「日大」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日大とは

2018-07-17

インターネットフェミから足を洗った

痴漢性的嫌がらせに散々遭ってきた人生で、この不快感理由を求めてインターネットフェミの影響を受けてきたけれど、考え方が変わった。現在行われている差別性差別よりも資産差別のほうが強力で、深刻で、本質的だ。資産がない女性資産がある女性よりも性差別を受けやすい。資産がない男性男性であるからといって恩恵を受けてない。そう思うようになったのは会社で私が決裁権者になってからだ。高額商品の見込み客や、決裁権を持つ人間への態度は、とても丁寧なものだ。そして匿名の「女」としては相変わらず帰宅ラッシュ痴漢に遭う。なぜ女全般が軽んじられるかというと、職権の低い、力の弱い人間が多い傾向にあるからだ。

 

女性差別の深刻さには、明らかに地域差がある。肉体労働が主な産業で、男性のほうが明らかに稼げてきた歴史のある地域は、女性蔑視や男性による女性への暴力が多い。生糸など女性でも稼げる…というよりむしろ女性有利な産業があった地域では、DV率が低くかかあ天下の傾向がある。結局、金なのだ生活を支える金、食い扶持なのだ

 

私は私の人事評価をするポスト男性から嫌がらせを受けてきた。しかその男性は女性だけに嫌がらせをするのではなく、職位が下の男性にも似たようなことをしている。私が昇格してから私への侮辱は止んだ。よって、あれは性差別ではなかったことがわかった。ほとんどのハラスメントは男女問題というより「職権乱用」であって、日大監督が職をあっせんするから大学生は逆らえないという問題、職をあっせんしてやると言って薬を盛られて強姦された詩織さんの問題、それらのものと一緒のものであるという認識になった。虐待についても「親権乱用」と考えられる。

 

権限の乱用をどうしたら良いのだろう。アシスタントがついた上に、接待も受けるようになって、「これを浴び続けていたら人間絶対おかしくなる」と感じた。農家長男ハラッサーが多く見られるようだけど、相続において優位=母親から接待を受けて育ってきた歴史があるからだと思う。もてない男ばかりの集団チヤホヤされる紅一点も非常識要求をするようになっていくようだけど、これもワンチャン狙いの接待に育てられているのだと思う。そしていま一番深刻な接待が、雇ってもらうため・待遇改善してもらうため・商品を買ってもらうためといった、お金のため、生殺与奪を握る種類の接待であると思う。女性差別は、高賃金の職に就くことに繋がる高等教育を受ける機会や、決裁権のあるポストに就く機会を性別理由剥奪されていたというものであって、そうした差別が(特に首都圏大手で)じわじわ改善していっている今、差別本質として残るのが資産の偏りを使った、ブラック労働下請けの買い叩き、営業マン侮辱的な行為を強いるような暴力だと思う。男が強いんじゃない、女が強いんじゃない、資産の持ち主が強いんだよ。やりたい放題なんだよ。

2018-07-15

2018年、まさに諸行無常の世の中

いろんなことが目まぐるしく起きる。

もう今年の1月からとか、憶えてないし。

日大アメフト問題米朝会談ワールドカップ西日本豪雨オウム死刑・・・

2018年が、日大アメフト問題からしか記憶にない・・・

2018-07-11

anond:20180711110222

特殊世界特殊理屈でやることが社会の大きな論法でもって否定できないなら、我々はいったい何のために相撲界や日大タックルやらをあれほどしつこく殴ってきたんだよ

2018-07-04

anond:20180703143851

わざわざ叩いてるというより、そういうトンチンカンなところを嘲笑されてるだけじゃね?マジで言ってるなら日大理事会並みの現実認識力だわ。

2018-07-03

街を囲む山々のてっぺん雪化粧ですっかり白くなっている。師走も半ばを過ぎ、世間では年末にむけて慌ただしさを増していたが、私の勤める会社のは例年になく穏やかなもので、みなのんびりと業務をこなし、そこには一年が終わりに近づくしんみりとした空気と、その前に控えたクリスマスに対する浮かれた空気が混在している。

 その日も、五時を回るころには私の業務はあらかた終わってしまい、六時の終業までの時間自分の席でもてあましていた。することがなくなるなんて、普段なら考えもよらない。たとえ休日を家で過ごすとしたってなんだかんだで忙しい。いつだって体や頭を動かしているのが当たり前で、不意に何もしていない時間が訪れると、なんだか悪いことをしているような後ろめたい気持ちを感じてしまうのだ。

 何かすることはないかな、と思い、作成した書類ファイルをもう一度点検したけれど、仕事は出てこない。

八坂さん」

 居心地悪く椅子の上に佇んでいると、同期の、そして高校時代からの知り合いでもある月島君が話しかけてきた。

コーヒーでもどう?」

 彼が差し出してくれたコーヒーを受け取る。

年末なのに暇だね。この会社潰れるのかな」

 そう言って、彼は笑った。特別整った顔立ちというわけではないけれど、逞しい体と、爽やかで人の良さそうな笑顔は、会社女の子に好感を持たれている。高校時代野球部キャプテンで、当時もそれなりに人気があった。

「そのかわり、年明けからは大変そうだけれどね」

 そう答えてから、私はコーヒーを口に含みかけ、普段とは違う香りに気が付いた。

ちょっと、これ、課長私物の、あの高いコーヒーじゃない?」

「あ、間違っちゃったかな」

 月島君はおどけてみせたが、ボタンを押すだけで出てくるコーヒーメーカーのコーヒーと、間違えようがない。

「ま、課長もたまにはこれくらい部下たちにサービスしてもいいと思うよ」

 彼は微笑しながらそう言った。

「たち?」

 辺りを見回すと、課長は丁度席を外していて、シマのみんなは一様に淹れたてのコーヒーを啜っている。部屋にはいつのまにか、コーヒーの良い香りがたちこめている。

「知らないわよ」

大丈夫だよ。課長は通ぶってるけど、違いなんかわかりゃしないんだ。こないだ、コーヒーまれインスタント持って行ったけど気が付かなかったし。ちゃん確認済み」

「用意周到なのね」

 私は遂に苦笑してしまった。

「お、いいね

「え?」

「いま笑った。やっぱり笑うとかわいいな」

気持ち悪いこと言わないでよ。びっくりするわ」

気持ち悪いっていうなよ。最近全然笑わないから、心配してたんだ」

 言葉通り、微笑を消して私をのぞき込むような目で彼は言う。

「そうなの?」

「そうさ。いつも根を詰めがちだし、ため息ばっかりついてるし。疲れてるな」

「うーん……」

「まあ、俺は笑わなくてもかわいいとは思うけど」

「もう、だからそういうのやめてって」

「なに、ただ同僚として思ったことを指摘してるだけさ」

 月島君は笑う。私は困って黙り込んでしまう。

月島さーん、仕事中に八坂さんを口説かないでください」

 向かいの席の山下さんが言うと、月島君は照れくさそうに頭をかいて、自分の席に戻って行った。

 椅子の上で、いつのまにか強ばっていた背中をほぐした。私的な会話を持ちかけられると、なんだか変に緊張してしまう。

 一人になってから課長秘蔵のブルーマウンテンを飲むと、柔らかで苦みのない味わいがコーヒー特別好きではない私にも美味しくて、ほっとため息が出た。


 仕事が終わり、買い物を済ませると、私は学校あろえを迎えにゆく。あろえと私は二人で暮らしている。何をしでかすかわからないこの妹を一人にさせるわけにもいかいから、学校が終わって、私が迎えに行くまでの時間ボランティア学生が面倒を見てくれている。

 いつも通りの時間学校に行けば、大抵あろえはすでに帰る準備をしていて、私が来るのを待っている。彼女時間にうるさくて、早すぎても遅すぎても不機嫌になる。かといって、定刻に迎えに行っても特別嬉しそうな顔をしてくれるわけでもなく、無表情に近寄って来てそっと私の手を握るだけだ。

 その日も、いつも面倒を見て貰っているその学生さんから簡単にその日の彼女についての報告を受ける。普段どおりの問題はあったけれど、特別出来事はなかったそうだ。それからいまの彼女学習状況。彼女が主に取り組んでいるのは、会話の訓練だった。

「このところ、すごい成長ですよ」

 と、その深沢という名の学生は嬉しそうに言った。

「前は、何かして欲しいものとか場所に連れて行って、触らせたりしながら単語連呼するしかなかったんですが、最近ではまず言葉だけで伝えようと試していますね。もともと彼女の中には、話したいっていう欲求自体はあるんですよ。だけれど、うまく話せないのがストレスになってたんだ。普段パニックも減ってきたんじゃないかな。なんだか全体的に大人しくなったような気がしませんか?」

 彼は去年からボランティアをしていて、私たちとの付き合いもも一年半になる。

 確かにあろえはこのところ成長していると思う。その功績の大部分は彼によるところだと、私も先生も認めざるをえない。彼はいろいろと勉強してくれているようで、新しいアイデアをたくさん出してくれる。失敗することも多いが、それ以上の成果は上げている。

 会話の進歩があまり芳しくなかったあろえに、コミュニケーションブックを導入しようと提案したのも彼だった。当初は色々と不安もあったけれど、結果としては大正解だったと思う。

「ただわからないのは、言葉自体は、結構複雑なものでも理解出来ているようなんですが、簡単なことが出来なかったりします。自分名前に反応しなかったり。いや、自分をさしてるとはわかるらしいんですが、あなた、とか、お前、みたいな言葉と同じものだと思ってるみたいで、自分から人に呼びかけるときにもたまに使ってしまます。何度教えても直らないんですよ。間違って覚えてるのかな。気をつけて呼びかければ反応してもらえるから、今のままでも実生活特別な不便はないとは思うんですけれど」

「ああ、それは……」

 気づいたのか、と思いながら、私は言葉を続けた。

「むかし、家でアロエ栽培していて、母がよく話しかけていたから、それと自分名前区別がつかないんじゃないのかしら」

「うーん、そう言うのって、あるのかな。」

「ほら、犬なんかも、そうやって名前の覚え違いするじゃないですか」

「そうですねえ……」

「でも、思い付きですから全然違う理由かもしれないですが」

 彼が考え込んでしまったので、私はそう誤魔化した。

「とにかく、調べておきます自分名前をはっきりそうと知らないなんて寂しいですからね」

「すごいぜたふびーむ、つよいぜたふびーむ、じゅうまんばりきだたふびーむ」

 歩きながら、あろえテレビコマーシャルの歌を口ずさむ。鼻歌が出るのは機嫌が良い証拠で、私も安心する。

 とても歌には聞こえないその歌に、行き交う人は露骨視線を向けてくる。私も、すっかりこんなかたちで人に注目されることに慣れてしまった。それが良いことなのか、悪いことなのか知らないけれど。

 彼女手をつなぎながら、家までの道を歩いている。あろえの足取りは、バレリーナのような独特の歩き癖が出てしまっている。つま先立ちで、ひょこひょこと頼りない。ちょっと目立ってしまうけど、別に実害はないし、私の目からするとコミカル可愛いく見える。

 歩きながら私は、深沢君に指摘されたことについて考えていた。

 あろえ自分名前を覚えていないのには、深沢君に誤魔化したのとは別の理由があると思う。

 二年前まで一緒に住んでいた母はあろえを嫌っていて、医者自閉症と診断されても何一つ学ぼうともせず、適切な教育を受けさせようともしなかった。おかしな薬を吐くほど大量に飲ませたり、狐のせいだと祈祷に連れていって棒で叩かせて、活発なあろえが二、三日大人しくなったと喜んでいたが、それはただ動けないほど弱っていただけだった。当時はそんなものかと思っていたけれど、今思うと恐ろしさにぞっとする。足を捻挫しても平気に笑っているほど痛みに鈍感なあろえが動けなくなるなんて、どれだけ殴ったのだろう。

 もちろんそれでもあろえの状況は変わらず、変わるはずもなく、すると母は絶望してしまった。自分はとんでもない不幸を背負い込んでしまったと、周囲に愚痴をこぼし自分悲劇理解させることばかりに懸命になった。

 そして暇さえあれば本人に面と向かって罵っていた。周りが咎めても、どうせ本人は馬鹿言葉なんかわかりはしないのだから、何を言ったってかまわないんだ、自分はそれくらいつらい目にあわされている、と権利を主張していた。

 そして実際、当時の彼女は今よりもずっと言葉理解していないようで、何も言ってもまるで聞こえていないように見えた。それが、母の苛立ちをいや増ししていたらしい。私が高校に通っていたころ、学校から帰ってくると、母がこんなふうに語りかけているのを聞いてしまった。

「まったく、あろえって本当に迷惑子供ね。どうしてこんな出来損ないに生まれたのかしら。お母さんは本当に、あろえのおかげでいつも恥ずかしい思いばかりするわ」

 母がにこやかな表情で口にしたその言葉意味を、あろえ理解しているようには見えなかった。彼女普段どおりの茫漠とした顔つきで、言葉を聞き流し、母がくすぐると、嬉しそうに笑い声をたてる。「ほんとに頭が悪いのね」と母を苦笑させていた。

 父親が滅多に帰らない家で、昼のほとんどをあろえと二人っきりで過ごしていた母は、こんな言葉をどれだけ語りかけたのか。とにかく、この悪意に満ちた悪戯のなか「あろえ」と言う言葉はそこにいない誰かみたいに使われて、あろえ名前自分と結びつけることが出来ないまま成長してしまったんだと思う。

 もし、その記憶がまだあろえの頭に残っているのなら、自分名前など、この先ずっと知らないでいた方が良い。調べてくれると言っていた深沢君には気の毒だし、知ったところであろえが傷つくことはないだろうけれど。

「おかえりなさい」

「ただいまでしょ」

はい

 あろえは返事をしながら自分の靴をいつもの決まった場所に慎重に置いた。それから私の脱いだブーツの場所も気に入らなかったのか、2センチほど位置を整える。

 今日晩ご飯和食きんぴらごぼうポイントだ。あろえは歯ごたえのある食べ物が好きではない。これをどうやって食べさせるか、が私の挑戦である

 テーブルに向かい合って、自分食事をしながら、彼女の食べるのを観察している。きんぴらごぼうあろえお気に入りカラフルガラス小鉢にいれてある。あろえは二度、三度、視線を投げかけるが、手にしたフォークはなかなか小鉢に伸びない。

 私は彼女小鉢からゴボウつまみ上げ、自分で食べてみせる。自分領域を侵されたあろえは、じっと私を見る。

ゴボウが美味しいよ」

 私が笑うと、あろえ小鉢視線を落とす。

「食べてみてください」

「だめです」

「あ」

 彼女はいま、ブックを開かずに自分言葉で返事が出来た。簡単言葉だけれど、私は、嬉しくなってしまって、

「よく言えました」

 思わず褒めかけて、思いとどまった。返事自体きんぴらごぼうを食べたくないというわがままな内容だったじゃない。ここで褒めてはいけない。私はしばしばあろえを甘やかしすぎると指摘されていたのを思い出した。気を引き締めて問い返す。

「なんで駄目ですか?」

「なんでだめですか」

きんぴらごぼう嫌いですか?」

ごぼうきらいですか」

 褒めた傍から反響言語が出てきてしまう。しかも、どうあってもきんぴらごぼうなど食べたくないらしい。私はがっかりして、ため息をつく。

 結局、私の試行錯誤は虚しくにんじんを半分かじっただけで彼女きんぴらには手を付けずに食事を終えてしまった。

 食後には、空になった食器を私のも含めて流しに持ってゆくのがあろえ役割だ。家のことを毎日素直に手伝うのは、同じくらいの普通の子と比べても良くできた習慣だ。難点を言えば、ときに私がまだ食べ終わって無くとも持って行ってしまうくらいだろうか。

 テーブルの上に食器がなくなると、あろえ椅子に座ってテーブルに両手の平を貼り付ける。私が食後のコーヒーを出すのを待っているのだ。どうしてだか知らないけれど、この子お菓子ジュースよりも、コーヒーブラックで飲むのが好きなのだ

 私がマグカップを並べるのが遅いと、眉間にしわをよせてブックから言葉を拾い出し、コーヒーが出てくるまでその言葉を繰り返す。

コーヒーください」

コーヒーください」

 与えると、二杯目がないことはわかっているから、時間をかけて一杯を飲み干す。

コーヒー好きなのに、ニキビとか全然出来ないね

 あろえのなめらかな肌を見ながら言ってみたが、当然のごとく反応はない。マグカップを両手で包み込むようにして、まるで試験会場の受験生のような真剣な表情でコーヒーを飲んでいる。

 寝付きが悪くなることもあるし、出来れば夜にコーヒーを与えるのは避けたいのだけれど、彼女の集中した様子を見ると、生活にそれくらいの喜びがあってもいいのかなと思ってしまう。

 こうして黙って大人しくしていると、あろえは、うらやましくなるくらい整った顔つきをしていることに気が付く。そして実際、人にもよくうらやましがられる。ただ保護者立場としては、この子にとってそれは余計な危険をまねく大きな要素になってしまっているから、手放しでは喜べない。

 これでもし健常だったら、さぞモテたろう。普通学級に通って、同級生男の子と付き合ったり別れたりしていたのかしら。そしたら私たちはどんな姉妹になれただろうか。一緒にデパートに行って流行の服をああでもないこうでもないと話しながら選んでいたかもしれない。悩み事を相談しあったり出来たかもしれない。

 他人より少し風通しの悪い世界のなかで、この子は何を考えているのだろう。いくらか話すようになったとはいえ、その内容は何が欲しいとか何がイヤだとか、そういったシンプルで具体的な事柄に限られていて、心の立ち入った部分について語られたことはない。何を考えているとか、抽象的な事柄は一度も言葉したことがない。誰も彼女の本当の気持ちはわからないし、彼女の方からからせようともしてくれない。あろえ孤独を感じないのだろうか。

 食事が終わると、入浴。あろえが湯気のたつ体をパジャマに包むのを見届けたら、次は私の番だ。お湯に肩までつかり、入浴剤の爽やかな香りを鼻腔の奥まで含み、それをため息と共にはき出すと、あろえの声が聞こえる。また、歌っているらしい。きっとテレビを見ているのだろう。

 お風呂に入っている時間が、一番癒される。この町には温泉があるのだけれど、他人が入る外風呂より、一人でリラックス出来る家のお風呂のほうが安心する。私は風邪をひきそうなくらいぬるくうめるので、外のお風呂では熱いのに我慢しなければならないのだ。

 体温に近いお湯のなかを体の力を抜いてたゆたっていると、皮膚から溶けてゆきそうだ。本当に溶けてしまったらどれだけ気持ちよいものだろうかと想像する。私であり続けることには、めんどくささが多すぎる。

 会社で、笑顔がないと言われてしまったのは少なからずショックだった。外に出ているときはそれなりに愛想良くしているつもりだったけれど、私はそんなあからさまに余裕をなくしていたのか。

 もしそうだとしたら、きっとそれは先日の母から電話が原因だと思う。

「まだ、お前はあろえの面倒を見ているの?」

 母と会話になればいつもなされる質問だ。

 父と離婚したあと、この家にはもう住みたくないと母は隣町にある実家に帰ってしまった。そして、あろえをもう育てたくないと、家を売ってそのお金でどこか施設に預けようとさえしていた。そこで、丁度大学を出て仕事をはじめていた私がここに残って引き受けることで納得させたのだ。

「当たり前じゃない。お母さんとは違うわ」

 私の返事は、つい、喧嘩を売るような口調になってしまう。

「あの子病気なのよ。あんな獣じみた子が、人間と一緒に暮らせるわけないわ」

 母は私の敵意を無視して殊更に心配感情を込めて言葉を続ける。その親らしく装った態度が一層私を苛立たせる。

病気じゃないわ、障碍よ。それに、もう暴れて血が出るほど噛みついたりすることはなくなったのよ。お母さんがいたころより、随分と良くなったんだから

「じゃあ、治るの?」

「だからあろえのは、治らないとか、るとかいものじゃないんだって……」

「やっぱり一生治らないんでしょう? お医者さんも言ってたものね。頑張るだけ無駄よ」

 そんなことない、と思うが、咄嗟に断言できないのが忌々しい。私が黙ってしまうと、母は我が意を得たりと喋り出した。

「お前は充分やったわよ。もう自分のことをやりなさい。お前はまだ若いのよ? このまま回復の目処がたたないあろえの世話をしながら、お婆ちゃんなっちゃってもいいの? 良くないでしょう? あんなのに関わって、人生台無しにすることないわよ。お前もまだ一人前になりきってないのに、良くやったわ。恥ずかしがることなんかないわよ。悪いのは私だからあなた責任を感じなくてもいいのよ。あの子はお前に感謝なんかしない。お前が死んでも泣いてはくれない。どうせ何もわからないのよ」

「そんなのは関係ない」

 私の声から張りが落ちてしまっているのが、忌々しい。 「ねえ、お母さんが悪かったわ。それはわかってるの。だから、お願いだから、お前は自分人生を……」

 母が言いかけた途中で、私は電話を切った。黙り込んだ携帯電話を見ていたら、不意に涙がこぼれて、喉からは嗚咽がもれて、止まらなかった。泣きながら、自分は何で泣いてるのだろうと思った。衝動的で自分本位な母を私は嫌いだ。その言葉に泣かされるなんて、あっていいことじゃない。

 私には、どこにも行き場なんかないし、行ってはならない。ここが私の場所なのだ。そして、それは自分で選んだことなのだ。同じ環境に生まれたのに、妹より恵まれて育ってしまった私には、妹の出来ないことをかわりにしてあげる義務がある。彼女のために私の何か割いて与えるは当たり前なんだ。そうに決まっている。私のしていることはきっと間違っていない。間違っていないはずなのに。

 自分に言い聞かせていると、くらくらと目眩がしたので、バスルームを出た。体を拭き、服を身につけ、それでもまだ不安が心を支配していて、なんだか心細く、怖い。

あろえ

 テレビを見つめるあろえの横顔に、呼びかけた。聞こえているはずなのに、反応を見せてくれない。

あろえ

 二度、三度、感情を込めて呼びかけても、やはり彼女は振り返らない。

あろえ、こっちを向いて」

 私の妹は振り返らず、上半身をゆるやかに揺らしている。

 泣きそうになった。

https://www.saibunkan.co.jp/lechocolat/soft/ka_swan/images/preswan.htm

2018-07-02

日大問題ワールドカップでの負けの違いとは

犯罪かどうかってのは置いといて。

結局は圧力によってスポーツ蔑ろにしてしまったよね。

ワールドカップサッカーの祭典なんだからサッカー目的を忘れたらいかんよ。

日大タックル許せん⇔ペナルティの数が少ないから勝ち抜きとか許せん

どっちだよ。

悪質なプレイを憎みたいのか、単に日本が嫌いだから日本人を馬鹿にするチャンスがほしいのかどっちだよ

anond:20180702143139

アホも全部ひっくるめた模試だと偏差値70。

ちなみに東京千葉神奈川埼玉にある偏差値60くらいの進学校は平均層でも現役では日大にもなかなか受からない。 

早慶なんてそれこそ現役縛りだと0〜2人くらい。

まだ日大問題やってるよ

留学生は一日で終わったのに

2018-07-01

日本代表パス回し

「苦渋の選択」「これが勝負なので」みたいなこと言わないで、いけしゃあしゃあと「ポーランド守備はこれまで見たことのないほど完璧もので全くスキがなく、点を取りに行きたかったが前にパスを出せる場所が見当たらなかった」とでも言ってればいいのにと思った。

まあ、ルールには違反しないがFIFA憲章あたりには違反してる(勝ってる状態で鳥かごするのと違って、1試合単位で見れば敗退行為やってるから)わけで、勝ち点剥奪とか制裁金かいった実際のペナルティを負うべきでは全く無いが、「建前を破ったことに対する建前のペナルティ」(恥だのなんだの文句を言われる)は負うべきだと思うよ。スポーツマンシップ所詮建前であり、絶対に守らなければいけないというものでもないが、かといって建前が0になるとそれこそ日大アメフト部みたいになっちゃうんだし…。

2018-06-30

anond:20180630150400

日大とか財務省とか神戸製鋼とか日産とかとか

最近実証が積み重なってきてるから

卑怯な国と言われても反証し辛いな

実名報道必要性を悟った

俺じゃない増田と某ケーナの人の相聞歌を見て思った。実名報道、要るわ。

社会学的に言うと、デマとか噂とか都市伝説というのは濃淡があるにせよ「情報のないという状態人間にとって気持ち悪いので、無理やり埋める作用」という事になっている。

そして現に当日は日大暴力団陰謀説から本業由来説、低能先生説と入り乱れてたろ? そのうちネタが挙がってきたか低能先生説に収斂したが、何も無かったらこれ以上どんなデマが出たか知れたものではない。同じような事が何かあるたびに、我々には観察できないほど遠くミクロ社会で、やっぱりそーゆー事が起きてるんだよ。

だとすれば、やっぱり匿名男性が刺される、よりは増田何樫さん(53)が刺される・はてブもつれか、にしてデマの湧く余地を減らすことは社会防衛必要ではあるまいか。ただでさえ現代は、アベbotやらネトウヨやらが好きなデマばらまけるんだぞ。いまはあれはデマだと分かっている。が、情報が枯れて何かの真空地帯に連中や、それを超える悪しきものが埋めないとも限らん。そして、一度蔓延ったデマ駆逐にかかる労力は果てしない。それを無数のミクロ世界相手にやるなんざもう悪夢しかないわ。

じゃあ、遠い修羅の国の殺しなんかそもそも統制して情報を出すな、というのもスジではあるがそっちの方へはあまり行きたくない

まれる方には災難だが、大体我々の周りで殺しなんかめったにないんだよ。現にないだろ? だから、顔も知らねぇはてな村で殺しがあったって言って、初めて当事者意識持った挙句、裏成りトマト野郎まで尻馬乗って騒ぐんじゃねぇか、俺もそうだけど。

そりゃブン屋テレビ屋共も、スクラムだのサンゴだの救助米兵だのやらかしはある。が、通りすがり嘘松ではない。少なくともやらかしが見つかれば、相応の代償を人生を以て払う事になる。

ワクチン副作用と同じだ。あれも確率で人を救い、それ以下の確率副作用で人を傷つける。無論後者には官費なりコン費なり義捐なりで贖わなければならない。贖いで何とかなるモノではないのだが、無いよりはましだろう。だが、その犠牲は確かに社会にとって必要なのだ。「あんた運悪かったし、つらいのは判る。でもそれは社会必要なのだ」と俺は言える。もとい、言える人間でありたい。

ま、こんなこと書くと泉下低能先生(*死んでません)に低能呼ばわりされそうだが。

あと諸君諸君のうちの誰でもいいから、ちゃんとしたルポを書けよ。この村で起きた殺しなんだからちゃんと棺に釘打ってやるのが礼儀ってもんだぞ。

2018-06-29

anond:20180629103200

タックルは男でも正直しんどい

この間の日大の話じゃないけど、無防備なところにタックルくらうのって、マジ腰に悪いんだわ

よくない!

2018-06-28

体育会系人達は私も苦手だったなあ・・・

私がW杯日本代表応援しない超個人的でチンケな理由について

http://bunshun.jp/articles/-/7892

30代前半である元増田も、正直言って体育会系人達についてあまり良い印象は持っていないなあ。

野球部人間は、クラスにいるブスな女子公然いじめていたりした。

小学校中学校においては、勉強が出来る子や顔のいい子よりも、スポーツの出来る子のほうがカーストは上ということになっている。

個人的には、スポーツよりも勉強の出来る子のほうが羨ましかったけどね。

上記記事では、運動の出来ない子は体育会系の子いじめられた、蔑まれたと色々書いているけど、そもそも体育会系の子たちは勉強が出来ない割合が多い。

勉強できない子にとっては、学校の中で長時間も机に座って分からない授業を受け続けることは、とてつもない苦痛なのだ

その苦痛から逃れられるのが体育の授業や部活動であり、勉強だけ出来る子たちをバカに出来る唯一の機会だからね。

正直に言わせてもらえば、体育会系なんて「性犯罪者予備軍」じゃないか

はてな界隈では、フェミニストオタク達を性犯罪者予備軍だと断罪しているだろうけど、なぜ体育会系批判しようとしないのか。

クズの多さに関しては、明らかにオタクよりも体育会系の方が多いだろう。

その証拠に、今すぐにでも新聞テレビニュースを見てみればいい。

性犯罪であるとか、街中から電線を盗んで逮捕された人間は、間違いなく体育会系が多い。

それに日大アメフト問題レスリングパワハラ問題、ハリル前監督の解任問題など、スポーツ業界パワハラブラック理不尽の温床。

ライバル代表選から蹴落とすために、飲み物に薬物を混ぜたボート選手もいた。

2年後の東京オリンピック日本スポーツ振興の弾みになるいい機会だけど、同時に日本スポーツ業界ブラック体質をあぶり出す絶好のチャンスでもあるよね。

2018-06-26

イケハヤとか

日大とか

社会的には権威があろうがなかろうが、ネット上では無条件に叩いてもいい存在とターゲッティングされた対象だけを叩いていたのがhagexなんだよなあ。

このへんはやまもと某も大して変わんないけど。

ネット総会屋と違うのは低能先生みたいな叩いても金にならないような市井狂人をも相手にしてしまたことだな。

一種アマチュア精神と言えるかもしれん。

[]2018年6月25日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
002391814375.928
012771226244.328
021821375075.533
03126859068.235
0460505984.350
05363741103.948
06202255112.890.5
0772550776.547.5
08113943683.542
092031495373.744
102091726382.645
1119623968122.350
122411820775.546
132391936181.047
1422524355108.245
152112044096.931
162331354658.132
172752489190.551
183422621076.645
192261747177.353
201781629991.650
2116116178100.542
221901583983.442
2321121164100.339
1日446536888882.641

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

先生(618), 低能(529), 人(495), 増田(276), 自分(263), ネット(240), 話(155), hagex(146), 今(146), 人間(133), 事件(132), Hagex(121), 日本(112), 問題(110), 通報(100), 前(99), 相手(97), ー(94), 感じ(92), 記事(91), 脳(91), 普通(88), 批判(86), 意味(77), 今回(75), リンチ(75), ゴミ(74), ニュース(72), 気(71), 言葉(71), あと(71), 被害者(70), 痴漢(70), 他(70), 関係(69), 殺人(68), 男(67), 責任(66), 犯人(66), 好き(65), 必要(64), 気持ち(64), 今日(64), 理由(63), 差別(62), 仕事(62), 件(62), 話題(60), 情報(58), 可能性(57), 女(57), 他人(56), 本人(56), 一人(55), 場合(55), 認識(55), ハゲ(54), 最近(54), サッカー(53), 社会(53), 時間(52), 結局(50), 全部(50), 匿名(48), 勝手(48), 安倍(48), 煽り(48), 人生(48), 馬鹿(48), いや(48), 事実(47), 結果(47), 予備(47), ブログ(47), ブコメ(47), 原因(46), リアル(46), 理解(46), 発言(46), ブクマ(45), レベル(45), 行動(45), 安倍総理(45), クズ(44), 無視(44), 目(44), 現実(44), 運営(43), 一番(43), 正直(43), しない(43), コメント(43), 書き込み(43), 意見(43), 男性(43), 自体(43), 昔(43), 別(43), 全く(43), 誰か(43)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(276), hagex(146), Hagex(121), 日本(112), 被害者(70), 可能性(57), 安倍(48), ブコメ(45), 安倍総理(45), ブクマ(45), ブログ(45), リアル(42), 加害者(41), 自民党(40), 本田(40), はてなー(39), 東京(39), マジで(38), キチガイ(36), 無敵の人(33), じゃなくて(33), はてブ(32), 殺人事件(31), ブロガー(31), トラバ(30), ネット上(29), 差別主義(28), いない(27), ヘイト(26), ネット弁慶(26), ブクマカ(25), はあちゅう(25), 福岡(25), ネトウヨ(25), わからん(24), ハゲックス(24), KKO(23), ツイッター(23), 川島(23), はてな民(23), BAN(22), 大阪(22), 犯罪者(22), ガス抜き(22), 容疑者(22), 42歳(21), 一方的(21), 無差別殺人事件(21), 元増田(20), 2ch(20), ヘイトスピーチ(20), 個人的(19), 財務省(19), twitter(19), ポリコレ(18), ネット右翼(18), 何度(18), 殺人鬼(18), ワールドカップ(18), 自分たち(18), セネガル(17), イケハヤ(17), 殺人犯(17), 安倍自民党(17), なのか(16), 女性専用車両(16), 5ch(16), アスペ(16), 松本(15), スマホ(15), w(15), 渋谷(14), hatena(14), なんだろう(14), Twitter(14), ウォッチ(14), 日大(14), 犯行声明(14), 健常者(13), ja(13), モリカケ(13), PV(13), ストーカー(13), bot(13), 障碍者(13), ゲス(13), 加藤(13), 基本的(12), めろ(12), hatenadiary(12), 韓国(12), 引きこもり(12), 普通日本人(12), ポーランド(12), ID(12), ハリル(11), 悪いこと(11), ガチ(11), 糖質(11), 慰安婦強制連行(11), アレ(11), PC(11), IDコール(11), 岡本(11), 自衛隊(11), 立憲民主党(11), 1回(11), 認知の歪み(11)

頻出トラックバック先(簡易)

Hagexが刺されて死んだらしいです。 /20180625001012(40), ■ネットリンチ親玉が殺された /20180625054635(35), ■anond20180618194734 /20180624222908(24), ■低脳先生かいネット弁慶のクズ /20180610123311(21), ■低能先生についての誤解 /20180625153915(19), ■SF界隈で有名になった単語 /20180625130646(10), ■学歴フィルター「紫」 /20180625151327(9), ■女の人は丼モノが嫌いらしい /20180624182955(9), ■【疑問】なんで女って悪口が好きなの? /20180624175311(9), ■同僚女(31)「痴漢されて電車のるのが怖い、男の人がいない専用車両は助かる」ワイ「病院に行けよ」 /20180625174251(9), ■こんにちは貯金1000万円超えの30歳男です /20180508033503(7), ■テレビクイズ番組難易度 /20180625145208(7), ■http://buzz-plus.com/article/2018/06/25/hagex-jiken-news-photo/ /20180625153041(6), ■ようやくはてならしくなってきたな /20180625163924(6), ■NHK報道の切り取り方で、ちょっと気づいたこと /20180625150551(6), ■いっちょ噛みなので突っ込んでほしいんだけど /20180625203750(6), ■何で妊婦が席譲ってほしくてマタニティマークつける=図々しいなんだろ /20180625103705(6), ■anond20180625075211 /20180625092146(6), ■夏の賞与6万円www /20180625091954(5), ■なろうに詳しい人教えて /20180625121452(5), ■「捗る」という言葉 /20180625123141(5), ■すべてのインフルエンサーたちへ警告する /20180625192204(5), ■なんで低能先生可哀想みたいな論調が生まれるのか /20180625195555(5), ■Hagexさんからまだ返事をもらってない。 /20180625113035(5), ■anond20180625091250 /20180625092106(5), ■ゲームにおける唐突メタ表現が苦手 /20180624155737(5), ■ネット熟成されてリアル犯罪って多くない? /20180625164909(5), ■「低脳先生」って誤字る奴多すぎない? /20180625114207(5), (タイトル不明) /20170921212825(5), ■「AIは怖くない」「AI人間を越えない」「AI仕事を奪わない」 /20180624184538(5), ■ /20180625082332(5), ■無敵の人普通の人や子供を殺すたびに /20180625150830(5), ■anond20180625123543 /20180625124545(5), ■中2娘のWindowsデビュー /20180624154314(5), ■彼氏性病うつしてしまった気がする /20180625224704(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5343376(4799)

2018-06-25

日大絡みネタにしようとしてた奴は何なの

hagexってたいして有名でもないだろ

刺されて意識がなくなる時、死にたくないって思っただろうと想像してしまって、なんとも言えない気持だ。

俺のhagex氏の認知日大言及記事を読んだ時に「この人ブコメで見かける可愛いアイコンの人じゃん」と気づいた程度。ネット上でヘイトを買っているらしいというのも最近知った。

全然知らない俺でさえこんな風に何とも言えない気持ちなのに、身近な人の気持ちを思うとまた更になんとも言えない気持ちになる。

フミコ氏の記事を読んでもうほんとになんていうか...。

容疑の動機はまだ明らかになってないけど、ブロガーとしてのhagex氏を殺害したのだとしたらものすごく重大な事に思えて動揺する。してる。

界隈では有名なんだろうけど、俺のTLでhagex氏のことに触れている人は2,3人だし、リアル知人たちも絶対知らないと思う。

ぶっちゃけzozo田端とか、はぁちゅうとかイケハヤとかでも知らない人めっちゃ多いじゃん。その辺の人よりも圧倒的に認知度低いような人が、セミナーやったらトイレで後ろから刺されるってまじかよ。

セミナーがあるのわかって刃物を持ち込んでるんでしょ?防ぎようないじゃん。

いや、別にブロガーhagex氏としてでは無かったとしてもそれはそれでまじやばいと思うけどさ。

早速、ネットイジメをしていたhagexが悪いみたいな事を言ってるクソが湧いてるけど、ネットリアル割合やばい奴がいるか認知が上がるにつれてリスクが増えるとは思ってるよ?

それでもあの程度の認知度でこんな事になるのか?しかも事前に計画して人を刺せるレベルキチガイって流石にそんなにいないだろ。

別に俺はブログツイッター読むだけだし、なんならネット上で何かしら書くのはこれが初めてなんだけど、なぜか今死ぬのが怖いと思ってるし、他のヘイトを買っている人たちにも死なないでってまじで思ってる。

悔しさとか悲しさとか、いろんな感情が湧いてきてどう処理していいかからない。めっちゃ動揺してる。全然知らない人なのにね。

なんなんだろう。ほんと

hagexの件:はてなー人権意識も実際はこの程度

ネット上の怨恨動機との続報があるが。

ヤクザ鉄砲玉とか日大ヤクザガーとか言ってた奴ら、ネットデマ共犯者

そしてたとえ続報とはいえ「容疑者段階」で確定ではない。

普段は様子見、保留とかお行儀のいいこと言ってたはてなーが口々に低能先生低能先生の断定連呼


所詮はてなー人権意識もこの程度。

身内で身びいきのやつがやられたら党派性丸出しで犯人の決めつけ&加害者バッシング


今後の犯罪容疑者報道エントリがあったら二つのブコメ比較するツール捗るな。

っつか本件で「加害者被害者名前を明らかにする必要があるのか」って意見は皆無で、

みんなこぞってhagexかどうかの確証を得るための情報あさましくも貪り、

加害者は一体誰だとネットリンチに明け暮れた。

naoyaゲス不倫と全く同じ構図だ。

こいつらに人権を語る資格などない。

日大叩いたせいで鉄砲玉に当たった」と言ってた人達、みんなまとめて訴えられてほしい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん