「ナレーション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ナレーションとは

2020-06-07

anond:20200607012847

テレビの曲やナレーションライムに合わせて脳内太鼓の達人をやっているんだよ

ギターラジオのエアプレイ(今の時代だとさぶすくのすとりいむか)に伴奏つけてるみたいなもん

2020-06-03

anond:20200603093109

論理学でいうところの、トートロジー表現

「Aならば、Aである。」

力とはパワーだ。

トートロジートートロジーであり、トートロジー以外の何物でもない。

無関心とは、関心がないということだ。

私以外私じゃないの(バンドゲスの極み乙女。」の二枚目シングル曲

忘却とは忘れ去ることなり (ラジオドラマ君の名は」の冒頭ナレーション


が、あまりに多用されすぎている傾向それ自体が、小泉構文なんだろう。

一つ一つを取り上げて、可否を論じてもそれ自体何の意味もない。

2020-05-23

ちゃんパパの作者は性暴力を軽視していないか

ちゃんパパの作者、ありま猛先生は(今は知らないが、少なくとも書いた当初は)性暴力を軽視しているのではないか

ちゃんパパで主人公が息子の担任レイプするシーンがそうだ。読者からは「一番胸糞悪い」「吐き気を催すクズ」と言われているが、作中では事件は割と淡々と流される。

というか「まさか処女だったとは」処女じゃなきゃ悪くないとでも?

担任特に重いトラウマを背負った様子もなく両親と共に進を許し、夫として迎える覚悟をあっさりとする。

読者のムカつきとは裏腹に、作中では大したこととして扱われていない。作者も大したことと思っていないのでは?

だが、連ちゃんパパは他にもクズ描写オンパレードから、これだけなら「あらゆるクズ行為の一つ」「登場人物全員狂ってるし、まぁ」で済ますことができる。

だが、「作者は性暴力を軽視している」と確信に導いたのは、同じ作者でありながら心温まる物語評価されている「きっといつかは幸福寺」の方である

作中でこんなシーンがある。

兄にお酌する未成年の妹(この時点でアレだが)。それを見て

兄「美紀もずいぶん女らしくなったな」

父「まったくだ。オッパイもでかくなりやがってな」

と実の娘にセクハラかます父。さらに、

妹「お父さんったらお風呂覗きにくるのよ」

主人公「そんなことしてんのかよ」

父「いいじゃないかよ。家族なんだからよ」

兄「親父、相変わらずだな」ハハハハ…

…いや笑い事じゃないよ!

実の娘の風呂を覗く、セクハラする。立派な性的虐待だ。笑い事ではない。

しかナレーションでは

「こんな親父だけど、初めて鬼、いや、ばあちゃんに立ち向かった親父はとてもカッコ良かったです」

まり、作中ではこの父親は「助平で困った親父だけどいざとなったら頼りになるいい父親」として描かれているのだ。もちろんこれ以降父親咎められる描写はない。

これを読んで思った。あぁ、これが作者観なのだ。連ちゃんパパのあのシーンも、きっと作者は深刻な事件とは本気で考えていないのだ、と。

父親風呂を覗かれたりセクハラされたりする恐怖も気持ち悪さも、「家族なんだから」で流される悔しさ、話の通じなさもわからないんだと。

ドラえもんのび太による覗きなんかよりずっと深刻じゃないか?あっちは同級生だし子供だし、覗くのも大半は故意ではないし、しかものび太は報いを受けるわけで。

ありま猛先生糾弾するわけではない。時代柄仕方ない部分もある。(けど、少なくともドラえもんよりは新しいんだからドラえもん糾弾されるならこっちも糾弾されるべきでは?)

だが、どんな時代だろうと女性達にとってはきっと笑い事じゃなかっただろう。そしてありま先生は今それについてどう思っておられるのだろうか。

2020-05-22

情熱大陸窪田等youtubeチャンネル

youtubeを見ていたら情熱大陸公式サイトを勧められた。そのつながりでナレーション担当している窪田等さんのチャンネルを観た。そのチャンネル文学作品朗読するだけの地味なものだがその地味さがとても良い。下手な歌を歌う人の動画はたくさん観てきたが朗読をする人の動画を観たのは今回が初めてだ。歌が上手くなってもしかたないが朗読がうまくなるとコミュ力が上がる。また、声を出すことは健康にも良さそうなので自分も始めようかと思っている。

公式窪田等世界

https://www.youtube.com/channel/UCmi5lHYvmO-BWu96W4JmMOg

2020-05-15

NHKで見かける朗読ナレーション??

ちょうど今あさイチでもやってるけど、奴らはね、マンガ小説作品を紹介するようなコーナーで、セリフモノローグを情感たっぷりに読み上げるんですよ

見てて赤面ちゃうんだよォ

やめてよォ

2020-05-03

俺が暗唱したアニメ台詞

友引全史第一巻「終末を超えて」序説第三章

うる星やつらビューティなんとか )

メガネの朝食

うる星やつら

荒川後藤の会話

機動警察パトレイバー2)

機動戦士ガンダム 第一ガンダム大地に立つ!冒頭ナレーション

装甲騎兵ボトムズ 番宣

待つこと30分

よくテレビナレーションとかでもあるけど、こういうの聞くと「マツコと30分」と空耳してしまって、「マツコ・デラックスと二人きりで30分過ごすことになったらどうしよう?」とか思ってしまう。

2020-04-30

アニメは一斉に庇うの気持ち悪い

ほんと気持ち悪い

情報番組バラエティ番組では世界がこんなことになると思わず3月頭くらいにGWに向けて観光地を紹介する映像を収録していたわけだが

放送の際には「3月1日に収録したものです」「この施設現在は休業中です」「遠方からの来園は自重しましょう」「自宅待機が解除されたら楽しみましょう」「せめてこのひとときだけでも外出気分を味わってください」とかテロップナレーションでめちゃくちゃ気使ってるわけ

それがどうだサザエさんに対しては

アニメなんだから何の配慮もいらない」

アニメなんだからGWの外出を喚起するような演出があっても問題ない」

放送の時は誰も文句を言っていなかったのに記者が書き起こし記事にして放火した」

「実際に放送を見てもない人が記事だけ読んでああだこうだ言うのやめて」

あー気持ち悪い気持ち悪い

オタクども年々気持ち悪くなっていくな

アニヲタやめたい

こんな奴らと一緒にいられない

声優の事について。

ある程度ナレーション的な声真似ができるせいもあって、それほどすごいとも思っていない。

もちろん素人の声真似ができる程度なんてプロからすれば鼻で笑う程度だろうから、なにも分かってないんだろうけど。

しかしそんな不遜な自分でも、山寺宏一さんの器用さと蒼井翔太さんのストイックさには勝てる気がしない。

銭形交代の違和感の無さに驚き、ハクション大魔王声聞いて更に驚く。

シンフォギアカリオストロの声は最初男性だとわからなかった。

というか、上の人達みたいなプロフェッショナルではなく、ちょっと声が出せる程度の歌手、みたいな人達が増えすぎたか安易に俺でもなれそう、なんて考えがよぎっちゃうんだろう。まあ年齢的に歌って踊るのは無理すぎるけど。

アナウンサーでもよく聞いてると、上手な人は「られる/される」の発音教科書通りで正確だったり、「が、それもあるだろう」としゃべる場合「(ん)が」と発音している。これ、気づけない人は多分声の仕事ができない。

まあ外郎売とか練習する人たちだから知ってるか。

2020-04-25

anond:20200424200045

赤毛のアン 全50話

小説原作で会話主体

ナレーションもあるので

画面を見なくても大体わかる

劇伴の使い方が神

2020-04-02

NHKもふもふモフモフ

うちの母親堤真一ナレーションが好きでいつも楽しみに見てるんだけどここんとこずっと放送がない

なんで

ガンダムナレーションおかしくないか

この一ヶ月あまりの戦いでジオン公国連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた。

人々はみずから行為に恐怖した。戦争は膠着状態に入り、八ヶ月あまりが過ぎた。

膠着状態で八ヶ月あまり過ぎたところなのに

この一ヶ月あまり戦ってることになってる

おかしくない?

2020-04-01

2020/春アニメ 視聴予定メモ

暗い話題ばかりじゃけ、アニメでも見よ。

佐藤利奈報道ステーションナレーション就任と聞いて、生きててよかったと小躍り。テレビ買おう♪

必ず見る

たぶんみる
余裕があったらみ

2020-03-16

共存しない話

どんな物語でも最後リベラル的な思想で終わる。

差別されていた美女は救われて幸福になり、虐げられていた国々は差別対象から外れてみんな平和になる。

かに話を見る側からすると、出てきた登場人物差別から解き放たれて自由になる方が救いがある。

見終わった後幸せ気持ちになる。

例えば(寄生獣みたいに)人々の中に化物が溶け込んでいて、

寄生獣と違ってそいつらを殺すことが特務機関秘密になっている。

特務機関の男女は人の形をした化物を殺し続け、普通の人から非難される。

しまいにはテロリストだと言われるが、事実を知る彼らは殺し続けるしかない。

そういう悲しい話でもいい。融和はありえないが化物は狡猾で人を取り込むのが上手。

から主人公たちは最後まで救いがなく追い詰められてゆく。

自分たちのやっていることが理解不十分で叩かれるという物語はすでにある。

こういう後ろめたい東京グール的ななにかでなくともいいが、

ともかくリベラル的なみんなおててをつないでゴールインという形式が疲れてきた。

一緒にいて嫌な奴はいやなやつだし、隣人でも殺したいと思う世の中だろう。

隣人を殺してウェーイすることに疑問を持つ話はFFタクティクスでもあったし、

もういいな。かといって隣人を殺してウェーイするだけでは流石に後味が悪かろうし。

殺してOK排除してOK共存しない何か。

エンドで「全てはうまくゆかないが」という独白ナレーションが入ってもいい。

2020-03-13

今でも夏になると、東京にたどり着けなかった聖火が、ふら~り、ふら~りと沖合を漂っているのが時折見えるそうな(ナレーション常田富士男)

2020-03-06

ミニマリストとは、

anond:20200306134237

おおむかし、

デジタル腕時計テレビCM(そんなのが昔はあったのだよー)で、電話番号を数十件?記憶できるのがウリの商品のが、衝撃的だった。

パナマボルサリーノ?シルクハット?を被っただけの全裸白人男性公衆電話ボックス(これも今は見ることが激減したなあ)のドアを開けて入る寸前でカメラに向かって振り返って、そこでナレーションが、

『彼は、この時計ひとつあれば他には何も要らず暮らしていける、と申しております

と流れて終わるCM

・・・小学校低学年児童だったのでワケワカラず親に意味を訊いたが、まあ言いにくそうに教えてくれたのをおぼえている。

2020-02-29

動物動画を観るのは好きだが動物番組は嫌い。

動物気持ちを代弁するようなナレーションや猫なで声が気持ち悪い。

それだけではなく威嚇行動を喜んでるかのように吹き替えたり実害まである

なぜ日本番組は余計なことをするんだろうか。

ナショナルジオグラフィックは好き。

2020-02-23

ニュースラジオだけでいい

ネットテレビニュースを見ると

浅薄コメント、仰々しいナレーション、膨大な広告広告で本当に疲れる

テレビはいからか見なくなってたんだけど、

今年に入ってからネットニュースを見るのをやめた

うっかりするとはてブを見ていてイラついたりしてたけど

ブックマーク消して、ブラウザで閲覧できないように登録したら

2週間位で見なくても大丈夫になっていた

1日のうちに何しようかなと考える時間が増えて

本を読んだりゲームしたり散歩したりイラつく時間がほぼ消えたように感じる

とはいえコロナウィルスの話を聞いて

完全に情勢を遮断しているのも不安になってきて

思案してラジオを聞いている

多少偏向気味な人もたまにいるけど

声は感情が乗りやすいからなのか

報道に関しては抑制の利いた喋りで精神的にいい

芸能ニュース揚げ足取り比較的少ないのもいい

個人的見解を述べる段になると個人的見解を喋る時の抑揚になるのもいい

広告も多いけど音声のみという性質上、想像力掻き立てるような作りにしてるのもいいか

なんかこれからはこれでいけそう

2020-02-18

anond:20200218160753

違うよ・・・ぜんぜん違うよ・・・

ほとんどナレーションCG?だけの短編映画だけど、「さいごのおつかい」を擬人化せずに映像化したような内容だけど、オッサンが泣きかけた名作だよ~

2020-02-15

ナレーションが嫌い

売れるための最適解としてバカバカにわかるように作ってるからしょうがないのも理解しているけれど、それでも映画予告編煽り文句と品のないナレーションはもう少しどうにかならないものかと思ってしまう。

世界ネコ歩きとかディズニー短編なんかにつくナレーション反吐が出るほど大嫌いなのでただの個人的ナレーション嫌いの可能性は残る。

2020-02-13

映画レスラー』を観て思い出してしまった過去の事とか

同じ職場の人に勧められて、観てみた。

その人いわく、まるで僕の人生のような映画だと言われた。

ほんまかいな、

じゃあ僕の人生とは一体どんな人生だったのだろうか、

その人生果たして客観的に見て、

幸せだと言えるものなのだろうか、

それが解ったりするのかも、

とか思ったので、

ヤフーID新規作成して『ギャオ』で見た。

ミッキーロークが主演。

懐かしい。

かつてまだDVDではなくレンタルビデオが主流のころ、

店にあるミッキーロークの作品ほとんど見た記憶

うっすらとある

あれ、これがミッキーローク?

あの頃の美しいお顔とはかけ離れた

ワイルド金髪ロン毛なおっさんが、

ファーストシーンから登場。

ナレーション主人公ラムの、

人生最高の頃の試合の実況が流れている。

観終わって思ったのだが、

このファーストシーンで

20年前のラム絶頂期の姿を、

音だけで伝えるのではなく

視覚的に見せておいてくれたら、

老いぼれてしまったラムとの対比が

もっと解りやすくなり、

同情であったり感動であったりという感情

もっと大きくなったのかもなあ、

とか思ったりした。

映画全体の構成うまいと思う。

なので、観ていてすごく時間が短く感じられた。

ただ、主人公ラム人生の落差、

まり絶頂期(過去)と底辺暮らし現在)との

ギャップいかにして生じたか

回想により挿入してくれたら、

そのギャップを観ている側は受け入れやすくなったかも。

この監督は回想を使うことが嫌いで

すべてを観客の想像力に委ねる、

それが映画だ、という主義だったら、

ゴメンナサイです。

例えば、お金

誰もが知っているスーパーヒーローであったならば、

絶頂期のファイトマネーも莫大だったのだろうから

それを全部なくしてしまうほどの浪費、

あるいは金銭的な失敗のエピソード

スーパー上司に嫌味を言われた時とかに

回想を挟み、金がない現在自分をきちんと認め、

上司に作り笑顔で応える、みたいな。

例えば娘との関係

少女時代の娘が、父に対して失望するエピソード

ラム自分病気を知り、

初めて娘と会うが拒絶された後、

娘が一人で過去失望を回想する、とか。

例えばリング上。

超満員のマジソンスクエアガーデンで、

観衆の自分への声援を受けたラム

必殺技ラムジャムを披露する。

ここはカットバックを使って、

過去現在試合を同時進行。

それにより、決して若くなく強くもない今現在ラム

逆にだからこそ尊いものに見える、という風な。

退屈させないでストーリーを引っ張れたのは、

ダンサーのおかげでもあるだろう。

エロスには力がある。

なんといっても人間の三大欲求のうちの一つ。

この女優さんは、すごく美しくも見えるし、

あんまりやなあ、にも見える。

とっても人間的な親しみを持てる人だなあと思った。

いくつもの顔。

それは、

ストリッパーの顔。

母親の顔。

ラムを一人の男として見ようとする、

いや見てはいけない、と葛藤する一人の女の顔。

ラム彼女バーで昼間から『1本だけ』ビールを飲む。

ラム彼女キスをする。

彼女は自制し、慌てて残りのビールを飲み干す。

このシーンは、素晴らしい。

そして彼女の演技も素晴らしい。

『お客さんとは一線を引かなくちゃ』

何が彼女にそう言わせるのか、

子供いるから』

前にお客さんに騙されたのだろうか、

俺が父親になるからって言われたのに、

あっさりと捨てられたのか、

それとも、ストリッパーだと軽く見られて、

遊ばれてしまったのか……。


僕はかつてストリップ劇場で働いていた。

つづく。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん