「ハングリー精神」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハングリー精神とは

2019-07-20

給与上げたいから何頑張ればいいですかと経営者さんに聞いたら説教

僕は中小SIerで働いているSEだ。人月商売で他社に常駐しているあの感じだ。

僕は仕事上のコミュニケーションには自信があるし、最新の技術を追うのも好きだ。

大体アサインされたプロジェクトでは気づいたらリードエンジニアになっているし、他社の同年代SEと比べても大体自分が頼りにされる。お客さんからしたらSIerから派遣されると「あの若いSEさん当たりだったね」って感じだ。

ただ、そんなに上昇志向はない。だって常駐先の仕事だし自分会社のことでもないのにやる気がそこまで起きない。

ほかのプロジェクトに使えそうな再現性のある知識はしっかり勉強するように心がけている。

出来れば残業したくないから定時内で終わらせるよう頑張る。終わんなければ普通に残業する。でも要領いいからわりと残業時間すくなく行けている。

ハングリー精神はないけど与えられたことはきっちりこなすよねってタイプ。なはず。

常駐先のスクラムマスターにもそういってもらえたからたぶん間違っていない。

MARCH卒で入社して4年目。給料は額面26万手取り21万。賞与は夏は手取りで40万届かないくらいだった。

年収換算で380万円前後といったところだ。

残業もそんなにしないで済んでいるしパワハラもない。多くを求めなければまずまずの環境だと思った。

そんな僕でも結婚したい人ができた。

そうなると話は違ってきて多くを求めたくなる。

東京生活するならこれじゃあ全然足りない。

結婚を見据えて二人で住む家を借りようと都内の1LDK10万円くらいでさがす。

いいとこ見つけたけど、契約者が僕一人では審査は通らない。

結局連名契約することでどうにか住む場所を確保しようかと思っている。

しかし、これをきっかけに改めて自分手取りの少なさを思い知った。

考えてみれば21万なんてその辺の新卒一年目がちょっと残業しただけですぐ超えられちゃう金額だし、

金融系の営業だったらそれこそすぐに追い抜かれている。

悲しくなった。

人生で初めてハングリー精神を持ち出した。

どうにか給料を今の会社で上げたい。

せめて月収30万ほしい。

転職サイト登録した。丁寧にスキルセットを書いた。

オファーメールバンバン来る。450万以上ほしいですって書いてもバンバンくる。

自分市場価値としては450万以上求めてもいいのかなって判断した。成長産業だしね。

転職が近道かなともっているけど恩や義理もあるからできれば留まりたいなと思っていた。

今の会社給料スキルシートと業績で判断される。

それがわかっているからその項目を強化すればいいかなーって思った。

業績は人月商売からそんな簡単に単価って変わらん。

からスキルシートを埋めようガンガンできることを増やしてこう。

よっしゃ!これで上がるっしょ!

そんなテンションだったけど、もしかしたら考えが違う可能性があるかなっておもった。

努力の方向が間違っていた場合、そんなつらいものはない。

そんなことを考えている折に、経営者さんと話す機会があった。そこで、

給料あげたいんすよー。そのためになにすりゃいいっすかね。」

って聞いた。

上にかいた「僕は今、業績とスキルシートで決めているんですよねだからスキルシート埋めるように頑張ろうかなって思っているんすよ。」

みたいなことを話した。

てっきり「おお!ええやん!!今なら○○とか頑張るとええんちゃう??ハングリーなの好きやで」

みたいなの想像してたら

給料上げるために働くんじゃない。

昇給のためにつけるスキルは浅い。

仕事をがんばっていれば自然についてくる。

・どれくらいの昇給を望んでいるか知らないけど、できないくせに求めるやつは嫌いなんだよね。

スキルシートが正ではなく、できることが多い奴が給料高くなる

・だいたい去年たくさん業務外の仕事を振って範囲広げるチャンスを与えたけどなんもやらんかっただろ

・君のことは高く評価していることには変わりない

・ただ、努力の順番を考え直せ。

と言われた。

業務外のことなんてだれが好き好んでやるんだよ…

仕事趣味じゃないんだぞ…

だいたい僕らはITスペシャリストかいうけどIT仕事効率化しようねって仕事じゃないか

効率化って最短ルート目標を達成することでしょ。

そうなると人生生き方としても目標にむけての最短ルートで走りたいじゃん?

その最短ルート聞きに行ったらこれだもんきっつー。

もっと人材を大切にしてくれると思っていたのに「そういう考え方のやつ嫌いなんだよね」とまで言われたのも結構ショックだったな。

人間ある程度承認欲求はもってていいと思うんだ。

IT人材バブル市場だけど、こんな僕を拾ってくれた会社から大切にしたい。

そんな気持ち大卒すら少ないしょぼい会社で頑張っていたけど、気持ちが切れてしまった。

受託ばっかりのSIerでいつまでもウォーターフォールにこだわってるアホは沈めばいいと思う。

そんな会社風土を変えたいなって思いながら組織論とか開発手法とか勉強してた。

でも、いつまでも古いやり方やって、変化が嫌いな人材囲っていればいいと思っちゃった。

経営者さんの考えとしてはいろいろモダンに変わっていきたいみたいだけど無理かなって思っちゃった。

中小企業なんて経営者人徳があってこそだと思ってて、その人と価値観があわないことが発覚したから仕方ないかなって。

制度使って会社の金で資格とって今のプロジェクト成功に導いて、その実績をもとにとっとと転職するしかないという結論に至ってしまった。

2019-07-18

anond:20190718220704

アニメーターが高待遇になっても作品は作れるよね?

それとも低待遇じゃないと作れないの?ハングリー精神的な?

2019-07-02

MMT(現代貨幣理論)論者は実体経済から50年遅れている

主流経済学MMT

財政赤字が拡大してくると、政府貨幣を発行して支出に充てる。貨幣を大量に発行すると市場には金があふれ、金の価値が低下してインフレが起きる。これがこれまで主流の経済の考え方だ。実際にジンバブエベネズエラではやりすぎてハイパーインフレーションを起こして経済が大混乱に陥っている。MMTでは「財政赤字」と「民間の富」は借方貸方のような関係なので、民間が豊かになるにはそれと同じ額の財政赤字を抱えているのが普通である、だから財政赤字を嫌がって財政支出制限する必要はないと考える。MMT擁護派の一部の人達は「財政支出をどれだけしてもいい」と言っているがこれは誤解である。。MMTの特徴を理解してもらうためにあえて強調しているのかもしれないが、そんなことをすれば反発を生むだけだ。MMTでは「市場存在する資源労働力などの価値」と同じだけの財政赤字政府が抱え、それと同じ額が民間資産額となる。資源以上の貨幣を発行するとインフレが起きるので、インフレターゲットまで物価が上がってきたら追加発行を止めなければならない(貨幣を発行しすぎるとインフレになるという考え方は主流派経済学と同じ)。デフレの起きている現在の状況では財政赤字が膨らむことを恐れて緊縮財政にする必要はない、だからインフレが起きるまでは財政支出しろ、というのが正しい理解である。そしてこの考え方は正しい。ただし、50年前までなら。

貨幣供給が増えればインフレした時代

昭和時代国民の大多数がマイホームマイカーローンで家計のやりくりにあえぎ、余裕がでればテレビ洗濯機冷蔵庫を買っていた。1960年(昭和35)に公務員大卒初任給12,000円の時、電気冷蔵庫は60,000円した。5倍である現代初任給20万円とすると冷蔵庫100万円する計算だ。当時は氷を使った冷蔵庫一般的だったし、洗濯タライで、掃除はホウキチリトリでおこなっており、家事を劇的に改善してくれる家電製品はみんな欲しがったのである。ご存知の通り、この時代10年で物価2倍のインフレだ。公共事業民間に金を落とし、経済が活発化し市中に出回る金が増えればインフレになったのである公共投資も、例えば道路舗装化や高速道路であれば流通効率をあげ、上下水道や団地を整備すれば人が集まって地域活性化したのだ。

お金が増えても使わない現代

現代はどうか。日銀はずいぶんと財政緩和しているがデフレが長いこと続いている。今は公共投資をするといっても、一通り需要の有りそうなところの道路舗装されていて、道路舗装しても流通効率はあがらない。既にある道路水道管補修などでは利便性に変化がないので、経済活性化には貢献しない。上下水道電気もあって当たり前の時代だ。公共投資で市中に金を落とすことで若干購買意欲を高めることはできるがそれだけでは弱い。文化的にも成熟してきてマイホームマイカーを信奉するような時代ではなくなった今、多少金銭的な余裕ができても大きな買い物などはあまりしない。製造流通効率化され、安く生活しようと思えば100円ショップやスーパー衣料品などでずいぶんと安く生活できるようになった。年金の先行きは不透明だし貯金がないと老後が不安である。このような状況では貨幣供給が増えても、その分貯蓄に回るだけで経済好転しない。

根本的な問題貧富の差

また、貧富の差は大きくなっている。戦後GHQによる財閥解体などがあったが、基本的には金持ちさらお金を儲けるために金を使うので、富めるものますます富むのである。貧するものは生きていくために悪条件でも仕事をせざるをえず、なかなか裕福になるチャンスは得られない。これは資本主義経済が抱える根本的な問題で、過去には革命敗戦などで富の再分配がされることはあったが、平和現代ではその圧力も少ない。いや戦争で殺し合いが起こるよりは遥かにマシではあるが。

過去解決

19世紀からこの問題解決策を提案していたのはドイツ人マルクスであるが、マルクスのとなえた共産主義は失敗に終わった。ソ連崩壊したし、中国私有財産を認めて経済に関しては自由商売をさせ、社会主義の名の下に共産党一党独裁体制を敷いて反抗する企業は締め上げるという独裁ぶりである。大きな組織に強い権力を持たせると、腐敗して独裁化して富と権力を独占化してしまう。理想をもって最初体制を作った時は良いかもしれないが、指導者が数回交代した後には無様なものでる。

人間が欲をもった生物である以上、これは避けられないのではないだろうか。

ベーシックインカム?

貧富の差根本問題である以上、是正するには富の再分配しかない。しかし例えば巨大企業国有化してベーシックインカムで再分配しようなんてことになると、これは失敗した共産主義後追い自殺になるのではないだろうか。国有企業競争原理がうまく働かず効率化されずに無駄が多くなったり、働いてる従業員がなぜか自分個人が偉いと勘違いして業務が怠慢になったりする。ベーシックインカムを行うための企業けが富を独占化し、そこの社員でないもの人権蹂躙されるという社会主義国家になるのではないか

財政的にはベーシックインカム可能かもしれないが、導入後50年100年経った後の日本競争力をもった国でいられるだろうか。リン鉱石ベーシックインカムをしていたナウル共和国では、国内農業漁業が衰退した後にリン鉱石が枯れて経済的に立ち行かなくなり外国からの援助に依存している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%AB#%E9%AB%98%E3%81%84%E5%A4%B1%E6%A5%AD%E7%8E%87

筆者個人としてはもういい年齢なのでベーシックインカムもらって引退したいところではあるが、未来日本が衰退して行くのは忍びない。ホリエモンベーシックインカムを導入しても、もらえる金額が今の年金より少ないのでみんな頑張って働いてもっと稼ぐよ、という意見のようである果たしてそうだろうか。彼自身はは思春期高度経済成長期を経験しているし、才能もハングリー精神もあるから成功しているんだろうが、現代若者のどれくらいの割合の人が同じように考えるのか。働かずに生きていけたら贅沢しなくていいやっていう人は昔より増えている。ベーシックインカム二世三世世代にはさら労働意欲がなくなっており、ナウルのようになってしまうのではないか

厚生年金の標準報酬月額みたいななんの生産性もないクソみたいな事務は一切なくしてベーシックインカムに一本化して、公務員生産性のない事務員の人数を減らしてもっと生産的なことに時間を割いてもらうっていうのは良いことだ。生産的なことが苦手で定形作業しかできないような人もいるが、定形作業自体はなくならないだろう。AIRPAで減ってはいくだろうが。

まとめ

不況改善するために「財政赤字を気にせず財政出動する」というのは資本主義成熟した現代では解決策にならない。財政赤字はある程度あって問題ないが、破綻したときに爆発する爆弾を抱えているようなものであり小さいに越したことはない。破綻時には財政赤字相当額の民間資産が消えるのである問題貧富の差にあり、平和的公平的な解決策は今のところない。俺はベーシックインカムが欲しいが、国の制度として導入するのは日本未来の為にならないと思う。

2019-06-15

長年ニート無職を続けてるやついる?そういうやつが家族にいる人でも

 婚姻を控えている友達から"ニート代表"として相談を受けたお話

その友達には兄(長男)がいて、彼は大学卒業就職をせず、実家寄生し10年近くひきこもり生活を続けている

以前から家族間で問題視されていたが、先延ばしされ今日に至るらしい

問題が起きたのは婚姻にあたり両家の顔合わせが行われた際である

相手側の両親が、ひきこもりの兄の存在を知り、少し怪訝な態度を示したことである

このままだと、婚姻破棄に繋がるかもしれない。この兄をどうしたら更生させることが出来るのか。というのが相談の内容である

 誰も関心はないだろうが、ニート代表として選出された私のスペック晒しておくと

大学卒業後、正社員(1年にも満たず退社)→ニート(1年ほど)→フリーター日雇い土方)→正社員(1年にも満たず退社)→ニート(1年半突入

といった典型的ダメ人間である貯金が底を尽きるのでそろそろ再起動しようと決意を固め、朝になったらすっかり忘れてる怠け者です

 まず最初提案したのは、その兄に対する両親から資金援助を断ち切ることである

しかし、キレやすく、日常的に暴力を振るうことがあるため

両親はおそらく賛同しないとのこと

甘やかされた環境生活できていて大変うらやましいのだが

友人いわく、親が高齢になり、介護必要になった際に資金問題破滅するのではないか

また、友人自身が両親だけでなく、兄の面倒も見ることになるのが納得いかないらしい

 次に提案したのはアルバイトでも構わないか定職に就かせるということ

どんな仕事でも構わないか社会に触れることで自立に向けて努力をしてもらう

しかし、親から資金援助を受けている限り、まず自力で働く気力は起きないであろう

ストレスフリーで3食タダ飯が食えて、税金関係消費税くらいしか納めてないだろうし…そりゃ天国ですわガハハハ!

少し話が脱線しますが、私のような若輩ヒキが10年ひきこもった人の気持ち理解しようと努力することは出来ても、100%理解することは出来ない

それは当事者しか理解できない問題がきっと存在するだろうから

私自身、メンタルが弱いので鬱や虚無感、自責の念に駆られて起き上がることすら出来なくなった経験は多々ある

そういう人間社会に一歩踏み出すのは相当な勇気…なんて言葉じゃ形容できない凄まじいエネルギーを要すると思う

1年半ひきこもってる私でさえ久々の会話に声が震えて、言葉がうまく出てこないのだから

10年ひきこもってる人はどうなるのだろうか。会話どころか立って歩くことすら厳しいのではないだろうか

 最期提案したのはその兄を見捨てて家を捨て家族全員で引っ越しをするということ

無理矢理にでも窮地に追い込めばハングリー精神でなんとかなるんじゃないのという投げやりな計画

どうせ長男実家相続するのだから、それを売るなりして勝手に生きていけ的なやつ

しかし10年もひきこもりを続けていれば一般常識やまともな理性、判断力が欠如しているため

自ら命を断つか、凶行に走る可能性がある

私自身とても冷たい人間だと思われるだろうが、個人的には4んでくれたほうが結果オーライな気がしなくもないが

友人としては4なれるのは困るらしい。兄弟だけに深い絆があるのだろうか。そういう優しさに彼女も惚れたのだと思う。

まり専門知識がないのでわからないが、例えば生活保護を申請した場合、結局その家族扶養義務が生じるのでは?という

問題も浮き彫りになり、明確な答えは何も見つからずに解散となった

 親が悪いのか、教育が悪いのか、生まれ育った環境が悪いのか、時代が悪いのか、怠惰当人が悪いのか

何も正解は見つからないし、もう既に手遅れなのかもしれない

中高年のひきこもりが数十万人いるというニュースがあったが

その当事者や、その家族はこのような問題にどう接しているのだろうか

掲示板では「人生詰んだナマポで生きていくお^^」みたいな発言を見かけることがあるが

数十年後には年金制度破綻するか、支給先延ばしにされるでしょうし

そんな財源が枯渇している状態現在のような生活保護が受けれるとは到底思えません

 出口の見えない問題に悩んでいたら朝になってしまったので寝ます

読み直すと支離滅裂文章になってましたが添削する気力がないです

結局なにが言いたかったんだろう。中高年ひきこもり問題について何か助言が欲しかったんだと思う

 こういうふうにニート無職から脱却した(させた)みたいな経験談や

俺、ニート無職)だけど楽しく生きてるよー!親の介護?シラネ^^

金なくなったら4ぬおー^^とか

コメントいただけるとありがたいです

投稿なので拙い文章でしたが、ここまで読んでくれた方がいらっしゃったらありがとうございます

 最後に私は2人兄妹なのですが、現在両者ともにニートです

まったく偉そうなこと言える立場じゃないんですよね…

どこかの事件のように、親に殺処分されないことを切に願います

2019-05-18

青二才学生若者全体について考えたこ

気晴らしにほとんど動かしてないTwitterアカウントを見てたら『そういうツイート』が流れてきたのでふと思ったことを書き連ねてみようと思った。

(この文章お話範囲若者になっております主語を時折つけ忘れている自分が悪いのですが…)

まず給与についてだ。

『私の給料酷いでしょ!!!』的なツイートたまーに流れてきますよね。

(ネットとはいえ他人晒して恥ずかしくないのかなと思ったことは置いといて)

実際職業によるとしか言えないけど、一定ライン以下の給与はほんとに酷そう。個人に対する正義感とか哀れみとかじゃなくて単純にこの状況は日本にとって良くないと思うし。

そして、この手の話題でいつか出てきてしまう『努力たかどうかでしょ。自己責任』という意見

環境格差理由の人も少なからずいると思いますが、Twitterには努力出来なかったことを世間のせいにする人が大勢いるので、批判傾向に傾くのはまあそうだよねって思います

親が毒親教育お金をつぎ込んでくれなかった、などの環境要素についてですが、お金と住んでいる環境に関してはどうにもならないと思う。ただ、他についてはいくらでもやりようはあるので、ハングリー精神をもって貪欲に生きていくしかないんじゃないですかね。言い訳しても共感や同情求めても現実は何も変わらないし。(自分場合親を全く信用出来なくなってただの金づる扱いしてますが。今までの行いが全てなんですけど。)

学歴どうのこうのもよく話題として出ますが、正直世間一般感覚がよく分かりません。(実際どうかは別として、2年くらい前は日東駒専Fランとか言ってましたからね…)

ただ、世の中には流れがあって、自分がやりたいことを優先するのは時には流れに逆らうこと、努力が足りないと流れに逆らわなくても流れに乗ることすら出来ない。

自分感情を隔てた上で、広い視野を持って物事を見つめたいな、と。

要は、好きなことするのもいいけど努力せずに後で社会のせいにしている人間は大嫌いです。もう少し描きたいことがあったけど、寝るべきなので。

長文失礼しました。

2019-04-19

野犬「日本人ハングリー精神が足らん

野犬「お前らは恵まれすぎてるし、甘えてるんだよ

2019-04-07

お金と気力

以前、中途で入った会社に合わなくて後先考えずに辞めたことがある。

その時はもうITはやらないと誓ったものだったがさりとてやれることなんかない。

しばらく引きこもり状態で過ごしていたがで貯金はどんどんなくっていく。

そこで当時流行っていたアフィリエイトをやろうと思った。

とはいえ最低限の準備金や軌道に乗るまでのお金必要だ。

しかITはもう絶対にやりたくなかった。

そこで路上警備員アルバイトを始めた。

しかしこれが全然収入にならない。

一ヶ月の給料12万円じゃあ家賃光熱費おしまいだ。

そこでもうしょうがいか半年だけまとまったお金を稼ぐためにとある会社エンジニアとして面接しにいった。

契約社員募集だったが正規雇用として雇ってもらい以後5年間その会社に勤めた。

在職中はとにかく頑張った。お金を稼ぐというよりその会社のものの勢いや空気マッチしていたので

知らないことでやったことがないことでも挑戦し5年間の間に月収で8万円以上昇給年収500万円ほどに到達した。

またいつしかアフィリエイトも下火になりその夢を追うことを考えなくなった。

現在フリーエンジニアとして働いているが、良かれ悪しかれかつてのようなガッツはない。

前職では頑張った反面他人対立することも多く、それが5年の間に重荷になっていたからだ。

また現在では最初から前職以上の賃金を頂いているので抜きん出る必要がなく、

逆にまわりとうまくやっていくほうが得策だったからだ。

現在は誰かと対立などはしない。が、何か気力がなくなった。

ハングリー精神のようなものが失われてしまったように思える。

自分利益は追い求めなくてはいけない。それは全てではなくても豊かさの指標ひとつであるからだ。

しか自分にとって「豊か」と感じる利益想像以上に低かったらしい。

自分にとっては高額な、しかフリーエンジニア一般ではむしろ低い金額をもらう代わりに気力が失われてしまったように思える。

2019-02-10

anond:20190210022846

え、そんな話書いてないよ。すごい決めつけられてる感じがするんだが。

まあ本人がどう思ってるかはわからんけど「だからこそ子供大学に」みたいなハングリー精神を親から感じたことはないです。

仕事勉強はよくしてたし、会社外資系になってからはなぜかフランス語が話せるようになっていたよ。行ったことないのに。笑

私が進学したのはなんとなく勉強がそこそこできて好きな科目もあって学校先生にも恵まれていたので自然とそういう流れになったからという感じ。住んでた地域がよかったかも。

本当に「親が中卒だから」みたいなことを感じたことがないから今更になって「あ、そーいやうちって親が中卒だったわ」ってびっくりしてるんだよね

2018-12-24

創作をしていると、何を作り出してもいつも何かが足りなくてモヤモヤする。

そのモヤモヤ解決するのを待っていたらいつまで経っても完成しないので、腑に落ちないまま完成させている。

後発で誰かが私の考えたアイデアに似たモノを公開して、割とウケているのを見る辺り、アイデアや発想としての方向性は恐らく間違っていないんだと思う。

多分、そのモヤモヤ解決出来る様な一手があれば、腑に落ちるし、見ている側も今以上に楽しめるようになるかもしれない。

ただ、問題なのは何が足りないのかという原因が、年単位で未だに解明出来てないという事。

色んなジャンルの物を見たりして、入力と出力をしているけど、これ解決する日くるのかな。

ただ、創作者のジレンマというか、完全に納得できる物を作れるようになってしまったら

いわゆる創作におけるハングリー精神的な物も消えてしまいそうでちょっと怖い。

納得できる物が作れる対価に、創作意欲が無くなる可能性があるって、寓話みたいでどこかの物語にありそうだな。

2018-07-29

日本の子供が暑さに弱くなった理由

anond:20180729174952 

1. 自宅でも無料施設でも交通機関でもエアコンがあって当たり前の社会になった

2. あちこちにあるコンビニでいつでも冷たい飲み物が買える 

3. 真空魔法瓶特許が切れた 

4. うさぎ跳びが禁止されケツバット体罰扱いで健康第一が正しいと洗脳されて暑さに耐えるハングリー精神を失った

2018-05-27

日本無気力意識低い人が頻発するワケ

日本の悪しき人々と言えば悪名高きゆとり系だが、ゆとり系が乞食思想が多くて民度が低いのには歴史的因果がある。2000年代にはゆとり教育が盛んだったことがヤバイ系な人間を増やし、社会から批判を集めた。ハングリー精神と程遠い恵まれているような階層民度の知れた風景は、その延長線上にあるのだ

2018-03-27

中学生自分に伝えたいこと

というハッシュタグが軽くバズっていた。間違った判断の話、合っていた決断の話、将来の配偶者との出会い話、果たせなかった告白の話、などなど。私も最近人生を振り返ることが多い。後悔は主に高校から始まっている。なまじ全入だったせいか、少し実力以上の場所に入ってしまったようで、幾つかの科目でついていけなくなった。親は家庭教師をつけようとしてくれたが、勉強が嫌いになってしまっていたので、全く受け入れらなかった。あの頃はまだ本を読むのは好きだったな。小中学校は何も勉強しなくてもクラスで3位以内をキープしていた。勉強をしていないのにできる、ことが自慢だった。授業を真面目にうけず教科書最後まで読んで、あとは適当に遊んでいた。あそこでスポイルされないよう、何かしらのフィルタをかけておくべきだったんだろうと思う。せめて中学受験とかね。親は公立派だった。いじめも幾らか受けた。隠されたり金を取られたりレベルではなかったが「気持ち悪い」「汚い」「臭い」系のもの。あれは長らくの自己評価の低さに影響しただろうし、いま過剰に自己肯定に勤しんでいることにも影響はあるだろう。加害者を恨んでも仕方ないとは思うが、子供のしたことだと許す気にはなれない。もし仮に何もかも失い自暴自棄になったとしたら、彼らの子供を害してやろうか程度の恨みはある。私が100人居たとして、もっと生き方を失敗した一人は実行に移すかもしれない。いじめなんてするもんじゃないぞ。小中学いじめと、それに対し「勉強はできるんだ、あいつらとは違う」という自負。高校階層分けされいじめがなくなったのは良かったが、勉強の自信は粉々にされた。それで大学には行かなかった。興味を持てなかった。親がもう少し上手くやってくれてればな、と思わなくはない。私の教育には失敗したと言えるかもしれない。彼らは恐らく公平であろうとした。学歴差別を利用しなかった。人間的にそれは褒められるべきことだとは思う。30過ぎても逆方向の学歴コンプレックスを抱えた人間は少なから存在する。彼らは他の部分の魅力を創り出すことに失敗してしまった。私が当時学歴差別を埋め込まれていたとして今より幸せ生活だったかは正直なんとも言えない。ただ、勉強がもう少し好きだったらと思わなくはない。いまは少し勉強をしたい気持ちがある。当時にして9割以上が大学に進学する高校から、私は専門学校に進学した。大好きだったことを仕事にしたいと思った。それ以外のことに興味はなかった。入学してからひどく後悔した。一年次、父親に「やっぱり大学に行こうかな...」と言って「今さら何言ってるんだ」と言われた。今ならもう少しうまくプレゼンできるんだけど、当時はすぐに諦めてしまった。うーん。本当に大学に興味がなかったんだよなぁ。幾つかの大学名くらいは知っていたが、ランクなんて東大くらいしか知らなかった。ランク付けとか下品だと思ってたんですよ。インターネットはあったけど、まだ2chすら無かったんじゃないかな。あと数年遅かったらインターネット的な偏見を身につけて逆に勉強してたかなぁ。わからん。後悔はあるんですよ。うーん。今からでも大学に行く? 今は勉強自体はそこまで嫌じゃないし、受験勉強くらいしてもいいような気はするけど。経済的な余裕もあるし、4年やそこら社会を休んだところで仕事が見つからなくなるような職種でもないし、手を錆びつかせるほど鈍ってないとも思ってるけど。そんなにコンプレックスが強いならそれもいいんじゃない? 専門学校はまあ、客観的にはひどい代物だったと思う。払った金額に対して授業内容は薄かった。でもまあ楽しかった。それはやりたいことだったし、3年ぶりに神童に戻れた。毎日好きなことがやれて嬉しかったし、学校課題には3倍くらいの量を提出していた。いい時期だったよね。向いてた。もっと子供の頃からやってれば良かったなと思う。中学校からこれをしてれば良かったかなぁ。まあ昔の話だ。後悔が色々とあるんですよね。まあ。取り戻していくこともできるかもしれないけど、そこまで若くもないんだよな。第二の人生がんばるぞ! みたいなことを言いたい。ハングリー精神を完全に失ってしまったし、でも今さら立場を手放せない。いままでフロンティア精神で頑張ったことはあんまりなくて、いつも受動的に追い詰められてから決めていた。今。これから自分未来をどうしていくべきか。いい年になってしまった。どうしたら。どうしていくか。どうしようか。学校は悪くないかもなぁ。日常の通う先を変えたい気持ちがある。うーん。

2018-02-19

早慶よりも狙い目!?IAMASボーイを彼氏にすべき理由

から不動の人気を博している「慶應ボーイ」と「ワセ男」。確かに良い男は多いけど、他の大学男の子はどうなの!?

実は今狙い目なのが岐阜情報科学芸術大学院大学男の子通称IAMASボーイ」。モテモテ慶應ボーイより、ガッツあるワセ男より、IAMASボーイを彼氏にする理由をご紹介します。

その1、普通じゃない人が多い

偏差値はよくわからないし、低くはない。凄いお金持ちもいるし、奨学金で生きてる極端な貧乏も。専門的な理工学知識を持っていて、その分野で一流の専門的な会話ができる男の子が多いのです。「専門家が一番」と言う言葉をよく耳にしますが、「一流」にすることは実は大変な事なのかも。

その2、挫折経験している

IAMAS生は5割が多摩美武蔵美を落ちた人たち。受験勉強では所謂挫折”を経験しているのです。挫折経験せずに全て完璧で何の苦労もなかった男の子は、自分が辛かったり挫折した時に気持ちを分かってくれません。IAMASボーイならその気持ちが痛いほどわかるはず。

その3、友達の幅が広い

IAMASボーイは母校がいっぱいあるので、他大の人とも分け隔てなく仲良くする事ができるのです。また、大学院入学する前に学部から上がってくるばかりでなく、高専から入学する人、一流企業をやめてくる人、大学院渡り歩く人等様々な人種がいるため、色々な人種友達と繋がっているのです。

その4、少しの事ではへこたれない

普通人生」という大きな壁に敗れたIAMASボーイ。それでも岐阜情報科学芸術大学院大学という知名度のない大学院入学したのだから、少しの事ではへこたれないハングリー精神の持ち主なのです。

その5、コンプレックスがあるが、それを素直に認められる

人生を踏み外した仲間が10割もいるが故、その“コンプレックス”が、“コンプレックス”にならずにもはや“合言葉”になるのだ。そして恥ずかしげもなくそれを他人に言う事ができる。嫌みっぽくないので聞いているこちらも清々しく、応援したくなるのです。

その6、女の競争率が激しくない

IAMAS理系大学院のみの大学、だから女子が少ないのです。女子より留学生の方が多いくらい。そう、IAMASボーイは女子からの熱い視線から反れたところで生息しているのです。だからこそ良い男の子ゴロゴロ余っているのです。

おわりに

いかがでしたか?今まであまり見向きもしなかったIAMASボーイに、目を向けてみてはいかが?

2018-01-26

外国同業者の人と会ったとき

先進国の人相手だと、

「こんなシュッとしたスーパーエリート時代遅れのワイが勝つのはムリや…」

って思っちゃうけど、

途上国の人だと

「こんなハングリー精神がある人に日本でのうのうとしていたワイが勝てるわけあれへん…」

ってなるのはなんでや。

2018-01-23

フリーランスメリットデメリット

IT所謂Web系でフリーランス2年半やったので所感

 

注意:

フリーランスは業種によって状況がまるで違うと思います

サンプルは自分と、今まで見てきた他のフリー約15人

 

メリット

 

デメリット

 

身も蓋もないですが地頭勝負な感じしま

うまくやってる人は大企業くらい入れそうな学歴だったり

(実は学歴だけ高くても大企業入れない人って結構いるんですよね、そういう人がフリーに多い気がします。つまり変なやつが多い。協調性ないとか)

 

報酬が高い

危機感が落ちる

最近これが割りとやばい気がしています

多い人だとそこらへんの部長職くらいもらってます

するとハングリー精神がごっそり落ちます

ハングリー精神が落ちた技術者がどうなるかは・・・

自立自生できないには危険(私はできません)

 

メリットデメリット眺めると、昔フリーターというものが出た時に目指した姿な気がしますね

とは言っても、全体的にそんなに数居ないし

平均的な人がフリーになって上手くいくとは思えないので今後も増えないでしょう

基本はやっぱり社員フリーは何か変な奴らで永遠にマイノリティです

2017-12-28

敬虔イスラム教徒日本に来る理由はなぜなのか?

煽りではなく、素朴な疑問。

日本だと、最近学生は内向きであまり留学しない、ハングリー精神が足りない、アメリカの有名大学の学部にはほとんど日本人がいないみたいな話があるじゃん

これの理由はいろいろあると思うけど、若者にとって日本がそこそこ満足できる生活が送れるからって理由があると思うんだよね。良いかいかは置いといて。

一方で、敬虔イスラム教国家、たとえばインドネシアパキスタンから日本大学留学してくる学生は多い。

敬虔イスラム教徒にとって、イスラム国家での生活生活やすいわけじゃん、当たり前だけど。

にもかかわらず、日本留学してくるってことは、なんらかの目的ハングリー精神があるわけで、国内では学べないことを学びたいだとか、国内の閉鎖的な環境が嫌だとか、そういうなんらかの先進的なというと語弊があるけど、保守的ではない考えがあるから他国留学するわけだよね。

でも、彼らの多くは日本においてもかなりイスラム文化を大切にしているところがあって、小さな問題から大きな問題まで結構衝突が起きる。

ハラールひとつ取っても、あれは食べていいもの悪いものがあるわけではなくて、屠殺の仕方から変えなきゃいけないひとつ概念なんだよね。

で、他国に来るとそういうところから説明しなきゃいけないわけだけど、なぜ彼らは日本にやって来るんだろう?

または、なぜ郷に入っては郷に従えという考えにならないんだろうか?

2017-12-23

anond:20171223000929

ですね。満たされつつあるんですよねー。満たされちゃうと、あんまり真剣に求めなくなります

でも平等とか政治的な正しさってそういうんじゃないですよね。政治的に正しいというと『もっと女性社会進出すべき』だし『男性と同じくらいに働くべき』です。いや女性が輝くっちうともっと働くべきかなー。 と、こういった事を言い続けると「私はそこまで働かなくてもいいかなー」「男性女性は違うよ」みたいな振り戻しってないかな、と。

いやー、最近女性ハングリー精神が足りないっすよね。私もそう思いますw 昔の女性もっと男女平等ガツガツ求めていたし! さぁフェミニストを見習ってみなさんもガツガツ仕事権利を求めていきましょー!

anond:20171223000026

アラフォー横田の印象では

勝間あたりの世代まではモヒカンレベルで戦わないと色々なものが勝ち取れなかった(と彼女らは思っている)

今はそこまで全身武装しなくてもある程度は既に手に入っている(ことに彼女らは気付いていないかもしれない)

まりハングリー精神の差だと解釈している

2017-12-22

anond:20171222004757

そういう環境ハングリー精神を発揮して努力して良い仕事に就くと、それに輪をかけてどんどん金持ち文化的に恵まれた人だらけな環境になって精神的にはきつくなっていくよ。マジやってらんないよ。

2017-12-16

日本外国コミュニケーション断絶

日本の文化性と精神性は明らかに外国の人に喧嘩売ってるとしか思えないですよね。いくら国民性問題だとしてもちょっとこれは理解されないんじゃないのかと。

欧米感覚でも中韓感覚でもそうだと思いますしかし、日本センスではオタク萌えヤンキー精神がアリになるんですよ。それが子どもの頃はよくわかんなかったんですが、30代になってだんだん理解できるようになりました。

日本経済大国ならイメージすぐありますが、文化大国イメージってアメリカ中国などの影響強すぎて外から見るとなぜ急に日本になるのかをまず先に噛み砕いてからじゃないとそれすっとばしても何だかよく分からいかもですね確かに理屈をすっ飛ばし精神に訴えるんですよね。「島国根性」「ヤンキー精神」の土地です。あなた外国人ならば気付きやすいですが、学校とかでもインテリが妙にマッチョイストだったり。変な意味での夢を見たがるんです。カルチャーショックもありますよ。

しろ台湾韓国の人のほうがうまくできていると思いますマッチョイストじゃないし、理屈が合って相互がそれを精神にまで受け入れられる過程文化でもよく表現されています工業製品日本よりしっかりしています

あとイメージ的に昔でいう「ハングリー精神」のようなノリが日本にはないと思います。新しい産業かに行っても妙に首を洗って待っている感じですし、だらだら残業とかしている感じ?

世代人種が違うのかも知れませんが、20年前東洋でよいイメージ人間といえば日本人でした。いつの間にか中国韓国人がそのポジションに居座ったわけですが、いつの間に替わったのだろう?その理由日本社会成熟中韓の躍進でしょうねえ。それと、長期不況日本経験たからなのではないでしょうか。

根性論外国人が一番理解に苦しむやつですね。急に想像で会話をやられてるみたいで結果が末恐ろしいです。

外国人から見ると、日本人の言っていることがわけわからないことが多くて謎だったんですが、そう考えると腑に落ちるでしょう。外国人論理の話をしていても、日本人感情として判断されてしまう。アウトプットだけ示して肝心の道のりを提示しない…などなど。数学イメージするとわかりやすいです。

でも、いずれにしても文化仕事学問もゴールではなく、途中過程を示すことにこそ価値があるわけですよ。そのへんの推し方が弱いのが日本人かなと。

あと日本各地で愛国ポルノまがいの感情論蔓延していますが、それは外国人理解できないことだから最近東北の米CMよろしくに一人よがりすぎるじゃん。自己完結感が極端すぎると思うんですよ。

ただ一言日本の○○がすごいよ!」だけ云うても、そりゃたとえば車や二輪車世界各地多数あるわけでその中で日本のそれらはどういった特徴があってさらにどういうメリットがあってその結果良いのかってのが分からないとただ「とにかく良い!」いうてもなかなかそそられませんからね。

2017-10-05

人を嫌いになった記憶が片手で足りるくらいしかなく、その嫌いという気持ちも持続しない、どうでもよくなっちゃう。

今30半ばだが職場に嫌いな人がいた記憶がない、一時的に嫌いでもすぐにどうでもよくなっちゃってた。

で、今の職場に、奇跡的に嫌いという感情を持続、どころか日々増幅させてくれるカスがいる。

そのカス今日俺の仕事の一部を鼻で笑ってきて、既に一時間以上怒りが持続している。

その怒りが今形を変えてきた。クソが鼻で笑った仕事で引くほど成果出して、「やっぱお前クソだな」「だから駄目なんだよお前は何やらせても」と心のなかで思いたいという気持ちが湧いてきて、なんか仕事やる気満々。これがハングリー精神か!これがハングリー精神みたいなものか!これ、相当な力になるな!!

見とけよクソが

2017-07-13

下手糞プロ絵師です

下手糞絵師

https://anond.hatelabo.jp/20161224005345

昔の記事らしいけどコメント込みで読んで思ったことを書く。

当方スペック

フリーランス絵描き

マイナーラノベ小説の表紙とか描いてる

最近ソシャゲ仕事多め

商業デビューから数えて10年くらい(専業になって3年)

最近の若手が上手すぎて死にそう

基本、絵描きのご馳走は評価ですよ

コメントから

pptppcpptppc 描くこと自体好きな人は描き続けて上手くなるし、上手くなれば評価されてより描きたくなるって正のスパイラルになるけど、増田のように評価原動力だと前述とは逆の負のスパイラルに陥る。「好き」は才能だよなと

出、出〜好物上手成奴〜〜〜〜www

まわりのイラストレーターを見ると絵が上手い人は評価に対して本当に貪欲だよ。

当たり前だけど世の中のニーズに合わせられる人がどんどん人気が出るし、できることも増えていく(=上達)。

逆に評価を気にしないで好きに描いている人で上手い人は私の印象ではほぼいない。

評価を気にする姿勢ってださいから、みんな表明はしないけど、気にしてない人なんて見たことない。

ていうか絵描きなんて大なり小なり絵が好きなんだから、「好きだから上手い〜」って比較できないんだよな。

絵が上手い人=絵が好きな人ではなくて、めちゃめちゃ練習した人なのよ。

そして評価って頑張る上で最強の動機なわけですよ。

絵を描くのって超大変なので、そこで褒められると舞い上がるくらい嬉しい。

私がデビューしたときも特段上手いわけでもない。

ただ、ややマイナージャンル内で相対的には描けた方だった。

その時は会社勤めだったし絵で稼ぐとか全然考えてなかったけど

仕事もらえるのってある意味で褒められるの最上級なとこあるから

そっから評価欲しくて流行りの絵をめっちゃ研究したのよね。

なんやかんやあって専業にまでなったけど、やっぱこれ普通に褒められたくて頑張ったからだと思うのです。

なので上達って単純に「好き」とかってよりも、頭使っていか流行キャッチアップするかとかも大事だったりする。

要するに仕事力ですね。

それって相対的自分に足りないものを見る力が必要なのよね。

まあ才能はあるよ。空間把握、感性、手の運動能力…が異常に高い人はいる。

ただ絵やアート世界ってすごく感性だけで見られがちだけど他の仕事とそんな変わらない。

元増田が悔しい思いをしたり褒めて貰いたいという気持ちは極めて普通

しろそういう気持ちがすごく強くてかつ勉強熱心な人間トップクリエイターになるのだと思う。

私も会社いたころは「増田さんてモチベ高くて…」って皮肉まじりで言われてたけど

フリーになって周りの作家みてると自分ハングリー精神の足りなさにビビる

もっと貪欲に描いていかないとなーとあらためて思った。

2017-07-04

ハングリー精神が無くなった人は、どうすればいいのか

ハングリー精神が無いとか言うけど

無いものは無いのだ

巷には安くて素晴らしい商品があり、フリーで楽しめるものもたくさんある

からそれなりに働けばそれなりに暮らせるのだ

 

逆に、もう少し頑張ってみたところで、努力に見合うだけの何かが得られることは稀だ

から頑張る気がなくなる

もうここから動きたくない

 

世の中がそんな感じだと思う

今発展している国だって、誰かのハングリー精神を上手く使って成長しているだけだ

ハングリー精神がもう殆どなくなってしまった日本みたいなところは、これから何を糧に前進していけば良いのだろうか

 

究極、ハングリー精神が尽きるときもいずれ来るだろう

その時人類は一体

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん