「ガツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ガツとは

2017-08-17

https://anond.hatelabo.jp/20170817111241

連中には「差別は完全な悪なんかじゃない!こんな良いところもあるんだぜ!」ってのをガツンと言ってやらなけりゃ伝わんねーんだよ

自分差別される側って設定で一発かましてやれ

電車内でのマナーの悪さ

近頃電車マナーが悪い人が多すぎる気がしています

無理やりの割り込み、満員なのにスマートフォンをいじって肩にぶつけてくる人、傘を腕にかけたままスマホに夢中になって人にガツガツぶつけてくる人。

別に満員電車自体は苦じゃないのだけれど、満員になればなるほどマナーが問われると思うんです。

スマホにばかり集中しないでまわりを見る」

「足を広げて座らない」

「車内で化粧はしない」

カバンはなるべく網棚にあげ、まわりにぶつからないよう配慮する」

匂いのきつい香水コロンは控える」

「傘は思いのほか水滴が他人にかかることがあるので気を付ける」

「狭い中で無理やり新聞を読んだり、スマホをいじらない」

こんな小学生でもわかりそうなことを

できない大人の多いこと多いこと。

特に、いい歳した中高年の方のマナーが本当にひどくて驚きます。(もちろん、中高年できちんとした方もいますが)

今朝がたですが、こんなトラブルがありました。

乗り換える乗客が多い駅にて、私の隣以外にも空きはあったはずなのに

無理やり私の隣におばさんが入ってきました。

まずびっくりしたのが足。

私の右足をぐいぐいぐいぐい左足で押してきます

びっくりした顔で見ても知らんぷり。

腹が立つからもう寝ようと思って、立ちながら静かに目を瞑りましたが

その後は肩やら腰やらで体を押してきます

逆側に避けるとそっちの人を私が押さなくてはならないなーと思い

押し返さない程度に耐えてました。

しかし、しばらくすると状態悪化

反対隣りにスペースがあるというのになぜか私の側にだけぐいぐい押してくるのは

まりに悪意があると判断し意を決して声をかけました。

すみません

するとおばさんんがイライラした声で、こっちを見ずに「はい」と言ってきたので

「押さないでもらってもいいですか?」

なるべくイライラがでないよう、落ち着いた声で言いました。

しかし驚いたことにおばさんは臆することな

「押してないわよ!混んでるからでしょ!?!?」と逆上。

揉める気もなかったので私は言い返さずまたイヤホンをして目を瞑りました。

まあさっきよりはマシになったから許そう。

そう思っていたのですがしばらくすると

すみませんけど、もっと左よってくれる!?足の踏み場がないのよ!?

と反撃に出てきました。

反対隣りに寄ればいいだけなのに、なぜこのおばさんは私の側に足を置きたいのか。

なんだか朝からこんなくだらないことで声を荒げてバカみたいと思ってしま

ついつい笑ってしまいましたが、

「笑ってんじゃないわよ…ぶつぶつ…」とお怒りの様子でした。

もともと私の立っていたところの横に無理やり入りこんだくせに

立ち位置文句つけることがおかしいとは思わないのかな。

私は一歩も動いていないのに。

その後、お互い降りる駅が一緒でしたが

向こうは威勢よく怒ったわりにそそくさと去っていきましたとさ。

なんだったんだおばさん。

たまーにこういう人いますね。なにがなんでも己の気に入る場所で気に入る空間を確保したい人。

つくづく頭がおかしい…

本当に混みあっていて、向こうがすみませんって感じで小さなスペースに身を寄せてたら

こっちも「いえいえとんでもないです」ってできる限り身を縮めるのに。

今は確かに若者がインスタ映えを考えすぎて

マナーを守らないとかそんなのよく見るし

の子は、若いやつは、っていう人の気持ちもわかります

本当に公共交通機関での中高年の方のマナーが目に余る…。

一度中高年の方に対して電車マナー講座とかやってほしいです。


回りをよく見る、譲り合いをする、人に迷惑をかけない。

もしそれでもトラブルになってしまったら、落ち着いて話す。

こんなことくらい当たり前にやってください。


先日Twitterで親子連れの方のファミレスでのマナーについて話題になっていましたが

あれも読んでて恥ずかしいくらい当たり前のことでした。

当たり前のことが当たり前でなくなってしまう、

自分さえよければいいという人が増えてしまうことが本当に怖いです。

2017-08-14

https://anond.hatelabo.jp/20170813014010

ユニット押しへの違和感というところで便乗するが、俺は星輝子というアイドルが大好きで、142sやNiGHT ENCOUNTER(しょうこうめ)も好きなのだが、小梅や幸子単体ではそんなに好きではない。

もともと音楽にはほとんど興味がなくて、ライブとかにも全く行っておらず、CDも好きなアイドルが歌っているものしか買ってないのだが、BD特典のLunatic Showは大好きだったんだよ。

音楽を語る語彙は持ち合わせていないのだが、試聴を初めて聴いた時ガツときた。歌詞も2人のために用意されてバッチリ嵌っていると思った。

で、デレステイベントがアレだったでしょ。幸子が入るのはまだ分かるけどさー。

俺は諸星きらりが大好きで、あんきらも大好きで、杏も結構好きだ。デレステあんきらのイベントやってるって知って慌てて復帰したんだが、そちらの方は満足しただけに落差が大きかった。

俺が望むものと、運営が押していきたい方向が違うのは仕方がない。仕方がないが、ガックリした。

モバマスイベントでは、集団仕事をしていても個々の会話はPと話しているものが多いのに対して、デレステユニット内での会話が多い。(ような気がする。最近はやってないし、そんなにイベントやりこんでなかったので断言できない)

からユニット押しされてそれが自分イメージと異なる場合、置いてけぼり感が強いと思うんだよ。

2017-08-12

アニメがいつもすんごく面白くて、そしてつまんない

みんながみんな面白いっていう作品は、なんか黄金比みたいなポイントあるよね。

登場キャラの設定も、いつも記号的に違うやつが5人くらいいるとか。

背景はクサナギから買ったとか、そんなの。

そういうこと一通りこなして、起承転結序破急通せば、まず面白くなる。

でもそういうしっかりと雛型守った面白い作品って、やっぱなんかつまんないじゃん。

面白いけどつまらない。

意外性がないとか、以前どっかでみたとか、もちろんそれもあるけど、それだけじゃない。

いまいちうまいこと説明できないのがもどかしいけど、なんかそういうのが、ある。


いろんな有名ラーメン屋はしごすると、どのラーメン屋特集されるくらいなんで、やっぱり全部美味しいわけじゃん。

でもラーメンラーメンしかないっつうか。

食べごたえのある麺と、入り口ガツときて完食するまで飽きの来ないスープの組み合わせが、どのラーメンにも共通する雛型であるんだけども、その形の食べ物はやっぱもうなんかつまらないっていうか。

食べ過ぎて飽きたって一言で言ってしまえばそれまでだけど。

『いや、だから、それすんごく凝っていても他の店でも出してる、いつものラーメンでしょ。』って店主に言いたいけど、それができないからお会計ときに『美味しかった。ごちそうさま。』って言っちゃう



クール毎週、きっちり放送するんじゃなくて、視聴者ユーザ無意識的に見たいと思ったときにちょうどいいアニメをすっと出してくれると、つまんない感じは消えていつも面白くなるのかもしれない。

ラーメン喰いたくなったときに喰うラーメンが一番おいしいように、アニメみたくなったときに見るアニメはつまんないという感触はきっとなく、超面白いと思う。

2017-08-08

女友達のことが多分嫌い

女友達は同い年の26歳、大学同級生CAとかアナウンサーとか、そんな女の花形的なキラキラした職に就いている。僕はこの女友達の事が多分嫌い。

彼女お嬢様育ち。名門の女子高出てて、両親も立派で家庭円満。僕も何回か会ったことがあるのだけど、その時の様子や会話の端々から大事大事に育てられたことがわかる。

恋愛経験が薄くて、ちゃんと長く付き合った男はほとんどいない。恋に恋をしてるようで、いかにもモテそうなガツガツ体育会系の男がタイプのよう。

「きゃーかっこいい」「どきどきする」と言ってそんな男に近づくもあまり相手にされず、暫くするとまた別の男の所へ。

彼女モテないわけではない。でも、恋愛スキルも無いのにレベル100の男しか近づかないから実らない。彼女はよく「自分に自信がない」と言っている。

そんな彼女は、就職して間も無く既婚の上司とイチャつくようになった。「かっこいいの」「好き」といった浮ついた言葉をたくさん聞いた。後ろめたさや後悔の言葉は一つもなかった。「私はダメ、だから既婚者にしか相手にされない」ともよく言っていた。

その上司とは色々あって疎遠になったようだが、その後も知り合った男が子持ち既婚だとわかっても尚「デートが楽しみ」「私には彼で十分」と逢瀬を楽しんだりしていた。

最近金融業バリバリ男といい感じのようだ。この男は既婚ではないが、何かと理不尽彼女を傷つけるようで、よく泣かされていた。だが付き合い自体は進んでいるようで、同棲を開始して結婚の話も出ているよう。

僕はそんな彼女の事が多分嫌いだ。不幸になることを心のどこかで望んでいる。

まれた家庭環境なのに、自信がない自信がないとうるさく、自信がないと言いつつ、男のランクは落とさない。既婚者と遊んでも、自分の楽しさや自分の自信のなさを吐露するだけで、奥さんへの罪悪感なんて微塵もない。なのに、最終的には普通に社会的に立派な男を捕まえて幸せになろうとしている。

彼女のその無邪気な振る舞いが腹立たしい。良い環境で天真爛漫に育ったのに、倫理的おかしかったり彼女に非がある事も、自分に自信がないという話にすり替え謙虚さやしおらしさを醸し出すのが最高に気持ち悪い。それを無意識にやっているのだ。気持ち悪い。気持ち悪くてついつい彼女の話を聞いてしまう。

なんでこのまま幸せになりそうなんだろう。真面目なのにイマイチ幸せになれない男友達女友達がいる中で、なんでこいつが。

自分でもなんでかわからないけど、不倫とかの話題トリガーに、彼女が嫌いだという気持ちが異常に盛り上がってしまうことがある。このまま勢いで、彼女不倫過去関係者リークしてしまいそうで怖い。

2017-08-07

日本三大疑似事実

ブサイク美人カップルは多い←大嘘

からすれば顔のレベル自分より上な男なのが当たり前なのだがそれを認めるとガツガツしてると思われるので逆にして選ばれる女を正当化

ついでに強引に美人自分を同一視して効果アップ

からすれば美男美女カップルはまったく問題ないがイケメンハードル自分の都合でもって高くすることで少しでもブサイクを増やそうという魂胆

美男醜女を認めると辛くなるので目を逸らす

ちなみに女は美人ハードルを下げない

さっきも言ったが自分美人と思っているか

2017-07-31

自分性教育を振り返ってみて

以前どこかのブログで「学校性教育を行うと保護者からクレームが来る」という話を読んだ。

その話を読んで、ふと「そう言えば自分はどういう性教育をうけたっけ?」と思い返してみた。

覚えている限りでは、性教育というものを受けたのは小学校の5年生か6年生の時だったと思う。

教室電気を消して、一台しかない少し大きめのテレビブラウン管)でビデオを見させられた。

内容は「どうやったら子供が出来るのか」みたいな、受精の一連の流れを3Dモデルを使ったもので、当たり前だがそんなエロくはない。

唯一エロかったと言えば、二つの人型モデルがお互いの股間を重ねる辺りだ。当たり前だが挿入とかそういう詳しい事は描かれていなかった、と思う。

精子は沢山あって、一つしかない卵子をめがけて泳いでいく。

つの精子卵子に入って(と表現すればいいのか?)受精が始まると他の精子はどうする事も出来ない。

みたいな、そういう内容だった。

中学に上がってからはあまり記憶がない。

というか、中学に上がってからの保健体育はストレスとの向き合い方とか、煙草麻薬の害だとか、バレーバスケと言ったスポーツルールとかしか学んでなかった気がする。

あと女子生徒は生理についてとか学ぶよね。男子は良くわからない。

高校に上がってからだろうか、漸くコンドームについて学んだ。

体育教師指名された生徒は、教科書に書いてあるコンドームや他避妊具についての内容を音読しなければならなかったのでよく覚えている。(あれは地獄だった)

読み返すと、性教育って結構あっさりとしかやってないな。

中学生の時とかほぼ性について学んでねえな。覚えてないだけかもしれないけど。

しかしそんなあっさりとした性教育しかやってないのに、それなりの性知識がある(と私は思っている)のってなんでだろう。

そう思い返すと思い当たるものが一つあった。少女コミックである

私の言う「少女コミック」は「女の子向けのちょっとエッチ漫画である

である。「ちょっとエッチ」どころか「がっつりエロい」のであるエロ同人も驚き。

少女漫画って言うと「怪○ジャンヌ」とか「こっち○いてみ○こ」みたいな直接的エロ表現が全くないイメージしかない。正確にはどうなんだろうか)

名前は伏せるが、私の読んだ少女コミックは「ローティーン向け」と言っておきながら大分過激な事を描いていた。

なんていうか…言うのも憚られるくらい大分エロかった。痴漢プレイ痴漢ではなく痴漢プレイ)とか普通にあった。異物挿入とか。

まあそういった、人に言えないその少女コミックから私が何を学んだかというと

コンドーム避妊率は100%ではない

避妊には「ピル」という薬を用いる場合もある

未成年子供を産んだ場合親権は産んだ本人ではなく、その親に親権がある

コーラ避妊は出来ない

である

一番最後の奴は、読む人によっては「なんじゃそりゃ」と思うものがあるだろう。

けどあったんだよ…昔は「中○ししても後からコーラで洗えば大丈夫」みたいな都市伝説…。

読んだ当時は小学校6年生だったと思う。

大体子供なんてのは小学校の高学年になると、男女関係なく性的ものに興味を持つ。

それが良いかいかはとりあえず置いておくとして、興味を持つとそれを知ろうと色々するのである

あるもの公園に捨ててあるエロ本を隠してあとでこっそり読んだりだとか。

父親の買ってきた雑誌なんかにあるエロい漫画をこっそり読んだりだろか。

兄弟が持ってるなんかエロそうな本を拝借してこっそり読んだりだとか。

そういうことをしてしまうのである

私もその御多分に漏れず、兄弟の持っていたその少女コミックを読み、衝撃を受けた。

私は「コンドームを付ければ妊娠しない」と思ってたし、ピルなんてものも知らなかった。

ガツガツ腰を振られても女は気持ち良くならない」

「声を出しているか気持ちいいわけでは無い。人は腹部を圧迫されると声が出る。気持ち良くなくても、苦しくても声が出る」

というのも、その漫画で知った。

あと「彼が中○しを良くするので、事後は気になって中をよく洗っている」という女性が、後々それが原因で性病にかかってしまう話とか。(内部を洗浄しすぎると雑菌を殺してくれる菌も死んでしまって免疫力が下がるとかなんとか)

今思い返しても、内容は凄いエロくて本当に未成年が読んでも良いものか悩んでしまうほど過激漫画であったが、それでも得られるものも多々あった。

多分、私の性知識の基盤になっているのは、あの少女コミックなのだろう。

と、此処まで読むと「漫画は性知識に貢献してる」だとか受け取られてしまうだろうか。

でも実際はそうじゃなくて、その読んだ漫画たまたま実際役に立つ、覚えておいて損のない知識が載っていただけであって、言ってしまえば運が良かったのである

前述したとおり、子供はある程度の歳を重ねると性的なことに興味を示す。

そして、その興味を示した段階ではまだ「正しい性知識」というものがないのである

「正しい性知識」を知らないのだから、「間違った性知識」も知らない。

たまたま目にしたそれが、誰かを傷つけるものだということに気付かないまま大人になってしま場合があるということだ。

スマホが普及して、小学生でもネットアクセスできるこの時代で、性的コンテンツ子供が全く触れないというのは正直難しいと思う。

「そういったものを見れない様に制限をかけている」という人もいるだろうけど、子供というのは何処で性的ものに触れるかわからない。

一般的には成人向けの性的コンテンツ子供が見られないようにゾーニングしているが、時々そのゾーニングを無に帰すような行為を行う人間もいる(無断転載とか…とか…)

性的コンテンツをすべて、子供の前から消す」ということは不可能なのだ

ならどうしたらいいか

先に子供に「正しい性教育」を行えばいいのだ、と私は思う。

先に正しい事を知っていれば、「知らなかった」で起こる悲劇は減るのではないか(知っていながら間違ったことをするなんて人は、もうその人の人間性なのでどうしようもない)

十年ほど前に「愛が無ければ子供は出来ないと思った」と言って妊娠してしまった学生の話を聞いたことがある。

セックス気持ちが良い」という情報だけは知っていた結果だろうか。

無知」や「勘違い」のせいで辛い想いをする人は、確実にいる。

私はたまたま偶然漫画が役に立ったが、全部が全部そうではない。

そもそもエロ漫画AVなどのフィクション性教育の教材にしてしまってはならないと思う(AV三次元だけどドラマみたいなものから…)

間違った性知識で傷ついたり傷つけたりする話は、ただただ哀しくなる。

今小さな子供を持つ親御さん、学校先生には、一度よく考えてみてほしいと思うばかりである

2017-07-30

ぴーちゃんズが小松菜食べてくれてた。

ガツガツ食べる感じじゃないけど一応ちゃんと食べてくれてた。

相変わらず感謝されてる感じもなにもないけど俺的にはわりと満足ですわ。

2017-07-24

片栗粉のとろとろが食べてるうちになくなる

あんかけものが好きだ。

天津飯天津麺、酸辣湯麺、五目あんかけ麺、麻婆麺、麻婆豆腐、かに玉、とにかくとろとろすればするほど好きだ。特に酸辣湯麺は目尻が下がる。

しかしとろみはすぐ無くなる。食べているうちにふつうさらさらスープに戻る。とろみがないの全く意味がない。自分あんかけ作っても二口までしかとろみがもたない。工夫して食べてもどうしてもなくなる。

でも、とろみがなくならないのが中国の方が経営してる個人店の中華料理屋さんのメシ。いくらガツガツもぐもぐ食べてもとろみが消えない。最後までとろんとろん。先日食べた酸辣湯麺はなんなら食べ始めから麺にスープっていうかあんからみまくつて最後までからんだまんまとろとろアツアツ…はぁ、美味しかったあの酸辣湯麺…。

あれは片栗粉ではないなにかなの?なんであんなに最後までとろんとろんになるの?

2017-07-20

年収が2/3で憧れの大企業のヒラか年収維持でITベンチャー管理職

初めまして独身エンジニアです。

最近悩んでるので相談させてください。

表題転職先を後1週間で結論さないといけないので本当に悩んでます。助けてください。

現職はそれなりの大手外資にてヒラで6年頑張ってきました。ラッキーなことにそれなりに評価もされ給料もある程度貰えましたが、如何せん外資なのでそろそろ年齢の肩たたき視野に入ってきました。

そこに元々憧れだった日系の大企業希望職種募集があったので応募してみたら採用だが年収は2/3弱くらいが社内の限界です、と言われました

悩んでいたらスカウトがあって、知ってたIT企業なので面談したら管理職でのスカウト提案していただきました。

管理職ではあるが将来の幹部候補として基本年収が今と同じ金額を維持するといわれました。

どちらも希望職種です。

自分自身憧れの大企業に勤めたい。仕事は金ばかりではないと思うんですが、さすがに年収2/3弱はモチベーションが維持できるかわかりません。

ITベンチャー管理職を選んだら、金なのかってなると思うんですが、元々マネジメント経験はしてみたかったんです。

なので少しだけITベンチャースカウトに心が動いています

でも大学友達や親戚にそのITベンチャー転職すると言うとなんで?とか馬鹿にされたりがっかりされたりするんじゃないかとも考えます

それにこの憧れ企業と一生縁がなくなるかと思うと、痛烈に嫌です。それにベンチャーガツガツやっていくより万年ヒラでもリストラほとんどない大企業にて定年までのんびりやってく方があってるんじゃないか?とも考えます

社風も大企業の方が自身にあってるとも。

現職はまた席が空いてれば帰って来ればいいよとも仰っていただけてるので(出戻り社員過去に事例がある)この際転職しようかと考えてますが、

どうしたらいいでしょうか。

自分自身ではあまりにも多くのことを考えすぎて逆にどちらに行きたいかよくわからなくなってきました

話せる範囲で友人知人にきいて回っていたら転職自体ネガティブな反応でしたが、どちらかと言うとベンチャー意見よりでした。

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719224324

ニート携帯とかPCでいろいろ炎上系の晒しリスクしってるからすり替えみたいなことはやらんと思うが。

だいたいそんなにガツガツしてるやつはニート引きこもりしてない。

戦後のどさくさをたくましく乗り切った老人のがむしろ危ないかもしれないが、その老人にしたってホームである自分生活圏内では盗むだのそういうことはやらんと思うの。どこそこの誰々って知られてるって、犯罪抑制に凄い効果があるし。

2017-07-12

あとで読む」にスターつけてくるはてなブロガーがウザすぎる

新着エントリチェックではてなブログを見つける→タイトルリード文で興味ひかれ栞タグで「後で読む」ブクマ→そのまま新着エントリチェック続行→しばらくすると「後で読む」したはてなブロガーからスターつく

これがうざい

 

何なんだあれ。あれが嫌でスターつけてきたエントリブクマ外したりする

「後で読む」にスターつけてくるようなガツガツしたブロガー記事なんてろくなもんじゃないしな

 

酷いやつだと、「あとで読む」にスターつけるだけでなく、俺のブログにまで表れて一番新しい記事スターつけたりブクマしたりしてくる。

何だこれ。お返しスターとかお返しブクマのつもりか? 俺は互助会じゃねーからそんなのいらないんだよ! 俺の記事に全く関心ないくせにブクマなんかするんじゃねーよ

 

2017-07-04

友達みたいなパートナーがほしい

実家を離れ、地方一人暮らしを始めた。ここには友達もいない、恋人もいない。

とりあえず婚活にでも行こうかなとも思ったけど、元カレとの出会い婚活パーティーあんまりよくない人だったから、いまいち乗り気になれない。

どんな人がタイプなのかなと考えたけど、考えれば考えるほど、男の外見が好きじゃないかもしれないことに気付いてしまった。

ヒゲとか。肌の質感とか。ゴワゴワの髪とか。毛深さとか。ちんちんも好きじゃない。

その点、女の子かわいいよなーーーかわいい。いい。ふわふわしてるし。すべすべだし。

ちなみに元カノも何人かいる。ので、バイ?でいいのかな?でも女の子ハグまりでいいんだけどなー。

ガツガツしてなくて、友達みたいなパートナーがほしい。

孫見せたいし子供は産みたい。ような気がする。多分。体力ある26歳ならいける気がする。

こんなふわっとしてたらだめでしょうか。

2017-07-02

http://b.hatena.ne.jp/entry/lifehack2ch.livedoor.biz/archives/51660415.html

人口比を考えれば当然の流れ。これが大昔から本来の姿。中国人特に金にガツガツしているわけでも日本人特に商売下手というわけでもない。

なわけねー。 あいつら金奪るためならなんでもやるよ。 それを商売上手というのかどうかは知らんけど。

こいつにスター付けてる奴らはもうAmazonアカウント大量乗っ取り騒動忘れたのか。

とりあえず逆張りクンは本当に迷惑

2017-06-29

社会正義進歩、発展ノタメニハ犠牲ガツキモノデース

こういう態度はさすがにどうかとは思います

https://anond.hatelabo.jp/20170629223248

2017-06-22

8時間睡眠を認めてほしい

最近睡眠負債というのがTVでも特集されて少しマシにはなったんだが

自分は8時間寝ないと体調が明らかにおかしくなってしま

1日だけならいいんだけど2日、3日と8時間以下の日が続くともうダメ

夜の8時頃とかに電池が切れたようにねむくなる

それで、俺は資格勉強している身なのだ

勉強していると知ってる家族が、勉強してるくせに8時間は寝過ぎだと怒ってくる

パフォーマンスが落ちて結局効率落ちて寝溜めすることになる

説明しても同じ。勉強中5時間睡眠ダメなのは集中してない証拠だと

TV東大生が5時間睡眠ででしたね〜とかいうからタチが悪い

頼むから世の賢い人は嘘でも8時間寝てたって言ってくれ

8時間眠ってガツンと集中してやるのが一番効率いいんだよ……寝すぎって言わないで……

2017-06-12

40歳前後管理職無能多すぎ問題

ここ数年、転職したり出向したりで何社かの組織を跨いで動くことが多かったんだけど、真面目に今の40歳前後管理職おっさん無能

管理したこともされたこともありません、マネジメントの本(根性論とかじゃない、組織論の本)も読んだこともありませんてなアホンダラが、単に当て込む人間組織に残ってないってだけの理由管理職になってる。

何が無能って、まず指示が出せない。職務分掌できない。というか自分責任が発生する行動言動ことごとくから避ける。とりあえずあやふやなこと言ってその場しのぎに甘んじる。

上司なんて、自分責任範疇他人仕事させるから金もらってるようなとこあんのに、その懐がない。上げ膳据え膳希望マザコンみたいなやつが本当多い。

で、当然組織が回らない。若手が辞める。特におっさんより能力ある若手が率先して辞める。その後を追って新人も辞める。

なんなの?40歳前後おっさんらは呪われてんの?ホント年功序列とか言ってないで、30歳あたりの活力あるやつにサッサと権限収入ガツンと充ててやったほうが、成長するって組織はかなりあるよ。

なんつーか不稔の世代だね。花だけ咲いたけど実はならないみたいな。サッサと刈り取ったほうがいいよ。生やしておいても、栄養だけ吸って枯れるだけだから

2017-06-11

社会子供を持つ人が尊敬される(た)理由はというのを考えた

 

 人間は未熟なまま生まれてくる

 それを18年くらいかけて御する

 それで性欲を残してあとの欲(睡眠欲食欲など)をまあ取り繕える程度にコントロール可能になったころ独り立ちといわれて

 結婚就職をしたりしなかったりする

 自分社会コントロールというか、社会適合努力に全精力をつかいはたして死ぬ人もいる

 結婚をして相手に性欲をぶつけて社会コントロール一助にして安定する人もいる(結婚に失敗する人もいる)

 結婚をして性欲をコントロールしながら行使して子供をつくる人もいる

子供をつくったら夫は妊娠する妻を守り、妻は妊娠子供の過労から自分の心身を守り、生まれ子供を育てねばならない

 しか妊娠すると妻はマタニティブルーになる

 子供社会性がないままうまれてくる

 時をわかたず、昼夜まんべんなく夜泣きとかメシ要求とか排便とかする

 妻は育児ブルーになる

 子供子供子供なりのコントロールに親の手があって当然と思っている

 成長するとアレがほしいのに何故買ってくれないとか、なぜこのように育てたとか、なぜ産んだとのと文句もでてくる

 これはこどもの社会性が期待できないから親がすべて(かなり高度な部分まで)代理してやっている

 

というわけで親という立場強制的に思いやりを持たされる、自分以外の社会性まで補える器量を要求され、そこまで器量を拡大される

というわけでやっぱり子供独り立ちさせるという人生の追加クエストってすごい大変。

結婚出産の追加コンテンツダウンロードするかどうかは人次第だけど

22年くらいかけてクリアしたころには社会テクニックは山ほどもってるよなあ、そりゃあ。ということを思いました。

 

警察官事件放火自衛官事件も、途中で大失敗してアンインストールしようとしてるんだけど、

奥さん育児ブルーだったのかなあ・・毎回名前連呼され状態まで詳細に報道される奥さんがかわいそうだけど

かわいそうだからといって身内への捜査が甘くなってもしょうがいか普通に発表し報道するしかないんだろうけど

正直奥さんの冥福を祈って、これ以上彼女の魂に苦しみが来ませんようにと祈るしかできない

高瀬舟だとしてなんで苦しみをわかちあった人の手で殺されねばならなかったのか、

そんなに苦しかったのか、生存コースからなにか助けられる手はなかったのかと。

聞いてみるとだれしも育児中はキレたり他人に苦しみを転嫁したりなんかするんだけど。

自分からはなかなか他人に言わないけど、

女性同士仲良くなると「実はうちはこういうズルをしてたから楽だった」って言えるもんだけど、

公務員の奥さんって名乗ってしまったらそういう話にいれてもらえなかったりするんだろうか。

 

別にズルでもないんだけどなあ。

ナマポだってなんだって使えるものならガツガツ使ったらいいのに。

電車の乗り方

自分でも電車の乗り方がどんどん悪くなってるのがわかるしエスカレートしてきてる。止められない。

私の背中に上からいかぶさるようにしてきて、ゲームしてきた、見るからADHDっぽい中学生に遭ったときは、注意してもイヤフォンで聞こえてないし、押しのけてもめげずに寄りかかってくるから、とてもイライラした。

降りるときに何かに引っかかったフリをして、

ゲーム機と彼のベルトを繋いでるコードをつかんで降りてやった。

背後でゲーム機が落ちて壊れた音がして、ADHDが騒いでる声がしたのは爽快だった。

もう何年も乗ってるけど満員電車しんどい

人の肩を肘置きにする人間、人の頭の上に腕を置いてきてガツガツ当たっても気にしない人間

正直、なるべく出来る限りやり返してる。

いつか危険な目にあったり加害者扱いされるのかなとは思うけどやめられない。(実際キチガイに絡まれたことはある)(というかもはや私もキチガイだ)

2017-06-09

さとしくんが殴る子から仇をとってくれた話

http://www.kosodateiruka.com/entry/discipline

これ読んでて思い出したけど

自分の子がよその子を叩いててもヘラヘラしてる親というのはいる。

小学生の3,4年生くらいの頃、

新田くんという普段まり遊ばない子の家で何人かで遊んだことがあった。

増田は本の好きなとろい子だったので、みんながなにかやってる遊びに入るような入らないような距離新田くんの本を読んでたと思う。

と、突然頭にガン!と強烈な痛みがあって、よくわからないま泣き出すことになった。

なんと後ろに新田くんの弟(その瞬間が初対面)が棒をもって立っていて、その棒で殴られたのだとわかった。

棒は金属っぽかったと思う。

何故殴られたのか全くわからないでいたところ飛んできた新田くんのおかあさんが言うには

「ごめんねー、おにいちゃんが叩くから誰かを叩きたがるの」というようなことだった。

子供心には事態含めて全く意味がわかなかったが、

大人になって考えれば、新田家では兄弟間で暴力連鎖が起きていて、しかも親が真面目に止めていなかったのだろう。

母親がそんなのんびりした話をしてる間も新田兄弟は謎の反応の乏しさで

謝るでも慌てるでもなくボーッとした感じに事態を眺めたりゲームに戻ろうとしたりしていた。


というところで、

一緒に遊びに来てた中で仲のよかったガキ大将のさとしくんが

「貸して」といって新田弟の棒をもぎ取り、新田弟の頭を殴り始めた。

やっぱり軽くはない棒で、殴るごとにガツガツ!と音がしていた。

新田弟は火がついたように泣き出し、新田母もちょっとお!と言いながら止めたそうにしていた。

さとしくんは新田くんのことをやるか!とにらんだものの、新田くんの態度は曖昧

弟を殴られて怒ってるようには見えなかった。

結局さとしくんと取り巻きが「かえろーぜ」と言ってお開きになった。

さとしくんにお礼をいったのかとかなんにも覚えてない。

その後さとしくんとは学校が別れるまで仲良く遊んだけど

新田くんにはあった記憶がない。

2017-06-06

経済財政諮問会議経団連のおえらいさんの声が直接ガツーンと届く仕組みになってるもんな

2017-06-04

右翼天皇国土を守る事を主目的にしているか韓国中国だけではなくロシア大使館なんかにもガツガツ抗議する。

一方ネトウヨは単に弱い者いじめがしたいだけなので韓国民進党を叩くだけでロシアの横暴は見てみぬふり、国を金で売った文字通りの売国奴安倍晋三を支持しちゃったりする。

2017-06-03

ガツガツンに」はエロい事にしか言わない

パワプロの実況の人はよく「ガツーン!」って言うよね。

何考えてるのいやらしい。

http://anond.hatelabo.jp/20170603104150

トラバのこいつ典型的馬鹿外野男で流石の俺でも笑えない

shufuo そもそも強制わいせつに至らない程度の痴漢って怪我もないし不快なだけといえばそれまで。身柄を拘束して刑事罰を科すほどの犯罪なのかと思わなくもない。交通違反程度の処分妥当なんじゃなかろうか。


誰か、今度こいつが電車乗ってる時に、エイズウイルス塗れのザーメンで手をベチョベチョにしてアナルの奥までガツガツストロークしてやって欲しい

2017-05-30

人の彼女を寝取ろうとした人間の戯言 1

あれは去年の冬、僕が22歳の時だった。大学が嫌になってしまって実家帰省していた僕は地元バイトをしたりしながら、フラフラしていた。課題もたまっていたしやるべきことが溜まっていたけれど、そう言うことから逃げるために実家に帰っていた。そして毎日毎日意味もなくバイトをする中でインターネットけが僕の癒しで、特にSNSを楽しんでいた。

そんなある日、僕の元に知らないアカウントから連絡が来た。なんでも自分高校の5つ下、17歳の後輩の女子しかったけども、プロフィール出身校など書いていない僕をどこで知ってなぜ連絡が来たのかはっきりわからなかった。けれども、とりあえず連絡を取り合って見た。

そして彼女から話を聞いていく中で、僕は驚きの事実を知った。高校の同期の非リア非モテ童貞だと思っていた友人が実はその5つ下の後輩と付き合っていた上にすでにセックスをしていたと言うことが明らかになったのだ。リア充童貞だったわけだ。ただ彼は彼女に対し自分高校時代について多くを語ろうとしなかった。だから親友である僕に彼の高校時代などについて一度話を聞いて見たいと連絡が来たのだ。

正直彼は容姿いいわけではなく、オタク権化みたいな見た目で、彼自身も非リア芸をSNSで展開していたし、それは疑うことのない事実だと思っていた。しかしそうではなかったんだ。正直裏切られたと同時に、やることやってんだな、とも思った。

高校の同期が女子高生交際している上にセックスまでしている、それだけなら同期で集まった時にみんなで話して盛り上がるゴシップの一つに過ぎなかったのかもしれない。でも話を聞いていくと同期のクズっぷりが少しずつ明らかになった。

初のセックスに関しても彼の童貞卒業、そして彼女初体験にもかかわらず全く愛がないセックスでげんなりしてそれ以来セックスはしていないと聞いたし、記念日プレゼントもなければ普段愛情表現もなくて、一方的彼女が彼に奉仕している、そういう関係だった。髪型彼氏指定する髪型強制させられていて、彼女はなぜ自分彼氏のことを好きなのか理解できないとすら言っていた。それを聞いた僕は奴隷だな、と言うのが素直な感想で、僕は義憤に駆られたけれども、どうすればいいかからなかった。そんな折、彼女から二人でカラオケにでも行って一度彼氏愚痴を聞いて欲しいとの誘いが来た。

行くべきか悩んだ末、興味本位で僕は行くことにした。

カラオケボックス彼女から話を聞くにつれ、彼女の健気さに僕は惹かれた。正直可愛かった。可愛いと言う感情は弱い生き物に対して抱く感情のそれであると以前聞いたことがあるんだが、まさにそれだ。それに僕と彼女は本当に馬が合った。本当に盛り上がって、かなり長時間カラオケボックスに居たものの全く飽きることなく、そしてカラオケにもかかわらず全く歌を歌うことなく終わった。

でもその中で、彼女と僕は盛り上がりすぎた。最初ソファの端と端に座っていた僕らは少しずつ距離が縮まっていって、いつしか隣同士になった。健気な彼女努力と、彼氏愚痴を聞いていく中で彼女努力を褒めるために彼女の頭を撫でると、彼女は甘えた声を出し始めて、一気に触れ合う面積が増えた。少しずつ彼女の息も荒くなって、彼女は「キスしよ?」と禁断の提案をして来た。

その頃僕は東京彼女が居た。でもその彼女とはただ単に互いに異性が欲しいから仕方なく繋がっていただけの、愛のない関係だった。実際実家帰省していたからといって寂しいと言う感情もなく、こまめに連絡を取り合うこともなかった。そういうある意味冷めた距離感というのが居心地が良かったのでもあるが、まあとにかくそういう関係だった。

それでも僕は彼女持ちだ。僕は迷うべきだっただろう。しかし僕は全く迷わなかった。正直に言うが全く迷うことなく、僕は彼女と唇を重ねた。彼女は小刻みに震えながら、僕と濃密なキスをした。いろんな女性キスをして来たが、今までで最高のキスだった。もう僕は止まることはできなかった。彼女の小さな体を抱きしめ、何度も何度もキスをした。

22歳にして、17歳の女子高生カラオケボックスで抱きしめ、キスをした。彼女親友恋人でもある。でも僕はもう、彼女が好きになっていた。たった数時間会っただけにもかかわらず。禁断の関係だった。もはや漫画小説かと言うレベルの話である

そして彼女も、「もし先輩に先に出会っていたら、先輩を好きになってたと思う」と言って来た。もう僕たちは停車位置を大きくオーバーランして、暴走していた。

最後彼女は「これは『共犯』だからね」と言って、互いに今日カラオケボックスで何があったかは互いの恋人に対してだけでなく、多くの関係者や友人に対しても秘密にすることを約束した。

そして僕たちは『共犯』という名の元に、互いに恋人がいるにもかかわらず、いわば「セックス抜きのセフレ」として、今後もイチャイチャして行くことにした。僕たちは互いに本命恋人いるから本気にならないようにしながらも、イチャイチャしていこうという約束だった。でも僕はすでに本気だった。しかし同時に彼女親友彼女でもある。

この感情相談するのに適切な人間はなかなかいない。高校同期の友人に相談しても手を出すことを制止されるに決まっている。そんなわかりきった綺麗事なんて僕は欲してないんだ。ただ、この複雑な状況において、この僕の走り出した熱情に対し、手を出しちゃいけないならなぜいけないのかを納得させてくれる、そう言う人間必要だった。

から僕は恋愛経験豊富な年上の知人男性にどうすべきかを聞いた。その時その人は「その女子高生を落とすしかない」と言った。その知人は僕と東京彼女の冷めた関係についても知っていたので、そこまで本気で好きになったのなら、いくところまでいくべきだと言った。そして両方を目指すのはダメだ、どっちかにしないといけないとも言われた。

僕はそれを聞いた数日後に、東京彼女に対して別れ話を提示した。色々あったけれども、互いに冷めた関係でもあったので大きく揉めることもなく、すんなりと別れた。

また同じ時期に東京飲み会に参加した時のこと。普段占いなんて気にしない僕だったけれども、飲みの席で占い勉強していると言うとある女性自分運勢を占ってもらった。すると、恋愛運はあまり良くない。そして運命の人とはまだ出会っていないと出た。ちょっと参ったな、と思いつつもその時はあまり気にしなかった。

そして実家に戻った僕は、「高校同期と彼女関係健全化を図る」という名目のもと、彼女会合を重ねた。その時の僕は同期との友情も維持しつつ、あわよくばJKと仲良くしたい、付き合いたい、そういう感情だった。ただ僕はまだ本気で彼女のことを狙っていることを明かしていないのでそこまでガツガツ行くこともなかった。

JK彼氏(そして僕の高校同期)のことをここでKと呼ぶことにする。

バイトの合間を縫って彼女の家に行ったり、カフェで待ち合わせしたりして僕は彼女愚痴を聞いたり、彼女がKにどういうことを求めているのかなどを聞いて、Kと彼女関係を取り持とうとした。とにかく僕は目的だけは真面目だったので彼女の家に行く際もマナーや態度にも最大限を気を使っていて、彼女のご両親からも認められていた。今の彼氏(K)よりも僕の方がいいんじゃないか、みたいなジョークすら言われていた。

そんな後ろ盾を得た状況だったので今思えばKに対してなかなかひどいことも言って、申し訳ないことをしたとは思う。でもあの時僕は義憤に駆られていたし、間違ったことを言ったとは思っていない。ただもう少し表現方法は色々あったかもしれないなと今反省している。

しかし僕はいずれ彼女のことを本気で好きであることを明かさねばならないとは思っていた。そして彼女もある程度察していたのか素直に自分欲求を言ってみて、と聞いてきた。だから僕は素直に彼女のことが好きであると言うこと、そして東京彼女と別れたことを説明した。彼女特に驚くことはなく、「それなら奪い取るために頑張ってみて」と、対立構造明確化させた。こうなった以上僕も男だ。やるしかない。

僕は彼女の家にしょっちゅう通った。行くのは彼女から来て欲しいと言う相談がある時だけで、僕から行きたいと言い出すことはない。もちろん目的彼女と話をしてKのどういうところが問題なのかを聞き、そしてより良いKと彼女関係の構築を目指してどこを着地点にするのかということを僕が第三者的視点から検討するという目的だった。

役人出会い系バーに行って問題になったりもしているけれど、僕の場合は本当に調査目的だった。それは事実

でもカラオケボックス燃え上がった僕と彼女関係簡単に消え去るほど弱い火ではなかった。

彼女と会うたびに僕は彼女を抱いた。とにかく抱いた。それは彼女から求めて来た。僕が先に手を出すのは良心の呵責に堪えなかったからだ。でも僕が彼女に求めていたことでもある。互いに『共犯』という名目のもと、とにかくイチャイチャした。それに僕は少なくともKよりはセックスが上手いという自信があった。実際彼女は僕とイチャイチャしてる時、ものすごく感じていた。そしてある時には一緒にホテルに泊まってイチャイチャすらした。

体の相性って存在するんだな、と思った。多分体の相性が良かったんだと思う。とにかく楽しくて、正直離れられそうになかった。

肉体関係だけじゃなく、普通に喋っていても楽しかった。しょうもないことから大事なことまで、いろんなことを話している中で僕と彼女の考えは非常に近かったし、話していて本当に楽しかった。ここまで女性と話していて楽しかったことはない。彼女は聡明で年上の僕の話にもついてきて自分なりの考えを臆することなく話すので、話していて楽しかった。女の子と話しているのではなく、一人の大人と会話している感覚だった。正直尊敬の念すら抱いた。

イマドキのJKみたいなくだらないこと、当たり障りのないことをグダグダ喋るようなタイプではなかった。例えるならPulp Fictionのミアみたいな女性だった。気まずい沈黙は嫌うけれど、それを回避するためのつまらない話も好まない。そう言う、少しめんどくさいタイプではあったけれど、考えが近かったぶん色々話しやすかった。

やがて僕は彼女とKと僕の3人で集まって話す機会を何度かセッティングし、関係改善突破口としようとした。表向き僕はレフェリーとしてその場に存在していた。その中でKは幾度となく彼女を泣かせた。僕の目の前で僕の好きになった女を泣かせるKという男が僕は憎かった。幾度となく傷つけ、そして傷つけたことへのリカバリーも十分ではなく、それがまた彼女を傷つけた。なんで、なぜ、そんなにも無神経になれるんだと。なぜわかってあげることができないんだと。本当に僕は怒りで体が震えた。

そんな状況だから僕と彼女は本当の意味で互いに好きになり始めていた。最初は僕が一方的に本気になっていただけなのに、彼女の方も本気になりかけていた。本当に幸せ時間だったし、僕は彼女のあらゆるものを欲した。

そうして僕たちは幸せイチャイチャし続けていた。でもそれと同時に僕はKと彼女関係改善のための努力も続けていて、Kは確実に良い方向へと変化し始めていた。僕は完全な悪にはなりきれなかったから、Kと僕との関係も守りたかったし、Kと彼女関係最初の対等じゃない関係を改めて改善するつもりだったし、僕と彼女関係に関してもこのまま幸せになりたいと思っていた。

しかしその3つは最初からどうあがいても両立できないものだと今ならわかる。でもあの時の僕はとにかく今Kと彼女関係マイナスになっているのでそれを僕の努力で0にまで戻してやり、その間に僕が彼女との関係で大きくプラスを稼げば彼女は確実に僕を好きになるだろうと。そしてその結果僕とKとの関係が多少冷え込んだとしても僕の努力についてKは僕に感謝するだろうし、長い付き合いだから関係が切れることはないと考えていた。それにもしKとの関係が切れたとしても彼女を手に入れることができればそれでいいとすら思っていた。

そうして僕の計画軌道に乗り始めたところで僕は年度末が迫って来て忙しくなり、東京に戻って大学職場関連の手続きなどに追われ、彼女にあまり会えなくなった。それでも僕はずっと彼女のことは好きだったし、片時も忘れることはなかった。

そして僕がつらい時期を乗り越えることができたのも、彼女のおかげだと今も思う。彼女からもらった励ましの言葉や時には彼女に叱責されたことも思い出して、そうして僕はつらい時期を乗り越えた。ただ優しくするだけなら誰にでもできる。僕のためを思って叱ってすらくれる彼女を僕は本当に心の支えにして、必死に生きた。必死だった。

僕はその頃メンタル面に問題を抱えていて、父からもそのことについてよく怒られていた中で、彼女が本当に僕のメンタル面の改善において決め手となる後押しをしてくれた。これが僕の中では本当に嬉しくて、Kも変わっただろうけども僕も変わったぞと、はっきり胸を張って言えると思っていた。

そうしていつしか冬が終わり、春になった頃。Kと彼女関係改善に関しては僕の努力によりある程度目処が立って、一時かなり冷え込んでいた二人の関係も多少回復していた。

それでも僕は絶対彼女が選ぶのは僕に違いないと信じていた。そこに根拠はない。でも僕は絶対にKよりも僕の方が彼女幸せにできると確信していた。それは内面もそうだし、就職も決まっていて収入もそこそこ確保されていて、より現実的選択肢だと自分のことを思っていたからだ。

しばらく会えなかった中で彼女3月末に久々に会うことになり、一緒に花見をしながら互いの話をする中で僕と彼女はやっぱり馬が合うなと確信したし、彼女公園であるにもかかわらず僕にすり寄ってきて、僕のことを好きだと言った。僕はほぼ勝利確信した。

そして新年度が始まり、ある程度忙しさの峠を越えて、先日僕が久々に彼女とまとまった時間話す機会を得た。と言うより彼女から話したいと言って来た。久しぶりだ。「今話しても大丈夫?」と聞いて来たので僕は少し嫌な予感がした。でも僕は大丈夫だと答えた。

内容はKと彼女と僕、3人の関係についてだった。

↓続き

http://anond.hatelabo.jp/20170530080621

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん