「容赦なく」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 容赦なくとは

2018-02-16

シングルプレイゲームグリッチ発見されても許されるから楽だよな

PvPゲームグリッチ見つかったら大騒ぎだぞ。

戦術として許されても「俺はその戦い方嫌い!こんな事やる奴は認めねえから味方でも容赦なくレポートするしFFして追い出す」って奴らがウジャウジャ出て来るんだぜ。

マジでヤベーんだよ。

その点、シングルプレイゲームだと「嫌なら使うな」「誰も強制してないが」「狙わないと出せないか安心しろ」で済まされる。

ヌッル!

シングルプレイゲーム作ってる奴らヌッル!

やっぱPvPこそがゲーム王様ですわ

2018-02-13

anond:20180212111738

まずは、仕事優先順位をきめて、優先度低いのを切れるようにするのが第一だと思うんだわ。

人間関係でも、悪いやつを容赦なく切るのが第一

日本人って総お人好し+一部迷惑かけまくっても我を通す奴が正義なところがある。

妙な平等信仰と、同調圧力がなすものだと思う。

そのもとでは、全力で頑張ります!というのは、漬け込みたい悪い奴の餌。

もちろん、上が信じられる人間のもとでは頑張ったらいいとは思うが、色々仕事でてんてこ舞いだから境界がなんとも言えん。単にマネジメントができていないってことも多いし。

2018-01-28

anond:20180128132722

今までネットで変な発言して炎上した奴だってまさかああまで広がるとは思ってなかったの

でも一度悪と認定した奴には言い訳に耳を貸さず、いちいちそいつの背景も見ず心情も忖度せず、

ひたすらに容赦なく燃やして、しまいにはおもちゃとして楽しんできたのが極悪ネット民なわけ

今の今に始まったわけでもなんでもない、女にだけ厳しいわけでもない

今回だけ手加減しろつったってそりゃ無理に決まってますわな

てか、燃えたのが女ってだけでコロリと弁護に回るなんてほーんとにちょろいんだから

2018-01-25

アイドルマスターsideM引退した

自分気持ちの整理の為投稿させて頂きますしかし見苦しい長文かつ愚痴、吐き溜めなので今現在プレイされている方には怒りしか湧いてこないブログかもしれません。

匿名でこのようなブログ投稿することをどうかお許しください。

私は1ヶ月程前にsideM引退した。

大きな理由としては3つある。

1つ目は2017年アニメアイドルマスターsideM」でトレパクが発見されたものの、運営から言及は何もないこと。

このまま無言差替えなのか、それともトレパク元の会社現在話して上手く丸め込もうとしているのかは知らないが余りにも酷い。

更にこのトレパク案件に対して

「トレパク見つけてくるなんて暇人かよwww

「他マス(sideM以外の「アイドルマスターシリーズ)も他ジャンルもパクってたじゃん」

「パクっててもかっこいいからいい(これに関してはもはや理解不能)」

等と言っていた。民度が知れる。本垢に書いている辺り本気で思っているのであろう。

挙げ句の果てトレパクの真偽について運営に問い合わせしてる人を叩いてる人もいる。民度が知れる。

sideMは他ジャンルに構図などをパクされていた事もあって、結構パクを執拗に叩いてたりする人が見受けられたけどアニメでトレパク疑惑があった瞬間だんまり

「パクを堂々としているジャンルになんで居座り続けてるの?」と言ってたPはなんでまだ堂々とsideMプレイしているのだろう。自分の事は棚に上げているのだろうか。謎である

2つ目は声優

sideMには若手声優結構起用されていて、初めは頑張ろうという気が見えて私も応援していた。が、ここ最近キャラクター私物化ややる気の無さが目につく。

生放送グダグダ内輪ノリライブ歌詞飛んだ癖にヘラヘラ笑っている…。

声優コンテンツを支えていくはずが完全にキャラクターにとってマイナス存在になっている。キャラクターに謝ってほしい。

少なくともキャラクターライブ歌詞飛んでもヘラヘラしないし、人の話はしっかり聞くし自分アピールばかりしない。

自分チヤホヤされたいかキャラクター絶対にしないような事や言わないような事を平気でライブでする声優もいる。キャラクター貴方踏み台ではない。

たこれが一人や二人じゃないっていうのが…。いい加減新人声優だとしても数年たってるんだから、成長のせの文字ぐらい見せて欲しかった…。

3つ目は民度がお花畑。1つ目でも述べたが非常に民度が低い。自分意見と食い違う事を呟いている人は容赦なく叩く。

運営様が全てで盲信している。アイマスシリーズ特有の「嫌なら辞めろ」が受け継がれどんどんまともな人が辞めていった。コンテンツへの全肯定運営への愛じゃない事を、年齢層が高めなジャンルであるのなら理解しているはずだが…。

閉じコンテンツからマルチとか宗教世界のような感じで、外に出て初めてコンテンツの異常さが分かる。

キャラクター間の格差だとか、アニメで半分以上のキャラクターモブにされ星にされた事も原因の1つではあるが、この3つが私の中でどうも腑に落ちずモヤモヤ引退を決意した。

私は自分担当していたキャラクターが大好きだったし、CD円盤も全部買っていたしゲーム課金もしていた。けれど担当すればするほど運営に対して否定気持ちしかかばなかったり、ジャンルの悪い部分しか見えなくなっていった。

周りから見れば私に担当されたキャラクター可哀想だ、と言われるのも当然なぐらいこのジャンル否定的しか見れなくなった。

これからsideMは益々大きなジャンルへと発展していくだろうし私もそう祈っている。

このジャンルに戻る事はもうないけれど、運営声優のあり方と全肯定信者コンテンツの維持の為にももう少し考え直した方がいいと思う。

このブログを書いたからといって、改善される訳でもないしファン逆鱗に触れるだけなのも分かってる。

ただ、配信されてるアプリゲームだったりCDの持ち曲の差だったり、もう少し運営を頑張っていればもっと売れてもっと人気のジャンルになれたいたのに…と悲しくなる。後の祭りだけど。

ネタバレ

発売日前の二次元コンテンツネタバレを毛嫌いする人たちがいる

発売日になるととたんに消えて他の発売前の作品に移りネタバレするなと騒ぐ

そうやって発売日前の作品寄生する

その作品感想を述べるわけでも批判するわけでもなく発売日前のネタバレするなと騒ぐだけ

ネタバレする人たちには容赦なく罵倒する

彼ら彼女らの使命感ってなんなんだろうか

2018-01-24

アニメ異種格闘技

少年ジャンプでアンケ上位の今を輝く少年漫画も、

大層な賞を受賞した出版社イチオシ青年漫画も、

今更スポットを浴びた90年台の名作も、

前年にそこそこ売れたハーレムエロゲも、

気取った文学作品も、

キモヲタ向けのラノベ作品も、

きらら系の中身のない4コマ萌え漫画も、

アマチュア発のなろう小説も、

アニメの元では全てが平等だ。

元がどんなジャンルであろうと関係なく同じ土俵に立ち、売上という戦闘力で互いを殴り合い、クールごとに覇権が決まる。

無料大勢配信して、何人がお金を払う価値があると判断たか、何人が面白い判断たか

どこぞの出版社内のお偉いさんのさじ加減で決まる出来レースな賞レースなんかよりもずっと公平で平等尺度だ。

ダサイクルという少数のサブカル気取りの内輪の中だけででんでん評価されてるだけの作品容赦なく打ちのめされるし、

逆に無名でもオリジナルでも『本当に良い』作品は正当に評価される。

たまに『アニメはアレだけど原作は名作で~』なんて言い訳がましくアニメスタッフ責任転嫁してくる輩を見るが、アニメ駄作作品は大抵原作プロットレベル突っ込みどころ満載なことが大半だ。

特に最近は90年台などと違い良くも悪くも無難な完成度は担保されている。

『飛び抜けた作画崩壊』や『アニオリによる作品崩壊』なんてのはほとんど絶滅したと言っても過言じゃない。

今期アニメゆるキャンvsスロウスタートでどれだけ片方が打ちのめされるか、それが作品よりもずっと楽しみだ。

たまにグラブルみたいなチートが混ざるけど、決して流されるなよ。

メトロイド サムスリターンズ」が面白かった。

結論タイトルの通り。

ゲオで新品が安く売ってて、CD付の限定版が通常版と同じ値段だったので衝動買いしてみたのですよ。

まー、難しい難しい(笑)

反射神経の衰えたオッサンが22時間かけてようやっとクリア

で、いま6周目あそんでるという。

メトロイドシリーズ説明不要だろうけど、広いマップを探索しまくってパワーアップしつつラスボス倒す「探索型アクションゲーム

海外では「悪魔城ドラキュラX」シリーズと合わせて「メトロイドヴァニア」と言われている人気ジャンル

で、その新作の「サムスリターンズ」では、マップ探索とかの要素よりも、アクションゲームの部分が強化されている感じ。

だらだらプレイしてるとダメージ食らいまくって容赦なくゲームオーバー

元がゲームボーイの「メトロイド2」なのでボリュームもそれほど多くない。

しかしそれが逆に良くって、3DSの2画面で常にマップが表示されている事と相まって、マップを走り回ってもウンザリしない丁度良い広さになっている。

少しマップを探索すれば、なにかパワーアップアイテムが見つかる感じ。サクサクマップ探索範囲が広がっていく楽しさ。

そしてアクションの強化、というかアクション操作性の良さがこれまでのメトロイドシリーズにあった面倒くさいイメージを払拭している。

固いザコ敵も新アクションでサクっと撃破しかしダラダラ適当プレイするとダメージ食らいまくり

このバランスが「アクションゲーム遊んでる!」感を満足させてくれる。

…思えばアクションゲームに熱中したのはいつ以来だろうか?

最近ゲーム基本的ゲームオーバーというペナルティが軽いもの殆どだ。

時間をかければ誰でもクリアできるRPGは言うに及ばず、海外FPゲームでも実質無限コンティニューなのでやり直す事に抵抗を感じる事は無い。

しかし「サムスリターンズ」は全然甘くない。

敵のモーションから攻撃判断し、的確に避けないと確実にダメージを食らう。

攻撃のチャンスを逃せばいつまで経ってもボスを倒せない。

冷静かつガチに攻めないとクリア出来ない難しさだ。

はいえ反射神経が壊死しかけているオッサンの僕でも攻略ページを見ずともクリア出来た。

…いや正直に言うと最後ボスだけ攻略ページ見た。

「敵の攻撃は避けろ。武器を撃ち込み続けろ」って書いてあった。

泣きながら頑張ってクリアしたさw。

こういった本気でプレイしないとクリア出来ないアクションゲームっていつぶりだろう?

最初は22時間かかったプレイ時間も5週目では6時間クリアできるようになって、未だ遊んでいて飽きる感じがしない。

カットインされるムービーも良い出来だし、余計な興醒めストーリーもないし、じっくり探索してもサクサク攻略しても面白い

難しい操作も段階的に覚えていく事になるので馴れやすかった。

様々なアクションを使いこなして攻略する難しいアクションゲームなので誰にでもおすすめという事は言えないが、アクションゲーム好きな人にはぜひプレイしてほしいゲームだ。

なにしろまぁ、ゲオで新品が安く買えたって事はそんな売れてないのかもしれないし(笑)

こういったゲームが売れない事で衰退しちゃうのは勿体ないよなーと。

2018-01-21

お前らは確率の捉え方を間違えている

現実化する結果というのは確率が低かろうが高かろうが関係なく事象する。

確率が低いからといって絶対に起こらないなんてことは無い。

しろ確率がどれだけ低い事象であっても現実おかまいなしにサイコロを振り続けている。

そして結果として残し続けている。

そこに感情も思いも祈りも含まれてなどいない。

 

冷静に考えて欲しいが太陽系があり地球があってこの文章を読んでいるお前が生誕してここまで生き延びてきた確率宇宙生誕から計算すれば0に等しい程度の確率です。

ところが現実にとっては結果が全てであり確率が高い事象しか常に起こさないと思い込んでいるのは人間の脳だけです。

 

例えばの話、青信号横断歩道を渡ってても信号無視トラックにひき殺される確率は0.001%程度ある中で

お前が渡るとき死ぬわけないと思っているし平気で渡るわけだが、

実際に事故が起こり死んだ人間にとってはどれだけ低い可能性でも現実として結果が残る。

どれだけ低い確率宝くじも誰かが当選する。

当選した本人にとっては低すぎる確率も結果になる。

現実というのは人間の期待や計算を平気で無視して現実化してくる。

どれだけ交通整備ができて事故が起きないような世の中に変えても

横断歩道を渡ることで発生する死亡リスクは0%ではなく確かにそこに存在し続ける。

 

障碍者にしたくないか女児を産みたい、というのも恐ろしく現実への理解力が足りていない。

女児を産んだところで障碍者が産まれ確率出産という行為に必ず紐づいてくる。

そこで現実容赦なく障碍者か否かのサイコロを振る。

そのあとに出るのは障碍者ではないか障碍者か、その結果だけしか答えない。

いくら可能性が高い方に賭けたとしても、現実容赦なくそれを裏切る結果を出す準備ができている。

生きる以上は常に現実側が出す無慈悲な結果とどのように付き合っていくのかということだ。

大きな決断を迫られるとき、弱い人間は常に可能性が高い方へとベットしたがる。

しかし、可能性が高い方に賭けたからと言って必ずしも希望の結果になるわけではない。

もし希望した結果になったらその時は喜べばいい。

しか現実の出した結果が希望と反対なら?可能性が低かった方なら?

そういった事態に陥ったとき人間として自分がどう行動するのか、

それを加味しても決断する覚悟があるかどうか、

それこそが選択に最も必要重要な要素だ。

覚悟がない人間選択というのは、常に不幸である

可能性が高い方に賭けたのに運が悪く現実希望の結果を出さなかったとき

彼、彼らは真に不幸である。常に落胆の底から出ることはできない。

いか現実非情であり、無機質であり、抗うことのできない存在だったとしても、

可能性の高い方だけが結果をもたらしてくれることだと信じ切っている。

 

ここ10余年の間にも発生するまでは誰も信じておらず可能性も低かった事象が平気で発生している。

そういった現実無慈悲さを見せつけられても彼、彼らは未だに可能性の高い結果のことばかり考えている。

そんなに可能性の高いことを考えるのなら今生きている人間全員が必ず死ぬ結果についてまず考えてみてはどうか。

anond:20180121120804

肥大した被害者意識には容赦なく石ぶつけるけど

助ける必要のありそうなやつは助ける

2018-01-18

人はKKOになると東小金井駅線路容赦なく唾を吐き捨てるクソJRを許さないのだ

たばこ税赤字補填横取りするJRを許すな

高らかにKKOのアジテーションが唾の放物線を描いたのだ

2018-01-15

都道府県ローカルテレビ局最強決定戦

都道府県にあるローカル局の中最強を見てみたいと言う謎の欲求に駆られてしまった。

住んでる場所以外全然分かんないから他の局がどれぐらい強いのかきになる。

ちなみに私の住んでる宮城県最強?は松本復興大臣オフレコ発言容赦なくゴールデンタイムの5分ニュースでぶち流したTBC東北放送

2018-01-13

ガキ使「笑ってはいけない」がつまらない

浜田黒人問題はとりあえずおいておくとして、最近根本的に「笑ってはいけない」がおもしろくない。

実はここ数年ちゃんと観ていない。

全く見ていないというわけではないのだが、以前の情熱を持って観られていない。

 

以前はテレビにかじりつき、息を潜め、不意に腹を抱えて、時には転げ回って笑ったりしていたのたが、

最近は流し見て、たまに笑ってたまにすごく笑う。それだけの番組になってしまったのだ。

年を取ったせいかな、最近仕事が忙しくなったせいかな、などとぼんやり考えていたのだが、今年やっと原因が分かったため記しておきたい。

 

あれ最近、「笑わなければいけない」が3割混ざっているだろう。

 

ここ最近の笑ってはいけないの数々のネタには「びっくりする」や「すごい」や「意外」、果ては「この人がこんなことをやってくれるなんて恐縮だな」や「こんなにがんばってます」なんてものまで

「さあ、笑ってどうぞ!」、「さあ、笑ってあげてください!」とばかりに出されている。

それにつられたダウンタウンまで笑わなきゃとばかりに笑う。

今年はそれが特に顕著だった気がする。

 

あれ?こんなんだったっけ?

この番組おもしろさってそんなところだったっけ?

 

違う。

まず、あの5人の、人が仕掛けてきた笑いなんかに絶対に笑ってやるものかという強い決意の上に、なおかつつらい罰ゲームがあるため心底笑いたくないと思っている雰囲気

そしてその雰囲気に引き込まれ、一緒になって笑いを我慢する我々視聴者

その虚をついて笑わせにくるネタ

面白くなければ容赦なく笑わない。

面白くても笑わない5人。笑わない視聴者。笑ってしま視聴者

おもしろネタ

つい笑ってしまう2人。つい笑ってしま視聴者。今のはそんなに面白くないだろ?と誇らしげに首を傾げる視聴者

おもしろくもないネタ

しかし緊張の糸が切れて思わず笑ってしま松ちゃん連鎖的に笑い耐性が低くなっていく4人。不毛につぶし合う5人。それを見て笑い転げる我々視聴者

 

あのヒリヒリする緊迫感からまれ沈黙と笑いとそのバカバカしさが相乗効果を生み出し「笑ってはいけない」が「笑わずはいられない」となるのがあの番組の本当のおもしろさだったのではないだろうか。

 

それが今や、

ネタが出される→出演者笑う。我々笑う。

ネタが出される→出演者笑う。我々笑う。

ネタが秀逸→出演者すごく笑う。我々すごく笑う。

ネタいまいち→誰かしらは笑う。我々笑う。

という、何のうねりもひずみも緊張感もないものがただ長時間続く番組となってしまっているのだ。

 

まりすべてが完全に平らに丸くなってしまった。

ここまで書いて気づいた。

ああ、これがマンネリか、と。

 

私自身はマンネリというものに対してそこまで否定的ではないし、まあ見れば見ちゃう面白いよ?

ただ、これほどまでにマンネリと相容れないコンセプトの番組はないだろう。

このままでまだまだ続けていくことはできるだろうが、後で「魂はとっくにしんでたなぁ」ということにみんなで気づくことになりそうだ。

 

これ、実は本人たちもすでに薄々気づいてはいるのではないか勝手に思っている。

 

そして思い上がりではあるが、仮にこの文章松本さんが読んだとしたら、覚悟を持った最後の一回をやってスパッとやめるはずだと思っている。

浜ちゃんも「あんたがそう思うのであればそれは正しい。」と言ってやめる段取りを取り始めるはずだ。

少なくともごっつをやっていた頃のダウンタウンであればそうだったのかな。

 

 

なお、その際にはぜひとも「最後の」的な情報煽りは一切無しで、我々に対して出演者製作者・局の全員で勝負に来てほしい。

2018-01-10

anond:20180110162018

そりゃ奇跡ガラパゴスでは意味不明な逆転劇が起こるから容赦なく叩き潰せって言われてるしな

anond:20180110110053

基本的に多くのスポーツで点差がついて実力差が明らかなのにむやみに点を取りに行く行為はよくないとされてる。

ガラパゴス日本では最後まで容赦なく点を取りに行くのがいいとされる風潮があるけど。

5ちゃんのこと2ちゃんねるとか言ってるやつは老害として容赦なく〆ていくから覚悟しとけよ

2018-01-02

アベノミクスが失敗した今、日本は「アマゾネス国家」を目指すべきだ

アベノミクスとやらから5年がすぎたが、我々の生活は一向に良くならない。賃金が上がらないせいで貧しい女性たちは売春を余儀なくされ、男たちは全く育児に関わろうとしない。

水野和夫先生が言ってたように、資本主義社会はとっくの昔に終わっていたと断定できるのではないか。そうとしか考えられないので、女性貧困少子化を一気に解決できる「アマゾネス国家基本法」とやらを計画してみた。なお、肝心の結婚生活だが、夫からDV考慮して、全ての夫婦は別居とする。

1. まず、女性出産の苦しみから解放するために、受精は全て試験管内でやる。その後は人工子宮に移して機械胎児10ヵ月育てる。

2. 女の子だった場合は、母親に無条件で国が1000万円を支給する。また、幼稚園保育園無料で使い放題。男は支給ゼロ精子確保用として取っておく。

3. 女の子小学5年生になった時点で、北欧諸国並みの性教育を受けさせる。同時に、男が持つさまざまな危険性も教育させる。

4. 女の子には高等教育や、社会人としての各種保険無償化子供が欲しくなったら、精子バンクの中から、男どもから搾取した精子を選べる。もちろん、何人作ってもかまわない。人数×1000万円が支給される。

5. 男は基本的に50歳になったら無条件で死刑。一説には、男は50歳をすぎたら社会的価値がなくなるそうだ。まあ、若い男の精子を確保するためだから当然だ。

なお、肝心の1000万円の財源だが、そんなもの日銀の輪転機をフル稼働させればいいだけの話だ。これで日本少子化を脱け出せる。異論を挟むクソ男どもは容赦なく殺す。

2018-01-01

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.アイドルの伴侶は、そのアイドルサインを欲しがらないのでしょうか。

いや、むしろ欲しがる。

色々とモメた時は特に

Q.ディズニーの近年の作品が、妙にポリコレ意識しすぎているのは何故ですか。

そりゃあ、ディズニーレイシストだったからさ。

その時の尻拭いをやっているのだろう。

分かりやすいところだと、ピーターパンに登場するインディアンだな。

私はビデオでアレを観たとき、まるで知らなかったので何とも思わなかった。

だが、ポリコレバイパス手術を施している今の私じゃアレは観てられないな。

そもそもピーターパン』の話自体いろいろと読み込んでいくと……いや、話が逸れそうなのでやめておこう。

まあ原作ピーパン自体“アレ”だし、そうじゃなくてもピーパン少女ママにさせようとしていたド変態からな……表現ミスリードを含んでいることは認めるが、間違いは言っていないぞ。

ほんと『キングダムハーツ』によく出れたもんだ。

差別かどうかという観点ですら見ていなかったものが、概念が介入することで差別だと認識できるようになる。

差別本質だな。

はいっても別に当時のディズニー作品全部に差別的表現があったわけでもないが。

ダンボ』とか、『おしゃれキャット』や『わんわん物語』あたりなら、動物が主役だし差別的表現もないだろう…………いや、これも今じゃマトモに観れないな。

無垢子供の頃に戻りたい。

Q.同じ名前連続するのって不格好じゃないですか。

ゴリラゴリラみたいなものだ。

しろ連続して何が悪いって理屈だな。

マリオだってマリオマリオなんだから、言いっこなしだ。

ルイージは、ルイージマリオ

Q.飢えた人が生きるために食べ物を盗むことは罪になりますか。法的な話じゃありませんよ?

まあ、法的にどうかという話を抜きにしても、罪にはなるだろうな。

それを裁くべきかどうかという話であって。

本当に飢えて死にそうだったら許されるかもしれないし、切羽詰っていないと判断されたら容赦なく断罪するだろうし。

いわゆる「パンを盗んでもバターはつけるな」っていう話だな。

だが現代価値観としては水準が上がったこともあって「パンを食べる人には、バターも与えるべきだ」といった考えのほうが近いかもしれん。

2017-12-24

コンテンツが終わった二次元キャラって死んだも同然じゃね?

アニオタ三次元バカにしてるけど、

持続性で見たら二次元ほど短命な存在無いよな?

 

永遠の愛を誓った存在が、第三者である運営の都合で容赦なく切り捨てられるって

どういう気分なの?

三十路過ぎのこぎたないオッサン初恋が終わって一年が経ちました

聡明でかわいらしい、素敵な彼女だった。

酔狂にも俺というオッサンを選ぶくらい、独特の価値観を持つ女性だった。

おまけに脳内存在ではなく、実在しているときた。二次元相手にすら恋愛という感情を覚えることができないままぶくぶくと肥ったオッサンには過ぎた幸福であった。

三十路半ばに降って湧いたように訪れた初恋一年と少しで消えていった。

仲違いではないし、ケンカをしようといっていたけれど、それも楽しみにしていたけれど、結局できないまま終わっていった。

わかっていたことだが、未来よりも過去が強く、彼女は聡明でやさしく、俺は弱かった。

「いつか、彼女が俺に愛想を尽かすだろう」と、非モテオタクらしくビクビクした卑怯惰弱予防線をはりめぐらせ、それでも卑屈にならぬようにつとめて一年を過ごした。

それは思い返しても幸福で濃密な一年で、一人で過ごしたこ一年はただネトゲソシャゲの数値を漫然と増やすのと同じ時間であることがにわかには信じられないほどであった。

我々は遠距離であったから、一年の間にともに過ごしたのは実質3週間かそこらといったところではなかろうか。

俺は身に余る幸福を、軽々に疑うことなく、その一瞬をひとつづつ大切に味わい、決して忘れないようにしようと思ったのだ。いつか失われるものだと予感していたから。

別れを告げられる前の、楽しそうだった最後デートで時折見せた憂いの表情で確信にかわった。

もちろん決裂を回避すべく、さまざまな方策が取られた。しかし、竹ヤリで飛行機は落ちない。俺にできることはこの先のお互いの平穏を用意することしかなかった。

万全の心の準備があった。

傷付かずにいられると思った。

やせ我慢などではなく、こんな甲斐性も主体性もない男に生まれてきたことを感謝させてくれてありがとうな。なんて思っていた。

愛想をつかされたわけではない、しかし、どうしても避けられぬ別れを。一緒になるには俺が俺であること自体障壁になる理由を、来るべき三行半をLINEでしぼりだすように送られたとき

ここからの余生が決定された。

このハッピーにもほどがある一年を思い返し、少しずつキャラメルなめるように溶かしながら生きていくのだ。

それはそれで悪くないと、口を半開きにして漫然と生きてきた自分には身に余る幸福なのだと本気で思った。

恋をしたことがないオッサンは、恋に免疫はなかった。ぶっちゃけ甘く見ていた、ひどくナメていた。今自分にとりついている無情感、寂寥感、つかれ、首の凝り、残尿感、就寝後喉から込み上げてくる胃液で灼ける喉、そういったもの一時的な症状で、一年もたたないうちに治るのだと。

そうしたら、突然推し自分ちの台所で白米を炊き始めたのを目撃した女子のごとき切ない声をあげてうずくまるようなこともなくなるだろうと軽く考えていた。

これは失われゆくとき効果を発揮し、一生をかけて宿主を食らう猛毒の類であることに。オッサンはようやく最近気づかされてしまった。

余生のはじまりであったこ一年は短いが、人生支配するには十分な期間だった。

一年には四季があった、ふたりでいろんな話をしながら、様々なところにでかけた。おそらく、ほかのつがいたちがそうするように。我々もさんざんそうした。行こうと約束したきりの場所が、いくつもあった。

から、いろんなところに手がかりを残してしまった。

ひょんなところで、どうしても、少しのきっかけで思い出してしまう。

つきあっている間からちょっとした瞬間にこねくりまわしていた甘い思い出たちが、刃を剥いてオッサンのやわらけえ心をズッタズタに切り裂いていくのだ。

お揃いで買ったボールペンを筆箱から取り出したとき。町中でてんぷらそばの香りが漂ってきたとき。美しい紅葉を見たときバスの中が閑散としていたときTwitterネタ画像を貼ろうとしてカメラロールをたぐったときカップル用の写真置き場として導入したアプリに「もう別れた」と告げることもできないままだったから「つきあって2年目ですおめでとう」という通知が臆面もなく画面に現れたときテレビサメがでてきたとき花火の音を聞いたときモネの絵を見たとき映像の世紀テーマソングが流れたとき。海。いきつけの居酒屋。空が透き通るように青かったときふたりで行こうと話していたその場所への旅行記。机の引き出し。

容赦なくそれらにまつわる我々のイベント一枚絵がフラッシュバックしていく。

思い出がたのしかったほどに、もはやそれらが二度と訪れないことを突きつけていく。無能怠惰だった自分を上っ面だけなじって、甘い記憶の反芻にくたびれる。

そして文字通りくたびれたオッサンは何度目か忘れた記憶の反芻の果てに、ふと気づいてしまう。

記憶は軽く、少しずつ改竄され、曖昧になっていっている。

たった一年だ。

たった一年でも、強い記憶でも、そのすべてをわすれないように目に、鼻に、耳に、手がかりをのこして脳の一番とりだしやすい引き出しにこうしてしまいこんだつもりでも。

どうしたって、あせていくのだ。あせていく割に、思い出したときダメージは軽くなりはしない。ただうすくらがりの割合が増していき重くなっていく。

忘れたもの自分にとってどうでもいいものだったのか。

なんて意味のない自問をして、やめて、また自問して、夜が明ける。

どうすればこの変質を止めることができるのか。

高校生のうちになやんで置くべき事をいまさらやりはじめているから、だれもその無意味思索を止められない。

写真を眺めても、LINEのやりとりをさかのぼっても

俺の印象に沿って変質した思い出を、きっと刻み込んだ瞬間から変質しつづけているその代替品を、いつまで、いつまで舐め続けることができるのか。俺が改竄したのは、いったいどの部分か。彼女の行動か、表情か、懊悩か、それらを突きつけられまいと先手をとって口先で蓋をしていった愚かで卑しい自分の行動か。

傷つけるかもと言おうとして言えなかったうわっつらの言葉か。

変えられなかった自分怠惰か。

いや、それに妥協する自分を、自己愛自覚していますみたいなメタい達観視点で、別の自分を用意したあげくのいぎたないマウントをキメる惰弱自分への嫌悪感だ。

こんなものが、二度とこない、見ることのできない美しい追憶邪魔をする。

しかしこんなものがなければ俺はきっと、こんなこともわかりはしなかった。

ひとりの脆弱なオッサン過去に食い尽くされるより、

きっと、未来朽ち果てる方が早いんだろう。

冒頭で「フラれたときに、余生を決定した」と言った。

本当は、もっとからずっと余生だと思っていたのだ。

20代のはじめに自分というハードウェア脆弱性愕然とした自分は、ここより余生という看板を高々とかがげ、レールにトロッコを設置してゆっくりと坂を下りはじめた。山にぶつかるまでが人生だと割り切ってみると、けっこう空は綺麗だったし、白米は噛むと甘かった。

本当にしあわせだった、大事にしたかった。

思い出じゃなくて、君と君と一緒にいる自分自身を。

なんて、ありあわせの後悔を口に出せば、どうしたって、安っぽくなる。

感謝言葉を書き連ねたいが、それここでやるにはあまりにも浅ましすぎる。

誰の目にもつかず埋もれるか、「貴様の贅沢な懊悩など見る価値ないわ」と吐き捨てるように扱われたいだけなのに。

そうでもされないとやっぱりやってられないくらいにただひたすらに、いまだに、恋しさだけが、こびりついていく。

こんな寒い日に、さびれた地方都市ビジネスホテルで、小さなシュトーレンを分けて食べた。

あの日彼女が着ていた服をもう、思い出せない。






みんな! 現実には存在しないキモオッサン気持ちになって書いたキモポエムをここまでよんでくれてありがとうな! 愛してるぜ!

2017-12-19

ハッピー痴漢小説

蒸し暑く、息苦しい。

タバコと汗と体臭が混ざったにおいがする。

見えるのはスーツ背中と、周辺に立つ人々の頭部だけだ。

私はこの暑く、臭く、苦しい、まるで窓のない牢獄のような乗り物で、今日会社へ運ばれている。

病気がちの子注射の傷みに慣れるように、私もまたこの状況にすっかり慣れてしまった。

からといって注射牢獄も、好意的に受け入れられるものではないのだが……。

 

A駅に到着しドアが開くと、車内の人々がどっとホームへ押し出される。

私はこれ幸いと車両の隅のほうへ移動した。

壁に寄りかかり力を抜く。

ほっとしたのもつかの間、車内は乗り込んできた人々で先ほどよりいっぱいになる。

その勢いは容赦なく、私は身体全体をこれでもかと壁に押し付けられた。

苦しい。

しか四方を人に囲まれるよりも、無機物である壁と密着する方がマシというものだ。

密着というよりもはや埋め込まれる勢いであったが、

私はそれでも人に挟まれるよりはいいと自分に言い聞かせ壁と一体化した。

電車が動き出す。

会社の最寄り駅へはあと30分ほどあった。

私は身動きがとれない状況で本を出すこともできず、

ただただぼんやりと壁に体を預けている。

 

ふと、下半身違和感を覚えた。

お尻の割れ目のあたりに軽く、"何か"が挟まっているような感じがした。

後ろの人の鞄だろうか、きっとそうだ。そうに違いない。

これだけ混雑しているのだから仕方のないことだろう。

私は心の中で自身にそう言い聞かせていた。

そうであってほしかったのだ。

しかし私の希望も空しく、"何か"は熱を持ち存在感を増していく。

首筋に生暖かい息がかかる。

ハア、ハア、ハア。

呼吸音は規則的に繰り返され、次第に興奮をあらわにする。

 

痴漢だ。

私は自分のお尻に挟むように押し付けられた"何か"の正体を理解する。

そして"何か"の熱さと固さから、どういう状態なのか、嫌でも察してしまった。

はあちゅうヨッピーゴミすぎる

最近セクハラ告発する「#metoo」なるハッシュタグがあり、ネット界隈で結構有名な「はあちゅう」という女性が、元電通の岸勇希からひどいセクハラを受けていた事を告発した。

この行動自体は称賛に値することだと思うし、岸という人間はなんらかの刑事罰を食らってほしいぐらいだが、それとは別にはあちゅうという人間があまりゴミだったのでまとめておく。あと、「ヨッピー」というこちらもネット界隈では有名なライターがいるが、こいつもクズなので記録のために書いておく。

結論

はあちゅうヨッピーも「自分はいいけど他人ダメ」という考えがあるから問題がある


■経緯など(はあちゅう編)

はあちゅうが元電通社員セクハラ告発

「お前だってクソじゃん」「お前も童貞バカにしてたじゃん。それはセクハラじゃないの?」という反論が来る

はあちゅう反論童貞という言葉に持つイメージ世代によって違うのでは?」

叩かれる


■経緯など(ヨッピー編)

はあちゅうが元電通社員セクハラ告発

「やっぱ電通クソだな」という意見が出てくる

ヨッピーが「電通が悪い、で済ませていい問題ではない」「他業界でもこんな話はあちこちに転がっている」などと発言

ヨッピー叩かれる

ヨッピー反論「今回のはあちゅうの話を公にしようって言ったのは俺だっつーの」「IT金融もそんな話のタレコミ来とるわ」

ヨッピーさらに叩かれる


はあちゅうゴミなところ

今回の騒動で、岸が「あれ(はあちゅうに対しての数々のセクハラ)は愛のあるイジりだと思っていた」等と弁解しているが、これとまったく同様の事を自分がしている癖に無自覚なところ。

(逆に自覚した上で「私はいいの!」と思っているならある意味大物である。)

セクハラパワハラ案件では「自分は軽いスキンシップだと思っていた」「悪気はなかった」「イジって笑いを取ってあげていただけ」等の言い訳が見られることがままある。そしてこれらの言い訳が全くの詭弁であるということは皆も周知のことと思う。

かに、「童貞」という言葉に対してのイメージは個々人によって異なるのだろう。そして、はあちゅうは「童貞」という言葉ポジティブイメージを持っているのであろう。

ならば「私は『童貞』というワードネガティブイメージを持っていないか他人に投げかけてもセーフ」となるのか?私はならないと思う。

この「自分ルール」を他人押し付け構造こそが、各種ハラスメント根底にあることを理解していない。


「今回の岸の件と、はあちゅう過去発言については分けて考えるべき」という意見には私も賛同する。

当たり前だ。「罪を犯したことが無い者のみが手斧を投げなさい」と言っていいのはキリストだけだ。まぁキリストはそんな事は言っていないと思うが。

からこそ、はあちゅう過去自身発言に対して真摯になって頂きたい。謝罪の一つもなく、「セクハラ告発したら叩かれた」等と被害者ぶっている現在の行動は唾棄すべきものである。今回の件ではあちゅう批判してる人間の大半は、その場の雰囲気はあちゅう批判している訳ではない。それなのに批判意見には「見当違い」とNOを突きつけ、賛同意見のみ称揚する。そんな人間を信用する人はいない。


ヨッピーゴミなところ

ライターを名乗っておきながら日本語不自由なところ

・「いっちょかみ」で色々なところに首を突っ込んでは叩かれるクセに、反省改善もしないところ

日本語」と言うか、言葉言語の出発点は「意思の疎通」であるはずだ。自身感情思想思考を、なるべく齟齬がない状態対象に届ける事ができるのが肝要であり、ライターともなればそういった事に気を配るのは当然であろう。捻くれた比喩冗長表現小説にでも任せておけばよろしい。

だがヨッピーは度々「ヘンな日本語」を使う。それを一種の「ライターとしての自身の持ち味」だとでも思っているのだろうか、改善するそぶりも見せない。

今回の件では「スケープゴート」という単語が引っ掛かった。以下引用する。

ttps://twitter.com/yoppymodel/status/942268335701368832

電通コメントなんかは残念極まりないし猛省して今後の対応をすべきだけど、電通とか広告業界関係なしにこういう話ってあちこちゴロゴロ転がっているので、「これだから電通は~」みたいに電通スケープゴートにして叩くのは少し違うんじゃないかなーと思った


案の定返信でつっ込まれまくっているが、本人はどこ吹く風である。だいたい、「自身の想定していた意図と異なって伝わってそうだなー」と思ったら説明ひとつもすればいいのに、それもしない。

過去の類例で「ボードゲームを紹介する記事につっ込みが入った際に、謝罪もそこそこに以降のやり取りをシャットアウトした」という前科ヨッピーにはある。これでライター業を名乗っているのだから気楽なものである


そのくせ、自身理解できない事柄に対しては容赦なく攻撃する。少し前にバズった「蹴鞠おじさん」の件などが該当するだろうか。

ttp://yoppymodel.hatenablog.com/entry/2016/11/10/111014

はあちゅうヨッピーも、いわゆる「信者」を大量に抱えているので、自身が気に食わない事柄があれば信者をけしかけ、相手が折れるまでボコボコに叩く。そこに正義はない。あるのはただ「俺が理解できない事を言うな」という、スターリンも真っ青の思考である謝罪など断じてしない。これとは別件だが、「ギガが減る」という文言で長々とバトっていた時も、ヨッピー自身の過ちは認めず、ひたすら信者達をけしかけていた。


そもそも、なんではあちゅう告発ヨッピーが「『公にするべきだと思います』って言ったの俺だっつーの」などと言っているのか。上から目線にも程がある。自身正義を疑っていない、辞書的に正しいほうの「確信犯」めいた狂気がある。

こういった「自身の誤ちを認めない・気が付かない・分かっていない」人間こそが、他者へのハラスメントを生み出している。ヨッピーなどは「いやぁ、俺飲み会で「あなたヤリマンですよね?」って聞いてたわー、俺結構聞いてわー、悪気はないけど」等とtwitterに書き込んでいる始末である。ここまでくると、もはや害悪である言葉を投げかけれられた人間だけではなく、この書き込みを見た第三者の気分すら害している。




Webでこいつらの顔を見てもただひたすらに不快なだけなので、もうライターとして活動しないでほしい。

2017-12-08

普通に結婚して普通に家を買うぐらいで普通に勝ち組の世の中になってるのに

考えが古いやつは庶民よりいい家にすんでる中堅上位層でも容赦なく底辺呼ばわりするんだから

世の中が見えてないと言われても仕方ないのではないかと。

この前も、頭良くて良い大学あい底辺とはけしからんだとかいう話が回ってきたけど

良い大学出てるからこそいい家にすんでるぐらいの人なのに、無理解から文句を言われていてとても不憫に見えたわと。

2017-12-06

従業員を粗末にして欲しいという話

従業員を粗末にするなという人がいるが私はそうは思わない。

今の社会が快適だからだ。

どこの飲食店に行っても安月給で働く従業員がいて、どこのコンビニに行っても常時従業員が働いている社会はとても便利だ。

役に立たなくなった従業員簡単にクビにできるアルバイトというシステム存在するため、対応の悪い従業員クレームを入れればすぐに変わってとても嬉しい。

でも、この社会アルバイトに多大な責任押し付ける。それはそれは容赦なく、さっきまで人権で守られていた子だったものが、成人したら能力によってはゴミとして社会でこき使われる。

この社会は、従業員が粗末にされている、とても素敵な社会である

私はこんな社会が好きなので、企業には従業員を粗末にする姿勢を持ち続けてほしいし、みんなには、企業がそうできるようにもっと要求してほしい。

従業員対応が悪い、とか、対応が遅い、とか、対応が気に食わない、とか、そういう要求をこれからももっと入れて欲しいのである

そうすれば従業員もっと粗末にされるが、たくさんの店舗が存続でき、その中から好みの店が選べ、店が近くにない、潰れたという残念な体験をすることがない、もっと快適な社会になると思うのだ。

以上、乱文長文失礼しました。

食べ物を粗末にして欲しいという話

食べ物を粗末にするなという人がいるが私はそうは思わない。

今の社会が快適だからだ。

どこの飲食店に行ってもいつでも食料があり、どこのコンビニに行ってもずらりとお弁当が並んでいる社会はとても便利だ。

回転する寿司一定時間経過したら自動的に捨てられるシステム存在するため、新鮮な寿司が食べられるのはとても嬉しい。

でも、この社会は大量に食べ物を廃棄する。それはそれは容赦なく、さっきまで食べ物だったものが、一瞬にしてゴミとしてポリバケツに投げ入れられる。

この社会は、食べ物が粗末にされている、とても素敵な社会である

私はこんな社会が好きなので、企業には食べ物を粗末にする姿勢を持ち続けてほしいし、みんなには、企業がそうできるようにもっと要求してほしい。

食べ物の種類が少ない、とか、美味しくない、とか、もっと準備しておきなさいよ、とか、そういう要求をこれからももっと入れて欲しいのである

そうすれば食べ物もっと粗末にされるが、たくさんの種類から好みのものが食べられ、新鮮で、品切れという残念な体験をすることがない、もっと快適な社会になると思うのだ。

以上、乱文長文失礼しました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん