「食品」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食品とは

2021-05-09

[] - May 9th, 2021

𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬 - 𝐌𝐚𝐲 𝟗𝐭𝐡, 𝟐𝟎𝟐𝟏

ローカルニュースを全国に

𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬についてと、バックナンバーこちら→anond:20210507172613

北海道羅臼町発見魚類化石、新種と判明

北海道羅臼町12年前に発見された魚類化石が、専門家調査の結果、これまでの分類に属さない新種の魚であることが判明した。この化石は町内に住む桜井憲二さんが、ポン春苅古丹川で、エゾシカ狩猟中に発見したものだという。発見者の名前にちなみ、『ラウスシカサゴ属 サクライシロカサゴ』と命名された。

羅臼町知床半島東側位置する町で、発見された化石5月17日から羅臼町郷土資料館で展示される予定。同資料館では国定指定文化財指定され、オホーツク文化現代に伝える貴重な出土品260点や、知床自然を伝える模型剥製などの展示を行っている。利用時間は9:00〜18:00で、入館料は無料



    9日午前5時2分頃、和歌山北部位置する湯浅町震度1の揺れを観測する地震があった。この地震による津波心配はないという。

    気象庁によると、この地震マグニチュードは2.3、震源の深さは10kmと推定されている。この地震の規模は、東北地方太平洋沖地震(マグニチュード9.1)の約160億分の1である

    同日1時57分頃には、福島沖でマグニチュード4.4、最大震度1観測する地震が、8日の13時19分頃には、八丈島東方沖でマグニチュード4.7、最大震度1地震観測している。



      ミカンマグロセメントなどの津久見名物デザインしたオリジナル缶バッジ『つくみのシリーズ』が好評だ。種類は全部で11種類で、キャラクター化された可愛らしいイラストが特徴。津久見市四浦の里の駅「つくみマルシェ」に設置されたガチャガチャで購入できる。

      つくみマルシェでは、津久見名産品を売りにした町おこしグッズを数多く取り揃えている。津久見市の主要産業であるセメントイメージした『砂利ソフトクリーム』(税込400円)や、特産品魚介類ミカン使用した食品イルカと触れ合うことができる体験パーク『つくみイルカ島』のグッズなどを販売している。

      なお、つくみマルシェ販売している商品の一部は、津久見市観光協会運営する通販サイト『つくみトドケル』でも手に入れることができる。

        2021-05-08

        小麦粉を食べなくなって15年

        高校生の頃から慢性的お腹調子が良くなかった。

        お腹調子の良い期間にはパンラーメンを食べていないことに気づいて、食事から小麦粉を抜いてみたところ不調が改善した。

        プラセボ効果だったのかもしれないが、とりあえず軽い気持ち継続して現在に至る。

        調味料焼肉のたれ等)などを厳密に抜いているわけではないが、基本的小麦粉をたくさん使っている食品は食べないようにしている。

        パン麺類以外にも、例えば、カレーシチューお菓子なども自発的には食べない。

        ただ周りにも言っていないし、アレルギー検査をしたわけでもないので、友達と遊びに行った際にラーメン屋に誘われたら普通に食べる。

        検査もしていないので未だに何が原因かも不明だが、なんとなく惰性でここまで続けてしまっている

        ネットには「~を食べてはいけない」という科学的根拠が乏しいフレーズをよく見かけるので、私も本当は検査なりをした方が良いのだろうな。

        anond:20210508122756

        冷凍チャハーンの各社レビューでもすると良い

        (アレと冷凍ウドン革命的に冷食に合った食品だとおもう)

        2021-05-07

        anond:20210507222240

        安いと思ったらこんなんしかねえんだよ

        スーパー弁当みたいにお得かと思ったら

        何の意味もない食品販売だった

        本当に意味のないことしてると思う

        こっちは松坂牛3kgが1000円とか期待してたのにな

        TABETEというアプリが舐め腐ってる

        TABETEは食品ロスを削減するためのサービス

        そのTABETEから届いたメールにこんなことが書いてある

        かまぼこ8本セット※送料無料(一部地域除く)🐟

          

        コロナの影響で廃業となられた「丸う田代」さんのかまぼこが出品されています👀

        小田原御三家とも呼ばれる大変美味しいかまぼこ、ご賞味下さい😋

          

        レスキュー価格:¥3,980

          

        はぁ?

        食品ロスを防ぎたいならもっと安く売れよ

        このままじゃもう廃棄するしかないってことで売るならせめてここは

        レスキュー価格1000円以下にしろ

        っつーか普通かまぼこ8個で3980円もしねえだろうが

          

        スーパーで半額以下の価格になってるような弁当とかそういうレベルを期待したらみんなこんな感じのものしかない

        廃棄直前なら8割引きくらいしろっつーの

        こんな高い値段だったら最初から新品のものを買うに決まってるだろうがアホなのか

        こんなぼったくりやって何が楽しいんだ

        やる気がなさすぎだろ

        はいくらでいくらまで値下げしたのかも書いてねえし消費者なめんじゃねえよ

        これじゃ廃棄するから買ってじゃなくて

        単なる宣伝だろ

        こんなんだから食品ロスがなくならねえんだろ

        anond:20210507093859

        それもあると思う。基本的インスタントコンビニ系は味が濃いからそればかり食べてる人は味が慣れて、逆に薄味に感じるんだと思う。

        あと、インスタント系は長期保存が基本だから添加物いっぱい使って濃いめの味付けをして、食品劣化を遅くしたいんじゃないかなと思う。

        2021-05-06

        anond:20210506112606

        食品工場飲食店がその気になれば、数十~百人単位食中毒テロができそうだけど、どこも一度もそういうのないね

        美容師おっさんの首元に刃を押し当てたら、客が緊張するのがわかるとネウロで言ってたけど、床屋殺人事件も一回も起きてない

        2021-05-05

        anond:20210505085618

        未婚率が高いのは女と違って男一人でも正規仕事がみつかりやすいし生活ができるからじゃない?

        女の社会的弱者非正規ほとんどだし、風俗勤務も20代しかまともにはたらけない。

        熟女系とか美人じゃなくても入れる風俗もあるけどかなり安い単価で何人も客を相手にしないといけない。

        それができなくなるほど高齢になると、結婚するくらいしか逃げ道がなくてホームレスになるしかいか必死なんだよ。

        とくに女は美容面も評価基準に入るから美容に対しての意識が高いか寿命だって高いだけ。

        男は食品や肌の手入れや睡眠時間なんか気を遣わなくても問題ないし外見が悪くても仕事に就けるからな。

        自殺率が高いってのも、学歴仕事も女もあって当たり前な男社会でそれが欠けてて満足できないからだし。

        2021-05-04

        anond:20210504094257

        それより、iPhoneはてブを見てるんだけど、特定キーワードNGにする方法なんかないかな?

        弱者男性」の話題がどうでもよすぎて視界に入れたくないんだよ。

        自分弱者女性非モテではないしビジュアルもまあ良いほう、しかコミュ障貧困友達ゼロ)だけど、数ヶ月前から帯状疱疹になるわ酷い麦粒腫になるわで身体ボロボロ、買い物に出かけたら転けて指の関節を強打して腫れ上がるわ、買った食品ダメにするわでメンタルボロボロ他者のことを心配する余裕なんて正直言って一切ない。先日のクロワッサンの話は自分に当てはめて考えてみて、とても良いな、たしかにそうだなと素直に思っていたら、男性から反発の声が大きいのを見て、うわあこりゃめんどくせえ、自分は今後一切この話題に触れたくないと感じてしまったのよね。

        2021-05-03

        もう便利な世の中にならないでほしい

                                                                             

        SNSのせいでちょっとしたことで集まったり、対面で話をする機会がかなり減った。

        動画配信サービスのせいで少しくらいの興味で映画館に足を運ぶことはなくなった。

        youtubeストリーミングサービスのせいでいつでもどこでも曲やライブ映像が見たり聞けたりするのでライブに行きたい欲は割と減った。

        本や漫画配信サービスのせいで、満喫図書館もその辺の本屋にも行かなくなった。

        デリバリーサービスのせいで外食することもここ最近はなくなった。

        ゾゾやアマゾンのせいで買い物するために外に出る機会は皆無。食品を買いに近くのスーパーコンビニくらいだ。

        家具家電だって今じゃレンタルできる。

                                                                             

        便利だし外出せずに満足を得る環境にある今は本当にありがたい。

        けど、便利になるにつれてだんだん大切なことや意欲を失くしていると思う。

        一人で外出のきっかけを作ろうにも上のサービス比較してしまって家を出ずに一日が終わる。

        友だちを誘うにしてもなんらかのサービスで満足していて何かする気力が弱まっているっぽくて、昔から趣味友だちもここ2、3年は付き合いが悪い。

                                                                                                    

        今はコロナ渦やけんしょうがないんだけど、

        なんだか、思い出作りのきっかけがここ数年でかなり減った気がして本当につらい。

        これからリモートワークが根ずいていったり、VRが普及して家に出る必要基本的になくなったりとかしたらきっついな~

        2021-05-02

        野菜や果物のコロナ対策

        食品売り場に裸で置いてあるやつ。

        おっさん、おばちゃん達べったべた触ってるじゃん。

        あほかとおもうけど、触ってるじゃん。

        あいうのって危ないよね。口に入れるものだし。

        コロナ対策どうしたらいいと思う?

        野菜はまだ熱通せるけど、果物とかどうしよう。りんごとか。どうしても皮触ってしまう。

        皮むいても、皮むいた手で実も触ってしまう。

        どうしたらいい?

        コロナ対応改憲必要」57%、一理あるかもしれない

        コロナ対応改憲必要」57% 共同通信世論調査

        https://news.yahoo.co.jp/articles/7ec1d495b848a971128aff7c5fc0dedf1a2c92ee

        共同通信社は30日、憲法記念日5月3日を前に憲法に関する郵送方式世論調査結果をまとめた。新型コロナウイルスなどの感染症や大規模災害対応するため、緊急事態条項を新設する憲法改正が「必要だ」とした人が57%、「必要ない」は42%だった。内閣権限強化や私権制限が想定される緊急事態条項新設を容認する声が反対意見を上回った。長引くコロナ禍が影響したとみられる。

        ちょっと長めになってしまったので、はじめに要約すると、

        改憲なくとも法を生かせば緊急時行政権限をフル活用できるはず、と思ってきたが、過去公害の教訓を思い起こしてみると立法行政不作為が目立つ。

        憲法の制約で権限がないのではなく、あっても使わないのが問題だった。そこにメスを入れるには、行政立法指導する上位の規律必要で、「今まさに緊急時シフトチェンジしろ

        行政立法に促す仕組みが必要なのでは。それはひょっとすると憲法役割なのかもしれない。

        という趣旨


        +++++++

        改憲の是非でいえば、基本的スタンスはノーだ。

        内閣権限強化」、これは橋本行革の結果、小泉政権内閣官房の強化の恩恵を受け、その後、安倍がめちゃくちゃにした経緯から

        これ以上の内閣官房の強化などナンセンスだと思うし、

        現行の制度運用できないのか?と言われれば、

        公害立法歴史を振り返っても、現行の規制権限は決して弱くはない。立法余地もある。

        実際60年代から70年代にかけて、深刻化した公害に山ほど立法を制定、70年はとりわけ公害国会などと呼ばれた時代もあった。

        そうやって公害を克服しようとしてきた歴史の教訓をみても、現在感染症コントロール問題が、憲法改正でしか解決しえないとは思えない。

        から問題はできることをしない、立法不作為行政権限の不行使のほうで、それを改憲論議にすり替えるのはおかしい、という意見も納得できる。

        しかし。

        それこそ公害の教訓を振り返れば、という話なのだが、

        改憲世論が盛り上がるのは、だからこそ逆に、一理あるのかもしれない、とも思う。

        もちろん、行政立法性善説に立てば。。という留保はつくが。

        というのも、水俣病を例にとって、公害被害を振り返ってみると。

        なぜ今日に至るまで長年、放置されてきたか。長年の放置もさることながら、振り返ると、初期の対応のまずさが際立つ。

        チッソ工場への排水をやめさせる権限のある水質二法の適用

        漁業法による禁止措置漁民への補償食品安全法による有機水銀汚染された可能性のある魚類販売禁止

        すべて見送られた。つまりすでに対応可能な法的ツールがあったにも関わらず、被害が拡大した。

        こうした行政権限の不行使が最終的に裁判で争われ、最終的に結審したのは2004年

        国は高度経済成長をとめたくないがゆえに、規制権限行使しなかった、というのが結論

        これは初期の対応が間違っていたことを指摘したものだ。

        1970年代公害社会問題の深刻化を受けて山のように公害立法が制定されたが、それ以前の問題として

        そもそも1950年代、すでにある水質二法等で権限行使できただろが、という。

        法の不備ではなく、繰り返すが、すでにある法を使いこなせなかった行政責任が厳しく断罪されたわけだ。

        ここから導き出される本当の教訓というのは、規制権限があったにもかかわらず

        なぜ初期の対応がこれほどまでに、被害者をないがしろにしたものになったか、という問題

        それは経済を優先した政治意思決定メカニズムだ。

        そこには、何か異常な事態が発生したときに、立ち止まって物事を考え直す、

        シフトチェンジの仕組みが欠落していたともいえるのではないか

        かつて辺見庸は、地下鉄サリン事件の際に、丸ノ内線駅構内で、人々がバタバタと倒れているなか、

        通勤している乗客枕木でもまたぐかのように出口へ向かった光景について

        日常的なことを目の前にしても、脳が適切に処理できず、

        惰性で日常論理で動こうとする「慣性イナーシャ)」が働いているといったが、

        ここ一年を振り返ってみると、そういう政治的な意思決定がかなりよくみられた気がする。

        この問題解決されない限り、改憲による緊急事態条項検討など、全く意味をなさない。

        日本は、意思決定の仕方、会議の仕方を根本から見直したほうがいい。


        いや、だけど一方で、

        緊急事態条項のようなシフトチェンジトリガーがないからこそ、漫然と経済優先で動いてしまうのか?という疑問も頭をもたげる。

        どっちなのだろう。

        そんなことを思い出したのは、さっき、尾身会長インタビュー記事を目にしたからだ。

        尾身茂氏が語った「マスクを外せる日」「3回目の緊急事態宣言なんて聞く気になれねぇ」への意見 | 文春オンライン

        ――東京都墨田区長野県松本医療圏など、基幹病院支援に回る地域病院医師連携が回っている地域の取り組みも報じられているが、厚労省は、こうした体制づくりのため各地の医師民間病院に強い指示が出せないものか。

        尾身 医師病院に対して国が強い指導力を発揮する英国のような仕組みとは違い、日本厚労省というのは公立民間などさまざまなステークホルダー意向尊重する必要があって、上から目線はいわない。平時はそれも大切ですが、危機局面ではどうなのか。この機会に考えてみる必要はあります

        ――医療提供体制の拡充やワクチン接種準備で、国民が納得するだけの結果を示せないことに国民は苛立ちを感じている。強権的なイメージが強い菅義偉首相だが、結果を示せない理由は?

        尾身 それは政治のことだから、私にはわかりません。ただ、総理大臣は、いろいろなことを今、四方のことを考えなければいけない立場にあるんでしょう。そう思います



        平時から非常時へのシフトチェンジ

        これが明確な意思決定メカニズムとして組み込まれていないことが、水俣病の初期対応問題もつながっているように思えた。

        それを可能にするのは、規制権限の強化と行使、という既存立法行政機構のあり方の、もうひとつ上段の制度として構築する必要があるのかもしれないといえなくもない。

        改憲への渇望というのは、案外、そういった視点で考えることも可能ではないかとふと思った。

        しかし、憲法踏み込むのではなく、

        危機対応専門の省庁を創設する、というのもひとつ方法。非常時のガバナンス体制を整備する。

        米国FEMAアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)、CDCアメリカ疾病予防管理センター)のように。

        現在のように、菅、西村田村河野小池、、、、、みたいに

        船頭多くして船、山に登る、という問題への処方箋となろう。

        そうすれば、現在河野太郎のような感染症素人新型コロナウイルスワクチン接種推進担当大臣として奮闘する、といった話もなくなるはず。

        彼はおそらく、急に任命されて困っただろうが、実質やれることを模索した結果、

        ロジ担当となり下がってしまっているように見受けられる。住民心配に答えるのは基礎自治体役割だ。

        大臣仕事じゃない。本当の危機管理はそういうことではない。

        危機管理のプラットフォームができれば、アメリカのファウチ博士のように、

        集団免疫獲得に向けた仮説を立て、何%の接種があればOKで、ワクチン効果が切れる前の接種完了を逆算してスケジューリングする。

        目的ロードマップ国民に示したうえで協力を仰ぐという、専門家による意思決定ベースとなったリーダーシップ重要だ。

        今は「高齢者の接種」そればっか。もっと全体の話をすべき。

        ガバナンスの基本は、法、規則基準科学的な予測を明示した意思決定を行うことだ。

        これは世界銀行の借用だが、世銀では途上国行政改革支援の際に、ガバナンスを以下の4要素で因数分解して

        能力評価している。

        説明責任財政リソース)、予測可能性(法的枠組み)、透明性(情報公開)、参加(連携)の4つ。

        テーマ出しした瞬間、近年の日本がどの分野でもガタガタになっていることがわかる。

        いずれにしても、緊急時ガバナンスの訓練を積んでゆくことが大切で、こうした組織を立ち上げることには意義があるだろう。

        現在菅政権は、こうしたガバナンスの観点から落第点であり、

        首相が何を考えているかからず、結局、リーダーの一挙手一投足に注目が集まる意思決定となっている。

        急に決心して、緊急事態宣言を発出したりやめたりする。このように国民から予測可能性を奪うやり方は国民から自由を奪うのも同然だ。


        国民からすれば、知らず知らずに国のリーダーシップ注視せざるを得なくなり、いつの間にかリーダーシップ問題錯覚してしまうが

        本当は危機管理はリーダーシップの欠如の問題ではなくて、ガバナンス問題だ。リーダーが誰であれ、ある程度、やるべきこと、基準が決まっていて

        どのように対応するかが決まっていること、この予測可能性が確保されることが大切。

        国民にとって予測可能でなければ、国民自身計画を立てられず、急に決断されても、ついていけいけない。

        水木しげる漫画で、上官が急に玉砕を決心したので部下の大半が付いていけず、結果として敗残兵として生き残った兵士に、すでに全員立派に玉砕したことになっているのだ、として、ラバウル本部が改めて玉砕を命じる、という話がある。日本人のリーダーシップ象徴する話だと思う。)

        しかし、一方、リーダーシップ問題は残る。

        緊急時へのシフトというのは、なにかしらリーダーとして発動するトリガー必要なのではないか

        憲法、というのも、民主的意思決定の根源として、

        そこに非常時へのシフトチェンジ記載されることにも意義があるのかもしれない、という考えに傾いてゆく、そういう世論の動きもわかる。

        もちろん、そんな非常時に平和ボケして判断の鈍いおっさん首相だったらなんの意味もなさないが、誰かがシフトチェンジを発動しなければならない、

        それが立法危機管理のプラットフォームづくりだけでうまく機能しないのであれば、ある意味大統領的な権限を期待する傾向が出てくるのは自然なことのように思う。大統領権限というと、合衆国建国当時まで振り返ると、当時の議論のなかで、リーダー聡明さ(アリストクラシー)というのは、欠かせない条件だったように思う。

        日本政治社会にそんなことを期待できるのか、と考え始めた瞬間、改憲には激しく首を横に振らざるを得ないのだが。

        そんなことをインタビューの印象として持った。

        2021-05-01

        anond:20210501113648

        無理かな?

        食品は食習慣あるから無理に何もかもってわけにはいかないか

        そこは可能範囲いいんじゃないかな

        ポン酢は買うけど醤油は避けるとか、カップヌードルは食いたいけどコイケヤスナック菓子は避けるとか

        頑張りすぎないダイエットみたいなノリで

        ボイコットやってみたい人で、なんとなく、じんわり避けて、

        十数社のうちの1、2社でも数パーセント程度ダメージになればいいかなぐらいで

        2021-04-28

        anond:20210428174206

        19世紀に生きたボディビルダーエッセンはある日、脇の下で肉を挟んだら素晴らしい肉団子が出来るのではないかと考えた。そこでエッセンは突如官能的な様相で脇毛を剃り、よく捏ね上げた豚牛混合:5:5の肉を使い試行錯誤を繰り返した。この作業は彼が50になるまで続けられ、エッセンの右に出るものなし、という尊称から騎士称号もないのにサーをつけて呼ばれることになる。しかし彼の称号と肉の味はまるで関係がなかった。

        ともあれサー・エッセン氏の作ったミートボールヨーロッパ各地に広がり、日本へと伝来、石井食品へと伝わるとイシイミートボールとなる。




        以上だ。




        P.S.なお、元柔道家であり現格闘家石井慧が連敗した際、そのビッグマウスに似合わない負けっぷりから「イシイミートボール」と呼称されたことは記憶に新しい。

        自民党なのに、なんとなくApple

        利権こそ、パワー。

        新型コロナ対策東京五輪の開催には、大きな利権のうま味がたっぷり

        お仲間企業や票田への支援は惜しみません。

        国民生活収入よりも、美味しい利権を最優先で。



        創造した自由人は、2500万人。

        パートアルバイトなどの非正規雇用こそ、永久就職あなた時間で、あなたにピッタリの仕事を。

        食品デリバリー仕事なども、いいでしょう。

        時間不自由責任も重い正社員という働き方には、もう縛られる必要はありません。



        賃金が上がらないなら、副業を。

        もっと良い暮らしを目指すなら、今は企業副業解禁の時代

        インターネットには魅力的な副業情報キラキラと溢れています

        さまざまな副業へのチャレンジは、あなた賃金状況を改善してくれます



        外交センス時代

        かつての東西冷戦時代にはさようなら

        西の同盟国との安全保障も、東の周辺国との経済的な結びつきも、どちらも大切。

        どちらも立てて、いいとこ取り。新しい外交時代です。



        情報を非開示にして、スッキリと。

        だれにだって、人には知られたくない自分だけのヒミツはあるもの

        そんなヒミツにはしっかりとカギをかけて、墓場まで。



        閣僚ごとの利権構造を見る>

        完全テレワーク化、国が提言しないと出来ない問題

        テレワークしろしろっていうけど、出来ない業種もあるからな!

        例えば運送工場食品介護、保育、医療水道電気

        人間これで生きてるんだそれに携わる人間テレワーク出来るわけないだろ!!

         

        って言ってるのをチラチラ見る。

        でもな。その星の数ほどある苦情の中で一つも出てない職種があるんだ。

         

        そう事務!!JIMU!!!事務!!!

        特に労務経理よ!なぜこれだけ記事があって出てこない?!

         

        なんでかっていうとこの業務も「人間生活に携わる人間」だからよ!

        あなたお金あげてるの!!!ここの人間なの!!!!!

         

        「え?そんなん一番テレワークにできる業務じゃね?」って言ってるやつ!

        甘い!!!!!!

         

        お前がテレワークを快適に出来ているのは誰のお陰だと思う?

        お前が満員電車に乗らず自宅で快適に仕事を出来ているのは誰のお陰だと思う?

        お前が「いつも仕事の空いてる時間ゲームできるぜ〜」って

        のびやかに仕事が出来ているのは誰のお陰だと思う?

         

        そう事務!!!事務のお陰!!!!!全部JIMU!!!!!!

         

        しかもお前がもらっている給与の半分くらいしかもらえてないこの事務が!

        この事務が!!一番テレワークが!!MURI!!!!!!

         

         

        まあなぜこの業種が無理なのかっていうと、

        そもそも国が自分で決めた制度問題がありましてね。

        というのもざっくり言うと会社の中で取り扱っている書類の中には

         

        会社敷地外に持ち出してはいけない書類

         

        という厄介者があるんですよ。

        株式会社」や「有限会社」がついている会社は当然のようにあるんですね。

        最前線お仕事されている方は知らないでしょうけど。

        この「会社敷地外」というのが当然ネットワーク範囲内になります

         

        まりクラウドに落とし込んじゃいけないんですよ。

        これがどういう意味をしているかお分かりになります

         

        SOU!「出社しないと仕事が出来ない」!!

         

        我々事務職の人間は完全なテレワークは無理なんです。

        月に何度かはできるかもしれないけど、この書類を使った業務

        基本的に出社しないといけません。

        国が決めたからね!国が決めたんだぜ?!

        なんども言う。「この規定」を「国」が「決めた」んだぜ!!

         

        まりどんな業種も「事務職」があるなら

        その会社の「完全テレワーク」は無理なんですよ。

        あなた会社にも事務、いるでしょう?

        その人、あなたが家で足伸ばして仕事している間に感染に震えながら出社してるんですよ。

        しかあなたがもらっている!半分ほどの!給料で!!

        お前そのお金で生きていけるか!?

        我々はその給与で!!生きているんだ!!!

        その給与の中で課金してグッズを買ってPS5を手に入れてるんだー!!

        自炊しろコンビニ弁当なんて買うな自炊しろ節約しろ暗くなったらNEROーー!!

         

         

        色々と叫びましたが、事務現場からは以上です。

        とにかく国には「テレワークにしてくださいね」って言うんだったら

        その「会社敷地外に持ち出してはいけない書類」を

        「こればっかりはしょうがないので誰にも見せなければ持ち出してもいいわよ」

        にしてくれませんかね!??!

         

        ちなみにこの要望に関してはすでに東京都自民党要望出してます

        月一で。

        皆も苦情があったらTwitterしないでここにその140文字投げようね。

        鯖落ちするくらいアクセスしないとあいつらわかんねーから

        さあ皆でLet's 鯖落ち

        https://ssl.jimin.jp/m/contacts

        https://cgi.metro.tokyo.lg.jp/cgibin/cgi-bin/fmail_input_disp.cgi?dep_id=ts02&scr_id=f001&lang_opt=00

        🍔って

        今思ったんだけど、

        ハンバーガーって、

        パンズの炭水化物ハンバーグタンパク質ピクルス野菜とで

        結構完全栄養食品なんじゃね?って思った。

        もうこれだけでいいじゃん。

        値引きを利用すると店は喜ぶのか嫌がるのか問題

        スーパー飲食店などで値引きを利用するかどうかが自分の側に委ねられている状況がある。具体的には、賞味期限等の違いで同じ商品に対して値引きの有無が店頭で混在している場合、客がクーポンなどを利用した場合だけ売価が変わる場合の二つの状況である。「値引きを使わず買う方が店は喜ぶだろう」と思いがちだが、必ずしもそうではない。

        賞味期限消費期限、発売日等による値引き

        この場合、値引きを利用して買う方が、店は喜んでくれる。値引きが適用される商品は、時間の経過によって価値が落ちているのであり、いま売れなければ、さらに大きく値引きをしなければならない。食品などは売れなければ価値ゼロになり廃棄になってしまう。値引き商品を買ってくれる客は、店にとって明らかにありがたい存在だ。

        クーポンなどによる値引き

        この場合微妙だが、チェーン店メーカーから商品販売する小売の場合特に問題にならないか喜ばれることが多いと思う。クーポンなどの値引きは、メーカー本社が値引き分を負担する場合が通常であり、値引きの適用によって店舗が損をするということにはならない。また、チェーン店ではクーポンの利用数の目標店舗ごとに設定されていたりもするので、その場合クーポンを使ってくれる方が店にとっては嬉しい。クーポンレジ会計処理が面倒くさい、というのはあるにせよ。

        一方で、個人営業飲食店美容院などでは、クーポン利用は嫌がられることが多いだろう。値引きを負担するのは店舗自身であるため、値引きが増えれば増えるほど店舗は損をすることになる。

        おまけと結論

        客としては意識しないかもしれないが、クレジットカード電子マネーによる支払いも、利用に対して手数料が生じ、それはたとえチェーン店であっても個々の店が負担する形となる。つまり店舗の損になる。以上まとめると、現金支払いで、値引きされてる弁当とかを買うのが、一番いい客である

        2021-04-25

        anond:20210425215935

        消費税増税には反対だけどここで書いたことはないな

        食品のほかに薬品や衛生用品(生理用品やトイペオムツ)あたり無税にする流れだから逆進性はなくなってきてね?

        食品業界の闇

        と言う名のエンターテイメントってあるよね

         

        「私達が普段食べているもの問題がある」

        安全性環境の面でリスクが有る」

        もっと素晴らしい食べ物があるはず」

         

        問題がある、あってほしい

        そういう思想ってどこから来るんだろう?

        いわゆる「お金持ち」の家の子息が普段何をしているか

        我が家明治期に興隆した商家で、現在も大枠を考えればモノやコトを売ることで生計をなしている。
        いわゆる華族であったが、興隆の経過で江戸期以前の地主武家などと婚姻を経て結びついており、家系図を遡れば皇室とも血筋上の繋がりがあると解釈ができる。

        さて、そんな家に生まれた筆者だが正直に言えば高校生くらいまで我が家がそんな家だとは気付いておらず、多少なりとも大きな家に住めている理由として両親や祖父母も「ご先祖様が努力の人だったから」と言っていたので、現在我が家はそこまでお金持ちではなくご先祖様が増やした資産恩恵を受けているのだ程度にしか思っていなかった。ご先祖様すげぇなと。
        実際、筆者自身の子供の頃の夢はプロアーチャーであったので全く家業意識していなかった。

        我が家はなんか他の家と違うぞ?と気付き始めたのは高校生になった時期で、父や祖父に連れられて社会科見学のような小旅行を頻繁にやるようになってからだった。
        自動車工場や造船所、食品工場アパレル工場精密機器工場製紙工場など工業系を中心になぜか見学に連れられ、その工場担当者らしき壮年男性から説明を聞くということを頻繁にさせられた。
        今思い出せば、父や祖父はそのくらいの時期から「AはBから生産されていて流通として……」のような話をよくしてくれるようになっていた。
        社会科見学のような小旅行面白かったが、なぜ急にそんなことをやるようになったのかという疑問は晴れなかった。まさかそれが後継者教育の一環だったとは。

        自分自身の興味と祖父の勧めもあり、大学ではアーチェリーを続けつつもロジスティクスを中心に学ばせてもらい、継続されていた社会科見学が非常に研究へ役立つようになっていた。
        そして我が家歴史を完全に知ったのは大学3年生の正月に「就職はどうするのか?」と言われた際に「参考になるかはわからないが我が家家業説明しようか」のように教えられてからだった。
        遡れば初代が江戸期に商家として暖簾分けを受け、現在まで続く家業の基盤を明治期に作ることができたとのこと。そこから登場する人名歴史の授業で習うような人々であり、まるで実感のなかった筆者は驚愕するしかなかった。

        そんな家の子である筆者が普段何をしているのか?と言えば、某物流企業から商社を経て、現在は父から「そろそろ戻ってこい」と言われ、法人化している我が家の持ち企業へ務めさせていただいている。
        筆者の専攻がロジスティクスなので新社会人の頃から数理的に物流計算するのが主な仕事で、笑ってしまうかも知れないが何処へ行くにもCASIO関数電卓ポケットへ入れている。現在関数電卓ソーラーパネル電池駆動するのでスマホなんかよりもよっぽど信頼度が高い。
        弊社が集めたデータ取引からロジスティクスに関するデータを貰い、それを数理的に損益分岐点とのその確率をはじき出すというものだが、概算ではなく精密に計算する際はコンピューターに詳しい増田の皆様にも馴染み深いであろうAWSさくらを利用している。
        ちなみに筆者のスマホAndroidiPhoneにはまともなターミナルがないので、ふと出先で大きな計算リソース必要になったときAWSSSHしにくい。まぁノートPC使えよって話だが。

        もちろん計算するだけでなく、創作物イメージされやすいであろう会食などで人脈交流をしたりもするが、実際のところ筆者の世代ともなるとLINEZoomSlackなどで友人たちと交流している頻度のほうが多い。
        正直LINEZoomは昨今の流れもあり使いたくないのだが友人たちは経営学部卒などの文系が多いので、どうもセキュアなコミュニケーションツール活用が上手く行かない。
        可能ならば弊社で利用しているオフィススイートMicrosoft office 365やGoogle Workspaceへ移行したいのだが、一部の従業員の皆様の反発から上手く行ってない。後継者といっても実務へ強権を奮えるほど実力はないのだ。筆者の管轄研究グループは即座にSlackを導入できたり出来たのに。う〜む……。
        流れのまま愚痴を言えば、例えば総務などはミドルハイエンド性能なChromebookで十分じゃないか?社内ツールもいつまでJavaベースのを使っているのか。HTML5ベースに移行してしまえば互換性の問題Windows使い続ける理由もないんだが。いまだ動いてる骨董品メインフレームをそろそろ引退させてあげようよ。
        父は「実務に口を出すべきでない」と言うが、多少筆者の趣味も入ってはいもの環境を整えるのも我々の役目ではないだろうか。
        強権を奮って一気にモダンコンピューティング環境にしたい。営業にも今のガラケーから最新のGoogle Pixel 5あたりのスマホを配ってあげるのに。

        というようなことを青臭く思っているのだが、実際の後継者なんてこんなもんである。実権を握れるまでおとなしくしているしか無い。
        従業員の皆様には申し訳ないが、おそらく筆者にはご先祖様ほどの商才は無いんだろう。苦労させてごめんね。

        2021-04-24

        春のファンタジーバザー大好き

        遅まきながら春がやってきた。

        仕事をサボって、馬車でバザーにいく。

        まず入口墓地コーナーからして賑わっている。にぎにぎである。平日午前中なのに。

        どんだけバンシー並べんねんと思ったのは、バンシーしかわかる怪物がなかったからだろうか。

        奥の方にはわけわからん苗コーナーがあり、足腰ガクガクな元勇者おじいちゃんおばあちゃんもここでは元気である。達者での。

        店内に入ると馬車コーナーがおっぴろげられていた、が、スルー。馬にもたくさん種類あるけど、あんなに必要なのか?私はよく知らない。多分知ることもない。ウマ娘はそこそこ好き。

        さてお目当てはペットコーナーである。ここのアクアブレスはめちゃくちゃラーニングやすい。アクアブレスはたしなまないが、モンスターのおさかなはきれいだなと思う。やってみたいな、とは思うが、おそらく私は1週間で新ジョブに飽きてしまうだろう。妄想の中のおさかな達、ごめんなさい。

        食品コーナーではメイクイーンちゃんが売ってた。プライスダウンで190,000円。奇しくも今日給料日である。こんな値段で売れるのか…?と思ったが、今月の手取りは19,600円くらいだった。消費税を入れると足らない。きっと私よりも経済力があって、温かいファミリーが引き取ってくれるだろうと期待と祈りをこめながらその場を離れた。野菜コーナーはかわいいという感情よりも、売れ残った時のことを思ってしまもの悲しくなる。生産者の顔が走馬灯のように浮かぶ。いや、数秒で忘れる。

        かぶとむしやクワガタも売っていた。おじいちゃん店員とあれこれ話しながら見ている。孫にでもプレゼントするのだろうか。

        気を取り直して2階の神具コーナーへ行く。ロングソードがほしい。

        だがロングソードの取扱いが少ない。お目当ては見られなかったものの、神具コーナーはたのしい。新しい生活への希望を感じられるような雰囲気がある。スライムの一匹でもしばき倒したくなるというもの。もしかすると展示から感じられるものかもしれない…売り場ご担当者様いい仕事しているぞ。

        まり長く見ていると、ギルドに戻ってお小言なりちょっとした問答(混んでた?系のやつ)があってボロを出すといけないのでそろそろ戻るとする。

        お店を出ると園芸コーナーとともに、はるか遠くにヤマ(閻魔大王)が目に入る。こないだ死んだ際に出会たことがあるが、最近では肉眼で見えるらしい。そのまにはまだまだ亡者の列が並んでいた。短い春がはじまったなーとおもった。

        店内の酒場で仲間を集めればよかったなでもこれ以上遅くなったらやべーな…などと葛藤しながら、少々暑くなった馬車内に戻り、帰路についた。

        anond:20210423165353

        ログイン ユーザー登録
        ようこそ ゲスト さん