「価格競争」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 価格競争とは

2019-08-23

過当な価格競争が良くなかったんだ。

あと、公務員は減らせ。

2019-08-18

プラットフォーマー達ってどうして家の価格競争しないんだろうな

AmazonGoogleやらは色々手を出してるけど、家ってなんか手を出してない。

空き家が増えるとか言われてるけど、年々価格上昇してるからローン代金払うので精一杯になるわけで、ローン代金減ったらAmazonでの購入増えそうじゃない?

2019-08-02

[] 8年間働いた某自動車部品会社退職しました

あらまし

自動車部品会社で8年ほど働きましたが、思うところあって少し前に転職しました。

なお、基本スペック

転職した理由は大まかには以下の通りです。

これらの事は、どんな会社でも規模の大小によらず多かれ少なかれ共通する点でもありますし、私の恨みつらみを知っても楽しくないと思うので(あるいは、本ポストをご覧いただいている方が求めているのはまさにそういう心の闇なのかもしれませんが)、具体的には書かないでおこうと思います。ここではあまり話題にならない自動車業界雰囲気自分が見てきた範囲で書こうと思います

業界全体の雰囲気とここ数年の動向

世間一般でも言われていることですが、ここ数年で自動車業界に他業界(主に、家電ITから転職する人が増えましたし、業界内でも転職する人も増えたように思います。極端な例ですが、全員が転職して部署がなくなったという例や、部署のほぼすべてのメンバーが他社から転職者という例が知る限りでも複数ありました。

車がハッキングされたり、NVIDIA自動車向けの半導体リリースしたり、Teslaが電気自動車販売したり、自動車メーカー各社のプラットフォーム戦略軌道に乗る等、技術面、ビジネス面での変化があり、従来のビジネス手法や開発手法通用しなくなったのも世間の評判通りです。一方、価格競争や、納期対応、カーメーカーを頂点にした厳しいサプライチェーンマネージメント等はあまり変化がないように思います。また、価格競争のために、製品原価を1円~10円下げるために数千万円~数億円の開発費・設備投資費を費やすという取り組みや、車種・グレード固有の個別最適化設計・開発等、自動車業界らしい取り組みもまだ多く残っています

最近トレンド実業務に与えた影響

まずは、実際のところは下っ端~中堅目線でどう変わったかというところを書きたいと思います

いろんな人材自動車業界に入ってくるようになり、いい意味多様性が生まれたように思います。従来の自動車業界は、業界内で少々転職する人がいるぐらいで他業界から転職者は多くはなかったらしいです。

逆に、新しい流れを受け入れることができず、取り残されている人も一定数います。知る限りでは同業他社も同じ状況のようです。そのため、せっかく生まれ多様性をうまく活かせていないようにも感じていました。ただ、これは現在自動車業界で働き盛りの40代の方々が若手のころは自動車業界画一的で発展性がなく、斜陽産業だといわれていたこともあり、解消にはしばらく時間がかかると思います。それに、どこの業界会社にも新しいトレンドになじめない方はいらっしゃるようですので、ある程度は致し方ないかと思います。足の引っ張り合いの末に死屍累々のあり様の携帯端末ビジネスよりはよっぽどましかと

従来の自動車部品メーカーの開発は自動車メーカーが主な関係先でしたが、ITに近い技術が利用されるようになり、開発が自社のみで完結しなくなり、業界外や社外とのかかわりも増えましす。そのため、僕が業界に入った時に蔓延していたお客様の言うことは絶対という雰囲気いくらか軽くなったように思います。また、個人業務では、ソフトウェアベンダーコンサルティング会社欧米ベンチャー企業とかかわることが多かったです。ただ、家電業界斜陽になった当時、景気がいい自動車業界に参入してきた会社が多数ありましたが、ビジネスモデルや開発手法のあまりの違いや、既存ビジネスへの参入の難しさから、多くの企業撤退もしくは苦戦しているというのも現状です。

業界から転職されてきた方に関して言及すると、仕事の進め方や、客先とのかかわり方が他業界とは大きく異なることもあり、年齢・経験によらず苦労されている方や、心が折れてしまった(隠語)方も多数いらっしゃいます

ここからは、国内自動車業界の本当によくないと思う点なのですが、新しいブーム技術が発生した時に、社内の中堅以上の方が、否定的見方をしてしま雰囲気がやはり業界全体に漂っている点があると思います。えてしてそういった考え方や雰囲気は伝染するもので、新しく業界に入った方もそういった考え方に染まってしまったり、現実を嘆いて業界外に転職していってしまうこともあるようです。一方で、家電業界携帯端末業界の衰退・ビジネスの変化を目の当たりにして、新しいトレンドを取り入れる必要があると考える人も年々増えているように思います

やや突っ込んだ話になりますが、最近は新しいトレンドCASE(Connected/Autonomous/Sharing/Electromobilityの略)とまとめて呼ぶことが多いですが、初めに大きな変化を国内自動車業界にもたらしたのはElectromobilityであったように思います2010年代から自動車の電動化により、すべての車がEVもしくはHVに置き換わり、エンジントランスミッションの巨大市場が失われ、モーターやバッテリー、充電コバーターの巨大市場が生まれるといわれていました。ただ、EVの航続距離を延ばす根本的な電池の容量問題への解決策が見えないことや、充電スタンド等のインフラ整備が進まないこと、ハイブリットのみならず、グリーンディーゼルダウンサイジングターボ等により、EVでなくても燃費改善策はあること等の背景もあり、当初思われていたほどEV関係市場が伸びないということが2015年ぐらいから明らかになってきました。逆に、自動ブレーキ代表される、既存のACCや車線逸脱警告、周辺監視等の技術の延長に位置するマーケットは大きく伸びたというのが実際のところです。

そのため、当時EV関連事業に巨額の投資を行った方々の間では新しいトレンドは絵に描いた餅という固定概念が植え付けられおり、なかなか手が出しにくい状況になってしまったという点も、新しいトレンドをなかなか取り入れれない原因になっているように感じられます。また、上に書いたことを否定するような文章になってしまますが、多種多様製品があるため、大半の製品では新しいトレンドとは無関係に従来と変わらない方法技術を用いて開発を進めることも多く、変化は全体から見ればまだまだ小さいため、多くの企業トレンドに乗り遅れていることに対する直接的なデメリットを受けていないという状況のようです。

ワークライフバランス残業健康上のリスク職場雰囲気

次に、働いてみてワークライフバランス等はどうだったかという話をしたいと思います研究・開発職のワークライフバランスは言うほどは悪くないと思いますが、市場不具合対応時や、納期対応時はかなりの残業必要になることは間違いないと思います特に製品リリースの直前には、ストレス睡眠不足から心身の健康を崩す方も度々いらっしゃるようです。営業工場製造部門納期遅れが業績等に直結してくることもあり、工場とお客さんとの往復や、残業対応が迫られていることが多いようです。さらには、中堅以上の層に暴力的な人も多く、部署によっては罵声や怒号が飛び交うという話も実際にあります自身も、初対面の人に打ち合わせ開始5秒で怒鳴られたことがありますし、そのまま数十分にわたり罵声を浴びせられたことも幾度となくあります。ただ、最近世間の風当りがきついことや、容易に転職可能となったこともあり、そういった雰囲気もここ数年で多少はましになったかなと感じます

人材育成に関しては、かつては人材流動性が非常に低い業界であったため、技術方法は先輩や上司から業務を通じて学ぶ、既存技術を知っていて当たり前という雰囲気もかなり蔓延しています。そのため、個別技術に対する系統だった教育プログラムが用意されていなかいという問題もあります。新しく業界に入った方に”そんなことも知らないのか?”という発言をしたり、それを理由攻撃して精神的に追い詰めてしまう人もかなりいます。何にせよ、全体的に人材育成が苦手な業界ではないかと思います特に組み込みソフトウェア関連技術に関しては、かつては客先の要求仕様にのっとってV字開発プロセスを通すことが開発のほぼ全てを占めていたこともあり、C言語の基礎(自動車業界ソフトウェア開発はナビ等の一部を除けばほぼすべてがC言語です)や組み込みソフトウェアの基礎に関する研修はなく、開発プロセスに関する研修ばかりという会社もかなりの数があるようです。そのため、基本が押さえられておらず、基礎設計が悪く、手戻り発生で開発工数が爆発、不具合を垂れ流すというコンボもごくまれに発生している様です。

今後の業界全体の景気や人材採用の動向に関して

ここ数年、自動車業界各社の業績が良かったこともあり、春闘ボーナス満額回答や、ベア過去最高益等の景気のいいニュースが多かったですが、2018年下期から中国市場の減速等により各社が業績の下方修正をする等、景気にやや陰りが見えているのも事実だと思います。まだ、各担当レベル仕事や、給料への影響はそれほどは感じられませんでしたが、このままの状況が続くと数年程度で何らかの影響が出てくるのではないかと思います

一方、人材採用という側面では、根本的な人材不足解消の目途が立っておらず、多少の業績悪化があるとはいえ、しばらくは雇用豊富にある状況は続くと思いますサブプライムショックのような世界的な不景気が発生すると、一旦は雇用が絞られる可能性がありそうですが、その後の景気回復に伴い、数年で回復すると思います。車は数年~15年程度で必ず買い替える消耗品であり、家電製品より高価ということもあり、景気が悪くても最低限の需要市場が生まれ、景気が回復すると需要回復する業界ですし、新興国需要の伸びはこれからなので、中長期的に見れば伸びしろのある業界だと思います。ただ、外資系企業国内市場進出が進んでいることや、業界内の買収・統合事業移管が進んでいることもあり、会社によっては価格競争等に敗れ、売り上げが激減するリスクリストラリスクはありそうです。また、まだ例は少ないですが、国内で救済的買収を行う会社が見当たらず、外資系ファンドの傘下に入った会社も出始めています。ですので、転職先の会社選びが非常に重要になってくるのは間違いなさそうです。

結局自動車業界エンジニアをするのはオススメ??

他の業界の方と一緒に仕事したことはあるものの、他業界仕事したことがないので、何とも言えないですが、自身業界全体の未来不安視されている方が業界をまたいで転職してくるのは十分にありだと思います。また、米中摩擦の今後の動向次第では、自動車業界全体の業績に悪影響を与える影響もありますので、30代で転職を迷っている方は興味があればこのタイミング自動車業界トライするのもいいかもしれません。うまくいかなければ、他の業界転職すればいいと思います。一度は自動車業界に来たものの別の業界転職していった方や、別業界からの出戻りもあるようです。

8年働いてどうだったか

不条理世知辛い業界ではありますが、個人的に携わったテーマは楽しく取り組めたので、自動車業界で働いたのは間違いではなかったかなと思います。緩やかにですが変わっていく業界ではありますので、近い将来に今よりは働きやす業界になると思います。今後の伸びしろもあり、まだまだ楽しむ余地がありそうですので、転職先も自動車業界しました。ただ、国内世界的某大手自動車部品メーカーも受けましたが、面接をしている最中にここも結局は同じか………と感じてしまたこともありましたので、外資系企業しました。

最後

すいません、皆様が知ってるって感じのうんちくを垂れ流しただけで、全然退職エントリーではなかったです。

2019-07-26

anond:20190726220356

だったら今でも価格競争になってるはずじゃん?

ならないってことは収入需要に応じた価格になってるってことだよ

2019-07-20

今年から鰻を食べることにした

昨日、鰻を食べた。5年ぶりかな。もっとかもしれない。両親と3人で食べた。美味しかった。

昔は夏のごちそうとして、ひと夏に2回くらい食卓に上っていた。学校から帰ってきて、夕食が鰻だと知った時のあのうれしさ!記念日でもなんでもない日に、母がスーパーから鰻を買ってきて、温めていて、その間にすごくテンション上がって両親にいろんな話をして、それで山椒をかけて食べる。かけすぎて鰻の味がよくわからなくなってヒーヒー言ってると、父が鰻を交換してくれたりして。「食べかけの鰻が新品になった!ラッキー」とか言って鰻にかじりついてた。一番疲れてて鰻を必要としてるのは父なのに。

その美味しさよりも、ウナギを取り巻く幸せ空間が好きだったのかも。お正月クリスマス、誰かの誕生日じゃないときサプライズ的に登場して家族幸せを運んでくる鰻が私は好きだった。

でも鰻が絶滅危惧種であると言う話を聞いてから何となく食べるのは良くない気がして食べてこなかった。

私が何気なく「鰻が絶滅しそうなんだって」って言った時から、なんとなく鰻が出てこなくなったと思う。それでこの数年、全く鰻を食べなくなって、鰻の話題も出なくなった。土用の丑!みたいな広告を見ても、ちょっと黙ってスーッと通り過ぎるようになってた。

それで、毎年のようにこの時期話題に上る「絶滅危惧種たる鰻を食べるなんてなんと野蛮な」みたいなネット上の話題を眺めてて、ふと思い浮かぶことがあった。

「鰻食うべからず」の論者にはいくつかの派閥(っていうかなんていうか)があって、「絶滅危惧種を食うのは野蛮だ」「養殖成功してから食べよう」「漁獲量管理し、高級鰻店にの許可しよう」みたいなのが主だと思う。

で、この3つ目の意見を見ていて、「鰻食べよう」と思ったのだ。

3600円とか5400円とかの高級うな重を出すお店にの許可しよう、安く叩き売っていたずらに鰻消費を増やすのはやめよう、という話だけど、これにものすごい反発を覚えた。

なんだろう。私たち我慢をして、鰻の消費量を減らしても、結局お金のある人が得をするだけじゃん、っていう気持ちが突然降ってわいた。

私が我慢しても、褒められるわけじゃないし、そのうち食べられるようになる保証もない。

我慢している間に、鰻を食べる人は幸せになって、私は我慢してて、お金持ちは美味しい鰻を食べていて、それでそのうち鰻が絶滅してみんな食べられなくなる。我慢している人がワリを食う構造なんだなってわかった。

社会の縮図みたいなもので、我慢する人よりも我慢しない人のほうが多くの物を得る。モラルをある程度無視するとモノが手に入る。

それなら、私も鰻を食べよう。ワリよりも鰻だ。鰻を食べるのだ。

鰻が希少になって、高級店でしか食べられなくなるのが資本主義原理なら、鰻をたくさん食べて、価格競争によってもっと安く食べられる資本主義原理で対抗しよう。

まぁ、そんなに熱くなるほどではないけれど、とりあえず私は鰻を我慢するのはやめた。ネットじゃ怒られるかもしれないけど、スーパーで私を怒鳴る人はいないし。

と言うわけで、鰻を2尾、スーパーで買ってきた。3000円くらいかな。国産らしい。大きくないけど、おいしそうだ。

買うのには大変な覚悟必要だったけど、頑張った。私の家にはあんまりお金がない。その原因は私にある。発達障害で、普通の勤め先には長く続かない。小さなミスが多すぎるので、ルーチン的なお仕事もうまくいかない。結婚すれば…・とかも思ったけど、こんな私を選ぶ人はいないわけだし。

この鰻を買うにも5時間くらい頑張らなきゃいけないけど、それでも鰻には幸せなパワーがある。買って帰るときスキップしたくなった。実際してたかもしれない。

私が鰻を買ってきたのはこれが初めてだ。

鰻を買って帰ったときの両親の顔!とっても驚いてくれて、喜んでくれた。やっぱり、なんでもない日に突然幸せがやってくると嬉しいのだ。

それで、私が責任を持て鰻を温めることにした。温めるだけだけど。母が「山椒あったかな?あ、ダメだこれ賞味期限過ぎてる!」とか騒いでて、父も「これは酒飲まないとなぁ」と物置に小走りで行ったり、楽しかった。山椒ちゃんと買っておいたのを使った。

3人で「おいしいねえ、おいしいよねぇ」って言いながら鰻を食べた。やっぱり鰻を取り巻くこの空間が好きだ。絶滅したらごめんなさい。私が死んだら鰻にシバかれるのかな。でも両親のあの嬉しそうな顔にはいくらでも代えられるな。

一年に一度鰻を食べられるとして、両親も還暦を過ぎているから、あと10回くらいかな、楽しく鰻を食べられるのは。その間に絶滅ちゃうかもしれないけれど、ちゃんと味わえる間に鰻を食べていこうって思った。それまで鰻代を稼ごう。頑張ろう。

鰻を食べよう!と決意してから、近所のスーパークジラ肉がだいたい毎日売っていることにも気が付いた。みんな「クジラを食べるのはちょっと…」って思いがあるのか、19時くらいになるとかなりの数が半額になっている。どうせだし、クジラも食べちゃおうと思っている。そこのスーパークジラ刺身用らしい。クジラのお刺身も美味しいかもしれないぞ。でも父はあんまりきじゃないっぽいから、今度一人で試してみよう。

暑い夏もこういう楽しみがあると乗り切りがいがあるなぁと思う。大きめのスイカと同じくらいの値段だし、鰻も頑張れば1年に2回は食べられるかも。

オチ結論も何もないけれど、鰻は美味しかったということで、結びたいと思います

ありがとうございました。

2019-06-27

郵便局はがき封書の独占をやめてほしい

今日郵便局に行って荷物を送ったんだけど送料高いって思った。

荷物を運ぶのにも郵送費、人件費がかかってるからしょうがないかって思った。

郵便局販売されてるかわいいデザイン切手を見ながら、ヤマト佐川急便はがき封書が送れるように法律が変わったら荷物の送料はもっと安くなるかもしれないし、切手の種類も今以上に多様化するんだろうなって思った。

ヤマト佐川急便は今は荷物を運ぶだけで手一杯かもしれないけど、封書はがきも送れるようになったら便利だし価格競争が起きて、私たち消費者が得するかもしれない。

政府携帯電話販売会社には値下げするように、二年縛りをやめるように通告するのに、郵便局独占販売をやめるようには言わないんだね!民営化してるのに!

からはがきも値上げし放題なんだ!もう年賀状はやめちゃいますお金無駄から

昔と違って税金高くなったし、月々の支払いが多いか年賀状代払うの馬鹿馬鹿しい。

あんまり出費がなかった昔ならはがきを買ってきて書いて送って年賀状を楽しむ余裕があったけど

年賀状に払うお金もったいないからやめちゃいます

郵便局封書はがきの独占をやめてくれませんか?

2019-05-08

anond:20190508181927

100均ショップだのドンキホーテみたいな激安ディスカウント店が少ない

ドンキダイソー店舗検索でも見りゃ分かるが日本全国に大量にあるし

地方は皆車で遠くまで買い物に行くの当たり前だが

スーパー間の価格競争あんまり働かないから、都市部では店によっては2~3割引で売られてる商品が、正価でしか売ってなかったりする

今時はネット通販価格競争してるけどな

通販もろくに届かないような離島でも想定してんのか?

anond:20190508165332

田舎生活費が安い」「田舎は飯が安くてウマい」は大嘘から無視しろ

この問題を更に補足すると

地方人口密度が低いので、薄利多売型の量販店は採算が取りにくい

それで100均ショップだのドンキホーテみたいな激安ディスカウント店が少ない

スーパー間の価格競争あんまり働かないから、都市部では店によっては2~3割引で売られてる商品が、正価でしか売ってなかったりする

唯一確実に地方の方が安いのは地価だが、元田のように配偶者実家住まいならあんまり関係ない

だが最大のネックは生活費より人間関係だ。それも子供

人数は少ないのに上下関係にきびしい体育会系価値観全開の地域とか学校だったら

都会から引っ越してきた子はかなーり辛いぞ

よほど子供自身バンカラ気質大好きとかでない限り

2019-04-26

anond:20190426170228

価格を考えたら、比較対象は「洋菓子屋でプロが作って一枚いくらで売られているクッキー」であって

工場大量生産してスーパー大袋入りで売られているクッキー」ではないだろう

後者とは価格競争できるわけがない(その価格手作り品売ったら原材料費だけで大赤字だ)

2018-12-04

すいどー民営化について

電気もガスも民営化してるしなに大騒ぎしてんの?って人がいたので書いとく

水には電気とガスと全く違うところがある

一体なんだと思う?

それは口に含むという点だ

口に含む、飲むってことは人の命に直結してる部分

致命的なミスが起こると人死に、それも大量の人死にが出る

民営化すると価格競争が起こりコスト削減が行われ安全を確保するための準備や手間、そういった目に見えない部分が削られていく

そういった部分を削った後に人件費が減らされ、内部の人が疲弊し、ヒューマンエラーに繋がっていく

これらはメーデー!をご覧になってる皆さんにはよくお分かりかと思う

からそういった人命に関わる部分のコスト削減、民営化は慎重にならなくてはいけないんだ

わかったか

電気やガスとは重要度が違うんだよ

2018-11-25

家って時代に取り残されないようにならないのだろうか

フラット35でローンを組まないといけないくらい高く、さらにローン返済時に修繕やら子供養育費やら、入り用がたくさんいるのが、そもそも悪いのだけれど。

8~10年くらいで返済できるくらいに安くなるようにテクノロジーで量産できるようにならないものだろうか。

一生の買い物だからと、どんぶり勘定になるのと、AmazonGoogleも家の価格競争に参入しないから安くならないし。

2018-11-20

anond:20181120080227

くっそたっかくて美味しくもなくて偏ったメニューしか無い館内売店で売ってるものしか飲食するなとか、あれも酷いな。

せめて外部の業者を入れて正常に価格競争させろよ。

2018-11-07

anond:20181106132747

売春が悪いのは性の価格競争に繋がるから

売春禁止法ならぬ、性の不当廉売防止法があれば良い。

売春適正価格ははっきりとはわからないが、例えば例のママ活の話に合わせれば、2時間7千円では安すぎるので、2時間7千万円くらいならおそらく大丈夫だろう。

2018-10-07

GoogleAppleAmazonFacebookNetflixなどのアメリカから来たものの話

インスタやYouTuberもそうだが、よくここまでアメリカ発のサービスや物を買っているなと改めて思う。

エンジニア研究者アメリカに行かなければ未来はないとか、イケてないとか、そんな感じがある。


写真加工するのにAdobe製品使い、設計するCADソフトアメリカ製を使う。

オシロなどの計測機器や、製造に使っているセンサーアメリカ製だろう。


自由貿易でお互いの得意な分野に注力すれば、お互いがより儲かるというのを、米中関税政策でよく言われているが、アメリカが強すぎて潰れてしまった感がある。

日本部品iPhoneで使われているじゃないかと言われるが、時間がかかりリスクが高いが価格競争さらされる美味しくない部分を担っているだけではないのか・・・

iPhoneなんて噂といいつつインサイダー情報で稼いでいるようなのではないか


どうして日本がこうなっているのか不思議だ。

3,4年でどうにかできないのはわかるが・・・

今のAIについてもアメリカが優位だから流行ると広告打っているのに乗っかっている。

NVIDIAから買う人はいても、日本企業が専用チップ作っても誰も買わないだろう。(といっても専用チップ作るCADアメリカ製で、製造台湾になるのだが)


お金は有り余っているが使い方が悪いのか。公共投資は悪であり、足らぬ足らぬは工夫が足らぬ

贅沢ではなく、新しいことにお金を使っている人が盛り上がるというのはないのだろうな。

2018-09-25

韓国経済成長率が高いのは当たり前でしょ

日本米国と比べて賃金が安いので、製品の値段に人件費を上乗せしないので、価格競争力が強い。

日本家電メーカー韓国中国人件費の安さに対抗できないので、軒並みやられてしまった。

しかし、韓国経済成長が進むにつれて人件費は上がっていく。

人件費が上がれば輸出競争力がなくなり、経済成長率が低下する。

日本も1970年台~80年代にかけて同じことをやっていた。

これから韓国の低成長時代(失われた20年)が始まる。

2018-08-23

価格カルテル底辺女性セーフティネットとして意外と有効なのでは

売春ダンピング説を書いた人だけど、「それはダンピングなのか? 元々の値段が異常に高いのでは?」みたいな指摘が複数あったので、「ダンピング説」ではなくて「カルテル説」の方がより適切かもしれない。しかしいずれにしても売春忌避されるようになる機序は同じである。すなわち:

誰かが売春を始める

男性提供できる価値売春女性が独占してしま

多数が売春をするようになる

競争により価格が低下し、売春をしても利益を得られなくなる

子供も育たなくなる

滅亡

最初から、あるいはどこかの段階で婚姻制度と性道徳を導入すれば、この負のスパイラルは断ち切ることができる。この二つのセットの意味するところは、「一生私と私の子供をサポートしないのであれば、セックスはしない」と市場女性全員に言わせることであり、こうすることによって性の価格婚姻よりも安くなることを防ぐことができる。

ところで、現実には性道徳婚姻制度もあるが、売春が完全に撲滅されているわけではない。負のレッテルが貼られているおかげで負のスパイラル社会全体に波及するようなことにはなっていないが、それでも売春が行われている市場では、当然価格競争があり、安い価格でも売春をやめられない貧困女性がいる。

では、ここに価格カルテルを導入することによって、負のレッテルが貼られているなかで仕方なく売春という仕事をしている女性生活水準を下支えできないだろうか?

一定以下の値段で売春または買春することを違法化し、安すぎる売買春を取り締まるのはどうだろう? 性の価値人間尊厳の一部だから、それを安い価格で売り買いすることは尊厳に悖るから、けっこうアリなんじゃないかと言う気がするのだが。

2018-07-30

祝・韓国経済の失速決定

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00053572-jbpressz-kr

これは嫌韓でも何でもなく、日本アメリカがこの30年間の間に経験してきたことを、韓国が後追いで自分から地獄に入ってきたということ。

文在寅政権は、「2020年最低賃金1万ウォン」を公約に掲げて大統領選挙に受かって当選したが、その公約を実行しようとしている。

から約30年前のバブル経済の時期の日本を思い返してみたい。

ジャパンアズナンバーワン」などと世界からもてはやされていた日本経済だけど、それは日本労働者低賃金によって支えられてきたことは、今では誰でも知っているよね。

当時のアメリカ欧州では賃金の引き上げが行われていて、欧米製造業は、低賃金日本製造業価格競争で負けてしまい次々と徹底していった。

バブル崩壊後に日本製造業賃金の引き上げを始めて、韓国中国の安い製品に勝てなくなってしまったのが2000年~2010年代日本製造業の没落の本質だった。

そして2018年の今、日本製造業を潰した韓国最低賃金を引き上げる段階に入っている。

これで韓国製造業も終わった。

今までの日本と同じように、韓国も失われた20年が始まる。

2018-07-26

★「小中学校エアコン」★

★前提条件★

•小中学校エアコンは導入すべき.30度を超える環境でどうして子どもエアコンなしの環境で学ばせるのか?日本教育環境投資をぜずに利回りがマイナス住民サービスの向上に寄与しない箱モノばかり作ってきた.インフラ投資優先順位おかしい.

公立中学校管轄自治体であるため,基本的には市長村が環境整備を担う.学校エアコンを設置する際には,いくつかの条件を満たすと,国から3分の1の補助金が出るが(学校施設環境改善交付金),残りは自治体負担する.

学校子どもエアコンなんて贅沢だと考えている人(主に高齢者)は一定数いる.だがそれを老害だ!などと指摘しても何の意味もない.自身時代に手に入れなかったベネフィットを,後の世代や他社が得ることに抵抗感を示すのは仕方がないことではある.だから丁寧な説明コストパフォーマンス重要であると考える.

•大多数の日本人(中流階級)の所得が増えない現実を前に,将来に希望を描くこともできず,日々の家計が苦しい中で,他者税金で得をすることに嫌悪感を抱くのだろう(日本人の所得20年減り続けるという絶望的な構造欠陥なので本稿では指摘しない).

職員室にエアコンがあることをヒステリック否定的に叫ぶ人々がいるけれども,学校先生エアコンのない教室で授業をしている時間が長いわけで,教員の勤務環境が劣悪であるという現実共通認識として持つべき.つまり職員室にエアコンがついているので,先生だけ涼しい環境にあるというのは完全な勘違い中学校部活問題になっているが,不要不急な報告書アンケート対応など,教師労働環境は劣悪.だから志望者も激減している.

•決められた業務ルーチンワーク)をきっちりこなすことに関しては行政公務員は優秀であるが,経済合理性費用対効果視点意識は皆無である.だから,良い製品サービスを導入しようというインセンティブは働き難い.

公務員学校先生のひとりひとりは基本的には真面目であるが,合成の誤謬組織になると絶望的なほどに無能力になる.なぜか? 公務員組織基本的に完全年功序列制であり,モチベーションインセンティブ設計機能不全を起こしている.働いても働かなくても報酬待遇)は変わらない中では,楽をすることばかり考える.外注することが仕事になり,知識ノウハウストックされない.成果を出しても評価されない世界で頑張るのは難しい.この国の行政機構旧ソ連社会主義の失敗からまり学んでいない.

問題点★

行政は苦情(クレーム)に対して敏感であり,公正性を重視しない割には公平性平等を重んじる傾向があるため,公立中学校エアコンを導入する際には市内全校に一斉に導入するのが一般的である10万人弱の自治体中学校で5校前後小学校10前後の大規模工事となる.規模と納期要求による工費増を考慮することはない.

•どれくらい行政自治体スピード感がないのか?公立学校エアコン(空調)を導入するためには一般的に2年~3年かかり,次の進行となる.エアコンを導入するのに調査や設置の手法検討必要らしい.仕様確認したり,メーカー業者に最適な設計提案させればわかることをカネと時間をかけて調査する.生産性観点がないのだ.

n年度: 現況の調査、設置手法検討

n+1年度:設置手法の決定、事業計画策定

n+2年度:施工者決定、設計

n+3年度:施工完了

行政には経済合理性費用対効果視点意識はない.だから自治体学校エアコンを導入すると1台200万~300万円以上になる.信じられないことに1教室(1台当たり)300万円以上もの費用をかけてエアコンを導入している.オーバースペック必要以上の大規模工事実施して,結果ランニング費用も膨らむ.

他人の財布で他人のためにカネを使うときに人はもっと無責任になる.これは構造的欠陥なので別の機会に記すこととして,学校へのエアコン導入に限らず行政事業実施する際に考えることは,手間やトラブルを避けることである前例踏襲(他の導入事例に倣う)ことを何よりも優先し,面倒なことは避けたいという意識が根強い.

コストパフォーマンス視点は欠片もなく,業者に楽に発注することを考える.丸投げ外注できてトラブルがなければ価格が高くても関係ないのだ.そして業者側も官公庁公共機関)の仕事は稼げる,儲けられる,つまり利益率の高い製品必要以上の稼働費用請求できることを知っていて味を占めているため,安値提案利益率の低い受注)をすることはない(時に談合癒着が起きる).

建築年数が30年以上の小中学校では,そもそも教室の断熱や空調効率が悪いので,エアコン導入時には遮熱対策実施するのが合理的であるが,合理性観点はないため,エアコン工事だけ導入して,冷気を外に垂れ流す事態となり,結果,光熱費(ガス代・電気代)が過剰になる.全体を見てどうすれば省エネ運用できるかを考えることもない.なぜなら自分家の光熱費ではなく税金で払われるカネだから節約するインセンティブが働かないのだ.

★導入案★

•小中学校エアコン設置に基本設計など必要ない(空調設備工事設計委託無駄である).工業製品を各教室に導入するのに基本設計必要か? 電源の問題は別途電線を引くことで解決できると考える.

•一刻も早いエアコン導入のために各学校・各教室ごとに導入計画を立てるべき.日本の悪しき平等文化

•簡易な仕様書を各社に提示して,公募プロポーザルを併用した競争入札を導入するのが望ましい.つまりXX室の教室(例えば100台)導入するから提案をして欲しいと依頼する.仕様を満たして一番安い価格で入札した事業者と契約する.その際に提案稼働(提案費用)を払う,提案契約施行契約を分ける,これを怠ると癒着や割高な契約が発生する温床になる.

仕様書を複雑にして,指名競争入札するのは最低の選定方式.にもかかわらず,ほとんどの自治体が形だけの指名競争入札をする.仕様書に入れ知恵するのも業者から質が悪い.競争入札するなら一般競争入札とすべき.繰り返すがエアコン導入に複雑な仕様書は百害あって一利なし仕様書を書いた業者指名競争入札に参加するってプロレスか? 見せかけの公平性のためにいらぬ稼働をかけて実際は意中の業者契約するのは本当に汚い手法だと思う.設計施工は必ずしも分ける必要はないが,一括りが前提条件になってはならない.

•物品(エアコン本体調達と,施工エアコン設置工事)を分けるのもありだろう.各社が自社製品エアコンの良さをPRできる.工事業者もどれだけ効率的に施工できるか腕の見せ所であろう.

Panasonic日立三菱電機ダイキン富士通ゼネラルなど大手メーカーだけでなく,ハイアールなども価格競争力があるので声をかける.

•導入工事地元業者下請け活用することを要望しつつ,ヤマダ電機ヨドバシカメラなどの家電量販店活用できるのではないか

•完成検査(施主検査)を分けるのも一考.施工業者に完成図書を提出させる必要性は必ずしもないし,第三者視点でチェックするのが有用ではないかそもそも公務員にチェックを任せるのは難しい.

個人的には学校エアコンは,天井埋め込み型のエアコンやセパレート型のエアコンではなく,ウィンドウエアコン(室外機と一体型エアコン)が合理的ではないか? と考える.教室は窓に面している場合ほとんどであり,費用対効果が高い.PanasonicCUBEのような製品費用対効果が高いのではないか

2018年補正予算を計上して,2018年年度の冬休み春休み順次導入すべき.行政スピード感のなさと危機意識のなさは絶望的.

地方債もっと柔軟に発行できると良い.学校環境整備債権を発行して利回り1%にすれば購入者に困らないのではないか富裕層のカネはタブついているんだから.年利1%でも買い手はつく.地方債の引き受け手がなくなった時点でその自治体破たんしているに等しいから,指標にもなる.必要公共事業国債地方債)でやるべき.

ゼロかイチかの議論は本当に無駄で,イチに近づくように限られた予算の中で最大のアウトプットを目指すべきなのに,自治体現場では生産性のある議論ほとんどない.意思決定過程ばかりを指摘して,政策形成を良きものにする議論ができないのは日本教育の欠陥なのか,組織的欠陥なのか.学級委員会よりも酷いレベル民主主義日本行政現場はまわっている.

https://www.kawawaki.jp/air-conditioning-in-schools/

2018-07-23

仕事をつくって生きていく、ということ

私は間もなく45才になる経営者だ。

父親の立ち上げた会社を引き継いで7年が過ぎ、その間に売上は右肩下がり。自分自身が売上に貢献しているとは言い難く、それまでの蓄積と家族社員)の頑張りで、なんとか食いつないできている。ほぼ家族のみの小さな会社

業種は、小売でもなくメーカーでもなく、流通中間位置する卸売業地場産業品を海外に輸出するのが主業務で、一昔前はずいぶんと儲かった業種だったようだが、現在ではその大半を中国製品に置き換えられており、日本製品は主にコスト面、デザイン面で競争力を失っている。メーカー設備投資をする体力もなく、ジリ貧状態だ。当然、ウチの売上も激減している。

輸入もしていた。15年くらい前までは、中国製品の雑貨品が大変にもてはやされ、日本で作るのより大幅にコストが抑えられるということで、毎月コンテナで何本も輸入しては得意先に卸す、ということを行っていた。私がこの会社に参画したのもこのあたり。それまではプログラマをやっていた。やがて雑貨輸入も落ち目となる。雑貨のような軽工業品は、比較的誰でも取り扱うことができるため、参入障壁が非常に低い。すぐに価格競争になったために、現在ではほとんど行っていない。

自社製品を開発してメーカーとなろう、と息巻いていたころもあった。有名なブランドライセンスを借りて、ちょっと変わった製品コラボさせて、自社製品として売り出そうという発想だ。モノづくりの手配なら一日の長がある。たまたま関係することができた有名ブランドからライセンスを借りることができたため、無事に製品化にこぎつけた。これが市場ちょっとした話題になって、予想を少し上回って完売した。しかし、その後が続かない。そもそもマーケット需要があるような製品であったかどうかが疑わしい。価格も安いものではない。それでもある程度売れたのは、それくらい強烈なブランドだったからだったと理解している。ただ単に運が良かっただけだった。

先代社長は大変に有能なビジネスマンで、関わる人みんなからの信頼を取り付け、どんな不利なディールでも最後までやり遂げることができた。最初は親の借金を背負い(つまり私の祖父借金)、バッタ品を集めてそれを売り歩き、やがて輸出を始めた。時代背景もあって地場産業品はどんどん売れた。相当なハードワークをこなしてきたらしい。出張から痛風で飛んで帰ってくることもあった。やがて取引先の紹介で輸入も始めた。先述の通り、最初は大変に売れた。そして私が会社に入り、程なくして社長を引き継いだ。先代の始めた事業は、どれもものすごい勢いで下火になった。現在仕事はほぼゼロ。前期末で大幅な赤字が出た。

「何か新しいことをしなくては」

社長を引き継いだときから毎日毎日、寝ても覚めても、一分一秒たりとも、呪いのようにこの言葉が頭から離れない。何度か新しい取引先を作って、新規事業として立ち上げてみた。が、どれも事業としては育てることはできずに、フェードアウトしてきた。客先とメーカーをつなげる立場としては、究極的には中間業者は無いほうがコスト的には望ましい。私達は独自の強みを発揮することができず、淘汰されるのは必然だったというわけだ。

さて、こんな状況でどうやって会社を立て直して行こうか。

現在地場産業品の輸出に加え、雑貨輸入で培ったOEM精算業務を行っている。ただし、こちらも現在は引き合いが非常に少ない。

地場産業品については、取り扱う製品自体需要が減ってきているため、我々がこれをどうにかするのは難しい。たぶん、近い将来見切りをつけなければならなくなると考えている。

OEMについてはどうだろうか。ウチの場合雑貨を中心として、いろいろな製品を手がけてきており、頼まれれば割となんでも作ってしまえる。こんな世の中なので、どんな製品メーカーでも大抵は探せてしまう。そこを探し出して、クライアント要求通りに物を作るのが、我々の仕事の一つだ。ただし、なんでもできる、というのは、裏を返せば特に強みが無い、ということでもある。我々がアクセスできる情報なんて、その気になれば他の誰もが知り得る情報であり、クライアントメーカーと直接つながるケースも珍しくない。我々が選ばれるためには、何か特長が、強みが必要だ。

「何か新しいことをしなくては」

と、なるわけだ。これが毎回毎回、頭の中を駆け巡って、でも前進できずに毎日悶々としている。

もう、何から手を付けたら良いのかすらわからない。仕事作っていかんと、生きていけへんやん。

2018-07-21

anond:20180721104845

単純な価格競争だったらそんなおっさんがまっさきに通ると思わんかね?

で、おっさんが濃縮されたコンサートになるわけなんだよ。

2018-07-19

anond:20180719163404

教育コストかけてホワイトカラーにならないと移民価格競争して疲弊する羽目になるからね…

教育コストかけられずに育つ子は不幸になるから作らないほうがましだよ

2018-06-16

anond:20180616105429

だが少し待って欲しい

日本セクサロイド風俗店経営したら、家賃セクサロイド本体メンテ感染症防止のため局部パーツの毎回の消毒or交換、メンテスタッフ人件費

東南アジア女児価格競争力に勝てないのでは?

2018-05-23

anond:20180523101828

バブルは終わって、これからパパ活やら出会い喫茶と戦わなきゃならない時代になったわけだ。

価格競争するか、パパ活やら出会い喫茶にはないサーヴィスを提供するしかないべ?

2018-05-02

お前らって本当にお金感覚ないよな

最近流行Vtuberだかが流行り始めたころに「VTuberを始めるのにはとてもお金がかかります。1千万円は確実にかかるでしょう。3千万円は見ておいた方が良いです」みたいなアホ発言結構あったんだが、

実際のところはゼロからスタートするにしても3ケタ万円あれば「多い」で、今いるVtuber殆どは総投資額100万に満たない。

3Dモデルに最低100万円はかかりまする! 3Dモデラーに頼んだら1か月で100万円かかりまする!」みたいな可哀想意見スターが集まったりしてたんだが、

蓋を開ければ皆アマチュアクラスからセミプロクラスまでが価格競争していて、ミライアカリクラスモデルであっても~30万円かつ納期2週間とかで何とかなってしま世界になってたりするわけだ。

実際にニュースVtuber特集を組まれた際も「30万ありゃ出来る」と断言される通り。

もちろん、はじめる価格とヒットを呼ぶ価格との隔たりはあるにしても

「じゃあ1千万かけると何ができるのか」の実例はまず出てこない。

千万予算VTuber単体に割くクライアントが「存在しない」ことと

「1千万円をリクープするには」の現実解が動画1億回再生であることの当然の不可能性に目を瞑れる経営者がいないことが理由だよな。

そりゃ、これから時代に置いてVtuber一人に対して1千万予算が組まれることは「ある」よ。でもそれはどういう枠組みの中で組み立てられた1千万なのか、お前らは全然理解していないよな。

クリエイターオリジンで使う一千万円と、プロダクトの広告費としてつかう一千万円。

お前らは常に後者数字しか見ていない。だからお前らは間違い続けるんだよ。

お前らが「間違っている」と指摘するそれらの金額の設定は、常にクリエイターに失敗前提で投下する資本からな。

2018-03-30

システム内における顧客看破できない非効率性は保守運用、改修等で多くの手間暇を作り出し

結果として企業に多くの利益を与えることになる

システム設計においては単純な価格競争効率化では継続した利益を生み出すことが困難である

それ故に独占市場などにおいてこのような非効率性を故意に生むことで継続利益を見込むという戦略が考えられる



継続した利益を生み出すことが困難な理由はこの記事がわかりやすいか

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20061003/1159869683

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん