「堂々巡り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 堂々巡りとは

2019-06-20

どこまでいっても堂々巡りだと

そう思って、もう何年も前にジェンダー関係の話は、絡むのも考えるのもやめてしまった

でもここ最近、少しだけ、まだはっきりは分からないけど、何か新しい展開が見えてきたような気がする

永遠に同じことの繰り返しではなかったんだ

諦めずへこたれずに、ずっと話をしつづけてきた全ての人に、敬意を表しま

2019-06-19

anond:20190619224442

いやおっさん同士で仲良くすれば堂々巡りしないよ

女いなくてもセルフ幸せじゃん

女抜きでは幸せに暮らせないの?

おっさん友達ができないの?

2019-06-10

anond:20190610205613

というわけで曖昧さのないバカさらけだす男性特権階級論者=女性専用車両増田、略して「性マス」の堂々巡りは構わず無視かひどければ通報でええで~

=================

性マスが暴れます↓ 一般増田はちかづかないでください

2019-06-05

anond:20190605095303

でも公共って個々人のお気持ち総体的なところはあるよね。

ただ、「完全自由に各々がお気持ちで殴り合えば結論が出る」って社会は結局のところ弱肉強食社会収束するから

マジョリティにとって都合のいい結論に落ち着くだけで意味はないよなって話もわかる。それも含めて「表現の自由」の難しさですね。

マイノリティにとって都合のいい結論」って、「少数が一方的に多数を黙らせる」以外にありえんの?

そこに「表現の自由」はあるの?

つーか、「お気持ちで殴る」前提かよ。殴んなよ。

表現の自由はあるけど、それを批判する自由もあるし、批判批判する自由もあるし……と堂々巡りしたところで何の価値もない。

そんなところに問題本質はないということをみんなが理解しないといけない。

いや、その堂々巡りこそ表現の自由本質で、守らないといけないもの

から相手を黙らせようとする要求」は許してはいけない

anond:20190605092856

でも公共って個々人のお気持ち総体的なところはあるよね。ただ、「完全自由に各々がお気持ちで殴り合えば結論が出る」って社会は結局のところ弱肉強食社会収束するからマジョリティにとって都合のいい結論に落ち着くだけで意味はないよなって話もわかる。それも含めて「表現の自由」の難しさですね。

表現の自由はあるけど、それを批判する自由もあるし、批判批判する自由もあるし……と堂々巡りしたところで何の価値もない。そんなところに問題本質はないということをみんなが理解しないといけない。

2019-06-03

俺がメンタルメンテナンスをしている間に周りは歩き続けてる

1週間のうち半分は体が重いし、頑張らない時間を取らないととてもじゃないけど生きていけない。

三歩進んで二歩下がるみたいな生活をしてる間に周りは五歩進んでる。この差は何?個体差

世の中の人々ってもしかして最近メンタルやばいから頑張りすぎないようにしようって調整したりしない?それとも短時間回復する魔法でもあるの?仙豆持ってたりする?

飲み会とかで回復してんのかな……。楽しいかどうかはともかくとしてもライフゲージは減るわ。

『働かざるもの食うべからず』とは言うけれど、『働けないもの』も食うべからずなのか?心をすり減らしながらでも仕事ができれば働けるものとみなされるのか?

一生のうち一度でもメンタルが危うくなるとガラスを扱うように生きていかなければならなくなるように感じる。

心のメンテナンスを怠って研究室行けなくなって大学院中退たからまたあんな風になるのが怖すぎるんだよな。

世の中は中退したり働いてないやつを積極的に雇わない。そういう奴が手に職をつけるにはそのデメリットを上回るだけの技術を身に着けるべきなんだろうけど、その過程でまたメンタルが危うくなる。堂々巡りだ。中退無職になるやつはそうなる所以が必ずある。生物として生存に適してなさすぎる。

きっと俺も「不良品」。俺のような弱者心理理解しないままあんな発現できる人間がその発言金もらってんだもんな。クソみたいな世の中。

2019-06-01

父親が死にそうなので残される母と自分のことを考える

癌で闘病している父がいよいよダメそうだ。

6年前に「次の正月は迎えられない」と宣告されたことを思えば長く生きたと思う。

理由割愛するが、私は父のことが人間として嫌いで、(育ててもらった恩は感じているし、返さなければとは思っていたけど)

父が死ぬとなっても「ああ、死ぬんだな」としか思わなかった。むしろ、残される母と自分のことが気がかりでならない。

父は癌が発覚したのと同じ時期に会社事実上クビになった。1年ほど後にありついた雇われ店長の職は、朝から晩まで店を開ける必要があった。母はパートを辞め、両親揃って朝から晩まで店にいる生活になった。(しか休みは平均月1回)

収入生活に困らないくらいにはあったようだが、私の学費無職期間のまとまった出費、店長になるために本社に払った金などで作られた借金を返せるほどではなかった。

父は闘病しながら働いたが、段々入院している時間の方が長くなって、私は同時期に大学卒業して就職して家を出て、1日14時間以上の拘束時間の店の仕事は母にのしかかっている。

父が死んだ後、母は店をそのまま続けて借金を返すと言っている。

実家は持ち家で残ったローンは父が死ねば無くなる。が、そもそも父の地元に建てた家だ。

村八分があるレベルのクソ田舎で私はともかく母にとっては完全アウェイの地。父がいなくなれば住み続ける理由もない。

そんなところで1人で暮らしながら半日以上を働いて減らない借金を返すなんて馬鹿らしい、もっと人間らしい働き方をしてほしい。

相続放棄してすべて帳消しにすればいい、と母に伝えたが、母が行けるのは海外しかない。

母は結婚を機に日本に来て現在日本国籍を取ったがもともとは外国人である

頼れる親族日本の外にしかいない。

母は私が結婚するまでは帰る場所必要だし、借金を返す、と今の実家に居ようとするが、もう60代に差し掛かるし、今みたいな働き方をしていたら身体がいつまで保つかわからない。

今後母が死んだ後に家を相続したとしても絶対に住まないし今無くなってもいい。

私は新卒2年目に入ったばかりでなんのスキルもないし、自分が細々と生きていくだけは稼げても母が体を壊した時に支えられるほどは稼げない。溜まった借金を抱え込むのもごめんだ。

私が仕事を辞めて実家に帰ればいいのだろうか?

せっかく国公立大学を出てそれなりの給料待遇を得たのにそれを捨てて帰っては、お金もない、

職もないでそれこそ母と共倒れだ。今の会社に居続ければ父と母がやっていた店よりは割りのいい給料がもらえる。

なんてことを堂々巡りしているのだが、私が考える私と母の身の振り方を以下に挙げておく。前提として、借金の方がデカイので相続放棄する。

1.母は故郷に帰る。

→幸いにも母方の親族とは仲が良すぎるくらいなので、衣食住に困らないくらいには面倒を見てもらえるだろう。

母は今のところは働ける程度には元気なので、向こうで細々と暮らしていけるのではないだろうか。(向こうの親族に色々押し付けてる感はあるが)

2.私の職場近くで暮らせるアパートに2人で住む。

現在住んでいるのは借り上げ社宅でギリギリ2人住めるくらいの広さ(規定的にもOK)だが、実家10年飼っている犬が飼えないので新しく部屋を借りることになるだろう。

社宅から引っ越し家賃補助が無くなるのは痛いが、母もパートで助けてくれるだろう。今よりずっと労働時間も短くて済むから、体を壊すリスクは減るだろう。

3.母はどこか住みやすいところに部屋を借り、犬と住む。(私の住んでいるところにできるだけ近いとベター)

→母はとにかく就職したてで満足に稼げない私に負担をかけまいとするので、2の妥協案がこれだ。この場合パートかなにかで最低限暮らす分は稼ぐことになるが。

今書き出してみて、結局私って自分が一番可愛くて、自分に辛いことが降りかからないような選択肢ばかり見ているなって思った。就職で家を出たのも、地元に働き口が無かったの半分、嫌いな父から離れたかったの半分だったな。

母を説得するには、「母に何かあったら私が全てを被ることになる」「そんなに稼げない」とか言えばいいのかな。

お母さんはいつも、私の心配ばかりするから

結局お金があれば解決できることばかりで、貧乏って本当に辛いな。

私より厳しい生活してる人や、明日食べ物に困る人がいるのもわかってるけど、感情はそうはいかないからな。

「親 死んだ後 お金」とかで調べてるけど、世の中の人みんなどうしてるんだろう。こういうことって誰に聞いたら教えてくれるの?私と母が取れる最善の選択肢は何なんだろう。

今日危篤電話が来ないか冷や冷やしながら夜を過ごす。

2019-05-29

anond:20190529140919

じゃあ

痴漢があるから冤罪も起こるんだよ

冤罪なんかどうでもいい

冤罪ぐらい我慢しろ

ってことで堂々巡りだな

今となっては痴漢がなくても冤罪はおこる

「どうでもいい」というなら確かに堂々巡りだが、女様の望むようにはならないね

anond:20190529140457

じゃあ

痴漢があるから冤罪も起こるんだよ

冤罪なんかどうでもいい

冤罪ぐらい我慢しろ

ってことで堂々巡りだな

anond:20190529120921

ええー…今朝からまたすごい論争になってたからなんとなくぼやいただけだし

べつにこの投稿堂々巡りを招いてはなくないですか?

2019-05-18

anond:20190518015914

うんそうか。私はね、増田がそう思うのはやっぱりニートからなのかなぁって思ったよ。

何もやってない人が落っこちがちな思考堂々巡りだよね。自らの「無能という個人的な恐怖」を少子化という社会事象すり替えて怖がる、空虚少子化フォビア、少子化に罪をなすりつけた個人的抑鬱症状。

例えば子供を持てなかったとしても、現実リアル社会コミットしていれば、直接的、間接的に、誰かの子供を育てる役に立つという充実感も得られようし、子供を育てなくたって別のことで社会に貢献することもできるし、何ならボランティアという形だってあるし。

自分の楽しみのために時間お金を使うことで誰かが豊かになるし、自分幸せになるし、自分幸せになることで、何かの形でまた社会の役に立つための原動力になったりするのに。そうやって社会は回ってたりもするのに。

もっと言えば大して社会に貢献できることがなくたって、家族や親しい友人や恋人や夫・妻・子供などにとっては「存在しているだけでも価値がある」。そういう人間関係の中に多くの人は居るんだけど、たまにそういう人間関係が持てない人がいて、自分存在価値についての実感がないから、空洞みたいな少子化フォビアの穴にはまって動けなくなるのかなぁって。

古代だって「生きのびること」以外の喜びも見出していたというのになぁ…。

2019-05-16

75歳の父親免許返納説得に失敗した話

免許返納しないなら死んでくれ、今すぐ」

最後捨て台詞はこれだった。

本当に、免許返納の説得は不可能だった。

最近の老人による事故、75歳の運転する父親を持つものとしては他人事ではないなと思ったので、久しぶりに実家に顔を出して説得を試みた。

これはその説得の失敗の記録である

父親 75歳、リタイア済、週2日くらいは買い物などで外出

母 68歳、専業主婦そもそもペーパードライバーなので昔から買い物は自転車もしくはネットスーパー

私 30代、会社員実家から徒歩5分のところに住むがペーパードライバー、平日は仕事だし土日は遊びに出かける

夫 30代、会社員運転はできるがもちろん平日は仕事だし土日は遊びに出かける

住んでいる場所 政令指定都市ターミナル駅からバス10分くらい、バスは1時間に少なくても3本はある

以上の条件だが、車は手放せないと父親には断られた。

バスもあるしネットスーパーもあるし病院徒歩圏内にある。

運転できない母親は車なしの生活に慣れているので、車無しで生活できるエリアだ。

それでも、いつでもどんな天気でも気軽に出かけられる車を奪われることは耐え難い苦痛だそうだ。

そこまで返納を要求するのならお前たち夫婦がどんなときでもタクシーとして働くか、月10000円のタクシー代の仕送りしろと言われた。

冗談じゃない。

私も夫も働いているし、土日は自分が遊ぶために使いたい。

自分時間を親のために使うのも自分お金を親のために使うのも絶対に嫌だ。

運転するな、危険だぞ、犯罪者になりかねない」

「そんなに言うのならお前が車で送迎しろ、それができないならタクシー代を払え」

この会話の堂々巡りで全く説得できなかった。

正直、父親には事故を起こす前に早く死んでほしいとしか思えない。

説得しても話を聞かなかったり、子供召使いに使おうとするような親がいるので、「説得するのは子供責任」「返納させるのは子供義務」とかそういう批判はやめてほしい。

代わりに送迎をしてあげろ、とか安易に言わないでほしい。

子供には子供生活があるのだ。

そういう批判をするなら、私の父親を殺しに来てほしい。

こっちだってもう、長生きしてほしいとか思ってない。

早く死んでくれ、速やかに

2019-05-11

GB支援多数派に戻る治療ないのか」について

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201905/CK2019051002000128.html

 

私はMTFでTに該当する当事者

この記事とその1つ前の記事への反応だけど、みんなが訳知り顔であの発言を叩いていることに疑問を感じる。

LGBT当事者自分セクシャリティーを受け入れられないという場合もある。

そして、界隈にいればわかるけど、セクシャリティーが変わることなんてザラ。

活動家でない当事者からすればそんなに叩くほどのことでもないと思っている当事者も少なくないと思う。

 

おそらくここまで叩かれている理由は「戻る」という言葉をつかった点についてなのだろう。

だけど、当事者から言わせてもらうと、もしマジョリティーに戻る方法があったのなら、私はその選択をしたかった。

今の自分を今のままで受け入れる(正確に言えばまだ受け入れきれていない)のにはすごい消耗する。

普通の人が文化的活動をする時間を何千時間堂々巡り希死念慮に苛まれて、貴重なリソースを浪費してきた。

周囲の人から向けられる好奇心の目、社会での扱いの明らかな変化、海外にいけばその落差はより顕著になる。

悩みのタネに気づいたあの頃に、そういった方法論があったらどれだけ救われたことかと今でも思う。

から言葉選びのような瑣末な問題でそういう選択自体を潰すことに恐怖を覚える。

否定的意味を若干含んでいた言葉だったかもしれないが、あの方法方法を探求する姿勢全否定して欲しくない。

ちょっと前には、「マイノリティ理解がある自分・世の中を変える自分」を目指す人が自己肯定を強化したいがために

同性愛者ならばオープンにするべきだと決めつけで正義を振りかざしてきた人が散見された。

そんな話をゲイの友人とも話題したことがあったが、今回のバッシングも似たようなものを感じる。

 

セクシャリティーの多様性否定しない。

だけど、セクシャリティーを変化させる方法を考えることも否定してほしくない。

現場からは以上です。

器用貧乏

今までのキャリアで、あらゆる状況に対応すべく、いろいろな知識経験を積んできたわけだが、

それゆえに自分がわからなくなった。

結局自分は何がしたかったのか。

でも、今になってこれしかないんだ!というもの自分の中にない。

逆にいうと、あらゆる可能性が見えてしまい、絞り込めないと言ったほうが正しいのか。

周りでうまくいった人たちはそういう部分だけはしっかりあった気がする。

選択と集中というやつだろう。

無論、道義的道徳的に正しいとか関係なくて、各々のエゴの元に動いているだけで、客観的に見たら、ウワーってなるものもあったし、

大きな波に一度は乗ったとしても、栄枯盛衰で消えてった人もたくさんいる。

同時に、そういう単細胞な発想で、周りを潰してでも自分エゴを貫く人に辟易していたくらいだ。

でも、それが人類歴史だということもよくわかっている。

いろいろあって自分が新しいステップ自分自身で切り開いて行かないとならない段になって急に腰が引けてる。

自分課題を設定し、伸ばしていくということより、誰かのやらかしフォロー

誰かが勝手に設定したアホみたいなハードルばっかりこなしちゃったことで、自分課題設定する能力が身につかなかったのかもしれない。

簡単にいうと課題ジャンキーだったんだろうな。

メタルギアソリッドで言えば、スネークを目指していたし、あらゆる場面であらゆるミッションを完遂できる人間になりたかった。

でも、それが目的になってしまって、その先が突然見えなくなった感じだ。

まるで、ランボー1の様だ。しかばねの中を歩き続けたのに報われるものは何もない。そんな中でどうやって生きたらいいのか。

令和の切り替わりのタイミングで、奇しくも、こういう状況におかれ、こんな感じでチラシの裏を書き散らかしている。

全くどうしたものか。人生は本当に面倒な仕様だなと思う。

ただ、こう書いている中で、やりたいことが全くないわけではなかった。

自分に関わる人が全て幸せであってほしい。

当然幸せベクトルはそれぞれ違う。そのなかで、最大公約数的な仕組みを作って小さいながら、関わる人が全て笑って生きていれたらいいと思った。

このルールを破ってまで、収益を追求するような生き方はしたくなかった。

当然稼ぐ楽しみっていうのはあるけれど、拡大する中で必ず歪むしその歪にアサインされる悲しい人が現れる。

そのプロセスでこれ以上辛い思いをする人を増やしたくなかったのかもしれない。

そうならない様みんな頑張った分正しい評価をもらえればいいと思っていた。

これはやっぱり綺麗事なのか。それとも、今の社会ではこういう普通の人なら願いそうな事柄構造上無理なのだろうか。

いや、自分がこういう課題を設定した以上、弱音を吐かずに今言った様な理想を実現できるものを作るべきなのだろうな。

書き出した時は器用貧乏すぎて自分がよく見えてないという風な話を書きたかったのだが、

よく考えたら抽象的なレイヤーではあるが、基本ポリシーは持っていた。

もう少し、これからのことを考えてみよう。

生きることは悩むことばっかだし、苦しいばっかりだから楽して生きたかったのに、結局こうして悩んで堂々巡りになってしまう。

でもこれが、ちゃん人間やれてるってことなのか。

2019-05-03

anond:20190503151350

増田堂々巡りしているうちに、世の中では順調に規制が進んでるし

そもそも出版業界自体がヤバくてそれどころじゃないからなあ

anond:20190503151350

実際のところ「お前そういうの作るのやめろ」っていうの言われても直接殺されないからなあ(仕事を奪われるかもしれんが)。

認識が甘い。

今、すでに連中は作者の生活も顧みず表現を殺し仕事を奪う。間接的に生命を脅かしてる。

放置したらエスカレートして直接作者を焼くだろう。

自分作品存在するのは正しいという話を積み上げていく。そういう意味では表現規制派は不毛なこと言ってるよね。

対話が通じるのは、同じゲームルールに従ってる者の間だけ。

規制派は対話などしない。「表現の自由」というルールのもの破壊しようとしている。

対話をしない、という意味では「そんなの脅迫だ」「殺害宣言だ」とレッテル張りしてしまうのも本当に不毛だと思える。

レッテル張りではなく、事実

気持ちはわかるけど、結局個々人の感情帰結してしまうよね」という問題を数年延々と堂々巡りしてることが本当に不毛

殺人者気持ちがわからないように、他人人権侵害をしたい奴の気持ちなど分からんし、従う必要もない。

今後も変わらない。妥協はない。

anond:20190503150851

実際のところ「お前そういうの作るのやめろ」っていうの言われても直接殺されないからなあ(仕事を奪われるかもしれんが)。

そこ(作品を作り続けること)に対して戦うのは平等対話の場である。そんな言葉を言うな、という言葉応酬ではなく

自分作品存在するのは正しいという話を積み上げていく。そういう意味では表現規制派は不毛なこと言ってるよね。

対話をしない、という意味では「そんなの脅迫だ」「殺害宣言だ」とレッテル張りしてしまうのも本当に不毛だと思える。

気持ちはわかるけど、結局個々人の感情帰結してしまうよね」という問題を数年延々と堂々巡りしてることが本当に不毛

追記旦那初恋相手が私の現親友だった件について

前提

リアルで誰にも相談できないのでここに書き捨てていく。フェイクあり。

nちゃんで言われる今北産業を先に言っておくと、

  旦那が、初恋相手を忘れられなくて辛いと打ち明けてきた。

  その相手は、今も親しく家族ぐるみで付き合ってる私の親友だった。

  みんなハッピーに生きる方法を見つけられんもんかのう。

という内容の超長文です。

頑張って書いたけど、長すぎて目が滑るゼ☆って人は登場人物だけ読んで最後見出しに飛んでください。


登場人物

雰囲気が似てる以外に人選の他意はないので悪しからず)

  私……押しが強い。ハリセンボン近藤春菜さん似。

  旦那…私の旦那。押しに弱い。顔は嵐の相葉さんに似てる。高校まで男子校だったので女性免疫のないウブなやつ。

  友子…私の大事親友モデルやるくらい可愛くて、とても性格の良い子。滝沢カレンさんに似てる。

  友旦…友子の旦那塩顔イケメン綾野剛さんに似てる。この話の中では空気

4人は全員20代大学時代サークル仲間。私だけ入部が1年遅い。

どちらの家庭も既に子持ち。

経緯

初年度

春。ぴちぴち新入生の旦那、友子、友旦がサークルに入部。

男女混合で仲良くやっていたグループに3人とも属し、仲を深める。

1年間のサークル活動合宿などを経て、友子が友旦といい感じになり、秋ごろ周りには内緒で付き合いだす。

そんなこととは知らない旦那、実は一目惚れだった友子への恋を温めに温めていた。なんと初恋だったらしい。

冬に勇気を振り絞ってひっそり告白するも、「好きな人がいるのでゴメンナサイ」と軽くフられる。

旦那もその時はそれで納得して引き下がり、グループ内の仲間付き合いはぬるく継続する関係に。


次年度~卒業まで

春。ここで私入部。

サークル活動中、この仲間グループに混ぜてもらい、中でも友子とは二人で旅行に行くくらい仲良くなる。

この頃には友子と友旦の交際オープンになっており、旦那の中で燃え上がった気持ちも少し落ち着きつつあった模様。

この時の旦那は、学業事情活動頻度を極端に減らしており、サークル飲み会には月1で顔を出しに来るか来ないか…な感じ。

そんなSSRキャラ旦那に興味を持った私は、誰にも内緒で猛アタック。1年をかけ、押しに弱い旦那OKをもぎとる。

最初は私の押しの強さに負けた旦那も、次第に私のことを大切に思うようになり、

私も活動をあまりしていない旦那サークル内の話(≒友子の話)を積極的にすることはなかったので、

旦那にとって友子の存在は「初恋のいい思い出」となっていた。

ちなみにこの時の私はといえば、友子から別に何も言われず、旦那過去恋愛に固く口を閉ざしていたので、

旦那と友子の過去告白は知らないまま過ごして、サークル卒業した。


大学卒業後、問題発生

サークル大学)を卒業して全員就職すると同時に、友子・友旦が結婚

次いで、私・旦那結婚(私がプロポーズした。押しに弱い)。

仕事が忙しくなったので、私と友子は直接会う頻度が減り、旦那との会話にも友子の話題ほとんど出なくなった。

…が、旦那にとって想定外だったのは、友子一家転職に伴い、数年前に私達の住む県の隣に引っ越ししてきたこと。

私と友子が連絡を取り合って盛り上がった結果、お互い既婚だけど、どうせ4人とも知り合いなんだから全員で遊ぼうー!とBBQやらプールやら花見やらを企画

家まで電車で1時間もしないし、大学時代サークルのノリの延長みたいな感じで、私としてはとても楽しかった。

そのうち同じ学年産まれの子もでき、私と友子としては今後も家族ぐるみで遊びたいね!と益々張り切って企画を考えてキャピキャピする日々。


そんな最近旦那が「実はこの状況が大変しんどい」と上記の諸々を打ち明けてきた。

旦那としては、ふられた初恋相手の近況を今も逐一知り得る状況にあるのが辛いのだそう。

私と友子の友情は、卒業して仕事が忙しくなるにつれてフェードアウトしたのだと思っていたのに、

まさか初恋相手しか告白してサクッとふられてる)と、これから家族ぐるみで付き合い続けるなんてどんな拷問なのか、と。

子どももできて今後更にずぶずぶ関係を続けていくなんて俺には無理だ、友子はどうしてるかなとたまに思い出すくらいの憧れの存在でいてほしかったのに、と。

普段大人しい旦那が珍しく饒舌に、俺の辛さがわかるか!?と語りだしたので、内容よりそのことに呆気にとられてしまった。

一通り旦那気持ちを聞いた後で、とりあえず今日は寝なはれや…と、子と一緒に寝かしつけた後でこの文を書いている。



以上、流れとしてはこんな感じです。読みづらかったらすみません



今後どうしたいのか

私としては、友子とは末永く友人関係を続けていきたい。

母親同士が仲良いからと言って、子ども同士も絶対仲良くしてほしい!とは思わないけど、

どうせなら小さい頃から遊んでいた腐れ縁というか、幼馴染のような関係になったらいいなぁと友子とも話している。

から、頻度は落としても、年に数回は家族ぐるみで一緒に遊びたいのだ。私は。

旦那も、友子と今更どうにかなりたいと思ってはいない模様。

子どもを何より溺愛してるのでこれは信じる。

だけど、友子と会うたびに旦那の中で叶わなかった初恋の思い出が蘇るのが嫌なんだと。

今更何をしたいわけでもないのに、目の前の子持ち人妻にザワザワした想いを抱えて、心をかき乱される自分が嫌なんだと。



でも今後しばらくの間、私が友子と遊ぶときは基本子連れだろうし、

子ども同士がどんどん仲良くなっていくってことは家族ぐるみで遊ぶ機会のほうが多くなるわけで。

友子は旦那のことを完璧過去のことだと思ってるから、何も思わず家族ぐるみでと誘ってくれてるわけで。

私と友子が毎回二人で遊ぶ方向にもっていっても、その間は旦那・友旦に子を見ててもらわないといけないけど、

上記理由によりご協力お願いします…なんて友子と友旦には言えないわけで。



から大勢で遊ぶのが好きってわけではないのに、本心を隠して今まで付き合ってくれた旦那には心から感謝している。

でもだからと言って、今まで会ってた時は楽しそうにしてたよね…?と聞けば、

実際会っちゃえばどうにでもなれって感じで大丈夫なんだけど、いや自分でもメンヘラかなって思うくらいだけど、でも会うの嫌だ…などとのたまう。



友子一家と遊ぶ約束をした日が近づくにつれ、旦那の気分がどんどん盛り下がっていくのを肌で感じる。

私は一人、堂々巡り自分気持ちを抱えてどうしたらいいのかわからずにいる。


20190503追記

反応してくださった方々、ありがとう心中お察し頂いて嬉しいです。

旦那と友人関係が被りまくってるので、本当にリアルで誰にも相談できなくて…

友旦は、多分だけど、旦那が友子に告白したことリアルタイムで知ってると思う。

友子も友旦も大層おモテになる民族なので、不愉快というより、過去のことは過去のことだし他人気持ち他人気持ち、として割り切ってる(というかむしろ忘れてる)気がするな。

友旦からは何も聞いたことないし、きっとこれからも聞けないから、真偽のほどは不明

でも、旦那が今後もこの気持ちを胸に秘めて、一線を越えようとしない限り、友旦は同じ男として旦那気持ち尊重してくれると思う。友旦トテモイイヒト。

あと、私も旦那の嫌がることはしたくない、というのはもちろん大前提なのだけど、

そもそも旦那が「また次会おう!」とか友子・友旦に言うから上記を聞くまでは私も純粋家族ぐるみでのイベントを楽しんでくれてるのかと思ってた。

その場を盛り上げたくて、つい思ってもないこと言ってしまうような、口が滑る人っているじゃないですか。で、後から後悔する。うちの旦那、そのタイプ

友子も友旦もBBQグッズ用意してくれたりして結構本格的にやる人達から、その時はそれなりにイベントを楽しめるし、次のイベント大丈夫かもって思っちゃうんじゃないかな。

友子一家純粋に楽しみを求めて家族ぐるみで…と誘ってくれてるので、恋愛経験の少ない旦那けが

初恋相手は思い出の中で大事にしたかったのに」「理性では分かってるのに、目の前にするとやっぱり可愛いなって思ってしまう」

「そんな自分が心底嫌になるから、もう会いたくない」「なんでまた会おうって言っちゃったんだ俺のバカ」と鬱々としてるというか。

友子は本当にルックス性格も可愛さを擬人化した女性なので、女の私でもキュンってする時あるし、可愛いと思わざるを得ない旦那気持ちは分かる。

………分かるのだが、そこと家族ぐるみの付き合いは分けて考えられないものなのかなぁ。「叶わなかった初恋」ってそんなに大事かなぁ。

なんというか、友達と会う約束をしたけど約束の日が近づくにつれて段々行く気がなくなってしま現象?に似ている気がする。

皆さん、こういう時どうやって乗り切ってるんですかね。

2019-04-16

anond:20190416173014

体格で分けてもそこで興行的な格差が生まれ

「低重量は差別されてる!」とか言うだけやろ。


てか体格で分けたとして同じ体格の女は男に勝てるんか?

勝てなかったら女が淘汰されて、「女だけの枠を!」っていう堂々巡りやろ

anond:20190415210026

結局、彼の質問は「○○がわからいから教えてほしい」と言いながら、「○○をありがたがるなんて、気が知れない」と言いたいだけなのでしょう。

「教えてくれ」と言いながら、すでに「んなもん気が知れんわ」という答えは心の中に確固として存在しているのです。ですから、聞かれた方がいくら言葉を尽くして説明しても「なるほど!」という答えが返るはずがありません。

それは、「議論しよう」と持ちかけながら、その実は論争を楽しもうとする姿なのです。

相手自身価値観に揺らぎを見せれば、折伏した勝利者としての自らに満足し、相手が言いよどめば、相手無知の知を知らしめた自らに満足し、相手が激すれば、なお冷静な論理を紡ぐ自らに満足し、相手が降りれば、ゆるぎなき鉄の価値観を持つ自らに満足するというわけです。テーゼアンチテーゼから昇華したなにかを得ようとする姿を借りながら、相手の答えが曲がらないかぎりは自らの答えをけして曲げる気がない、堂々巡り価値観剣闘です。

そんなことを思いながら、「わからない。なぜ?」と聞く前に、本当に自分にその答えを聞く気があるのか、そこを自問自答したいものだとじっと手を見ました。

「本当はわかってるくせに。そんなことわかりたくもないと思ってるってこと」

2019-03-31

anond:20190331174849

自分の求めている表現って、大抵、投稿した後に思いつくもんだよね。

投稿する前にウンウン考えても堂々巡りするだけ。

おれは不完全なままでも取りあえず吐き出すことにしている。

からも反応はないけど、いい表現が思い浮かんだら、人知れず修正する、という少々キモイことをしている。

ま、誰からも反応ないんだけどね。むなしくなるけど、満足している。

2019-03-09

教師を信じるな

教師を信じるな。学校を信じるな。教委を信じるな。

いじめが起きても隠蔽自分たち学校名誉がうんたらーと隠し通す。

いじめの記録が残っていても捏造と言い張るのがアイツら。

担任は都合が悪くなると言い訳だらけ、校長教頭は私達は担任から聞かされていなかったと知らんふり。

教委はそれら全てを平気で行う。

いじめられていた子に対して、お前が居ると問題解決しないと転校しろと言ってくる。

転校したらしたで、今度は別の子いじめ対象となって堂々巡り

根本解決しないで繰り返すから、結局最後は誰かが死ぬ

それでも担任校長教頭も知らんふり。教委は指導しますとか言ってて結局指導も口だけ。

から同じ流れが続いているけど、昨今はもっとひどくなったよ。

無駄知識がついたのか知らないけど、やってることが陰湿

挙げ句に都合が悪くなると政治家の真似事のように体調不良で自宅休養だ入院だと。

学校なんかは信じるだけ無駄

2019-03-07

anond:20190307130237

文体から察するに多分増田とも何回か会話したことあるけど、消されてるし何話したかちゃんと覚えてないんだよね。

多くの人に見せるために増田でやるのはいいけど、ログとか総括とか論点整理とかが無いと同じ話の堂々巡りで終わるし、その時議論した人すら忘れていくから後に残らないでしょ、って言ってるの。

2019-02-09

anond:20190209030436

トイレもまったく同じです。

許容されるなら、はじめから分けてる意味がない。トイレもお風呂もいっしょでいいような気がする。

でも分かれてるのは性犯罪が…いやそれは理由にならない…で堂々巡り

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん