「賢者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 賢者とは

2018-10-18

お前らは結局東京オリンピックを止められなかった

いくらネット賢者東京オリンピック関係する労働環境ブラックさ、ボランティア理不尽さを論じても、東京オリンピックの実行に向けて物事が進むし、人は集まる。

ネット言論の限界を感じるね。

2018-10-16

賢者愚者の違い

  1. プログラミングマスターする。
  2. サービスアプリを開発して金を稼ぐ。
  3. 金持ちになればある程度モテる。(例:ZOZO前澤社長

 

ネット上の論争で貴重な時間を浪費するよりも、勉学に励みスキルアップして問題解決した方がまし。(ないものねだり=現実逃避のアホ)

anond:20181016180822

2018-10-14

DQ3遊び人賢者転職できる理由

元ネタ瀬戸内寂聴っていう情報を耳にしてしま

今後♀賢者でシコる時に多大な負担が強いられる事になってしまった

2018-10-08

風俗狂い卒業できなかった。

結論から書かせてください。

『偉そうに風俗狂い卒業セットについて語ったのに、

普通に風俗に行ってしまった』

という話です。

  

風俗狂い卒業セット()

風俗狂い卒業セット』(https://anond.hatelabo.jp/20181001213032)という増田を書きました。

コメント欄では、

絶対賢者モードだろw」などの否定的コメント

正直、風俗3週間行かなかったので、「風俗辞めれてるんだよな~w」と余裕でした。

  

悪魔コメント

そして、ある時、あるコメントに目が付きました。

「嫁にアナル舐めさせたくない、子供アナルめした口でキスしてほしくない。だから風俗に行くぞ」と。

正直、あんまり興味無かったです。

アナル舐め?高級ソープで何回か、それこそミスコンで優勝したみたいな女の子や、乃木坂底辺レベルの子にしてもらったことありますわ。

でも、まあ、多少気持ちいかなーくらい。

  

でも、なんか頭からこの悪魔コメントが離れなかった。

凄く、説得力を感じた。

アナル舐めなんて、xvideosでオラついたカップルがやってるものでしょっていう意識

そう思ってた。

別に、そこまで興味あるわけでもない。

  

悪魔コメントがボディーブロー

その後、普通に卒業セットでシコシコとオナニーしてたんだけど。

どーもアナルがムズムズするような。

かに、ここは卒業セットでカバーできていない。

大人のおもちゃもいくつかあるらしく、検討しだす。

卒業セットでオナニーするたびに、どーもアナルが気になって気になってきた。

  

焦燥感

もう無理だ。今日夕方焦燥感がひどくなった。

あの悪魔コメントは、やっぱり否定できない。

どー考えても、正しい気がしてきた。

頭ではない、体がそう答えをだしていた。

矢も楯も無い。

そういう風俗検索した。

日本ピンサロ研究会通称、日ピン研)を見る。

なるほど、有料そうだ。

気づいたときには電話

しかし、今日は予約が取れないと。

別のもう一個の店。

そこは。アナル舐め専門だと。

いかにも危なそうな空気だが、日ピン研では結構美人が来るとのこと。

かに、あの地域デリヘルレベルが高い。

だが、危険な街だ。。。

  

GO TO ANAL

店の、要望を書くシート。

これは、アナル舐め専門店らしい配慮だ。

かい要求。これだ、これは確かに。という内容のアンケート

パネマジも無さそうな、普通に携帯で撮っただけっぽい写真

え?かなりカワイイ普通にミスコンカワイイ子じゃん。乃木坂ギリ入れるくらいじゃん。

そして、ホテルで待つこと数分。

来た。

え?え?

マジであたり何だが。

好みなんだが。若いなって思ったらJDだって

ガリガリじゃない、程よいお肉がついた。

  

⑥PLAY

もうね。

え?っていう。

上手いんだよ。

もうなんてか、

あ~そういうマシーンなんだーって。

挿入は無いよ。

無くていい。

もうね、なんだろ。

演劇?ショー?ステージ

もう何でもやっちゃってくださいって感じ。

あ~あの悪魔コメントしてたオッサンが主張してたのはコレかと。

ハイハイ

これなんだなと。

アナル舐め専門でやってる人ってこれなんだって

  

俺、もうそろそろ、30歳なんだよね。

なんか、今日初めて産まれた気分だわ。

大げさカモしれないけど。

30歳まで、何をしてきたんだと。

  

賢者

まあ。確かに負けた。

しかも、これは、ハマる予感がある。

これを知ってしまって、あらがえる気がしない。

しかし、これはある意味、あれだ。あれだよ。あれ。

あーなんだけっけ。あれあれ。

そう、神が与えた試練ってやつじゃないかな。

試練。

そう試練。そうかも「しれん」。

なんちゃって

あのさ。俺、頑張るよ。

卒業セットに、アナル舐めのおもちゃも買ってみる。

VRでの機材も買ってみる。

部屋もさ、オナニーに適したようにカスタマイズする。

そうやって、あの試練に打ち勝てるだけの、『風俗狂い卒業セット2』を作るよ。

それまでは、しばらく、お世話になるわ。

anond:20181008145556

遊び人の有り余る暇な時間勉強に費やせば賢者になれるって良いメッセージだよな

anond:20181008145315

賢者じゃなくて遊び人。ヒマであればあるほど強い

議論じゃなくて呪詛呪いのパワーが強いほどはてなスターお供えされる

はてな村ってマジで村なんだな

ブクマを見るといっつも同じ顔ばっか。

TwitterPixivなどと比べると少数精鋭のコミュニティだよね。

そりゃ村の賢者達が集まって、様々な社会問題について侃々諤々の議論を重ねたところで、世の中が一向によくならないのは当然だよな。

2018-09-25

日本沈没回避は手遅れ?

自分の身は自分で守る

余裕があれば周囲の人も助けたい。

速度ではなく加速度を見よう。日本の先行きは暗い。

 

巻き添えを食わないように準備している人達が増えている。

赤信号みんなで渡れば怖くない」と言って、他人を引きずり降ろすことに躍起になるより、自分自分を守った方が良い。

 

嘘で塗り固められた幻想の中で楽しむよりも、グロテスク真実直視して、対策を練った方が良い。

痴呆になってしまった人は救いがたい。賢者同士で結束して、この危機を乗り越えるしかない。

2018-09-16

自分過去ブコメを見てたら猛烈に恥ずかしくなってきた

おま…お前なんでそんあ訳知り顔ドヤ顔コメントしてんだよ…

「フー…やれやれ、ほんとに大衆ってのはわかってない。ボクみたいな賢者が導いてあげないと…」みたいに思ってそうでマジで腹立ってきたもうアカウント消したい

2018-09-15

ポルノは3S政策の1つ。衆愚政治の道具。

国民バカなほど、支配者は管理が楽。

ポルノ愛好者=妥協を受け入れるバカ

現代奴隷は、ポルノで感化/製造される。

賢者ポルノ欠点理解して、ポルノを利用しない。

2018-09-08

anond:20180908133944

うーん。俺はお前の言う所の一回やってめんどくさくなった人なので、性交に至らずその境地に達した若者純粋にスゲーと思うわ。よく言うじゃん。賢者歴史に学び、愚者経験に学ぶってさ。俺は愚者だったなー。

2018-08-23

自虐は知性

その昔、ギリシア哲学者がみんな「俺はこんなに頭が良い」と自慢合戦をしていたときソクラテスという賢者は「私は、自分にも知らんことがあることを知っている」と言った、謙虚である

世のリア充陣営人間はどいつもこいつも、自分モテるとかスポーツ試合でこんな成果を挙げたとか、自慢合戦が大好きである

自慢ばっかりしてる奴のなかには、本当に学歴収入社会的地位も高い奴もいる。確かにスペックが高いのは認める、が、謙虚そうに見えないという点で尊敬する気が起きない

この点、我らオタク陣営人間自分いかにダサくて格好悪いかを軽いノリで自虐ギャグにできる、こっちの方がよほど知的な態度じゃないか――そんな風に思っていた

が、それから幾星霜、「ジャパニメーション日本が誇る文化」みたいな言説が流布されるようになってから、何やらおかしくなってきた

21世紀現在、すっかりオタもリア充と同じく自慢したがりが増えた。いや、そら自虐するより誇りたい欲求はどんな人間でもあるだろう、そらわかる

とはいえ、皆が皆「日本スゴイ」とか「オタク文化スゴイ」とか自画自賛ばっかりなのには知性が感じられない気がするのは俺だけだろうか?

もちろん、日本はこんなにダメだとかオタクダメだとか「自虐しかしない」奴もそれはそれでおかしいと思う

だが、自分自分問題点を指摘できる、さらにそれをギャグネタにできるというのが頭の良いことだと俺は思うんだがなあ、こういう考え方、古いんだろうか?

2018-08-18

悪いやつを懲らしめたい!

その感情の突き動かされた先にあるのは、人を刺殺して自分牢獄に入る未来だぞ。

分かっているのか?

愚者経験して初めて学び、賢者歴史から前もって学ぶという。

2018-08-17

anond:20180817100512

印象だけで語るな。

おまえがまだ無知だった10年前にブクマカに対して抱いた知的な印象をいまも引きずり続けているだけだろう。

10年前に活動していたブクマカがいまもはてブを続けている可能性が低いのは当然だ。

彼らはおまえという賢者を育てて去ったのだ。

おまえも嘆いている暇があるなら新たな賢者を育てろ。

2018-08-10

童貞だけどテレフォンセックスをした

インターネットで知り合った女性(まあまあ可愛い)と電話越しに自慰行為をした.

こういった経験は本当に初めてで, 珍しい出来事増田で共有するに限る.

相手からは数枚の際どい自撮りが送られて来ており, 通話の序盤でオーガズムを迎えてしまった.

まり, 序盤以降は演技で乗り切る事になった. (童貞なので)

賢者状態で「フェラしてや」「中に出していい…?」とか言うのは本当に厳しかった.

相手の出すフェラっぽい音は生々しくて凄かったけど, 射精後にはあまり興奮できなかった.

赤ちゃん出来ちゃうよ」とか言ってたが「正気か??」としか思えなかった.

という訳で早漏れは直しましょう.

まだ童貞です.

2018-08-06

愚者経験に学び、賢者歴史に学ぶっていうけどさ

愚者経験に学び、賢者歴史に学ぶっていうけどさ、歴史だって恣意的解釈されまくりだよね」みたいなことを言っても同意されたことなかったけど

https://withnews.jp/article/f0180806000qq000000000000000W02k10101qq000017768A

↑こういう教養のある人も、俺と同じ考えだったわ。

2018-08-04

誰が為にクソは出る


先日フットボールゲームを観に行った。

この島国中東で選び抜かれた22人の益荒男たち。


私たちは股間であたためた崎陽軒シウマイ弁当を互いに交換して食しつつ、ハーフタイムを迎えていた。


ふと恋人が言った。


今日試合を観にきている人は何人くらいいるのかしら」


「そうだね、ざっと6万人はいるだろう」


「6万人!」


恋人はなにがおかしいのか、シウマイ蒲鉾中間物質を噴き出す。すごく汚い。


「6万人が走り回る22本のチンポを真剣な顔して眺めているなんて! しかリズミカル応援つき!」


ムッとした私。

前の席でフランクフルトを頬張る頭皮露出中年男性弁当を叩きつけて激高する。


「そうやって君はいつもチンポのことばかり考えているんだな。いいかフットボールにおいて重要なのは22本のチンポではない。ハードワークするプリケツだ。いつもチンポにないがしろにされるプリケツ気持ちを君は考えたことがあるか。君は本当に哀れなケツフォビアだな」


そう言い放って席を立つ。恋人ツイストアンドシャウトが響いているが無視する。


本当はチンポもプリケツもどうでもよかった。

私はアナルに入れていたリモコンバイブのことで頭がいっぱいだった。


ゲーム中、私は選手たちが枠外シュートを放った瞬間だけ、スイッチを入れた。

スタジアムに響く「オオ~ウフン」という落胆の音階振動はのけ反るほどの快感を与える。

セックスとは異なる種類の性感に至るために必須の三要素は以下の通り。


不連続的な刺激×アイデンティティ・クライシス×ドラスティックアイデア


落伍者はこの三要素に溺れるあまり他者を巻き込みギルティ対象となる。

クレバー賢者は違う。快楽の祭壇に捧げるのは常に己の精神と肉体のみ。

これを読んでいる名もなき同志たちにもぜひ試して頂きたい。


以上を遵守した私の前半はおおむね順調だった。しかし負傷交代で入った初出場選手が発奮しすぎて枠外シュートを放ちまくり、予想を超えて酷使したリモコンバイブの電池が切れてしまった。一刻も早く交換したかった私はトイレへ急ぐ。


行列。ため息はクーロンキャッスルの味。


「どうも」


後ろから男の声。


「ハハン。どういたしまして」


振り向くと頭皮露出男性が立っている。

シウマイをうまそうに口にしている。叩きつけた甲斐があった。


あなたの啖呵、拝聴しましたよ。大したものだ。フットボールの真髄はプリケツにあり。その通り。相当な玄人でいらっしゃるようだ」


どうやら彼は熱心なプリケツニスタらしい。シウマイ臭くて返事ができない。


「だがこちらはまだまだ稚児に等しいッ!」


突如。パンツを引きちぎりながら引き抜かれるリモコンバイブ。

昇天する。


「君はアヌスフットボールで界ではダニだ。ダニ・アウヴェスじゃない。ただのダニ。ラ・マシアのプレベハミンのセレクションを受けようか迷っている子供友達父親の同僚の会社の清掃員が仕事帰りに立ち寄ったバル入り口で見かけたセクシーボルゾイ犬についた一匹のダニ。それが君だよ」


エクスタシーさなか、私は囁かれる。


「思い上がるってくれるな友よ真実はある一つの点に過ぎずそれは世界に無数とある


ゆらぐ視界。コンクリート灰色。一点を中心としてぐるぐると回転する。

巨大化してゆく真っ黒の中心点。これは、穴? 


気がつくと私は全裸草原に立っていた。柔らかい起伏。晴れ。

ここは地上の天国か。シガーロスジャケットのようなポーズで私は駆ける。


しかし風が臭すぎて卒倒する。

駆け寄ってくる白ワンピース少女たち。適当キスシウマイ臭い

よく見るとみなシウマイ男の顔をしている。


「やっとメンバーがそろったわ!


少女たちのイエローボイス。

チャンピオンズリーグアンセムバカバカいくら大音量流れる

一人の少女が突如脱糞すると、連続してみな脱糞臭い

みな自分のクソを蹴り飛ばす。なしくずし的に私も参加。

楽しくなってくる。ア・ラム・サム・サムを合唱する。


私たちって、オリベル&ベンジみたいになれるかも!」


「ハハン! タカハシ・センセイも真っ青だな!」


融合してゆく人糞。巨大な玉となり芝生を飲み込んでいく。

破壊される世界。光に包まれたゴールが出現。私たちは玉の上を走りながら突っ込んでゆく。


フェラチオゴラッソオオオオオ!」


叫ぶ私はふと、我に返る。周囲に少女たちの姿がないのだ。


「ここでさよならよ! 元気でね!」


荒廃した大地に取り残される少女たち。悟ったような笑みで手を振る。

私は涙する。ようやく気づいて。彼女たちは私をここから逃がそうとしていたのだ。

光に包まれる中、渾身の投げキッス。この愛よ。どうかあの娘たちを守って。


遠い昔の思い出から戻る。私はハーフタイムロッカールームにいた。

汗と、スポーツドリンクと男たちの吐息ミステルと通訳の声が響く。


あれからおよそ2000年まりの時が経った。

光の向こう側は紀元前ヨーロッパ世界だった。

私はローマ人にクソフットボールを教え、その後現代まで発展を見届けてきた。

あるときオーナーとして、あるとき監督として、あるときコールリーダーとして。

偉大なるクソフットボーラーの影には必ず私の存在があった。

いまは極東島国代表選手として、啓蒙活動を続けている。


後半の入場をスタッフが伝える。私はクソを漏らして手で掲げる。

これがハーフタイムルールで、選手たちは持ち寄ったクソをフィールドで固めてボールを作る。


「よし! いくぞ! みんな!」


シン、と静まり返るロッカールーム


「誰だお前」


締め出された私はスタジアムの外で強盗あい、素っ裸で由比ガ浜に放り出される。

もう金輪際スタジアムには行かない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん