「割合」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 割合とは

2018-04-24

コミュ障カードゲームやめろ…とは言わないけど

趣味カードゲームやってますマジックギャザリングというやつです。

大会にもちょくちょく出るけどそういった場では一定割合コミュ障がいる。

そしてそういう人とはほとんどゲームを円滑に進めれない。例えば、何をプレイしたいのか、コストをどう払ったか対象はなんなのか、そもそもどのフェイズなのか。相手側の宣言がされてないのでただ土地が寝て手札からカード見せられただけ。

俺はお前の友達でもなければ親でもねぇんだしっかり口で言われないとわからんわ。ガキじゃねぇんだからちょっとした宣言ぐらいしっかりやれ。それもできないなら通訳つけろ。

本人は問題ないと思っているのかもしれないけど迷惑なんだよ。こっちが口で確認しないといけないか時間かかるしその無駄な労力にイライラする。

俺はカードをしにきてるんだお前らの介護をしにきてるんじゃねぇ。自分のケツ拭けないなら出てくるんじゃねぇ。

カード自体をやめろとは言わない。でも大会に出るなら簡単宣言ぐらいはできるようになってほしい。みんな人間カードゲームしたいんであって介護したい訳じゃないんだよ。

anond:20180424122216

自転車暴走マンの多くはそもそも交通法規理解してない(免許制じゃないし講習の類も無い)からね。そもそも知らないんだから対応出来る訳がない。免許制にしたっていいと思うよ。

余談だが、自動車結構割合の人がテレビ付けながら運転していて、あれはなぜ社会で許容されているのかがわからん。止まった時にだけ見ているというんだろうが。気が散るだろう。

ラブライブ流行ったけど

個人的に白目の割合が極端に少ない目の描き方がどうも受けつけられなかった。なんかフランス人形みたいで見てると不安になる。

あの目って皆平気なのかな

2018-04-23

セクハラは重大な問題です

しかも全政治家と全官僚に徹底した研修教育洗脳を施すまで日々の取材業務は待ってくれないのだから

まずは組み合わせの中で一番可能性と割合の高いであろう「取材男性記者女性間で起きうるパワーアンドセクシャルの複合ハラスメント」を仕組みの時点で防止できるペンスルールはとても有効

女性専用車両並みに有効

取材対象セクハラ行為を起こさないように心がければそれで済む?全政治家と全官僚が!あいつらが!一朝一夕で助平心を自制できるようになるとでも思ってんのか!急に信頼高まりすぎだろ!

anond:20180423121745

クリエイター側が感想を漏らすといろいろと軋轢が生まれから仕方ないね

あと世の中には「大ファンだけど絶対に作者に感想を伝えたくない」という人たちがけっこうな割合いるか考慮してくれよな。

オタク差別」の論点整理

オタク差別存在するか」議論、いくつもの論点ゴッチャになってて混乱するので自分なりの整理をしてみた。

論点a:生得属性ではない集団への不当な扱いは「差別」と呼び得るか

これに関しては、まあまっとうな疑問なんで「オタク差別」論者の分が悪いと思う。

これまで「差別」という語は、民族とか性別とか宗教とか、とにかく生得的な属性後天的に変えることが不可能あるいはきわめて困難な属性に対して適用されてきた。

人はオタクに生まれるのではなくオタクになるのであり、後天的に獲得される「趣味」という属性を共有する集団オタクである以上、それに対する「差別」という語の適用違和感を持つ人が出てくるのは当然だろう。

この点については「オタク差別」論者がもっと理論武装した方がいい。今の論理じゃ多くの人を説得できないと思う。

論点b:オタクへの不当な扱いは存在たか

あったに決まってる。

十万人の宮崎勤虚構だったかもしれないけど、探せばオタクへの不当な扱い、迫害蔑視証拠なんて山ほど出てくる。そもそもオタク自体がもとは侮蔑語として造語されたものだし、オタクであることを理由いじめられた人も自殺した人もいる。

今の20代以下にはそんな実感は薄いかもしれない(それはいいことだ)。でも年長のオタクたちはそれを経験してきてる。なかったなんて言わせない。

論点aにもとづいて「オタク差別」を否定するなら理解するし「オタク差別」論者も真摯に向き合うべきだと思うけど、論点bの否定を始めたら……戦争だろうがっ! 戦争じゃねえのかよっ……!

論点b’:オタクへの不当な扱いは存在しているか

過去迫害対象だったかもしれないけど、今は別に迫害されてないだろ」という議論もある。

かに若い世代だとオタク普通になってきたりするみたいなので、若い人たちにとってはあまり実感のない話かもしれない。これに関しては周囲の環境も大きく影響するので、「別に迫害なんてないじゃん」と思う人がいるのは当たり前っちゃ当たり前なのだろう。いい世の中になったもんだ。

でも議論最中に平気で(自虐ではなく相手への侮蔑として)「キモオタ」とか言う人なんかを見てしまうと、いやいやまだ蔑視は残ってるじゃん、という気になるんだよなぁ。完全に解消された、とするには時期尚早なんじゃないかと思う。

(「キモオタ」はオタクの中でもキモいやつを指しているのであってオタク全体への蔑視ではない、って言う人もいるけど、「ヒス女」は女性の中でもヒステリーを起こすやつだけを指す言葉であり女性全体への蔑視ではないなんて理屈が通じるとでも思ってるのかお前は)

ただ論点b’に関しては、繰り返すけど個々人の置かれた環境問題も大きいから、論点bを否定する人と同列の扱いをするのはよろしくないと思う。論点b’に疑問を呈している人がオタクなら、素直に迫害経験しないオタクが増えたことを祝いでおきましょう。

もちろん論点b’を持ち出す人の中にはそんな言葉を使ってオタク罵倒する人なんていないはずである。いやだな~まさかそんなアホがそうそうその辺にいるわけないじゃないですか~HAHAHAHAHA!

論点c:オタクが別属性差別してきたことについてはどう考えるのか

これは論点がずれている。ある局面被差別側にいた人が別の局面差別側になっていることは、その人に被差別者としての側面があることを否定しない。

オタクの中に、性差別民族差別に加担する人が一定割合いたことは事実で、ネット上で差別カルチャー大手を振ってのさばっていた(そして未だにのさばっている)ことに対しては反省必要だろう。オタク自分たちのなかの差別主義に向き合うべきだ。

でも、だからオタク差別なんてない、とか、オタク差別を言い立てるべきではない、という論理おかしい。

ヘテロセクシュアルシスジェンダー日本人女性の中に同性愛者やトランスジェンダー外国籍者への差別に加担する人が一定数いたとして、それをもって女性差別存在否定するのは違うよね。

パレスチナ人差別するイスラエルユダヤ人や、レバノン人を差別するリベリア黒人(※)も、アメリカヨーロッパではユダヤ人差別黒人差別の標的になるかもしれないし、そういう時には差別被害者として怒っていいよね。彼らが自国に帰ったときには自分差別反省するべき、という話と、それはそれとして彼らはこの局面では被差別側であり彼らへの差別非難に値する、という話は矛盾しないよね。

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43538302

自分たちにも抑圧者としての側面があるから自分たちへの抑圧を言い立てるのはおかしい、とオタクが考える分には倫理的な態度だと思うし、オタクに抑圧された人が被害者面すんなと言いたくなる気持ちはわかるけど、それを認めちゃうと他の差別問題封殺できてしまうので、あんまよろしくない理路だと思う。

まとめ

論点aは「オタク差別」を訴えるならちゃん理論武装してほしい。そこがガバガバからツッコまれまくってるんだよ。

論点b’は個人の実感によるところが大きいから色んな人の話を聞くのが大事だと思う。

論点cは本題にはあまり関係ないがオタクも身を律すべき。女性外国人差別しておいて「自分たちを差別するな」と言っても説得力は薄い。

論点bを持ち出して実際の迫害歴史否定しようとするやつはただのクズなので耳を貸す必要はない。論点bを持ち出して史実否定を始めた段階で、他の点でどれだけ正しいことを言っていようがこの点に関してはまともに取り合うべき相手ではなく、「オタク差別」に関する議論から退場するべき存在

大事なのは、誰が何を言ってるか。論点bに固執する論者に対する反論論点aにこだわってる人に向けても意味がない。無意味に敵を作らないようにしましょう(戒め)

2018-04-22

anond:20180418221129

http://b.hatena.ne.jp/entrylist/all

1ページにつき1つ2つくらいしかないように見えるが。

増田的にはそれが「かなりの割合」なのか。

お前の持ってるチョコパイを3個に1個の割合エンゼルパイにしてやろう。

なんかもう飽きた

歳を重ねれば重ねるほど、友人との近況報告の中に浮気だの不倫だのってフレーズが出てくる割合が高くなる。

もう世の中全員浮気してるんじゃねぇかと思うぐらい。本人がしてなくても旦那彼氏がしてたりする。

きちんと決められた相手がいるのに他の人にフラフラするのは信じられない!なんて潔癖な気持ちがあるわけではない。

世の中には魅力的な人間がわんさかいるし、まぁ同時に複数相手に惹かれることだって珍しいことではないと思う。

でもだからって不倫浮気肯定できない。

是非を問うというよりも、してるやつはやっぱりバカなんじゃないかって気持ちが強い。どう考えても浅はかだ。

1人の相手で満足できないくせに、どうして特定相手を作るんだろう。

これと決めた相手より魅力的な相手に心変わりしたなら、なんで今のパートナーとお別れしてから次に進めないんだろう。

自分の見る目がないってわかっていながら、なぜきちんと見極める期間もとらずに結婚したり付き合ったりするんだろう。

ひとつ理解できないし、適切な選択だとは思えない。

好きになってしまたから仕方ないとか。

好きになったことを責められてるんじゃなくて、きちんと手順を踏まないで関係をもったことが問題なのに。

奥さんはもう家族としてしか見れないけど自分はまだ男だから、男はいつまでもモテたい生き物だとか仕方ないとか。

そういう本能を責めてるんじゃなくて、本能を抑えられない理性レベルのくせに知的関係性をもとうとしたことが浅はかだって話なのに。

旦那はもう女として見てくれないけどまだ女として現役でいたいから仕方ないとか。

女として見てもらいたい気持ちが悪いんじゃなくて、旦那に女として見てもらえるように接してこなかった怠慢やそもそも相手選びの誤りを指摘されてるだけなのに。

腰据えて他人関係性を築けないなら、拠点を欲しがっちゃダメなんじゃないのか。

自分がそういう生活に適してるかどうかぐらい何十年も生きててなんでわかんないんだ。

そんなバカみたいな話を聞かされるのが本当に嫌だ。

きちんと1人の人と良好な関係を築いてる人に対して、世間知らずみたいにバカにする風潮も嫌だ。

2018-04-21

anond:20180421174313

男の人が結婚するのは子どもが欲しいからなんだろうなあと思う。

国立人口問題社会保障研究所アンケート調査結果のはずだけど、男性の方は結婚子どもを持つためと考える人割合が高かった。

もちろん結婚して子どもが欲しいって女性も多く存在したけれど、それは2番目ぐらいの回答だった。

女性側の1番目はパートナーと一緒にいられるというもの

親子というタテの関係か、男女というヨコの関係か、その辺の考え方がわりと違うんだなあと思ってびっくりした記憶

anond:20180421151247

都市部はいってもいわゆるベットタウン的な郊外なら普通にイオンぐらいあることもあるし

そういうところに住んでる人は結構割合仕事では都心に出たりするわけで。

2018-04-20

anond:20180420134611

やっかいなのは移民の人は結構割合男尊女卑的な宗教信者だったりするんだよね。そりゃ男女が完全に平等宗教は少ないにしろ、完全にビルトインされている厄介の元。彼らの信仰は守るっていう建前はあるし、なかなかはっきりとした政策は取れない。ブルカを取れ!みたいのも揉めてるよねぇ…

神様が見てない所でメチャクチャやってやれ!的な移民の起こす暴力犯罪は少ないとは言えないし。リベラルはそれも貧困のせいだっていって、それも間違いとは言えないんだけど。わざわざ厄介の種を入れて作られた災いなのに、それは無いよなぁ…

anond:20180420011128

申告されてないか割合はなかなか計算できないでしょうね。

ただ、強姦殺人等とても隠せようのない事件件数でみても日本は低いですから安全な国であるというのは言えると思います

あと、危険地域がはっきりしてるというのはその通りですがNYにもロンドンにもあります

なので優秀だからと言って大丈夫なんてことはないです。

まぁ昔に比べたらさすがに今のNYロンドンなんかは安全でしょうけどね。

ただ、東京で比べると断然東京のほうが安全です。

anond:20180420010809

もちろん申告してないって意見もあるけどほかの国でもそれは同じ

申告してない割合は、日本とほかの国で同じなんだろうか?

あと海外だと地域によって犯罪率違うよね

スラムヤバい安全地域を選べば割と安全だし

日本スラムとそうではない所がはっきり分離していないのでむしろ危険な国、と言う説も聞いた事があるが

んでそれなりのキャリアスキルでもって海外先進国移住するような日本人がスラムに住む事はまずない

anond:20180420005006

女性の大多数は潜在的同性愛者、ってのは聞いた事あるな。

異性愛者と思っていても、異性じゃないと絶対に駄目だという人の方が少数派だそうで。

男性潜在的にも異性愛者が多いらしいけど、同性愛者や両性愛者ってのも

巷で思われているよりは多い割合でいそう。

家計簿アプリに持ってる口座片っ端から連携させた

銀行口座カード連携させて「節約がんばるぞい」くらいの気持ちだったのに

増えたり減ったりする推移と割合グラフおもしろくなりすぎて

電子マネーポイントも株も投信仮想通貨ソーシャルレンディングも片っ端から突っ込んでいったら

毎日毎日資産額が変動する謎のリアル課金放置ゲームが完成してしまった

2018-04-18

はてぶの話題が偏っているのつらい

ここ最近事務次官セクハラ関連の話題がはてぶ新着のかなりの割合を占めていて

バリエーションが乏しいなー、面白さに欠けるなーと思ってるのは俺だけ?

セクハラ問題問題問題なんだけどもっと色々ネタあるよね?

フェイスブック個人情報漏洩問題なんか海外ニュースだと毎日のように

かなり報じられているけど国内メディア同様そんなに話題になってないし。

時事ニュース以外ももっと新着に上がってきてほしいんだけど、

はてぶ新着のバリエーションが少ないのは俺の個人的思い込みなんだろうか。

じゃあお前がファーストブクマやれよって言われそうだけど

やってるんだけど3つなり5つなりブクマされないと新着に上がってこないし・・・

まぁいいや(いいんかい

2018-04-17

ぼくは下戸下戸下戸下戸

子供の頃からアルコール綿で腕が真っ赤になる子供だった

成人してからは、お酒だと缶チューハイ1缶飲んだら尋常じゃないくらい赤くなって動悸がしてくる

それ以上飲むと気持ち悪くなる

どれくらい気持ち悪くなるかというと、50メートルを息止めて全力疾走たらこんな感じだろうか、という苦しさ

そんな感じで日常酒を飲まずに、飲み会には常にシラフで陽気にを信条に参加しながら30代も半ばを過ぎたけれど、正直お酒飲む人うらやましい

まずワインとか日本酒とか、そもそもお店で選んでところを見る時点でなんかカッコいいし大人っぽい

何年もののなんとかーとか、どこそこの蔵のなんとかーとか、お酒ってウンチク豊富だし

私なんて輸入菓子目当てにやまや入るのもなんか気がひけるのにさ

1人でBARとか行きつけのBARとか駆けつけ一杯とか家呑みとか憧れる

私も行きつけのBARマスターとか欲しい

家で熱燗とかつけてみたい

飲みながら料理とかかっこよすぎてドラマみたい

あとスポーツバーサッカー観戦とかもしたい

記憶を失うくらい楽しい思いをしてみたいし、目が覚めたら河原にいたとか電柱抱えて寝てたとかカーネルサンダースと手を繋いでたとか、ハードボイルド経験もしたい

ちょっと美味しいものつまみつつ一杯だけお酒飲んで人を待つ…みたいな小洒落たこともしたい

お酒飲んで誰かに迷惑かけてみたいし、誰かにお酒の勢いで甘えたりもしたい

お酒で失敗してそれを翌朝後悔してみたい

酔っ払って何度も壊れたレコーダーみたいに同じセリフを繰り返したい

公衆面前感情のタガを外してみたい

お酒飲めたほうが誰かと深く仲良くなるの、早いと思うんだよ

いいなー酒飲み

でもこういうことをそれとなーく大酒飲みの人に言ってみたら、

「酒飲みは金かかるよ…」と遠い目をして言われたから、強い人はそれはそれで困ることもあるんだなって思うけれど

人生結構割合お酒飲めないせいで損してる気がするなー

気にし過ぎなのかもしれないけど

昼間に仕事抜けて後輩と健康診断に行ったら、後輩が採血後にめまい起こして病院で少し休むことに。

1人で帰らせるわけにもいかないので帰りが遅くなるから会社に連絡入れたら、上司(男性)は会議中。別の人にそれを伝えるよう頼んだら、見事に伝え忘れ。

私達が帰社した時に上司が連絡も無く遅いと怒っていたので電話した旨と遅くなった理由説明

遅くなった理由として後輩が採血後に倒れて〜と説明したら「自分の血抜かれて?(倒れるとかどう言うことだよ)wwwww」って嘲笑

女性的にはそういうのはよくあることなんだけど(男性もよくあること?詳しくなくてすみません)、その女性割合が圧倒的に高い職場で30年以上勤めてきてある程度の地位にいる人がそれ?みたいな

繰り返しになるけど採血後に倒れるなんてよくある話だし、後輩顔真っ白で明らかに体調悪そう。嘘じゃないのは明白。

もともと人を馬鹿にしたような喋り方する人だけどやっぱり馬鹿にしてんのかって感じ

気にし過ぎ?

精液検査を受けてきた話

30代前半、男、既婚、都内在住。精液検査を受けてきたので、その一部始終を余すところなく書いてみたい。誰かの参考になれば嬉しい。

訪ねたのは男性不妊の専門クリニックで、インターネットで事前に予約済み。受付へ行くと、20代と思しき女性職員ふたり組が迎えてくれた。名前を告げると、本人確認できる書類を求められ、代わりに問診票と番号札を渡される。以降は基本的に番号で呼ばれる。

待合室には夫婦ひと組、女性ひとりが座っていた。壁の外周に向かうように椅子が並べられており、お互いの顔は基本的に見えない。プライバシーの面は全体的によく配慮されていると感じた。

さて、問診票である。これは軽いアンケート用紙に近い。既婚か未婚か、子作りを初めてからの期間はどれくらいか不妊治療に対して抵抗感はあるか、などなど。記入をためらうような項目はまずない。さっと記入し、受付に提出。

記入から5分も待たないうちに、奥の方から職員男性が現れ、番号で呼ばれた。個室に連れて行かれる。部屋の扉には「採精室2」とあった。30年以上生きていて初めて見ることばだ。

部屋は薄暗い。リクライニングソファティッシュウェットティッシュゴミ箱、そしてDVDプレーヤーテレビがある。あ、もちろんヘッドフォンも。自分は入ったことはないけれど、ビデオ個室ってこんな感じなのだろうか。

男性職員は、薄いプラスチックのカップを取り出しながら言った。「今からマスターベーションして、全精液をカップの中に入れてください」。

まずは、シールフルネーム禁欲期間を書き、それをカップに貼ることから始まる。検査結果に取り違えが生じないためだろう。ただし、このシール粘着力が極めて弱く、カップの丸みに負けてしまい、今にも剥がれそうなのが気にかかった。

さて、出すものを出さねばならない。職員男性は、去り際に「いくつかDVDもありますので、どうぞご利用ください」と言っていた。見ると、DVD10枚ほどある。標準的趣味に近い品揃えだった。傾向で言えば、眉毛が細いギャルのものが多かったかもしれない。

また、一冊だけエロ本があった。一糸まとわなかったり、スク水をまとったりする女性たちの写真掲載されていた。むかし河原の土手に捨てられていたタイプのやつだ。実用性はほとんどないように見受けられたし、全体的に本にしわが寄っていて、あまり触りたくなかった。

ここで耳よりの情報だが、採精室にはwifiが飛んでいる。このクリニックが用意したものかどうかはわからない。とにかくカギのないwifiが飛んでいる。言うまでもないことだが、スマホwifiがあればなんでもできる。

このときクリアファイルに閉じられ、壁に掛けられた注意書きが目に留まった。20分程度しても部屋から出てこない場合、この日の採精は諦めてもらい、後日の再検査をお願いする、とのこと。

自分設備観察などをしていたし、あまりに早く部屋を出るのもどうかと思ったので(このあたりの気持ち女性には分からいかもしれないが、そういうものだ)、ゆったりと構えていたところがあった。時計を見ると、すでに10分近くが経とうとしている。焦った。

はいえ、いざ採精しようとすればすぐにできるのも男というものだ。ティッシュ及びウェットティッシュで入念に掃除をし、個室にカップを置きっぱなしにしたまま、部屋を出れば終わりである

待合室に戻ったら、受付の女性に「終わりました」と告げればよい。それ以上の言葉はいらない。すると、受付が職員男性完了電話連絡をし、プラカップを回収した職員が、検査にかかるおおよその時間を受付に告げ、それが自分に伝えられる。

検査結果がわかるまでは、だいたい1時間だという(後日郵送もできるらしい)。しばし外出して、近くのドトールコーヒーを飲みながら待っていた。

そもそもなぜ精液検査を受けたかというと、もちろん子ども希望たかである。子作りを始めてからまだ3か月強だが(このあたりは妻と見解の相違がある)、思うような結果が出なかったため、いっちょ受けてみるかという気持ちになった(妊娠に備えて婦人科に通う妻から示唆もあった)。

自分は、「何かが分かる」という体験自体純粋好きな人であるそもそも、たとえ種無しだったとしても、自らの男性性というか、存在意義が揺らぐとは微塵も考えていなかった。

はたして、結果は、無精子症であった。射出された精液のなかに精子が一匹もいなかったのである

無精子症100人に1人の割合で現れるという。そのほとんどが無自覚であり、自分もそのような疑念を抱いたことがなかった。顕微鏡自分の精液を観察する趣味はなかったし(どうやらそういう御仁もいるらしい)、まあ「正常」なのだろうと考えていた。3か月強の頑張りで子どもができないのだってたまたま(偶然)で、ごく普通のことだと考えていた。ひとことで言えば、精液は出るのにそこに精子はいない、という想像力は持てなかった。

もういちど検査しないことにはわからない、とドクターは言う。次回はエコーや触診をともなう詳しい検査になる。ただし、通常ならば数千万や数億のオーダーで観察される精子ゼロだったのだから、これはもはや体調だの検査上の誤りだのといった可能性はないだろう。

その日は、友人の結婚式二次会に参加する予定だった。精液検査からパーティーへと向かう人間はなかなかいないだろう。検査結果が無精子症ならなおさらであるしかも、新郎新婦はいわゆるデキ婚だ。なんたる巡り合わせだろう!

この日、もともとは終電帰宅も辞さない構えだったが、精子ゼロという結果が出た以上、いち早く妻に伝えねばならない。帰宅して上記のように説明したところ、妻は「オケーコ」と言った。オーケーという意味だ。妻はどんな言葉も語尾を伸ばして「コ」をつけるイルな言語センスをもっているのだが、こうしたシリアスな状況下でも口にするのだなと強く印象に残った。

さて、どうしたものだろうか。

今回の結果を知り、自分は多少のショックを受けた。だが、なぜショックを受けているのかが分からなかった。もちろん子どもができない可能性が示唆されたことは残念だし、妻には本当に申し訳ないなと思う。しかし、無精子症であっても各種不妊治療による妊娠可能だし、子どもができないならできないで、妻と二人で生きていくのも十分にありだと思っている。妻も、もともとそういう考えの持ち主であった。だから、挙児の可能性が低くなったことは、ショックの根本原因とは言えないと思う。

では、この違和感はどこから来るのだろう。一日考えてわかった。自分はにわかに信じがたいし、認めたくないのだが、やはり「男性性が傷つけられたことに対して」と考えざるを得ないのだ。常日頃から「男らしさ」などは馬鹿馬鹿しいと考えているのだが、生物学的に子孫を残せない(かもしれない)可能性が示されると、ナイーブにも傷ついてしまったのだ!

まり自分は、メタ的に「ショックを受けている自分」を知覚して、ショックを受けているのだった。これは、はてブ構造に極めて近いなと思った。そこで、長らくはてな村に籍を置く一員として、なにか村人たちに還元しなくてはと考え、こうして初めて増田を書いている。

すっかり話がずれてしまったが、精液検査10,000円前後可能だ。後で知ったことだが、一般的に夫は精液検査に極めて消極的で、妻がどうにか説得して来院するケースが多数派らしい。また、検査を受けるにしても、自宅で採取した精液を密封容器に詰め、妻にクリニックへと持っていかせるケース(!)が多いとのこと。

無精子症っぽい自分が言うのもなんだが、それってあまりに男らしくないっしょ。はてな民諸兄におかれましては、当記事心理的不安払拭し、然るべき時が来たら自ら率先して精液検査を受けてねという話でした。

ネットで知り合った人と実際に会うことは当たり前?

自分は先ごろ30代に突入したばかりの世代だけど、ネットで知り合った人と実際に会うことに抵抗がある。

Twitter自分の好きなゲームにまつわる人をフォローしているアカウントなどを見てると、若い人はもちろん、自分より上の世代の人ですら、オフ会オフイベントに当たり前のように参加しているように見える。

自分が遊んでいる対戦型ゲームは、有志によるイベントがそれなりの頻度で開かれているようだ。

主催者ものすごい気力・労力を費やしているだろうし、参加して楽しめている人がいるなら結構なことだと思う。結構、というか、自由だ。

しかし、そのイベントに「コミュニティを盛り上げるため」、「○○(ゲーム名)をもっと楽しんでもらうため」というお題目を掲げられていると、「モヤモヤ」してしまう。

モヤモヤ」の内容は上手く説明できない。できたら匿名ダイアリーでは書かない。

確かなことは、どんな名分を掲げてオフイベントが開かれようと、「そのゲームは好きだけど、ネットで知り合った人と実際に会うなんて考えられない」という層は一切盛り上がらないということだ。

問題は、そう思っている層が、どのくらいの割合を占めているのかということだ。私のような人間絶滅危惧種といったレベルなら、ここで書いたことも戯言に過ぎないだろう。

今の時代、もはやネットで知り合った人と実際に会うことは当たり前なのだろうか?

anond:20180417050456

大学柔道部所属していた奴と付き合っていた女にはかなりの割合で高まってくると「首絞めてぇ」って言われるね

ションベン漏らされたりするから嫌なんだよね

しか絞め技って高校柔道から解禁なはずなんだけど大学柔道部だと絞め技に磨きが掛かっちゃうのかな?

2018-04-16

なんか

「昔もアレルギー現代と同じくらいあったが、当時の奴らは人の苦しみを分かってやれない無知鬼畜だったか

 その症状に真摯に向き合わず適当に済ませて来ただけ」

みたいな事を言いたげな奴、ちょいちょい居る。

そら昔もアレルギーはあったろうが、割合はどんなもんだったのか、はっきりした数字無いの?

今に比べればとんでもなく少なかったから、研究が進まなかっただけじゃないの?

できる範囲で働きたい

だいぶ前に病気になり、障害者手帳を持つようになって、

正社員の条件を満たす働き方ができなくなった。

アルバイト以上、派遣以下が自分労働負荷の限界

かなり長い間、まともに働けないことにとても苦しんでいた。

人生詰んだと思っていた。

しかし、最近やっと考え方が変わってきた。

普通というレールから外れた」という考えにこだわっていることに気づき

ある種「普通」という社会通念と自分の考えをごっちゃにしてきたことに気づいたからだ。

両者を区別すれば、自由視点と行動できる余裕が生まれた。

障害を持った自分なりにできる範囲人生楽しんで働ければいいや」と思い始めた。

そう考え、収入源のアルバイト単純作業にするよりは、+αで手に職をつけたくなった。

正社員のように働けない。

だが、月数万円の収入さえあれば、障害年金の底上げもあり、心配なく生活できる。

(結婚子供は諦めなければならないけれど…)

その程度であればフリーランス的に割合自由に働けないかと。

はいえ、独立する前に手に職をつける下積みは必要だ。

WEBデザイン組み込み系のプログラミングスキルを身につけたい。

「取っ掛かりをアルバイトか、クラウドワーキングで作ることはできるのだろうか。」

と思い、求人と依頼を探し始めた。

働けないフルタイムと買い叩かれる依頼でげんなりすることもあるが、

もう少し粘ってみようと思う。

それが今の現状。底辺かもしれない。

けれど、手に職をつけることで、労働負荷の限界の中で自分なりのやりがいを構築したいというのは強い願いとしてある。

なんとなく増田に聞いてほしかったので、書きなぐってみた。

2018-04-14

[]撮れ高

テレビ業界用語で、撮影した映像全体のうち、実際に放送に使える部分の割合のこと。

転じて、動画配信などにおける見せ場という意味でも使われている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん