「ストリート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ストリートとは

2020-05-24

難しい問題があるから、それは容赦をしてほしい。

強い男にあこがれる、まぁ、ストリートバトルとかっていういみの

男性による男性へのあこがれとか

女性による女性へのあこがれとか

それを度が過ぎていると気持ち悪いと思うことは悪なのか?むしろ異性ならわからなくはない。

ごめんなっていうのも、ごめんな。

難しい問題があるから、それは容赦をしてほしい。

強い男にあこがれる、まぁ、ストリートバトルとかっていういみの

男性による男性へのあこがれとか

女性による女性へのあこがれとか

それを度が過ぎていると気持ち悪いと思うことは悪なのか?むしろ異性ならわからなくはない。

難しい問題があるから、それは容赦をしてほしい。

強い男にあこがれる、まぁ、ストリートバトルとかっていういみの

男性による男性へのあこがれとか

女性による女性へのあこがれとか

それを度が過ぎていると気持ち悪いと思うことは悪なのか?むしろ異性ならわからなくはない。

2020-05-17

anond:20200517091934

477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 01:08:05.48 ID:6p3ZDHfw0

長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて

「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」

と言い交わしていた。

しばらくして、婆さんが先に死んだ。

爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。

すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする

爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。

ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。

男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする

「じいさん、じいさん…」

男は答えた。

はいはい、じいさんはここにいるよ」

最初のうちは答えていた。

けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。

「じいさん、じいさん…」

やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。

「うっせえ! じいさんはいねーよ!」

すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ

479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 01:08:40.79 ID:6p3ZDHfw0

すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す

「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く

詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ

今晩も伝説リリックが聴ける。ストリートまれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ

キャップを斜めに被りオーバーサイズTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する

重たいサウンドスピーカーから響く。ショウの始まり

「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO! 

 違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO

 (ドゥ~ン ドゥンドゥンドゥ~ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)

 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事時間

 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフ息抜き

 どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!

 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」

じいさんのプレイ好調だ。オーディエンス熱狂はこわいくらいだ。

まだ、俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがばあさんの口から飛び出していく

本物のヒップホップが、ここにあるのだ。

2020-05-12

anond:20200512034440

ここ、ストリートとおなじだよ。路上ですぜ。いいんだけどよ、できるのも同じ。

2020-05-10

バンクシーが嫌い、もっとネタに食い潰されてダサい存在になって欲しい

と思うほどに嫌い。本当に嫌い。

価値もっと下がればいいのに。

マジで好きな人理由を詳しく教えてほしい。

好きなアーティストとか尊敬する人について「バンクシー」と答える人がいるけど。それが本当に理解できない。

どこがどう好きなのかを聞くと「なんかかっこいいじゃん」「考え方がかっこいい」という。

考え方??社会風刺をしているだけで匿名身分明かしてないし、流れてくる情報は完全に憶測しかないのに。どの考え方が好きなの???本当に何も考えてなくない??

お前はストリートな”雰囲気”が好きで、目立って名前を知っているから、なんとなく好きなだけであってバンクシーが好きなわけではない。

逆もあって、信者が変に持ち上げすぎて気持ち悪さを代弁するような記事も多い。

ttps://news.yahoo.co.jp/byline/daisukekawasaki/20200221-00164129/

そんななかで、最近都庁がやった「バンクシー作品らしきネズミの絵」は救世主だった。

イメージが壊れる安っぽい展示と、ダサい案内図で一気にバンクシー価値を下げてくれたように思う。信者阿鼻叫喚だったかガッツポーズした。嬉しい!

https://matomedane.jp/page/28231

最近Twitterでも、メッセージ性のあるようで無い落書きバンクシー揶揄する動きが出てきていて、嬉しい!

https://twitter.com/iphone_otoshita/status/1258988653730119691?s=21

https://twitter.com/nogita1222/status/1258565182403407872?s=21

やっとバンクシーネタにされる世の中になってきた。もっとネタにされて食い潰されて欲しいし、商業に食い潰されてラッセンくらい嫌われて欲しい。ラッセンは好きだけど

2020-05-08

非モテ童貞だけど男のモテの真理を書くわ

ここより先に真理は立てどここより後に真理は立ちません

男のモテの真理

経済力を身につける(金持ちは真理)

猿山ボスになる(目立て目立て目立て!!)

・整形する(beforeは墓場まで持ってけ)

恋愛工学を身につける(とにかくストリートに立て)

凶悪犯罪を犯す(ただしセックスはできない)

以上です

モテたい男はここから選択してください

オススメ恋愛工学習得猿山ボス化ですね

恋愛工学説明不用ですけど、猿山ボス化について一応軽く説明しとくと

自身が属するコミュニティの中のリーダー格になる」ということです

一例として、キモヲタモテないけどキモヲタが崇めるキモヲタ向けイラストを描くキモヲタ向け絵師 は女達とオフセックスしてるという真理があります

anond:20200508090719

いわゆる公道といういみではないけれど

ストリートでうまれたら、そこでそだったら、ストリートが家だからな そりゃしょうがねぇ。

2020-04-23

anond:20200423125919

気軽にだべろうぜ、謝罪はいらない

ころなでもあけたら、みんなで予定も決めずにアキバメイドカフェ行ったり、パーツ買ったりしようぜ

おれとおまえかもしれないし、別人かもしれないし、ストリートっぽくていいだろ 増田もそんなもんだし

2020-04-10

飲食店テイクアウト販売のワクワク感は異常

テレワーク進まなさすぎて普通に電車通勤している負け組です。今日は早く帰れた。

から家まで歩く途中、小さいカレー屋とかカフェとかが、店先のテーブルテイクアウト飯を並べて売っている。なんだこれは!普段帰宅時間が遅くて気づけなかったが、こんなワクワクする通りだったのか我がストリートよ!通りすがりの少しの人々も俺と同様内心少しワクワクしてるんじゃねえの?いや、ワクワクしててほしい。俺だけが不謹慎で恥ずかしいのは避けたい。とにかく、お祭りほどの高揚感はないがバザーくらいのワクワク感に包まれて、ここ一ヶ月くらい塞ぎ込んでた気持ちが少し晴れた気がした。

いつか入ってみようかと思いつつ入ったことなかったカレー屋の弁当を買ってさっき食べたが、あまりうまくなかった。ちゃんと温めたはずだがな…。来週も早く帰って、違う店の飯を買ってみよう。こんなご時世だから堂々と言えないが、味気ない生活に小さな楽しみが生まれて嬉しい。

こうした小さなお店がドカドカ潰れてしまうような未来がすぐそこまで迫っているんだろうけど、とてもじゃないが想像したくないなー。今のうちに微々たる金を落とすことを心がけたい。店が潰れてから後悔しても遅いしな。

2020-03-31

この度、童貞卒業しました。

童貞を拗らせていたクソ大学生(1浪1年生なのでちょうど成人)だったから、この前大学近くの風俗街に行ったんだ。デリヘル呼んじゃおうかと思って、ラブホ的な雑居ビルのあたりを怖くてウロチョロしてた。そしたら、「お兄さん入るの?」...キャッチの、おそらく40歳くらいのちゃらいオジサンに話しかけられた。「あ、ええ...このデリヘルのこの娘呼びたいんですけど」

きょどりながら告げると、「ああじゃあここね、こっち」と促されるままにビルの4階へ。中にはガラの悪い人たちがたくさんいたが、不気味なほどに静かだった。そういうビルだった。

受付に来て、あまりの怖さに僕は大根役者を演じてしまった。「あー!お金ないや...今日どうしようかな」

オジサンは「え、じゃあコンビニ行きましょうか。案内しますよ」どこまでも逃すつもりはない、ということらしい。

「えー、でもそれだと手数料かかっちゃうんで普通銀行まで行きます

苦し紛れ

「この時間だと銀行でも手数料かかりますよ」

「いやでも110円違うんで。学生なんで金ないんすよ」

「えー、気にしますう?」貼り付けたような上っ面の笑顔が怖かった。

ただ、そこでオジサン電話がかかってきた。舌打ちして電話に出たオジサンは、僕の後ろにいた若い男に「じゃあお前案内しといて」と言って、どこかへ消えた。

若いイケメン風のお兄さんに連れられるままに、いったんビルの外に出た。 <h3>o- **</h3>

「いやー、お客さん学生なんですか」キャッチのお兄さんが明るく話しかけてくる。「そうなんですよ。今22歳で、2浪してるんで...あれ学年いくつだっけ、ちょっとお酒はいっててわかんなくなっちゃったかもw」嘘である。一滴も飲酒していない。

「いやいややばいっすよw」軽薄なノリで合わせてくれる。このお兄さんも学生だろうか。「お兄さんはバイトですか?」

「あー、そうっすよ」そういって、お兄さんは近くの私立大学名前を挙げた。そこの4年生らしい。僕の嘘設定と同じ年齢ということで、少し雑談などをする。

しばしの歓談のあと、「......で、どうします?最近お客さんあんまりいないもんで、安くしますよ」そういって、お兄さんは僕のオーダーより3000円安金額提示してきた。

僕のオーダーは「22歳くらいの、痩せた喫煙タトゥー無し、メイド服」。18000円が、なんと15000円になるらしい。

バイト代が入っていたこともあり、僕はめちゃくちゃしぶりつつ、結局はこのお兄さんの口車に載せられるがままに先ほどのラブホへと舞い戻った。 <h3>o- **</h3>

受付。僕はゴムフェラのためにゴムを購入した。というのも、普通に生でフェラされるのがちょっと生理的にキツかったためだ。

そうして、部屋に入りキャッチのお兄さんとオーダーの打ち合わせ。愛想よく話してくれたこの人は、最後まで誠実に応対してくれた(ように見えた)。

お金のやりとりを済ませ、部屋にて待つこと5,6分。ついに嬢が現れた。

「...え?」

悲しきかな。。。普通ちょっと太めの巨乳、顔は悪くはなかったが明らかに僕の理想とは違った。理想を求めても仕方がないので、そのままシャワーへ。

「はーいうがいしてくださーい」とイソジンできちんと消毒し、ちょっとばかし体をボディーソープでぬめらせ、お湯で流す。嬢の胸をなんとなくもみながら、僕はちんこを扱かれていた。そこまで勃起はしなかった。理想とのギャップの前に、僕のちんこ萎えしまっていたのだ。

嬢はシャワーから上がると、「オプションとかどうしますか?」「どんなのがありますか」「......本番1万円ですけど」ここが運命の分かれ道だった。僕はまだ童貞を貫くべきだった。だったのだが、

「......じゃあ、お願いします」

性欲に負けた。自分史上最大の敗北であるちんこが悪いよ、ちんこが。男は興奮しているとき賢者タイムとき普段人格が変わるのだ。 <h3>o- **</h3>

ベッドの上にパンツ一丁でのぼる。嬢に「じゃあ脱いで寝転んでくださいね~」と言われ、なされるがままに寝転がる。

手コキから乳首舐め。「ッ!?!?!?!?」電撃が走る。僕の乳首落雷。そんなほとばしるような快感に、悶絶する。

「あぁ~うまいですねぇ~」と言いながら声は快感でもはやビブラートがかっていた。やばい射精する。

一端ストップしてもらい、今度はゴムフェラ。「珍しいですねえお兄さんw」と笑われつつ、ゴムフェラフェラの初めての感覚に悶絶しつつ、ちょっとした物足りなさを感じていた。歯がたまーにあたるのでそこが痛くなってしまっていたのだ。また、口の中の構造ちんこ感覚的に把握するのがどうも気持ち悪かった。

しかし。喉奥までつっこんでバキュームフェラを展開されたとたん、再び雷が落ちた。すでにこの周囲は焼け野原である

「ああぁ~っ!!!!!!!!!いいですねえぇ」

射精まであと5秒かというところで、stop. ついに挿入である

ゴムをきちんと確認し、嬢に挿入した。......新感覚だ、、、!

想像ではTENGAみたいな感じだったが、実際にはもう少し水っぽいというか、膣分泌液はローションというほどまではヌメッていなかった。風俗嬢ということもあるんだろうが、オナホよりは緩い。しかし、いわば「ふわトロ」の感覚ペニスはらわたを手術したらきっとこんな感覚なんだろう。

騎乗位の姿勢で腰をうねらされ、もはや射精寸前だった。僕はあわてて「ちょっと対面座位やります」「え?」対面座位とは、よくエロ漫画である相手を抱きかかえるようにして向き合いながらえっちする」やつである知識だけは完ぺきに武装しているのであった。しかし。

「う―——ああぁ~っ!??????」

なんと。騎乗からからだを起こそうとしたら。

「いたいいたいいたいいたいいたい!!」

腹筋が吊ってしまった。前日に暇すぎてちょっとした運動をしたせいだろうか。そして、

「うぉわいってぇ?!」

そのまま後ろにのけぞった結果、ベッドの壁に思いっきり頭をぶつけてしまったのだ。その勢いで、僕は、ついに、射精してしまった。

「......びくびくしてる♡」

このセリフが一番エロかったと思う。エロ漫画台詞じゃん。てかやっぱりわかるんですね、世間女性たち。射精のびくびくわかるんですね。えっちだなあ...

そして、ピロートークうつシャワーを浴びて、部屋を出た。 <h3>o- **</h3>

本番はここから

ビルを出たところで、キャッチ若いお兄さんがそこにはいた。

「うっす。...どうでした?」

僕は嫌な予感がしていた。根拠はないが、薄っぺら笑顔の裏に何かを感じた。

「いや、うす。...それじゃ」

「いやいや待ってくださいよ、本番したんですか」「いや知らんすよ、関係ないでしょ」「あっちに話してほしい人がいるんですよ」「いやいいです、帰ります」「いやいやいやいや」

と押し問答。行く手を阻まれつつ、嫌な予感はどんどん増していく。頭を使い、それとなく表通りに誘導していく。

突然、横を通り過ぎた車の影から一人の男が現れた。30歳くらいの、ラッパーのミメイみたいな顔をした男だった。

キャッチ若いお兄さんが、「この人は女の子管理人です、話ししてってくださいよ」といい、僕の行く手に立った。

「ねえ、お客さん受付でゴム買ったらしいですよね、何に使ったんすか?」

ゴムフェラです、それじゃ」といって歩き去ろうとしたところ、がっつりついてこられる。

「いやいやいやいや、ねえ、そんなわけないじゃないですか、本番したんでしょ?いいんすか?」

「だからゴムフェラですって」「じゃあそれ今から女の子連れてくるから目の前で言えるんすね?」そういった男の顔は笑っているが、目は、ハイエナだった。

どうする。自転車は裏通りの飲食店のあたりに置いてきた。今自分ダッシュすれば表通りに出られる。時間帯は夜の24時くらい。まだ人通りは多く、障害物競走にはなるだろう。

「いやよくわからないんすけど」とごまかしつつ、助走の準備をする。3,2,1, go. 全力で猛ダッシュし、90度の急カーブを切った。この数秒は相手から見えなくなる。

手前にあったゲームセンターに入る。ここは入り組んだ迷路のような構造になっていて、把握していないと走るのは困難だ。

1階を猛ダッシュし、2階へ。4階が最上階だが、そこまでいくと逃げ場が会談エスカレーター下りのみしかないので、実質2つのみ。ふさがれ得る。

2階の中を練るように歩き、トイレを見つける。ここは2択だ。店員を見つけたので話しかける。「すみません!この店に裏口はありますか」「......1つあります。ただ、表口とかなり近いので、あまりかわらないかと。」「ありがとうございます」いったんフロアを見渡す。そこには先ほどの男たちはとりあえずいない。「...っ!」僕はトイレに駆け込み、シャツoutからinに、眼鏡を予備の色違いへと変え、コートリュックに詰め込んだ。これでばったり会っても数秒を稼げるかもしれない。

可能性は2つある。1つは、あの連中が僕を見失っているという可能性。その場合はこの近辺に複数名が広く探し回っているだろう。

もう1つは、ここがバレている可能性。その場合は、彼らはこのゲーセンの前でただ待っているだけでいい。考慮すべきはこの2つ目、worseなcaseだ。

荷物コートを入れたせいでパンパンだ。これを持って移動するのは危険だ。しかし、ゲーセンに預けるわけにもいかない。とりあえずトイレで息を整え体力を回復し、そろりそろりと1階へと降りた。1階の迷路を注意深く進み、入口あたりをちらちらと伺ってみた。......それらしき男いる。確証はないが、やや怪しい。ただ、入口付近に立っている人はいずれもが単独で動いている。つまり、見た目のわずかな偽装最初ダッシュで秒数を稼げば、表通りを通ってさらにそれと交差するストリートへと抜けることができるはずなのだ

やるしかない。行くぞ。

僕は早歩きで入口まで向かい、一瞬静止し、周囲の人物こちらにむかってうごいていないことを確認し、ダッシュでまたもや急カーブを切って、表通りを疾走した。そして、クロスポイントで急カーブしようかと思ったが、そこにいたカラオケ店のキャッチに「なああなたのとこの店まで急いで案内してくれ!」場所はもちろん知っている。そう、この通りの信号を渡った向こう側だ。「あーいいっすよ」と答えた無精ひげの若者に「はやく!」とどやし、ギリギリ信号の長い横断歩道を一緒に渡った。猛ダッシュしたし、彼にもさせた。

そしてカラオケ店をスルーし、通りのわきに停めていたタクシーの扉を2回殴り、「すみません!!急いで乗ります!!!」おばちゃん運転手は「はい!」といい返事を返し、自動制御の扉を開け、僕が入るやいなや扉は再び閉ざされた。

とりあえず、これで安全な閉鎖空間にたどり着いた。 <h3>o- **</h3>

後日談、というか今回のオチ。汗だくでダッシュしてきた僕に不審がるおばちゃんドライバーにわざわざ最寄りから1つ離れた駅でおろしてもらい(道中事情を少しだけ説明して「後ろからつけてくる車はありませんか?」と聞いたのに対し「ええ、大丈夫ですよ」と不敵に笑ったとき安心感はすさまじかった)、そこから備考に気を付けつつ遠回りし、帰宅。そのまま、念のため性病検査キットを注文した。

僕の童貞デリヘルによる美人局ってやつに奪われたらしい。結局総額で、性病キット代も併せて3万8000円かかった。時間はなんと45分、実際にはもう少し短かった。

勉強代としては、あまりにも高い。そんな一夜を僕は過ごした。

理想とは程遠い、ほろ苦いというよりはただ苦い、カカオ70%というより99%。じゃあ1%の何が苦くないのかと言えば、二度と風俗はいかないという教訓めいた信条と。

そして。

女性射精した時のびくびくを膣で感じられるんだなあ」という事実女性の膣の感覚が、これからエロ漫画オナニーライフをよりよいものにしてくれるということなのであった。苦みという絶望の中にも、そういう希望の欠片がある。風俗とは、或いは、パンドラの箱なのかもしれない。

まあ、僕のしたかったパンチラメイドは、終ぞできなかったわけだが。

終劇。

2020-03-17

思い出インブダペスト

彼女留学しているブダペストに二回行って、計1週間くらい過ごした

印象的だったことを書く

通貨フォリント物価

フォリントの方が円より安い 

しか物価も全体的に安い 俺は6万フォリント(2万円くらい)両替してしまい、結局かなり余ったので彼女に余った分を渡して帰った

ブダペシュト

ハンガリー語では単体のsの発音はシュであり、ブダペストではなくブダペシュトの方が正しいらしい 首都だけにブダ首都、的な(?)

ブダペシュト

青く美しきことで有名なドナウ川(実際はドブ色で美しくない)によって街は2つに分かれていて、片方がブダでもう片方がペシュト…というのはまあ常識か でも実際目にしてみると実感がある ブダオールドタウンでペシュトニュータウンって感じだった

タデ

オールドなブダ側にある小高い丘の上にちょっとした城塞があって、チタデラと呼ばれてるらしい(この名前フランス語由来か) 登ってみたがなかなかいい感じだった 丘なんでわりと陸の孤島なのだが、唯一ある公衆トイレ使用料1ユーロをせしめていて悪どかった(ヨーロッパ使用料のかかる公衆トイレが多いが1ユーロハンガリー物価からしてみても足元を見てる感がある)

動植物園水族館

デカ動物園があるのだが、温室っぽいのもあればちょっとした水槽もあったりでかなり充実していた 魚は弱いがアシカ?とかがいて哺乳類系はかなり強い印象 コモドオオトカゲオオアリクイがかっこよかった

フォアグラ

ハンガリー、実はフランスに次ぐフォアグラの産地らしく、物価が安いのも相まってかなり気軽にいいフォアグラが食えた

いいフォアグラっていっても初めて食べたんで厳密には善し悪しなんて分からないのだが、うまかったので便宜上いいフォアグラと呼んでいる

2000円くらい出したらフォアグラと付け合わせだけ食って満腹になれる フォアグラは脂でヘビーなんでグロッキーになれるといってもいい

ルスヴルムのクレーメシュ

ルスヴルムっていう有名なカフェクレーメシュっていうお菓子ケーキ?を食べた

あっさりしたクリーム主体ちょっとしたケーキで、安い割に美味しいし腹にたまる感じでよかった 店の立地も高台散歩にいい

Spar

ドイツ資本Sparというスーパーが幅をきかせていて、そこら中にある

そんなに日本と変わらないが特徴的なのがベーカリーで、プレーン系のパンが18円とかで売ってる(全然食える味)

余談だが彼女はこれをスパーと呼ぶのかシュパーと呼ぶのかをずっと気にしている

ラーンゴシュ

ハンガリー伝統ストリートフードらしい 揚げパンの上にタマネギチーズベーコンなどを載せたもの

揚げパン結構ヘビーな感じで、500円もしないくらいなのに1.5食分くらいのパワーがある

Kolhelyっていうレストランにて興味本位で頼んだ鴨肉乗せラーンゴシュってやつが死ぬほどうまくて、なんなら人生で食べたあらゆる食べ物の中でも屈指だった

鴨肉の旨みを揚げパンが支えて持続させ、添えられたサラダが爽やかに流す マジで最高 2000円くらいしたけど二千円であれが食えるなら全然安い

2020-03-15

anond:20200315083440

論破したり、されたりする場所じゃないか

ストリートで、いきなりなぐりかかって、にげるなたたかえなへなちょこ!って普通逃げるだろ?それとおんなじ

2020-03-10

某有名ラーメン店にて入店を断られた~

東京駅にある行列の絶えないラーメンストリートにて

昼に行列ができている店も朝の時間帯なら

すいているところが多い。

それを狙って食べに行ったのである

運悪く電車が遅れて店に到着する時間もおくれてしまった

まだ店は開いているようで、行列最後尾に並んだら、店員

「すいません。時間過ぎていますので」

と言われて、ああ間に合わなかったのかと残念がり、

時計を見ると時間ちょうどくらい。

「ああ、ぎりぎり間に合わなかったのかも」と

思いその日はマックに向かった。

そして、その1か月後くらいに、また同じラーメン屋の朝の時間帯を

狙ってみることにした。

店に到着すると、どうにか朝の営業時間が終わる7~8分前に着いた。

今度は行列もなく、食券機で食券を買おうとすると、店員

「すいません。時間過ぎていますので。。」

時計を見ると7分前

「あれ、9時30分までですよね。」というと

店員は何も言わず、私に親指と人差し指で〇の形を作り

厨房に「もう1名様、ご案内」と声をかけた。

ま?

厨房では、今日疲れたねーみたいな話を小声でしている。

これってどうなの?

適当タイミング時間より早く営業を終わらせている。

個人商店なら、まあ、しょうがいかーって思うけど、

都内に何店舗も店を出店している有名店にこのような対応をされると

とても残念だよ。

オーナーちゃんと店にいるところはしっかりしているだろうけど、

従業員だけで運営させると、だんだんだらけてくるよねーって話

店舗も店を持っているオーナー経営者は、臨店してチェックしないと

だんだん評判が悪くなりつぶれまっせ

2020-03-05

AKBよりまえからやってるけど

そりゃAKBはやってたからな

でもまぁ、潮時だろう

もともとストリートでひっそりやりたかったんだ

メジャー希望してないマイナーがすき

2020-03-04

ロンドンアジア人ってだけで朝の9時に繁華街ボコられるとかやばすぎる

はてブ民はこのたびの欧州におけるアジア人差別について「quick_past これが酷いと思えるなら、まず日本国内ヘイトをなんとかしようよ。まじで。」「differential あと半歩前に進めば、日本人がやってる差別も同様に他国他国の人々の尊厳を傷つけていると気付くはずなのだが」「bogus-simotukare 日本も「中国人入国させるな」とか「差別言動が横行してる」上にマスコミがろくに非難もしないので「良く言うよ、これだからマスゴミは」としか思わない」とか言ってたけど、さすがに繁華街中国人ってだけで暴行してないからね。はてブ民やばすぎる

2020-02-18

[]赤文字系青文字系

赤文字系とは『CanCam』『JJ』『ViVi』『Ray』などの女子大生OL向けのファッション誌のこと。

あるいは、それらの雑誌において取り上げられるコンサバ系・モテ系・キレイ系ファッションのこと。

雑誌の題字が赤色であることに由来する。

青文字系はそれに対抗して作られた言葉で、

赤文字系に含まれない「その他」のファッション誌の総称とされる。

特にガーリー系、ストリート系、サブカル系など、

まりモテ意識しない個性的ファッションを指すことが多い。

もとは『Zipper』『CUTiE』などの原宿ファッション誌が代表格だったが、

それらが軒並み休刊したことで『mini』くらいしか残っていないらしい。

必ずしも題字が青いわけではない。

2020-02-09

anond:20200208114311

外国キャンディド・フォト(スナップ)もまさにこういうやつだ

ストリート写真家の紹介ビデオを見ていると、喧嘩を売ってるのかと思うような場面が多い

喧嘩上等スタイルの人じゃないとできない

2020-02-06

「こんな撮られ方はイヤだ」富士フイルム『X100V』公式動画が炎上。公開後すぐ削除に→お詫びを発表(篠原修司) - 個人 - Yahoo!ニュース

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20200205-00161880/

https://twitter.com/photorockwell/status/1224920297385496576?s=19

[B! カメラ] お知らせ | 富士フイルム [日本]

なんだろこのurl

お知らせ | 富士フイルム [日本]

こっち。


免許制の導入で良いのでは。

なんとかかんとか撮影免許。なんとかの部分には今回のような事例を当てはめたい。

免許撮影罰則と頭のてっぺんに「撮影中」のQRコード付きでっかい看板乗っけて。

風景写真や身内知人その他は例外的扱い。

いや例外を上げていったら切りがない。違法行為限定していく方向になる。

これだと写される可能性のある人の嫌悪感は和らぐのではないか回避やすくもなる。


現行のプライバシー権迷惑防止条例などでもじゅうぶんに対処可能

プライバシー - Wikipedia

迷惑防止条例 - Wikipedia

からこそ今回の件が問題になったしプロモーションビデオを取り下げられる程度に問題化できる、今のままでじゅうぶん。そういう意味免許性にも待ったがかかっている?

まあそうかもね。

法整備な方向は「それでも人の行き交う町並みを撮影したい」って人こそ求めるものかもね。


撮影していることを悟られると本当の絵が映らない、みたいな。

観察者効果 - Wikipedia

カメラ文脈における観測効果弊害をうたう派閥も「写してますよ~!」な免許制には文句ありそう。


他にも

プロモーションビデオを見るとストリートフォトグラファーのある種のかっこよさを演出しているので、

撮影ヘルメット装着とかダサいので論外、みたいな。


免許以前に自主的撮影看板ヘルメットでいいじゃん、なんて思ったけど

なりすましには無力?

いやこの場合なりすまし問題になりにくく別に良いのでは?

モーゼの十戒のように人混みを海に例えて真っ二つに割りたいので、撮影意思なく撮影看板ヘルメットかぶる

・・・あるかも。

2020-02-02

anond:20200202185728

あとな、ソート関数なら

主記憶装置:1次記憶装置:2次・・・N次、クラスター、速度が変わる

それに気をつける 簡単

たまに、つまるひとがいるけど

これおぼえておけばあとはがんばるだけ

天才はいっぱいいる。

精一杯がんばるだけ

たすかるといいな

だめなら、ストリートこごえしぬのなかなかくるしそう。

がんばろう

2020-01-22

[] 94 ぼやき

 35人目。居酒屋コース食べて終了。このパターン、美味しいとこだと2人で5桁いっちゃう。高いが、満足度は高い。

久々にかわいい子でこっちに好意もあってだいたいぱーふぇくとなんだが、外国人なんだよな。

内面曝け出すのって、書くのも読むのも疲れるし、普通に人と話すくらいのテンションで書いていいのかもしれない。

現状は、忙しすぎて家でゲームしたり内省的になる暇がない。

ちょっと前にはストリートで声をかけたかった気がするのだが、

アプリ無料いいねやその月のいいねをポツポツやってたら、マッチングしてやり取りはじまって時間エネルギーが溶ける。

ジムに行く頻度も週一になってしまっている。

アプリをはじめる前はある程度友達と遊んでいたのが、友達ほとんど声をかけなくなってしまった。

彼女ができたらやめたいが、自分がいいなと思う人と自分が同じ気持ちなことは、まだないからな。

ガチャを回し続けるような人間関係しかないのって、どうなんだろうね。

友達を作るのも並行してやった方がいいかもしれない。

でも、一緒に仕事したとか何か共通体験がない友達って、どうなんだろう。

やりたいことから考えるのが良いのだとしたら、俺がやりたいことなんて、せっくすくらいしかないよ。

おもしろ仕事したいけど、実力ないから。

誰も相手してくんねぇ。

うんこうんこ、クソクソのクソ。

この世は生きる価値ないです。

2020-01-14

anond:20200114065752

大麻わず死ぬもったいないから殺したり死んだりする前に、絶対大麻吸った方がいいよ。ぶりぶりにキメてニューヨークストリートパフォーマンスとか見たり、ぶりぶりでシエムリアプの名もない遺跡の上で夕日見ながら叫んだり、ぶりぶりでバルセロナバーホッピングしてピンチョスつまんで酒かっくらったりとか。ぶりぶりで見るサグラダファミリアヤバかったよ。そんで人生いろいろどうでも良くなるよ。感動ってこういうことかってなるし、ゴリゴリに固まった自分こころがほぐれてくのも良くわかるよ。でも酒と一緒でやんなきゃ絶対わかんないから。今の日本でまかり通ってる大麻の話って酒飲んだこともない奴が書いてるワインレビューみたいなもんだから。これ知らずに死ぬの、すげーもったいないよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん