「機動隊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 機動隊とは

2019-12-31

日本大阪警察官それも機動隊が顔を出して沖縄県民土人呼ばわりだから

anond:20191230100055

何で人権国気取りなんですかね

2019-12-27

機動隊が元朗駅に突入し狂ったように市民を殴打 【香港デモ7月27日】7/27日晚約9:50pm警察突襲衝入元朗站

メディア映像があるということが逆に取材権利が守られる国だというのが証明されている

日本だったらSDカードを提出しないと別件逮捕されていそうだ

2019-12-19

anond:20191218115139

元増田意見は単純には同意しがたいが

から似たような感慨があった

サマーウォーズ』の終盤、主人公ネット上の見ず知らずの多数の人間に助けられて勝利するという展開が、なんだか気持ち悪い

申し訳ないけど同じ監督による元ネタ作品と呼ばれるデジモン映画は知らん)

あれ、「観客席にいる自分ら」と重ねられるように意識されてるんだろうけど

安全圏にいる観客はいくら感情的に戦ってる当事者共感・同情しても結局は他人

という自覚がないのは高慢だと思う

プリキュア映画で観客席から応援するのは純朴な幼児向けだから許そう)

だって実際に俺ら、ネットから香港デモ隊応援してても

自分が直接、機動隊ボコられたり警察個人情報漏れて消されるリスクは背負ってない

ただ

これが『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の終盤

隕石の落下を止めようとするアムロを見て、なんだかよくわからんまま

次々とアムロと同じ行動を取ろうとしたモビルスーツパイロット達なら

嫌な感じはしない

まり

他人様の正義に本気で共感するなら自分も同じリスクを背負う覚悟を持つ

ということが描かれてるから

そういうのを全体主義的と呼ぶこともできるけれど

空気圧力による暗黙の同意プレッシャーではなく

しろ空気無視した本当に自発的な志願者が

危険を冒して戦いに行くのなら欺瞞は感じない

逆に自分の身を安全圏に置いたままの口先だけの一致団結・一蓮托生・他人正義への同感で感動シーンを作ろうという演出は、どこかわざとらしさが拭えない

もちろん

ただの個人の感慨っすよ

俺は何の権限も持たない一個人っす

俺に不同意の人がたくさんいても全然いいっすから

2019-12-08

Dort wo mancher verbrennt, verbrennt man auch am Ende Menschen.

Is It Time Gauguin Got Canceled?

https://www.nytimes.com/2019/11/18/arts/design/gauguin-national-gallery-london.html

関連:#MeToo 運動古典絵画撤去ポリコレ学者は好評価骨董品は売っ払え』

https://togetter.com/li/1195816

まーたポリコレフェミやらかしやがったのか。

ゴーギャンが当時淫行していたか撤去しろとか言い出したとか何とか言っているらしいよ。

おかしいよね。

児童ポルノ禁止法や都条例とかの当時にネット規制漫画アニメゲームだけではなく、こいつらフェミお気持ち配慮し続けていれば、そのうち他のものにまで飛び火して、最終的に何もかも規制要求しだすぞと当時はまだ一部の方に指摘されていただけだったけど、まさに今それがあちらで起こっている最中と言った所。

今で言う奴等のゾーニング配慮し続けたら、こうなるぞって言う例だね。

そもそもあちらさんはソニーの件やアメコミの件と言い、こいつらのせいで娯楽文化も徹底的に荒らされていたわけで、その挙句、ついにここまで来たかと言うのが正直な感想だよ。

幾らフェミ子供権利女性の権利を盾にしているとは言え、おかしな事にはおかしいと反撃していかないとこうなってしま実例のものだよ。

何せお気持ち配慮し続けた結果がこれだからな。

しかしこいつら子供権利とか女性の権利とか弱者を良くシールドにしているのを見ていると本気でゴブリン彷彿とさせるのが余計に気持ち悪いよね。

おかげでコレを思い出した(苦笑)

冗談抜きでフェミナチって呼ばれる理由が良く判るよ。

フェミの行動自体、当時退廃芸術と称してやっていたそれと変わらないだろうよ。

しかリベラルに属すると言う様な連中がこう言う事をするのが最大の皮肉だよね。

ある意味ではナチスに行った宥和政策と同じ間違いをフェミに対しても世間が行い続けた点も重なっているとも言えるだろうね(苦笑)

そのうちルイスキャロルロリコンペドとかdisりだして、不思議の国のアリス卑猥から焚書しろとか大真面目にこいつらなら言いかねないのが恐ろしい所。

フェミなら本気でやると思うわ、この位。

2019-11-22

anond:20191121233849

ナチス最初小西議員攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったか

 

国民の敵」「気持ち悪いんだよ」と罵倒された小西議員が明かす、3等空佐との会話

https://dot.asahi.com/wa/2018042100018.html

 

安倍晋三記念小学校の籠池が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義者ではなかったか

 

彼らが沖縄県民たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は土人シナ人ではなかったか

 

沖縄土人発言】で露呈した大阪府警問題体質 威嚇、罵倒侮蔑はなぜ繰り返されるのか

https://biz-journal.jp/2016/10/post_16994.html

 

「黙れシナ人沖縄県高江で公務中の大阪府警機動隊員が反対派を差別語罵倒

https://www.youtube.com/watch?v=tM_J-2FQzr8&feature=emb_title

そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

[]職場に近い住居

臨戦態勢の戦闘機パイロット機動隊の隊員よりも、会社通勤する人の方が強いストレスを感じるとの結果が出た

通勤ラッシュによるストレスは戦場以上--調査報告 - CNET Japan

電車には色々な人が乗っていますので、それを避けるために乗る位置を変えてみたり、身体位置をずらしたり、とにかく対応に追われます

通勤時間を「3分」にしたことで、僕が感じた6つのこと

往復2時間通勤を1年間続けると(2時間x20日/月x12ヶ月)、480時間電車に乗っている事になる。つまり、1年間のうち、20日電車に乗っている計算だ。38年間勤務とすると760日だ。2年間だ。

https://bit.ly/2Kf5rGH



https://anond.hatelabo.jp/20191122013434

2019-11-06

ウィーン芸術公認撤回問題を今更知った人向けの解説

まずこの問題火付け役となったのはShin(https://twitter.com/shin_shr190506)

少し前にこれと同名のフェミ垢があったがあれとは全く別

ShinあいちトリエンナーレのChinPomの展示に乗じて盛大に燃やそうと画策したもののその目論見は結果的に失敗した。

そのChinPomを取り立てた会田誠から何かないかと掘り下げた結果が今回のウィーン芸術展の「ジャパンアンリミテッド」に展示されている安倍の物まね。

情報元は俺たちの備忘録というネトウヨブログ(https://bibouroku-jpn.com/japan_unlimited/)

まずShinはこれが在オーストリア日本大使館公認(そりゃあ日本官公庁主催する芸術祭なんだから公認するだろう)というところに目をつけ

「これを展示すると言うことは反日作品外務省公認だと言っているようなものです!!!

という感じの事をフォロワー議員やら高須やら上念やらに言い回っていった。

この時は当人一人が必死活動していて異常なものだという風に相手をされてなかったが、これを点数稼ぎに使えると思った議員らは真偽を確認するために外務省に問い合わせた。

外務省表現の自由を守るなんてそんな面倒なことはしたくないのでいや私どもはよく知りませんでした。それだったら公認撤回しておきましょうかという形で公認撤回に向かう。ついでに言うと芸術展についてた一部民スポンサー名前を出さなくなった。

この動きが出て会田誠は慌てふためきShinに対して「おう、そこのポチ、ここんところずっと脳からヘンな嬉し汁垂れ続けてんのか?」というリプライを送ってしまう。

会田の言いたいことは分からないでもないが、公認撤回されスポンサーが外されたのが分かったとたんにこんな事を言ってしまうのは私は負け犬だと言っているに等しい。

そしてShinの棘が作成されて高らかに勝利宣言がなされる。やればできる。これがSNSの正しい使い方だと。

Shinの勝因は展示撤去まで求めて失敗したという愛知の一件から学んであくまで「公認撤回させる」という一点に絞ったことだろう。

私たちは展示するなとまでは言ってない、反日作品(と彼らは言ってる)に国の公認を出させるなと言う、わかりやすい「小さく産んで大きく育てる」理論で押し通せたからだ。

そして今日ようやくマスコミ報道され一気に知られるようになり今に至る。Shinはその中でも「安倍政権批判問題視か」という見出しに苦情を送って下さいとフォロワーに呼びかけている。彼の異常な行動は今後とも続いていくだろう。

おまけ ブコメ解説 https://b.hatena.ne.jp/entry/s/this.kiji.is/564554631884637281

> nyokkori 良い案思い付いた。オリンピック公式行事政権批判したら公認撤回出来るんじゃね?

オリンピック公式行事政権批判をすれば叩かれるのは選手とその競技団体全体に決まっているのは今回のラグビーW杯日本代表ミラーリングして見れば明白。

ちょっと考えればすぐ分かることを良いこと思いついたと言ってブクマしてそれにスターをつけて持て囃す人間の知性を疑う。

あと、中国と変わらないなwというのは自由表現も出来ずに獄死し、なおかつ現在中国当局に拘束されている大学教授が居るにも関わらず言えるとするならばかなり軽薄な表現だと言わざるを得ない

そこまで言うならデモで町中を破壊し回って機動隊員の命を奪うぐらいしろ

zaikabou 「自国政策体制批判する芸術表現支援できない国です」ということを対外的アピールするの、彼らの言葉を借りれば正しく「反日プロパガンダ」だと思うのだが

ネトウヨ=表現の自由戦士(戦死)と安直に捉えたミラーリング。この手の誤解をしている人間がとても多い。

まず表現の自由戦士とネトウヨ本来別物。

それを兼任している奴はすごく多い(アニメアイコンの奴とか)けど、shinあたりのネトウヨ表現の自由よりも「反日芸術にのうのうと金を与えて食わせるな。毅然とした態度を示せ」という主義の方が優先されるタイプである

具体例で言うとヤマベンは表現の自由戦士だけど有本香ネトウヨという塩梅だ。

ここを間違えて反論しても「そんなものは俺らの指摘に当たらない」という形で開き直られて終わりというオチになる。

そして一番注視しなければならないのは前回の愛知の一件で補助金取り消しが決まった時にJNN世論調査では賛成が5割近くまで占められていた事だ。

なので恐らくこれに対しても世間から好意的な反応をされるだろう。

そういう事を踏まえた上でこの問題注視しないといつの間にか世の中が変わるという事になりかねない。

2019-11-05

anond:20191105130255

最近首里城火災現場撮影した消防士が名乗り出れないのってキチガイパヨクがサボって撮影していると糾弾するから配慮だろうよ

追記 201911061758

俺の予言通り消防士カメラマンだった

あん位置関係者以外がいられるわけがないのに白々しい報道だと思ってた

消防版のsengoku38に決まっていると思って負った

首里城御庭で撮影か、火災動画拡散 消防など関与否定 2019年11月3日 06:00

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1019370.html

首里城炎上、至近距離撮影消防職員 ネット拡散 2019年11月6日15時09分

https://www.asahi.com/articles/ASMC64RHJMC6TPOB007.html

はい愛国無罪

警察公務員仲間だし中国文化が根強い沖縄建造物燃え脳みそ快楽物質が出ていそう

「黙れ、こら、シナ人」と発言する大阪府警機動隊

https://www.youtube.com/watch?v=tM_J-2FQzr8

2019-10-28

肉の盾

献血ポスター批判Illustrator自分麻痺せずに済んだのは教育や異性に恵まれた為にこの種のコンテンツに触れる機会がなかったからで、もし自分二次元に性欲をぶつけるしか選択肢のない人間なら当然麻痺しただろう」

https://togetter.com/li/1422266

読んでいて素直にこれを思い出した。

いい加減フェミさんやリベラルさんやカルトさんは自分の気に入らないものを叩いたり潰そうとしたりする時にいちいち子供権利やら女性の権利やらを盾にするのをやめて頂けませんかね?

本当にこう言うの迷惑なんだわ。

2019-10-13

anond:20191013130027

ギャーギャー騒ぐことこそが権力者にとって何より都合が悪いことだ

から香港でも中東でも日本でもデモ武力をもってしてでも抑え込もうとする

沖縄土人を強面で口汚い機動隊員が罵声を浴びせて解散させるのなんて典型

偉い人の話がヤジや怒鳴り声で中断されると権威崩壊するからこそ、義務教育でも部活でも徹底して恐怖で自由発言を抑え込む

2019-08-30

武装警察

普通単語なんだなあと思った。

機動隊とかそういうレベルじゃないのだな。

武装って

2019-08-15

8月15日九段下駅周辺

九段下駅靖国神社の最寄駅なのだが、毎年8月15日は朝から警察がいっぱいいて、金属製の柵みたいなのを沢山設置して厳戒態勢みたいな感じなんだよ。よく見る警官制服じゃないので所属とかよく分かんないけど。機動隊なのかな?

実際に揉めてるところは見たことないけど右翼とか街宣車とかがいっぱい来るからだと思われる。

(毎年お盆休み無く九段下周辺で働いている増田でした)

2019-07-25

エロ漫画救世主伝説

すえひろがりというエロ漫画家のどの作品集かは忘れたが(たしかエキシビジョンかいうやつだったかな)

致命的な感染症蔓延したがセックスすれば免疫が付くという設定の作品があった

ようはその設定にかこつけて〇学生セックスしまくるというだけのことなのだが、PTA(違ったかも)の性交反対行動を政府派遣してくれた機動隊が阻止してくれるというシーンがあった

からなにってこともないんだけどね

山田太郎さん当選おめでとうございます

2019-07-20

新左翼科学哲学好きな人に『三体』を全力でオススメする

おい、そこのお前!あさま山荘事件が大好きすぎてカップヌードル食う度に機動隊気持ちになっているお前!なおかつ伊勢×戸田戸田×伊勢かで議論したい相手がいないお前!お前だ!お前に向かって俺は今書いてる!

『三体』だ!『三体』を買って読め!せめてKindle無料サンプルは落とせ!BGMRHYMESTERのThe X-Day無限リピートだ!

よし、Kindle無料サンプルは読んだか?読んでないよな。面倒くさいもんな。あんくらいWeb上で読めるようにしといてほしいよな。まあいい、せめてSpotifyRHYMESTERのThe X-Dayリピート状態にして以下の文章を読め!

『三体』は最高だ!一般的なあらすじは「文革物理学者の父を失った娘が云々」などとぬかしているが、無料サンプルで読めるその描写が最高であることはまったく紹介されていない。引用するぞ。

 シュプレヒコールがおさまるのを待って壇上に立つ男の紅衛兵の片方が批判対象をふりかえって言った。

「葉哲泰、おまえは力学専門家だ。自分がどれほど大きな合力に抵抗しているか、わかっているだろう。そうやって頑なな態度をとり続ければ、命を落とすだけだぞ! きょうは、前回の大会のつづきだ。くだらない話はもういい。次の質問に真面目に答えろ。六二年度から六五年度の基礎科目に、おまえは独断相対性理論を入れたな?」

相対性理論物理学古典理論だ。基礎科目でとりあげないわけにはいかないだろう」と葉哲泰。

「嘘をつけ!」そばにいた女の紅衛兵のひとりが荒々しい声で叫んだ。「アインシュタイン反動的学術権威だ。欲が深く、倫理に欠ける。アメリカ帝国主義のために原子爆弾をつくった男だ! 革命を起こす科学を築くためには、相対性理論代表される資産階級理論の黒旗(反動象徴)を打倒しなければならない!」

(中略)

「葉哲泰、これは言い逃れできないはずよ! あなたは何度も学生反動的コペンハーゲン解釈を撒き散らした!」

「それが実験結果もっとも符合する解釈であることは厳然たる事実だ」これだけ厳しい攻撃さらされても、葉哲泰の口調は落ち着き払っていた。紹琳はそれに驚き、畏れを抱いた。

「この解釈は、外部の観察者によって波動関数の収縮が引き起こされるというもの。これもまた、反動的唯心論の表れであって、その中でも、じっさいもっと厚顔無恥表現よ!」

思想実験を導くべきか、それとも実験思想を導くべきか?」葉哲泰がたずねた。突然の反撃に、批判者たちは一瞬、言葉をなくした。

「正しいマルクス主義思想科学実験を導くのが当然だ!」男の紅衛兵のひとりが言った。

「それは、正しい思想が天から降ってきたと言うに等しい。真理は実験によって見出されるという原理否定し、マルクス主義思想がどのようにして自然界を理解するかという原則に反している」

 紹琳とふたり大学生紅衛兵は、無言で同意するほかなかった。中学生労働者出身紅衛兵とは違って、彼らは論理否定することができなかった。しかし、附属中学の若き闘士たち四人は、反動分子を確実に攻め落とすための革命手段を実行した。

最高かよ!!! 時はあさま山荘事件の数年前だが、アカの本場中国でも似たようなどうしようもないことが起こっていたのだ!引用最後の部分で作者がたくみカメラワークを用いて批判者側の「論理の欠如」を指摘しているのがまた光り輝いている。そうなのだ。この手の議論には論理というものがまったく存在しない。あるのは連想ゲームだけなのだ(「物理学者のお前は自分がどれほど大きな合力に~」「アインシュタイン核兵器帝国主義=敵」)。あさま山荘事件でもそうであった。無色のリップクリームを塗ったことと、彼女が死ななければならないということの間にまったく論理的な関係存在しない(そもそも何かと誰かが死ぬということの間に論理関係が成り立ちうるのかという問題は置いておくとして)。そこにあるのは、「革命」や「自己批判」といったマジックワードを挟んだアクロバティックな地滑り連想ゲームだけである

しかし、しかである。われわれはそうした連想ゲームに時として身を委ねてしまう。どころかしばしば喜んでその中に身を投じさえする。あさま山荘の彼らが目指した「革命戦士」という存在にどうしてもワクワクしてしまうのは、そこからこれまでわれわれが目にした「革命」や「戦士」についての輝かしい言説やビジュアルがまさしく連想ゲーム的に引きずり出される快感にわれわれが抗えないかである

ベネディクト・アンダーソン国民国家を『想像の共同体』と呼んだ」と言われるとき、たいていアンダーソンが主張したかたことは無視されている。アンダーソンはこうも書いている。「国民国家は『想像の共同体であるからこそ強いのだ」と。どういうことか。例えばご近所たちは想像の共同体ではない。そこに想像力が働く余地はないからだ。近くてよく見えるがゆえに嫌いなところがよく見えてしまう。しか国民国家想像の共同体であるから、そうしたデメリット回避することができる。逆の意味で、人類もまた想像の共同体ではない。そこにもまた想像力は働かない。あまりに大きな対象であるがゆえに、想像することができないかである(それを想像できるように「地球市民」とかいろいろなレトリックが開発されては頓挫した歴史があるわけだ)。つまり国民国家想像するのに小さすぎも大きすぎもしないがゆえに、人間の持つ最も偉大な能力想像力創造力を刺激する存在であるがゆえに、これほど大きな存在になり得たのだ。世界大戦を二度経験して、戦後エコやらなんちゃらがあってメイクアメリカグレートアゲインな今、人類人類想像力対象にすべきであると誰も[誰?]がわかっているはずであるが、そうした方法は未だ見つかっていない。めっちゃナウい想像力を持ってそうなイスラム国ですら国を名乗る時代である

そうした状況にある人類に対して、「地球市民」としての自覚想像力を持たせるために一番手っ取り早い方法は、宇宙人に攻めてきてもらうことである映画インディペンデンス・デイ』があれだけ面白いのは、その「俺たち感」を徹底して純粋ものとして描けているからだ(もちろん「俺たち」と書いたようにそこから女性排除されているのだが、それもまた「俺たち」の盛り上がりを純化させるように働いている)。しかし、この方法には大きな問題がある。それはわれわれの知る限り宇宙人が当分の間攻めてきそうにないという点である。したがって二番目の方法が取られることになる。それが科学教育である。ひとりの神様とか王様の下で人類みんなが仲良くするのは無理だとわかったので、次は科学様の下で人類全員集合しましょう、というわけだ。まあ、承知のようにこの方法にもいろいろ問題はあるのだが、他に良さそうな方法もないので多くの人々からのんべんだらりと支持されているといってよい。

科学の持つ大きな問題として真っ先に挙げられるのが、それが神様よりも信頼可能か?というものだ。科学教の信者はそうだとなんの疑問も持たずに答え、異教徒たちはおらが村の神様の方が偉いと主張する。そこを調停するのが科学哲学者の役割ひとつであったが、どっちつかずとして双方の陣営から攻撃されるため調停役に名乗りを上げる科学哲学者はほぼ絶滅している。

(注:ネタバレ防止のため人名固有名アルファベットに置換している)

「Aくん、きみは仕事範囲を逸脱しかけている」Bが首を振りながら言った。「研究理論的なものだけに絞るべきだ。こんなに手間をかける必要が本当にあるのか?」

「Bさん、この実験は、大きな発見につながる可能性があるんです」とAは懇願した。「実験絶対必要です、とにかく、一回だけやらせてください。おねがいします」

「B、一度だけやらせてみたらどうかな?」Cが言った。「オペレーションはそれほど大きな手間でもなさそうだし。送信後、エコーが帰ってくるのに要する時間は――」

「十分、十五分だろう」Bが言った。

「だったらXシステム送信モードから受信モードに切り替える時間もちょうどある」

 Bがまた首を振った。「技術的にもオペレーション的にも造作ないことはわかっている。しかし、C、きみはどうも……、この手のことには鈍感みたいだな。赤い太陽に向かって超強力な電波送信するんだぞ。こういう実験政治的にどう解釈されるか、考えてみたことは?」

AとCは、どちらも茫然としたが、Bの反対理由荒唐無稽だとは思わなかった。逆に、自分たちがその可能性を考えもしなかったことにぞっとしたのである

 この時代、すべてのもの政治的意味を見出す風潮は、不合理なレベルまで達していた。紅衛兵は、隊列を組んで歩く際は左折のみ許され、右折は禁止された。信号機は、赤が進めで、青が止まれでなければならないと提案されたこともある(周恩来首相却下されたが)。

(中略)

そういう風潮に鑑み、これまでAが研究報告を提出する際は、Bが必ず綿密な査読を行っていた。とくに、太陽に関する記述は、専門用語であっても、くりかえし吟味し、政治的危険がないように修正した。たとえば、“太陽黒点”という言葉使用が禁じられた。太陽に向かって強力な電波送信するという実験については、もちろん、千通りのポジティブ解釈可能だが、たったひとつネガティブ解釈がなされるだけで、関係者全員が政治的な災難に見舞われるにじゅうぶんだった。Bが実験要請を拒絶する理由は、たしか反駁のしようがなかった。

イアン・ハッキングがイヤンと言いそうなくらいむき出しの「科学社会的構成である!ここでも論理連想ゲームに膝を屈している。このことを中国特殊ものだと考えるのは科学教の信者である。似たようなことはどこの国でも多かれ少なかれ起こっている(また国家がくくりとして出てきてしまった!)。STAP細胞論理を飛び越えればどんなものまでが「発見」されてしまうるか、という好例であろう。それでも科学教の信者は言うだろう。「STAP細胞は誤りであることがわかった!これこそが科学勝利ではないか!」と。残念ながら科学はそんな単純なものではない。たとえばケプラー理論はそれ以前の理論よりシンプルでもなければ正確でもなかった。そのあたりのことはスティーブン・ワインバーグ『科学の発見』に詳しく書いてある。「それでもわれわれは今はケプラー理論が正しいということを知っている!これが科学進歩だ!」という主張は残念ながらワインバーグとは仲良くなれるが歴史学者から異端扱いされるだろう。このワインバーグの本は、「ノーベル賞物理学者科学歴史について論じたら歴史学者から攻撃を食らった」というそれじたいSFガジェットとして出てきそうなシロモノなのだが、けしてトンデモ本でなくワインバーグ確信犯的にその地雷を踏んでいる。非常に面白い本なので『三体』を読んだあとにはぜひこの本を読んでほしい。『三体』に出てくる宇宙物理学理解の助けにもなるし。

話がそれた。『三体』である。まあ、歴史学者から異端扱いされようが科学者は科学者でやっているのである。……本当に?「科学をする」とはどういうことか説明できるひとは今のところ地球上に存在しない。どころか説明できるひとが今後現れる可能性もまた科学哲学者によってほとんど否定されていると言ってよい。では科学者は何をやっているのか?われわれのような皮肉屋に言わせれば「教義精緻化とその確認作業」とでも言い捨てられるだろうが、『三体』はそこに真摯に向き合っている。どころか、その先までをも作品の中に織り込んでいる。ネタバレになるので詳しくは話せないが、科学を「打倒する」ことを本気で考えてみた人はいるだろうか?いないだろう。『三体』はそれを本気で考えている。誰がなんのためにそんなことをし、さらにそれに抗うには何をするべきかを描いている。そしてその描き方がまた最高なのである。作中、ある「組織」が出てくるのだが、それがまたなんとも、「アカい」のである。もちろんそれは最初引用で出てきたような無知蒙昧なアカさではない。連想ゲームではなく論理によって貫かれた「アカさ」というものがあるとしたら、こういうものだろうという迫力がある。

作中にこういうセリフがある。「中国では、どんなにすばらしい超越的な思想もぽとりと地に落ちてしまう。現実という重力場が強すぎるんだ」と。これはおそらく作者の嘆きでもあろう。その重力場から逃れるために、作者はこれを書いたのだと思う。中国現実の重みは、隣にいるわれわれも知るところだろう。この作品は、その中国現実の重みを、実に力強く脱出していると思う。それがこの文章で伝わったかどうかは甚だ心もとないが、一人でも多くの、未だ北田暁大先生Twitterの件に心の整理がつけられていない人々が、『三体』を手にとってくれるよう望む。

2019-06-29

anond:20190629191228

酔っぱらった移民機動隊かに向かって火炎瓶を投げつけるやつ、どちらかというとフランスでよくありそう

黄色ベスト運動動画とか見てるとマジ日本ではありえん(唯一の例外西成暴動?)レベルガチ暴力ドン引きですわ

2019-06-15

警察官のお嫁さんになったの

婚活頑張って、警察官のお嫁さんになることができたの

ライバルいっぱい居たけど、コミュ力セックステクニックで押しきったの

旦那には、無事定年まで警察官でいてくれればいいの。無理に体の危険を犯した捜査はしないでいいし、無理に上司に逆らって上級国民を捕まえなくていいの。機動隊にも入らなくて良いし、たまに猫の捜索をやるくらいでいいの。

警部補程度でいいから定年まで過ごし、その後は関連団体天下りして70歳まで給料もらって、その後は共済年金ゆっくり余生を過ごしたいの。子供は二人でいいかな。

やっかんでる一般国民警察は保身しかしないとか上級無罪とか言ってくるけど、面と向かっては言ってこないから、ほっとけば良いの。

せっかく手に入れた一生の安定。みんな邪魔しないでね。私に文句言うくらいなら、1人で死にな!

2019-06-04

反政府運動治安維持軍事行動

どっちがどうなんだろう。

たとえばこないだのイエロージャケット暴動はもうあきらかに政治アピール関係なくなってたけど、これを軍事で抑えたらやはり「弾圧」になるのだろうか。

あるいは今の日本で仮に「アベシネー」って暴動怒り出した時それを機動隊自衛隊が「弾圧」したらそれはアリなのかナシなのか。

かつてのアラブの春だって民衆民主化運動してバンザーイってなったけど、その後治安が乱れまくって、だったら民主化運動は軍が力ずくでおさえたほうが犠牲も少なかったのだろうか。

よくわかんないねガンダムダグラムかみたいな話。

2019-06-03

anond:20190603171004

機動隊を何だと思ってるんだ

たか民間イベントで呼び出すな

別に徹夜で並ぶ事自体法律違反でも何でもないし

anond:20190603170317

カタログ必須にして機動隊要請して、一度暴動でも起こせば良いんだよ

杞憂で起きないかもしれないし、起きて滅びてもいいし

2019-05-29

anond:20190529195854

誰が通報たかばれたら隣人から報復されるだろ

知らぬが仏

神戸大学院生リンチ事件黒帯機動隊員が拉致られ殺されそうになってる学生スルーしたのを思い出せ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん