「赤ちゃん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 赤ちゃんとは

2022-05-23

anond:20220523090801

ボタン押してたら音が鳴って絵が動いてたまに自分にむっちゃ都合いいことが発生するシステム赤ちゃんもお猿さんもみんな大好きだから

2022-05-22

anond:20220522234551

4月ごろ赤ちゃんゴキブリを見かけたらゴキンジャム買っておいとけばそれから1年全く見なくなるで

anond:20220522200855

だいたい元の世界では死体火葬されてる。

異世界人物は、赤ちゃんから始まるか、いきなり大人として出現する。

まり、元の人物は居ない。

2022-05-21

三大はてなではなぜか容認されてるけどあたおかすぎて世間では通用しないこと

あと1つは?

帝王切開の謎

子宮を切開するなら

赤ちゃんを分割して取り出す方法があってもいいだろ

anond:20220520111659

それがあったか自作では赤ちゃん時期は数行で終わらせた

似たようなこと考える人いるから、2~5歳ぐらいで記憶が蘇る方式も多いのだろう

美人ママおっぱいちゅうちゅう派閥も割と残ってるが

anond:20220521095402

炎上させようとしてる方

恣意的な切り抜きすぎて草燃える

 

2番のサビは 

お母さんロボ 赤ちゃんロボ

保育士ロボ 学生ロボ

先生ロボ 看護婦ロボ

介護士ロボ 葬儀屋ロボ

日本の5割が賛成している

危険のランプが点滅している

 

作詞家が言っておきたいのは明らかにこの

危険のランプが点滅している

のところなのに、なぜそこをスルーするのか

 

そこまで見れば1番のアジテーション的な歌詞

しろ政府やそれに無批判的な人間に対する批判だとわかるはずなのに

2022-05-20

anond:20220520111659

石原さとみ母乳の滴る乳首を口に押し込んで来たらいくら転生直後の赤ちゃんの体でもかなりまずいと思う

泣きながらおもらししてしまうかもしれない

anond:20220520111659

👶(ククク…俺は転生して美人アイドル赤ちゃんに転生したキモオタ…あの娘のおっぱいが吸えるなんて最高だぜ…)

 

👩「アタシ母乳全然出ないのよね、粉ミルクでも買ってきてもらうかしら…シッターさーん、これ買ってきてもらえるかしら〜?」🌚「はいはーい」

 

👶「オンギャアアアア」

 

 

 

👶(ククク…おっぱいが吸えないとは予想外だったが毎日美人に世話してもらえるのは最高だぜ)

 

👩「あー朝から収録とグラビア撮影社長との密会でケツカッチンだわ、というかこの子もどこぞの社長たちとの乱交パーティーで出来た子だから愛着がそんなに無いのよね。シッターさーん!多分帰ってくるの深夜になると思うからそれまで様子見といてあげてちょうだーい!」🌚「はいはーい」

 

👶(ククク…寂しいぜ…)

こういう無差別の傷つけ方があるのか、という

この間、妹夫婦が、飼っている犬と長男(つまりワイの甥)と生まれたばかりの赤ちゃんをつれて我が家に遊びに来た。甥がこの地域で犬を散歩させたいというのでワイは引率を買って出て、一緒に近所を散歩させることになった

途中、知らないおばさんから声をかけられた。この子(犬のこと)は何歳?甥は12歳ですと応えた。おばさんは「おばちゃんも犬飼ってたわ。犬って12歳くらいで死ぬわな」と言った。固まる甥。ワイはこの子長生きする犬種なんで。と言って、おばさんは何か言っていたが無視してその場を通り過ぎた。

嫌なババアだなあと思った。子供相手にこういう傷つけ方をするのかと。きっと他の犬を連れた人にも言ってるんだろうなとか

anond:20220520111659

そもそも赤子の脳の状態に、大人だった人間記憶にあたる情報が保持できるのか、という点は置いておいて、意識記憶がそのままダウンロードされたら、身体制御はある程度上手にできるのだろうか。感情制御はどうか。「あの赤ちゃん全然泣かないんですよ。」た言われたりするだろうか。記憶があるが感情制御できないとすると、泣き喚く自分自身をどのように認識するんだろうな。情けないな、なんて思いながらも、地団駄を踏んだらするのか。

anond:20220520111659

赤ちゃんがよく泣くのはそのせいなのかもしれないな

転生して赤ちゃん身体意識あるって怖くない?

子育てしていると結構赤ちゃんは危ないんだよね

首据わっていないとガクッてくるときあるし、泣き声しか出せないし

大人意識のままで赤ちゃんになってしまったら、自分身体なのに自分の思い通りになにもかもいかないことに恐怖を感じないだろうか

拾った子猫10日で手離した。

 先週の月曜日の早朝、カラスに食われそうになっていた子猫をつい拾ってしまった。

 子猫獣医さんの見立てでは、拾った日時点で生後1ヶ月くらい。しっかり牙が生え揃っていたので、最低限の自分身の回りの世話はできるはずと獣医さんは言ったのだが、実は全く何も出来ない赤ちゃん猫だった。

 そんな子猫を育てるのは、まるで新生児育児しているようだったが、人間赤ちゃんの世話と要領が似ているところがあったので、ヒトの子二人を育てている私には何とかなった。もしも子供を産む前にこんな子猫を拾ったらどうにもならなかった。

 なんだかんだ、大変で忙しかったが、子猫の成長は想像はるか上をゆく爆速ぶりで、何にも出来ない赤ちゃんだったのが、6日目には普通にから餌を食べ、決められた場所で排泄できるようになってしまった。

 それはよかったのだが、10日目の朝には物凄いスピードで室内を縦横無尽に駆け回り、人の手で容易に捕まえられないほど機敏になってしまったのには焦った。もう我が家子猫にとって手狭で、これ以上ここに閉じ込めておくのは子猫可哀想だとおもった。

 元から我が家では猫を飼うことができないのは分かりきっていたので、子猫を拾ったその日からいか円満子猫を手離すかを考えて動いていた。

 子供友達の家や私の仕事仲間などに猫を飼わないかと聞き回ったが、ほとんど断られた。これではらちがあかないので、動物愛護団体に頼ることにした。

 動物愛護団体に問い合わせたところ、団体主催譲渡会に参加できるのは生後2ヶ月以降の犬猫に限るという。また、寄生虫検査結果と生後2ヶ月の健康診断証明書の提出、初回ワクチン接種を済ませることも、譲渡会参加の条件だった。

 そんな訳で、少なくとも来月の上旬までは我が家子猫の面倒を見るつもりだった。だが、子猫運動能力の発達があまりにも目覚まし過ぎたので、10日目の朝には心が折れそうになっていた。

 ところが、猫を引き取りたいと手をあげた人がいた。それはうちの下の子友達だった。先週の木曜日学校まで下の子を迎えに行くと、

「Aちゃんが猫飼うっていうからAちゃんを車に乗せてうちまで猫を取りに来てもらってもいい?」

 という。唐突なことに、勿論本気とは思えなかった。Aちゃん保護者の方にOKをもらわず勝手に車に乗せてうちに連れて来ることはできないし、子猫を連れて帰らせる事もできない。本当に子猫を飼えるのか、Aちゃん保護者の方達とよく話し合うべきだ。そう下の子説明して、Aちゃんにはご家族の方が迎えに来るまで学校で待つように言った。

 その翌日、下の子はまた帰宅後に「Aちゃんは猫を飼えると言った。いつ猫をAちゃんにあげるのか」と問い詰めて来たが、Aちゃん保護者から何も言ってこない限りはそんな話を本気に出来るはずもない。今すぐにでも猫を取りに来れるなんて言われたって……。

 週末は子猫の世話に追われながらも成長ぶりを喜んでいるうちに過ぎた。

 そして月曜日子猫はたった一週間で赤ちゃんからやんちゃ坊主に急成長をした。動物病院に健診に連れて行った。どこにも具合の悪いところはなく、健康で順調に育っていると獣医さんは太鼓判を押した。次の受診譲渡会に出す直前でいいとのことだった。

 その日の夕方、下の子がAちゃん母親から手紙を持って帰ってきた。子猫の件で話をしたいので、電車をして欲しいとの事で、電話番号が書かれていた。

 早速電話をしてみると、もうすでに猫をAちゃんの家に譲ることが決まっているかのような話になっていた。猫がまだ手のかかる子猫だという事すら先方にはちゃんと伝わっていなかったにも関わらず、翌日には引き取りに来ると言うので、その日はこちらの都合が悪いので、来るのは水曜日にして欲しいことと、それと子猫はまだ世話が焼けるので、もっと家族で話し合ってから決めて欲しいことを伝えた。

 その頃、子猫はいともあっさりとトイレトレーニングを済ませようとしていた所だったが、まだ自分で上手く排泄の後始末をすることができず、しっぽや後ろ足をおしっこでびしょびしょに濡らしたり、うんちを踏んづけた足で歩き回るなど、危ういところがあった。しかし、先週の何にも出来ない赤ちゃんぶりよりはだいぶましだった。たった1日の間にも、子猫は見違えるほどに成長していく。水曜日にはよそにやっても大丈夫なほどに仕上がっているかもしれない。

 とはいっても、子猫を飼うという事に全く迷い躊躇いがないというのもどうなのか。身体が小さいだけで成猫のように完璧な子を貰えると期待しているのではないか

 これまで、何人もの人達に断られ続けてしょげていたのに、いざ引き取ると言われるとマジかよと思ってしまう。子猫に情は湧いているが、だからといって手離したくないなんて無理を言うつもりはない。Aちゃん一家子猫にとって良い飼い主となるのが心配なだけで。

 そうやって悶々としている姿を子供達に見られると、期待させてしまうので、良くないと思い、子供達が寝静まってから夫と話し合った。やはり、あまりにも性急に事を進めようとする人を信用するのは難しい。だが、子猫可愛い盛りが日に日に過ぎて行くというのも事実だし、本当に猫好きな人ならばどんなに手を煩わされたとしても、子猫の今を見て触れ合いたいと思うことだろう。譲渡会に参加できるまで、あと3週間以上あるので、なんなら数日試しに子猫を預けてみて、手のかかり様にどうしても我慢できなければ、返してもらって予定通りに譲渡会に出すことにしよう、と話した。

 水曜日まで、いきなり活発度の上がった子猫の遊び相手をしつつ、後悔しきりで過ごした。自分達で猫の貰い手を探すんじゃなかった。譲渡会参加一本に絞ればよかった。譲渡会でなら、里親希望者にはスタッフから飼育環境飼育覚悟を厳しく問われる。日常人間関係の中で譲渡先を探せば、人間関係を盾に良いように押しきられてしまい、必ずしも猫にとって良い結果になるわけではないかもしれない。

 猫をやると言ったのに嘘だった。やると言ってた癖に直前になって気を変えた。そんな風にあちこちで吹聴されたら、私やうちの子供達はどんな風に見られるのか。

 水曜日。午後にAちゃん一家がうちに来るので、私は子猫の遊び相手返上して家の掃除に勤しんだ。子猫はちょうど平日休だった夫に面倒を見られていた。物がゴタゴタとあるから完璧にとはいかないが、こざっぱりとした。茶菓も用意した方がいいだろうか? と私が言うと、

「そうだなあ。猫を貰うというのに、まさか玄関先で済ませようとは思わんだろうし」

 と夫は言った。

 が、そのまさかだったのだ。放課後にAちゃん一家が揃って家までやって来たのだが、Aちゃん母親玄関先で猫を受け取ってさっさと帰るつもりでいた。猫の実物も見ずに連れて帰って、Aちゃんらお子さん達が「思っていたのと違う」とがっかりするのは避けたいから、実物を見てから飼うかどうか決めてくださいと私は言ったはずなのだが。

 取り敢えず上がって、子猫を見てくださいと引き留め、夫にじゃらされて走り回っている子猫を見てもらう。Aちゃんの反応は今一つよくわからない。知らない家に来てはにかんでいるだけにも見えるが、無理やり「この猫でいい」と言わされているようにも見えた。

 Aちゃん母親に、試しに猫を抱っこしてみてくださいと言って、抱っこしてもらった。子猫全然人見知りをせず、うちの家族に抱っこされた時のようにAちゃん母親の手の甲を引っ掻いたり服の袖に噛みついたりした。しかし、Aちゃん母親可愛い可愛いを連発していた。私が子猫の排泄の世話のやり方を説明しても、嫌な顔をしないどころかなるほどと熱心に聴いていた。

 Aちゃんが猫を欲しがったという話だったのに、Aちゃんの反応はいまいちで、だがAをの母親は一度抱っこした子猫を離そうとしない。どうやら本当に猫が好きで猫を飼いたくて仕方がなかったのはこの人のようだった。

 この僅か数日の間に、Aちゃん一家は必ず猫を貰えると信じて疑わなかったらしく、子猫を迎えるための一式を揃えたらしい。猫ならなんでもいいです! と言い切ったのはどうかと思うけれど、この人ならちゃん子猫を一生面倒見てくれそうな気がした。私の直感があてになるかはわからないが。

 結局、私達に出来ることは限られているし、ここで外れクジを引いたとしたら、これは私の運というよりは子猫自身の運なのかなと思い、Aちゃん一家子猫を引き取って貰った。

 子猫と一緒に、子猫寝床にしているキャリーケースとボロ布を持って行って貰った。それだけは譲れなかったのだ。何故なら、子猫はそのキャリーケース自体とボロ布をママだと思い込んでいるようだったからだ。子猫はモノを母親だと思って執着していたおかげで、うちの家族の誰かを母親と思って執着することはなかった。

 キャリーケースとボロ布があればいつもママと一緒という気分でいるので、新しい家に行ってもちょっと見える景色が変わっただけで、何ともないと子猫は思うはずだ。

 

2022-05-19

ドーベルの件見てて思ったけど

動物を飼うのってだんだん倫理観壊れていきそうで怖いな

家族だなんだと口では言ってても結局自分よりも弱い意思疎通の取れない存在の生き死にを握ってるわけでしょ?

自分のために弱い存在を隷属してるってエゴ自覚がないと、正義マンになっていきそうだと思った

自分赤ちゃんとか子供虐待する親と構図が似てるけど微妙に違うよね

人間の子はいずれ成長して立場が逆転するから、「子供視点で」エゴが過ぎていれば親は因果応報を受けるだろうけど

ペット死ぬまで隷属されてて刃向かってこないから、一生自分エゴに気づけない可能性もあるわけだ

ペットっていう行為がどうせエゴなら、彼らのために去勢、耳切、尻尾切りしよう!っていうのはよく見るサイコ

老齢の犬猫おむつ履かせるのはわかるけど明らかにファッションで服着せてるのもナチュラルに怖い

これを家族のためとか、動物達のためって大義名分を持ち始めると、弱い存在の生き死にを握ってるっていう生物として一番忘れてはいけない前提が薄れていくんだろうな。

なんか漫画でよく見る、捕まえた女キャラ自分の好きな服を着せて一方通行妄想会話するやつのイメージに近い

anond:20220519122936

あー生意気な女かぁ

じゃあいものいきまーす

カチャカチャ

ずっぎゅーん

はいばたーんと倒すー

君のホールにこのごんぶとバーをいれるよ!

ほい!

ピス㌧!ピス㌧!ピス㌧㌧!ピス㌧!ピス㌧!ピス㌧㌧!

ピス㌧!ピス㌧!ピス㌧㌧!ピス㌧!ピス㌧!ピス㌧㌧!

アンコン!ムアンコン!ムアンコンコン!

アンコン!ムアンコン!ムアンコンコン!

ああああああでるでるでるううう!

ゼルダの伝説ついにでるうううううう!

ハラハラハラハラハラモ!

ドビュッシードビュッシー!ドビュビュッシー!

ニンシン!ニンシン!任天堂

ニンシン!ニンシン!任天堂

さずかれ赤ちゃん

日本で一番人気のソシャゲ会社が作ったゲーム主人公

貨幣を食べる

・一ヶ月間働かずに幼女に養われる

衣服はその幼女に着せてもらう

・その幼女自分の事をお兄ちゃんと呼ばせようとする

・無一文なのに匂いにつられてレストランに入る

・そのレストランで注文の方法がわからず立ち往生

お金という概念が分から商品をそのまま持ち帰ろうとする

識字率ほぼ100%な国なのに文字が読めない

小学生に絵や字を教わる

・成績が壊滅的な小学生でも頑張れば解ける推定算数問題割合計算ができるのに全く分からない

・8yoの幼女におかあさんと呼びかける

・8yoの幼女高校宿題を手伝ってくれと泣きつく

・8yoの幼女に頭を撫でてくれとねだる

・8yoの幼女勉強中に遊んでほしくて悲しそうな顔をする

保育園入園する

赤ちゃんがどこからやってくるか知らない

・4歳年上の女性にアメス様もドン引きするくらい甘える。

ちびっこギルドごっこのメイン活動内容が赤ちゃん教育になる

・本性をさらけ出す水を飲みガチ赤ちゃん化その後女の子授乳プレイ強要する

・牛のお乳飲ませてやるっつってんのに見た目小学生のお姉さんのお乳に吸い付こうとする

試験に落ちて落ち込んでる妹に自分は受かったという・パンツひらがな表記・おままごとでの役はペット

・妹の髪の毛の丸い部分を吊革みたいだからと引っ張ろうとする

勝手厨房に入ってきてクッキーをもらってご満悦

赤ちゃんどころか卵になる

・人見知りの子をまだ用件を聞いてないという理由でしつこく追いかけ回す

バーベキューで焼いたお肉が熱くて食べられないので ふーふー♪ してもらう

お腹が空いたので親しい女性のところに行き嘘をついてご飯をもらう

・13歳の娘に赤ちゃんあやしてるみたいと言われる

・道を訪ねようとしてやっぱいいですってなった人見知りの女の子を街中追いかけ回して用件を聞き出す

アイドルに(一緒に戦うために)呼ばれてサイリウムを振りながら駆けつける

女の子の晴れ着に入った小銭を取るために服の中に手を突っ込み、いろんな所を弄って通報される

・命を落とすかもしれない馬車レースへの出場の最終判断を迫られてるのに、馬車に乗るのは楽しそうとか言い出す。


ヤバイですね☆

2022-05-18

インフラ家電が整っているのにどうしていまの子育ては無理ゲーなのか?

昭和って60年以上あるので一括りに比べにくいとは思いますが、40年前は夏に赤ちゃん半日放置(日陰で風通しが良いけど)とかされてた記憶があるわ。

近くにいる誰かが適当白湯飲ませてて、親は戻ってきたら「どうもありがとうございます!」で済ませてたり。

平成初期でさえ今と比べてかなり雑だった。事故や大きな怪我も多かったし。

子どものうちは抑えつけてでもおとなしくさせて、死なせずに大人にさえできればあとは勝手に生きていけるはず…みたいな解像度だったんじゃないかな。

世代でも「本当はきょうだいがもう一人いたんだけど小さい頃に死んじゃって」みたいな話は結構聞いたし。

彼らの多くは現代医療的、福祉的なケアがあれば生きていけたんだろう。

できる事が増えた分、やるべき事も増えて手が足りてないイメージ

anond:20220518115702

赤ちゃんか👶

最近レッドマツーがどうしようもないのは同意だが

漫画家としての功績はフツーにレジェンドやで

2022-05-17

「幼名」というシステムはいいんじゃないかな?

基本的名前自由であるべきだとは思うけど

まりにも突拍子のない名前だったり他人誹謗中傷する内容を含むような名前だったりを付けるのは良くないと思う。

なんで幼名というか、赤ちゃん名前を付けるときにはあるていど常識的ものになるように役所が判定する仕組みにしておいて、

名前について意思表示ができる年齢(10歳とか12歳あたりか?)になったら子供本人が名乗る名前を選べて、

その時は漢字の読みの解釈なども大幅に自由を認めることにするのはどうだろう。

内心というか自己表現の自由として本人の決定を最大限尊重する。

子供悪魔と名付けるのは子供にとって良くないかダメ」というのと

自分悪魔と名乗るのは本人が問題ないなら問題ない」というのの折り合いとしていいんじゃないか?

台湾みたいに3回?までは変更できるチケット制にしてもいいかもしれない。

歴史上の幼名システムとは意味合いが違うとはおもうけど。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん