「貨幣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 貨幣とは

2021-05-05

anond:20210505180527

モテでなく、経済格差の話として書くが、

奪われてると言うより、生まれた時点でパイを独占されてるってのが正しいんじゃね?

貨幣の登場によって、資本を蓄積する価値が分かりづらくなったってのもありそうだけど

年収500万の賃貸都市在住者と年収300万の家持ち、土地持ちなら後者の方が強いじゃん

そんなの分かってるよって思うかもしれんが、年収だけしか見なかったりするわけじゃん

で、本当の金持ちってこういう土地やら何やらどころか、人手を含めた生産設備権利をいくつも持ってるわけじゃん

で、そういうところで働くやつの賃金を決めてるのもお金持ち側だろ?

好きに相手年収変えられるんだから、勝てるわけないんだよ

で、元々さ、そういう生産するための権利ってのは、労働する側に生存権の延長で私有財産権として認められてきたわけ

だってさ、昔の物納とかならさ、物を生産するところがないと取れないわけじゃん

それなのに、現代ってどうよ。生産する設備自分管理なんかしてないのに、税を生きてるだけで求められるじゃん

昔より後退してね?

労働者なんか植民地奴隷みたいなもんじゃ

弱者男性含む表現者は「表現差別」をやめろ!!!

残念ながら、キモくて金のないオッサンこと、弱者男性弱者ではなくなってしまった。

真の弱者を救わなければならない。

弱者男性は何故弱者ではなくなってしまったのか?

何故ならば弱者男性認知されることに成功たかである

この時点で、もう現代社会において弱者ではない。ここに我々が救うべき、真の弱者の姿を提言する。

プレゼン弱者」だ。

『声無き弱者は声をあげられない。なぜならば声が無いかである

このアホみたな理屈こそが、実は真理なのだ

つまるところ、現代における真の弱者とは表現力が無い人間であり、プレゼン力がない人間であり、ロビイング力がない人間である

何故ならば、現代において表現力という力が圧倒的に重視されるようになってしまたかである

この世において重要なのは金だ。

何故金が重要なのか?簡単だ。他人を動かせるからだ。

日本銀行券はただの紙だし、通帳残高なんてものはただの数字の羅列に過ぎない。

何故貨幣土地やらの資本価値があるかというと、他人に影響を及ぼすことができるからだ。

その動力を、人間はわかりやすく金としているだけに過ぎない。

そして、現代において表現力ないしプレゼン力ないし、ロビイング力は、その金と全く同じ力を持ってしまったのである

理由簡単SNSが発達して、他人プレゼンを聞く機会が増えてしまたからだ。当然ながら表現力の持つ力は圧倒的になったからだ。

表現力とは、発信者の力+影響を受けた受信者の力である

情報技術の発達によって、「受信者」の数が圧倒的に増えた今、表現力の持つ力が純粋に増えるのは当たり前のことである

もっとミクロ世界で言うと、要は表現力がある人間自分プレゼンできる人間他人イジメても許される。

表現力が無い人間は、他人イジメられても仕方がない。こういう世界になってしまった。

現代における弱者とは、とどのつまり「そこ」に存在している。

教室イジメられているイジメられっ子だろうと、自分の状況を大人に上手く伝えられる人間自分環境を変えられるだろう。

しかし、プレゼン下手にはそれができない。これは、能力による差別だ。

差別は断絶しなければならないのだから、つまりこの表現差別プレゼン差別を無くさなければならない。

最初に戻る。

何故、弱者男性弱者ではなくなってしまったのか。

これは、認知されたからだ。改善しなければならないという風潮を作り上げたからだ。つまり弱者男性には声があったということである

弱者男性には、表現力があったのだ。

声がある者は力がある者である。富める者である

からすると、フェミニストヴィーガン障害者、これらも全て「富める者」に含まれる。

何故ならば、彼ら彼女らには声があったからだ。

世の中をよく見てみると、先導者がいるはずである

まり表現者だ。

弱者男性しかり、フェミヴィーガン障害者、……ありとあらゆる弱者には、その旗手となる人間がいたはずだ。

彼ら彼女らこそが、「現代資本家」である

平等とは、つまり資本家が下々の者に分配をしてこそ生まれものである

我々が戦うべきは表現者だ。

最後に、予言する。

まだ気づいていない人間達が、この「表現差別」に気がつく時代が遠からず来るだろう。

ペテン師が勝つ時代に終わりが来る。

人は平等を求めるのだから

まり、気の利いたことの言える面白い人間加害者だ。

小説家加害者だ。

漫画家加害者だ。

ライター加害者だ。

役者加害者だ。

エンターテイナーは全て加害者になる時代が来る。

何故なら、彼らには表現力があるのだから

我々は彼らを守らなけらばならないはずだ。だからこそ、「表現差別」に今、向き合わなければいけない。

弱者のために声をあげた時点で差別主義者になる時代はすぐに来る。

他人にわかやす道理説明できる人間悪人になる時代が到来する。

2021-05-04

マクガフィンについて【2021/05/06誤字訂正】

 フランケンハイマー監督映画RONIN』は、ソ連崩壊の余波が残る90年代作品であるソ連崩壊した頃は、生活に困ったソ連の元・軍関係者兵器第三世界テロリスト密売する可能性や、ソ連という敵を失ったことで欧米諜報機関人間リストラされる可能性が取り沙汰されていて、そのような世相が同作品には反映されている。

 ロバート・デ・ニーロ(主人公)、ジャン・レノらが演じる「ソ連崩壊に伴って仕事を失った東西諸国諜報機関の元・工作員たち」が、アイルランド人らしき女性からリクルートされて、フランスニース滞在中の元・ソ連関係者と思しき男たちの持ち歩いている「怪しいジュラルミンケース」を強奪する非合法ビジネスに挑む…という話である

 このジュラルミンケースを巡る争奪線として物語は進行するが、その中身が何なのかは最後まで明かされない。ただ「非合法な真似をしてまで欲しがる人間たちが存在するような『物騒な何か』なのであろう」とだけ、観客には理解される。しかし、そのような理解物語の進行には十分なのである。この映画におけるジュラルミンケースのような、物語進行上の小道具マクガフィンと言う。

 マクガフィンマクガフィンとして機能しうるのは、物語の語り手と観客が「世界観」や「状況認識」や「常識」を共有しているかである新聞ニュースを通じて、冷戦下における東西諜報機関の暗闘や、北アイルランド返還要求してテロ活動をしていたIRA存在ソ連崩壊に伴う兵器拡散危機などについて既に了解しているからこそ、たとえジュラルミンケースの中身が判明しなくても、観客は物語を読み解くのに支障が無いのである。ちなみに、主人公たちをリクルートするアイルランド人らしき女性が、物語の冒頭で主人公たちに対して「私はディアドラ」と名乗る。これは、日本人に擬えると「私は花子」と言うぐらい「平凡な名前すぎて逆に偽名クサイ」という描写とのことである。「アイルランド人」らしき人間が「偽名」で接触して「非合法ビジネス」を依頼してくる。となれば、90年代フィクションにおいては「IRAか?」と推測するのは観客にとって極めて自然な成り行きであった。このような社会的知識認識を持たない人間が『RONIN』を観ると「何だかよく分からない話だった」となるかもしれない。

 さて、海賊漫画について言及したところ「『海賊王』の定義がハッキリしなくても、マクガフィンなのだから問題は無い」との意見が見られた。しかし、端的に言えば『海賊王』はマクガフィンとして機能していない。何故ならば、物語世界法則や状況に関する「確固たる土台情報」が与えられておらず、ジャンプ読者は共通認識を持っていないかである

 海賊漫画は、政治・経済軍事警察法律社会体制キャラの強さの根拠尺度海賊稼業が成り立つ社会の仕組みなど、全てにおいてアヤフヤである

 海賊漫画に比べると、まだ『パイレーツ・オブ・カリビアン』の方が、海賊冒険物語としてはマシな方である。それが成立するのは何故かと言えば、以下のような「世界認識」が朧げながら観客に共有されているかである

 我々の世界での海賊歴史は、ヨーロッパのような国々があり、中南米アフリカアジアのように植民地とされた地域があった。海賊たちは、国家の軍や警察の力が及びにくい地域で略奪・誘拐などを行い、時には国家から許可を受けた「下請け業務」として海賊業務を行っていた(このような海賊船は、所謂piratesではなく「私掠船privateer」と呼ばれて区別される)。

 国家下請け業者としての海賊が成り立っていたのは、ヨーロッパの国々が互いに覇権争いをしていたかである競争相手国の船が、私掠船にとって獲物であった。

 覇権争いをしてまでも植民地にした地域には、金銀や宝石鉱山が有ったり、香辛料農産物の産地であったり、サトウキビコーヒーなどのプランテーション農園を作って労働力に使う現地住民がいたり、宗主国がそこに侵出する様々な経済的動機があった。

 植民地域と本国との間で行われる貿易関税を逃れて密輸するのも、海賊仕事の一つであった。

 海賊が略奪した貴金属貨幣や物品、誘拐した人間を欲しがる人間が、宗主国植民地域に「顧客」として存在し、また略奪や誘拐ビジネスで富を手に入れた海賊が消費活動を行なって、植民地域の経済圏に金を落としたからこそ、海賊稼業も成立していた。

 海賊は、社会から孤立しては成立しなかった。

 このような大まかな共通認識が観客にあるからこそ映画パイレーツ〜』も成立するのである。これに比べたら、如何に海賊漫画がアヤフヤなまま連載を続けて、本来は連載初期に描いておくべきであった、読者が物語を読むための足掛かりにするべきことを何も描いてこなかったのが一目瞭然である

 「パンピレホニョンに俺はなる!」と言うだけではマクガフィンにはならない。

【2021/05/06誤字を指摘して下さった方、ありがとうございます。】

2021-05-02

MMT理解できてない経済学者MMTを語るな

相変わらず自説と混ぜた、こんな間違った説明するのやめろよな→ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82666


"MMTは「適正なインフレ率」を財政規模の基準にせよと繰り返し論じています"

MMTインフレ率を目標財政支出しろなんていう理論ではない

貨幣は何故受け取られるのか、貨幣とは何か、税が貨幣駆動するとは、そういう話を理解せず、すっ飛ばすからこんな頓珍漢な理解になる


通貨はいかなる意味政府負債なのか? 及びソマリアシリングの話

https://gamp.ameblo.jp/nakedcds/entry-12441610557.html?__twitter_impression=true

理論部分をこれを元に説明しようと思ったが、難しい。話があっちこっちに飛びすぎて自分の実力では上手く纏められないから箇条書きで書く

後は各々が自分で読解したり、他から知識入れて補足しろ


貨幣は誰でも発行できる

貨幣は発行元から見ると負債、IOU(英語でI owe you 私はあなたに借りがある)

現金統合政府貨幣だし、銀行預金銀行貨幣だし、企業のプリカチャージした中身は企業貨幣統合政府のIOU→銀行のIOU→その他の発行元のIOUの順にヒエラルキーのあるピラミッド構造

貨幣を受け取らせるには決済される必要がある

決済には3つの方法がある

1. 実物資産を支払う(企業のプリカ商品で支払う)

2.相殺取引統合政府通貨は、税という強制的負債相殺取引

3.負債ピラミッドの下位の負債を上位の負債で決済(ATMから現金の引き出し)

・税による相殺取引だけは負債を初めから強制してるという暴力的関係上、特別。これがヒエラルキートップ通貨となる特殊性

・税が貨幣駆動するとはこれら一連の決済を滞りなく行える状態のことであり、中央銀行はこれを維持する義務がある。ゆえにMMTでは政府と一体となった統合政府として考える

国債も利子付きの貨幣

自国通貨建の国債の発行とは統合政府で見た場合、発行元が同じ利子付き貨幣国債)と貨幣(準備預金日銀当座預金とも言われる)を交換してるだけ、ゆえに破綻しない

破綻はしないが結局、政府支出する際に労働を課したり、資源徴収してるようなもの、ゆえに人手や資源が不足すればインフレは起こるし、酷い目にあう国民は出てくる

財政支出とは民で使うはずだった人手や資源を官に奪う事でもある。よって、民でやろうとしてたことが出来なくなったりもするわけ(オリンピック看護師よこせ的なのが良い例な気がする)

インフレ率という数字でなく、何をするかが重要マスクが不足して物価が上がったなら、マスクを増やす事にお金を使うべきだろう


とりあえず、こんな感じかな。何が言いたいのか自分でもわからなくなってきたが。ほとんどの経済学者全然貨幣本質理解してないからな

結局、MMTってのは貨幣についての理論だけど、貨幣理論を突き詰めると貨幣ってのはいろんな事を見えなくするまやかしであり、労働を誰が負担するのか、資源をどう分配するのか、という貨幣から離れた話が本題になる

労役やら物納やらやってた時代は分かりやすかったが、それが貨幣で見え辛くなってるのよ

財政の額をどうこうすれば解決するとか思ってるのは全然そこに考えが至ってない

2021-04-29

anond:20210429122335

"例えば「「お母さん食堂」は性役割を固定する」と主張する人は「女性家事をするもの」という性役割の固定を批判している訳だが、

これは「家事をしない女性にも魅力を感じろ」「家事をしない私にも男をあてがえ」という意味だろうか?全然違うよね?"

いいや、「家事をしない女性にも魅力を感じろ」「家事をしない私にも職をあてがえ」という意味だぞ、馬鹿なのか?

職に関しては政府が作れるんだよ。結婚をするための人は政府が作れないんだよ

そんな事がわからいか増田馬鹿なんだぞ

いか、税を取るからには政府は職を保障しないといけないんだよ。貨幣ってのは労働の対価なわけ。その貨幣を配らない癖に税を取ろうとするから破綻するんだよ

昔で考えてみろ、土地も職もない奴から米や年貢を取るか?昔でも成り立たない事をやってんのが今の国なんだよ

土地貸したるから耕せ、仕事やるからやれ、この当たり前の事が分かってない

これと同じように女に関しても昔はモノ扱いであてがってたわけ。女も同じ人間から、それは成り立ちませんね。そういう社会になったの

から結婚に関しては政府保障なんかできないのよ?理解できたか

2021-04-27

anond:20210427154544

円高は円(の価値が)高(い)、円安は円(の価値が)安(い)って置き換えてくれ。

そうしたら次は貨幣じゃなくてものに置き換えてみるんだ。1ドル100円なら1ドルで100本の鉛筆が買えるって考えるんだ。

そうしたら後は簡単だ1ドルで80本の鉛筆しか買えなくなったら値上がりしてるだろだからこれが円高なんだ。逆に1ドルで120本の鉛筆が買えるようになったら値下がりしてるだろだから円安だ。

2021-04-25

anond:20210425041746

国が発行する貨幣オルタナティブとしての価値は大きい。

問題なのは電力消費量で、そこを改善できれば本当にイノベーションだと思う。

2021-04-23

anond:20210423000647

そもそもインフレが何をもたらすのか、どこからどこへ価値が移動しているのかがポイントだよ。

金融緩和貨幣の数量が増えて貨幣希釈化するということはタンス預金価値も同時に落ちるということだ。

そして政府債務の実質価値も減るので高齢者が死蔵しているタンス預金からインフレ税が徴収され、無理矢理市場還元される形になる。

古典派経済学ケインズ経済学の違いとして金利も何もつかない現金資産として貯め込む人々を前者は全く想定していないという部分にある。

そう、日本人は大量のタンス預金を抱えてしまう。

結局のところ「どこまで金を刷れるのか?」っていう問いへの答えは日本高齢者でもさすがにタンス預金を持っておくのが損に感じて吐き出したくなるまで、だ。

2021-04-20

anond:20210420065731

持続可能自体は悪くない考えなんだけどな

物資源に制限があるのはその通りだから、そこ考えないと結局、格差拡大財政が使われる事になるから

この国の財政認識って二重に間違ってるからややこしいんだよ

財政を何に使うかは考えなきゃいけないんだけど、リソース制限を考える時に、勝手貨幣的な制約を付け加えるのがいるんだよ

貨幣価値と人手や資源制約が乖離してるのが問題なのにそこに気づく奴がいない

極端に何でも金出せってのか、金出すのに慎重で健全財政みたいな事言う奴しかおらん

2021-04-17

anond:20210417110353

小銭と呼ばれる貨幣を投入するとモノがでてくる装置があちこちにあった。

2021-04-08

anond:20210408000327

個人的疫学的に高リスクだが大体みんなが実践してなさそうなことを聞きたい

トイレに行く時、性器に触る前に手を洗ったか(排泄前後両方で消毒したか)

貨幣、とりわけ硬貨を触ったあと消毒したか。財布も同等に汚染されているということを意識しているか(たとえば、家について手を洗ったあとに鞄の財布を取り出してテーブルに置いたりしていないか)

・不潔な手でスマホや髪を触ったあと、適切に消毒したか

感染経路としてはこれらか職場の二択だとおもう。職場はきちんと換気がなされているか(エアコン換気扇が回っている程度では不十分)、飛沫防止のアクリル板とかでかえって空気の流れが妨げられてないかどうか。

2021-04-02

anond:20210402180720

しろインフレ進めれば回収と同じ効果があるんだけどな。

緩やかなインフレの一つの基準であるインフレ率2%を35年間維持すると大体物価は2倍、現金価値は1/2になるわけだが、タンス預金の量が変わらなくてもその金で買える物の量は半分になる。

インフレというのはタンス預金を含む現預金に対する実質的課税であり、インフレ耐性のある資産保有者および給与生活者(もし増えた貨幣海外流出せず国内人材設備投資に回る場合)への再分配効果がある。

2021-04-01

anond:20210401135907

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/貨幣損傷等取締法

本法でいう「貨幣」とは、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」に定める貨幣のことである同法5条1項に定める「五百円、百円、五十円、十円、五円及び一円六種類」の貨幣および同法5条3項に定める記念貨幣は、本法の規制対象となる。

なんで1銭どころかお札も対象外らしい

知らんかったわ

2021-03-21

ビットコイン環境負荷が高い

と言うと、「いや、円などの法定通貨を維持するコストと比べると、ビットコイン環境へのコストは低い」と返ってくるだろう。

しかし、ビットコインは「暗号資産」と呼ばれてしまっている通り、貨幣機能である価値の保存、決済手段価値尺度」のうち、決済手段機能を持たない。持たないというより、決済手段としてあまり使われていない。

もし日本円と同じ規模で決済手段として使われた場合ビットコイン環境負荷は今よりも上がるのではないだろうか。

従って、ビットコイナーの言う「ビットコイン環境負荷は比較的低い」という言説はうんちである

もし、日本円プライベートチェーンを使ったデジタル通貨になったとき、同じセリフを言うことができるのか、聞いてみたい。

ビットコイン環境に悪いから、今すぐ操業を停止しろ二酸化炭素を増やすな。共有地の悲劇を繰り返すな!!

2021-03-14

ビットコイン億り人になったけど貧富の格差は広がったと思う

まず前提から言うと利確はしてない。というかできない。

これから更にどんどん上がって最終1300万、3000万、いや5000万、1億もあるぞと言われてるから利確できるはずもない。

数年は塩漬けにする。そのうち税金20%固定になるかもしれないしね。

たまに仮想通貨に対しては「換金できないだろう」とか誤解してる奴がいるが、取引所に出せば数分で売れる。

その後の入金は恐らく少し時間掛かるだろうけど、米国ドル人民元日本円にするのと同じようなもんだし、

土地建物貴金属などの有形固定資産とは比べ物にならないぐらい現金化は容易い。

正社員歴なしのただの高齢素人童貞がもう億り人だ。

いわゆる大卒男の生涯平均賃金の2億なんて絶対に届かないと思っていたが、それが不労所得で稼げてしまった。

2018年や2019年は仮想通貨なんてオワコンだったし2020年のコロナでも株より更にひと足早く暴落したが、あれから12倍。

本当に買っておいてよかったビットコイン

コロナによる金融緩和が終わるまでに、ビットコイン米国株の暴騰で日本国内にも億り人が百人、いや千人単位で出てきてるだろう。

年収200万円台が珍しくなくなってるどころか、コロナで失職する人が続出している世の中で、こういう寝ているだけで資産が増えていく人が急増してるという現実

年利3~5%は安定して稼げるとすれば、最低1億円あれば人は働かなくても暮らせる。むしろ使い切れずに増えていく。

ブラック企業で朝から晩まで怒鳴られて働いて月給20万円、くっさいオヤジの陰茎を咥えて月収50万とか馬鹿らしくなってくる。

俺はポストコロナ格差時代になると思っている。

コロナの「失われた2年」を終えてやっと社会が再稼働する中で、無一文もしくは借金ありのマイナスからスタートしていく人達が多数だろう。

反面、俺たちみたいに寝て起きて食べてシコって寝てるだけで億単位お金があるやつが密かに急増している。

ハンデどころの話ではない。

コロナでばら撒いたリアル貨幣インフレを加速させて、溜まりに溜まった鬱憤と共にハイパーではなくても相当のインフレが来るだろう。

賃金が上がらないどころか下がるだけの日本では、コロナ後も生活が苦しい人達が続出すると思われる。

日本円相対的ますますゴミになっていく。

20年後は東南アジアから教育実習生を受け入れるどころか、我々が東南アジア出稼ぎにいく時代だろう。

リーマンショックから景気回復でも格差は拡大したが、当時は底辺だった俺には何一つ恩恵もなかった。アベノミクス生活を苦しくさせただけだった。

しかコロナときには数百万程度は投資に回す余裕と先見性のあった俺は、2017年に盛り上がっていた仮想通貨を大量に購入してしまった。

その年の末にはその選択が最高に正しかたことが証明された。

狂喜のあまりに34歳童貞だった俺は34歳素人童貞クラスチェンジ

しかし年明けの暴落狂気のあまり壁に穴をあけて実父にも喧嘩死ねとか言っていたら本当にその後事故で死んでしまった。

それから数年後、いまだに加速を続けるビットコインチャートを見ながら、亡くなった父親に思いを馳せる。

俺に酷似して醜悪容姿醜悪人間性だったが、少なくとも正社員で働いていたし、俺の母親(素人)とセックスできるほどには人生を頑張ってきたんだ。

でも育ててくれたことに対するお礼は終ぞ言えることはなかった。

父親との最後の会話が「死ね」で終わってしまたことの後悔。

そして、こういう「貧困層」や「肉親」に対する思いやりを金銭的な不安から解消されて初めて行えているという事実

最終的には世の中は「金」だ。

2021-03-10

anond:20210310202848

増やした貨幣の分配コスト金もらっても必ずしも消費しない、金の流通量が増えて円の価値相対的そもそも下がるなどで

致死的なスタグフレーションになります

2021-03-02

みずほ銀行 システム障害

みずほATM障害ですが、数十年前に銀行ATM関連の仕事をしていわれたこ

なんらかの障害が起きたときは、媒体紙幣貨幣、通帳、カード)は取り込む仕様

不用意に排出すると。その時別の人がいて持ち帰ったら取り返しがつかないので、とのこと

昔の話だけどね。

2021-02-21

anond:20210221235308

ならないならない。

そもそも貨幣流通速度は1990年頃に比べて著しく低下してる。

金融投資富裕層企業フリーハンドで減税しまくったが、設備研究投資に紐付いていない金融投資、平均消費性向以下の富裕層資金余剰局面企業は金を貯めこみ、消費性向を落とすから

2021-02-20

経済が最大化した世界

最終的に人間がぜんぶ死に絶えた後、世界中貨幣を売り買いするロボットお金永久に循環させ続けて、貨幣価値が無限大に上がっていく。

自動発行される新聞も「経済好景気、前年比200不可思議倍」など書かれ続ける。その新聞は誰も読まない。

2021-02-12

anond:20210212190921

本も米も個人の所有物として扱われ始めた歴史が浅いから仕方がない。出版技術が発達するまで本は公共物だったし、米は江戸時代までは貨幣扱いだった。

2021-02-11

「国の借金」というウソに騙されるなよ!

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ed1a2fab6a47d2904537a6fc5662d011702ce18

 国債借入金政府短期証券の残高を合計したいわゆる「国の借金」が2020年12月末時点で1212兆4680億円となり、初めて1200兆円を突破した。

 財務省10日、発表した。同年8月1日時点の日本人人口(1億2333万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約983万円に上る。


たこ記事だよ。相変わらず国の借金を煽るような記事流してるけど、「国の借金」という表現ウソからな。まだ信じているやつは今すぐ目を覚ませよ。

正確には「政府負債」ね。国債日銀当座預金という政府銀行との特殊預金によって決済されるのであって、その貸し借りに国民お金は直接影響しないし誰も損しない金。「信用創造」とかで調べてくれ。だから負債と言っても帳簿上の記録にすぎないから、返済しなくても問題ないし、残高を見ることにも意味がないってこと。そして、政府予算執行して民間に支払われると「国民お金」が増えることになる。当たり前だ。つまり政府負債国債発行=貨幣発行なんだよ。

また「国の借金」という言い方をした場合は、海外に対して日本がどれだけ借金をしているのか、という意味になるが、それでも日本対外純資産残高は増加傾向であり、海外から見れば29年連続世界一お金持ち国家である。まぁ、裏を返せば国内ではなく海外お金が流れてしまっているわけだけど。


では、なぜ国民にこんなウソ表現刷り込み続けるのか。

それは、政府いくらでも国債発行して支出できることが国民に知られれば、これまで行ってきた政策ロジックが崩れるからだ。

これでは、国にお金がないと言って増税してきた保険料消費税についても辻褄が合わなくなる。だから財務省はじめとして多くの政治家経済学者達は、必死こいて「国の借金は将来のツケ」であることをアピールして国民を騙し続けようとする。自分たちの間違った政策によって、日本が長年デフレで苦しみ続けてきたことがバレないように。


また、この不景気における緊縮財政は、グローバル政策民営化を進める上においてもてっとり早い。

例えば、国民は国にお金が無いと信じ切っているため、国民同士でパイを奪い合ってしのぎを削り合うことになる。すると、ますます貧困格差を進めてしまい、やがて批判の矛先を政府ではなく国民自信に向けて攻撃しはじめるのだ。最近でも、「高齢者お荷物」「高所得者児童手当はいらない」「倒産する事業者貧困自己責任」といった論調国民同士叩き合うみたいなことが実際に起きているよね。そしてそこに竹中平蔵がやってきて甘い言葉を囁くんだよ。「みんなお金欲しいでしょ。解決方法あるよ。BI始めるのどうかな」←今ここ


もちろん彼が狙っているのは社会保障破壊だ。郵政民営化雇用規制緩和と同じ手法で、BIを行う代わりに生活保護年金健康保険といった国の事業廃止させ、新たなビジネスねじ込ませて利益誘導を狙うお馴染みの手口なんだよ。竹中平蔵だけではない。外資系企業日本へのビジネス参入を狙っているかもしれない。特に今みたいな国難で無力化している時にこそ、国民から賛同も得やすいからね。資本経済における新自由主義体制では、こうやってハゲタカ達が虎視眈々と国益を吸い取ろうと狙っているんだよ。もう同じ過ちは繰り返したくない。だから賢明はてなーの皆さんは、このウソには騙されないようにするんだぞ。

(BIに反対したいとかではないので誤解無きようお願いします)

2021-02-09

anond:20210209123803

自分貨幣として価値を持つのは、国民がそれを必要と思うか思わないかくらいにしか考えてなかったから、

はたして権力暴力による心理的操作も1要因なのかは、どうなんだろうね。そこまでは考えていなかったけど。

かに裏返せば、国民クーデターを起こすと政治不安から日本円価値暴落はあるのかもしれないね

もちろん信用は必要だとは思っているよ。債権小切手などが使えるのは日本政府というバックボーンや安定企業への信用があるからに他ならないわけで。

例えば仮想通貨だって価値があると信用している人がいるか投機対象になってはいる。でも一方でビットコインを信用しない人だってどうしても出てきてしまう。

まり仮想通貨貨幣になれないのは、全員が持つことを強制されていないからだと思っていて、だから政府が「今後は日本円ではなくビットコインで税を納めてください」と言った瞬間に国民全員がビットコイン必要ものとして認識しだして通貨としての価値が発生するという理解。んで、この強制力ってのが政府権力暴力または信頼によるものなのかまではわからないけど、必要なのかもしれないね


>そこで信用を失うかどうかなんてわからない

結局はここだと思う。

信用って感情じゃん。経済って感情の話だとわかってきたのが昨今で、つまり判らないのだと思う。

感情の将来を確実に予測することなんてできるわけない。


自分もそうだと思うよ。人々の感情なんて読めないか経済予測は難しい。

からこそ、「神の見えざる手」により市場経済自然に調整されるといった主流派経済学こそ間違っていたと思うんだよね。

結局のところ日本はこの30年デフレから抜け出せなかっただけでなく、こいつら新自由主義によって国力が落ちてしまった。

から間違っていたところは認めて、ケインズ経済学をベースにしたMMTもっと評価されてもいいと思うんだよなぁ。

anond:20210209114959

父親を信用しているしていないは関係ないと思う。(信用はもちろん必要だけど、それだけでは価値は生まれない)

だっていくら信用されている父親とはいえ、「名刺を集めろ」と言っただけでは名刺価値は生まれないんだから

名刺を納めなければいけない(でないとこの家には住ませない)」と義務を課さないと名刺価値が生まれないってことだよ。

1億枚集めろと言われたら、兄弟に借りたり偽名刺つくったりして集めようとすると思う。

そこで信用を失うかどうかなんてわからないよ。現に今の日本でも政府強制的に税を徴収するから貧乏人でもひぃひぃ言いながら消費税払っているでしょ。

すなわち、MMTキモ世間でされている、無限国債を発行できるって理論の部分が誤りである

無限に国の借金をこさえるとやはりあるとき信用が切れて暴落は起こる。

これも「信用が切れるから」ではなく、お金民間に回りすぎるとモノの価値より貨幣価値が下がるからだよ。

からMMTでは国債発行は無限にできるが、インフレ率を見なきゃいけないっていってるわけ。


あと、国債発行は「国の借金」ではなくて、正確には「政府借金」ね。んで、この「借金」って言い方が悪いイメージしかいからほんと良くない。

だって国債発行して得たお金で、政府予算執行して民間お金を流すわけで(建設事業者への支払い、社会保障の支払など)、そしたら民間預金お金)が増えるでしょ。

まり国民にとって「政府借金」は「国民預金」になるってことだよ。だから、国(政府国民)の借金ではないってことね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん