「金融」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 金融とは

2018-10-17

ポンコツおっさんSE転職事情

ハイスペックな人のエントリだったり、さらにいやいや君もずいぶんすごいね

というエントリだったので、本当に普通な感じで埋もれているエンジニア転職した時の話をしようと思う。

現在私は同業界大手企業で働いている。転職結果としては年収も大きく上がったし、

職場環境も申し分ないので成功したと思っている。

 

スペック転職時)

 年齢:39歳

 

 <前職>

 中堅の独立系SI企業WEBSierもやってるような感じ)社員600名程度

 に所属していた。勤続は7年目

 

 <技術力>

 技術力はほんとに並の下程度。

 JavaとかPHPとかやっていて、PHPがメインだったかな。主にWEBサービスを作ったり、社内WEBシステム作ったりしてた。

 プログラミングの基礎はあるし、SQLやその他DB知識もそれなりにある。サーバー知識あんまりないし、

 Linuxコマンドは正直ちょっと苦手だし、AWSとか触ってないし、なんならApacheだってそんなに詳しくない。

 ググっていつも解決する。フルスタックエンジニア?なんだそれ?こちサーバーサイドエンジニアだ、文句あんのか?

 

 新しい技術言語は基礎があるので飲み込みは早い方だと思う。なので対応力はある方だ。Rubyでもpythonでもコード見れば読めるし、

 大抵のことは理解できると思う。でも業務では使ってない。JQureyもまぁ普通に使えるけどJSコードとかたぶん汚いと思う。

 

 色々と新しい技術をググって記事見たりして「わかった気になるタイプ」だと思う。36歳くらいでやっと「デザインパターン

 知らないとやばいんだ。勉強しないと!と焦って本だけ一応読んで「わかった気」になった。

 

 ここまで読めばわかると思うけどエンジニアとしてはだいぶ「ポンコツ」だ。

 でも仕事のためにやってるエンジニアとか結構こういう人が大半な気もするんだよね。

 立ち位置は開発リードとか設計とか上流も少しやってた。年齢のせいもあると思うけど、

 まぁうまく立ち回って仕事してた感じだと思う。コミュ力はそれなりにある方だと思う。

 もうエンジニアとかお前が名乗るなよとか言われそうだな。。。すまん。

  

転職活動の経緯

転職理由

 このまま、今のポジション仕事を続けてたら永遠に新しいこととか他の言語を使って業務をすることができそうになかったから。

 嘘だ、人間関係だ。ほとほと同僚、後輩、パートナーに愛想が尽きたからだ。それと上司やその上の部長にもだ。

 客先で顧客と一緒に仕事をしてたが顧客側の人はほんとにまともで良い人ばっかりだった。転職する時にそれだけ、ちょっと寂しくなったな。

 ポンコツながらプロジェクトでは納期を守り何とかやり抜いてきたが、全く評価されない現実もあり、それも嫌だった。あと、給料安い。

 表向きはいろんな理由があるだろうけど、転職する人の理由はきっとこれが現実だと思う。

 

概要

 転職を決意

 ↓

 とりあえずビズリーチよさそうねとか何も吟味せず登録

 ↓

 エン転職にも登録(以前使ったから)

 ↓

 DODAリクルート系は良い思い出が一切ないので登録してない。

 ↓

 ギークリーというところからビズリーチ経由で勧誘

 ↓

 一応そこの担当面談してギークリー利用

 ↓

 ビズリーチギークリーとエン転職転職活動

 ↓

 ビズリーチ経由でA社で外資強めの転職エージェントに会う。

 ↓

 ビズリーチ経由でB社で金融ITに強めの転職エージェントに会う

 ↓

 最終的にA社で3社応募して、2社内定をもらい転職した。

<詳細と雑感>

 転職しよう!と思ってからとりあず動けーーー!って感じで動いた感じです。

 総応募数は覚えてないけど30~50社くらいだったと思う。書類で超落ちる。年齢のせいも大きい。

 エン転職スカウト全然ダメだった。めぼしい企業がなかったし、年齢のせいか知らんけど、

 タクシーちゃんとかトラック運転とかそういうのも来てた。

 ギークリーから応募したのが一番多いと思うけど、とにかく手あたり次第に紹介してくる。

 よさそうな企業もあったけど、面接まで行ったのは4社程度ですべてお祈りだった。

 2次や最終までは行くが、いまいち紹介された企業自分志望動機を合わせる作業がどうにも苦手でうまく行かなかった。

 ギークリーはほんとに求人が多いから、たくさん見て選びたい人には向いてると思うけど、自分には向いてなかったな。

 他にもビズリーチ経由で4社くらい直接カジュアル面談があったけど、有名なY社とか、運輸系のY社のシステム会社とか、

 印刷系のD社の子会社とか、どれも最初カジュアル面談で、それ以後連絡なかったなぁ。

 カジュアルと言いながらガチ面接なこともあったな。

 

 そんな感じで行き詰って2か月。心機一転また別のところ!というのと、

 自分でもう一度ポンコツなりに職務経歴書を頑張ってブラッシュアップし、面接対策もして、改めてA社とB社とつながった。

 B社からの紹介はとても面白い会社だったし、一次面接もかなり好感触だったのだが、なぜかその後に論文筆記があり、

 書いて出したら、落ちた。どうやら思想が合わなかったらしい。

 A社から紹介されたのが、医療系のWEBサービスの会社と誰もが知ってる大手企業

 どうやら大手企業とは結構つながりのあるエージェント会社だったみたい。

 自分大手に行けるか半信半疑だったが、面接対策結構しっかりしてくれて助かった。

 同じ質問面接でされたので、うまく答えることができたと思うし、職務経歴書も一緒に見てくれた。

 そして、2か月でこの医療系の会社大手から内定を頂いた。転職活動は実質4か月くらい。

 どちらも良い会社だったので、本当に迷ったが、大手の方にした。

 断るのもエージェントがやってくれるのでこれも結構気持ちが楽だった。

 

<振り返って思うこと>

 ポンコツなりにアピールできるポイントがあれば、それをしっかりアピールするような職務経歴書を作ったり、

 私の場合は3回目の転職だったので、今までの経歴をきちんとよどみなくアピールできるような練習有効だった。

 転職活動初期は全然対策してないこともあって、やっぱり落ちたのかなと思う。

 だんだんエンジンがかかって、面接にも慣れていき、最終的に大物ゲットできた感じだ。

 そして、面接ではやっぱり自分はできる奴だ!ということをちゃんアピールした方がいいと思った。

 謙遜かいらないし、こういう職務なんですができますか?と言われても、普通に全然問題ないです。くらいに言ってもいいと思う。

 

 ハイスペックエンジニアかいやいや十分すごいですわ的なエンジニアは、自分活動して、普通に交渉もして、

 自分がより有利な環境を手に入れることができると思うけど、私のようなポンコツ普通にエージェント使って、

 普通に応募して、面接対策しっかりして、志望動機ちゃんと頑張ってたくさん考えて、ちゃんと喋る練習して、それで行けば結構いけると思う。

 落ちるのはやっぱり職務経歴書がまだちゃんと練れてないのと、面接練習や、志望動機が甘いんだと思う。そこを頑張れば良い環境転職できると思う。

 

 おススメのエージェントとかは特にいかな。自分に合ったもの自分転職活動しながら、見つけるのが良いと思う。

 1つ言うならエージェントを1つに絞らないことかな。忙しくなるけど、いろんな所と付き合って、自分に合うところを見つければいいと思う。

 そういう意味ではビズリーチは大小さまざまなエージェント会社があり、そこから連絡がバシバシ来るので登録しておくとよいかもしれないです。

 

<まとめ>

こんな感じだ。読み返すとあんまり参考にならないかもしれない。。。

私は前の会社全然評価されなかったが、今の大手に移ったら、普通に評価が上がって、給料もしっかり上がった。

環境次第で人の評価って全然変わるし、所詮評価する側のフィルターをかけた評価なんてやっぱり気にしなくていいんだと思った。

実際前職の部長退職の旨と転職先の話をした時に「子会社ですか?」とか言われたし、「いえ、本体です。」と答えたら「マジで?」という顔をしてた。

部長フィルターでは自分評価はそんな感じだったんだなと実感した。

ももちろん良いフィルターをかけて評価してもらっていると思うけど、自分にとってどっちが良いかは明白だし

その良いフィルターが本当になるようにもっと努力したいと思う。

 

今の市況ならほんとに転職すれば年収上がるくらいの状況だし、勤続3~5年以上で、

自分の現状に不満があるなら、いっちょやってみるのも良いかもしれません。

誰かの参考になれば幸いです。

2018-10-15

イノベーション起業というのはわからないものから新自由主義が宛にする。

新自由主義は、ケインズの知見を意味もわからず取り去って、自由にしたらうまく行く、以上の意味もない。

恒常期待仮説を元にした国債破綻トリクルダウンマンデルレミングによる公的投資の増大による金利の上昇も起きなかった。

一つ一つの理論は当てはまる場合もあるかもしれないが、企業の強い資金余剰の前にはあまりにも無意味だ。

ただ、なぜその企業資金余剰が起きたかといえば、貸し剥がしフリーハンド法人税減税。資金余りの原因として、累進所得減税。金融分離課税もいれておこうか。

よって不景気を30年創りだした。

資金循環ガン無視で、ほっといたら金を貯めこむところに溜め込ませたら不景気になるというのは自由主義時代産業革命以降1920年以前の思想)の焼き直し。

自由主義時代と一点違うことがある。それはイノベーションという思想が生まれたということだ。それ自体は良いとは思っている。

ただ、どこから誰が起こすかは全くわからない。そのわからなさ故に、叫べば生まれてくるとおもってるのだろう。

新自由主義時代イノベーションなんて叫べば願いが叶う以上の意味しか無い。もはや洪水に人を殺してボンボン投げこめばイノベーションというのが生まれるようにすら思える。

具体的に金の流れをどうするか考えず、かつ、イノベーション必要リスクをとれるのは誰か?というのを完全に無視しているから。

だがイノベーションというのは結局のところ新しい知見で新しい商売が生まれた以上の意味は全くない。

実際創業率は経済成長率と強い関わりがある。創業なんてただ会社を起こしただけだから指標としては弱い。

しかし、それでも第一段階の創業をするという点でも元々の経済成長率を新自由主義の基では鈍化させるから起きなくなる。

これだけイノベーションだ!とさんざん騒いでもね。むしろ起業すると地獄を見るのが知れ渡ったから誰も起こさなくなったというのが正解だろう。

叫び声なんて、それが故にどうなるかというのが何年も積み重ねれば嘘だとバレる。

まあ、これはアカデミックポスト志願者数についても言える。ある程度の競争主義必要だが、競争と、実際得られるポスト比率の調整は必須だ。

ましてや競争資金だよりでポストの数は全く増やさないというものでは一方的アカデミックポスト志願者が減るのみだ。

新しい知見を作るのに時間がかかることもある。それは企業ベンチャーキャピタルでは耐えられないリスクマネーが必要になる。

企業ベンチャーキャピタルとかはすでに投資対効果が見えるものしかさない。とすると、もう理論が完成して、2,3年でうまくいくようなものしかさない。

大学の基礎研究としてやるぐらいしか選択肢は無いだろう。

近年目立ったイノベーションというのは免疫チェックポイント阻害剤だ。ただし、この現象発見されたのは1990年。

そこから実用化が2014年。そして、ノーベル賞だ。

実用化まで24年。一番最初の奇妙な鍵穴の発見をするところから企業ベンチャーキャピタルの金を入れることや、競争資金で持ってきた金で研究することな不可能だ。

まさに1980年代までの高成長を作っていたケインズ主義から新自由主義に切り替わり、バブル崩壊とやらのせいにされる直前の徒花だ。

新しい知見、その元となるのは?もちろん誰でも起こせる可能性はあるが、知見、科学として検証可能性が保てるように整えるのは大学だろう。

失敗した新自由主義を捨て、ケインズに戻し、なにか新しいことがあるかもしれないという息吹の基礎研究を整えること。ここからしか革新的イノベーションは起きない。

ただ創業率を増やす死体を増やせば革新的イノベーションを増えるという考えからぜひ脱却してもらいたい。

翻してみれば、きちんと基礎研究増強に立ち戻らないと革新的イノベーションは起こせない。それには新自由主義の破棄が必要だ。

競争資金一定必要だが、競争資金になじまないほど先駆的なものについては研究研究者の運営費交付金絶対にやらないとならないわけだからあくまで両輪で成り立たせないとならない。

2018-10-14

[][]2018年10月13日土曜日の増減

サイト\日付2018-10-072018-10-082018-10-092018-10-102018-10-112018-10-122018-10-13合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article1242134226761イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/1201100313アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000150フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000084ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/230904120095アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/01630345796アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/7312348765306アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/424041118444アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/02020004008アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/02100105099アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00010105511アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0000000438アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/10011105249アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00000022946アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/01003117355アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/002002-13360アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/20144302168アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/00001107808アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/11224-1012782アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/00001003445アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/00101009009アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0000000704アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000598カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/000000010212アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/312231023777アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/11017221914アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/00000001702アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000270アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/01000101245アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00000002119アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0001000576カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0100000102カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/41238106329412イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/100000014845イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/20122006600イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/161104020237イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/10100002744イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/01133-80421812イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000100190イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/16215164061541997イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/111022242598イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0010000728イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0010000442フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00002101342フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000001211フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/1000000291ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/01021022779ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000069イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000249イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/10021016242カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/00100101628イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000001233インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000004354オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000540ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/1010112809タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com11001101840シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000355インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/2000000718ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/1000000275ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00010003074イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1000100845香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000000108中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-10-13

IT業界女性比率の少なさはかなり不思議

https://anond.hatelabo.jp/20181013125559

IT業界比較的新しい仕事で、エンジニア女性を受け入れる事に抵抗はないし、無制限に門は開いてるけど、社会的成功している技術者の男女差を見て見ればいい。

この増田の主張のうち、女性比率が少ないと挙げられている医者学者政治家あたりは古代からある伝統的な職業ということで、歴史的性差別の積み重ねで女性が入りづらい強固な差別構造のようなものがあるのでは、という反論はできそう。

しかし、IT技術者だけは、以下の通り、女性に向いている職業なのにこの女性比率の低さは不思議に思っている。

(1)仕事自体の内容

・筋力はいらない

・若手のエンジニアに求められる長時間集中力を保つ持久力は必ずしも女性男性に劣るわけではない

学校優等生タイプだった女子のように勤務時間外に真面目にコツコツ勉強を続けると報われる

(2)キャリア形成

入り口そもそも相当におかしな経歴の人間でも受け入れているので性別による参入制限は無い(もちろん日本文系出身ITエンジニアの枠の話)

経験者であれば、出産育児で数年のブランク程度なら今の人手不足なら大歓迎される

転職だけでなく、派遣フリー家族ライフステージに合わせてかなり融通が利く働き方ができる。

(少なくとも、大企業事務総合職出産育児退職した後に類似待遇業務内容のポジションに戻ることの困難さに比べれば、遥かに女性が生涯にわたるキャリア形成をしやすい)

(3)職場男性の傾向

比較問題ではあるが、伝統的なメーカー商社金融男性よりはITリベラルで男女の社会的役割分担意識の弱い男性が多い。

(というかオールドエコノミー就職した学生時代の友人たちの「俺はジェンダーロールを疑問無く引き受けるし他人にも押し付けますよって」方向の人格の変貌は恐ろしい……)

飲みニケーションホモソーシャル派閥を作るタイプ男性は少ない。飲みニケーションに参加しにくい/したくない女性でも不利な取り扱いをされにくい。

職場女性口説きにかかる男性も少ない。仕事に打ち込みたい女性にとっては雑音が少なくて良いと思う。

2018-10-12

君は第三次世界大戦を防ぐことができるか〜大恐慌防止のためいます

この記事は少し前置きが長いが読んでくれ。NY市場歴史的株価下落により、世界的なリセッション入りは近い、多くのアナリストはそう考えている。しかし、長期金利上昇以上に問題なのが(2つは関連しているものの)失業率だ。アメリカではもう失業率は下がりそうにない。ギグエコノミーなどの構造的要因によってNAIRUが上昇している可能性がある。U-6失業率を見ると、アメリカ経済完全雇用に近いが、以前の水準から言うに、ケインジアン完全雇用ではないと言うだろう。原油価格は上昇しており、ギリシャ危機当時のインフレ対策としての緊縮(当時ほど過激ではないにしても、ギリシャはやりすぎたが、ベルギーなどは適切だった適度な緊縮)が必要になるかもしれない。スタグフレーション対策としてだ。中国経済統計悪化しており、グローバルな貯蓄バランスの不均衡によって国際通貨市場不安定化、新興国途上国からドルの逃避(アジア比較的貯蓄率が高いためリスクは低いだろう)、構造改革余地の減少、石油穀物価格株価下落に伴うコモディティへの投機により、中央銀行スタグフレーション回避のためにさらなる引き締めが必要になるかもしれない。全世界レジームチェンジ必要になりそうだ。具体的にはシムズ理論による財政出動拡張的緊縮論にはシムズ理論で対抗)、投資減税(資本の利潤率低下の法則と金融緩和の代わりにリスクプレミアムに働きかける政策)、穀物投機を減らすための利上げと新興国(途上国)への一時的融資バイオマス燃料の規制トービン税中小企業金融円滑化のための財政支出としての支援必要だろう。また、国有化された金融機関の役員報酬規制法も必要だ。政府は、学資ローンを買い入れるべきだ。新卒者の消費が増えないバランスシート不況を阻止するためだ。投資減税、雇用補助金によるリストラ阻止、長期的には過剰資本解消と合理化計画、(アメリカ民主党の主張するしかインド実験された)雇用保障制度福祉分野での雇用創出、ワークシェアリングの柔軟な対応所得税などの控除なども盛り込まれるかもしれない)を行い、長期的成長に配慮するコーポレート・ガバナンスの推進(ドイツ型に改革)、401kやヒラリークリントンの主張していたプロフィットシェアリング支援する必要がある。また、国際的穀物およびエネルギー支援の枠組み協定必要だろう。IMFSDRのような制度かつ現物裏付けられたIMF保証する国際仮想通貨ベース現物短期融資するのだ。インフラ投資を推進し、石油を(あまり)使わない分野での雇用創出(製造業の国際分業による世界レベルでの石油生産性の向上)、おもに途上国への石油生産性向上のための技術支援投資ファンドの設立一帯一路の推進によるグローバルサプライチェーンの再編、輸送効率化、現地雇用推進と輸送コストを抑える手段としての薄く広い国際合意に基づいた関税によってコモディティ価格上昇によるコスト・プッシュ・インフレおよびスタグフレーションを阻止できるだろう。(特にアメリカではトランプ減税の延長ともに)株式の所有構造の再分配、株式保有への課税もおそらく必要だ、金融イノベーションと金市場ダイナミズムを維持し、債務を持続可能性を高めるには、資産や貯蓄の不均衡の是正必要からだ。とくにアメリカでは、貯蓄率が低すぎる。家計バランスシート改善不況のクッションとしての貯蓄が必要なため、定額給付金という画期的政策必要である底辺層への支給は、再分配にもなる。合理的期待形成論によれば、消費は生活必需品のみで消費を減らし貯蓄を増やす(逆に言うと、必要以上の消費が抑制されるので資源や食料価格が低下し、貧困層には良い)(有効需要の下限を管理し、スタグフレーションを防ぐにはちょうどよい)。また、貯蓄率上昇による金利低下や穀物価格上昇のリスクトービン税金融引締めで対応すべきであり、自営業者向けなどの金融円滑化、地方自治体債務負担軽減のための補助金必要だ。政府の進める生産性向上促進税制障害者労働参加率上昇のための支援スウェーデンサムハルのような)、職業訓練プログラム拡充により、生産性向上(潜在成長率上昇)で、世界人口増とオイルピークと戦う必要がある。また、サブサハラアフリカでの農業生産性向上への国際的支援土地なし農民などへの国際的支援策、先進主要国はアフリカなどの農民失業させないように、棲み分けなどで農業生産性を向上させるための各国の強み、地形や気候にあった政策国際的協調のもと、行なうべきだ。過度の農業グローバル化はサプライチェーン冗長性を損なうため長期的には東日本大震災のようなサプライチェーンの分断、気候変動による凶作などによる飢饉の発生など、長期的には政治的安定性の低下(それによる経済政策整合性低下)、グローバルな秩序の不安定化、長期的な潜在成長率の低下や、構造改革の遅れなどの問題が生じるため行うべきではない。また、牛肉などの需要抑制のための消費税見直し石油税についても国際協調をもって行うべきだ。ニート対策として、欧州諸国などは徴兵拒否の対価としての労働をふやし、労働供給の安定化、人手不足の解消を行うべきだ。韓国のように、中小企業就職した場合補助金支給することもよい。役に立たない職業訓練をへらし、見習い雇用支援し、正社員化による精神的安定や安定的な消費拡大を目的とした正社員化促進税制ESOPの推進、また、雇用拡大として内部留保を減らすため法人税を大幅に増税、そして、社会保険料をかなり軽減(廃止)により中小企業負担を減らすといったことも重要だ。また、投資減税や401k年金の推進などにより資本市場活性化と(過度な内部留保によるゾンビ企業)淘汰も行うべきだ。間接金融と直接金融ゼロサムゲームではなく、補完し合うように政策的に金融機関再編をすすめるべきである投資のための内部留保課税し、資本市場により調達することを税制上促進し、投資効率化や過剰投資抑制不良債権抑制)、時限的な消費税投資税の減税により、消費と投資リバランスをすすめ、マクロ経済環境の安定化をすすめるべきである。R&D予算には競争メカニズムを導入し、政府研究所ではなく民間のR&D控除を推進すべきだ。特許などが会社帰属するような改革働き方改革ポストフォーディズム労働需給の柔軟化としてのフリーランス化)に逆行し、インセンティブマクロ的な労働生産性向上に悪影響を及ぼすため、行うべきではない。教育のきめ細かな支援と、ゾンビ大学の淘汰や整理、合理化が求められる。航空宇宙産業民営化すべきである。(予算を減らせとは言ってない)安定的な消費がなければ(消費期待)、企業経営の消極化により潜在成長率が低下するため、好ましくない。産学連携起業家育成を推進すべきである。(社会的流動性保全消費税増税と保育無償化一見矛盾するように思えるが、インフレ労働需給、国債金利金融抑圧)、消費の安定化にともなう企業投資の安定化(そして民間委託による消費の国有化)としては一定合理性がある。小泉進次郎の言うように、ゼロサムゲームではない(幼児教育無償化)。高齢者就労控除制度を創設し、高齢者障害就労不能最低保証年金制度を創設し、いまある年金制度マクロ経済スライドのアルゴリズム見直しにより、年金給付の実質抑制を図るべきである失業手当(給付期間を延長し、給付額が段階的に減少)に職業訓練就労インセンティブを課し、失業用貯蓄口座を創設するべきである。手厚く細かい職業訓練プログラム生産学校など)とそれよりも強い雇用インセンティブ見習い雇用)拡大、再就職新卒者の就業祝い金支給給付付き税額控除(EITC)を推進し、大学専門学校無償化(もしくはかなりの低料金)(予算の少なすぎるリカレント教育、いわゆる生涯学習の拡充)、社会的包摂のための協同組合などへの税優遇強化なども必要である職業訓練ブッシュ政権で試みられたバウチャー方式インセンティブ強化のために一般的に良いと考えられるだろう。わたしはローレンス・サマーズとおなじバブル必要論者なので、ドットフランク廃止を支持する。わたし完全雇用履歴効果を阻止し、労働力を維持し、長期的な労働生産性向上と潜在成長率向上を引き起こすと信じる。また、マイナス金利量的緩和などの金融緩和策が失業率を低下させ(賃金は下がるだろうが)、心理面の改善や消費拡大による雇用拡大、最終的には家計所得押上げに繋がると信じる。最後

日銀株価ターゲット政策採用し、ETF国債買い入れ額を増やすべきだ。貸し渋り貸し剥がし防止のため金融機関に法人税などを特例として減税(免除)し(ただし免除の条件として役員報酬の上限を法律で定める)GPIF民間投資家と日銀産業革新機構預金保険機構などを株主とした機械自動化AI開発投資ファンド(仮称)に投資し、技術革新の果実年金の原資とする富の再分配(現役世代には保険料消費税負担の軽減)をおこない、リスクマネー供給策とあわせて行うべきである。また、ベンチャーキャピタル投信などに所得制限付きの税額控除を行い、持ち株政策富の再分配市場形成を推進すべきである。なにが言いたいかって、政府はこの内容を盛り込んだ経済緊急安定化法を成立させるべきだ。ありがとう、広めてくれ。

2018-10-10

anond:20181010090239

そのクラス給与収入じゃなくて、金融資産収入になってくるから給与に対する累進課税とは別の枠組みやぞ。

まあ、金融課税も基本40%にして、申請したら還付のほうがいいかもしれんとは思うがね。

2018-10-09

圧倒的な知識に裏打ちされた小説を教えてください

他を圧倒するような著者の入念な下調べに裏打ちされた、知識の塊のような小説を読みたい。

ただし学術書論文を読みたいわけではない。私個人としては論文を読んで楽しめるほどの知性は持ちあわせていないので、小説という体で読めると嬉しい。

そのような小説として該当するのは、具体的にはこの辺。

あとは、真山仁黒木亮金融関係への圧倒的な知識面白かった。

もちろん知識なら何でも良いというわけではないと思うが、それでもやはり、圧倒的な知識に裏打ちされた小説はそれだけで面白い。

きっと私が知らないだけで、世の中には知があふれているのだと思います。その片鱗だけでも味わえるような小説、教えてください。

ガチで男を鍛えないともうダメ

これらを3年間に渡って鍛えていくことにする。これでモテなければもう諦めようと思う。

2018-10-08

anond:20181008143038

ごく内輪のマイナー活動が、社会を変える原動力になっていくという社会性を無視してるっていう点で、某社会学者は終わってる

例えば、フェイスブックって、しょうもない大学生自分達の連絡手段に作ったオモチャの結果だったりするけど、

貴方の使う、ツィッターとかも、社会を変えるために準備されたわけじゃなくて、それを利用する人々の結果に過ぎなくて、

眼前に起こる、奇妙な新しい事が、どういう未来接続するのかを考えることができないのは、日本知識層の癌病のようなことだと思う

今や、金融電子マネーの中核になり得ると考えられるブロックチェーンの基本技術は、かつて、日本知識層や産業警察が嫌いに嫌ったP2Pという技術が基本にある

P2Pは、かつて、悪の技術に他らならなかったが、その技術に他の技術を組み合わせて、国家を超える通貨基軸を育て得る技術の一部となった

この技術の変遷を予見することは困難だが、少なくとも、技術を背景にした新しい取り組みに対して、差別的な利用があるから排除、取り締まりあるべきだという姿勢

どれほど、我々の未来を害するものなのか、学者先生は、最優先に憂慮すべき問題であり、それを率先して、潰すような行動に移るべきではない

しろ、その利用方法をより生産的な産業へと結び付ける新しい表現技術提案すべきであり、

表現差別的だとして、単なる排除拡散することは、かつての最先端P2P技術であった日本警察組織が滅ぼしてしまったように

また知識人たちが、日本発明たる新技術を巨大産業へと結びつけずに葬り去るということをまた行おうとしている

映画といえば、ハリウッド映画のようなスペクタルかつ極端な表現があるが、違和感を感じる日本人は少ないかも入れないが

世界的な感覚からすれば、ハリウッド映画の多くの表現は、暴力的であったり一方的押し付けが多かったが、

それでも、産業として育て上げてきた人達があって、はじめて、世界的優位に立つことができ、今や、世界的な感覚を受容するような産業になりつつある

こうした、発生から、発展、その後の成熟過程をまったく想像できず、ただ発生の時点の、世界感覚のズレを誇大に指摘して排除することは

産業の発展を阻害して、将来の産業を生み出すことを妨害、あるいは、新しい価値創造未来を拒むものだろうと思う

2018-10-07

元三住友信託銀行員だけど 炎上ブロガーさんにちょいと言いたい

自分と同じ会社で働いていた若者ブログ(銀行員を辞めたい銀行員へ!僕は三井住友信託銀行を辞めた)を書き、良くも悪くもバズっていた。

メガバンクと違い、普段ほとんどメディアに取り上げられない会社なのでびっくりしてしまった。

自分も彼と同じ会社で働いていたが、「そんなに悪い会社じゃないよ!!楽しかったよ!!」と言いたいので匿名記事を書きたいと思います

簡単プロフィール

 リーマン後に入社

 支店勤務

 本部部署2か所

 転職して1年くらい ←いまここ

なんで入ったの?

 ・どこでもよかった。反省はしていない。

  大学時代やりたいことがなく、

  「そもそもいたことないのに働きたい会社なんてわかんないよな。とりあえず3-5年一生懸命頑張って天職見つけて転職しよう」と適当に考えていた。

  大手外資コンサル商社デベ海運に入るスペックはなかった。

  実家貧乏で余裕はなかったし景気も悪かったしストレス耐性には自信あったのでとりあえず給料もらえて安定的大手金融に行こうと。

  適当就活頑張って、ここ以外にもメガ2つと生損保1つずつ、ついでにインフラ企業に受かって、一番キャラクターが合いそうなところに入った。

 ・居心地がよくて5年以上いてしまったが、後悔はしていない

どんな会社? 

 ・一言には言えない。メガバンクやりそにゃより小さい癖に、それ以上に会社内でカラーバラバラすぎる印象

 ・明らかに風通しは良い。若手(20代)が部次長意見しても全然怒られない(一部部署は除く)

 ・ジェネラリストよりもスペシャリスト優遇する雰囲気があると感じた。しっかり勉強してバリューだせやと。

  ちなみに資格取得は最低限で良い。1年目で全部取れて、2年目以降は自分勉強ができる

 ・30代以上は銀行員らしくない、変わった人が多い印象。合併して就活世界でもプレゼンスが出て、

  良くも悪くも普通な人が年々増えていった印象がある。

  

なんで辞めたの?

 ・やりたいことが見つかった

 ・そのやりたいことは、この銀行でも実現できることだったが、会社まるごと移ったほうが良さそう(総合判断の結果)

 ・そもそもいつか辞めると決めていた

他の銀行と比べて労働環境はどうか

 ・労働時間の長さ、内容の高度さはメガ以上と思われる。労働強度が高い。

 ・その割に給料は据え置き。メガと同じ。悲しみ。

 ・その代わり、クソみたいな仕事は少ないし裁量が与えられる。やってみなはれの精神

 ・(直接関係ないけど)そもそも、今の若手銀行員がつらいのって、下記あたりが原因かな。

  ①ファイナンスの高度化が進み、メインバンク制がなくなって、銀行が他企業に対して出来ることが減った

  ②合併リストラにより本部セクターの席が減り分業も進んだ結果、若い人はソルジャーと化し、クソみたいな商品を売りつけることだけが仕事となった

辞めていく若手銀行員全般に対して思うこと

 ・辞めることは別にいいと思うけど、パワハラノルマキツイっていうのが退職理由場合

  なんで就活の時にちゃんと調べなかったんでしょかね。いくらでも情報転がっているだろうに。自信あったのかな

  (地方場合は、ほかに良い就職先がないという切実な理由があるから仕方ないところはある)

 ・仕事頑張って、「面白い仕事やらせろ!」ってアピールして、叶わなかったら辞める、くらいでよいと思う

  いまは景気いいし、構造的にも転職やすくなったしね

銀行あるある100」で気になったこ

 ブロガーの彼がリテール営業だったと仮定して書きます

 自分場合、ここのあるあるの2,3割は納得できるものでした。

 最近、同じように銀行信金を辞めた人と会うことが多いが、銀行カルチャーSMTBは控えめな気がする

 「自分はマシだったんだな」って思うことが非常に多い。

 1:自分らしく生きれるようになった

 銀行員を辞めたことで、仕事中に人の評価を気にすることはなくなりました。『人の評価』を気にすることは予想以上に、心に負担をかけます

 ⇒どこの会社でも人事評価は気になるのでは、、、そして、SMTBの人事評価なんて自分コントロールやすいほうだろうに

  ていうか人事評価が気になったら自分らしく生きられないんですかね。まじめな人なんですね。

 3:無駄なことに時間を費やすことが減った

  事務手続き毎日6時間無駄会議無駄勉強会、使わない資格勉強規定を読む時間上司との飲み会などいくらでもあります

 ⇒事務手続に6時間。どんなブラック支店部署だろう。18時に営業から帰ってきて2時間事務やってかえるよね普通

  規定を読む時間無駄と思うのはよくわからない。

  上司との飲み会はほどほどでいいのは合意自分は3か月に1回くらいしか会社飲み会なかったけど

 6:失敗を恐れずに何事にも挑戦できるようになった

  銀行員時代はとにかく新しいことに挑戦することが嫌いでした。だって『失敗したら評価が下がる』からです。<<

 ⇒上司イマイチだったんだなあ、かわいそうとしか

  失敗したら評価下がるなんてどこの会社だよ。みんな失敗ばっかでしょ

 7:自分の『価値』を感じられるようになった 

  銀行員になって感じたのは「お客さんは銀行看板に魅力や安心感を感じ、商品を買う」ということでした。

  そこに「僕の価値ほとんどない」です。銀行員を辞めて『自分能力知識』で勝負し、仕事がうまくいった時に感じられる喜びは大きいです。

 ⇒じゃあなんであんなに社員間で成績に差がつくんですかね、、、

  看板がないとお客さんが話聞いてくれないとは感じたけど、商品を買ってくれるかどうかは個人の頑張りだと思っていました。

 15:紙で事務作業をすることがなくなった

   紙なんかに時間を費やすほど無駄なことはないです。

 ⇒分かる。紙と印鑑はどんどんなくすべき。実際に本部セクターは紙文化は目に見えて減っていった。

 43:強制参加の支店旅行に参加する必要がなくなった

   どの銀行でもある強制参加の『支店旅行』です。この制度を生み出したやつをグーで殴りたいです。

 ⇒支店旅行はクソなので排除すべきだが、SMTBで今でもやっているのは某西日本の2,3支店しか知らない。

  制度があるまでは言えないのでは 

 48:業務日誌を手書きで書く必要がなくなった

   これも西野カナばりに震えが止まらなかったです。毎日業務日誌を全て手書きです。

   しかも、1文字でも間違えれば最初から書き直し。新人時代は日誌を書くのに毎日1時間以上かかっていました。

 ⇒自分新人の時はまだ手書き日誌があったが、2015年以降なくなったはずでは・・・

  もし、支店オリジナルの日誌がある、とかなら可哀そうとしか

63:達成しなければならないノルマから解放されました  

  融資案件定期預金の預かり残高、投資信託生命保険医療保険、平準払い保険住宅ローン、贈与関連商品教育ローン、クーレジットカード遺言不動産などのノルマ20種類以上あります

  全てのノルマを達成できるくらい優秀なら、あなたそもそも銀行入社してないので安心してください。早く転職しましょう。

 ⇒全部達成しなくても評価されてたけどね。で、全て達成して今でもSMTBで頑張ってる人います

 もっと突っ込みたいけど、こんなものかな。

 いろいろ思うことはあるけど、一度同じ会社に入った仲間だし、どんな人かは気になる。会ってみたいもんよね。

 今後とも頑張ってほしい。終わり。

[][]2018年10月6日土曜日の増減

サイト\日付2018-09-302018-10-012018-10-022018-10-032018-10-042018-10-052018-10-06合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article026303126733イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0000021308アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0700000150フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000100084ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/04333491020076アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/031123915779アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/5121322114365262アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/232200118428アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00210004004アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00300015095アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00100005509アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0020100438アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/00112135245アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00200002944アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/21232107349アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/10021003357アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/01131202154アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/01120007806アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/000110112773アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/02202003444アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/50321119007アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0010031704アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000598カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/100011110212アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0010000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/100001023765アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/01252121900アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/00000001702アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000270アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00100001243アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00000102119アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000575カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000101カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/6319202418429366イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/104400114844イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/00201006593イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/200031-220224イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/01000012742イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/013112221880イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000189イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/9401531924541878イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/0313-21142589イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0000000727イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000441フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/01000001339フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00000001211フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/0030000290ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00001202773ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/001100069イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000249イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/00001106237カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/20000001626イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000232インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000004354オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/1000000540ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0020000803タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00101001836シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000010355インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/000-1000716ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000274ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00110003073イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1000011843香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0101000108中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-10-06

anond:20181006134755

元手100万~あれば余程のへたっぴでなければウン千万は楽に稼げる相場が何年も続いているのに、金融リテラシー高めのはてなー貧乏なんてことありえるんだろうか?

2018-10-05

結婚できない人

自分はそこそこ収入もあって安定した会社に勤めている。家事だって一通りこなす

少し前、ブラック企業(金融とか)から転職したいのに嫁が許してくれないという記事を読んで、私なら辞めさせるし、転職活動も支えるのにな、と悲しくなった。

でも旦那健康を考えないような人が結婚できて私ができてないのも事実。やっぱり若くて可愛い人がいいのかな。

2018-10-01

理数科の高校生が思う古典についてのあれこれ

しばしばホッテントリ入りしてる中等教育における古典必要性についての議論だけど、マジで必要だと思ってる奴に意見を訊いても馬鹿みたいな回答しか得られないよね。

彼らの主張には2パターン反論で9割封じ込める; 「じゃあ金融論理学など、別の学問も同等に必要なのでは?」、「じゃあ中学校で習う内容で十分なのでは?」

正直週3は馬鹿げてるとしか言いようがない。俺は古典については特に提出物は文字通り一切出さず、1年初学期にも拘らず赤点を叩き出したが、大概の生徒はこのくだらない科目の為に多大なる時間を割いている。助動詞やその活用漢文定型文を覚えてる暇があったら英単語の1つや2つでも覚えた方が明らかに有意義なのは自明である。何、古典文法理解することは現代口語文を理解する上で必要になるという主張もあるだろう。勿論こういった古典必要派の主張に誤りなんてどこにも無い。それが卑怯なんだよな、マジで。「必要性」の話なら、俺がさっき挙げたような学問も必ずどこかしらで役立つことにはなる。ただ、ここで重要なのはあくまでも「優先度」に尽きる。これさえ理解できない人間が本当に多い。卑怯者の無学者め。

恐らくこういう風潮の原因は「1回(指導要領に)入れたら簡単には戻せない」という考えにもあるだろうねえ。ま、兎に角こういう議論すること自体が非常に馬鹿馬鹿しいので、早めに真面目な高校生無駄時間を使わせるのやめさせた方がいいですよ。俺はこんな国に留まるつもりはサラサラいから好きにしてくれて結構だけどね。仮に古典の成績1でもクソ喰らえだよ全く。

2018-09-30

生命保険で友人を切った

趣味関係で知り合った友人から久しぶりに連絡が来たので会ってみると、見事に生命保険を売りつけられた。いや、それ自体文句はないのだけど。

彼女と再会したのはうちの近所のファミレス彼女の方からあなたの家から近いしと指定された。連絡を受けた時は何か話したいと言っていたのでお互いの近況とか話すもんだと思っていた。

人づてに彼女転職した事をすでに聞いていた。私も色々と行き詰まってきた感があっていい機会に相談でもしようと思っていた。久しぶりに会う彼女は何故かスーツだった。なんだろう仕事の合間に来たのかな。その時点で違和感を感じていた。

そう思いながら話を始めたがさら違和感彼女視線自分の目を見続けたままなのだ視線を外さずに話し続ける彼女だんだん怖くなって来た。

そして気づいたら生命保険勧誘に話が変わっていた。あれ、どこからこの話になったっけ。とやっと考えられたときにはもう遅く、完全に彼女のペースに巻き込まれていた。

まぁ保険に入る事は別に問題ない。そもそも私は生命保険に入っていなかった。まぁ入っといて損はないかなくらいの気持ち

だけど営業的殺文句にはうんざりした。自分に何かあったらご両親が、あなた結婚すると思ってるからかいえいえそれは余計なお世話が多少入ってますよと。両親は自分葬式家族葬でやりたいと思ってる人種である自分葬式も万が一あったらそうしたいと考えている。なので死亡時に何百万円を家族が受け取ったところでなんてことはないし、ぶっちゃけそんだけ金もらったら特殊詐欺課金してしまいそうなのでマジで怖い。あと結婚の予定はないし、願望はないし、相手はいないし、という状態だ。

彼女について気になることは気になったけど結局契約した。彼女職場友達にも勧めてほしいと言って別れた。

そうは言ってもすでに入っている方々ばかりで勧めることな不可能であった。後日話したときに、良さを伝えてくれと彼女は言った。たぶんいい商品なんだとは思うけど、私は金融とか保険とか疎いからよくわからないと正直に答えた。彼女は残念だ、と言った。いえ知らんがな。そんなこと。

私は彼女が変わってしまたことのほうが残念だった。知り合った当初は私の年上のお姉さんって感じだったのが、いまやただのセールスの人だ。彼女敬語使われることは対等な関係を崩された感じがしている。こういう関係になりたかったんだっけ。もうよくわからない。私の手元には保険証券だけがのこっている。

[][]2018年9月29日土曜日の増減

サイト\日付2018-09-232018-09-242018-09-252018-09-262018-09-272018-09-282018-09-29合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article112223126718イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/20-11101305アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000143フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0010000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000083ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/311356020004アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/112210115741アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/876446665192アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/-124111018418アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00111004001アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00001005091アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00100015508アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0001100435アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/101-1-2015237アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/01000002942アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/01322007338アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/00001003353アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/101303-12146アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/10000007802アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/211512212770アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/01001113438アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/11420128994アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/1000000699アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0100000598カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/120000010208アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000527アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/226210123763アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/00110011887アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/10000001702アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0001000270アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00010001242アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00010002118アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000575カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000101カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/2762220516329272イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/122100614834イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/12201106590イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/11012-1020220イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/05000002740イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/3250141021870イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000189イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/9151146231241745イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/020223242582イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0001100727イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000441フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00000001338フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00004011211フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/2010010287ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00000002770ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000067イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/1000000249イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000001955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/-12100116235カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/51001001624イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000232インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0100000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/24011-104354オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000539ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/2000111801タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00001031834シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000001354インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0100000717ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000274ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000003071イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/4414111840香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000100106中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-09-29

聖書の一節に、富める者はますます富み持たない者は衣服まで剥ぎ取られるという言葉があるが、トリクルダウンでも金融でもビジネスでもその説を覆せないとなると、どうすればいいのだ?

理想義務教育の教科を考えてみた。

国語・・・言わずもがな必要である。あらゆる根本の読解力に加えて日本語自体不思議面白さも教える。

数学算数・・・日本人数学算数に昔から親和性が高いと思う。数学算数勉強することは〜〜に役立つとかは荒れるので特には書かない。

経済金融・・・金の話はもっとオープンにして市場経済の仕組みから個人資産運用に至るまで将来ヤケドしないように仕込むべきだ。

体育・・・まり運動自身得意でないが、心身を健康に保つために不可欠である。と思う。

これ以外は選択性にする。別に必ずしも選択肢なくても良いが、その空き時間は農作業治験を受けてもらう。

私の構想が実現すると思うとニヤニヤが止まらない。

2018-09-26

Web系が金融に手を出すな

所詮Web系の技術力はフロント部分をスマホ対応できることくらいしかなく、総合的な技術力はSIerに勝てないのだからWeb系の連中はチマチマとアジャイル()で怪しい商材販売サイトを作るのにとどまってろ。巨額の損失を出して恐慌起こす前に

2018-09-23

[][]2018年9月22日土曜日の増減

サイト\日付2018-09-162018-09-172018-09-182018-09-192018-09-202018-09-212018-09-22合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article001130026706イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/1120000301アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000001143フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000589アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000083ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/110-133019985アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/01-132175723アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/4671510665151アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/122120218410アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00100203998アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00010005090アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00000105506アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0100000433アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/00031105237アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/20102102941アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/02400017330アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/10100313352アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/02201202139アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/01020027801アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/174221312756アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/013-11003434アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/16002418983アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/1110010698アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0130000597カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/001001110205アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/-1000000527アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/130421023749アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/02001101884アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/10110001701アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000269アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00010001241アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00010002117アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000575カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000101カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/147254229011イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/004210014822イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/01010416583イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/-123141220216イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/01010002735イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/400016321845イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000189イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/15510111112841665イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/01321-1142571イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0011000725イギリス 放送局
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/01100003185アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000100441フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00020001338フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00011001206フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/2110001283ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00001002770ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000067イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0010000248イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000954スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000078トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000159イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/00000116231カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/11000001617イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000232インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000100957インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/01100014347オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000001539ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/1111000796タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00000101830シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0010010353インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0010000716ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0001000274ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000003071イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0100000388イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/0122100824香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/1111001105中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000193中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-09-22

anond:20180922114420

いやだから日本においては、人口GDPの分母だけじゃなくて、お客さんの数そのものでもあるから人口が減れば1人当たりのGDPも減るんだよ。

金融がメインだったり、お客さんがEU圏内にあって自国の人数がお客さんの人数に直結しないような国とは経済構造が違うの。

わかんねーかな。

anond:20180922113003

日本より遥かに小国で一人あたりGDPが高い国が多い。

資源輸出国とか金融立国とかでしょ。どうせ。日本との産業構造が違う国と比較しても駄目でしょ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん