すらある。

オラオラ系はともかく、ナヨナヨ系は「勇気を出して挑戦して、相手を傷つけたらどうするんだ!」

という風に思い込んでいるフシすらある。良い傾向だ。

恋愛において勇気や挑戦を極力排除しなければならない。

でなければ昨今の恋愛議論の話は絶対解決しない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん