「身バレ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 身バレとは

2020-05-26

歌い手アンチ界隈にいたころの話

テラハの件でいろいろ思い出したので。まあテラハは界隈とかでなく一般視聴者悪口を投げつけてたパターンからじぶんのケースとは少し違うけど、誹謗中傷する人の心理話題になっているのをみてそういうのの当事者に近い人間として書くことにした。


からインターネットにはヲチ文化というものがあって、その界隈を覗くのが好きだった。ヲチされる対象は大体インターネットで「やらかした」人たちで、その対象やらかしているのを見るのも、ウォッチャーたちが執念でそいつのホラを見抜いたり追い詰めたりするのを見るのも楽しかった。

ずっとアカウントとかは作らずににちゃんねる(ごちゃんねる)のスレッドを見たりTwitterワード検索して叩いているひとのツイートを見たりするだけだった(Twitter身バレ防止のために語尾を変にしたりキャラ付けして話してる人も多く、そういうのも楽しい)のだが、ひょんなことからアカウントを作ることになった。それは、ニコニコ動画で某歌い手合作企画することが発表されたかである

その歌い手ははじめは実力派歌手として持ち上げられていたが、そのうちニコニコご意見番になって偉そうと叩かれはじめ、ニコニコにとどめときゃいいもの健康法てきなものを紹介してそれが危険民間療法だと叩かれ、そのうち歌も下手になり、可哀そうなことに最後写真から住所を特定されて引退した人物である。そのほかにもいろいろ言われてたけど真偽不明のを書いて地雷踏みそうだからここには書かない。

合作がおこなわれたのは引退からしばらくたったあとである。こんな死体蹴りが行われた原因のひとつに彼の主戦場ニコニコ動画だったこともあるだろう。淫夢などをはじめとするニコニコの「例のアレジャンル文化は、基本的に本人がいないところで好き勝手誹謗中傷する文化である。通常ヲチ文化は本人がいなくなるとすたれるが、この人のアンチスレ引退しても勢いはそこまで落ちていなかった。

合作企画アンチスレ主導で進んでいた。動画の提出方法TwitterDMで、はじめはそのために専用アカウントを作ったという風に記憶している。

ここでひとつ書いておかなければならないのは、自分基本的歌い手本人をターゲットにしていなかった。正直今この文章を書いているのは「自分歌い手から絶対に訴えられることはない」からである。まあグレーゾーン発言はあったと思う(彼をネタにした発言はしてたので)が、訴えられるとしても500番目くらいだろうし、そもそも開示期限なんてとうの昔に過ぎている。

合作に送った動画で扱ったのはアンチスレに出てくる某荒らしネタにしたものだ。彼は歌い手狂信者として振る舞い、突然自殺たかと思えば「生き返った」と書き込んだりして、スレ内の

名物キャラ存在だった。自分はそういう「そのヲチスレにもひとりはいる変なやつ」が大好きで、そいつの生態をまとめた動画合作に送った。(余談だが界隈ではその名物キャラ歌い手、という説が有力だった、ただ自分はそうではなくただの変な奴だろうと思っていた。)そいつは別の人にはっきり殺害予告したりしていたので、正直どんだけ殴っても法的に殴り返されることはないだろうという考えも少しあった。今思えばある意味普通に誹謗中傷する奴より卑怯かもしれない。

ネット誹謗中傷するやつは実生活が寂しいやつだ、なんて論調があるが、それは正しいと思う。当時自分私生活はうまくいってなかったし、それに伴って本来趣味も楽しめないでいた。そんな中で誰かを見下せば、それだけで自分存在を少しだけ肯定できる。その上、ヲチ界隈に入ってしまえばターゲット悪口を呟くだけで界隈の仲間から同意賞賛が得られてしまう。悪口というのは何かをほめるよりずっと楽にコミュニケーションをとれる方法であり(実社会でも悪口コミュニケーションをとる人たちがいるように)一度それでつながってしまうとなかなかやめられなくなってしまう。

動画提出のために作ったTwitterアカウント合作投稿された後も運営していた。他のアンチ交流したり、ごちゃんねる見ながらヤジ入れたり(直接書き込むことはほぼなかった)、なぜかTwitterアカウントまで作ってきた前述の荒らしくんとやりあったり、はっきり言ってしまえば「充実した」日々であった。アンチ仲間とは歌い手界隈以外のことも話すくらいには仲良くなったし、掲示板はいろんな話題であふれていて飽きなかったし、荒らしくんはいい感じにアホだったので空いた時間ちょっかいだして楽しんでいた。そりゃあ今考えれば異常だが、当時は本来趣味時間を費やしているときと同じような没入感と快感があったのだ。

そんな生活を数か月ほど続けていたものの、次第に心が離れ始める。理由は2つあった。ひとつは、界隈の雰囲気がどんどんおかしくなっていったことだ。私が絡んでいた荒らしくんだけでなく、ほかの荒らしまで正体は歌い手だったのではないか、ということが言われ始めた。確実な証拠があるわけでもない状況でスレッドは「それで確定だ」という方向に進み、異を唱えたもの弾圧しはじめ、だんだんアンチスレは「キ○○○の巣窟」と化していった。そんなスレをみても面白いと思わなくなり、界隈の出来事にたいしてヤジを入れることもなくなっていった。

もう一つは、同じくらいの時期に同じ名義で例のアレ内の別のジャンル投稿を始めたことだった。底辺投稿者ではあったものの、例のアレというカテゴリーはたとえ底辺であっても再生数やコメントが多少はもらえる世界であるささやか自己顕示欲が満たされるにつれ、歌い手アンチ界隈で得られる楽しみは自分にとって必要ではなくなっていった。

やがてアンチスレに触れる人も少なくなったころ、大きな事件が起きた。歌い手が復活したのだ。狂人のみが残ったアンチスレで日々考察という名の妄想が繰り広げられる「大型荒らし歌い手」説の払拭意味も込めた復活だった。やがて歌い手は開示請求損害賠償もちらつかせるようになった。そのころ自分は完全にその歌い手への興味を失っていて、一応「○○復活!!!」的なことはつぶやいていたものの、念のため過去自分ツイートチェックした(自己判断ではアウトなツイートはなかった)後はまた興味をなくしてしまった。結局自分のところに開示請求は来なかったし、ほかのアカウントやごちゃんねるの書き込みにたいして措置がされたのかは把握していない。

彼の復活の数カ月後、自分Twitterアカウントを消した。例のアレジャンル自体に飽きつつあったことと、自分投稿が伸びる気配もなかったこと、私生活回復しはじめ同時に本来趣味が楽しくなってきたことが原因だった。

それから数年たった。はじめはほかの人のヲチスレを覗いたりしていたが、しばらくすると楽しくなくなってやめてしまった。またニコニコ動画自体見なくなり(数か月に一度思い出して自分動画コメントが増えていないかチェックはしていたが)、歌い手文化にも例のアレ文化にも全く触れなくなってしまった。正直、テラスハウスの件で誹謗中傷の是非が話題になるまで「自分アンチ界隈用のアカウントを持っていた」という事実すら忘れていた。

今の自分は「ネット誹謗中傷なんて問答無用で法的措置でいいだろ」と思っている。でもそれはたまたま目を覚ますことができ逃げ切れた人間裏切りにすぎないなとも思う。やらかししまった過去は消えないな、と思いつつ、対して反省もしないまま自分記憶からは再び消えていくのを感じる。多分次にこういうことが話題になるとき自分は完全な善側のにんげんとして加害者非難するだろう。そしてこれは自分だけの話でなく、今回出演者暴言を吐いていた人や、ほかのヲチ案件ターゲットをたたいていた人たちもそうだろう。結局ネットで逃げ切れさえすれば、次の日から普通の顔をして生きていけるのだ。

2020-05-21

ブラックユニオンを知っているか

皆はブラックユニオンという言葉を知っているか

残念ながら、ショッカーブラックサタンBF団や鷹の爪団といった秘密結社を答えた人は、ハズレである

ブラックユニオンとは、企業から金銭搾取目的とした反社ユニオン合同労働組合である

普通ユニオン労働者保護目的としているが、ブラックユニオン労働者保護を建前に金を巻き上げることを目的としているのである

https://ironna.jp/article/6666

私も、自分被害を受けるまではブラックユニオンを知らなかった。

その存在認知していたようだが、それがブラックユニオンとは知らなかったというのが正確な表現だろう。

恐らくみんなも、ニュースで目にしたことがある程度に有名なユニオンブラックユニオンだったりする。

私が、そのニュースを見たときは、凄いユニオンがあるんだなと感心していたが、今から見ると、実は報道されないイロイロが裏にあるのではないかと勘繰ってしまう。

ちなみに、ブラックユニオンググると、ブラック企業ユニオンという組織が出てくるが、こういうところはブラックユニオンではないはずだ。

本当にブラック企業から労働者を守るために努力しているユニオンブラックユニオンではない(と思う)。


事例はいくつもあるみたいだが、私の体験したブラックユニオンについて説明するのが一番伝えやすいので、私の体験談を書いてみる。

もちろん、身バレは怖いので、ところどころ情報を変えているのはご承知おき頂きたい。

【主な登場人物・登場組織

A運送㈱:オーナー会社

初代社長:A運送㈱の創業社長

2代目社長:A運送㈱の創業社長の息子

Bさん:A運送社員紛争当事者

ブラックユニオン:ごろつき集団

結論

ブラックユニオン迷惑活動に、2代目社長が屈服し、会社利益をBさんと、ブラックユニオンに不当に搾取され続けることになった。

【経緯】

Bさんは、初代社長お気に入りだったが、仕事ミスも多く、やる気も無いため、仕事が出来ず、社内での評判も悪かった。

社内での評判が悪かった理由は、Bさんのために様々な手当や福利厚生制度が作られ、主にその手当や福利厚生制度を利用するのがBさんだったからだ。

じつは、私は給与計算に関与していたのでBさんの給与を知っていたが、Bさんの給与は(Bさん専用)手当で膨れ上がり基本給の2倍になっていた。

しかも、会社経費を使った横領らしきこともしていたようであるが、なかなかしっぽが掴めないでいた。

まぁ、オーナー会社あるあると言えばそれまでなんだろうが、普通に働いている社員から見ると、Bさんは不当に優遇されていたから、当然他の社員は強い不満を持っていた。

そこで、初代社長引退するにあたって、この不満を解消するために2代目社長がBさん専用となっていた手当や福利厚生制度廃止したのだ。

この2代目社長英断に、Bさんは慌てふためき、私たち拍手喝采であった。

のんきな私たちは、これでBさんも改心してまじめに仕事に励んでくれるのではないか、とか、もしかしたら転職するのではないかと考えていた。

そんな浮かれた私たちの前に、嵐は突然やってきた。

手当・福利厚生制度廃止が発表されて2週間後に、いきなりBさんがユニオンを引き連れて会社にやってきたのだ。

ユニオン団体交渉要求すると言い、その日は大人しく帰っていった。

「オイオイ、Bさん、えらいこと始めたなぁ」なんて、少し引きつりながら驚いていた私たちであったが、引きつった表情がなおらなくなるのは、それからしばらくしてからであった。

Bさんが連れてきたユニオンは、2代目社長顧問弁護士との間で何度か団体交渉をしていたらしいが、進展が見れられなかったらしく、ある日ユニオン会社前で拡声器を使って、街宣活動をし始めたのである拡声器から響き渡る怒鳴り声は、けたたましく会社に響き渡った。来客中に街宣活動をやられたときには、お客様に平謝りであった。

近所からはうるさいからやめさせろというクレーム電話会社にかかってくるが、我々がやめてほしいといったところで、街宣活動をやめるユニオンではない。

街宣活動の際にはビラも配って、会社の不当性を喧伝していたが、どう見てもBさんから一方的解釈を拡大させ、ユニオンが悪意に満ちた文章で飾ったものであったが、うちの会社の評判を下げさせるのには見事な攻撃だったと思う。

2代目社長も、ユニオンとの交渉を粘り強く続けるつもりであったようだが、毎週数回の街宣攻撃で、近所から寄せられるクレーム会社の評判が下がることに疲れ果て、ユニオン側の提示した解決案を受け入れることにしてしまった。

和解金としてBさんに数百万円を支払い、廃止したBさん専用手当を復活させるということで話はまとまった。

ここからブラックユニオンブラックユニオンたる理由となるが、弁護士によるとブラックユニオンは、この和解金や、復活した手当分から手数料を2~3割程度貰うことになるらしい。

からユニオン他人ことなのにあんなに必死で、街宣活動をしていたのかと納得した。彼らは、ビジネスとして法的に守られた恐喝を行っていたのである

ちなみに、対ユニオンでは警察は頼りにならない。うちの会社も何度か警察相談したが、彼らは介入できないの一点張りであった。

今後、私たち会社はBさんが定年退職するまで毎年、所定の2倍の給与を支払うことになるらしい。

しかも、Bさんは自分のバックにユニオンいるからと、今まで以上に仕事をさぼるようになった。

私が貰うことが出来たかもしれない給与の一部が私に支払われず、働かないBさんに払われるために使われることになると思うと、非常に鬱屈した気分になる。

2代目社長は私から見ると、リーダーシップもあって公平な社長なので、Bさんさえいなければ良い会社なのだが、寄生虫を抱えた会社に残り続けるのは、自分メンタルと、会社経営ともに悪化するのではないかと思うので、転職したほうが良いではないかと考えている。

Bさんの立場から見てみると、Bさんの生存戦略としては正しい戦略なのかもしれないが、社会全体としては間違っているのではないかと思う。

このような不正義を正すことが出来ない、今の法律行政は間違っているのではないだろうか。

もちろん、ブラック企業に苦しめられる労働者を助けるために、ユニオン自体必要であると思うが、一方でブラックユニオン搾取される普通会社普通従業員は誰が救ってくれるのだろうか。

こんな悩みで、最近悶々としている。

皆さんも、勤めている会社に満足しているようであれば、ブラックユニオンの餌食にならないに気を付けてほしい。(気を付けていればどうにかなるものなのか分からないが・・・

2020-05-20

anond:20200520203927

身バレして私生活に響くリスクって

出演する側の事情から

そんなに考慮されるものではないんだろ

AVというとモデルの質や知名度で売上が大きく変わり

そこからギャラが逆算される

芸能人のギャラの振れ幅とかと一緒でしょ

2020-05-18

自称ママキラ

自分自分ママと称する人が

苦手…

ワーママとかさ。

なにそれ、って思う。 

 

パパとお父さん、ってサザエさん

やってて、ワカメちゃんがその違いにもやっとする話があった。

可愛い話で結構好きな回なんだけど。 

 

子供がパパママ呼ぶのはどうでもいい。

自分自分ママと呼ぶのがゾワッとする

のだ。 

 

もちろん赤ちゃん

「パパでちゅよー」というの失笑しつつも

ありだと思う。 

 

ただ、大人同士の会話での自称ママが何か

苦手。あと、お互いのことを「ママ同士」と

言ったりとか。 

 

先のサザエさん引用すると、パパママ

若くておしゃれなイメージ

それを自称するんだ?と。

恥ずかしくない?

 

 

日本古来の母とかお母さんじゃだめ?

一番うざかったのが 

ママによる、ママのための、○○講座」

かい企画を立てた同僚。

くどいんだよ!と内心。 

 

○○養成講座を始めたからぜひ、っつわれて

見たら、上記文言対象者にもママ

ママにこそ○○になって欲しい、ってすごい推してたけど、私独身なの知ってるよね?

 

 

私の仕事ママでなくても、自由な働き方をしたい人に私は是非勧めたい。

企業勤めで心壊れかけた私が見つけた居場所で、そういう人にこんな道があると伝えたい。

ママ専門職みたいに言われるの心外

子供全く関係ないし。 

 

職種伏せたのは身バレ予防。また別所職業については話します。

 

 

子供、大嫌いなんです。。

大変だろな~とはすごい思うし、一応の敬意は払うけど、推され過ぎるとムッとする。

ママ至上主義な感じが、この仕事の嫌な所。

この同僚が率先してママ推しするから

独身すみません、な気分になるんだよな。

2020-05-17

鬼滅作者は子持ちじゃねーかな

身バレして一番怖いのって子供いじめにつながる事だろうし

あと変に持ち上げる取り巻きできたりとか

漫画家なんか特に描いて厨湧きそう

ごくふっつーの学校に通わせていたら収入格差も居心地悪いよね

2020-05-13

anond:20200512180640

これって単に「まともな人」って事だよね。そう珍しい話でもないのでは?

競馬パチンコとかのギャンブル一切やらない」とか当たり前の事だし、「アイドルに興味がない」なんていい歳した大人なら当然だし、「芸能ニュースに興味がない」ってのもどうってことないだろ。「テレビゲームとかソシャゲをやらない」ってのもマトモな大人なら全然めずらしくもない話だし。

SNSも、するなという話じゃなくて身バレしないように気をつけてという話に過ぎないじゃん。

結局ポイントは酒タバコをやらない人ってとこだけなのでは? (それも全然めずらしくもない)

追記

「・本さえあれば余暇問題なく過ごせる」というのを忘れてた。これが最大のポイントなんだわな。

さすがにそこまでの本好きはそう多くはないだろうな。

それ以外は結局は「酒タバコをやらない人」ってくらいか

元増田女史は本好きが居そうな場所に出入りしてそういう男を見つけるのがいいのでは?

まずは彼らの実態・生態を把握することが先決かと。

2020-05-12

anond:20200512180640

増田書くのはいいの?

ゲーム興味なし/アイドル興味なし/SNS身バレなし/正規雇用/年収のすべてを満たすのが少し難しそう。

浮世ばなれした感じか、厳格な家庭で製造された湯呑みみたいな。

でもいるとこにはいそう。研究職とか非常勤講師みたいなイメージ。あるいは作家

あと終電近い電車に乗ってて読書してる人とかは当てはまるかも。知り合いの社畜がそんな感じ。

勤務中ずっとPC見てるから画面見たくない。ゲームする時間も気力もない。昔読んでた作家の本だけかろうじて買って読んでる。(新刊チェックはしてない。見かけたら買う)

anond:20200512181538

つかギャンブルやるとかアイドルオタとかネトウヨとかミソジニーとかの方がリアルじゃあまり見かけないし

そういうのが結婚対象にならないのも当たり前

競馬スポーツとして好き、って人なら多少は知ってるけど。馬券殆ど買わないタイプ

テレビゲームソシャゲも興味ない人は全然興味ないし

タバコも中高年はともかく(中高年でも減ってるけど)結婚考えるような年齢層は元々少ないだろう

SNS身バレするような事をしないってのは当たり前のリテラシーだし

芸能ニュースも興味ない人の方が多いんじゃない?

大卒正規雇用は、元増田がそうなら周りも似たようなもんだろうし

やっぱ酒だけだな

ここを少々飲む程度なら許容するってなら対象がぐんと広がる

というか、婚活とかでも普通の条件になると思う

2020-05-08

anond:20200508195156

非正規だか正規だか知らねぇがまともな仕事してねぇーぞ

民間ならアウトな対応しかしてない


非正規正規か知らんが公務員にできない、あるいはする気がないこと

クーラーの清掃を頼みたいが業者になかなか電話が繋がらない。

やっと繋がったと思ったら後ほど折り返すと言って切電、4時間経っても連絡が無い。

仕方がないので自分から業者電話をかけ直すと繁忙期のためてんてこ舞いだと言う。


[一般的民間対応]

→ 「いつ予約を入れる事ができるか、確認してから折り返します。多数の予約が入っているため、どの日に予約を入れられるか本日中に連絡する事が出来ないかも知れない。本日はXX時に時間が空くのでそのタイミングにお電話します、ズレ込んだ場合月曜日にお電話します」と客に答え、その後指定した時間前後電話する

電話や予約対応専門のスタッフを雇う

スタッフを雇う余裕がない場合は、留守番電話活用したり、メールシステムLINEや依頼サイトチャット活用する


[公務員対応]

→ 忙しいんです。終わり(でっていう?)

今日中に電話します(しないで定時に帰る)


度し難い


追記最初死ぬべきでは?と書いたが、度し難いけど死ぬほどではない。ただ職は辞するべきだ

anond:20200508203454

2020-05-06

批判みたいなものを受けてざわざわした話

最近とあるサイト文章を公開していた。

二次創作的なものだったので、人目につかないようにひっそり書いているつもりだったし、何より自己満レベルだったので堂々と書く気にはなれなかった。

でも、自己満ということはその文章にそれなりに満足していたのも事実で、ついさっき匿名批判みたいなコメントが来たときお腹のあたりがざわざわどくどくした。その内容は「内容が薄い」「なぜこのレベル世界中に晒そうと思ったのか」「書き手を辞めろ」みたいなやつだった。(無いと思うけど身バレとかやばそうだったら後で消す)

書き始めて最初コメントがそれかと思うとなんだか悲しい。けど、悲しいと感じることは、自分自分文章にある程度の評価を得たいと思っていたことの表れでもあるし、そもそも本当の自己満だったらこんなところに書かないよなと、自分承認欲求の高さにも落ち込んでしまった。てか、こんなところに匿名愚痴ってる時点で承認欲求のかたまりじゃんね、と思ったし投稿するのやめるか、って思ったけどこの辺で発散しておかないと今後二次創作だけでなく、ただのはてブロですら投稿するのが怖くなっちゃいそうなのでここで成仏してもらう。(批判に関しては、「こんな薄い内容」というのは自分でもわかってはいたので痛いところを突かれた感じもする)(あと、批判を買いやすいのは二次創作という限りなくグレーなジャンルのせいなのもあるよね)

もっと他人視線に強くてポジティブハートを作らなければ。

2020-05-03

anond:20200503064120

東京とか大阪以外は人口が少なくて発言のボロから身バレの恐れもあるから

沖縄人はバカから気にしてないんだろうけど

誰も読まない弱音

普段増田を書くとき身バレ防止でフェイクを織り交ぜておくがめんどくさいし、深夜なので誰も読まないだろうと読まれても数人だろうと高を括って今の気持ちを書いていく。

ちょうど1年前の今頃、休職した。理由はよく分からない。いつもだったら聞き流す上司の叱責をその時は聞き流せなかった。1時間ほど、ぼーっと自分デスクPCを眺めた後「あぁもう無理だな、まぁ転職できるっしょっ」と思いながらPCシャットダウンし、上司の目を見ず早退することを告げ、朝バタバタと用意した弁当を食べずにそのまま持って帰った。家に帰ったらちょうど昼食の時間帯だったが弁当は食べる気がせず捨てた。

休職可能期間は1年半。転職活動はあまり真面目にしなかった。資格試験勉強もあまり真面目にしなかった。通院だけは真面目にした。自分でも意外だったが自分は相当参っていたらしくほとんど寝て過ごした。休職可能期間の半分を過ぎた頃ニュースではコロナウイルス中国で猛威を奮っていると伝え始めていた。なんとなく「世界的に不景気になるのでは、そうなれば自分転職先など見つからないのでは」と自分漠然とした不安に襲われた。そして復職しようと急に思いたった。たぶんその前の月に資格試験不合格通知を見た影響も大きい。ちょうど思い立った次の週に通院と人事部との面談があったので、復職希望と伝えた。主治医許可してくれ、人事は私のリバビリ出勤受け入れ部署も用意してくれた。

4月上旬、私の新しい上司となる予定の方と面談した。良い人そうだった。しかし私が復職するにあたって人事に要求した条件(なんて言うと偉そうだが、残業なしが可能部署復職したいという旨をお願いしていた)が全く伝わっていなかった。全員毎日3時間残業してるらしい。そして私1人だけ残業なしは難しいと。

とりあえずリハビリ出勤の間は数時間の勤務で8時間労働可能となった時点で残業については話し合おうという結論になった。GW明けからリハビリ出勤が始まる。席とPC用意しておくね、と上司になる方は言ってくれた。このご時世本当にありがたいと思う。

しか帰宅後猛烈な不安に襲われた。みんなが残業してるから自分も帰れない、定時で帰る人は悪口を言われる、そんな環境は明らかに休職の原因のひとつだったのに結局同じことをまた繰り返すのではないか、それに異動できたといえ、前の部署も同じ建物内にあるため前上司と顔を合わす機会、仕事で関わる機会も出てきてしまうのではないか、そんなの絶対いやだ。そんなことを考えてるうちに眠れなくなった。しかもよくよく調べてみるとリハビリ出勤では給料は出ず傷病手当金生活する必要があるとのこと。だったら傷病手当金もらいながら転職活動した方がよくないか?でもこのご時世にロク就職先なんてあるのか、でもこのまま復職できるイメージが全く湧かないし、でも案外出勤してみたら何とかなるかも、そんな思いで毎日ボンヤリしてしまってる。寝つきがまた悪くなってしまった。

2020-05-02

おかし

パパ活アプリは男が有料

ママアプリは?

男が有料

はれぇえええええええ。

がんばったら無料のが見つかりました

条件がひどい

大学用のメール登録すること

ふあああああああああ。

身バレ。必至。

2020-04-28

書きかけで、やめることが多い。

怒りや嫌悪気持ちを吐き出して、もし身バレしたら?対象の人が気づいたら?と冷静さを取り戻し、登録せずに終了、と。

ヘイト差別的なこと書いてるわけではないんだけど、叩かれたらやだしなとか、精神的な保身もあり。

したら最近?わざわざテキストエリアに残してくれてるじゃないの。やめてよね。

なんだろうこの気持ち。吐瀉物を見る気持ち

クリアする」は通常でも選べるようにしてよね。

2020-04-26

女性セックスワーカーについて男と女で話がかみ合わない理由

ここで言うセックスワーカーというのは男性相手にしている女性についてとする。

日本では「女が金に困ったら風俗嬢になればいい」みたいな意見が当たり前に存在する。

そして、はてなでは「女はいいよな。男の貧困は誰も心配してくれないのに」みたいな意見が当たり前に存在する。

主語を大きくして書くのでツッコミたい人続出だとは思うが、大雑把に言って、

男は「気持ちいいことして金がもらえるなんて女が羨ましい」と思うが、

女は「自分の身を危険さらして知らない男に恥をかかされ金をもらうなんて惨めすぎる」と思うから、だと考える。

男がたくさんの女とセックスしても勲章のように語られるだけで身体的にもダメージなんてたまにかかる性病ぐらいだが、

女の場合性病だけでなく、性器の損傷や妊娠リスクがあり、かつ、暴行殺害フェミサイド)という危険もある。

さらに「風俗に行っている男」は自分社会的立場を脅かされることはないが、

風俗嬢をしている女」は差別を受ける。職業欄に「セックスワーカー」と書けないし、副業であっても身バレしたら周りは差別するだろう。

(男も職場等でセクハラをすれば社会生命断たれることもあるだろうけど、風俗なら「金を払い正当なサービスを受けただけ」と言えるわけで。)

基本、男は「サービスを受ける側」と思っているし「金を払う側」と思っているから、岡村みたいなことを平気で言うわけで。

そういう奴は一回、知らない男にレイプされてみるといいよ。

「挿入される側」を経験してみるといいんじゃないかな。

2020-04-25

神羅電気動力株式会社退職しました

~~誰?

新卒神羅電気動力株式会社入社し、数年間 治安維持部門ソルジャーやってた。

まり言うと身バレするの伏せるが最終的にクラスファーストまで昇った。

~~from/to

from 神羅電気動力株式会社

to フリーランス

~~神羅での思い出

だいたい炎上していた記憶しかない。

いきなり同僚がいなくなったりするのもしょっちゅうあるし、上の方針に従って地方出張行ったりもあった。団体行動が命じられることもあり、一匹狼タイプの俺にはやりづらいと感じる場面が多かった。

それでも続けてこられたのはロールモデルになる先輩や優秀な同僚がいたのと、ソルジャー仕事は好きだったから。

~~なんで辞めるの?

優秀な層からどんどん抜けていったから俺も潮時かなと。

特に先述した、俺にとってのロールモデルの先輩が多忙おかしくなってしまったのはけっこう衝撃で、俺も残ったらああなるのかな、って考えさせられた。

次は自分仕事を選ぶ立場になろうと思ってる。

~~ぶっちゃけ神羅ってどう?

知っての通りコングロマリット大企業サイロ化はかなり進行しているので俺の所属していた治安維持部門以外はわからないというのが正直なところ。一般論で良ければ書く。

新卒→縦割りの階層社会に数年耐えればキャリアは積める。年功序列大企業にしては弱いほう。優秀な人間は年齢問わず出世していくし、ガツガツしたやつは向いてる。神羅出身というだけで雇ってくれる他の大企業も多いし、神子(※グループ子会社のこと。本社に比べると給料は低いがまったりしてて安定志向が多い)への出向パスもある。ミッドガル下層の中小起業は反神羅が多いから中途でそっちに行くのは厳しいかも。配属ガチャはある。宇宙開発部門とかは斜陽なので転属希望を即出せ。

中途→適正のあるところに入り込めるスキルがあるなら有り。激務のイメージあって敬遠されているようだがそれも部門によって全く違う。社宅を初めとした福利厚生は子持ち家持ちでワークライフバランスを考えるような世代にも魅力ある。

俺がいた治安維持部門は…とにかく入れ替わりが激しいし優秀な層も抜けている現状ではオススメできないな。

2020-04-23

東京都は買い物制限しろ

ブログどうせ読まれないだろうから増田として投稿する。

都知事記者会見では買い物回数を減らすように自粛要請したが感染者数の推移次第では「イニシャルごとに時間帯を分ける」選択肢現実味を帯びてくる。

FNN.jp PRIME online

名前の“イニシャル”で客分散東京都 混雑緩和向け検討

https://www.fnn.jp/articles/-/35480

(引用)買い物はできるだけ1人で行く(中略)名前イニシャル時間帯を分け(終)

東京都で本当に実施した場合どうなるのか

想像するために試算する。

○やること

 ・東京都の買い物制限シミュレーション

 ・名前イニシャル時間帯を分けるとどうなるのか予想

 ・懸念される点を考察

調査対象

 ・東京都人口

 ・試算に必要な各種情報店舗数、アンケート結果、報道資料等)

 ・東京都名字ランキングのうち上位20位までの名前と人数

 (ソースは最下部【出典】)

方法

 ・まず都民世帯の買い物フェルミ推定

 ・次に名字ランキング上位20位までの名字イニシャルを行ごとに集計、計算し、グラフ作成

 ・得られた結果をもとに、「イニシャル」案の実現性および感染予防の観点考察

○結果

 要約

 ・感染予防しつつ買い物するには時間制限と回数制限が不可欠

 ・制限がゆるいと感染拡大

 ・イニシャル別に分ける策を取ると、時間・回数制限による感染予防効果が増強される可能性があるという結論になったが全体の試算との整合性がとれないため、前提に瑕疵があるのではないかと考えられた。上位20位、というサンプリングの時点でミスってる可能性も

 詳細

まず東京都内のスーパーの数だ。

 ・統計データでみるスーパーマーケット  スーパーマーケット店舗数:業態別 20203月時点 東京都

(関東北陸東京 の順に選択)

http://www.j-sosm.jp/

  (引用)

   食品 2663店舗

   総合 126店舗

   合計 2789店舗

           (引用終)

注意:個人青果店鮮魚店精肉店コメ店、パン屋等は入っていない

次に、時間帯の設定だ。

まず一回あたりの買い物にかける時間

・ReseMom 7割以上の主婦、1日あたりの買い物時間は30分以上…既婚女性調査

https://s.resemom.jp/article/2012/11/07/10730.amp.html

2012年の記事。古い。

(抜粋)買い物に「ほぼ毎日」行くのが22.8%、2〜3日に1回が55.2%。1日当たりの買い物にかける時間は「30分未満」が27.4%で、7割以上が1日当たり30分以上(終)

時間帯だけでなく日数も制限する必要がある。日数制限をかけないと延べ人数が膨れ上がる。

そこで2つのシナリオ仮定

①全員に週一回、30分に抑えてもらう場合。かなり厳しめ。

②全員に週二回、各回1時間に抑えてもらう場合。ややゆるめ。

外国の現状をみると強制力を伴った制限が将来課される可能性も十分にあるので参考になるだろう。

スーパーマーケットの食品売場は営業時間の短縮を行っていないチェーンも少なくないので、週7日間8:00~23:00(計105時間)と仮定すると東京都内全2789店舗×105時間=292,845時間 を東京都民13,951,636人で分け合うことになる。

292,845時間17,570,700分

ここでさらに、

A.東京都民全員よりも世帯あたりの買い物で考えていない点。

B.暗黙に一店舗にその時間帯に一人しか買い物できない、と前提している点。

の2点を考慮して試算する。

...とその前に但し書き

 実際には地理的特性人口分布店舗分布、買い物ニーズ分布、また買い物時間帯の出現頻度の偏り(たとえばサラリーマンは平日買い物ができにくい人が多いが、学生主婦年金生活者等は平日でも買い物しやすい人が多い、また若いほど夜中に買い物しがち等)等考慮すべき項目が山ほどあるが以下ではこれらを無視して東京都都民の行動は均一であるかのようにみなして計算している。

A.を考慮した買い物をする人数の算出

東京都総務局統計部 

住民基本台帳による東京都世帯人口 第4表区市町村別面積、人口総数に占める割合一世帯当たり人員及び町丁数

https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/juukiy/2020/jy20000001.htm

一世帯あたり人員数は令和2年1月時点で1.90人

ここでは概数で計算するので一世帯あたり2人に直す。

都が「一世帯で一人買い物をして下さい。」と要請し完全に守られたら

東京都全体で 

 13,951,636÷2=6,975,818人 

が買い物をすることになる。

B.を考慮した店舗キャパティ計算 

 ・統計データでみるスーパーマーケット 売場面積

http://www.j-sosm.jp/numeral/2017_29_35.html

日本全国のスーパーマーケットの売場面積における全体平均は都市圏で1,037.8m²、地方圏で1,369.7m²。

注意:食品売場の延べ床面積を見つけることができなかった。

東京都は全体平均の都市圏1,037.8m²で近似する。実際はさらに狭いだろう。

 延べ床面積の半分が食品売場だと仮定すると一店舗あたりの食品売り場面積は、

 1,037.8m²÷2=518.9m²/一店舗 

次に、一店舗ごとに、同一時間帯に何人まで買い物ができるのか(区切った時間帯に何人入れるのか)。

 ・東京新聞 <新型コロナ>「感染拡大」自治体休校検討を 東京大阪が該当地域 専門家会議が示した地域の3区分

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020040202000151.html

(抜粋

感染確認地域」 屋内で50人以上が集まる集会イベントは控える

感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止

(終)

感染拡大警戒地域の項において専門家会議は屋内外どこでも10人以上集まるな、といっとる。

都としては「食料品等の買い物に限り」10人以上の集まり例外的許可するのが現実的に取りうる方策

かといって「感染確認地域」屋内50人 のラインを超えてオーバーシュートした場合専門家会議提言無視した責任を問われる。

それでもなお10人は少なすぎるため、実際には、

 10≦同一店舗の同一時間帯に買い物できる人数≦50

というところだ。

以上ABを考慮した条件設定

 a.都内スーパーマーケット店舗数2789で全日休みなく8時から23時まで営業した場合都民が一週間で買い物に使えるのは累計292,845時間=17,570,700分

 b.一世帯で一人買い物するとみなすと、東京都全体で 13,951,636÷2=6,975,818人が買い物をすることになる

 c.人数は (10≦)同一店舗の同一時間帯に買い物できる人数≦50 の範囲になる()内は必要条件でないことに注意。本来なら≦10であるべき。

あと今更だが店員の数は入っていない。

それでは上記を踏まえて、

①全員に週一回、30分に抑えてもらう場合(厳しい制限

②全員に週二回、各回1時間に抑えてもらう場合(ゆるめな制限

の二本のシナリオに沿って試算していく。

繰り返すが種々の偏り等はバッサリ切り捨ててる。

①全員に週一回、30分に抑えてもらう場合

まずa.から、一週間に割当可能時間帯のブロック区分表記、が全店舗を合わせていくつあるのか。

17,570,700分÷30分=585,690(区分)

次にc.の範囲適用すると、全店舗を合わせた割当時間帯の区分を合計してえられる延べ人数は

 [(10≦)同一店舗の同一時間帯に買い物できる人数≦50] × 585,690(区分) 

   →  [(5,856,900≦)東京都内で買い物可能な延べ人数≦29,284,500] の範囲内。

b.と比べてみると・・・ 

(5,856,900≦)6,975,818人≦29,284,500

と、一週間単位で一応目安の範囲内でやりくりできることがわかる。

ただし、これは「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限は超えている。つ感染予防の寄与度は限定的だ。

②全員に週二回、各回1時間に抑えてもらう場合

まずa.から、一週間に割当可能時間帯の区分が全店舗を合わせていくらなのか。

便宜上、1時間二回を120分にまとめると

17,570,700分÷120分=146,422.5(区分)

次にc.の範囲適用すると、全店舗を合わせた割当時間帯の区分を合計してえられる延べ人数は

 [(10≦)同一店舗の同一時間帯に買い物できる人数≦50] × 146422.5(区分) 

   →  [(1,464,225≦)東京都内で買い物可能な述べ人数≦7,321,125] の範囲内。

b.と比べてみると・・・ 

   (1,464,225≦)6,975,818人≦7,321,125

と、一週間単位でなんとか目安の範囲内でやりくりできる。

しかしながら、①よりもさらに「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限は遥かに超えて、このシナリオだと政府専門家会議提言のうち「感染確認地域」 屋内で50人以上が集まる集会イベントは控える という、よりあまい基準の上限に近い人数になってしまう。

              

そういうわけで「週二回までいいけど一回で事足りる世帯は控えてね。ネット通販とか宅配利用してね。二回行くと結構死ぬよ?」という政府自粛要請ジェネリックが処方される事態、そして最悪の場合感染爆発からの長期にわたる都市封鎖が予見される。


ここまでで導き出された結果↓

・買い物の時間帯だけでなく一週間単位での回数制限必須である

・かなり厳しい制限を課しても「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限は超えてしまい、感染予防の効果限定的である

・ゆるい制限だとさら感染予防の効果が低減し、最悪オーバーシュートする

大半の「意味のある情報」は以上だ。

ここから統計学的に色々無理をした結果、整合性のとれない結論になった。読まなくて良い。

東京都民の名字ランキング上位20位のイニシャルを「行ごと」に集計した結果

[f:id:Hidemonster:20200423204054j:plain]

おいこらはてな記法身バレしまくるじゃないか。い

2020現在、最も多い「さ行」だけで約686,500人。

2位と約317,300人の差がある。

大まかに言って1位「さ行」の人口は2位「や行」の倍近く存在する。

それに比べて、2~4位「や行」「た行」「か行」は両端の「や行」と「か行」の間でも約53,000人の差。相対的に少ない。

31万の差と5万の差とではおよそ6倍の開き)

そして2万人台に「あ行」、1万人台に「わ行」「な行」。

ここで先程の試算結果を参照。

①全員に週一回、30分に抑えてもらう場合

a.から、一週間に割当可能時間帯の区分は全店舗を合わせて、

17,570,700分÷30分=585,690(区分) 

である

「さ行」だけで約686,500人、均一に一世帯2人構成である仮定すると、

都内に住む「さ行」の方で買い物をする人数は、

 約686,500人÷2=約343,250人 

ここで、冒頭の「入場制限頭文字(イニシャル)ごとに時間帯を分ける」ことを「名字の偏り」を勘案せずに行う。

イニシャルで住む場所に偏りがなく、またスーパーの立地も偏りがないと仮定し、「あかさたなはまやらわ」の10音で時間帯を均等に分ける。

 たとえば、「あ行」は月曜の8時から30分間、「か行」は同8時30分から30分間、「さ行」は9時から30分間、・・・・・以下続く。

単純計算で、行ごとに

585,690(区分10行=58,569(区分)/行 

の配分を受けられることになる。

すなわち、

約343,250人÷58,569(区分)/行≒5.9

となり、最多の「さ行」の方でも同一時間帯におよそ6人で買い物することができる。

これは政府専門家会議提言:「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限を下回る数値であり、週に一回30分のみ、一世帯一人だけが買い物をするならば、イニシャルごとに時間帯を分ける策で感染拡大の抑制に大きく寄与するとなる。

「おいおい、さっき全体の試算で 『5,856,900≦6,975,818人≦29,284,500 と、一週間単位で一応目安の範囲内でやりくりできる。それでも「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限は超えてしまって・・(中略)・感染拡大の防止への寄与度は限定的』と書いてあったじゃないか。」というツッコミが入る。

これではイニシャルごとに分ける策がかなり有効なのではないかという論証になってしまう。

おら、この策に疑問を抱いた側。

先程の「イニシャルで住む場所に偏りがなく、またスーパーの立地も偏りがないと仮定し」た部分に原因を求めることができようかと愚行。

現実世界ではありえない均一性を前提としたための誤謬、ではないかと。

姓や店舗地域分布に偏りがあるのは歴史的にみても道理である異論不認)これらを勘案して計算し直すと全体の試算結果との整合性がとれるのではないかと予想。特に地域によって散発的な感染拡大が予想される。

それでも東京23区は地方部と比べると姓と地域性が切り離されている印象なのでどうなるのかは実際に計算しないとわからない。

次に②全員に週二回、各回1時間に抑えてもらう場合

1時間二回を120分にまとめる。

17,570,700分÷120分=146422.5(区分)

先程と同様に冒頭の「入場制限頭文字(イニシャル)ごとに時間帯を分ける」ことを「名字の偏り」を勘案せずに行うとどうなる。

(無理を承知で)イニシャルで住む場所に偏りがなく、またスーパーの立地も偏りがないと仮定し、「あかさたなはまやらわ」の10音で時間帯を均等に分けるとどうなる。

単純計算で、行ごとに

146,422.5(区分10行=14,642.25(区分)/行 

の配分を受けられる。

すなわち、

 約343,250人÷14,642.25(区分)≒23.4

となり、最多の「さ行」の方では同一時間帯におよそ23人で買い物する計算

これは政府専門家会議提言:「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限を上回る数値ではあるが、「感染確認地域」 屋内で50人以上が集まる集会イベントは控える の上限の半分以下には保てるため、週二回、各回1時間一世帯一人だけが買い物をするというゆるめの制限を課した場合だと、イニシャルごとに時間帯を分ける策を合わせて取るならば、感染拡大の抑制に対する寄与は相当に限定的だ。

それでは、名字ランキング2位の「や行」では。均一に一世帯2人構成である仮定すると、

「や行」の買い物する人数は、

 約369,200人÷2=約184,600人 

すなわち、

 約184,600人÷14,642.25(区分)≒12.6

となり、2位の「や行」の方では同一時間帯におよそ13人で買い物する計算

これは政府専門家会議提言:「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限をわずかに上回る数値ではあるが、「感染確認地域」 屋内で50人以上が集まる集会イベントは控える の上限の26%程度には保てるため、週二回、各回1時間一世帯一人だけが買い物をするというゆるめの制限を課した場合だと、イニシャルごとに時間帯を分ける策を合わせて取るならば、感染拡大の抑制に対する寄与はやはり限定的ではあるものの、「さ行」と比べると高いとなる。(感染拡大リスク感覚的に半分程度、といったところか)

 が、こちらもやはりイニシャルごとに分ける策が有効なのではないかという論証になってしまう。

おらはこの策に疑問を抱いた側だ。

...うーむ、やはり、前提で躓いたか

もはや上位20位、というサンプリング妥当性にも疑問が(統計用語としての妥当性とは違うことに注意。)

こちらが名字ランキングの上位20位の人数が都民人口全体に占める比率を表したグラフ

[f:id:Hidemonster:20200423205519j:plain]

から何故身バレしたがるはてなよ。

ご覧のように上位20位はわずか16%に過ぎない。

残りの84%は21位以下の名字

本来もっとサンプルを広く、中央値付近まで入れなくてはならなかったのかもしれん。

はいいつつも名前イニシャル感染リスクにかなり差が発生することは認められるわけなので、都としてもなかなか踏み切れないでいるのが内情ではないだろうか。

以上が調査分析結果だ。読んでくれてありがとう。書くのに十時間かかった。

2020-04-21

ダイバーシティってなんなんだろう?

身バレ防止のため少しボカしています

新型コロナで騒がれている中、会社の都合で退職余儀なくされた。大学出て総合職で働いていたものの、病気後遺症的なモノで障がい者になってしまい、障がい者枠で初めて働いていた会社である。その会社グループダイバーシティSDGs積極的PRしていて、潰れない限りは大丈夫だと思っていた…

それが突如「障がい者雇用枠を撤廃して、地方の特例子会社へ一本化する」という親会社一方的理由でクビになったのであるしか契約更新の前の月の末に突如宣告され、「最後の月の給料は出すから出勤しないで転職活動してくれ」という突っぱねぶり。最終出勤日に至っては部書内でかなり冷たく接しられ、お世話になった人へ感謝気持ちを伝えられず定時で追い出された次第である。あまりにも唐突なことで今もフラッシュバックが起こってしまいそのたびに胸の内が苦しくてたまには怒りやうつや泣いて情緒不安定状態で過ごしている。

そもそもダイバーシティとは「性別国籍、障がいなどで差別せず平等に扱う」という意味。それなのに親会社はLGBTsの取組とか大体的にアピールしつつ、障がい者は特例子会社という日本独自制度排除するっておかしくないか?他の国内企業ではグループで特例子会社を持ちつつも独自障がい者雇用をしているところがあるのに、ダイバーシティをあちこちアピールしている親会社の行動はなんなんだろう?外部から見たらダイバーシティだろうけど(特例子会社ハロワ求人必須なのでサイト企業名が出る程度)、内部がこれだと虚偽のアピールなので安易ダイバーシティ推進とか言わないでほしい。これが全国屈指の有名企業というから本当に笑えない。

現在部長に紹介された障がい者就労移行施設に通所しながら転職活動をしている。移行施設には様々な障がいを抱えている人が日々訓練している。その中で会社都合で退職した人が放り込まれたら…パソコンができるだけで羨まれファイリングなどを短時間でできることにスタッフが驚き、普通に電話対応している姿を入所までの背景を知らない他の人が見たら「なんであんなにできる人がここに?」と逆にプレッシャーを与えてしまいかねない。私だって本当は大学出て(病気で2年弱休んだけど)ずっと働いていたのだもの支援施設サポートはあまりいらないと思っていた。それでも部長の勧めと運悪くコロナ関係求人が徐々にストップしている関係でやむなく通所している(なお現在は外出自要請のため在宅訓練)。「ブランク施設通所にすれば相手ウケいいから」という施設側の責任者言葉で渋々入所を決めてしまった。私みたいな人がいたら周りからみてプレッシャーだ。相手がそう思うか否かは別として、パソコン操作に苦しんでいる人とか軽作業で苦労している人とかを見ると申し訳ないと涙が出てしまう。今でも身勝手理由退職に追い込んだ会社を恨んでいる。

まりにもひどい内情を知ってしまった以上、次は今までチェックしていなかった外資系転職しようかと考えている。話によると外資系本社のある国の基準採用を行っているという。そうなれば特例子会社障がい者排除という理不尽退職をしなくて済みそうだ。コロナが落ち着いたら前の会社より給料福利厚生も色々と優遇されている会社転職してやる。

そして、興味半分で自社のリクルートサイトを見たら、まだ障がい者採用のページが残っている。この内情を知らずに応募する障がい者の人がいると思うと心が痛む。はなから採用する気がないのに、応募書類を作って送る時点で無駄な労力だ。

最後障がい者採用枠で仕事探している人へ。求人ハロワ民間障がい者専用の就職サイト以外をろくに信じてはいけない。私のいた会社のようにハロワに怒られないようにただ求人だけ出している企業が少なからずあると思った方がいい。コロナが落ち着いたら安定して働ける会社で思う存分(でも無理しない範囲で)働こう。

2020-04-04

夜職の人達は30万円もらえない理由

夜職とは風俗キャバホストクラブとかの夜の店で働いてる人のこと。

まず、彼女らは収入に見合った税金を払っていない。店から源泉徴収されてはいるが、金額関係なく1割だけだ。月収が5万でも100万でも1割。

その1割も、だいたい店の懐にとどまる。つまり彼女らは直接税を払っていない。

確定申告していればその時に正しく税金を払えるが、そんなことをしてる夜職の人は稀である特に昼職と兼務してる場合身バレしてしまい昼職を失うことになるので確定申告することはあり得ない。

まり、夜職の人達は、夜の仕事で1円も給料を貰っていないことに公式記録上なっている。

従って、いま国が検討している給付制度では夜職の人達は1円ももらえない。それどころか過去脱税を指摘されて追徴課税食らったり、昼職の職場にバレて大問題になるのがオチである

夜職の人達お金の件で役所に行くことは難しいと分かっているので、給付金の話が報道されても「貰えるといいね」くらいにしか思ってない。

また休業補償が夜職の業種が対象外報道されても「そりゃそうよ」程度だ。店の実態を知ってるからだ。けしからん差別するなと騒いでるのは昼職しかやってない出羽守だけである

では何がセーフティネットになるかというと、風俗の昼営業

これは三大都市圏でも営業自粛してないのが殆どで(自治体から自粛要請対象にも入っていない)、店のホームページ新人情報には3月入店の嬢の紹介がワラワラと。

他には無修正AV撮影。もともと性病検査を経ないと撮影仕事にありつけない仕組みになっており、比較安全仕事である顔バレが怖いが、化粧で意外と誤魔化せる。

他にもあるが、法的にグレー以下なものになるので書かない。

2020-03-30

100日後に死ぬワニの余波で死んだ小魚

ふざけんなよまじで。

酒飲みながら書いてるから許してな。

漫画編集やってるアラサーおっさんなんだけど

連載会議で通りそうだった担当作が

100日後にしbぬワニの影響食らってお蔵入りになった。

漫画家になんていえばいいんだよまじで。

最初に言っておくけど、今回の件は俺も漫画家も、ワニの作者のきくちゆうきさんでさえも、とばっちり受けてるだけ。

悪い奴がいるとしたら、電通陰謀論を唱えてたツイッター馬鹿たちと、ワニを台無しにしたクソPR会社。以上。

こっから先は時系列で何がおきたかだらだら書くから暇なら読んでくれ。

一部身バレ防ぐためにフェイクもいれてる。

まず最初。ワニの完結から商品化告知解禁までが早すぎたせいで、電通陰謀論流れる

翌日、編集部ではちょっとした笑い話になる。

なぜなら電通がイチバチでオリジナル作品を仕込んだり育てたりしないから。

すでに売れてる作品にすり寄って「PRやるから手数料ください」っていうのが電通仕事で、しょせんは仲介業者

PR会社が下手こいたってだけの話で、よくある電通陰謀論だなって印象。

さらに次の日、ワニの作者が過去電通と一緒に某ネズミ仕事やらかし疑惑のある

零細広告代理店(A社)と繋がっていると発覚。

これもまたTwitter馬鹿の燃料になる。

というか繋がりの根拠パーティー行ってたからってアホかよ。

パーティーなんざクリエイター囲ってる金回りのいい企業ならどこでもやってるわ。

LINEスタンプですらパーティーあるらしいぞ。

これがきっかけで他の漫画家にも「この漫画家もA社と関わりあるぞー!」って火がうつって一瞬で魔女狩り状態

パーティー出ただけでこんなん言われるって罰ゲームだろ。とか思いながらここまでは対岸の火事

ただ、その数日後になんとなく不安に思って、担当してる漫画家に

「A社と関わりあるパーティーとか行ってないようね?」

って聞いたらなんと…。

関係ありませんでした(おそらく)

おそらくって書いたのは自己申告だから

本人に聞いたら行ってないって言うから信じることにした。

例の寄せ書きを描いてなかったし。

じゃあお蔵入りにならねーじゃんって思うかもだけど。

よくよく聞いたらPR漫画はいくつか描いちゃってたらしくて、

それが理由でお蔵入りした。

いくつか描いたやつもA社の仕事じゃないらしいんだけど、アウト。

編集部的には、今はどんなPR漫画もA社の仕事だと思われてるから、この連載が人気出た時に

「昔描いたPR漫画はA社とも電通とも関係ない」と言っても悪魔の証明になっりまうって判断だった。

もしアニメ化なんてしたらそれこそ陰謀論者ウハウハな展開になるので無理ってことでおしまい

俺は気にしすぎだと思うんだけどね。

話題がまだ冷めきってないとか、時期のせいもあるんだろな。

てかPR漫画描かないと生活できないのが事実なら、出版社も悪いだろって思う。

家にろくに金入ねい父親が娘のバイトけしからんって言うような寒さがある。

まぁお前が頑張れよってかんじだよね。

俺が頑張るよ。なんとか努力してみるわ。

とりあえず担当してる漫画家には明日とか明後日とか、来週あたりにでもお蔵入りの話するわ。

ほんとに気が重い。

広告漫画のせいでお蔵入りでーす!!」なんてしょっぼい理由

口がさけてもいえない。

なんかそれらしいこと言おうと思う。

てかちょっと寝かせて、話題が風化したらまた会議にのせてみようかなとすら思ってる。

いい漫画なんだよまじで。身内びいきあるかもだけど。

最後にだけど、個人的意見だけど。

漫画家にはなるべく、亜空間飛行みたいな名前漫画広告代理店とは関わらないでほしい。

だんまりきめこむ会社じゃ頼りにならないから。もっといい会社見つけてほしい。

で、なんかあった時に「うちはカンケーねえから!」って宣言して、

バリア張ってくれるとこと仕事してほしい。

もし水戸黄門世界SNSが会ったら

お話だってことはわかるけど。

すぐ身バレしそうだよな。

居合わせ民間人が「事件解決なう」って言ってそう。

多分、SNSがなくても人づてに身バレしそうな気さえする。

2020-03-25

ワニの件で、昔大炎上したのを思い出した。



ワニのメディア展開の件で、大炎上した件について、自分も数年前に似たような感じで

大炎上に巻き込まれた?事を思い出した。

たぶん、目線としては作者、および電通とかの目線なんでよろしく

自分WEBデザイナーだ。ちょうど、大炎上した時はリーマンショック云々とかで超不景気

中小企業バスバス倒産した頃だ。ちょうど自分会社資金繰りがうまくいか倒産した。

んで、次どうするかなーと失業保険もらいながらニートしてた頃に

その会社でお世話になった企画プランナーの人から連絡があった。

バナーを作ってほしい」

最初はそんな感じだった。その企画プランナーさんは自分よりも前に退職したんだが

結構アクティブな人で色々な事をやる人だった。

前職はSI系と教育系がメインのお硬い感じのITだったが、その人の仕事だけは特殊

割とメディア寄りの事をやっていた。イベントとかそういった感じの。

「盛り上がる」ような事であれば何でもやるっていう感じの人だった。

そんな感じで、退職後も自分で色々やってたようなんだが

詳細を聞いた所、どうやら、気まぐれで動物保護して、その動物との生活ブログで公開していた所

結構な人気が出たらしく、今で言う「バズった状態」になったらしい。まだFBtwitter一般的になる前(か、なり始め)

だったんで、アメブロ2chという感じの界隈だったと思う。

会社ではわりとぶっきらぼうタイプの人だったんで「動物保護とかするんかい」とちょっと以外だったんだが

ブログの内容もハートフルで非常に良い感じだった。

失業中で暇だったのもあり、ちょっと手伝う事にした。

この時点で自分感覚としては

自分特に動物とか好きでは無い

・お世話になった人だったか

・暇だし、まぁバナーかぐらいなら

というような感じだった。そんな感じで、ブログデザインテンプレをちょいちょいと修正して

若干見た目を良くしてあげた。

---------------------------------------------

その後も順調にブログ運営していたようで、ちょいちょい連絡を貰って現状を聞いていた。

ちょうどブログ本とかが流行ってた時期でもあったんで、広告代理店から出版化の打診とかも来ていたようだ。

この辺がちょっとワニとかぶるんだが、広告代理店などのアンテナばりっていうのはまじでめちゃくちゃ早い。

アンオフィシャル状態から仕掛けが入っている。たぶんなんだけど、ワニもそういうどっかしらのタイミング

ふわっと噛んできたんだろうな。。

話は当時に戻って

動物保護しバズった」のは結果としてそうなったわけであって

動物保護した事自体」は完全にこの人の気まぐれと善意から始まった事である

そういう訳で、この企画プランナーさんは、こういった保護されるような不幸な動物達(虐待やらなんやら)のために

何か出来ないか?という事で、募金?のような感じで賛同者を募る事にしたそうだ。

ちなみにこの時点でも動物に興味が無い自分なんで、色々熱心に説明してくれたんだが

あんまり良くわかってなかった(汗)

「まぁ何か良いことしたい」って感じなんだろなーぐらいなもんだった。

とりあえず、募金の使いみちは出資してくれた方々とブログとかで交流しながら詰めるとして

去勢とかそういうような方向性で貢献できるような感じを想像していたらしい。

さて、この辺から何かしらちょっと不穏な空気が出てくる。

これまでハートフルだったブログ読者達の中で「金銭」がからむ事への何かしら不穏な空気が流れだしたようだ。

まぁただこの時点では、大多数は賛同者だったらしく、このプランナーさんも

「そういう意見もあるから慎重にやらないとねー」

ぐらいに言っていた。

---------------------------------------------

さて、この時点で振り返ると、

・完全に善意と気まぐれで始まった活動がバズった

・その中心人物企画プランナーという職種の人だった事

事の発端は、この人の完全なる善意スタートしているんだが、この人は企画屋という側面もある事。

んで、実際に多くの人に注目され、ブログ本化の打診も来ている

という状態だった。

そのタイミング基金を募るという行動は、スムーズに行けばめちゃくちゃ良い方向につながったに違いない。

動物保護してから生活ブログで公開し、注目され、基金設立

その基金からさら動物に対して「良い」事につながる活動をする。

そしてそれがブログ本で出され多くの人の手に渡りさらに相乗効果生まれる。

トントン拍子で行ければそうなったに違い無い。

---------------------------------------------

この基金を開設するにあたって、さすがにそういった知識等が無いプランナーさんは

そういった慈善活動等を通して社会貢献を行う事を種としたNPO団体とつながる事になる。

ちなみにこのNPO団体も前職でのつながりだ。

IT系の会社ながら、そんなイベンターや、慈善活動やらをやってる人たちがいたっていう

今考えれば、色とりどりな会社だったのかなと思う。

そのNPO団体代表さんに相談し、基金を開設するまでのフォローをおねがいすることにしたそうだ。

そういう点に関しては、このNPO団体のおはこといえる部分だろう。

活動を通して、社会をより良くし、そして利益も生んでいく。

それのプロフェッショナルな訳だ。

なんとなく始まったブログから、実際にこういった具体的な活動に繋がった事に

プランナーさんは結構な達成感があるような感じだった。

自分も、ただブログバナーだけの協力だったり、話を聞くだけレベルの携わり方だったが

何か嬉しく感じた。

---------------------------------------------

そんな中ちょっと事件が起こる。保護していた動物が死んでしまったのだ。

ちょっと身バレもつながるんでファジーに書くんだが、このブログスタート

虐待等で傷ついていた動物を、このプランナーさんが保護した」という事からスタートした

ブログだった。その動物を世話や交流を綴っていくという感じのブログだったと思う。

しかし、様々な処置も虚しく、この動物他界してします。

この基金開設のタイミング自分はよく分かっていないんでアバウトなんだが

この出来事が強く影響していたのは間違いない。

「こういった悲しい事をなくす為の基金にしよう」

という思いは本物だった。

---------------------------------------------

しかしここでちょっと雲行きが変わってくる。

実際に基金を募るため、NPO団体側としても人々を集めるための動きに出るようになる。

ここで善意のこじれが出てくる。

このNPO団体スタンスとしては「外部」という形で協力しているというスタンスだったんだと思う。

なんで、この一連の活動に関して

「こんな素晴らしい活動が行われているんです。みなさん知ってください!」

という感じで、中核にいるというスタンスではなかったんだと思う。

このNPO団体は、そういった事を「外部」としてサポートするプロフェッショナルだったわけだ。

そして、そのNPO団体が作ったバナー掲載された文言が「感動の物語」という一文だった。

この一文がトリガーになる。

動物保護し、その交流の中で生まれたたくさんの出来事、そのハートフルさに人が集まる

しかし、そんな中動物他界してしまい、そんな悲しい出来事を起こさないようにしたいという思い

というアウトラインは、外部が纏めるならば「感動の物語」の一言しか無いだろう。

NPO団体は外部から目線でそういったワードを選んだんだと思う。

しかし、実際に基金賛同していたり、ブログの読者からすれば

この活動の中心になっている人たちが自分達で「感動の物語」と称している

ように写ったんだと思う。

んで、このバナーを見て自分は「この文言大丈夫なんすか?」っとプランナーさんに訪ねたが

プランナーさん自身

「そうなんだよね。ちょっとこの文言大丈夫なのかなっておもうんだよ…」

とぼやいていた。ここで、じゃあこのプランナーさんが「修正」を出せば良いと思うかもしれないが

この辺が「善意」の微妙な所で

このNPO団体さんも完全に「善意」と「前職のよしみ」という感じで協力をしてくれているのだ。

そして、そういった基金設立というようなノウハウに関しては、完全にNPO団体さんの方がもっている。

という訳でこのプランナーさんは、そういった力関係から、このバナーワードに関して

口を出さなかったようだ。いや、たぶん気を使って言わなかったんだろう。

善意に対して」申し訳ない。

というような感じだったんだろう。



---------------------------------------------

さて、そんな不安満点のワードが盛り込まれバナー案の定大炎上する。

動物の命が亡くなっている事が感動の物語なのか

・感動商法の金集めなんじゃないのか

そういったような意見が多く寄せられたようだ。

ブログコメント欄も大荒れで、掲示板でもスレッドが立つ等炎上をしてしまう。

そういった負の感情連鎖っていうのは本当にものすごいエネルギー

これまで積み上げてきたものを一瞬でふっとばすかのようだった。

ワニの件でも「嫌儲」というキーワードがあったが、「お金」が絡むと本当にすごい事になる。

まったく事実無根な事ばかりが書かれまくるのだ。

このプランナーさんとしてもブログ本の出版というようなメディアミックスを行う事も

頭の中にあったのは間違い無い。

しかし、それは最後最後きれいな形でそうなれば良いし、そしてその活動でそういった不幸な動物達に対して

目が向き、世の中が変われば良いと思っていたのも間違い無い。

この「基金自体お金を集め儲けようなんて思っていなかったのは、本当だ。

しかし、そんな思いとは裏腹にどんどんと広がっていく。

まず、プランナーさんのこれまでの行動がさらされれる。

もちろん、このプランナーさんも個人ブログという形でやってたんで、人間臭いところもあったんだろう。

そういった人間くさい所に悪いフォーカスが当てられる。

そしてNPO側の情報ネット上にさらされる。代表者の名前、経歴等

なんというか「疑い」の目というのは本当に怖いなと感じた。

ちなみに、自分対応したバナーブログテンプレに関しても

「急にプロっぽいクオリティになる金銭が発生している可能性がある」というような疑いをかけられいた。

金銭は発生していないが、まぁ本職の人間がやってるんだからそうだろう。

プロっぽいクオリティと言われて、内心ふふんと思ってたりしていたが。


---------------------------------------------

そんな感じで、あることないこと書かれて、一気に燃え上がった。

こんなはずでは…とプランナーさんと話す。

これはもう、経緯をもっと詳しく書き、ブログ読者達にしっかりと理解してもらうしかない。

そうなったプランナーさん、読者にむけてのメッセージを書くことにした。

そして自分はその文章大丈夫かどうか読者目線で見てほしいとおねがいされた。

まぁ要は謝罪文添削ですな。

んで、そのプランナーさんが出してきた文章は、そのブログでの口調が反映された文章だった。

まぁ言ってしまえば、結構フランク言葉選びというか。

個人的にこのワードセンス違和感を感じた自分

謝罪や釈明ならば、もう少し社会的な感じの方がよいのではないか?」

というアドバイスをした。自分としては、プランナーさんが出してきた文を見た時に

さら炎上する」と感じたからだ。

その意見を受け、プランナーさんは文章を硬い感じの文章に書き換えた

「この度は当ブログが発信した内容が社会的に大変な混乱を…」

的な。

んで、これがまた大炎上する。「急に会社っぽくなりやがった!」と。

もうこれに関してはエェぇぇエエエ……!!って感じだった。

疑惑の目ってマジに怖すぎ。

---------------------------------------------

そんな訳で、必死の釈明も全く逆効果に。

正直、プランナーさんももう訳がわからなくなってきており

かにすがりたいっていう感じだったんだろう。

自分もなんとか協力したいという思いもあったが、それ以上に、この大炎上騒ぎが本当に

怖くて怖くてたまらなかった。

画像も、ブログCMSの容量制限から設置が出来ず、自分管理している個人サーバー

画像ファイルを設置していた。

このままだと、ブログソースまで解析されて、自分までやり玉に上がってしま!!!

連日相談をかけてくるプランナーさんに自分もとうとう疲れてはててしま

「もう自分じゃわからないんで電話しないでください!!!!」

とブチギレてしまった。

あの時のプランナーさんのしょんぼり具合は本当に悪い事をしたと今でも思う。

でも俺も怖かったんだよ…。

---------------------------------------------

その後、色々あったようだが、最終的にその基金解散

出資で集まった金額はすべて返還という形で終わったようだ。

---------------------------------------------

長文になってしまったが、今回のワニ騒動

違う部分もたくさんあるんだろうけど、なんというか凄く思い当たる節がたくさんありました。

何ていうか、「一つの事柄」にたくさんの人が携わって行くことで制御が出来なくなっていく感じ。

たとえば「感動」というワードも人によってはまったくの別物なわけだ。

んで、担当する人によってそれぞれ価値観があるという事。

「協力」という体制からまれる「忖度」だったり

とにかく、何でこうなってしまったんだろうと制御が効かない感じ。

ちょうど、先日の伊集院さんのラジオでも過去伊集院さんがプロデュースした

バーチャルアイドル?の「芳賀ゆい(はがゆい)」に関して言及していた。

ものすごく分かるわーと思い聞いたわけだが。

以上、何か駄文でした。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん