「富裕層」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 富裕層とは

2021-05-16

anond:20210516152628

・働く人が少なくなり、インフレする

賃金が上がらない

投資による利益の方が働く利益より大きいから、富裕層ベーシックインカム分は当然投資に回すため、格差が拡大する


ベーシックインカムによる影響は上記のように思われるが、推進側は全く現代社会問題点がわかっていない印象


ベーシックインカム推進派の間違い1

・景気が悪いか賃金が上がらない

違います日本労働組合が弱く、企業側に賃金を上げるための圧力がないからです

海外での同一労働、同一賃金とはどの企業であろうと同じ職能であるなら、決まった賃金が払われるということ。非正規正規賃金を同一にするなどという表面的なものではない。職業毎に組合のようなものがあり、どの企業であろうとその職業のその仕事内容にはその賃金を払うということが決められている

現に日本大企業過去最高収益を上げているが、それに見合って日本賃金は上がっているか

中小等の下請けに見返りを与えているか

与えないだろう。そんな事する必要がないか

何故なら、下請けへの代金に限らず、人件費等は企業にとってはコストであるからコストを上げると他社に負ける。それが資本主義


ベーシックインカム推進派の間違い2

・無理に働かない人が増えれば、人手不足になり企業賃金を上げる

あげません。外国人技能実習生派遣看護師のような例を見ても分かる通り、人手不足になっても賃金を上げないで人を集めるような方法を考え、政治的に達成する

賃金に関して、需要があれば上がるなんて事は当てはまらないのです

正しくは供給を増やすであり、供給を増やすにしてもそんなことする義務企業にあるか?

利益が出ず、無理ならやらないだけ

マスク不足の時に痛感したはずである善意マスクを作ろうなんて企業バカを見るだけ

それが市場原理競争社会


ベーシックインカムなんてのはハッキリ言って、アフリカ貧困国に食料を寄付しようみたいなのと同じ。根本的な解決にならないどころか、貨幣依存させ、命綱他者に握られるだけ


根本的な問題である労働環境を改善する規制賃金を上げざるを得ないような仕組みを作らない限り解決しない


貨幣が何かその正体がわかってないものには、ベーシックインカムの正体も認識できないであろう。貨幣とは国家暴力性を隠し、労働者が労働力を搾取されてる現実を隠すもの

景気が良くなると何で個人生活が良くなる?消費が増えると何で個人生活が良くなる?

そうとは限らないだろう。消費が増えた分、誰かがその消費するもの生産するために、労働負担するのだ。それを負担するのは弱者

物価が上がって困るのも弱者

そうやって、下に下に負担押し付け社会の仕組みを根本的に改善しないと何も変わらないどころか、状況は悪化するだけ

2021-05-13

anond:20210513104412

男性の家庭進出文化的制度的・技術的に後押しされるといいですね。

こういう言論を持て囃す弱者男性って多いけど、そもそも男性がまともにやる気ないんだから無理じゃね?

女性だって家庭のことなんかやりたくなくて出来る事なら他人押し付けたい人が大半で、

そんなの古今東西つの時代も変わらないから、いつの時代のどこの国も富裕層は家政婦やシッターを雇ってきたわけで

大多数の庶民女性は「やりたくないけど家政婦シッター雇えるほどの金はなくて自分でやらなければならないから嫌々やってる」だけなのに

今までやらなくて良いとされてきた男性でやりたがるのが出ないのは当たり前だよな

弱者男性が言う家庭進出って、単に家庭の仕事ってもの仕事だと認識してないか

家庭進出プロ家政婦やシッター必要ない程度に自力で家庭の仕事をやる、という前提ではなく

何も仕事をしないで生きていきたいってだけだろ

それは家庭進出とは言わんわ

anond:20210513102454

賃金海外との比較でも決まるので増えないよ

日本賃金が高額になるような事があったら雇用元が海外流出するだけだから

そして皆金がなくなるので経済も回らなくなり、ますます賃金が減るだろうな

女は皆貧困状態なわけだし、高収入男も結婚して子供いたらそれを全部自分一人で養わなければならないので必然的生活必需品以外に使える金はなくなる

娯楽産業の類は相当衰退するだろうな

最初から結婚諦める男も続出するだろうから、その分誰とも結婚出来ず食えない女も増えて生活保護激増

そして産み分けで女を忌避する風潮が強まって男余り

その前に、富裕層能力がある女が皆海外脱出する所から始まるな

から国内に残るのは元々金もなく能力もない女だけ

そんな女からまれて育てられた男が能力を伸ばせる訳もないから、男の質もどんどん下がるだろうな

2021-05-12

まぁ女子教育制限したところで富裕層はウチの娘だけはって家庭教師なりをつけて教育を施すだけなんだよね。貧乏人だけが割りを食う

勃起しながら女子教育制限!wちゅてる男どもも、いざ娘が生まれたらうちの子だけはなんとか……ってなると思う。いやどうだろ、そうならない本物の男もおるかもしれないな……

anond:20210512135350

その通り

しかもこういう弱者男性が憎む富裕層の子だって今時は治安も良くて警察もいっぱいいるところで守られてるわけだから

関係のない子供とか狙った通り魔事件かに類型犯としてなるんだよな

強いやつに刃向かう度胸も根性もないくせに偉そーに抜かして

何様のつもりだよ

カス

anond:20210512133144

から何?

それで脅してるつもり?

どうせお前みたいなチー牛弱者中年なんかに何ができるっていうんだよ

子供部屋でカーチャンに飯作ってもらってる分際でよ

そもそも港区とかの富裕層だとかにエンカウントもできねーだろうしな弱者男性なんて

逃げろってみんな簡単に言う

俺の人生は敗走につぐ敗走の連続だった。

中学から顔を出し始めていた逃げ癖は高校で致命的となった。

高校三年、一週間だけ登校した俺はそのまま不登校になった。それがケチのつけ始め。

一年休学し、留年した俺は、知人の紹介で通信制高校編入してなんとか高校卒業した。

学問を修められる気など全くなかったが、働くのはもっと無理だったので逃げるようにFラン私文に進学した。二年間死に体で通学し、三年目に全部を投げ出した。除籍だ。中退手続きをする気力さえなかった。

それから丸ニ年、ニートをしながら俺は社会から逃げ続けた。

周囲からせっつかれ、俺はいくつかの正社員面接を受けたが、ひとつも受からなかった。親戚からはなんとしてでも正社員になれと言われたが、結局俺はそこでも逃げた。近所のコンビニバイトに応募した。もうぼろぼろの履歴書を前に身を縮めるのはごめんだった。

バイトならこんな俺でもなんとかなる。

八年、俺はコンビニバイトとして働いた。

本当は一年か二年、リハビリをしたら社会に戻るつもりだった。それがずるずる、目をそらし続けている内に三十歳を過ぎた。

毎日肉体労働をして、へろへろになって帰ってきて、布団に入って自分の将来のことを思う。

胃の中に氷が滑り込んできたような気持ちになる。

もうこれ以上、逃げ続けているわけにはいかない。

就職活動をして、なんとか零細企業に滑り込んだ。正社員だ。バイト時代挨拶をする俺のことをいないように素通りしていった奴らと同じ、スーツを着る仕事だ。

残業代がつく。サービス残業なんてものはない。有休自由に取って構わない。

俺には二度と見つからないようなホワイト職場だ。

からもう逃げるわけにはいかない。

毎日パソコンをじっと見つめて時間が過ぎ去るのをただひたすら待つことになっても。わからないことを聞きに行ったら「なんでこんなこともわからないの?」と言われても。わからないなりに自分で調べてやったら「なんで聞きに来ないで勝手にやるの?」と言われても。向こうの席から聞こえるひそひそ話を必死で聞こえないフリをすることになっても。

俺はもう逃げるわけにはいかないんだ。

連中はポテチもつまみながら気軽に「逃げろ」と言う。だがそれは、「なにもかも投げ出して背中を向けて一目散に逃げろ」という意味ではない。連中の言う「逃げろ」とは、「まずホールドアップして、相手に敵意がないことを見せ、敬意を表しながら上手に後ずさってその場を離れろ」という意味だ。

そういうアドバイス限界人間の役には立たない。なぜならそいつはもう限界からだ。中退手続きをしてから大学を辞めるなんて余裕があったなら、俺はきちんと大学卒業していただろう。

俺はもう限界だ。限界じゃない時なんかなかった。

思うに、逃げるという選択肢富裕層の娯楽なのだ。例えば、Fラン私文の学費を払える親を持った俺のように。

連中には限界人間ことなどわからない。逃げたって地獄しかいからここで立ち向かうしかないのだ。

2021-05-11

部屋貸してる、富裕層金銭感覚おかしいから、数十万とか平気で要求してくる。

庶民にとっての数十万ってどんだけ莫大な大金かがわかってない。

2021-05-10

anond:20210510185023

安すぎるとこに出してない?

あと、政治富裕層優遇すると2極化して貧困層そもそもクリーニング必要な服とか着なくなったりしてこうなる。

中間層がいれば靴とか服とか新品需要メンテ需要もあるのに。

anond:20210510083031

なんか偉そうかつ失礼な書き込みだけど全然説得力がない。机上の空論感ある。

国際市場でのコモディティ商品についてミクロ要因だろうが値上がりしたら国内買い負けてしまうっていうのは

国内木材の売値が上げられない、上がらない状態が長年続いているから買い負けるわけなので。

売値が上げられないのは市場側の都合、国内住宅を買う人の財布の具合で決まっているので、

富裕層の一部の金回りをよくしても富裕層の立てる家は一つの家庭でせいぜい2,3軒なので

トリクルダウンなんか全然なくて中間層を吹き飛ばししまった悪影響の方が大きいってことだろうよ

2021-05-09

おかしい。東京って、いつからこんなにダサくなったの?

私の実年齢がばれるのでちょっと伏せるが、幼少時に思い出せる地名が「たまプラーザ」であった。なにが「プラーザ」なんだろうか?この地名家族で笑いあっていたのをいまだに思い出す。とにかく、この地名近辺にまで家族で行った。

そのあと修学旅行東京に行ったりしたが、私がよく思い出すのは1997-1999年東京である。当時はネット環境がないから、何をやるにも東京必要だったので、しぶしぶいた思い出しかないがこの時のことはよく覚えている。おかしいのである東京って超近代都市じゃないのか?私のような田舎者とは使う語彙から違うのだろうと思っていたら、東京人のほうが語彙が少なかったのである。こんなバカなことがあるかと思ったが、気のせいだと思い、シングルで寝た。

どうやら東京が停滞していると考えられだしたのは2000年代である。もう富裕層学部から留学させていたが、私にそんな金はない。2002-2003年はまだ耐えているという印象だった。

凋落が明らかになったとしか思えなくなったのは2010年代である入試問題が易しくなる、といった表面的な印象以外にも、多くの点で田舎臭くなってきた。海外の大マエストロを、金銭面で呼べなくなったのである。これが一番大きかったのではないか?どの分野だろうと、もう大物が呼べなくなる、それが2010年代だったような気がしている。震災ショックもあっただろう。

2025年以降、東京はもう羨望の対象都市ではなく、地方エリート釣り堀に過ぎなくなる。釣り堀のまままあ20年は持つだろう。しかし、2045年以降、釣り堀ですらない時がやってくる。

コロナウイルス社会的契約の弱さを白日の元に晒し

(2020/04/04 FT)

Covid-19のパンデミックに明るい兆しがあるとすれば、それは偏った社会に一体感をもたらしたことです。しかし、ウイルスやその対策としての経済封鎖は、既存の不平等に光を当て、さらには新たな不平等を生み出すことにもなります病気を克服するだけでなく、すべての国が間もなく直面する大きな試練は、現在共通目的意識危機後の社会形成するかどうかです。西洋指導者たちが大恐慌第二次世界大戦後に学んだように、集団犠牲を求めるためには、すべての人に利益をもたらす社会契約を提供しなければなりません。

今日危機は、多くの豊かな社会がこの理想にどれほど及ばないかを明らかにしていますパンデミックを食い止めるための闘いが、医療システムの準備不足を露呈したのと同様に、政府が大量の破産を食い止め、大量の失業対処しようと必死になっている中で、多くの国の経済のもろさが露呈しています政府は、大量の倒産や大量の失業回避するために奔走しています国民総動員の呼びかけにもかかわらず、私たちは実際には全員一緒にいるわけではありません。

経済の締め付けは、すでに最悪の状況にある人々に最大の犠牲を強いるものです。一夜にして、ホスピタリティレジャー、およびその関連部門で何百万もの雇用生活が失われた一方で、高給取りの知識労働者は、しばしば自宅で仕事をするという迷惑な状況に置かれていますさらに悪いことに、まだ働ける低賃金仕事に就いている人たちは、介護士医療サポートワーカーだけでなく、倉庫作業員配達員、清掃員など、命がけで働いていることが多いのです。

政府による経済への並外れた予算支援は、必要ではあるものの、ある意味では問題悪化させることになります。不規則不安定労働市場の出現を許してきた国では、そのような不安定雇用形態の労働者金融支援提供することが特に難しくなっています。一方、中央銀行による大幅な金融緩和は、資産家を助けます。その背後では、資金不足の公共サービスが、危機管理政策適用という負担の下で軋んでいます

ウイルスとの戦いでは、一部の人利益を得て、他の人が犠牲になっているのです。Covid-19の犠牲者は、圧倒的に高齢者です。しかし、ロックダウンの最大の被害者は、若くて活動的な人々であり、彼らは教育を中断し、貴重な収入放棄することを求められています犠牲はやむを得ないが、国家努力の中で最も重い負担を負っている人々に、どのようにして返還するかを、すべての社会が示さなければなりません。

過去40年間の一般的政策方向性を覆すような、抜本的な改革検討する必要があります政府は、経済においてより積極的役割を果たさなければなりません。政府は、公共サービス負債ではなく投資とみなし、労働市場不安定さを軽減する方法模索しなければいけません。再分配が再び議題となり、高齢者富裕層特権問題となるでしょう。ベーシックインカム富裕層向けの税金など、これまでは風変わりだと思われていた政策検討されなければなりません。

ロックダウン中のビジネス収入を維持するために政府がとっている前例のない措置は、正しく、欧米諸国が70年間経験したことのないような戦時中経済比較されます。この例えは、さら推し進められていきます

戦争に勝った指導者たちは、勝利を待たずにその後の計画を立てました。フランクリン・D・ルーズベルトウィンストン・チャーチルは、1941年に「大西洋憲章」を発表し、国際連合方向性を示しました。イギリスは、1942年普遍的福祉国家を目指す「ベヴァリッジ報告」を発表しました。1944年のブレトウッズ会議では、戦後金融システムが構築されました。これと同じような先見性が今も求められています。真の指導者たちは、公衆衛生上の戦争を超えて、平和を勝ち取るために今すぐ動員するでしょう。

引用元

https://twitter.com/HelenCSullivan/status/1246600170738868225

2021-05-08

anond:20210506213736

 漁港の街で私は生まれ育ち、私の両親の友人には多数の漁業関係者存在した。私が幼い頃は、父も本業の合間にパートタイムで彼らの漁船に乗っていた。このため現在に至るまで、魚介類に関しては新鮮かつ上質のものを食べられると云う恵まれ境遇にある。決して裕福な家庭ではなかった(だからこそ父もパートタイム漁師をしていた)が、魚介類に関しては、近所の漁師のおじさんおばさんが呉れるもので事足りていた。おそらく私の実家は、金を出して魚介類を食べることはゼロに等しい。私が「わざわざお金を出してまで、外食焼き魚を食べる気にならない」と言う理由は、これである

 はてなブックマークでは「増田は美味しい焼き魚を食べられる店を知らないのだろう」といった声も有ったが、そもそも「美味しいものを食べられるのは外食の店だけ」というのが、都市部居住者の傲りであるはてなブックマーカー都市部居住富裕層が大多数だから、良い魚介類外食の店に行かなくても食べられるような「田舎漁業関係者やそれに近しい人間」の存在など、頭に浮かばなかったのだろう。まるで、美術館若い女性観覧者を見つけると、勝手初心者だと決めつけてレクチャーを始める「教えたがりオジサン」のように。

 このような美味しい魚介類を好きなだけ、たらふく食べられる境遇で育てられたため、魚の骨を綺麗にむしって余すところなく食べるように、私は両親から入念に教育された。これは現在でも変わらない。家族以外の人間との食事の席で、しばしば「骨格標本でも作るつもりか?」とドン引きされる始末である。頬肉を食べて眼球をしゃぶるぐらい、焼き魚を食べるならば普通のことだ。

 非都市部の非富裕層で育てられたので「好き嫌いを言わず食卓に出されたものは残さず有り難く食べろ」「食べ残しは二度の殺生」と躾けられた。だから私の前に出されたものは、全て有り難く食べる。それが礼儀である。仮に「郷里で食べられる新鮮かつ上質な魚介類」には遥かに劣るような代物であっても、である。そんな時でも、骨むしりマシーンとして育てられた私の習性は、遺憾無く発揮されてしまう。ボクサーが反射的にコンビネーションブロウを出すようなものである

 ボロボロ溢れやす食べ物も勿論ちゃんと残さず食べる。単に「自分から進んで選択しない」というだけのことである。だから食べ残しされた可哀想三色そぼろは存在しない。安心して欲しい。

 鮎はどうなのか?と言う声も有ったが、答えは一つである。頭から丸齧りして骨一つ残さず食べる。他にどうしろと言うのだ?鮎は、焼くだけでなく甘露煮も良い。

 美味しい鮎だけでなく、現在居住地では、妻の実家のツテでイノシシ肉、果物、米を食べる機会が多い。これらも当然「わざわざ外食で食べたくないものである

 最後に一つ、これだけは言っておきたい。

 もしも貴方が山あいの異空間を訪れたならば、その時は山賊焼を食べるのを忘れないでもらいたい。

anond:20210508175603

資金需要資金調達しての支出資金不足)と供給(貯蓄、資金余剰)は等しいから、企業資金調達して支出している状態に導かないと政府中立ってのはありえないの。

資金調達しての支出投資とも言われる。だが金融投資設備研究投資の原資となっているときだけ投資で、設備研究投資に紐付いていない場合は貯蓄。

から金融投資法人税富裕層みたいに金を貯め込む場所バカバカ減税したか財政出動では支えられないの。

金融緩和でせっかく回復しそうだったのに消費税を上げてさらに金を貯め込む法人税を下げるなんて言う愚かな行為をして再び不景気に打ち込んだからな。新自由主義者は。

2021-05-07

わざわざ外食で金を出してまで焼き魚を食べたくない。

 漁港の街で私は生まれ育ち、私の両親の友人には多数の漁業関係者存在した。私が幼い頃は、父も本業の合間にパートタイムで彼らの漁船に乗っていた。このため現在に至るまで、魚介類に関しては新鮮かつ上質のものを食べられると云う恵まれ境遇にある。決して裕福な家庭ではなかった(だからこそ父もパートタイム漁師をしていた)が、魚介類に関しては、近所の漁師のおじさんおばさんが呉れるもので事足りていた。おそらく私の実家は、金を出して魚介類を食べることはゼロに等しい。私が「わざわざお金を出してまで、外食焼き魚を食べる気にならない」と言う理由は、これである

 はてなブックマークでは「増田は美味しい焼き魚を食べられる店を知らないのだろう」といった声も有ったが、そもそも「美味しいものを食べられるのは外食の店だけ」というのが、都市部居住者の傲りであるはてなブックマーカー都市部居住富裕層が大多数だから、良い魚介類外食の店に行かなくても食べられるような「田舎漁業関係者やそれに近しい人間」の存在など、頭に浮かばなかったのだろう。まるで、美術館若い女性観覧者を見つけると、勝手初心者だと決めつけてレクチャーを始める「教えたがりオジサン」のように。

 このような美味しい魚介類を好きなだけ、たらふく食べられる境遇で育てられたため、魚の骨を綺麗にむしって余すところなく食べるように、私は両親から入念に教育された。これは現在でも変わらない。家族以外の人間との食事の席で、しばしば「骨格標本でも作るつもりか?」とドン引きされる始末である。頬肉を食べて眼球をしゃぶるぐらい、焼き魚を食べるならば普通のことだ。

 非都市部の非富裕層で育てられたので「好き嫌いを言わず食卓に出されたものは残さず有り難く食べろ」「食べ残しは二度の殺生」と躾けられた。だから私の前に出されたものは、全て有り難く食べる。それが礼儀である。仮に「郷里で食べられる新鮮かつ上質な魚介類」には遥かに劣るような代物であっても、である。そんな時でも、骨むしりマシーンとして育てられた私の習性は、遺憾無く発揮されてしまう。ボクサーが反射的にコンビネーションブロウを出すようなものである

 ボロボロ溢れやす食べ物も勿論ちゃんと残さず食べる。単に「自分から進んで選択しない」というだけのことである。だから食べ残しされた可哀想三色そぼろは存在しない。安心して欲しい。

 鮎はどうなのか?と言う声も有ったが、答えは一つである。頭から丸齧りして骨一つ残さず食べる。他にどうしろと言うのだ?鮎は、焼くだけでなく甘露煮も良い。

 美味しい鮎だけでなく、現在居住地では、妻の実家のツテでイノシシ肉、果物、米を食べる機会が多い。これらも当然「わざわざ外食で食べたくないものである

 最後に一つ、これだけは言っておきたい。

 もしも貴方が山あいの異空間を訪れたならば、その時は山賊焼を食べるのを忘れないでもらいたい。

anond:20210507090522

中央値みねーとわからん

富裕層がちょろっと貯金やすだけで平均かなり変わるから

2021-05-06

潰されたブログが真実を語るとき。

https://archive.is/gudachan.hatenablog.com

私はリアルタイムで読まなかったのでわからないが、これは潰されたブログらしい。

しかし、このブログが行った指摘で当たったことがある。それは「東京が、東京以外の地域に手を差し伸べる」ことである

おそらく増田の方々は、リアルタイムではNHK-FMの「午後のリサイタル」を知らないはずである。私も知らない。だいたい生まれていない。その出演の面々を見てみよう。もう、富裕層が勢ぞろいである。

https://www.youtube.com/channel/UCjVP-Pijo1tRkLmgE1ZjXQQ/videos

ここに出演する人たちに、田舎者地方人は一切入らなかったと推察される。今では大学院教授の方々もいる。NHKとはそのような組織だったのだ。恐ろしいまでの東京一極集中で、訛ったら潰すといわんばかりのゴールデンメンバーだ。腕前の怪しい人もいるが、腕前の見事な人たちが帳消しにしている。


それから時代がたって、バブル経済のころになると、「FMリサイタル」になった。このリサイタルは懐かしい。結構聞いたように思う。そのころから田舎地方出身演奏家NHK-FMは手を差し伸べてくれるようになった。関西在住の人間にも出演依頼をしたのだそうであるしかし、このFMリサイタル1990年代に入ると縁故を重視する方針のおかげで、レヴェルはひどく下がっていた。音大生レヴェルでもないよねこれというのもあった。NHK1990年代に悩んでいたはずである。こんな音源電波に乗せて、よく苦情が来なかったものである。そうしたら、放送時間帯は朝の5時になった。5時ならばれないよねって。ネットのない時代はこうしていた。


今その枠は「リサイタル・パッシオ」になったが、南は沖縄から北は北海道まで、とにかく音楽に意欲のある若者を釣る番組に変わり果ててしまった。底辺メジャーが受かってればまあいいかって選考方針なのだろうが、もうクラシック音楽をやる人々がいない。いないのに、どっからでも見つけてくるという方針を続けると、どうなるか?なんと、司会のトークが混じっているのである!音だけかければいいのに、余計なことをするせいで、番組はあまり面白いとは言えない。


もう日本人は国際音楽コンクールの話が一切できなくなった。台湾人にも負けるのだから当たり前である。そのくせ、一切の謝罪がない。こんな民族西洋音楽を渡すべきではなかった。西洋クラシック音楽は、あと20年後苦学するインドネシアミャンマー学生が率いることになるのだろう。暴力が起きれば響きが生まれるはずだが、いじめの多発する日本にその響きはもうない。


となると、NHK-FMが最も素晴らしかったのは「夜の間奏曲」を放送していた時代だったのかもしれない。私はあの番組でかけられたスコット・ロススカルラッティソナタ全集が楽しみだったことを、今でも忘れていない。自由に使えるお金がないので、コンパクトディスクが買えなかったのである電波の入り方も良好だったのでなおさらである

2021-05-05

anond:20210505204338

"しかし、非自発的失業者というのは様々なケースが有る。とくに子育て中とか精神が病んでしまったとか。

とすると、賃金が上がるが、このあたりの人ならなんとか使えると、使いこなすよう努力をして使いこなすように仕向ける必要があると思う。例えば子育て中であればヤクルトレディみたいに事業所保育所を設けて勤務体系を整えるとか、

精神が病んでしまった人は対人がない軽い単純作業をさせるとか。

仕事をさせる側も使おうという動機づけ必要だと思う。それこそ金やるからいいだろみたいな感じで穴掘りみたいなこととか、強引に割り当てられた仕事にいけみたいな形でブラック自治会派遣されたりとかある"

この部分完全に同意するよ。自分JGPがそういうもの解決すると思ってるんだ

仕事をさせる側というか求めてるのは地域の人で、金出すのは国じゃん。これで金出してるからええやろってなる?

需要があれば、適切に扱われるなら何で市場原理に任せてる民間ブラック労働存在するわけ?おかしくね?

需要あろうが、利益出ようが、労働者の待遇なんか最低限で良いって雇用側がなるから資本主義問題起こるわけじゃん

かにJGPで全て解決するってのは絵空事だと思うが、だからと言って今までと同じ事してて良くなるわけないのは確定じゃん

需要があれば賃金上がるってのが主流派経済学の間違ってる部分なわけ

現に上がってきてない

また、BI支持者やその他の反緊縮なんかが言ってるその都度、裁量的に財政調節しろなんてのは無理だって歴史的証明されてるわけ

それはケインズのやり方で、MMTではないわけ

完全雇用になる前に、インフレが起こるのよ

何故なら、需要に合わせて人手が存在してないから。ある物は足りてるけど、ある物は足りない。足りないもののところでインフレが起こる。それを調節しようとして、足りてるところの人手が首切られて、景気の調節がされる

ここは、完全に主流派が正しいの

この主流派議論踏まえた上で、じゃあ、裁量的にではなく、初めから完全雇用にすれば良い

景気に合わせて、JGPから民間に移ったり出来る様にすれば、自動的財政も調節されて良いっていう、一つの答えがMMT結論なわけじゃん

貨幣論的には良い、まず完全雇用のところはいいって事はこの辺り踏まえてるわけでしょ?

それで何でBIになるわけ?

なんか、増田意見見てるとJGPをしたら二度と民間には移らないとか、仕事押し付けられるみたいな印象っぽいが、JGP民間に移るための訓練をしたって良いわけじゃん。今までの方法だって使えるのに何を問題だと思ってるのかわからない

本人の意に沿わない仕事をさせないように第三者監査だのなんだの入れたりしたら良いんじゃないのか?

子育てしながら短時間だけ働きたいってのにも合わせた仕事仕事と認めたらいいじゃん

何ならその地域失業者が集まった時に子育てしてる人が多いなら、子育て自体仕事にしたって良いのでは?

自分JGPはそういうものだと思ってるよ

制度自体ブラッシュアップしていけばいい

例えばBIにしたってさ、別に上で挙げた今までの経済学でわかってる問題点の解決策があるなら良いと思うんだよ

自分JGPと合わせて考えてて思ったのが、結局、労働であるもの賃金がつかないか労働と認められてないってところだと思うんだ。そうした場合家事育児家庭内介護なんかも労働とみなせると思うんだ

すると、家事はみんなやってるんだから、これを賃労働とするなら実質BIじゃんと

でもさ、これだと富裕層にも金が入って、じゃあ何が問題かって突き詰めて考えると、結局労働負担弱者押し付けられるのが問題となるわけ

ならさ、BIと家事育児介護国民皆が無償で受けられる新しい福祉政策ハイブリットすれば良いんじゃないかと思ったわけ

ここを家事育児介護自分でするためにBIを貰うか、そこを福祉政策に頼るから貰わないとするか選択式にすれば良いんじゃないかみたいな

だって金持ちってさ、結局金で他者にそういう負担やらせるわけじゃん。なら、その金がちゃん労働者に渡るようにすれば格差が広がらないわけじゃん。その金を家事サービス介護サービスをしてる資本家にまた渡ってまともな賃金は払われないか問題なわけでしょ?

って言うような事は最近考えた

でも、これでも、家庭内弱者家事育児介護負担押し付けられて、金は家庭内強者が独り占めするんじゃないかとか問題点がありそうなんてところで頓挫した

こう言う風にさ、賃金搾取して、労働負担押し付けられるみたいな資本主義問題点を解決する方法模索したBIならまだ分からんでもない

そういうのなしに、ただBIってのは、今までの経済学で既に無理だとなってるものの延長でしかなく、社会構造を変える力もないと思う

anond:20210505202542

日本中間層が壊滅して、平民の子猛勉強して東大京大にいって出世する、という出世モデルが壊滅した。

官僚は激務すぎるし、政治進化しないのでものすごい重箱の隅のような仕事に追われるし、

そもそも国は少しずつ弱体化していく撤退戦で国運営ビジョンカリスマに率いられた熱狂がないし面白いと思えるところがない。

富裕層の子女は欧米の有名大学に行く人もいるが、なんといっても日本全体が学問価値を軽視しているのと、少子化国内の居心地がいいため海外留学する人ももうそれほどいない。結局トリクルダウンの逆で、

中間層が壊滅したために、富裕層安全安心暮らしを支える国力が弱体化してしまっている。

例外音楽スポーツで、地方富裕層の子女でゴルフ留学とか音楽留学とかして実績を上げる若い人が出てきている

けれどもそれもいつまで続けられることやら

2021-05-04

anond:20210422213855

インドを筆頭に、南アジア感染急上昇が続いている。

パキスタンネパールバングラデシュスリランカ

そのなかで、ベンガル株とも呼ばれる今のインド株の影響をもっとも直撃している可能性の高いバングラデシュの動向はやはり興味深い。


3月から4月上旬にかけ、インド感染拡大に連動するように、バングラデシュの第2波での新規感染者数は過去最高を簡単に塗り替えた。

バングラデシュインド関係は深い。バングラデシュにとってインド独立支援してくれた恩からの50年来の付き合い。

陸続きであり、政治経済的な関係が強い地域3月バングラデシュ独立記念日の行事にはインドのモディ首相が来訪し、さらなるワクチン供給約束したほどだ。

もっとインド感染拡大に伴い、現在バングラデシュワクチン接種は停滞してしまっている(それでも日本の7倍は接種済みだが)。

ワクチン工場供給国としてのインドの影響はかなり大きい。

しかし、にもかかわらずバングラデシュ感染状況は4月中旬を境に、現在にいたるまで新規感染者数は減少を続けている。

お酒を飲まない文化が効いているのか?とか、南アジアのなかでは肥満が少ないからか?エッセンシャルワーカーに率先してワクチンを打った戦略か?

それとも、実はまだインド株の影響を受けていない?

昨年の第1波のとき、よくささやかれたのは平均的なバングラデシュ人が持つ自然免疫の力。だからり患するのは富裕層が多いのだとか。

いろいろと考えるなかで、カースト社会階層の分断)も大きな要因なのかなと思い始めた。

そう思ったきっかけは、8割おじさん、西浦先生集団免疫落とし穴として3月に書いた以下の文章

マスコミが伝えない「集団免疫」の“本当の意味”…ワクチン接種で流行は収まるのか?(西浦 博) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

現実予防接種では、接種が行き渡りにくい層の方が固まって接触しつつ暮らしていることが多い。例えば、行政が決めた接種ルール上で予防接種が行き渡りにくい人(一例として在外邦人一時帰国者や不法滞在者など)へのケアができるかどうかは未だハッキリとはわからない。

また、何らかの理由で接種に反対する方が空間的に近しい地域に固まって住んで暮らす、という状態が起こる、という可能性もなくはない。

すると、地域レベルで接種が行き渡らない人たちが固まって残ることになり、その人たちの間で集団発生が続くことになる。様々な他の感染症の予防接種を見ていてもこれだけは避けがたいのである。こういった流行は、国全体で75%の接種をしても起こり続けることは忘れてはならない。


バングラデシュの人の流動性の高さが案外、重要なのかも。イスラム社会であるバングラデシュにはカースト存在しない。

接種優先順位に目立った差別があるとは思えない。

バングラデシュ政府公認風俗産業にいち早くワクチン接種が進められたくらいだ。これにはさすがに驚いたが。

バングラデシュ風俗はそれはそれで闇が深いのだが、感染対策に関する限り、政府合理的物事を考えていることがわかる。

バングラデシュは、近年、もはや最貧国とはとてもいえない経済的な急成長を遂げている国。

その成長の原動力になっているのは、超過密都市ダッカコックスバザールだ。

バングラデシュ産業構造都市集中型だ。

労働集約的な縫製産業都市に集中した人口1500万のダッカでは、徒歩で何千人もの工員が工場に通える人口密集度。

工場違法建て増しが横行し、6階建てを13階建てに増築を画策している途上で崩壊し、数千人の工場労働者が犠牲になった事故記憶に新しい。

そんな3密どころではない急速な都市化の進んだ、超過密状態都市で、コロナ蔓延しないわけがない。

そう思っていたら、案外そうでもなかったというのが昨年の第1波だった。

新規感染者数のピークは4千人足らず。人口1.6億の国。日本比較しても少ないといえる。

2月には新規感染者数は200人台まで落ちた。

しかし、3月に訪れた第2波では、4月初旬、7千人を超える数字に一気に急上昇。インドの拡大と同時期。

バングラデシュ政府ロックダウンなどの措置を講じたが、コントロールがもう効かなくなったかもしれないと思った矢先、

少しずつ減少に転じ始めて1日平均(7日間移動平均)2100人程度まで下がっている。

なぜなんだろう?

感染者が都市あぶり出されやすく、補足しやすい。都市の保健衛生は割と整備されている。

カースト存在せず、農村都市家族の絆で結ばれ、

社会的弱者に手が届きやす社会構造にあるのでは、というのは

案外、ちょっと心にとめて考え続けていい視点かも、と思っている。

もっとも、感染者数が減ったといってもまだ2千人(1日平均)。

もうちょっと様子を見ようと思う。



追記ブコメへの反応(それにしても皆さんのコメントはとても参考になった。どうも)

人口動態

ブコメで、人口ピラミッドに言及しているので、調べてみたところ

バングラデシュインドと似た構造だった。平均年齢でみると24歳(バングラデシュ)、25歳(インド)つまり若年層が多い。

インド

https://www.populationpyramid.net/ja/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89/2020/

バングラデシュ

https://www.populationpyramid.net/ja/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%A5/2020/

何か大きな違いがあるだろうか。

逆にいうと、じゃあ高齢化が進んだ国の罹患率が高いかというとそうでもないのでよくわからない。

ワクチン忌避

イスラムワクチン接種への忌避はひょっとするとあるのかもしれない。

でも、情報ソースとして参照したロイター英語版のみワクチン接種状況の分析がある)

https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/countries-and-territories/bangladesh/

を見る限り、5月初旬時点、

Bangladesh has administered at least 8,625,350 doses of COVID vaccines so far. Assuming every person needs 2 doses, that’s enough to have vaccinated about 2.6% of the country’s population.

860万回は少ないとは言えないと思う。

検査数・陽性率

情報ソース

https://corona.gov.bd/

日本に比べて、検査数が少なすぎるということもない模様。

仕事上知りえたこからいうと、ホテル従業員はすでにワクチン接種済み(アストラゼネカ)、定期的なPCR検査という体制

公務員ワクチン接種も優先された模様。

ラマダン

ロックダウン中のラマダンというのは想像できないが、昼間は水も飲めず免疫力低下に寄与し、

かつロックダウンで夜の活動停止。とても可哀そうなことになっていると思う。

平素のラマダンは、日が暮れれば爆食い。茶で夜な夜な語り合う。ロックダウン中は集うことができずと思われる。

社会の分断

もちろん、これが運命を分けているのかも、というのは直感の域を出ないが、気に留めておきたい。

感染対策経験値

バングラデシュ場合、なんといっても金融を巻き込んだ組織力を持つNGO存在がでかい。古くは結核対策から住民へのエントリーポイントを熟知。もうちょっと調べてみたい。アフリカはわからない。

5月10日)

https://anond.hatelabo.jp/20210510133514

へつづく

2021-05-02

ピケティサンデルの「バラモン左翼論」のうさんくささ

高学歴ばかりがリベラル政党支持」ってのは都合よく属性を切り取ってる感が強いんだよなあ。

一般先進国では若い世代になればなるほどリベラル派が増える。

若者ばかりがリベラル支持」、「左派政党はいまや若者政党になった」とも言えそうなもんだがそうは言わんよね。

もちろん大学進学率は上がっているわけだから若者高学歴が多いのでそのへんをどう加味するかもあるけど。

さらに言えば若者知識人層が左翼寄り、なんてのはもう100年以上も前からそういうもんだったろ。

なんで今更騒いでんのかよくわからん

まあ80年ごろから中道左派が再分配規模を小さくしたって指摘はそのとおりで、それが中道左派離れの原因だ

というのも同意できるんだけど、これも当時の時代背景を無視して左派弱者を見捨てたみたく言うからずるいよね。

当時はサッチャーレーガンネオリベ路線一定の支持を得ていたし、90年代に入ればソ連崩壊

社会主義は負け、資本主義勝利したのだ。なのに左派政党はまだ社会主義とか言ってんの?」という時代が去来した。

クラシックな再分配左翼が衰退するのも当然の話で、クリントンブレアシュレーダーらは立ち位置を右シフトして

新自由主義一部容認する「第三の道路線を掲げなければ支持を得られなかった。

なにより第三の道路線は当時めちゃくちゃ支持されていたことを忘れてはいけないだろう。

クリントンジョージアテネシーのような共和党の牙城州でも勝利し、ブレア結党以来最多議席を獲得、

シュレーダーも16年ぶりの政権奪還を果たした。

右も左もない超党派の支持を受けていた。そういう時代だった。

で、新自由主義容認路線リーマンショックを受け2010年代に入ったあたりで見直されてきている。

今、バイデン政権が最賃引き上げ、富裕層課税組合支援オバマケア拡大など再分配路線に舵を切ったなどと

いわれているけど、2016年クリントン時点で同様の政策公約にしていた。

https://www.hillaryclinton.com/issues/

他方、16年の勝者になったトランプ政権がやったのは富裕層減税に規制緩和オバマケア潰し(マケイン穏健派抵抗で失敗)だった。

バラモン左翼なんてのは2010年代前半までの話で、それ以降はクラシックな再分配重視左翼回帰してんだろって話。

16年のアメリカのように「バラモン左翼」の印象論が、トランプのような極右ネオリベ政権誕生アシストするからやっかいなんだよねー。

ピケティサンデル自分の言説が、ネオリベ右翼左派攻撃する道具として都合よく利用されてしまっていることをどう考えているのやら。

2021-05-01

anond:20210501193325

資本主義は(新)自由主義ケインズ主義とをきちんと峻別しないとならんで。

新自由主義政府金融以外何もしないのが望ましい。税制フラットが良い。

ケインズ主義政府金融財政税制をフルに使って経済を調整する。金を貯め込む企業富裕層には高めの税金を課する。

資本主義と言っても似て非なるもの。そして、ケインズ主義は1940-1990年繁栄を生んだが、新自由主義は1990-2020年の衰退を生んでいる。

anond:20210501190310

↓と「弱者男性論」が似てるってマジで言っとるんか?

『1%の富裕層ではなく、「99%の私たち」のために、性差別人種主義環境破壊のない社会を。いまや世界中に拡がる女性たちの運動とも共鳴しながら、研究第一線でも活躍するジェンダー学者たちが、性の抑圧をもたらす現代資本主義終焉を呼びかける。分断を正確に認識することで、私たちはまだ連帯できる。

「99%のためのフェミニズム反資本主義をうたう不断フェミニズムである――平等を勝ち取らないかぎり同等では満足せず、公正を勝ち取らないかぎり空虚な法的権利には満足せず、個人自由がすべての人々の自由と共にあることが確証されないかぎり、私たちは決して既存民主主義には満足しない」(本文より)。』

『99%のためのフェミニズム宣言

https://note.com/jimbunshoin/n/n95dca200b19c

anond:20210501185630

違うよ。日本だけバブル崩壊として大規模経済危機が一足先に来たから。

だけど、追って欧米リーマンショックが起きて、その後の停滞が起きてる。

大規模経済危機を迎えると企業が保身に入り金を貯め込み設備研究投資をしなくなるというどうしようもない特性がある。

新自由主義さらにそこに金がどう動くかを考えず、金を貯め込む企業富裕層バカバカ減税してさらに景気を落とす。消費税のような景気を落とす税金を増やす

更にすぐ売れない科学に対する金を減らして科学を衰退させる。

アメリカはもう復活し始めてるが、日本完璧に弱いやつに無理強いする社会になってしまった。

日本国民従順すぎ

今日から一応GWなんだが、俺の住んでいる地方観光都市は閑散としている

まぁ自粛ムード効果を発揮してるんだろうけど、自粛していいことってなんかあるのかね?

こうやって従順にやってたら、コロナ後に大増税来るだけだと思うけどね

富裕層コロナ損失の穴埋めするために、確実に一般市民から巻き上げに来るぞ

まぁそれでもおとなしく弁えて自民党を支持し続けるんだろうなぁ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん