「使い捨て」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 使い捨てとは

2017-11-22

ブラック企業大賞】は、共産極左貧困ビジネスマンお祭り

単なる左翼プロパガンダ国民行事みたいに言ってる馬鹿って何なの?

-

-

ブラック企業大賞実行委員

古川琢也(ルポライター

河添 誠(労働運動活動家)…共産

佐々木亮弁護士ブラック企業被害対策弁護団代表)…日共佐々木憲昭の息子

坂倉昇平(NPO法人POSSE理事ブラック企業ユニオン代表)…新左翼党派京大政経研G

松元千枝(ジャーナリスト/『労働情報編集人)…元朝非正規

内田聖子アジア太平洋資料センターPARC事務局長)…共産

須田光照(全国一般東京東部労組書記長)…元朝日新

水島宏明(ジャーナリスト上智大学教授)…共産

竹信三恵子ジャーナリスト和光大学教授)…元朝日新

土屋トカチ(映画監督)…共産

神部紅(ユニオンみえ・オルガナイザー)…共産党除名

www.facebook.com/blackcorpaward/posts/1631936280178047

--

ブラック企業大賞、赤いメンバーばかりの企画委員会主催

http://b-times.net/back/195/1.html

-

●時給120円?最低賃金以下の手当で働く「共産党」の“赤”字事情

http://www.dailyshincho.jp/article/2015/11190905/?all=1

ブラック企業対策NPOPOSSE」はブラック左翼セクトだった

http://dailycult.blogspot.jp/2016/10/npoposse.html

--

倉重公太朗(弁護士

 最大の問題点は、雇用が流動化せず、「嫌なら辞める」ことができないことである

仕事が嫌でも辞められない」(転職できない)からこそ、

過重労働によるメンタルヘルス障害健康被害などの根底要因となっており、

また、ブラック企業厚生労働省的に言えば、若者使い捨てが疑われる企業)の温床となっている。

雇用が流動化し、「嫌なら辞める」ことが当たり前の世の中になれば、ブラック企業など存続し得ないであろう。

http://www.rosei.jp/jinjour/article.php?entry_no=61194

2017-11-20

人不足

どこも慢性的に人不足

正確には、企業負担できる人件費では人が雇えなくなっている、ってことなんでしょうね

安い労働力がないってことでしょう

アルバイトから中間管理職までいない

アルバイトがいないのは、若い世代が少ないからだし、中間管理職がいないのは失われた20年ってやつで人を育てなかったんですからしょうがないです

氷河期世代とかロストジェネレーションとか言われている世代なので、同世代使い捨てられる人たちをいっぱい見てきました。

人不足で苦しんでいる企業に対していい気味だと思うのですが、その人不足を補って擦り切れそうになっているのは、やはり自分と同世代なんですよね

やり切れません

2017-11-19

切られた人

スマホ戦争ゲームで新しくメンバーが参画した。

レベルはかなり高い、日本語ネームだし挨拶もできる。要は外国人ではなく使い捨てアカウントでのスパイ活動とも考えにくい。

ただ、気になることが一点。前のギルドを除名されているということだ。

彼が以前在籍したギルドには自分サブアカを置いている。チャットにはあまり参加していなかったがイン率も高く主要メンバーだと思っていた。

あるいは主要メンバーのサブか、いずれにせよ自分がサブを入れた時点で在籍しており、長くいたメンバーだ。

しかログを見る限り除籍されている。

そのギルドは以前は自由参加だったが、ここ最近承認制に変更している。何か関係があるだろうか…

と、あれこれ考えてはみたが、そもそも弱小メンバーばかりの初心者集団であるうちのギルドには、守るほどのものもなかった。

イン率も全体的に低めで、放置も多い。

そう思うと歓迎すべき存在かもしれない。

あるいはすぐに見切りをつけて出て行く人かもしれず。

権限はあまり上げずに、まずは様子を見ようと思う。

2017-11-18

anond:20171117134351

医療関係です。どの部分の腫瘍かわかりませんが良性か万が一の悪性かは今の時点では判明していないんですよね。

かならず1ヶ月休まなければならなくなるわけではないと思います

受診検査入院・・・の間でお体の状況が詳しくわかっていきます

状況を都度 歯科先生相談されてはどうでしょうか。

決して使い捨てではないですよ。この先も有資格者あなたはここの歯科ではないところになるかも

しれませんが活躍されていくでしょう。

まだ色々なことが分かっていないと思います

1つ1つ確認しながら病気対応していきましょう。

2017-11-17

日本ゲームクリエイターってなんでバランス重要視しないの?

海外ゲーとかだとユーザー批判バランスに対する批判ものすごく多い

バランスが良いゲームほど長く愛されてユーザー数も安定してるし人気もある

新しい追加要素でバランスおかしくなることなんてほとんどない

遊びの幅が広がりこそすれ、強すぎるせいで選択肢がなくなるなんてことは大手であるほど無い

 

ところが日本ゲームはなんなの?

なんで新キャラ出たらそいつばっかりの環境になんの?

明らかにデバッグテストプレイ不足か

もしくは意図的バランス壊そうとしてくる

マジでいい加減にしろと毎回思う

話題性とかそんなもん既存ユーザにとっちゃ全く関係ないことだから

それはあんたらの都合でしょと

毎回新要素が追加されるたびにそれを軸にした環境に変わるだけ

選択肢が増えるどころかプールは大きくなっても

まともに遊べるのは中央のちょこっとの範囲だけ

どこに続ける楽しさがあるんだよ

愛着も新しい戦略も産みようがない

新しい追加に構築してたものが押しつぶされるから

そもそも既存の組み合わせのキーカードの上位版追加とかばっかり

ユーザーが作った仕組みに乗っかって更新してるだけじゃねーかそれ

楽だなオイ

最強だったカードが次のアプデでゴミ化とか当たり前

普通にちょうどいい位置に落ち着かせる気さらさらない

今後の追加要素はすべて使い捨てしますって宣言

 

こういう状況を繰り返して面白かったゲームがことごとく停止していくか過疎っていった

インフレは仕方ないとか逃げ口上は聞いてない

インフレが嫌なら既存プールの中に入れるような個性をちゃんと考えて追加するか

インフレ回避やす設計と構想でゲーム作ればいいだけだろ

アイデアが出て来なくなったのならその時点でサービス閉じるか

更新停止して新しいゲーム作れば?

構想が甘かったって

何でその判断ができない

そこでインフレ始めるから信用失うんだろうが

宿命じゃねえからインフレ

単にアイデア枯渇しただけなのを定めみたいに言うなボケ

定めなのはお前ら開発陣のアイデアの少なさです

作って終わり、じゃねえからオンラインゲーム

手術しないといけないけど休みにくい

アルバイト試用期間終わってからしばらくたった歯科衛生士です。

先日、腫瘍が見つかりました。

すぐ手術しないといけないけど、回復まで一カ月かかるそうです。

院長に入院のために一カ月休職相談したんですが、求人広告をかけて募集するので即戦力の人がいたら一カ月後には雇えないかもしれないと言われました

復職できないなら休みません。

このまま手術やめますので、と言ったら不機嫌になって嫌味の連発してきたんです

もし君がそれで再起不能になったら歯のお掃除の予約してる患者さんはどうなるの?

予約入れにくくなるだろ

俺なんか毎晩血反吐吐くほどブルーワーカーとして働いてるんやで。

腎臓だって悪いのに頑張ってるんやとか説教タイムになりました。

私は体壊しても働け治療断念しろと言う院長の患者ファースト意見を聞いてなんだか鬱病っぽくなり涙がでてきました。

ちなみに雇用契約ないんです。

溜息

使い捨ての私なんでしょうか

もう分からない

仕事って何だろう……あんなに必死で覚えて頑張ったのに腫瘍できたらあんなこと言われるんだなあ…

2017-11-15

anond:20171115161053

マジレスすると昼勤務の警備員だな

日焼けで異様に黒くなる

駐車場の照り返しで両面焼き

紫外線しわしわになる

低賃金

使い捨て

最悪の仕事

2017-11-14

Suica誕生秘話

JR東日本は、磁気切符方式について、使い捨て方式ではキセル乗車を行うことが可能であることを発見した。

これでは不正乗車厳罰化しても意味がない!

日本IT技術者たちはこの問題に立ち向かうべく、外国チームから応援大金をかけて研究を重ねた。

その結果ついに、不正乗車が防げて再利用可能ICカードを開発した!!

一方、私鉄不正乗車取締りを強化した。

友人の行儀が悪い

外国籍の友人がいるんだが、とにかく行儀が悪い。

国が違えばマナーが違うから、行儀が悪いというより単純に知らないという感じなんだろうなとは思う。

両親ともに外国人人生の1/3を母国で、2/3を日本暮らしている感じ。(本人曰く母語日本語感覚?も日本人に近いとのこと。)

さらにここ10年は一人暮らしなので、誰にも注意されなかったんだろうなあという感じがする。

具体的にはこんな感じ

・会話に合わせて(?)箸を振り回したり、箸で方向を示したりする

・口に食べ物をいれたまま喋る

・口を開けたまま噛む(特に硬いもの

ストローズズズーッとすすったり、氷をボリボリ食べる

カトラリー食器をぶつけて大きな音を出す

・紙ナプキン使い捨てメニューを皿の上でビリビリにちぎる

箸を振り回したときに水滴が飛ぶよ!とか、

そんなにストローズーズー吸うほど喉が渇いているならもう1杯頼めば?とか、注意とは呼べないような注意しかしてない。

あなた行儀が悪いよ!とはなんとなく言いにくい。

外国籍から文化が違うからしかたないと思っている部分がある。

はい日本暮らしていくなら私がもっと注意してあげたほうが…とも思う。

そもそも行儀の悪さと国籍を結びつけて考えるなんて私ってレイシストなのか?と思ってみたり。

よくわからない老婆心差別心?にさいなまれて一緒の時間を楽しめなくなってきている。

2017-11-12

からあるのに、

働いてるのが若いしかいない業種って、

人間使い捨てにするブラックなんだな。

2017-11-11

anond:20171111171734

結局これ

非正規使い捨て問題会社にぶら下がり問題もこれ

働く意欲のある人間、実際働いてる人間が不平等を感じてる今の社会おかし

虐待されて育ったうちの犬

うちの犬は元繁殖犬だ。繁殖犬というのは、ペットショップなどに子犬を売るための母犬のことで、しばしば恐ろしい程にひどい環境虐待されて育てられる。生涯、一畳ほどのケージから出られなかったり、ろくに掃除をされず排泄物まみれだったり、もちろんむりやり妊娠させられたり。役割が終わったら文字通り使い捨てる。こういった業者はパピーミルとか言われる。子犬を売るというビジネスの特徴上、特に規制もない状態では、利益の最大化のために命が軽んじられているのが現状だ。

から、もし犬を迎えようという人がいたら、どうかペットショップでは買わないでほしい。需要が、そういった供給を生み出すから。生育環境をチェックして、良心的といえるブリーダーから、少し高いかもしれないけど、命に敬意を払って迎え入れてほしい。

さて、うちの犬、仮にKとすると、Kもまたそういったパピーミル虐待されて育った母犬のチワワだった。パピーミルからボランティアの手で救出され、放置されたままだったヘルニアと目の病気治療してもらい、避妊手術を終えて、うちにやってきた。Kは人間を信じられなくなっていて、私たち家族ボランティア譲渡会に訪れたときも、ひとり(一匹?)ケージの隅で丸くなり、外を睨んでいた。他の元繁殖犬がわりあい人懐こかったので、余計にKの辿ってきた時間過酷さを思い知った気がする。「この子はなかなか、引き取り手が見つからなくて。お試しでもらわれていっても、返されてしまう」とボランティアさんは言っていた。そりゃそうだろう。Kは愛嬌ゼロで、沈んだ目をしていたから。

私たち家族はKを引き取った。引き取りにかかった実費と手術費などを負担するしくみなので、7才のKを引き取るのに8万円ほどかかった。安い業者ならチワワの子犬が買える値段だ。これも、Kを引き取る人がなかなかあらわれなかった理由なのかもしれない。うちに来てからのKは、ずっとケージの中で寝て、私達を睨んでいた。ウンチをすると怒られていたのか、私たちにバレないようにウンチをして、それを食べてしまうのを繰返した。まるで死ぬのを待ってるみたいだった。

三ヶ月ほどして、獣医から無理矢理にでも散歩に連れて行ってみてはとアドバイスされ、Kを外に連れ出すことにした。Kは外に出たことがなく、田舎私道で車のない静かな小道でも、とたんに怖がって体を震えさせていた。私たちはKの匂いがついたタオルを嗅がせて安心させながら、少しずつ、本当に「今日は三歩も歩けたね」と言った具合にして、Kとの散歩を続けた。

ある日のことだ。Kが道路脇の草に興味を持ち、においを嗅ぎだした。どこかの犬がおしっこをしていたのかもしれない。Kはその上から自分おしっこをかけ(うちの私道なので問題ない)、急に、何かせきを切ったように、すくすくとあるき出した。その日から5分、10分と歩く時間を伸ばし、今では小さなチワワの体で、毎日、合計で一時間半ほど、元気に散歩するようになった。

散歩をしてからストレスが発散されたのか、Kは自分ウンチを食べることがなくなった。ケージの外に出て、家の中を散歩したり、家族おやつをおねだりしたり、散歩をおねだりしたり、ストーブの近くの温かい一等席を陣取るようになった。好奇心にあふれた丸い瞳で、家にあらわれたヤモリなんかを見つめるようになった。寝るときは、家族と一緒に寝るようになった。Kは出迎えなどはしてくれないけど、私たちはKが少しでも人生(犬生?)を取り戻したことに、本当に満足している。

Kの正確な誕生日はわからない。だからうちに来た日を誕生日にしている。それで、今日はKの誕生日だ。Kの大好きな鳥ささみとさつま芋を茹でて、ささやかにお祝いしようと思っている。K、ずっとずっと、長生きしてね。

2017-11-10

ある意味、親といい、日本空気といい、やっぱりだめだってこと結論付けさせてくれてよかったわ。

増田は、日本はそういう社会なんだからしろということを言いたかったんだろうな。

霊感商法にはまる母親に流されてでも付き合えって言った弟と迷惑ばかりかけるクソガキ社長のおだて係でいろといったやつらと同じだわ。

でも、怒りは力になるね。ちょっと元気になった。あんたの不本意かもしれないが、まだチャンスがあるし、それは日本でないかもしれないが頑張るわ。

自分の子供にはこんな腐った国で育ってほしくないもの

しろ、親兄弟くそすぎるということが完全に日本への未練を失わせるがために天が言ったのかもね。

正直、その中国会社も本当に奪いに来て使い捨てる感じで来るのかもしれないとは不安になる。せいぜい、説明して展示員と数分話したぐらいしかその会社を知らん。

けど、日本くそったれ雰囲気で、勤め人にして何とか売れるものを作ろうと、起業しても、むしろ起業して動き回れば動き回るほど、

「そんなことより俺/私にとって心地よくさせてよ」みたいな連中に振り回されてなにやってるんだ?というのをかんじればまだね。

また底辺奴隷と化す日本サブカルチャー

かつては、オタクの道を生きる人々の憩いの場であった日本サブカルチャー

今や、その空間社会底辺アジトと化しています

無理もありません。

私たちは、子供の頃、子供にこんなケシカランものは見せないべきという声も聴かされ、「常に苦しんでいた」と涙ながらに訴える彼らによって、その無垢な心に羞恥の杭を打ち込まれてきました。

それがどうでしょうか?

世間の反応は180度変わっています

アニオタ害悪説は、とある雑誌ゴシップによって広められた作り話でした…。

差別も何も、もともと彼らは社会的地位を持っていませんでした…。

サブカルチャー層のほとんどは、はじめからその道での生活を望んでいた人々であり、そんな彼らに日本殆ど口出しをしませんでした。にも関わらず、ゴシップによってその偏見が植え付けられたのです。

それだけではありません。

日本サブカルチャーは、1950年代から始まっていた事…。

そして、その文化を支えてきたのは左翼であり、かつての作家の多くは、左翼出身者が大半であった事…。

サブカルチャーに対する誹謗の多くが、右巻きによって引き起こされていた事…。

1990年代新興宗教暴徒化は、左派右派による宗教団体の操縦に端を発していた事…。

多くの事実が、彼らの手で歪められ、隠滅されていたのです。

彼らは、日陰者を演じる事によって不都合歴史隠蔽し、「文化性」を掲げる事によって、自らの現実否定してきたのです。

私たちは、彼らの都合の為にサブカルチャーに金をつぎ込み、あたかもそれが日本大衆文化であるようにさせてきたのです…。

この事実が明らかになるに連れ、SNS雰囲気は変わり始めました。

「俺たちは知らなかった!」という驚嘆の声が上がり、サブカルチャー大衆社会からのへの中傷罵倒で満ち始めました。

手駒の様に人材精神性を使い捨てる彼ら。その彼らの戦略には、一つの大きな誤算がありました。

それは、世界大衆事実に気づいた時、サブカルチャーに対してどんな感情を抱くようになるか、計算に入れていなかったという点です。実に、彼らの誤算が、若者サブカルチャー市民から市民へと一変させてしまったのです。

このような経緯を承知している為、私は、サブカルチャーのわかり辛さを理解する事はできます

しかし、それでも私は訴えずにはいられないのです。

現実を見ろ!」・・・・と。

自らの正体を“一般人”というマント羽織ることによっておおい隠し、自らの立場を“リア充”という盾を掲げる事で守り、自らの行動を“木鐸”という装飾を施す事で正当化してきた人々に、誹謗発言を浴びせて何の効果があるのでしょう?

例え誹謗する側に理があろうとも、誹謗発言を行えば、第三者には精神障害者一方的迫害しているようにしか見えません。

これでは、彼らの正体をおおい隠す“一般人”のマントが、より厚みを増してしまうだけです。

リア充”の盾を構え、“木鐸”の剣を奮う者に、中傷弾丸罵倒の投石を浴びせた所で、

サブカルチャー精神異常ぶりは、かくの如き酷きもの」と、その盾をより強固に、その剣をより鋭利にする口実を与えてしまうだけです。

放った無数の弾丸は、彼らの盾を貫く所か、盾を補強する鋲にしかなりえません。

投げ付けた投石は、彼らの剣をへし折る所か、刃を磨き上げる砥石しかなりえません。

サブカルチャー過激ぶりが進行するほど、彼らの「一般人」という名の武装は強化されてしまうのです。

事実、彼らは右派を味方に付け、サブカルチャーの居場所を潰す事に成功しつつあるのです。

今後、サブカルチャーが“現実を省みない行動によって”彼らを助け続ける限り、

我々は、世界から精神異常者という汚名を受けながら、既に蝕まれ社会の中で、未来自分たち奴隷としての道を歩ませる事になるでしょう。

もし、それを憂うならば、どうか暴走を止めて下さい!

2017-11-06

anond:20171105074601

quick_past おもちゃを売るための作品としての側面が強くて、キャラクターが長続きしないよなあ。アメリカみたいに同じシーズンを鬼ループさせて商品もロングライフ化させる商売はできないもんかね。

アンパンマンとか

結局、他にそこまで支持されるキャラクターを作る事が出来ないか

から次へと新しいキャラクター=新しいおもちゃを出す商売しかできないのかな。

あのどんどんキャラ使い捨ておもちゃも粗悪品だろうと売り逃げする姿勢がどうも好きになれないんだけど。

夏休み商戦の為に新キャラ出して、クリスマス商戦の為に新武器や新フォーメーション出して、と

物語おもちゃの都合で作られるし。

anond:20171106162002

未だに日本終身雇用とかあると思ってるのかこの老害

老害終身雇用を守るために若者使い捨てにされてるんだろーが

anond:20171106161313

そう言って使い捨て奴隷を交換するだけの日本企業斜陽となったのでした

粘着綿棒

あれ考えた人にノーベルなんたら賞をあげたい

ただやっぱ使い捨てなのと、綺麗な時に全く何も付かずに戻ってくると一本損した気分になるので歯磨きブラシみたいに洗浄したら何回か使えるようにしてほしい

2017-10-31

食戟のソーマって頭丸出しで料理してるけど

みんな使い捨てネットを使ってたら面白い絵面になりそう

2017-10-30

anond:20171030000148

丸坊主バリカン1本買って剃ればいいが

地毛が金髪茶髪高校生が髪色を常に黒にするにはヘアカラー液を常備してプリンにならないように何度も何度もこまめに染める必要があって10代の若さで髪がボロボロになってしま

まれつきの髪色や髪型自由が認められない精神的苦痛よりこっちのが問題


これが例えば

バリカン使い捨て商品人類バリカンをこまめに使用したら頭皮ボロボロになりやすい体質、

ヘアカラー液は1本買えば何年ももつ、髪を何度染めても髪へのダメージはほぼない、

みたいな世界だったら男子学生への丸坊主強要人権侵害として激しく批判され茶髪女子への染髪強要批判はあまり出ないと予想する

2017-10-29

正直言って日本がどんどん落ちぶれて行くのを見るのは面白い

ざまぁみろって感じ

日本人使い捨てていった奴らが、今更「日本のためにー!日本のためにー!」とか騒いでいるのを見るのは小気味いいわ

日本のために身を粉にして戦った連中は今はもう病気死ぬか、自殺して死ぬか、被爆して死ぬか、日本に愛想をつかして出て行ってるよ。

自業自得。「日本人は勤勉」とかエラソーにいって積み上げてきた『信頼』が、クッソくだらない偽装で崩れて行ってるのが面白い

2017-10-28

anond:20171028125400

はいえ、生の食材のほうがみずみずしさがあって、見た目がいいだろ。

シリコンカップいちいち洗うより、プチトマト使い捨てたほうが良いという人もいるだろうし。

2017-10-26

anond:20171026121258

避けたり押しのけたりしたらハラスメントになってしまうんじゃ。

ま、イキイキママ問題で割りを食うのはもっぱら若手なので、病むなどして静かに会社(だけならいいが最悪社会から)から脱落していくから現場ではさほど問題にならないのかもしれない。新しい人員を補充しては使い捨てていくだけだから

しか若者を踏みつけにして短期的には帳尻合わせられても勿論後は続かないのだ。

みっともないなんて精神論根性論のような事を言ってないで何とかしなくてはならない問題だ。

anond:20171026102419

資生堂はそこんとこ上手かったな。

女性活躍最先端を行く会社だと言うけど、流石だと思った。

カンガルー社員とか言う使い捨て非正規使ってる部分はまだまだだけど。

2017-10-25

思考実験としてはアリ

結局、学校って「デパート最上階の食堂」で、勉強ってそこで出る「定食」あるいは「お子様ランチ」なんだよな。

近代のはじめにはきらびやかに見えたシステムだけど、ニーズ多様化した現代には合わない。平成の初めごろから、一部の高校選択制を大きく取り入れた制度なんかもはじまっているが、カフェテリア式に変えたところでめちゃくちゃ満足度高まるわけでもないし、どうせ専門店にはかなわない。

ただ、「それでも潰れてない食堂」ってのもあるわけで、学校的な場所ニーズゼロになることもまた考えづらい。教育バウチャーをつかった諸外国制度もそれほどうまく機能しているとは言い難いようだし、何より日本に合うか?というのも未知数。とりあえず受験産業は色めき立つだろうけど、塾が現在学校機能100%負おうとすると、現在でも学生ブラック使い捨ててる受験産業現場がどうなるか、想像するだに恐ろしい。多発する問題に、国は対応できるだろうか?


とりあえず、現在の「学校」が、国家にとっていちばん「安くて無難教育制度」としてそれなりにできあがっているのは間違いないので、「学校に代わるシステム」の構築はできても「学校がなくなる」状況に至るには、まだ100年以上かかるだろう。もっとも、教師仕事のかなりの部分がAIに置き換わるのはそれより早いだろうが。

https://anond.hatelabo.jp/20171024205956

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん