「食品」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食品とは

2018-02-20

anond:20180220020953

ご丁寧に計算ありがとうございます朝ご飯あんまり外食してません。ロールパンとかまとめて買っておいて、野菜ジュースカフェオレ(レンジでチンした牛乳+ドリップコーヒー)と一緒に食べる程度のことが多いですね。ランチは元投稿に書いたとおりですが、昼間に職場自販機で買っちゃう飲み物の本数が多いかな。あまり夜に飲みに行ったり食事に行ったりしないので、交際費は少ないと思います。よくスーパーのお惣菜とか買って食べますが、だいたいその日の分だけじゃなくて、朝食用食品ちょっとした嗜好品(ヨーグルトとか)も一緒に買うので、支払っている金額からすると定食屋とかで安いメニュー食べた方がいいかもです。

2018-02-19

タバコの話、不快感の話

はてブでは定期的に禁煙話題が上がってくる

付いているブコメを見るに、臭い問題が一番の争点になっている様だ

ことさら喫煙者擁護しようとは思わないのだが、どうも受動喫煙有害物質の件は喫煙者批判する為の口実になっている様に見える

おそらくタバコ臭いの害がもっと少ないものであれば、ここまで嫌われる事もなかったと思う

喫煙者臭いからどっか行け! 俺の視界に入るな!」が本音という人も多いのではないだろうか

しか臭い理由禁煙強制するのはどうなんだろう? という気がしないでもない

臭いものは他にも色々あるから

例えば、納豆にんにく等の臭いの強い食品酒類薬品臭いなどだ

タバコの次はこれらを規制しろと言い出す人が出てくるのではないだろうか?

臭い」という不快感動機である以上、臭いものは全て排除対象になり得る

少し流行ったスメルハラスメント的な考え方を推し進めようとする勢力は、今後大きくなっていくと俺は思ってる

それを望む人が少なから存在しているからだ

今の世の中は臭い問題に限らず「不快存在排除する事を是とする考え方」が徐々に大きな勢力になりつつあるのだと思う

「仕方ないで済ませてはいけない、嫌なものは嫌だと言おう。そして嫌な物、嫌な奴には居なくなってもらおう」という考え方だ

大きな括りで見れば「駅乃みちか」の件や「女性だけの街」の件もこの傾向に含まれるのだと思う

個人的にはあまり良い傾向とは思えない

俺は自分排除される側にならないとはとても思えないし、不快だと感じたからといって、その相手自分の周囲から排除したいとも思えない

他人に一切不快に思われずに済む自信なんてないし、不快に思った一点だけで他人評価したいとも思わない

不快だと感じる事をただ我慢しろと言いたい訳じゃない

でも、不快にさせた原因をただ排除するだけで解決しようとするのは、ちょっと過激過ぎる手段ではないかと思う

どこで折り合いをつけるか? という事が大事なのではないだろうか?

感情の赴くままに排除だけを繰り返していけば、結局手元には何も残らなかったというオチが待っていると俺は思う

2018-02-17

anond:20180217182914

から髪が薄くてあだ名ハゲだった20代前半の女だけど、結局髪に効くとかなんとかい食品とかほぼ効果なかったから腕のいい美容師にいい感じにごまかせる髪型にしてくれるように頼むのが一番いいと思う。つらいけど一緒にがんばろうね!

ウインナー日本人に向いていない理由

俺も子どもの頃、ウインナーを食べられなかった。

なんかゴムを食っているみたいで、正直まずいと思った。

大人になった今では食べられるようになったけど)

なぜ、ウインナー日本人の味覚に合わないのか?考察してみた。

ウインナー起源

ソーセージもしくはヴルスト(フランス語: saucisse, 英語: sausage,ドイツ語: Wurst)とは、鳥獣類の挽肉などを塩や香辛料で調味しケーシング等に充填した食品

保存食としての伝統的なものとして、刻んだ肉と塩を食べられる袋状の物(ケーシングという)に詰めて作られる。

ウインナーソーセージ - 太さ20mm未満で羊腸を使用したものオーストリア・ウイーンに由来)

1910年明治43年)にドイツ人コックであったマーチンヘルツ横浜市山下町にて小規模ながら純ドイツ式ハムソーセージの店を開き、外国人販売していた。

から100年ほど前の1910年に、ドイツ人マーチンヘルツ氏が、日本ソーセージ製造販売していた。

日本食文化の中では、比較歴史の浅い食品と言えるだろう。

日本独自の発展

たこさんウィンナー

赤いウインナー

日本商品として、赤色102号、コチニール色素などで表面を赤く着色したウインナーソーセージがある。

現在ではたこさんウィンナー代表されるお弁当定番として多くの日本人の支持を得ているほか、アニメなどを通じて日本固有の食材として海外にもその存在認知されている。

魚肉ソーセージ

日本では魚肉を加工・包装した食品販売されており、これを魚肉ソーセージというが、単にソーセージと呼ぶ場合もある。

洋食の普及への対応魚肉の保存性向上を狙い、大正時代から日本各地の水産試験場魚肉使用したハムソーセージ食品の開発が進められた。

日本人の味覚には、陸上生物(牛、豚、羊、鳥など)ではなく、海産物(魚)のソーセージの方が向いていたのかもしれない。

魚肉ならソーセージである必要もなく、ちくわかまぼこ等でも良いのではないか

保存食品必要性 

いずれにせよ、冷凍技術の発展により、生肉をいつも食べられる現代人にとって、大昔に開発された保存技術ソーセージ)をわざわざ食べる必要性もないと思う。

加工食品には大量の保存料が使われており、ソーセージにもリン酸塩がたくさん使われている。

 

フードファディズムではないけれど、自然災害などで避難生活をしているわけでもなければ、日常生活ではなるべく新鮮な生の食材を使うようにしている。

(もちろん保存食品でも、単に乾燥させただけで、添加物を加えていない食品もあるので、一概に保存食品安全性否定するつもりはない。)

 

味覚のバリエーションとして、普通生肉とは違う食材を使いたいときだけ、あえて保存食日常生活でも食べる意義はあるのだろう。

いつでも生肉を使える現代人が、保存食として開発されたソーセージも食べる理由は、味覚のバリエーションを増やしたいという要望以外には、価値がないような気がする。

(他に、わざわざソーセージでなければいけない理由はあるだろうか?)

 

 

なぜだろう

食べられない

anond:20180217025421

同様に車への嗜好性が暴走行為につながるからとか、質の高い食への嗜好が廃棄食品の増加や経済動物への虐待を招いているとか、

そういう理由個人自由思考制限することすらも倫理問題がないと言い切れるの?

2018-02-15

anond:20180215123224

バレンタインデーは、食品業界が仕掛けた販売促進キャンペーンだった。

西暦269年にローマ皇帝迫害下で殉教した聖ウァレンティヌスが、勝手自分名前を使われていることを知ったら、どう思うだろうか?

バレンタインデーでは飽き足らず、ホワイトデーまで作り出して、金儲けに励む食品メーカー広告代理店は、少しは恥を知った方が良い。

 

バレンタインデー廃止大義

チョコレートをもらえる者ともらえない者の格差を生み、あまつさえホワイトデーによって返済の義務まで設ける。

もはやこの異常事態は、日本国憲法第25条に反しているのではないか

我々日本人敗戦によって欧米価値観に毒されている。

 

今後バレンタインデーを唆す者には死刑要求するべきではないか

(聖ウァレンティヌスは命をかけていたのだから、それぐらいの覚悟を持ってもらわないといけない。半端な気持ち勝手名前を使うべきではない。)

2018-02-14

バレンタインデー

職場女性複数のうちの1名)から男性社員に、ということでチョコをもらった。

なんでも、前の職場では男性社員にあげるのが習慣だったそうだ。

  

でもな、習慣であげるくらいなら、今の職場ではあげる習慣があるかどうか調査してからにしてほしい。

正直貰う方も気持ち悪い。受け取らない選択肢をとっていいかどうか真剣に悩んだ。

いらないという意思表示をしたらセクハラになるんじゃないか、とも思った。

なにより俺一人だけ受け取らなかったら有る事無い事吹聴するだろ絶対

本当に気持ち悪い。

迷惑な習慣を日本人女子に植え込んだチョコレート業界にも文句を言いたい。

食品ごみを増やすような習慣を作るんじゃない。

バレンタインで配られたモノが、障碍者の作ったケーキだった

とある研究施設で働いています

ここの近くには障碍者学校があり、たまにこの施設内で障碍者の作った食品販売会が開かれることがあります

今日バレンタインデーだったため、スイーツを中心とした販売会が開催されていました。

ただ、まさかここで発売されたもの女性陣がバレンタインデーの品として配るとは想定していなかったため、

渡されたとき少なからず動揺してしまいました。また、渡された後に障碍者が作ったものを食べることに抵抗を

感じている自分気づき、深い自己嫌悪に陥っています

アマゾンアップル等を分割すべき、という記事翻訳 (続き)

https://anond.hatelabo.jp/20180214155553文字数制限?に引っかかってしまったのか途中で切れたので続きです。

「003: アメリカ政府より強力」~「005:ジェダイマインドトリック」の前まで

続きはhttps://anond.hatelabo.jp/20180214161344

003: アメリカ政府よりも強力

巨大テクノロジーに屈服してしまったのは連邦政府だけではない。アマゾンの第二本部への入札の一貫として、州とシカゴ市役人アマゾンに13億ドルの給与税を免除し、そのお金をアマゾンが適切と考えるやり方で使えるようにすることを提案した。すばらしい。シカゴ徴税権をアマゾンに渡してしまい、シアトル企業シカゴの住民に最適な方法でお金を使用してくれることを期待しているわけだ。

政府の服従それからひどくなるばかりだ。もしあなたアイスキャンディーを作って子どもたちに売ろうと思えば、高額な食品医薬品局のテストを無数に受け、また原料・カロリー・糖分を表示した完璧なラベルをつけなければならない。しかし、インスタグラムユーザー同意書にどんな注意書きが書いてあるだろう。我々はソーシャルメディアプラットフォームティーンエイジャーの抑うつ状況を悪化させていることを示す大量の研究存在を知っている。自分自身に問いかけてみよう。もしアイスクリーム子どもたちを自殺させやすくしているとしたら、我々はドレイヤーズのCEOがシリコンバレーのディナーで大統領の隣に座るのを肩をすくめるだけで見過ごすだろうか。

こうしたソーシャルメディアプロダクトがタバコと同様の中毒媒介システムであることを信じない人は、7才の子からiPadを取り上げようとして、自分の殺人計画を告げるような視線で見られるといった経験がないのだろう。この手のプラットフォーム中毒性を信じないなら、どうしてアメリカティーンエイジャーが一日平均5時間インターネットにつながったスクリーンに張り付いているのか、その理由自分で考えてみればいい。ソーシャルメディアが与えてくれる様々なご褒美のせいで、我々はまるでスロットマシーンの前にいるように自分の通知をチェックさせられ続ける。子供や十代の少年少女はこうしたプラットフォームがもたらすドーパミンの欲望にとくに影響を受けやすいという研究もある。多くのテクノロジー企業幹部自分の子供にはこうしたデバイスを触れさせないと公言しているのも不思議ではない。

以上のような問題は全て正当な懸念だ。しかしこれらの理由のどれ一つとして、あるいはこれら全てを集めたとしても巨大企業の分割を正当化する理由としては足りない。これから述べるのが、私が信じる四大企業を分割すべき理由だ。

004:トラストを分割すべき理由
経済目的

ヴァンダービルト大学ロースクール教授であるガネシュ・シタラマンの主張は、アメリカには中産階級必要であり、我々の代表民主制が上手く機能するために富がバランスよく分配されるよう、憲法デザインされているというというものだ。富めるものがあまりにも多くの力を持ってしまえば、寡頭政治につながる。だからアメリカ民主主義という舟を安定させるためには中産階級が舵にならなければならないのだ。

経済とそのキーとなる主体である会社の基本的目的は、中産階級を作り出し維持することであると私は信じている。1941年から2000年にかけてアメリカ中産階級世界の歴史においてもっとも優れた「善」の担い手だった。アメリカ中産階級は正しい戦争に資金を提供し、戦い、勝利した。高齢者の世話をし、ポリオ治療にお金を出し、人類を月に送り、世界の他の国に対して、自分たちモデルとなって、消費とイノベーション社会経済改革するエンジンになりうることを示したのだ。

経済の上向きのスパイラルは家庭と企業の間での循環に依存している。家庭が資源労働を提供し、企業がモノと仕事を提供する。競争は発明と優れた製品(ハッピーアワーリアビューカメラetc.)を提供するモチベーションとなり、車輪はいつまでも回り続ける。巨大企業ステークホルダーに対して莫大な価値を作り出す。それなのにどうして私たちの目の前で、歴史上初めて、他の国の中産階級が成長しているのに自分たちの国の中産階級が没落するという事態が起きているのだろう。経済中産階級中産階級が育む社会の安定を維持するためのものであるならば、我々の経済は失敗してしまっているということだ。

過去30年でアメリカ生産性が大幅に向上したのは間違いない。アメリカ消費者があらゆるレベル自由主義社会の羨望の的になったことを否定することはできない。しか生産性の拡大と消費者地位の向上の結果作り出されたのは、高給の雇用経済の安定をすばらしい電話と1時間以内に配達されるココナツウォーターと交換してしまうようなディストピアだった。

どうしてこんなことが起こったんだろうか。2000年代になってから企業投資家が夢中になったのは人間をテクノロジーで置き換えることによって急速な成長と利益の急拡大を可能にしてくれるような企業だった。こうして作り出された巨額の富が安価資本を引きつけ、他のセクター脆弱になった。古い経済に依存する企業と巣立ったばかりのスタートアップには何の希望もなかった。

結果として出来たのは企業にとっても人々にとっても勝者総取り経済だった。社会イノベーション経済の側(領主)とそうでない側(農奴)の二つに分かれてしまった。一つの素晴らしいアイデアがウン億のベンチャーキャピタルを集める一方で、普通の人、あるいはただ幸運でなかった人々(私たちのほとんどだ)は退職後の貯金をするためにもっともっと働かなくてはならなくなった。

億万長者になるのが過去に比べて簡単になったり難しくなったというわけではない。痛いほど明らかなのは過去30年で見えない手が行ってきたのが中産階級を締め上げることだった、という事実だ。30歳の人間がその両親が30才だったころに比べて貧しくなったのは大恐慌以来始めてだ。

何か手を打つべなのだろうか。こうしたイノベーションアイコンたちが、経済の調子を保つための一時的撹乱を行っているだけだとしたらどうしよう。トンネルの向こうではより強い経済と高給が待っているという見込みはないんだろうか。しかしこんなことがありえないという証拠はすでにある。事実、二極化は勢いを増しているように見える。これは我々の社会に対する最大の脅威だ。これが自分たちの住んでいる世界なのだから仕方ないという人も多いだろう。でもその世界私たち自身が作り出したものではないのだろうか。百万人の百万長者を生み出すことからひとりの一兆長者を生み出すことに、私たち意図的アメリカの使命を変えててしまったのだ。アレクサ、これって良いことなのかね?

マーケットは失敗してる、どこでも

今まさに我々は劇的なマーケットの失敗の只中にある。そこでは政府が巨大テクノロジー企業への大衆の熱狂によって黙らされてしまっている。頑丈なマーケット効率的で強力だが、グランドに定期的に入って旗をあげ、チームを動かすレフェリーなしではフットボールゲームが成立しないように、枷のない資本主義私たちにもたらしたのは気候変動、抵当危機、そしてアメリカ医療保険だ。

独占はそれ自体常に違法だったり望ましくないものだったりするというわけではない。単一企業投資を行い、安価サービスを行うのが合理的であるところでは、自然な独占が存在する。しかしこの場合トレードオフとして厳しい規制が伴う。フロリダ電力は1000万人にサービスを提供し、親会社であるネクストエラ・エナジー時価総額720億ドルだが、その価格とサービス基準市民受託された人々によって規制されている。

対象的に四大企業は厳しい規制なしに独占「的」な権力を維持しおおせている。私が彼らの力を「独占『的』」と表現したのは、アップルだけは例外かもしれないが、彼らがほとんどの経済学者が独占の核心だと考える、顧客向け価格の釣り上げを行ってはいないからだ。

しかし、四大企業は我々が本能的に感じる大きな政府への反感を見事に利用し、競争が――私有財産賃金労働自発的な交換、価格システムと同様に――資本主義エンジンの不可欠なシリンダーであることを忘れさせてしまっている。彼ら四大企業サイズの巨大さに加えてチェックを受けない権力によって競争市場は抑圧され、経済本来目的を果たすことも阻害されてしまっている。つまり、活力ある中産階級を作り出す、という目的だ。

空気の供給

どうしてこんなことが起きるのだろう。1990年代マイクロソフトがどうやってネットスケープの息の根をとめたかを思い出すのは有用だ。はじまりは何の問題もなかった。ある会社が優れた製品(ウィンドウズ)を作り出して、それがセクター全体へのポータルになった。今であればプラットフォームと呼ばれるだろうものだ。その成長を維持するため、その会社はそのポータルを自社製品(Internet Explorer)の方向に向け、パートナー(Dell)をいじめ競争シャットアウトした。ネットスケープブラウザの方がより人気で90%のシェアを得ていたとはいえ、マイクロソフト意図的インターネットエクスプローラーを援助しているのでは勝ち目はなかった。

同じ状況は四大企業ではどこでも起こっている。グーグルが上手くマネタイズできるよう、検索結果の最初のページがゆっくり支配されていくことや、iPhoneの画面上の準標準プロダクト(アップルミュージック等)、強豪相手(Snap)を邪魔し、叩きのめせるよう会社(フェイスブック)の持てる全ての資源を按配すること、他の会社がとても競合できないような要求水準の設定と攻撃的な価格設定(アマゾン)。

(不)自然な独占

しかしたら消費者にとってもこういった「自然な」独占の方が都合が良いのかもしれない。しか司法省の考え方は違ったようだ。1998年に、連邦政府マイクロソフト相手に訴訟を起こし、反競争的な慣行を非難した。裁判を傍聴していた人が報告するところによると、マイクロソフト幹部インターネットエクスプローラーをタダで提供することで「ネットスケープ空気の供給を断」ちたかったと証言したのだそうだ。

1999年11月に、ある地方裁判所ではマイクロソフト反トラスト法に違反しており、会社を二つに分割することを命じるという判決が出た(一つはウィンドウズを売り、もう一つはウィンドウズ用のアプリケーションを売る)。会社分割の命令高等裁判所却下されたが、マイクロソフトは会社の独占的な慣行を抑えることで最終的に政府と和解に達した。

和解内容に対して甘すぎるという批判もあったが、司法省があの時マイクロソフトを有望新進企業を芽のうちに潰してしまうという罪状で警告することがなかったら、今のグーグル――今や7700億の市場価値があり、自由市場の信奉者にとっての希望の的だ――が存在しえたかどうか、考えてみる価値はある。反トラスト法がなければ、マイクロソフトマーケットの独占を利用して、ちょうどウィンドウズによってネットスケープ安楽死させてしまったように、グーグルよりもBingを使わせるよう仕向けていただろう。

司法省マイクロソフトに対する訴訟が、マーケットに新鮮な酸素を送り込むという点で最も大きな効果を持った例であることは確かだ。株価にして何兆円ものドルを解き放ったのだから。四大企業による力の独占は、酸素不足のマーケットを作り出してしまった。私は何十回も小さな会社によるベンチャーキャピタル向けプレゼンを聞いたことがあるが、そこで説明される内容はどこでも、いつでも同じだ。「四大企業とは直接戦えませんが、四大企業の買収先としては素晴らしい会社になれます」。その細い針の眼を通すことが出来なければ、会社はその幼少期を生き抜くために必要酸素(資本)を絶たれてしまう。IPOもベンチャーキャピタル資金提供を受けた企業の数も過去数年で着実に減少している。

かつて「悪の帝国」そのものだったマイクロソフトと違い、グーグルアップルフェイスブックアマゾンは巧妙なPRを洗練されたロビイング――オプラ・ウィンフリーコーク兄弟をかけ合わせたようなものだ――と組み合わせて、マイクロソフトに課されたような批判からほとんど逃れおおせている(https://anond.hatelabo.jp/20180214161344に続く)

2018-02-13

いつ未来が来るのか

スーパー商品はすべてICタグ管理され、家庭の冷蔵庫でも賞味期限が切れそうな食品が一目でわかる、というのが僕の見た未来だった。

宇宙エレベータより全然簡単そうなこの技術は未だ普及していない。

いつになれば未来は来るのか。

2018-02-12

交代勤務っておかしくね?

製薬とか食品とか、健康志向標榜してる会社が三交代勤務させるっておかしくね?

確実に健康害するだろ。

2018-02-11

anond:20180211224834

全卵50g(卵1個あたり50〜60g)あたりのカリウム値を文部科学省食品成分データベースで調べりゃいいだろw

付き合いきれないレベルのアホだなほんと

無知なのは仕方ないにしても自分でググれないのはちょっと付き合いきれない

anond:20180211215510

アホだから知らなかったよ ありがとう

ていうことは、カリウムを含む食品を同時に食べれば、摂取した塩分をある程度相殺できるということ?

サラダレーズン

薄らオーガニック食品店でサラダを買った。

サラダバーのような形式で数種類の好きなミックスサラダを詰めてお持ち帰りすることができるお店。

自分菜食主義者ではないが、時たまおやつ感覚野菜をたくさん食べるのがすきだ。

以前ヴィーガンの友人に連れられて行った薄らオーガニックレストランで、1600円のサラダバーガーを食べた数時間後に激しい空腹に苦しめられながら街を歩き回った経験があるにも関わらず、だ。

だがそんなことはどうでもいい。それはそれとしてサラダで満たされた箱を開ける。重要なのは今だ。

サラダになにが入ってるか確認せずに適当にいろいろ詰めた箱なので中身はわかってない。要はサラダバーを殴ってドロップしたアイテムだ。

無慈悲にもサラダ死体フォークで突き刺し、口に運ぶ。ベビーリーフ、ケール、玉ねぎ......多種多様野菜が鳴く音がシャキシャキと小気味よい。


突如、フニャッとした。フニャ?

小粒の、やわらかい皮の内側に確かな甘さを宿すそいつは間違いなくレーズンだった。

レーズンよ、そこはお前の居場所じゃない。気づいていないのか?

かにお前はパンオートミールをはじめとした穀物とは仲がいい。

自身が持つ甘さゆケーキアイスクリームのような連中ともやっていけるだろう。

チーズとの組み合わせや、ビーフカツレツの上に松の実と共に鎮座する姿には高い潜在能力を感じざるを得ない。


だがサラダは違う。お前は野菜のものが持つ甘みから明らかに浮いている。

久しぶりに連絡が取れた2人の友人との再会の予定をがんばって立てようとしたが他の2人が大して乗り気でなかった時のような甘みだ。

ひよこ豆オリーブはお前が場に馴染めているかのような振る舞いをしている。だが気づいていないのはお前だけだ。

レーズン自分だ。周りも人間関係が下手だと言うから安堵していたら、実際には場に根差している共通意識のようなものに1人だけ干渉できていなかったことに気づく前の自分だ。

2人の仲を取り持とうと空回りしていた自分俯瞰して見てしまう前の自分だ。

このレーズンは気づいていない。気づかないままに酸の海に消えてしまうのだから幸せなのかもしれない。


レーズンを胃に落としながら、お店に陳列されたサラダの中で居心地がよさそうに座るレーズンのことを考えた。

彼らはいつか気づくだろうか。

レーズンの甘みは優しく、しかしべったりと舌に残った。

anond:20180210212645

もらう側からすればそんな他人が作った食品なんて何が混入されてるかわからないし捨てるしかないよなぁ。

見た目がいいならまだしも明らかに食べられないようなものを渡してくるなんて嫌がらせ以外の何物でもない。

2018-02-09

クソすぎて未だに買わない食品リスト

雪印不正後にメグミルク名前を変えて、更に消費者を騙そうとするクズ

福島県安全安全とうたい人々を騙して毒を撒くクズ

吉野家は許した。

2018-02-05

そのうちうどんも食べられなくなるかもな

うどんは食べるまでにエネルギーを損耗しすぎるんだよ。

小麦粉にするエネルギーうどんにするエネルギー、ゆでるための大量の水、水を沸騰させるためのエネルギー

パンコメと比べてもエネルギーがかかりすぎる。

地球未来を考えるならばうどんは食べるべきではないんだよ。

でも極論になっちゃうかもな。そんなこと言ったら私たち牛肉豚肉も食べられなくなる。

何かは知らないけれど、最も効率のいい食品をただ食べるだけになってしまう。ディストピア

人間らしさとは何なんだろうか。

そもそも食品無駄にするのが悪っていう風潮をなくそうぜ

普段消費は善みたいなこといったり、他の資源何かガンガン無駄にしてるのに

食品に限って無駄がどうこう言いだすのやめようぜ。

最近ルーティン

12時に仕事が終わる。

24時間スーパーで割引シールのついた食品を買いながら明日献立を考える。

帰宅したら家族が散らかした部屋を片付け、朝ごはんの用意をしてから家族が入浴したあとの風呂を追い炊きして入る。

働いて帰ってるからお腹はすいているけど、そこはバナナヨーグルトで済ませる、

間食にスープジャーに詰めて持って行った野菜スープがあまっていれば、それでもいい。

白湯を啜りながら、好きな本を読む至福の時間

仕事であった嫌なことも、このときは考えない。

のど飴をがりがりかじりながら本を読み、湯をすする。

眠くなったら歯を磨いておやすみなさい。

明日晩御飯自分用のスープは何にしようと思いながらウトウトする。

ダイエットならセロリミネストローネが一番良いのだけど旦那は嫌いらしい。

旦那のだけ肉団子のトマトスープにして、私はセロリをいれようと思う。

トマトスープだからあとは白身フライでも作って、米も研いでおく。

こんな毎日はわりと大変だけどやってみればあっさりルーティン化できた。

それにしても何で痩せないんだろうなあ・・・。

スープダイエットがむいてなうんだろうか・・・。

2018-02-04

恵方巻の廃棄を批判した奴。お前の業界はどうなんだよ?

はてな村って大体IT系ばっかりだから、他の業界分かんないくせに叩くよなぁ?

分かりやす説明してやるから、少し反省しろ

まず、「廃棄をなくす」ための方法を教えてやる。

それは、「受注生産」することなんだよ。

事前に、「何個必要か」が分かった上で、「その個数だけ生産する」

これで、廃棄がなくなるわけだ。


で、今日食べるものを、生産するのに、どれだけ時間がかかるのか?

ってことがボトルネックになってくる。


食い物っていうのは、大体が生き物だから

1日でできるわけじゃない。


何が言いたいかというと、食品において、

受注生産は、不可能ってことだ。


から予測して食品を準備しておくしかない。


で、その予測の精度を上げるのにも限界がある。

その予測を外すと、欠品したり、廃棄になったりするわけだ。


これ、システム開発に置き換えると、

工数見積もるときに、多少多めに取るやつ。

あれと、同じだ。


で、「廃棄なくせ」っていうことは、

お前の業界でいうと、そういう「バッファ的なものをなくせ」(ただし、期日までには納品しろ

ということに他ならない。


恵方巻の廃棄を批判するってのは、

翻すとそういうことなんだよ。


もちろん、個人的にはフードロスは減るべきだと思っている。

売る側の力量によって、廃棄の量も異なるので、小売側は努力すべきだ。

そもそも廃棄=利益流出なので、各社抑える努力はすでにしている)


お前だって仕事を真面目にやってるんだったら、

少しでもバッファを消費しないように、努力してるだろ?

同じように、どんな業界だってみんな頑張ってるんだよ。


言いたいことは以上。

はてな村IT業界に甘く、他業界に無遠慮に厳しいところ、腹立つわ。

できるだけ物を持たない生活を考えてみたが

ある程度自宅でのんびりしたい体質&面倒くさがりの人間に、究極のミニマリストは難しいと思った。

コンビニ冷蔵庫代わり?

→仮に1階にコンビニがあり、ついでに飲食店も充実してるマンションに住んでても、食事の度に下に降りるのは面倒と感じるので、冷蔵庫必要

食品だけじゃなく、必要ときに買えないリスクも考えると、ある程度買いだめし計画的に消費するほうがストレスがない。

当然、電子レンジも同様の理由必要洗濯機もいちいちコインランドリークリーニングなど行ってられない。っていうか室内に置かないのも考えられない。

ポケットWi-Fi的なもので十分?

休日は室内でネット使いまくる。固定回線ないと制限かかってしまうわ。

テレビ

→ないと寂しい。

テーブル

→なんでも床に置くのは衛生面に不安。なのである程度必要

2018-02-03

アンチアンチ化学調味料

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.yokoyumyum.com/entry/2018/02/02/093000

接着剤とか防腐剤を食品に入れるとなぜか名称が変わって食品扱いになる

でもそれは政府メーカー定義でそうなってるだけで元々は化学薬品なのに安全だと信じている

すっかり洗脳されてるな

ビタミンCとか基準値内でも異常な分量で安全などとても思えんわ

んでこう言うことを言うと極端なオーガニック信者のページを作ってアンチ全体を胡散臭いようにしたいんだろう

面倒だからレースクイーンも、黒塗りも全部禁止にしようぜ

日本人らしく、事なかれ主義で全部禁止にしよう。

問題が起きそうな職業は全部廃止禁止にしよう。

IT業界ブラック企業が多いか廃止

アイドルも美醜に関係するから禁止

お笑い差別要素が含まれから禁止

食品業界動物への暴行差別から廃止

個人差がそもそも差別の根源だし、クローン人間外人間じゃないことにしよう。

そうすれば、人間動物の違いも遺伝子定義できるだろ。

2018-01-31

いただきます」教の功罪

職場でお昼ご飯を食べようと思って、コンビニ弁当を前に、

無意識に「いただきます」ってつぶやきながら合掌していたのだけれど、

だんだんこのルーティーンが不思議ものに思えてきた。

「合掌」は宗教的動作として、(特に外国人から見たら)なかなか強烈なヴィジュアルだと思う。

もっとも私は無宗教で、別に特定の神に対して祈りを捧げていたわけではない。

弁当調理した工場の人や、食材生産に携わった農家や、食べられるために死んだ生き物に祈ったのだろうか。

幼稚園小学校では、だいたいそんなニュアンス動作として教え込まれたような気もする。

「お残し」という戒律破りをすると、

どんな悪党でも、心のどこかで多少は彼らに対する罪悪感にさいなまれるわけで、

やはり強固な宗教的モラルとして、私たちの心に定着している。

もちろん宗教的であることと世俗的な合理性矛盾しない。

現に「いただきます」教は、いまでも食品ロス問題への効用があるはずだ。

しかしこの「いただきます」教には、少なからデメリット存在するように思う。

たとえば、

①「いただきます」教の原理主義教諭による、なかば拷問的な完食の強要

食品生産者への盲目的な礼讃により、消費者が「買わない」「食べない」という意思表示を示すことの困難(昨今のウナギ問題など)。

公教育の場で「合掌」を強要することの宗教的中立性の問題

などなど、色々思い浮かんでくる。

私たちはいま一度「いただきます」教の功罪を考えるべきかもしれない。

2018-01-29

食品の小型化について

この間、クローズアップ現代でこの問題を取り上げていた。

一番多いのが、値下げはせずに内容量を減らす方法

けっこう、ネットでも盛り上がってるらしい。

まあ値下げをしたくない気持ちは分かるが、

ずーーーっと小型化できるわけがなく、

いつか値上げすることは必須で、

その時になって腹を立ててもしょうがないので、一応心の準備はしときます

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん