「ナレーション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ナレーションとは

2017-11-14

anond:20171114142435

日本ドラマ映画なんて全部そうだよ

から十まで全部ナレーション独白と心の声で説明する

はてなブックマーカーを見てもわかる通り世の中には読解力のない馬鹿が多いからな

2017-11-04

ちょっと思い出せないロボットアニメがある

なんか、近未来的な感じの設定だった気がする。

スーパーロボット系というよりはリアルロボット系。

世界観は、SFって感じじゃなく、日常を描いていた。


ロボットも派手というわけではなく、主役機は、白が基調とされていて、黒がところどころ配色されている感じ。

主役機といっても、試作機? っぽくなくて(その後試作機は何機か登場したんだけれども)、正式配備されているのが2機か3機ぐらいあった。

良く壊れては修理するような実用的な感じ。

まり壊れないほうが主役機で、女の子JKほど若くない)がパイロットやってた。

悪の組織と戦うってよりも、便利屋みたいな感じだった気がします。


なんのアニメかわかる人いますか?


あと、思いだせるのは、ロボットレイバーと呼ばれていて、アニメの冒頭のナレーションが、

ハイパーテクノロジーの急速な発展とともに、あらゆる分野に進出した汎用人間作業機械レイバーしかしそれは、レイバー犯罪と呼ばれる新たな社会的脅威をも生み出すことになった。

続発するレイバー犯罪に、警視庁は本庁警備部内に特殊車両2課を創設してこれに対抗した。

通称特車2課パトロールレイバー中隊パトレイバー誕生である

みたいな感じでした。

2017-10-28

テレビ右寄りか左寄りか

からない それともどっちでもないのかな

TBSのモリカケ音声漏れ事実だったし

I am not ABE事実だった

左寄りならもっと詩織さんの事件を取り上げてもいい気がするし、、

あと午前8時台のニュースの内容がかぶりすぎてて気持ち悪い

あと情報量1のもの10時間かけて伝えてくるから見ててイラつく わざわざシリアスイメージ映像に「、、、一体なぜ、、、?」みたいなナレーションいらない

一種知的虐待っぽさある

2017-10-22

劇場版ネコ歩きの公開始まったのか。

気になるけどテレビ放送のほうでも芸能人ナレーション邪魔すぎてなあ。

ナレーションなし版とか公開してくれたら観に行くんだけども。

2017-09-30

anond:20170930091504

キャラクター的な書き分けは出来てて、役割もわかりやすポジションに置かれてるので会話劇としてはわかりやすい。キャラクター設定としてのオリジナルさはあまり感じない。

とは言え読んだ感じとしては、描きたいであろう物語は割りと嫌いじゃ無さそうな気がするので、初見でもわかる導入をまず考えて欲しいかな、と。

とにかく下敷きになる世界観がよくわからない。メガロポリスから現代劇?会話で出て来るアイテム表現亜人いるかファンタジー風?

そこがすんなり入ってこないから読み進めるのに違和感を感じてしまう。

現代風の世界観ならそれはそれで最初に強く提示して欲しい。絵でもいいし難しければナレーションでもいい。

あと、書きたいトコロがどこなのか?最初の段階でそれが伝わってくるインパクトのあるストーリー提示して欲しい。

読み切り的な短編が2,3続いた後に連作の流れに作ってもらったほうが読み進めやすいと思う。

2017-09-24

なろう系の長編と、1クールアニメ相性の悪さと、今後のアニメ化

書いている内にすごく長くなっちゃいました

2017年アニメで「小説家になろう」発でアニメ化された作品は下記のような作品がある

(※ 2017年アニメの一つであるゲーマーズ!』も「なろう」ではないがWeb小説発とも言える作品しか継続してWeb執筆が続けられた作品ではないので、ここでは分かった上で除外してしましたと、一応ツッコまれない程度の知識開陳しておく)


異世界食堂』は連作短編作品なので、1クールアニメ構成する際に非常に楽な作品だっただろう。

原作ストックにも余裕があり、アニメにはなっていないエピソードもまだ多く残っていて、登場していないキャラクターもまだ多いです。

原作の方でも「常連」と言われるようなキャラはまだ他にもいて、アニメではその全員が登場したわけでもない。

この辺りの判断監督判断してエピソードを絞り、アニメ放送する上で必要最低限のキャラエピソードをチョイスしたのだろう。

常連キャラには中堅・ベテラン声優を配して、複数話に登場するようにして、うまくバランスを取ったシリーズ構成物語を仕上げたと思う。

ちなみにキチンとアニメを観ていた人は気付いたかと思うが、アニメ監督シリーズ構成脚本も兼ねて担当し、かつ全12話の脚本執筆された作品でもある。

なので他の作品ではたまにあることだが、OPEDには登場しているが、アニメでは登場しなかったみたいなキャラクターがなかった理由の一つにもなっているかと考えている。

異世界食堂』はニコニコでは動画有料で一週間無料公開なく、無料ニコニコ生放送配信となってしまったが、毎回アンケートでは90%以上の高いアベレージの高評価を保ち、最終回は97.0%の高評価で終りました。

評価だったので円盤が売れるとは限りませんが、評価が売上にも繋がることは期待したいと思います


ナイツ&マジック』は長編作品ですが、今回のアニメ化に際して物語というか、小説的な描写にかなりの圧縮を施されたかと。

大原さやかによるナレーションにより、幻晶騎士(シルエットナイト)の細かい製作過程や、敵国との関係や動き、アニメで描くと面倒な色々なところが必要最低限に圧縮されて視聴者情報として提供されたと思う。

原作ストーリーの違いが少しあったが、ほぼ大筋は変わらないし、1クール全13話で切りのよいところでまとめるとなると、こういう形になるかと思われる。

シリーズ構成であるベテラン横手美智子の手腕が大きく影響したのではないかと。

これを書いているのは最終回放映当日。最終話はかなりガンダム意識したところが多く、オマージュ要素を読み解くのが楽しいエピソードでした。

幻晶騎士3DCGによる戦闘シーンの描写は、マクロスアクエリオンなどで慣れた「サテライト」(+オレンジ)によるものなので、迫力のある仕上がりだったと思う。

1クールアニメ作品としては悪くなく、トータルで見れば良作以上の出来になっているので、これも円盤が売れて欲しい作品だと思っています


……で問題の『異世界はスマートフォンとともに。』ですが、自分放送からこの作品は1クールにまとめるにはかなり難しい作品だと考えていました。

そもそも原作大長編で、「なろう」の方の原作では大きな区切りとなるところはありますが、書籍版のHJノベルス最新10巻の方でもまだそこに達していません。

仮に今のアニメ放映のペースで区切りまで持っていくとなると、+1クールでも多分足りず、+2クールの全36話分ぐらいは必要になるんじゃないかと思っています

なのでストーリー的には半端なところで終わると思われる作品ですが、そういう意味合いも込めて、出来として考えると余り上手な作品ではないと。

そもそも問題として大長編作品を1クールにまとめる困難さがあると思います

とりあえずアニメ異世界はスマートフォンとともに。』の出来を今、論ずるよりはこの問題を抱えている今後アニメ化される可能性のある作品言及して思考した方が少しは建設的なのではないかと思い筆を走らせた次第。


今後「なろう」発の作品アニメ化が予告されているものがあります

自分が知らないだけで他にもアニメ化公表されている作品があるかもしれませんが、知っている限りの四作品を並べました。

(※ 2017年末に何か発表予定のある『ありふれた職業世界最強』もアニメ化されるのかも)

(※ 二期製作決定が発表されている『オーバーロード』は既にアニメ化されたということで除外)


異世界居酒屋「のぶ」』は、同じ系統の『異世界食堂』が好評だっただけに、比べられる後発の苦しさのようなものがあるかもしれません。

ただ同系統、つまり連作短編なので、ストーリーを1クールにまとめるのであれば比較的楽な作品になるかと思います


自分としては問題作だと考えているのは、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』です。

正直言ってストーリー構成の面から考えると、『異世界はスマートフォンとともに。』と同じような問題を抱えていると思います

まり1クールにまとめる場合の着地点は中途半端。かと言って、2クールでも全く足りない。仮に4クールやっても終わらないんじゃないかとか思うほど、すごく長いし、区切りの難しい作品です。

明確な区切りという点では「なろう」の方のオリジナルを読んだ限り、『異世界はスマートフォンとともに。』よりも今のところはハッキリしてなく、大筋のストーリーをずっと継続している感じです。

主人公目的の一つが「この異世界観光したい」なので、ある意味で終わりのないロードムービーをずっと続けている作品という側面が。

その為、区切りという観点から考えると、主人公の行動や目的が明確な終着点のあるものではないので、それが区切り邪魔をしていると思います


盾の勇者の成り上がり』はもしかすると1クールなら、そこそこまとまる可能性はあるような気がします。

書籍版の4巻〈ISBN:9784040663210〉、コミックスの8巻〈ISBN:9784040691541〉までを区切りと考えると、1クールの尺に収まるようにストーリー構成することは難しくないかも知れません。

俯瞰的ストーリーをなぞると要所要所で強敵が登場するので、うまく区切っていけば、1クールでも二期に繋げるようなストーリー展開も可能物語だと思います


そして変な意味ネット上ではネタ枠扱いもされている『賢者の孫』ですが、凄く強引にストーリー圧縮してまとめれば1クールで完結しちゃう可能性があるような気がしま(笑)

自分が読んだ限りは「なろう」の方の原作はまだ完結していませんが、ラスボス戦は近いので、それさえ終わればストーリー的には完結してもおかしくはないかと思います

作品的にキャラはそれほど多くなく、作中の(強くなる為の成長要素を加える為の旅のような)移動も多くないし、最初から強い無双系の主人公で、ストーリーシンプルなので、もしかすると構成次第では1クールで強引に圧縮してまとめることも可能ではないかと思いますが、『賢者の孫』という作品を知っている方々はどう考えますか?とアンケートしたいところ。

良い意味で言えばあっさり、悪い意味で言えば薄っぺら物語作品……と言えちゃうかもしれないので、もしかしたらアニメオリジナルな大きな改変を入れたりして仕上がる可能性もあるかもしれないと書いておけば、もし当たらったら予想的中とちょっと自慢できるかもしれないので続く駄文






……でここまでは書いたのは前提で、やっと本題に。

自分問題視した大長編の『異世界はスマートフォンとともに。』と『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』がなぜ1クールアニメとしてまとめるのが難しいのか、その問題を考えたいと思います


この二作品主人公最初から無双できるぐらいに異常に強いことが問題かと思っています

なぜかと言うと登場する敵よりも主人公の方が圧倒的に強く、作中では一応中ボス級の敵はそこそこ出現しますが、主人公相対的にみると強敵と言えるレベルでなく、簡単に倒してしまうので話の区切りにはならず、それがストーリー構造的な弱点になっているのです。

主人公が敵とのバトルで多少の苦労する、てこずるシーンはありますが、命の危機に追い詰めらるほどの切迫感はなく、主人公の心身の成長を余り感じず、物語区切りとなるピークに達しない状況です。

異世界はスマートフォンとともに。』と『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』では、自分が読んだ範囲になりますが、自分と同格以上の強敵と相対するようなことがありません。

多少てこずることはありますが、ちょっと別の手札を使えばあっさり解決みたいなパターンが多いと思います

「なろう」の異世界での無双パターンで、「無限収納四次元ポケット系)」「レベルMAX(もしくはレベル上限なし)」「瞬間移動(転移どこでもドア系)」「鑑定&スキル学習能力魔法)」「トンデモ錬金」あたりの能力定番ですが(強さには直接は繋がらないが「和食ではなく日本での食知識による無双」もあったりします)、これらの能力複数持っていると強さに限界がないので、ドンドン強くなっていきます

特にデスマーチからはじまる異世界狂想曲』は今後発売される書籍版の12巻以降に主人公の強さ(というか正確には能力)も極まってくる設定になってしまい、『ドラゴンボール』で言えばパターン化した展開である悟空は仲間が強敵と戦っている間は別のところにいるので遅れて登場するということが多々ありましたが、この作品でもそれを踏襲というはおかしいですが、そんなパターンを何回かやっています

主人公転移能力を持っているので、ある意味ではすぐに仲間のいる現場に来れるのだが、その状況が混迷し、もしくは登場が遅れるように物語が展開しています

遅れる状況を作り出すのに苦労している描写垣間見れ、穿った読み方をしたい方は、その辺りの描写を見つけて楽しむという変な方法があることを記しておきます


話が飛びそうになったので閑話休題

例を挙げて考えると、「なろう」発のアニメ作品であるRe:ゼロから始める異世界生活』は物語全体で考えると、中盤に「王選」という主軸となりそうなストーリー提示されましたが、アニメストーリーの終わり方を考えると、「王選」を考えた場合、結局のところ多少の同盟的な繋がりと、主人公意思を味方と敵に認めさせるぐらいのことしか結果達していません。

ただしストーリーの抑揚というか、物語の浮き沈みから見ると、主人公は中盤に絶望どん底に落ちるが、そこから這い上がって復活し、そして強大な敵を倒してヒロインを救ったことで、根幹のストーリーは余り進んでいないが、主人公の大きな成長をみせたところで終わったので、印象的には凄く区切りの良いところで終わった感じのアニメ作品になったかと思います

まあ1クールではなく、2クールというそれなりの尺を使ったことも大きいと思いますが、物語にキチンとした起伏があるからこその区切りとなったと思います


まり自分と同格以上の強敵、手強い中ボスラスボスを倒すようなシチュエーションを作り出していない作品は、区切りがないように感じると思います

ひと昔前だと、原作ありのアニメ化作品の中にはたまに、1クール枠の終盤に原作にはないアニメオリジナル強敵が出現し、それを倒して終わりを飾る作品結構あったかと。

しか継続連載している「なろう」の作品だと、アニメオリジナルラスボスキャラが登場するような事態は、話に齟齬が出来る為かそういう展開に持っていくことを避けている傾向を感じます

その辺りが足枷になっているし、原作物語の展開を兼ねて考えると、そういう展開にもできないジレンマかもしれません。


ここで視点を少し変えて、原作が既に完結している「なろう」系の作品ならアニメ化可能か?という問題提示したいと思います

「なろう」発の作品で、アニメ化が発表されておらず、かつ書籍版が100万部以上売れている作品自分が知っている範囲では二作品あります

無職転生
https://twitter.com/mushoku_tensei
転生したらスライムだった件
http://micromagazine.net/gcn/slime/

アニメ化した上でシリーズ累計100万部以上売れれば大ヒット作品と呼べる言われるこの業界異論はあるかと思いますが、一つの分かりやす基準として)。

書籍版の方はまだまだ出版が続いていますが、オリジナルであるなろう版はストーリーが完結している作品です。

作品ともに文庫ではなく、単価の高いソフトカバー出版されている作品で、まだアニメ化していないのにも関わらず、現時点でこれだけの売上を誇っています

これだけの売上を記録していれば普通アニメ化の噂も聞こえてくるかと思いますが、2017年秋の時点ではまだそれらしい話は入ってきません。

その理由は今までここで考察している通り、1クール枠では中途半端なところまでしか描けない問題を抱えているからではないかと思われます

もしもの話ですが、仮に2クール枠を用意できたとしても、ラストまでアニメ化不可能だと思われます物語を凄く圧縮しても4クールぐらいには)。

これだけの売上を誇っているのならもしもアニメ化した場合、売上ブーストがかかり倍増し、ファンが増えラストまでのアニメ化を期待する方も多くなると思います

ただこれら二作品ソフトカバー書籍版で20巻ぐらいにはなるかと思われる大長編なので、ファンが多くなればなるほど、更にアニメ化した上での目指す先がかなり高い場所になっているジレンマがあるのかもしれません。


この二作品ストーリー俯瞰すると、自分考察になりますが、『転生したらスライムだった件』より『無職転生』の方がアニメ化ハードルが高い気がします。

ネタバレな感じになりますが、『無職転生』の締めはよくあるパターンラスボス撃破してのエンディング……という感じではないからです。

しかすると書籍化にあたり、大きく手を入れて修正する可能性は高いかもしれません。

それを別に考えても、前半はかなり波乱万丈なストーリーで、区切りの良いところはどこだろうと考えると意外と難しく、ストーリー構成が難しくアニメ化の際の高いハードルになっていると思います


転生したらスライムだった件』の方は書籍化に際して、オリジナルであるなろう版には登場していない新しい中ボス級の敵が登場し、大きな相違点があります

それが影響しかなり設定が変わっているキャラもいて、その辺りのストーリー全体の構成の見通しが立たない限りは、アニメ化は難しいのではないかと思っています

逆に言えば2クール枠が用意できるなら、そこそこ切りの良いところである書籍である6巻か7巻(もしかしたら10巻の可能性も)あたりまで、アニメ化するようなプロジェクトが動いていたりするかもしれません(いい加減な期待値を込めた予想です)。


編集の手が入らず自由に書かれた「なろう」の大長編作品は、アニメ化する上ではかなり難しいものが多いのかも。まだ文章あるが文字数限界

2017-09-19

TVを見る方が悪いのは分かってるよ

今朝ZIPを見てたら、昨日の東京暑かったって話題ワンコーナー始まったのよ。それはまぁ、よくあるやつじゃん。確かに暑かったよ。

それで始まったのが「街の人は暑い一日をどう過ごしたのか」と題打って道を歩く人を映す映像、「街の人は皆日陰を歩いています!」みたいなナレーション

私ゃさすがにチャンネル変えましたよ。

2017-09-18

中国

兵馬俑まで偽物を作るとは、さすが中国

番組でのナレーション一言

いつまでも自分たちは見下す側だと思っている感じが出過ぎで引っかかったなあ

2017-09-17

anond:20170917174924

脳の中では文章視覚言語統一されたもの

目で文章を見て、脳の中で言語として処理される。だから時間がかかる。映像は「百聞は一見しかず」なのだ

文章よりも話を聞くほうが人間理解できるし誤解も少なくなる。そもそも人類進化の中で言語を獲得して意思の疎通が進んだのだけれども、文字に表すのはずっと後のことだ。

YouTube動画でも見れば分かるけれど、人気YouTuber面白おかしく喋っているのが文章の代わりになる。

映像化出来ない文章は語ればいい。ナレーション字幕でわかりやす説明すればいい。双方向質問できればなお良い。

2017-08-31

最近NHK

NHKブルゾンちえみ風天気予報をやったのが話題になってるけど、みんな好意的意見ばっかりで疎外感を感じる。

NHKはどんどん民放っぽくなっていってて、芸能人使いまくりダブルワイプ当たり前、ニュース(朝と19時と21時が酷い)もワイドショー化してるし、見てて苛立ちしか感じないので見なくなった。

ニュース見出しとかスタジオのセットのデザインと色使いひどすぎだよ、幼稚園みたい。

あと、くらし解説っていうアナウンサー解説委員テーマについて話す10番組があるんだけど、その番組で冒頭にテーマ初音ミクに読み上げさせる(しないときもある)のが意味からなくて気持ち悪い。

クソ真面目で面白いことしない、できないのが良かったのに。それが逆に面白さを醸し出したりする瞬間が好きだったのに。

昔みたいに硬派なドキュメンタリー作ってくれよ。芸能人ナレーションに使ったり現地行かせたりスタジオとか小芝居の映像挟んだりしないやつ。

それができないならスクランブルかけてくれ、今のNHK受信料払いたくない。

2017-08-16

牛乳石鹸CMテーマ据え置きで作り直すとしたら

絶賛炎上中ですが。

テーマは良いと思うんですよね。


家族思いのパパは正しいのか?』


正しいに決まっているといわれそうですが、いつの時代も、現状の価値観に疑問を持つことは大切です。

いま正しいとされていること、本当にそうなのか? そこからまれる負はないのか? 負に目をつむっていいのか?

…という問いか自体必要ものだと思います


でもあのCM、何がまずいって、それに対するアンサーが『亭主関白時代に帰りたい』なんですよ。

淘汰された過去価値観にしがみついているだけ、というのが見え透いてしまことなんですよ。

それではせっかくの問題提起が死んでしまう。


でもテーマは良いと思うので、こんな感じに作り直すのはどうでしょう



家族思いの優しいパパ。


自分父親は、家族を顧みずに仕事に打ち込む男だった。

から自分は、その姿を反面教師にして、こんな父親にはなるまいと誓っていた。


周りの目を気にせず、定時には帰り、妻と二人で子育てをした。

上司から休日ゴルフの誘いを断り、息子と動物園に行った。

保育園から連絡があれば、周りに謝りながらも、早退して迎えに行った。


息子はすくすく育った。

夫婦仲も円満だ。


……だけど、会社では、一向に出世できないまま。

上司と頻繁にゴルフに行く同期は、どんどん出世していった。

定時に上がるために必死仕事をこなしているのに、残業の多い同僚のほうが褒められる。

息子の夏休みに合わせて有給希望を出せば、上司にねちねちと嫌味を言われる。


間違っているのは自分じゃない。会社のほうだ、社会のほうだ、そう自分に言い聞かせながらも ─── 。

心が折れそうになって、仕事一徹だった父親の姿が脳裏に浮かぶ

……あんな風に仕事にばかりかまけていても、息子(俺)は父親を慕っていたじゃないか ─── 。

家族大事にすることをやめて、仕事第一に考えても、いいんじゃないか? それっていけないことか? 責められるようなことか?


心が揺れる。ぐらぐらと。


半ば惰性でケーキを買って帰る。

ケーキを忌々しく見つめる。こんなの、もうやめたっていいんだ。

家族思いの優しいパパ、それって正しいか

職場で辛い思いをするのは家族を優先しているからだ。

こんなの、自分にとって不利でしかない。何もいいことなんてなかった。何も報われない。やめたっていい ─── 。


そこで家のドアを開ける。

息子と妻の笑顔が飛び込んでくる。

「おかえり、パパ!」という明るい声。


立ち尽くす男。



彼がどちらの未来を選ぶのかは示されない。

ただ「さ、洗いながそ」という優しい声と、息子とのお風呂のシーンだけが流れる



というのでいかがでしょうか。


もう少しあざとくいくなら、最後に男が目を潤ませるシーンがアップで映り、

『悩みを洗い流すのは笑顔身体を洗うのは牛乳石鹸

『さ、洗いながそ』

とかのナレーションを入れてもいいですね。

2017-08-14

https://anond.hatelabo.jp/20170814140210

以前中国大陸古代文明Nスペ

同時期の日本列島の人々は狩猟採集生活送っており…という感じのナレーション

「そういうこと言わないでよ~><」みたいな反応してる人達いた

修正というより、元々あまり知識がないんだと思う

2017-08-13

電通の「オラッ感動しろや!」みたいな映画CM手法

実際成果良いから続けているんだろうけど、

ナレーション感情の込め方がキメラみたいになってきているので

あと十数年経ったら赤ん坊レベル号泣しながら読み上げたりしてそう

2017-08-08

パクリ動画ナレーションをする人って金の亡者なの?

https://www.youtube.com/watch?v=7n-xQDVG1LY

最近、こういうパクリ動画で、プロっぽく編集もされて、しかナレーションも付いているのを良く見る。

YouTubeの関連動画検索順位で、高画質、高品質もの優遇されるアルゴリズムをついたものだろうけど。

こういったパクリ動画ナレーションってプロの人が請け負うの?

事務所所属プロだとしたら、さすがにマズイよね?金がもらえればいいの?

どうなの?

教えてエロい人。

2017-08-06

右よりの被爆者団体

原爆の日にちなんだローカル報道特番を見ていたら「日本政府核兵器禁止条約の締結を望まない被爆者団体もいる」的なナレーションで紹介された団体日本会議系の被爆者団体説明された。

抑止力としての核爆弾肯定し、安倍支持憲法改正すべしという立場をとっているらしい。

まり報道はされないけど右よりの団体もいるんだ。

被爆者団体とは説明されてたけど画面に写った人たちの平均年齢は他の団体に比べて結構若そうだったなあ。

あと日本ではあまり見ないタイプ中央アジアあたり?)の帽子かぶった男性が2〜3人いたのが気になった。

2017-07-31

VOICEROIDを使用した動画広告収入等について

ツイッターAHS問い合わせ(https://twitter.com/asagasumi_0/status/891354516154535936

金銭などの利益を直接的に想定したご利用方法は商用利用

・VOICEROIDの音声をそのまま含む商品CDダウンロード販売)はNG

→VOICEROIDがメインコンテンツでなくてもダメ環境CDナレーションモブキャラの音声などでもダメ

商品宣伝使用してもダメ

→例えばずんだ餅販売する会社が「ずんだ餅おいしいですよ」というセリフをVOICEROIDに読ませて公開するのも商用利用。

・対価のない個人レビュー大丈夫

ウェブサイトでの、ご自身還元されるタイプ広告サービスを設置するのもこれ(商用利用)にあたりますhttps://twitter.com/asagasumi_0/status/892004548436410368

・直接金銭が関わらなくても事業として仕様するならNG

企業留守電会社説明会での使用

非営利であり業務関係ない趣味私的作品ならオッケー

・ボイロ音声が含まれ同人ゲームを作ってイベント頒布する際にディスク代+作成者交通費現実的価格ならオッケー

→ただしAHS申請必要https://www.ah-soft.com/licensee/

テレビ丸くなったよな

稲川淳二ナレーションやってるCMみてて思った。

せっかく稲川淳二使ってるのに表現ソフトすぎてなんだこりゃって思ったけど、以前母親テレビCMが怖すぎて眠れなくなったとテレビ局烈火の如くクレームを入れてたことを思い出した。

一部の声のでかい人間になんでも合わせようとすると世の中ってどんどんつまらなくなるよな。

2017-07-28

金曜日の疑問

日テレ金曜ロードショーって

後の30分番組を削ってうるさい紹介ナレーションを削って

下手なカット編集しないで放送すれば

それだけで観る意味評価も上がるだろうに

なんでしないのだろう

2017-07-25

遅まきながら「つぐもも」を見終えた

CMの「つぐももコミックおもしろい」ってナレーションを聞くたびに

アニメは糞なのに、それに準じてるおもしろさがあるみたいな言い草イラッとしっぱなしだった

マンガクオリティの高さにもっとひれ伏しろ

スタッフつぐももの名を貶めたことを恥じろよ

規制解除版のブルーレイを全話私に送れよ

バトルガールハイスクールってあるじゃん

ちょい前にもやってたじゃんと一瞬思ったけどそれはスクストだった

という話はともかくキャラが覚えらんない

人多過ぎて◯◯さんの声するなーってのは分かるけどキャラと一致しねえ

現状で顔と名前と声が一致してるキャラ先生CV杉田智和だけだわ

もうこういう風にキャラバカみたいな数出して全員活躍させようとする作品

政宗一成ナレーションを入れること義務化してくれ

「星守クラス高校1年の◯◯である!」とか「イロウスの襲撃だ!」とか「サイバトロン危うし!」ってナレーション入れれば

どんなにキャラがいてもどんなに超展開かましても問題無し

これね!

2017-07-13

ナナマルサンバツ川島海荷ちゃんの演技が騒がれてるが

ようこそ実力至上主義の教室へ」というアニメで、

引けをとらないばかりかそれ以上の演技をしている人が

主役かつモノローグナレーションまでやっているからスゲエ目立ってた。

なんというか頑張れ。

音響監督も頑張れ。

引っ張ってくれる役者に恵まれたらいいんだろうけど。


7/14 18:55 追記

勝手に棒演技云々と解釈してる人がいるけど、こちらは一言もそんなこと言っていないよ。

そして、棒読み演技だから侮辱する気もない。

騒がれている、目立ってたとはいったけどね。

双方に言えるのは、周りの演技とかけ離れていて浮いていたということ。

海荷ちゃんの方は経験不足に由来するのか、周りと演じ方が違うので悪目立ちしてしまってる。

一方千葉君の方は、主人公のとらえどころのなさを表現するにしたってあまりに平音で演じすぎているので、

周りの演技とかけ離れてしまった。

こういうのは経験不足の演技以上に目立つ。

そこを少しでも合わせるとバランスが取れるので、音監も含めて頑張れ、

引っ張ってくれる役者に恵まれたらいいのにと締めたんだよ。

2017-07-09

https://anond.hatelabo.jp/20170709224752

正直言うと、そういう漫画ほとんどない

ガロとかサブカル系にはあるのか知らんけど、リアリティとは程遠いだろうし

下手すりゃあそこら辺の人材は「暴力も美」とすら思ってる美大卒のアホボンボンばかりだろう

 

何より採算が合わないんでどこの出版社も取り合わない

懇切丁寧口頭で説明していくしかないが、

そういう努力漫画のような視覚メディアには敵わないだろう

マンガ以外の日本映像コンテンツも軒並み低レベル

目の肥えた今の子供を満足させるクオリティではない

 

辛気臭いクラシックBGMと、トロテンポ

話題声優ナレーションさせる、緊張感のないドキュメンタリー

欧米コンテンツから学ばない自己満足映像ばかりだ

 

義務教育・・・うん

いまだにコンドームのコの字も聞かないんじゃ、頼りにならんな

労働環境とか派遣とか、もはや教育とはなんら関わらないとこで争いが起こってるし

 

さてどうしたもんかね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん