「軸足」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 軸足とは

2020-08-09

通りすがりの知らない古本屋に入る。店主が背を向けたまま挨拶する。暑いけどひんやりした、本の匂いと本が発する静けさの中に踏み入る。

読みたい本がたくさんあるけど、読めない。大人になってからいつも追われていて、実学仕事の本ばかり読んでいる。ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアを手にとって文章を確かめ、気になるけど読めないと思い棚に戻す。セリーヌ「夜の果ての旅」タイトルだけ知っている有名な本だ、気になるけど読めない。物語を読もうとすると、「それが何か関係があるの?」という問いかけが行間の白さを際立たせ、気が散って読めない。この物語がおまえと何か関係があるのか、どんな有意義さを持ち帰るのか、時間をかけるだけの意味があるか、そういう漠然とした圧迫感。不自由からの逃避という強い目的で、暗い思いにとらわれた時期の命綱として貪り読んだことはあった。でも、大人以前の頃のように野放図に身を預けて読む自由はもうない。この日、持ち歩いてカフェで読んでいたのも仕事に関する本だった。

本を読めない世界に迷い込み、たまに昔住んでいた本を読める世界線に顔を出す。それが本屋本屋が好きで頻繁に立ち寄るが、買わずに出ることも増えた。買わないと本屋はなくなってしまう。元々自分があるべきだったひんやりした豊かな世界線も消えてしまう。でも、買えずに本屋を出た。

本だけ読んで暮らしたいわけではないが、こんなに読めなくなるとは思わなかった。本の世界に半分くらい軸足を置ければよかった。自由に本を読めない心理状態、何に追われているのか、いまひとつ掴めない。

2020-08-07

アメコミポリコレを守っているか面白くて売れている」と主張しておいて、それはねえだろ。

いや、「アメコミポリコレを守っているから売れている。ポリコレを守ればもっと深いテーマになる。日本漫画ダメだ」と最初に主張しておいて、「アメコミ市場が衰退して苦しんでるんですが。ってことはポリコレを守るとつまないので売れねえってことだな?」と言われるのはむしろ当然では?

それを「アメコミを反ポリコレ攻撃している。不当攻撃だ」

って被害者ぶるのは何なの?

軸足スイッチヒッタービビるわ。

2020-07-29

anond:20200723033147

俺の妻は在宅でアニメーターやってる

イラストレーターとは色々状況が異なるだろうけど増田エントリ読んで業界性格的にはかなり近いものを感じた

ネットで完結するイラストと違って、アニメ会社の多くは完全デジタル化されてないので制作さんが度々動画を取りに来るのだが、それでも姿をくらましたり音信不通になるアニメーターは多いらしい

他にもクソみたいな仕事しかせずしかも締め切りは平気でやぶるなんて話はざらにある

ただまあ、これってクリエイターにはクズが多いとかそういう話ではなくて(多いけど)、やっぱ報酬が安すぎるのが糞デカ問題なんだと思うんだよな

実際妻も俺の収入がなければやっていけないか主婦業をメインにしてるわけだし

アニメーターの多くが実家暮らしの若年層だったりうちの妻と同じように扶養に入っていたりする

あるいは他の仕事に就けなくてダラダラ続けてる限界アニメーター、才能も実力もないけど業界にしがみ付く夢追い人……

報酬として出せる予算がないからそういう一軍じゃない人たちしか雇えない、使えないわけだ

逆に言うとそうじゃない人たちは出世していい金もらってたりするんだけど、

金のないアニメ会社がそんなアニメーターをそろえられるわけがない

から上記のような二流三流をかき集めるんだよな

専門上がりの若者主婦たちが無能だと言うつもりはないけど、やっぱ未熟だったり仕事に完全に軸足がおけなかったりでクオリティは下がるよな

クリエイターじゃなくたってどこでもそうじゃん?

安い金しか出せなけりゃ、「まともな人」ってなかなか雇えないよ

そういう安い人材を使っておいて「人材がひどい!」は通らないんだって

2020-07-16

anond:20200716012131

サカナクション全然儲かってなさそうな反面、t-ace年収2億〜3億って話を聞くと、つくづくどこに軸足を置いて活動するのかって大事なんやなと思った

2020-07-08

コロナうんちすぎる

なんなんだテメエはよ やる気あんのか?

まだ新型だからって社会をナメてんじゃないよ

アメリカではやる気出してアジアではすげえ手抜き ゴミみたいな仕事しかしない そんな姿勢でやっていけると思ってんのか?

しかもだよ お前中国まれだったんじゃねえのかよ なんでアメリカヨーロッパ軸足移そうとしてるわけ?愛国心カケラもねえな まず母国中国、次に東アジア、でアジア全体に手をかけてはじめて欧米視野に入れる そういう流れをとるのが礼儀ってもんだよ

もしかしてレイシストなのか?キレイ白人さんとじゃないとやる気でませーん、ってか?ふざけんじゃねえよ そんなんだと干されるぞマジで

ちょっと見直しかけてたんだけどなあ、お前のこと… 100人超え連発でさ、日本で楽しくやってたころのお前の姿を思い出してたんだぜ

それが70人! ホントにやる気ないんだなあ

がっかりだよ このクソレイシストゴミカスウイルス お前欧米通用しなくなってからアジアに戻ろうなんて思ってるのかもしれないけどそれは甘いからな

早く戻ってこいよ 俺はファンなんだぜ…

2020-06-18

大阪在住の俺が維新を振り返ってみる

当方30歳、2008年専門学校入学を機に単身、大阪に住んでかれこれ12年。

選挙権を得てから懇々と維新に入れ続けた経緯を振り返ってみようと思う。

少し記憶曖昧な部分もあるかもだけど許して欲しい。



一番印象深いのは2011年市長選と府長選でここで自民民主が立てた平松さんを破る事になるんだけどもそこに至るまでが重要2011年って

自民麻生政権政治不信で倒れたと思えば、民主があまりにもパッパラパーな動きをして、今よりも政治不信が凄かった時期だったのね。

そういう意味では時流が良かったのかも知れない。ただ、やっぱりそれだけの理由やどっかの的外れ記事で書かれたメディアの力だけで橋本さんを選ぶようなアホな府民でもない。

から知名度があった、というのはあったかも知れないけど茶髪だったり、正直とてもいい印象があったかと言われればNOだった。

けどまぁ、時を同じくして芸人そのまんま東県知事やってたからまぁ大阪への思いが本物やったら信頼できるんちゃうかと、耳を傾ける態勢自体にはなってたと思う。



で、橋本さんは今のご時世には珍しい割りと明瞭に意見を言う人で、素人にわかやす説明する事にたけていたと思う。

やしきたかじんがうんたらってのはぶっちゃけ誰も気にしてなくて、この人は何を目的にして、何を変えたいのか、そのためにはどうしたらいいのかの3点が凄くしっかりしていたし、それに反論する人達にも

1つ1つ返り討ちにしていた印象がとても強い(当時20前半だけどSNS含めて記者返り討ちにしたり討論でボコボコにしてた印象が強い)。

これが正しいのか悪いのか結局、二重行政解消が今でもなされてない府民としては今でも測りかねる所もあったけど、求めていたのはフラフラ意見を変えるような甘っちょろい

政治家じゃなくて軸足がしっかりと意見を貫ける政治家だったと思う。そういう意味では今の吉村知事維新性質が見えてると思う。



これは後でも後述するし、ある意味維新が衰退する原因にもなるんだけど目的二重行政解消ってのが府民維新に入れる地合いになっていったと思ってる。

ビビるぐらい借金があって弁天町のオーク周辺とかまぁ見渡せば、なんやこれ?そらこんなんしてたら借金だらけにもなるがな。みたいなのが住んでてもわかるぐらいひどかったのね。

にもかかわらずドエライ年収バス運転手が居たり、そういうのを民間並みに戻して借金も減らしたいとか、府民としても肌感でそりゃ、今すぐやるべきやろって指針が多かった。

そういうのも含めて大阪府民はどんどん、維新に票を入れる地合いを手に入れていったんだと思ってる。

そんなこんなで、借金だらけでもそれを維持しようとする平松陣営VS大阪のために動く維新みたいな構図に気が付けばなっていた。

なっていた?というより平松陣営橋本さんを上回る明瞭な反論がなくてそう見えちゃったともいえるかも。



じゃあ、なんで維新がそこから衰退したのか。

個人的な部分としては二重行政解消を含めて都構想を言い出した当たりから、わかりづらくなったんだと思う。

上述したように二重行政解消は府民としての肌感で無駄が無くなる事はわかりやすいんだけど、都構想になったら!ってのがピンとこなかった。

そんな無駄な事せんと早く、解消してくれや、オプションを足さないでくれ、みたいな。

ここが分水嶺になって維新の勢いにかげりを見せたと思うんだけど、じゃあ自民民主が建てた候補者が良いのか?と言われるとそれもピンとこない。

そもそも、こいつら本当に大阪の事、考えてるんかって思った時の比較対象大阪を思って明瞭に意見を言う橋本さんが脳に焼き付いてて、その意見が本当にいいか、よりも

自分が腹を切ってでもやり切れる候補者かの値踏みを府民は延々としているのだと思う。だから今でも、少なくとも俺は維新に票を入れているんだと思うのよね。



ちなみにこんな感じだから大阪以外の地域維新の票が伸びるなんざ思っちゃないです。あくまでも大阪を良くしてほしいからってだけだし、自民民主ゆるふわ指針より

ダメだったら身を引くといって本当に引いた橋本さんが率いた維新の方がまだマシかって感じで入れてるんだと思う(特に2015年以降)

これは維新に熱心な方には悪いけど、結局大阪も全国で生まれてた入れる所ないか自民かな?の維新版が出来上がってるに過ぎないのかも知れない。

今の維新も昔程、革新性はないけど、されとて悪くなったって事も聞かないからね。コロナ対応吉村さんが大阪の事を思って行動してくれててやっぱり維新でよかったなとは思ってるけど。

ただ、やっぱり俺が大阪以外に住んでたら不満がなければ安定した政権の建てた候補の方に入れると思うのでやっぱり維新ローカルでそれ以上も以下も無いよねって思うよ。

2020-06-08

anond:20200607213322

Vtuberのメインであるしゃべりが面白くないと思ってるなら、そもそもなんで数か月もVtuberに熱中したの?

1本あたり一時間とか二時間とかの中身のないだらだらとした雑談とか下手くそゲーム実況で埋め尽くされている

好みの問題から元増田があのトークや実況、歌系なら歌唱力レベルが低いと思ってももちろんいいけどさ。

今のところしゃべりが生配信Vtuberのメイン作品であり、多くの視聴者楽しい評価してる部分なわけじゃん。

(厳密にはしゃべり単体ではなく、コミュニティ雰囲気作り、配信時間調整など様々な要素の総合だが)

その中核コンテンツをつまらんと思ってるなら、あとは派手にやろうが地味にやろうが、儲けようがノーギャラでやろうが否定言葉しか出てこないだろ。

「つまらん物でお祭り騒ぎしてくだらない」or「つまらなさに見合った貧乏くささでくだらない」になるだけ。

なので元増田ほとんどの批判は真面目に受け取るに値しない。

ロック音楽嫌いな奴が、ロック音楽価値がないってとこを前提に音楽産業を狂騒だの虚業だの言ってるようなもんだからな。



ただし、歌ってみたゲーム実況トーク企画に多い人気テレビ番組パロディなど、「借り物文化」的であるという指摘は一理ある。

これはネットでのオタク表現全般が、同人的な、やる側も見る側もごっこ遊びをして楽しむ文脈と地続きだからでもあるんだけど。

この借り物性・ごっこ遊び性とどう向き合うかは、各バーチャル企業にも、個人にも問われている。

歌であれば、オリ曲に軸足を移していけばいいからわかりやすい。

その活動2018年から既にあるし、2019年から多くのVtuberますます加速している。

名大手だけでも、KMNZ、キズナアイ、ミソシタ、ヒメヒナにじさんじはフルオリジナルアルバムを出している。

ホロライブアイドル部もオリジナル曲を出している。周防パトラや、エルセとさめのぽきなどは作詞作曲自分でやっている。

その進みが遅い、まだライブでオリ曲半分いくかどうかじゃんって言うならまだしも、ライブ全般歌ってみただけだろってのは本当に観測しての批判か?

いっぽうゲーム実況や、バラエティ企画については難しい。

法的には、ゲーム権利者との関係クリアにすればいい。にじさんじ任天堂包括契約を結んだのは、つい先週のニュースだ。

企画パクリは法的にはまあ問題ないだろう。

だが、客商売ゆえの客に与える印象としては別の話だ。

それに上でオリジナル曲志向が加速しているとは言ったが、それでも現状、彼らがYoutube上で発表する曲は歌ってみたが多いというのは間違いない。

借り物であることへの自覚はあったほうがいいのか? リスペクト含羞謙虚さを見せた方がいいのか? 卑屈なくらいがいいのか? ゲーム企画オリジナル性を重視した方がいいのか? 借り物なことを一切気にせずやった方がいいのか?

その答えは、今後誰が人気になって稼げたか、人気や稼ぎとは関係なく長い目で見て幸福になれたかという結果でだけ、語れるものだろう。

2020-06-03

anond:20200603111458

チー牛とかいネットミームを気にして生きるとか、人生軸足現実にあったら発生しないのでセーフ

2020-04-15

anond:20200415074640

Github Actionsというビルドとかをサーバー自動でやってくれるサービスがあって、それを月2000分まで借りれる。

Github基本無料だけど、Actionsは上限超えたら金払ってね」というビジネスモデル軸足を移すのだと思う。

2020-04-09

相変わらずモーニングショーコメンテーター席って

弱者の味方」に対しては批難しにくいという立ち位置を最大限に活かして、言いたいこと言いまくってるね。

問題なのは多面的考察が足りないのでバランスが悪いというのと、あくまで「(ぼくの考える)弱者」なのでこれまた偏っている。

更に困ったことに、意見軸足結構コロコロ変わるので、コメンテーター個人個人を見てると一貫性のなさに混乱する。

玉川氏はずっと変だけど、白鴎大学先生も、最初の頃はまともな部類かと思っていたのだけど、最近は疲れているのか変な具合になってきているし。

とりあえず最近だと、政府批判をしつつ国家は口出しするな監視するな、と声高に叫ぶ一方で、ロックダウンから呼び込まれ国家による制限)を推奨するような発言をするという。普段から視聴者を煽って政府の足を引っ張っているくせに、変なところで頼るんだよね。

ちなみに、番組自体ネットだと叩かれてるのは承知しているけど、聞き流す分には比較的マシだと思っていつもつけてる(誤報含め)。

話はちょっとズレるけど、

が、どうも被っているように見えるんだよね。

2020-03-25

もう限界

ウィークデーのストレスの溜まる地方勤務から週末は東京に帰って楽しむを続けてきたが。


今の仕事内容も嫌気がさしていたところに、コロナ騒ぎ。

最近東京に帰っても必要以外は家に引きこもること多し。

東京の自宅はネット回線があるし、気候も厳しくない、風呂もお湯を入れた湯舟で体を休めるのが手間にならない分、引きこもるにもまだマシ。


で、ここで休みの日だけ規制か。


となると、平日の住処も東京ならば平日の帰りに済ませられた用事をどうにかするしかない。


なんか、今の仕事頑張るのも馬鹿らしくなってきた。事実、それで半期ごとの業績面談の時に将来の希望を言う権利行使して異動希望を出しつつ、会社から帰れば転職活動もしてるけど。


移動希望もどうやら通らなかったし、やっぱ転職活動軸足移すしかないな…


合わない土地にいるのもも限界だ…

精神的にキツくなってコロナに限らず病気になるよりは今を脱却する努力しかいか

2020-03-12

anond:20200311165317

広告」は確かに文化アートと捉えられる側面がある。一方で、経済活動のなかで合理的になっていくのは当然。

未だ「広告」は顧客要求を超える連続的な成長をとげるかもしれない。ミリ単位のこだわりにより、従来の「広告」どんなに正しく素晴らしい成果を残したとしても、やはり衰退していく道しかない。Web広告的な存在によって。

かつてコダックディジタルカメラ自身が開発したのにも関わらず、アナログフィルム研究開発に軸足をおいたままだった。

イノベーションのジレンマよろしくWeb広告」は自身を殺すことだとちゃんと知っている増田でさえも、従来の「広告」に軸を置きたいということは、ある種必然なのかもしれない。

その衰退の過程もある種の文化なんだろうと思う。

2020-03-08

上昌広医師同級生だが

身バレするから増田で。

上昌広氏とは中・高と同級生で、今でもフェイスブックでは友人登録されてるが、最近上氏がフルボッコになってる。どうしてこうなった

中・高時代は成績はまあ優秀で、歴史好きで、剣道にのめり込んでた印象だが、「一番優秀だったかどうか」だと、もっと優秀なのが沢山いた学年だった。高校2年の時に(高校3年の)駿台模試受けて全国トップになったO氏とか。

ただ、51歳になった今、この学年(200人超)で一番の有名人?は、やはり上氏だろうな。オウム逮捕されて別の意味で有名になった奴もいるが。

自分卒業以降、上氏の動向を気にしてなかったですが、動向を気にし出したのは、同級生から「上氏が本を出すらしい」と聞いたから。「復興現場から動き出す」という本で、上氏が福島相馬をキッカケに医学研究から医療政策」に軸足を移すことになった書籍

その頃から、上氏の著作発言を気にするようにしてるが、氏の持論が「医療崩壊する」「特に首都圏ヤバい」「他方、西日本は不必要医大が多すぎる」という話。氏の持論は、明治政府歴史医療政策経緯が、現代に尾を引いてるという話で、この辺は中・高時代歴史好きだった影響もあるんだろうな、と。

あと、「復興現場から動き出す」の中でも、上氏と当時の民主党政権幹部との繋りの深さが伺える。仙石氏とか。

から、今の安倍政権コロナ対策について、いろいろ批判したがるのも「さもありなん」と感じる次第。

まあ、医学生の中でも、「クセのある人物」と思われてるようだから、今回みたくフルボッコになるのも半ば予想できたところで、まあ元同級生として、一応増田から応援」しとく。

2020-03-06

その仕事を愛せというが

そもそも改善提案をしても鼻で笑うような仕事なんて愛せるはずもあるか。

勉強すれば興味が出るかもしれない、努力しようなんて段階は過ぎた。

結果の見えない努力を延々続けていけるほど年齢も若くはなくなった。

仕事に来て感じるのは、絶望感。

春の人事異動希望が通らないのであれば、すでに始めてる転職活動軸足を移す他ない。

ずっといるつもりのように働き、明日辞めるつもりのような転職活動は楽じゃないけどね。

(追記)

注目のところに上がってしまって少し驚き。

業務上守秘義務を破ったり、身バレを避けるためにボカさないといけないけど、それにも関わらずすごく参考になるのコメントがついたのは驚き。

全力で出来る分の仕事はしてる。当たり前だけど。

いいとこが見つかるまでは今のところで働かないと食い扶持がないのでそうする他ない。

面従腹背 が一番近いのかもしれない。

そして、不景気仕事かなくなるという指摘はまさに恐れているところ。採用窓口閉まると辛い。

改善については内容を書くと身バレに繋がるのでやめるが、出した内容をコスト度外視だと言うなら、あの仕事が私にする期待値と、私があの仕事にする期待値の解離が著しく、仕事の側が折れることはなく、私が折れたところで非効率ストレスも変わらず。

そんな仕事をしてる自分を愛せるかって話も出かねない。

今ですら社外での各種趣味活動のために金稼いでるになりつつあるというのに。

そうなると俄然、異動希望が通らなければ転職にならざるを得ないのが現実の厳しさ。

2020-01-30

20年前の旧司法試験受験生がいまさら行政書士試験を受けてみた (前編)

この文章は、20年ちかく前に、旧司法試験択一だけは3年連続合格した、今は40過ぎの俺が、4か月ほど勉強して令和元年の行政書士試験合格するまでの軌跡を書いたものだ。

こういう、『ある程度法律知識があるから学者とは違うんだけど、かといってベテラン行政書士受験生でもない』微妙位置づけの人も、世の中にはたくさんいるんではなかろうかと思ったんだ。それで、そういう人たちのお役に立てればと思って書いた次第。

最初に――俺はサラリーマンなんだけど――なんで急に行政書士試験を受けることになったのかについて書いておく。俺は副業で色々なコンサル業務をやってるわけ。んで、だんだん行政書士の独占業務範疇にある仕事に足を踏み入れる可能性が出てきたので、いちおう今時点で合格だけはしておきたかったんだ。そういう理由

20年ちかく前にもう少し勉強を続けていれば旧司法試験合格たかも? とか思う日がないでもないけど、あの頃はけっこう気持ちが行き詰ってた。だって、毎晩、大学卒業できない夢ばかり見てたんだぜ? 実際は大学なんて普通に卒業できてたのにだよ? この夢が意味することって明らかだし、やっぱりまともな状況とはいえないよね。それにその数年前からロースクールが始まって、旧司法試験合格枠が激減するというアナウンスも出始めてたんだ。

から試験人生をかけていくのはちょっとリスクとして耐えらないと思い始めた。そんな矢先、けっこう良い職場からお声がかかったから、司法試験勉強はすっぱりやめた。司法試験勉強をすっぱりやめたといっても、俺のサラリーマンとしての業務法務軸足を置いているので、完全に20年も法律から離れてたわけじゃない。でも、もっぱら仕事使用するのは知財法ばかりなんだけどね。

そして、知らない人のために書いておくと、俺が受験していた当時の旧司法試験の科目は以下の通り。

択一試験: 憲法民法刑法

論文試験: 上記3科目+商法民訴法・刑訴法

一方、今の行政書士試験の科目は以下の通り。

憲法行政法民法商法基礎法学行政書士業務に関する一般知識

まりは、憲法民法商法・基礎法学が旧司法試験と重なってるわけ。『基礎法学』は科目としては旧司法試験存在しないけど、重なっているどころか、旧司法試験勉強していた奴にとっては、行政書士試験プロパーよりはるかに楽勝だ。行政書士試験プロパーだと、基礎法学は時々まるで意味不明だろうし、対策範囲もわけわからないと思う。でも、旧司法試験を受けた人間にしてみれば、全然けがからない問題はまずないと思うよ。ほら、急に模試で「弁論主義」とか「処分主義」とか言われても、「はいはい訴訟法でやったねー」ってなるでしょ。

準備する 6月24日

というわけで、俺が行政書士試験勉強を始めたのは、手元のメモによると、2019年6月24日だ。試験日が2019年11月10日から、150日間くらい勉強できる日はあったんだけど、途中、2週間ほど海外旅行に行ってたから、実際は126日間勉強可能だったと言える。毎日勉強してたわけじゃないけど、まあそんな感じで勉強を開始した。

2019年6月24日に何をしたのかはよく覚えてる。

新宿ブックファーストで以下の2冊を買ったんだ。

『うかる! 行政書士 総合テキスト

https://amzn.to/37mxhgR

『うかる! 行政書士 総合問題集』

https://amzn.to/38JGVKa

行政書士テキストはたくさん出ているけど、どの会社もその根幹にあるのは「総合テキスト」と「過去問を中心とした問題集」だ。主要な会社はどこも似たような本を出してる。俺は旧司法試験時代伊藤塾の印象がまあまあ良かったので、伊藤塾のものにした。当時のイメージは、授業もテキストも、「WセミナーLEC玉石混交」「伊藤塾ベストもないけどひどいものもない、どれもそこそこ良い」だったっけな。あくま主観だけど。

次に、その足でフェデックス キンコーズに行って、二冊とも断裁して、翌日に会社プリンターで全部pdf化した。分厚いテキストを持ち歩くのはいやだったし、pdf化してしまえば仕事中にもデスクトップ勉強できるからね。

それから総合テキストと、それに対応する問題集の問題を順番に並べていった。例えば、テキストの「国会」部分のあとに、問題集の「国会」部分を挿入するといった感じ。あと、なんとなく直感的に問題量が少ない気がしたので、以下の伊藤塾のページから問題を全部ダウンロードして、該当箇所に挿入した。無料だし。

https://www.itojuku.co.jp/shiken/gyosei/feature/ukarugyouseisp.html

https://www.itojuku.co.jp/shiken/gyosei/feature/mgmondai.html

科目別に勉強方針を立てる

次に、テキスト過去問をぺらぺら眺めながら科目別に方針を考えた。以下のような感じ。

憲法

司法試験択一試験憲法は、本番も模試もだいたいいつも16点から18点(20点満点ね)くらいだったから、まあ自信はあった。でも、さすがに20勉強してないと色々なことを忘れてる。特に択一試験しか出ないような部分はさっぱりだ。統治の条文知識とか。ほら、内閣はこれをして、内閣総理大臣はそれをして、天皇はあれをするとかそういうの。でも、行政書士試験テキスト過去問を見る限り、憲法はけっこう楽そうだなあとは思った。テキストを数回読んで記憶喚起して、あとは条文を数回読めばいけそうだな、あとは判例をどこまで確認するかだな、とまずは考えた。

行政法

行政書士試験の点数配分を見ると、行政法が圧倒的に重要だとわかった。なにしろ行政書士試験300点満点中、行政法は112点満点だから、全体の三分の一を占めてるわけだ。にもかかわらず、行政法はまるっきり勉強したことがない。大学でも独学でも。ということは、合格には行政法勉強キモになるのはわかりきっていたんだけど、どういう法律なのかすら知らないので、とにかく勉強時間の半分以上を行政法に割こうと思った。

民法

司法試験択一試験民法は、本番も模試もだいたいいつも17から20点(20点満点ね)くらいだったから、まあ自信はあった。憲法と同じで、改めて勉強しないと色々と忘れていることは多かったけど。これもテキトーテキスト問題集を何周かまわしたら大丈夫だろうと踏んだ。

商法

司法試験論文では、商法はさほど得意ではなかった。それに、俺が勉強をやめたあとに会社法は大改正があって、まったく知らない概念がたくさん登場していることもわかった。だって、俺が勉強してた頃には「合同会社」すら存在しなかったからね。会社法はとりわけ機関のあたりに知らないことが増えてた。会計参与とか。誰だそれ。一方で、行政書士試験における商法の占める割合は超低い。商法に本気で取り掛かるくらいなら、その時間行政法にまわしたほうが良さそうだけど、どうなんだろうと迷った。そんなわけで、初期の段階では商法にどれだけ付き合うかは決めあぐね、とりあえず保留にした。

・基礎法学

内容もテキストの量も薄くてほっとするわー。まあ大丈夫だろう、という感想

行政書士業務に関する一般知識

行政書士試験一般知識単独での足切りがある。40%以上正解しないと、他の科目が満点でも落ちる。ということで、俺の中では行政法の次に一般知識を要注意科目と認定した。

とりあえず勉強を開始する 6月26日8月6日

まずは、総合テキスト問題集が混然一体となったテキスト(要するに俺がpdfで並べたやつね。以降は単に「pdfテキスト」と書く)を頭から読んだり解いたりして行った。当時のメモを読むと、2019年6月26日から勉強を開始して、2019年8月6日に1周目が終わっている。よくわからないところで立ち止まらずにどんどん進むのがコツだと思ってる。

さて、この時点での各科目の感想は以下の通り。

憲法

とにかく懐かしい。すべてがセピア色だ。マクリーン事件! 三菱樹脂事件! いやあ、あの頃は本当に勉強がつらかったなあ。

行政法

難しくはないんだけど、とにかくつまらん科目だなあ。pdfテキストを繰り返しやって、最後は条文素読かな。

民法

懐かしいなあ。久しぶりに民法をやると、得意だった箇所・不得意だった箇所があらわになるなー。今でも法定地上権とか全く問題なくわかるし、連帯債務連帯保証のあたりが大得意だったのを思い出したわ。逆に、意外なくらい意思表示のあたりがあやふやになってる。テキストだと初めのほうだし、当時は得意だって気がしてたんだけどなあ。

商法

機関を除けば、株式会社についてはだいたいわかる。でも、ほんと機関意味不明だ。あと、会社法はクソほど条文が多いわけだけど、行政書士試験テキストが薄いぜ。こんなんで大丈夫なのか。でも、商法を極めるほどの時間意味もなさそうだぞ。

・基礎法学

いや、ほんとホッとする。コーヒーブレイク扱い。

行政書士業務に関する一般知識

ほう。こりゃあ、どうしたもんかな。とにかく「文章理解」を間違う可能性は極めて低そうだ。あとは、「情報通信」と「個人情報保護法」はある程度やる必要があるのかな、どうなんだろう。「政治」はそんなに他の受験生に劣るとは思えない。「経済」は個人的にもともとけっこうわかる。「社会」はどうだろう。んー。

対策方法がわからないので、色々とネットで調べた結果、以下の2冊を買って、夏休み海外旅行中の飛行機の中で読むことにした。

改訂第3版 センター試験 現代社会の点数が面白いほどとれる本」

https://amzn.to/35VQLHP

日経キーワード 2020-2021」

https://amzn.to/2SpQWr9

※実際に読んだのは2019-2020

ひたすらpdfテキストをまわす日々 8月7日9月13日

8月の中ごろに2週間ばかり海外旅行に行っていた。旅行中は機内で「改訂第3版 センター試験 現代社会の点数が面白いほどとれる本」と「日経キーワード 2020-2021」を1度ずつ通読した。日本にいる間は、行政法を中心にpdfテキストを回していた。

手元のメモによると、9月13日までに、行政法は4周してる。憲法は3周。一般知識2周。あとの科目はこの期間は何もやっていない。

1回目の模試を受ける 9月14日

9月14日伊藤塾の「行政書士 公開模擬試験 中間模試」を受けてみた。試験時間は3時間。俺は2時間で終えて途中退席して結果は188点。本番の合格点は180点だから合格点はクリアした。一般知識足切りされない程度には点数が取れていた。

この時点の進捗に関する感覚は、圧倒的に完成からはほど遠かった。それなのにあっさりと合格点が出てしまって、少し切迫感がうせたしホッとした。あとから気づくわけだけど、このとき模試はけっこう難易度が低かったと思う。そんなこととはつゆ知らず、「この調子勉強を進めていけば全く問題なく合格する。行政法の完成度が今時点で30%って気がするから、ここを上げていけば大丈夫そう」とこのときの俺は考えた。

でも、この見通しはけっこう甘かったと後で気づく。

うそう、このとき模試も全てpdf化して、pdfテキストの該当箇所に差し込んだ。

ひたすらpdfテキストをまわす日々 9月14日10月18日

手元のメモによると、この期間はほとんどpdfテキスト行政法だけをやっていた。具体的には2周。つまり、この時点で行政法に関しては計6周やったことになる。

2回目の模試を受ける 10月19日

10月19日伊藤塾の「行政書士 公開模擬試験 最終模試」を受けた。俺は2時間15分で終えて途中退席して点数は180点。喫茶ルノアール自己採点をしながら、俺は状況のまずさにおののいた。1回目の模試よりも行政法勉強はだいぶ進んだにもかかわらず、その行政法の点数が伸びるわけでもなく、全体としては合格ジャストの180点しか取れなかった。

このときようやく気付いたのだけど、1回目の模試ときは、まだぜんぜん勉強が進んでいなかったので、元々持っている自分リーガルマインドに頼って直感勝負していたようだ。ところが2回目の模試では、勉強が多少進んだため、直感ではなく、新たに手に入れたあやふや行政書士試験知識で解いた結果、勉強は進んだのに中途半端すぎてかえって間違いを増やした気がする。

ともかく、作戦を練り直すことが必要だった。

それでまあ、各科目について以下のことを考えた。

憲法

憲法とき時間を多くは使えない。pdfテキストを無理のない範囲でやり、条文素読(1条から8条まで。それから統治は全部。他はいさら読まない)をしておけば、試験日までには状態は整うと考えた。

行政法

行政法についてはずっと勉強し続けているわけだから、引き続きpdfテキストを繰り返しやって、最後こちらも条文素読だな。素読対象は、行政手続法行政代執行法行政不服審査法行政事件訴訟法国家賠償法だ。地方自治法素読は要らん! というか地方自治法に条文レベルで付き合っていられるほど時間的余裕がない!

民法

pdfテキストちゃんともう数回まわそう。そうすれば行政書士試験レベル問題で間違うことはそうそうないはず。

商法

いまさら真面目に突き詰めるほど時間を割けないので、pdfテキストを流しながら、あとは俺が全然わかってない機関だけやっておこう。

・基礎法学

pdfテキストさらっと回そう。

行政書士業務に関する一般知識

文章理解」は過去問模試問題含め、一切やらない。どうせ解けるから

政治」「経済」「社会」「情報通信」はpdfテキストをまわすだけ。

個人情報保護法」は条文は読まないことにした。問題レベルを考えると、条文を読むことは非効率的だと考えた。あと、伊藤塾総合テキストは、主要科目はけっこう良くできている気がしたけど、行政法中の「地方自治法」とか「個人情報保護法」あたりはかなりいいかげんだ。条文の中身をただダラダラとコピーペーストしただけのテキストをなんて読む価値ないだろ。それで、「個人情報保護法」については、個人情報保護委員会が出してる、以下の「個人情報保護法ハンドブック」を何度か読んだ。

https://www.ppc.go.jp/files/pdf/kojinjouhou_handbook.pdf

続く。

https://anond.hatelabo.jp/20200130105747

2020-01-08

ソフトウェアエンジニアリングだけやってたい

SIer勤務。

語り尽くされて手垢付いてる話題なのは承知なんだけどさ。作るとこだけやってたいのよ。

30歳くらいまではコード書く比率高くて楽しかった。

いま35歳に差し掛かって、営業的な立ち回りも求められ、交渉とかクソ苦手なのに上がそっち方面に育てようとしてて、なんか流されて、なんとかコード書く仕事も少し確保してるけどいずれ剥がされるだろう。

管理もやりたくないなぁ。プロジェクト収支と睨めっこやだなぁ。

商売にも興味ありますよ風な顔してたのがいかんかったかなぁ。あくま軸足エンジニアって言ったのになぁ。

テクノロジー系の集まり立ち上げたり、とある技術領域では部内第一人者みたいな立ち位置になれたのになぁ。

長年SESで入ってもらってるベテランBPさんが羨ましい。スコープ外の仕事しなくていいもんなぁ。けどそっちの道で案件ガチャ当てられる気しないし、給料も下がるだろうなぁ。

この歳でWeb転向もきついだろうしなぁ。管理ポジション求められるだろうしなぁ。

オッサンになるまでひたすら開発だけやってても後ろ指さされないでそこそこのおちんぎんもらえる職場いかなぁ。

愚痴でした。

2019-12-01

[]12月1日

ご飯

朝食:なし。昼食:七福丼。夕食:玉ねぎ人参ソーセージコンソメスープロールパン。(ナはメロンパンナのお姉さん、なわけだけどメロンパンナより後に生まれたあのくだりすこ。みーなさんすこ)

調子

むきゅーはややー。

先週終電帰り多かったのと土曜日もそうだったので、もうフラフラでまっすぐ歩くことすらままならない。

たっぷり寝たけど、今もまだ辛い。明日仕事行きたくないけど、明日明日で僕がキーマン大事仕事があるので行かないとだ……

辛い。

ただ辛いだけで終えるのも嫌なので本を読んだ。とても面白く、いわゆるただただ面白作品だったので、たまにはネタバレなしに感想書きますおすすめ。(この前に感想書いた紅蓮館は僕は好きだけどオススメするかは別みたいな話)

○本の感想:方丈貴恵「時空旅行者の砂時計

これすこ! ぼくこれすこ!

いわゆる「独自設定もの」なんだけど、独自設定がどこまで本格部分に関わるかが綱渡りなのがとても面白い。

当然、序盤の序盤で設定の説明は終えてて、「不当な」後出し設定が出てきて本格部分を台無しにしているわけでは、一切ないのだけど

いからこそ、中盤、舞台のメインがあそこに変わってからのひっくり返しからは読む手が止まらなかった。

このどこに軸足を置いて推理していくかが変化していくのは、バランス感が難しいと思うのだけど、見事に書ききってて素晴らしい。

独自設定ものというだけでも推理軸足問題は難しいはずなのに、自分でそれをさらに揺さぶってしまうのは、本格に対してとても真摯姿勢が感じられて、圧倒された。

この独自設定によるミステリ部分の捻りがかなり良い感じなのに加えて、物語の部分にもこれがめちゃめちゃよくかかってるのが素晴らしい。

タイムトラベルものではベタな終わり方かもだけど、良いものはやっぱり良いっす!

続編を期待させる終わり方なので、是非にこの作者は追って行きたい。ミステリってやっぱ面白いな!!!

○超大作アニメRPG

27-14まできた。終わりが見えてきたけど、ここはここで難しそうだ。早くまた装備

それと、イベントもちょこちょこプレイ

2019-11-16

anond:20191116120001

いやMS最近は売り切りモデルからクラウドソリューションの展開に軸足移してきてるでしょ

サティア・ナデラ政権施策バルマーやゲイツの延長だとしか見えないなら盲目すぎるで

2019-10-10

anond:20191010100543

※当然だが以下にはネタバレ要素を多分に含む。

主人公が死んだ後も物語が続く前提で、転生や蘇生を除くとする。

まず、①他の登場人物が二代目の主人公として描かれるパターン

これは親子二世ものだったり、仲間が遺志を継いだり。

天元突破グレンラガン」はこのパターン

次に、②遺された登場人物群像劇になるパターン

とはいえ狂言回しというか、物語の軸となる人物必要だろうから①と区別が難しいかもしれない。

まどかマギカ~叛逆の物語」、「ペルソナ3~FES」はどうだろう。続編扱いになると片手落ち感があるか。

そして、③最初からダブル主人公、あるいは複数主人公して描かれ、途中で誰かが死ぬパターン

銀河英雄伝説」、「ぼくらの」、「鉄血のオルフェンズ」はこのパターンだと思っている。

基本的に、主人公が死んだままでは物語は進行しない。

主人公に代わる軸足必要になり、新たな主人公として認識されるものだと思う。

2019-08-03

ブロガーyoutuberに転じているそうですが

カツマーyoutube軸足を移しつつあるようだが、彼女だけのことでもないらしい。動画を見るのが死ぬほど苦手な自分としては、かなり残念な事態だ。

脱出ゲーム攻略も、今ではyoutubeが主流になってしまった。

なぜ動画が苦手かというと、じっとしてなきゃならないのと、平行処理がむずかしいのとが原因のように思う。自分感覚器の大半をひとつ媒体にもってかれるのが、途方もなくしんどい動画全盛時代についていけない。

みんなほんとに、動画しんどくないの?

2019-07-04

特撮を女が見るなという件についてのはてなの反応

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/tokutomi39/status/1146532190282371072


正直に言う。

はてなTwitterの反応の違いを見てはてなは男でジェンダー平等論者の俺にはまったく合わないのがよく分かった。

Twitterプリキュアを見る男児男性についてよく言及してる。

一方ではてな特撮オタがどうだとかミソジニーがどうだとかジェンダー平等全然興味がないどころか明らかに嫌ってる人が多すぎる。

フェミニズムや女権にしか興味がない。

はてな軸足を置くのをやめた。

過去はてな村民がはてなをやめた理由がようやくわかった。

2019-06-10

anond:20190610141323

大きめのIPならそのうちリメイクされてジャンル自分の方にもどってくることもあるよ

凹まないでいろいろ好きなものについて公開しつづけたらいいよ

軸足を残しておけば浮気じゃないし

いまどきイナゴとかだれも気にしてない

自分が気になるなら複垢したっていいよ

(でもSNS規約は守ろうね)

2019-05-21

anond:20190521082145

ヴィーガニズム野菜食べれば健康になれる!みたいなオカルトじゃなくて痛覚の有無とか動物搾取反対に軸足置いてるやつ)

どっちもオカルトなんだよなぁ

ヴィーガニズム野菜食べれば健康になれる!みたいなオカルトじゃなくて痛覚の有無とか動物搾取反対に軸足置いてるやつ)、理屈は分かるけど畜産文化とがっちり絡み合った社会で乗っかるのは難しいな~

ぐらいのノリで接してたし普通はそんなもんだと思ってたんだけど

めっちゃヒステリックに反対してる層がいてアレはちょっと怖いなぁと思う。反転してるだけで肉屋襲う過激派と同じ程度の知能でしょアレ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん