「フリーター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フリーターとは

2017-10-24

技術は独学でもなんとかなるぞいっ

専門学校卒業フリーターになった私。ある日パソコンを手に入れた。絵を描くのが好きだったのでフォトショイラレを手に入れずっと触っていた。広告制作アルバイト募集が目に入ったので応募して採用された。なんとかなった。エロ画像アップローダを作りたいなと思ってweb勉強をした。広告仕事にも飽きていたのでwebサイトを作ってみようと思った。サイト作れるようになったのでサイト作成仕事やらせてもらった。なんとかなった。そろそろ就職しなきゃと思って小さい企業web担当として面接を受けて採用された。サイト作成するだけでなくプログラムも組む必要があったので勉強した。なんとかなった。プログラム面白かったのでwebサービス会社転職した。広く浅くだけどデザインクライアントサーバーもできるので活躍できた。会社ゲームを作ることになった。unity勉強をした。なんとかなった。会社上場した。cmでもやるようなゲームを作るようになった。ゲームに飽きたので退職した。無職になった。次は何ができるかすごい楽しみ。

底辺少年よ大志を抱け

よくある過去自民党政治について

小泉時代の働き方改革、主に非正規雇用への規制緩和がとにかく批判されるのをよく目にするのだけどあれってそんなにやらなくてもいい政策だったの?

そら竹中平蔵は恐らくろくでもねえなこいつって気はするし非正規雇用への社会保障とか考えりゃクソだとは思うけど、あれが無きゃ無いでそっからしばらく続いたデフレやら金融恐慌やらで正社員への門戸さらに狭まってフリーター溢れかえったりなんなら人的流動性失った企業ごと転覆してそうな気がするし、更に言やあ労働生産性に関する議論とかも今よりさらに歪んでそうな気がしてるんだけど…

諸手をあげて自民礼賛してるつもりも自分認識が正しいという気もなくて、本当にわからないからここで聞いてみたい。

2017-10-23

いきいきママ

だるだるパパ

しぶしぶフリーター

だらだらニート

ぶりぶりマスダ

ぐずぐずプロパー

だめだめハケン

がみがみジジイ

くどくどババア

ろりろりシスター

のりのりブラザー

もりもりソバ

つるつるウドン

ぱたぱたママ


あと何?

anond:20171023205600

フリーターになる人なんて存在しないはい論破単なる状態を卵の時点にまで戻そうと論理を組み立てないでくださいね

フリーターになる人は3日後のことしか考えていない

単位目標設定なんてしていないし、就きたい仕事なんてない。

とにかく楽して給料を貰えればいいと思っている。

社会でちゃんと働いている人の中には「楽して給料を貰いたい」と思っている人はたくさんいるだろうけど、大半の人は能力を伴っている。

しかし、フリーター自身能力に気がついておらず無能のまま「楽して給料を貰いたい」と思っている。

中学から友達フレネミーだった話

 「フレネミー」という言葉をご存知だろうか。

アメリカ大人TVシリーズセックスアンドザティ」などにも登場し、「フレンド(友達)」と「エネミー(敵)」から作られた造語で、いわば友達の顔をしながらも実は敵である人を指す言葉だ。

かげながら悪口を言ったり、マウンティングしてくる人などを思い浮かべる人もいるだろうが、フレネミーのなかでも厄介なのが「居場所をとる」「対象と成り代わる」人たちだ。

 私は最近中学時代からの友人Aをこれを理由音信不通にした。

Aと友達であった時は、得体の知れないモヤモヤを感じながらも「私の心が狭いのかも」とあまり考えないようにしていた。

ある日「フレネミー」とい言葉を知りぐぐると、ネットにかかれた説明はまさにAそのものだった。

そして多くの人、とくに女性で悩んでいる人が多いこともビックリした。

私のように長年「なにかおかしい、でもなにがおかしいんだろう?」とモヤモヤストレスをためながら、でもどうしていいかからない人たちの少しでも助けになればと思って書こうと思う。

 初めに結論を述べるとフレネミーへの対処法は「距離をとる」というのが一番効果的だ。

穏便に済ませたい人には申し訳ないが、フレネミー普通関係を築くのはほぼ無理だと思ったほうが良い。

 Aとの付き合いは長い。中学高校と一緒で、よく遊んでいたし連絡も取り合っていた。

大学は私は東京、Aは地元大学へいき少し間疎遠になった。

ある日、中学同窓会があった。そこでAと2年ぶりに再会しまた連絡を取り合うようになった。

専攻が近いためレポート前などはお互いスカイプしながら徹夜したり、彼女東京へ遊びに来ることもあった。この頃のAは私にとって何でも話せる気の合う友人だった。

 大学卒業後、Aは地元社会人になり、私は地元にはもどらず東京フリーターをしながら資格勉強をしていた。

Aは志望していた業界が人気だからと諦め、近いけど違う業界就職した。お互い新生活に追われながらも時々連絡をとりあっていた。

私が資格をとってやっと社会人になれたのがそれから3年後の春、ある日Aから東京で改めて学生をすることにした、初上京から色々よろしくー!不安がいっぱいだー!」とラインがきた。

私は嬉しかった。中学からの友人が近くに住むぞ!と意気揚々東京で仲良くなった友人達にAを紹介しようと飲み会などをセッティングした。

 夏にAが上京しまカフェで会うことにした。

私の電車人身事故で遅延し走ってカフェへいくとAが店前で待っていた。そのとき「あれ?」と思った。

彼女が着ているスカートが私がお気に入りのものだとSNSに何回かあげているものと全く一緒だった。

でもブランド品だしかぶることだってあるかな、とその時は何も言わずそのスカートについても触れなかった。

 諦めた業界へ30歳までにもう一度挑戦したい、と専門学校へ入りなおすことを決めたA。

夢を語る彼女の姿に私も嬉しくなったが、Aがふとカフェ内のすみの方で手を握り合っているカップルに対して「あんな顔でよく人前でいちゃつけるよねー気持ち悪くない?年齢考えてって感じ!」と周りに聞こえる声で言った。

私は突然のことにビックリしたし隣の席にいたおじさんたちは怪訝な顔をしていた。

 この頃はAのこういう行動に対して「東京生活ストレスが溜まっているのかも」「環境がかわって神経がたっているのかな」と思っていた。

これは私に非があるが、あまり深く考えないようにしていた。同級生の悪い方向への変化を認められるほど私自大人になっていなかった。正直このとき違和感を信じていれば、と今でも思う。

 私はAをよく遊ぶグループ趣味グループ習い事や同僚など様々な自分が属するコミュニティの人たちに紹介した。

Aは少しシャイだが、私の長くからの友人ということもあり私をネタにしつつ徐々に皆と仲良くなった。

18歳で上京したとき友達ができるか、親元を離れて生活できるか不安だった自分を思い出し、なるべく彼女孤独を感じないよう色々なイベントにも呼んだ。

春はお花見、夏はバーベキュー、秋はおうちパーティー、冬はスキークリスマスパーティー忘年会などなど、私が今まで毎年していたことにAが加わった。

 冬のある日、お台場イベント大人数で遊びにいくことになった。

駅で合流し、Aもそこにいた。私と全く同じコートを着て、同じカバンをもってそこにいた。

周りは「おおおーさすが中学からの仲だね!」「おそろい可愛い!」と盛り上がり、Aは「私このブランド大好きだからなあ~」と何食わぬ顔で話している。

このときもしかして真似されてる?」と、前のスカートの件とあわせて疑うようになった。

その日はあまりAと話さないようにした、なんだか話す内容から次なにか真似されたら嫌だな、となんとなく思った。

 そのあとも真似は続いた。一度違う友達に「真似されるのってちょっと辛い」と漏らしたときに「あなたのことは大好きなのよ」「そんな真似とかなんとか中学生みたいな悩みもつなんて」と笑われた。

なんだか自分の心が狭く子供っぽいことで愚痴ってるように感じてその後、このことは誰にも言わないようにした。

新しい服やアクセサリーをつけて次にあったら彼女が同じものを持っている、それについて特に触れるわけでもなく、周りも「おそろいだ~」と笑うのみ。そのたびにちょっともやっとしてる自分人間として未熟なんだと落ち込んだ。

 その後、Aの真似はファッションだけでなく趣味や考え・意見にも及んだ。

私が軽い気持ちで参加したボランティアで関わったスウェーデン伝統工芸に惚れ込み、実際にスウェーデンへいったり友人にも「本当に好きなんだね、いつかスウェーデン人結婚したりして」と笑われるレベルにその話をしていた。

Aは最初興味がなさそうにしていたが、「最近スウェーデンに興味がある」に始まりあたか自分はずっと前からスウェーデンが好きというような態度をとるようになった。

私が参加しているボランティアにも来て「私の友人なんです~」と色々な人たちと仲良くなっていった。

この頃になるとAの髪型服装は後ろからみれば私と区別つかないレベルに一緒になっていた。

 私はこの頃には彼女のまるで私の居場所というかコミュニティ内のポジションに居座るかのような、私の成り代わりになるかのような態度にかなりイライラしていた。

しかし、最初に色々な自分コミュニティにAを紹介したこからどのコミュニティで遊んでも彼女がいる状態になっていた。

どのコミュニティでも私が誰かと話していたらAが寄ってきて、いつのまにか私が話していた人とAが話し、私が傍観者のような立ち位置になることが繰り返された。

 Aの他者に対する暴言ますますひどくなり道端で「あんデブでよくあんな服着れるね」「ババアのくせにあの髪型痛い!」と言ったりしていた。

私はそういう言葉をきくたびに疲れるようになっていった。

 この頃一度ネットで「友達に居場所を奪われる」「友達コミュニティを乗っ取られる」と検索たことがあった。

ヒットしたのはほぼほぼ中高生の悩みで、それに対して「人をとるとかとらないとかものじゃないんだから」「まねしたっていうけど自意識過剰では?」という意見を読み、自分モヤモヤしていること自体が間違っているように感じた。自分性格が悪い心の狭い人間だといわれてるような気持ちだった。

 段々私はAに限らず友人たちと会うのが億劫になっていった。

何か買ってもそれを着たり使ったりするのが怖くなり、何か新しいことに興味がわいてもそれを人に話すのが嫌いなった。集めたスウェーデン工芸品も全部売り払った。

不思議なことに私が中々イベントなどに顔をださなくあると毎日あったAからラインはパッタリと途切れた。

 Aに真似されるというのが、大げさだが自分アイデンティティをどんどん奪われていくような感覚だった。

同じ趣味教室に通う同僚が心配して声をかけてくれた時、いっそぶちまけてラクになろうと思ったときに「Aも心配してたよー!」と言われ何ともいえない脱力感に襲われた。

 Aはその後も私の友人達遊んだ様子などをSNSにアップしていた。

最初は同郷の長い付き合いの友人が自分の友人達と仲良くなっていくのが楽しかったし嬉しかった。

なのに私はなぜか友人達と会いにくくなり、孤独を感じるようになっていた。

28歳にして人間関係を丸ごとAにもっていかれたような感覚だった。

 春先に会社帰りにバーへ立ち寄った。

久々にお酒が飲みたくなったけど誰かを誘うのも面倒だし、誘って「Aも呼ぼう」ってなるのが怖かったので一人だった。

しばらくぼんやり飲んでると隣に40代くらいの女性が座った。とても身なりが綺麗な人、仮にBとする。

マスターを介してBさんが話しかけてきた、彼女大手アパレル企画をしている人でいわゆるキャリウーマンだ。

しばらく他愛もない話をしてたが、私はふとAのこと、今の自分の現状を話したくなった。

バーで会った私のことを今日知った人、私の属しているコミュニティのどこにも属していない「他人」だから話せると思った。

 ポツポツと話し出しBさんは真剣な顔で聞いていた。

私は「子供ぽいんですが」「本当こんな悩み馬鹿馬鹿しいんですけど」「自分の心が狭いのはわかっているんですが」「女子中学生みたいですよね、ほんとしょうもないんですが」とそういう前置きを何度も使った。

話している最中に、自分が寂しいと思っていることをやっと受け入れられるような不思議感覚だった。

 18歳で初めてきた東京最初友達も知り合いもいなかった。

大学でできた友達大学の外でできた友達フリーター時代にであった人たち、就職してから一緒に働いている同僚、ボランティアで一緒に一生懸命になった仲間…それまで考えたこともなかったけど、人間関係というのは自分が築き上げてきた財産だ。

それが、その財産が急に人の手に渡ってしまったような感覚、Aに対する不信感とそれを誰にも相談できない孤独さ、私がいた場所に私と同じ服やアクセサリーカバンをもっているAがいる違和感

 話しながら涙と鼻水がでていた。Bさんがティッシュをくれたけどたりなくてマスターが箱ティッシュをくれた。

Aとの楽しかった思い出がいっぱい頭をかけめぐった。でもAが東京にきてからは辛い思い出の方が多くなった。

Bさんは「それってフレネミーってやつよ、辛かったね」といってお酒を一杯奢ってくれた。

 「年齢の話はしたくないんだけど」と前置きしてBさんが話してくれた。

人間は年齢と共に人格が少しずつ変わること、それがいい方向に変わる人もいれば悪い方向に変わる人もいる。私はながいAとの付き合いのなかで無意識にAの味方をして自分直感違和感を信じずそれでストレスが溜まっていること。

子供っぽいというが誰だって自分が見つけたものや持っているものを真似されたら気分が悪いこと。自分テリトリー必要以上に入ってくる人間には注意しなきゃいけないこと。

そして、Aは私がいたポジションにおさまることで優越感や承認欲求を満たしているのだから、それはもう友人とはいえない、と。人との関係には寿命があるということ。

 決定的だったのは「あなたはAさんを色んなコミュニティに紹介したけど、Aさんはあなを彼女コミュニティに紹介はしてくれた?」という質問だった。

私はハッとした。Aは学校での友人の話やイベントの話をしてくれるが私をその人たちにあわせたり、イベントに呼んでくれたことは一度としてなかった。

 Aは他の友人たちに悪口を吹き込んだりはしてない(と思う)が、なんというか私と他の友人達遮断する影のようだった。

私の前にAがいて私は彼女の影のなかにいるような、段々彼女が私のオリジナルで、私がコピーのような感覚というか、成り代わられるというのは自分を消されるような恐怖感があった。

今でも何でAがそういうことをしだしたのかはわからない。私は真似されるような魅力のある人間ではない、もしかしたらAはAで寂しくて必死だったのかもしれない。

決定的なことをしたわけじゃないが徐々に食い込んでくるあの不気味さから、私はもうAに会うのはやめようと決意した。

 Bさんは別れ際少しこわばった顔で「彼氏旦那ができたときに、彼女に紹介しちゃダメよ」と言った。

私は帰って「フレネミー」で検索をかけた。冒頭にのべた通り、多くの人々がこの厄介な存在に悩んでいることを知って、不謹慎ながら少しホッとしてしまった。

 Aとの関係は綺麗には切れない。

自分所属しているコミュニティ彼女もまたしっかり根を下ろしているか共通の友人が多い。

でも、Aとは今では全く会っていない。何度か会う機会はあったが私がそういう場には絶対に行かないようにしている。

友達結婚式などどうしても会わざるえない事で今後会う可能性はあるが…。

そういう制限のなかでなかなか会えない人もできてしまったが、前より心が平穏だ。

周りは不思議がっている人もいるし、友人伝手にAの話も聞くことがあるが、それはもうあまり気にしないようにしている。

 夏になって私は新しい趣味に手を出しそのつながりで新しい友人ができた。

前に比べ人に警戒心を抱くようになったけど、やはり人との繋がりから得るものは大きい。

自分が着たい服、身につけたいもので遊びに行き、好きな話をしても真似される心配がないのが嬉しい。

ずっと付きまとっていた違和感がなくなって、孤独感が消えた。

 「フレネミー」は十人十色、Aのように真似をしてポジションをとろうとする人や、マウンティングしてくる人、心配するふりして不安を煽ってくる人…色々いるみたいだ。

今もし、友達のことでしんどい思いをしている人がいたら、一旦冷静になって考えて欲しい。その人は本当に友達なのかどうかを。

「そんなことぐらいで」と他人が言う事でも自分しんどいのなら、それは「そんなことぐらい」じゃないのだ。

 時々Aと過ごす時間が多かった十代を思い出し少し悲しくなったりもする。

しかしたらずっと先の将来でまた友達になっているかもしれないし、もうこのまま会わずに終わるかもしれない。

 長文&駄文失礼しました。

2017-10-22

anond:20171022233548

・付き合いが長いこと

・相幼児退行が楽しいこと

転職の準備が整ったとはいえ、俺はまだ職歴に空白がある収入低いフリーター以下であるため、次の相手が見つけにくいこと

ヲタ趣味が近いこと

この辺のせいで、簡単に今の相手を捨てるという選択をとるのに悩んでいる。

フリーランスブームへの危機感

そもそもまだブームじゃない気もするが 

 

バブル期フリーターに近い印象がある

若いやつはやめろよ

後悔するぞ

あれはいつでも正社員に戻る自信がある人がやる独立ってやつだ

2017-10-21

今の日本無能な人に対してあまりにも不寛容ではないのか

24歳 高卒 フリーター 実家暮らし コミュ障 無気力

 学生時代はろくに友達も作らず、そして勉強もせず、かといって部活学校行事に精を出さずゲームばかり、

そのおかげで行きたい大学にも行けず結果としてフリーター

 一日8時間フルタイムで働くが最低時給なので手取りは9万円、もちろん交通費住宅補助等は一切なし。

一人暮らしはしたいが一生無理だろうと諦める。家も持ち家ではなくアパートなので将来性もない、死にたい


 今の日本は私みたいな”無能”に対してあまりにも不寛容なのではと思う。

新卒就活公務員でも企業でも求める人材第一コミュニケーション能力(笑)、そして即戦力(笑) 

主体性があり協調的でかつ元気で若者らしく大学時代海外留学(笑)ボランティア(笑)部活(笑)サークル活動(笑)に精を出しリーダー(笑)もある、

そういうスーパーマンばかりを求めるこの時代。それでいて薄給でも文句を言わないやつ(笑)

 それらの能力を持った”有能”はらくらくと就活をこなし内定を取る一方、コミュ能力学生時代に頑張らなかった”

無能”は非人間、非国民として奴隷として最低時給でこき使われるのである




努力しないお前が悪い、単なる甘え」




 たしかにそうだ、高校大学一生懸命勉強コミュ能力、そして部活サークルボランティア等に精をだせばたいてい就活は乗り越えられるし、

普通に働いて普通に恋愛結婚して普通に子育てして普通に家を建てて普通に退職して普通に老後を生きることもできる……。

そういった普通生活昭和時代は”無能”な人でも大抵の人は送れたわけだが、今はその普通生活すら努力ボーダーが高い。

相当努力しなければ普通生活は送れなくなったのがこの日本社会

企業人件費削減の嵐でリストラを敢行した会社評価されるという異常な時代。昔なら手厚く研修をやり、

できるだけ長く働いてもらおうとしていた日本企業面影はもはやない。能力即戦力コミュ能力

それすらできない”無能”は切り捨て!かといって一度正社員・正職員というレールから外されると再起は難しい……。


 「努力は報われる」と言われていたのは過去のことであっていまや寝ているだけでも株の配当家賃収入、その他不労所得を得たり、

タックスヘイブン課税逃れをする富裕層がいる一方、庶民は働けど薄給サビ残で少ない給料から年金税や保険税をひかれさら

消費税増税実態に合わない物価上昇で搾取されていく……。

そもそも日本で「富裕層」という言葉が使われてきた時点で相当持つもの持たざる者格差が広がっているということを意味していると思う。

中置半端な努力ではバカを見る、まして私みたいな努力をしないやつは奴隷同然の地位


 若者努力をせず底辺へ落ちぶれていく原因は私みたいに単に怠け者なやつばかりではない。

家が貧困努力しようにも学ぶ教材が買えなかったり進学できなかったり……。

から虐待学校でのいじめ…そういったもの努力しようとしたら阻害されたりしたり……。

そういった努力をしない、できなかった”無能”な人種に対して今の日本社会は「甘え」「お前が悪い」と切り捨てて奴隷のように扱う。

無能”を養える余裕がない日本ははっきり言って未来がない、有能な人はぜひ海外脱出するべきなのでは?


余談だが私みたいな”無能”は成功している奴に対して極度のコンプレックスを持っている。

同級生公務員大手企業社員として人生成功を収めている一方、

私は最低時給で奴隷のようにこき使われる毎日……。

人生成功している奴の人生をどんな手段でもいいかメチャクチャにしてやりたい!!!!!!!!!!!!

と思う毎日だ。

アルバイトで学んだこと(接客など)は就活就職面接に活かせる?という考えがすでに間違い

inoueです。

まだまだ日本という国は、「就職こそが全てだ!」みたいな風潮があります

就活一種の恒例行事的な感じも否めませんが、その前にアルバイトをする人もたくさんいます

その「アルバイトで学んだこと(接客など)は就活就職面接に活かせる?」という考えがすでに間違いなのですが、そもそもなぜ就職しなければならないのでしょうか。


アルバイトで学んだこと(接客など)は接客業しか活かせない




当然ですが、アルバイトで学んだことの接客などは「接客業」でしか活かせません。

頭が切れる人ならば、その接客で学んだことを活かして別の事業を立ち上げることもできます

普通の人はそこまで行動する能力がありませんので、まずは就活などを通じては他人会社で学ぶことになります

もちろん、一生の大半を他人会社で終わる人がほとんどですが、これから時代(2017年以降)はそういう考えだけでは厳しいでしょう。


就活就職面接に活かせる?という思考停止状態から卒業する




今の時代別に就活就職面接けが人生において全てではありません。

周りの大人たちがそういう生き方しかしてこなかったから、それが当たり前と思い込んでいるだけです。

冷静になって考えてみてほしいのですが、就職した人の中で心の底から幸せ人生を歩んでいる人は、果たしてどれくらいいるでしょうか。

周りの人たちが就活して就職しているからといって、それに流されて同じように就活をするのは少し違います。もちろん、本当にやりたい仕事のために就活をして、その会社就職するのなら問題はありません。

それ以外の理由(何となく就職)とかならば、少し「就職とは?」について考えてほしいものです。



別にアルバイトでも今の時代は生きていける




同じようなスーツを着て就活をするロボット人間にならなくても、別に今の時代アルバイトだけでも生きていけます

周りの目を気にしたり、つまらないプライドを持たなければ、就職に拘らずに生きていけますそもそも就職に拘るのは、「経済的な安定」と「精神的な安定」がほとんど。

けれども、ここでまず間違っているのは就職しても、そういった「安定」は必ずしも解消されないということです。

もちろん、アルバイトでも解消されませんが、どちらにしても人生において「安定志向」ほどつまらないものはありません。



人間という生き物は安定を得た瞬間に成長しなくなる




面白いことに、あれだけ望んでいた「安定」を得た瞬間に、人間という生き物は成長しなくなり、人生ドンドンとつまらないものになっていきます

人生を楽しく過ごすために就職という道を選んだ結果が、そんなつまらない人生ならば、一体何のために就活をして就職をしたのでしょうか。

これはある意味では極端な話ですが、そこまで間違っている話でもありません。

就活して就職するのが当たり前と思い込んでいる時点で、視野が狭くなっていることに気がつきたいもの

大切なことは、就職して自分人生をどんな風にしていきたいのかを考えることです。

とりあえずビールみたいに、とりあえず就職するのなら、まだアルバイトをしながら夢を追いかけるフリーターの方がまだいいですね。


アルバイトで学んだこと(接客など)は就活就職面接に活かせる?という考えがすでに間違いのまとめ




勘違いしている人もいますが、アルバイトで学んだことはそのアルバイトしか活かせません。

接客を通じて、コミュニケーションツールを学んだり、人間心理勉強できたと思うのは自由ですが、それで人生が変わるかどうかはまた別の話。

就活をし、就職面接をして就職できたとしても、人生はまだまだ続いていきます。まるで、就職人生の最終ゴールと言わんばかりの人達も中にはいますが、就職なんてただの通過点に過ぎません。

何が人生の最終ゴールなのかは人それぞれですが、少なくとも最終ゴールは就職決定ではありません。

そう思いたくなる世の中の風潮もおかしいですが、これから時代個人お金を稼ぐこともできますし、そういったフリーランスで生きていく人も年々増えています

就職けが全てではないということをまず知ってほしい。いつまでも同じような働き方ができるとは限りませんからね。

2017-10-19

幸せになるチャンスから逃げてしまった

昨日、気になっている人から告白された。

相手大学生。頭がわりと良くて何より優しい。

当方20代前半。高卒フリーター現在無職+鬱(入院中)。

「なんで私なんかのこと好きなの?」と何度も聞いた。

でも納得出来なかった。

どう考えても釣り合わない。相手の人には絶対もっといい女性がいるはずなのだ

自分には何も取り柄がない。経歴もしょうもない性格だって特別良いわけじゃない。家事も得意じゃない(練習中)。

何より相手のご両親に申し訳が立たない。愛情をこめて育てた立派な息子がゴミみたいな女を連れてきたらがっかりだろう。

「私なんかと付き合ったらいけない。絶対もっと素敵な人いるから。自分価値を下げちゃだめだよ」

なんか私はそんなことを言っていた気がする。

その後、相手に「もしこのまま一人になっちゃいそうだったら貰ってくれる?」と聞かれたけど、

絶対にそんなことありえないから!大丈夫から!!」と言い放ち、逃げてしまった。

幸い、まだ相手との関係が切れたわけではないのだけれど、某掲示板で内容を書き込んだら「もったいない!」と言われた。

幸せになれるチャンスだったかもしれないのに、と。

けどどうしても自分に自信がない。どうやったら自信が持てるのだろう?仮に退院して就職出来たとしても、同じことを思っている気がする。

以前、元彼の実家に訪れたことがあるのだが、その時元彼のご両親に「そんなんじゃ就職面接通らないよ」と言われた。これも自信がない一つの要因かもしれない。

幸せになりたい。努力し続けたらいつか自信が持てるのだろうか。でも幸せになるのも怖い気がする…

そんなことを考えて頭がぐちゃぐちゃしている。だめだ。とりあえず不在者投票行ってくる。

2017-10-17

フリーター30代の将来は23歳以降の過ごし方で9割の人生が決まる

inoueです。

フリーター30代の将来は、23歳以降の過ごし方で9割の人生が決まります

現在、30代のフリーターが悪いということではありません。私自身もある意味では30代のフリーターみたいなものですから

そういう体験談も入れつつ、なぜ23歳以降の過ごし方で9割の人生が決まるのかを伝えていきます


フリーター30代の将来は別に暗くない




別に就職して正社員になったから偉いとか、ずっと安定した生活ができるとかはありません。

正社員になっても、経済的精神的に苦しんでいる人もいますし、「せっかく正社員になれたのだから……」と変に拘っては人生台無しにしてしまう人もいますからね。

フリーター正社員と比べて、自由時間人生を過ごせますしかし、精神的に未熟な人がフリーターとして生活すると、甘えすぎてしまうのが難点。

その辺をうまくコントロールできれば、フリーター30代の将来も決して暗くはありません。


フリーター30代がヤバいと思われる理由




世の中の大半の人達は、フリーター30代がヤバいと思い込んでいます


その理由は以下の通り。




他にもまだまだあるとは思いますが、逆に正社員になればこれらのことが解決するのかといわれると、そうとは限らないのが現状。

フリーターでもお金を稼いでいる人もいますし、何かを目指して頑張っている人もいます

正社員からすれば、フリーターが安定していないと思うのはほぼ「お金」だけでしょう。そのお金解決できたフリーターのことを「羨ましい」という感情が湧いてくるのなら、正社員フリーターになるべきです。


23歳以降の危険な過ごし方




23歳以降の過ごし方で最も危険なのは毎日消化試合」の生き方

具体的にいいますと、毎日平均15時間くらい寝ては起きて、すぐにスマホポチポチゲーム

週2~4程度のアルバイト生活費を稼いで、暇潰し&よくわからない人生逆転一発チャレンジ精神ギャンブル(パチンコ競馬)三昧。

それで生活費がなくなると給料日まで生きるために、誰でも入会できる楽天カード飲食品や嗜好品(酒・タバコ)を買います。※以下繰り返し

このように書いて冷静に読むと「クズ」という人生のもの。まだ国を騙して生活保護を貰ったり、社会迷惑をかける犯罪自殺をしないだけマシですが、果たしてこのような生活がいつまで続くのでしょうか。


フリーター30代の将来は23歳以降の過ごし方で9割の人生が決まるのまとめ




現在23歳以降のフリーターで将来にしたいことがとくにない人はブログを書きましょう。

書くネタがなければ、今過ごしているクズ生活を書きましょう。別に最初は誰も読まなくても大丈夫継続していれば読む人は必ず現れますからね。

面倒くさくても今の自分人生としっかり向き合って、パチンコで勝った、負けたなどを書くのもいいでしょう。ブログ全体のタイトルは「クズの極みブログ」でOK。

タイトルはあとから何回でも変えられますので心配無用

本当にこれから人生がどうしたらいいのかがわからない人は、下記にある私のツイッターブログコメント匿名でもいいので相談しにきて下さい。本気で人生を変えたいのなら、ブログライターとして稼げるように育てます

私自身も勉強になりますし、そろそろライターを雇いたいサイトも増えてきたので。

全くの初心者でもいいですが、やはり多少はブログを書いていた人の方がいいです。まずは自分人の力で、無料ブログを開設するくらいの力はつけて下さい。

それだけでも十分に人生が生まれ変わるきっかけになりますからね。


ブログを書いて今の人生を変えたい人は連絡を待っています

anond:20171017124052

大丈夫大丈夫。どんなに楽しそうでも所詮フリーターだよ。

貴方は今何歳? 若いのかな。


アルバイトと同じくらいしか稼げないのなら、

今できることを完ぺきにこなせるよう修行して、もっと格上の会社正社員になったら良いよ。


世の中、良い会社ってあるよ。

仕事ちょっと大変かもしれないけど、

定年まで働けば、退職金3千万とか、その他の手厚い福利厚生


フリーターにはそれはないし、また、そんな環境転職もできない。

今楽しそうでも先はないよ。

フリーターの方が楽しそうで悔しい

フリーターってだけでどこか見下してる自分がいたのは事実

でもフリーターしてる友人の方が楽しくやっていて

自分正社員で働いて何年も経つの

自分のことだけで精一杯なのに

楽しそうなのが羨ましい

バイトだって有給がとれる

バイトだって社会保険に入れる

正社員と何が違うんだ?俺にはもうわからない

給料だってまり変わらないんだ

悔しいよ 悔しいんだ

2017-10-16

選択肢がない

30代ほぼニートフリーター

バイトしか就業経験なし。どのバイトやってもミスばかりで自分の頭の悪さがよく分かる。

体力もない。週5日、3ヶ月働いただけでヘトヘトになる。

行政就労支援サービスを受けたいが、親の扶養内に入っていて、親の年収が高いので、対象にならず、サービスを受けるのに必要金もなく、またそんな金をもらったりはできない。

発達障害のケもあるが、病院に通い続ける金もない。

まぁ、いちばん無いのは人生を良くする気力なのだが。

頑張らなきゃ人生を維持できないなら、頑張ろうとも思えないし、むしろ今までよく頑張ったとしか思わない。

anond:20171016165605

田舎の人?

都会でそんな人見た事もないけど…

或いは増田個人がアレな状況で、こいつ結婚しないとやべーぞと思われてるとか。

独身で生きていける職がある女性は何も言われなくても、フリーターとかニートだったら

「このまま独身で生きていくの無理だしもうまともな就職も無理だろうし結婚しか生きていく道ないぞ」と言う意味結婚しろと言われるってのはありそう

2017-10-14

先進国っぽい国に移住がして10年がたった。

怪しい移住ログが乗ってたので正しい移住ログを書こうと思う。

まず移民したのは仕事がなかったから、大学は出たけれど派遣しか働くところがなかった。

派遣で働いたことある人は分かると思うんだけど派遣は人扱いされない。

将来に悲観してこんな生活を続けるぐらいなら移民しようってことで移民した。

移民前】

移民前は心が踊った。平均GDP日本より高く、写真で見る綺麗な町並み。仕事日本より楽と聞いて喜んで移民した。

移民後】

不味い食事に、観光地以外の汚いローカルの町並み、とんでもない高給取りも多いが一般人日本人と同じか似たような給料、それでいて高い物価

クリーン政治を詠ってはいるが実際は一族間で都合のいいように利益合法的に回している。

他の国から移民に聞いても政治はどこも大体同じ感じだ。中国ロシアフランスアメリカ北朝鮮特定の人たちが利益を回している。本質的にはあまり違いはない。

仕事日本的な嫌な感じのイベントは少ない。だけど状況が変わるとすぐに首になるので気は抜けない。

政治への期待】

色んな国の人を見てきて思ったが無能な人ほど政治への期待が大きい。国はこうすべきだ。こうして欲しい。とか要望が強い。

そこそこ能力のある人は政治など期待せずに国が駄目なら移民を考える。選挙なんてあまり期待していない人が多い。

総論

政治に期待しても無駄、それよりは英単語でも覚えて移民の準備をした方がいい。

移民先でもきついことも嫌なこともある。

でも。。日本フリーターブラック労働してるよりまし。

大企業総合職移民しない方がいいかも。ここは判断が難しい。

2017-10-12

男の一人暮らし必要もの100均でほぼ買える!チェックリストおすすめ7選【社会人編】

inoueです。

男の一人暮らし必要もの100均でほぼ買えます

学生ならともかく、社会人ならばそこまで生活費心配することもありません。

もちろん、無職生活一時的休職状態なら話は別ですが、とりあえずはフリーター以上の社会人おすすめ100均でほぼ買える必要ものを紹介します。


男の一人暮らし必要もの100均チェックリスト【初期編】




男は学生時代を過ぎれば、年齢関係なしに実家から出て自立するべき。

いつまでも実家暮らしで親のスネをカジカジしているようでは、男として成長しませんし、何よりも気持ち悪い。

もちろん、親の介護健康面でのあれやこれやは別ですよ。

心も体も健全な男はさっさと実家から出て、一人暮らしを堪能しましょう。

引っ越しの準備ができて、まず揃えるべきものは以下の通り。


初期に必要もの100均チェックリスト項目


男の一人暮らしでも結構いろいろなもの必要になってきます

とくに掃除用品等はなんだかんだで必要です。汚い部屋はゴキ〇リやネズミなどが出やすくなりますからね。

それに汚い部屋は女にモテません。断言します。

逆に少しキレイな部屋はモテます。この「少し」というのがポイント。あまり部屋がキレイすぎると場合によっては逆に引かれます


リスト地域指定ゴミ袋以外のゴミ




意外とゴミ袋は忘れがち。

とりあえずは百均ゴミ袋(できるだけ大きめ)を買って、捨てるときコンビニドンキなどで地域指定ゴミ袋を買いましょう。

いきなり、地域指定ゴミ袋を買うのもいいですが、意外と初期はゴミが増えるので緊急用のために100均ゴミ袋はなかなか重宝します。


リストハンガー




洗濯するときに必ず必要なのがハンガー

乾燥機があれば必要いかもしれませんが、クローゼットなどで服を掛けるのにも必要なので、やはりハンガー必要不可欠。

100均では束で売っているものから、1本のハンガーもあります基本的には量が多いものでOK。

外に干す用のハンガーは、画像のような風で飛ばないように工夫がされているハンガーは使いやすい。

場所によっては風で服が飛んでいくことがよくありますからね。


リストバスマット・トイレマット




別に大きめのバスタオルでも代用できますが、バスマットはあれば便利です。

洗濯しなくてもファブリーズなどで定期的にシュッと吹きかけて、また気が向いたら100均で取り換えればいいですからね。

トイレマットも同様に100均で十分です。


ティッシュペーパーカバー個人的には必要を感じませんが、フタ用のカバーは埃などがつくので買った方がいいです。

男のトイレはどうしても汚くなりがちなので、掃除嫌いの人はできるだけ汚れない工夫は必要です。

トイレスリッパ基本的には要りません。


リスト④手持ち鍋・フライパン




男で料理ができる人はモテます

そんなに凝った料理ができなくても大丈夫フライパンチャーハンと手持ち鍋で味噌汁を作るだけでOK。

あとはコミュニケーション能力があればモテモテです。

100均ではなかなか大きめのフライパンはありませんが、小さなフライパンはあります。本格的に料理をしたいのならもっといいフライパンを買いましょう。


リスト⑤お皿・コップ・箸・スプーン



男の一人暮らしなら、食器はそんなに要りません。

  • 箸2本
  • お皿(大)1枚
  • お皿(小)1枚
  • お椀1個
  • お茶碗1個
  • スプーン(大・小)各1個
  • コップ2個



初期はこれくらいで十分でしょう。必要に応じてまた買えばいいです。

友達とかを家に呼んで、鍋パーティーなどをするときは紙皿&割りばしで十分ですからね。


リストコロコロクリーナ




掃除機を出すまでもない汚れは、このコロコロクリーナーが便利。

ちなみに100均コロコロの中身は別売りが多いので、コロコロを買うためには200円が必要になります

髪の毛がある人は意外と床に落ちているので、このコロコロでサッと掃除する習慣をつけましょう。


リスト⑦布巾・雑巾




男の一人暮らしには、この布巾(ふきん)や雑巾は欠かせないもの

机の上は常にキレイにしておきたいものですし、手軽に掃除ができる布巾はなかなか使えますからね。

掃除以外にも濡れた食器も拭けますし、飲み物をこぼしたときにも活躍します。

ボロボロに汚れたら捨てての繰り返しで、100均で手軽に買ってはドンドン掃除しましょう。


男の一人暮らし必要もの100均でほぼ買える!チェックリストおすすめ7選【社会人編】のまとめ







その他の百均では買えない便利グッズ家電等は、必要ものから徐々に買っていきましょう。

いきなり揃えてしまうのもいいですが、あまり部屋に物を置かないのがおすすめ。やはり、男の一人暮らし社会人になれば、シンプルイズベストの部屋の方がモテます

ゴチャゴチャとした部屋は本当に醜いですし、気分もよくないですからね。

男の一人暮らしに慣れてきたら、インテリアレイアウトなども自分お気に入り空間として改造していきましょう。

anond:20171011232934

再就職や定年延長で高齢者就労率が増えたのは売り手市場になったからであって

一番大きな理由年金受給年齢が上がったからだろ

60から年金貰える世の中ではなくなったから、年金貰えるまで働き続ける人が増えた

企業からしても、定年後の再就職賃金が大幅に抑えられるし

同じ金出すなら新卒雇って一から育てるより即戦力になる定年者を使う方がいい、と考える所が多数あった

また最初に戻るがそれなら少子化は何十年も前からあって若年人口は減る一方だったのになぜ氷河期が発生してたのかってことになる

氷河期ってのは一流企業正社員になれない、って話であって

フリーターなら簡単になれただろ

ありゃ正社員採用数を抑制して非正規に転換する企業が増えた影響

そりゃ勿論景気の影響もあるだろうが、すべてが景気の影響と考えるのは単純すぎる

吃音のある就活生はなぜ障害者手帳を持っていない?人事採用戦略の話

吃音のある就活生はなぜ障害者手帳を取らないのか 人事採用戦略障害者雇用、法定雇用率が重視されていることを知らないのか? 発達障害学生達の方が障害受容をできている件

2017年10月11日NHKEテレ放送したハートネットTVを見終わった。

吃音のある大学生就職活動だった。番組は「私たち就活 —吃音とともに生きる—」

>http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/program/index.html?id=201710042000>

今年もスタートした就職戦線社会に出る期待と不安に揺れる大学4年生。近年、売り手市場が続くなか、取り残されそうな若者たちがいます吃音症のある就活生たちです。吃音症とは、発声の際、第一音が出ない、繰り返す、引き延ばすなど言葉を円滑に話せなくなる症状。全世界人口100人に1人が吃音者であり、日本では120万人以上の吃音者がいると言われています吃音は、その場の状況によって不規則に変化していき、家族や周りの人も理解しづらい上、本人すらもいつどこで吃るのか、わからないといいます医学的にも、その原因や本態は分からず、完治も困難というのが通説です。多くの吃音者が、自分障害と正面から向き合わざるを得ないのが就職活動の時。言葉によるコミュニケーション能力要求される面接は大きな壁となっています言葉が円滑に話せないことで、コミュニケーション能力が不足していると判断されることも少なくありません。夢を抱くことよりも、吃音による障害が頭をよぎり、話すことの少ない職業を選ぶ吃音者も多くいます吃音への理解が乏しい状況で、生きづらさを抱えながら、社会に旅立とうとする姿を追いかけました。<<

これを見てショックだった とても不憫に見えた

なぜ、一般枠の就職活動吃音があることをカミングアウトしているんだろうか。自殺行為だ。吃音のある人を採用できない理由になってしまう。はっきり言って多くの採用側が不採用決定するだろう。もちろん宝くじに当たるような確率でどんな障害をもっていても障害者手帳必要ありませんという事業者もいるだろう。だがそのような奇跡に巡り合うのは就職活動期の短期間ではありえない。新卒という大事な時期を逸してしまうだろう。もしも吃音障害などをカミングアウトしても大丈夫という企業名や団体名が存在するならインターネット上でリスト化されているはず。逆に名称を教えてほしいくらいだ。

病気障害があることは隠し通せるなら隠してよい。どうして正直に話してしまうのか。職場配慮してほしい事なんて告白されれば、配慮必要ない人を採用したいと思ってしまうのが本音だ。採用側としても法定雇用率にすら計算できない状態の人を採用すると吃音のある学生達は本気で思っているのか。

障害者手帳を持っている状態吃音がありますカミングアウトするならまだ理解余地はある。吃音のある就活生は障害受容が足りないと感じる。障害受容をしないで吃音がありますカミングアウトをするのが逆に怖い。職場内の環境を整え配慮をする採用側はその分、法定雇用率にも計算したい。ウィン・ウィンの関係だ。吃音のある学生は正直にカミングアウトしてくれるわけだから採用側の考えはカミングアウトをするなら障害者手帳をを持ってきてくださいだ。あとでコピーを提出してくださいだ。今ここで正直に吃音のある学生告白します。

面接ときだけ、就職活動ときだけ上手く吃らないように話すために練習しても意味はない

吃音のある人の発声練習面接練習をしている場面がハートネットTV放送内であった。どこかの就労移行支援事業所だろう。

だが。はっきりいってこれは無意味面接ときだけ運良く何事もなくても、結局社会人として働くことになってからありとあらゆるコミュニケーションがある。仕事業務のみではなく、お客様取引先と友好な関係を構築維持する。理不尽要求対応することもある。社内でも決まりきったルーチンワークだけではない。イレギュラーもある。面接ときだけ上手く乗り切ってやろうという魂胆もいただけない。面接ときから嘘をついているのは評価できない。そのまま絶対にバレないなら問題ないが吃音は必ずわかってしまう。素直に障害者手帳を持ってきてほしい。そしてどのような場面だと吃音がでるのか。どういう人と話す時に吃音がでるのか。どのくらいの時間吃音になってしまうのか。吃音になった場合どう配慮をしてほしいのか。そういうことを面接で教えてほしい。発達障害学生が提出してくる私の取扱説明書という障害特性や苦手な部分を表現した資料必要だ。こういったことも吃音のある学生には就労移行支援事業所で学んでほしい。

発達障害のある就活生はこうやっている

例えば、発達障害のある就活生なら障害者手帳発達障害場合精神障害者保健福祉手帳交付される)を取得して新卒障害者枠で応募をしてくる。社内でも発達障害のある新卒学生で入ってきて新人として働いている。とてもいい子たちばかりだ。本当に発達障害があるのだろうか?と思うくらい大人しい真面目な子もいる。最初ちょっと???な部分が多かった子もいる。障害者就労支援職?ジョブコーチ就労移行支援事業所スタッフなど外部の人間が間に入って、お互いの距離感を埋めてくれる。邦人外国人文化や考えの違いによって驚くようなこと最初理解し難いことを通訳してくれる感覚だ。入社してきた新人さんに教えてもらったことだが、新卒就職活動一般枠と障害者枠を両方やったそうだ。一般枠でもいけるかもしれないと頑張りつつ、障害枠もしっかり考えて人生設計をしたという。

発達障害のある人に吃音の人がいると思う

そしてこの放送をみてわかったこと。吃音を持った発達障害の人もいる。あの放送に登場したどこかの就労支援施設で訓練していた訓練生達、男子学生女子学生、彼彼女らの特徴的な喋り方話し方、微妙につまる間が有る、時間が停止し沈黙をする場面。これらを持った発達障害の子が社内に存在する。会話をする時に視線が合わないところ、首や頭を不自然に動かすところも酷似している。瞬きが多いことや、あのー、そのー、えーっと、うーんと、なんであの、などなどを話す時に使う子もいる。障害者雇用セミナー吃音発達障害者支援法に含まれており、軽度でも精神障害者保健福祉手帳を取得できるという説明を受けた。その際、アスペルガー症候群広汎性発達障害ADHDLDなどの発達障害と一緒に吃音を持っている場合もあるとのことだった。

吃音のある就活生は一般枠だけに目を向けるのを止めたほうがいい 障害者枠でもいいか社会に出て

放送の中で吃音のある学生マスコミとかメディアシステムエンジニアになりたいとか語り一般枠で吃音カミングアウトしながら就職活動していた。発達障害のある障害者手帳を持った学生障害者枠でスムーズ希望する業界内定が出ている現状を知ったらどう感じるのだろうか。もちろん障害者枠のためできる仕事一般枠と比較すれば限られている。ただ、新卒として社会人になることの重要性と意義は気付いてほしい。障害者枠でもいいか新卒ブランク無しの状態社会に出てきてそこから成長してほしい。障害者枠でも新卒入社できれば新人教育プログラムを受けてどこに行っても通用する最低限の知識を得られる。その後、会社職場で幅広い年代の人と仕事をする。これを経験する方が圧倒的に重要だということを気付いてほしい。就活に失敗して非正規フリーターになってしまうとこういった貴重な機会すら巡り会えない。

今回の放送を見たところ吃音のある学生吃音障害者ではないと思ってこだわっているように私には見えた。吃音のある人達吃音以外の障害がある人を低く見ているのか?自分たちはそうじゃないよアピールをしているようにも見えた。繰り返しになるが発達障害のある学生障害者枠で就職活動をし内定もらってマスコミメディア業界に、システムエンジニアになっている子もいる。学生側有利と言われている2017年現在内定が無い、新卒就職失敗して履歴書に空白ができるのは長い人生で見て大きな損失だ。障害者枠でもいいか社会に出てこいとしか言えない。おそらく吃音のある人たちは障害者イコール給与が安いとか考えているんだろうけど、弊社は違う。仕事できるならチャレンジできる。さらに元々いた社員にあとから発達障害があることが判明し障害者手帳を取得した立場の後輩もいる。発達障害によって発生するかもしれない部分は対策をして今まで通り働いている。その後輩もパッと見、発達障害があるとは思えない。ただ独特な価値観センスがあるのは知っていた。たまたま普通の人が絶対にしないであろう事を失敗したのがキッカケで発達障害がわかっただけだ。

吃音のある人も変わろう そうすれば社会も変わる

話をもとに戻す。

吃音のある人が障害者障害者枠に偏見があるならなおさら障害者手帳取って社会に出てきて結果を出して吃音のある自分のためにも後輩のためにも道を切り開いていけばいいじゃないかというのが正直な気持ちだ。そういう道が既に存在していればそもそもハートネットTV取材対象に選ばれることもないだろう。なぜなら就職活動で困らないからだ。そうなっていないかハートネットTV放送されるようになってしまっている。今回ハートネットTV吃音のある人を取材対象にしたのは吃音のある人以外にも吃音を知ってもらう意味もあったのだろう。NHK障害受容の難しい発達障害もあると伝えたかった意図もあるだろう。私も思い切ってここに書こうという後押しをハートネットTVにしてもらった。吃音のある学生は素直に障害者手帳をもって就活してみなさい。そして社会吃音のある人も仕事できるじゃん!と思わせてもっと一緒に働きたいと思わせなさい。吃音のある人側が障害者だと思われたら嫌だからという理由一般枠にこだわって就活を頑張り続けるのは自由だけど発達障害学生がどのような就職活動をして人生計画を考えているかも知ったほうがいい。障害受容のできた発達障害学生吃音のある学生はどんどん差が開いていると思う。発達障害のある人の雇用事例や合理的配慮事例はたくさん考えられている時期。吃音のある人も雇用事例がどんどん集まってくれば就活が少しやさしくなるかもしれない。発達障害のある人の雇用事例、発達障害のある先輩の声コーナーの中に吃音が全くないか採用側もどうしていいのかわからないということもあるだろうけど今がその時だと思われる。吃音のある人、吃音のある学生はどのような合理的配慮をしてほしいのかどんどん情報を発信してほしい。

最後に人事採用戦略の話

2018年から精神障害者保健福祉手帳をもった人(発達障害も含む)の雇用義務化が開始される。

ここで人事業界、採用側は新卒入社してしまうと流動性が無い身体障害者で法定雇用率を達成するのは難しい。知的障害のある人も流動性が無い。

精神障害者はどうかというと勤怠が安定しない場合がある。そこで発達障害者が出てくることになる。

発達障害ビジネスチャンス認識して発達障害者を扱う職業訓練所も乱立している状態だ。発達障害向けの就労移行支援事業所ピンキリ発達障害のある人、発達障害のある学生はK社経由の発達障害の人が多いのではないか

法定雇用率の引き上げ。ダイバーシティサステナビリティCSRというワード報道消費者に触れる機会が多くなっている。

そのため採用側も障害者雇用積極的に行うところも増えてきている。

そこでちょうど障害受容ができている発達障害者重要視されている。

障害者雇用関連のイベントセミナーでもそもそも発達障害とは何か?の説明から発達障害者特性を学ぶことも多くなっている。

広汎性発達障害アスペルガー症候群などの自閉症スペクトラムADHDLDトゥレット症候群吃音などは厚生労働省内閣府発達障害説明として具体的に明記している。採用側の人事採用担当障害名、病名や特徴を把握している。

そんな中で私は吃音があります。と一般枠でカミングアウトされてもその後の展開が良い方向に行かないこと、難しいことを吃音のある人にはよく理解してほしい。

前のほうに書いたが、本当に発達障害があるの?ってくらいの人も障害者手帳を持っている。吃音障害者手帳を取得してから就活戦線に来てほしいと思う。

ハートネットTVの冒頭でどこかの合同就職説明会でどこかの会社の人事採用担当者コミュニケーション能力重要性を解説していたように。その要求水準に吃音のある人が応えられないならば

障害者手帳を持っていてほしいというのが本音だ。何度も繰り返し書いているが、これが採用側の本音だ。吃音のある人よ。吃音のある学生よ。採用側は法定雇用率に計算したい。このような背景があるわけだから一般枠で病気障害があります!とカミングアウトしても不採用通知の来る可能性が高くなるだけなのでそこの部分をよく考えて行動してほしい。

2017-10-11

ハリセンボンハルナに似てる、は中傷となるか

バイト先の飲食店での話

新人アルバイト女性が入ってきて、教育係になったフリーター女性従業員が「あんハリセンボンハルナに似てるから今日からハルナな」と言ってハルナと呼び始めた。

ハリセンボンハルナといえば、あの渡る世間は鬼ばかり中華料理屋のおっさんに似てねーよ!とキレ芸する人である

女性は小太りでメガネで、確かに似ていると言われれば似ているが、芸人に似てると名前を奪うのはいじめではないのか……とヒヤヒヤしてる

でもハリセンボンハルナが太っていてメガネから例えられたらかわいそう、というのはハリセンボンハルナ侮辱しているようで、これもまた嫌な感じがする

いろんな体型があっていい。ていうか見た目のことでネタにしたくない

アリアナ・グランデハリセンボンハルナ可愛いわと言った。ならバイト女性へのそれはいじめとか、そういったものではないのか?

よくわからなくなってきた

ドリームクラブかいバイトの金を全額キャバ嬢に注ぐだけのゲーム

基本はバイトだけどパチスロで金稼ぎもできる。

スクーターだったり10万する絵本を買わされたりする。

主人公コミュ障過ぎて貢ぐ時にすら余計なことしか言わない。

例:

ヒロイン「高かったでしょ?」

主人公大丈夫だよ!それ事故車だし笑笑!」

ヒロイン「は?(ガチギレ)」


センターが清純気取ってるのに

シナリオカスフリーター彼氏持ちヒロイン寝取って彼氏の前で勝利宣言するという内容。

肉感的なモデリングはよかったし、ダンスも当時のアイマスの糞ダサダンスよりは多少マシだった。

ディースリパブリッシャーにしては頑張ったゲームだと思う。

VRと相性よさそうだが復活はないだろうな。

2017-10-10

anond:20171010105619

まずは自己分析業界研究だね

転勤のない大手総合職なんて山ほどあるし、自分が何をやりたいか、何ができるかを考えてみよう

その上で少しでも興味のあるものを調べて、「何がダメか」を考えるよりも「どうしたらこれができるか」

を考える

どうせ新卒時点で人の能力なんて大差ないし、それは雇う側も解ってる

可能性を感じさせる事が大事から

とここまでマトモな事を書いたけど、

別にやりたくないってんとか専業主婦希望結婚までの腰掛け程度のつもりならフリーターでも良いかと思うよ

19卒だけど就活何すればいいかからない

19卒女。

大学ネームバリューはあるけど、転居を伴う転勤が嫌だからたいていの大手は行けない。

資格は何が求められるか分かってもないのに取ってどうするの?と思ってしまって何も取っていない。

英語が苦手だからTOEICはやりたくないけど、英語以外に得意な言語があるから取ろうと思えばそれは取れる、ってくらい。

インターンは1年生のときベンチャーで3ヶ月と、3年になってから地方公務員インターンを1週間程度やった。公務員インターン経験民間就活で言うとマイナスになるって知らなかった。ほかは何も行っていない。

とにかく楽がしたいけどそろそろどん詰まりになってきた感があって苦しい。一般職でいいから転勤のないホワイト企業に就きたいけど無理そうだからフリーターにでもなろうかと考え始めてる。

景気が良くなってきたとか言うけど今ある企業の大半がブラックであるような気がするしその日暮らしの方が人としてマシな生活送れる気がしている。

こんな人間、これ以上何をすればいいのだろう。まともな人生はもう9割諦めてる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん