「親族」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 親族とは

2017-10-20

anond:20171020191016

親族にいたけど風俗で楽に稼ぎたいとかいうナメた女って別に惜しいと思わないから好きにしろよって感じだった

2017-10-19

aiueo700が復活していたがやっぱり頭おかしかった

aiueo700って何?

Youtuberとして活動している統合失調症の人

https://www.youtube.com/user/aiueo700

アップする動画説明すると

淫夢厨との遭遇。そして妄想から現実へ…

こんな面白いネタ(失礼)をネット暴走族として悪名高い淫夢厨が放っておくはずがなく、ニコニコ転載された動画からその存在が一気に広まる。

住所も顔も名前もあっという間にばれて、ハセカラから派生してたのであろう凸する連中も現れる。その様子をaiueo700が撮影しアップする。それを見て面白がる。

彼が妄想で戦っていた集団ストーカー現実存在になってしまった。

激闘、そして引退

自転車を壊される、扉に罠を仕掛けられる、設置した監視カメラエアガンレーザーで壊される、夜中に花火攻撃される、クラクションを鳴らされるといった集団ストーカーから嫌がらせ統合失調症悪化していくaiueo700。

母親もさすがにまずいと判断したのか「病院に行くか、ネットを断つか」の二択を迫る。結局ネットを断つことを選択し、チャンネルは残したまま引退することになる。

こうしてaiueo700ブームは過ぎ去り、過去の人になるかと思われた。

復活の「aiueo700」

そして昨日18日。7ヶ月の沈黙を破り突然の復活。

平成29年9月19日 母が玄関の前で倒れ偶然家の前を通りかかったという男に発見され警察が来て私が母を殴って殺したといわれ警察署に連れていかれて午後3時15分ごろ解放されて家に帰ったら通帳と印鑑がなくな - YouTube

しかも復活第一号の動画がいきなりとんでもない内容だった。

説明すると

aiueo700はどうなるの?

警察に連れて行かれたaiueo700だったが、集団ストーカー対策監視カメラが役に立ったのか無実と判明。親族が迎えに来て解放される。家に帰ったら生活費、通帳、印鑑が無くなっていたらしいが親族が持っていったのだろうか。

母親という抑止力が無くなったaiueo700がまず最初に取った行動がネット回線の再契約。撮り溜めていた集団ストーカー映像を次々とアップしている。

そんなことをする前にやることがあるだろと言いたいが無駄か。運良くこういう人出会えば病院まで連れていけるだろうが。

良くてこれまで通り凸してくる集団ストーカーと戦いながらの生活保護暮らし。最悪詐欺に会うか、近所の小学校に乗り込んでまたまた逮捕か。

働く気が無いならいっそ本業Youtuberになればいいのに。こいつはなぜか動画広告を付けていない。そこらの底辺youtuberよりよっぽど数値を持っているのにもったいない(チャンネル登録者 21,204 人 • 視聴回数 8,986,210 回)。

本人は集団ストーカーから被害報告のつもりでアップしていて、これで金を稼ぐつもりは無いのだろうと推測されている。

増田集団ストーカーに襲われてまーす!」

試しに集団ストーカーキーワード検索したら増田にもそういう系の人がわりといて吹いた。

安倍bot低能先生もそれ系の人だよね。

2017-10-18

anond:20171018151926

殺された人から病人移植するのと、殺人者を法で裁くのは別の話だろう。

殺人者は法で裁かれるべきだし、殺人者親族から移植しちゃいけないなんてルールは無い。ただ現実問題として他殺の場合だと検死が入るから移植出来なくなると思うよ?

2017-10-16

布団が丁寧に畳まれていて清々しい気持ちになった。自分親族はこういう丁寧さを持つ人だ。

と思った矢先クソ亭主がアニメ観つつ居間に寝転んでたら誰だって殺意沸くでしょ。それも分からないオタクばっかなんだな。

2017-10-15

anond:20171015212016

なんだかんだ言って高齢親族から援助受けてくらしてるやつが若い世代にも多いんだと思うよ

そういうネットワークから排除されてる若いからマフィアみたいなのが出て来るようになるかもね

2017-10-12

https://anond.hatelabo.jp/20171011233232

結局、その一言が「どういう種類の」信念に基づくものかが分からないと、なんとも言えない。


たとえば「1 家柄、門地人種」などの問題なのか。「2 政治宗教」に関わる問題なのか。「3 純粋個人の考え方(男女間や人生観)」に関わる問題なのか。「4 ライフスタイル共働きか否か、親族との関わり等)」に関することなのか。「5 趣味志向」に関することか。それとも「6 その他」?

ある分野のことなら、「そこを埋め合うのが結婚でしょ」とも言えるし、「考え方って変わるもんだよー」とも言える。中には「そりゃ譲れることとそうでないことはあるわ」と言うこともある。増田の言うのも、恋愛(完全に自分自主的自由選択)なら譲れないが結婚相談所で会う相手(お互いに算盤ずくという前提)なら譲れるということなのか、それとも結婚相談所で会う相手なら最初からその条件をクリアしない限り話を前に進めないということか(そうすると、それは結構明示的な「条件」なのか?)。

どうにも話が見えずもやもやする。まあ仕方のないことだけど、ツリーでいろいろ言ってる人が全部違う前提で喋ってるように見えて、それももやもやする。

2017-10-11

anond:20171011214944

親族とか近しい人に探偵業の人とかがいるとあるあるっぽいね

なんの理由も無しに頻発してるってことはまずないと思う

2017-10-09

ごめんなさい

誰にも言えないこと……親族が嫌いだ。

親族、と大きなくくりを使ったけど、実際嫌いなのは父・姉・叔父叔母・両祖母(父方は死んだ)である

(いとこ兄弟叔父2・猫・母・亡くなった両祖父は好き)

父は幼いころ離婚して一緒に暮らせなかったけど、大人になってどういう人かわかってしまった。

特に姉は、無いことにしたいほど嫌いだ。

姉の旦那子供とばっちりで悪いけど嫌いだ。

それぞれ詳しく書くと長くなりすぎるから省く。

 

皆言わないだけで、家族・親戚でも嫌いってのはあると思う。

でもなんとなく、家族親族は嫌いだと思うことが悪いことみたいな印象があって、苦しい。

家族なのに…親戚なのに…と言われやすい気がする。

 

親族皆仲良しで大好き!みたいな子に会うと

羨ましいな~いい子だな~と思う。

増田さんたち、家族や親戚は皆好きですか?仲良しですか?

そうだという人、素敵ですね。

2017-10-07

anond:20171007222749

はてサかどうかはわからないが、日本には、帰化人親族日本人以外がいる人以外に多し

増田周辺に結構いることを最近知って驚いている

当然、発言があちら寄り

なんでかなぁと思いながら雑談してたらポロリと喋ったので分った。

そんな同僚がすぐ近くに2人もいたのでそれから北鮮ニューステレビで流れても黙って聞いている

増田の兄も韓国人交際していた時期があった

日本人は減っているが日本国内外国人は増殖している。

2017-10-04

https://anond.hatelabo.jp/20171004125348

これって何かの病気なのかな

近い親族にこういう人が居て周りはみんな会う度に疲弊して距離を置いているんだけど

寂しさから訪問販売とか電話勧誘にホイホイ騙されて放っておく訳にはいかなくて困ってる。

なんとか治す方法とかないのかな。

2017-09-30

みじめ

容姿性格は悪く、仕事はできない、金もない。こんな状態で、この先何十年も生き恥さらし続けるのはつらい。

親族は顔を合わせるたびに、いい人はいないのか、子どもが見たいなどと詰め寄ってくる。これと添い遂げくれる人はいないだろうし、この遺伝子を継いだ子は悲惨しか言いようがない。

万が一トンビが鷹を生んだとしても、短気で暴力的な父の血が入っている自分は、子どもに何かしてしまうんじゃないかと思っている。理性ではそんなことしないと断言できるが、どうしようもなく怖い。

では自殺するしかないなとは思うが、そんな勇気はとうてい湧かない。

突然安楽死施設オープンしたり、誰かが殺しに来てくれるのではないかと、あり得ないことに期待しながら、今日もみじめに生きてしまう。

ごめんなさい。

2017-09-29

anond:20170929044235

育てるコストの方が高いから、動画撮って金に変えるだけなら親族の子供借りてやったほうがいいぞ

2017-09-28

仮にぼっち結婚したら

式とかどうすんだろう

親族だけでやんのかしら

2017-09-27

ぼくのなつやすみ

もう夏は終わりだバカヤローという声が聞こえますが、たまに出る娑婆空気はまだまだ暑苦しいと思います

会社を休んでいます。長期で。これで在職中二度目になります

二度の長期休職を許してくれるなんて、弊社はなんて懐が深いのだろうと思います

そこそこ規模の大きい会社ゆえに下手なことができないからでしょうか。それとも人手不足なだけでしょうか。

新卒入社してから初めて関わった仕事では、それなりに新入社員らしく、従順仕事しました。

管理職に叱責され、家で泣いたこともありましたが、翌日にはかすかな殺意を胸にしまって仕事をしていました。

ある程度慣れてくると、言われたことに従うだけでなく、おかしいと思ったことに口答えができるようになりました。

おかげで、少しだけ方針を変えることができたり、賛同してくれる味方ができたりもしました。

物理的な辛さで言えば、あのころが一番辛かったと思います精神的にもそこそこだったと思います

ただまぁ、なんで大丈夫だったかといわれれば、少なからず「面白かった」からだったのかなぁ、と思います

しばらくして、異動になりました。まったく畑違いの部署でした。

管理職からは、「お前くらいしか推薦できる奴がいなかった」と言われました。

成長すると見込まれたからでしょうか。それとも厄介払いということだったのでしょうか。

管理職はすぐ定年退職してしまったので、真偽のほどはわかりません。

新人同然なので、おとなしく従順仕事しました。新しい管理職は穏やかで、叱責するような人ではありませんでした。

残業ほとんどなく、始発まで拘束される飲み会もない、ホワイト職場でした。悩める就活生はあそこにいくといいと思います

申し訳程度の繁忙期に、私は疲弊しきっていました。くだらないミスが増えました。

取引先に頭を下げにいった時も、管理職は「そんなこともあるさ」と穏やかでした。

決算を終え、部長から指名で、来期に向けた業績目標を全社員の前で高らかに宣言した次の週、私は会社休みました。

会社にいる間、自分一挙一動すべてに、何の意味があるのか、そんなことばかり考えていました。

今振り返れば、最後まで「面白さがわからなかった」のだなぁ、と思います

しばらく休んで、私は前に所属した部署に戻ることになりました。当時一緒に仕事をしていた管理職が呼び寄せてくれたそうです。

しかし、休み明けであったり、色々と人事上の都合もあり、当時とは異なる担当に配属されることになりました。

私には、休み明けなので早めに帰るように、と指示が出ていました。他の人は、休日仕事をしていました。

また毛色の違う仕事なので、必死仕事しました。新しい管理職は「まかせたいことは山ほどある、期待してるよ」と言っていました。

部署新人が入ってきました。私はその教育係になりました。やったことのない仕事を覚えながら、必死に教えました。

私はそのまま、担当の長になりました。やったことのない仕事を覚えながら、自分より年上の部下に、必死に指示を出しました。

部下のひとりがクビになるかもしれない、と伝えられました。それを知らない部下は、ニコニコお茶を飲んでいました。

今まかせている仕事の出来によっては再考されるかもしれない、とのことでした。一緒に試行錯誤しながら、仕事を進めました。

途中から会社にいくことが怖くなりました。朝準備しても、家を出ることが難しくなりました。遅刻が増えました。

大事な打ち合わせの日、私は欠勤をしました。管理職が何を言っていたか、今では思い出せません。

そのまま、私は再び休むことになりました。部下がどうなったかは知りませんが、今では人はだいぶ入れ替わった、そうです。

今回、私は頑張った、という自覚がありました。そして、もう頑張れない、と心が折れた自覚がありました。

振り返ってみれば、今回も「面白さがわからない」ままだったな、と気づきました。

今回の休みは、面白いことをして過ごそう、と思いました。結果、起きて、ぼんやりして、寝る日々です。

私はゲームが好きです。プレイヤーを楽しませるシステム作りや、質が高く考えさせられる物語は、とても面白いものです。

働いていた頃に興味がありつつ買わずにいたゲームを買ってみました。とても面白かったです。

ユニークシステム、濃密な物語、本当に面白くて、疲れました。クリアは当分先になりそうです。

他にも趣味はありましたが、少しやってみては、疲れて布団に寝転がる毎日です。

二度休んで、自分のこれまでを振り返って思ったことは、「面白いこと」ならやれる、のではないかということでした。

しかし、今、この暮らしを続けて気づいてしまったのは、「面白がることも疲れる」ということです。

結局、働くこと、生きることを面白がろうとして、疲れてたどり着いてしまったのが、この夏休みなのかなぁ、と思います

初めて休んだ時は、暗い気持ちになりながらも、どうやって戻るか、どうやって社会復帰するか、ということで悩み続けていました。

今回は、もうどうすればいいかわかりません。先が真っ暗というよりは、無色透明で何も見えないといった感じです。

会社解雇されるかもしれない、貯金が尽きるかもしれない、親族死ぬかもしれない、そんなことも、どこか遠い世界の話に思えます

面白いことも疲れて考えられないなら、面白くないことにはどう向き合えばいいのでしょう。

なんでも死ぬことは悪いことらしいです。命があるってけっこう面白いことらしいです。いやだなぁ。疲れるなぁ。

テレビで言っていましたが、だんだん寒くなるそうですね。夏ももう終わりらしいです。風邪はつらいので上着を買いました。

時間が流れて、それに合わせて、人は生きます。同じように、人は死んでいきます。それを生活と呼ぶそうです。

久しぶりに文を書いて疲れました。お疲れ様でした。お先に失礼します。

2017-09-24

anond:20170924143604

安倍総理麻薬中毒だという情報がある。

奥さんは「大麻を取り戻すことは日本を取り戻すこと」としているが、もうほとんど意味不明だ。

安倍夫妻以外の親族等は離婚すべきだと主張しているという情報週刊ポスト女性セブンに出ているそうだが、

それによると安倍夫妻は「絶対別れない」と言ってるようだ。

そういえば酒井法子夫婦覚せい剤をやっていた。

やや、回りくどくなったが、とにかく薬物中毒者からは逃げること。これが大事。そして警察相談することをすすめる。

もちろん警察安倍総理のお友達レイプ事件をもみ消すなど心配であるが、警察相談するしかないし、それ以外に方法がないと考える。

2017-09-22

将来に希望が無い

 正直、僕はこのさき食っていけるのか不安です。

 バイト給料と、ブログ広告収入お小遣い程度に入ってきます。今はこうやって飯を食べていますが、これがこれから何十年続くのでしょうか。

 

 友達なんていないし、恋人なんて一度も出来ないまま大人になりました。人と笑いながら喋った事なんてしばらく無いと思います。強いて言えば上司の話に愛想笑いしたくらいです。

 

 この生活がいつか変わるなんて思えません。変えようとしたことは何度もあります自分では何でこんな人生を歩むことになったかわかっています

 それは、僕が人と上手に喋れないからだと思います

 家族以外の人前じゃハッキリと声を発する事が出来ないんです。なぜかは自分でもわかりませんし、この事は学生時代から馬鹿にされ続けました。

 人と口を利きたくない訳じゃないんです。誰か仲良く雑談している様子をみると楽しそうで僕も混ざりたいと思うのですが、どうも声帯が動かないんです。

 文面でもそうです。SNSで人に返信するのが難しくて、既読のままほったらかして怒られた事は何度もあります。こうなる事は解かっていたのに。

 どうも、僕は自分意見を言うのが苦手みたいです。これが障害になって、人付き合いが上手くいきません。

 幼い頃、自分は何かの疾患じゃないかと思い、親族に言った事はあります。でも、話を全部聞かずに「言い訳をするな」と怒り、僕を病院へ連れて行こうとはしませんでした。そりゃそうでしょう。身内にキチガイがいるなんて認めたくないでしょうから

 自分相談に行こうとしたんですが、医者の前で症状をちゃんと伝えられるかと考えると無理でした。だから僕はこの事を家族にすらちゃんと言えないままになっています

 他人に会うと「なんでお前は返事をしないんだ」とよく怒られます無視しようとしている訳ではなく、返事の文言は頭に浮かんでいるのに口から出ていかないんですが、それも伝える事は出来ません。

 こんなんじゃ、どうも明るい未来想像できずにいます

2017-09-19

anond:20170918230437

精神科生業としている。

もし心配なら、彼氏の親と連絡を取って、彼氏宅に突撃が吉。

親に連絡がまず最初精神科的に危険状態精神保健指定医判断されれば、本人の意思がなくとも、家族同意入院させることはできる。(精神保健福祉法医療保護入院

外来については、強制的受診は、家族警察以外にはさせられない。

警察官職務執行法3条による、精神障がい者保護によって、警察が連れていくことは可能

家族特に法的な根拠はないが、危害を加える目的が明白でない限りは、親族相盗になると思われ、病院受診が本人の不利益になることはないので、極端な話、取り押さえて担ぎ込んでも恐らくは大丈夫

入院しろ外来しろ、この家族の中には婚約者は入らない。よって、受診させたければ家族に連絡。

元増田はむしろ、そこまでする状態かどうかで迷っていると思われる。彼氏への進め方として、食欲不振や不眠など、うつによくある症状がないかきいて、それの改善目的に、受診を進めるのがセオリーかも。

現状は変わらないが、ゆっくり休むこともよい考えをするためには重要。落ち込んでいるときは、良いアイデアは浮かばない。

健闘を祈る。

追記

うつ病かどうか」判定するためには、精神科受診するしかないので、入院外来とどういう枠組みで治療するかはおいておいて、彼氏家族とは状況を共有しておいたほうが良い。

精神科医療への批判は甘んじて受けなければならない。診断にあたって生物学的マーカーを持たないために、診断の妥当性を真に検証することができず、治療への反応性という診断的治療に関してもプラセボ効果が大きいために、確証を得ることができない。このようなあいまいさは、治療がうまくいかなかった場合に容易に不信を招くだろう。

うつ病については治療によく反応する人としない人がいて、常に100%の良い結果を残せるわけではもちろんない。ただしこのことは、病態が明らかにされ診断と治療確立されているほかの身体的な疾病に関しても、同様であろうと考える。

現実的に、メンタルヘルスにかかわる問題が起こったときに、家族以外で真剣にかかわってたよれる機関は、精神科医療以外に選択肢がないことが多い。

手の届かない状況で、大切な人が苦しい思いをしているかもしれないという状況は、とても苦しい心情と察する。もし、精神科など医療機関受診することになったとしたら、信頼できる精神科であることを祈る。

2017-09-18

anond:20170918045533

そういった可能性を一片でも考慮しないうちから「1ミリ日本人関係ない」と言い切るのは非難の見切り発車がすぎるように思う(彼らは勝手に“日本人”にされ、さらにその後“日本人”ではないといったぐあいに振り回されたのだ)。


別に勝手日本人にされたとかたぶん持ち出す必要ないような。

どういう理由だろうが本人や親族日本に住んでるというだけで「日本人関係」あるとおもうんだが。

人種的に何人であろうが関係なく。

2017-09-17

あいもかわらず

くそネガティヴ爆発。相変わらず。何も変わらず。

職場問題はいろいろあって解決、辛くて退職することを本気で考えた時期もあったが今は順風満帆この上ない。

ただ、ただ これは前からだが、かれこれもう3年くらいそうだが

プライベートがしんでいる。もう、無気力。考えることをすべて放棄

去年の夏、元彼とセフレとして関係を持っていたが突然切られる。

新しく彼女ができた、とよくある理由である

元々、常に彼女だか女だかが居るようなタイプであったからなんら不思議はないのだが

私と関係を持っているから油断した。すっかりいいように使われたのであった。

なんとなく改心して復縁するのかな~なんて考えてた。

復縁サイトを何度も読んだし、復縁神様にお祈りしたりもした。

色々お守り買ったりしてたから、ああそれが実って復縁するんだな。今度は結婚かな。なんて。

我ながら本当にあほである

友達にもたくさん言って回った。今はセフレでいいかな~って思ってるんだ~

今思うと恥ずかしい。ほんとうに。忘れてほしい。

そのあとむしゃくしゃして大嫌いだった幼馴染と紆余曲折してヤッた。

そしてまたセフレ関係… 恋人ごっこをするのが好きなタイプの男で

またすっかり絆された。二人旅行に行った際に我慢しきれず自分たち関係を聞いた。

案の定苦笑され 付き合ってない って言われた。

結果的自分自分にとどめを刺したのだ。これまたあほである

そのあと疎遠。自分から疎遠。

相手からしたら意味わからんやつになっただろうな。すまない。

今年に入り真剣婚活することを決めた。

婚活SNS登録、一人に会ったが生理的に無理でブロック

そのあと友達の紹介で2:2で会い、紹介された方じゃない方を好きになる。

友達が先に持ち替えられる。狙ってたことはわかっていたという。友達も糞だったようだ。

その次の日に家に泊まる、やる。 セフレが増えた。

婚活続行中、別の友達に紹介してもらう。

酔った勢いで会ったその日にやる。何回かデートをかさねて付き合う話になるが結婚絶対できないという謎の条件付き。

こっちから断る。

そのあと自暴自棄が続き、出会い系アプリやら合コンやらで男を漁りまくるが

結局増えたのはセフレだけ。セフレセフレセフレ

元々行為が好きだったこともあり、最初は遊んでる女になれてかっこいいという錯覚

そして男から求められる快感を得て楽しくやっていた。

問題最近になってむなしさしか感じなくなったことだ。

よく言われているが男の人はストライクゾーンでなくとも許容範囲であれば関係を持てるらしい。

自分関係を持った人たちにとってどの位置付にいたのかはわからないが

少なくとも彼女にしたいレベルではなかったということだ。悲しい。

この年にもなると、同棲をはじめた、婚約した、結婚した、子供が生まれたなんて

ハッピーな報告が相次いで耳に入ってくるものだ。

先日も同棲を始めた友人の家に遊びに行ってきた。完全に間違えた。

ネガティヴ拍車がかかった。久しぶりに死にたいという気持ちが芽生えてしまった。

出会い系アプリで会う約束をしてる人から連絡が来なくなり鬱々としてる自分とは雲泥の差だった。

友達の少なさも相まって最近はほんとうに生きていく意味を見失っている。

誰かの役に立ちたいだとこそんな偽善で大きいことを言うつもりはないが

今の自分のままだと本当に無意味にこの五体満足健康な体をもてあまし、親族申し訳ないなあと思いながら死んでいくということになる。

どうにか自分幸福度数を下げて、今あるこの生活が充分に満たされているものだと理解

周りの者に感謝して生きていけるように対策したい。

どうしたらいいのか。


とにかく早く明日の予定を連絡してこいよ

2017-09-15

これからおまけの人生を楽しめるのか?

過去病気パワハラ事故など色々な不幸が重なって心身ともにズタボロになってしまった時期があって

その時をどうやって乗り切ったかというとただ限界を超えて入院して

ただなんとか自殺せずに嵐が過ぎ去るのを待つような時間を過ごすしかなく

自分未来を切り開いたとか努力の結果問題解決できたというようなカタルシスもないような結末だったけれど

自分自身本音としてはあの時自殺しないで今生きているというだけで自分はすごくよくやったという感想しかない

しか親族や周囲の人間からは全て私が無能なのが原因でズタボロになったのは自己責任であり

自分に害を為した人達は皆善良な市民であるしか思っていないようで

私の認識と凄まじいギャップがあることが辛い

そしてあの時わたしのことを無能ゴミ社会不適合者であるかのように扱っていたのに

今になって何事もなかったように接してくる周囲の人々が怖くて仕方がない

もう一生人間を信用することができない気がして辛い

2017-09-10

自殺

自殺したいということを、なぜ人に言いたいのか自分でも分からない。

死にたいというこの気持ちを認めてほしいのかもしれない。

実際には、大抵は悲しい顔や戸惑う顔をさせてしまうので、友人や親族には死にたいとは言わない。

以前情緒不安定な顔を見せた事がある人達は今、私に対して、みな安心した顔をして接してくれる。色んな話をしてくれる。

普段から死にたいとは思わない人の付き合いを擬似的に感じているような気がする。とても世界は明るい。自分が選んだ家具を置き、選んだ食事を食べるような明るい未来がある気がする。

前に、死にたい、私は死ぬべきだと思う、と言ったことのある人に、気が向いて、死ぬのをやめた、と言った時、その人はほっとした、と言って、特には何も言わなかった。その人は間違っていないと思う。

自殺計画をやめても、死ぬべきだという気持ちに変わりはない。

これは死にたい人にはあまり読んでほしくないけれど、自分死ぬべきだと思っている人間死にたいと思っている人間死ぬべきだと思う。

第一に、これは感覚しか説明できないんだけども、人を大事にできなくなるから、どのような形であれ人を傷付ける事に鈍感になる。生きているだけで傷付けてしまう。

第二に、人と繋がれば悲しむ人が増える。新しく人と繋がるべきではない。だけれども生きている分だけ人ととの接触は増えていく気がする、自分は寂しくて結局一人で生きていけないから人と話してしまう。悲しみの総量は少ない方がいい。そう私は思う。

なるべく早く死ぬのが望ましい。自殺した理由がわからない、と言われる程に誰にも不安を感じさせないまま死ぬのが特に望ましい。

私は孤独になるべきだ、孤独死ないしは自死したあと一月は誰にも見つからず、できれば法制しか私の生死を追いかけないような状態が望ましい。誰からも忘れられたい。

自分死ぬべきという気持ちを持ちながら生きているのは私に誠実でない気がしてきている。

自殺は、ただ一つ私に可能計画で、自己実現で、選択ができる希望のような気がする。

私が死ぬのをやめたのは、自殺というのは文字通り死ぬほど苦しいものなのではないかとふと思ったからだ。でもそれと私が死ぬべきだと思う事には何も関係がない。

私は死ぬべき、だけれども自殺をしないとしたら、私は私自身の義務を怠っている。

このように考えていると、段々死にたくなってくる。私は死ぬべきだから、死にたくなるべきだと思う。

2017-09-08

婚活が順調すぎて不安

最近婚活なるものを始めた。年齢的にもそろそろだったし、歴史の浅い家ではあるが俺は本家の長子だ。将来的には、墓を管理しないといけないし、相続やら介護やら親族間での揉め事の調整やら、きっと色々あることだろう。今まであまり意識してこなかったが、祖父が死んだ辺りから漠然と「子孫を残さねば」という思いに駆られるようになった。そこで婚活である

男側の婚活は、非常に厳しいものだと聞く。俺は街コンなどには参加せず、とある婚活SNSひとつ登録しているくらいなので、その中での閉じた話ということになるのだが、女性には雨のようにメールが降り注ぐが、男のもとには待てど暮らせどメールなど一通もこない。果敢に女性メールを送ってみるも、前述のとおり女性には大量のメールが常に降り注いでいるため、大抵が無視される。結果、男は数打ちゃ当たる作戦メールを送り、わずかな望みに賭けるのだと。俺は、その情報を信じていた。

しかし、現実全然違った。

女性からどんどんメールが飛んでくる。さばいているだけで精一杯で、とても自分から新しい人にメールを送る余裕はない。俺は向こうの言われるがままメールのやりとりをし、言われるがままデートを共にする。エスコートは俺が主導しているが、そんなに難しいことではない。女性側が協力姿勢なので、何が正解なのかは大抵彼女たちの態度に書いてある。俺は、彼女たちの誘導に乗っかる形で昼食の店を決め、彼女たちのほしい会話をし、魅力に感じた部分を誉め、誘い待ちする彼女に次回デートする約束をとりつけ(どこに行きたいかも事前情報にヒントがすべて揃っている)、改札の前で別れる。そんなことをもう何回も続けている。まるで、ゲームを、常に矢印が表示される初心者モードプレイしているようだ。婚活とは、こんなにイージーなものだったろうか。思わず、ドヤ文と共に増田供養してしまうくらいのイージーさだ。

そういうわけで、婚活自体は順調なのだが、順調なこと自体不安を感じる。

サクラではないかと思ったことさえあるが、今はサクラではないと思っている。サクラにしては、サクラ特有の「男にとっての都合のよさ」みたいな影を感じない。要は向こうもいっぱいいっぱいなのだ。拙いのだ。慣れないことをがんばってやろうとしている雰囲気を感じるのだ。子ども声を出す声優演技力はすごいが、本物の子役による声は、拙いがゆえに圧倒的リアルだ。同じように、俺は俺の婚活相手に、拙いがゆえの圧倒的生々しさを感じている。

もしかして、俺の仕入れた事前情報が古く、今の婚活は男側が売り手市場なのかもしれない。あるいは、市場での俺の商品価値が意外に高かったのかもしれない。給与は低いし、肥えているし、本家長男だしで、その辺りは諦めていた。なので、勤務地は渋谷、一応役員貯金そこそこ、養ってほしいなら不自由させない等と、自分なりのアピールをしてきた。それがいい具合に女性に刺さったのかもしれない。または、女性経験はないものの、俺には女兄弟が多くて、女性との会話には意外に慣れているというのも地味に効いているのかもしれない。バンドボーカルをしているという情報も、響いているのかもしれない。自分にできるアピールはすべてした。そのどれかが功を奏したのかもしれない。そうでも考えないと、現象説明できず、俺が怖いので、勝手自分努力を誉めている。

一方で、俺がもうひとつ感じている漠然とした不安は、これでいいのだろうかということだ。今おつきあいのある女性は全て向こうから積極的アプローチによって成り立っている。俺は彼女たちの機微を読み取り、彼女たちの敷いたレールの上をなぞって歩いているにすぎない。つまり自分意思がない。もちろん、それぞれ魅力的な女性だ。だが、配給されたカードの中から一枚を選ぶ行為は、選んでいるといえるのだろうか。同窓会の中にしか結婚相手選択肢がない地方的つらみと、構造的に大差ないのではないか

婚活は、理想妥協の終着点という。しかし、一方で結婚は一生を左右する選択だ。妥協しないで、とことんフィーリングの合う相手を探すべきだという意見も聞く。少なくとも、俺の意思がないというのは、相手にとっても失礼なのではないか理想妥協云々の前に、まず俺自身理想と向き合っているだろうか。

などといいつつ、選んでいられるような立場かというセルフツッコミもある。そんなことを考えていられるほど余裕があるのかと。市場での商品価値というのは、市場に出た瞬間から下がっていくものだ。どのみち、俺は選択しなければならない。

要は、思いのほかトントン拍子にことが進み、気持ちが追い付いていないのだと思う。俺の中でのプランとしては、最初半年は様子見のつもりだった。どうせ俺からメールを送ったところで反応は芳しくないだろう、ダイエットでもしながら、外に行く機会を増やしたり、ファッションや身だしなみについて勉強したり、ゆっくり婚活に対する気持ちを盛り上げていくつもりだった。婚活を始めてみたのだって、まずはお試し感覚だ。先にとにかく第一歩を踏み出し、現実を知ると共に、半年後の第二歩を踏み出しやすくしようとする意図にすぎなかった。半年ROMれを愚直に実施しようとした。結果として、部屋着のままホノルルマラソンに参加する羽目になったサラリーマンのような状態で、今に至っている。

もう少しがんばってみようと思う。俺はどうしたいのか。俺自身理想とは何か。そもそも、そんなものあるのか。人を愛するとはどういう感情なのか(大げさか)。こんな話は人にはなかなかできない。自分の醜さや虚栄心が1/1スケールだ。こんな話人にはなかなかできないにもかかわらず、どうにも誰かに話さずにはいられないような話を、いつも増田に書いてしまっている気がする。ありがとう

(あと、うまくいっていること自体はうれしいので、単純に惚気たかったというのもある)

2017-09-06

葬式にフルで出ると人生モチベーションが爆上げする

だいたいタイトルで言いたいことは終わってるけどまあ適当蛇足

親戚の葬式とか行くことあるじゃないですか

子供だったころは焼香だけして外で遊んでたりするけどある程度年行くと喪服着込んで色々参加するわけですよ、しかもその頃になると昔よくお小遣いくれたおばちゃんとかたまにしか会わないで毎回「でっかくなったなあ!」とか行ってくる母方なのか父方なのかよくわからん人とかの関わりがあって元気だった頃をある程度知ってる人がピクリとも動かず棺桶に入ってるわけですよ

顔を見て、念仏を聞いて、挨拶とかして、運び込まれて、焼却場に移動して、入れられて、お骨になって、って色々続いていって

この前に会って話してたおばちゃんが2度と動かなくなってて、しかもそこまで家族と関わりが深くないと病状の進行なんて全くわからないわけで、来年正月とかにまた会うかなーとか思ってた人が初夏に死んでて、そこで能動的に会いに行くことになるんですよ(というか自分はそっちの家族の家にはほとんど行ってなかった)

んで、そこに同じような人らが集まる

死んでて二度と動かないし喋らない人のために大勢集まってるんですよ

死んだら自分は終わりじゃないですか

それなのに自分のために大勢人が集まるんですよ

こっちからは何も返せないのに

1日参加しながらそんなこと考えたら急に

「ただ日時を浪費してるんじゃないか?」って気持ち普段の100倍くらいになって、しかも、だからと言って「死にたい」なんて非生産的な思いにも変換されなくて

どうしようもないし何をすればいいのかもわからないけど、とにかく何かしなきゃ、なんか残したり身につけたりしなきゃって思ったんです

自分にとっては身近すぎる人ではなく、ある程度な人が亡くなってしまったのでこのような気持ちになったというのはあるとは思います、実際に親しい親族が亡くなった場合には喪失感に伏せるかもしれません

というかこの葬式自体は数ヶ月前なんですが、今現在自分祖母が死を待つような状況になりはじめていることでふとあの感覚を思い出したので書き殴らせていただきました

私がクズでありよっぽどのことがないと奮起しないという点は置いておいても、自分が死んだ時のためにやっておきたいことはあるのではないのでしょうか

私はやってないやるべきことが多すぎて、こんなことしてる場合じゃない、もっと人間として大きくならねばならない、という感情に包まれました

私が死んでも誰も来なくていいし、骨なんてそのまま海に投げ捨ててもいいけど、自分が生きているうちにしなきゃならないことってまだまだ色々あるんだよなって思ったんです

2017-09-03

三十路越えても処女

リアルで態々処女カミングアウトする人はいないけど、案外私以外も居るんじゃないかと思ってる。

私の場合専門職学校に進学したから、恋愛するより勉強技術バイト!に青春を過ごしていたし、

何よりクラスで女の生徒は私一人しかいない。

工業土木関係ではないけど、学校で男ばかりに囲まれて、

親族も私以外男親兄弟や従兄弟に囲まれていたからか、異性に対してときめき?みたいなのはから感じられなかった。

幼少期に一時期好きな子がいたけど、それは同性の女の子で、付き合いたいとかそういう感覚より、誰よりも可愛い彼女幸せであって欲しい、みたいな。

憧れに近いのかもしれない。

んで、私はアラサー姫のようにチヤホヤされる姿でもなく。

がさつな性格から?異性として扱われずに普通にゲーセンとか居酒屋誘われて遊んでた。

で、卒業就職したら10年程社畜生活で、気づけば三十路を過ぎていた。

何度か職場の先輩に誘われた事はあったけど、男の人が女として自分を誘っているなんて思ってなくて普通に仕事でマズい事したか!?と焦って呼び出しに行ったけど

休日に呼び出されたり夜の家に呼ばれたりした時は鈍い私でも流石におかしいと感じてその後は避けたけど。

…まぁ。だから処女なんだけど、別に劣等感も感じてない。

性格はさておき、仮にも肉体は女だから出会い系やらセラピーやらで探せばセックスは出来るだろうけど、

そこまで必死になって非処女にならなきゃならないメリットないし。

三十路になったら女は性欲増すってのも、実は嘘なんだろうか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん