「トップページ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トップページとは

2017-12-15

増田ってさ

自分の考えを整理したり他で言えない愚痴だったり、誰かにまれることを想定しないで書くのもあるけどさ。

やっぱり多くの人に読んでもらいたいって書くのも多いと思うんだ。

トラバで反応されることもあるけど、それっていつも増田に常駐している人だけだよね。

そのトラバだって最近ホッテントリ経由が多いと思う。

まり誰かがブクマしないと多くの人に読まれない構造になってる。

その「誰か」ってたぶん今10人もいないと思う。

その人がいないと遠くのページに流されてしまう。

最近多い「再投稿」「サルベージからホッテントリって、つまりそれタイミングだよね。

せっかくの良文がタイミングの良し悪しで読まれなくなってしまう。

からと言って個人ブログなんて更に読まれないよね。流されることは無いにしても。

以前似たような増田の反応で、

増田トップページから読むなんてめんどくさい

・1ブクマ付いてても変なのが多いから2ブクマ以上から読む

ひとつひとつ読んでブクマする人尊敬するわー

みたいな感じのコメントが多かった。確かに全部読むのは大変。

ファーストブクマカの労力は大変だけど、彼らのブクマだけで0ブクマホッテントリか左右される。

でも非公開セルクマしても警戒されて2個目がつきにくい。

ファーストブクマカに頼らず多くの人に読んでもらう方法はないだろうか。

noteでやれって言われるかもしれないけど。

2017-11-29

ニコニコ(く)でニコ生は死んだ

1.ニコニコ(く)がニコ生崩壊の引き金を引いた

有料会員は、2017年11月に発表したデータによると、前年同期の256万人から28万人減少。

まるで、シャッター街と化した賑わいをなくした商店街のように、客と店が閑散とし、それが負のスパイラルとなって更に客と店が逃げていくような状況に陥っている。

思い返してみれば、2009年から2013年頃は配信者も、リスナーも勢いがあり、ニコ生には熱があった。

しかし、その熱は徐々に失われ、人々の感情を動かす熱情は冷めつつある。

もちろん、一部例外はある。七原くんや、加藤純一のように、未だニコ生を楽しんで盛り上げている人もいる。ここで指摘しているのは、サイト全体の空気感の話だ。

しかし現状は、Twitterを眺めても、ニコ生を愛し、毎日のように生主話題で埋め尽くしていた重度のニコ生愛好者のアカウントの多くが、ニコ生のことをつぶやくのをやめてしまっている。自分が2年前に作った、情報収集用のヘビーリスナーを放り込んだリストの3~4割が休止状態だ。

先の見えない、絶望感漂う現状に、ニコ生にしがみついている(過去の盛り上がりを忘れられない)人々は、再びニコ生の隆盛を、最後希望ニコニコ(く)に託していた。

しかし、期待はやっぱりと言うべきか裏切られた。

この発表で、乾坤一擲、人々の希望を与えられるような内容があれば、まだニコ生は数年持ったかもしれない。だが、ニコニコ(く)の発表内容は、サーバーが重い、閲覧がプツプツ止まる、とにかく見づらいという、一番利用者が望み、改善を期待していたところすら手がつかず、子供だましのようなお茶を濁した機能追加のオンパレードで、我々利用者最後希望を打ち砕いた。

もう、ニコ生に期待することはないと思うので、その死に水を取るキモチで、ニコ生が衰退した原因を考察しつつ、何故ニコニコ(く)がダメなのかを書いていきたい。

2.ニコ生衰退の原因

ニコ生が衰退した原因は、一体何だったのだろうか?

そう問われた時、その人の立場により、多様な回答が出てくると思われる。

外部サイトの隆盛、稚拙運営、逃げた配信者、通報厨、リスナーの変化、支援者…。

それらは、複合的に絡み合い、単純ではない。これらを少しでも払拭するような内容であったならと、慚愧に堪えない

(1)環境の変化
外部サイトの隆盛

2013年頃までは、競合サイト比較してニコ生の優位点が多く、ニコ生1強の時代が4年ほど続いていたように思える。石川典行渋谷キングなどの有力な荒らし配信者(当時)を外部に放逐しても、隆盛を保っていた。しかし、現状は違う。YouTubeLiveLINE LiveInstagram Storiesなどの、巨大SNSを基盤とした巨大な競合サイトの台頭が顕著になり、その他独立系ツイキャス、ふわっち、showroom、OPENRECなどがニコ生の牙城を日々切り崩し、今や見る影もない。マクロミル2017年7月に行った調査によると、これから配信をはじめる10代の視聴しているライブ配信サービストップはYouTubeLive、2位がニコニコ生放送配信しているトップInstagram Storiesで、ニコ生ツイキャスYouTube LiveInstagramLiveなどの後塵を拝し、LINE Liveと同率の6位となっている。

実感としても、配信者やリスナーの外部流出が著しく、1強を誇っていた数年前と比べるべくもなく、シャッター街となった商店街様相を呈しており、寂れた印象を与えている。外部に人が流出した上で、新規が競合サイトに吸われたため、サイトとしての熱や勢いを失ってしまったのだ。

スマホ利用者の急増

ニコ生の弱点として、よく上がるのが「スマホ対応の不備」だ。

若年層のインターネット利用の主流がスマホに移りつつあった2013年から、競合サイトであるツイキャスはそのニーズを捉え、低帯域でも閲覧が可能な高性能なスマホ閲覧アプリ提供していた。一方で、ニコ生は未だにバックグラウンド再生もできず、低帯域での再生は断続的な切断によるストレスが多く、基本機能であるアンケートにも参加できないなどのチープなスマホ対応しか行ってこなかった。

利用者の利用環境の変化に対応できなかったことにより、より使いやすツイキャスなどの競合サイト新規ユーザー獲得負けてしまった。

利用者層の変化

ニコ生サービス開始2009年から8年。8年という歳月は、中学1年生が成人するほどの環境の変化をもたらす。

配信者、リスナーともにライフスタイルの変化により、閲覧を辞めることもあるだろう。

それに加え、ライブ配信自体認知が広がり、よりライト層が閲覧を始めたことにより、2ch文化を引き継いだ、垢抜けないニコ生ギーク感(おたくっぽさ)は忌避され、よりスマートツイキャスLINE LiveInstagramなどに流れていった。(ここは、他サイト利用者意見を拾ったわけではないので、根拠に薄く、想像が含まれる。異論があれば教えて欲しい)

ニコ生時代に取り残されてしまったのだ。

(2)運営ドワンゴ
システム改善不備

ニコ生システムは今年実装された「新配信」になるまで、ここ5年ほど、ほとんど改善が加えられていない。

それは、無計画増改築を繰り返した上、低待遇技術者が大量に退職した結果、システム改修がほぼできなくなってしまたことに起因する。

 参考URLhttp://hiroki-uemura.hateblo.jp/entry/2015/09/01/230611

結果、超会議や町会議などの「イベント」を繰り返すことにより、利用者の不満をかわす方針を取ったドワンゴ。不満は見事抑えられたが、上記の外部環境の変化についていけず、緩やかに競争力を失っていった。

しかし、ツイキャスの台頭に危機感を覚えたドワンゴは、ツイキャスパクリのような「ニコキャス」をローンチするも、あまりのできの悪さに3日で閉鎖に追い込まれしまった。

それから2年、2017年システムの大幅な刷新を予告しているが、大幅な後手に回ってしまった感が否めない。

加えて、マネタイズ収益化)が競合よりも上手くいっていたことが、結果的に変化に対応するリスクを取ることができなくなったという面も考えられる。

ニコ生では、リスナーが「広告」を打つことにより、配信時間を延長できるチケット配信者にプレゼントできるシステムがある。これ、運営収益を上げることができ、配信者は延長料500円を払わずに延長でき、リスナーは目立つ形で広告を売って、配信者に名前を覚えてもらったり感謝してもらえるなど、「三方良し」の理想的システムだった。

しかし、競合サイト投げ銭システム一般的となった今、一部配信者は「自分の懐に入らない投げ銭広告)」に不満を感じ、上記Win-Win構造が崩れてしまっている。

技術的な問題と、成功体験による現状維持が原因となり、外部環境の変化に対応できず、ずるずると現状を維持し続けたことで、結果的競争力を失ってしまった。

サイト操作性(UI)とユーザー体験UX)が最悪

ニコ生は、同時閲覧数がある一定数を超えると「満員」状態になって配信をみることができなくなる。

それはシステム上の問題なのだが、ここで「プレミアム会員なら優先入場!」的なボタンが出てきて、プレミアム会員への入会が促される。渋々入会して「優先入場」ボタンを押すも、画面が1瞬切り替わって同じ画面に戻される。プレミアム会員にはいっても入場できない状態が続いているのに「こちらが入り口です」と入れない入り口への誘導が繰り返される。このような、利用者視点がまったくない操作性の悪さがサイト内に山ほど散見され、利用者ストレスを与える作りになっている。ストレスを抱えた利用者は、このような稚拙サイトを再度利用したいと思うだろうか?ユーザー体験UX)が全く配慮されていないのだ。

新規配信者のケア不足

ニコ生トップページをみると、他サイトと大きく違う点が1つある。

それは、他の配信サイトの多くが、盛り上がっている配信や、新規配信者をトップページで紹介しているのに対し、ニコ生企業配信の紹介が大きく割かれているのだ。これにより、新規配信者が配信をはじめても、ふらっと立ち寄るリスナーの数が減り、いつまで経っても過疎から脱せない停滞感が生まれる。

過去においては、ある程度の閲覧数を稼げば、ちくらん上位に掲載されてリスナーを獲得することが出来たり、ミラー大手のこざまミラー新規配信者を「発掘」してリスナーを獲得する機会があった。

また、ランダムでいろいろな配信を見せる「ニコ生クルーズ」や、配信者のコンテスト「ナマケット」などで配信者が発掘されることもあったが、今や殆ど機能していない。

現状においては、新規リスナーがただでさえ減っているのにもかかわらず、初見が最も訪れやすニコ生トップページ企業配信大手チャンネル配信に埋め尽くされ、過疎配信者は日の目を見ることもなく、ただ根絶されていっている。

ビジョンの欠如

ニコニコサービス追加は、これまで良い意味でも悪い意味でも、ノリと思いつきで行われてきた。

既になくなった機能ニコる」然り、マストドンの追加然り。

スタンプなど、ユーザーモチベーション維持に役立ったものもあったが、これらの機能追加は、裏を返すとシステムの複雑化を招き、システム改善難易度を高めていった。ニコニコ(く)において、ニコ生ニコキャスが並行して運用されるのも、複雑化した現状を整理できなかった苦肉の策だろう。

しかし、それらを今回の改定で、整理し、川上社長は、あるべきコミュニケーション像を、ビジョン提示すべきだった。

それらのビジョンなく、枝葉のどうでもいい機能追加に終始し、抜本的な根治を目指さなかったことが、今回のニコニコ(く)の失敗だと思う。

(3)配信

配信者の離脱マンネリ化も、ニコ生の衰退の一因であろう。

新規配信者の参入が困難な現状も相まって、リスナー大手配信者に固定化し、一部の大手はその座にあぐらをかいて惰性で続けている。それは、いつまでも「安泰」な地位約束されている、新規が伸びてきにくい環境からこそ、古参大手既得権益が守られ、切磋琢磨が生まれにくい環境にある為だ。

しかし、ニコ生全体の熱が失われた今、先を考えている配信者の多くはニコ生に見切りをつけ、配信環境が整い、収入源としても有望な競合サイトに流れていっている。

(4)リスナー

配信者だけでなく、リスナーも惰性で続けている人が多い。

惰性で配信を見続けると、様々な弊害が出てくる。

過去と同じことを見ていても、再放送のような気分になり、楽しみを見いだせなくなる。

しかし、配信を一度見るのを辞めると、「流れ」がわからなくなり、取り残されたキモチになる。

結果、面白くもないのに、飽きた配信者の配信をずっと閲覧することもなり、不満を抱えながら配信を見続ける。その中の歪んだリスナーは、楽しみを通報などの妨害行為に見出すようになったり、特定をして配信者を潰すなどの犯罪スレスレ好意に手を染めるものも居る。

リスナー流動性がある程度あれば、このような弊害は生まれにくいが、リスナー固定化された環境下では、このような現状になってしまうのも自明の理かもしれない。

3.ニコニコ(く)を「失敗」と断じる理由

これは簡単な話だ。

上記で掲げられた課題殆どこなすことができず、既存利用者失望を招き、期待感を生むことができなかったことにある。

期待感さえあれば、様々なニュースサイト露出し、SNS拡散され、人々の話題に上がって熱が戻ってくるきっかけになったかもしれない。加えて、一度外に出た配信者やリスナーが「古巣」を見に来ることも会ったかもしれないし、その流れで他サイトリスナーがやってきた「かも」しれない。

しかし、その機会は永遠に失われた。

この先、ニコ生は、数年前にmixi体験した、坂道を転げるようなユーザー離脱が待っている。

2017-11-23

anond:20171123180245

後者のは御注進な態度が気に食わないけどわかる。

前者はなんで?普段から匿名ダイアリートップページでF5押してないやつと共有しても仕方ないでしょうに

2017-11-20

anond:20171118135807

coincheckならログイン後のトップページに、bitflyerならbitflyer lightningとかにある。

2017-11-19

しょうがいかAmazonダメさ加減を解説してやる

anond:20171118121145

まず、書籍音楽映像ゲームといったコンテンツは、いまどきデジタルで買うのが基本だ。

そしてデジタルコンテンツ販売となれば物理通販と比べてAmazonの優位性はない。

(まあ「昔からAmazonヘビーユーザーから惰性でKindleAmazonビデオを使ってます」というなら分かる)

日用品コンビニスーパーで買う。

仕事帰りに自宅近くのコンビニスーパーに寄る程度のことを面倒がる理由が分からない。

記事にも書いたが配達の受け取りのほうがよっぽど面倒だ。俺は遅配や再配達発狂したくはない。

(元記事を読まずに文句を言う奴がいそうなので書いておくが宅配ボックスがあるならその限りではない)

(自宅周辺にコンビニスーパー存在しないという人はご愁傷様です)

この時点で、通販に頼る機会は非常に少なくなる。

家電だとかの滅多に買わないようなものだけだ。

個人的なことを言うと、直近ではPCゲーム機通販で購入したが、どちらも販売元の公式サイトを利用した。

「口座情報分散させたくない」というのも分かるが、高額商品にまつわる個人情報はむしろその企業しか渡したくない。

Amazonを経由すると変なトラブルに巻き込まれそうで嫌だ。

そもそも「信頼できないような企業商品を買うな」ということでもある。

まあこれについては日本でもPaypalが普及すれば話は違ってくるのかもしれない。みんなでPaypalを使おう。

ここからは実地研修だ。

Amazonトップページを開いてみてくれ。

https://www.amazon.co.jp/

トップには「何とかの売れ筋」だの「何とかがセール」だのと毒にも薬にもならないような情報が並んでいる。

検索ボックスの横の商品カテゴリのところを開いてみると、

から順に「Kindleストア」「Amazonビデオ」「デジタルミュージック」「Androidアプリ」「本」「洋書」…

これ、客が欲しいもんじゃなくてAmazonが売りたいもんだろ!?

Kindle」と「本」と「洋書」を分けるこの謎カテゴライズは何なんだよ。

普通は「Kindle」とだけ書いてあっても何のことか分からんぞ。知名度に胡座かいてんのか。

Amazonカテゴリ分けは全体的にクソだ。

そもそもサイト自体階層構造カオスで、あるページがどのカテゴリに属すのかよく分からないし、そのURL規則性もない。

検索オプションソートもしょぼいかサイトを奥深くまで掘ることができない。

まあこれだけ巨大なサイトから仕方ないのかもしれないけどね。

さて、俺は時計を買いたいです。

カテゴリから辿ると混乱するので検索ボックスに「時計」と打ち込んでみましょう。

https://www.amazon.co.jp/s/field-keywords=%E6%99%82%E8%A8%88

なになに。

「GanRiverスマートブレスレット タッチ操作スマートウォッチ 心拍計 歩数計 腕時計機能スマートリストバンドIP67防水 着信電話通知 SMS通知line通知 カロリー 目覚まし時計 長座注意 リモート音楽 紛失防止 日本語説明書 iphoneAndroid対応

「FiBiSonic デジタル 置き時計 LED 目覚まし時計 大音量 アラーム機能 カレンダー付 温度湿度省エネ 音声感知 USB給電 電池 木目調 ナチュラル風(茶・白字)」

はあ????????

ラノベタイトル馬鹿にしてる場合じゃないでしょこれ。

GanRiverってどこ? FiBiSonicってなに?

調べようにも企業情報はどこにも載ってません。

(いや実際のところ中国のよく分からん企業なんだけどね)

はい商品ページです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B06XQYBL8K/

ここから必要情報を瞬時に抜きだせんの??????

俺には無理だわ。

楽天と比べればスッキリしてる」じゃねーよ馬鹿

たとえセイコーカシオ商品でも「Amazonで買えば何か間違えそう」感がパない

神話」と言われようが実店舗にはまだ「棚に置いてあるやつはちゃんと使えるんだろ」くらいの信用があるよ。

はい、次に俺はMacbookProが欲しいと思いました。

https://www.amazon.co.jp/s/?field-keywords=MacbookPro

Apple公式サイトの購入ページはこれな。

https://www.apple.com/jp/shop/buy-mac/macbook-pro

これでAmazonのほうが分かりやすいとか言われたらさすがにショックを受けるわ。

公式サイトはその商品に特化した作りなんだから分かりやすいに決まってるだろ」

じゃあ分かりやすいほうを使えよ!!!

あ、レビュー

Amazonレビューなんか見るわけねーだろ。

2017-11-17

匿名ダイアリーを始めてみた

帰れ帰れ

こんなとこ入り浸ってもトップページ連打したり自分の書いた匿名日記のページを(SNSロッカOFFで)連打したりするようになるだけでなにもいいことなんてないぞ

2017-11-16

はてなトップページから物件ファンが消えた

譲渡ニュースがでてもトップページに出てたから、いっしょにやっていくのかと思ってたのに。

2017-11-08

anond:20171107205343

そんな話どこで盛り上がってるんだよと思って昨日GoogleTwitter検索してみたりはてブトップページさらっと見たりしたがたどり着けなかった。ようやく見付けた。

「‪やはり1020代男性自民党支持と、アニメ声優好きはかなり強い相関がある。‬」 - Togetterまとめ http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1169063

5年以上前

はてサアニオタばかり」

ネトウヨこそアニメアイコンばかり」

「どっちもアニオタ多いよな」

というやり取りを見た記憶がある。

はてなニュース更新が遅い

はてブトップページの話なんですが。

広告記事が多いのはべつに構わないんだけど、

はてなニュース更新速度がこの夏あたりから指数関数的に遅くなってないか

仮にもタイトルニュースと付いているコーナーの、最新から3つ目の記事が8月なのはどうなんだ。

2017-10-29

ときども時の人として、各種ニュースサイトで取り上げられていた

anond:20170720215133

藤井聡太四段→時の人 ときど→ゲームサイトで取り上げられて終わ

所詮eスポーツ、テレビゲーム全般への評価ってその程度なんだろうな。あっちは世界規模なのに。

何を悲観しているのやら。

ときどの扱いはゲームサイトだけに留まらない。

TOKYO MXの「モーニングCROSS」でEVO特集テレビ東京の「勇者ああああ」でEVOレポート週刊文春ときインタビュー白夜書房ムックときどの生い立ち特集

EVO優勝は特集するに値するニュースから普段の枠組みを超えて報じられていた。

ゲーム対決を超えた格闘技 eスポーツ プロゲーマーときど [モーニングCROSS]

https://www.youtube.com/watch?v=KRzqPMa_BvQ

藤井聡太四段という人物もただのアナログゲーム廃人な訳で、メディアがどれだけ担ぐか? という話でしかない。

ビデオゲーム競技アナログゲームを追い越すのは時間問題

将棋との扱いの差を嘆いてないで、とき特集ニュースヤフートピックスに掲載された事を喜ぶべき。

ヤフートップページに表示されたこ自体ニュースだ。

2017-10-25

はてなブログトップページの「カテゴリ」ってなんなの?

今は「開発環境」とか「手帳」ってでてるやつ。

クリックしてもカテゴリ一覧とかいかないよね?

なにようなの?

2017-10-14

統計検定HPがほんとくそ

仕事統計を使うので統計検定受けようかと思ったらHPがわかりづらすぎてびっくりした。

どこから受験すればいいか、いつどうやって申し込めばいいかトップページに全く書いてない。

申し込みのリンクまでトップページから階層下る必要があって、ボタンリンクだけってあほか。

ちなみに来月のテストはもう締め切りすぎてた。

ひどいホームページこち

http://www.toukei-kentei.jp

2017-10-13

ヤフーTOPページがニュースソースなやつ

グーグルだと検索窓だけで何もないといっていつもヤフートップページからニュースみてる

こういう人間ヤフーみるから今もヤフーってあるんだなと思った

2017-10-06

ワンパンマン

いつもGoogleで「ワンパンマン」で検索して、一番上のやつをクリックして開いていて、そうすると連載の一覧みたいな画面がでてくるんだけど、さっきやったら第一話目しかでなくなってた。

となりのヤングジャンプトップページから開いても同じ。

最新話を表示するほうほうがわからない。

2017-10-02

RSSリーダー使わない人って

はてぶの人気エントリーとかどうやってチェックしてるの?

トップページから

2017-09-29

けものフレンズ監督降板騒動についてのまとめと考察

https://anond.hatelabo.jp/20170929005829 とかけっこうヤオヨロズ寄りなので、心情的にカドカワ寄りの私の視点からも状況をまとめてみようと思う。

たつき監督が「アニメから外れる事になりました」とツイートする

2017/9/25 20:00

ニコニコニューストップページからたつき監督降板記事が消える

2017/9/25から2017/9/26にかけて


川上量生が「たつき監督の件はぼくも心配しています」とトゥート

2017/9/26 9:12 ·

https://friends.nico/@kawango/with_replies

仕事のことをSNSでは質問を受け付けることはしていませんが、たつき監督の件はぼくも心配していますニコ動けものフレンズが盛り上がったのもたつき監督アニメのものはもちろんとしても、個人的活動寄与が大きかったと思っています

これだけの騒ぎになっているわけですからKADOKAWAにせよ、ドワンゴにせよ、この件について中で議論されないということはありませんから、その部分についてはご安心ください。結果どうなるかについては、ぼくもそもそも事情をまったく把握していないので、いまのところは分かりませんが。

けものフレンズ利権ヤオヨロズに乗っ取られた」という怪文書が出回る

2017/9/26 10:30頃?

けものフレンズ製作委員会公式声明掲載する

2017/9/27 0:30

http://kemono-friends.jp/archives/category/news/

けものフレンズコラボしたJRA日清から声明が出る

2017/9/27 16:30〜17:00頃

「本サイトは、『けものフレンズ』に関する正規ライセンス窓口であるKADOKAWAを通じて、173月企画段階からけものフレンズプロジェクト』の許諾を得て製作したものです」

コラボ動画に関するお問い合わせをいただいておりますが、同動画2017年6月企画段階からけものフレンズプロジェクト」と連携の上、制作したものであり、許諾を得た動画です。 また「けものフレンズ新規映像プロジェクト制作体制変更に関しては、弊社としては事前に知りえない情報であり、関与できる立場でもございません。

けものフレンズアワーにて声優謝罪する

2017/9/27 21:00

色々と皆さんを不安にさせたり、お騒がせしていますが、私たちはこうして『けものフレンズ』を盛り上げることしかできませんので、これからも頑張っていきたいと思います。なので、これを見てくださってる皆さんは、変わらずに『けものフレンズ』の作品やキャクターたち、そして何より動物たちをこれからも愛してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

デイリーニュースオンライン記事掲載される

2017/9/28 11:45

その他

2017-09-26

anond:20170926171834

トップページから読み始めた時は、たいてい

前のページ=古い記事

次のページ=新しい記事

なんだけど、カテゴリークリックした途端、ブログシステムが気を利かせて、

連載記事最初から=古い記事から順に読めるように

前のページ=新しい記事

次のページ=古い記事

と変えてしまタイプがあるので混乱の元になっている。

Change.orgブクマできないんだが?

「けものフレンズ」たつき監督降板!?――コンテンツは誰のものなのか?(まつもとあつし) - 個人 - Yahoo!ニュース

この記事を読んで署名活動やってるのを知って、とりあえず俺も署名してきた。

キャンペーン · けものフレンズ視聴者のみんなへたつき監督辞めないで! · Change.org

……のはいいんだが、とりあえず署名ページをはてブしようとしたら「現在、このドメイン登録できません。」って表示されて、できない。

試してみたら未ブクマURLだけじゃなくて、既にブクマされてるURL(例えばChange.orgのトップページ)すらブクマできない。

なんなんだこれ。

2017-09-23

出来の悪いものトップブコメ欄に載ってしまったとき

昨日ぐらいに改心の出来のものとまあまあのものオナニーしながら適当に書いたものの合計3つを投稿したわけだが、一番適当に書いたものトップページに乗ってしまった。

誤字や穴だらけで目も当てられない。

2017-09-22

日本郵便の「e発送サービス」のシステム障害が未だに続いていること

6/20からサービスが開始された日本郵便の「e発送サービス」は、フリマアプリヤフオク等のECサイト連携した発送サービスで、送料の支払いはECサイト上で完結し、送り状は二次元バーコードを端末に読み込むだけで発行できる便利なサービスである

発送は、「ゆうプリタッチ」が設置された郵便局と、Loppiが設置されたローソン各店でできる。

フネコやメルカリ便に並ぶサービスなのだが、わずか8日後の6/28の16:00頃からローソンLoppiとのシステム連携障害が生じ、ローソンからの発送ができなくなった。(http://www.post.japanpost.jp/notification/productinformation/2017/0629_02_01.pdf

日本郵便広報は、「復旧・再開は早くて週明け(7月3日)になりそうだ」(http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/063001822/?rt=nocnt)と語っているようだが、実は9/22現在、未だに復旧していない。

日本郵便は6/29に発表した障害のお知らせ以降、この障害についての続報などを公表していない。また、トップページにこの障害について記載されていない。何しろ一切の続報がない。

ローソン以外での発送になると、郵便局に設置されているゆうプリタッチは、限られた大きな局にしか設置されていない。ローソンで発送できると思っていた出品者は、いざ発送の時にLoppiで発送できないことに気づく。1つのサンプルだが、ローソンで発送出来ない→最寄りの郵便局にゆうプリタッチが設置されていない→設置されている遠い郵便局まで発送しに赴く、というフローをたどる人も居る。障害を知らなかった際の私である場合によっては、時間と金を使わなければならない。なお、利用者の多い小規模郵便局にも徐々にゆうプリタッチの設置を進めているようではある。

ヤフオクでは、出品時の発送方法選択画面ではこの障害について表示されておらず、落札されて発送する段階で障害に気づく場合がある。(トップページのお知らせには一番上に表示してある。)メルカリでは、出品時にそもそも発送方法として選べないようになっている。おそらくクレームにより途中から選択できないようにしたのだろうか。Twitterで「ゆうゆうメルカリ便」(メルカリ上での呼称)と検索すると、色々ひどい。

私はシステム障害などについて知識がないし、日本郵便側の問題なのかLoppi側の問題なのか等分りかねるが、未だに原因が特定できずにいてだんまりしたままの状態の中、もやもやしながら復旧を祈るばかりだ。

anond:20170922190840

ハイクトップページからユーザーキーワードリンク貼ってるでしょ。それがサブページとして認識されてるんだよ。

はてな匿名ダイアリーでググっても似たような感じで「カテゴリー」とか「ヘルプ」とか出てくるでしょ。

増田機能不全など起こしてはいない

たとえばアメブロアイドルブログなんか書くな!読みにくいだろ!などと文句を言う人はいない

なぜならふつうトップページからブログを読んだりはしないからだ

まり増田検索で読むものを拾う

https://anond.hatelabo.jp/keyword/%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%AC

トップページマウスでせこせこスクロールしてやたら見つけにくい「次の25件」を手で押してる時点で情弱パンピーの極みである

増田の一日の投稿いくらか知ってるか

1000オーバーだぞ

手で見るつもりか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん