「言論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言論とは

2017-10-19

anond:20171019135250

彼らにとっては世界とはPixivです

働くとは絵を売ることです

まりはそういうことなのですよあの手の言論

会社に勤めればわかるような前提がすっぽり抜けている

なのに社会の話をしようとするからたちが悪い

君がいる場所社会じゃないよと

2017-10-17

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.近年、気持ちの悪い欲望顕在化しすぎていませんか。

から見れば、他人欲望は得てして気持ちの悪いものだ。

そもそも気持ちが悪い」というのは「否定」と同じってわけでもない。

私は自分の切った爪を瓶に詰めているが、それを気持ちが悪いと言われても心が傷つくぐらいで何の権利も奪われていないし。

Q.リスペクト基準を教えてください。

偉大な功績を残した人物を、次回のプロジェクトから外す場合リスペクトが足りない。

偉大な功績を残していない人物を、次回のプロジェクトから外す場合リスペクトが足りてる。

クレジット名前を残さないのもリスペクトは足りてる。

まあ身も蓋もないことを言えば、その判断をする個々人が、その対象リスペクトしているかどうかでブレるね。

……え? その判断をする個々人が、その対象リスペクトしているかどうかの基準は?

それは「当人に聞け」としか私は言いようがないよ。

リスペクト”って割と融通の利く概念から

Q.「嫌なら見るな」とはよく言いますが、見なければ嫌かどうか分からない場合はどうすればよいのでしょうか。

その場合は見ればいい。

ただし、嫌だとかネガティブ意見を表明してはいけない。

彼らの言う「嫌なら見るな」っていうのは“そういう意味”だ。

……まあ言論とか表現の自由は、批評自由を奪うものではないので、有り体に言えば無視しても構わない理屈だ。

Q.ピーマンの身はどこにあるのですか。

そういった話は、大抵なんかの聖書を読めば載っているぞ。

私が読んだのだと、他国侵略したレバノン人が、レバニラの怒りを買ったと言われているな。

そのせいで肌が赤くなったらしい。

2017-10-13

好きになって付き合った女の子ビッチだった

好きになった女の子ビッチだった。本当にめちゃくちゃビッチ


なんで誰にでもそういうことするの?と問いかけると、

「求められると嬉しいから」

これをホテルのベッドで聞かされる彼氏自分)の気持ち、分かりますか。

でも、実はこのビッチ話は付き合う前から本人から聞いてたし、自分も知っていた。

なんでそれを知ったうえで付き合ったんだろう?たまに、ふと、分からなくなったり、自分に自信が持てなくなったりする。


はっきり言って自分社会的ステータスや外見、いろいろ鑑みても”選べる側”であることが多い人生だったとおもう。

これは驕り高ぶっていることは重々承知だし、読んでいて不快になる方もいらっしゃるかもしれない。

けれど、自分がなぜ、”あえて”その子を選んで、好きになってのめり込みそうなのか、いまだによく分からない。

だったら紹介でいいところのお金持ち令嬢の女子大卒を紹介してもらったほうがよっぽど色のある人生とも思える。



高校生とき童貞身分だった自分は、彼女に対して処女性とか、清潔感とか、よく分からない幻想を抱いていた。

周りを見渡しても男子しかいない男子校だし、楽しいことは放課後、男友達遊んだり、彼女いるやつのデートをつけてみたり、恋愛とは縁遠かった。

大学入って、年を経るにつれて、そういうのも失ってある意味「諦念」のような感情も芽生え、処女性とかそういうのは少し歪んでいる方の考えって思うようになった自分も今は理解できる。

よくネットで新品と中古品、どっちを選びますかって問われるけど、まぁそういう言論も分かる。

分かった上で、こだわっている訳ではないのだ。



けど、話は戻るが、なんでそれを知ったうえで好きになって、付き合い始めたのか、いまだによく分からない。

彼女キスも手慣れてるし、エッチも上手だし、ラブホに着いてもルーティンワークのように動く。

僕はそういう姿を見る度に何か悲しくなる。でも、彼女のことは好きだし、愛している。

彼女に、付き合ったら今までのそういう関係はどうするの?と問いかけると、

「分からない。寂しくなってたまに自信がなくなってしまときがあるのかもしれない」

僕も分からなかった。でも好きなのは確実だった。

彼女との今後はどう過ごすべきか、結婚すべきか、でもそういう人は浮気をしてしまうのか、分からない。

特別人間とか、運命の人とか、絶対とか、そういうのを信奉する信条は持ち合わせていない。

大事なことは、その人にとって特別人間になり続けられるように努力することだ思う。

自分努力するし、彼女努力して欲しい。どうすればこっちだけを振り向いてもらえるのか、分からない。

仲のいい周囲に話しても「お前はもっといい女を捕まえるべきだ」と反対されることも多い。けれど、それでも好きなのだ

純愛のように見えて純愛じゃない付き合いなのかもしれない。今後どうすべきか、分からない。

2017-10-09

anond:20171009012111

日本国憲法第21条

第1項

集会結社及び言論出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

第2項

検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

2017-10-07

[] #38-5「危ないアニメ

度重なる押し問答の末、シューゴさんはとうとう爆発した。

そして、一世一代の決心を宣言したのだ。

「もういい! もうたくさんだ! こんな曖昧基準で、表現が統制されてたまるもんか!」

ワガママを言わないでください。社会にとって害悪ものは統制される。それが今回はアニメだったというだけの話じゃないですか」

「俺から言わせればな、普遍性のないボーダーライン大義名分に、表現を統制しようとすることこそ害悪でありワガママだ」

「だからといって今のままじゃ、また苦情が来ますよ」

「上等だ! 奴らが文句を言うのはもちろん自由だ。だが、オレたちにも同じくらい尊重すべき自由がある!」

シューゴさんは頑なだった。

自分にとって不都合な影響を与えたくなくて、躾もロクに出来なくて、その責任をオレたちに擦り付けるしか出来ない。だったら、いっそ何もない家に一生閉じ込めておけ。それが一番確実で健全だ」

シューゴさんがいつもの調子でまくし立て始めた。

父もフォンさんも溜め息をつくが、どこか安堵もしていた。

シューゴさんほどではなかったが、二人とも今回の対応に不服であったのは同じだったからだ。

どこかでシューゴさんが突っぱねてくれることを期待している節があったのかもしれない。


そして、放送後……

シューゴさん、苦情が……」

「変える気はないぞ。主人公たちの武器はこれまでと同じ、人間相手にもバンバン使っていく」

「いや、今回はそこじゃなくて……」

「ん? どういうことだ?」

「『入浴シーンがセクシュアル的でよろしくない。青少年健全な成長に悪影響を与える!』……とのことです」

シューゴさんは大げさに笑って見せる。

父はあちゃ~と言いながら頭を抱えた。

「わっはっは、あ~そっちかあ~」

「ていうか暴力表現に関する苦情はどうしたんです? 今回はアクションシーンがいつもより派手だったから、むしろいつもより来ていると思ったんですが」

「たぶん、入浴シーンのほうが悪目立ちしたってことなんでしょう。そういう描写のほうが問題視されやすいですから

性別関係なく湯気をこれでもかってくらいつけているんですけどねえ。作画の手抜きを湯気で誤魔化しているんじゃないかって疑われるレベルで。更には放送局がそこに雑な修正まで入れてるほどなのに」

「一番スケベなこと考えているのは子供より、そいつらの方なんじゃねえか?」

「また、そういうこと言う……」

「どちらも表現の一形態だろ。これは良くて、これはダメ。ここまでなら良くて、これ以上はダメ。つまり区別しているってことだ。区別するってことは、そこには基準が設けられているはず。なのに、その基準はどういう構造をしている?」

「それは私も知りませんが、彼らの主張自体理解できるでしょう」

「都合のいい言説が使われているだけだろ。是非を判断する境界線はどう可視化されている? それは本当に普遍的な線引きか? 主張に汲み取るべきところがあるからと受け入れていったら、際限なく規制できてしまうぞ」

「そうなんですよね。主張の内容はそれっぽいことを並べてはいても、本質漠然としていますし。象徴的だったり抽象的なものの域を出ていない。とどのつまり恣意的判断しているのを誤魔化しているわけです。それで表現が統制されるべきかと問われたら、少なくとも我々の立場ではNOと言わないといけません」

「そんなこと言っても仕方ないでしょ。私たちも上から通達が来たか業務上やってるだけで、それが本当に正しいことか分からなくても、やらないといけないわけですし……」

「ああ、そもそも上の指示に大人しく従ったのがケチのつき始めだったよな。それで安易に変えてしまったら、他の表現も次々とその対象になる」

「そうして世間の目が矯正されれば、今までは全く問題視されていなかった表現まで統制の対象認識される。風当たりだけが強くなっていき、ディストピアが出来上がるわけですね」

「二人とも、検閲のものの是非はともかくとして、結局何らかの対応はしないと……」

この時フォンさんはかなり戸惑っていたようだった。

目の前の問題から目を背けて、二人が不平不満を言っているだけのように見えたからだ。

「それなら大丈夫だ。今回のエピソードお上からの指令は来なくなる」

しかし、この時すでに対策は講じられていた。

アニメによってだ。

「え、どういうことです? むしろ余計に悪化しそうな気がするんですが」

ちょっとした“自由の応用”ってやつだ。実のところオレたちは表現の自由欠点があることを知っている。全面的に守られるべきものだとは思っちゃいない。なぜなら、それは言論の自由だとか、批評自由だとかいったものを受け入れないことに繋がるからだ」

「それは分かっていますが、だったらなぜ……」

「直に分かりますよ、フォンさん。表現の自由欠点があるように、言論批評自由にも欠点があるってことです」

(#38-6へ続く)

2017-10-05

anond:20171005195030

から、人工的なものじゃん

縄文時代にはなかったんだから私有財産も奪えたし、むかつく言論暴力で封じることもできた

でも人類は滅びなかったよ

本来なくても大丈夫ものだし、先天的存在していたものではない

2017-10-04

[] #38-2「危ないアニメ

そうして、とある描写が物議を醸す。

主人公たちの使う武器凶器子供が真似すると危険だと苦情が来たのだ。

父たちはその対応におわれていた。

「『私はヴァリオリが好きです。だが、ああ、なんてことだ。登場人物たちが凶器を持っている。青少年健全な成長を妨げる。これはよくないことだ』とのことです」

同僚のフォンさんが苦情内容の一部を読み上げる。

監督シューゴさんは鼻で笑った。

一見すると尤もらしいことを並べてはいるが、その実は抽象的なテーマに対して恣意的判断を下しているに過ぎないことは見え見えだったからだ。

「いつも通りの、杓子定規意見だ」

「とはいえ、これも“一つの立派な批判”です」

それでも厄介なのが、このテーマについて知らない人間反論しにくい程度のレトリックは使われていることだ。

「的確ではないが間違ってはいない」要素を抽出し、それを根拠自分の主張と織り交ぜてロジカルに語れば、いちゃもんは“一つの立派な批判”になる。

無視したいのに、無視するわけにもいかない非常に目障りな存在となわるわけだ。

「そうだな。言論のもの自由だ。そして、その内容をオレがどう解釈するかも、な」

「その結果は?」

「その意見自身の好悪の問題善悪混同している。それを正論に摩り替えて、意見押し付けてくるばかりの頭でっかちな輩だ」

シューゴさんの吐く毒がいつにも増して強い。

とあるごとにこういった“ご意見”がきていたためウンザリしていたためだ。

彼のストレス悪態は日々増すばかりだった。

「まあ、いつもどおり“前向きに検討”しておけばいいんじゃねえの?」

社会における“検討”というものは、得てして結論とはさして関係がないことは周知の事実だ。

シューゴさんの立場から見れば、その意見いくら論理的に見えても、そもそもの“目的”が同意しかねるものなのだ

その意見を「一つの批判」として了承し、真面目に取り合うこと自体が思う壺だと判断したのだろう。

そうして、今回もシューゴさんたちはスルーを決め込むつもりだった。

だが、やや神経症気味なフォンさんは疲弊していた。

「それが……今回は随分と大事になりかけていて、非常に面倒な状態に。“上”の数名からも『ウゼェから何とかしろ』とお達しが」

「は~ん……」

フォンさんの濁しつつも含みのある言い方に、シューゴさんは何となく察したらしい。

この時期、裏では『ヴァリオリ』の表現問題だと思っている人間たちが徒党を組んで、親会社に直訴していたのだ。

それに耐えかねた会社代表は、とうとう父たちのスタジオ通達を出したのである

「不服ではありますが、こうなるとガン無視というわけにもいきませんね……」

「そうですよ。それに一番困るのは、そんな理由で親が子供たちにアニメのものを見せないようにすることです」

「“子供のことも考えて”か。そのセリフを言うのはいだって一部の大人だよな」

しか子供を盾にされると、さすがのシューゴさんもバツが悪い。

シューゴさんの両親は厳格な人物で、そのため彼は少年時代を娯楽に飢えて過ごさざるを得なかった。

その経験から、親の理想子供犠牲になることほど悲しいものはないと思っていたのだ。

「……ちっ、分かったよ。もめ事が起こると疲れるだけだから、とりあえず従っておくか」

それは納得したわけではない、消極的判断だった。

シューゴさんは作り手として、多少の批判を恐れていてはモノ作りなんてできないと考えていた。

それを汲み取りたい気持ちは父やフォンさんにもあったが、上の声が大きくなったとき無視はいかないのが企業の常だ。

大人しく従ってくれるシューゴさんにホッとしたと同時に、彼の鬱屈とした想いが手に取るように分かることもあって父は複雑な気持ちだったらしい。

「では早速対応……と行きたい所ですが、スケジュール的に数話分の大幅な修正はもう無理ですね」

「そうですね。なのでオープニングの前に、ひとまず“あのカット”を挟みましょう」

「うげえ……“アレ”かよ」

(#38-3へ続く)

2017-09-30

自民政策幼児教育など、子供可能性をのばす高度な教育に力を入れるのはよいことなんだけどさ

もしそうやって子供みんなが賢くなったら、俺ら老害子供の間に「知能格差」が急激に激しくなって

世代間で対立することになると思うんだよね

対立はしなくても見下されるかもしれない

それから若い世代の求める合理的社会に、老害である俺らがフィットできなくて苦しむかもしれない

学歴社会化した70年台とかよりももっとたちが悪くなると思う

と言うのは、今の社会は年上が非論理的言論や力でねじ伏せる事がやりにくい社会から

団塊世代みたいに圧倒的な数の力があれば別なんだろうけどさ

そう考えるとめんどくせえなあ~って思っちゃう

急激な変化ってよくないな

2017-09-26

ニコニコ衰退論とツイッターはてな

ニコニコ崩壊ネタ見てて思うんだけど

所詮ニコニコオワコン的なものじゃなかった時代ってほんの僅かなんじゃないか

ほんの僅かな最盛期と比べてどうこうってなんかなあとおもうんだけど。

プレミアム解約が相次ぐってのも、たぶん最盛期に本来ターゲットじゃない層をとりこみ過ぎたんじゃねって思う。

本来の層でなければ、そりゃちょっとたことですぐやめる。当たり前。

本来ターゲットじゃない層がずっと居残って、本来ターゲットを叩き出す展開になるよりは、

ここらで何らかのきっかけを作って、大きくなりすぎない方向へ向かうってのは長く存続するためにはむしろプラスだと思うんだが。

ニッチ空間として発展した結果ニッチじゃなくなってどうにかなるってのはけものフレンズがまさにそうな気がするけど、

うまくやればニコニコはそこから抜け出すチャンスとも言えるのではなかろうかと。


今、ツイッター本来ターゲットじゃない層の存在が大きくなりすぎて、「古典的ツイッタラー」が息苦しくなっている感があるし。

言論プラットフォーム」としての重責をかってに課せられたり、本来インスタグラムに行く層が古典的ツイッタラーが嫌いな発言を繰り返して喧嘩になったり、

逆に古典的ツイッタラーを嫌う層が大きくなって喧嘩になったり。

「大きくなりすぎ」だってのはツイッターを見てるとプラスになるとは単純には思えない。

それを考えると、はてなってのはい空間なのかもしれん。

本来じゃない層てきな流入がそこまでおおいとは思えん一方でそこまでオワコンと言われてるわけでは無いっぽいし。

ちょっと前まで、保育園の件で大量に「本来じゃない」層が流入して、増田とか特に事実上なくなってしまうんじゃないかって不安だったけど

どうもそういう感じではなさそうだし。

2017-09-25

日本ネット民菅野氏の件でツイッター言論プラットフォームだとする意見バカしまくっちゃったんだから

もうネットが公であるという意識を共有できないってことだし

中国グーグル締め出したって何も言う権利ないと思うぞ

2017-09-24

まあゲームにも色々あるってのはわかるしスマホゲームを一緒くたにして叩くのも問題がないとは思わんのだけどさ

例えばゲームプレイしてない人に説明するには面倒くさいくらいには巧妙にわかりにくくしてるけどキャラシステムや敵の強さと報酬の設定上

実質コンプガチャと同じことやってるみたいなゲームが今でも結構あったりして

でもそういうの増田とかで細かく解説しながら告発しようとしてもゲームやってないやつがそんなの読んで検証したりなんて手間かかりすぎでできないし

ゲームオタク被害妄想だろみたいに言われて終わっちゃうわけじゃん

からもう言論とか言葉の力でそういう悪質なもの駆逐できる段階じゃなくなってしまっているわけで

結局課金額の上限とか一律に設けて法規制するしかないんじゃないのって俺は思う

2017-09-22

日本学術会議声明新潟県への宣戦布告である

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1153261

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/mainichi.jp/articles/20170921/ddm/016/070/003000c

あとシノドスフリーライターレポートもあったが、どれも「医術と呪術混同する両論併記をやめよ」という趣旨確認できる。

林智裕についてもそうだが、「これ以上福島県の健康被害について口をはさんではならない。それは差別だ」という論旨であり、

林氏は心無い中傷県民が傷ついているという批判の中で「呪い」という言葉を使っていた。

本来は全文を読むべきだろうがまず書いておく。

壊滅的な被災のなか、復興への向けて頑張っている人が悲観的な話を聴くのがつらく、実際に精神を病むこともあるだろう。

そうした福島県民を始めとする東日本大震災被災者の皆様の気持ち自然であることは認める。

しかし、隣県の新潟県では原発事故についての検証委員会始動しだしたところである

本職が医師である米山隆一牽制する文章と言ってよい。

私自身、なぜ「子供たちの未来」云々が危険視しようが安全視しようが登場してきており、政治的支配欲が出ているようで非常に不快だし、

泥流による放射線健康被害から本来定住すべきではない場所だと言われてむっとしたこともあるが、

新潟県知事選当時、県内在住の反原発から「お前は本当に福島県民か?」というような差別発言は聞かれなかった。

インターネット上で選挙運動訴訟活動を行っていることを明記した人物限定した話ではある)

現在在日コリアン念頭外国ルーツある人物へのヘイトスピーチ違法化された。

この前例に則り、学術会議への異論福島県へのヘイトスピーチとして違法化され、

最終的には検証委員が全員逮捕されることになるだろう。

事実在日朝鮮人沖縄人への民族差別アナロジーとして、福島県民への差別説明するレトリック存在している。

このような議論被差別民族への想像力の欠如と思われるかも知れないが、対策法で最も懸念されていた問題点である

いじめ偏見等の被災者への差別は続くだろう。

しかポストコロニアル当事者性を強調することで国や東電構造責任が看過されてしまうことはないのか。

実際に被災した地域を二度と同じことを繰り返さないよう防災観点から引用検討することすら差別呪術であり、

野蛮な攻撃とすることは学問権威化であり、自由を害することである

こうした声明が突き付けられた以上、このような論理は粗雑過ぎると一県民として明白に考えざるを得ない。

過激発言を繰り返したとされる泉田裕彦知事も、

2007年中越沖地震での放射能漏れ原体験として上げられている。岩手県震災瓦礫の件はここを改めて意識してほしい。

チェルノブイリ福島第一よりも安全という発言海外への県の農産物輸出戦略の一環である

国際的観点から見て廃炉出来ていない原発チェルノブイリに比して安全だと言えるのか。

ショッキング発言だったかとは思うが、公人として県政運営のなかで必要見解だったのであり、

過激さをもって差別発言と断じることは不公平であり、思いとどまってほしかった。

(不幸にも彼は権力基盤上、排外主義扇動している自民党からしか国政候補立候補できなかった。これは彼を被災者レイシストと断ずる根拠になりうる)

私の知る限り、泉田知事被爆が疑われる人物意識的差別的な県政を行ったという情報はない。

四期目を断念した後自ら原発屋根を作った云々という恩着せがましい発言をしているが、

撤退理由であるフェリー問題は船を売りつけた韓国企業東京電力からの度重なる広告出稿を受けた新潟日報と結託しており、

県は二度と船が取引できないと脅迫していた点もある。

そのような形で追い込まれ撤退した人物が、悪いことばかりしたわけではないという弁明はある程度必要なはずだ。

このような極めて強引なかたちで引きずり降ろされた人物に、撤退後まで完全に無難言動を求めるのは酷すぎる。

県民代表が、極めて不自然に引きずり降ろされたなか、このような声明を出すこと意味想像していただきたい。

民主政治自由言論に対する脅迫であり、圧力のものである

学会権威を持って検証委は怖気づいてはならない。

6年間の学術会議議論を覆すなら、検証委員会も相応の規模の時間人員を掛けて検証を延長すれば良い。

2017-09-20

話題のノヘノヘとかいう人が常日頃言ってることはよくわからんが、俺がくだらないダジャレでググったりすると結構確率で引っかかるので、ギャグセンスが似通ってるんだろうな。

言論プラットフォーム」という言葉に反応してTwitterゲンロンとかpgrみたいな反応が散見されるが、こういうくだらないダジャレ下ネタも立派な言論なのだが。

菅野騒動感想

今まであまり知らなかったのだけど、第三者として見ると色々酷いとおもったので感想

・「特定人物に向けた嫌がらせ行為に関するルール」が理由で凍結したと通知がきたのに(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00010002-bfj-soci)、「凍結された理由が分からない。」というのはおかしい。それとも「誰が自分通報したのか知りたい」ということか?そんなの、個人攻撃につながりかねないから教えられないの当たり前じゃないか

さらTwitter社にと無関係不特定多数人間に対して「自分が凍結した理由Twitter社に聞いてくれ」と呼びかけるのは、Twitter社へのSpam攻撃をけしかけてるとしか思えない。Twitter社が無関係第三者理由を示すことがないことなどわかりきっているだろう。どうみてもTwitter社への業務妨害意図している。

Twilog過去発言を見ると、他人を「レイシスト」「権力の犬」等とレッテル貼りしたり、「死ね」「知恵遅れ」などの罵詈雑言が多すぎて仰天する。特に2013年頃。ログを辿っても、第三者とじっくり腰を据えてまともに議論をする形跡がほとんどない。しかも何度も凍結されている。これで永久凍結されないなら、逆にTwitter社がまともにヘイト対策してないと思われるだろう。

・その他にも、発言の端々に「有名人公職者には何を言ってもいい」という傲慢さや、同性愛者・特定信仰信条を持つ者・障害者への蔑視差別が透けて見えて気持ちが悪い。

Twitter単一言論の場ではない。一私企業利用者無料提供しているサービスにすぎない。金を払っていないのに文句を言うなとは言わないけど、自分意見を反映させたいなら、資本主義らしく株を購入して株式総会で意見を出して下さい。

・他にも短文ブログSNSはたくさんある。文句がある人は全員、Twitterから出ていって、mstdnなりなんなりに行ってくれ。

・とはいえ、多分、ブログ引っ越したりとかはしないだろうね。なんかカッコイイこと、威勢のいいことをいって沢山のファボやフォローをもらっている、という承認欲求が欲しいだけにしか見えない。少なくとも本人は言論の場なんて思っていないだろう。

Wikipediaみたら強姦未遂事件起こしているのね。これ知られているのかしら。Twitterで「菅野完」で検索すると、こういう人間擁護したり、凍結されたのは安倍陰謀だとかい人間が、本当に、たくさん居るのがもう日本の末期的症状を表しているようで頭が痛い。

東浩紀ヒトラー支持者である

https://anond.hatelabo.jp/20170919140313

選挙棄権するだなんてバカなことを言っているあの人は、いい歳して選挙に一回も行ったことがないか選挙意味すらもわかっていないバカ

あの人は、今回の「選挙棄権発言によって、政治・経済社会その他あらゆる問題について、一切の発言権を失ったこと、すなわち言論人としての自殺、ひいては人間をやめる宣言意味するんだが、本人はそのことにさえ気がついてないくらいにバカ。自ら家畜宣言をするくらいのバカからそういう発言をしちゃうのも仕方ないのか。この先の人生、一生哲学畑でカスミでも食って寝てろ。お仲間と妄想世界永遠にオナニーしてろ。妄想世界ではヒーロー気取りでも、現実世界ではただの家畜だな。

投票に行ったことがあれば、最初に「投票者確認をして投票用紙の受領」、次に「投票先を記入して投票」を行う二段階制なことがわかる。つまり選挙における投票行動は「誰が投票たか」「どの党or誰に投票たか」に明確に分かれており、この2つの各々独立した行為によって成り立っているのである投票先が見当たらないということは、後者の「どの党or誰に投票するか」を表明しがたいということでしかなく、前者の「誰が投票した」かは表明できるのである。それにもかかわらず、あえて放棄しようというのだからバカしかいいようがない。

投票先が見当たらなければ自分立候補するのが民主主義理想なのだろうが、それは現実的には相当に難しいので、白票なり無効票を入れるのが人として最低限の行動である白票無効票は、有効投票よりは意味がだいぶ少ないが、棄権よりは遥かに意味がある。投票が100で、白票が1なら、棄権は0。投票棄権は、政治への完全な不参加、民主主義否定独裁主義肯定だし、為政者家畜として生きることの表明であるヒトラースターリン毛沢東フセインその他数多くの独裁者を賛美信奉し、支持し、独裁国家におけるもの言えぬ国民へと自ら積極的に落ちていこうとする行為である

あんバカが、日本最高学府博士号を取れて、日本言論界有名人らしいから、日本は終わってる。

2017-09-19

津田って元から極左だったのか、極左仕草の方が言論人界隈でチヤホヤされるからそうなったのか、どっちなの?昔のインターネッツに詳しいおじいちゃん教えて

江川紹子はわかっちゃいない

江川紹子「おいTwitter菅野完永久凍結した理由を明らかにしにゃいと『言論プラットフォーム』としての責務が果たせにゃいぞ!」

https://togetter.com/li/1152419

こういうのは絶対に「理由」を説明してはいけない。

Twitter『「死ね」といったからです。』

Twitter民『「死ね」といっちゃいけないのね。じゃぁ「○ね!」』

Twitter『「○ね」も駄目です。』

・・・

理由説明し始めると、それを回避するための隠語正当化され、それを禁止すると別の隠語を呼び、そうするとより禁止理由抽象化され、どんどん言論の場が狭くなるか、または場が荒涼としてしまう。

から絶対に「理由」を説明してはいけない。「規約」を示すだけで十分だ。

Twitter私企業成功させた「言論プラットフォーム」だとは思うけど、意見交換の場の運営者は「寡黙な独裁者」でいる方が、利用者安心できる面は強いんだよね。

気に食わない奴を凍結させてやろうとする動きは何も今回始まったことじゃなくて

立場関係なくあったわけで

もう最初から言論プラットフォームとして使う方が間違っていたと考える方が自然

結局ツイッター表現の自由尊重してくれないようだし

アカウント処分までの経緯も不透明で真面目な言論プラットフォームとしてはもう無理だと思う

文系ジャーナリズム系みたいなマストドンを誰かが立ち上げるべきな気がするんだけど

はてな人達はどう思う?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん