「直視」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 直視とは

2020-08-03

歯が抜ける夢をよく見る

めちゃくちゃしょっちゅうあるんですけど特に意味とか調べたことない。タイトルに困ったから書いてみただけです。

 

ここから本題、友人の話。

 

友人とは学生の頃からの付き合いで、気づけばそろそろ二桁くらいの年数仲良くしていた。過去形なのは、今、その友人から自分が友人認定されてるのかわからいから。

私の友人はとてもメンタルが弱くてとんがっている。

別にメンタルが弱いのはいい。ちょっとしたミスで落ち込んだり、自分ダメだな~ってなって引きこもったり、全然よくあることだ。どよんと落ち込む深さが違うくらいで、私にだってそういうことはある。

問題はとんがっていること。いや、別に彼女にとっては問題じゃないだろうけど、私にとっては問題だった。自分勝手にも。

 

友人がどんなふうにとんがっているかを書くために、半年ほど前の話をする。

 

当時、友人はツイッターで仲良くしていたフォロワーと仲違いして、そのフォロワーブロックした。ちなみに私もそのフォロワーとは仲が良くて、三人のライングループなども存在したが、彼女は無言でグループから抜けたし、フォロワー個人ブロックしたらしい。

端的にまとめると、フォロワー(いちいち打つのが面倒なので以降Aとする)が友人を怒らせて、怒った友人がAとのつながりをすべて絶った、という話だ。まあネット上で交流してたら、そんなことはしばしば起こりうることだと思う。私はマジでそのやりとりに関係ない第三者だったので、友人とも普通に友人を続けるつもりだったし、Aとも仲良くし続けるつもりだった。それぞれからこういう経緯でもう仲良くしません(できなくなりました)という報告を受けたけど、どっちが悪い良いの話じゃなかったし。

 

Aとはそれでよかった。相変わらず普通に話すし仲良くしている。問題は友人である。ここで話が戻ります

 

友人のメンタルのとんがり具合というのは、自傷に特化しているという意味合いを含む。どう特化しているかというと以下のように。

 

「Aさんのこと、いい人だと思ってたのにあんなこと言われると思わなかった」

「Aさんにあんなこと言わせるくらい私が何かしていたのかもしれない……。でも、それにしたってもっと言いようがあったはず」

あんな人をいい人だと思い込んでた私、バカみたい」

「Aさんは自分正義だと思ってるし事実そうだから弱者の私の気持ちなんてわからない」

 

へ~~~って感じである

私はふんわり書いてみたけど、つまりなんかめちゃくちゃAが素晴らしい人間みたいなことを前提にしつつ、そう信じていたのにそうじゃなかったし私は裏切られたし傷ついたのよ的な内容を友人は延々話し続けるのである

 

これの何を私が問題視しているかというと、友人、自分が傷ついた話しかしない。

いや、そうなんだけども。詳しくは書いてないけど、友人は確かにAとのやりとりで傷ついていた。それでメンタルボロボロになるのはわかる。でも、友人……あなた……自分で傷えぐってない……? Aは最初からそんな聖人みたいな人じゃなかったし、あなた今までAのことそんなふうに言ったことあったっけ……? なんなら仲良くはしてたけど、そんなにAを好いてはなかったよね……? って話なのである。そりゃめちゃくちゃ大好きでめちゃくちゃ尊敬してる相手から急に足蹴にされたらこうもなるだろうと思うけど、友人の中のAの占める場所そんななかったやろ、という。

 

これが私が問題視する、友人の悪癖だ。

 

とにかくメンタルが落ち込むことがあると、神の理不尽さに振り回されたかわいそうな人間ムーヴをし始める。おおげさと思うか。おおげさじゃないんだよな。

上記のAの話はあくまで一例で、この十年近く、友人は半年に一回くらいは大体こんなことを繰り返している。疲れないんだろうか、と思う。疲れている、と思う。でも友人は何度も何度もやってしまうのである。これを悪癖と言わずなんと言おう。

ぶっちゃけた話、今まで私は「あ~またやってるよ」と思いつつ、凹んだ彼女メンタル適当にヨシヨシしたり放っておくことしかしてこなかった。基本的に私のいないところで、それらの事件は起こっていたからだ。

 

もう一つ例をあげる。友人に恋人がいた頃の話だ。

就職してしばらく、友人に恋人ができた。同じ部署の人から告白されたとかで、友人としては相手仕事仲間くらいの感情しかなかったらしいが、とりあえずOKしたとのことだった。そんな始まりではあったけれど、友人から恋人との時間が心地いいと聞いていたので、それなりに仲睦まじくやっていると思っていた。

 

しかし、友人はその恋人一年くらいで別れた。

 

メンタルをめこっと凹ませた友人に後から聞いた話によれば、彼女恋人自分から連絡をとることを一切していなかったらしい。恋人からラインに返事をする、誘われたら出かける、たまにかかってきた電話に出る。以上。それだけ。

恋人からの別れの言葉は「君が僕のことを好きになってくれる日は一生来ない気がする」だったらしい。そうだね。私もそう思う。

 

この話をするとき、友人は泣いていた。なぜか。相手を好きになって付き合っていたわけではないのだから、友人としてはそこまで凹むことでもなくないか不思議に思って聞いてみれば、自分が頑張らなくても相手が頑張って好きでいてくれる関係が心地よかったそうだ。あほか。

これも友人の悪癖だ(と私は思っている)。人には好かれていたいけど、そのために頑張ることはしない。居心地がいい関係というのは「自分が」無理をしない関係のことであり、頑張らせようとする人とは仲良くしたくない、という。

 

話が長くなった上に逸れていた。閑話休題

 

別れた恋人のことを、友人はやっぱりさんざん言った。いい人だった、優しかったと言ったその口で、どうしていい人ぶったの、優しくしたの、私を傷つけるなら最初から告白なんてしないでほしかった、と言う。

あほか、と思った。けれど言わなかった。言ったら友人のメンタルさらに凹んで面倒なことになるから

 

でも、最近になって気づいた。気づいたというか、ようやくそ事実直視した、というか。

友人はこれを、私相手でもやるんだろうな。

 

前述したとおり、これまでの事件に私は関わっていない。友人と私は職場が違うし、ツイッターでは呟く話題も違うからそもそもフォロワーが被らない。Aが例外だったのだ。

このAの事件で、私は初めて当事者になった。

 

友人はとにかくとんがっているので、一度嫌いになった相手のことをさんざん言う。相手を神さまのように持ち上げることで、あんな高いところから私は落とされたのよと自分が受けたダメージを倍くらいにする。そして、嫌いになった相手が関わってきたものも大体嫌いになるので、さらダメージを倍にしている。

今回の場合、「嫌いになった相手が関わってきたもの」に私が含まれている。

 

もう3ヶ月ほど、友人とは連絡を取っていない。

から、友人をブロックしたり、連絡を絶ったりするつもりはなかった。なぜなら、そんなことをすればきっと彼女は私を神さまみたいな悪者にして、自分が傷ついた話を延々他の人にするんだろうから。ここまで来ればもはや意地である

しかしそれも時間問題なのかもと思う。悪癖だのなんだのと私もさんざん言ってきたし、この文章はまるっと全部友人への愚痴なのだが、それでも私は彼女を友人と思っていたし、これからも友人と思っていたかった。面倒に思うことを補って余りあるくらい、私は彼女のことを好いていた。

でもたぶん、友人はそうじゃないんだろうな。

 

 

……長々と書いたらそれなりにすっきりした気がする。

誰も見てなくていい日記だけれど、これがインターネットというだだっ広い場所に公開されていると思うだけで、愚痴を誰かに聞いてもらった気にはなる。

見てくれていた人がいたら、ありがとう

今日の晩は、歯が抜ける夢を見ずに済むかもしれない。

2020-07-30

日記にしたらダメになった気がする

よく悩みは言語化すると何に悩んでるかわかると言うけど

自分場合言語化して日記にしたらかえって現実直視することになって辛い。

  

言語化する→何が望みか分かる→それが叶えられていない状態に耐えられない

小さい頃なら泣けば誰かが叶えてくれたかもしれないけど大人だとそうはいかないんだな。

でも泣けば少しはすっきりするかもしれないと泣いたけどすっきりしてない。

  

昨日もご飯を作っても待っていても一言もないのね。

美味しいと私が言わなかったことがあった時は怒ったのに。

おいしくないならしょうがないけど。無言ってイエスなのかノーなのか、はたまたそれ以外なのか分からんから嫌いだわ。

  

昔の仲良かった時の思い出が辛い。前はこうだったのにーって思いたくないんだけどそればっかり出てくる。

2020-07-29

自己肯定感を分解する

自己肯定感が高い/低いと言いますが、そもそも自己肯定感ってなんでしょうか。

自己肯定感が低い(とされている)人は生きるのがつらい。自分が失敗してしまったとき、壁にぶつかったとき、不運に見舞われてしまったときに、必要以上に落ち込んでしまう。自分がなにか行動を起こすとき自己肯定感の低さが足かせになり、なかなか行動に移すことができない。そんな自分が嫌になり、どんどん消極的になってしまう。ひょっとすると、予想だにしない幸福が訪れた時でさえ、自己肯定感の低さがあだになり、それを素直に受け取ることができない。あるいは、実際にはそこまで不幸でもない現実自己肯定感の低さとのギャップを埋め合わせるために、ついつい自傷行為自分を傷つける媒体や人に走ってしまう。周りには自己肯定感の低い人が集まり相互作用しあってどんどん不幸になっていく(書いていて嫌になってきました)。結果、生きるのがつらい。

逆に自己肯定感のある(とされている)人は、不幸や失敗にいちいち落ち込まずに、どんどん新しいチャレンジをすることができ、成功体験を積み上げやすい。経済的にも文化的にも幸福な友人や恋人に恵まれ幸せ人生を送ることができる。つまり自己肯定感を高めることができれば、今は不幸な人も幸せになれる。あらゆる問題仕事面、恋愛家族関係がうまくいかないなど)が、自己肯定感問題還元され、幸福必要ソリューションです的な扱われ方をされるケースさえあるかもしれません。

果たして本当にそうでしょうか。例えば、自己肯定感の高い(とされている人)が、日々の暮らし自分自己肯定感の高さを認識することは少ないはず。呼吸をするとき空気存在意識することが無いように、ごく自然存在しているものだと思います。逆に自己肯定感が低い(とされている人)にとっては、四六時中自分を縛り付けている呪縛のようなものかもしれません。そのせいで、個別になんら関連性のない事柄自分の不幸な想像を駆使して結び付けてしまう。文字通り概念に縛られている状態といえるかもしれません。

実際には、自己に対する否定感情は、(人によりその頻度や強度は様々でしょうが)その時の環境や本人の体調に大きく作用され、瞬間的・個別的に発生するものです。単なる推測にすぎないのですが、おそらく瞬間的な自己否定感情が習慣化してしまい、負のスパイラルに陥ってしまっている状態の人=自己肯定感の低いと認識してしまっているのだと思います自己肯定感が低いことを内面化してしまうと、個別事実を冷静に観察できなくなり、本来解決可能問題に対しても自己肯定感の低さを理由に、適切な解決策を考えることができなくなってしまます

(私は精神科でもなんでもないのでいち素人の考えたことに過ぎないという前提のもと)もし、あなた上記のような状態になってしまっているとしたら、取り組むべき課題は「自己肯定感を高める」という抽象的な何かではなく、自己否定感情を覚える個別事柄に対し、以下の順序で対処を試みることなのかもしれません。

1.まずは、自己否定感情を覚えた瞬間を認知する

2.その時の外的要因(人間関係とか仕事とか)と内的要因(体調とか心理状態とか)を把握する

3.上記の瞬間を類型化する

4.その類型ごとに大まかな対処法を考えてみる

5.上記を一つでも良いので実践してみる

6.日常的なセルフコントロール(体調管理精神管理、瞑運菜眠など)を実践してみる

詳しくは知りませんが、上記一般的精神診療などで用いられる認知行動療法と同じようなもので、特に目新しさはありません。長々書いてきて、結局xevraさんと同じ結論かよ

==========================

xevra 2020/07/27

運動瞑想睡眠野菜を徹底してる人は自己肯定感と言う言葉のもの意味が分からない。自分自分肯定否定もない。ダメな所も良い所もあるただの人間だ。下らない概念に振り回される意味が分からない

==========================

と言われるのも少し不満なので、一つ私の話をしようと思います

私はもともと自分自己肯定感の高い人だと思っていたのですが、最近自信がなくなってきました。というのも、そもそも自分他人人生に興味・関心が薄く、そのためか、強く共感したり、感動するとか、ましてや人を好き/嫌いになるとか、(物心ついて四半世紀が経ちますが)これまであんまりピンときていなかったんですね。それって自己肯定感が高いのではなく、単に自己/他己に対する関心を失っているだけではないかと思ったのです。

その意味では自分を好き/嫌いになれる人というのは(一切の皮肉抜きで)向上心のある人なんだなと思いますし、他人人生に深く共感できるというのは羨ましくもあります。もしかしたら、三人兄弟末っ子でまあまあ放置されて育ったこともあるかもしれません。自分を嫌いになることだって、裏を返せば自己愛が豊かな証拠だと思うのです。例えば、人が問題に直面した時に自己否定感情を覚える現象は、私から見れば、(自己愛が豊か/理想が高いが故に)自分が劣った人間だということを直視できず、現実理想ギャップを埋めるために、自己評価を下げることで帳尻を合わせるという、一種防衛反応のように感じます

壁にぶち当たった時に、自己理由を求めるのは自分を大切にする心が備わっているからです。私のような自分他人いまいち興味の持てない人間は、環境他者自分の行動をシステマチックに整理して対策を考えますふわふわ物事自己問題を離れ、幽体離脱し、神の視点から考えている感じ。故にあまり落ち込んだりしないので、切り替えが早いとか仕事が早いといわれることもありますが、(反面無自覚に人を傷つける言葉を使ってしまうこともしばしば)本当に良い仕事、人の心を動かす言葉を紡ぐことはできないのではないか、と最近思います

なのでもし、あなた自己肯定感の低い人間だと自分認識してしまっているとしたら、自分を嫌いになれることは素晴らしい才能で、自己愛と共感力の豊かな人間であること。自己肯定感の低いという概念内面化せずに、目先の現象を都度観察し、一つ一つ対処を考え潰していくことができれば、とても感情豊で理想の高い人生をおくれるはず。そんなふうに私は考えています

2020-07-25

https://anond.hatelabo.jp/20200725133254

重病の患者安楽死を勧める死の商人が増える、だよ

商人って誰だよ。四要件を満たす、かつ、院内倫理委員会を持つような、医療機関限定するように合法化すればいいじゃねえか。

安楽死してもいい、から、「安楽死するべきだ」までの距離はお前らが考えてるよりも短い

治療方針とか生きる方法とかを「自らが選ぶ」権利を与えることが目的から、「安楽死するべきだ」なんて言説は全くもって方向違いでしかない。短いとか言ってる奴らはなんなの?

反対するべきは「安楽死するべきだ」というものであって、「安楽死する権利を与える」ことじゃねえ。

「クソみたいなやつらが現れるから権利与えられねえ」とか何様なんだ。

透析必要患者に対して医療費無駄だって言ってる奴らはどこのどいつらだ?

どうして、賛成派も反対派もどいつもこいつも、医療費の話と混ぜるんだ。

これは個人選択権利問題であって、医療費削減の話じゃねえだろ。

国民成熟しきってない上に、国民感情で判決出す裁判所であるこの国で、権利など認めてはならない。

裁判所が何に関係あんの? 医療費削減を名目とした安楽死裁判所国民感情をもとに認めるの?

裁判所じゃなくて立法府がそれを許さな法律にするべきであって、そう監視するのが国民役割なんじゃねえの?

そもそも医者が人工呼吸器を外すと自殺幇助の罪として「起訴されない」のは、「国民感情」じゃねえのか?

現状歪んてるのを放置して、直視せず、明文化した権利を認めないっていうのは意味がわからなさすぎる。

成熟していないやつらに権利を与えてはいけない」っていうやつが一番成熟してねえと思うわ。

コロナSNS

知り合いが外に出て遊んでたり飲んでたりするのを見るとものすごくジャッジしてしま

マスクしてないのに距離近いな」とか「この人何だかんだ毎日遊んでんな」とか「何も考えてないのかな」とか反射的に考えてしま

そして自己嫌悪する こんな風に思うこと自体が疲れる 自分性格の悪さを直視させられるのはしんどい

もう嫌だ 自分我慢してるのに…とか思うのも嫌だ あくま対策我慢こちらが勝手に(「良識」の名の下に)やってることになってるのが嫌だ 別に褒めてくれってんじゃないけど、もしかして自分けが馬鹿みたいに時間無駄にしてるんじゃないか?と思ってしまうこともある

2020-07-22

anond:20200722144052

さっきも書いたけど私は十字架を顔につるしてる状態の人が直視できない吸血鬼のような状態なので

十字架つるしてる人側の気持ちは慮る余裕がないというのが実際のとこですね

もう好き嫌いとかじゃなくて病気領域だと自分は思ってるので病気について私の気持ちを慮れって言われてもそういう余裕がないです

相手申し訳ないことをしているし自分加害者だとは思ってるけどね

anond:20200722142228

そういうレベルじゃないんだよね

例えるなら私が吸血鬼相手の顔に十字架がついてるように見えてるんだよ

はっきり言ってしまえば顔が怖くて直視できない感じ

から自分になんらかの問題があるんじゃないかと思ってしま

2020-07-20

初めて風俗行った時のこと語らせて。

20代ギリ前半の時、社会人大学に通い始めた。

通信制だが時には通学も必要で、地方から東京にわざわざ数日間通った。

当時ホテル相場東京地理がわからなかった僕は、五反田の安ホテルに泊まった。

五反田。どうやら風俗街らしい。

これはダウンタウン松ちゃん結婚した時の浜ちゃんコメントで知っていた。

からホテルについた僕はムラムラしていた。

そしてこう思った。

せっかく一人で風俗街に泊まっているんだ。

風俗いかなきゃ後悔する。

僕はその日風俗童貞を捨てることにした。

ホテルで店を検索する。

直接店に行くのは怖かった。

ソープ初心者にはハードルが高い。

とはいえ五反田にはないと思うが。

結果、マッサージ系のデリヘルを頼むことにした。

固定電話ホームページちゃんとある高めの店。

王将ご飯を食べ、普段まり飲まないビールを飲み、景気をつける。

そして初めての風俗店への電話

思っていたよりずっと丁寧な対応

思っていたよりずっと親身な対応

確か指名なしでお願いをした。

今泊まってるホテルは門限ありの上、密会厳禁らしく、わざわざラブホテルを利用する。

風俗店はなんとラブホテルまで手配してくれた。

電話が終わって安心したのも束の間、あることに気づく。

お金が足りなかった。

焦ってコンビニへ走る。

幸いATMはまだやっていた。

地方銀行も降ろせるようになったコンビニ

本当にありがたい。

そしてそのまま指定されたホテルへ向かった。

暗い路地も、怪しい客引きもなんのその。

俺はこれからホテルデリヘルを呼ぶんだ。

無敵感が凄かった。

人生初めてのラブホテル

驚いたのは、入室管理ガバガバさ。

そして、AVしかたことのないバスタブとガラス張りの浴室(後にこのホテル設備がやたら良かったことを知る)、豪華なアメニティ

ラブホテルってすげえ。

20分くらい待っただろうか。

嬢がやってきた。

実は待ってる間僕は、吉原年齢や写真について調べていた。

なるほど、年齢も写真もあてにしてはいけない。

から僕は期待していなかった。

どんな太ったおばさんが来ても受け入れるつもりだった。

それくらいムラムラしていた。

でも、そこに現れたのは。

今まで出会たことのないレベル美人のお姉さんだった。

顔が地元出会ったどんな人より綺麗。茶髪ボブが良く似合う。パーツが小さい。

背は160cmとドストライクで最高。

東京にはこんな綺麗な人がゴロゴロしてるのかと驚いた。

お姉さんの顔が美人すぎて、直視できなかった。

目が合うと笑ってしまう。

お金を払い、少し雑談の後、お姉さんに服を脱がされる。

近くでささやかれ、触られるだけで我慢汁が止まらない。

いっしょにシャワーを浴びた。

こんな綺麗な女性の手が僕の身体を、あそこを泡をつけて触っている。

そんな事実が信じられなかった。

そして身体を拭き拭きしてもらい、ベッドへ。

お姉さんはベビードールトップレス、どっちが良いか聞いてくれた。

僕は半分遠慮してベビードールにした。

この店は今も贔屓にしてるが、この時以外ベビードールなんて提案されたことがない。

今思えばGJであった。

いよいよマッサージ

まず背中キスをされた。

それだけで僕はビクビク感じてしまう。

擦れるお姉さんの髪の毛もくすぐったくてたまらない。

お姉さんの細くて白くて綺麗な太腿に顔を埋めマッサージを受けたり、四つん這いにされ秘部をいじられたり。

それが終わって仰向け。

から乳首舐め。

頭の中がはじけた。

こんな気持ち良いことがこの世にあるのか。

そう思った。

そして乳首舐め手コキで締め。

未知の快感に圧倒され時間は終了した。

さわりキスもしなかったけど、それでも僕は幸福感で満たされていた。

帰りのエレベーター、遠慮してお姉さんと距離をとっていると、お姉さんから強引に手を繋いでくれた。

あぁ…こんなん彼女やん…お姉さん大好き。

多分ギリ年下かもしれないけど。

こうして初めての風俗は大満足の結果で終わり、ホテルの門限ギリギリになった僕は、急いで五反田を駆け抜けた。

泊まったホテルの受付の怖いあんちゃん店員も、この時だけは可愛い子供に見えた。

その一月後。

デリヘルに味をしめた僕は地元繁華街宿泊した際、デリヘルを呼ぶことにした。

今度はマッサージじゃない、安いデリヘル

全身リップフェラもしてほしかったのだ。

そして部屋に現れたのは…

写真とは似つかわない、めっちゃ太めの黒ギャルだった…

いや良く採用したな…レベル申し訳ないが。

風俗は都会で遊ぼう。

ちゃんと高い店行こう。

ギャルの予想外にうまいフェラに悶絶しながら、僕はそう誓った。

逆カプえっち絵と推しの単体えっち絵が同じログに収録されていて脳がバグってしまった。

逆カプは……えっちさえ直視しなければ……セーフ……!

イネウヨ認定士震える

えー、ネトウヨ認定って人殺しなっちゃうの?

単に差別主義者をあぶり出して糾弾してるだけなんだけどな

日本過去の過ちを直視せず

日本スゲーやってるネトウヨとか叩かれて当然でしょ

俺がネトウヨ認定士5級だとしたら、はてなのみんなは1級くらいの実力の持ち主な訳じゃない

あの人をネトウヨ認定して叩いてたやつもたくさんいたろ

一体どうやって罪と向き合ってるん?

2020-07-19

anond:20200719194760

自己肯定感自分肯定すること以外で補われることはない。

自分は元無能ゆえに元に戻る可能性があるという事実直視しないようにしたいようでもある。

これも間違ってると思う。元増田は今も化粧やファッション努力を怠っていないように思える。

最近アイメイク情報に関心を持っているではないか

おそらく、元に戻りたくない恐怖に後押しされて、自己研鑽に励んでいるんだろう。

虐待されて育った子供が親になったとき子供虐待するように、弱肉強食的・マッチョイズム的世界観内面化し、自分を守っている側面が大きいと思う。

自分被害者だと考えて周りからの哀れみの視線を受け止める、というのは一般的に辛いことだ。

そんなことをしなくてもいい、と個人的には思う。

外野が、彼女たちを追い込む価値観のものと戦えばいい。「男はそんな苦しいことしなくても、彼女できてる。 女の子ばっかりに背負わせるのをもう止めよう。」

anond:20200719194203

美醜に限らず、元無能ってこの増田みたいに格下の人間にとかく厳しいよね。

無能時代に極限まで下げられた自己肯定感を、他人攻撃することで補っているようでもあるし、

無能攻撃する立場に回ることで、自は分元無能ゆえに元に戻る可能性があるという事実直視しないようにしたいようでもある。

この手のタイプ上司だと楽だよ。おだててあげれば乗るし、もっとおだててあげれば自滅するからね。

逃避行

僕は逃げる人間だ。この話を綴るためには、まず懺悔しなければならない。僕は逃げる人間だ。卑怯者だ。その上で聞いて欲しい。

皆さんには、座右の銘ってありますか?僕はあんまりそういうの考えてこなかったし、なにぶんフラフラして生きてきたもんだから座右の銘を考えようとしても、どれもいまいちしっくり来なかった。でもある時、ひとつ自分の中で、これはぴったりだってものが出てきた。「袖振り合うも多生の縁」。本来、どんな出会いも必ず意味があるのだから大切にしなくてはいけない、という意味だ。だが、僕の中ではそれを広げ、仮に不運なことがあっても、それにも必ず意味があるのだからポジディブになって、その場でできる限りのパフォーマンスをしよう、という別の意味も持っている。

この言葉は、少しずつ自分の考えを矯正していった。どうしてもネガティブになりがちな人間から、何か悪いことがあったり、嫌なことがあっても、これにも必ず意味があるんだ、と思わせてくれる。先に進む勇気を与えてくれる。そういう道標だった。

だが、ふとある日気づいた。これって、自分の嫌なことから目を背けるための呪い言葉なんじゃないか?失敗したことに背を向け、努力不足を正当化する。こんなに恐ろしい免罪符はあるだろうか。だが、それに気づいた僕は、その現実からすらも逃げた。いや、到底直視できなかった。僕の全てが瓦解してしまうような気がして。

今でも、僕はこの言葉を思い返すことがある。何なら、未だにこの言葉に縋っている事すらある。心の中では自分を責められるが、それを行動に移すことが怖すぎるのだ。そしてやがて、自分はどこまで逃げればいいんだろうかという別の恐怖が生まれてきた。この逃避行はどこまで続いているのだろうか。もう戻れない所まで来てしまった。一方通行の闇を走り抜けるしかない。

2020-07-18

人生仕事をしてる時間仕事から必死に目を逸らしてる時間しかない

世の中の人仕事かい苦痛をどうしてああ楽々とこなせるのか。

私は義務責任が嫌いだ。

義務責任の伴わない仕事はない。

もう仕事苦痛からは逃れられない。

小学校理科時間に遮光板がなくて一人だけ太陽直視してるみたいだ。

周りの人は何でもないように遮光板ごしに太陽を見ている。

その行為苦痛を感じる人がいるなんて思いもしないだろう。

私は遮光板の使い方を教わらなかった。

いやそれは言い訳だ。

同じ家庭で育った姉は立派に社会人をやっている。

この世界は誰かの仕事でできている、のような言葉に吐きそうになる。

働くことも満足にできない自分はこの世に存在してはいけないんじゃないかという気になる。

この地獄が一生続くならいっそ自分で終わらせたい。

2020-07-17

anond:20200717164908

そうだよな

重症者数や死者が減ってるという現実直視できずコロナは死病だと思い続けてる奴らなw

anond:20200717114626

重症者も死者も増えない現実直視しろ

もしかして初期のコロナは危なかったのかもしれないが今はただの風邪

2020-07-13

同性の友達を好きだと思った最大瞬間風速を誰かに伝えたいだけの話

私は同性の友達を、恐らく恋愛的な意味で好きになったことがある。

恐らくというのは、私が恋愛に対して確信を持ったことがそれ以外になく、「好きだ」と思う感情の湧き上がった瞬間をピークに長くは持続しなかったからだ。

彼女高校二年時からクラスメイトで、二年の終わり頃から仲良くなった。

何故こんな中途半端な時期に親交が深まったのか、そのきっかけを思い出すことは難しい。

というのも、大したきっかけもなくいつの間にか談笑するような仲になっていたからだ。

それでも敢えて理由を挙げるならば、彼女読書が好きらしいと知ってから、心の距離が急接近したような気がする(と、少なくとも私はそのように思っている)。

実を言うと、彼女とは一年生のわりと始めの頃から知り合っていた。

別のクラスに在籍していた、同じ中学校出身の子友達だったからだ。

しかも、その同中の友の誘いで同じ同好会所属していた。

私も同中の子彼女ほとんど幽霊部員(会員?)だったが、入会当初はいくらか一緒に活動もしていた。

しかし、その時は「友達友達」程度の感覚しかなく、「多分嫌な子じゃないだろうけど、仲が良いわけじゃないかちょっと喋りづらいな」などと思っていた。

二年生になって同じクラスに組み入れられた時も、そのような感じだった。

彼女は、私の一年からの同クラの子の「友達友達」だった。

私は、見るからにやばそうなパリピと比べれば安心のできるクラスメイトという認識の元で彼女と接しており、特に交流しまくっていたわけではないので、正直に言うと二年生の終わり以前の彼女をあまり覚えていない。

彼女と私は、読書趣味で馬が合った。

当時、私にはオタ友は居たが純粋読書好きな友達は居らず、私は初めて出会えた「気の合う本好き」の彼女のその稀有さに毎日テンションが上がっていた。

この頃は、隙あらばしつこく本について話していた記憶がある。(というか、その後もずっと本の話ばかりをしてるような気がする。ごめん)

彼女への気持ちに変化が生まれたのは、三年生の冬だった。

彼女との共通友達、私の一年からの同クラの友が風邪で休んだ日のこと、私と彼女は次の授業のためにコンピュータのある教室へ移動していた。

私の電子辞書で出鱈目な検索をし、出てきた変な単語を見て、二人して廊下でワハワハと笑っていたのをよく覚えている。

彼女と私は移動教室先の席が隣り合っていたため、教室に着いて席に座ってからも、出鱈目検索をして変な単語を見つけては笑い合っていた。

多分、植物名称がヒットした時だったと思う。

何の植物だったか忘れたけれど、確かその学名が本当にへんてこりんなやつだった。

まりにも面白すぎて、めちゃくちゃに笑いながら、私は彼女の顔をパッと見た。

そしたら彼女も同じく私を見て、めちゃくちゃに笑っている。

なんでだろう、その瞬間に高揚感が最高潮に達してしまった。

感覚としては、良質な推し成分を摂取して悶えている瞬間に近かったかもしれない。

でも、それとは少し違っていたと思う。

とにかく心臓キューッとなって、あり得ないほどの多幸感が生まれた。

そして私は「あれ、なんでこんな気持ちになってるんだろう」と一瞬ばかり思考して、すぐに気が付いた。

「好きだからじゃん?」

そう、なんかよく分からないけど「好きじゃん」って思った。

別に「笑った顔が可愛いな」とか思ったわけではなくて、何故か唐突に「好き」という感情けが浮上してきた。

それはもう驚いた。

実を言えば、人に対してこんな感情を抱くのは初めてだった。

同性にも異性にも「気になる」とか「好き」とか思ったことは一回もなかった。

また、人と付き合ったこともなく、私はオタクだけれど声優さんアイドル2.5次元などの界隈には全く興味がなかった。(これらは今も同じ)

これは中学から友達に言われたのだが、私は「生身の人間に対して興味がない」のだと思う。

そのようなつもりはなかっただろうけど、今思えばあの瞬間、結構混乱していたような気がする。

自分の中の変化にいっぱいいっぱいで、彼女に何を言ったか覚えていない。(はちゃめちゃな多幸感が動揺に勝っていたのだろうと思う)

「好きじゃん?」という疑惑から「好きじゃん!」という確信に変わったのは、起立、注目、礼をしている最中だった。(出身の匂わせ)

しかし、あの余韻に浸る暇もなく、すぐに授業が始まってしまったので、そこから記憶はしばらく途切れる。

その日の帰り、電車に乗っている際に、私は「このことを何処かで吐き切らないと死んでしまう!」と思って2ちゃんに書き込もうとした。(もう5ちゃんになっていたかも?未だに2ちゃんと言ってしまう)

多分、チラ裏みたいなスレに書き散らそうとしたんだけど、文章を書いている途中に「本当にあれって恋愛感情だったのだろうか?」という疑心が心中に生じた。

恋愛感情を抱いたことのない人間が、にわかにその感情確信してしまうということは、なかなか変な話のような気がする、と。

それに加えて「私が彼女を好きであること」を再認識させるような行為をして、それが私の何の為になるのか、と思ってしまったのもあるかもしれない。

かに彼女のことを「好き」とは思ったけど、私は彼女とどうこうなりたいと思っているわけではなかった。

そもそも異性愛一般的なこの社会で、同性の友達からあなたのことが恋愛的に好きです。あっ、でも別に付き合いたいわけじゃなくって、言いたかっただけ!」とか言われたら「コイツ何がしたいんだ?」と思うのが普通だと思う。

私には堪え性がないから、再確認行為をしてこの感情を定着させた挙句の果て、気持ちが抑えきれなくなってそのようなことをしてしまうような気がする。

そんな未来が見える。

となれば、どうなるだろう。

私は友を一人失うことになるだろうし、逆説的に言えば、彼女も同様に友を失ってしまうことになる。

まりにも独り善がりすぎやしないか

ここで、私は冷静になった。

馬鹿じゃん、やめよう」と思った。

最寄駅の階段を、カンカンと上って改札へ向かう最中だった。

「丁度良いし、もう続きは書かねえわ」と決心した。

執筆途中のメモを、どのように処理したか全然覚えてはいない。

今も探したら、もしかしたらどこかに見当たるかもしれない。

それが、恐らく1年と半年と少しくらい前のことだ。

私は地元から遠く離れた大学に進学し、また彼女は隣県の大学に進学した。

卒業した今でも交流はあって、そんな頻繁というわけではないが、LINEで「課題やばい」などと言い合うくらいの仲だ。

実を言うと私は春休み中に帰省しており、その時に彼女と会っている。

遊ぶ約束して、集合場所の駅へ行くために電車に乗り、降りてから改札を過ぎると、彼女が駅の柱の前に立っていた。

目が悪いのに視力矯正系の道具を装着していないせいで、顔が認識出来ずに最初は気付かなかった。

こちらを見ていたから、多分、彼女が先に私に気付いていたのだろうと思う。

気付いた瞬間、私はニヤニヤしながら近付いて「久しぶり!」などと言った。

「久しぶり!」などと言った、とやけに余裕そうな感じで書いたが、実際のところ私はそう言いつつ彼女直視することが出来なかった。

恥ずかしかたからだ、あまりにも。

彼女は私の知らないうちに髪を染めていて、格好も制服ではなく私服だったから「なんだか本当に大学生なんだな」と思った。

そう思うと、本当に恥ずかしくなった。

これは「自分が恥ずかしい」と言う意味ではなく、うまく言い表すことが出来ないが、「彼女が素敵すぎて、まばゆすぎて、恥ずかしい」ということだった。

「やっぱり好きじゃん!」

他の友達とも幾人か会って遊んでいたが、こんな気持ちになるのは初めてだった。

しかも、彼女と会っただけでこんな気分になってしまった。(こんな!こんな!)

そうして私は「恋愛的に好きかどうかと言われると懐疑的だけど、やっぱこの子自分の中でなんかこう、他の人とは違う位置付けをしている、ような気がする」と認める他なかった。

私の心中で起こった一連の出来事は、誰にも言ったことがない。

彼女は勿論、知り合いの誰もがこのことを知らない。

今のように私が無意味価値な再認識行為をしているということも、万人が知らない。

から、これを発表して友人知人に見られたところで、何人たりとも私と彼女とを関連付ける者はいないだろう。

しかし、万が一ということがある。

私に気付いてしまった方はそのままこのタブを閉じて、見なかったことにしてやって欲しい。

2020-07-10

自傷跡の切除手術をしました

拝啓

リストカットをしているあなたへ

今日局所麻酔リストカット跡の皮膚を切除、縫合する手術を受けました。

初めてだったので範囲はこれより狭いですが、高●クリニックさんのこの動画(https://youtu.be/wPewFyff1iY)と同じような処置です。

怖かった。死ぬほど怖かった。本当に本当に怖かった。皮膚を切るのも痛いのもとっくに慣れたと思っていたけど全然違いました。

局所麻酔を切除する周りから注射していき、感覚がなくなってから皮膚を切り取っていくのですが、今まで散々血まみれになるまで切っていて、採血なんかもむしろ好きなくらいなのに、処置してもらっているところを直視できませんでした。泣きながら反対側の壁をひたすら見ていました。

自分で付けた傷なのに、自業自得なのに、先生処置して頂くのが本当に申し訳がなかった。恥ずかしかった。怖かった。情けなかった。

気持ちが全部ぐちゃぐちゃで手足の震えと涙が止まりませんでした。

自業自得なのにすみませんと涙声で謝ることしかできませんでした。


リストカットをしているあなたへ

リストカットの跡を治療するのにはどのような方法があるか、どのくらいの費用がかかるかご存知でしょうか。

リストカット跡の治療をしようと決意してから形成外科美容外科を回れるだけ回りました。

提案された例は(自分の傷の状態場合ですのでかなり個人差はあると思います あくまで一例です)、レーザー治療85万円、植皮治療70万~140万円、削皮治療35~70万円。途方もないと思いませんか?

これだけお金をかけても、元通りの皮膚には決して戻りません。火傷の跡のような傷が残ったり、継ぎ接ぎの傷が残ったり、縦に縫合した跡が残ったりします。

私はリストカットをしていたことを心の底から後悔しています

生きにくい世の中で生きていくには必要だったかもしれない。リストカットをしていたか自殺を完遂できずに済んでいたのかもしれない。それでも、人の目は避けられません。就活は不利になります治療には途方もなくお金がかかります。まるでダメ人間というレッテル自分の腕に貼っているような気持ちです。

どうか、傷跡が残ってしまうほど深く切る前に、回数を重ねる前に、残る傷跡が酷くなる前に、リストカットをやめてみるという選択肢を持ってみてください。未来自分のために、考えてみてください。取り返しのつかない状態になる前に、後悔する前に、どうかお願いします。

敬具

局所麻酔が切れてきて地獄にいる私より

2020-07-09

教育高齢者医療は、税金無駄

高校無償化大学無償化、そんなもんはしなくて良い

そもそも小学校から全部自費で通わせるべき

教育は贅沢であって、それを享受する資格のある奴だけが受けるべき

国民の金で大学通ってる奴の8割は遊んでるだけという現実直視すべき

高齢者医療は明らかに無駄

そりゃあ20代や30代で重病にかかるのはかわいそうだから、生きられるようにすべきだ

あと、医者弁護士大学教授などの世の中に必要な人も生かすべきだろう

しかし、50代の専業主婦ババアみたいなGDPに何の貢献もしてない奴の健康税金で賄うことはない

あと、暴飲暴食と不規則生活の結果、糖尿病かになった自業自得な奴も

高齢者は金かけて生かすよりもむしろ早く安らかに死んでもらう方がよい

安楽死から葬儀・埋葬まで、Aコース50万円、Bコース100万円、Cコース200万、……みたいにして売ればいい

2020-07-07

このトップブコメに星が集まるのを見て失望と怒りが沸いた

ので書き殴らせてくれ。

 

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20200706194824

ビジネス所得を得てる層は、宇都宮氏と太郎はキツいんだよな…税が上がる未来しか見えない。自分大好きポピュリスト小池排除すると、現実的なのが小野氏だったりする。

 

東京都中小規模事業数の比率は全体の99%も占めると言われている。

からこそ、宇都宮健児も山本太郎中小企業や個人事業主地域経済を支える存在位置づけ、

マイナス分の補填都知事選公約に掲げていた。一方で小野泰介にはその視点が全く無い。

中小企業・個人事業主こそビジネス主体なのだが、ブコメの”ビジネス所得を得てる層”って誰だよ。

コロナ禍でも所得に影響なかった経営者資本家さんですか?一部をクソデカ主語で語んなよ。

そして、ちゃん公約読んでないだろ!

小野泰介の公約インフラぶっ壊して民営化進める方向なんだけど誰得なん?

このコロナ禍において、まだ民営化IR誘致、オリパラやりたいって発想が理解できない。

まず必要なのは疫病対策経済対策なんじゃないの?

 

あと、宇都宮健児や山本太郎政策はその財源が争点であり、

特に山本太郎法改正地方債の発行、国への交渉など前途多難かもしれないが、

日本蔓延している馬鹿げた緊縮の呪縛から解放されるためにも

理論可能であるなら東京都で試してみる価値はあった。

対して小野泰介の財源はテンプレ通り、知事報酬カット事業見直しとのこと。

小池さん既に95%も都の貯金を取り崩してしまいましたよ。

 

今後、このコロナ禍で被害にあった(これから被るかもしれない)中小企業・個人事業主などの救済を疎かにすることで

経済活性どころか生活困窮者さらに生み出すことになり、貧困化がより進むのが目に見えている。

恐らく第2波がきても国は災害認定しないし、これ以上の財政出動も行わないだろう。

この状況下で都の収入は大幅に減るわけだが、小野泰介の公約でどうやってコロナ対峙して復興目指すんだ?

どこが現実的なん?星つけて賛同してるブコメ民よ、説明してくれ。

 

竹中平蔵は叩くくせに小池百合子や小野泰介のような新自由主義者容認する。

東京富裕層が多いからなぁ”とか自分安全域にいるつもりでブコメしてるお前らこそ

将来は経済弱者にならないとは限らないんだぞ。

こういう本当の現実直視できないやつらが小池百合子を再選させてしまったんじゃないの?

何が”税が上がる未来しか見えない”だよ。いい加減その遅れた貨幣論意識アップデートしろよ。

いい歳して腐女子になった

いかん。これはいかん。

自分がどうしてこんな気持ちになってしまったのか全く分からない。

気持ちの転がるスピードについていけなくなっている。落ち着くために増田を書く。

まれて初めてBLにハマった。

もともと周囲に腐女子は沢山いた。学生時代は常にクラスで一番おとなしい女子グループ所属していたし、芸大に進学するとそれはそれは沢山いた。だから友達おすすめのカプ本を見せてもらったりしたことはある。でも何を見せてもらっても、どれだけ魅力を熱弁してもらっても、全くテンションが上がらなかった。女の子が出てくる恋愛漫画はいくらでも面白いものが見つかるのに、なんで…といつも思っていた。

オタク友達に囲まれているのに自分けがオタクになりきれなくて、疎外感ゆえに八つ当たりして「これ男同士である必要あんの?」とまで思っている時期もあった。

から2ヶ月ほど前。

旦那とあるゲームを買ってきた。数年前に発売されたゲームで、自粛要請間中にやってみようかなと言う。せっかくだから私もやってみることにした。

うん、結構面白いキャラクターデザインなかなかいいな…と思いながらプレイしていると、一人のメイン登場人物、Aのイベントシーンに目が釘付けになった。

なんだこれ。なんだこれ。えっっこれは……かっこいい……………。

急に画面を直視できなくなった。自分心臓ものすごいスピードで鳴っているのが分かる。なんかめちゃくちゃ暑くなった。

その日はなかなか眠れなかった。目を閉じると例のイベントシーンが浮かんできて、また暑苦しくなってしまう。

翌日の仕事全然集中できず普段絶対にしないようなポカミスをした。家に帰るととりあえず例のイベントシーンの動画を見た。昨日に比べると少しはマシになっていたがそれでもまた同じように心臓がドクドクしているのが分かった。

それから数日、一人になった時間を狙ってイベントシーンの動画を繰り返し、繰り返し見た。見ていない間は思い返した。

そのイベントシーンは時間でいうと非常に短いもので、シーンが終わるとロードを経て通常のプレイ画面に戻る。

何度も何度もシーンを思い返すうちに「画面が戻る間、彼は何をしているんだろう」という疑問がわきあがってきた。

ピクシブで誰か描いてないかな…

気が付くと数年ぶりににピクシブアプリダウンロードし、「A」検索をかけていた。案の定シーンとプレイ画面の狭間時間に何があったのか想像して描いている方がいた。貴女が神か。ありがとうございますありがとうございますと、いいねをした。

そこからタグを辿って延々とAのイラストを見続けた。最高。最高すぎる。かっこよすぎる。なんだこれ。男性キャラでこんなにかっこいい人がいるなんて。

タグの中でも特に沢山Aのイラストを描かれている方は、BというキャラカップリングさせたBL作品も描かれていた。

B?あぁー最近攻略したとこでちょっと出てきたな…と思いつつ、美しいAのイラスト表紙に吸い寄せられて思わずタップしてしまった。

読んだ。感動した。泣いた。なんて美しい愛。なんてピュアな恋。

まりにも美しいキャラクター達の恋心の発露に、いびきかいて寝ている旦那の横で声を押し殺して泣いた。

B、何者なんだ。気になる。Bも最初は気づかなかったけれどめちゃくちゃかっこいいじゃないか

こっそりベッドを抜け出して、ゲーム機を起動させてBがメインで出てくるところまでぶっ通しで攻略した。もう完全に眠気は吹っ飛んでいた。

AとBが会話をするイベントシーンを見て、例の同人を思い出してまた涙ぐんだ。もう私の中でAとBは完全に運命恋人同士になっていた。

それからというもの暇を見つけてはピクシブでAB作品を探し(もちろん原作ゲームはあれから速攻でクリアした)、ニヤニヤする生活を送っている。

本も買いたいけれど、数年前の作品からか軒並み完売しておりどれも手に入らない。仕方ない。

とにかくネットでAB作品を見るのが楽しい。読むと、温泉につかったときに「あ゛~~~」と言いたくなる、あの染み渡るような感じがする。ABに自己投影しているというよりは、ABの2人が幸せにしている空気に「あてられる」感じがする。

なるほど、色んな友達が壁や観葉植物になりたいと言っていたのは、こういうことなのかもしれないな。

人生で初めてBLにハマッたことを私はまだ誰にも話していない。

なんだか少し気恥ずかしい。自分でもまだ気持ちの整理ができていない。腐女子友達にもABに大して興味が無いならば言わないほうがいいのかしらとも思っている。

周回遅れ感半端ないけれど、今はとにかく楽しい

…落ち着くために増田に書いたけど、全然落ち着いてないなこれ。まぁいいや。

別に完璧野党じゃなくてもいいんだけど

完璧なんて求めたらキリがないのは確かで、世間野党に対する評価基準がやたら厳しくなってるのは確かだと思う。

ただ、個人的にはどうしても立憲民主に対するイメージは良くない。

理由として大きいのは俺が住んでいる長崎県知事選の際に、当時の民主の選対委員長石井さんだったかな)が「民主党が推す候補当選しなかったら党としてそれなりの態度を取る」と脅した事だ。

実際に県知事陳情拒否した事もある。

長崎県には4つの選挙区があるが、2009年の際には全ての選挙区民主党の候補当選していた。

特に長崎一区は三菱造船所の労組出身高木さんが何度も当選してきた選挙区だ。

それでもこの扱いなのかと、愕然とした事をよく憶えている。

現在長崎一区は西岡武夫さんの娘さんが高木さんの地盤を引き継ぐ形で、国民民主議席を確保している。

だが政権交代を狙うのではあれば、立憲民主を中心とした野党連合、できれば合流して新党を作るという話になるだろう。

正直、長崎においては、件の県知事選での発言もあって民主党直系とみなされている立憲民主イメージは地の底にあると思ってもらっていい。

例えば立憲民主候補西岡さんが全面的応援するといった形だと、今のままではまず勝てない。

選挙に勝って政権を取る気があるのなら、安倍政権自民党の駄目なところを指摘するだけでなく、如何に自分達のイメージ回復し、良いイメージを持ってもらうかという事にも注力して欲しい。

その為にもまずは過去自分達の行いが、現在の極めて悪いイメージの原因になっているという事を直視して欲しい。

自民党ネトウヨ宣伝行為だけでこんな事になっている訳じゃないんだって事を認識して欲しい。

過去と誠実に向き合うという姿勢を強く示さない限り、現在野党政権を獲得するのは難しいのではないかと思う。

逆に言えばそこさえクリアできれば、忖度癒着というイメージがついた安倍政権との差別化ができるので選挙戦を有利に戦えると思う。

2020-07-01

コロナのおかげで無くなって一番嬉しかったのは通勤でもセクハラでもなく飲み会だった

無くなって初めてその気持ち悪さを直視できるようになるものってのはたくさんあるんだねえ

2020-06-30

anond:20200629225227

うだうだ書いてるけど結局は自他の切り分けや主張を持つことと派閥に阿ることの区別が出来てない所はなーーーんも直視できてなくてクズやなって感じ

社会圧力が怖いかリベラルの正しい価値観内面化しようとし自他の違いが分からんから自分事実」と社会の「正解」と他人思考感情がキチンと切り分けられんで

これはワイの心から事実なのになんで間違いなんやこれは他人思考まりお気持ちなのになんでワイが一致を迫られるんや

とか脅威を感じて怯えて混乱しとるところはなーんも進歩しとらんでな

アドバイスを寄越せと言うなら此処ははてなからxevraに帰依して運動野菜瞑想でもしいとでも言えばええか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん