「馬鹿野郎」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 馬鹿野郎とは

2022-07-01

エロマンガを描いて生きている 3/3


年貢の納め時がきた。次の年だ。

人生で初めて確定申告をした。凄まじい税額に衝撃を受けた。あれだけ必死で描いて稼いだというのに、国が四割近くも持っていくのはおかしいのではないかお上の取り分が多すぎる。ずるい。

クリムゾン先生みたいに法人化すればいいのかもしれない――と、税務署まで確定申告の用紙を出しに行った帰りに考えていた。

二週間ほど経った頃だった。父から台所で声をかけられた。「確定申告したのか?」という、いたくシンプルな問いだった。なんで知ってるんだと思った。カチコチに固まってしまって、しどろもどろに声を出そうとしていたところ、父から助け舟が出た。

税理士から電話があった。うちの確定申告の用紙を税務署に提出したところ、息子さんも確定申告をしているようだと。一世帯でひとつの申告になるから、お前のをこっちにくれ。やっておく」

という事情だった。

そうか、そうだったんだな。一世帯でひとつなんだな。父さんはずっと前から工場主で農場主だからな、と頭を真っ白にして……二階に昇って、申告用紙をもう一度プリンタ印刷して、父のところに持って行った。「はい、どうぞ」みたいなノリで手渡した。

それで風呂に入ろうとしたところ、「ちょっと待て、この金額は?」と当然の質問が飛んできた。嘘をつこうとしたが、やめておいた。

漫画を描いてる。売って稼いだ」

それだけ言って風呂場に行った。父の、眉間にシワを寄せた顔が記憶に残っている。

「頼む、これで済んでくれ」と祈りながら風呂に入って、湯冷ましの散歩に行って、また二階に上がってペンタブちょっとの間だけ握って、マットレスで寝た。



翌日だった。家族会議が開かれたのは。父が、母と妹の前で確定申告の用紙を出して、厳しい問いかけを続けた。

「なぜこんなにお金を?」

「どんなものを描いてる」

「どうして言わなかった」

おおよそこんな内容だったと思うが、正直に答えていった。将来が怖かったこと、何をやっているか恥ずかしいから言わなかったこと、でも漫画を描くのが好きなこと。

父は、手元にあった湯飲みを手に取った。グイっと飲み干した後、急に笑顔になって言うのだった。

「一人立ちできたんだな。おめでとう。どんな漫画を作ってるんだ、見せてくれ。父さんな。若い頃に読んだ三浦先生ベルセルクが好きなんだ」

自分作品主人公は、ある意味ベルセルクだ。性的な意味でガッツもある。男らしさはあまりない。催眠アプリを使って、同じクラスのいたいけで可憐女の子セックス漬けにしたりする。

母も期待のまなざしを向けている。滅多に見せない、期待感で高揚している時のあのまなざし気持ちが悪い。

さて。自分電子書籍コンテンツを売っていたのだが、たった1冊だけあった。紙の本が。以前、人生で一度くらいは紙の本を出してみたいなぁと考えていた。それで出版社の依頼を受けて、紙書籍で出させてもらった本があった。

それ(女戦士レイプ凌辱もの)を二階から持って降りて、あとは一番最初DLsiteで出した電子書籍(妹ものライト強姦アンソロジー)を記念碑的に印刷しておいたものを、一緒に台所に持って行った。

「これ、俺が描いた作品!」

台所テーブルの上に置いた瞬間、母と妹がのけ反った。明らかにビクッとなっていた。

そこに置かれた1冊(女戦士レイプ凌辱もの)を手に取った父は、まじまじと表紙を眺めていた。やがて、椅子から立ち上がると、クリップ留めの一綴り(妹ものライト強姦アンソロジー)を何枚か手に取って、また眺めた。首を微かに振っていたかもしれない。

沈黙があった。自分は瞬きをしていた。くしゃ、という音がした。クリップ留めの一綴り(妹もの~)にみしみしと皺が入った音だった。

馬鹿野郎!!」

父の手元にあったはずの湯飲みが額にぶつかって、「やろう」まで聞こえなかった。痛みで聴覚が鈍ったあの感じ。二度と体験したくない。

まりの痛みに膝を崩して、床に崩れ落ちたところで、父の蹴りが飛んできた。また頭に衝撃が走って、それから床の上から何十回も肉体を踏みつけられた。

母も妹も止める様子はなかった。ただずっと、父から暴力を受けていた。痛かった。苦しかった。呼吸ができなかった。息を吸うためのエネルギーを体が回復力に転化しているのだな、と感じた。

なんで、どうして自分あんもの家族に見せたのだろうか。認めてもらえるとでも思ったのだろうか。自分は愚かだ。父がぶっきらぼう台所を出て、工場の方に向かうと、自分は立ち上がって妹の方を見た。母親の泣く声が聞こえたが、見ないことにする。

妹は、放心した様子でクリップが外れた一綴り(妹ものライト強姦アンソロジー)をじっと眺めていた。微動だにしていない。人は、本当に驚くとこうなってしまうらしい。

その場を離れて洗面台に行って自分の顔を見ると、額がパックリと割れて血が出ていた。後ろを向くと、床に血が滴り落ちている。

馬鹿だなー、お前。アホが。ゴミクズのどちらかだな。死ね

タオルで傷を覆って、自分に対する悪口を連ねた。気分は暗かった。鼻水と涙が出てきて、そのまま二階に上がって、傷は痛いままだったけど、マットレスで寝た。



翌日は全くの無言だった。父とも母とも妹とも会話をしなかった。以後もほとんど話さなかった。

自分は、稼いだお金ですぐに引っ越しをした。引っ越ししたことはなかったけど、インターネットとか、出版社の人に電話相談したりしながら、どうにかやり遂げた。

自分実家を出た日のことだ。あの時の二つの漫画を妹の部屋の前に置いていった。なぜかはわからないが、その方がいい気がした。

ワンルーム4.5万円の、都内にあるボロアパート引っ越した。以後は数年間、ひたすらに漫画を描いて、描いて、描きまくって、今ではこの界隈で一定地位を築いている。

父とは最近、話ができるまでに関係回復した。前よりも気持ちよく話ができる気がする。心が通じ合っているというか。

母親はまったくだめだ。何を言っても聞いてくれない。正月実家に帰った時、「おせちできてる」「風呂が沸いた」くらいは言ってくれる。

妹には、今年の正月にようやく謝った。あの台所の四角い卓に座って、斜めの角度で一緒に食事をしている時だった。

「ごめんな。あん作品を作ってて。本当にごめん」と謝罪をした後、妹からは、「もういいよ。兄ちゃんお金持ちになれてよかったね。私もごめんね。ずっと辛く当たってた。本当にごめん」と返ってきた。

鼻をすすって、ちょっと涙目になっていた。肩をちょっと撫でてやると、涙が指に零れてきた。

実際、妹は許してくれたのだろうか。そこが気になっている。

あくま想像なのだが、妹はショボい兄が許せなかったのではないか不登校になって、社会的に低層にまで落っこちしまって、それが許せなかったのではないか。その現実を受け入れるために、自分に対してひどい扱いをすることで一貫性を保っていたのではないか

自分実家を出た日、あの時二つの漫画を妹の部屋の前に置いていった理由、それは多分、妹に対する感謝気持ちがあったからだ。

からひどい仕打ちを受けた。通りすがり悪口を言われたり、存在に耐えられない軽さの空気みたいに扱われたり、完全に下の存在として見下されたり。いろいろあった。

しかしだ。ムカつきはしたけど、ああいった体験がなかったとしたら自分は今の立場にはない。あの妹がいたから、あの作品が世に出ることになった。それで読者が喜んだ。

そうでなかったら、今でもフリーターとしてマックかどこかでアルバイトをして、ただ何となく若さを消費するだけの毎日を過ごしていた可能性が高い。父が、母が、特に妹が、自分という存在に手痛い一撃を加えてくれたから目覚めたのだ。

家族には感謝している。あの当時は畜生だと思ったけど、今では感謝の念が強い。最後になるけど、ありがとう自分という存在をここまで高めてくれて。今の自分に暗い怨嗟気持ちはない。午前八時の太陽のような、ほんのりと暖かい気持ちが込み上げている。

昔の自分に伝えたいことがある。諦めないでくれてありがとう

2022-06-08

なんで広告業界って横文字アルファベットばっかなん?

覚えられるか馬鹿野郎

サービス名くらい「検索あがる君」とかクソださだけど覚えやすいのにしろ

2022-06-06

anond:20190809233017

あの映画、公開直後からオチの部分で煽られまくってこう言う普通ツッコミあんまなかった印象だけど実際そうだよな。

あのゲームプレイヤーがいつもビアンカ選ぶから今回はフローラにしようって設定してるのに、「お前本当はビアンカが良いんだろ?」みたいに煽ってくる割に最後にはゲームばっかやってないで現実に帰れとかいわれるわけじゃん?

わかってて今回はフローラやろうとしてんだよ馬鹿野郎

映画自体ゲーム世代に対する説教としても意味不明になってんだよな。

そういう指摘ちゃんと見た勢から結構あったんだけど、話題にはならんわな。

デビルマンがどうとかいってたほうが受けるし。

2022-05-29

たけしくん「Fuck'n JAPくらいわかるよ馬鹿野郎

2022-05-24

anond:20220524120343

それは国民が、つまり俺やお前が、碌に計算もできない馬鹿野郎だとしたら、軍拡名義で騙して金をだせるということだろ。

それは、事実、そうかもしれん。や人愚。

 

しか軍拡が、進んで選ぶべき賢い選択肢であるということにはならない。

2022-05-23

anond:20220523200459

馬鹿言うのは馬鹿からか?

馬鹿を装い煽るヘイターからか?

弱者男性や老人でも女性生活空間に踏み込んだ途端に女性生活の雑事を投げ、お客のように扱われたがり、密室で二人きりならと暴力暴力での恫喝陰湿ハラスメント等々で操縦する権利があると勘違いする馬鹿野郎が男性達が想像する20はいから無理だね。

2022-05-17

付き人だった大仁田厚特別可愛がり、一時は本気で養子縁組を考えたこともある。大仁田馬場付き人をしていた頃、興行馬場の赤いパンツを持って行くのを忘れたことがあった。困った大仁田は、同じ会場に赤いパンツを履く身長2mの外国人選手がいたため、この選手の控室に忍び込んでパンツを盗んだ。馬場はそのパンツ試合に勝ったものの何かおかしいと気づき、「このパンツ俺の?」と大仁田に聞いた。大仁田は「外国人選手から借りてきました」とウソをついたが、馬場はこの嘘を即座に見破り「馬鹿野郎、貸すわけないだろ!」と怒鳴って張り手タイプ空手チョップを食らわせた。そして洗濯して返すようにと命じ、3日間口をきかなかったという。その後、大仁田は今度は馬場スーツズボンを忘れたが、素直に謝ったところ、馬場は何も言わず巡業中の約1か月間、スーツ上着に赤ジャージズボン姿で通した。大仁田はこの一件を通じ「馬場さんから人間として一番大切なことを学んだ」と語っている。

2022-05-12

anond:20220512155053

馬鹿野郎、そこが一番美味しいところだろうが!

お前は納豆臭いからマズいとか言うヤカラか? 臭くない納豆なんて全然うまくないだろうが!!!

2022-04-27

anond:20220427134521

表現の自由戦士ハトクロユーザーターゲットにしてセクハラしてんのに

これは、確認した訳では無いが、もし起きているなら心苦しく思うし、あるべきではないと思う。

というより、そんな輩は表現の自由を守ろうともしていない大馬鹿野郎だと本心としては思う。

ただ・・・そうした切断処理を受け入れては貰えないだろう・・・という事も分かる・・・難しい。

一つ確かに言えるのは、表現の自由戦士の一人である私はそういう事を許されるべきではないと思っている。表現の自由戦士といっても一枚岩では無いし、そういう輩ではない者も居る、という事は分かって欲しい。

(ただ、一方で少なくとも表現の自由戦士自称している者の中にもそうした目に余る輩が居る事は認識している。そういう輩に対しては私達も現状無力であり、申し訳なく思う)

 

少なくとも「顧客をそんな変態どもに売り渡した経営者」というのはあなた解釈で、しかも悪意的な解釈だと思う。

実際はそうではないと私は思っている、黒澤氏は本心から広告作品問題を感じず、女性主体性大事にするが故にああいった意見を表明するに至った、少なくともそういう可能性があるという事自体否定できないと思うが、どうだろう?

もしそのような可能性が少しでも残っているなら、黒澤氏の言動否定されるべきものとも言い切れないのではないだろうか?(尤も、既に述べたように商業的にリスクの高い行動ではあった・・・・)

2022-04-17

anond:20220417020802

馬鹿野郎

殺人鬼出た後に抑止のために強化された規約を破っておいてなんだその言い草

2022-04-05

ポリコレキャンセルカルチャーに反発しても無駄無駄

ポリコレだ反キャンセルカルチャーだとつまらねえ事で騒ぎ踊っても

擁護できないレベルのアホが現れたら無駄なんだよ

どうもならねえんだよ馬鹿野郎

2022-04-01

教科書ガイド使ってよかったって人おる?

https://anond.hatelabo.jp/20220331130032

私も勉強のしかたを習ったことなんかないなあ。

それ以前に、多くの科目の教師がかなりいい加減で、授業の8割が無関係雑談一方的に喋ってるだけだった。それなのに中間期末テスト高校受験容赦なく迫ってくる。授業が崩壊しているのに家で予習復習など自主勉ができるはずもなく。

やる気無さすぎな教師どもにも腹が立ったが、まず不満だったのが教科書教師解説をするのが前提の造りになっているから、解法とか載ってない。例題、練習問題、応用問題。それらが広々とした余白の中にたゆたっていた。

ところで小学生時代のある年度始め、担任が新しい教科書を配る際にミスって教師用のも配布してしまい、それが私にあたった。家に帰ってから、記名する前に中身を確認してみたら、余白であるべき部分に赤字で色々書かれていた。問いの答えと、教える際のポイントのようなことだった。その時は、ヤバいこれは先生のだ。自分が持っていてはいけないやつだ。と思い、手垢をつけないようすぐ閉じて、ソッコーで学校に引き返して担任に渡して自分が悪いわけでもないのに深々と頭を下げて謝罪し、生徒用の教科書と交換してもらった。真面目すぎか。

そんなことがあって、教科書というものは知りたい事に限って書いていないものなのではないか? という発想というか疑問というかを懐いたものの、すぐに忘れた。

で、中学に上がってから教科書ガイドというもの存在を知った。きっかけは同じクラスの友人だった。そいつ学校の授業や宿題教師監督がない時の小テストでズルをするために教科書ガイドを使っていた。こっそり机の引き出しに忍ばしておけば、授業中に指名された時にいいよ、といってそれを私に見せてくれた。

教科書ガイドは教科書と同じ内容が書いてあったが、問題の答えが書いてあって解説も書かれていた。教師用の教科書とは違うのかもしれないが、これさえあれば教師要らなくね? と思った。

帰宅して私は母親教科書ガイドを買ってくれろとねだり、本屋に連れて行ってもらった(当時の我が家お小遣い制ではなく、親戚から貰ったお小遣いも全額親に没収されていたので、私は自分の金を持っていなかったのだ)。だが母親平積みされていた教科書ガイドをパラパラめくって中身を確認して一言

「ズルだからだめ!」

それより数ヶ月前に学習塾に入れられそうになったのを全力で拒否したのもまずかった。あんなに勉強するのを嫌がっておいて、今度はこんなズルい手を使って更に勉強をサボろうというのか! と母親カンカンに怒らせて終わった。

言い訳をさせてもらえば、塾に入るのを拒否ったのは、塾に通っている同級生が皆授業中に睡眠補給をしているのを見ていたからだ。彼らは夜遅くまで起きて塾で勉強をし(?)「塾の宿題があるので出来ませんでした」といって学校宿題をサボっていた。当然、成績は芳しくない。テスト当日の朝の挨拶は「勉強した? 俺はやってないw」

そんな奴らと同じ塾に行って成績が上がるか馬鹿野郎。むしろ全力で足引っ張られて沈むわ。

そんなこんなで教科書ガイドを入手するのを断念した私は、それでもなんとか別の手(通信教育学校配布の問題集と参考書)を使って勉強して高校受験でしくじるのは回避出来たが、今でもあの時教科書ガイドを買って読んでいれば、あんなに遠回りしないで済んでいたんじゃないかと、ずるずる根に持っている。

けど、教科書ガイドを使って勉強して成績上がったとかいう奴には会ったことがないから、実際使えるのかどうか疑問だ。誰か使ってよかったよっていう人おるん?

2022-03-26

処女だけど子宮頸がん検査した体験談

私はしがないアルバイター

ボケーっと生きて若さけが取り柄で税金はかろうじて納めている20代の女だ。

半年前の夏に職場から健康診断の通知があった。

その際に30歳以下の偶数年齢の女性無料検査が受けられます記載されていた。

あ〜そういえば中学生とき子宮頸がんワクチン受けろって国から言われたけど受けてない気がするな〜……なんかあったら怖いし検査しよっ!

って思ってボケーっとした頭なりに私の命の危機管理能力(笑)が突如として発揮され、そのままの勢いで申し込んだ。



健康診断の日まで子宮頸がん検査体験談とかネットで調べて見た。

AVしかたことないような足パカーってする機械に座るのか〜ちょっと怖いな〜女の先生だったらいいな〜

エロビデオの見過ぎで非現実的な展開も一瞬頭によぎった。ハタチ過ぎた処女男子中学生並みにエロい(かもしれない)事に敏感に反応してしまうのである主観

少し痛いって体験談も読んだ。

え、痛いの?いや、まぁ、そりゃ硬いもの入れるし痛いのか……えー…痛いのは嫌だなぁ…

でもまあ私生理の時タンポン使ってるし!1番細いヤツだけど……!まあ大丈夫デショ!!!





当日。

健康診断をする病院で案内され、たくさんの人が順番に検尿身長体重視力聴覚血液採取などを済ませる。

人によって検査する内容が違うので早く終わる人もいれば半日かかる人もいる。

私はただのアルバイトなのでいつもなら最低限の検査しかしないが、去年と違って子宮頸がん検査がある。

子宮頸がん検診のブースに行くと、診察室の前で待機してる人が全く居なくてアレ?って少し思った。すぐ呼ばれちゃうじゃん!ココロノジュンビガ…

ブースに入ってすぐに看護師さんのおねえさんに呼ばれてしまった。

検査前に先生から検査内容の説明

初めて性交経験者は子宮頸がんにならないって知った。


馬鹿無知


え?そうなの?体験談にはそんなこと書いてなかったよ!?

てかそんなの知らねーし通知書に書いとけ馬鹿野郎!!!

ハタチ過ぎた全員がセックス経験者だと思うな!!馬鹿野郎!!!


担当先生オッサンだったし、半笑いだった。

看護師のおねえさんもいたのでさらに恥ずかしかった。

(この恥ずかしさには「いい年して処女彼氏がいた事が無い=モテない劣等感」も含まれている)


…え!?恥ずかし!!!!え、じゃあやらなくていいならやりたくないです……


って思ったけど、「まあ、一応やっときますか」って言われて結局検査することになった。

申し込んだ検査キャンセルしたらダメかなと思ったし「じゃあやりません」って言うのも子供っぽいし逆に恥ずかしい。だから処女なんだよと思われかねない(劣等感から被害妄想


オッサン股間見られるのは普通に嫌だったけど、まあ医者なんてこんなの見慣れてるだろって思ってあまり意識しないようにした。


ビクビクしてる風に見られるのも嫌だったからさっさとパンツを脱いで足パカーってなる椅子の上に座って、足を広げて、足を固定されて、台が上がって、背もたれが倒れてってところまでとても素早く行われた。

私の後に検査待ちの人とかいなかったけど、サササッとやってくれたのはありがたい。

こっちの羞恥心かに配慮してくれてんのかね。

トイレ以外で下半身丸出しなのってなんか心細いような気持ちになった。



「触りますねー、入れますよー」って少し広げられて、グッとクスコが入ってきた。少し冷たかったような気がする

穴の少し入り口のところが無理矢理広げられてるからヒリヒリしたけど(このくらいならまあちょっと太めのタンポンだと思えば…)って思ってたら、「広げますねー」って言われてクスコがグアッと広がった瞬間















「い゛ッッッ!?!?!?!!!!?!!!!…!!!!?






いてぇの何のって


痛いっていうか、びっくりしたというか、苦しいというか、うん、まあ痛い

千切れるみたいな痛さ?爪のささくれを無理矢理引きちぎろうとする時の痛みが股間ダイレクトアタック

でも鈍痛っぽくもある。とにかく痛ってぇ…マジで

一言叫んだあと痛みを逃すためにめちゃくちゃ呼吸が荒くなった。

過呼吸になるんじゃねーかってくらい浅い呼吸を繰り返してた。

私はこれで非処女になってしまたかもしれんって本気で思った。

私が暴れるんじゃないかと思ったのか看護師さんに一瞬足を触られたけど、私は足をガタガタ動かすほど理性は失っていなかったから足は動かさなかった。偉いね


はい、もう終わりですよ」って言われてすぐ足を下げられて終わった。

一瞬には感じなかったけど、私以外の世界には本当に一瞬だったと思う。


ありがとうございました(?)ってお礼を言ってパンツを履いてガニ股歩きで私は診察室を出た。





後日検査結果が届いて結果はもちろん何もない。

何もないのに私は処女なのにオッサンにモジャモジャの股間クスコで広げられたのか…って思うとすごい後悔した。


これ以上私のような馬鹿無知処女子宮頸がん検査を受けないようにこの日記ネットの海に残す。

増田なんかに書いてもまともな人は辿り着けないかも知れないけど、まともだったらたぶん非処女だろうから

増田で丁度いいかもしれない。

とにかく処女子宮頸がん検診は受けなくていいぞ!

無駄あんな痛い思いはしない方がいいに決まってる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん