「言論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言論とは

2018-06-23

障害者「ハンデを言い訳にする障害者は甘え。俺は努力して成長した」

障害者「俺は片目が見えないせいで小学生の頃いじめられた。そんなもんいじめられて当然だったと思う。体育で使い物にならねえしな。それでも努力していじめっ子達と親友になるまで成長した。ハンデを嘆く障害者死ぬほど嫌いだ」

他人に対して不寛容なこういう障害者ってたまにいるけどセコいし、意地汚いとしか思えない。

障害持ってる自分がこういうマッチョな主張したら発言力が無敵になる、健常者たちが祀り上げてくれる、ってことを冷静にソロバン弾いてよく理解した上で自己演出として戦略的に言ってる。

まりにも独り善がりすぎるし、ハンデを悪い事だと見なしてるのがそもそも乱暴だし、おかしい。

こういう言論を真に受けて、単なる障害者嫌いなだけの差別主義者が「これが本当の平等だ!ハンディキャップに打ちひしがれている奴はカス!甘えは許さん!!」みたいなこと言い始めるなんてこともありうる。

黙って努力して、黙って幸せになればいいだけなのに。

自分にできるから他人にもできる、できない奴は甘えだ、なんてのはさすがに乱暴すぎる。汚えよ。

2018-06-21

言論人が狂ってきた理由

それはきっと、出版業界だけ、ずっと景気悪いから。

帝国データバンクが発表してる過去業界天気図を見ると、見事に出版新聞だけ2010年からずっと「雷雨(景況感最悪)」。

そりゃ新聞も「アベノミクスの実感がない」って言うよね。

リーマン直後の2009年度は出版業界は「雨(景況感から2番目)」だから出版新聞業界のことだけ考えたら、確かに民主党政権時より自民党政権時のほうが景気が悪いね

リーマンショック時を下回る最低の景況観のまま、出版新聞10年が過ぎようとしている。

アベノミクスのおかげで(よくも悪くも)各業界が一息ついて、緊縮財政リーマンショックでお通夜状態だった建設業界ですら息を吹き返している。

そんななか、出版新聞けが、ずっと「雷雨」のまま取り残されている。

出版新聞業界けが、異常に景気が悪いまま。

そりゃ狂うよ。みんな。

ゲンロン8が熱いっ

東浩紀さんが中心となって出した「ゲンロン8」ゲーム特集の内容について、主にゲーム開発者の方々が批判して炎上している件。

ざっと見た限り、電ファミニゲーマー編集長の平信一さんのtwitterFacebook周辺が一番熱いようです(東浩紀さんご本人の他、イシイジロウさん、米光一成さん、大前広樹さん、濱津英二さん、島国大和さん、多根清史さん、清水亮さん、川上量生さん、やまもといちろうさんなどもコメント。平さんご自身は、ものすごく冷静ですが)。

中でも、痛烈に批判しているのが、ゲーム開発者岩崎啓眞さんのようです。

Facebookの公開投稿検索して見てみたのですが、岩崎さんの以下のコメントが箇条書きでまとめられていて、わかりやすい。

https://www.facebook.com/jun.okada.906/posts/2082518138456655

岩崎 啓眞 今回、ゲンロン8を読んだことで本当に思ったこと。

1)ゲーム技術と複雑に絡み合ったプロダクトであり、フルタイム仕事にしている人間とそれ以外でとんでもない差がある。

2)特にスマートフォンになってからは出る数も膨大になり、そもそも調査の段階からフルタイムVSアマチュアでは差が出てしまう。

3)技術を知らず、調査しきれない人間と調べないとリングに上がることもできない世界で生きている人間では「基本のラインが違いすぎる」

4)結論:作り手と同じレベルの話を出来るようになってから来い。

最初は怒ったけど怒る気すらなくなった。

なかなかすごい。

以上を一言で要約すると「素人は口出すな」ですね。

しかしこれはどうなのでしょう?

銀座のいろんな寿司屋にけっこう通ってる客が「サーモンはA店、まぐろはB店が旨い」などと語っていたら、

寿司屋大将が「サーモンは輸入なンだからどこの店だって同じでぃ。素人寿司を語るな」と言っているようなもののような気がします。

サーモンに関しての事実誤認に関してはそうなのでしょうが、だからって寿司を握った人でないと寿司を語ってはいけないというのは言い過ぎではないでしょうか。

岩崎啓眞さんがふだんどのようにゲームを語っておられるのかと思って、ググってみて、最初に「「レベルを上げて物理で殴る」の素晴らしさをゲームデザイナー視点で語ろう。ドラクエで学ぶ「RPGメカニクス」の3大メリットゲームの話を言語化したい:第四回】」という記事を見つけました。

その中に、以下のように書いてあります

http://news.denfaminicogamer.jp/column05/170905b

プレイヤーがバトルに敗北したとき、『ドラクエ』は経験値キャラクターをロストせず、所持金を半分にして、最後に訪れたリスポーンポイントから復活させるシステムなのだ

これはドラクエシリーズ全体ではなく、ドラクエ1の話です。

最後に訪れたリスポーンポイント」と書いていますが、ドラクエ1のリスポーンポイントラダトーム王の1マス下のひとつだけで他にありませんので、「最後に訪れたリスポーンポイント」の部分は正確な表現ではありません。

同じ記事の続きで、ドラクエ2に関して、

http://news.denfaminicogamer.jp/column05/170905b/2

1. プレイヤーはひとりで旅を始める

→これは『ドラクエ』と同じ構造にしてプレイヤーの負荷を下げるため

2. アイテム・装備・魔法の使いかたを覚える

→ここも『ドラクエ』とほぼ同じ構造になっている。なお『ドラクエ』というゲームの偉大さのひとつは、このチュートリアルを30年経ってもやることだ

3. 敵が複数出現し、だんだん戦闘がつらくなってくる

4. ふたりめの王子パーティに加わる

とありますが、ドラクエ2の1人目のプレイヤーキャラローレシアの王子)は魔法(より正確には呪文)は使えませんので、4の「ふたりめの王子引用者注:=サマルトリアの王子)がパーティに加わる」前の話なので、「2. アイテム・装備・魔法の使いかたを覚える」の「魔法」の部分は事実誤認です。

このように、ゲーマーの基礎教養であるドラクエ1・2に関しても事実誤認があります

実はやってないのでしょうか? うろ覚えなのでしょうか?

いえいえ、岩崎氏をdisろうという意図ではありません。

このような事実誤認によって、この記事全部が意味がないものになるかというとそんなことはなく、変わらず大変興味深い指摘だと思います

私が言いたいのは、このように誰でも事実誤認はありますので、

事実誤認を見つけたからこの本・記事意味がない」という姿勢はいかがなものか、ということです。

https://www.facebook.com/TAITAI999/posts/1982545055148919

岩崎 啓眞 僕は今回のことではっきりと思ってますが、雑な語りをされるぐらいなら「ない方がましだ」ですね。

そんなことはないのでは。

事実誤認があれば指摘して、著者も素直に訂正し、それとは別に議論を深め、ゲームに対する言論を高めていく、というのが健全ではないでしょうか。

だってゲームを本気で語ろうなんていう人たちの規模はこんなにちっちゃいんですから

ゲーム開発者が、ゲームの遊び手がゲームを語るのを弾圧するっていうのは本末転倒では。中国政府ですか?

ゲーム開発者の方は映画アニメを語るのが好きな人も多いですが、「映画アニメ)作ってないお前に語る資格はない」って言われたら嫌でしょ?

あとオンラインゲームオープンワールドスマホブラウザゲームなどはメジャーものだけでも全部まともにやるのは、一般社会人にとっては時間的不可能現実もありますので、「このゲームすらやってないのか」的な言いがかりも、いまの時代、やめた方がいいのかなーと。

全部やるのは無理だから、教えあうしかないんじゃないですかね。

電ファミニゲーマー編集長の平信一さんが

https://www.facebook.com/TAITAI999/posts/1977782982291793

じゃあ一方で、ゲーム業界側(ゲームメディア含む)が、その”正しい認識歴史”とやらをきちんとまとめるなり、伝えるなりしてきましたか?というと、少なくとも僕は見たことがないんですよね。(…)

まり、いわゆる“ゲーム業界人”(あるいはコアゲーマー)は、長年の経験を踏まえて正しい文脈を知っているかもしれないけど、それを整理して残す努力はしてないんじゃないかと思うのです。それって、僕からすると「ゲーム業界側の負い目」に思えてしまう(少なくとも、ゲームメディアがやれてこなかった仕事だと思う)。そりゃ、業界の外の人が分からなくて当然だろうと思うのです。

とおっしゃっているので、平さんあたりが音頭を取って「ゲーム業界から見たゲームデザイン史」的なものを作ってくださるのも素晴らしいと思います

今回の議論でもある通り、ゲームには作り手でないとわからない高度な技術的な側面がありますので。

あ、ただ、それを「正史」にする、という発想はまた違う気もしますけども。

映画業界人が作った「映画正史」とか、小説家組合が作った「文学正史」みたいのはあまりいたことないので。作り手が主張する歴史正史だ、っていうのも、なんか中国政府っぽくないですか?

そして最後ゲーマー日新聞J1N1さんのこの部分を引用しておきたいです。

http://arcadia11.hatenablog.com/entry/2018/06/20/%E7%A9%BA%E6%B4%9E%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%9F15%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%89%B9%E8%A9%95%E3%81%A7%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%BE%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA

そこで自分が言いたいことは一つだけ。自分たちのゲーム自分たちで語るべきだということだ。

自分たちのゲームを語り、周囲の人や後世の人に伝えるのは、自分たちしかいない。批評家評論家肩書を持った偉い人たちや、経済的課題を常に抱えるメディアに、全て丸投げする程期待してはならない。

今後のゲーム言論の発展を祈って。

2018-06-20

anond:20180620230855

一般人に直接言論作品規制するパワーなんてねえから

お前の思い込み一般化しないでくれる?

お前らの言う表現の自由ってなんやねん

批判する自由だってあるのにこれは不適切だと声をあげただけで言論弾圧だの表現の自由ガーが始まるよな。

一般人に直接言論作品規制するパワーなんてねえから。なーにが弾圧(笑)だよ。国家に向けて言うべきときに温存しとけよアホが。

anond:20180620182240

あぁそうか

当時の主流の思想左派だったのかは別として、積極的投稿されていた言論左派だったのか

ありがとう納得できたわ

ここが由緒正しい言論プラットフォームか何かと勘違いしてる痛い人居るの?

2018-06-19

anond:20180619152501

私は「放送するな」などと相手言論表現規制を主張してないもの

また、「作品批判するな」とも言ってない。

一緒にしないでもらえるかな、卑劣表現規制派と。

2018-06-18

暇潰しに例えると最終的に手遊びまで禁止はできないか言論禁止しても手遊びするよ派閥言論なきゃ生きていけない派閥分断統治がなされてしま

anond:20180618143027

まず、改行してくれ。読みづらい。

あと、「おまえに向けてねーし!とか言うなら」を省略したのは、

ココを削ろうが削るまいがあなたに向けて言う結論には影響しないから。

創作言論とも、基本的には「受け入れられない人には向けてない」。

これにケチをつける・世に出すなと主張してるんだから同じことだよ。

そもそも言論って言う場が多数決の中で権力を産み差別被差別を分けるんだから

平等原理に従うなら言論自体なくした方がいい

anond:20180618142728

作品をなくすのは「作者」と「それを楽しんでる人」を踏みつけにしてるだろ。

批判」なんていう、軽い行いが自爆テロとして機能してしまう。

すべての創作言論が消えてなくなるぞ

anond:20180618140544

それ以外に方法がないなどと決めつけるのがよくわかりませんし

男女平等なのだから男性権利保障しろなどという主張がまったく受け入れられない状況になってしまっているではないですか

もう言論においては負けが決定的だからこそ今の状況があるんですよ

認識が甘すぎるとしか思わないです

2018-06-17

anond:20180617134211

言論の自由があるのは国のおかげだから自由言論は控えなさいってか

それ言論の自由がないっていうんやで

2018-06-12

日大問題民主主義の戦いであ

日大問題は、田中理事長の一元統治体制根本的な原因がある。

そう教職員組合が会見で批判した。

 

しかし待て。

それならどうして、そのような独裁体制を成立させてしまったのだ?

 

その体制が完成しようとする間際に、これを批判した人たちもいたのだろう。それくらいの想像はできる。

しかし、そのような人たちが言論によって多数の支持を得て勢力形成することができず敗北した。これもまた想像できてしまうのである

 

戦前ドイツの例を思い浮かべると、ヒトラー率いるナチ党独裁体制は、その言論によって民主的に多数の支持を得て、正規手続きを踏まえて成立したのであった。

日大田中理事長独裁体制も同様であったはずだ。

まり、当時の体制成立に反対した教職員たちは言論によって敗北したのだ。

 

ならば、今の体制を打ち倒すのは、おなじく言論によってでなければならない。

知を司るはずの大学教授が、これほどまでに世論追い風を受けてでなければ、体制に立ち向かえないとは悲しい限りである

 

教職員組合の会見では、この機を逃せばまた敗北してしまうという危機感がひしひしと感じられた。

そこでは、報復人事を恐れる声がまだ職員の間にあることに触れていた(もちろんこれは世間向けのアピールの側面が多分にあるが)。

ここにきても報復人事を恐れるからこそ団結しようという発想に到らないとは、これは民主主義の敗北である

軍部が台頭し、誰もそれを止めることができず、あれよあれよというまに戦争が始まりアメリカに敗北した、かつての日本の姿を見る思いだ。

 

自分には権力に刃向かえるだけの力がないと思いこむ教員が、民主主義の何たるかを学生に教えられるとは思えない。

民主主義を守るために、日大教員たちは戦うべきである

 

 

いま勝たなければ、いつ勝てるというのだ。

2018-06-11

anond:20180611194139

いや、言えるでしょ。

宇宙人になったっていいし、空を飛んだっていい。これは普通に「なってもいい」の否定である「なってはいけない」に該当するか否かで考えればわかるでしょ。

「やれるんだったらやってもいい」「なれるんだったらなってもいい」と、可能性がないことを前提とする言論なんてそこら中ありますがな。

2018-06-10

anond:20180610110738

安房さとる氏の騒動についてはよく見ていないので、評価する立場ではないが(どこかでが言論かという線引きもあるし)。

セクハラについては、もう行わないように解任する(辞任を求める)とか責任者立場を失うことが責任という考えであって、アニメ化をしないとか本を出版しないとは違うのではないでしょうか。

作家立場が良く分からないけど、出版社との専属契約などがあればその専属契約を打ち切るというのが、もしかしたら近いかも。

勿論、上記区別には納得できないという意見もあるでしょうが

日大の悪質タックルの件もそうですけど、解任・辞任が責任の取り方という風潮はあるでしょうね。

2018-06-09

anond:20180609163921

気に入らない男を社会から排除するための言論による戦争行為だと思ってるからでしょ

しろあいうのを真に受けちゃってる男のほうが平和ボケしすぎてるんだと思う

日本リベラル陰湿

言論も行動も陰湿でびっくりする

やっぱり日本人は劣っているのだと思う

自分で考えず、誰かが失敗したらイナゴのように群がって上げ足をとる

発言の内容ではなく右翼左翼判断して、右翼ネトウヨネトウヨ発言権なしという過激カテゴライズをする

「それネトウヨで見た」という行為が今は自称リベラルで見られるようになった

2018-06-08

なんで「宮台真司をぶん殴りたい」って言わないの?

北原みのり「“サブカル”に隠された暴力」〈週刊朝日

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180531-00000020-sasahi-soci

 イベント後に食事をしながら、90年代って女にとって何だったの?という話をした。雨宮さんと田房さんは90年代青春を過ごした世代だ。私は雨宮さんより4歳年上で、あの時代俯瞰するように彼女たちを見ていた。エンコ世代と言われ、遊ぶ金ほしさに“自由意思”でセックスを売り“性的自己決定”を行使しているかのように大人たちが不用意に持ち上げるのを、見ていた。“サブカル”の文脈で、女性への暴力を極限まで表現する“作品”がAVとして発売され、リベラル言論人やフェミが高評価するのを見ていた。

そんなの持ち上げてたのは宮台真司と仲間たちだけの狭い世界で、まともな大人はみんな眉をひそめてたじゃないか

ついでに言えば、90年代どころか現在でも宮台真司ナンパを持ち上げたせいで勘違いした大学生レイプしまくって被害者続出してるじゃないか

いい加減にあのオッサン性愛に関する語りを辞めさせろよ。どれだけ被害者出したら気がすむんだよ。

北原みのりみたいなキチガイ実名上げずにフワッと「サブカル」全体の罪みたいに語ってどうするんだ。

当時サブカルにハマってたボンクラは援交ともナンパとも一番遠い場所にいるのに、罪だけは被れと言うのかこのババア

他の出版社に持ち込むこともできるし自費出版だってできる。Kindleでも何でも使えばいい。

言論は何も弾圧されてない。

2018-06-07

anond:20180607141117

結果論否定できないわけだ。

在日外国人言論が抑圧されているという幻想はこの一件からも明らか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん