「傍若無人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 傍若無人とは

2019-06-13

anond:20190613233747

優しくすると勘違いしてつけあがり逆恨みされる

傍若無人に振舞えばむしろ男らしいと思われて好かれる

それが女

anond:20190613191238

「たぶん」だろ?

実際は男はこういうのは言わねえんだよ

なんでかわかる?


そもそも女のこの種のモラハラが何を背景に生じるかというと

恋愛において若い女は圧倒的な強者だという事実

まりこれは強い立場に立った途端傍若無人な気分になって相手モラハラしまくる人

博覧会


なんで男がこういうのは言わないかわかった?

男は恋愛でこんな圧倒的強者立場に立つことはないからだよ

男でこの女達と同じような人格の奴(強い立場に立ったとたん人を踏みにじって全能感に酔いしれるタイプ)がモラハラを始めるのは

金とか社会的地位強者立場に立ったときだよ

よくあるセクハラパワハラ中年

2019-05-24

anond:20190524172816

俺は全国から数十人を呼べるんだ、という傍若無人自己アピール書き込み

ひっそり地元婚した私は傷つきました。慰謝料を払ってください。

交通費負担せずに全国から呼び付けた数十人に対して数万ずつカツアゲするという傍若無人行為への心理的負担

anond:20190524123539

交通費負担せずに全国から呼び付けた数十人に対して数万ずつカツアゲするという傍若無人行為への心理的負担

2019-05-12

anond:20190512065704

これとかこれのブクマとか読んでてふと思ったんだけど

一応「だめなおっさん」というジャンルは愛されていて世の中にある程度あるけど

ダメなおばさんっていうかダメな女がダメなまま楽しそうな作品ってそんなないのかなあ

ダメおっさん作品でも女の人は大抵しっかりしてる感じの描写されてるし

そうでなければものすごく不幸な境遇の中にいるか不幸になって終わりか

ダメだったけど成長して次の段階に進むみたいの多い気する

ダメ女がダメ女なまま楽しそうな作品もあれば知りたい

追記

いじわるばあさんなるほど!

あとこれ書いてから自分であれこれ考えてみたんだけどひとつ思い出したのは佐々木倫子作品女性達かな

世間的なペースに合わなかったり考え方や行動がだいぶ平均と違っていて周囲をものすごく振り回したり

逆に世間についていけなかったりしてるけどどうやっても自分を手放さないいやあなたほんとは強いでしょ!?

って女性が多い気がする(そのまんま強そうな女性も多いが)

菱沼さんもハムテルの母もそうだしそれより以前の過去

(忘却シリーズや「林檎ダイエット」の双子など)の女性たちも概ねそんな感じ

チャンネルはそのまま!」の雪丸なんかが特にいちばんわかりやすいか

でも特に破天荒なのはHeaven?」の黒須仮名子と伊賀くんの母親だな

ものすごく傍若無人だし我の通し方とか締切からの逃げ方とか仕事の仕方とか人の使い方とか

だいぶダメ人間だけど人とは違う理論の上ですごく楽しそうに生きてるなと思う

そのダメさのあまり周囲の方が諦観して馴染んでいく様子は女版寅さん的なところがあるかもしれない

まあこういう描写が成立するのってもちろん作品世界の中にそういう女性敵対する人間存在がないことかもしれないけど、

佐々木倫子作品男性もわりとダメな人も多いし(「Heaven?」の川合君とか、エリートだけど漆原教授とか清原とか)

でもいつも明るい諦観によって許容されてて男女共にダメ人間でも生きていきやす世界が描かれてる気がする

作品世界を支える細部の描写は密だが逆に恋愛的な要素や現実的パワーバランス

まり入りこまないのもこういう描写ができる一因でかつ面白いところなのかもと思った

2019-05-07

傲慢だった男が謙虚になる

https://dot.asahi.com/dot/2019042600016.html

これを読んで思い出した。

私は小学校二年ぐらいまで傍若無人な振る舞いしてたんだけど、その結果、クラスから孤立していたっぽい。

皆も記憶を思い出してほしいんだけど、人を排除するときって、小学校低学年の時は協力して排除する知恵はなかったと思う。ただ、気に入らない奴だから集合知排除されていっぽい。

当時の私はそれを肌身で実感し、恐ろしくなったので、それ以降は傍若無人振る舞うことはしなくなった。もう三十年も前の話だ。

8才でよく気づいたな私。66で気づかなくてよかった。

弊害?としては、性格診断とかで周りの顔色を伺ってしまうという質問項目に100%○をしてしまうことかな。俺様キャラなんてあり得ないし幻想からしょうがないね

2019-05-02

喜多見柚と工藤忍の担当フリルスクエア私物化とその傲慢さへの怒り

https://note.mu/nofs1234/n/ne6c6ccefb032

桃井あずきの担当なんだが、喜多見柚と工藤忍の担当への怒りが止まらない。もう総選挙なんてどうでもいい。原因はタイトルに書いた通り、喜多見柚と工藤忍の担当による工藤忍への票の集約、ひいてはフリルスクエア私物化だ。主に言いたいことは以下の3点である

フリルスクエア自体について

 客観的事実から判断して残念ながらもう行き詰まったと思っている。声なしが残り3人も居る。忍は何とかなるかも知れないが、正直に言ってあずきと穂乃香はあまりにも厳しい。今回も総選挙の各属性中間15位に入れなかった時点で『総選挙で最終50位以内の実績を付ける』ということはこの先何年かを見てもかなり厳しい状況となった。この状況でサプボでユニットデビュー可能性は極めて低いだろうし、仮にそうなったとしても炎上だけしてデレステでロクに出番も貰えないであろうことは間違いない。このように、先が見えない上に行き詰まっている。認めたくはないけれど、終わったと判断するしかない。あずきが現状足手まといになってるのは心苦しいのだが事実事実として受け止めている。仕方がない。

しかし、だからといって忍に票を集約しようとはどういうことなのか。あずきはあずき、穂乃香は穂乃香に投票して支えるべきだ。

それを忍が勝てそうだから集約しようと言う。それは忍と柚の担当自己中心的な考え方であり、自分達に都合が良い論調形成だ。これはユニット私物化に他ならない。

かにフリスク担当ほとんど忍と柚の担当だ。前に何かの総選挙データを見てうろ覚え記憶だが、アカウント数にしてフリスク担当の8-9割がそうだというのは知っている。だが、だからといってそこが傍若無人に言いたい放題して良いという訳ではない。結局の所、忍と柚の担当にとってフリスクは「自分達の意見が通りやすい都合の良いユニット」という扱いなのだと感じている。この、忍と柚の担当傲慢さが最近鼻に付いて仕方がなく、今回の怒りの大元である。あずき・穂乃香の担当の数が少ないことにかこつけて好き放題やられている現状がある。

②柚の担当について

 フリスク担当中の最大派閥認識していて、期待を寄せてくれているのは分かっているが、反面それは運営が「何年間にも渡って柚の人間関係フリスクにのみ絞った」結果だと知っている。これはシンデレラガールズ劇場過去ログを見れば明らかであり、柚は一時期どころではなく数年に渡ってフリスクしか絡みがない時期がある。つまり、必ずしもフリスクが良いと思っている訳ではなく、フリスクしかいから面倒を見ているだけという状況であるトリプルYOUイベントを貰えば人によってはフリスクなどどうでも良いと掌を返す人も出るだろうと推測している。そのくせ、自分達はもう声が付いてるからから好き放題言える。フレンズホリデーに関する物言いはその最たるものと言える。

立場が上の奴の担当が言いたい放題言うなよ。お前らの都合の良い願望を満たすためにフリスクを使うなよ。武田さんが何だ?それはあんたらの声優であってあずき・穂乃香・忍の声優じゃない。都合の良い話を押し付けて焚きつけるために使うなよ。

武田さんがフリスクを気にかけてくれているのは知っているがあのパスケースが実現することはない。全員が総選挙で最終50位以内の実績を付けてから、というのはあまりに遅すぎる。あと何年掛けるつもりだ?可能性として有り得ない。可能性として有り得るのはサプボでユニットデビューした場合だ。しかし、柚の担当はもとより忍の担当総選挙の実績を言い訳にして批判を食らわない立場であるのに対して、あずきと穂乃香の担当はそういった言い訳が出来ないため、批判を食らうという忍と柚の担当に都合の良い状況だ。柚の担当は「あずきと穂乃香の担当は実績なんか出なくてもいい」「忍だけ実力で声を付けて残り2人サプボで4人揃えばいい」「炎上しても批判はあずきと穂乃香の担当が引き受けてくれる」と暗に思ってるのは見え透いている。

フリスク私物化したいという意識自覚的しろそうでないにしろほとんどの柚担当の中にあるのを確信した時は絶望したし、それ以降フリスクに何の希望も抱かなくなった。フリスクはこいつらのオモチャなのだ

③忍の担当について

 フリスクに対して自分達に都合の良い話を通そうとしている部分は柚の担当と大差ないが、そのやり方が正攻法ではなく小細工なのが問題である

コナンとかナゲットとかふざけてるのか?忍の良さが何も伝わらない、動物園珍獣のような見せ方じゃないか

忍の良さを正攻法で伝えよう、というものではなく、一過性ネタとして消費しようとした、という印象を受ける。シンデレラガールズと全く関係ないコンテンツを過度にネタにするのはただの悪ノリに過ぎない。企画者は頭を冷やした方が良いと思う。

そんなことだから属性3位も狙えず、知能に疾患があるような言動遊佐こずえや特徴のないモブ今井加奈といまだにたらたら争ってるんだよ。

最後結論を言う。

喜多見柚、工藤忍の担当に告ぐ。

フリスクはお前たちのオモチャじゃない。

フリスク私物化するな。

忍の票稼ぎの理由に使うのは即刻止めろ。

2019-02-25

盛者必衰のアンダードッグ

よく考え込まれている。

順当に直すとこうなる。

こうなると面白みは消滅する。せっかくなので適当に二つ名的なのをつける。

そうすると戦闘スタイルまでイメージできるようになる。

2019-01-21

猫飼ってる人はイライラしたりしないの?

twitterとかで猫の動画RTで回ってきたりするんだけど、

そのたびにヤツらの傍若無人なふるまいに驚かされている

猫と一緒に暮らしたらあんなんが毎日なわけでしょ?

仕事クタクタに疲れてやっと帰ってきたのに部屋中ゴミだらけにされてたりしたらイラときたりしないの?

猫飼いは心広い人が多いのかな

2018-12-20

ゾーニングが断絶を加速させる悲しい現実

実感したのは喫煙者迫害の件に関してなんだが、喫煙に関しては、都内では特にゾーニングが進んできていて喫煙可能場所がどんどん減ってきている。

そのゾーニングにキチンと従って喫煙している喫煙者がたくさん居るのは喫煙スペースを少しでも覗いてみればすぐ分かる。

しかし、このゾーニング喫煙者非喫煙者認識の断絶を加速させる。

非喫煙者喫煙スペースなんか寄りつかないかマナーの良い喫煙者を目にする機会が失われ、逆に視界に入ってくる喫煙者ゾーニング無視して傍若無人振る舞うクズ喫煙者ばかりだ。

そしてそのクズ喫煙者が下げた喫煙者の評判のとばっちりマナーの良い喫煙者まで喰らい、喫煙に対する規制に賛成する人へのヘイトが溜まっていく。

これって別に喫煙に限った話ではなくて、ゾーニングに関して起こりうる一般的問題だよな。

クズ個別モグラたたきしても解決しないし、どうすべきなんだろうな?

2018-11-25

自分より下の立場人間なら身内他人わず傍若無人に振る舞い

外の人間にはヘコヘコ擦り寄る矮小人間反面教師

ああは絶対になりたくないと思うと同時に

短い人生の中で俺もあんな風になっていたということを思い出してしまった

俺はああはならない

2018-11-13

anond:20181113120140

いや、自転車に乗ってる時だけ傍若無人運転になる人ってのは少なから存在する。

「いつもマナーの悪いもの」の責任ではなく、自転車は、ごく常識的範囲に収まっている人のマナーを悪くさせる可能性が高いツールだと考えたほうがいい。じゃないと迷惑レベルまで違法駐輪が発生する理由分からん。「いつもマナーが悪い人」は、他のことにおいてそこまで大量にひとところには発生しないのだから

自転車って、周りよりスピードがあるものを操ってて場合によっては人を殺す可能性もゼロじゃないということを忘れがち。日常的に利用するものにとっては必要不可欠であることと、より強い自動車があるせいで自転車以外の責任を見つけやすいからか、そもそも交通上、行動を許されるエリアあいまいからか。乗り手はかなり「あいまいものに乗ってる」ことをかなり意識的になった方が良いと、乗り手として思う。

2018-11-02

コマから飛び出るキャラが嫌い

コマ境界線だ。安易に飛び出し飛び越え横断していいものではない。

登場シーンだからといって何コマも貫く傍若無人振りには辟易する。

「おっはよー」などと軽快にコマというコマ蹂躙するのをやめたまえ。

越えてはいけない一線を易々と無邪気に越えてくるキャラクターが嫌いすぎる。

やっぱり漫画よりアニメだなあ。

2018-10-25

anond:20181025224858

都合のいい人。

俺は傍若無人に振る舞ったら人生の質が上がった。

2018-10-11

団塊世代関西人

団塊世代って大抵クズからまとめて死んでほしいと常日頃思ってるんだけど

団塊世代関西人マジでクズ以下

団塊世代全員なんて贅沢は言わないから、こいつらだけても早急に処分してほしいんだけど

こういう要望はどこに出せばいいんだろう.....

その後各県のクズ度の高い老人順に対処していってくれたらなお良い

なんで傍若無人年寄りのために俺ら若者疲弊してるのか本当に謎

2018-10-04

安倍政権はこんなに傍若無人に振る舞えるなら、憲法改正適当にスッと通りそうな気がするんだけど

2018-09-10

anond:20180910092113

結城晴の声優ははっきりいってゴミでしょ

あの傍若無人ぶりが晴だとか言ってるオタクは目を覚ましたほうが良いし、ただの常識無しじゃないか。晴を常識無し扱いにするのはやめてやれ

的場梨沙に異常に執着を見せてるところも正直気持ち悪いし、少数とは言え一定数のファンもいたはずのビートシューター以外の晴に与えられたユニットは完全に無いものとして扱ってる。そんなやつがキャラクター私物化してるんだからタチが悪い

オタク頭が悪いから作品に造詣が深くて愛があるとか抜かすだろうしチョロいもんだよね。公式側の人間マイノリティを潰そうとしてるのにもかかわらず

Twitterでの言動を見てると完全に「自分のことを結城晴だと思いこんでいる一般声優」だから誰か叱ってやらないとどっかでもっと燃える

2018-08-30

ここ最近になって日本体育会系大掃除が始まってるな

まあ、厳しい練習に打ち込み続けてようが、礼儀礼節を叩き込まれてようが、プレッシャーに打ち勝つ経験何度もしてようが、

酒に酔って暴れまわったり、レイプスレスレセクハラしたり、不倫しまくったり、弱い者にだけ傍若無人に振る舞ったりする人間がまともなわけがないわな。

ういういわゆる「悪い体育会系」が容赦なく淘汰される時代になったのだとしたら、彼らはこれから別の食い方を考えたほうがいいのかも。

個人的には警察官を強く推す。

あの人たちは運良く前科がついてないどチンピラから「悪い体育会系」ならすぐ馴染めるし、可愛がられると思う。

神奈川県警オススメ

2018-08-16

この作品が好きなら、この作品おすすめ

スラムダンク好きな人にはバスケ繋がりって事で、あひるの空とか勧めちゃいがちだけど、スラムダンクあひるの空ってちょっと趣向が違う気がしてますスラムダンク面白さって、素人(ただめっちゃ才能あって努力して、めっちゃ成長する奴)が強いやつに勝つあの爽快感かに通じてるんじゃないかなぁって思うからベイビーステップカペタおすすめした方が、そうそう!これこれ!ってなるんじゃないかなぁと。

逆にあひるの空好きな人は、あの青春時代の独特の無力感とか、空気感が好きだったりすると思うからソラニンとかが、おすすめかなぁって感じ。

というわけで、いろんな作品を「バスケ」「料理」みたいなジャンルで紹介じゃなくて、「その他の共通項」でおすすめしてみます

じゃあさっそく。


スラムダンクが好きなら

ベイビーステップ

カペタ

冒頭でも紹介した素人が強いやつに勝つあの爽快感だとか、ライバルとの関係性とか、ヒロインとの関係性とか、なんか通じるものがある作品ですね。そしてどれも名作。読んで損ないです。間違いないないです。

ベイビーステップの終わり方だけは許せないけどw)


ナルトが好きなら

ワールドトリガー

・KAKURENBO(映像作品

ワートリについては、スリマンセルな感じと。

KAKURENBOに関しては、まぁ声がナルトですしねw。


君に届けが好きなら

変態テレパシー

登場人物関係性が同じ趣向かなぁって思いますね。主人公はすげー人気者かつ意外といい奴で、女の子気持ちを前に出せないで、相手気持ちばっかり考えちゃって自分気持ち二の次なっちゃう子だったり、そしてギャルめちゃいい子やん!みたいなw


ジャイアントキリングが好きなら

おおきく振りかぶって

監督論理的風で良い。あの戦略がハマった時の気持ちよさは素晴らしい。


よつばとが好きなら

ばらかもん

ふらいんぐうぃっち

papa told me

よつばみたいな子に周りの大人が振り回されて、そして、その振り回された人が、なにか気づきを得られたり得られなかったり、損したりな漫画


イムリが好きなら

・銃座のウルナ

辺境

イムリ好きな人は、相当漫画好きだと思うので、おすすめする時は、ちょっとマイナー漫画おすすめしておくと喜ばれそう。

やっぱりおなじレーベル作品から、おなじテイストになりがちではあるけど、銃座のウルナ面白いっすよ。段々謎が解き明かされていくパターンですね。イムリ同様漂う不気味さが癖になる。

あと同じ筆者伊図透さんの辺境では、特におすすめ


ご近所物語が好きなら

午前3時の無法地帯

東京タラレバ娘

洒落なんですよねー。絵柄とかは全然違うのだけど、バックグラウンド流れるオシャレマインドが通じるところあるんですよねー。(すみません表現がお洒落ではなくて…。)


九井諒子が好きなら

ニッケルデオン

・春と盆暗

あのシュールさとクスっとくる感じ好き、好きなんです。あれ。


海がきこえるジブリ映画)が好きなら

・逢沢りく

好き嫌い分かれる作品だと思う(実際分かれてる作品ですね)。表面上の振る舞いと、心の中の気持ちとが異なってる人がいるってことを理解できる人じゃないと、終始イライラして終わっちゃうかと。

僕は、傍若無人な振る舞いされても、わがままに振り回されても全然構わないです。

以上

2018-08-12

[]インフィ(NINETY-NINE NIGHTS

名前

インフィ

Xboxハードでの出演作

NINETY-NINE NIGHTS

デザイン

くっ殺されそうな、女騎士

ゲームキャラとしての特徴

コンボ攻撃

弱と強を組み合わせて色々な技が出せる、いわゆる無双アクション

ただ妙に先行入力がきいたりきかなったりするので、慣れるまでは割と暴発してた。

○好きなゲームスキル武器

セラフバタフライ

ジャンプ中にAYで発動する技。

レベル9(最大)で覚えるスキルで、ジャンプ中に格好いいポーズをとってから突撃する技。

必殺技ゲージを大量に使うかわりに、攻撃力が超高い。

どれぐらい高いかというと、X(弱攻撃)連打のコンボで1割も減らないラスボスHPを、これ一発で3〜4割ぐらい削れる。

これを覚えているか覚えていないかで、ラスボス難易度が大きく変わる。

○名台詞

「何故、謝る必要などあるのです!」

N3は、人間ゴブリンが争っている世界で、このインフィはゴブリン絶対殺すウーマンとして、傍若無人の限りを為尽くす。

兵士問答無用で殺すのはもちろんことながら、逃げ惑う女子供などの非戦闘員問答無用なうえ、さらゴブリン達の土地を何年も人が住めなくなる死の土地に変える魔法を使わせるよう命令するなど、とにかくゴブリン絶対さない。

そんなインフィにドン引きして涙を流し軍を離れた昔馴染みテュルルが、色々あって戻ってきてくれインフィの兄アスファが「すまない…」と謝罪した直後のセリフが、これ。

ちなみに、インフィのこの態度は最後最後まで変わることはなく、反省したり気持ちを変えることはなかった。

古い映画だけど蘇える金狼主人公のようなめちゃくちゃっぷりで、もはやみていて痛快だった。

2018-08-09

あるところに山賊がいた

山賊は定期的に麓の村の金銀食料を奪い、若い村人を連れ去った。

ある年、この傍若無人山賊どもを討伐する為に役人が兵を山賊の砦に送り込んだ。

結果、首魁は捕らえられ山賊は壊滅した。村に再び快適な生活が戻った。めでたしめでたし

しか山賊からすれば、快適な生活は奪われた。

首魁は言う「俺達は生活に困っていた。しかたなかったんだ。」

 

時は過ぎ21世紀

自動車同様に自転車危険行為を取り締まる為、政府有名無実だった自転車厳罰化さらに強めた。

かくして歩道での事故死傷者は激減し、速度超過や標識無視などの違反行為の数も自動車並の数となった。

 

検挙されたサラリーマンは言った。

日本の道が未整備で不便すぎるんだ。しかたないだろう。」

警官は返した。

「なぜ貴方はそこにある自転車レーンを走らずにわざわざ歩道スピードを出して走ったのですか?」

2018-08-01

anond:20180801165608

ところかまわず誰かを怒鳴りつけたりするような傍若無人DQN親だろ?

俺は嫌だな。

ジャンル形成

ジャンル形成される場合にまず必要なのが意志である

そのジャンル足らしめようとする意志である

ここではそれぞれのジャンル本質的意味においての差異を持っているかを論じることはしない

ジャンル形成過程とそれにおいて生まれる状況というのを語ってみたい

まず第一にある一定の傾向を持つと認識される作品群が意識されそれを求めるもの、好むもの達が生じる

ここに需要が生じ供給が生まれるこの時点でこのジャンル過去に対してのそのジャンル類型の再発見ではなく二次的にジャンルのものを扱ったを作品を創出するという過程に至る

またそのジャンルという認識確立が様々な媒体社会に間接的に直接的に影響を与え、様々な領域へと拡散、浸透していくこうしてそのジャンル一定数以上の知名度を得、また一定以上領域拡散するとそこに社会文脈が生まれ

そしてそのジャンルに対しての評価が下される

このジャンルに対しての評価に大きな役割を担うのは二次的にジャンルのものを扱い創出された作品であると考えられる

それらがそのジャンル体現した存在と見られるから

そしてこの時にくだされた評価によりそのジャンル肯定する意志否定する意志が生まれ

この辺りからそのジャンルに対しての本格的な定義付け議論が生まれ

容認される領域容認されない領域の間で少しずつそのジャンル存在可能範囲が確定するようになる

少しこの部分について実例を交えて説明してみよう


例えばラノベというジャンルがあるがこれは軽薄であまり稚拙であるという評価から様々な分野から攻撃を受けており

最も厳密と思える定義の仕方で言えばレーベルという出版社から出版されているもの極めて限定的範囲に押し込められる結果となっている

それどころかラノベ小説文学にさえ含まれないと言った論調すら生まれている

このラノベに対する定義付けは一定解決を見るには至っていないそれは私見ではあるがその共通項がラノベが持つ構造により見出されたものではなく読み手側の持つ感覚により見出されたものからだと思う


次に純文学を見てみよう

こちらに対してはあまり詳しく知らないため多くを語ることはできないが語ってみる

純文学拡散を自ずのうちにやめてしまったように思える

ジャンル差別化を図り自らを自らの内に神格化したように感じる

その結果、彼らは過去に縛られ新しい作品を作る術を失ったようだ


次に私の好きなSF

SFは当初、低俗大衆文学であるとされていたようだが現在地位が向上し特に否定されるような作品ではなくなった

最近ではSF作品自体の勢いは衰えているように感じるがこれは人類に対して未知の部分の多くが失われたからだろうか?

まあ何にせよこのような全盛に比べれば少し停滞気味の状況とSFの持つ2つの特性から面白い状況が生まれ

1つ目の特性は極めてその定義けが難しいこと2つ目の特性は多くの作品に対してSF要素を見つけやすいということだ

こうしてSFを広めたいもの商業的にSFを盛り上がらさなければいけない者達は多くの他ジャンル作品群にSF的要素を見出しこれをSFだと吹聴して回るのだ例えばガルパンまどか☆マギカなどがそれに当たる私としてはアイロニーを感じてとても良いと思うが

ハードSFこそがSFだと標榜する輩にとっては不快のようだ


話を戻そうこういった様々な場所や形においてそのジャンル肯定しようとする意志とそのジャンル否定しようとする意志が衝突する

先ほどの例でも見たようにこの肯定否定には様々なレベルベクトル存在する

こうした中で生まれてくる本格的定義議論とその様々な結論によって更にこれらのジャンルは影響を受けそのジャンル本質とされる部分がクローズアップされその点が更に深められた作品群が生まれ

このような過程においてはレーベルから出版されたものラノベであるという解釈は単に便宜上そのように定めた事実を表すに過ぎず意味を持たない

この時にその作品群は本質的とされる意味の深化とともに無駄な要素が削ぎ落とされる、この過程を繰り返し最終的にそのジャンルは別の分野やジャンル侵犯する能力を失う

有り難いことにSFはこの過程が未だ生じておらず縦横無尽傍若無人にに他人の畑を荒らすことが出来るのだ

このような過程を経てジャンル一定の恒常状態に入る

この後は内的思索が主たる課題となりこの地点からの逸脱は亜型と処理される

そしてそのジャンルから失われた何にか、新しい何かを望むものはまた新しいジャンルを見出す旅に出なければならない

2018-07-19

anond:20180719093211

礼儀パーフェクツ」と「不躾で傍若無人な振る舞い」の間にはいくつも段階があって、

必ずしも「礼儀パーフェクツ」でなきゃならんわけじゃない、と言っている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん