「赤ん坊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 赤ん坊とは

2018-04-23

子供欲しい理由教えてください

子供ほしくない派だけど、その話になるとほぼ100%「なんで!?」って言われて一方的尋問が始まり、はては「わかんねーかわいそー」みたいな顔されるのがなんか不公平だなーと思い始めた。

ほしくない人には説明責任があるらしいのに、欲しい人は当たり前のことだから説明は省略、みたいな思考停止はよくなくない?こちらに理由を尋ねるなら、そちらも同程度には言語化して提示して欲しい。あとわかんねーと思ってるのはこっちも同じだ。

ちなみに私が子供ほしくない理由

赤ん坊がぜんぜん可愛くない

・夫が激務なので育児の協力に限界がある、でもワンオペ育児とか絶対

・育休復帰ママの働き方見てると辛そう、同じことやる自信ない

そもそも自分遺伝子残したい気持ちさらさらない

・将来に渡って子供人生にそれなりの責任を感じなきゃいけないのに耐えられない

ママ友とか子供を通した人間関係が生まれるのに耐えられない

・この辛い世の中に生まれてくるとか私なら嫌なので、自分が嫌なことは人(子供)にもしない

子供かいたら好きな時に離婚したり死んだりできなくなりそうで嫌

・夫と2人の怠惰生活に満足している、そこに子供の入る隙はない

こんな感じ。よければ、これを読んだ子供が欲しい/欲しくて作ったひとは、その理由を教えて欲しい。今後の参考にしたいので。

2018-04-22

発達障害かもしれん

思い当たること

赤ん坊の頃、周りの子と比べてすごく大人しく、育てやすかった

保育園入園後喋り始めた(らしい)が、言葉になっていなく保育園先生困惑していた

小学生のころ、山小屋トイレで夜中癇癪を起こした(寝ぼけてたんだろうけど、思い返してみるとちょっと異常だと思う)

・近所の子と一緒にお囃子をはじめるも、俺だけ練習についていけない。途中でやめる。

習い事英語野球をやるも上手くいかずやめる

・頭悪い

中学校あたりから周りと馴染めずいじめられる(友達はいた)。女子からも。

高校男子校選択したがたぶん正解だった。共学だったら不登校だっただろうな。

大学卒業社会人やっているが仕事ミスばかり。

2018-04-18

やってもらって当たり前大国 日本

あらゆる物事に対してそういう態度だよね。

カイジ地雷麻雀編に出てくるキチガイが「他人が全部自分の思い通りになってようやくギリ合格。少しでも思い通りにならなかったら許さない」と説明されていたけど、日本人の89割はこれじゃね?

他人自分イメージどおりに動くのが当たり前で、少しでも自分認識からズレタら「なんで?なんで?俺はツーと言ったんだからなんでお前がカーって返してくれないの?」と不機嫌になるアスペばかり。

救いようがないよ。

これもそれもこの国が忖度で動いてるから

まず生まれたばかりの赤ん坊最初に覚えることが忖度させること。

そして次に覚えるのが忖度すること。

もうこの時点で終わってるよね。

まれから最初の2手で人生が詰んでる。

オワコン国家だわ。

anond:20180416225849

子供だったけどちゃんと躾けてもらったからある程度の歳になってからは静かだったよ。

赤ん坊だけはしょうがないと思うけど、それを盾に周りに我慢を強いて平気な顔をするものではないよね。

努力と才能

「(適切な)努力をすればなんでも可能」論について。

結論)こういう言い方はしない方がいいと思う。

思考実験)適切に努力すれば、誰でも陸上100mで五輪メダルを獲れるのか?

論理的には、間違っている。なぜなら「全人類が適切に努力したとしても、確実にメダルを取れるのは3人だけ」であることは明白だから努力が叶う確率3/70億、それは限りなくゼロに等しい。少なくとも「誰でも」でないことは明白だ。

しかし、現実論として考えれば必ずしもそうではない。全人類競争に参加するわけでもないし、全員に「適切な努力」をさせるためコーチなどのリソース提供する資金はどこにもないから。つまり現実的には、「一部の人間が、おおむね不適切努力をしている」世界存在するだけであるから「適切な努力」の適切さの度合いを厳しくすれば、「適切な努力をすれば誰でも」ということは不可能ではないかもしれない。まあ、極端な場合、それはドーピングなど非合法手段を含む「適切さ」であるかもしれないが(あとで剥奪されても「取った」ことは実現できる…という意味においてだが)。

(本論)

大抵の夢は「五輪メダル」ほどハードルが高くない。たとえば「音楽家になりたい」くらいの夢なら、世界中で毎年数十万人がかなえているくらいのレベルの夢ではないだろうか。そう考えれば、現実論として、「適切な努力をすればなんでも可能」論はそれほど的外れでもないだろうことは認めよう。実際、遺伝子レベルの優劣それ自体が、どれほどその人の人生に決定的な作用をもたらすかというと、そりゃ大したことはないとは言えるだろうね。だが、実際は、生まれ落ちた瞬間から全ての「努力」はスタートしているのであり、ときにその差は「才能」と言うしかないほどに絶対的な差となることもある。

たとえば絵を描くことを例にとれば、日常のもの見方、感じ方、興味の持ち方…など24時間全ての時間が絵を描くためのトレーニングに直結するような(それこそ夢の中も含めて)生活を送ったAくん12歳と、まったくそういう興味をもってものを見たことがないBくん12歳が同時に画塾に入塾したとしたら、いろいろな技術を両者とも初めて身に付けるとしても、描く絵の質は数ヶ月のうちに天と地ほどの差ができるだろうし、そこから得られる賞賛などの成功体験と逆に受ける劣等感…など周囲からフィードバック、それによるモチベーションの差なども含めて考えれば、いくら後者が「後者なりの適切な努力」をしてもその差を埋めるのはまあ不可能だろう。そういう現象が世の中にあふれているのに、Bくんに「才能じゃないよ、後天的努力努力の質の問題だよ」と言っても、納得させるのはなかなか難しいだろう。

Bくんに対してAくんのことをどう説明してあげればよいのだろう? 「Aくんの方が努力してる」と言えばいいのだろうか? 現実には、Aくんは一日2時間しか絵の練習をせず、それ以外は、普通に景色を見たり興味のあるものを読んだりして暮らしているだけで、Bくんはその間一日6時間も絵の練習をしているとしても。それでもAくんの絵の方が圧倒的に「うまい」のだとすれば。その場合、Bくんに「君の努力の仕方は適切ではない」というのは、本当に適切だろうか。Bくんに、生まれからの10数年間を全否定して、もう一度

赤ん坊ものを見るその見方、感じ方から(神経回路の形成自体をやり直させる勢いで)修正して…という教育を施すのが適切な努力というものなのだろうか。赤ん坊が数年で実現することを大人になってから行おうとすると十年以上の時間がかかるかもしれない、しかも、十年以上たってやっと、Aくんの12歳にようやく追いつくだけだというのに? 私なら「Aくんには絵の才能があり、君にはない。人の才能をうらやむのは意味がないからやめなさい。」と言うだろう。

何かをあきらめる言い訳として「才能」という言葉はとても便利だ。人生時間というリソースは、誰にでも平等で有限だ。苦手な分野にそのリソースを投下するより得意な分野に投下する方が、本人も社会も得る利益は大きい。今のままのBくんにも別の「才能」がある可能性を否定するべきではないだろう。「才能」という言葉言い訳にすることを、大人にも子どもももっとカジュアルに許した方がいいと思う。

(参考)

作曲家渡辺崇氏、中学生から助言を求められたので「夢は叶う」という旨を伝えると返ってきた答えが物哀しかった→様々な意見とそんな人々へのエール

https://togetter.com/li/1218942

anond:20180418022810

同じこと思った。

スルーは最大限の穏便な譲歩で、我慢でもあるのにニコニコして構ってあげないと機嫌を損ねるなんてめんどくさすぎる。

正直、新幹線公共の乗り物で隣に赤ん坊子供が来たら「最悪」「ハズレ席」と思ってしまうくらい、こちだって出張中は疲れてる。

指定席じゃなかったら席移動すると思う。

2018-04-17

anond:20180417203146

真面目に解説すっぞ。

日本人口が増えた時代は高度けーぜぇ成長期ってやつで、けーぜぇが成長してたってこたーつまり日本資産に相当するモノの値段がうなぎ登りになってってたぞ。

具体的にいうと土地とか株価ってやつが値上がりしてたんだな。

株価が値上がりするってのは、今でゆうビットコインとかと同じだな。ぶっ殺すぞ、じゃないぞ! 注意しろよな!

直接の相関はないんだけれど、人口が増える国って〜のは俗に人口ボーナスと言われて生産性も上がりやすいか経済も成長すんだな!

から赤ん坊銀の匙ではなく木の匙を咥えて産まれてきたとしても、その木の匙が最終的に金の匙を買える位に高騰するから問題なかったんだな!

子供が減れば、相対的には相続財産は少なくなった子供に集中すっぞ。バブル期に集めた資産が最終的に少なくなった子孫に集中するよな!

これ自体論理的に間違ってはいねえぞ。

ただ、元がキャピタルゲインで支えられた資産だとしたら、はんてぇの現象もまた発生するんじゃねえか? ってのは忘れちゃならねえって爺ちゃんが言ってたぞ。

土地も株も、相対的価値が無くなる事ってのがあり得るんじゃねえのかな? 人口が少なくなるとよ!

そこんところ、角度とか踏まえつつ考えて見てくれよな!

2018-04-11

からまれ桃太郎

おじいさんはふとももフェチだったのかもしれない

それはさておき、どこぞから盗んできた桃を食べたらムラムラしてきたのでおばあさんと励んだら子供が産まれしまった

今更こんな年齢になって子供が産まれたというのも世間体が悪いと、川から流れてきた桃を割ったら赤ん坊がいたなどと盛る始末

しか高齢出産した子供が立派に成長して鬼をやっつける偉人に育っただの、動物言葉を解するだの、文字だけだからとやりたい放題である

典型的嘘松心理である

2018-04-07

ガキがうっせー

今日新幹線に乗ったら、赤ん坊母親の腕の中でギャーギャー泣いてんの。

うっせーから、「うるせえな!黙らせろよ!」って怒鳴ったら赤ん坊はすぐ泣き止んでやんの。

んだよ。できんじゃねーかよ。じゃあ最初から大人しくしとけよ糞ベイビー野郎

他者への気遣いが出来ない糞ベイビーを新幹線に乗せんなよ。俺っちに迷惑かけんなよ。

2018-04-06

anond:20180406201859

【妹が出産したって母親から連絡きて】いま話題のツイートまとめ(11/16) - ViRATES [バイレーツ

妹が出産したって母親から連絡きて急いで病院いったら彼氏さんが妹に浮気してたんだろ?とかブチ切れながら問い詰めてて妹はずっとしてないって泣きながら否定してて赤ん坊みたら黒人100%浮気しててワロエナイ

— どんき (@_DNxKY) 2017年11月14日

妹が出産したって母親から連絡きて急いで病院いったら

妹が出産したって母親から連絡きて急いで病院いったら

彼氏さんが妹に浮気してたんだろ?とかブチ切れながら問い詰めてて

妹はずっとしてないって泣きながら否定してて

赤ん坊みたら黒人100%浮気しててワロエナイ

anond:20180406132341

人間は自立、歩行できない不完全な状態で生まれてくるからなぁ。

下手すると、赤ん坊自分うつ伏せ寝して、勝手死ぬ

(=24時間監視必要母親だけでは不可能

2018-04-05

anond:20180405105233

それがお前の感情ってことで素直に認めたらいいんじゃないのかな

大人死ぬだけなら別にいいけど、子供赤ん坊死ぬのはイヤ

あるいは男の命の危機エンタメとして消費するけど、女の貞操危機エンタメにする奴はキモい

堂々とそう言えばいいんだよw

2018-03-22

のび太ママって何してるの

ぐうたら主婦扱いのみさえさんなんか、手のかかる五歳児と赤ん坊を育ててそれなりに忙しそうなのに

のび太ママって普段何してるんだろう

子供小学校高学年の息子が一人だけ

その息子にやたらお使いやらさせる

専業主婦なんだしお前やれよ

時間説教するくらいなら勉強ひとつも教えてやればいいのに

2018-03-14

女友達赤ん坊が死んだ。

眠ってると思ってたけど、よく見たら死んでたんだってさ。詳しいことは聞けなかったんだけど。

「また同じ人と子供を作って死んだ子供と同じ名前を付ければいいんだよ。大丈夫だよ」と励ましたら、その女友達が急に泣き出した。

カフェだったから、客の視線が一斉にこっちに向いた。別れ話かなんかと勘違いされてたと思う。

女友達は、夫婦の子作りのことについてアドバイスされたかセクハラだと思ってビックリしたのかな。だったとしたら申し訳ないことしたな。今度、ちゃんと謝ろう。

anond:20180314130923

野党の利用価値といえばカミソリレター的に自民仕事してなかったら脅すための手段程度しかない

 

そもそも野党って自民に入れなかった単なる落ちこぼれ集団から理想だけ先行した無能なのは当たり前だしな

 

まともな先進国普通最大与党が2つ以上あんのに

 

日本議席取れなくなったら連立か、すぐ合併するから1つしかない

 

席数取ることが政治じゃねえぞゴミども

 

自民の一番クソなところは有能な人材も抱えてるくせに

 

高齢化社会対策年金対策医療負担対策モロモロ、

 

長い間マジで何もしてこなかったこ

 

公約守らなかったのは野党だけじゃない自民も散々守ってこなかった

 

マジで何もしてないか予測されてた問題赤ん坊から大人になってボコボコに国殴ってる

 

全部遅いわ

 

失われた〇年とか言い方するけど

 

現在失われてる最中からっていう

2018-03-13

anond:20180313164845

1:里帰り出産のススメ

まず夫の実家は論外だから妻の実家の前提だろうが、

これをやるには妻実家が「近所かつ妻親が暇で健康介護等もしていない」と言う条件を満たさないと無理。

でも世の大多数の実家は遠方だったり両親がまだ現役で働いてたり祖父介護してたり仕事してないなら年食ってるから体調崩してたりするわけで、

上記の条件満たせるだけで一部の人だけ。

(他増田が言ってるけど、勿論金もないと無理)

田舎だと既に親が兄弟と同居してるから無理、ってケースもあるし。

そしてその条件を満たせるなら、家に来て手伝って貰う方がついでに掃除なんかもして貰えて都合いい。

(まあ妻が夜だけでも夫がいたら邪魔実家の方が気楽でいいわと考えてたら里帰りの方がいいだろうけど。

でもそれって完全に夫要らない人扱いになるけどいいの?)

2:ミルク併用のススメ

乳出やすい人なら8時間も間隔開けたら乳パンパンに腫れて乳腺炎になる事も知らんのか。

そこで自分で絞るより赤ん坊に吸って貰う方が楽だし。

8時間間隔空けても平気なくらい乳の出が悪い人なら、そもそもミルク併用しないといけない人」だろ。

3:子育て中寝室分離のススメ

これは皆やってて当たり前では。

4:最新家電で家事タコ殴りのススメ

これはこれでいいけど、「最新家電がなければ夫は家事をしない」と言う前提はどうなんだ。

5:安息日のススメ

上記の通り、赤ん坊と長時間離れると乳パンパン以下略から無理。

離乳食始まって授乳量減れば大丈夫だろうけど、その頃になると人見知り始まってママでないと駄目、となる子も多い。

6:それ以外は夫の好きにさせるススメ

はいくらでも遊べていいよねー。

トータル感想としては、世に蔓延るクソ夫と比べたら遥かにマシだけど

俺っていい夫だろ?どや顔増田民に色々教えてやろう、となるほどの内容ではない、って所か。

anond:20180313144039

6つ子か おそ松さんだな

赤ん坊を一人で育てるとかまーじ無理っしょ

最低5人は必要

赤ん坊を一人で育てるとかまーじ無理っしょ

最低5人は必要

2018-03-10

数年間、どうしても言いたかたこと。

もやもやしておくのも飽きたので。

世の中には2種類の人間がいると思う。

うんこが定期的に出る人間と、定期的には出ない人間だ。

私は後者の、慢性的便秘を患っている人間だ。

便秘歴はそりゃもう年季が入ってて、「お前は赤ん坊の時からうんこしたら尻が切れてた」とか言われて育った。

笑うわ。冗談じゃなくて本当らしい。

風邪ひいて小児科に行くと、一応行っとく?みたいなカジュアルさで浣腸されてた。浣腸しても解熱したことないのに。

人生快便の人から見た便秘の人って、3日とか日を置いても出るんでしょ?大したことないじゃんと思われるかもしれない。

違うのだ。

私はさっきうんこが定期的に出る人間と書いた。

慢性便秘の一番しんどいのは、うんこがいつ出るかわからないところだ。

昨日出たかと思ったら今日も出たり、かと思ったら1週間近く間が空いて「そういや前にうんこしたのいつだっけ?」とか思ったりする。

時間もまちまちで、朝来たと思ったら夜だったり、就寝間際とか、あんまりな時だとうんこのために起きたことすらある。

家にいるときならいい。いつでももよおしたら行ってやるよ。

しろ機を逃したらいつ出るかわからないので、便意が来たら最速で便座行きだよ。

問題は外にいるとき

周りに便器がないときはもう我慢するしかない。我慢したら次はいつになるかわからない。

便意のないときに気張っても、全然出ない。出る気配すらない。

本当に、よほど体がもう無理!ってなってない限りは便意が次にいつ来るかはわからない。本当に。

運良く便意が来たとき便器にたどり着けたとしよう。

今度は別の悩みが出てくる。

果たして出したうんこちゃん流れるのか?と。

いや、本当に、さすが腹の中で溜まってたただけあって、でかいんですよ、うんこ

しかも硬い。

なんていうか重い。

うんこするじゃないですか。

流れないんですわ。

本当に。

流れてくれたらめちゃくちゃ喜ぶからな。

家でもきっちり流れていくまでを見送るからな。

一人暮らしを始めて最初に私が買ったものは食料と家電ラバーカップだよ。

さすが子供の時から使ってるだけあってラバーカップの扱いにも手慣れたもんで、だいたいのつまりを解消できる。

便秘持ちとして培われた唯一の特技と言っていい。

会社でもよおしたときなんか最悪で、健康維持のために出したがる体と己の理性の戦い。

会社トイレ全個室にラバーカップ置いてほしい。

そうしたら心置きなく出して、詰まったら直したのに。

いからもう我慢するしかなくて、その日は腹痛かかえて仕事した。

あらゆる便秘解消情報に踊らされては試し、1日2日くらいは効果があるから、今度こそはと期待するけど、裏切られ続けてもう20年以上。

うんこスケジュールが分からないのは地味にストレスで、旅行前とか、今日出しとかないとヤバイとかなって焦る。

(もしかしたらうんこが出ないストレスで更に出づらくなってるのかもしれない)

自然に任せたいけど自然に任せてる場合でもないのであらゆる手段で出す。もしくは運を天に任せる。

まり旅行したときとか、友達ホテルでスッっとうんこして戻ってきたりしてるの見ると羨ましくなる。

なんで私の腹はこんな気まぐれなんだと思う。

雑な締めで申し訳ないけど、定期的にちゃんうんこが出る人はそれだけですごいと思う。

正直羨ましいから、日々その体を大事に、感謝して生きてほしい。

さっき昨日に続いて今日うんこたから、多分またしばらくはないな。

2018-03-07

育休のかわりに週に半分だけ働く制度どうでしょうか?

週に出社するのは2日とか3日とか決めて、仕事育児を両立させる制度

なぜ育休ではダメなのかと言うと、「全く出社しないようになると職場にもダメージがあるし、休む本人も社内の情勢においていかれる問題」があるためです。

パートナー専業主婦専業主夫の人なら、うまく家事を調整すれば、パートナーを休ませることができる。共働き場合は、(仮に)夫婦両方ともこの制度が使えると、常に一人が赤ん坊の面倒を見ることができる。それが難しくても週に何日かは保育施設、残りは自宅という方法も取れる。

生後まもないうちの保育は大変コストがかかるし、また、親の気持ちとしてもできれば自分で面倒をみたいものだと思う。

リモートワークではダメなのかという意見もあるかもしれないが、自宅でパソコンインターネット回線さえあれば働ける職種の方が少ないのが実情ではないだろうか。

例えば特別機器施設必要業務などは出社しないと仕事にならない。接客業だってそうだ。

企業にとっても育休を使って完全に休まれるよりはマシで、「xxさんがこの仕事については詳しい」問題を緩和できる(実際のところ、xxさんがいなくてもyyさんがいれば充分回るような体制を作れている企業のほうが少数だろう)。

給与については同一賃金同一労働を遵守するのであれば、出勤日数に応じて減額するしかないとは思う。

問題点としては、いくつか思いつくものがある。

以上のように、メリットデメリットも (環境によっては) ある。しかし、働ける人の数が少なくなっていく時代の中で必要なのは労働の柔軟性で、特に育児という重労働を無理なく遂行していける社会になれば良いと思う。

2018-03-02

初めてのますだ。

SNSでもリアルでも、なんとなく言いにくいことだけど、ちょっとかに知ってもらいたいことを書く。

深夜に夫と赤ん坊が寝ている隣で、

時々、ものすごく悲しくなって泣いてしまう。

今、不幸ではないし、むしろ幸せだと思う。

夫は優しくて、子どもをとても可愛がっていて、

仕事休みの日には、私や子どものためにご飯を作ってくれたりするし、

私の実家や親戚にも親切にしてくれる良い人だ。

夫の両親も私に気を遣いながらも、仲良くしてくれる。

本当にいい結婚をしたと思っている。

でも、夜、同じ部屋で並んで寝ているのに、とても孤独に感じることがある。

とりとめのないことなのに、

なんだか切なくて悲しくてやりきれなくなるのだ。

7年前に突然死んだ父のことや、

統合失調症の兄のこと、

今のところ健康だけど日々年を取って弱る母のこと、

父と同じ年に死んだ叔母のこと。

父や叔母には、赤ん坊を抱いてもらいたかった。

生きていたら、きっとかわいがってくれただろう。

二人とも、あっさり死んでしまった。

統合失調症の兄が何を考えているのかよくわからない。

たわいのない会話も出来なくて、

どこか遠くへ行ってしまったような気がする。

そして、昔、一人で住んでいた部屋のことを思い出す。

朝早くから働いて、勉強したり、お酒を飲んだりして、

夜遅く帰宅して、洗濯してお風呂に入って寝る。

毎日くたくただったけど、全部自分のためだった。

質素な部屋だったけれど、

全部全部、私が自分でそろえたものしかなかった。

病気になったり、仕事が辛くなったこともあって、

良いことばかりではなかったけれど、

私は自分の力で生きていた。

だって自分の力で生きているはずなのに、

何故だかとても弱くなったような気がしてとても怖くなる。

一生懸命に、賃労働をしていなくとも、私は私、私は生きる価値がある、と言い聞かせる。

それから子どもの頃のうっすらした記憶がよみがえる。

今は取り壊された古い団地に住んでいた頃。

もうどこにもない景色を思い出す。

ある日の夕方、どこからか家に帰る途中の記憶

同じ年頃の子どもたちの声や、どこからともなく漂う夕餉の香り

お家に帰れば、お母さんとお兄ちゃんがいて、

夜になればお父さんが帰ってくる。

優しくて元気だったころのお父さん。

私は何も心配しなくていい。

どれも、優しい記憶ばかりで辛いことも悲しいこともないのに、

とても切なくて寂しくなってきて、

涙が込み上げてくる。

私は、自分人生の折り返し地点を過ぎたのだと思った。

今までしてもらったことを、してあげる側になったのだ。

自分が産んだ赤ん坊のために、

ご飯の支度をしたり、安心して眠れるように、

居心地の良い家を作っていく大人になったのだ。

でも、やっていけるのだろうか。

私は今、私自身を見失いそうになっている。

出産から1年半程度の期間だが、ずっと自分のことを後回しにしていたことで、

自分が何をしたかったのかがわからなくなってきている。

とても疲れていてただ眠りたくてしょうがない。

それでも、少しずつでも自分のことを取り返していく努力をしなくてはならない。

私は私の人生を生きていて、

の子はこの子人生を生きるのだ。

そこまで考えて、ようやく眠らなくては、と思う。

月に1回か2回は、こうした考えに取りつかれてしまう。

とても疲れ切っていて、眠くてたまらないのに、

また夜泣きが始まってしまうかもしれないのに、

深夜、一人で、悲しみとさみしさに浸ってしまう。

私が一人深夜泣いていることを夫は知らないでいる。

それがまた悲しくて淋しい。

けれど、私の悲しみは私だけのもので、おそらく夫にはわからない。

いや、わかろうとはしてくれるだろう。

でも口には出来ない。

こうして匿名ネットに書き込むだけだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん