「半導体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 半導体とは

2020-06-03

どうして日本にはDARPAみたいな技術のわかる公的機関がないのか

アメリカを見ていると今の大統領はともかく、DARPAなどの組織力が強い。

半導体などの民間技術関係する部分についてのレポートを見ると、技術分析がしっかりしていたり、現状の課題解決しようとしている。

世界中から情報を集めていて、尖った技術を持ったスタートアップ投資をしてたりもする。

民間情報収集と分析もしっかりしている。


日本に目を向けてみると、経済産業省資料では大手メディアで取り上げられたことは、いち早く取り入れているが分析ができているのか不安になってくる。

たとえばAIに関してだと汎用AIについて議論しており、一昔前の人工知能ブームと似たようなことが記載されているといえばわかりやすいだろうか。

経済産業省組織図を見ると、自動車課や産業機械課は存在するが、半導体課は存在しない。

これは昔からあったんだが、

コンピューターC言語などを使うコンピュータープログラムという分野はマルチメディアと呼ばれる学問や、映像表現技術ではなく

電子工学である

というのが、若い子には勘違いされやすい。

電子工学電気工学の違いは、ものすごい大雑把に言うと、デジタルアナログということも不可能ではない。

電子工学というのは電子デバイスまり大雑把には半導体のことでありCPUなどのプロセッサなどの学問であり、コンピュータープログラミング内包している。

他方、映像分野からきたひとからすると、メディア学問でも当然プログラムは習うのだが、そりゃならうだろうが、学問的に分類するとC言語などのプログラミング電子工学なのである

Bitってなに?っていいだすと、電子工学をつきつめていくが、原則的には電気工学だろうなぁというのにちかい

C言語ってどうして>機械語機械語ってどうして>電子工学電子工学ってどうして>電気工学

2020-05-31

真面目な話

自分高校生だとして、難易度大学受験ぐらいの勉強を25年間(つまり毎年難しくなるのを25年間生き残る)

それで、最後の10年が美味しくて、やっと。

そういうのをへて、そろそろ安定してきたと思われる半導体業界に激震が走ったのが数年前

定年延長したくなるだろ

2020-05-30

anond:20200530180412

萌芽・基礎研究の中には一部べらぼうにかい産業を作るから、多数種を撒いて一部巨大な花が咲けばいいやという考えで出してんの。

iPS細胞オプジーボも一番最初は少額の研究から始まってる。そしてべらぼうな大きさの花が咲いてる。

だけどその多数の種を撒くということをやめたからもう次のべらぼうな大きさの花が咲かなくなるだろうと言われてる。

特に1990年以降発展したIT半導体はもう絶滅状態

anond:20200530174143

理系はまず英語で発表しますが?

あとバブル以前の遺産を食いつぶして30年でまだ何とか持ちこたえててそれが今ってとこだろ。

ちなみに、世界恐慌の後衰退したってのはアルゼンチンがあってな、1930年以前は一人当たりGDP世界10指に入ったんだ。

だけど世界恐慌の後産業の転換もできず、ずるずると衰退していって、それでも1960年ごろまでは先進国の一つだった、さらに衰退していて経常赤字が頻繁になるようになってデフォルト常連国になってるのが今。

大規模経済危機を迎えると企業は保身に入って高貯蓄・低設備研究投資資金余剰になるんよ。だけど、高貯蓄で経済不景気に招き、低設備研究投資産業力を落とす。他の国は競争のために金をかけてるのだから

から1990年以降に発展したIT半導体日本は完敗した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

アルゼンチン経済歴史

これに+60年したらまるっきり日本と同じだから

anond:20200530171158

した結果ボロボロですよ。短期ポスドクの増加な。

そもそも大学とかはまだまだ売り上げにつながらない基礎段階の研究をしているのだが、そのあたりが全滅してしまった。

とくに1990年代以降に世界的に発展した半導体IT

2020-05-29

anond:20200529082008

そりゃ今の経済対策は「新しい産業を作る」より「食い詰めたり倒産して産業がつぶれるのを防止する」ためのものからな。

コロナのような大規模経済危機は、政府が何もしないのが望ましいんだ!倒産?どんどんさせろ!だと大規模経済危機の後には企業が派手に保身に入る。高貯蓄・低設備研究投資になる。

特に1990年バブル崩壊はその時政府が何もしないのが望ましい。財政出動ダメ倒産はどんどんさせればむしろ膿が出てよい。なんてのやったがゆえに、企業が派手に保身に入った。

失われた30年という長期不況になった。1990年以降成長したIT半導体では完敗した。

大失敗した壮大な社会実験だったな。

から今は倒産と食い詰め防止が第一に来る。

コロナが去った後に保身に入った企業を再び低貯蓄・高設備投資体質に導くためにも政策必要だが、それはコロナが去った後の話。

1つはリモートワーク・テレワーク まだノウハウの蓄積が十分とはいえないけど、業界を見渡すとそろそろと考える人が多いのだろうし半導体側の技術的なブレイクスルーの影響もあって、1つのブームなんだろう。

1つはWindows 10対応 ほぼかわらないとはいえ すこしは違うから検査対応必要

1つは新型半導体への対応 Core-i?アーキテクチャーが長かったけど、次世代モデルへの対応

いまのところは、この辺の次世代OS 次世代プロセッサ 次世代の働き方で、話の持って生き方を間違えなければ手堅いかなという

とはいえあんまりなんというか、まぁ、見下されているのは真実からいいとして馬鹿にも仕事ほしいもんだ

2020-05-28

anond:20200528224041

技術論で言えば

半導体の素子技術だけではなく、論理回路技術の次なる成熟の話をちらほら聞くのはどこも同じかと。

今までずっと13nnm だ 07mmだ のの話ばかりだったけど デジタル回路技術の話が再び煮詰まってきている

すくなくとも、今の回路技術がそのまま進化するとは思わないだろ?

新しいかどうかは別としても、対抗馬といういみでは競争の促進として面白い

すくなくとも、結果論として値段だけだったRaizenではない。技術の話は、いつでるか?というマーケティング論を別とすればあるいみ科学的な話だから予想はそう外れない。未発売という話はあったり、売れなかったりというのはあるだろうけど

確度が高いだろうな、というのはこれから、でも、日本教育コンピュータ論で煮詰まってきているし、

そちらは時期の問題だけで、それはそうなるだろう。

2020-05-27

anond:20200527172636

FPGAまでじゃなくて半導体設計に来てよー。ちっちゃいけど凄いの作れるぜ。

2020-05-23

anond:20200523155059

大学だったけど、ソフトを学びにいったら半導体も少しだけ教えてもらえる

2020-05-22

中国半導体政策くらい、日本政策取ってくれればな

経済産業省にある中国半導体についてのレポートを読んでいたんだけどさ。

そりゃ強いよな、アメリカも本気になるよなと思う。


個々の文言日本でも見たことあるけど、投資額が違う・・・

音声認識のiFLYTEKとか、そりゃ凄い企業出てくるわ。


日本政府もこれくらい産業政策が強けりゃな。

2020-05-19

anond:20200519220950

原則的に淘汰は、人手不足倒産による淘汰以外はするべきじゃないぞ。そもそもバブル崩壊後に新自由主義貸しはがしだの淘汰だのやったからこそ、保身で金をため込むようになった。

からずっと景気が悪いうえに、高貯蓄ということは、低設備研究投資なのでバブル崩壊後に成長を見せたIT半導体での競争力日本は完全に失われてしまった。

淘汰すべきという思想自体が誤ってるんだよ。競争で負けての淘汰はともかくコロナなどのイレギュラーによる淘汰は起こしてはダメなの。

anond:20200519105339

半導体ITバイオ科学系は伸びるね。

これを機に日本もまた技術研究への投資増やして欲しい。

2020-05-17

anond:20200517020914

いや、例えがおかしいわ

大企業はむかつくが、必要じゃん

大企業がなくなって中小企業フリーランスばっかりになったら

中国韓国アメリカの巨大資本にやられちゃうから

半導体はまさにサムスン一社(+韓国政府)にソニーPana日立東芝富士通nec三菱電機が各個撃破されたわけだし

2020-05-14

誕生した「発光するシリコン」は、こうして半導体チップを“光の速さ”へと進化させる

https://wired.jp/2020/05/14/after-50-years-of-effort-researchers-made-silicon-emit-light/

前々から構想としてはあったもの。ようやく夢が見えてきた感じ。

デスクトップ未来はもう少しだけ明るい。

2020-05-12

anond:20200512165352

ということをバブル崩壊した後有識者したり顔で言った。そのくせ頭足りてないバカに危ない道を歩むことを勧めた。

貸しはがし銀行叩き、構造改革、痛みに耐えて成長w、小さな政府ww、労働者非正規化www、起業wwww、イノベーションwwwww

金をため込んで、設備投資研究投資をしなくなったから、その後日本は傾いたんだけど。

から1990年以降に発展したITにおいて競争力は全くない。1990年まで日本が強かった半導体もその後の発展が著しかったため、日本勢は全く勝てなくなった。

おそらく今後生まれる有望な産業全部において日本競争力はもてないだろう。

倒産、食い詰めを全力で阻止するのが大事だ。コロナが終わったら、金をため込む企業を狙い撃ちして、使ったら減税、溜め込んだら増税して金の動きを再び作る必要がある。

anond:20200512120231

ジャンパリワーク数台なら良いけど。

半導体は配線変更すらやだな。

anond:20200512114512

ハード半導体屋は安くはないぞ。

こっちに回すなよー。

ソフトで頑張ってくれよー。

2020-05-11

anond:20200511175807

大不況ってのは、大経済危機が起きた後に「やっぱ金が第一!」と設備研究投資をしないことによって起きるんやで。

さら日本構造改革だ!とか銀行健全化だ!ということで無駄危機大量発生させてますます「やっぱ金が第一!」の風土を強くした。設備研究投資をしないか日本産業はどんどん弱まった。

さらに、フリーハンド法人税減税をしたけど、むしろそれはため込まれることを加速させるだけだった。

1990年代以降に発展したITは完全に競争力もつことはなく、日本が強かった半導体ITがらみで成長が見込めるから海外勢が投資しまくって日本ボロボロになった。

低貯蓄高設備研究投資に導かんとならん。使ったら減税、溜め込んだら増税にして税金で差をつけんとならんよ。それができなければ失われた40,50,60年になるな。

なお、アルゼンチン1930年世界恐慌までは一人当たりGDP世界トップクラスで、経常黒字しまくりだったんだけど、今経済破綻懸念常連国だからな。

世界恐慌10年後ぐらいに「今のアルゼンチンを救ってくれる英雄」なんてものが現れたのまでよく似てる。

anond:20200511160830

べつにJavaでもCでもPHPでもPythonでも

なんでもいいっちゃぁなんでもいい

半導体おもしろいよね。

キーボードは英字を多く打つプログラマー

日本語をおく打つ事務やで好みが分かれる。

あとは大体そんな感じ

あなた普段何をするかで、道具が微妙に変わる

個人的感想では、Intelの第10世代はあまり好きにはなれない。

SSDは予想通り。

CDはまぁ復活の兆し

GPUちょっと読めない。情報は入ってきてる。

音は、むずかしいよね。でも最近の潮流はいいなっておもってる。

学生系はそれでいいの?とはおもう。いまはパソコンはやってるけどブームは去るよ。君が40になるときパソコンでいいの?

40になったときにやりたいことをやっておかないと

しろTRONの方がプログラムは組みやすいという人が多いだろう。

2020-05-09

anond:20200509220828

5年か。

それだけ時間があれば出来るかもね。

給電の問題解決して、通信速度も短距離でなんとかして。半導体もどんどん高度化する。

アップルに入ってアイディアぶつけてみれば?日本で開発やってるから

面白いと思うよ、そのアイディア

2020-05-08

無人島にいったら、世界が滅んだら

安売りされてるキーボード一枚も作れないんだ。

まず半導体材料が発掘できない。金(キン)がない。プラスティックがない。

大量生産されてるからなんとも思わず使い捨ててるけど。

こういったことをふっと思うことが多い。

DVD一枚だって作れない過酷さとか。

でも遠い未来、やがてはそうなる日が来るんだよね。

SFででも何でもなく。

2020-05-06

anond:20200506193142

ふっふっふ。

よくぞ見破ったな。

私はソフト屋になりきれず半導体屋に身をやつした人間

海外技術資料エンジニアとの会話に日々格闘しておるぞ。

そういう世界を避けて日本に籠もりたいのであれば、籠もるが良い。

仕事減らないとイイね。

2020-05-04

Good morning, World

備忘録SARS-CoV-2 (幼名 2019-nCoV)というコロナウイルスが引き起こすのがCOVID-19という急性呼吸器疾患。病名の別称として「新型コロナ」「新型肺炎」ともいわれる。

2019年末ごろに中国人類によって発見された新型コロナウイルス肺炎は非常に厄介で、新型コロナ前の世界と後の世界とを分断するインパクトがあるウイルスであると考えている。

クスリの点から考えてみる

(イ) ワクチン研究が進んでいる。しか有効ワクチンはできないとみている。風邪ウイルス一種であるコロナウイルスは、一般論として変異が非常に早い。武漢で見つかった割には、武漢株とヨーロッパアメリカ株とでは区別ができるほどであり、後者の方が毒性が一段と違うとされる。3か月そこそこで変異株が見つかるほど変異が早い。では今から作ったワクチンはいつの株に間に合うのだろうか。

(ロ) インフルエンザワクチンですらだいたい香港ソ連型があってABとある。そしてワクチンが必ず効くわけではない。(おたふくかぜ麻疹のように高い確率できくワクチンもあるけど)。では、コロナウイルスワクチンは効くのか? 無発症感染者が市中を闊歩するようであればそのワクチンは「有効」と評価していいのだろうか。

(ハ) 薬は有効なのか。発症後の治療有効だとしよう。しかしSERS-CoV2の厄介さは重症度だけではない。熱や咳が出たら薬飲んでおねんねしてればOKっていうヌルウイルスならこんな状況にはなってない。極端に言えば「よくわかんないんだけど顔を合わせた人間がみんな病気になる。しかも朝元気ででも夜死ぬ」という西洋呪術か何かみたいな感染能力と症状との組み合わせが厄介なのである

◆かからないという点から考えてみる。

(1) 人類はよほどの覚悟があったとしてもこのコロナウイルスを撲滅できない。まず、すべての人間清浄にしても他の生物(多分哺乳類だ)がウイルスを持っていればまた発生する。SARSコウモリかなにかが元宿主であったし、MERSヒトコブラクダである。そしてSARSMERSも定着しているし、根絶はそもそも目指されていないといっていい。SARS-CoV2は猫やトラにうつったという報告もあった。人間だけどうにかしてどうなるものではない。

(2) それでもせめて人間だけでもどうにかしてみるとしよう。発症前に感染させることができるうえ、無発症感染者が一定数いる。神出鬼没、落下傘降下作戦自然発生的といっていい。潜伏期間もはっきりしない。発症するとして感染からまでは他人うつさないのか(つっても、うつされている以上体のどこかに一定量のウイルスが付着しているとみていいんだけど)、いつからうつすのかわからない。

(3) 2を補足する。当該ウイルス物質の表面上で失活するまでの時間執筆時点でよくわかっていない。3日ほどという説もある。仮に感染者が一人もいなくなったとしても、失活前のウイルスを拾ってしまえば感染者がまた出てくる可能性がある。

(4) 感染者が存在し続ける限り根絶はできないといっていい。未発症感染者という存在のせいで、感染者がいなくなって、今後も出ないと宣言するのが極めて困難である

◆どうしても地球から抹消してみよう。

それでも何とか感染者をいなくしてみよう。最後感染者が1人になり(なんなくてもいいんだけど)、その人が排出したウイルスがすべて失活すればこの病気地球から消えてなくなる。新型コロナがなめらかな物質表面で3日失活しなかったという説があるが、最後排出したウイルスが失活するまで1週間としてみよう。発症した場合他人うつす期間はどのくらいだろう。発症から3週間程度で死亡した話はある。余裕を見て発症から4週間は他人うつものとしよう。では、感染から発症まではどのくらいとしよう。1週間としよう。すると、最後から2番目に感染した人の感染から6週間はウイルスは活性を持ったまま地球上に存続しうる。非発症感染者も仮に感染からウイルス排出がやむまで5週間としよう。

すると、とある時点から6週間世界のみんなが完全に引きこもれば、地球上に感染力のある新型コロナウイルスはなくなることになる。でも、こんなことはそれこそあり得ない。まさに仮定することが無価値以外の何物でもない妄想である

人類SARS-CoV-2のいる地球で生きていくことになる。昨年11月に送ることができた生活はもはや送ることはできない。紙のない世界で生きていくことができない。文字のない世界で生きていくことができない。通貨のない世界で生きていくことができない。蒸気機関のない世界で生きていくことができない。石油のない世界で生きていくことができない。電力のない世界で生きていくことができない。半導体のない世界で生きていくことができない。電気通信のない世界で生きていくことができない。

たかだか1万年前にはこれらはすべてなかった。もはやこれらがない世界想像するのは困難だ。そして、同様に、SARS-CoV-2のない世界で生きていくことができない。

新しい世界よ、おはよう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん