「割合」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 割合とは

2018-02-18

何故あの手の男達は自らを黒人に、女を白人に喩えるのか

からしてみるとどう考えても逆なのに。

男女をアメリカ南アフリカなどにおける人種問題で喩えるならば、どう考えても女=黒人、男=白人だ。差別する側とされる側、社会において優位にある者と劣位にある者という明白な差があるのだから

単純に黒人の方が体力がある、粗暴であるという偏見がある、あるいは肌の色が濃い事は「男性的」に見えるなどという理由からだろうか?

いや、見た目に違いのある白人黒人の喩えには限らないからやっぱり違うかもしれない。「日本における日本人在日韓国朝鮮人」でもいい。この場合も喩えるならば男=日本人、女=在日韓国朝鮮人、が妥当であると思われる。

しかし何故か女性専用車両に反対する男は「在日犯罪率が高いか在日隔離するのと同じだ」なる喩えも用いていた。こっちからすると完全に逆。

置き換えるならば「在特会攻撃から身を守るために在日専用車両作りました」だ。まあ、これがもし実現された場合には、「在日差別」の文脈話題になるだろう。何故在特会から攻撃さらされている、何の罪もない人々を隔離し自ら閉じ籠る事を強いるのかという文脈で語られる筈だ。

女性専用車両も完全に同じだ。そこに差別があるとしたら、差別者の側を規制して差別を解消するのではなく被差別者の方を隔離するという安易手段を取った事にある女性への差別である男性への差別ではない。

ハフィントンポスト記事イギリスから問題視されたというのもこの理由からだろう。


何故男はこの社会において優位者・権力者であるにも関わらず、虐げられる側の人種に自らを喩えるのか。

これって認知の歪みとして研究されてもいい事案だと思うんだが。

アメリカにおけるWASP日本で置き換えるならば平均的な収入の高さ、経営者政治家に占める割合、どれをとっても「日本人男性」になる筈なのに、何故かそう思わない認知の歪み。

この手の男性痴漢をはじめとする性犯罪が、単に数の問題ではなく、まさに「男ならでは」の、女に対する差別意識に端を発したまさにヘイトクライムである事に思い至らないのだろうか。

特定人種民族の例のように、統計犯罪率が高い(または、そういう偏見に晒されている)から問題にされているのとは、根本的に違う。

優位者にある人種民族が、その優位性ゆえに劣位にあるものをいとも気軽に、遊び半分で加害する。それが差別でありヘイトクライムだ。

痴漢根底にあるものは、KKK黒人に対するリンチと同じだ。

単に経済的劣位や教育の不足を原因とする事が多い、「特定人種犯罪率の高さ」などというものとは全く性質が異なるのに。

こっちからしてみれば痴漢というものは「朝鮮人が毒に井戸を入れたので虐殺した」と同じだ。それは社会的強者から弱者への、見下しを元にした加害であり、そこに「あいつらは恵まれている」「自分達こそが抑圧されている、真の弱者だ」という意識があるところも似ている。


満員電車問題?勿論、痴漢は別として満員電車が解消されるのはいい事だろう。でも痴漢はすいてる電車でもいるからな。満員電車を解消しようというのは根本的な解決にはならないと思うよ。

ちなみに自分が一番よく痴漢にあったのは電車ではなく本屋だ。

周りに全然人がいない場所でも痴漢は現れる。

anond:20180218085606

すごく「ふと思いついただけ」ぽい…。

自分でもすぐ気づくとは思うけど、今は

女性専用1:だれでも9

で、実際には女性専用車両に乗ってない女性もかなりいる。

女性専用車両使ってる女性って、通勤してる女性全体の2割くらいだよ。

男性専用作って、結果的女性専用車両発生」とかって逆転発想したいなら、

だれでも1:男性専用9

は叩かれるとか叩かれないとかじゃなくて成立しない。

もうちょい現実的割合で各方面から叩かれるかどうかは知らん。

2018-02-17

痴漢にあう女性割合

ウチの嫁は痴漢にあったことないらしい。

嫁の後輩もないと言っていた。

実家の妹もないという。母は学生時代に一回だけ痴漢にあったらしい。

ネットだと多くの女性痴漢にあっているような事を主張している人がいるが、

イマイチ犯罪実数やら被害にあう人の割合、頻度がわからないし

自分の周りから情報ではそこまで多いように感じない。

何か良いデータがあるなら教えて欲しい。

結局は痴漢被害ほとんどは男性から女性に向けたものから女性専用車両なんていう話になる。

短絡的だし本質的ではないのに幸か不幸か痴漢被害の大部分をカバーできてしま施策なわけだ。

もし女性から男性へ、女性から女性へ、男性から男性への痴漢行為割合が同じくらい高かったら。

必然的に全く違うアプローチが生まれただろう。

anond:20180217094808

横だけど、女性専用車両に乗っていると女性しかいない空間ちょっと不思議に見える。

それだけ男性割合が多い光景に慣れてるんだよね。

男7:女3(仮)にしたところで文句なんて出ないと思うよ。まぁ私がそう思うってだけだけど。

文句を言う人達がいたとしてデータ提示すれば黙るしかないのでは。

anond:20180217123039

職歴長いの?

又は職歴長い同業とか居たら聞きたいんだけど、

昔に比べてそういう親の割合って増えた?それとも変わらず?

養育費親権

https://anond.hatelabo.jp/20180217105829

親権母親に有利な現状は変えるべきだと思う。

性別判断せず、子どもにとって経済的かつ精神的に一番良い親権判断及び養育費設定がなされるといいよね。

ただし、親権司法で決められるものであるのに対して、養育費徴収制度政治行政の論ずるべきもの

両者は独立した問題

ちなみに、戦前50年代までは父親親権を取るパターンが多かった。

母親親権取る割合が増加するのは60年代以降。

親の経済的機能ではなく精神機能ケア機能が重視されるようになった結果。

今では父親お金母親ケアという考えは時代錯誤

繰り返しになるけど、親のジェンダーではなく子ども福祉を中心に据えて離婚に伴う取り決めがされるようになってほしい。

https://anond.hatelabo.jp/20180217093635

じゃあ実際の乗客の男女比を調査して、それに基づいて仮に男7:女3の割合で乗ってたら

10両編成の7両が男性専用、3両は女性専用みたいになったときに、女性側は本当にそれで文句言わない?

逆の割合になったときに、男性側が文句言わないと思う?

じゃあ割合関係なく5両ずつわけたらどうなるか、結局どちらかの割合が大きい方が差別だって言い出すよね相対的に混むし。

どんなに都合よく理由をつけようと、分けると言うことを始めたときそこに差別意識が生まれるのだ。

女性専用車絡みで無自覚差別を展開する人たち

最近女性専用車男性らが乗り込み、トラブルになったというニュース話題になっている。多くのコメントはこの男性らに批判的だ。そしてその多くが、自身差別主義者的であることに無自覚である

女性専用車とは

鉄道会社男性乗客に対し、任意で非乗車の協力を求めるものであり、法的根拠がない。なぜ任意かというと、法的拘束力を持たせるためには運送約款を改訂する必要があるが、到底そのような改訂が許されないことが、鉄道営業法及び鉄道運輸規程趣旨からして明らかであるためだ(なお法34条2号は今日でいう女性専用車とは無関係)。

これらの法は、鉄道公共インフラであることに鑑み、誰でも円滑に利用できるようなルールを定めたものである。この誰でもという点が肝心で、これを不当に制限することは許されない。鉄道会社は、法的拘束力のある男性乗車制限不可能であることを認識しているからこそ、「任意のお願い」という形で逃げている訳だ。

他の女性専用サービスとの違い

一部に、女性専用車公共インフラではない一般女性専用○○サービスと対比する向きがある。が、代替性の高い(公共性が低い)一般サービスと、鉄道のような公共インフラの核心をなすサービスでは、その性質が大きく異なる。

例えば、飲食店が店の特色を出すためにレディースデー女性のみ優遇をしているとしても、気に入らなければ別の店に行けば良い。ホテル公共性を有する面もあるから一般ホテル性別に基づく宿泊拒否を出来ないという点では飲食店より制約があるが、(近年のホテル事情では)鉄道よりは代替性が高いので、防犯のため女性専用フロアを設け、男性の立入りを禁じる程度のことは許される。

女性専用車差別

公共空間であっても、許されないのは不当な制限差別であり、現実差異に基づいて合理的制限を加えることは、差別とは言わない。しかし、女性専用車合理的制限とは言い難い。

第一に、男性である点に着目して排除している点で、不当である差別が許されない理由は様々であるが、大きな理由の1つとして、本人のコントロールの及ばない属性に基づいて排除される不当性が挙げられる。性別は、その最たる物だ。

第二に、制限の内容が不当である。先にも述べたように、鉄道公共性が極めて高いサービスであり、特定車両への乗車禁止利便性を著しく損なう。乗換や出口付近に適した車両選択できないといった不便もあるが、最も大きいのは、女性専用車が無いとき比較して相対的に混雑率が向上させられた車両に乗ることを男性のみが強制される一方、女性は空いた車両に乗ることができるという点であろう。一級国民と二級国民世界だ。

統計的根拠差別正当化しない

痴漢被害は、男性加害・女性被害類型が非常に高い割合を占めるいうデータがある。従って男性排除すれば、痴漢被害は大きく減少するだろう。これ自体ロジックであって、誤謬は無い。

しかしこのような犯罪類型が多いからといって、男性という属性のみをもって、大多数の無関係男性問答無用痴漢加害者予備軍に仕分けることが不当なのであって、それ自体差別であり、許されない。

よく誤解されているが、多くの差別根拠はある女性男性に比べて圧倒的に育児休業結婚退職をすることが多いか就業差別が行われてきたし、人種差別に際して黒人白人に比べて犯罪率が高いというデータはあった。今日、このような就業差別人種差別が決して許されないことは論を待たない。根拠があることは、差別正当化しない。

ついでに言っておくと、差別意識が無いことも差別正当化しない。

痴漢差別も許せない

痴漢は許し難い犯罪であり、撲滅すべき対象であることに疑いはない。しかし、その手段として差別が用いられることも、許されるべきではない。監視カメラ導入、警備員の乗車、混雑率緩和といった痴漢対策を徹底すべきであろう。また一市民として、道徳的観点から満員電車に乗車する女性子供配慮することも求められよう。

--

男性らの態様が正当な手段か、という論点は残されているが、長くなったのでいったん筆を置く。

女性専用車両なんて早く廃止しろ

本当に必要なのは

被疑者自白だけで有罪になる現状からの脱却

そのための全車両への監視カメラの設置

だろうが。

個人的にはここに『性犯罪常習(再犯)者への化学去勢措置の導入』(いわゆる女性ホルモン投与のこと)も入れて良いと思うのだが、これが倫理的に許されるか否かについて世論が固まってるようには見えないので保留する。

とにかく、『女性専用車両』なんてもの痴漢盗撮問題をとりあえず棚上げするだけの暫定的ものであって、本来なら棚上げしてる間に解決すべき課題がほぼ放置されている。もうそろそろ、課題に取り組むよう強く催促してもいい頃だと思う。

追記(2017-02-17 02:21) anond:20180217020126 に思うこと

監視カメラ映像があったとしても、決定的ではないんじゃないか

混雑した車内での監視カメラ映像では、あくま被害者被疑者との位置関係を捉えることしかできないのは、確かにそのとおりだろう。

だが、手のひらに付着した繊維の鑑定結果や、関係者供述との『突き合わせ』ができるようになる。突き合わせることにより、矛盾が浮き彫りになることがある。真実が見えてくることがある。

から、たとえ単独では決定的な決め手とならなくても、客観的物証を増やすことは重要だと考える。

ただ本当に恐ろしいのが免罪で…間違いなく立証できる手段があればいいのに。

冤罪を防ぐには、被疑者自白しか有罪にできない現状を変えるしかないと思っている。だからこそ上記の二点を訴えたい。

追記(2017-02-17 11:55) anond:20180217043552 に思うこと

個人的には、この議論で“差別”という語を持ち出すべきではないと思っている。

そもそも増田自身

痴漢被害は、男性加害・女性被害類型が非常に高い割合を占めるいうデータがある。従って男性排除すれば、痴漢被害は大きく減少するだろう。これ自体ロジックであって、誤謬は無い。

と言っているのだからあくま暫定的対応として、緊急避難先(シェルター)として機能する女性専用車両事業者が用意するのは公益にかなうわけで、差別という語を用いるべきではないと考える。

ただ、増田に限らず

混雑率が向上させられた車両に乗ることを男性のみが強制される

大多数の無関係男性問答無用痴漢加害者予備軍に仕分けることが不当

という不公平感や理不尽さを抱く人が少なからずいるのは分かる。

から

監視カメラ導入、警備員の乗車、混雑率緩和といった痴漢対策を徹底すべきであろう。

という主張には全面的同意する。そして、“不公平感”や“理不尽さ”を生んでいる女性専用車両廃止にも同意する。

anond:20180216191622

団体旅行客が減って個人小金持ちの客が増えてるせいだよ

たぶん結構割合普通の日本人より金持ってる

2018-02-16

anond:20180216213425

もっといい人に出会確率計算してみましょう。

今まで貴女が良いと思った人の割合をA%とします。(1000人会った中で1人を良いと思ったら、A=0.1%です)

地球人口が70億人なら、男は約半分の35億人。35億人×0.1%=350万人の候補者が、まだ残ってる可能性があります

350万人とお見合いして、1人につき1分間(60秒)話せると仮定します。1日のうち12時間お見合いに使って、残り12時間食事や休憩や睡眠に当てるとします。

1日12時間お見合いを、約13年と3ヶ月間ノンストップで続ければ、350万人とマッチングできます

貴女20歳なら、33歳頃までに、もっと良いと思える相手は、最大で349万9999人ほど登場する可能性があります

 

でも、今好きな人の魅力の部分が明確で、その判定基準がずっと変わらないのであれば、今好きな人最後の1人として決定してしまっても良いんじゃないですか?

=今後素敵な人が現れても、その他の人は全部2位以下にする。

例えば、「性格が親切で優しいから好き!」なら、そこだけを見続ける。他の欠点には片目をつむる。イケメンとか見た目(変化するもの)で選ぶと、デブハゲ浮気等でだんだん相手が変わってしまい、魅力と思ってた部分がなくなってしまますよね?そこは注意!

 

末永く幸せに☆

 

(…次の患者さん、どうぞw)

anond:20180216050237

別の増田だけど、日本学生支援機構奨学金の第1種と第2種の割合が昔と今では違っていてそれが世代ごとの奨学金イメージの違いに繋がっているというのは正しいと思う。

この第2種を利用する人が増えたのは意図的もので、詳細は省くけど1999年から有利子の奨学金をほぼ無条件で貸し出して大学進学を後押しするプランが出た。

90年代後半は大学進学率が増加していて、大卒でなければ労働市場において不利に立つ可能性があったことが背景その1。

そして、大卒であれば奨学金を返済できるだけの十分な給料を得ることができるだろうというのが背景その2。

第2種の拡大で経済的ハードルが下がったこともあり、以前であれば進学しなかった・できなかった層も大学に入るようになった。

こちらは意図した通りで「成功」と言っていいと思う。

他方で、大卒でも経済状況が苦しい世界というのは予想外で、奨学金を返済できない学生という「失敗」をわりと量産している。

この大卒でも生活が苦しい原因を学生個人に求めるか、社会経済に求めるかでも貸与型奨学金評価が変わってきそうだなあというのが個人的印象。

ついでに、もちろん学生支援機構から奨学金を借りる時には、月々の返済額がいくらかになるか、それが何年続くのかという説明は受けるし、紙でも渡される。

anond:20180215204914

ただ1冊の辞書に書いてあることを金科玉条の如くあつかって、思考停止することってそんなに偉いことなの?

なぜ誤解があるのか調べてみたら、かつては無利子の第一種が主流で、かつては免除職というもの存在したことに行き当たった。

下記によると、今は有利子の第二種が圧倒的に主流で免除職も廃止されている。

http://topisyu.hatenablog.com/entry/student_loans

30代後半以上では奨学金といえば「第一種で無利子のもので貸与のハードルが高い」、30代以下では「第二種で有利子のもので貸与のハードルが低い」と認識している可能性がある。

また、借入金額は以前よりもずっと上がっている割に給料は上がっていないので、家計に占める返済の割合はずっと大きくなっている。

https://www.j-cast.com/2017/02/08289885.html

総務省の小売物価統計調査によると、1967年私立授業料はおよそ7万4100円/年(6175円/月)、国立大授業料はおよそ1万2000円/年(1000円/月)だ。

また、2016年物価1967年のおよそ3.7倍。あくまで参考値だが、この授業料を16年の物価に換算すると、私立授業料でおよそ27万3800円/年(2万2800円/月)、国立大授業料はおよそ4万4400円/年(3700円/月)となる。

しかし、小売物価統計調査によると、2017年1月時点の大学授業料東京都区部)は、私立文系で75万122円/年、理系は110万963円/年、国立大授業料は53万5800円/年、理系は53万5800円/年と、大きく上振れしている。

171月時点の入学費(東京都区部)は、私立大と国立大で22万円から28万円かかり、授業料と合わせて入学時に支払う初年度納付金は、100万円を超えるケースも珍しくない。大学授業料一般物価よりも非常に速いペースで上昇し、50年前に比べれば、他に比べて極めて高い負担になっている。

一方、学部卒の大卒初任給1967年の2万6200円が2016年には20万3000円と、10倍近くに上がっているのも事実だ。

塾でも習い事でも学費でも、借金せずにバイト代などだけで自分教育費を自分で払うのって今時何歳からなんだろうね。

自分で払っていたら自分が何日働いたら学費が出るというのはイメージやすいと思うのだが、そうでないと親や周囲の大人価値観物事判断するのではないかと思う。ふつう、同じ名前のものは同じものだと思うと思うけれど、親たちの時代と大いに状況が変わったものをかつての認識で眺めていたら、判断を誤っても不思議ではないのではないかと思う。

あと、大学は一部の限られた優秀な人が行く場所だったからか、年配の人から企業地方公共団体給付するタイプ奨学金受給していたという話は結構聞くのだけれど。

それで、何が本質的なことだと思うの?

2018-02-15

彼女卒業パーティから帰ってこない

彼女(大学4年生)が今日学部卒業パーティでさ。

俺は彼女とはサークル同じ1個下で、学部は別ね。

メインの1次会が終わったとこらへんまでは連絡あって、今から2次会でカラオケ!ってLINE来たっきり連絡が途絶えてしまった。

おかしいな?こんな時間までカラオケ行ってるならちょっと連絡くらいしてもよさそうなんだが...

スマホの充電切れちゃったかな。迎えに行こうにも連絡付かなくて動き出せずモヤモヤ

普段は薄メイクメガネパーカーから今日ドレス姿早く見てみたいのになー。

酔いつぶれてんのかな?どこで何してるんだ?大丈夫かな?

まさかとは思うが男の割合が少なくない学部からちょっぴり心配、いや、そんなことは...

anond:20180215124556

それはまあ喜ばしいことなんだけど、男女の賃金差は未だ完全には埋まっておらず、これではブスが割合に浮かばれないと思う。

ちょっと時代が早かったな増田

2018-02-14

https://anond.hatelabo.jp/20180213184139

いや、少なくとも文化シャッターシャッター側がまじめに要件出していたとは思えないね

どうせ「現状どおり」にしろだとか、「専門家なんだからそっちが提案しろ」だとか言ってたんだと思う

ただこの場合は、IBMのほうが6:4で悪いようには思う

なんといっても自分でRFP書いて自分で取ってるので、そりゃ「ダメだと思ったならRFP書いた時点で取らずに辞退すればよかったじゃん」って指摘から逃れられない

IBMぼ営業は受注段階で受注額の一定割合ボーナスとして支給されるからそれを目当てにした「焼き畑営業」が暗躍することが多いのだが、その典型的な例だね

anond:20180214152554

同意できる。

かにそうかもしれないが、免除は約2割だ。

大学生の約半分くらいが、奨学金を受けているらしく、

そのうちの2割が免除されるということになる。

 

数字多寡ではないのは承知しているが、

奨学金を受けている割合を見る限り、

個人的にはリスクを考えず、奨学金をもらっている人が多いと考えている。

同性婚に反対する理由論理的根拠が無いと思う

yahoo同性婚制度化について投票を取っています

現在20,779票【回答受付中】同性婚日本でも合法化すべき? - Y!ニュース意識調査


現在は若干反対派が多いですが、反対する理由を冷静に考えると論理的に正しくないと思ったので書いていこうと思います

同性婚を認めると少子化が加速する

同性婚反対する理由でよく見るもの

でも、本当にこんなことが起きるとは思えない。

例えば2018年の出生数が100万人だとする。

そして2019年1月1日同性婚制度化したとする。

その結果、2019年の出生数が90万人だった…となれば、「同性婚制度したこと少子化が進んだ」と言えるかもしれません。

でも、この結果になるには「同性婚ができることで今まで異性愛者だった人が同性愛者になる(同性婚する)」ということだと思うんだけど、そんなことある

今これを読んでいる異性愛者の方、同性婚できるようになったら同性愛者になりますか?

なりませんよね。

同性愛者は子どもを作らないのだから同性婚必要ない

今年、女優浅野ゆう子さんが結婚しました。57歳です。

最近NHKシニア婚活特集をしていて、70歳過ぎで婚活出会って同棲していて近いうちに結婚しようと思っているとありました。

この2つの例、共に子どもは作れないですよね?

それなのに何故結婚できるのでしょう。

何故戸籍男と女というだけで生殖能力関係無く結婚できるのでしょうか

結婚子どもを作ることを前提にしている」というなら、このような場合結婚できないとしなければいけないでしょう。

結婚子どもを作ることを前提にしているのなら、婚姻届けを出すときに2人には生殖能力があるという診断書を出さないといけない、結婚してからも定期的に子どもができたかどうか届けないといけない、不妊子どもができないとなったら結婚を破棄しないといけない…

こういうディストピアのようなことになるはずだけど、現状そんなことにはなっていない。

から結婚要件子どもを作る・作らないは関係無いと思う。

同性婚ができると家庭制度崩壊する

これも具体的にどういうことか分からない。

例えばニュースで「○○県で男性同性カップル結婚しました!」「□□県で女性同性カップル結婚しました!」というのを見て、自分の親や兄弟配偶者子どもを見て「同性愛者も結婚できるようになって、自分たちは本当に家族なんだろうか?」と悩みますか?

そうは思えない。

今の日本では同性婚できないんだから同性婚できる国に行けばいい

ただでさえ人手不足と言われている昨今、貴重な労働力国外流出したらもったいない

ここまで反対意見を見てきたので、今度は同性婚制度化することによるプラス効果を考えてみる。

同性婚できることによってウェディング産業ハネムーン産業活性化する

正式結婚できるとなったら、まず結婚式需要が増えることが考えられる。

それと同時にハネムーン旅行産業活性化するでしょう。

他にも結婚を記念して新居を建てるとなったら建築産業家具産業活性化するなど、色々な経済効果があるでしょう。

労働力流出を防ぐ

例えばAppleCEOティム・クック実写版美女と野獣監督ビル・コンドンガストン役のルーク・エヴァンスゲイです。

また、ミュージシャンレディー・ガガバイです。

これはアメリカの例だけどLGBTの中にも才能がある人はいる。

そういう人に日本で働いてもらうためにも同性婚制度化は必要でしょう。

同性婚について色々と心配する人を見るけど、2015年電通調査ではLGBT割合は7.6%だった。

そんな全人口の数%の人に結婚できる選択肢を与えるだけで、社会の何が混乱するんだろう?

異性愛者に同性婚強制するわけでもないし、同性愛者に結婚強制するわけでもない。

異性婚はそのまま残るし、同性愛者も結婚したければすればいいし、したくなければしなければいい。

2018-02-13

anond:20180212020303

別にそんな傾向はないと思うが…悪役令嬢とかでも異世界転生が多いし…

異世界転生が(男女向けともに)増えすぎて相対的に現世転生の割合が減ったことで偏った印象になっているだけでは?

anond:20180213132917

避けないやつは避けない、それはそうだが、女の割合多くね?そして避けない人は何考えてるの?が気になる

anond:20180213120330

> 自分運動性能をあまり試していない

男の方が外で運動して育ってる割合高いだろうし、女より敏感に分かるのかもね。

町中で周りを見てると、ベビーカーだけクルマに轢かれそうになってるのに危機意識あんまりなさそうなママさんとか見かけて、ほんと無神経だなーと思ってたけど、そういう能力って大事子供を抱えてても変わらないもんなのかな

だれかの反応を求めて増田に書く人の割合

どんくらい?

わたしは書いたらスッキリして放置するタイプだけど、少数派なのかな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん