「一挙一動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一挙一動とは

2021-06-11

仕事がつらいけどつらくない

今の仕事がつらい

でも胃がキリキリしないので、まともな職場だと思ってる

前の職場は色々とすごかった。アイツは上司に色目を使っている!上司が居る時だけ増田は張り切っている!!

とよく分からんことを言われ続けた時はマジでしんどかった

こっちがいくら弁明しても聞く耳を持たず、最終的には挨拶をしても無視されてた

最初は声が小さくて聞こえなかったのかな?と思ったので、もう一度デカい声で「おはようございます!!」って言ったら聞こえてるからかにしろって怒られた時はビビった

こんな漫画みたいな嫌がらせをしてくる人間が本当に居るのかと思った。自分休みの日もあることないことを言われ続けてたようで、他人経由でいろいろ教えてもらえた。べつに教えてほしくはなかったが


そんなこんなで挨拶無視され続けて半年、3か月あたりから意地で挨拶をするようになったので

無視されてもそんなに気にならなかったが、とにかく目の敵にされてるのが辛かった。一挙一動監視され、少しでもダメな部分があったら飛んで来る人だったので

そんな環境仕事をし続けるのはマジで胃がキリキリしてた。このまま続けたら胃潰瘍になるんじゃないかと思うぐらい胃が痛かった




それに比べれば今の仕事はつらいけど、つらくない

何故なら怒られる原因は自分の要領が悪いから。原因がハッキリしてるのは非常に幸せである

要領が悪いということは、効率が悪いということなので、改善できる余地があるということ

こうやって考えると今の仕事って天国かもしれない

二つ前の職場仕事も与えられず、聞いても自分で考えろと怒られ、半日近く暇な時間があって非常につらかったし

2021-06-09

私共に付き合いのないお局から死ぬほど悪口言われてた

社内のベテラン独身女性をお局と呼ぶのはイカン、

それはよく分かっているのだがあまりにも

衝撃だったのでここだけではその名称

どうか許して欲しい....。

お局から

社内用連絡ツール死ぬほど悪口言われてた。

なんでそんな残るもので、しか業務時間中に

書いちゃったんだよ...。

お局とは部署が違うので仕事では一切関わらない。

すれ違ったら挨拶はするし、トイレ鉢合わせたら

今日暑いですねくらいの会話はする。

プライベートでも一緒に遊んだことはない。

社内のランチも2人で行ったことはないし、

大人数でも2回くらいしかない。

その時も特に2人で喋ってない。

それくらいの薄い関係である

お局に対しては特になんの感情もなかった。

好きでも無いし嫌いでも無い。特に興味がない。

他の社内の人(たまに飲みに行く人除く)への

感情となんら変わらない。

だが色々あって出てきた社内連絡ログから

ワイのお局への興味の無さとは正反対のドス黒い

感情が次々と湧いて出てきていた。

以下全部ワイに対する言葉

今日履いてるスカートがブスが履いて

 良いものでは無い。ブスのくせに己を

 可愛いと思っている。

 (※膝丈より少し長い無地の無個性スカート)

部長にお尻を振りながら喋っている。

 媚を売っているのか。気持ち悪い。

・喋り方が気持ち悪い。

 どんな躾を受けてきたのか。

 親がバカなんだろうな。

仕事も出来ないくせに皆に好かれていると

 思っている。痛々しい。

etc.....

1万字くらいあった。大学の期末レポートくらいの

文字数が、ワイの悪口でビッシリだった。

読んでしまった日の晩は泣いて過ごした。

ビックリしたのと、ひたすら怖かった。

ワイはお局が今日どんな服着てたとか覚えてない。

誰と何喋ってたかも聞いてないし、耳に入ってた

としてもすぐ忘れるだろう。

でもお局はワイの一挙一動を全部見てて、

覚えてて、それを支社のお局に送っていた。

ドス黒いカタチに変換して。

期間は1年分あった。

社内では役員が見守る中ワイへの謝罪があった。

ずいぶん前の会話ログなので、支社のお局は

もう定年退職してていなかったからこのお局だけ。

役員からは「社会ではよくある話だから忘れろ」と慰められた(?)。女性同士ではよくあることだとも。

ワイは生まれてこの方ずっと女性だが

そんな女性達を見たことがなかったし、

友達もみんな社会人だがそんな人普通いないよと

言ってくれた。

でもあの人達が異常なんじゃなくて、

社会ではよくある話、女性にはよくある話、と

己を納得させている。

それでもまだめちゃくちゃ悲しいし、怖い。

きっと何年も何年も引きずるだろう。

アウトオブ眼中の人から毎日毎日そういう

ねっちょりした見られ方をしてたとは

思わなかった。知りたくなかった。

早く忘れたい。なかったことにしたい。

辛い......。

2021-06-04

anond:20210604193957

俺がいる会社の話

まず新卒入社する1か月前くらいに社内ポータルで『4月入社予定のみなさんをご紹介します』とか言って総務部からのお知らせがくる。

入社予定の内定者数名の生年月日・出身地学歴趣味・特技などののプロフィール顔写真付きで載っている。

例年、そのお知らせが来ると誰かがそのプロフィールを全部カラー印刷する。で、フロア人達仕事の手を止めて内定者を肴にやいのやいの盛り上がる。

このときイケメン体育会陽キャのどの属性にも当てはまらないタイプ男性内定者は結構酷いことを言われるハメになる。

たとえば「こいつストーカーしそうだなあ笑」とか。

残念ながら、この品評会でディスられた内定者は、もうその瞬間、入社後にあまり良い会社生活が送れなくなることが確定してしまう。

ちなみに、陽キャ内定者も完全に安心できるというわけでもない。

たとえば、社内でポンコツという悪名が轟いてる社員大学学部趣味部活なんかがドンピシャで被ってたりなんかしたら、その時点で目をつけられる。

ワンダーフォーゲル部来ましたねえ笑これは危ないですねえ笑」とかいう感じに。

で、品評会参加者それから喫煙所とか飲みの場とかで内定者の印象(勝手にこさえた悪い印象)を

「いやあなんかあの子ダメそうっすよ笑。少なくとも俺はダメだと思う笑」

とか他の社員に各々面白おかしく伝えるので、4月1日には『可愛がられる新人』と『被差別扱いを受ける新人』の仕分けが済まされてしまう。

研修終わって配属されたら、被差別新人はもう最初から冷遇される。

一応最低限の本当に最低限の仕事は教えて貰える感じだけど、業務中、前述の意地悪なタイプ社員たちから一挙一動を観察されて、ちょっとキョドったり電話で変な言い回ししたりしたら毎日その情報が裏で共有されて「あいつやっぱ変笑」となる(基本的にうちの会社って忙しくないんだわ)。

で、こういうカースト関係してくる情報に裏方の若い女社員は過敏だから、その新人サポートする事務仕事とかをキモがって消極的になる。

こうなるともう全部悪循環

「なんか例の人(=新人)、〇〇さんになんかしたらしい笑」

「よくわからないけど、めっちゃ怖がってた笑」

めっちゃフワッとした情報で要注意人物化される。

周りの社員新人となるべく関わらないようにしようとするから新人仕事報連相で誰かにしかけたら周りの空気が張り詰めたり、話しかけられた人がめっちゃ冷たくあしらったりという光景がお定まりになる。

はっきり言って詰み。

周りの評価が初っ端からマイナススタートってハンデ背負ってるに等しい状況なので、まだ仕事全然からないのも当たり前なキャリア最初期にもかかわらず、「ノーミスしか許されなくなる。

当然新人は人並みにミスする

→でも周りは必要以上に厳しい反応をする→変なあだ名をつけられるようになる

→下っ端同士のマウント合戦など知る由もないオッサン管理職は周りの評判を真に受けて、オッサン管理職からの評判も悪くなる

こんな感じで、入社1年足らずで新人はいよいよ完全に詰む。

まあそれでも辞めはせずに勤め続けるんだけどね。カレンダー通り休めるし、入社20年目で自動的年収700万くらい貰えるような会社から

というわけでこの増田みたいに「心当たりがないのに周りから賤民扱いを受ける」という事例は被害妄想責任転嫁以外でも実際に起こり得る。

ちなみに俺は毎年春に繰り広げれれるこのマイルドイジメと淘汰を見て見ぬふりをしている。

罪悪感はあるが責められる筋合いはないと思ってる。

そういうカーストに追いやられた新人悪口には加担せず苦笑いを浮かべるまでにする、挨拶無視しない、質問とか相談されたら平等に応対するという自分なりの倫理を俺は守っているので。

2021-05-17

幕張メッセライブが見れた

ずっと真夜中でいいのに。のライブに行きました。

去年から1年待って、世間の状況はあんまりよろしくない中、それでも開催してくれたライブ

個人的には202月以来の現地に行くライブ。ずとまよのライブは初めて。

月一でライブに行く体だったので、ここ一年以上、こんな状況だからライブが開催されないのも仕方ないとしょんぼりしていました。

配信ライブは色々みる機会があって、それはそれで楽しかったけれど、配信をみるとやっぱりこれを生で見たいよ〜!という気持ちが強くなる。

そんななか、ようやくの行けるライブ

会場に向かっていると、乗り換えるたび、一緒の方向に行っているな? となる人が増える。

会場に入るといっぱい炊かれたスモーク香り。口の中にもごっと入ってくる感覚ぼんやりライトを当てられたステージ

会場に入って座ると、前後左右に人がいる。過ごし方はそれぞれだけど、お友達と来た方は他愛もない会話をしている。その中で、声出しちゃうかも、と笑いながら言っているので、心の中でいっぱい首を縦に振ってしまう。

声は出せないからはじまりはなんというか静かでした。熱のこもった拍手が響く幕張はなんだかクラシックコンサートが始まるのかという雰囲気

でも楽器の音が鳴り出すと空気が変わる。音圧を感じる。ACAねさんのシルエットがくっきりと浮かび上がると、彼女実在すると知らされる。

曲が始まるとお客さんのテンションも上がって、たくさんの人の身体が同じリズムで揺れる。

こちらに向かって伸びるレーザー3Dで知覚できる。

これだわ〜〜〜!という気持ちでいっぱいになりました。配信だと見られない光景。ずっと浴びたかったもの感謝で涙が止まらない。

楽しい楽しい

ふと横目で隣を見る。

隣の人が楽しそう!!!!最高!!もっとしゃもじ振ってみせて!!!となるほどに、リズム感すごくある方でした。楽しそうな方を見ると本当に嬉しくて更に涙が出てしまう。

バンド隊もOpen Reel Ensembleの方の動きが見る度にどこかコミカルさを含むときもありつつカッコいい。ACAねさんの一挙一動を見ていたい。お客さんの動きも見ていたい。目が足りなかった。

配信ライブで等でも感じていたけれどACAねさんのリズム感がとても素敵で、揺れる身体をみていると、ああ確かに彼女はあの音楽を作る、と感じるものがありました。力んでいなくて、空気というか分子渡り歩くように音を紡ぐ方。

パフォーマンスを通してなにかしらルーツに触れさせていただけるような気分になれるのもライブの良いところだとしみじみ思います

帰り道、連れてきてくれてありがとう、来てよかった、と同行者さんに言っている方を見かけたりしてまた涙ぐみながら帰路につきました。

ライブ自体とても良かったのは言わずもがなですが、ライブってこうだったな、ライブのこんなところが好きなんだな、というのを改めて実感できてよかったです。

一年と少し、ずっとライブに行かなくてもなんとか生きていけるかと思わなくもなかったけれど、やっぱり作り上げられた世界に飛び込む体験はしていたい。

ありがとう、ずとまよ。

ありがとうライブに関わった方々。

ありがとう、会場に来てくれた人。

またお会いできる日を楽しみにしています

2021-03-23

数年前に言われた嫌味を今理解できた

「私(Bさん)と一緒の時はやる気ないのに、若いAさんが一緒だとやる気出るんだね」

って怒られて、いやそんなことないですけどって返したらずーっとネチネチ言ってるBさん(50代)が居たんだけど

原因が分かった

Bさんと一緒に仕事してると、一挙一動まで監視してて気に食わないと「それ!そうじゃないから!!」って文句うから

できるだけBさんの視界に映らないように仕事してたのが気に食わなかったんだな。Aさんがどうのじゃなくて

色目使ってんじゃねーよ!この陰キャが!!って言われてるのかと思ってたんだけど、考えてみたらそういう話じゃなかった


もうBさんはとっくに辞めて居ないけど、あの発言がどうにも気になって自分でも知らない内に色目使ってんのかな…?って考えてたけど多分違うだろうな

そもそも一挙一動文句言う人と、そこまで言わない人の二人が居たら普通人間後者質問したり優先的に仕事手伝ったりしないか?色目どうこうというより好感度問題じゃないのか?

2021-03-06

anond:20210306213217

サウスパークみたいなのが変なネタを扱っても何も言われないのに、下手にマイノリティ平等ポリコレ認証を受証した作品一挙一動ポリ違反がないかチェックされるのは、自業自得とはいえ気の毒になる

2021-02-12

整形してSNSマッチングアプリで女(全員熟女)漁ってヤリまくってた過去がある

もう思春期から25歳の今に至るまで頭おかしくなるくらい熟女好きなのよ。

おまけにNTRモノ大好きという典型的こじらせ非モテの俺だから、そりゃ整形成功したらめちゃくちゃSEX邁進するよね。

当然、NTRこじらせているか

「(イケてるからモテてきた熟女

「(イケてる男が舌なめずりするような)良い女」

なんて最初からターゲッティングしない。

美魔女とか元CA感あるような熟女ね、そういうのは本当に欲求対象じゃなかった。

から、俺は若い男が「無理無理無理無理!!!!おばさんじゃん!!!」みたいな反応するような、

もうどっぷり家庭に入っちゃってるようなそこらへんの40~50歳くらいのオバさんばかり狙ってた。

近所で「やだもう~w」みたいに口に手を当てて井戸端会議してそうなオバさん。

そういう人がチャットアプリのやり取りの時点で性交を了承して、リアルに会って数分で本当にそのままホテルに入って行ってくれるのが

NTR脳にドカンときて最高に興奮した。

全然そういうことしなさそうなのに!!!!」って。

彼女らは俺がターゲッティングした類の熟女だけあって、いざホテルでヤルって段になっても妖艶な感じに化けたり、ムード作ったりなんてことは全くなく、

パンツの上からケタケタ笑って勃起チンコさすりながら「なんでもう勃ってるの~~~~?w」とか、

ニッタニタ笑いながら「ん~~~。食べちゃう♪」みたいに亀頭を口にくわえたり、

なんかもう一挙一動がババくさくて、女より家庭人って感じがして物凄く興奮した。

なんだけど、今までで一番興奮したのはあるおばさんとしてるときのやり取り。

生で突きながら「ねえ、旦那さん以外と結構してるの?」と問いかけたら「してるわけないじゃ~ん!!」。

「じゃあどうして俺としてくれたの?」

「〇〇君カッコいいからいいかな~って(笑)

イケメンからなの?w」

イケメンきじゃない女なんていな~い♪若くてイケメンじゃないとイヤよ~♡」

これが今までで一番興奮した。

「(整形してなかったら絶対俺とセックスしてくれなかったんだこの人!!!

『私ただのおばさんだよ~?』とか言いながらも既婚なのにすんなり生SEXさせてくれてるのは整形後の俺がイケメンからなんだ!!!

この人は若いイケメン大好きなんだ!!!!(≒若いブサイクなぞ歯牙にもかけない)」

そう思ってNTR嗜好にビンビンと訴えかけてきてもう最高に興奮した。

この興奮を理解してもらえるだろうか?

2021-02-11

推しの死で泣くという体験がしたい

推しの死で泣けない。

死でなくてもいい。推し成功勝利敗北、どれを描かれても多分無理だ。

仮に泣いたとしても、それは物語演出に感化されて出てきた涙であって、自分の好きなキャラクターが「推しが死んだ」ことに泣くのではなく、「慕っていた師匠の敵討ちに失敗し、師匠笑顔最期苦悶を思い出しながらまだ死ねないと思いつつ息を引き取る」状況に泣くのだ。

逆に言えば、「慕っていた以下略」の演出さえあれば、そこで死ぬのが非推しであっても涙は出てくる。

推しのいるオタクエッセイドラマ漫画を読む度に違和感を覚える。作品を見た瞬間に電撃に打たれるような一目惚れした経験も、推しの死や引退仕事を休むほどダメージを負った経験もない。

私はこれまでに何人か(3次元2次元も)「作品の中でとりわけ好きなキャラクター」がいたけど、彼らのことを「推し」と安易表現してしまって本当に良かったのだろうか?私はまだ、本当に推せるキャラクター出会っていないのかもしれない。

オタクは何をもって特定人物を「推し」とするのだろうか。私は圧倒的にビジュアル重視だ。容姿が好みであり、かつ愛せる性格をしているか

他にどんな理由があるのだろう。生い立ちに共感する、とか?ビジュアルから入らずに「推し」が作れたら、その子の死を嘆くことが出来るのかな?

推し原動力になり、時に推しと共にダメージを負い、推しを通じて新たな友人と出会う。オタクエッセイフィクションでもいいけど)の主人公推し一挙一動に振り回されつつ、大きくテンション上下させながら生きている。楽しそうだ。

私はそんな生き方がしてみたい。体験したことがない現象に憧れている。中毒性があるのは怖いけれど麻薬を吸ったあとの世界を見てみたいという好奇心に近い。

昔に比べてオタク世間に受け入れられやすくなっているし、「推し」が居ることを公言する人だって多い。私も会話のノリに合わせて、死んでも泣かないであろうキャラクター名前を挙げることがある。

推し」が居ますと言う人のうち、どれだけが推しの死で泣けるのだろう。私のように、会話の種としてのみ「推し」という言葉を使う人はどれくらい居るのだろうか。

2021-02-08

安元洋貴勝手結婚デッドレースしてるオタク

20代OL

アイドルアニメゲーム若手俳優特撮スポーツ全般が好きなオタク

最近できた目標

安元洋貴さんより先に結婚する。


 声優には一切興味ないまま生きてきたのに、自粛間中に安元さんのラジオ出会って色々見るうちに完全に恋した

 アイドルでも二次元キャラでもお耽美系が好きで一切リアコに近い感情を抱いたことはなかったけど今思えば当たり前だったね

だって40代の体格がいい男の人が好みなんだもん

◆まず顔が好き

基本男らしいんだけど、平行めの太眉と丸みのある輪郭、ぽってり唇と肌の白さで厳つすぎない感じが絶妙だと思う

◆次にクソがつくほど体格が好き

巨大なテディベアへの憧れに近いものがある

四六時中抱きしめたい

あの体格で抱きしめられたいけどそんなことされたらときめきすぎて死にそうだからあんまり想像しないようにしてる

筋肉もあるけどちゃんと表面に脂肪もついてる

結婚したい

仕事に対する真摯姿勢や真面目さも人間的に尊敬できる

仕事ができるし楽しめるし、信頼されていて感謝を忘れず驕らない人間って結構珍しいと思う

私は金だけもらえるなら全然仕事辞めたいし愚痴も出そうと思えばいくらでも出るよ…


◆でもなによりも生活力があって1人で生きていけるところが好きだ

 安元さんは趣味がたくさんあるし、友達もいて、料理ができる

パートナーがいなくても楽しくやっていけて、依存しすぎないと思うしお互い1人の時間を設けてくれそうな気がする。

 極端に好かれることとか気にかけられすぎることにストレスを感じてしまう私はこの適度に放任主義な感じに惹かれる

本当に結婚したい

マンションの部屋隣同士で借りて行き来するくらいの距離感でお願いしま

 こんな感じでもう手遅れなくらい安元さんの一挙一動きゅんきゅんしている

 声優の夢女のこと「大変だねw」とか他人事で笑ってたけど、この間現行設定の安元さんとたまたま出会ってサッカー観戦する夢見てしまって本格的にヤベェと思って青ざめた

このままじゃマジでやばい

 なにせ私は声優にリアコな女の末路を知っている。

 昔フォロワー声優のリアコをやっていて、そんな中その声優さんが結婚したという事件があった。

それから1週間、その人はぽつぽつと言葉を残したっきり、二度と現れることはなかった。

 声優やばい

なんでって、彼らは結婚したら祝福される存在なんだよ。

 アイドルなら、まだ良かった。

瞬間的には同じくらいショックでも、アイドル結婚したら悲しむ人と怒る人が多い。

ショックでもみんなと慰め合うことができるし、理不尽だとわかってる怒りをこっそり吐き合える仲間が必ずいる。

 声優さんは祝福される。

祝福しないといけない空気を作られる。

怒っていると学級委員が飛んできて人間性を否定されるし、悲しんでると夢女乙と笑われる。

 

 当然自分には怒る権利がないし悲しんだってどうしようもないことはわかってる

それでも失恋とも少し違う痛みを延々味わうことが辛いのは想像に難くない。

 ヤバいマジでヤバい

だってあの年齢とスペックだと、あんだけ独身アピールときながらいつしれっと結婚報告とかしてもおかしくないもん。

過去に散々モテないアピール独身アピールしてた人が結婚して病むオタクたち見てきたもん。

 今の私が安元さんの結婚発表聞いたら自殺しかねないと思う

想像しただけで気分悪くなった

だって安元さんの元カノの話聞くだけで半泣きになる女なんだよ

こんなん絶対地球一惨めな女になる。

ただでさえ芸能人にリアコで惨め度数高いのに!!

 対処法は一つ。

安元さんより先に結婚するしかない。

安元さんの結婚報告を笑顔でお祝いするには私が先に結婚して心に余裕を持つしかない!!!!!!!!!!!!!!!

負けたら死ぬ。私だけが死ぬ

命をかけた戦いがここにある。


 そういうわけで、今私は勝手安元洋貴さんと結婚デッドレースを開催している。

 幸いにも(?)安元さんのおかげで長年曖昧だった理想男性像が明確になってきたから、これを活かしてガチ婚活始めます

 30代くらいで1人で生きるのが楽しくて、彼女欲しいけどあんまり四六時中ベッタリしたくなくて、アニメ漫画ゲームが好きで、時々スポーツ観戦に付き合ってくれて体格が良い男性は連絡ください。

以上。

2021-02-05

anond:20210205152509

続き。

A sds-page メイドロボでしか解決しない。メイドロボ実用化を推進するべき

B sds-page 夫側がやりすぎる方で毎日毎日家中を拭き掃除して家具の角が取りたり塗装が剥げたりして怒られてたりちょうどいいってのはないんだなって

ぜんぜん別の話をしているだけなのでダブルスタンダードとは言えない。

A shigemyu 具体的に困っている事象睡眠時間が足りないとか、自分時間が無いとか)があれば交渉やすいが、そこまででなければ、気になる方がやるのがいいのかな。トイレの件は言ったほうがいい。自分が汚した分は掃除しろ

B shigemyu 平気とは言われても、いずれやらなくてはいけない家事毎日発生する。このタイプの人とは分担するように決めておいては。(外注も含めて)決めたら相手家事のやり方に細かい文句を言わない。

どちらも「気にすべきこと」と「気にしないほうがいいこと」を切り分けたアドバイスで、ダブルスタンダードとは言えない。

A shimael 夫婦は多様なので比較するのでなく「あなたはどうしたいか?」が大事で、相手としっかり話し合う。ポイント制のとこ腹立つなー「なんやその言い方。感謝する気持ち忘れてるんちゃう?ナメんといてな」と言いたい。

B shimael 話し合って折り合いをつけるスキルが低い。

どちらも話し合いを勧めていて、ダブルスタンダードとは言えない。

とはいえ当たりの強さがぜんぜん違うけど…。

A srng 生活価値観の違いは不和の源泉。不満を好意で上書きできないなら別れろ/ブコメ、これ男女逆なら確実に離婚離婚だって話になるのに、今回は要求水準だとか諦めて自分でやるか外注しろって話が多数なのが興味深い

B srng ゴミ屋敷でも生活できる人はいるんだから、単純に許容水準がピンからキリまで存在し、我慢比べでない場合も多い。そういう価値観も一緒の人と結婚するべきで、そうでない相手結婚したのであれば自業自得では

価値観の合わない奴と結婚したのが悪い、離婚しろ」で一貫している。

A srnkahtn 私も配偶者より色々気になる方で気持ちわかる。気にすること自体サボるようにしたら楽になった。どうせ向こうは私より数倍雑だし、私が多少雑でもバチ当たらないし。腹立つときは「やりましたけど?」て言ってる。笑

B srnkahtn 夫がこういう人だと分かっておきながら何故子どもを作ったんだろう(できちゃった結婚なら分かる)。子供産んだら自分がしんどくなるの分かってるだろうに。中出しする前にやる事が色々あったのでは?

Aでは「いろいろ気になる方」に肩入れしているが、Bでは「いろいろ気になる方」への当たりが強い。

ダブスタ感はあるが、「子供の有無」を気にしているので、そこで判断が分かれるタイプなのかもしれない。

A taguch1 いつ子供ができてもいいように基本的家事タスクは常に自分でできた方がいいよ。フルに家事しても余裕にできるように常にタスク最適化自動化を考えていくと、最悪離婚しても(ry

B taguch1 結婚する前や定期的に離婚の条件を共有しておいて半自動的に離婚届けだせればいいんじゃないかと、毎回悩むのめんどそうだし。

AとBで話の焦点が違っているが、「常に離婚選択肢として持つべき」というところで一貫している印象はある。

A tobalno1 うちは共働き家事は俺3割妻7割ぐらいの感じだけど、妻の家事が多い分夜出かけたい時は自由に出掛けて良い事にしている。コロナで妻が出掛けられなくなったか家事分担見直さないとなぁ。

B tobalno1 性格の相性だとか体の相性とかは良く取り沙汰されるけど、この辺の価値観結婚前にきちんと確認しとくべきよね。

私たち夫婦はきちんと価値観確認しましたよ」というところで一貫しているのか?

A TokyoWorker ポイント制でゴリ押しするべきやろ。お互いが納得する落としどころ見つけられるまで。 /ちなみにうちは最初に概ね50:50になるように役割分担して微調整しながらうまくおさまってる(と思ってる)

B TokyoWorker ツイ主はわがままだなぁ。視野狭いし。こんな態度じゃあ絶対夫はなんもやらないよ。 お互いが歩みよらないとだめなのに。

「お互いに歩み寄る」というとソフトな印象だが「徹底的に話し合って妥協点を探るべき」という意味なのか。一貫はしている気がする。

u_eichi できるだけこまめなありがとうと、できるだけハードルを下げたごめんなさいでコミュニケーションするしかない、と思ってた自分カミさんは、今やほぼただのルームシェア相手となっております

u_eichi 全員、このまとめをプリントアウトして直接話せや。|積極的家事参加を目指したが、一挙一動に実に細々ねちねち姑の如く小言を言われ続けたので、そんなにストレスならどうぞあなたが…ってなってるのが現我が家

我が家は家庭崩壊しました」で話が一貫している。

A vkara 収入であれこれ言い出すと妊娠出産不妊治療のハンデがでかすぎるから話は別かな。でも週4休みならもっとできるはずだよね。最低限の基準が低すぎるタイプかな?やる気ないだけの気もするけど。

B vkara 自分は平気だからってトイレ使って流さないような感じ。あと親の自覚がなく育児する気ない奴は育児放棄だと思ってる。親なら親業は言われるまでもなくやれ。

どちらも「家事をやらない側」に批判的で一貫している。

A wacok タスクごとに分担するものと(料理は私、洗い物は夫)一緒に行うもの洗濯物はそれぞれ自分の分を干す)がある。あとは私が気がついて夫にお願いするとか(ストックの買出など)結構複雑にわけてる。なんとなく。

B wacok 私は「自分は平気」な怠惰側の人間だけど「自分は平気だけど相手はどうだろう?」と考えるようになるのが結婚だと思ってたよ…

AとBで話の焦点が微妙に違っているが、「自分の都合とは関係なく話し合ってルールを決めろ」というところは一貫しているか

A xevra 良く分からんのだがなぜ毎日ゴミめしてんの? 多分強迫性障害からこれをプリントアウトして病院で診てもらおう。お大事

B xevra 離婚したらいいんじゃないかな

出、出たーっ! xevra先生の必殺プリントアウトだーっ!!

y-pak 究極のずぼら生活しろ料理は作るな 食器は作るな全て割りばし紙コップ紙皿で毎回捨てろ。家事をなるべく減らせ

y-pak 皿は紙、コップも紙に割り箸料理は極力しないという究極の手抜き生活をすればいい。家事をハックしろ

家事を減らして究極の手抜き生活しろ」という話で一貫している。

A yujimi-daifuku-2222 外でフルタイム働いて家にいる妻より率先して家事をする増田は、まず単純に労われるべきだと思うな。/家事をしたらしたで、それはお前が勝手にしてるだけと突き放すのは変じゃない? 自分が同じ事されたら辛くない?

B yujimi-daifuku-2222 暫く前、夫の側がフルタイム勤務プラス率先して家事をする増田には、夫が勝手にやってるだけというブクマが付いていましたね。/性別が逆になっても同じ態度で筋通して欲しい。

ブクマカを批判したい」という態度で一貫している。

A yuzumikan15 うちは勤務時間収入が同じくらいというのもあるけど、どちらかが倒れた (それこそコロナとかで) ときにもう一方に全部任せられるようにある程度の分担はしつつもどっちも全部できるように調整してる。つもり。

B yuzumikan15 そうかぁ…みんな悩んでるんだね、うちだけじゃないんだぁ…子どもの有無は関係ないの、うちは同じだけ生活費入れてるから

Bは単なる共感だが、少なくともダブルスタンダードではない。

zenkamono これ男女逆で、夫が勤務短くて家事少なかったら夫が叩かれてるよね。でも妻の家事が少ないと「気になる側(夫)がやれ、相手に期待するな、全部自分でやるつもりでいろ」と夫の責にするのが上位ブコメになるんだよね。

zenkamono https://anond.hatelabo.jp/20210205102112

ブクマカのダブスタを指摘したい」という態度で一貫している。

A zeromoon0 妻側視点になると「いつも旦那が先回りしてしま自分無能さが際立って嫌になる」みたいな話は結構あるかと。掃除趣味と割り切るしかない。

B zeromoon0 前に「面倒くさくて毎日風呂に入らない、夕飯はカップラーメンにする」レベル育児を「ズボラ」「頑張らない育児」みたいに言ってるまとめあったけど、そうやって低みで慰め合うのとても危険だと思った。

Aは「どっちが家事をやるかなんて気にするな」、Bは「手抜きはやめて家事を頑張れ」という話か?

ちょっと論旨がズレてる感じはするが、ダブルスタンダードとまでは言えないか

スターについても比較したぞ。

anond:20210205185215

2021-01-23

X日後に死ぬ

◎前置き

X日後に死ぬことが分かっているとしたら、僕は残された日々をどう過ごすだろうか。

いくつかの仮定を置いたうえで思いついたことを書き連ねてみる。

・X日後に死ぬことは確実であり、僕はその事実を受け入れている

 この前提がなければ、僕は何とか生き延びる手段を探すだけで、残りの時間を使い切ってしまうかもしれない。

死ぬのは僕だけである仮定しよう。

 何か災害天変地異で多くの人が死ぬわけではないということだ。僕以外の人々や環境は、僕の死以外は何一つ変わらず日々が続く。そのため、他の人を救うために時間を費やす必要もない。

 この2つの前提を置くことで、僕は残りの時間純粋自分が満足するためだけに使うと想定する。

◎1日後に死ぬ

 平日なら、仕事を休まなくてはならない。仮に大事仕事があったとしても、何かと理由をつけて休むだろう。残念ながら、僕にとって今の仕事は、24時間しか残されていない状況で時間を割くには及ばない。事情説明して別れを惜しむほど、会社の面々とは親しくない。みな僕の死を知ったら驚くだろうと思いながら、事務的部長有休申請を行うまでだ。

 明日死ぬと思って毎日を生きよう、そんな格言を聞いたことがある。そう思うことで、本当に望むことに取り組むことができるという意味だそうだ。しかし、本当に1日しか残っていないとしたら?できることはあまりに少ない。選択肢はとてつもなく刹那的になってしまいそうだ。僕には好きな友人や家族はいるが、特別日々を一緒に過ごす類のパートナーはいない。仮に恋人や妻がいれば、最後の1日を普通に過ごして見送ってもらうだけで終わるかもしれない。だが、そんな相手はいない以上、個人的に満足に過ごす方法を考える必要がある。

 僕はきっと24時間を一人で過ごすだろう。もうすぐ死ぬことが分かったうえで、友人を呼びつけて一緒に過ごしてもらう気まずさには耐えられそうにない。両親との関係は悪くないが、この状況では会うには気が引ける。そんなことができる距離感相手なんて、それこそ恋人か妻か子供ぐらいしかいないのではないか。残念ながらそんな相手はいない。誰かに電話くらいはするかもしれない。でも、友人には普段電話などしないので、何か問題ごとでもあるのかと勘繰られてしまいそうだ。何かの用事にかこつけて、母親の声でも聞ければそれで十分だろう。

 最後の1日を刹那的快楽のために使うか、何か意味のあることに使うか、悩むところだ。刹那的快楽を得るならば、とにかく美味しいものを食べるとか、綺麗な景色を見るとか、性欲を満たすとか、そんな過ごし方になるだろう。できるなら最後食事は美味しいものが食べたい、でも一人で食べるなら何でも一緒に感じてしまう気もする。そもそも残り時間を考えれば、栄養にもならない食事時間と労力を割くのはもったいない食事に限らず、もう何も思い残すことがないと思えるほどの快楽なんてあるのだろうか?どんなに刹那的快楽を満たしたとしても、最期の1分1秒には、どこか虚しい気持ちになってしまうのでは?

 そうだとしたら、死ぬ瞬間に満たされた気分になる1日の使い方とはなんだろうか。やはり「善いことをした」「この世界に良い影響を残した」と思うことで、自らの人生肯定できるようになることではないか。残念ながら、僕が仮にこの文章を書いている今この瞬間に死ぬとして、僕は何かこの世界のために役に立ったのかと問われると、自信をもってイエスとは言えない。たいして他人迷惑をかけずに生きているという自負はある。しかし、周囲との干渉が少ない故、特別人助けをしているわけでもない。仕事だって給料に見合う働きを提供するだけの等価交換で、社会に対してプラスを与えている気はしない。そんな認識を塗り替えるようなことが、24時間で成し遂げられるだろうか?

 一つ、すぐに取り組めそうで最も「自分が」やる意義がありそうなことは、近しい友人たちに手紙を書くことだ。僕は29歳で、同年代の友人たちの多くは、若くして死ぬということに実感がないと思う。僕自身もそんな実感はない。そんな友人たちに向けて、身近にいる人間として、心を込めたメッセージを残せば、きっと彼らは限られた生を実感して、より有意義に過ごしてくれるのではないか。そう思いながら昇天するのは悪くない気がする。

 一応、死因は自殺ではないことが皆に分かるように手配しておきたい。僕の世代の死因に占める割合自殺が多いはずなので、事情を知らない人には勘違いされる可能性もある。僕自身はこの際どう思われても構わないが、勘違いのせいで周りの人が嫌な思いをしてしま事態は避けたい。

◎1か月後に死ぬ

 1か月は新しいことを始めるには短いが、1か月はちょっと長い。休まず有意義に使い切ろうとしたら息が詰まりそうだ。それでも、1日でも労働に費やすのは惜しいと思ってしまう。やっぱり仕事は無理やり辞めるしかない。お金必要でないのなら、働かないに越したことはない。そもそも現状で何故僕は、嫌だと感じている労働に多くの時間を割いているのだろうか。

 別にかに命令されるわけでもなく、僕は自分意志一挙一動選択してきたはずだ。その積み重ねで生きてきたはずなのに、何故不本意な結果となっているのだろうか。僕は必要に駆られて働いているのであって、労働から精神的な充実を得られると期待するのが筋違いなのかもしれない。とはいえ身の回りを見渡してみれば、仕事を楽しんでいる人はそれなりにいる。今の職場就職した理由に思いをはせると、僕は仕事の内容や会社の状況について多くの誤解をしていた。さらに言えば、自らが求めているものもよく理解できていなかった。分からないものが多すぎたので、正しい選択ができていなかったのだ。そして、今も自分が求めているものはよくわからない。

 1か月もあるのなら、できるだけ面倒を残さないように、いろいろな手続きを済ませておきたい。仕事を辞めて、部屋を片付けて、もろもろのサービスを解約しておけば、あとに残された人も困らない。ついでに恥ずかしい日記処分しておこう。あと、年に1度ぐらいしか帰省はしていなかったが、顔ぐらいは見せておこうと思う。

 口座に200万円はある。これを一体何に使えばいいだろう?1週間で使い切るとすれば、なかなかの贅沢ができる。どうせならぱーっと使ってしまいたい。僕の貯金社会に影響を与えるには雀の涙すぎるし、このお金寄付するほどの聖人ではない。それに、個人的に残してあげたい相手がいるわけでもない。しいて言えば、会社勤めをしながらイラストレーターの夢を追う弟にはちょっと残してあげてもいいだろう。全部残すと重たいし、あぶく銭は彼のためにもならないかもしれない。残高を気にせずに、旅行したり、いいものを食べたりして、残った分は弟に渡すくらいでちょうどいいかもしれない。

 僕はかねてから死ぬ前に一度バンジージャンプに挑戦してみたいと思っていたが、1か月のうちの半日ほどを費やすに値するほどではなさそうだ。リストに入れるべき項目は、手紙を書くよりは重要でなくて、バンジージャンプよりは重要なことにしよう。残り1か月があるなら、無理を言ってでも友人たちに会って、直接思うことを伝えることができる。

 そういえば、残り24時間しかない場合を考えているときは、お金のことには思い至らなかった。僕にとってお金は最優先事項ではないのかもしれない。ある程度長い期間生きるとして、なくてはならないものであって、それ以上のものではないのだろう。少なくとも、残されたお金の使い道を考えながら死にたくないとは思う。

◎1年後に死ぬ

 1年残っているなら、少しはきれい仕事を辞めてもいいかもしれない。2週間ぐらいは引き継ぎに費やしてもいいし、そのほうが残りの1年間をすっきりした気持ちで過ごせるだろう。残りの期間で仕事関係者に出くわす可能性が上がるので、あまり気まずい思いをせずに済ませたい。これくらいの長さがあると、「将来のために今は多少我慢をする」といった発想が生じてくる。

 きっと、仕事を辞めた理由を誰もに聞かれるに違いない。親しい人たちには正直に話すほうが良さそうだ。残り1週間ならともかく、1年間あれば段階的に別れを受け入れることができる。何度か会ったとしても、そう重苦しい雰囲気にならずに済みそうだ。でも、どうやって伝えたらいいのか分からないし、伝える瞬間の気まずさに耐えられなさそうだ。Twitterにでも書き込もうか。

 貯金を取り崩すだけでも、何とかやりくりして生きていけるだろう。まず、会社に行かなくていいなら、家賃はできる限り節約しよう。決して余裕があるわけではないので、計画を立てて、慎重にお金を使っていくことになるだろう。食事だってそんなに贅沢はできない。それでも、僕にとってはお金よりも時間のほうが大切であって、贅沢をするためにより長く働こうという発想にはならない。

 1年もあるならば、全く新しいことを始めたとしても、何かを成し遂げられる気がする。果たして僕は特別に何か成し遂げたいことがあるのか?と考え始める。そして、今までの日常の延長線上でしか考えられないことに気づく。思うに僕は無趣味なのだ無趣味な故、急に働かなくてよくなったら、何をして過ごしたらいいのかわからなくなる。働きながらだって休みはあったけれども、寝て体力を回復したり、家事をしたり、友達遊んだり、ランニングしたり、漫画アニメをダラダラと見たりしていたらあっという間に時が過ぎた。漫画アニメを見るのは好きだが、あと1年で死ぬとしてずっとそれに時間を費やしたいとはあまり思いつかない。それはリラックスを兼ねた娯楽であり、積極的に取り組んでいるというよりは、消去法的な時間の過ごし方だった。

 もともと、人生を捧げられるような対象が欲しいと思っていた。しかし、そんなものは見つからず、とにかく生活のために労働し、疲労と惰性で考え事をするのもままならず、暇な時間ができたら途方に暮れる有り様だ。そんな対象がなくても、愛すべき人がいて、その人と過ごすだけで楽しく満ち足りた日々になるなら、それまた幸福だ。しかし、1年しか残されていないのが分かっていながら、新しく親密な関係相手を探すのは残酷めいている。残される相手のことを考えると、残り1年で愛すべきことを見つけるなんてハナから期待すべきでない。

 愛する人もいないし、やりたいこともない。そんな自分の現状は不甲斐ないが、ないものはないので仕方ない。とにかく何がしたいのか考えてみよう。かといって急に机に向かって考え始めたからといって、何か思いつくわけではない。12か月もあるのだから、1か月ぐらいは思い切って、考えるために時間を使ったっていいではないか。いったん、何もかも放り出して、どこか海沿いの旅館にでもこもって何をしたらいいか考えることにしよう。それ以上のことは今は思いつかない。

10年後に死ぬ

 10年間生きるならば、すぐに仕事を辞めるわけにはいかない。自分がやりたいこととは別に生活費を稼いでいくということを主軸に据える必要がある。仕事をどうすべきか、という問題に正面から向き合わなくてはならない。この問題については、大きく二つの方向性を考えることができる。一つは、多忙でもハードでも、とにかく給料の高い仕事転職してお金を稼いで、一日でも早く仕事を辞めようとすること。もう一つは、仕事をしている時間無駄と感じずに済むくらい、意義のあるものにすることだ。残念ながら、現状の仕事はどちらにも当てはまらず、ただ金を稼ぐため、辞めて履歴書に傷をつけないために惰性でぶら下がっている状態だ。よって、残り10年間を前提とするならば、すぐにでも転職活動をして、より有意義時間を過ごせるようにしたい。

 例えばかなり無理をして、3-5年間ハード場所で働いて、残りは働かずに暮らせるのなら、悪くはない。この選択肢は、どう転んでも仕事をすることは苦痛なので、とにかく短期間で済ませるという考え方に基づく。貴重な10年間のうち多くの時間を割くに値するような労働はあるのだろうか?そんなものが見つかりさえするのなら、すぐにでも飛びつきたい。そもそも、そんな仕事があれば、残り10年とか関係なくやってみるべきなのではないか

 10年あれば、適当理由をつけて別れることを前提に、恋人を作ってもそこまで罪深くはないだろう。すべてを語るような深い関係にはならないかもしれないが、一人で過ごすよりは日々に彩りが生まれそうだ。それとも、ふとした瞬間に虚しい気持ちになるだろうか?

◎30年後に死ぬ

 10年ではなしえず、30年かけてしかできないものというのはそう多くはないはずだ。仮に僕が職人か何かで、同じことを一筋やり続けるのであれば、その時間の差は歴然となって現れるのだろうか。そんなことを考えると、今すぐ何かの道に入門して、極めてみたいものだという気持ちが湧くが、僕は飽きやす人間であることをすぐに思い出す。僕はタイムマシンがあればすぐに30年後に行って、知識経験の蓄積による果実を得たいと思う怠惰人間だ。その蓄積の過程自体を楽しみ、こなしていくことができるなら、とっくに僕は何かを身に着けているはずなのだ

 残念ながら職人道を極めることはできなさそうだが、それでも少なくとも2つほどは新たな可能性が思いつく。まず、結婚して子どもを育てることが選択肢に入る、30年あれば、子どもが成人するまで面倒をみることができる。そして、家を買うかどうかも真剣検討する必要がある。

 僕は子どもが欲しいのだろうか?正直、残りの人生の期間について考えなければ、そんなことをまじめに自分に問う機会もなかった気がする。具体的に結婚するような相手ができて初めて、欲しいかどうかを考えればよいと思ったのだ。しかし、成人するまでは面倒を見ておきたいという条件を付ければ、残された時間結構短い。相手ができたとして、すぐに子どもができるかどうかだってからないのだから、30年のうちの最初の5年くらいで、一連の仕込みを済ませておく必要があるだろう。そのような前提を置くと、恋愛結婚は残り時間から逆算したうえで、極めて計画的で無駄のないプロセスで行う必要がある。そう考えると窮屈に思えてきたが、女性であれば出産できる年齢が限られている故、同じような考えを持つのだろうか。一通り考えを巡らせたところで、そもそも子どもが欲しいかどうかすら分からないことに気づく。別に、残りの30年を考えたうえでそれが最優先事項というわけでは無ければ、窮屈な思いをしてまで計画的に「仕込み」を行っていく理由もない。

 30年もあると考えると、途端に今すぐには現状を変えなくても良いかという思いが芽生えてくる。僕は現状の生活に満足しているわけではない。それなのに、変えなくてよいと思うのはなぜだろうか?変化にはきっかけとエネルギー必要なのかもしれない。そこそこのストレス孤独があるにせよ、安定しており、ある種の均衡状態となっている僕の生活を変えるには、何らかの外的なショックが必要なのだろう。

◎53年後に死ぬ

 今29歳の僕は、52年後に日本人平均余命といわれる81歳になる。すなわち、52年後くらいに死ぬという前提は蓋然性が高く、それをもとに人生計画を立てることはひとつ筋が通っている。しかし、正直なところ、年老い自分がどう過ごすかなんて、今から計画を立てるのは馬鹿げている。そこに至るまでの不確定要素が多すぎる。

 とはいえ、一つ考えるに値することは、日本にずっと住み続ける前提で人生を考えるか?ということだ。何せ、この時期までに日本人口は2-3割くらい減る推計になっている。今だって社会保険料と所得税消費税が大きな負担になっているが、今後ますますその負担が増えることは間違いない。5-10年先の未来だけ気にすればよいのなら、別に自分にとっての影響は大きくない。でも、より長い期間を考えると、例えばまともに医療が受けられなくなったり、預金没収されたりするリスクだってあるかもしれない。少なくとも、今現在高齢者が受け取っているのと同等の価値年金をもらうことは全く期待できない。

 僕は家族や友人たちがたくさん住んでいて、最高のアニメ漫画を生み出す日本が大好きなので、できることな日本に住み続けたい。しかし、生活があまりに苦しくなるようなら、泣く泣く国を離れるというのは、世界中のどこにでもある話だ。かといって今すぐに海外移住することが賢明というわけではない。とにかく英語くらいはできるようになっておき、いざとなればよその国でも食べていけるような能力は身に着けておく、それくらいの「投資」は残り53年くらい生きるなら、多少今を犠牲にしてでもやっておいたら老後の安心に繋がるかと思う。

あとがき

 現在僕は、感染症が広がり外に出られない状況で、友人と会う機会も減り、社会とのつながりが徐々に切れていく感覚を味わっている。もともと、仕事に追われて、生活のために生きているような感覚を覚えていたが、そこから抜け出すことを難しく感じていた。一日中家で仕事をして、終わっても何もしたいと思えることがない。あまり空虚自分生活一種絶望を感じている。

 そんな中いつものようにTwitter目的もなく眺めて時間をつぶしていると、「友人は少なくていい、3か月後に死ぬとしたら一緒に過ごしたいと思えるような相手さえいれば十分」というような記事にたどり着いた。そこから着想を得てふと自分生活を振り返ってみると、3か月後に自分死ぬのならやらないであろうことであふれていた。短い間に自分死ぬことを考え出すと、僕は気が楽になった。これは僕自身にとってのセラピーになった。ある種のミニマリズム断捨離に近い感覚で、「3か月後に死ぬのであれば不要」と思えることを生活から切り捨ててみる。例えば僕はいつか読んでおこうと思っていた大量の本をその基準に従って捨てた。すると、僕の人生は前よりも少し方向性が定まったように感じたのだ。

 とはいえ、それと同時に、自分空虚さを改めて実感するきっかけにもなった。自分寿命の想定をどんどん伸ばしていくほどに、可能性は広がっていくはずなのにやってみたいと思うことが思いつかないのだ。まるで、遠方ほど霧が濃くなっていくような感覚だ。この問題は僕が、「いつかは役に立つだろう」と思われる仕事資格勉強時間を費やしがちだったことと関係があるかもしれない。その時々に自らの欲求に耳を研ぎ澄ませてこないできたら、欲求をとらえることができなくなってしまっていた。

 平均寿命から想定して、老後の安心や家庭を持つ可能性なども考慮した貯金やらライフプランとやらをある程度は考えなくてはならない。それでも、僕のようなタイプ人間は、3か月後に死ぬというぐらい過激な想定をしてでも、素直に最もやりたいと思えるようなことを考えていくべきでは、というのが今のところの結論だ。

 僕の文章は思いつきを並べただけでまとまりのないものになってしまったが、もっと多くの人にこの思考実験をやってもらって、その結果を読んでみたいと思う。ぜひこれを読んだあなたも試しに3か月後に死ぬとしたら何をするか考えて、記事を上げてみてほしい。

2021-01-21

anond:20210121073549

こういう近未来ディストピアSS作れそうだな

朝起きたら、インフルエンサーになったものの、一挙一動が注目されて、望んでないものまでがブームになってノイローゼになる。

うっかりやってしまった脱糞すらもムーブメントになるシーンが見たい

2021-01-18

SNS下手すぎて推しを失った話

昔、私にはガチ恋している推しがいた。初めは3枚目キャラで好きになったが、よく見たら顔も良いことに気づきそれから全てが好きになってしまった。周りに異性が居ない環境なこともあり、恋にまでなってしまった。バレンタインデーには事務所ファンレターを送った。チョコは送れないか文房具をつけた。推し勉強に役立つように。


そんな推し配信を始めた。最高だった。推し一挙一動を見守りつつコメントすれば、HNとはいえ自分名前を呼んでくれるのだ。なので私は仕事の合間を縫ってパソコンに齧り付いた。配信には常連もおり、その人達にも「○○アイコン増田さん」と認知されるようになった。

ある日、いつものように推し配信を見ていると、気になるコメントを見つけた。

配信始まるの、ファンクラブの皆で待ってたよ!」

おかしい。事務所には公式ファンクラブなどない。その発言した人のSNSを辿ると、どうやらファンクラブという名のLINEグループがあるらしい。その方は常連さんで、SNSプロフィールでも、「○○君ファンクラブLINEグループ有。興味のある方は連絡下さい!」との事。

当時はLINE黎明期アカウントを持っていなかった私はいそいそとLINE登録し、SNS常連さんに「ファンクラブ興味あります!」と連絡した。

すぐさま「わっかりました!少々お待ち下さい!」と連絡が来た。その後、いくら待っても返信が来ない。何回も確認した。何も無かった。ファンクラブの為に作ったLINEトーク画面にはずっとブラウンが佇み、紙吹雪を散らし続けていた。

今考えたら、LINEグループなんて結構プライベートな繋がりである推し配信しか絡まない、SNS相互でもない私は無かったことにされた訳だ。

その当時の私は、弾かれたなと察し、まあ仕方ねえなと思った。同時に「少々お待ち下さい」と嘘をついてブッチする常連さんに少し腹が立った。そして、その後悲劇が起きたのである

推しイベントが開催された。終盤に握手会(サインとか写真撮影も付く)があり、ここで少し推しと話が出来る。

私の番が来た。しか対応が雑だったのを感じた。「はい握手ね。サイン書くよー。はい写真撮るねー。」って感じで、いつもより雑に感じた。その原因は私の次の人にあった。

次の人は、例のLINEグループを作った常連さんだった。推しは、その人の番には私よりテンションが高く、「お待ちしてました!」って感じの対応だった。それを目撃した瞬間、とても悲しくなった。推しは人が良く真面目キャラだったので、良くも悪くもファン平等に扱われていた。しかし、今日はそうでは無かった。私は失意の内に家路についた。

帰ってSNSを眺めると、常連さんは「ファンの皆で作った記念品、○○君に渡したよ✩」と投稿していた。何がファンの皆だ。私的な集まりの癖に。と思った。そして、様々な感情が頭の中を駆け巡った。LINEグループという割と私的な集まりファンクラブ扱いされてる事への怒り、私がもっとSNS常連さんと仲良くしておけばこんなことも無かったのにという後悔、そして何より推しに雑に扱われた事への悲しみ。


イベントの日以降、私は推しを推せなくなった。最近久しぶりに配信を見ていたら、常連さんは居なくなっていた。何処へ行ったのだろうか?

これが、SNS下手すぎて推しを失った私の顛末である。まあ、そもそも私がもっと推し配信推しに絡めば認知もされ、雑な対応も避けられたのかもしれない。しかし、ネット交流という意味では一緒だと思う。

狭い界隈だった為、フェイクは入れてあるが、これあいつじゃねーかと思っても言わないで欲しい。まあ相互でもない人間を覚えてはいないだろうけど。

なんだかんだ後付けしてしまったが、この文章により何年も溜めてた辛い気持ちを供養することが出来そうだ。ありがとう増田

2021-01-15

anond:20210114153728

先に解を書きます

フリーゲームという体を保ちつつ、ゲーム実況から金銭的なフィードバックを期待するのであれば商用の利用規約を設置すればよい事です。

法的な根拠である上に、ゲーム開始時に規約への同意画面を出す等すれば視聴者から実況者にちゃんと支払わせる圧が生じるでしょう。

金銭要求では無いですが、商業タイトルの一部ゲームでは実況の際にエンディングを公開することを禁止するような条項がありそれは視聴者の圧と実況者の両親によって概ね守られています

ここから先は読まなくても構いませんが読んだ方が良い話です。

1. 根底Vtuberに流れていく何万円もの金の何パーセントかは自分の金だという思い込みがあるからそういう発想になるのだと思いますが、その金はVtuber一挙一動に投げられたものであって鐚一文たりともゲームに投げられたものではありません。したがってあなたが受け取れるはずだった金はゼロです。

もし理解できなければ自分ゲームお金を稼いだ時の事を想像してみたら良いと思います。その金は全てゲームを作った人間の金であってゲームを作るのに使った(商用化に関する規約の無い)フリーソフトフリーツールの作者の物ではないことは容易に理解できるはずです。

2. あなたは金がもらえない不服をリスペクトが足りないというような解釈に置き換えることで自分心理正当化しようとしていますが、リスペクト強要されるものではないですしお金の代用語では無いです。強要などしていないと考えているかもしれませんが、誠意を示せと喚いているヤクザと同等であることを自覚しましょう。

3. 規約もなくフリーゲームとして出しているならば金品を期待するべきではありません。

4. Vtuberに実況されたかゲームを作れなくなったのではありません。あなたフリーゲームという概念勘違いし、見当違いの期待をして勝手に裏切られやる気を無くしたかゲームを作れなくなったのです。

実況されるほどのゲームを作れるクリエイターなのですから変な落とし穴にはまらず取れるところからはしっかり取って良いゲームを作っていってください

2020-12-10

公立中に「動物園」という比喩は適切ではなくとも、偏差値20違えば同じ人間であろうが別の動物である

大学の進学率が66%まで上昇することがほぼ決定している日本では、将来的に氷河期世代大卒2割馬鹿という蔑称でくくられることはもう間違いのないところだろう。大体2039年ごろにはそうなっているはずである

どうして、中学高校動物園になってしまうのかというと、第二次性徴を迎えたときに親がどんな顔をしているか問題なのではないだろうか。昭和時代日本人の娯楽は酒、たばこ風俗パチンコ競馬競輪くらいで、そもそも語学を手にする人間が少なかった。親が語学を手にしていないと、親の顔はサルゴリラである死語になってしまった教育ママゴンも難読漢字くらいは読めた、という程度だろう。語学習得率は低かったように感じている。

そんなことを示す証拠を出せ、という人がいるみたいなので出してみよう。今私の手元には、2004年ラジオのためのフランス語講座テキストがある。番組表を見てびっくりだ。語学番組が少ないのである。今の半分ではないだろうか。このころ、NHK-AMラジオ第2はお荷物といわれていた。それから16年たって、講座を増やして小学生にも対象を広げたことで何とか語学番組は生き残った。NHK-AMは片方が一個つぶれるらしいが、トーク番組がつぶれても、語学の枠はつぶさないらしいので大丈夫だ。

逆算すると、大学の進学率が低かった時代語学学習というものは全国には広まっていなかったものと推察される。大昔のフランス語講座文法半年で一周できたが、1990年にこれをやらかし石井晴一は大不評であった。私にはその世代間のギャップ面白く、毎週楽しみにしていた覚えしかないのだが、大衆には受けなかった。この時代が、田舎地方限界東京漏洩することのなかった最後時代だったような気がしている。

ところが、インターネットのおかげで、地方田舎にはサルゴリラしかいないことがどこのWebでもばらされるようになった。一回でもミスすると、すぐインターネット告発される。神戸いじめ事件に至っては遡及法がどうのという会話が出ていたのを覚えているが、遡及法がなければいじめ解決しないだろう。そんなことも東京の人は知らないのである。いや、政府東京人に知らせてくれなかったのである。知ってて教えなかったのではないだろうか?

そんなに人生を左右するほどひどい環境だったかな、という人はおそらく昭和時代のことは知らないだろう。昭和末期、氷河期を産んだ親の四年制大学卒業率はなんと全国平均で14%なのだが、これは承諾しがたい。これは粉飾決算で、もっと低かったのではないか?まだ氷河期の親の世代、単科医科大は天文学的な倍率ではなく、天文学的学費のほうが話題だった。私学は馬鹿でも入れた、というのが田舎地方合言葉だが、半分は当たっている。当時は共通一次すらないので、ダメそうな社長の子が私学に入るといわれていた。

ヨーロッパは今はこうではないのだが、100年前は古典ラテン語古典ギリシャ語が必修で、落とせば大学からんという時代であった。どうしてこんな死語学習させたのかというと、これができないとヴルガータ聖書ネストレ・アーラントが読めないかである聖書を読んで一人前という時代がそこにあった。しかし、日本人に聖書不要である必要不可欠というほどではない。それなら、古典言語必要性など知らないまま国家形成される。古典言語四苦八苦するヨーロッパ人と、それを必要としない日本人では知的密度が違うのは当然ではないか古文漢文は、古典ラテン語古典ギリシャ語の代わりにはなりえないだろう。

その知的密度の差を認識しないまま、田舎地方にはサルゴリラしかいない時代昭和期にやってきたのである

2020年代に入って、その田舎地方サルゴリラは、ニュースさらし者になって本当によかったと思っている。おそらく電子メディア進化で、具体的な言動一挙一動までサーバーに記録される社会になるだろう。そうなると、馬鹿を見るのは氷河期世代とその親である。鬼滅世代は、生まれた時から警戒して過ごすので、愚行が暴かれることも少ないだろう。

いま、アニメ以外の邦画はつまらないといわれる。それはつまらないのではなく、日本人がそれだけ賢くなったのである。賢くなると、馬鹿向けの文化は滅びる。最近ぶれる風俗に加えて、AVスカウトマン逮捕されるのはそういうことである。「公立中学校ごときスラム出身気取ってマウント取るのやめろ」という意見表明は、2020年代には可能でも、2030年代には不可能になると私は確信している。「社会階層固定の犠牲者たる貧乏家庭のガキや勉強苦手なガキや発達おかしいガキを動物扱いし、彼等が通う公立中学動物園呼ばわりして蔑み、そんな動物園に関わらないで済むことは大きなメリットなのだ放言」する人間がいるのであれば、その人間出身校に子供を通わせる親の大半がサルゴリラだったということ。はてなリベラルやばすぎ、とは全く思わない。

かつては高卒でも国際コンクールグランプリだが、今は第3課程(日本では博士後期課程)に行かないと取れないのだ。取れなくなるのはなぜか?サルゴリラ駆除する法律がないかであるサルゴリラは第3課程に行かないと、消えない社会になったのである。あと30年たつと「日本博士課程は動物園だが、ヨーロッパの第3課程は違うからね」などと教授放言されるのではないだろうか。

2020-11-25

全く予想しなかったところで研究者適性が無いのが分かった話

私はブラック研究室所属する修士1年だ。

研究職に就くつもりで大学入学し、研究室に配属された後もバリバリ頑張るつもりだった。

でも研究室に所属して初めて、全く予想しなかったところで、研究職への道を挫折しかけている。

それは「同じメンツ人達毎日時間過ごすことが苦痛」ということだ。

研究室に配属される前から大学12時間滞在して勉強していることはままあった。

からコアタイム12時間でもやっていけると思っていた。

でも1人で過ごす12時間と、ほとんど他人と一緒に過ごす12時間は全く異なるものだった。

閉じた研究室では自分一挙一動他人監視下にある。

別に自分の行動に難癖を付けるヤツがいるとかじゃない。むしろ皆いい人なんだと思う。

でも、なんかもう自分の行動や表情が他人に何か思われるというのが苦痛なんだ。

しんどそうな顔をした時「大丈夫?」と心配されるのも、楽しそうな顔をしている時に「楽しそうだね!」と言われるのも、どちらも心に負荷がかかってしまう。

大丈夫?」は、相手気遣いであり有難いこと(あるいはただの社交辞令)だし、「楽しそうだね!」は話の種か見たままを言っているだけだと思う。

でも他人に表情をチェックされて管理されているような居心地の悪さがある。

ひねくれた人間だと思った方、申し訳ない。

自己弁護を重ねてしまうが、私は昔から変だったように思う。

思えば小学校から高校にかけて、休み時間になれば教室から出て行き、1人で校内をフラフラしたり図書館に行って過ごすことばかりだった。

他人と一緒に過ごすことを無意識に避けていたのだろう。

もうすぐ就活しなくてはいけないが、本当に困っている。

大学入学以前から研究職として働くつもりだったのが、この有様。

研究室はおろか内勤さえ向いていない性質で、何が出来るのか分からない。

毎日しんどいさを抱えながら、研究室に足を運ぶばかりです。

2020-11-22

久々に会った姪っ子が離れなかった

昨年、増田一族に姪っ子という新メンバーが加わった。

この新メンバーは姉の娘である

一家増田家の近くに住んでおり、旦那さんが仕事で遅い時を見計らい、姉と姪っ子は遊びに来ている。

増田家はみんなこの姪っ子にメロメロで、立てば成長に感動、膝に座られれば悶絶、走る姿に歓声が湧く。

かくいう私も姪っ子の一挙一動に悶えている。姪っ子誕生以前は30しかなかったスマホ動画が、今や約1,200に到達。iCloud拡張した。動画を厳選してもキリがなく金で解決を図ったのである閑話休題

そんなみんなのアイドルである姪っ子が、ある日、風邪をひいた。

ちびっこのもらってくる風邪感染力が高いらしい。

あっという間に姉一家は全員ダウン。風邪が長引き、しばらく遊びに来れない日々が続いた。

たまのテレビ電話も、姉も姪っ子も咳がごほんごほん言うので、増田家一同胸を痛めていた。

増田家も姪っ子が来ないので「今日も来なかったね」「うーん…」という会話が頻発し、心配と寂しさで暗くなっていた。

そして、ついに風邪が(だいたい)治ったのである

突然だが私は社会人だ。

それなりに残業があり、それなりの仕事をしている。

その日は普段であれば姪っ子が来るが、風邪をひいているので来ないだろうと、心置きなく残業していた。

仕事がひと段落したのでふとLINEを見た。


姉と姪っ子が家に来るとの連絡が来ていた。


会社で奇声をあげそうになったが我慢し、粛々と家に帰るも時すでに遅し。

着いた頃には姉と姪っ子は帰っていた……。

姪っ子は私を待っていたそうで、リビングのドアの前で「ちゃん!(※私の呼び名)」と叫んでいたそうな。愛を感じながらも、期待に応えられなかった自分を悔やんだ。Twitterの「誰もお前を愛さない」のコピペを思い出した。へこんだ。

リベンジは2日後。決意に燃えた。

2日後、早めに退社し家に着くと、姪っ子がいたのである

ソファーの上にいたのだが、私の姿を目にすると途端にテンションが上がり、すごい顔と声を披露しはじめた。そのままソファーの上でローリング。止まらローリング。暴れ回っていた。ちょっと、どうにかしちゃったのかなと不安になる勢いだった。

そんな熱烈な歓迎の後、その辺に座る私の後ろに回り、髪を梳かれ(初めてされた)、後ろからぎゅーっとされ、私と顔を見合わせて照れ笑いし、しまいには膝の上に座ってくれた。30分くらいくっつかれていたと思う。

姪っ子フルコース、こんなサービスを受けたのは初めてである天国かと思った。

時間が来て帰るときちょっと寂しそうだった。姪っ子、ちゃんも寂しいよ。でもまた会えるよ。

姪っ子のことが大好きだなと、そう思った。

2020-11-19

anond:20201119204403

俺が悪い可能性もあるんじゃね?

なにもかもが雑で、むしろ一挙一動仕事を増やしていたとかさ。

2020-11-17

anond:20201117223151

田舎は何もなさすぎて、個人一挙一動エンタメとして消費されている気がする

代々ずっと住んでいたり、引っ越してきたとしても、子供がいて学校に通い、地域根付いているなら、余計にそうなりがち

2020-11-11

実を言うと、フェミニズムはもうだめです。

 突然こんなこと言ってごめんね。

 でも本当です。



   *



 フェミニズムは全ての女性を救うわけじゃない。


 すんげー雑な言い方をすると、フェミニズムはその役割ピークを迎えようとしている。

 言い方を変えれば、フェミニズムは相対化され、限界を迎えている。つまりフェミニズムは数あるライフスタイル思想の一つに過ぎず、全ての女性や少数者を包括的に支持し救済するといった、かつての理念として見られていた役割からは剥がれ落ちつつあるということだ。

 結局のところ、フェミニズムは全ての女性対象としているわけでもなければ、全ての少数者を対象としているわけでもないということである論点取的に言うならば、この時点でフェミニズムは全ての女性を救うこともできれなければ、全ての女性や少数者を支持する立場から脱落することになるのだ。


 考えてみれば当たり前の話で、フェミニズムの原義は男女同権主義であり、そもそも女性のみを対象として扱っているわけではないかである。勿論、男性自身らを扱っていることは自明だし、更には、いわゆる少数者であるところの男性弱者男性のみならず、男性女性総体、そして全ての人間に対して地平を開いた、社会救済としての思想――それがフェミニズム本来理念であったのだ。

 とは言え考えるまでもなくこのような理念は有り得ない。全てを対象とした救済の思想、という考えが仮に存在するのであれば、それは宗教に求められるべきであるし、我々は誰を対象として救済や支持を表明するかを一考しなければならない。我々は全てを救うことなどできない。全てを救うという思想が仮に現実存在し得るのであれば、それは有史以来の悠久の歴史において既に達成されている筈であるし、そこにフェミニズムの参加する余地存在しない筈なのだ

 換言すれば、「フェミニズムが全てを救済する」というテーゼを本気で信じている人は一人もいないということだ。


 いずれにせよ、全てを救う思想というもの現実的に存在しない。にもかかわらず、フェミニズムないしフェミニストが越権的にその立場を乗り越えようとした結果、それが不可能であるということはもはや陳腐なまでに自明化しつつあるように思う。

 フェミニズムは世の中の全ての女性を救っているであろうか? と問われた時、その答えは勿論ノーである。例えば、「セクシー広告現実人間リスクを生むので自重すべき」、というシンプル命題においてさえ、女性間で紛糾は起こる。

広告セクシーな魅力を私は評価するし、そのようなポテンシャル広告価値のみならず女性価値にも還元されるのではないでしょうか?」と言う女性は、この文脈においてぶっ潰されることになる。「はあああああ!? 貴方評価したところでもしストッキングタイツを身に着けた一般的女子存在性的に眼差されたら貴方責任取れるんですか!?」と。この言明によって既に「一般的女子」とされる存在の中から、「広告セクシーな魅力を私は評価する」と言明するような女性パージされることになる。この時点で、どう考えてもフェミニズムは、あるいはフェミニスト活動は、女性総体を救済しているわけではなく、最も好意的な言い方でも「女性の部分集合Aを救済しようと『試みている』」に過ぎないのだ。

 でもフェミニストはそう思っていないらしく、「我々の活動は最終的に女性全てを救済し、どころか、ホモソーシャル的な思想に囚われた男性さえをも救済することができる」と考えているフシがある。

 無理。

 無理だから

 例えば、ソマリアでレ○プされている少女フェミニズムは救うことはできない。彼女らを救うことができるとすればそれは政治役割である。とにかく、世界同時革命的に思想啓蒙を行うことは無理なのである逆襲のシャアを見ろ。

 そんなこんなで、フェミニズム役割限定的であるし、それは全ての女性に対して及んでいるわけでもない。というか、対象としている女性たちそのものでさえ救済できているかは謎である。いや勿論されてる人もいるんだろうけどね。


 話を戻すと、結局のところフェミニズム限定的に人を救うしかないし、それが活躍できる範囲は決して広くはないのである。この時点で、フェミニズムはある種の専門的な救済機構への道に進むことになる。というか、最善でもそうなるしかないのである。因みに最善以外の可能性としては「自分たち救世主だと考えている思想強要集団」という可能性が存在している。

 逆に言えば、フェミニズム自分たちの救うことのできる範囲というのをしっかり限定して、その上で物事に取り組むべきなのである企業マーケティング一挙一動監視し「社会に悪影響がある!」と発信するのはフェミニズム役割ではない。それは本来公共広告機構ジャロ役割だ。

 ソマリア女性を救うことができるのが政治であるのと同様の意味で、役割はきちんと分担しなければならない。広告のことはジャロにまかせておいたらどうじゃろ? という話である

 役割限定することは極めて重要で、繰り返すように我々は世界同時革命的に全てを救うことはできない。しかも、救済の対象限定することによって全てが解決するのかと言えばそうではなく、そこには必ず利害のバッティングが起こる。例えば、広告バッシングされることで不利益を蒙る企業存在するのが現実だし、あるいは、広告バッシングされることで不利益を蒙る献血促進団体存在するのが、そのような例に当たる。必ずそこにはお互いの利害の衝突があり、お互いの倫理があり、お互いの目標があり、お互いの努力がある。

 全てを救うことができないというのはそういうことで、要はそこにはお互いの、利害の衝突があるということなである。誰かを救おうとすれば誰かが救われないということなのだ。

 そして、誰かを救うということは、別の誰かを救おうとする人間を切り捨てるということなである


 つまりここにおいてフェミニズム立場は相対化されることになる。

 フェミニズム自身擁護しようとする人々と利害的に対立しているところの、別のグループとの対立を味わう。お互いに誰かを切り捨て、自らの救いたいと望む人々をのみを救うしかない袋小路に辿り着く。その時点で、思想の優位性、発言正当性などは捨象されてしまうのだ。つまりフェミニズムは誰かを救うことを諦める代わりに誰かを救うという形を、最善の可能性においてさえ取らざるを得ないのである。全てを救おうとしてもそこには最悪の可能性が導かれるだけで、まずは、誰を救いたいのかを限定しなければ、誰も救うことなどできなどしない。

 そして、現実に生きる人々が常に取るべきなのはそのような態度である。現に、今を生きる人々はそのような態度を常に取り続けている。例えばアツギという企業社員や依頼先のイラストレーターを守るように、それが当たり前のことなのだ。そしてそこには避け難く対立が起こる。誰かをぶん殴れば誰かにぶん殴られる。誰かをぶん殴れば誰かに毛嫌いされる。何も、フェミニズムけが特別というわけではないのだ。


まとめ


 警句的に言えば、ありとあらゆる対立において、ありとあらゆる闘争において、誠実な闘争というもの存在しない。どんな対立であれどんな闘争であれ、それは不実で胡散臭くて汚らしいものだ。しかし、今回の件を見る限りで、そこには一般論を超えたきな臭さを感じざるを得ない。

 それは恐らくフェミニズム限界に起因するきな臭さなのではないかと思う。彼女たちは、全ての女性を救うことはできないし、男女同権思想自明として救済しなければならないところの男性を救うこともできない。また、強い社会ストレスの中で生きる少数弱者を救うことができない。時には、彼女たちは女性をも切り捨てる。

 勿論、救う対象限定することは大切だ。誰もかもを救おうとすることな人間には所詮できないのだから

 とは言え、まさにそこに、一般論を超えたきな臭さの源がある。つまりそれは、自覚なく人々を切り捨てておきながら、自身限界意識せず、まるで全てをも救い得るかのように振る舞うフェミニストフェミニズム傲慢のことである。突然こんなこと言ってごめんね。

 でも本当です。

2020-10-22

愚痴

小売業販売員です。

コロナ云々ではなくこの会社は元々慢性的給与遅配です。

今1年前の給与を分割で頂いています

社長過去の栄光に囚われ「昔は〜」「俺らの頃は〜」が口癖。

掃除のために早めに出社しているのに、30分は社長のどうでもいいプライベートの話を聞く時間に取られます

小さい子どもやお年寄りも来ていただくお店なので、コロナ対策必死に毎朝消毒を行っているのに社長マスクを外して盛大に唾を飛ばしながら喋る。

コロナが出たら店畳む覚悟でやってるんですよ!とマスク無しでお客さんに話しかける。

お客さんに渡すパンフレットも指を舐めてめくる。鼻もほじってるし唇の周りについた唾を手のひらで拭ってる。

奥さんも同じ会社で働いていますが、社長自分奥さん一挙一動が気に入らないらしく、意地悪な言い方をしたり、あからさまにイライラしたり、私に愚痴を聞かせてきます愚痴ときは何故か私が怒鳴られます

ニコチン切れになるとお客さんだろうとイライラをばらまき始めます

「わかんねーだろうけど」「しらねーだろうけど」と前置きして喋ります

俺は言葉は慎重に使ってると豪語しているのに喋ると大変不快気持ちになります

好きで入った会社が大嫌いになりました。絶対転職します。

anond:20201022124122

まり日本での茶道みたいなもの

一挙一動意味がありますっ!

神父様のご命令絶対服従ですっ!

神父様の監視がない場所でも言われた通りの言動実施しますっ!

こうだろ?

2020-09-01

はてブの人らみんな勘違いしてるけど、別に安倍晋三は好かれてないんだよなあ。嫌われてないだけ

安倍首相お疲れ様みたいなSNS投稿がバズってても、次期首相は誰がいいかってアンケで内閣の菅を差し置いて石破がトップだったり

支持率過半数を超えてるような時期でも個別政策評価では主だった政策が軒並みネガティブ評価が下されてたりするの見たら分かるじゃん

説教臭いしやることもちょっとズレてる上司かいて、部下の間じゃ頻繁にそいつ愚痴で盛り上がるけど、定年退職する段になったら気を利かせて寄せ書きとか書いてみたり一丁前に寂しくなりますねみたいな挨拶したりして円満ムード出してあげるじゃん

で、退職後はしっかりみんな清々した気分でいるっていう。あれと一緒なんだよな

熱心に安倍批判記事とかホッテントリに上げてるけど、そうじゃないんだよ

別にみんな本気でねぎらってるわけじゃないし、感謝してるわけでもないんだって

実際のところ、安倍首相がどんなことをやらかしたのかに無関心なのと同じくらい、安倍首相がどんなことをやってくれたのかにも興味ないし別に知りたくもないんだよ

ここまで今の首相一挙一動を逐一把握してそのために一喜一憂してあげてる連中って、ほんと政治家連中以外でははてブ民くらいなんだよな

正直言って、SNSお疲れ様とか投稿してキャッキャしてる連中よりお前らのほうがよっぽど安倍晋三に対して真摯だったんだじゃないかとすら思えてくるわ

俺だけははてブで喚いてる連中を褒めてやりてえよ。お前らえらいよ

2020-08-12

妻が鬱気味

コロナ、夏の暑さ、その他色々が重なって妻が塞ぎ込んでいる。鬱みたいな感じでどうしたらいいのか分からないので、こちらの気持ちを整理するためにも初めてだが、書いてみる。

ーーーーーーーーーー

スペック

東京会社勤め、テレワーク業務内容的に難しい

現在7時半に家を出て、18時半に帰宅する生活をしている

31

現在育休中

旅行好き、甘いもの好き、暑いの大嫌い

30歳

現在子どもと三人で東京暮らしている

家事育児基本的に半々だが、食事離乳食の準備は妻、その片付けは私という形になっている。

もちろんどちらかが出来ない時は代わりにやる。

ーーーーーーーーーー

年末長男を授かった。

妻の出産直前に義祖母が亡くなり、妻が精神的に不安定な中での出産だった。

義母出産からこちらに来て、色々とお手伝いをしてもらえるはずだったが、上記のゴタゴタもあり、しばらくは来ることができず、代わりに二ヶ月ほど育休を取得して義母の代わりをできるように頑張ろうと思った。

初めての育児で二人とも寝不足な中、赤子の一挙一動に笑い合いながら基本的にはなんとかこなせたと思う。

その間妻の母乳の出が悪くなり、塞ぎ込むこともあったが、ミルクを飲んですくすく成長する子どもの姿に癒されたのか、いつしか吹っ切れていたと思う。

ミルク育児できたのは私にとっては内心幸いで、妻の負担を減らすことが少しでもできたし、育児に参加できた感が強くなって嬉しかった。最もこんなことは口が裂けても言えないが。

そうこうしてるうちに義母が手伝いに来てくれて私も職場復帰し、ある意味日常が回り始めた。

義母が手伝いに来てくれたのは本当に大きかったと思う。

精神的に不安定だった妻が甘えることができたし、育児のあれこれも教えてもらえた。

しかしながらいつまでも居ていただけるわけもなく、一ヶ月ほどで帰ることになった。

そんな中新型コロナ流行り始め、出歩くのも難しくなってきた。

もちろん元々子どもを連れて遠出出来るような年齢でもないのだが、1日の外出も躊躇うようになった。

個人的、妻の気持ち的にはそこまで気にしていないのだが、実家から心配世間体などを気にして遠慮するようになってしまった。

これが外出してデパートをぶらついて甘い物を食べるのが大好きな妻にとっては一番辛いことだったようだ。

低地胎盤問題もあり、出産から大事をとって外出を控えていた妻には、動けるようになったのに何もできず、家に篭りきりになる生活がとてもとてもきついようだ。

さら最近は連日の雨に続いて厳しい暑さにより気軽に散歩するのも難しい。

見る見るうちに塞ぎ込んでしまい、見ているのも辛い。

食事は朝食くらいしかまともに食べず、その他はきゅうり一本や桃一個で済ましてしまう。

もう少し食べた方がいいと言っても暑いからいいとか細い声でしか返事してくれない。

体重も減ってきている様子。

この前義母電話しているときに泣き出してもいて、大分不安定になってきているようだ。

思い当たる原因としては

・単純に暑い(夕方に30分ほど散歩に行くだけでもう動かなくなる)

実家に帰れなくなった(コロナの影響で両実家から帰ってくるなと言われた。これが一番大きい様に思える)

育児家事疲れ(最近夜泣きが復活してきた。といっても一晩に一度起きるかどうかくらい)

見ていてもつらいし、家の空気も重くなんとかしたいがどうしようもない。

子どもを置いて外出を薦めても暑いから嫌がるし、甘い物を買って帰ってもあまり効果はないし、土日の家事を丸々交代しても響かない。

こちらとしてももうどうしたらいいのか分からず、こっちまで滅入ってくる。

無理やりにでも実家に帰らせるべきだろうか。

誰かアドバイスください。。。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん