「ドイツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ドイツとは

2019-03-25

anond:20190325193003

12モンキーを投げた

ドイツドイツ化1羽の時点でよくわからんかった

タイムトリップ物は1話完結じゃないとだめだ

東京レイプされ、警察には被害時の状況を再演しろと言われています

(注)これは増田体験ではなく日本国内外国人居住者向け某掲示板に書かれた内容を訳したもの

私の誕生日である3月2日外国人日本人グループで一緒にディナーを食べに出かけました。

二次会カラオケに行き、その後はちょっと踊ろうと思い昔からいる人達新宿二丁目ドラゴンマンというゲイクラブへ行きました。

覚えているのはバーでは楽しい時間を過ごし、疲れているように見えたレジの人に水を奢った事です。

その後友達に手洗いに行くと伝えました。日曜日の午前四時くらいです。そこから記憶があまりありません。

手洗いに行ってからはもどりませんでした。(トイレの?)列に並んでそこに入った記憶はありますがそこから記憶がありません。

タクシーの中にいて、友達が面倒を見てくれて家に帰る途中なのかと思った記憶があります

もうろうとした意識の中で夫が迎えにきてくれたのかとも思いました。これは完全な勘違いでした。

起きると裸にされていて、男が無理やり自分の上に乗っていて日本語を話していました。

蹴りを入れて自分の話せる全ての言語でノーと言いましたが、私は弱っていてまた意識を失いました。

これが全部で三回起きました。

服を着て立ち、逃げようとした時ひどい頭痛がしてベッドに倒れ込むと、また行為を始められました。

私はただ諦めて固まっていました。

彼は私に話し続けていましたが私はただ逃げたいと思いつつも自分自身で立ち上がることもできませんでした。

LINEの連絡先を聞かれたのでこれしか相手を捕まえる方法がないと思い交換しました。男は全く知らない人でした。

火曜日の朝に病院に行き、夫にも何があったかました。

月曜日はただただ呆然として何もできない状況でした。自分の心が機能不全の状態でどうやって家に帰ったのかもわかりません。

私の友達は私がいなくなった後30分も探してくれていたようで、私の被害に強く責任を感じていました。

医師の診察でまだ内部で出血がある事がわかり、ソーシャルワーカーの人が呼ばれました。

私の日本人友達バイリンガルの人に助けてもらい警察電話しましたが、当然バカみたいな質問をされ、自己責任だと認めるように求められました。

その人たちに話すのは拒絶し私の大使館ドイツ)と連絡を取る、夫と電話で話すまで何も結論は出さないと伝えました。

最終的には警察病院に行って医療記録を取ってくる事で合意し、その後はDNA鑑定しました。

さら警察署でまたDNA鑑定をし、質問に答え、歩き回って強姦魔に連れていかれたホテルを探しに行きました。

警察が言うには十分な証拠があれば公式犯罪捜査を開始でき、医療費も全て払ってくれるとのことでした。

そこで警察公式捜査を始めるため私に命令したのは月曜日警察に来いと言うことでしたが、被害当時着ていた服を持ってきて被害時の状況をマネキン再現できるようにと言われました。

もううんざりです。助けて下さい。誰かこれから何が起こるか資料知識を持っている人はいますか?

大使館に行ったほうがいいでしょうか?支えてくれる人は沢山いますが既にもう自分には限界です。もう知っていることは全て警察に話しました。状況の再現などしたくありません。私は強いですがいつまで耐えられるかわかりません。

ブレグジット恩恵無いよな~

波及してスペイン北アイルランド離脱しても、日本エロい英国人が来るわけないし

やっぱロシア北欧なんだが、それも欧州なんだよな

やっぱドイツだな!住むなら。

2019-03-24

[][]2019年3月23日土曜日の増減

サイト\日付2019-03-182019-03-192019-03-192019-03-202019-03-212019-03-222019-03-23合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article01021127192イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/100000396アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/000000155フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/000000600アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000143ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/105-15020344アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/00-10116113アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/124288467307アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/-10000118855アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/0000014072アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/0010005151アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/0000-205552アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/200001470アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/10-201-45356アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/0112003015アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/202-1007369アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/1000013424アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/0010102315アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/0100007872アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/-11-15-15-21-28-912598アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/1-100003446アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/3220319174アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/-5-3-11-5-2-4635アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/000000608カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/-41-1-1-4010222アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/-101-3-1123964アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/4230032052アメリカ/日本 ニュースサイト
Vox ttps://www.vox.com/2000001752アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/000000277アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/0100001328アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/0010002154アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/000000584カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/96723130543イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/10000014903イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/3104116709イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/22010120363イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/0001002762イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/11123122061イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/000001200イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/141521631043945イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/00025542789イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/000000751イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/100000401イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/0000003199アイルランド 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/1300001451フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/0000001224フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/000000320ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/000000467ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/1-100002801ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/000000224スウェーデン ドイツニュースサイト
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/000000254イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/00000082トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/000000165イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/3011026451カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/2300001745イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/000000235インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes000000967インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/000000142パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/-5121004373オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/100000557ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/000000844タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com0100001891シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/000000357インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/000000738ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/001000283ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/0000003103イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/000000401イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/000000245台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1000-12942香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/000000124中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/000000199中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/000000244国連機関 ニュースサイト

2019-03-21

最悪に近い悪事を止めさせるように努めなかったら永遠に地獄で苦しむのだとたら、

大規模畜産に基づく肉の大量消費は、

自分利益のために戦争をしてでも止めなければならない。

実際にはそんな極端なことをする必要はないと思っていて、

戦争をするまでもなく賢くてえらい人たちが頑張って広告したりとかで

事実理屈を知れば、ほとんどの人は大規模畜産廃止には反対はしないと思う。

俺が当時のドイツナチスユダヤ人と認めないほうだったとして、

ユダヤ人とされる人々への悪事をだいたい知っていたとしても、

止めたほうがいいんじゃないっすかねえくらいしか言えずに、

非難はできないだろうな。いや、何か言うこともできないか

慈悲深い神とかが俺も含めて関係者全員気づかない仕方で殺して

最悪に近い悪事を防がないかなあとか思うくらいで。

2019-03-19

高須克弥の言ってることは正しいかも知れない

アウシュヴィッツはなかったかも知れないね、きちんと検証するべきだ

そもそもナチスユダヤ人迫害なんかしてなかったかも知れない

いや、じつはナチス党なんてなかったかも知れない

日本ドイツ同盟国だったというのもウソかも知れない

さらに、第二次世界大戦はなかったかも知れない

すると、広島長崎には原爆は落ちてなかったかも知れない

大日本帝国世界大国だったというのはウソかもしれない

明治維新はなかったかも知れない

国家神道なんてものはなかったかも知れない

豊臣秀吉朝鮮に侵攻してなかったかも知れない

から今残ってる耳塚とか捏造かも知れない

織田信長実在しなかったかも知れない

日本万世一系天皇が治めてきたというのはウソかも知れない

イエスはいなかったかもしれない

仏陀孔子もいなかったかも知れない

メソポタミア神話ギリシア神話も全部後世の創作かも知れない

そもそも人類存在しなかったのかも知れない

日本賃上げに関して

韓国では大失敗

イギリスドイツでは及第点程度の成功は収めてるでしょ

もし、日本賃上げした場合どうなるの?

経済構造通貨のことを考えると、EUよりも韓国の轍を踏むとしか思えないんだけど

EUと同じ結果になるって根拠あるの?

そろそろ日本から本気で人材がいなくなる

周りを見ていると海外転職海外移住ナレッジが溜まってきたからか、本気で海外移住を考えている人が多くなってきた

というか、ここ数年だけでアメリカドイツフランス移住した知り合い何人もいるし

おれの周りだけでそうだから日本全体になると相当数いるだろう

あと海外支社作るベンチャーも増えてきてるし、海外に行くハードルがどんどん下がってきてる

重要なのは金と能力がある人間から日本を出て行くなんだよな

それを問題と取るか席が空いてラッキーと思うかは人それぞれだろうけど

こんなこと書いているおれも知り合いがいるタイスタートアップから誘われていてどうしようか考え中……

ドイツナチに関する情報規制の仕方は個人権利より社会法益を優先する全体主義のものなんだけど、それを日本が見習えとか本気で言ってるのか。

あれは社会法益を優先せざる得ない危機に対する例外であって、国として汚点でしかないんだぞ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/kaori_sakai/status/1107366165574283264

埼玉とか南京とかアウシュヴィッツとか

なんか見てると言語の壁に近いものを感じる。

埼玉はまあどうでもいいんだけど。

南京とかアウシュヴィッツが無い、捏造って言ってる人って結局今言われてるような、って意味で言ってるのがほとんどに見える。

でもそれを受けてありましたって人はそれ自体の有無として憤ってる場合が多いように思う。

原爆捏造って言われたらどう思うかって言い方をしてる人も見たけどあー捏造って言ってる人の話通じてないんだなって思った。

どっちが正しいとかじゃなく客観的に。

だって見てたら捏造って言ってる多くの人の言い分はどうも実際の罪より大きな罪だと騙られているって理不尽さを前に挙げたものでそれに対しての反論としてはあんまりよく分からない。

アメリカだって原爆5発落としたとか1000万人が死んだとか空襲は敵国日本を憎み殲滅する意図で主に民間人を殺す目的レジャーのようにやったとか言われたらまあ普通に捏造だそれは違うって否定するんじゃない?って思うし。

国として主張してる、とする事に対して大きく離れたり証拠が精査されていなかったりバイアスがかった想像が含まれていそうな事ならって意味で。

捏造派が主張してるのはそういう事なんだし。

捏造派の立場や展開する言い分が正しいって事じゃなくて是非とか証拠の有無とか信用性とかじゃなくあくま論理構造立場の話として。

感情面の事なんて反証し様なんてないけどそれでもそれは違うって言うと思うし実際アメリカさんも南京虐殺じゃないって言ってる人がよく言うやつと同じように大空襲民間への攻撃問われて事前に逃げろってビラ撒いたし軍に関連するかしないかなんて分かりようがないんだからって言ってるわけで。

当然復讐意図で行われたものだって人もいるけど。

からってその違うって否定アメリカが当時民衆を殺した事を何とも思ってない証拠だって言うのは飛躍してるなと思う。

殺人で5人殺した奴に10人殺したって言ったらそんな事実ない捏造だ、って反省してようが元々の罪を認めてようが言うだろうしそういう話だと思う捏造派が言ってるのは。

繰り返すけどそれが正しいって話じゃないよ主張の論理の話。

でもそれに対して憤り、悲しむ人はその否定は全ての否定だって捉えたり人を殺す事自体の恐ろしさを説いたり殺したって事実に向き合うべきだっていうような事を言ってる。

そこで言うなら加害側とされる方が確実な証拠反論として出せないならそこを違うと否定するのは倫理的傲慢である、とかそういう類の話だと思うんだけど。

あるところで認知バイアス的。

ただただ噛み合ってないなって思う。

証拠とか証言とかそれぞれが実際どうかとかじゃなく外野から見てて言い分がキャッチボールドッジボールどころか相手の頭高く遠投し合ってるなって印象。

相手ボール取れないから目端で追いながらこれがあなたの投げたボールですってポケットから自分ボール出して相手に投げてる感。

個人的には中国とかドイツとか日本とかユダヤとか埼玉とか高須とか関係なく、実際それをやったのなら中身が違っても否定するな、その違うって主張はやった事を認めてないのと同じだって論は意味分かんないなって思うけど。

実際の証拠があろうと無かろうと本当に10人殺してようと5人だろうと関係なく発想自体に法倫理的に引いてしまう。

けどその否定であり自身の正しさの主張ってその要素自体に中身関係なく被害者感情は煽られ傷つけるものなんだそれは酷い事なんだこれ以上何を傷つけようって言うんだって考えは理解はできる。

でもやっぱりそれが理不尽だ公正でない確実な証拠がない事なら語るべきではないって言い分も分かる。

語るべきでないとする事に対しての100%やってない、は100%やった、と程度は同じだと思うけど。

遠投してないでキャッチボールすればいいのにって思う。

わざと取れない方向に投げてる人も多い気はするけど。

2019-03-18

高須院長のホロコースト捏造ツイート擁護する

https://twitter.com/katsuyatakasu/status/655958931190124544?s=19

昨日から高須院長が2015年10月Twitter上で呟いたこ発言左翼達によって叩かれている。

しかし僕はこう思う。

高須院長が信じたい物語を信じるその自由は、その権利果たしてこの様に蔑ろにされていいものなのか、と。

皆で寄ってたかって高須院長の内心の自由及び表現の自由毀損する目的言論棍棒で殴り付ける今の左翼達のやり方は、皮肉にも往時のファシズム国家の様だとさえ僕には思える。正直言えばかなり怖い。

左翼からまるで歴史修正主義者のように悪し様に言われる高須院長だけども、そもそも院長は件のツイートにおいて「アウシュビッツ捏造だと思う」と言っているだけなのだ

この文章からは院長がアウシュビッツで起きたとされるホロコーストのどこからどこまでが捏造だと思っているのか、を明確には判断できない。

そして歴史事実というものはその根拠とされる資料と考えられていたものが実は虚偽であったり、それより更に確かな資料が後に発見されたりする可能性が常に考えられる為に、未来永劫に渡って不変不動のものではないわけだ。

よって極めて恣意的解釈すれば院長の件のツイート意図は、

今回左翼達が息巻いて批判する「アウシュビッツで起きたとされるホロコースト根底から捏造だと否定するもの」などではなくて、

「そうした確からしき歴史事実の全てが今後の再検証によっては変容し得る」という歴史学セオリーについての指摘なのではなかったか、と僕は思う

そして仮にそうじゃなくても高須院長の内心の自由、そして表現の自由はやはり護られなくてはならないと思う。

そして何より高須院長には信じたい事実を信じる広い意味での幸福追求権がある。

からTwitterで息巻く左翼達は自分達が愛してやまない平和憲法に自ら背くような愚かな行為を今すぐ止めて、高須院長に即刻真心のこもった謝罪をするべきだと思う。

高須院長は懐の深い方だからきっと許して下さることだろうと思う。

それから今回の件でアウシュビッツ博物館公式Twitter高須院長の件のツイートに対しこの様なリプライを送っていた。

https://twitter.com/AuschwitzMuseum/status/1106462599540105218?s=19

僕が思うにこれはクソリプ以外の何物でもないと思う。

かにドイツを初めとした欧州各国ではホロコースト否認法律によって禁止されている場合があるので、アウシュビッツ博物館も今回遠く離れた異国の院長である高須院長に対してお国柄もあって過剰に反応してしまったんだと思う。

しかしこれがもしお互いが国家代表する立場にあったなら、内政干渉にすらなり得た行為だったと強く自覚するべきだ。

これは極めて不謹慎だ。

なぜなら日本旧弊的などこのドイツさんとは違い進歩的平和憲法存在し、この憲法の元ではナチス礼讃もホロコースト否認国民権利として容認されているのだから高須院長の今回の行為日本国民として何一つ問題のない行為だったと言えるからだ。

よってアウシュビッツ博物館公式Twitterは即刻高須院長に真心をこめた謝罪をするべきだと僕は思う

勿論、この場合においても極めて懐の深い高須院長ならば許して下さることだろうと思う。

どうだろう。ここまで僕は何か間違ったことを言っているだろうか?

なぜ日本植民地支配アウシュビッツばかりいつまでもウダウダ言われなきゃいかんのか

もう日本ドイツも当時の国じゃないんだし。

だいたい、イギリス北アメリカオーストラリア先住民虐殺して国を乗っ取ったし、他にもヨーロッパ諸国世界各地を植民地化したし、ロシアシベリア抑留したし、中国現在進行系で他民族弾圧してるし、韓国ベトナム戦争でひどいことをした。アメリカにはグァンタナモみたいな治外法権エリアもある。

旧日本軍の行いが悪くないとは言わないが、こういう各国に言われると「お前らに言われたくない」くらいは思うわ。

戦争に負けたのが悪いのか?じゃあ今度は負けないように軍備増強しないとな。

2019-03-17

猫背のかりあげゴルゴ氏の話

はじめに

治験の、それも希少疾患の薬剤のアレンジをしています。薬が世に出るまでには、10年15年といった長い年月と、信じられないくらいの巨額の投機投資フェーズ1、2、3、4くらいの段階的試験分析必要です。私はその主にフェーズ3の、グローバル治験全般物流アレンジしています今日は(次があるのかどうかわかりませんが)その「ラスト1マイル」の話。

ドイツスイスアメリカイギリスなどの諸国製薬会社から薬剤が成田に着きます。その薬剤はいったん専門業者倉庫に収められ、盲検が施され、厳格な温度管理がなされて、病院治験者が整った段階で、どんぴしゃりのタイミング病院の薬剤部に運び込まれます

知られざるラスト1マイルのこと

温度逸脱が最大の敵のひとつで、もちろん専用の保冷箱に温度計が同梱されて運ばれるわけですが、薬は極力、物流倉庫で、あるいは薬剤部の倉庫で落ち着いて眠っている時間が長いほうがいい。したがって、物流/配送時間を最小化する課題が生まれてきます。たとえば、3月14日14:00さいたま大学病院配送なら、都内倉庫から逆算して、12:30ぎりぎりまで薬を取り出さず、保冷箱に移し替えるまでの間、外気にふれる時間を極力短くして、デジタル温度計を起動し、あらかじめ用意した書類を同梱、封緘して、その時間に来るように手配したドライバーに保冷箱を手渡し、ドライバーは13:45に病院業者ヤードに駐車、13:50に薬剤部の担当の方に電話をかけ、携帯の電源を切り、13:55に薬剤部のゲート前に到着し、13:58に窓口を軽くノックする。13:59に担当の方が現れ、後述の合言葉を唱え、14:00に「開封させていただきます」の声とともにカッターナイフを取り出し、テープを切り、箱を開け、書類と薬剤を手交。署名を得たら「ありがとうございます回れ右して退出。

この間、ドライバーイコール配送担当者)は、黒子に徹しなくてはならない。無駄発声は一切禁止。どの製薬会社の何の疾患のどの薬剤でということも原則、口にしてはならない。盲検性に触れるおそれが必ずしもゼロではないからです。前に「○○(物流会社名)の△△です。XXさん(製薬会社)のPP(疾患名)のMM(薬剤名)、あ、今回はプラセボ偽薬)ですね。お届けにまいりました」と滑舌よくいい放って数百万円の損害を出して即日クビになった伝説の猛者がいました。

「14:00の○○(手交管理番号)の件です」「はい。どうぞお入り下さい」。あるべき情報交換は、本来これだけ。服装も、リクルートスーツは基本中の基本、声の抑揚は「お通夜の司会のつもりで」なんてことを教育される世界であります

同行させていただきました

今回、同行させていただいたドライバーさんとは、13:45に業者ヤードで待ち合わせをしました。13:35に僕が先に着いた。まだだれもいない。13:40にもいない。13:41、スマホを取り出して(ついうっかり)「黄金サクラ」で検索する。師匠しかサクラ絡みで何か面白いことをつぶやいていたはずだ。黄金頭さんの中毒性のある筆致にすこしネットに夢中になる。13:45イタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! どこから姿を現したのかわからない。左側、3歩ほど離れたところに、薬剤を両手で抱え、植田まさしかりあげクンを地味にしたような30代半ばと思われる地味なメガネ氏、中肉中背のリクルートスーツが場に溶け込んでいる。僕のほうを見ない。顎を引き、猫背気味、心もち遠くを見るようにして、肩の力が抜けている。「(只者ではない…)」歩を寄せ、「13:45お約束の…」「はい。では、行きましょうか。その前に電話を入れます」。(僕だという確認もしない。わかるのだろう。)

かりあげ氏、そこから先は前述の時刻進行通り。なのですが、特筆しようと思ったのは構内を歩く挙措無駄のなさ。トラックヤード上りから、どの角をどこで曲がり、どこに目配せをすればいいか、足が覚えている感じ。とりわけ、通路交差点手前では必ず気持ち歩速を緩め、ひと呼吸立ち止まり、左右確認をして会釈をしてから再び歩みを進める。「万一、薬剤を落としては元も子もありませんから」「会釈をして歩く業者を見て気分を損ねる先生看護師の方はいないと思うんです」。5分前に薬剤部ゲート前に到着してから直立不動(肩の力は抜けている)で、1分ごとに腕時計時間を確かめる。

もちろん

もちろん、何かしら、間違っていると思いますリクルートスーツとかね。そもそも、みんな忙しすぎる(´;ω;`) こんな配送日時指定、調整に血眼になるのは日本治験だけだとよくグローバル親分からは聞かされ、嘆かれる。批判も、しようと思えばできる。でも、しない。当面、しないことにした。代わりに、待遇を上げたい。物流ラスト1マイルはどうしても、C向けでもB向けでも、多層の中間搾取の残りの霞をかつかつで食べさせて、その割に重いプロトコル(お作法)を押し付ける傾向があります特にB向けで専門性の高い、今回記したような薬剤配送世界はその傾向が強いと感じます

ありがとうございました

帰りに「ありがとうございます。お見事でした。どうしてこの業界/仕事に?」と尋ねたら「10年ほど前に弟が珍しい型の白血病にかかりまして。幸い治ったのですが…いえ、余計な話を。申し訳ありません」とかりあげ氏。「すごいプロがいる」と聞いて、今回、普段管理側にいる私も、それだけではだめだ、現場をこの目で見ないことにはと思って、スケジュールをやりくりして同行させていただきました。さわやかな気分で病院を出、途中の川沿いの桜に、すべて実薬で治験の行われる日を願いつつ、帰途についた次第です。ありがとうございました。

[][]2019年3月16日土曜日の増減

サイト\日付2019-03-102019-03-112019-03-122019-03-132019-03-142019-03-152019-03-16合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article211342227189イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0020010393アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000155フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000600アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/0000100142ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/4742-63220332アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/0021-1076113アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/1461116961067259アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/-322410018857アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00000104071アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00011-105150アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00100025554アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/1000000467アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/00101025360アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00001003010アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/-200-11737366アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/00100023422アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/21-101112313アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/13102107871アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/-8-16-19-12-18-24-912715アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/00-100003447アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/25233209162アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0-2-2-2-5-5-2669アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000608カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/0010-180010230アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/010403023968アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/01100012039アメリカ/日本 ニュースサイト
Vox ttps://www.vox.com/00101101749アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000277アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/10003001327アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00001002150アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000584カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/5453813330515イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/100-601014902イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/00001216699イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/4-11006220356イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/00000102761イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/01-1011122050イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000199イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/98412120043866イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/011033642774イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0000010751イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/0000101400イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00100103199アイルランド 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00000001446フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/10000001224フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/0001000320ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000467ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/10001112801ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000224スウェーデン ドイツニュースサイト
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000254イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000082トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0100000165イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/00020206440カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/00010001739イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000235インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0200010967インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000142パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000014374オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0320032555ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0000000844タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com01000001890シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000357インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/1100000738ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000282ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000003100イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0100000401イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000245台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1000210939香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000000124中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000199中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2019-03-16

日本国の半人前さは敗戦国からかと思いきや、ドイツは一人前だった

何が違ったんだ

2019-03-11

anond:20190310214530

やり取りをみてて、ひとつ思ったこと。

表現の自由を守りたいという意見は、それを原則論として語りつつも、背後にある危機感はなんだろう。

ようするに、「快不快」によって表現流通が左右される社会が是か否か、ということが動機のように思えた。

そうであれば、すごくよくわかる。いや、わかるというのは、同意しているわけじゃなくて、なるほどな、だから日本表現の自由ってふわっとしてるんだなということ。

振り返ってみる。

日本表現規制の有り様は、戦前エロ・グロ・ナンセンス発禁にあるように、当局国民の大多数が不快と思うであろう「不健全」で「公序良俗」に反する表現対象としてきた。

そう、「健全」これこそがキーワードなんだな。たぶんね。

まり、割り切った言い方をすれば「健全」と戦っているのが表現の自由戦士だというふうに思える。

でも、ひとたび、「表現の自由」の思想的な出発点をヨーロッパアメリカ歴史から振り返ってみると、戦士動機づけとしてはあまりにも心もとない。

表現の自由とひとことでいっても、思想的な背景は、それぞれ背負っている歴史が異なる。

ここで、それを動機づけという視点比較してみる。

例えば、アメリカ合衆国。日本憲法がお手本とした国だ。

この国の憲法憲法判例が示してきた表現の自由は、ヨーロッパのそれとはかなり異なる。

17世紀にアメリカ最初に渡ったピルグリムファーザーズの世代特に、当時のヨーロッパプロテスタントに対する不寛容被害者であった。

メイフラワー号の協約に象徴されるように、お互いに異なるFaith信条)を持つ者同士が、どちらが正しいとして糾弾することなく、社会を構築しようという、社会多様性の確保が原点だ。

1970年代には、ヘイトスピーチを巡ってさまざまな紛争連邦最高裁まであがり、不協和音こそ社会の強さとまで判決意見で述べているものがある。

当時の裁判官のたとえを援用すれば、空気浄化しようとするやつが社会の敵なのだ

人間は不完全なのだから、正しいものなど、最初から先験的に決められない。ということから、この国では、思想の自由市場などという言い方も生まれてくる。

一方、大陸でも、表現の自由は大切な価値とされている。

しかし、他方で伝統的な価値観や習慣もそれなりに強い。いやかなり強い。

そういう土地柄では、動機づけとして、多様性の確保というのは、正直、あまりピンとこない。

しろ、彼らの原点は、教会から弾圧された経験であり、その反動としての「神を冒涜する権利」だ。

伝統的にカトリック教徒でありながらアンチクライストを叫ぶ、そんな権利を求めている。

とくにフランスでは、公共空間設計するにあたり、真理の判断権を持つかのように振る舞う教会がとてもまずい存在だった。

権力をふるいたがる教会に口出しをさせないことが重要テーマだった。

それゆえ、その解決のため、一方では、表現の自由というコンセプトで権利宣言し、他方で、政教分離という原則確立して、公共空間設計のための理論武装をしていく。

からイスラムスカーフ公立学校から排除しようとしたりする動きが起きるし、

ひとたびムスリムの神を冒涜するような表現したことで、襲撃を受けたりすると、社会は「涜神の権利はいずこに」とがぜん盛り上がるわけだ。



アメリカにしても、フランスにしても、それぞれ動機づけは異なるものの、表現の自由を守ろうとする信念というか確信の力は、

極めて強い。テロがあったり、社会情勢の変化で揺れ動いたりするものの、いざ事が最高裁までいくと、

じゃあ、国づくりの原点に戻ろうじゃないかという話になって、17世紀の悲惨経験が思い出として蘇ってくる。

その動機づけの強さにこそ、新大陸にしても、旧大陸にしても、表現の自由を将来に渡って確保しようとするエネルギー再生産があり、いわば持続性がある。



翻って、日本

健全なるものとの戦い、かぁ。うーん。

不快のような勝手基準で決めつけられたくはないよね、誰しも。

でも動機づけとして、やっぱり弱いんだよね。

ここで、仮に、日本は、アメリカ式の表現の自由を真似っ子しているのだ、としようか。

でも、日本社会は、アメリカほどには、多様性を求めてないでしょ。むしろ移民なんか大嫌いでしょ。

多様な意見なんか、どの組織でも出てこないでしょ。会議でも右に習えでしょ。

普段から多様性を確保しようというマインドベースにあって成り立っている社会とは全く違う。

そんな社会では、エロい表現ときだけ急に表現の自由だのと盛り上がるのは、歯が浮くような思いがする。

公共空間におけるエッチものの取扱なんて、はっきりいって、社会合意していればどっちだっていい。

じゃあ今度は、大陸が17世紀に経験した熾烈なコンフェッショナリズム、この思想的な背景を

表現の自由として日本憲法が参照している、と仮に想像してみる。

この場合仮想敵は、いってみれば、国家神道ファシズムかな。

(*ところで大河ドラマの「いだてん」って、健康ファシズム視点でみると面白いらしいね。みてないけど)

「国によって右へならえを強制され続けた結果、自分たち戦争に動員されてひどい目にあった思い出」とでもいうべき動機づけは

定期的に思い出す機会があるかぎりは、ある程度は持続的たりうるのかもしれない。

でも、第二次世界大戦を思い起こしてみると、国民国家キャンペーンに煽られて動員させられる、というのは、

なにも敗戦国ドイツ日本に限った話じゃないし、アメリカ含め、あちこちの国でウイルスのようにファシズム蔓延しかけていたのが現実

またファシズムコントロールできた国もない。その意味で、真の意味ファシズムに抗し切った国はないように思う。

表現の自由っていったところで、自然の摂理かのように、神がバランスをとってくれるわけじゃないんだよね。

流されるときは、人は流されちゃう。常在菌みたいなもの

そうすると、いざ日本にとって対外的な脅威(例えばアジアの隣あたりの国らへん)が増せば、

表現の自由なんか、どうでもよくなっちゃう程度のものなんじゃないか

他国の脅威に比べればファシズムのほうがマシだろ!みたいな。

このあたりの感覚は、動機づけとしては重要なんだけど、日本場合ちゃん思想として、自分たち言葉自分たちを守る武器として昇華してないんだよね。

敗戦で混乱していた時期にすかさず、日本憲法戦勝国からもらった、というところで思考停止になった、という面はあるかもしれない。

もらったもので、とりあえず勉強して運用してみよう、という時期が最初はあってもいいかもしれない。

でも、戦後30年、40年、とりいそぎ運用していたものが定着していく、という過程

例えば「思想の自由市場」ってよくよく考えてみると、日本社会では、あまりピンと来なくね?みたいな気づきがあっても良かった。正直、「思想の自由市場」って日本社会じゃ、なんの役にも立たない理屈だと思うんだよね最近

また、フランス公立学校でのムスリムスカーフ論争。大方の日本人は、何あれ?状態。背景となる歴史が違うんだから

歴史を知らないと理解できるはずがない。

それを知らずに無理やり、政教分離って憲法に書いてあることを適用しようとしてきて、実は消化不良を起こしているんだけど、

日本人は雑食なもんでなんとかなっちゃうという。。。

そういうことがよくわかったという話。

2019-03-10

anond:20190310172102

http://europa-japan.com/category12/entry77.html

ヨーロッパ人にとって日本アニメは新鮮

ヨーロッパで作られるアニメ基本的子ども向け主体からこそ、日本のようにストーリー主体で作られる大人向けのアニメが新鮮で、フランスを中心に人気が出るのだと思いますフランスパリJAPAN EXPOスペインバルセロナSalon del Manga、ドイツデュッセルドルフJAPAN-TAGなどなど、ヨーロッパ各地で漫画アニメイベントが開かれ数十万単位の来場者を動員しています

日本のようなアニメを作らない理由

そこまで人気なのにどうして自国では日本タイプアニメを作らないの?と思われるかもしれませんこれは、単純にコスト問題です。フランス国内でのアニメ制作費は1分間70万円もするのにたいし、日本から輸入すれば1話20万円で済みます

ケーブルテレビ衛星放送アニメーション専門チャンネル日本アメリカの高品質アニメ放送されてるのに、わざわざ大金かけて作るメリットがあまりないというだけなのです。

ホントかどうかは知らんけど

共感文化が無理な人は田舎で生きられない

価値観は大きく、共感系とエリート系に分かれると思う。

 

共感系:なつかしさが好き、未来想像するより思い出話が好き、伝統継続が好き、いつものメンツが好き、みんな一緒・横並びが好き、金や時間のようなリソースの話は嫌いで気持ちの話が好き

エリート系:新しもの好き、優秀な人好き(共感できない異端者も優秀なら好き)、より良い暮らし志向するので貪欲に稼ぎを上げようとする、無能・停滞・惰性・退屈が嫌い

 

団塊ジュニア世代エリート系の価値観を持ちながら田舎に残っている人まずいない。全員東京大阪名古屋のいずれかに出て行っている。アメリカドイツ移住した人間もいる。

移動が自由になると移動したいタイプ人間が根こそぎ田舎からいなくなる。そして共感系の人だけが残る。

共感が下手な人間田舎で超超超マイノリティになる。共感下手は、田舎で生きられない。共感は、田舎暮らし必須スキルから

anond:20180323162850

今更ではあるが、おすすめエントリにあがっていたので、コメントしてみる。

増田の文から察するに、海外経験があまりないのではないかと推察する。

世界はいろんな国があって、立憲君主制の国(イギリスとかタイとか)、大統領権限の強い共和制の国(フランスとかアメリカとか)、首相権限の強い共和制の国(ドイツとかイタリアとか)、開放政策をとっている共産主義体制の国(中国とかベトナムとか)等々、バラエティに富んでいる。

それぞれの国で、歴史戦争革命を経て現状があるわけで、理想国家を目指して改革された国であっても理想通りにいる国はないといっていい。

耳ざわりのいいポリコレに浸るのも成長過程だと思うけど、ポリコレコンテンツ一つ一つにも歴史やら戦争やら革命やら先人の滑った転んだやらがあって形成されたものだ。

天皇制についても、古よりの継承近代における思想家模索明治維新敗戦を経て、現在に至るわけです。

試しに戦前天皇機関説あたりに関する物語なんかを読んでみたらいい。

面白いと感じてくれれば何よりだ。

欧州主要都市物乞い格付けレビュー

第1位

ベルリン市UNIQLO某店の近くの物乞い(男性 若者)

雨と強風の中、正座で背筋を伸ばし上体を伏せ、両手を合わせたまま微動だにしない。物乞いの鑑。場所選びの他に工夫はないが、その直球勝負評価したい。

熱意★★★★★

創意工夫★★★

品格★★★★★

第2位

ベルリン中央トラム乗り場の物乞い(男性 老人)

券売機の隣に陣取っていた。少し英語も話せる。必ず人が通り高確率で小銭があり、雨風もしのげるところに布陣する。知恵がある。1位と並んで、大陸欧州盟主ドイツの名に恥じない物乞い

熱意★★★

創意工夫★★★★★

品格★★★★

第3位

モスクワ市街の物乞い(男性 若者)

革ジャンにジーパンで跪き、ダンボールに何か書いて、カップを置いていた。それ自体なんの変哲も無い。しかし、その日は気温0度、彼が跪いていたのは凍結した路面の上。

命さえ危険さらし物を乞うストイックさに脱帽。その夜は氷点下を下回ったはず。彼の運命いかに。

熱意★★★★★

創意工夫★★

品格★★★

第4位

ロンドン市内シャーロックホームズ像近くの物乞い(男性 若者)

ダンボールGod bless youと書き、I’m so hungryと声をかけてくる。対応はこなれているが、特に個性はない。欧州標準的物乞いといえよう。

熱意★★★

創意工夫★★★

品格★★★

第5位

パリ市シャンゼリゼ通りの物乞い(女性 中年?)

スカーフかぶったおばさんとお姉さんの中間くらいの。スターバックスカップを置いて頭を下げたまま動かない。工夫せよとは言わないので、せめて熱意を見せて欲しい。

熱意★★

創意工夫★★

品格★★

第6位

その他パリ大勢

しかし5位はまだマシな方。紙コップを置いて頭も下げず座ってるのが物乞いパリジャン。せめて頭を下げろ。

熱意★

創意工夫★

品格

第7位

ヴァチカン付近物乞い(女性 老人)

潰れたマクドナルドのコップを置くな。せめて5位を見習ってスターバックスしろ。100歩譲って潰れてないのを探してこい。

足を投げ出して寝るな。頭を下げろとは言わないからせめて座れ。それが物を乞う態度か。たわけ。

熱意(ゼロ)

創意工夫(ゼロ)

品格

最下位

モスクワ市赤の広場付近物乞い(男性 老人)

「うあわああぁぁぁぁゎゎぁぁっっっ‼︎‼︎‼︎‼︎+%×<^:っっっ‼︎‼︎」と奇声をあげて蚊取り線香で痙攣した死にかけの蚊がのたうちまわるように近寄ってきた。本人は頑張ってるつもりなのかもしれないが、その割には足を引きずってて遅い。追いつけてないぞ、口よりも足を動かせ。英語を話せとは言わないからせめて人の言葉を話せ。それが物を乞う態度か。せめて物を乞うているということを伝達しろヨーロッパ最低、西洋文明最下位物乞い界の恥さらし。クソゴミ

熱意(ゼロ)

創意工夫(ゼロ)

品格(マイナス★★★)

anond:20190310001316

日本人出生率アップのために、出生率の高い地域を参考にするべき。

 シリコンバレーとか、ドイツとかは日本人と同じ程度か、それ以上に敗残者なので、参考にすべきでない

羨ましがる対象産油国

 工業AIロボットといった小手先技能大道芸的に食いつなぐ事自体が2流の証拠

 決して悪いことではないが、偏った価値観であることは認識した方が良い

 往年の日本のように、家電を輸出して油やウランを売ってもらう必要もないのである

[][]2019年3月9日土曜日の増減

サイト\日付2019-03-032019-03-042019-03-052019-03-062019-03-072019-03-082019-03-09合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article2794033127174イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0010000390アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000155フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000600アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/0000000141ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/123141320316アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/84184166104アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/32018910141067187アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/35222-23118851アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/11000014070アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00000005149アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00000005551アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0010000466アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/00000-115356アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/-11020103009アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/20111217358アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/00010-103419アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/03111032308アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/10000007863アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/-4-21-8-43-21-12-1412821アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/0000-1003448アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/01221029145アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/-3-30-3-4-5-10687アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000608カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/1-10100-110247アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/41-1503023960アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/22200102036アメリカ/日本 ニュースサイト
Vox ttps://www.vox.com/20000001746アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000277アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/10001001323アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/10100012149アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000584カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000104カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/31681044030474イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/011010014906イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/00201016695イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/0-111-40120344イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/00000002760イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/27-20101122047イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000199イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/1713212112161043812イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/312-202242760イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0010100750イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/0001100398イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/01000003197アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0000000484フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/04010011446フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/02001001223フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/1111000319ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000467ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00001112797ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000224スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000072イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000254イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000082トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000164イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/00000016436カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/00102001738イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000235インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000964インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000142パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/0000-1-104373オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000545ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/1000000844タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00001001889シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000357インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0000000736ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000282ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00030103100イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000400イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/000-1000245台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/3002000935香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0210001124中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000199中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト
JAPAN TODAY ttps://japantoday.com/0001010523日本 ニュースサイト
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん