「扶養」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 扶養とは

2018-06-21

anond:20180621172232

たぶんギリギリ生活できるだけでなく、プラスアルファ選択できるのがこのラインなんだと思う。節制すれば年収300万とかでも食べていくことはできるかも知れないけど、どきどき贅沢して高級レストランに行ったり良い服を買ってみたり、夏休みには海外旅行に行きたい…とか思うとやっぱり600万ぐらい欲しいかなと…。

人間の欲にきりはないから、「もっと欲しい」と思ってしまう人は当然いると思うけど、そこそこの規模でそれなりの職場に勤めていれば手が届く金額であるところも、「せめて600万…」となる理由だと思う。

ちなみに自分年収がそのぐらいなんだけど、結構貯金に力を入れているせいかまり贅沢はできない。が、もう少し休みがとれて貯金する額を減らせば毎月ちょっとした旅行に行けると思う。あれもこれもと欲張るとあっという間に破綻する金額でもあるので、「今月は趣味お金をかける」とか「今月は洋服お金をかける」とか重要ポイントを決めて使う必要があると思う。

ちなみに当方独身扶養家族もいないので、家庭持ちはもっと年収が欲しいところかも。

2018-06-20

anond:20180620095453

それだけ男性の方が過酷労働環境にいるってことだよ

結婚で被扶養側に逃げられる女性みたいなヌルゲーじゃないの

2018-06-13

anond:20180613153448

今、40代非正規男性暮らしてて相手年収が私の半分以下、生活費はほぼ私が出してるけど、それじゃだめ?

専業主夫になっても養えると思うけど、家事より仕事のほうが好きだし趣味に使うお金自分で稼ぎたいらしい。

正直、扶養に入れる程度にとどめてほしいんだけど、仕事してることでプライド保ててるってのはあるかもな。

必ずしも主夫として養うのが男性を救うってことにはならないと思うけど。

2018-06-12

僕が議員立候補するときマニフェスト妄想

解雇自由化

3ヶ月分の給与支給することで、会社都合で即日解雇できるようにする。どこも人手不足で悩んでいるので、人材流動性高まる転職する人が増えるので、「クビになったらどうしよう」「仕事がなくなったら生きていけない」という悩みがなくなる。「イヤなら転職したらいいんだ」というマインドを持つことで、過労死を減らすのに有用であると考えている。つまり正規社員非正規社員区分を薄くする。法律待遇を合わせるよう働きかける必要はないし、「非正規は3年しか働けない」みたいな意味不明規制必要なくなり、自動的待遇は均一化される。

ベーシックインカム支給

将来的に、ベーシックインカムを月8万円程度支給する水準を目標にする。ただ、いきなり8万円とすると財源の問題もあるので、まず1万円からスタートする。また、ベーシックインカム支給と同時に扶養控除を廃止する。多くの場合扶養控除によって減税される分より月1万円支給の方がプラスになる。扶養していることに対する負担は十分軽減される。どの業界人手不足なので、「働かないことによるインセンティブ」は排除していく。

増額と同時に他の手当は見直す。たとえばベーシックインカム支給すれば年金生活保護子ども手当などとは重複するので縮小の方向にもっていく。

軽減税率廃止

軽減税率廃止する。高所得者ほど恩恵が大きいし、たとえば食費を月5万円として試算しても、

と、負担は1,000円しか違わない。これで何の負担が変わるのか。そのたかが1,000円のために教育レジ対応など、事業者への業務負担が多すぎる。これは実質法人税増税であり、その増税分は必ず価格転嫁される。そうなると、食品で軽減された1,000円よりトータルで見て損になることも考えられる。それするぐらいなら、まずベーシックインカムを1,000円からでも始める。まあ公明党馬鹿ではないので軽減税率が良い施策ではないのは重々承知ではあると思う。新聞軽減税率にしたいがために強引に盛り込んだのだろうが、利権のために日本オモチャにしないで頂きたい。もはや新聞より携帯電話の方が生活必需品だよね。

法人向け各種助成金廃止

法人向けの補助金は本当にクソ制度である書類さえ集めれば支給されるので、私は経営者なので周囲の「それ不正受給だろ」という例もよく見聞きする。マジで普通にある。これに税金が使われているなんてサラリーマンの友人には言えないレベルのひどさである補助金だけでなく制度設計審査などの事務手続きにかかるコスト想像を絶する。

代わりに、法人税の減税や、法人にもベーシックインカム支給する方向で検討する。営利企業助成金がないと生きられないならその企業社会必要ない。

2018-06-11

完全な殺人許可証殺人道具が提供されたとき

さて、貴方は人を殺すかどうか?

というのをたまに考える

現実的にはありえない話だけど【完全な殺人許可証】というのは

・これを所持する人は完全な殺人道具(後述)を用いて人を殺しても良い

殺人したことで一切の非難批判絶対に受けることもなく、復讐されることも絶対にない

(ああ、あの人が殺したのならそれは仕方ないね、と

 遺族も含めて完全に赦されて憎まれるとか一切無い、とかそういう)

・これは貴方のみに発行される

殺人をするのに一切の理由必要ない

貴方殺人された人物扶養家族や父母祖父母がいた場合

 十分な見舞金が支払われ、彼らもまた一切の非難などは受けない

・完全な殺人道具は、貴方がそれの尖端を対象人間に向けてその人を殺すと考えるだけで

 その人物が死亡するというものである

・誤射は起きない

映像越しなどでは効果は起きない

対象は一切の苦痛を感じない

 (外観上は眠ってるように見える感じ)

・これにより死亡した人の死体は適切に速やかに処理される

とかそういうやつ

ここまで条件つけても人を殺さない人はまあいるんだろうけど

それなりに殺す人もいると思うんだがどうだろうね

あんま何回も追記修正するつもりも無いけど

もちろん回数制限はないし、それを持ってることで恐れられることもないし、

それを持ってるから殺人を依頼されるといったそういう不利益もないという

本当に理想的殺人許可証の話ね

2018-06-05

anond:20180605134342

差別じゃねーだろ。親は子供扶養教育する義務があるんだぞ。

判断つくまで守ってやらないと。

2018-06-03

anond:20180603165435

施設に入れて終わりやん

扶養義務があるから金は払ったりや

義務を果たしたくないなら、生活保護申請して扶養してくれって通知をガン無視するって手がある

2018-06-02

夫が婚姻届を出してなかったって話し

周囲で居るんだけどどうやって?

田舎から共働きでは無いけど扶養とかでばれるんじゃ無いの?

高齢の親のスマホ料金を支払う→「扶養家族認定でいいじゃん

育児支援策として、老人扶養親族の同居条件や厳しい仕送り条件を撤廃して、70歳を超える高齢の両親のスマートフォンの料金の支払い(家族割適用・グループ一括払い)だけで、扶養親族だと認めて欲しい。もちろん対象は日本国内居住者のみ。

30歳以降、夫婦ふたりともほとんど昇給していない。夫はずっと世代平均以下で、昨冬は自分は賞与もなかった。もうすぐアラフォーだが、係長クラスに昇格できない以上、昇給はない。「少子化改善のためこどもを2人、3人産んでいただきたい」というのなら、せめて年48万円の扶養控除がほしい。 

※老人扶養親族として70歳以上だと控除額が増える

スマホ代は、実質負担額0円の端末を買って最安1980円×12か月で2万3760円。想定される節税額と差し引くとさほどトクにはならないものの、それでも少しはプラスになる。高齢者がガラケーからスマホに移行しなくて行政も通信事業者も困っているなら、制度を変えて国を挙げて移行をうながすしかない。

ちなみに現行の規定では、別居の親(母一人)を扶養親族にするには、母の年金(月15万)を上回る金額を送金しなければならない。母の貯金を教育資金として子に生前贈与し、代わりに仕送りすれば双方ともWin-Winで節税の恩恵を受けられるが、マネー知識のない母には話が通らない。賢い人は生前贈与を十分に活用してるのだろうな。

そもそも扶養控除の「生計を一にしている」という条件がおかしい。共働き夫婦は、たいていの場合、項目ごとの別払い。例えば、夫は光熱費と自分が買った食費、住宅ローンの支払いだけ。はっきりいって別会計だ。現状の複雑で細かい控除の仕組みを続けるなら扶養家族の範囲を広げ、特に年金生活者の優遇はやめるべき。面倒なら基礎控除と経費だけにして、全員、確定申告する仕組みに切り替えればいい。

全員スマホとインターネットを使いこなせるようになり、マネーフォワードとか、同様のサービスに登録して、自動生成された家計簿データから確定申告書類を簡単に出力できるようになれば、確定申告のハードルは下がる。オンライン連携が一般的になり、便利になったけれど、個人ごとの収入/支出、資産のデータは、民間企業ではなく、国が本来把握するべき統計データな気がする。

2018-05-30

anond:20180530125018

結婚前は正社員旦那より稼ぎが多かった。夫の仕事が不規則時間で会えないから、パートに切り替えたらしい。勿体無い。

この時点でアホでしょ。夫も嫁も。

世帯収入が800万以上有ったと想定して、

それがほぼ半額になって、夫婦二人でやっていけると思ったならまだいいが、

その収入扶養二人って無理だろ、どう考えても。

子供作るつもりだったなら、世帯収入確保できてからだろ。

2018-05-29

anond:20180529150551

扶養とは自力生活できない配偶者子供の面倒をみて、養うこと。

子供は仕方ないが、これから時代どんどん人口が減っていくだろうに「将来は専業主婦になりたい女性」がまだ存在する。

かに扶養してもらう事を目指して生きているような「自力生活できるのにしない健康な成人」が増えるのはよくないよね。

子供もいないのに家族扶養というのは本当に無意味

言い方は悪いけど、ニートとおんなじ。

子供がいてその世話のためにやむを得ず専業主婦になる女性もいるけど、パートでもある程度の勤務時間クリアしたら安く託児できるシステムとか、会社を辞めずにすむように保育園・託児・機関が充実しないとね。

anond:20180529150154

扶養控除って親族扶養している人に認められる控除で、基礎控除の代わりだから

しろ認められない方が不公平なんだが…

しろ親族以外の他人扶養している場合も認められるべき、とした方が現状に合ってるな

昔なら親族以外の他人扶養するという事態は想定されなかったんだろうが、今はそういう事もあるから

anond:20180529150615

扶養控除の間違いだけど、

扶養手当も違憲なので取り締まるべき。

どうも扶養手当と扶養控除がごっちゃになってる働いたことなさそうなのがいる

anond:20180529150154

扶養手当って民間企業従業員への福祉としてやってるもんだから

国が強制的廃止出来るわけないだろ

公務員なら廃止出来るだろうが

扶養手当等を廃止しないかぎり、LGBT結婚に異性結婚と同じ権利なんかやるな。

2018-05-27

共働き定義

週4でパート勤務している既婚の友人が「共働きから大変〜」とか言ってるけど違和感しかない。

加えて「専業主婦は〜」みたいなdisもしている。

小町で言え、知恵袋で言えって言われそうだけど、あそこらへんの人は「責任持って働いているんだから!」「差別!」「アルバイトバカにしてる!」とか的外れな反応しか帰ってこない。

労働時間とか契約方法とか職種とかプライドじゃなく、

普通に考えて配偶者扶養に入ってるなら共働きじゃないと思うんだが。

どういう考えしてるんだろ。

2018-05-15

anond:20180515085946

奥さまの扶養控除内のお仕事で、バナー出ていました。

シールはりのバイトあんま変わんないみたい。

おしゃれな通勤服まで賄えるほどの収入がある業務ではないようです。

図書館司書ライセンスがある常勤の方はどうだかは知りませんが。

2018-05-11

anond:20180511143020

そういう傾向があるから仕方ないですね。

年収400万を切る男の婚姻率・子ども扶養する数はガタ落ちする事実

2018-05-10

から離れて暮らしてたら「扶養できませんか?」の手紙がきた

いわゆる「扶養照会」だ

死にかけて生活保護申請したらしい

でも調べてみると、仮に自分お金を出した分は生活保護から減額されるって

親のトータルの取り分は変わらないわけ

そんなの出すわけないじゃん

役所ってのはバカなのか?

2018-05-04

anond:20180503161415

そもそも法テラス相談に行っての生活保護申請したらどうだ?

申請したら、扶養できると親が言って、物置に押し込められたって情報込みで。

2018-05-03

anond:20180503182741

アホか?生活保護申請の際に必ず親族に連絡がいく

扶養しろってな

扶養するっていって物置に押し込められてるのが俺だ

前提も理解できないアホは発言するな

2018-05-02

anond:20180502134001

セックス快楽なんて女のほうが強いのにそれを拒むなんてのがあってはならないことだよな

ういういびつな構造が産まれているのは結婚制度扶養義務

子供は国が全部面倒見てくれるからほっとけばいいし、育てたいなら育てればいい、選べるようにすればいい

これさえ解消できれば女ももっとカジュアルセックスすると思う

貯金しなきゃ…という焦り

なぜか常に貯金しなきゃ…という焦りがある。毎月やっている銀行の積み立て定期の他に、給料日前に口座に10万円以上残っていると勝った気分になり、次の給料が出たときにその10万円を貯蓄用の口座に移す。

ボーナス旅行とか大きい買い物があれば使うけど、だいたい半分は貯金しているのではないだろうか。趣味もっとお金をかけようと思えばかけられるけど、お金さえかければ上達するという代物でもないのでバランスが難しい。

特に扶養家族はいないし、死後にお金を遺す必要もないのだけど、出来れば早めに仕事リタイアしたい。でも年金が出るまでの生活費を考えると今のペースで貯金しても、食い潰すのは時間問題だと思う。1ヶ月20万円で暮らしたとして、一年間に240万円、10年間で2,400万円必要という計算になる。

1ヶ月20万円はわりと余裕のある金額に見えるかも知れないけど、かつかつで食べていくだけの生活では寂し過ぎるし、臨時の大型出費に対応することも考えておかないといけない。好きなことをやってのんびり生きるための早期リタイアなんだからもっと多めに見込んでおきたいぐらいだ。

結局いくら貯めれば大丈夫なんだろう。退職金も出るはずだけど、年々少なくなっていくのであまり当てにならない。仕事に対するモチベーションは限りなく低いんだけど、働き続ける方が良いのかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん