「Facebook」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Facebookとは

2018-01-18

かつて私たちは地下に暮らしていた

特に何を主張するでもない駄文です。1級暇人の方はどうぞお読みください。



昔々ある人間たちが、誰の目にもとまらないような陽の射さない地下で他人との交流を細々と持っていた。顔も見えず声も聞けないそのコミュニティには、陽の当たるところへは出せないような声が星の数ほど集まって、カオス文化が生まれた。

それは大抵の場合根暗で、ウジウジドロドロして、「何だこんなもの」と地上の人々に馬鹿にされていた。が、確かに光るものがあったこともまた事実で、そんな一期一会フラフラした心地よい集まりを求めて多くの人間が暗がりへとやってきた。

おとぎ話ではない。他者との交流ネットワーク一般に拡がり始めた頃の話である

インターネット私たち生活に深く入り込んできてからの年月はまだ浅い。日本へ今の形の原型となるネットワークが入ってきたのもたった30年ほど前。それ以前からあった今は亡きパソコン通信も、全盛期は2、30年前あたりだ。ましてや冒頭のような光景掲示板などで繰り広げられていたのだって、(今の現役ネット世代若者が考えるとけっこう昔に思えるが)20年やそこらではないか

パソコン通信というクローズドネットワークからインターネットというオープンネットワーク時代が移る中、個人サイトやら電子掲示板やらがぽつぽつと栄え始めた。顔も見えない声も聞こえない文章だけのコミュニティは、この時地上の現実からひとつ階層を落とした地下世界を構築したのだろうと思う。決して表には出せない愚痴嘲笑も争いも裏事情も何もかもを内包したカオス空間だ。

まもなくインターネット上にはその場の思いつきや便所の落書きレベルからなぜ本気を出したと言わんばかりの美文やイラスト企画まで、さまざまなもの漂流し始めた。地下世界スラム街のような様相を呈し、いわゆるオタクを中心に物好きな人間たちを取り込んでブクブクと膨れ上がっていったわけである

その頃の地上世界では「ネットなんて」「掲示板なんて」「オタクなんて」みたいな認識が当たり前だった。相手の顔も見えない世界なのに、現実を見もしないで貴重な時間をムダにして、と。基本的に地下世界の住人も生身は地上に置いているから、そんな後ろめたさを背中に抱えて、それでもただのらくらと面白いものを求める。

漂う気配には地上世界で吐き出せない陰があり、カキコによる争いは絶えずどこかで起こって燃え上がり、でもたまにいいものを見つけて嬉しくなるような、全くもってグチャグチャの空気が流れていた。

当時の地下世界において人々の理性や社会性は普段より3~8割減っていたと見ていいだろう。感情の赴くままに場を荒らしてはゲラゲラ笑い、煽られては顔真っ赤にして怒る、老若男女が子どものように感情を表せる場だったと言える。そこに地上世界倫理を持ち込むのはお門違いなのであった。

嘲笑・叩きはお構いなし。グロ画像やら有名人やら見知らぬ一般人写真までもがジャンジャン流れ、肖像権何それ美味しいの状態である淫夢の語録やクソコラなども、そのあたりの流れによって大きくなったものニコ動などに共有されて爆発したようなものだろう。そういうアングラ文化電子掲示板界隈からニコ動mixiTwitterといった拡散力の強いサイトへ流れこみ、2000年代に大きく盛り上がった。

さて、今は2010年代もそろそろ終盤である。この日記タイトルで、かつて私たちは地下に暮らしていた、と書いたのは、今やインターネットは地下世界ではなくなったのだと個人的に思ったからだ。

インターネットで出されたコンテンツが瞬時に世界中へ回る時代。昔だってそうだったが、今では拡散スピードが違う。LINEFacebookInstagram若者たちコミュニティを作る。「微レ存」が女子高生にまで浸透したりして、一般人といわゆるオタクとの境界線も昔に比べると曖昧になりつつある。

もはや掲示板にもTwitterにもニコ動にも、陽の当たらない場所はほぼない。全てが地上世界に引き上げられ、インターネットはれっきとしたひとつ社会として君臨するものになったのだ。

れっきとした社会として認められるということは、当然利用する人々の意識・行動にも倫理や理性、ルールが付きまとう。今もかつての地下のノリは受け継がれ、クソコラ炎上煽りも健在だが、「そういうのはどうかと思う」というような理性的意見によって自主的規制されることも増えた。

からと言ってそれが悪いと言うつもりは全くない。むしろ当然の結果である人間が一つ所に固まれば、そこに独自ルール生まれる。ルール文化となって拡がり、人が大きく増えればひとつ社会になる。そうなれば法や倫理が、社会における不都合を放っておくはずはないというものだ。

ただ少し寂しいとは思うが。

冒頭で言ったように、私はこれに関してどうこう主張したい訳ではない。ある日何となくネット窮屈だな」と感じ、地下世界文化の流れを思い、ちょろっと考えをまとめてみようか、となっただけの戯れ言である批判意見も大いに結構だし、むしろここまで読んでいただけていたらそれだけで驚きだ。よっぽど暇なのか。

これからインターネットひとつ社会として、ちょっとの闇を内包しつつ地上世界に在り続けるだろう。さらに月日が流れて、今の世の中では想像もつかないような新しいネットワークが出てきたら、また物好きな誰かがそれを使って地下に新しい世界開拓するかもしれない。

また新しいカオスが生まれて膨らんでいく過程を、できればこの目で直に見届けてみたいものだ、と考えているところである

2018-01-16

自分だけ置いてかれてる気分

Facebookinstagram自分のこと書いてる人いるだろ。

演奏会やる、公演をする、起業する、転職する、留学する、趣味始めた、子供まれたってな感じで輝いてるシーンが切り取られてるんだ。

もちろん、あるシーンだけ切り取って華やかに見せてるんだろうけど、みんな頑張ってるんだよな。

なんか、自分だけ置いてかれてる気がするんだ。

いや、事実として置いてかれてるんだ。

仕事しかしてない。結婚はしたけど、子供もいない。

何かしなきゃって思って、

何もしてない。

そんなダラダラの毎日が、今日明日も続いてる。

2018-01-14

ブログを書く人=自己顕示欲の塊なのか

私は中学生ときからアラサー現在に至るまでブログを書いている。

多くは日常のくだらない話であり、たまに趣味のことを書いている。

更新頻度は高くないが、自分の思ったこと、感じたことを記してあとから読み返すのが大好きだ。

タイムカプセルのようなものだと思ってる。

そのブログを数年前、Facebook連携した。

それまではオンラインの友人のみにわかものだったが

オフラインの友人にも見られるようになった。

連携した理由は、同じ趣味の人がいたらうれしいなと思ったから。

ありがたいことに、趣味日常を記したブログに、友人からいいねをもらうことができた。

自分の記録であることがメインだが、それにいいねがつくことは素直に嬉しかった。

先日、いいねをよくつけてくれていたオフラインの友人と飲みに行くことがあった。

その中で、こんなことを言われた。

ブログいつも面白く読んでるよ。いやぁーすごいよね。

増田自己顕示欲がさ。

あんなに自分のこと何でも書けるのは才能だよ。

俺にはそんな自己顕示欲はないからさ。」

褒められているようで、とても馬鹿にされてるように感じた。

ノートに書くのではなくネットに発信してるのは、自己顕示欲があったからなのか?

意識たことがなかった。

かにこの気持ち体験を読んでほしいと思うのが、自己顕示欲だったのかな。

自己顕示欲って、褒めるときに言われることじゃないか

とても悲しかった。

帰り道、ブログを閉じようかとも思った。

それからしばらくの間ブログ更新しなかった。

時間がたつごとにオフラインの友人への怒りが沸いてきた。

何も生み出してない人が、自分以外の人を叩くのは世の常だ。

有名人クリエイターなどのTwitterクソリプを送る人間みたいなものだと思うようになった。

また、楽しそうに見えてるから妬みがあったんだろうと考えるようになった。

結局、何を書こうがオフラインの友人は貶してくるから

好きにやればいーじゃんと思うようになった。

ちなみにオフラインの友人とはもう付き合いたくなくなったので

LINEメールも全部無視してる。

そして久しぶりのブログ更新

いつも通り、趣味のことを書き綴った。

翌日、貶してきたオフラインの友人からいいねがついた。

また、そのブログ記事に関するLINEもきたが通知だけ見て無視してる。

結局のところ、ほんと好きなことだけやってりゃいいんだと思う。

批判してくるのは何も生み出せない無能人間だけだから

でも、ところで自己顕示欲の塊なのは合ってるのか

それは私にはわからない。

2018-01-13

社会人になったら価値観が変わる(恋愛)

なんてのはまったくの嘘だった。

社会人1年目です。

大学2年の頃から付き合っている彼氏がいて、数ヶ月破局した時期がありましたが、よりを戻してから喧嘩もなく、かなり順調です。

就活のころ、先輩やOB訪問出会社会人からかなりの確率で、社会人になったら(恋愛の)価値観が変わる・今の彼氏とは別れる・結婚は違うと言われた記憶があります

なんとも返せずなんかやだなそんなのと思ってました。

いざ社会人になり、しばらくして、おやおやと。まあちょっとどこかで価値観が変わる自分を期待してはいものの、何も変化する気配なく、むしろ大人になってしまってから恋愛はなんて夢がないんだ!!と絶望することが増えました。

変わらないじゃないか

しろ本能だけで好きになれた彼の存在が貴重すぎてものすごく尊いものに感じるじゃないか

順調にいけばお金が貯まったらすぐ結婚すると思うので、社会人になっても付き合ってたら100万円やるよ、と賭けてきた広告代理店の方(OB訪問後にエレベーター壁ドンキスで迫ってきた数週間後にfacebook第一誕生の報告をしてた自称1000人斬りの)ご祝儀待ってます

最近わかってきたこ

ヒューマニズム人間本質としてあるものではなく

ヒューマニズムを信奉する意識高い人たちが

偉そうに上から押し付け強制するものだということ

FACEBOOK意識高い人たちの要請でその方向に向かうためニュースフィードを分解再構成することになった

要するに、偉い人たちは仮想の民を人間と言う名の猿だと思っていて

ヒューマニズム「教育」してやろうと思っている

ニーチェの考える道徳起源モデルだと

弱者ルサンチマン」と「強者倫理」のバランス道徳が決定されていくのだが

現代強者発言力が強くなった

この反動は強力なルサンチマンとなっていつか爆発するだろう

コロプラがVRの特許ゴロだという噂が本当か検証する

コロプラ任天堂特許侵害たことに気が付かずにバーチャルジョイスティックブランド化してカプコンなどゲーム会社相手にライセンス商売しようとしていたところで任天堂訴訟されてネットを大いににぎわせているが、ここでもう一つ「コロプラがVRの特許ゴロ行為をしている」という噂が流れてきた。

増田ツイッターツイートから5chのスレにたどり着き、情報を集めると「コロプラがVRの特許をすでに120件申請している」というのが噂の原因のようだ。どうやら「en-courage」という求人サイト(自称キャリア支援団体)のコロプラのページに掲載されている情報らしい。

https://en-courage.com/2019/company/ae7765fe247a897d948bd60118461f5bcff729c207f021ddd556de17cf249b65

--

2013年:VR向けソフト開発開始

2015年:VR専門TV局「株式会社360channel」設立

2016年世界最大級(1億USドル)のVR専門ファンド設立

2016年Oculus Riftローンチタイトル世界最多リリース

2017年:「TITAN SLAYER」VRゲーム売上世界一

※なおこれまでに取得したVR関連特許数は120を超える

--

以上の年表がコロプラの実績らしいが、VR業界有数のVRハードウェアOculus Rift」の発売日時点でリリースしたタイトル数がコロプラ世界最多といっても2本同時という意味だし、TITAN SLATERがVRゲーム売り上げ世界一といってもPCゲーム売り上げ統計サイト「Steamspy」を参照してもせいぜい3700本(Steamspyは1万本以下の売り上げのタイトルの正確さは保証外)でOculus StoreやViveportなど他プラットフォームを考慮しても5000本だし、この時点でいろいろと盛り過ぎである。ちなみにHTC社のファンドも1億ドル(を複数回)の規模なので、コロプラ結構お金に余裕あるんですね。

http://colopl.co.jp/products/vr/コロプラのVRタイトル

http://www.moguravr.com/colopl-oculus-touch-vr/Oculus Riftロンチ時点のコロプラリリースタイトル

http://steamspy.com/app/528260(TITAN SLAYERの売り上げ)

コロプラはVRで既に120件の特許申請したとのことだが、はてブホットエントリにもランクインした記事任天堂に訴えられたコロプラが妙に強気な「真意」を分析してみた(パテントマスター・宮寺達也ブログhttps://tmiyadera.com/blog/1326.html)」によると「実はコロプラベンチャー企業としては異例な程に特許に熱心な会社である2013年佐竹さんという弁理士の方が入社されており、非常に特許出願を推進している。特許の数は2013年・0件、2014年・3件、2015年・6件であったが、2016年・78件、2017年・124件とここ2年で飛躍的に伸ばしている。任天堂2017年特許件数が137件なので匹敵する勢いである。」とのことであり、120件という数の特許申請はかなり多いことがわかる。

また、自称:イノベーション企業フィラメント掲載されている前述のコロプラ佐竹氏へのインタビュー記事『「特許」と「オープンイノベーション」のオイシイ関係!? コロプラ弁理士解説http://thefilament.jp/dialog/1129/)』によると

狙い目!? 課題が新しければ特許は誰も取ってないより

佐竹 ここ数年、どんどん特許を取っています。中でも、VRの分野での取得が多いですね。VRはここ数年、一気に盛り上がってきた感じがしますね。でも技術自体は何十年も前からあるんですよ。ここへきてやっと盛り上がってきたのは、グラフィックの描画レートが上がったために、ようやく見るに耐えるものになった。昔はマシンパワーが足りなくて、VRゲームなんてものは作れなかった。工場危険な設備点検シミュレーションをするためなどに実用化されていましたが、ゲームとなると、描画速度が必要だったし、操作の要素も必要になってくる。

そういうところが特許の狙い目なんです。「ちょっと前まで技術開発がされていなかった理由」が分かれば、チャンスです。ゲームでいう描画速度みたいな音声コントロールも、ここ数年のことです。Siriなんかは先行してあったけれど、簡単なことしかできなかった。あれがようやく進化してきたということは、色々特許を伴った新技術があるはずなんですよ。音声認識があることを前提にしたサービスってまだあまりありません。そこに可能性があるわけですね。

とのことなので、コロプラ佐竹氏は「VRの特許をたくさん取得している」ことを自覚していて、引用外のインタビュー内の記述によると「宝の山」だと認識しているので、「VRの特許積極的に取得しているんだなあ」ということがわかる。

前置きが長くなってしまったが、それではコロプラのVR特許をいくつかピックアップしてざっくりと見てみよう。

ちなみに増田はVR開発者気取りのワナビーですが人並み以上のVRの知識は有しているという自己認識です。間違っている箇所があればはてブトラバで指摘お願いします

前提条件として:VR知識がなくともある程度コンピュータゲームへの理解経験があれば言いたいことがわかる内容だと思うし、経験がなくともわかるように努力ます。解決手段は読まなくともよいです。特許は番号が違っても内容が複数かぶるものがありますね。特許って分割できることを今回初めて知った。

【公開番号】特開2018-7227(P2018-7227A)、特開2018-7175(P2018-7175A)

【公開日】平成30年1月11日(2018.1.11)

【要約】 (修正有)

課題仮想空間へのユーザの没入感を損なわずに、仮想空間に没入するユーザに不意打ちを与える状況を防ぐことが可能情報処理方法を提供する。

【解決手段情報処理方法は、仮想カメラ300と、集音オブジェクト400と、音源オブジェクト500とを含む仮想空間規定する仮想空間データを生成するステップと、集音オブジェクト400と音源オブジェクト500との間の相対位置関係に基づいて、音声データを加工するステップと、加工された音声データに基づいて、ヘッドフォンに音声を出力させるステップと、仮想カメラ300がヘッドマウントディスプレイの動きに連動せずに移動したかどうかを判定するステップと、仮想カメラ300と集音オブジェクト400との間の距離Dを特定するステップと、移動した仮想カメラ300と集音オブジェクト400との間の距離Dを徐々に縮めるように、集音オブジェクト400を移動させるステップと、を含む。

・例えるならホラーゲームなどでプレイヤー怪物距離や視界の向きに応じて警戒音の大きさを調整する特許でしょうかね?怪物プレイヤー距離が縮まるほど緊張感のある曲の音量が大きくなってプレイヤーの緊張感を駆り立てるとか。

【公開番号】特開2018-5610(P2018-5610A)、特開2018-5609(P2018-5609A)

【公開番号】特開2018-987(P2018-987A)

【公開日】平成30年1月11日(2018.1.11)

【要約】 (修正有)

課題直感的に視点を切り替えることができる表示制御方法を提供する。

【解決手段ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を備えたシステムにおける表示制御方法であって、当該方法は、左眼用仮想カメラ300Lと右眼用仮想カメラ300Rとを含む仮想カメラを含んだ仮想空間定義する仮想空間データを生成するステップと、仮想カメラの視野および仮想空間データに基づいてHMDに視野画像を表示させるステップと、所定の条件を満たす場合に、左眼用仮想カメラ300Lと右眼用仮想カメラ300Rとの間の距離を変動させることで仮想カメラによって描画される仮想空間範囲Rを変化させるステップと、左眼用仮想カメラ300Lによって取得される左眼用視野画像と、右眼用仮想カメラ300Rによって取得される右眼用視野画像とをHMDに出力するステップと、を含む。

プレイヤー椅子に座った状態の頭の高さを基準として、プレイヤーが立つと視界のスケールが広くなって物体が小さく見えるようになり、プレイヤーがしゃがむと視界のスケールが狭くなって物体が大きく見えるようになる。また、移動距離スケールも比例する。子供は視野が狭い(目と目の距離が狭い)から物体が大きく見えて、大人は視野が広い(目と目の距離が広い)から物体が小さく見えるというアレですかね。後者大人子供の歩幅の違いかな。視野のスケールプレイヤーの頭の高さで変更させるVRの仕様は初めて見た。

【公開番号】特開2017-228322(P2017-228322A)

【公開日】平成29年12月28日(2017.12.28)

【要約】

課題仮想空間における操作性をより高める。

【解決手段】回転モードにおいて、制御回路部は、ユーザ操作に基づき少なくとも回転方向を特定すると共に、ユーザ操作が検出され続ける間、仮想カメラ(1)または仮想空間(2)を回転させ続けながら、HMD110に視界画像26を更新させる。

・頭の左右旋回もしくはコントローラ入力カメラもしくは空間を回転させる以上の内容には見えないんだけど、だれか詳しい人いたら教えてください。

【公開番号】特開2017-220224(P2017-220224A)、特開2017-220162(P2017-220162A)

【公開日】平成29年12月14日(2017.12.14)

【要約】

課題仮想現実の提供の際に映像酔い(VR酔い)が低減される技術を提供する。

【解決手段仮想現実を提供するコンピュータプロセッサが実行する処理は、メモリにおいて仮想空間定義するステップ(S1010)と、HMD装置を装着したユーザが傾いている方向を検出するステップ(S1020)と、ユーザの傾いている方向に基づいて、仮想空間における仮想ユーザの移動方向を決定するステップ(S1030)と、仮想空間における仮想ユーザの視界が移動方向に移動するように、HMD装置に視界画像を表示させるための視界画像データを生成し、生成した視界画像データに基づいて視界画像モニタに表示させるステップ(S1040)とを含む。

・底が丸い(鍋のような)板のコントローラの上に座るまたは足を乗せることでユーザーの傾きを検出し、仮想空間内でのプレイヤーの移動方法を決定する仕様のようですが、イメージ画像の図11と図12がどう見てもフランスの3DRudder社が開発した3DRudderそのものしか見えません。日本国内への輸入はアスクが担当しています。(https://www.ask-corp.jp/products/3drudder/controller/3drudder.htmlコロプラくんは一体何のつもりで特許申請したのでしょうか。ASKに代わって自分が3DRudderを代理販売する予定なのか、はたまた自分でハードウェアを作る予定なのか、それとも…?

【公開番号】特開2017-220219(P2017-220219A)、特開2017-220164(P2017-220164A)

【公開日】平成29年12月14日(2017.12.14)

【要約】

課題仮想現実の提供の際に映像酔い(VR酔い)が低減される技術を提供する。

【解決手段仮想現実を提供するコンピュータプロセッサが実行する処理は、メモリにおいて仮想空間定義するステップ(S1010)と、HMD装置を装着したユーザの動作を検出するステップ(S1020)と、ユーザの動作に基づいて、仮想空間を飛翔する物体の飛翔方向を決定するステップ(S1030)と、仮想空間におけるユーザの視界が飛翔方向に移動するように、HMD装置に視界画像を表示させるための視界画像データを生成し、生成した視界画像データに基づいて視界画像モニタに表示させるステップ(1040)と、物体仮想空間対象物に到達した場合に(ステップS1050にてYES)、仮想ユーザ位置対象物まで高速に移動させるステップ(S1060)とを含む。

プレイヤーの頭の向きやモーションコントローラWiiリモコンやPSMoveのようなもの)でプレイヤーワープ位置を決める特許です。VRでは酔い対策のために今だに決め手となる移動方法確率されておらず、現在最も効果的だとされている移動方法の一つがワープ移動です。プレイヤーコントローラワープ移動したい位置を指定して、ポインティングした箇所に一瞬でワープ移動するというもので、米Epic Games社が米VRハードウェアメーカーOculusの支援のもとで2015年に公開したVRデモ「Bullet Train」が最も有名な例とされていますほとんどのVRがあまり動き回らない前提のものワープ移動かの2択という状況で、コロプラワープ移動を特許申請したということは…?

【公開番号】特開2017-211912(P2017-211912A)

【公開日】平成29年11月30日(2017.11.30)

【要約】

課題仮想空間における非制作領域の視認を制限可能な表示制御方法を提供する。

【解決手段ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を備えたシステムにおける表示制御方法であって、当該方法は、仮想カメラ300と非制作領域NRを有する少なくとも一つの対象物Wとを含む仮想空間を示す仮想空間データを生成するステップと、仮想カメラ300の視野および仮想空間データに基づいて、HMDに視野画像を表示させるステップと、HMDの移動量に応じて仮想カメラ300を移動させるステップと、HMDの移動量に基づいて仮想カメラ300と対象物Wとの間の距離特定するステップと、当該距離が所定の閾値L1以下であると判定された場合には、当該距離が所定の下限値L2を下回らないように、仮想カメラ300の位置制御するステップと、を含む。

プレイヤーの視界を目標地点にまで等速直線運動で移動させる特許のようです。目標地点まである程度の距離に達すると移動速度が下がり、目標地点に到着すると止まります。VRはプレイヤー視点となるカメラアプリ側で動かすことはご法度とされていて、どうしても動かす場合加速度運動は絶対に避けて等速直線運動のみで移動するのが一般的です。これはそれを特許として申請したもののようですね。

【公開番号】特開2017-208809(P2017-208809A)

【公開日】平成29年11月24日(2017.11.24)

【要約】

課題ヘッドマウントディスプレイにて動画コンテンツを再生する際に広告等の他のコンテンツを表示しても、ユーザの没入感に与える影響が少ない方法を提供する。

【解決手段仮想空間に適合させて再生するための動画コンテンツの初期方向を特定するステップと、初期方向の水平方向における向きとHMDのロール方向の水平方向における向きとが一致するように仮想空間に前記動画コンテンツを適合させて再生するステップと、初期方向の後方側に、第1のサブコンテンツを表示するステップと、HMDの向きおよび傾きのうち少なくとも一方に応じて視野を更新するステップと、を含む。

・VR空間内でユーザー違和感のないように広告動画を出す特許のようです。ユーザー視線広告にどれだけの時間向いていたかを計測するそうです。VR内の広告GoogleFacebookなんかが研究してそうな感じですが日本国内ではVR広告の話はあまり聞きませんね。

(追記)トラバの罵り合いは増田とは全く関係ない第三者同士の罵り合いです。

【公開番号】特開2017-208676(P2017-208676A)、特開2017-208808(P2017-208808A)

【公開日】平成29年11月24日(2017.11.24)

発明名称仮想空間を提供する方法プログラム及び記録媒体

課題ヘッドマウントディスプレイにて動画コンテンツを再生する際に、広告等の他のコンテンツを表示する方法を提供する。

【解決手段仮想空間定義するステップと、仮想空間において再生される動画コンテンツと、動画コンテンツの表示域の一部に表示されるサブコンテンツとを合成して合成コンテンツを生成するステップと、合成コンテンツ仮想空間に適合させるステップと、ユーザ視線特定するステップと、視線に基づいて、視界領域特定するステップと、合成コンテンツのうち、視界領域に相当する視界画像を生成し、HMDに出力するステップと、を含む。

・図11より、VR空間内の動画広告を合成する技術特許かつユーザー視線統計を取得する特許

【公開番号】特開2017-207898(P2017-207898A)

【公開日】平成29年11月24日(2017.11.24)

発明名称】視野情報収集方法および当該視野情報収集方法コンピュータに実

2018-01-10

最近、周囲の人間幸せが辛い

辛いというか、憎い。

特定の誰かを憎んでいるわけではない。「特定の知人が憎い」、「有名なあの人が気に食わない」、「会社の〇〇さんとは意見が合わない」・・・そんなハナシであれば、逆にそれこそ万人が抱えているインシデントだと思っている。人間社会的生物である以上、他人との齟齬軋轢ははどうしても発生してしまものだ。それは分かっているし、今までの自分はそういった「自分はいひとつソリが合わない人々」ともうまくやってきていた。・・・はずだった。

だが、最近自分は明らかに何かがおかしい。友人の幸せな話を聞く度に心がすさむ。楽しそうな顔を見ると辛くなる。作り笑いの顔がばれてやしないかと変な汗が出る。


先日、友人の結婚式に行った。高砂に座る幸せそうな新郎新婦の顔を見て、「早く離婚すればいいのに」と思っている自分がいた。

facebookで、出産を報告している友人がいた。お祝いのコメントであふれる中、呪詛のようなコメント書き込みたくてしょうがない自分がいた。

twitterで、ソシャゲの最高レアカードを無課金で引けたと自慢している友人がいた。10万円ぐらい課金してゴミばかり引けばいいのにと願っている自分がいた。

そんな自分が、嫌でしょうがない。


逆に、友人の不幸な出来事に聞くと、妙に心が躍る。辛そうな顔を見ると嬉しくなる。口の端がつりあがっていないかと、無表情を装う。

先日、友人の子供が難病に罹った。1年以上は入院生活を余儀なくされるらしい。その話を電話で聞きながら、ニヤついている自分がいた。

facebookで、母堂の喪主を務めた旨の報告をしている友人がいた。故人の意向だかで家族葬ののちに報告となった事を詫びていた。お悔やみのコメントが並ぶ中、皮肉たっぷりコメント書き込みたい衝動かられている自分がいた。

twitterで、仮想通貨に手を出してウン百万円のマイナスになったと書き込んでいる友人がいた。「バカ丸出しだな」と思っている自分がいた。

そんな自分が、嫌でしょうがない。


これらの友人・知人達を嫌っているという事はない。むしろ好きと言って差し支えないと思っている。なのに、幸せな顔が、報告が、書き込みが、俺の顔を曇らせる。

人知人とは関係のない、インターネット別世界に逃避しようともした。だが無駄だった。炎上しているところを探して、ポリコレ棒持参で徹底的に叩くだけだった。左も右も主義も主張も関係なく、誰かが探し出してきたサンドバッグが設置されれば、ひたすらに叩き続けた。炎上の為の薪もせっせとくべたし、火のないところには煙を立てまくった。そんな事をしても誰も幸せになれないし、自分の胸のモヤモヤも大きくなる一方だったが、空虚行為が止む事はなかった。


自分は何故ここまで他人幸せを妬んでしまうのだろうか。

もうどうしたらいいのか分からない。

2018-01-08

アメリカ人は狂っている? Americans are crazy?

米人気YouTuber今度は“ 日本嘲笑動画“で非難沸騰 (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

USA popular YouTuber Now blaming with "Japanese ridicule video" (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo! News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00010003-binsider-int

 

1500万人以上のフォロワーを持つアメリカYouTuber、ローガン・ポールが、日本訪問の際、文化や慣習を徹底的に冷やかした動画オンラインにアップし、批判が集まっている。

America's YouTuber, who has more than 15 million followers, Logan Paul has criticized the online upgrading of videos that thoroughly chills culture and customs when visiting Japan.

 

ポール2017年末、日本富士山麓・青木ケ原樹海自殺した人の遺体撮影した動画YouTube投稿し、非難殺到したため、ビデオを削除し謝罪したばかりだ。

Paul posted a video shot of the body of a person who committed suicide at the foot of Mt. Fuji of Japan at the foot of Mt. Fuji in Japan at the end of 2017 and posted it to YouTube, and since it was flooded with criticism, he just deleted the video and apologized.

 

今回の動画は、削除された自殺遺体動画をアップする前の2017年12月29、30日に投稿されている。

This video was posted on December 29, 30, 2017 before upgrading dead suicide bodies' videos.

 

動画の中、東京浅草雷門の前でポールはこう話す。

In the video, in front of Kaminarimon in Tokyo, Asakusa, Paul talks like this.

 

文化に敬意を払うことを忘れちゃいけないよ。日本では、“敬意”が全てだからね」

"Do not forget to pay tribute to culture, because in Japan" respect "is everything."

 

ところが次の瞬間から、「アメリカ人が来たぞ!」「日本はどこも漫画みたいだ!」と大声を出したり、人ごみを駆け抜けたり、線香の煙を浴びる香炉で炎を燃え立たせたりする危険行為を行い、とうとう警備員に退去を求められているシーンが続く。

However, from the next moment, there is a dangerous act of putting out loud, "Running creatures coming everywhere!", "Running the crowd everywhere!", Running through the crowd, incense smoke-burning incense burner Finally, the scene is being asked by security guards who are asked to leave.

 

さらに、別の場所ゲームボーイを見つけて購入した直後、大声で叫びながら道路に叩きつけて壊し、店舗に「ゲームができない」と苦情を持ち込んでいる。

Furthermore, immediately after finding a Game Boy in another place and purchasing it, he shouts loudly and crushes it on the road and destroys it, bringing complaints to the store "I can not play the game."

 

危険行為公道エスカレートポケモンボールを模したクッションを、走行中の乗用車に投げつけ、乗用車が急停止。さらポケモンボールクッションを走行中の自転車のカゴに投げ入れたり、食堂店員に向かって投げつけ、明らかに迷惑そうな顔をされたり、ついには市民と話している警官にまで軽く当てる。

Escalate dangerous acts on public roads. Throw a cushion imitating a Pokemon ball to a passenger car while driving, and the passenger car suddenly stops. In addition to throwing a Pokemon ball cushion into a running bicycle basket or throwing it toward a cafeteria clerk, obviously looking annoying, finally hitting a policeman who is talking with the citizen at last.

 

市場に移動し、今度は走行中のターレに友人と後ろから近づいて飛び乗って運転手を驚かせたり、徐行中のトラックの荷台に飛びついたりしている。タコの足と生魚を買い、素手でむき出しの魚をつかんだまま街を歩き回って、「魚はいかい?」と通行人に尋ねたり、車道に寝転んだり。ガラスの扉に魚を押し付け、目を背ける女性クローズアップしたりした後、タコと魚を走行中のタクシートランクの上に乗せて立ち去った。

Moving to the market, this time I am surprising the driver by jumping from behind with a friend to the running Thalle, and jumping to the loading platform of the track that is slowing down. Buy octopus feet and fish, walk around the town with bare hands grabbing the exposed fish, ask the passersby "Let's have a fish?", Or lie down on the carriageway. After pushing the fish against the glass door and closing up the woman who turned away her eyes, we left the octopus and the fish on the trunk of the taxi that was running and left.

 

その後には、繁華街横断歩道の真ん中で、ズボンおろしパンツ一枚の下半身さらしている。

After that, in the middle of the pedestrian crossing of downtown, we are pulling down pants and exposing the lower body of one pants.

 

危険行為だけでなく、寺の境内などでの行為食べ物を粗末に扱う行為は、日本の文化をないがしろにしながら面白がっている。ゲラゲラ笑いながら、こうした行為を繰り返し、その都度何度も冒頭の「敬意を払わなくちゃいけないよ」というポール発言が挿入されている。

Not only acts of danger but also acts of treating acts and food at the temple precincts and the like are interesting while ignoring Japanese culture. While laughing loudly, repeating these acts, Paul's remarks are inserted at the beginning repeatedly "I must pay homage" every time.

 

謝罪動画でも収入を得る Earn revenue even with apology video

筆者がこのビデオを見つけたYouTuberオンラインビデオニュースサイト「We The Unicorns」(本部ロンドン)は、この動画問題視。「ひゃあ、これは不快だ」というコメントをつけてFacebookビデオシェアし、15万回シェアされている。さらに、ポール非難する書き込みが5万4000件ついている。

YouTuber who I found this video and online video news site "We The Unicorns" (Headquarters / London) are problematic. Share a video on Facebook with a comment "This is uncomfortable", 150,000 shares are being shared. In addition, there are 54,000 writings that condemn Paul.

 

一方、「日本自殺の森で、自殺死体に遭遇した」というタイトル12月31日にアップした動画の波紋は続いている。 We The Unicornsによる記事は、動画の影響が大きかったことを物語る。

Meanwhile, the ripple of the movie uploaded on December 31 is continued with the title "I came across suicide bodies in the Japanese suicide forest". The article by We The Unicorns tells us that the influence of animation was great.

 

記事さらに、ポールがアップした謝罪動画が、YouTubeトレンドページのトップにあっという間に上り収入無効化されるまでの短い時間に7000ドル~5万6000ドル稼いだはずだと報じた。

The article further reported that Paul's upgraded videos went immediately to the top of YouTube's trend page quickly and earned $ 7,000 to $ 56,000 in a short time until revenue was invalidated .

 

さまざまなキャンペーンへのオンライン署名活動をするChange.orgでは、「ポールYouTubeチャンネルの削除」を求める署名が「遺体動画」のアップ直後からまり1月8日未明で(米東部時間)、世界中から約37万人の署名が集まっている。

On Change.org, which carries out online signing activities for various campaigns, a signature requesting "deletion of Paul's YouTube channel" began right after the "dead body movie" was up, and in the early morning of January 8 (Eastern time) Approximately 370,000 signatures are gathered from inside.

 

日本ファンであり、このキャンペーン署名したニューヨーク在住のサラさんは、こう語る。

Sarah, a Japanese fan and living in New York who signed this campaign, says:

 

ポールが、ある文化に敬意を払わないということが許されると本気で思っているところが危険です。ある動画収入無効化されても、ほかの動画コメントだけで、彼はYouTubeから収入を得るのに十分な数のフォロワーがいます。彼のフォロワー10代が多く、親たちは彼らが何をオンラインで見ているのか、コントロールしていません。子どもたちに、何を見たらいいのか教えるのは、端末を買い与えるだけでなく、親の責任だと思います

"It is dangerous that Paul is seriously considering that it does not pay respect to a certain culture, even if revenue of a certain video is invalidated, he can earn revenue from YouTube only by other videos and comments There are enough followers to get it, his followers are often teenagers, parents do not control what they are watching online, what to see for the children I think that teaching not only buys a terminal but also is the parent's responsibility. "

 

1月7日現在YouTubeポールチャンネルは、停止されていない。それどころか彼のチャンネルフォロワーは、この1週間で約580万人も増えている。

As of January 7, YouTube's Paul's channel has not been stopped. On the contrary, his channel's followers have increased by about 5.8 million people in the past week.

 

YouTubeアメリカ人を狂わせた YouTube made Americans crazy.

トランプ大領領とYouTuberアメリカ狂気象徴

President Trump and YouTuber are crazy symbol of USA?

再び深圳に行ってみたがやっぱり深圳というか中国本土ディストピア

以前下記の記事を書いた増田です。

https://anond.hatelabo.jp/20171203113520

前回のオイラ記事に思いのほか大きい反響があったのに非常に驚いてまして、こりゃあオイラ勉強不足で認識違いも多分にあるんだろうなと思ったので、機会があれば再度深圳に行って見ねばと思っていたところ、年末年始に友人とベトナムに行くことになったので、帰りの便をオイラだけ香港経由にしてもう一回深圳に行って見たのでありました。前回のコメントでいただいた意見を参考に事前準備をしっかりして行ったが、やはり今回も深圳というか中国社会違和感を覚えたので忘れないうちに感想を記しておく。

1. We chat payのシステム設計が謎

QRコード決済を利用可能にするために、会社中国人エンジニアに頼んでWe chat payのアクティベーションをしてもらった。試しに前回の旅行で余った100元を送金してもらったのだが、実に簡単に出来た。ところがアクティベーション用に登録したクレジットカードで追加のチャージしようとすると、 “Credit card is invalid”とエラーが出て課金不能。協力してくれた中国人エンジニアに話を聞くと、中国国内銀行口座と紐づけないとチャージは無理じゃないかとのこと。しかも彼曰く、政府国民資金移動を監視するためじゃないかな的な話もしていた。これってシステム的にどうなんだろう…

2.やはり中国移動の自由微妙でないか

今回、We chat payを準備していたので深圳地下鉄で使おうとしたがダメだった。どうやら地下鉄のみ別のQRコード決済システム採用しているようで互換性がないとの事だった。結局現金で払うか深圳の地下鉄カードを使うしか無く、外国人視点から見ると利便性に劣る。地下鉄用のQRコードアプリ登録には中国身分証必要みたいで、監視社会連想せずにはいられなかった。香港台湾のように単一交通カードで街中どこでも決済できるのに比べると、やはり外国人視点では利便性に難ありと言わざるをえない。なお、飲食店コンビニでは日本で準備したWe chat payが普通に使えたことを明記しておく。

また前回、香港経由で深圳に行くと楽的な話があったので今回は香港国際空港からフェリーで深圳入りしたのだが香港 から深圳に移動する際には指紋採取があるのに逆は無かったりする事から中国本土社会自由度香港より一段低いように思えた。

3.中国通信自由はやっぱり怪しい

前回の旅行通信自由の無さに辟易したので、今回はコメント欄アドバイス通り香港Simを事前に準備して行った。結果、中国本土でもGoogle, Twitter, Facebook, Line等の西側Webサービス自由に使えることを確認。でもこれって世界的には当たり前のことなんだよなと、香港の前に立ち寄ったベトナムの事を思い出してしみじみと感じた。ベトナム中国と同じ社会主義国で、報道の自由ランキングなんかでも下から数えた方が早いくらいの閉鎖社会と言われている。しかしそれでも空港普通に買ったSimで何の工夫もせずにGoogleをはじめとする各種Webサービスを使うことができていた。(例外的Bitcoin関係Webサイトベトナムでもブロックされている事を確認。)中国改革開放路線1978年ベトナムドイモイ政策開始が1986年ベトナムの方が後から海外に門戸を開いたのに、圧倒的に外国人フレンドリーな国になってるんですわ。やっぱディストピアだよ。中国は。

きな子TATTOOがあった。

最近、よく二人でお酒を飲むようになった女の子がいる。

年越しを複数人数で過ごしたあと、毎朝毎晩、メッセージをくれるようになった。

ぼくは彼女が好きだ。

彼女からも少なから好意を感じる。

でもまだ付き合ってはいない。

とてもふわふわした女の子

普段仕事ときはキリっとしているのに酔うと可愛くなる。

黒髪ロングで、着ている服もツートーンのスーツとかワンピが多い。

英語が堪能で、外国人友達が多くて。

話の内容も、経済のことや小説映画のことや。

僕はずっと彼女はどこかのお嬢様なのかと思って気後れしていた。

ところが先日うっかりfacebook過去写真を見てしまった。

彼女がアップしている写真が可愛くて可愛くて、どんどん過去に遡ってしまうのだ。

そこに元カレとの写真があった。

元カレと、その仲間たちとの写真

なんかエグザイルみたいな下品な不良がたくさんいて、その中のひとりが元カレとのことだった。

ビーチの写真もあった。

全員、ものの見事にでかいTATTOOが入っていた。

よく見ると、彼女の腰にも少しTATTOOが入っていた。

泣きそうになった。

少なからず、ショックを受けた。

とにかく僕は、いまの彼女が好きなのだ

お嬢様風で、話し方も丁寧で、お酒の飲み方も上品で、グループで飲んでも決して下品な大声をあげたりしない。

そういうところが好きなのだ

過去彼女は、渋谷ギャルみたいなウンコ色の髪をして、ハロウィン馬鹿騒ぎしている写真をアップする、普通20代だった。

どっちが本当の彼女なのだろう。

僕の前ではおとなしいふりをしているのだろうか。

それとも、過去彼女とは決別し、別人のように変わったのだろうか。

僕は、ひどい男だ。

勝手に作り上げた彼女イメージに恋をして、

ギャップがある彼女過去を毛嫌いしている。

次にあったとき告白しようと思ったけど、いったん考え直したい。

TATTOOはいってるよね?」って聞くべきかどうか悩んでいる。

anond:20180106230803

2018-01-05

anond:20180105162946

電通の岸さん、自分自身Facebookでも公開記事で釈明していたね。

言い訳って、みっともないなーと思ったわ。

2018-01-04

増田ならともかくtwitterに書いてるのすごい

https://twitter.com/noraworld_jp/status/908173542923001856

最近マストドンをやっていると至るところで彼の名前を目にするので超絶うざい。

Twitterしろマストドンしろ他人幸運話やうまくいっている話を見るほどイライラすることはなくて、そういう話題が TL にあふれているとなんで俺は自分から SNS を見に行って精神を摩耗しているんだという気分になる。

そういう理由があってここ最近Twitter を全く見ていない。見なくてもいいものをわざわざ見てイライラするくらいなら見ないほうがいいでしょという極めて単純な理由

他人の不幸は蜜の味」とはよく言ったもので、他人幸運人生うまくいってる状態を見るほど鬱陶しいものはない。

他人幸運好意的に受け止められるのは、本当に仲の良い間柄だけであるが、本当に仲が良くても事柄によってはそれで関係が切れることもあるので、所詮人間自分が一番可愛いである

SNS 疲れというべきものか、SNS に対する鬱憤が深刻化していて、将来的に SNS を見なくなる可能性が出てき始めた。Twitterマストドンは見なくなるかもしれない、Instagram は元々見ていない、Facebook は死んでどうぞ。

僕たちメンサ会員を誤解しないでください

IQ128 人口の上位2%

嘘ですマジで

ゴミみたいなテストに高い金払ってるだけです

実情はマツコ会議のアレがほぼ全てです

言うならば社会不適合者の馴れ合いです

社会不適合者の馴れ合い自体ダメとは思いませんがあいつらはそれに気づかないで自分たちが頭いいから何か高尚な集まりをしてると勘違いしてるので最悪です

メンサがクソだと気づいた賢明な人たちは年末年始更新日更新せず辞めていくんです

から今残ってるのは社会不適合者の馴れ合いにすがりつくどうしようもない奴らだけです

ところで会員用Facebook見たら「辞めていく人達申し訳なく感じますだって僕があなたたちにメンサの素晴らしさを伝えることができなかったってことですから…」みたいなポストがあってオエってなった

友達は選びましょう

新年早々、Facebookタイムラインに、新年豊富流れるわけじゃないですか。

流行ったバトン、みたいな感じで、質問形式で今年の豊富に答える投稿が流れて来たわけです。

いくつかある質問の中に「今年関わらないあいてはどういう相手ですか?」ってあって。

ビジネス書自己啓発書でよく言われてる「○○な相手には関わらないようにしましょう。」っていうやつ。

僕は自己啓発的なものが好きで、Facebook友達には、そういうのが好きな人たちが溢れかえってる・・・問題は、自分自身が病んでしまって、所謂ビジネス書に書かれているような「距離を置くべき人間」に、自分自身がなってしまたこと。

年末年始に流れてきたその「新年豊富」を見て、「ああ、この人たちは僕のこともその中に入れてるんだろうな。」と、内心思った。

正直、それを責めるつもりは毛頭ない。僕自身、関わる人間と関わるべきじゃない人間を、明確に判断してるので。関わりたくない人間とは、僕も関わりたくないです。

ただ、それってなんか「優しくないなー・・・。」って、最近思う。

僕はよく「精神性」っていう言い方をする。端的に言えば、精神性の低い人間とは、関わるべきじゃない。

そして、精神性の低い人間は、精神病になりやすい。

そうすると、三段論法的に、精神病の人には関わるべきじゃない・・・ってなっちゃうのね。

精神病の人には、救いどころのある人と、救いようのない人と、いるのね。

救いようのない人はともかく、救いどころのある人は、どうしてもほっとけないんだわ。ほっときたくないんだわ。

所謂ビジネス書とかでさ、「関わる相手を選びなさい」って言うアレ、そういう救いどころのある人も置いてきぼりにしちゃう感じがしてさ、自分がかつて「精神性が高い」って信じてたものってさ、なんだか冷たいんだなー・・・。って思うのが今日この頃

もちろんね、救いどころがあったって、救う力のない人間が無闇に関わるのは、単なる偽善だよね。そういう意味では、関わるべきではない・・・というのもまた然り、だと思う。

誤解なきよう、僕の病んでるのは、とっくに寛解してます病みやす思考は、してるけどね。ただ、孤独なんだわ。周りに置いて行かれちゃったから。味方なんてだーーーーれもいない。敵もいないら、気楽でいいけどね。嫌われも好かれもしない。社交辞令だけで生きてる感じ。

人間関係の悩みがあるって贅沢なんだなーっていう。最近悩んでないなーと思ったら、あまりにも人と関わらなさ過ぎるだけだったわ。

2018-01-03

昔付き合っていた彼女結婚した

2018年元日何気なく開いたFacebookでそれを知った。

優しそうな旦那さんと写る写真が添えられていた。

新年早々いい知らせだと思った。

別れて以来、何としても幸せになってほしいと思っていた人だったから。

彼女からはたくさんの愛をもらった。

愛情表現希薄な僕の両親のもとに育ちながらも、

やさしい嫁、かわいい娘と暖かい(モロ主観)家庭を築けているのは、

彼女のおかげだ。

愛する喜び、愛される喜び。

人間の本源的な二つの喜びを、彼女のおかげで知ることができた。

そして、彼女を失ったからこそ、

大切な人を守り抜くことの重みを学ぶことができた。

彼女にとっては忘れ去りたい過去かもしれないが、

僕にとって彼女と過ごした5年半の日々は、その後の人生を形作るうえで重要な基礎になっている。

今年、嫁と付き合ってからの年数が、

彼女と付き合っていた年数を超える。

別れた当時はそんな存在出会えるとは思っていなかった。

本当におめでとう。末永く幸せに。

2018-01-02

GoogleFacebookはなぜずっと家賃高騰問題解決できないのか

ずっと不思議に思っていることがある。

なぜ、問題解決力も、資金も、頭脳もあるGoogleFacebook家賃問題解決できないのか。

2018-01-01

僕らの世代年賀状文化を終わらせてしまった

本当に申し訳ないと思う。

でも誤解しないでほしい。年賀状が嫌なわけじゃないんだ。出来る限り残したい文化だって思ってた。

それこそ昔は友達年賀状を送り合っていたし、毎年1人1人にメッセージを書くのが楽しみだった。毎年増えていくクラスメイト、お世話になった先生、昔からの幼馴染、その年賀状の数が友人関係資産でもあった。そんな文化が大好きだった。

しかし、状況が変わり出したのは大学進学のために上京した頃だった。誰もがスマホを持つようになりfacebooktwitterで繋がり、LINEで連絡を取れるようになった。急に年賀状はがきの返信が無くなり、代わりにLINEで返信が来るようになった。そして年々やり取りする年賀状も減っていった。。

今日社会人になって初めて迎えた元旦年賀状ゼロになっていた。それは文化終焉意味していた。もう昔のように年賀状を書くことはない。

僕の友人も結婚し始めた。僕らの世代からまれ子供達が、年賀状を知るすべはない。この世代境界線文化が終わりに向かっていく事は避けられない。テクノロジーは急速に文化を書き換えてしまった。

からその世代代表して後世の日本人に伝えたい。文化を残すことが出来ず申し訳ないと。

から歴史教科書に1行足してほしい「日本には年賀状という文化存在していた」と、先祖伝統を、過去文化を。

そして僕らは歴史を踏み越え前進していく。

2017-12-30

Facebookがreadonlyになった

以前はどっか行ったら写真UPして、要はいいね!が欲しかった

今はそういうのがバカバカしいというか、いいね!を欲しがっている行為がみっともなくなって、readonlyだ

そのうちreadonlyすらもしないようになりたい

馴れ合いツールだと思う

2017-12-26

他人の「いいね」をタイムラインに流す仕様

Facebookのまねでしょ

あれホントうざいからやめて欲しい

だけどサービス作る者として気持ちはわかる、単純にコンテンツ少しでも増やしたいんだよね可能性だけでも

でもやっちゃいけないことだよな

2017-12-25

anond:20171225095554

なるほど、だから男性にも育休をとらせようって動きが盛んなんだね。

でも一般には無理でしょ…。

育休とってる男性ってFacebookザッカーバーグとかどこかの知事とか

強者中の強者みたいな男性メディアに出てくるけど、

一般男性が育休をとったという書き込みを見ると、昇格見送りになったり、

パワハラにあって退職したり、散々な目にあってる。

現実は甘くないよね。

2017-12-22

岸さんも、アメリカプロデューサーみたいに、実質、広告業界から干されることになるのだろうか?

東京オリンピックの頃には、今の騒動は、忘れ去れて、ご自身で書いたNote記事Facebook記事も、Twitterアカウントのように、消去して忘れてことに、してしまうのかな。

岸さんは、ご結婚なさっているのだろうか。

だとしたら、配偶者の方や、ご親族の方は、どのようなお気持ちなのだろうか。

  

全ては、でっち上げだというのだろうか。

事実ねじ曲げたのは、どなたなのか。。

  

  

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん